1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:32:42 ID:estacvqs
――私立氷帝学園


ワイワイガヤガヤ


跡部「なんだぁ、あの人だかりは……」


忍足「なんでも今年の一年に、ゴッツいのが入ってきたらしくてなぁ……皆そいつ目当てに教室覗いとるっちゅー話や」


跡部「ゴッツい、ねえ……おい樺地、見てこい」


樺地「ウス」 



SLAM DUNK 新装再編版 コミックセット
井上雄彦
集英社
売り上げランキング: 30,054
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:33:38 ID:estacvqs
花道(モ、モテん……なぜだ、もうすぐフラレ記録10人突破しちまうぞ)


花道(水戸のやろー、なにが「時代はワイルドだぜ」だ……!赤い髪の坊主頭なんて、どっからどう見てもヤンキーじゃねえか!)


花道(しかも噂が広まっちまって、今では同じ1年坊だけじゃなく上級生までもが教室に見に来る始末!)


花道(て、天才のオレがこんなこと……)


樺地「……すみません……」


花道「くそ、一体どこで間違った?まず最初に「コンニチハ、桜木花道です」と爽やかに挨拶して、それから上着をはだけて鍛えた身体をアピール、そうしてから……」


樺地「……あの……」


花道「……ん、んー?なんだ、カバみてーな面しやがって」


樺地「……跡部様が、お呼びです……」


花道「アトベだぁ?誰だそりゃ、知らん」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:34:45 ID:estacvqs
樺地「……しかし……」


花道「いいかカバオ、そのアトベとかいう奴に伝えろ。用事があるならテメーが来いってな」


樺地「………………」アトベノホウヲチラリトミル


跡部「構うこたねー、樺地。連れてこい」


樺地「ウス」エリヲツカム


花道「む?」


樺地「………………!」


花道「なんだテメーカバオ、服引っ張んな。破けるだろーが」


樺地「…………失礼します」ズンズン


花道「……なんだありゃあー。どこの動物園から脱走してきやがったんだ……くわあ、ねみい」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:35:24 ID:estacvqs
跡部「おい樺地。何ノコノコと帰ってきてんだ。気にせず連れてこいっつったろ」


樺地「……上がりませんでした……」


跡部「……何?」


忍足「樺地の馬鹿力でも持ち上がらんとは、あの男……相当みたいやね」


跡部「はッ……上等じゃねーの」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:36:08 ID:estacvqs
一週間後


女生徒「ゴメンナサイ!私、テニス部の跡部先輩が大好きなの!」


花道「!!!!!」ズゴーン


野間「やった!花道!」プァーッカプァーッカ


大楠「これで15人連続!」ハナフブキ


高宮「中学3年間でどこまで伸ばせるか、キタイだな!」センスパッパッ


水戸「目指せ50人突破!」ハナミチノカタバンバン


花道「……テ、テメーらぁぁぁぁ……!」


五人「や、ヤバイ!」

ゴンゴンゴンゴンゴン

五人「」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:36:43 ID:estacvqs
花道「はぁーあ、これで15人目……なぁーにがテニス部のアトベ先輩だ、テニス部の……」


花道「ん、アトベ?アトベってどっかで……」


花道「まぁいいか。帰りにラーメンでも食ってこー」


忍足「待ちぃや、そこの赤坊主君」


花道「あぁ!?誰が赤坊主だコラ!」


忍足「おぉ、怖い怖い。まぁ落ち着きい、別に喧嘩売っとるわけやあらへんのやから」


花道「誰だテメー」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:37:21 ID:estacvqs
忍足「氷帝学園テニス部3年、忍足侑士って言います。よろしゅー」


花道「『テニス』?」


忍足(……?なんや、空気が変わったな……)


花道「」スタスタ


忍足(近づいてくる……なんや機嫌でも損ねたんかいな)


忍足「なんや自分、えらい機嫌悪そうな顔して。どないした」


花道「フンッ」


ゴン


忍足「」


花道「二度と俺様の前でその単語を口にするな、エセ関西弁メガネ!」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:37:58 ID:estacvqs
向日「侑士がやられたぁ!?」


樺地「ウス」


宍戸「額から煙上げて道路にぶっ倒れてたところを、樺地が通りかかって担いできたらしい」


跡部「……俺様を無視したまでは100歩譲って許してやるが、部員に手を出されちゃあこっちは黙ってられねーな」


宍戸「黙ってらんねーったって、どうすんだよ跡部。うちの1年共に夜道でも襲わせんのか?」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:38:43 ID:estacvqs
跡部「そんな野蛮な真似はしねーよ。俺達は『テニス』部だ。そうだろ?」


跡部「奴の身に氷帝学園テニス部の恐ろしさを刻みつけてやる!」


宍戸「……なるほど。跡部の考えは分かった。そのうえで、跡部。奴の始末は、俺に任せてくれ」


跡部「宍戸……お前にやれんのか?」


宍戸「やれなきゃ、氷帝レギュラーの名折れだからな」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:39:19 ID:estacvqs
次の日


花道「えーっとねオレは…カツ丼大盛。それがメシでオカズはね…コロッケとサンマと焼そばとホイコーロー。あとミソ汁のかわりにラーメン。あっ牛乳もねおばちゃん」


おばちゃん「………………!」


インターホン「1年7組の桜木、1年7組の桜木。至急テニスコートに来るように。繰り返す……」


花道「ぬ?」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:39:52 ID:estacvqs
向日「なるほどな。テニスなんて出来そーもねーヤローに、あえてテニスでボコボコにしてやるってことか」


