1: 小文字打てねえ 2014/03/23(日) 16:11:54.70 ID:BWHnTN0U0
P「3月22日に病院で倒れ、目を覚ました時には4月1日だった」

P「エイプリルフールか……」



P「嘘をつくぜぇぇぇぇ!」

ちひろ「イエェェェ!」



P「でも後が怖い!」

ちひろ「大丈夫です!
    昼までできる限りの人数に嘘をついて、午後に種明かしすれば良いんですよ!」

ちひろ「そうすれば皆さん許してくれますから!」

P「あっ、本当だ!それで良いんだ!……って、え?」

ちひろ「大丈夫ですよ!私を信じて下さい!」

P「はい!信じます!」

ちひろ(ちょろい)


P「手始めに>>2の家へ行きましょうか」

ちひろ「嘘の内容は>>4でいいんじゃないですか?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395558714

引用元: モバP「エイプリルフール!」【安価】 



2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 16:12:27.82 ID:yhY69QsR0
のあ

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 16:13:36.81 ID:/jxU3pwDo
今日はエイプリルフールですよ

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 16:25:08.65 ID:BWHnTN0U0
P「え、これって嘘にならないんじゃ……?」

ちひろ「大丈夫ですよ!私を信じて下さい!」

P「はい!」

ちひろ(ちょろい)

___
__
_


のあ「……あら、P。もう復活したの」

P「はい、御陰さまで」

のあ「そう……流石、Pね。」

P「ははは……」


P「あの、ところで今日はエイプリルフールですよね?」

のあ「……?」




8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 16:33:57.08 ID:BWHnTN0U0
のあ「それが、どうしたの……?」

P「あ、いや、何でもないんです!それじゃ!」

のあ「……?」

___
__
_

P「何にも起こりませんでしたよ」

ちひろ「えっ!?そ、そうでした?」

ちひろ「……本当に、何も言われなかったですか……?」

P「? はい」

ちひろ「……あれ?」



P(その後、すぐにちひろさんは仕事で出て行ってしまった)

P「まぁ良いか、次は>>10に>>12」





10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 16:35:23.86 ID:hGFehTBio
10だったら先輩 
12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 16:35:51.97 ID:JDmdFct1o
首にするといううそ

16: >>7 大丈夫じゃない、問題しか無い 2014/03/23(日) 16:58:08.79 ID:BWHnTN0U0
泰葉「……」

P(おっ、いたいた)

泰葉「……!
   Pさん!?」

P「久しぶり」

泰葉「いつ退院したの!?」

P「数分前に。驚かそうと思ってな」

泰葉「本当に驚きましたよ……よかった」

P「そういえば、泰葉は入院中に何着もメールを送ってくれたなぁ」

泰葉「あっ……ちょ、ちょっと心配で……ご迷惑でしたか?」

P「全然。本当に良いアイドルだと思ったよ」

泰葉「……ふふっ♪」

P「あ、そうだ」


ポンッ


P「もう明日からウチに来なくていいから。お疲れさまでした。岡崎さん」

泰葉「……えっ」




17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 17:01:49.86 ID:BWHnTN0U0
P「あの後先輩は泣くこともなく、ただ呆然としていた」

P「理由については何も聞かなかったが……まぁ、心当たりでもあるのかな?」


P「次行こう!」

誰に >>20
どんな嘘? >>23

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 17:04:40.25 ID:mLWaqV/Ao
みりあちゃん

32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 17:13:21.04 ID:JDmdFct1o
チッヒに借金しすぎて首が回らなくなった

36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 17:29:13.29 ID:BWHnTN0U0
P「助けてみりあ!」

みりあ「P!頭、大丈夫なの?」

P「全然!
 実はちひろさんからお金を借り過ぎて、お金を返せなくなったんだ!」

みりあ「ええっ!?」

P「どうしよう、お金を返してって言われたんだけど、今手元にお金は無いし……」

P「うーん、どうしようかなー。誰かが代わりに払ってくれないかなー」



みりあ「ムリ」

P「あっ、ハイ」

みりあ「あっ、でも、なでなでならできるよ?」

P「是非」

37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 17:31:57.52 ID:BWHnTN0U0
P「まぁ、子供にそんなこと言っても仕方ないよな。
  でも数十万くらいはポンと出してくれるような……」

P「次ラスト!」


誰に>>42
何を言う?>>45

42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 17:39:43.57 ID:uYyZ4c7Ho

45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 17:41:26.43 ID:rmXS908L0
実はちひろさんに脅迫されてドリンクを買ってる

46: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 17:49:24.54 ID:BWHnTN0U0
P「……」

