2: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:45:24.43 ID:t6Qte0jF0
拓海「……はぁ」

比奈「だから痔になったっス」

拓海「まぁ、でしょうね」

比奈「……何とも思わないんスか?」

拓海「別につっ立って漫画描いてんじゃないでしょ」

拓海「常に椅子とケツとが濃厚な接吻してるも同じなんですから、そりゃなんでしょうに」

拓海「ってか痔じゃない漫画家なんているのか…」

比奈「酷い偏見スね」

引用元: 比奈「痔になったッス」 



3: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:46:29.67 ID:t6Qte0jF0
拓海「ってか何でまた…」

比奈「いやぁ…新刊をね、出そうと思って」

拓海「んで徹夜でもしてて」

比奈「ええ、プロデューサーがスケジュール調整してくれたおかげっス」

拓海「んじゃ脱稿したら礼言わなきゃな。アタシが伝えとくんで」

比奈「いや直接言うっスから」

拓海「何を仰る、流石の比奈センセでも照れくさくって言えまい」

比奈「スけど………」

4: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:47:10.22 ID:t6Qte0jF0
拓海「んであんまりずっと座っちまったもんだから」

拓海「脱稿する前に脱肛しちまったと?」クス

比奈「上手いこと言ったつもりスか。しかもアタシのはその…」

拓海「切った方?」

比奈「………イボの方っス」

拓海「おや、ちょいとつまんだら汁撒き散らしながら潰れて」

拓海「その直後肛門からポロって落ちて」

拓海「丸二日その痛みで絶叫するっていうあの」

比奈「んなイボ痔聞いたことないっスよ!?」

拓海「え、まだ話してませんでしたかい?」

比奈「え?」

5: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:47:57.00 ID:t6Qte0jF0
拓海「まぁマンガのネタとしても下らねぇからまだ話してないのも当然ですが…」

比奈「まさかの現実(リアル)、スか?」

拓海「イエス、ノンフィクション。まぁ簡潔にまとめると…」

拓海「昔族してた頃にやったんですよ。何時だったか…」

拓海「確かとあるヤクザの奴ががな、うちの奴を囲って遊びやがって」

拓海「んで正義感の強い拓海ちゃん、可愛い可愛い仲間を可愛がってくれた奴には礼をしなくちゃあなって」

拓海「やった奴らに辻斬りならぬ辻蹴りをして…」

拓海「そいつら手土産にそいつらの事務所に上がり込んだわけですよ」

比奈「それで……いたんスかイボ痔」

拓海「数人だけでしたけどね」

比奈「で、潰したんスか……イボ」

拓海「……百聞は一見に如かず」

6: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:48:34.27 ID:t6Qte0jF0
拓海「若気の至りというか黒歴史というか…」

拓海「そういうもんを葬りたいって気持ちも分からんでもない」

拓海「けど過去があるから今がある。更には過去のおかげで明日がある」

拓海「焚書せず、保存しておいてもいいと思うんですよねぇ」

比奈「どうするんス?携帯取り出して」

拓海「そのヤクザ、アタシのおかげで解散しましてね…」

拓海「その決め手となった映像は未だ…」

比奈「保存……してるんスか…?」

拓海「お見せしましょう、必殺のスナッフフィルムを」

7: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:49:20.62 ID:t6Qte0jF0
(映像再生中)

拓海「まぁ裏世界にばら撒く為の映像ですし」

比奈「ひっ!」

拓海「少々刺激の強すぎる箇所もありますが…」

比奈「!!」

拓海「じゃあ小梅に見せようかって言ったら」

比奈「うっ……」

拓海「涼に殴られちまいまして」

比奈「も…もう………やめ…!」

拓海「結局これ見たことあるアイドルは他にただ一人、広島の赤鬼娘のみ」

比奈「き、気分が………」

拓海「でも荒木センセには見せたかった」

比奈「こっちはこんなの……見たく…」

拓海「マンガにはリアリティってもんが必要でしょう?」

比奈「ちょっと……吐かせて…」

拓海「取材とかする辺り、やはり経験ってのが物言いますから」

比奈「止めて……止めて…!」

拓海「ほら、痔のシーンきますよ」

8: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:49:59.72 ID:t6Qte0jF0
比奈「嫌……嫌………!」

