1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 20:38:43.94 ID:EQpzf8/u0
洋榎中学2年

インターミドル大阪大会


対戦相手「あ、ありがとうございました……」カタカタ

洋榎「……ありがとうございました」


つまらんな……

何なんやこの歯ごたえの無さは

こいつらみんなデクか?

大体ハナから勝ちにきてないんちゃうか?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396093123

引用元: 洋榎「うちにとってセーラは……」 



咲-Saki-(18) (ヤングガンガンコミックス)
小林 立
スクウェア・エニックス (2018-10-25)
売り上げランキング: 5,304
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 20:44:24.11 ID:EQpzf8/u0
対戦相手A「やっぱり強いよ、愛宕さん……」

対戦相手B「あの愛宕プロの娘やもん、仕方ないよ……」

対戦相手C「そーそー、私たちとは何もかも違うんやから」


何が愛宕プロの娘や

うちの強さとオカンがプロなんは何も関係無いやろ

くだらない言い訳で自分を正当化すんな

うちは勝つために努力してきたんや

お前らなんかとは違う

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 20:48:22.12 ID:EQpzf8/u0
いつもこうや

愛宕プロの娘だから強い

愛宕プロの娘には敵わない

お前らが戦ってるのは誰や!?

うちのオカンなんか?

違うやろ!?

うちや! 愛宕洋榎や!

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 20:52:58.66 ID:EQpzf8/u0




洋榎「……よろしくお願いします」

対戦相手D・E「よろしくお願いします」

セーラ「よろしくお願いします!」ニコッ


どうせこいつらもうちの相手にならないんやろ?

ちゃんと相手すんのもメンドイわ

適当に流して早く終わらせたろ……


セーラ「ロン! 12000!」

洋榎「……え?」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 20:56:59.40 ID:EQpzf8/u0
うちが直撃くらった?


セーラ「ボーッとしてたらあかんで~、愛宕さん?」ケラケラ

洋榎「ッ!?……はい、点棒や」カチャ


今のはたまたまや

うちが試合に集中していなかったから

今度はちゃんと


セーラ「ロン! 満貫や!」


またこいつ!?

8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:00:27.46 ID:EQpzf8/u0




対戦相手D・E「あ、ありがとうございました」カタカタ

洋榎(何とか勝てた)

洋榎「ありがとうございました……」

セーラ「ありがとうございました!」

セーラ「いやー、やっぱり強いなー!」

セーラ「洋榎は!」

洋榎「!?」

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:05:17.22 ID:EQpzf8/u0
今こいつうちを名前で……?


洋榎「……初対面なのに名前で呼ぶなんて馴れ馴れしい奴やな」

セーラ「俺は対戦して気に入った奴は名前で呼ぶ事にしてるんや!」

セーラ「ええやろ洋榎? 俺の事もセーラって呼んでええから!」ニコッ

洋榎「……まあ、ええけど」

セーラ「じゃあ改めて、これからよろしくな! 洋榎!」ニカッ

洋榎「ああ、よろしく……セーラ///」カァ

10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:10:10.59 ID:EQpzf8/u0
男みたいな格好をして

性格も大雑把で

人の内側にも遠慮なく入ってくる

図々しい奴

だけどうちを

愛宕プロの娘やない

愛宕洋榎自身として見てくれる

それが凄い嬉しかった

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:17:39.36 ID:EQpzf8/u0
セーラとはこの大会以降

大小様々な大会で出会う事になった


セーラ「元気にしとったかー!? タレ目ー!」

洋榎「……ここは女子の大会やで? 男子は向こうの会場行けや」

セーラ「だーれが男子やねん! 試合で当たったらボコボコにしたるからな! 覚悟しとけよ洋榎!」

洋榎「んなもん返り討ちにしたるわ! 後で泣いても知らんでセーラ?」

セーラ「……」

洋榎「……」

セーラ・洋榎「……プッ」

セーラ・洋榎「アハハハハハッ!」


打ち解けあうのにも時間はかからなかった

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:22:42.13 ID:EQpzf8/u0
戦績もほとんど五分五分やった

