1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 16:37:58.04 ID:+gLArwLkO
前スレ  【コードギアス】安価とコンマで日本を解放する

おーぷんからの移転ということで引き継ぎ特典つけて一度はじめからにします
もう一度お付き合いいただければ幸いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1549179478

引用元: 【コードギアス】安価とコンマで日本を解放する 




コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2018-02-23)
売り上げランキング: 47
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 16:44:31.68 ID:vbT+Sf0u0
男「…………う、っ?」

永田「あ……気が付いた!扇を呼んで来い!」

男「……!?ッッ!?」

井上「落ち着いて!まだ身体も治りきってないと思うし、起こさないで」

男「……ここ、は?」

井上「シンジュクゲットーよ。あなた、3日前にここの近くで倒れてて……」

カレン「扇さんこっち!」

扇「ああ……命が助かってよかったよ。俺は扇要、ここのまとめ役をやってる」

男「…………」


↓5まで 選択できる身分を自由安価で(引継ぎなのである程度は選択できるように。高い地位ならコンマ判定)

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 16:54:06.31 ID:vbT+Sf0u0
扇「きみ、名前は? どういう人間だ?」

井上「ゆっくりでいいのよ」

男「……俺は」


↓3多数決/コンマ
1.EU在住だったイレヴン
2.日本解放戦線の武将
3.ブリタニアの貴族の息子(ただし、母は正妻ではない)

↓3以内に
50以上があれば江戸時代から来たサムライ
70以上があれば記憶喪失かつ身分を証明出来る物がない も選択可能にして再度多数決

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 16:55:02.44 ID:02MI2UgaO
3で

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 16:57:38.64 ID:vbT+Sf0u0
一応ゾロ目あったんで再度判定
↓2まで
40以上があれば江戸時代から来たサムライ
60以上があれば記憶喪失かつ身分を証明出来る物がない も選択可能にして再度多数決

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 16:58:17.63 ID:rgwGJD2cO

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 17:04:58.06 ID:vbT+Sf0u0
(何も用意できないんで今後なんかの判定でも有利にしときます)


↓3多数決
1.EU在住だったイレヴン /まったくの素人
2.日本解放戦線の武将 /白兵戦及びKMF経験あり・レジスタンスメンバーとの親交易化
3.ブリタニアの貴族の息子(ただし、母は正妻ではない) /KMF経験あり・ブリタニア人の地位
4.江戸時代から来たサムライ /白兵戦Lv5(スザクレベル)確定、KMFまったくの素人
5.記憶喪失かつ身分を証明出来る物がない /???

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 17:05:20.72 ID:lk8o32WUo
5

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 17:21:46.50 ID:vbT+Sf0u0
男?「……お……おれ?わたし?ぼく?何……」

扇「な……何だ?どうした?」

男?「ぐ、うう……!」プルプル

井上「怪我が治りきってないんじゃないかな……」

カレン「いや、というより彼……」

??「ど、どこ、ここ……!!何、これ……」

カレン「痛いとかじゃなくて、なんか、うまく言えないけど……身体の動かしかたも忘れた、みたいな」

扇「それってもしや、記憶喪失みたいなものなのか?」

カレン「身体の使い方まで忘れるなんて聞いたことないけど」

扇「こんな、まだ中学校にもいるような子供なのにか……酷いもんだ」

井上「あなた、名前くらい覚えてるでしょ?」

??「な、なまえ……?」


名前をつけてあげますか?

↓3多数決
1.はい
2.いいえ(『少年』に自動決定)

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 17:22:31.53 ID:lk8o32WUo
1

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 17:24:29.74 ID:vbT+Sf0u0
↓5までで最高コンマのものを採用(日本風でもブリタニア風でも可、名字ナシだと好ましいです)
17:30から書いてください

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 17:30:13.90 ID:zUjgob450
レイ

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 18:07:19.43 ID:vbT+Sf0u0
??「わからない……なまえ、って」