拓海「ケツ向けて足おっ広げさせてさ…」

比奈「」ガタガタ

拓海「おや、こんなところにイボが」

比奈「!?」ドキッ

拓海「痛かろうな辛かろうな…よし、少し荒療治だがケジメよか楽だ、ってんで」

比奈「あ……あ……嫌……やめ……!」ガタガタガタガタガタガタ

拓海「ブチィ!」

比奈「ぅああぁあぁぁぁああああぁぁああぁぁああぁぁぁああぁぁぁぁあああぁ!!」

拓海「はい、この辺楽しい上映会終了。お疲れ様でしたー」

比奈「うぁ……あ……ぁああ……ひど……酷…すぎ…る……こん…なっ………!」

9: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:50:28.19 ID:t6Qte0jF0
拓海「こうならないよう、きっちり治しときませんとね」

比奈「何で……こんなの見せたん…スか…?」

拓海「話だけじゃ伝わらないのと、比奈センセが漫画家だったから、ですかね」

比奈「こんなので…描かないっスよ……」

拓海「ふぅん………まぁアタシからすれば比奈センセの泣き顔見れただけでいい収穫ですねぇ」

拓海「やっぱりセンセも女の子だ」ニコッ

比奈「っ……!」

拓海「かくして、この映像をばら撒かれたその組はメンツ丸潰れで解散」

拓海「スナッフとは言ったもののアタシの喧嘩は別に命まで取らねぇから」

拓海「皆さんアタシにトラウマ抱いて元気にカタギとして生活してるでしょうよ」

拓海「一方既に裏世界で有名人だったアタシだが、顔も姿も隠していた為こうして無事に生活しています。めでたしめでたし」

10: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:51:08.80 ID:t6Qte0jF0
拓海「さてと、下らない昔話も終わったところでセンセの痔に話を戻して…」

拓海「折角なので」

比奈「あの……」

拓海「何か?」

比奈「休憩させて…下さい………ス」

拓海「…お早めに。この事務所で二人っきりじゃなくなる時間にも限度がありますから」

比奈「…ではご不浄に」ガチャ

拓海「………座薬か、もしくは注入か」

11: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:53:57.60 ID:t6Qte0jF0
ガチャ

比奈「只今っス」

拓海「落ち着きましたかい?」

比奈「異常スからね…あんなの……」

拓海「それくらいするさ。アタシも加減は苦手でね…」

拓海「ところでセンセの痔の件、秘密にしといた方がいいですかね?」

比奈「そうしてくれるとありがたいっス。アイドルが痔だなんてのも…」

拓海「治ってからならそういうページで書き放題でしょうけど」

比奈「っスね。というわけで治るまでは内密に…」

拓海「だが!」

比奈「!?」

拓海「秘密を握る以上、代わりに何かしてもらいたい所存…」

拓海「このたくみん、そうそうこのチャンスを無駄にはせん!」

拓海「というわけで、定番のあれを聞きましょうかねぇ比奈センセ」

拓海「痔のこと、秘密にして欲しいですか?」

12: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:54:53.17 ID:t6Qte0jF0
比奈「…痔の事、秘密にしてください。何でもやるっスから」

拓海「………ほう、今、何でもって言いましたかい?」

比奈「もはや背に腹は代えらないっス。腹は括ったッス。何でも!いくらでも!」

拓海「いくらでも、ときましたか…まぁどうせ治るので一つだけでいいですが」

比奈「何でも一つだけ…何をしてほしいんス?」

拓海「そうすねぇ……よし決めた」

13: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:55:45.22 ID:t6Qte0jF0
拓海「比奈センセの痔を見せてください」

