2: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:49:55.60 ID:lQIz5nX90

杏「ごめんね~遅くまで付き合わせちゃって」


みほ「いえ、そんな……もうすぐ決勝戦も近いですし」


杏「そだねー。お陰で有意義な作戦会議になったよ」ニシシ


みほ「お力になれたのなら嬉しいです……でも、作戦会議だったら他のチームの車長も一緒の方がよかったんじゃ……」


杏「みんな最近練習漬けで疲れてたからさ~あんま無理させるのも悪いかなって」


みほ「それもそうですね」


杏「あ、一番疲れてるのは西住ちゃんだよね。ごめん」


みほ「い、いえ、そんな!!わたしなんか……」


杏「ううん。あたし達も一応頑張ってはいるけどさ。結局のところ戦車道に関しては西住ちゃん頼りだし」


みほ「でも生徒会の皆さんは学校のお仕事もありますし」


杏「そーだけど、やっぱり、ね」


みほ「はあ……」

引用元: 【ガルパン】杏「流れ星の夜に」 



ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
伊能 高史
KADOKAWA (2019-01-23)
売り上げランキング: 2,728
3: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:50:59.39 ID:lQIz5nX90

杏「よし!大会が終わったら、二人でどっか出かけよっか!」


みほ「二人で、ですか?」


杏「そ。なんかおいしいものでも食べに行こ」ニシシ


みほ「いいんですか……?」


杏「いいに決まってるじゃん~。西住ちゃんのお陰で、あたし達はここまで来れたんだから。なんでも好きなもの奢ったげるよ~」


みほ「いえ!!そんな……それは皆さんが頑張ってきたからで……」


杏「西住ちゃん。そんな風に控え目なところも好きだけど、謙遜のしすぎは良くないよ」


みほ「す、すき?」


杏「それに、西住ちゃんに戦車道無理やりやらせちゃったわけだし。そのお詫び、ってことでもいいや」


みほ「あ、あの、そのことなんですけど」

4: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:51:46.55 ID:lQIz5nX90

杏「ん……?どしたの?……やっぱり怒ってる?」


みほ「いえ、そうじゃなくて……会長には感謝してるんです」


杏「や~あたしが西住ちゃんに感謝されるようなことなんてなにもないよ」


みほ「会長のお陰で大洗の皆と、あんなに楽しく戦車道ができて、帰りたいって思える場所ができたんです。毎日がこんなに楽しくなったのは、全部会長のお陰で……もちろん最初は嫌でしたけど……でも今は大洗が……チームの皆が大好きで、この学校を守りたい、って思ったんです」


杏「西住ちゃん……」


みほ「だから、会長。わたしと一緒に戦車道をやってくれてありがとうございますっ」ペコリッ


杏「……なんか別れの挨拶みたいだね」アハハ


みほ「い、いや、そんなつもりじゃ!!」


杏「じょーだんじょーだん。じゃあさ、こうしない?」

5: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:52:26.53 ID:lQIz5nX90

みほ「はい?」


杏「西住ちゃんはあたしに感謝してるんだよね。じゃあそのお礼ってことで、あたしとデートしてよ。あ、これは会長命令だから絶対ね~」ニシシ


みほ「デートですか!?!?」


杏「二人で出かけて、おいしいもの食べるんだからデートでしょ~。それとも、やっぱりあたしとは嫌?」


みほ「そんなことないです!ただ……ちょっと驚いちゃっただけで」


杏「そっかそっか~。じゃあ決定ということで~」


みほ「ハ、ハイ……!」


杏「やりぃ~西住ちゃんとデート~」


みほ「会長……」

6: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:52:56.26 ID:lQIz5nX90

杏「あ、そだ。西住ちゃん。まだ時間大丈夫?」


みほ「?はい、まだ大丈夫ですけど……」


杏「じゃあさーちょっと公園寄ってかない?」


みほ「はい、いいですよ」

7: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:53:25.59 ID:lQIz5nX90
~公園~