扇「これはかなり重症だな……」

井上「ホントになんにもわからないのね」

カレン「呼びにくいし、便宜上『レイ』ってことで。なんにもないならピッタリでしょ」

レイ「れい……ぼく、レイ?」

扇「ゲットーに裸で倒れてたの、覚えてるか?近くだったから拾ったんだ」

レイ「たおれ……!! お、覚え、てる」スクッ……ハラリ

カレン「ちょ、おっおい!!立ち上がるな!!///」

レイ「……?」

井上「な、なるほど……これもわからないのね」

扇「……何も着てないままだからな。簡単な服ならやるよ」

レイ「やる……あげる……えっ、と」

レイ「あ・り・が、とう?」

永田「ん……回復の見込みはありそうだな」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 18:17:48.27 ID:vbT+Sf0u0
玉城「おい!そろそろ作戦決行だぜ、どうすんだよそいつ」

永田「……ゲットーに置いてったら殺されそうだけどな。パッと見ブリキにも見えるしよ」

レイ「ん……こう?」モゾモゾ

カレン「そうそう。なんだできるんじゃん」

井上(あれ?意外とちゃんと服着れてる……)

扇「……作戦ではトレーラーを使う。こいつを乗せて適当な所で降ろそう」

玉城「マジかよ……」

扇「レイ……一つ話があるんだが」

レイ「うん?」

扇「俺たちはこれから大事なことをしなけりゃならない。お前をどこかできるだけ安全な場所で降ろすから」

扇「それまでは俺たちの邪魔をしないでくれよ。いいかな?」

レイ「ジャマ……しない」

扇「いい子だ」

南「さすがは元教師志望の手際ってな」

扇「茶化すなよ。よし行くぞ!」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 18:24:02.96 ID:vbT+Sf0u0






扇「行け!!」ダダダダダッ

ブリタニア兵「ぐあ!」ドサッ

レイ「な、なに?なにしてるのっ」

井上「レイは何も見ないで!」

玉城「あいつ、口だけじゃねえな……」ザッザッザッ

扇「ようし……確かに目当てのものだ。トレーラーに積んで運び出すぞ!カレンKMFで頼む」

カレン『はい!』ギギギギギッ……

永田「早くしてくれよ!運転は俺なんだからな!」

コッコッコッコッ……

レイ「なんか、聞こえる……!」

井上「え……誰かくるみたい!」

扇「増援か!?くそ!」


↓2 コンマ下2桁(すべての可能性あり)
01~20 何もできなかった(白兵レベル1:ただの一般人)
21~40 銃を手に取った(白兵レベル2:民兵レベル)
41~60 反射のように銃を取って射撃した(白兵レベル3:軍人レベル)
61~80 一人で撃退した(白兵レベル4:咲世子レベル)
81~00 めちゃくちゃ強かった(白兵レベル5:スザクレベル)

00/99 ???

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 18:24:29.85 ID:7UvFp+zOo
んほぉ

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 18:35:02.43 ID:vbT+Sf0u0
ブリタニア兵「死ね!イレヴンどもめ!!」ダダダダダッ!

扇「く!くそ……カレン!向こうだ!」キュゥンッ

井上「レイ!隠れて!」

レイ(し、しね……死ぬ、殺される……!?ぼく、俺ッ……)

レイ「わあああああああああああ!!」シュタタタタタタッ!!

南「は!?」

吉田「なっ……!?」

ブリタニア兵「は、早い……!?」ダンダンダンッ!

レイ「うわあああああああああああああああっ!!」ブンッ

ブリタニア兵「ぐえ!」ドサッ!

ブリタニア兵「ばわ!」ゴッ!

カレン「す、すごい……銃が当たらないの……?」

レイ「うおおおっ!!うおっ、うわああああ!!」ゴン!ゴン!ゴキィッ!!

ブリタニア兵「」

カレン『れ、レイ!やめなよ、終わってるから!!』

レイ「はあ、はあ、はあ、ふーっ……!!」

扇「た、助けられた……のか?」

カレン(こいつ、何者なの……?)


