1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 15:02:37 ID:2bTa9pFw

幼「なーんてね!嘘に決まっ━━」

男「何だ、お前もか!」

幼「えっ」

男「実は俺も好きな人ができたんだ。いやぁいつカミングアウトするか迷ってたんだが、幼馴染みも好きな人ができたなら丁度いい。今度紹介してやるよ」

幼「えっ」

男「あ、ドラマ始まるから帰るな!じゃあまた明日学校で!」

>テクテクテク…

幼「えっ」 



幼馴染の山吹さん (電撃文庫)
道草よもぎ
KADOKAWA (2017-10-07)
売り上げランキング: 147,183
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 15:08:18 ID:2bTa9pFw

幼「……うん、ちょっと落ち着いて状況を整理しよう」

幼「私は男が好きだ。そしてその事を親友に相談したところ」



親友「好きな人ができたー、とか言って男くんを焦らせれば良いんじゃね。んで、焦った男くんが幼馴染みの大切さに気付きぽろっと告白しちゃったりするかもよ、多分」

幼「 そ れ だ! 」




幼「━━━と、なり。私は男に嘘をついた訳だ」

幼「ここまでは予定調和、計画通り」

幼「おかしいのはその後だ」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 15:15:06 ID:2bTa9pFw

幼「男も好きな人がいると答えてきた。凄いにやけ面で」

幼「しかも紹介する、とも言っていた。つまりその言葉から導き出せる答えは一つ」

幼「男に彼女ができたと言うことだ」

幼「………………」

幼「マジか」

幼「あれだ、びっくりし過ぎて反応ができない。一周して冷静になるレベル」

幼「そっかぁ、彼女できたのかー…。まぁしょうがないかなぁ、男って地味にモテモテるし。しょうがないしょうがない」

幼「━━━━って、しょうがないわけあるかーーー!!」ウガー! 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 15:19:15 ID:2bTa9pFw

幼「こちとら何年も何年も何年も!男が好きなんじゃー!それなのにいきなり」

幼「『あっ、彼女できたっスwwwウヒヒwwwサーセンwww』とか言われて受けいれられるかー!!バカー!」

幼「うっ…うううう!うわぁああああん!!」

幼「うわぁあああああああん!!」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 15:27:35 ID:2bTa9pFw


━━━side.男

>テクテクテク…

男「あの幼馴染みに好きな男かー、あれだな、あいつもやっぱり女の子だったんだなー。そんな素振り見せないから気にしたことなかったぜー」

男「…………別に傷付いてねーし。幼馴染みに好きな男がいよーがショックじゃねーし!本当に!うん!胸なんかチクチクしねーし!!」

男「あはは…そういえばとっさに俺も好きな人ができたって言っちまったけど、どうすっかなー」

男「勢いに任せて紹介するとか言っちまったしなぁ……あぁ何言ってるんだ俺は」

男「………………」

男「あいつ、告白すんのかなー、んで付き合ったりすんのかなー」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 15:33:43 ID:2bTa9pFw


◆妄想中◆


幼「好きです!付き合ってください!」

?「別に良いけど、俺彼女いっぱいいるし。その中の一人でも構わないだろ?」

幼「それでもいいの、あなたが好きだから!」

?「重いわーまじ重いわそう言うの、もっと軽く行こうぜ、時代は軽量化だぜ!」

幼「格好いい!」



男「…………」ムカムカ 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 15:38:59 ID:2bTa9pFw

◆妄想中◆


幼「ううっ、恥ずかしいから人前じゃやめてよぅ……!」

?「キスぐらい良いじゃん。外国じゃ『Hello!』と同じなんだぜ」

幼「分かったよ……、ちょっとだけだからね。本当にちょっとだけだからね!」

?「分かりゃ良いんだよ分かりゃ、ほら目を閉じな」

幼「あぅ……」テレテレ




男「…………」イライラ 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 15:43:46 ID:2bTa9pFw

◆妄想中◆


幼「あんっ、やめてっ、私……はじめてだから……優しくしてほしい…」ウルウル

?「そんな事を言っても身体は正直だぜ」

幼「んっ、ぁあっ……ゃっ」

?「ひゃっはー」




男「」ブチィッ

男「うがあああああああ!ああああ!幼馴染みにさわんじゃねぇえええ!!」


通りすがりの主婦「!?」ビクッ 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 15:48:27 ID:2bTa9pFw


男「」フー…フー…

男「いかん、一人だと頭がおかしくなる。なんでこんなにイライラすんだよ!」

男「……別に良いじゃねーか、あいつに彼氏ができよーがよぉ……」

男「しゃあねぇ、ちょっと友に話を聞いて貰うか。あいつなら俺のイライラの原因がわかるかもしんねーし」ピポパ

>プルルルル、ガチャッ

男「もしもし、友か?」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 16:24:23 ID:2bTa9pFw


━━━side.幼馴染み


>プルルルル、ガチャッ


親友「ただいま電話に出ることができません、ピーっとなったら留守番メッセージをど━━━━━」

幼「うわぁぁあ親友ぅぅううああぁ>━:; ̄〆々仝¨∀⊿\(^o^)/」

親友「人間の言語でおk」

幼「作戦失敗」ヒックヒック

親友「ほうほう」

幼「男に彼女ができたらしい」グスッ

親友「……わんもあぷりーず」

幼「男に、彼女が、できた」ズビズビ

親友「えええ、ないわー…」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 16:31:23 ID:2bTa9pFw

親友「(おかしいなぁ…、男くんはてっきり幼馴染みが好きなんだと思っていたんだが)」

幼「どうしよう親友ぅう……告白すらしてないのにフラれちゃったよぉお」ズビズバー

親友「ごめんな、私があんな事を言ったばかりに…」

幼「違うよぉ親友は悪くない…!だって男もタイミングが掴めなかっただけでいつか言おうとしてた、って言ってたもん」ポロポロ

親友「…………」

幼「それに、それにっ、今度彼女さんを私に紹介するって」ブワッ

親友「…………」

幼「どうしよう親友、私彼女さんと男をちゃんと応援できるかなぁ?ちゃんと、笑えるかなぁ」チーン 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 16:36:14 ID:2bTa9pFw

親友「」ブワッ

幼「あのね、それで相談なんだけどね」チーン

親友「うん、何だ?」ボロボロ

幼「男が彼女さんを紹介してくれる時、一緒にいてくれないかな?親友が一緒なら、私ちゃんと応援できると思うんだ」グスッ

親友「いいよそれぐらい、私はあんたの親友なんだから」チーン

幼「親友ぅぅぅう!!」ボロボロ

親友「幼馴染みぃいい!!」ボロボロ


「「うわぁああああんっ」」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 16:42:57 ID:YTNsXF/o


━━━side.男


男「━━━━と、いうわけだが」

友「ざまぁwwwどうみても失恋です本当にありがとうございましたwwwm9(^Д^)m9プギャー」

男「そこを動くな。今殴りにいく」

友「図w星wwメシウマwww」

男「何でお前なんかと友達なんだろうな、俺」ハァ

友「……すまん」

男「いや、気にしてない。いつものことだろ」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/02(土) 16:56:15 ID:2bTa9pFw

男「で、友(仮)よ。俺のこのイライラというかムカムカというかズキズキは失恋による症状なんだな?」

友「仮にすんな、傷付く。つーかどっからどーみても失恋だろ、ブロークンハート!」

男「信じられないな。だって俺、幼馴染みに対してそんな感情持ったことないし」

友「なら想像してみ」

男「何を?」

友「幼馴染みちゃんと俺が付き合っている、みたいな状況を」

男「コロス」ブチッ

友「男!?おーい!?……電話切れてる…」 


22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/03(日) 10:38:49 ID:ocnajDAU

>プルルルル

友「電話か」ガチャッ

男「俺俺、男(裏声)」

友「何だ、お前。なんの真似だ、メリーさんか」

男「今、お前の後ろにいる(裏声)」肩ポンポン

友「━━━━━━!?」

男「めっちゃ走った、めっちゃ疲れた」ゼェハァ 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/03(日) 10:49:24 ID:ocnajDAU

友「だ、だだだ段階を踏めよ!何でいきなり超至近距離!?つーか何で俺ん家にいんの!?」

男「いや、びっくりすると思って。後お前の母ちゃん面白いな、お前の友達だって言ったら小躍りしながら上げてくれたよ」

友「かぁちゃああああん!!」

男「そして友よ、お前に頼みたい事があるんだが」

友「だが断る」

男「1つだけ言っておく、俺はさっきの件を許した訳ではない」

友「心の友の頼みを断るわけなくね常孝」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/03(日) 10:58:42 ID:ocnajDAU


男「誰でもいい、話の分かる女子を紹介してくれ」

友「ホワイ?」

男「……幼馴染みに好きな人紹介するって、言っちまったから」

友「なにその緩やかな自殺。真綿で首絞めてどうすんだよ男。好きな人に好きな人(嘘)紹介するとか罰ゲーム以外の何物でもなくね」

男「……だよな」

友「女子を紹介してくれ、て言われてもなー。そんなに俺も人脈ある訳じゃないし。まぁ取り敢えず何人かに当たってみるよ」

男「ありがとうな、友」

友「なに、気にすんな」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/03(日) 11:05:29 ID:ocnajDAU


◆数日後◆


友「すまない、知り合い全員に聞いてみたが全滅だったwww」

男「やばいやばいやばい。約束した日今日だぞ、どうしよう、見栄張ったってバレる!呆れられる!」

友「(いっそバレた方が良いんじゃねーか?)」

男「━━━━しょうがない。こうなったら最終手段だ」

友「お、何か秘策があるのか。……ん、何を持っているんだ男。待て、待て待て嫌な予感がする。なにそのカツラ、なにそのワンピース。ちょっ待て待て待て待て!! こ っ ち く ん な!! 」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/03(日) 11:13:52 ID:ocnajDAU


━━━side.幼馴染み


幼「緊張してきた」

親友「娘に彼氏を紹介されるお父さんじゃないんだから、もっと気楽に行こう。じゃなきゃ辛いだけだけだよ」

幼「どうしよう、口から心臓が出そう。でろんて」

親友「なにそれ怖い」

幼「うぅう。どんな人が来るのかなぁ、男が好きになった人なんだからきっと綺麗なんだろうなぁ、私こんな服で大丈夫かな、笑われないかな」

親友「大丈夫大丈夫、あんたはいつも通り可愛いから」

幼「……ありがとう」ニコッ 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 04:52:44 ID:bwHCqBNY
ピンポーン

男「お、来たか。それじゃ予定どうりに頼む」

友「うぅ…マジでやんのかよ…」

男「だってお前女顔だし、多分バレないっしょ」

友「どうだかねえ…どうなっても知らねえぞ…」

男「そんときゃそん時だ。んじゃ行ってくる」トットットッ
ガチャ


49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 10:08:44 ID:xFCopVlM
男「あいよー今開けるー」