茜「Pさん!?どうしたんですか?
  元気が無いですね!そんな時はスタドリを飲んで元気になりましょう!!ほらっ!!」

P「スタドリか……」

茜「ゴクっ……ゴクっ……ぷはぁ!
  ファイトー!いっぱーつ!!」

P「はぁ……」

茜「……?
  Pさん、どうしましたか!?も、もしかして気分が悪いんですか!?」

P「前みたいに急に倒れないって。
  いや、実はな……」

___
__
_



48: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 17:58:29.18 ID:BWHnTN0U0
茜「脅迫!?それは本当ですか!?」

P「詳しくは言えないけど、それで今までドリンクを馬鹿みたいに買ってたんだ。
 でも、最近お金が少なくなって……」

茜「……」

P「どうしようかな……」

茜「わ、私がなんとかしますよっ!!」

P「……どうやって?」

茜「そ、それは……気合いですよっ!!
  気合いでなんとかしてみせます!!!」

P「……ははっ、茜らしい答えだな!」

茜「あ、あの……それで……
  私が……Pさんのことを……その……」

P「ん?」

茜「う、ぼ、ボンバー!!」

49: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 18:08:37.52 ID:BWHnTN0U0
P「茜はそのままどこかへ走り去ってしまった」

P「まぁ、すぐに帰って来るだろう」



P「次行こう次!」


誰に>>51
何を言う?>>53

51: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 18:09:27.74 ID:D9/FHp3uo
文香

53: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 18:10:31.58 ID:yhY69QsR0
結婚しよう

66: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:40:15.04 ID:UkRFrOKa0
「お疲れ様でしたー!」


文香「……ふぅ」

P「お疲れ。仕事の調子はどうだ?」

文香「Pさん……!?
   ……いつの間に……」

P「今さっき来た所だ。
  収録は上手くいった?」

文香「はい。御陰さまで……」

P「そうか!
  ところで、今日はもう仕事は無いんだよな?」

文香「え?あ、はい……」

P「ちょっと来てくれないか?」

文香「……?」

67: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:50:34.71 ID:UkRFrOKa0
文香「今日のPさんは、少し……強引な感じですね……」

P「え?あ、手を繋いだからか……ごめんな」

文香「あっ……」

P(あぁ、後もう少しで12時になる!
  その前にはプロポーズしないと……!)

文香「もっと……繋がっていたかったのに……」

P「何、ソフ○バンク?」

文香「…………あれはA○です……」

___
__
_




68: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:59:27.35 ID:UkRFrOKa0
P(よし、事務所には誰もいないな)

文香「……あの、一体なにを……」

P「……」


P「ずっと前から好きでした。結婚してください!」

文香「____!」



P(どうだ……!?)


文香「……繋がり、ました……ね」

P「ん?あぁ、LTEってホントどこでも繋がるよな」



69: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 16:28:39.81 ID:UkRFrOKa0
文香「……っ……グスっ……」

P「えっ!?」

P(泣き始めるとは、想定外だ……どうしよう)

♪~♪♪~

スマホ『お昼の時間ですよ、Pさん!
    今ならスタドリを一本おまけして____』

P「!」

P(もうこうなったら、すぐにネタばらしするしかない!)



文香(長い間、想い望んでいたことが実現するなんて……アイドルになって、良かった……!)

文香「……ふふっ……こちらk」
P「大丈夫!本当は嘘なんだ。
  結婚するなんて全然考えてない!これっぽっちも!」

文香「……」



P「だから安心して……」

バタッ!

P「ふみかぁぁぁ!?」




70: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 16:33:19.62 ID:UkRFrOKa0
医師「大変ショックを受けたのが大きな原因かと……」

P「……」



P「プロポーズは止めるべきだった……」

P「……こんなこと考えても仕方ない。とりあえず午後になったことだし、皆にネタばらししなきゃ」

71: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 16:39:32.27 ID:UkRFrOKa0
みりあ「あれは嘘だったぼ?」

P「あぁ……今日はエイプリルフールだからと思って、つい……」


みりあ「え?まだ三月だよね?」

P「ん?」

みりあ「今日は3月23日だよ」

P「……ん?」

72: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 16:46:11.16 ID:UkRFrOKa0
P(つまり、最初からちひろに騙されていた……ということだ)

P(普通に考えると、一週間以上も倒れたなら問題が発生するよな。
  百何十人もアイドルを持っているわけだし)

P「となると、『エイプリルフールだから、まぁ薄々気付いてたよな?』が使えないな!
 一部本気で考えてる可能性があるし!ははっ!!」




P「……泰葉ぁぁぁぁぁ!!!」