白兵レベル5:スザクレベルに決定
扇グループメンバー全員の好感度が0→1から開始(初期好感度決めが1からに)

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 18:44:07.40 ID:vbT+Sf0u0
――トレーラー内


カレン「レイ……落ち着いた?」

レイ「……もう……いないんだろ、殺そうとする奴ら、おわってる、んでしょ……」プルプル

永田「あ、ああ……悪いけど後ろのコンテナはシートベルトとかねえぞ」

レイ「……あの、だ・い・じょう、ぶ……」

カレン「そう……あのさ、何なの、さっきの」

レイ「わかんない。『死ぬ』とか、『殺される』、って思ったら、なんか……」

カレン(……怪しい。けど、こうしてるときは何もなくて、ただの子供で……)

リヴァル「ルルーシュって……社長にでもなりたいわけ?」

ルルーシュ「まさか!変な夢は……」パパーッ!

リヴァル「うわ……なんですかぁぁ!?」

永田「くそ……呑気に走りやがって!」グイッ

カレン「え!?やめろ!そっちは……」

ドシャアアァァァァッ!!

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 18:46:56.11 ID:vbT+Sf0u0






レイ「い、いったあ……なに……?」

ルルーシュ「どこだ……そこにいるのか!おわっ!」キキーッ!!

ルルーシュ「内側にもハシゴつけておけよ……!」

ブリタニア兵『警告する!今なら弁護人をつけることも可能である、直ちに停車せよ!!』

永田「く!」キュンキュンキュン!

カレン「くそっ!降ろす前に捕まるなんて……!」

ブリタニア兵『次は当てる!直ちに停車せよ!』

レイ「え、え……!?」


↓2 コンマ下2桁(前スレでは気づいたので易化)
01~30 ルルーシュに気づかなかった
31~00 ルルーシュに気づいた

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 18:47:57.58 ID:eiDVgg3uO
はい

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 18:53:25.33 ID:vbT+Sf0u0
ルルーシュ「出るのは危ないな……なんかヤバそうだし、携帯でッ」プシューッ

レイ「く……え!?だ、誰……」

ルルーシュ「なッ……!!」

カレン「何してんの!?そいつ……レイ!抑えて!」

レイ「お、抑える……うん!」ギリギリギリ

ルルーシュ「なっ、子供……ぐおおおおお!!」ミシミシ

カレン「……なんか知らないけど頼むわよ!」バシュゥッ!

ルルーシュ「ナ、KMFまで……本物のテロリストじゃないか!!」バッ!

レイ「うわ!き、きみ誰?カレンのなかま?」

ルルーシュ「誰が仲間だ!!くそッ、事故った運転手を親切心で助けようとしたんだよ!!」

レイ「ち、ちがうんだ……でも抑えろってカレンが言ってたから」バッ

ルルーシュ「は、離せ!!があああああああああああ」ギリギリギリ

ルルーシュ(な、なんて力だ……子供のそれじゃないぞ!!俺は運動神経『だけ』は自信があるつもりだのに、振りほどけんッ!!)

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 20:06:34.17 ID:vbT+Sf0u0
レイ「……ね、ねえ、親切?で車にきたの?」

ルルーシュ「ああそうだよ!テロリストらしく俺を殺したらどうだッ」

レイ「殺す……なんて。しないよ、そんなの。テロリスト?ってなに?」

ルルーシュ「……!?」

ルルーシュ(何も知らない……?こいつ、イレヴンの顔立ちじゃない。人質?しかし俺を拘束して……利用されている?)

永田「カレン別行動だ!共倒れはまずい、お前は逃げろ!」

カレン『でも!』

サザーランド「」ダダダダダダッ!

永田「ぐっ!」ブシュッ!