幼「お、オハヨ~」

親友「お邪魔しま~す」

男「親友さん??なんで彼女も???」

幼「た、たまたまそこで偶然一緒になってさ!!ついでだし男の彼女さん見るなら一緒にと思ってさ!」

親友「そ、そうそうなんだか面白そうだったし~」

男「そ、そうか、俺は大歓迎だ!ささ、上がってくれよ」

幼・親友「お邪魔しまーす」 


51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/17(日) 18:17:34 ID:bwHCqBNY
幼「(男の家…久しぶりだなぁ…)」キョロキョロ

男「んじゃ、待たせてるから部屋行くぞ」

幼「う、うんっ(いよいよか…)」

親友「いつも通りにね」ボソッ

幼「うん、ありがと」ボソッ

男「おーい、戻ったぞー」ガチャ

はい続きよろ 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/18(月) 22:36:06 ID:6jgOr7qE
友「…ど、どうも~」ニコー

幼「ど、どうも…(この人が…男の…?)」

親友「……」

男「…(これは厳しかったか…?)」 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 17:25:38 ID:BwhYhUTs
幼「……(誰かに似てる…?)」ジー

友「あ、あははは…(勘弁してくれマジで!)」

親友「……これは…」

男「あー、とりあえず紹介するな。こいつが俺の彼女の友子」

親友「…男、ちょっと来て」グイッ

男「ちょ、おいなんだ!?」バタン

幼・友「……(気まずい…!)」 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 17:49:26 ID:BwhYhUTs
親友「あれ、どういうこと?」

男「うっ…な、なんのことかな?」オロオロ

親友「あの友子とか言うやつのことよ」

親友「あれ友でしょ?」

男「な、なんでそれを…」

親友「あんたとはあんまり話したことなくて知らないだろうけど」


親友「私は友と小さい頃からの付き合いなのよ」


男「ああ…どおりで…あの女友達があまりいない友なのに一発で分かった訳だ」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 20:31:56 ID:BwhYhUTs
親友「で?どういうつもりなのよ」

男「あー…そのですね…」

男「幼が好きな人できたって言うからついこっちも見栄張っちゃいました…」

親友「なるほどね…(それは私にも責任があるってことか…)」

男「いや、えと、すんませんでした」ペコペコ

親友「いやこれは私も………いや、んで?これからどうするの?」

男「もう幼に好きな人がいるんなら諦めるしかないかなと思ってる…」

親友「ふーん。そんな簡単に諦めちゃうんだ?(ここで諦められたら困る…!)」 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/19(火) 22:29:04 ID:BwhYhUTs
男「だってさ…好きな人がいるんじゃ…」

親友「まだ本当に居るかもどんなやつかも分からないんだからそんなうじうじするな!」

男「お、おう…そうだな」

親友「とりあえず戻ろうか。2人きりにしてるし」

男「おう」 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 07:41:17 ID:KZo2y0gM
親友「ごめん、今戻ったわ」

幼「お、遅いよー!何話してたの?」

親友「んー、まあちょっとね」

男「遅くなって悪かったな」

幼「う、ううん全然大丈夫だよ」

友「……(俺空気じゃねえか…)」 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 07:47:22 ID:KZo2y0gM
男「一応紹介は終わったけど、どうする?」

親友「そうね……とりあえず私と幼はもう帰るわ」

幼「え!?も、もう?」

親友「後で幼の家で作戦会議よ」ボソボソ

幼「作戦会議…?」

親友「とまあ、そういうわけで、お邪魔しました」

幼「じゃ、じゃあね男。また明日」

男「おう、またな」

友「ご、ごきげんよう?」ニコッ 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 07:52:03 ID:KZo2y0gM


男「………はぁ~、疲れた…」

友「お前より俺の方が疲れたわ!」

友「なんだこれ。女装とかありえねえだろ!」

男「いやあはは…。でもさ、幼にはバレてはなさそうだったじゃん?」

友「まあそうだけど…幼ちゃんは俺の事知っててもクラスメートってくらいだろうからな」

友「でも「には」ってことは、親友のやつは……」

男「ああすまん、バレてたわ」

友「やっぱりか…」 


71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 12:21:37 ID:KZo2y0gM
友「ま、あいつも俺と同じ事考えてるだろ、多分」

男「同じ事?」

友「いや気にすんな」

友「それより、親友にバレたわけだが、これからどうすんよ」

男「そうだなあ…親友が幼にバラしてなかったら別だけど、もう居ないでいいんじゃない?」

友「そうか。俺もこの服装は二度と御免だぞ」

男「悪かったって…」 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 12:33:28 ID:KZo2y0gM
―――幼の家―――


親友「幼さあ、あの友子って人見てて何か感じなかった?」

幼「感じなかったって?そりゃ嫌な気持ちにはなったけど…」

親友「そういうのじゃなくてなんというか…誰かに似てるーとかちょっと男っぽいなー、とか」

幼「んー……あ、誰かに似てるとは思ったよ。クラスメートの誰かなんだけど…」

親友「そっかー(これはイケそうね)」

幼「うー…でもどうしよー…これからどんな顔して会っていけばいいんだろ…」

親友「別に、今まで通りでいいじゃない。そんで男を奪うのよ」ニヤッ

幼「う、奪うって言ったって…男は私の事幼馴染としか見てないと思うし…」

親友「あーもーそういうのが駄目なの!好きなんだったらアタックしなさい!」バンッ

幼「ひうっ!わ、分かりました…出来る限りで頑張ります…」 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 12:42:06 ID:KZo2y0gM
―――翌日―――

男「んー…zzz」

幼「男ー、起きてるー?」

男「…zzz」

幼「寝てるか…寝顔可愛い」クスッ

幼「おーい、起きろー。朝だぞー」ナデナデ

男「ん…んん?お、幼!?」

幼「おはよう、男」ニコッ

男「お、おはよう」ドキッ 


76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 13:29:08 ID:KZo2y0gM
男「おはよー」

男母「おはよ。幼ちゃんいつもありがと~」

幼「いえいえ、したくてしてますから」ニコッ

男母「あらあら~。うちの子の嫁に来てほしいくらいだわ」

幼「お、お嫁さん…ですか…///」

男「ちょ、母さん!///」

男母「ふふふふh(ry」

男「もー行ってくる!」

男母「はいはい行ってらしゃい。気を付けてね」

幼「はい!行ってきます!」 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 21:29:02 ID:KZo2y0gM
―――通学路―――

男「はぁ……(母さんいらんこと言うなよ…)」

幼「……(お嫁さんかぁ…なりたいなぁ…)」

男「……(幼、ホントに好きなやつ居んのかな…)」

幼「……(でも…好きな人居るって言っちゃってるんだよね…)」

男・幼「はぁ……」


友「…ん?おー、お二人さんおはよー!」

男「友か、おはよ」

幼「友くん、おはよう(…ん?)」

友「おー、幼ちゃんおはー」 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 21:47:49 ID:KZo2y0gM
友「男ー、あの後の幼ちゃんどうよ?」

男「いつもと変わらなかったよ」

友「そうか…幼ちゃん奪う気にでもなったかな?」

男「奪うって……」

幼「二人で何こそこそ話してるの?」

男「ああいやなんでもない!」

幼「怪しい……」ジー

男「うっ……///」

親友「あんたら何見詰め合ってんのよ」

幼「あ、親友ちゃんおはよっ」

親友「おはよう」 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 21:52:59 ID:KZo2y0gM
友「おー、親友じゃん。おっはー」

親友「おはよ。…と、後で話あるから」

友「は、話?な、何だよ…?」

親友「それは内緒」

友「男、助けてくれ」

男「ごめん、無理だ」

友「oh......」

幼「むー、私だけ仲間外れー」プクー

親友「あんたも後で分かるから。拗ねないの」

幼「本当に?」

親友「少し遅くなるかもしれないけど、本当よ」

幼「ならいいけど……」

男「まあとりあえず教室行こうぜ」 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/20(水) 22:02:23 ID:KZo2y0gM
―――教室―――

男「はぁ……」

友「お前さっきから溜息ばっかだなー」

男「だってさー、幼には好きな人居るかもしれねえじゃん」

友「ん…そりゃそうかもしれないけど…」

友「もしそうでも通学路で言ったように奪っちまえよ」

男「でも幼は俺のこと幼馴染としか見てないだろうし……」

友「でもでも言うな。当たって砕けろや」

男「砕けるのは勘弁……」


幼「男元気ないなぁ…」

親友「あんたに好きな人が居るって知ってショックなんじゃない?」

幼「そうだと嬉しいけど、でも男には彼女が……」

親友「あー、そうだったわね(そういえば知らないのか……)」

幼「うー……」 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 18:35:45 ID:c7kxRPns
―――昼休み―――

男「よし飯食うか」

友「そうだなー」

親友「友、来い」

友「あ…はい…。すまん男、行ってくる……」

親友「幼と男で食べててー」フリフリ

男・幼「」 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 18:40:39 ID:c7kxRPns

親友「で?どういうことか説明してもらおうか」

友「な、なにをだよ」

親友「男の彼女役してたのあんたでしょうが」

親友「なんでそんなことしたのかって事よ」

友「あー、それはですね…」

友「幼ちゃんが好きな人ができたーって言ってきたからつい見栄張っちゃって」

友「そんで紹介するって自爆して相手居なくて俺がやることに」

親友「なるほどね…私が浅はかだったか…」

友「ん?お前なんかしたのか?」 

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 18:45:30 ID:c7kxRPns
親友「好きな人が出来たって言えば男くんも本気になるだろうって言ったのあたしなのよ…」

友「お前が原因かよ!」

親友「だ、だって男がいつまでも振り向いてくれないって幼から相談受けて」

親友「好きな人が出来たって言えば危機感持つかもしれないじゃない!」

友「あのなぁ…せめて幼ちゃんじゃなくてお前が言えば良かっただろ……」

友「幼ちゃん本人から言われりゃショック大きすぎるわ」

親友「それはそうだけど…でも男くんだって偽彼女持ってきたじゃない」

友「う……まあそれはあいつが悪いけど……」 

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 18:48:11 ID:c7kxRPns
友「まあ二人ともフリーなわけだが、勘違いしたままだとマズイぞ」

親友「そうね…私たちで幼と男くんをくっつけようか」

友「そうだな。俺ら4人で今度出かけたりするか?」

親友「そこで雰囲気作って男くんに告白させる、でいいわね」

友「おう。そんじゃ、男には俺から伝えとくよ」

親友「OK。幼は任せて」 

88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 19:00:24 ID:c7kxRPns
友「戻ったぞー」