杏「ベンチ座って話そっか」


みほ「はい……」


杏「なんかさ~こんな近い距離で、二人きりで話すのって初めてだよね」


みほ「そ、そうですね……少し、その……緊張しちゃいます」


杏「あはは、西住ちゃんかわい~」


みほ「うう……///」


杏「あ、ちょっと待ってて」


みほ「はい……?」


杏「すぐ戻るから~」スタスタ


8: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:53:56.45 ID:lQIz5nX90


みほ「(なんで公園に来たんだろう……作戦会議はもうしたし、帰り道でもお喋りはいっぱいしたし……)」


みほ「(それになんていうか……今日の会長、いつもと少し雰囲気が違うような……?)」ドキドキ


杏「西住ちゃん~お待たせ~」


みほ「あ、会長」


杏「ほい、コーヒー。甘いのと甘くないのどっちがいい?」


みほ「え、あ、ありがとうございます……!じゃあ、甘くない方……」


杏「あ、意外……」


みほ「そ、そうですか?」


杏「うん。てっきり西住ちゃんは甘いほうが好きなのかと思ってた」


みほ「甘いものは好きなんですけど、コーヒーは……。あ、もちろん甘いのを飲むときもありますよ」


杏「ふぅん……」


みほ「……?」

9: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:54:29.96 ID:lQIz5nX90

杏「なんかさ、あたし達って、多分お互いのこと全然知らないと思うんだよね」


みほ「そう、かもしれません……」


杏「ちょっと寂しいかも」


みほ「え……?」


杏「ま、いいか。これから知ってけばいいんだから」


みほ「そうですよ!」


杏「会えなくなるわけじゃないんだし、ね?」ニヤリ


みほ「はい!絶対、絶対に、廃校になんてさせませんから!」


杏「おー頼もしいねぇ~」


みほ「わたし一人じゃなくて、みんなと一緒だから……」


杏「うん……そうだね」


みほ「絶対勝ちましょう!」


杏「うん、西住ちゃんとあたし達ならできるよ、絶対」ズズズ


みほ「はい!」

10: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:55:23.38 ID:lQIz5nX90

杏「でさー話は変わるんだけど」


みほ「はい……?(なんだろう……廃校の話をしたくてここに来たんじゃないんだ……そうだよね。その話なら作戦会議の時でも、帰り道でもよかったはずだし……)」


杏「今日が何の日か知ってる?」


みほ「……?」


杏「……」


みほ「えっと、その……うーん……」


杏「そっかそっか、知らないかあ」


みほ「ごめんなさい……」


杏「そうだよねー……ま、知ってたら普通嫌か」ボソッ


みほ「えっと、今なんて……?」

11: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:56:01.06 ID:lQIz5nX90

杏「気にしない気にしない。こっちの話だから」


みほ「は、はあ……」


杏「実はねー、今日は流星群の日なんだよねぇ」


みほ「流星群?」


杏「そ。流星群。いいよねーロマンチックだよね~」


みほ「そう、ですね……」


杏「きっと武部ちゃんなんか大騒ぎじゃない?彼氏と見たら最高の雰囲気だよーとかって」アハハ


みほ「ふふっ……なんか想像できちゃいます」


杏「さっきさ。みんな練習漬けで疲れてるから、って言ったじゃん?」


みほ「あ、はい」

12: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:56:38.58 ID:lQIz5nX90

杏「あれね、半分は嘘」


みほ「嘘……?」


杏「えっと、その……なんていうか……ほんとはさ、その……」モジモジ


みほ「……」


杏「西住ちゃんと二人で……見たかった……っていうか……」


みほ「か、会長……?それってどういう……」


杏「……なんてね!」


みほ「え?」


杏「冗談冗談!今日くらいしかゆっくり時間取れなくてさ~意外と生徒会長ってのも大変なもんなんだよね~それにしても西住ちゃんも運が悪いよね、こんな夜にあたしと二人きりなんて!」ハヤクチ