ヴィレッタ「フン……単純な奴だ」

永田『ぐ……カレン、別行動だ、行け……俺はもう死ぬかもしれん……!』

レイ「えっ……!?ね、ねえ!!親切できたの?じゃあ運転席の人助けてよ!!」

ルルーシュ「な、なに!?」

レイ「ぼく、死ぬのはいやで……じゃあほかの人だって嫌でしょ!やってよっ」ギリギリギリ

ルルーシュ「ぐがががが!!わ、わかったから離せ!!」

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 20:15:53.61 ID:vbT+Sf0u0
永田「ぐ……れ、レイ。なんだそいつは」ドクドク

ルルーシュ「血が……おい!お前は運転できるのか」

レイ「う、うんてん……?」

ルルーシュ「くそ!!レイとか言ったな、こいつを引っ張り出せ。代わる!」

永田「ま、待て……ルートはそこの貼り紙に……」

ルルーシュ「これか……地下坑道を行くつもりなのか、俺にできるのか……!?」

レイ「ねえ!死なないよね!?」ズルズル

永田「死んでたまるか……壁に救急キットが掛かってる、あの箱だ……持ってこいっ」

レイ「こ、これ?」ガチャッ

永田「よし……く、くそ、起きれねえ。レイ、今から俺の言う通りにやれ……助けてくれ」

レイ「えっと……やってみるっ」


↓2 軍人じゃないので永田の判定
01~50 うまく治療できなかった(スザク戦後死亡判定発生)
51~00 治療できた(生存の可能性大)

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 20:17:20.17 ID:u1fRJAyjO
へい

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 20:24:25.39 ID:vbT+Sf0u0
ルルーシュ(土地勘も下調べもない場所で、それに車両のライトまで消えていては……うぐっ!)ガシャァン!!

永田「ぐあ!」

ルルーシュ「う、動かない……!!生きてるのか!!」

永田「う、うう……!」

レイ「ち、血が止まらない……だめだよ!!ねえ!!」

永田「ま、待て……俺たちの目的が……」ドクドク

ルルーシュ「……俺は逃げるぞ。これ以上お前たちに関わってられない」

レイ「なんだよそれ!!親切だって言ったのに!!……うわっ!?」バキィッ!!

ブリタニア兵「殺すな!これ以上!」

ルルーシュ「ブリタニアの……!?」

レイ「なんだよおまえ……!!今、誰か死ぬかもしれないのに、お前!お前っ!!」

ブリタニア兵(子供……!!)


↓2
01~10 スザクにしばき倒された
11~30 互角に戦った
31~90 ルルーシュに気づいて停戦した
91~00 逆に返り討ちにした

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 20:26:36.88 ID:lk8o32WUo

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 20:35:26.58 ID:vbT+Sf0u0
【ゾロ目ボーナス】


スザク「ルルーシュ……?僕だよ、スザクだ」カポ

ルルーシュ「!?スザク……お前、ブリタニアの軍人になったのか?」

レイ「……?」

スザク「君は……!まさかこれ」

ルルーシュ「何言ってんだ!」ピカッ

スザク「あ……毒ガスが!!」バッ

ルルーシュ「!!」ドサッ

レイ「むぐ!?」ドサッ

C.C.「…………」パァァァ……

レイ「……?」

スザク「毒ガスじゃ……ない?」

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 20:45:11.19 ID:vbT+Sf0u0
レイ「ね……ねえ、なかま、なの?そこの、ルルーシュって人と」

スザク「え?そ、それは……」

スザク(ブリタニア人の子供……?)

レイ「じゃあ中にいる人助けてよ!!ルルーシュって人が、やらないって言うから……!!」

ルルーシュ(人を巻き込んでおいて悪者扱いしやがって……!子供はこうだから!)

スザク「え……これ、ひどいケガだ……」

レイ「治せる?」

スザク「止血すればきっと助かる。けど……お前はレジスタンスの構成員だな」

永田「さ、触るな……!」

スザク「お前を逮捕して、こんな事件を起こした理由を言ってもらう。でも、まずは応急処置だ」ゴソゴソ

C.C.「……」

ルルーシュ「……おい。治療しながらでいい、答えろよスザク……毒ガスか、この子が」

スザク「あ、ああ……しかし、ブリーフィングでは確かに……」

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 20:49:52.59 ID:vbT+Sf0u0
親衛隊隊長「この猿が……名誉ブリタニア人にはそこまでの許可は与えていない!」