男「おー」

幼「おかえり。二人とも何の話してたの?」

親友「今度遊ぶ約束してたのよ」

幼「デ、デート…?」

親友「ち、違うわよ!///」

親友「私と幼と、友と男くんで行くのよ」

幼「へ?」

親友「そこで私と友が雰囲気作ってあげるから、頑張んなさい」ボソッ

幼「はぅっ///」 

89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 19:01:03 ID:c7kxRPns

男「遊びに行く?」

友「おう、俺らと親友よ幼ちゃんでダブルデートしようぜーって事」

男「ダブルデートって…お前ら付き合ってんのかよ……」

友「ぶふっ!じ、自分で言っといてなんだがそれはない!」

男「その様子だと、気はあると…」

友「ぐっ……俺の事はいいからお前のことだ」

友「俺と親友でサポートしてやるから、幼ちゃんに告っちまえ」

男「ええ!?マジかよ…」

友「大丈夫だって。俺と親友に任せとけ!」

男「いや幼には好きなやつg」

友「まあそういうわけだ。頑張れよ!」

男「ちょ…はぁ……」 


92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 23:11:16 ID:c7kxRPns
―――放課後―――

親友「とりあえず日程は私と友で組んでまた言うから」

友「楽しみにしとけよー!」

親友「じゃあ、また明日。行くわよ友」

友「おう」

男「また明日なー」

幼「ばいばーい!」 

93 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 23:14:23 ID:c7kxRPns
男「…俺達も帰るか」

幼「そうだね……」

男「な、なあ…親友から俺の彼女の事、なんか聞いた?」

幼「いやー、特にはなにもないけど…どうかした?」

男「そうか…ん、ならいいんだ」

幼「ふーん……変なの」

男「ははっ…悪い悪い」ポンポン

幼「あぅ…///」

男「あ、すまん…」

幼「あ……」

男「……(ん…?)」

幼「…帰ろっか」

男「おう…」 

94 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 23:18:11 ID:c7kxRPns
親友「まったく、幼もそろそろ気づいてもいいと思うんだけどねー」

友「何に?」

親友「友子が友だってことよ」

友「あー、そういえばまだ知られてないのか」

親友「教えてもいいけど、面白みがなくなるからね」クスッ

友「面白みて…万が一のことがあったら即バラせよ?」

親友「あれば、ね。大丈夫でしょ、多分」

友「まああの二人だし、大丈夫だとは思うけどな」 

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 23:22:31 ID:c7kxRPns
―――翌日、学校―――

友「男ー、日程決まったぞ」

男「いつになったんだ?」

友「週末。近い方がいいし、全員暇だろ?」

男「それもそうだな」

友「そんじゃあ幼ちゃんと10時に駅前に来てくれ」

男「おっけ、分かった」 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/21(木) 23:26:44 ID:c7kxRPns
親友「週末、10時に駅前ね。ちゃんと男くんと来ること、良い?」

幼「お、男と!?絶対?」

親友「絶対。気まずいかもしれないけどアピールしまくんのよ!」

幼「そ、そんな簡単に揺らぐかなぁ……」

親友「揺らがせないでどうすんの」

幼「あはは…出来る限りの事はするよ…うん……」 

97 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/22(金) 22:42:03 ID:qqzWo26E
―――週末―――

男「んじゃ出かけてくるー」

男母「いってらっしゃい。幼馴染ちゃんによろしくね」

男「はいはい」


幼「行ってきまーす」

男「お、良いタイミングだな」

幼「男、おはよ!」

男「おう、行くか」

幼「うん!」 

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/22(金) 22:49:58 ID:qqzWo26E
―――駅前―――

男「うっす」

友「よー、ちゃんと2人で来たか」

男「当たり前だろ」

親友「幼、おはよ」

幼「おはよー!今日はどこ行くの?」 

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/22(金) 22:50:54 ID:qqzWo26E

親友「その辺ぶらぶらして、行きたいとこがあったら行く、みたいな感じ」

親友「まあ誰か行きたいとこあるならそこに行くけど」

友「俺はないなー」

男「俺も」

幼「私は新しく出来た洋菓子店に行きたいかなー」

親友「それじゃ、洋菓子店は行先に入れとこう」

幼「やったー!」

親友「私も一度食べてみたかったしね」


友「…俺ら奢らされるパターンじゃね?」

男「多分そうだろうな…」

親友「それじゃ、行こっか」 


102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/24(日) 10:31:31 ID:Ly4WQRng

男「なんかこう、あれだなぁ…」

友「どした?」

男「こういうのは恋人になってから来たかったっていうかなんというか……」

友「まあまあ、どうせ今日で決まるじゃん」

男「まあな……あー、気が気じゃない…」


親友「ほら、そこのジャスコにでも行こ」

幼「おおジャスコー!田舎の味方だね!」 

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/24(日) 10:36:53 ID:Ly4WQRng
―――ジャスコ―――

親友「幼ー、服見に行かない?」

幼「いいね、行こう!」

親友「可愛いの選んであげるわ!」

幼「派手なのは止してね……」


友「俺らは何する?」

男「んー、特にはないからな……あの二人に付き添ってたらいんじゃね?」

友「そうするか。ほっといたら変な男寄ってくるかもだし」

男「……それはいかん。目を離さんぞ」

友「お前幼ちゃんの事となると素直になってきたな」

男「そ、そうか?」 

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/24(日) 10:40:25 ID:Ly4WQRng
友「まあ、俺が見る限りではな」

友「後は幼ちゃんに対して素直になるだけだな」

男「そんな簡単に素直になれたら苦労しないさ」

友「それもそうだなー」

男「てかお前はどうなんだよ」

友「俺?俺はまあ、あれだ。うん、気にすんな」

男「おいおいおい……」

友「とりあえず先にお前の片づけるんだ!」

男「分かった分かった……。そのかわり終わったらお前の番だぞ」

友「俺も失恋しそうなんだが…」

男「二人で味わおうぜ…」 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/24(日) 10:59:32 ID:Ly4WQRng
友「っと、そんな事言ってる間にそっこー見失いそうなんだが」

男「おっと…行くか」

友「おう」


親友「あんたよく似合うわねー」

幼「えへへ、そうかな」

親友「それじゃあ、次はこれね」

幼「はーい」


親友「私もなんか探すかな」

友「おーい、どうだ?」

親友「ととと、友!?な、何よ」 

106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/24(日) 11:09:38 ID:Ly4WQRng
友「いいのあったかなーって、思ったんだけど……」

親友「あ、ああ。そうね。そ、そういうことなら一緒に選んでよ」

友「うぇ!?お、俺がか!?」

親友「そうよ!何よ嫌なの!?」

友「いやそういうわけじゃないけど……」

親友「じゃあ来なさい!」

友「ちょっ、おい!」 

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/24(日) 11:10:33 ID:Ly4WQRng
男「……俺はどうすれば…。そういえば幼はどこだ?」

幼「親友ちゃーん、これでどう?……って男!?」

男「お、幼!?そんなとこにいたのか……」

幼「試着してたんだよ。それで、親友ちゃんは?」

男「友と一緒に服選びに行ったみたいだぞ」

幼「へえ。あ、そうだ。男はこれとこれどっちがいい?」

男「うーん…そうだな……。右、かな」

幼「分かった!じゃあこれ買うね!」

男「俺が選んだので良いのか?」

幼「むしろそうじゃないと駄目なんだけど…」ボソッ

男「え?」

幼「う、ううん。なんでもない。行こっ」

男「そうか」 

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/26(火) 23:20:48 ID:zf3j1Vg2
親友「これどう?」

友「おー、いいんじゃねーの?」

親友「じゃあ、これは?」

友「いいと思うよ」

親友「…本当にいいと思ってる?」

友「お、思ってる思ってる!」

親友「むー…まあいいわ」

親友「これとこれ買う」

友「おう。行くか」 

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/26(火) 23:30:39 ID:zf3j1Vg2
店員「~~円になります」

男「なんぼか出そうか?」

幼「んー、そんな高くないからいいよ」

幼「今度ご飯でも奢って!」

男「ん、了解」



友「…なんぼか出すよ」

親友「え…と、友頭でも打った?」

友「な、なんだよ!たまにはいいかと思っただけだよ!」

親友「そ、そう……そういうことなら遠慮なく」

親友「ありがとね」ニコッ

友「おう///」 

111 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/26(火) 23:36:46 ID:zf3j1Vg2
男「さて、友たちはどこかな」

幼「違う服屋に行ってるかもね」

男「じゃあそこらへん探すか」

幼「そうだね」


幼「……こうして2人きりになるのもなんだか久しぶりだね」

男「……そうだな」

幼「…あ、あのさ男。実h」


友「おーい!男ー!幼ちゃーん!」

男「おー、友と親友。見つかったか」

男「で、幼なんて?」

幼「あ、いやううん。なんでもない……」

男「?…そうか?」

幼「うん、気にしないで…」ニコッ

親友「…タイミング悪かったか……」 

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/26(火) 23:41:05 ID:zf3j1Vg2
友「次はどこ行く?」

男「カラオケでも行くか?」

親友「カラオケか…最近行ってなかったわね」

幼「そうだね」

友「それじゃカラオケ行きますか」

親友「そういやあんた音痴じゃなかったっけ…?」

友「う、うるせえ。上手くなったの見せてやる!」 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/26(火) 23:47:33 ID:zf3j1Vg2
―――カラオケ屋―――

男「そんじゃ俺から」

男「~~♪」

友「おお……」

親友「上手いわね…」

幼「男は昔から上手かったよねー」ニコニコ


男「ふぅ…次、誰いく?」

親友「それじゃ、私いこうかな」

幼「お、親友ちゃん頑張れー!」


親友「~~♪」

男「おお、良い声してるな」

幼「綺麗な声だねぇ」

友「う、上手いな…」 

114 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/26(火) 23:50:14 ID:zf3j1Vg2
親友「次はどっち?」

幼「あ、じゃあ私!」


幼「~~♪」

親友「幼可愛い声してるわねー。ちょっと音痴なとこも可愛いわ」

男「あいつの歌声久々に聞いたな」

友「か、可愛いな…」 

115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/26(火) 23:53:34 ID:zf3j1Vg2
親友「次は…友の番ね?」ニヤッ

友「くっ……いいさやってやんよ!」

男「友、頑張れよ」

幼「ファイトー!」


友「~~♪」

親友「まあ、こうなるわよね……」

男「けっこうひどいな……」

幼「私より音痴っぽいね……」

友「」


男「ふー、楽しかったな」

幼「久々だったから疲れたよー…」

親友「また来たいわね」

友「もう嫌だ……」 

116 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/27(水) 00:01:09 ID:ir3cnAys
親友「そろそろ3時来る頃だし、洋菓子店行く?」

幼「待ってました!行こう!」

男「えらい嬉しそうだな」

幼「行ける日を待ちに待ってたからね!」

幼「いっぱい食べなきゃ!」

親友「食べ過ぎで太らないようにね」クスッ

幼「うっ……」 

117 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/27(水) 22:32:24 ID:ir3cnAys
―――洋菓子店―――