でも戦績以上に

実際にやり合ってお互いの実力を認め合っていた

大会に出たらまずはセーラがいないか確認したし

セーラも会場では、いの一番にうちに会いに来ていたと思う

うちに正面からぶつかって来てくれて

勝っても負けても最後には笑いかけてくれる

そんなセーラに

うちは次第に目が離せんようになっていった

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:26:05.43 ID:EQpzf8/u0




セーラ「負けたー! くやしー!」

洋榎「これでうちの連勝やな?」フフン

セーラ「何があかんかったかなー?」ウーム

洋榎「……」

洋榎「うちの守りを崩そう思って、早上がりしようとしてたやろ?」

セーラ「うん」

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:31:41.69 ID:EQpzf8/u0
洋榎「セーラの良い所は、ちまちま安手で上がる所やない」

洋榎「自分から運を引き寄せてここぞと言う時に大物手を上がる所や」

セーラ「……」

洋榎「だから他の奴に気を取られないで、セーラらしくどっしり落ち着いた麻雀を打てばいいねん」

セーラ「……洋榎って」

洋榎「ん?」

セーラ「洋榎って俺の事よく見てるんやなー?」

洋榎「///!?」カァ

洋榎「こ、これで何回お前と麻雀してると思うねん!? それ位分かるわ!」

セーラ「そんなもんかー?」ウーム

洋榎「それにお前はうちの1番の……ライバルやからな気にして当然や」

セーラ「そうやな! 俺らライバル同士やもんな!」エヘヘヘ

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:43:51.78 ID:EQpzf8/u0
1番のライバル

麻雀においては確かに自他共に認めるライバル同士

じゃあ麻雀をしてない時は?

ただの他校の生徒? 友達?

セーラはうちの事をどう思ってるんやろうか?

うちはセーラの事を……

麻雀以外の時でもセーラと一緒にいたい

そう思うようになった

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:48:06.59 ID:EQpzf8/u0
中学3年の夏
愛宕家


洋榎(セーラはどこの高校に行くんやろうか……)

洋榎(大阪なら千里山、姫松の2強……少し落ちて三箇牧や)

洋榎(セーラの大会の成績なら、どこでも特待生として入れるはずや……うちもそうやし)

洋榎(大阪が好き言うてたし、大阪以外の高校は選ばないと思う)

絹恵「お姉ちゃーん、電話やでー」

洋榎(本人に確かめたいけど、これだけを直接聞くのは恥ずかしいし)

絹恵「電話言うとるやろー! お姉ちゃん!」ガラッ

洋榎「うぉ! びっくりさせんといてや絹!」

絹恵「さっきから声かけてたんやけど……」

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:58:28.98 ID:EQpzf8/u0
洋榎「で……誰からなん? 電話」

絹恵「江口さんやで」

洋榎「そ、それを最初に言ってや!」ダッ

洋榎「……も、もしもし?」ドキドキ

セーラ『おー、洋榎かー?』

洋榎「な、なんやセーラ電話なんて珍しいやないか? 何か用か?」ドキドキ


セーラ『それなんやけど……明日一緒に遊ばへんか?』

21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:02:52.13 ID:EQpzf8/u0
次の日


洋榎(まさかセーラから遊びに誘ってくるなんて!?)ドキドキ

洋榎(セーラにどこの高校行くのか聞くチャンスや!)

洋榎(……絹に服選んでもらったけど、おかしくないやろか?)ドキドキ


セーラ「お!? 時間通りに来るなんて感心やなー? おはようさん」テクテク

洋榎「お、おはよう!」

セーラ「スカートなんか履いてどないしたん? 女の子みたいやん?」

洋榎「お、お前に言われとうないわ!」

洋榎(セーラは相変わらず短パンか……男の子みたいやけど、これが一番似合うてるわ)

22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:07:30.46 ID:EQpzf8/u0




セーラ「このタコ焼き美味いなー! いくらでも食べられるわ!」モグモグ

洋榎「口の周りソースだらけやで、拭いたるからこっち向き?」フキフキ

セーラ「ありがとう、お姉ちゃん」

洋榎「あんたのお姉ちゃんになった覚えは無いわ」

セーラ「絹ちゃんと一緒に3人姉妹でええやんか?」

洋榎「お前は可愛げないから妹にはなれんわ」

セーラ「えー? ひどいわー」

23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:13:26.56 ID:EQpzf8/u0
セーラ「電話で少し話したけど、絹ちゃんってええ子やな?」