みほ「か、会長?」

13: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:57:06.51 ID:lQIz5nX90

杏「まあ折角だし見てこうよ、このまま家帰って一人で見るっていうのもなんか寂しいし」ハヤクチハヤクチ


みほ「あの……わたしは嫌じゃない、ですよ……?」


杏「ににににに西住ちゃん!?」


みほ「会長こそ……わたしと二人でよかったんですか?その……今日しか時間、無かったんですよね……?もっと大切な人と……」


杏「……この話ヤメ!もうヤメ!なんか変なこと言っちゃいそうだから!!ほら、そろそろだよ!!見逃しても知らないよ!!」カオマッカ


みほ「は、はい……ごめんなさい……」


杏「う……なんでそこで謝るかなあ……」




みほ「……あ!」

14: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:57:34.53 ID:lQIz5nX90

杏「あ」


みほ「流れ星……」


杏「ほんとだ、こりゃーなんていうか……思ったより壮観だねえ」


みほ「はい……とっても綺麗」


杏「……流れ星ってさ」


みほ「?」


杏「いっつも見つけたときにはもう遅いじゃん?願い事なんか唱える暇ないってのー、みたいな」


みほ「そうですね。わたしも……小さいころから、いつも願い事唱えるの、失敗してました」


杏「でも流星群なら……こんだけ流れてるんだしどれか一つくらいは願い事聞いてくれるんじゃないか、って思うんだよね」


みほ「願い事かあ……」

15: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:58:01.35 ID:lQIz5nX90

杏「西住ちゃんはなんか願い事した?」


みほ「わ、わたしですか!?ええと、その、ひ、秘密です!!」


杏「えー西住ちゃんのケチ~」


みほ「それに願い事って、人に教えちゃったら叶わないんじゃ……」


杏「なにそれ?どこ情報??」アハハ


みほ「う……じゃあそういう会長は何をお願いしたんですか?」


杏「自分は教えないのに人のは聞くって、それズルでしょ~」


みほ「……やっぱり、廃校阻止、ですか?」


杏「へ?」

16: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:58:27.66 ID:lQIz5nX90

みほ「え?」


杏「ああ、あー!廃校ね、うん……」


みほ「会長?」


杏「そっか、そうだよね……あー……もしかしてあたしって結構最低かも」


みほ「えっと……どういうことですか?」


杏「んとね~、あたしはもっと個人的な、自分勝手なことお願いしてたんだよね」


みほ「個人的……いえ、そんな、最低だなんて思わないです」


みほ「わたしもそうだから……」ボソッ


杏「それにねー西住ちゃん」


みほ「は、はいっ?」

17: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:58:55.83 ID:lQIz5nX90

杏「廃校阻止はね、願う必要ないよ。だって阻止するんだもん。……そうでしょ?」ニヤリ


みほ「会長……」


杏「阻止出来たらいいな、とか、阻止できますように、じゃなくて、するんだよ。あたしたちの力で。ここまで来たんだから。願うのはさー、自分の力じゃどうしようもないこととか……到底叶いっこない、現実離れした夢とかにしとけばいいと思うんだよね」


みほ「……会長は、やっぱりすごい人です」


杏「まー西住ちゃんの力がなきゃ無理だったんだけどね。情けないことに」


みほ「そんなことないです、会長は、ほんとに強い人で……!」


杏「ありがと。でもさーほんと全部西住ちゃんに頼りっきりなんだもん」


みほ「わたしは……みんなの……えっと、そうじゃなくて……その……会長の力になれてうれしいです」

18: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:59:25.65 ID:lQIz5nX90

杏「……この際だから言っちゃうけど、あたしの願い事。それもねー、西住ちゃん次第なとこあるっていうか、なんていうか」モゴモゴ


みほ「わたしに、なにかできることがあるんですか……?」


杏「んっと……その……あーごめんやっぱ忘れて」


みほ「……会長、教えてください」スクッ


会長「あはは……に、西住ちゃんったらなんであたしの目の前に立ちふさがってるのかな~?」メソラシッ


みほ「会長、お願いします」


杏「いやーだってあたしだけ願い事教えるのはズルいっていうか……それにね、さっきも言ったけど……普通に考えて叶わないんだよ、あたしが願ったことって」


みほ「それでも、わたしにできることがあるなら……!」


杏「忘れてって言ったじゃんー……」


みほ「会長。わたしの願い事、教えます」

19: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 05:59:55.56 ID:lQIz5nX90

杏「え?いや、だってそれ聞いちゃったら」


みほ「わたしは、みんなの願い事が叶いますように、って、そうお願いしました」


杏「なーんで言っちゃうかなあ!?」


みほ「だから、会長。教えてください!わたしにできることなら、叶えたいんです!会長のお願い!」


杏「う……」


みほ「ダメ、ですか……?」


杏「……怒ったり、引いたりしない?」


みほ「はい、約束します」


杏「でも……多分あたしのことを見る目が変わると思う……主に悪い意味で。いや~ていうか元々いい印象無いか!」


みほ「会長、さっきも言った通り、わたしは会長にほんとに感謝してます!それに尊敬してますしすごく大切に思ってます!!」

20: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 06:00:25.56 ID:lQIz5nX90

杏「……ありがと。じゃあちょっとだけ……その気持ちに甘えちゃおうかな」


みほ「はい!」


杏「んとねー、ほんとに簡単なことなんだけど。目、つぶって。それだけでいいから」


みほ「目をつぶる……だけですか?」


杏「そうそう。……ありがと」


みほ「これでいいですか……?」


杏「うん。…………あ、ごめん、もう一個追加でお願い。ちょっと屈んで」

21: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 06:01:01.17 ID:lQIz5nX90

みほ「は、はい……あの……ええと、これってなんだか」


杏「西住ちゃんがいいって言ったんだからね!」


チュッ


みほ「会長!?」


杏「に、西住ちゃん……目……開けるの……早すぎ……」


みほ「え、あの、その、あの……」


杏「……わかったでしょ?あたしの願い事」


みほ「た、たぶん……」


杏「じゃあ、そういうことだから!ほんと、いきなりごめんね~」

22: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 06:01:29.31 ID:lQIz5nX90

みほ「か、会長……なんで謝るんですか」


杏「んー……なんでだろうね、ごめん」


みほ「また謝ってます」


杏「うん……そうだね……はは、ごめん」


みほ「会長……あの、ごめんなさい」


杏「ごめん、気持ち悪かったよね……」


みほ「え、あ、その、ち、ちち違います!!!そういうことじゃなくて」


杏「……うん?」


みほ「あの、わたし、会長に謝らないといけないことがあって……」


杏「……なに?……正直、聞くのすっごい怖いんだけど」


みほ「ええと、その、いや、違うんですそういうことじゃなくて!!全然怖くないですから!!」


杏「うん……」

23: ◆3oUys82jnbVM 2019/01/12(土) 06:02:35.38 ID:lQIz5nX90

みほ「わたし、さっき、みんなの願い事が叶いますように、ってお願いしたって言いましたよね……?」


杏「うん……西住ちゃんらしいなって思ったよ」


みほ「あれ、実は……その……嘘というか……」


杏「嘘……?なんでそんな……」


みほ「あの!わたしのほんとうの願い事……叶いました!」


杏「……へ?それって……つまり……えっとー……どういう……」


チュッ


みほ「……こういうことです!」




おわり