幼「わー!色んなケーキあるねぇ!」

親友「へー、けっこういいところね」

友「客多いな」

男「新しく出来たとこだからだろ」

親友「あそこ空いてるわよ」



幼「わ~!」

幼「どれもこれも美味しそうだね!」ジュル

親友「とりあえず2つくらいからにしときなさいよ」

幼「了解です!」 

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/27(水) 22:38:57 ID:ir3cnAys
幼「それじゃあ、私はショートケーキとチョコケーキにしよっ」

親友「じゃあ私はモンブランとブルーベリー」

男「俺はチーズケーキで」

友「んじゃ俺はアップルパイでも食べようかな」

親友「じゃ、頼もっか」

親友「すみませ~ん」

店員「はーい。…ご注文をどうぞ!」 

119 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/27(水) 22:46:12 ID:ir3cnAys
幼「ん~!美味しい!」

男「うん、美味いな!」

親友「これは人気出るはずだわ」

友「男ー、ちょっちくれよ」

男「はいよ」

親友「……!」 

120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/27(水) 22:46:50 ID:ir3cnAys
親友「幼ー、男くんにあーんしてあげたら?」ボソッ

幼「うえ!?」ガタッ

男「ど、どした?」

幼「あ、ううん。なんでもない!」アセアセ

幼「やるって言っても、どうやって?」

親友「男くんがくれって言ってきたらさりげなくすりゃいいのよ」

幼「でも恥ずかしいよ…」

親友「なーに言ってんの。これから毎日するかもしれないというのに」

幼「えええ!?」

親友「まあ、やってみなって」


男「友もくれ」

友「おー」 

121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/27(水) 22:51:29 ID:ir3cnAys
親友「友、ジュース取りに行くわよ」

友「おう。男、なんかいるか?」

男「ファンタグレープで」

友「おっけ」

親友「幼は?」

オサナ「オレンジジュースをお願い」

親友「分かった」

親友「頑張ってねー」ニヤッ

幼「あはは……」 

122 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/27(水) 22:56:09 ID:ir3cnAys
男「しっかし、ここ美味いな」

幼「でしょ?ずっと気になってて」

男「なあ、ちょっと貰っていいか?」

幼「え!?け。ケーキ?」

男「おう。駄目か?」

幼「う、ううん全然!」

男「それじゃあ…」

幼「あ、待って」

幼「は、はい。あーん……」

男「…!?」

幼「は、早く!落ちる!」

男「お、おう」パクッ

幼「ど、どう?」

男「おお、美味いよ!(これが俗に言う間接キスか…)」

幼「そっか!(間接キスしちゃった…!)」 

123 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/27(水) 22:59:09 ID:ir3cnAys
親友「ね?」

友「あー。そういうことね」

親友「これで男くんも幼は男くんが好きってこと気づいてくれればいいんだけど」

友「まあ無理だろうな」

親友「よねぇ……男くんは今日言うって言ってる?」

友「一応俺は言わすつもりだ」

親友「よし、任せるわよ」

友「おう任せろ」 

127 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/29(金) 22:23:57 ID:PhbykJWg
親友「ただいま。はい幼」

幼「ありがとー」

友「ほら」

男「おう、さんきゅ」


友「それにしても美味いな。もう一個頼もうかな」

男「そうだな。もう1個いっとく?」

友「ほい決まり!親友たちは?」

親友「そうね…なんか1つずつ取ってきてくれる?」

友「おっけ。いってくる」 

128 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/29(金) 22:27:41 ID:PhbykJWg
親友「…なかなか良かったわね」チュー

幼「な、何が?」チュー

親友「さっきの間接キス」

幼「ぶふっ!み、見てたの!?」

親友「そりゃあもう。余裕で」

幼「緊張して周りが見えてなかったよ……」

親友「まあ、いいじゃない。結果オーライってやつよ」

親友「男くんも満更でもなさそうだったし」

幼「そ、そうかな?」

親友「ええ。多分ね」 

130 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/29(金) 22:39:51 ID:PhbykJWg
友「あ、そうだ男。今日終わったらお前んち行かね?ここでケーキ買ってってさ」

男「いいけど、なんで俺んち?」

友「そりゃ雰囲気作りさ」

男「別に変らんと思うけどな。帰りしは2人きりになると思うし」

友「まあまあ。自分ちの方がリラックスできるだろ?」

男「そりゃそうだが…まあいいか」

友「決まりだな!皆で食べるならホールだな」

男「あー、ケーキくらいは払わないとな。お前と割り勘で」

友「そうすっか。とりあえず戻って今後の予定で先買うか後で買うか決めようぜ」

男「おう」 

131 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/29(金) 22:45:47 ID:PhbykJWg
友「持ってきたぞ」

親友「ありがと」

男「それで、これ食ったらどうすんだ?」

親友「そうね……幼どっか行くとこある?」

幼「んー…特にはないかな…」

親友「それじゃ、帰るかな」

友「その前にさ、皆で男んち行こうぜ」

親友「いいけど、なんで?」

友「あー、まだ皆でわいわいしたいから?」

親友「なんで疑問形なのよ…幼、どうする?」

幼「あ、うん。私は良いよ!」

親友「じゃあ、行きましょうか」 

132 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/29(金) 23:08:58 ID:PhbykJWg
友「それじゃ買いに行こうぜ男」

男「おう。先出ててくれ。金払っとく」

幼「ホント?ありがと!」

親友「ごちそうさま」 

133 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 23:25:30 ID:LlnZ7ga6
―――男の家―――

男「ただいまー」

男母「おかえりー……って、あらあら。いらっしゃい」

友「どうも」ペコッ

親友「おじゃまします」ペコッ

幼「おばさん、お邪魔します!」

男「俺の部屋行くから、飲みもんとかは後で取りにくるよ」

男母「分かったわ」 

134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 23:37:44 ID:LlnZ7ga6
男「で、俺の家来たはいいが、何するよ」

友「とりあえず、ゲーム?」

男「ゲームねぇ……バイオでもやるか」

友「お、いいね」

男「幼と親友もやるか?」

幼「バイオはビックリするから遠慮しとくよ……」

親友「あたしは後でやらしてもらおうかな」

幼「え!?私を置いてかないでー!」

親友「死ぬわけじゃないんだから…あ、2人のどっちか死んだら交代ね」

男「おっけ。じゃあ始めるか」 

135 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 23:45:07 ID:LlnZ7ga6
男「思うんだけどさ、バイオのチェーンソーってかなり怖くないか?」カチャカチャ

友「あー、あいつか…あれは怖いな」カチャカチャ

男「あれが現実に出てきたら間違いなく死ぬわ」

友「俺的にはでかい斧みたいなん持ったのも怖いけどな」

男「あいつか。あいつは走れば逃げれるだろ。多分」

友「あいつ遅いもんなー。でもあの斧避けれる気がしないぜ…」

男「そうだよなー。あ、お前ヤバいぞ」

友「あ?ああ!!ちょ、助けて!」

男「無理や。届かん」

友「ああ……」

親友「お、もう交代?」

友「ああ、ほら」

親友「ん、やるわよ男くん」

男「おう」 


137 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 23:51:35 ID:LlnZ7ga6
男「そういや、幼は?」カチャカチャ

親友「ああ、多分男くんの布団に包まってるんじゃない?」

男「怖いのか……」

親友「それもあるけど、今回はそれが良い結果に持ってかれたかもね」

男「…?どういう意味?」

親友「んーん、あの子にとっての事だから気にしないで」

男「そうか…」

親友「あ、危ないわよ」

男「うおっ、危ねっ」

男「てか、親友上手いなおい」

親友「私バイオはけっこうやりこんでるからね」ニィッ 

138 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/30(土) 23:58:20 ID:LlnZ7ga6
友「こいつんち行くと大抵バイオの準備はしてあるんだよ」

男「そうなのか?て、それより家よく行くのか?」

友「…まあな。近いし、暇だし」

親友「何度やっても友は下手なのよねー」

友「うるせえな。お前が上手すぎなんだよ」

親友「んな事無いわよ。上には上がいるわ」

友「なんじゃそりゃ…」

男「お前らやっぱ仲良いな」クス

親友「そう?」

男「ああ。2人だけの空間みたいなんがある」

友「そんなもんあるか?」

親友「さぁ……?」 

139 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/31(日) 00:02:08 ID:wKUDrYQE
男「あ、幼。幼ー?」

親友「布団の中で寝てんじゃない?」

男「かな?……幼ー?」

幼「……zzz」

男「寝てるな……」

親友「起こすの?」

男「いや、寝てるんなら寝させてあげとく」

親友「そっか。それじゃ続きやってきましょ」

男「おう」 


142 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/31(日) 15:37:17 ID:wKUDrYQE
親友「……さてと、そろそろお暇するかな」

友「それもそうだな。けっこう外も暗いし」

男「帰るのか。外まで送るよ」

友「さんきゅ」 

143 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/31(日) 15:39:55 ID:wKUDrYQE
友「じゃーまたなー」ノシ

親友「お邪魔しましたー」ペコ

男「おう。また来いよー」ノシ


男「……問題はこれからだよなぁ…」 

144 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/31(日) 15:45:14 ID:wKUDrYQE
ブーンブーン

男「ん?メール?」

友『後はお前次第だぜー。頑張れよ!』

男「はは…分かってるよっと」ピ


男「戻るか」ガチャ

男母「あの二人はお友達?」

男「まあなー。友の事は知ってるだろ。女の子の方は幼の友達で友の幼馴染っぽい」

男「んで最近仲良くなった」

男母「あんたあんまり友達連れてこないからねぇ…心配したよ」

男「友達がいないわけじゃないから!」 

145 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/03/31(日) 15:53:18 ID:wKUDrYQE
男母「幼ちゃんは?」

男「寝てたから部屋で寝かせてるよ」

男母「あんた、寝てるからって襲うんじゃないわよ?」

男「襲わねえよ!」

男母「まあ幼ちゃんのお母さんはヤれヤれ言うでしょうけどね」クス

男「あー、おばさんはそんな感じだもんな……」

男母「私は両者合意の上ならどうぞって感じよ」グッ

男「ちょ、何言ってんだ!!」 

146 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 01:10:00 ID:uIyKiu5Q
男「全く…もう戻る」

男母「はいはい。頑張るのよ」

男「何をだよ!」

男母「ナニをだy」

男「あー!あー!」 

147 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 01:10:50 ID:uIyKiu5Q
男「はぁ……母さんは幼の事となるとああなるよなぁ…」

男「幼、起きろ」ユサユサ

幼「んー…zzz」

男「幼ー」ペチペチ

幼「…んー?男ー……?」

男「おはよ。もう夜だぞ」

幼「え!?親友ちゃんと友くんは?」

男「あいつらならとっくに帰ったぞ」 

148 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 01:12:41 ID:uIyKiu5Q
幼「ありゃ……私けっこう寝ちゃってたね……」