宍戸「そうすりゃ奴が今後、テニスコートに近づいたりテニス部員にちょっかいかけよーって気にはならねーはずだ」


鳳「さすが宍戸さん!冴えてます!」


宍戸「へっ、あんまり褒めるなよ長太郎……激ダサだぜ」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:40:23 ID:estacvqs


花道「カツ丼おかわり」

おばちゃん「……………………!」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:41:05 ID:estacvqs
鳳「……し、宍戸さん」


向日「来ねーな、あいつ」


宍戸「………………」プルプル


跡部「やれやれ、気になって見に来たものの……やっぱりな」


宍戸「あ、跡部……っ!」


跡部「氷帝の正レギュラーが、1年坊一人も誘い出せねえのかよ。こりゃ今年のレギュラーも危ういんじゃねーの、宍戸よぉ」


宍戸「ぐっ……!」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:41:49 ID:estacvqs
向日「んで、そういう跡部にはなんか案あるのか?」


跡部「案だあ?そんなチャチなもん必要ねえな」


鳳「……?こんなところで、ラケットとボールを取り出して……どうするんですか?」


跡部「こうするんだよ」


三人「!?」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:42:23 ID:estacvqs
花道「くぁー、食い過ぎてねみぃ……午後の授業フケるか……」


ヒュー


花道「ぬ?んがっ!」ゴンッ


教室「ザワザワ」


花道「~~~~~~っ」


ガラッ


花道「どこのどいつだこの野郎ーッ!」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:43:04 ID:estacvqs
跡部「ハッ、バカは扱いやすくて助かるな」


花道「ぬっ!」ジゴクミミ


跡部「悔しかったんならよぉ、1年坊。降りてこいよ。ここに」


花道「」プツン


花道「上等だコラァ!」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:43:37 ID:estacvqs
花道「クソ、あのヤロー、どこに消えやがった!」


跡部「こっちだ赤坊主」


花道「ぬっ!?」カラン


花道(ん、足に何か……)


花道(……なんだこりゃ?妙ちきりんな形してやがる) 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:44:15 ID:estacvqs
宍戸「おい1年坊主」


花道「……誰だ、俺はテメーみて~なロン毛は知らんぞ」


宍戸「はっ……こりゃあ、礼儀も教えてやる必要がありそうだ」


花道「なんだと……?」


宍戸「よく聞け。俺は今から、お前にサーブを打つ。俺から1Pでも取れりゃあ、お前の勝ちにしてやるよ。ただし、お前が1Pも取れずにゲームを落とせば、これから先、うちの部に一切かかわらねーと約束しろ」


花道「……サーブ?ポイント?なんのこっちゃ、サッパリわからん!」


宍戸「わかんねーでもいいんだよ。お前はただボールを打ち返せずに終わるんだからな!」バシーン


花道「ぬっ!?」ズバーン 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:44:53 ID:estacvqs
ギャラリー「決まったあ!まずは1P!」ヒョーテイ!ヒョーテイ!ヒョーテイ!



宍戸「おいおい、止まってていいのかよ。ずっとそうしてたら、何時まで経ってもゲームが……」



宍戸「終わらねえよ!」バシーン 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:45:36 ID:estacvqs
桜木「フンッ」


ゴンッ


宍戸「」


ギャラリー「」



向日「」


鳳「し、宍戸さぁん!」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:46:10 ID:estacvqs
花道「……ぬ?」ドーシタ


ギャラリー「ど、どうしたじゃねえよ!なんでお前、ボールがバウンドする前に返すんだよ!」


花道「そんなルールは知らん!それに喧嘩ふっかけてきたのはそっちだろーが」


ギャラリー「お、お前、わざと宍戸さんの顔面狙いやがったな!そうだ!そうに決まってる!」


花道「何言ってんだテメーら、相手を倒せば勝ちだろ?」


ギャラリー「暴力でじゃねえよ!試合で勝て!」


鳳「し、宍戸さん!宍戸さん!しっかりしてください!」


宍戸「」


ギャーギャー ワーワー 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:46:43 ID:estacvqs
跡部「……樺地。お前、あの男が一瞬でネット際に詰めたの、見えたか?」


樺地「……いいえ」


忍足「なるほどこれは、文字どおりトンデモ無い男やわ」


向日「侑士!お前、もう大丈夫なのかよ?」


忍足「心配あらへん。あれくらいのツッコミ、大阪では日常茶飯事やわ」


忍足「……それにしても……」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:47:14 ID:estacvqs
花道「ふんぬー!離せ!俺はまだそいつにとどめを刺してねえんだ!」


ギャラリー「や、やめろバカ、落ち着け!」


宍戸「」


鳳「シシドサァーン!」



忍足「これから先、楽しくなりそうやないの」


跡部「……馬鹿馬鹿しい。俺は先に戻るぜ。おい樺地」


跡部「宍戸に担架を持ってってやれ」


樺地「ウス」


向日「……ま、こういうのもありっちゃありかもな」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/05(火) 15:48:03 ID:estacvqs



??「……桜木花道……俺より先に下剋上を果たしちまうとは……気にいらねー」





おわり