スザク「しかしこれは!毒ガスと聞いていたのですが」

親衛隊隊長「答弁の権利はない!」

ルルーシュ(まずい……確かに毒だ。外に漏れればスザクの主人たちが危うくなるほどの……)

親衛隊隊長「しかしその功績に免じて慈悲を与えよう。枢木一等兵、これでテロリストを射殺しろ」

スザク「え……ただの民間人もいるんですよ!」

親衛隊隊長「貴様……これは命令だ!ブリタニアに忠誠を誓ったのだろう」

スザク「それは……」

スザク「……しかし、できません……民間人を、彼を撃つようなことは……」

親衛隊隊長「では死ね」カチャッ……

レイ(……死ね、だとっ!?)


↓2
01~10 負傷したが逃げおおせた(永田死亡)
11~60 4、5人のして逃げた
61~80 隊長をのして逃げた(ここからスザクも同行)
81~00 全☆滅

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 20:52:43.84 ID:3gZCEVGFO
ちぇい

91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 21:02:27.49 ID:vbT+Sf0u0
レイ「やめろおおおおおおおお!!」

親衛隊隊長「うぐ!」ゴッ!ドサァッ

ブリタニア兵「おうっ!!」ゴッ!

ブリタニア兵「げあ!!」バタッ

ブリタニア兵「があっ!!」ゴキッ!

スザク「え、なっ、何が……」

親衛隊隊長「ば、バカな……弾が当たらんのか!?」

レイ「うおおっ!!」ズドッ!!

親衛隊隊長「ぐふ……!!」

ルルーシュ「……あいつ、バケモノか……!?だが」

レイ「はあ、はあ……!」

ルルーシュ「隙ができた!皆逃げるぞ!」

C.C.「…………」タタタッ

スザク「あっ、ま、待ってくれルルーシュ!」

レイ「う、うん……!いくよ……!」グッ

永田「れ、レイ……なぜそうまでして俺を」

レイ「誰だって死ぬのはヤでしょ!!」

永田(…………)

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 21:23:06.06 ID:vbT+Sf0u0
レイ「はあっ、はあっ……!」タッタッタッ

永田「レイ……ど、毒ガスはどうなっていた?後ろの箱は……」

レイ「どくがす……わかんないけど、そこのお姉ちゃんが入ってた」

永田「情報はウソだったのか……くそ……」

ルルーシュ「……なんなんだよお前は、なあ!!お前のせいなんだろこの騒ぎは!!」

C.C.「…………」

スザク「ルルーシュ、落ち着いて。今なら君を逃がすことも……」

ルルーシュ「……そうだろうな、ここまで来れば散り散りに逃げることもできる」

ルルーシュ「こんなところで終わるわけには……!」

《終わりたくないのだな、お前は》

ルルーシュ(!?……なんだ……この女か……!?)

レイ「…………!?」


↓3多数決
1.これ……僕は知っている気がする……!(前回と同じ慰撫のギアス(青):常時好感度上昇+2/永遠に暴走しない で確定)
2.これ……前にも感じたことがあるような……(コンマでギアス持ちか判定)

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 21:24:50.93 ID:WBi8K1tY0
強かったし2

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 21:26:48.18 ID:vbT+Sf0u0
↓2
01~50 ……やっぱり気のせいかも。わからない
51~00 そうだ、忘れる訳がない。これは……!

100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 21:28:01.03 ID:0KQawwh40
ギアス

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 21:36:37.38 ID:vbT+Sf0u0
《お前には生きる理由があるらしい。力があれば成し遂げられるか?》

《これは契約。力を与えるかわりに私の願いをひとつだけ叶えてもらう》

レイ(……やっぱり気のせいかも。わからない)

永田「お、おい……何やってるんだ、行かないのか」

《王の力はお前を孤独にする。その覚悟があるのなら……》

ルルーシュ(――――いいだろう。結ぶぞ、その契約!!)