洋榎「うちの自慢の妹やで」

セーラ「やっぱり姉妹やから、洋榎とは似とるんか?」

洋榎「そりゃ姉妹やからそっくりやで! 絹はつり目で●●●●が凄い大きいけどな!」

セーラ「それどこも似てないって事やんけ……本当に姉妹なんか?」

洋榎「な、何となく雰囲気が似てるんや!」

セーラ「急に理由が曖昧になったな」

洋榎「ほっとけ!」

24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:19:51.82 ID:EQpzf8/u0




セーラ「……楽しかったなー! 今日は遊び疲れたわ!」

洋榎「まあまあ楽しかったわ」

洋榎(ゲーセン行ったり、カラオケ行ったり……セーラといると楽しいわ)

セーラ「たまには麻雀抜きで洋榎と一緒にいるのもええな……洋榎といると楽しいわ」

洋榎(セーラ、うちと同じ事考えてくれてる!)ドキドキ

洋榎(……聞くなら今やな)

洋榎「……セ、セーラは高校どこに行くんや?」

25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:26:29.13 ID:EQpzf8/u0
洋榎「……」ドキドキ

セーラ「高校かー……俺は千里山にしようと思ってる」

洋榎(千里山……オカンが監督しとるから正直行きたくは無いけど……セーラが行くなら!)

洋榎「じ、実はうちも千里山に……」モジモジ

セーラ「怜と竜華も千里山行く言うてくれたからなー!」

洋榎「……え?」

26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:34:50.82 ID:EQpzf8/u0
セーラ「あっ、怜と竜華っていうのは同じ中学の仲間なんや!」

セーラ「竜華は俺と同じくらい麻雀強いんやけど、怜が病弱でな世話するのに忙しくて大会に出られないねん」

セーラ「怜は麻雀が全然強うなくてなー、せやけど一生懸命強くなろうと努力してる頑張り屋さんやねん!」ニコニコ

セーラ「3人で千里山入って全国目指そうって約束してるんや!」

セーラ「3人揃えば洋榎のいる学校にだって負けへんで?」

洋榎(!?)

セーラ「そういえば、この間の部活で怜の奴面白い事言うてたんやけどな……」ニコニコ

洋榎(うちと一緒にいる時よりも、楽しそうな顔するんやな……セーラ)

27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:39:58.54 ID:EQpzf8/u0
洋榎「怜って子の話してる時、随分楽しそうやな? セーラ」

洋榎「……好きなんか? そいつの事?」

セーラ「そ、そんな訳ないやろ!///」カァ

セーラ「怜はただの友達やし、怜には竜華がおるし……///」ブツブツ

セーラ「だ、だから……す、好きとかそんなんじゃあ///」アワワワ


洋榎(……何ちゅう顔するんや、セーラ)

洋榎(……そっか)

洋榎(うち分かったわ)

29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:46:38.57 ID:EQpzf8/u0
洋榎(セーラにとってうちは本当にただのライバルなんやな……)

洋榎(それ以上の存在には絶対になれへん……)

洋榎(セーラがライバルの関係しか望まないなら……うちはそれだけでも十分や)


洋榎「……うちは姫松に行く」

セーラ「ひ、姫松かー、あそこも強いもんなー、でも県大会では当たらんから直接当たるのは全国でやな」

洋榎「……姫松ですぐにレギュラーになって、全国でお前をボコボコにしたる!」

セーラ「やれるもんならやってみい! 返り討ちにしたるで!」

洋榎・セーラ「アハハハハハッ!」


洋榎(これで)ジワッ

洋榎(これでいい……これでいいんや)ポロッ

30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:53:46.98 ID:EQpzf8/u0
姫松に入学するまでの間、特にセーラとは連絡を取り合わなかった

そして姫松に入学してから3ヶ月後


洋榎「今日は千里山との練習試合やで! 恭子!」

恭子「初めての先発メンバーやから気合い入っとるな洋榎は……うちは補欠やから関係ないけど」

洋榎「あいつも今日はメンバーに選ばれてるらしいからな! フルボッコにしたる!」

恭子「あいつって……1年の江口セーラの事か? 洋榎知り合いなんか?」

洋榎「あいつは……」


洋榎「セーラはうちにとって……1番のライバルや!」ニコッ



おしまい