比奈「……え、今なんて?」

拓海「センセのイボ痔を、直接生で見せてください」

比奈「はぁ!?」

比奈「正気スか。痔スよ!?」

拓海「治るということは即ち、今この時を逃せば事実かどうかうやむやになるってことだ」

拓海「同情を買ってお手伝いしてほしいようなそんな嘘にも…」

拓海「その前にできることを全力でやる。このアタシに半端やらせるつもりですかい?」

比奈「むぅ……」

14: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:56:52.06 ID:t6Qte0jF0
比奈「じゃ、じゃあ一回だけっすからね」ズルゥ

拓海「さっすが比奈センセ、サービスしてくれますなぁ」

比奈「見るだけっスからね。触ったり、入れたり、口付けたり、舐めたり、後…」

拓海「分かりましたよ。見せてくださいって言ったのはこっちですからね」

拓海「あくまで痔見るだけで我慢します」

比奈「我慢って…」

拓海「まぁ治ったら色々しますけど」

比奈「二度はやらないスからね!?」

拓海「オーケィオーケィ」

15: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 19:57:58.41 ID:t6Qte0jF0
比奈「ほら、これっスよ。見えるっスよねイボ痔」

拓海「拡げてください。よく見えん」

拓海「しかもこっち見るだけで触れねぇんですから」

比奈「我が侭っスねぇ…」

拓海「バラしますよ?」

比奈「くっ……」くぱぁ

比奈「ほ、ほら…これならよく見えるっスよね?」

拓海「うんうん、よく見えますよ。この丸いのですよね?」

拓海「やっぱ可愛いですねぇアイドルの痔だけあって」

比奈「馬鹿…何変なこと言って……」

拓海「はーい比奈センセのイボ痔にっこり笑ってー」ピッ

比奈「ちょ!何撮ってんスか!」

拓海「バラ撒きますよ?あの映像みたいに」

比奈「うっ……」

16: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:03:57.18 ID:t6Qte0jF0
拓海「どうせしばらく誰も来ないんですから、それまでは、ね?」

比奈「う…うぅ……」

拓海「しかしいいケツだ…揉もう」

比奈「それ結果的に触ってるっスからね」

拓海「ああ、ケツにな」

比奈「だったら…」

拓海「駄目なのは痔に対して。痔じゃなきゃいいんでしょじゃなきゃ」むにぃ

比奈「!!」

拓海「やらけぇ…今なら●○○○モミモミマシーンアツミ081の気持ちも理解できるな…」

比奈「だから…あまり触らな」

拓海「痔だけですよね?だったらここも!」むにう

比奈「ひゃあっ!」

17: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:04:43.62 ID:t6Qte0jF0
拓海「ついに愛海と同じことしちまったな…しかしいい手触り…」

拓海「尻といい胸といい、上質なものをお持ちでぇ…」モミモミモミモミ

比奈「っぁ……これ以上…はっ…ぁ……ん…っ!」

拓海「でもこれじゃ痔が見えねぇや。尻で我慢しやす」パッ

比奈「はぁ…ぁ……はぁ…っ」

拓海「ところで女には尻が体の前側にも」

比奈「禁止スからね!」

拓海「わぁーってますよ。どうせ初物だろうし」

比奈「そういう問題じゃ…ひぅん!」

拓海「アイドルの痔を見ながら尻を揉む…贅沢ですねぇ」むにむに

比奈「だ…だか…らぁ……っ」

18: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:05:36.95 ID:t6Qte0jF0
拓海「ところで禁止されたところから涎がたらぁりたらりと…」

比奈「み…見るなぁ……」

拓海「あ、そうだ、さっき撮影しちゃったから…」

拓海「要求、増やしてもいいですよねぇ?」

比奈「え………?」

拓海「まぁ治ったらでいいんですけどねぇ……」

拓海「治ったら、比奈さんの体自由にさせてくれません?」

比奈「はぁ!?」

拓海「はい決まり。治った時にやらせてくれなかったら撒きますからね~」

比奈「この悪党……」

拓海「族なんて世間一般では悪ですよ」

19: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:06:37.74 ID:t6Qte0jF0
比奈「全く、こんな人だったとは思わなかったっスよ…」