レイ(でも、やっぱり気になるんだ。目が離せない……この女の子から……)

ルルーシュ「…………」

スザク「る、ルルーシュ?」

ルルーシュ「……ああ。いや、考えててな。どうやって逃げるか算段がついた」

スザク「僕と一緒に来てブリタニア軍に保護してもらうべきだ!」

ルルーシュ「駄目だスザク、さっきの奴らの中に一人でもオレの顔を覚えている奴がいれば殺される。そしてそれはお前も同じだぞ!」

スザク「え……!」

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 21:44:33.59 ID:vbT+Sf0u0
ルルーシュ「この子供……レイとかいったか。こいつはさっきの奴らを殺したわけじゃない」

レイ「だ、だって殺すのはいけないんだよ!?」

ルルーシュ「それでオレたちが殺されてもいいのか!?」

レイ「でも……!」

ルルーシュ「この女を見てしまった時点でオレたちをブリタニア軍は生かしておかないんだよ。それほどの秘密なんだよ……!」

C.C.「…………」

スザク「そんな……!」

ルルーシュ「だが……オレは全員助かるかもしれない方法を見つけた。今からそれをしにいく」スタスタ

スザク「どこへ行くんだいルルーシュ!?」

ルルーシュ「待っていろ。すぐ戻る」

C.C.「…………」


↓2
01~50 親衛隊全員死ねギアスで殺した
51~00 親衛隊全員すべて忘れさせた

104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 21:45:28.79 ID:XzpSOKVX0
やあっ

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 21:59:42.62 ID:vbT+Sf0u0
親衛隊隊長「あれ……私は……誰……」

ルルーシュ「…………」キュイイィィン……





ルルーシュ「……全て終わった。これでオレ達が殺されることはない」スタスタ

スザク「な、何をやったんだい……?」

ルルーシュ「とにかく、ここでいったん分かれよう。たぶんもう保護を求めるのはかえって危険だ」

ルルーシュ「それと……この女はブリタニアに渡すな。また命を狙われるかもしれない」

C.C.「…………」

スザク「……わからないけど、ルルーシュなりに逃げる方法を考えたんだね?」

ルルーシュ「うまくやってみせる。心配するな」

ルルーシュ「……そこの少年。レイだっけか」

レイ「ぼ、ぼく?」

ルルーシュ「何者かはわからないが、君には命を助けられた。礼を言う」

スザク「それは……僕からも。ブリタニアを中から変えていく前に死ぬかもしれなかった」

ルルーシュ(スザク、お前にそんな目的が……)

レイ「……うん。さよなら」

ルルーシュ「生きて帰れよ」

レイ「うん!」



永田の好感度が1→6から開始(初期好感度決めが6からに)
ルルーシュの好感度が0→5から開始(初期好感度決めが5からに)
スザクの好感度が0→5から開始(初期好感度決めが5からに)

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 22:03:30.24 ID:vbT+Sf0u0
永田「ぐ……わ、悪いなレイ。重くないか?」

レイ「ぜんぜん」

永田「俺からも礼を言うよ、お前に助けられるとは思わなかった……」

レイ「それより、ぼくどうすれば」

永田「ああ……地下から出ないとな。まだレジスタンスが戦っているはずだ、だが……」

CC「…………」

レイ「ねえ、あのお姉さんどうしよう……」

永田「それは……そうだな……」


↓3多数決
1.連れて行く
2.連れて行かない

108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 22:04:41.18 ID:n8h9cxXaO
1

110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 22:08:59.16 ID:vbT+Sf0u0
永田「連れて行きたい。毒ガスじゃなくても、ブリタニアにとって重要なのは変わらないんだろうからな……」

永田「できるか?」

レイ「できるよ……よいしょっと」グッ

永田(……しかし、明らかに中坊半ばかその前あたりの力じゃないよな……)

ザザザッ……

レイ「ねえ、何か鳴ってるよ」

永田「仲間の通信だ……!」チャッ

カレン『私が囮になるから扇さんはここの人たちを逃がして!捕まるのは私たちだけで……』

扇『わかってる!! だけどこれだけ囲まれていたら!!』

永田「……ヤバそうだ」





ヴィレッタ「……っ!?私は何を……!?」





ルルーシュ「情報を秘匿している以上援軍は呼びづらい。つまり盤上の駒はこれだけ……」

ルルーシュ「とはいえこれだけの包囲網を一人で突破するのは難しい」

ルルーシュ「保護を求めるのはやはりかえって危険だし」

ドォォォン……!