男「別に大丈夫さ。それより飯食ってく?」

幼「いいの?」

男「母さんに頼めば幼1人くらいなら大丈夫だろ」

幼「それじゃ、お願いしようかな」 

149 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 01:16:25 ID:uIyKiu5Q
男「母さーん。幼の分も飯作ってくれ」

男母「幼ちゃん食べてくの?」

幼「迷惑でなければ…」

男母「あらー。頑張らないといけないわね!」

男「時間かかりそう?」

男母「そうねぇ…できたら呼ぶからあんたたちは部屋で遊んでなさい」

男「へーい。行くぞ幼」

幼「あ、あの、お手伝いしますか?」

男母「いーえ。お客に手伝ってもらうのは駄目よ」

幼「そうですか…」

男母「また今度一緒に作りましょ」

幼「…はい!」 

151 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 01:26:22 ID:uIyKiu5Q

―――男の部屋―――

幼「男ー、この前の漫画の続きある?」

男「あー、それならそこに」

幼「ん、ありがと」

男「……」

幼「……」ペラ

男「あ、そうだ。あのさ」

幼「んー?」ペラ

男「俺に彼女居るっての、嘘なんだ」

幼「へー……」ペラ

幼「………え!?今なんて!?」 

152 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 01:27:11 ID:uIyKiu5Q

男「俺に彼女は居ないって言ったんだよ…」

幼「え…じゃああの時のは……」

男「誰も宛てがないから友に女装してもらってた」

幼「あー…あれ友くんだったのかー…どこかで見たことあると思ったよ」

男「騙すようなことして悪かったな」

男「お前が好きなやつが出来たって言うもんだからつい意地張っちまって……」

幼「あ…あのさおとk」

男「でも、お前に好きな奴が出来たとしても俺はお前の事ずっと好きだから…」

男「急に言ってすまん…けどもうここで言うしかないかと思って……」


男「俺は…俺は幼の事が大好きだ」 

156 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 15:56:53 ID:uIyKiu5Q
幼「……」

男「……」

幼「…はっ(余韻に浸ってる場合じゃなかった!)」

幼「あ、あのね男」

男「お、おう…(無理かな……)」

幼「そのー……私もあれ嘘なんだ…あはは……」

男「……え、マジ?」

幼「う、うん。ごめんね…?」

男「な、なんであんな嘘を?」 

157 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 16:01:19 ID:uIyKiu5Q
幼「…男がいつまで経っても振り向いてくれないから親友ちゃんに相談したんだ」

幼「そしたら、『好きな人できたって言えば焦ってくるだろう』って」

男「そういうことだったのか……良かった…」

幼「それでね、さっきの返事なんだけど…」

男「あ、うん…」


幼「私も、男が大好きだよ!」 

158 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 16:05:50 ID:uIyKiu5Q
男「幼…はは、これからもよろしくな!」

幼「うん、こちらこそ。末永くよろしくお願いします」ニコ

男「ん、よろしく」ニコ


幼「さっそくぎゅってしてもらってもいい?」

男「お安い御用」ギュ

幼「んー、落ち着く…」

幼「自分でまいた種だけど、寂しかったんだよ?」

男「そうか……でもこれからはいつでもなんでもしてやるよ」

幼「……本当?」

男「ん?おう」 

159 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 16:09:48 ID:uIyKiu5Q


幼「それじゃ…キスして?」


男「…いきなりっすか……」

幼「駄目…?」

男「上目遣いやめ…分かったよ、やろう」

幼「男……」

男「ん……」チュ

幼「んぅ……」チュ

幼「えへへ…とうとうしちゃった!」

男「17年、長かったな」

幼「本当だよー」 

160 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 16:11:59 ID:uIyKiu5Q
男母「男ー、ご飯できたわよ!」

男「おー、すぐ行く」

幼「おばさんの料理楽しみだなぁ」

男「そうか?」

幼「うん。家庭の味って感じ」

男「そんなもんかね?」

幼「自分ちじゃ多分分からないよ。私も」 

161 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 16:21:04 ID:uIyKiu5Q
男母「でー?どうなったの?」

男「何がだよ……」

男母「幼ちゃん、男になんてプロポーズされたの?」

男「ぶふっ」

幼「ぷ、プロポーズ…///」

男「プロポーズはまだ早いわ!///」

男母「あら?お母さんはいつでもいいんだけど?」

男母「というか、どちらにしろ小さい頃から結婚することは幼ちゃんちと話してたんだけどね?」フフ

男「そうなの!?」

男母「18歳越したら即結婚させるつもりだったわ!」

男「なんじゃそりゃ……」 

162 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/01(月) 16:24:16 ID:uIyKiu5Q
男「それより!なんで俺が告ったこと知ってんの?」

男母「実はね、少し前にもうご飯出来てて、呼びに行ったんだけど」

男母「好きなやつが~みたいな聞こえてきて、シリアス感感じ取ったから告白かって」

男「oh....」

幼「あぅ…///」

男母「まーいいじゃない。お互いの気持ちはお母さんたちにはバレバレだったし」クス

男「現場を目撃されたくはなかった……」 

167 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/02(火) 22:27:58 ID:cZ86.r4o
男母「これからは幼ちゃんもうちの子ねー」

幼「えと、よろしくお願いします!」

男母「いえいえこちらこそ」ニコー

男「…ごちそーさま」

男母「もういいの?」

男「この状態で食えるわけないだろ…」

男母「あらそう?お母さんどんどん食べちゃうわ!」

男「明日食べるから残しといて」

男母「はいはい」

男「幼ー、食い終わったら来てくれ」

幼「うん分かった!」 

168 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/02(火) 22:33:06 ID:cZ86.r4o
―――男の部屋―――

男「あー、恥ずかしい」

男「今日は家でも疲れたなー……」

男「前のままでも結婚まで行ってたのか…」

男「でも前のままじゃ幼の気持ちが分からなかったし」

男「告白して良かったよな……」

男「……眠い」ウトウト 

169 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/02(火) 22:37:17 ID:cZ86.r4o
幼「男ー」コンコン

幼「……」

幼「男ー、入るよ?」

幼「……」

幼「男?」ガチャ

男「……zzz」

幼「寝てるし……」

幼「ふふ、可愛いなぁ…」ナデナデ 

171 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/02(火) 23:48:15 ID:cZ86.r4o
幼「ふふ…ホント、ここまで長かったね…」

幼「私はずっとくっついてたのに」

幼「男ったら全く振り向いてくれなくて」

幼「思春期に入ったくらいから男はちょっとだけだけど避けてたよねー」

幼「まあ、私も周りの目が恥ずかしくなかったわけじゃないけど」

幼「ちょっと辛かったんだよ?」

幼「でも、こうして男と恋人になれて良かったよ…」ナデナデ 

172 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/02(火) 23:51:29 ID:cZ86.r4o
男「ん……?」

幼「おはよ、男」

男「あ、悪い…寝てたか」

幼「眠いんなら寝ていいよ?」

幼「お母さんに言えば男の家ならいつまででも居れるし」

男「そうか…じゃあ悪いけど少し寝さしてくれ」

幼「分かった。おやすみ男」

男「ああ、おやすみ」 

173 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/02(火) 23:54:03 ID:cZ86.r4o

男「……zzz」


幼「…ずーっと大好きだからね!」チュ

終わり 


181 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/03(水) 20:18:00 ID:2YqHI.EY
―――友編―――
>>92の男と幼と別れたとこくらいからで

友「それで、どうやってくっつけるよ」

親友「そうねぇ…お互い好きな人がいるって事になってるし……」

親友「面倒くさいわね…」

友「お前が考えた作戦だろうが…」

親友「うっさいわねー…こうなるとは思わなかったのよ!」 

182 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/03(水) 20:18:52 ID:2YqHI.EY
親友「それにしても……」

親友「まったく、幼もそろそろ気づいてもいいと思うんだけどねー」

友「何に?」

親友「友子が友だってことよ」

友「あー、そういえばまだ知られてないのか」

親友「教えてもいいけど、面白みがなくなるからね」クスッ

友「面白みて…万が一のことがあったら即バラせよ?」

親友「あれば、ね。大丈夫でしょ、多分」

友「まああの二人だし、大丈夫だとは思うけどな」 

183 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/03(水) 20:21:18 ID:2YqHI.EY
親友「とりあえず夜私の家来て」

友「えぇ…メールで良くね?」

親友「隣なんだからいいでしょ!はい決定」

友「ちょ…まあ良いけど……(にやにやしてないか不安だ…)」

親友「ん、じゃあまた後で来てね(やった!久々に来る!)」

友「おう、後でな」 

186 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/04(木) 12:26:18 ID:FgDNmhPc
―――親友の家―――

ピンポーン

親友母「はーい。……親友ー、友君来たわよー」

親友「今行くー!」


親友「いらっしゃい」

友「よっ」

親友母「友君が来るの久しぶりねぇ」

友「あ、おばさんどうも。顔見せてなくてすいません…」

親友母「いえいえ。こうして見れて良かったわ」

親友「ほら友、行くわよ」

友「おう。それじゃ、お邪魔します」

親友母「ゆっくりしていってねー」 


189 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/04(木) 20:30:39 ID:FgDNmhPc
―――親友の部屋―――

親友「で、幼たちのやつだけど、どうする?」

友「んー……別に変った事せずに普通に出かけて雰囲気作ればいいんじゃね?」

親友「そうするかな…まあここら辺は行くって行ってもそんな変わったとこないしね」

友「そうそう。隣町にまで行くこたぁねえよ」

友「近い方が道も分かるし見失うこともないだろ」 

190 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/04(木) 20:35:27 ID:FgDNmhPc
親友「そうね。明日は幼も大人しそうだし」

友「男も大人しそうだな」

親友「行先は幼と男くんのを聞いて二人のどっちかが意見上げればそこに行く」

親友「行く場所がなければジャスコとか適当な場所でいい?」

友「おっけ。じゃあ、集合時間は少し早めの10時くらいにするか?」

親友「そのくらいならお昼もついでに食べれるし、いいわね」 

191 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/04(木) 20:37:53 ID:FgDNmhPc
友「じゃあ俺帰るわ」

親友「え、もう帰るの?」

友「そうだけど、どした?」

親友「ご、ご飯でも食べていったら?(もう少し居てもいいじゃない!)」

友「え!マジで!?親友の母さんの飯美味いんだよなぁ!」

友「ぜひ食わしてくれ!」

親友「分かった、お母さんに言ってくる!(よし!)」 

192 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/04(木) 20:56:25 ID:FgDNmhPc
ガチャ バタン