拓海「じゃあどんなだと思ってたんです?」

比奈「んー…糞真面目、っスかね。義理人情で動き、その魂は常に熱い」

比奈「少年漫画の主人公みたいな人っスね。凄く典型的な」

拓海「……雛祭で格好つけ過ぎちまったか」

比奈「漫画の世界にしかいないかと思ったっスけど、いたんですねここに」

拓海「で、そのヒーローもたった一つの行動で失望されてしまったと」

比奈「自業自得っス。どこの世界に痔を見ながら尻を揉む主人公がいるんスか」

拓海「どこの世界に痔のヒロインがいるんですか」

比奈「う……」

20: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:07:27.32 ID:t6Qte0jF0
拓海「まぁ痔になってよかったですよ。こんな形だけど肌に触れた…」

拓海「喧嘩と似てる…実際に直に触れ合ってこそよく分かる…」

拓海「雛祭でのセンセの事もあって、よく分かりましたよ」

比奈「…で、祭りの時アタシのことどう思ってたんス?」

拓海「センセと同じさ…アタシがヒーローなら、センセはヒロイン」

拓海「ひな壇の一番上で並んで座りたくなる、お姫様…かな」

比奈「ふぇ!?」

拓海「アタシだって漫画くらい読みますよ。雛祭の時のセンセ…」

拓海「咲き誇る花よりも美しく、雛飾りよりも華やかで…」

拓海「まるで本当にアンタのための祭りだったっていっても過言じゃあない」

拓海「あの時のセンセは、いや、いつもアイドルとして輝いてるセンセは」

拓海「まごう事なきヒロイン。誰もが羨むお姫様」

拓海「もう漫画も現実も変わんないんじゃないですかね」

拓海「だって今のアンタは漫画と同じ」

拓海「愛されるヒロインですよ」

比奈「…………」かあっ

21: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:08:00.81 ID:t6Qte0jF0
拓海「こういうと何か…今までずっといてその気持ちを打ち明けて抱きしめようとしてるみたいですけど…」

拓海「センセがアタシのお姫様なら、アタシはアンタのヒーローであり続けてやるよ」

比奈「…………!」

拓海「まぁ、んなこと言ったからって今までの事がチャラになるとは思いませんけどね」

拓海「とりあえず治ったら好きにさせてくださいね。ヒロイン汚すってのも二次創作でやれば」

比奈「…チャラにしてほしかったら、こっちの要求も飲んでくれるっスか?」

拓海「……そう来るとは思ってました。何がお望みで?」

比奈「簡単なことっス…そっちが条件重ねてるんなら、こっちだって重ねるっスよ」ジーッ

比奈「アタシにヒロインでいてほしいんスね?」ヌギッ

拓海「まさか……」

比奈「そのまさかっスよ」チャッ

22: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:08:54.58 ID:t6Qte0jF0
どさっ