ルルーシュ「……助けられもしたが、オレを巻き込んだ借りを返してもらおうか……」

111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 22:11:34.46 ID:vbT+Sf0u0




レイ「外はどんなふうになってるんだろ……」タッタッタッ

『西口だ!線路を利用して西口方面まで移動しろ』

カレン『誰だ!おまえは!』

永田「聞いたか……!?なんだコイツは」

レイ「え?わ、わかんないよ。何か聞いてみればいいんじゃない?」

永田「あ、ああ……!」

永田『なんだこの声は、扇!どうするんだ』

扇『わからない……だがカレンと合流したいのも事実だ、高架に向かう!』

永田「だそうだ……」

レイ「わかった。行ってみる、そこに行けば助かるよね?」

永田「ああ、助けてくれるはずだ」

レイ(…………この声、なんかさっきの人に似てないかな?)


↓2
01~20 見つかって交戦状態になってしまった
21~00 無事に高架まで辿り着いた

113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 22:14:17.66 ID:mx2zDF8U0
おいすー

115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 22:17:34.50 ID:vbT+Sf0u0
【ゾロ目ボーナス:次回判定時に多少易化】


レイ「ふう……」

扇「永田!レイ!と……そこの女の子は」

永田「……毒ガスのカプセル、と思ってたものに入っていた。重要人物らしい」

扇「情報はウソだったのか……なんにせよよく生きていてくれたな」

永田「レイに助けられた……」

扇「そうか……うちのメンバーをよく助けてくれたな。おーいカレン!」

グラスゴー『え……さっきの通信、扇さんたちにも?』

扇「ああ……吉田たちももうすぐこっちに……?」ザザザザッ……

ルルーシュ『お前がリーダーか?そこに留まっている列車の積み荷をプレゼントしよう……勝つための道具だ』

ルルーシュ『これを使って勝ちたくば、私の指揮下に入れ!』

カレン「はっ……!?」

扇「サザーランド……この列車すべてにか……!?」

杉山「すげえぞこりゃあ……話だけでも聞いてみるか!」

レイ「……?」

ルルーシュ『グラスゴーにいる女!お前はそのままだ、その機体は攪乱に向いている』

ルルーシュ「……意外と疲れる。だがやり遂げねばな……これは命を懸けたゲームなんだからな」

116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 22:40:50.16 ID:vbT+Sf0u0
玉城「オイ、本当に大丈夫か!?IFFも外されてるし、敵の罠とかさあ……」

扇『戦況は全てにおいて向こうが有利なんだ!罠なんて必要ないだろ』

ルルーシュ『P-1、動かせるか?基本は今までのと変わらないはずだ』

扇『君は何者だ?名前だけでも』

ルルーシュ『それはできない。それよりQ-1が予定通りなら23秒後に敵のサザーランドがそこにおそらく2機』

ルルーシュ『壁越しに撃ちまくれ』

扇『……わかった。みんな武器を確認しろ』

レイ「なにこれ?ぼく、どうすれば……」

永田「おい!レイはどうする気だ」

扇「そ、そうか。そうだな……」

永田「……なあレイ、あれに乗ってみろよ。何か思い出すかも」

レイ「う、うん。やってみるけど……」


↓2(すべての可能性あり/ゾロ目ボーナスでLv1削除/前スレLv7だったので範囲拡大)
01~20 扇たちと同じくらいには動かせる(Lv2:民兵レベル級)
21~40 ブリタニア騎士と同じくらいには(Lv3:ブリタニア騎士級)
41~50 かなり動かせる方(Lv4:グラストンナイツ級)
51~55 かなりKMFに習熟している(Lv5:コーネリア級)
56~60 エリア11にこれほど動かせる人間は多くない(Lv6:ジェレミア/藤堂級)
61~90 ブリタニアの円卓に座れるほどの腕(Lv7:ナイトオブラウンズ級)
91~95 なぜこれほど強いのかわからないレベル(Lv8:ビスマルク/星刻級)
96~00 どういうことなの……(Lv9:終盤スザク/カレン級)