友「…久々に親友の部屋入ったな」

友「あんま変わってないなー……」

友「てか女の子の部屋に男一人にすんなよ…」

友「まあそこは信じてもらえてると都合よく解釈するけど」

友「……布団…」

友「い、行くか?いや、親友が帰ってきたらなんて言えば……」

友「くっ…男として行くべきか…信頼を護るか…」

友「……」スッ

友「ま、枕だけ」ソー 

193 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/04(木) 21:00:00 ID:FgDNmhPc
親友「お母さん良いって!」ガチャ

友「おおう!?」ビク

親友「立ったまま何してんの?」

友「あ、ああいやその、昔とあんまり変わってないなーって見回してただけだ」

親友「ちょ、女の子の部屋見回さないでよ!」

友「よく入ってたんだから今更だろ!」

親友「それはそうだけど……恥ずかしいじゃない…」ボソ

友「なんだって?」

親友「なんでもない!ほら降りるよ」

友「おー(あっぶねぇ……)」 

194 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 00:20:37 ID:76kmXAzQ
友「おお!久々のごちそう!」

親友母「友君ったら大袈裟ね」クス

友「いえ、本当におばさんのご飯は美味しいですから!」

親友母「うふふ、ありがと~」

友「こんな美味い飯が毎日食えるなんて親友羨ましいな」

親友母「あら、じゃあ友君うちの子の婿になっちゃいなさいよ」

親友「っ!?」ガタ

友「げほげほっ…む、婿って……」

親友母「昔から仲良かったしねぇ。友君ならうちの娘任せられると思うのよ」

親友「ちょっとお母さん!///」

親友母「だってほかの男の人だと心配なんだもん」

親友「だからって…友の気持ちも分からないし…」ボソ

友「え?なんだって?」

親友「なんでもない!///」 

195 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 00:23:59 ID:76kmXAzQ
親友母「まあ、考えておいて」クス

友「あ、はい…(なんと…親公認…)」

親友「……(可能性あり!?)」

親友母「二人ともおかわりは?」

友「あ、いただきます!!」

親友「お願い…」


友「…んー、うまうま!」

親友母「そういえば、今日は急にどうしたの?」

友「えっと、親友と俺の共通の友達の事で話にきまして」 

196 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 00:25:42 ID:76kmXAzQ
親友母「そうなの。もう少し違うことかと思ったわ」

友「違うこと?」

親友「お母さん!」

親友母「ふふ、冗談よ。でも頑張りなさいよ?」

親友「むぅ……」

友「……?」 

197 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/05(金) 00:31:56 ID:76kmXAzQ
~~~~~~~
友「ごちそうさまでした!」

親友「ごちそうさま」

親友母「はい、お粗末様」

友「それじゃ、片づけして帰りますね」

親友母「もっとゆっくりしていってもいいのよ?」

友「いえ…これ以上はもう外も暗いので…」

親友母「そう…またいつでもいらっしゃいね」

友「はい!ありがとうございます!」


友「それじゃ親友、またな」

親友「男くんに伝えといてね。また明日」

友「おう、じゃ」ノシ

親友「じゃあね」ノシ 

198 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/06(土) 00:20:13 ID:bmj.XV2E
>>97のあたりまで飛びます

友「そんじゃ出かけてくるわ」

友母「いってらー」

友「今出たっと」ピ


ブーブー

親友「……ん、了解っと」ピ

親友「それじゃお母さん、行ってくるね」

親友母「気を付けてね」

親友「今日は男の人2人いるから大丈夫よ」

親友母「友くんが守ってくれるもんねー」フフ

親友「もー!行ってきます!」ガチャ 

199 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/06(土) 00:28:16 ID:bmj.XV2E
友「おっす」

親友「おはよ」

友「じゃー行くか」

親友「そうねー」


友「そういえばさー、俺らって頻繁に家行き来しなくなったよな」

友「なんでだ?」

親友「なんでだって……思春期入ったからとか」

親友「そういうありきたりな感じじゃない?」

友「そんなんだったかな…」

親友「急にどうしたの?」

友「いや、この前行った時少し気になったんだ」

親友「そ。まあ全く来なくなったわけじゃないんだし気にしなくていいでしょ」

友「それもそうだな。行こうと思えばいつだっていけるし(行きにくいけど…)」

親友「まあね(だったら毎日来なさいよ…)」 

200 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/06(土) 00:32:08 ID:bmj.XV2E
友「着いた、けど。男と幼ちゃんはまだだな」

友「なんか飲み物買うか?」

親友「買う買う」

友「どれにする?」

親友「じゃあ…コーヒーの微糖で」

友「はいよ。俺はコーラ」

親友「ありがとね」

友「こんくらい気にすんな」

男「おーい」

友「お、来たみたいだ」

男「うっす」

友「よー、ちゃんと2人で来たか」

男「当たり前だろ」

親友「幼、おはよ」

幼「おはよー!今日はどこ行くの?」 
~~~~~~~ 


202 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/06(土) 00:47:12 ID:bmj.XV2E
>>132の会計のとこから

友「これとこれにすっか?」

男「そうだな。値段も手ごろだ」

友「すいません。これとこれください」

店員「かしこまりました。少々お待ちください」


友「…間接キスお見事」ニヤ

男「うっせえな///」

友「よくポーカーフェイス保てたな。俺ならにやにやするわ」

男「あん時は突然で頭回らなかったんだよ……」 

203 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/06(土) 00:53:54 ID:bmj.XV2E
友「それで、もう覚悟は決まったか?」

男「まあ、そこそこ」

友「そこそこってなんだよ…あーんもしてくれたんだしイケるって」

男「あーんは小さい頃よくしてもらってたし」

男「幼馴染だからって感じじゃないか?」

友「いくら幼馴染だからってそれはないだろ…」

店員「お待たせしました」

友「あ、どうも。男、金」

男「おう」

友「これで」

店員「丁度お預かりします。ありがとうございました」 

204 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/06(土) 00:58:14 ID:bmj.XV2E
友「続きだが、幼馴染なのに俺はしてもらってねえし」

男「親友はそういう事しそうにないもんな」

友「そうなんだよなぁ……とにかく!」

友「ここで攻めなきゃいつ攻めるよ!」

友「お前んち行く予定も作ったんだし頑張れ!」

男「…おう」ガチャ


友「お待たせー」

親友「何買ったの?」

友「ホールケーキ」

親友「でかい方買ったの?」

友「皆で食べるから大丈夫だろ」

友「それに4人だし」 

205 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/06(土) 00:58:57 ID:bmj.XV2E
親友「お金大丈夫なの?」

友「最近欲しいものもないし、余裕だ」

親友「そう…ありがとね」

友「いえいえー」 

206 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/06(土) 01:04:24 ID:bmj.XV2E
幼「…男も大丈夫?」

男「割り勘だから割と大丈夫だよ」

幼「そっか。お礼に今度何か奢らせてもらうよ!」

男「別に気にしないでいいんだぞ?」

幼「でもホールケーキってけっこう高いことない?」

幼「ご飯だとか飲み物とかなら安いもんだよ」

男「…そうだな。それじゃ、今度手作り料理食わせてくれ(ノリでいったがいけるか…?)」

幼「て、手作り料理!?」

男「お、おう…」

幼「そんなんでいいの?(これはむしろ私が嬉しいんだけど…)」

男「手作りってのが大事なんだ。よろしく頼むよ」

幼「うんっ!」 

207 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/06(土) 01:07:53 ID:bmj.XV2E
友「聞きましたか親友さん」

親友「聞きましたよ友さん」

友「まるでカップルですな」ニヤニヤ

親友「そうですね」ニヤニヤ

男「ちょっ///」

幼「あわわ///」

友「全く男は羨ましいなおい」

男「うるせえ」

親友「……(…今度作ってあげよ)」 

209 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 00:14:08 ID:lmuPxkxg
友「そういや、男んち行くのって中学以来だっけ?」

男「そうだな。あの頃はよく遊んでたなー」

友「親友は初めてで、幼ちゃんはどんくらいの頻度だったんだ?」

幼「私は…高校入った後も行ってたけど、ここ最近は少し間空いてたかな」

友「へー。毎日どっちかの家にどっちかが行ってるかと思ってた」

幼「それはないよ…私たちも自分の予定があるからね……」

男「まあ、そういうこったな」

友「へぇ」 

210 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 00:23:35 ID:lmuPxkxg
男「そういうお前らはどうなんだ?」

友「俺ら?」

親友「私たちは高校入ってから滅多に来なくなったわね」

友「そうだよなー。まあ俺の遊びすぎってのもあるんだが」

親友「すぐ居なくなるもんね」

友「すまん…」

親友「別に良いわよ。あんたの自由だし」

男「友は顔が広いからなー」

男「主に馬鹿な方で」

友「馬鹿言うな!」

親友「確かに馬鹿よ、馬鹿」

友「お前らなぁ……」

幼「まあまあ…友達がいっぱいっていうわけだし、良いことだよ」

友「幼ちゃんは良い子やなぁ……」 

211 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 00:30:33 ID:lmuPxkxg
>>143の後です

友「さてと…」カチカチ

親友「何してんの?」

友「男に頑張れメール」ピ

親友「なるほど」

友「幼ちゃんには?」

親友「寝てるからしても意味ないでしょ」

友「あー、なるほどね…」 

212 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 00:32:02 ID:lmuPxkxg
友「……なあ」

親友「何?」

友「家の近くの公園行かね?」

親友「別にいいけど、どしたの急に」

友「いや、たまにならない?懐かしいとこに行きたくなること」

親友「…あの公園、小さい頃よく遊んでた公園か」

友「そうそう。だから寄ってこうぜ」

親友「うん。いいよ」 


215 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 13:42:18 ID:lmuPxkxg
―――公園―――

親友「ここに来たのも久しぶりね」

友「帰りとかにはよく通ってたけどな」

親友「あそこの砂場とか滑り台とか、懐かしい」

友「だなー」

親友「ブランコしてこよっ」

友「俺もいこ」 

216 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 13:56:47 ID:lmuPxkxg
親友「これもずいぶん小さくなったね」

友「高校生が乗るようなもんじゃないからな」

親友「私たちも大きくなったね」

友「俺からすりゃお前はまだ小さいけどな」

親友「うっさい!そんな変わらないでしょ!」

友「そうだっけ?」

親友「…多分」

友「多分かよ…」 

217 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 14:00:40 ID:lmuPxkxg
友「…それで、少し話があるんだけど」

親友「話?」

友「ああ、いいか?」

親友「うん、いいよ」

友「…あー、その、別に今日だからってわけじゃないんだが」

友「言おうと思ってもいつまでも言えなくて」

友「高校上がって話す頻度が減ってもっと言えなくて」

友「いつか絶対言おうとずっと思ってたことがある」

親友「……何?」 

218 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 16:21:22 ID:lmuPxkxg
友「その、男に乗ったと思われるかもしれないけど…」