比奈「アタシにヒロインでいてほしいなら、拓海にもヒーローでい続けてほしいっス」どき…

比奈「飲んでくれるんなら、治った後の奴、今ここで前払いしてあげてもいいっスよ」どきっ……

拓海「……前払いまでは、予想外でしたね。眼鏡まで脱いじゃって…」

比奈「お姫様のお願い、飲むんスか?飲まないんスか?」

比奈「まさかヒロインに脱がせといて飲まないなんてことはないスよね?」

拓海「…比奈センセ、何でまた」

比奈「ヒロインがヒーローに恋したっていいっスよね」

拓海「センセ惚れたんですかアタシに」

比奈「…あんだけ口説いといてスか」

拓海「参ったな…やっぱ慣れてなかったんですかああいうの」

比奈「だからどっちなんスか。飲むのか飲まないのか」

比奈「流石にアタシみたいな芋っぽい乙女でも裸で放置されたら…」

拓海「うるせぇ」グイッ

比奈「!」

23: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:09:39.76 ID:t6Qte0jF0





比奈「んっ……はぁ……はぁ…はぁ…」

拓海「………よぉ比奈センセ、要求どころか唾液まで飲んじまったぜ」

拓海「ファースト奪われたご気分は如何かなお姫様?」

比奈「…まさか舌まで入れるなんて」

拓海「そりゃ脱いでたらそれくらいしますよ」

拓海「それに、アタシは肉体言語の方が得意ですからね」

比奈「…乱暴なヒーロー……っスね……」

拓海「扇情的なヒロインが何を抜かす」

拓海「さて、前払いとのことですが…どれくらいまでなら」

比奈「無制限でいいっスよ…多分、ソファが汗だらけになるくらい…」

拓海「……ヒロインが滅茶苦茶にされる同人ルートじゃないんですか?それ」

比奈「できないんスか?」

拓海「そう言ったら…嘘になりますね」

比奈「フフ…気障ったらしいっスね」

24: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:10:15.09 ID:t6Qte0jF0
拓海「それでは改めて……比奈センセ、いや…」

拓海「比奈……」

比奈「拓…海………」

比奈(いつも女っぽい格好で仕事させられる拓海……)

比奈(でもあれ以来格好いい本当の姿を知ることができた)

比奈(今この時…目の前にいるのは……お内裏様なんてもんじゃない)

比奈(王子様…アタシにも、来るんスね……)

比奈「ほら……きて……」

25: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:10:54.21 ID:t6Qte0jF0

コンコン


比奈「……………あらら」

拓海「……残念、時間切れのようです」

拓海「ノックの高さから察するに身の丈は140代」

拓海「気配はさっきからしてはいたが、空気呼んで待っててくれたらしい」

比奈「誰スかね」

拓海「他に非ず……広島の赤鬼娘じゃのう」

ガチャ

巴「姉御、何にかこつけてこがぁなことしとるん?」

26: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:12:26.36 ID:t6Qte0jF0
同日夜 女子寮自宅にて

比奈「やれやれ、今日はあの短時間でやたら密度の濃い一日だったっスね」

比奈「恐ろしい映像見せられて、痔を見られて、尻や胸を揉まれて」

比奈「挙句の果てに口説かれて、ついつい生まれたままの姿になって」

比奈「そしてファーストキス……」

比奈「………」

比奈「痔が治ったら、お洒落して会いに行ってみるっスかね。たまには」

比奈「治るまでは……治療係にでもなってもらうっスかね」

比奈「アタシのお尻を見た責任、取ってもらわないと」

27: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:13:20.29 ID:t6Qte0jF0
同刻 某屋形船にて

ベン ベベベン ベン ベン  ベンベン ベン

巴「いっこも、二人きりにしといたらあの様じゃ」

拓海「何時からドアの前で待ってた」

巴「そうじゃの…棟方の気持ちを理解した頃、じゃったかのう」

拓海「おいおい…大分早い段階じゃねぇか」

巴「揉んだんか?」

拓海「まぁな。いいケツだった…」

巴「胸もか」

拓海「服装で誤魔化してんのが勿体無い…」

巴「いっこも……痔見るばっかしでも相当なもんじゃゆぅのに」

拓海「そう言うなっての」

巴「しかもあの映像も見せたんか」

拓海「流れでな。泣いてる比奈センセもまた……」くいっ

拓海「…可愛いもんだったぜ」

巴「かぁーっ………」くいっ

28: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:15:39.05 ID:t6Qte0jF0
巴「ほぃじゃが驚いた。一方的にやったんじゃないんじゃろ?」

拓海「まぁな。まさか脱ぐなんてな……」

拓海「暫くはお互いまともに見れねぇだろうな…いやぁ参った参った」ぐいっ

巴「はぁ……まぁ、比奈さんがええんじゃったらそれでええが」

拓海「…なぁお嬢」

巴「何じゃい」

拓海「………比奈さんって女だったんだな」

巴「フッ、何を今更…比奈祭りで分からんかったんか」

拓海「今更意識した。今度は……まぁ、痔が治ったらでいいか」

巴「何をじゃ」

拓海「さぁな」

29: ◆cuIGLrdneA 2014/03/30(日) 20:16:21.98 ID:t6Qte0jF0
巴「乱れつつ 恥じしところを 覗かれば」

拓海「火照る心を 尚見られたき」

くいっ

ベベン ベンベンベベベベベン ベン ベベン…


―完―