親友「えっ…それって……」


友「俺はお前の事が好きだ!」


親友「……え?友が?私を?」

親友「嘘…ホント?」

友「こんなんで嘘ついてどうすんだよ…」

親友「……っ」ポロポロ

友「え!?ちょ、親友!?」

友「す、すまん!俺なんかが嫌だったよな!御免!!」

親友「ち、違う……違うの!」

友「じゃあどうしたんだ…?」 

219 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 16:27:19 ID:lmuPxkxg
親友「色んな子と話してるから…」

親友「私の事そういう目で全然見てくれてないと思って……」

友「あー、まあな…照れ隠しだ、すまん…」

親友「すまんじゃないわよ!馬鹿!」

友「御免って……」ギュ

親友「あ……」

友「それで返事、聞かせてくれるか?」

親友「うん……」ギュ 

220 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 16:29:35 ID:lmuPxkxg

親友「私も友の事が好き。昔から」


友「…ありがとう」

親友「ん、これからよろしくね」ニコ

友「おう」ニッ 

221 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 16:31:50 ID:lmuPxkxg
親友「それじゃ帰ろっか」

友「そうだな」

親友「…ん」スッ

友「ん?」

親友「手、繋いで」

友「おお、分かった」ギュ

親友「ん…///」 

222 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/07(日) 16:42:58 ID:lmuPxkxg
友「ほら、着いたぞ」

親友「やっぱ近いね…」

友「…まあこれからは毎日出来るからいいだろ」

親友「……ふふ、そうね」

友「じゃあ、また明日な」

親友「あ、友!」

友「なんだ?」

親友「ん……」チュ

友「ん!?」


親友「あは!じゃあね!」ニッ


終わり 

226 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/08(月) 20:33:01 ID:ogC0cPzk
―――後日談―――

男「……zzz」

男「……ん」パチ

男「あー……あれ?」

男「まさか……」バサ

幼「……zzz」

男「なんでいるんだ…?」

幼「ん……あ、男、おはよー」

男「おはよう。って、なんで俺の布団にいるんだよ…」 

229 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/08(月) 20:40:53 ID:ogC0cPzk
幼「えーっと…昨日男が寝てから少し男の寝顔見てたの」

幼「それで私も眠くなったから帰ろうかと思ったんだけど」

幼「男のお母さんが近くても暗いからもう出るなーって」

幼「だからお母さんに連絡したんだけど」

幼「どこで寝ればいいか分からなくて…」

幼「それで男に添い寝すれば丁度いいかなって!」

男「なるほどね……」 

230 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/08(月) 20:43:49 ID:ogC0cPzk
男「まあいいや…とりあえずもっかい寝よう……」

幼「そうだねー…」

男「……また一緒に寝るの?」

幼「え、駄目?」

男「駄目ではないけど…」

男「母さんに見つかったら茶化されそうだ……」

幼「おばさんならもう気づいてると思うよ?」

男「…そうか。んじゃ寝よう」

幼「うんっ」ギュ

男「はは…」ナデナデ 

231 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/08(月) 20:46:38 ID:ogC0cPzk
幼「んー…気持ちいい…」

男「良い夢見れそう?」ナデナデ

幼「見れると思うー……」

男「それじゃ、おやすみ」ナデナデ

幼「おやすみー」ギュ


幼「……zzz」

男「……おやすみ」チュ 

232 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/08(月) 20:49:15 ID:ogC0cPzk
―――友の家―――

友「…んあー」

友「はー…あ、男」

友「……」カチカチ

友「送信っと」ピ

友「…そういや親友はどうしてるかな」

友「……まあいつも通りだろう。寝よ」 

233 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/08(月) 20:51:56 ID:ogC0cPzk
―――親友の家―――

親友「……」ムク

親友「……」

親友「…昨日の、夢じゃないよね?」

親友「……」

親友「…友の家行こうかな」

親友「多分二度寝してるだろうし、潜入してやろっと」 

234 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/08(月) 23:24:56 ID:ogC0cPzk
ピンポーン

友母「はーい」

親友「すみません。友居ますか?」

友母「友は多分寝てるわねー。起こしてくる?」

親友「あ、私が行きます!」

友母「そう?それじゃあお願いね」

親友「はい!」 

235 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/08(月) 23:30:17 ID:ogC0cPzk
親友「……」ソー

友「……zzz」

親友「寝てる…よね」

友「…zzz」

親友「この寝顔も久しぶりだなー」

親友「高校では一回も見てないような…」

親友「昔はよく一緒に寝てたのにね…」ナデナデ

友「ん……?」

親友「あ、友、おはよう」

友「おー、おはよ……なんで?」

親友「え?」

友「なんで居るんだ?」 

236 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/08(月) 23:32:30 ID:ogC0cPzk
親友「起こしに来たのよ」

友「母さんは?」

親友「私に任すって言って部屋戻ったわよ」

友「そうか…あー、ねむ」

親友「ちょ、二度寝しようとしてんじゃないわよ!」

友「えー…」

親友「えー、じゃない。ほら顔洗ってきなさい」

友「へーい…」 

237 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/09(火) 19:53:37 ID:8ImGF0js
ガチャ

友「親友、俺の携帯取ってくれ」

親友「はい」ポイ

友「さんきゅ」

友「……返信無しか」

親友「どうしたの?」

友「あいや、男にメール送ったんだがまだ帰ってきてなくてな」

友「あいつ二度寝しとるかもしれん」

親友「今日はフリーだしいいんじゃない?」

友「まあそれもそうだよなー」

友「……だったらお前はなんで居るんだ」

親友「え!?あー、それは、その…昨日の事がまだ夢みたいで…」

友「なるほど。夢みたいな話だもんなー」

親友「ねー」 

238 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/09(火) 19:56:16 ID:8ImGF0js
友「ま、夢じゃないけどな」ギュ

親友「ちょ…急に何してんのよ!///」

友「現実だと知らしめるために」

親友「も、もういいもういい!///」

友「分かった」パッ

親友「ふぅ…急にしないでよ……」

友「まあまあ。可愛かったぞー」

親友「言うな!!」 

239 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/09(火) 19:58:23 ID:8ImGF0js
友「とりあえず飯食おう」

親友「食べてってもいいの?」

友「全然大丈夫だろ」

親友「それじゃ、頼むね」

友「おう」 

240 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/09(火) 20:04:32 ID:8ImGF0js
―――男の家―――

男母「男ー、ご飯出来てるわよー」コンコン

男母「……」

男母「まだ寝てるのね…。男ー」ガチャ


男「……zzz」ギュ

幼「……zzz」ギュ


男母「…!!これは幼ちゃんのお母さんに伝えなきゃ!」

男母「これは大きな一歩だわ!!」バタン 

241 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/09(火) 20:09:04 ID:8ImGF0js
男「……ん」パチ

男「時間は……9時ちょいか」

男「幼ー、起きろー」

幼「んー……」ギュー

男「うーん…朝こんな抱きつかれたらヤバいんだが……」

男「もう少しこのままいるか…」ナデナデ 

242 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/09(火) 20:14:19 ID:8ImGF0js
男「携帯携帯……取れるかな…」

男「んー……」ノビー

男「おし、取れた」

男「友からか…」

男「……」カチカチ

男「送信」ピ

男「ふー……平和だ」ナデナデ

幼「……zzz」スリスリ 

246 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/10(水) 22:23:52 ID:oxw6xs82
―――友の家―――

ブーブー
友「お?」

親友「誰?」

友「男だ」

親友「上手くいったって?」

友「おう!」

親友「そっかぁ…良かった…」

友「あ、こっちも報告しとくか」

親友「そ、そうね…」

友「嫌なのか?」

親友「いや、恥ずかしくない?」

友「いや?対価交換って感じで」

親友「そんなもんかー…」 


248 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/10(水) 22:32:22 ID:oxw6xs82
―――男の家―――

ブーブー
男「友か」

男「…!」

男「はは、おめでとう」ピ

幼「ん……男…?」

男「あ、幼。おはよ」

幼「おはよー……」

男「凄い報告があるぞ」

幼「え?何々?」 

249 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/10(水) 22:49:38 ID:oxw6xs82
男「友と親友が付き合ったらしい」

幼「ホント!?」

男「ほれ。このメール見てみろ」

幼「……わー!ホントだ!」

男「まさか両想いだったとはね」

幼「ねー。私も分からなかったよ」 

250 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/10(水) 23:00:11 ID:oxw6xs82
男「さー、これからどうすっかな」

幼「とりあえず朝ごはん食べに行かない?」

男「そうだな。母さんが作ってるだろ」

男「母さーん。ご飯あるー?」

男母「あるわよー!」

男「だって。行こう」

幼「うんっ」 

251 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/10(水) 23:03:20 ID:oxw6xs82
男母「…どこまでいったの?」

男「何が?」

男母「今日抱き合って寝てたじゃない」

男「べ、べつにやましいことはしてない!」

男母「隠さなくてもいいのよ?」

幼「し、してませんよ!」

男母「あらそう…。幼ちゃんのお母さんがっかりしちゃうわね」

幼「なんでお母さんが?」

男母「朝の事が衝撃的でついつい電話しちゃった」

男「何やってんだよ……」

男「そういうのはなるべくやらないつもりだ」 

252 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/10(水) 23:06:24 ID:oxw6xs82
男母「あら。なんで?」

男「もし子供出来たらどうすんだよ」

男「今の俺じゃ責任取りきれんぞ」

男母「別に私たちが支援してあげるんだけどねぇ」

男「なん…だと…」

男「いやまだあるんだぞ。俺と幼は高校生だ」

男「妊娠したなんか知られると学校居られなくなるだろ」

男母「そうねぇ。それじゃ、高校卒業と同時に解禁しちゃいましょう」

幼「わ、私は男がしたい時でいいよっ」

男「幼まで何言ってんだ……」 

253 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/10(水) 23:12:31 ID:oxw6xs82
男「まあとりあえず高校卒業までは絶対しないから」

男母「大切に思われてるわねー幼ちゃん」

幼「はい…嬉しいです///」

男母「ちなみにうちのお父さんも幼ちゃんのお父さんも同意してるからね」

男「父さんたちまで!?」

男母「そりゃ当たり前でしょう?」

男母「駄目って言われても私と幼ちゃんのお母さんが譲らないわ」

男「さいですか……」

幼「あの…電話した時お母さんなんて言ってました?」

男母「『うっそ!?ついにきたか!これで孫の顔見れるの確実ね!』」

幼「お母さんらしいね…」

男「全くだ…」 

254 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/10(水) 23:16:56 ID:oxw6xs82
男「幼の母さんは男勝りだよな」

幼「そうなんだよねー」

男母「あの人はあの人で可愛いのよ」

男「そうなの?」

男母「私達と幼ちゃんのお母さん達は同級生で同じ学校だったの」

男母「高校の頃からあの人は男勝りでね」

幼「今の私たちくらいですか?」

男母「そうね、そのくらいだわ」

幼「それで、お父さんは?」

男母「旦那さんは良い人だけどひょろかったわね」

幼「そ、そうなんですか……」 

255 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/10(水) 23:24:42 ID:oxw6xs82
男母「まあそれで、今の言葉で言うとツンデレってやつだったわね」

男「ツンデレ…ああ、想像できる」

幼「あはは…だね…」

男母「素直になれなくて私にどうしたらいい?ってよく聞きにきてたわ」

男母「最終的には旦那さんひょろいから引きずって無理矢理個室連れてったりしてたわね」

男「……マジか」

幼「個室なんかに連れてって何を…?」

男母「あの子なりの告白したらしいわよ」

男母「旦那さんけっこう驚いてたみたい」

男「へぇ……」

幼「お母さんにそんな事があったとは…」 


257 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/12(金) 17:43:24 ID:PWIDwyfg
男母「まあ、幼ちゃんは女の子そのものって感じで良い子よねー」

幼「そ、そうですか?ありがとうございます!」

男「そいや、父さんは?」

男母「お父さんはまだ仕事よ」

男「うへぇ…日曜なのによくやるわ」

男母「お父さんのおかげで食べれてるんだから感謝しなさい」

男「わーってるよ」


男「ごちそーさん」

幼「ごちそうさまでした!」

男母「はい。お粗末様」

男「それじゃ戻るわ」

男母「はーい」 

258 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/12(金) 17:46:50 ID:PWIDwyfg
―――友の家―――

友「どうする?男んちでも行くか?」

親友「そうね…あの後の事聞きたいし、行こっか」

友「りょーかい。んじゃ着替えたり準備するから下で待っててくれ」

親友「分かったー」

ガチャ

友「…ふぅ。こっちだって内心くっそ焦ってんだぞ」

友「変な顔じゃなかったよな……」 

259 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/12(金) 17:49:51 ID:PWIDwyfg
親友「あ、おじさん。おはようございます」

友父「おお!親友ちゃんじゃないか。おはよう」

親友「お久しぶりですね」

友父「そうだなぁ…いやー、大きくなったねぇ」

親友「ありがとうございます!」

友父「友の事、よろしくね。あいつはやんちゃだから」

親友「はい!任せてください!」


友「あーい、お待たせ」

親友「それじゃ行こっか」

友「おう」 

260 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/12(金) 17:51:23 ID:PWIDwyfg
友「んじゃ、行ってくるー」

親友「行ってきます」

友母「気を付けてね」

友父「いってらっしゃい」 

261 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/12(金) 17:56:18 ID:PWIDwyfg
友「うへ…まっぶし……」

親友「今日は快晴すぎるわね」

友「少し暑いな」

親友「そう?あったかくていいと思うんだけど」

友「マジかー…」

親友「どうせまたすぐに寒くなるわよ」

友「だなー」

友「っと、そろそろだな」 

262 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/12(金) 18:45:05 ID:PWIDwyfg
男「ちょっと顔洗ってくるわ」

幼「それじゃ待ってる」

男「おう」


ピンポーン

男「ん?誰か来たな」

男「はーい」ガチャ

友「よっ」

親友「おはよ」

幼「おー!親友ちゃんに友くん!」

男「おー、おはよお二人さん」

友「上がれる?」

男「おう。いらっしゃい」

友「お邪魔しまーす」

親友「お邪魔します」 

263 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 00:15:27 ID:1VA0W95s
男「でさー、あの後どうなってこうなったんだ?」

友「あのなー、男に散々言っておいて」

友「俺が言わないのは駄目かなって思ってな」

友「当たって砕けろってやつで言ってみた」

男「ならOKもらえたと」

友「そっ!いやぁ、良かったよ」

男「だなー。親友は読めん子やな」

友「だよなー」 

264 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 00:18:59 ID:1VA0W95s
幼「友くんからどんな感じで言われたの?」

親友「昔よく遊んでた公園に行こうって言われて」

親友「そこでずっと言えなかったけど好きだー、って」

幼「へぇ。懐かしい場所で告白かぁ…ロマンチックだねぇ……」

親友「またあの公園には思い出が出来たわ」クス

幼「良い思い出がたくさんできていい場所だね」クス 

265 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 00:24:43 ID:1VA0W95s
男「そういや、昨日のケーキまだ残ってるから食おうぜ」

幼「おー!いいね!」

友「お前ら食ってなかったのか」

男「あの後幼と話して飯食ってすぐ寝ちまったからな」

友「まあ、ずっと緊張状態だったもんな。そりゃ疲れるわ」

男「だから言った後安心しすぎて眠くなったんだ」

親友「私はずっと寝れなかったけどね」

友「あれ、そうなん?」

親友「だって嘘みたいだもん」 

266 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 00:53:01 ID:1VA0W95s
友「俺は男と同じで安心して寝れたけどな」

幼「私も男の匂いがあったからすぐ寝れたよ」

親友「よく恥ずかしがらずに言えるわね……」

幼「昔はよくしてたことだもん」

男「確かになー。っと、取ってくるわ」

友「俺もついてくよ」

男「さんきゅ」 

267 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 00:58:41 ID:1VA0W95s
幼「…あ、そうだ。親友ちゃん聞いてー」

親友「何?」

幼「あのね、私たち付き合ってなくても結婚してたみたい」

親友「え!?」

幼「もちろんお互いの同意があれば、だけどね」

幼「お母さん達が昔から決めてたんだって」

親友「そうなんだ……幼馴染兼許嫁ってわけね」

幼「まあそんな感じかな」

親友「てことはもう結婚まで一気に?」

幼「18歳になったらすぐ?だったかな」

親友「早いわね……」 

268 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 00:59:38 ID:1VA0W95s
幼「でも、これでずっと男と一緒だよ!」

親友「ふふ、いいわね」

親友「私もあいつがプロポーズしてくれたらいいんだけど」

幼「友くんもしてくれるよー」

親友「気長に待ってるわ」クス

幼「だねー」ニコ 

269 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 01:05:41 ID:1VA0W95s
男「まあこんな感じで結婚するわけだが」

男「お前もずっと守る気あるんならプロポーズしちまえ」

友「でも金銭面で不安多いし…」

友「ちゃんとした職見つけて支えられるようにならんとなぁ……」

男「あー…俺も働き始めたら自分で支えないとなぁ……」

友「何?親が出してくれんの?」

男「親が出すって言って譲らないんだ。仕事が安定しだしたら止めてもらうつもり」

友「へー…うちんとこはどうなんだろ…親父たちが言うかもしれん」

男「お前んとこの親父さんはグイグイ行けって感じなんだっけ?」

友「そーそー。酔うと毎回だよ……」

男「お互い変な親持ったもんだよな」

友「まあ悪い親じゃないんだがな」

男「逆に良い親すぎるとこもある」

友「だな」 

270 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 01:07:02 ID:1VA0W95s
男「あ、友、ジュース持ってくれ」

友「あいよ」

男「母さーん。これ持ってくよ」

男母「はいはーい」

男「んじゃ行こう」

友「おう」 

271 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 01:12:21 ID:1VA0W95s
男「はいお待たせ」

幼「きたー!」

親友「テンション上がりすぎでしょ…」

幼「だって2日連続であそこのケーキが食べれるんだよ?」

友「確かにあっこのケーキは美味かったからな」

幼「でしょ?」

ワイワイ


男「…なあ友」

友「なんだ?」

男「これからもよろしくな」

友「……何言ってんだお前?頭打ったか?」

男「打ってねえよ!ただこうして見てると」

男「俺らは将来お隣さんになりそうな気がしたんだよ」

友「あー……分かる」

男「だろ?」 

272 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 01:15:24 ID:1VA0W95s
友「そんで俺らの子供同士が結婚したりしてな!」

男「あり得るあり得る」クス

友「俺はぐいぐいいくかな」

男「俺の方が幼がいくと思うよ」

幼「何がー?」

男「うわっ!」

親友「何2人で話してんのよ」

友「将来の事」

幼「将来?」

男「そ。子供の事」 

273 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 01:18:42 ID:1VA0W95s
幼「…●●●な事?」

親友「男くん…あなたが友みたいな事考えるとは予想外だったわ……」

男「待て待て待て!決してやましいことじゃない!」

友「そうだ!ってか親友!なんだ俺みたいって!」

親友「気にしない。で、子供って?」

男「俺らがお隣さんになって俺らの子供が幼なじみになって」

男「いつか結婚しそうだなって事」

親友「なるほどね」

幼「ありそうだねー」

男「だろ?」 

274 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/14(日) 01:22:50 ID:1VA0W95s
友「まあ子供が男女別でないとな」

男「そこはまあ、大丈夫だろ。多分」

幼「私は男との子供なら何人でも産むよ!」

男「分かった分かった。落ち着け」

親友「私も…友の子供だったら……」ボソボソ

友「え?なんだって?」

親友「あんたの子供なら産んでいいって言ってるの!」

友「…え、あ、はい……っ///」

親友「あ……///」 

275 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/16(火) 00:26:46 ID:0mohyQMI
男「…ははっ」

幼「ふふ」

友「くっ…///」

親友「あー…///」

男「まあ、お互いこれからもずっと幸せだといいな」

友「まあなー。こうして4人でもっと思い出作りてえな」

幼「だねー。お祭りとか行こうよ!」

男「それは勿論行くよ」

親友「長期休暇の時遠出する?」

友「金がありゃ、な」

男「バイトしなきゃな」クス

幼「皆でやればすぐ溜まりそうだね」クス 

276 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/16(火) 00:31:03 ID:0mohyQMI
男「近いとこに知り合いが店してるとこあるから」

男「そこに頼めばいけるかも」

幼「おー。じゃあ一緒に行こうよ男!」

男「おっけ。友たちはどうする?」

友「俺らも俺らの知り合いのとこ行くわ」

親友「そうね」

男「そっか、了解」

友「そんじゃ、善は急げって事で」

男「もう帰るのか?」

親友「早めに言っておいた方が安心でしょ?」

男「まあな」

幼「それじゃ男。私たちも後で行こっか」

男「そうするかー」 

277 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/16(火) 00:32:03 ID:0mohyQMI
友「そいじゃな。お邪魔しました」

親友「お邪魔しました。2人とも、またね」

男「おう、またな」

幼「また明日ねー!」 

278 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/16(火) 00:35:31 ID:0mohyQMI
男「さて…電話してみるか」

幼「そうだねー」

男「あー…えっと、改めてよろしくな、幼」

幼「こちらこそ!よろしくね、男!」ニコッ

――――――――――

親友「そのまま行こうよ」

友「おっけー」

親友「……ずっと傍に居てね」

友「…おう、任せろ」

親友「ん、任せる」ニッ


終わり