118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 22:42:57.61 ID:ofrFoqFpO
そい。

126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:03:26.39 ID:vbT+Sf0u0
操縦Lv7:ナイトオブラウンズ級に決定


レイ(……わかる。なんか、動かせる……)グッ

永田「う、おお……!」

CC「…………!」

レイ「えっと、お話するなら……ここ」カチッ

レイ『ケガしてる人いるんだ。どこかに置いていけないかな』

ルルーシュ(さっきの子供!?動かせるのか!?どこかの騎士候の子供か……?)

ルルーシュ『負傷兵の避難か。許可する、速やかに行え』

レイ『わかった』

ルルーシュ「……スムーズに動かしている。ますます何者なのか……」

ルルーシュ(だが、悪意は感じない……純粋さだけがあって……本来こういう場所にいるべきじゃないが、今は手伝ってもらう)







バトレー「ポイントF3-1に敵影!」

クロヴィス「陽動か?猿知恵だな……」

バトレー「ラズロー隊はそのまま直進!オイゲンとバレリーを向かわせろ、背後から叩く!」

扇「3・2・1……撃て!」ガガガガガガッ!

オイゲン「うわあ!!何!?」ガンガンガンッ!!

バトレー「オイゲン卿バレリー卿、共にロスト!」

クロヴィス「……伏兵か?」

127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:05:18.64 ID:vbT+Sf0u0
ルルーシュ「くくく……識別信号は諸刃の剣。それにテロリスト共が俺の指示に従うのなら」

ルルーシュ「条件はクリアしたも同然……!」

ルルーシュ『P-1、P-4、P-7!100m先へ移動しスラッシュハーケンを3時の方向へ。P-5まだか!』

玉城『変な呼び方すんな!』

クロヴィス「まさか……我が国の機体がテロリストに!?」

バトレー「コードを変更しろ、通信が傍受されているんだ!!」

クロヴィス「なんという失態だ!!」

ロイド『こんにちは!そろそろ特派の嚮導兵器を……』

クロヴィス「今はそれどころではない!」

ルルーシュ『R-2、アンカー発射!B-7、UN弾を。Nグループはそのまま前進……!!』

レイ「撃って、くる……!」

ラズロー『イレヴンどもがあああ!!』


↓2
01~30 Nグループと共に壊滅させた
31~00 一人で壊滅した(好感度変動)

129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:09:09.26 ID:6cpI6ZKUO
良い値こい

131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:18:30.16 ID:vbT+Sf0u0
レイ(こ、殺さないようにやっつける……できるの!?)

レジスタンス『撃て撃てぇ!』ズダダダダダッ!!

レイ「あ……!!」

バトレー「ラズロー隊の反応が消えました……!」

クロヴィス「今だ!クインシィの部隊を上げろ!抜けた穴にはこちらの守備部隊を回せばいい」

ルルーシュ「さて、敵の選択肢は五つ……なんだ。最も愚かな手を打ったな」

ルルーシュ『Q-1、地図は正しいんだな』

カレン『ああ、旧市街は……しかし現物も見ずに……!』

ルルーシュ『充分。ミッションナンバー3、準備はいいな……?』

クロヴィス「エルブスたちも向かわせろ!囲いつつ戦力を集中!テロリストの主要戦力は中心点にいる!」

クロヴィス「……なに!!敵がいない!?」

ルルーシュ「これで……チェックだ」

カレン「いけ!!」バシュッ!

ビキビキビキ……ガシャアアアァァァン!!

サザーランド「「「「「「「「「うわあああああ!!」」」」」」」」」ガラガラガラ

クロヴィス「なっ……!!」

ルルーシュ「ふはははははっ!!やれるじゃないか!!やれる、やれるぞ……ブリタニアを倒すことが!!」

132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:20:10.67 ID:vbT+Sf0u0
クロヴィス(誰だ……私は一体誰と戦っているのだ、こいつまさか藤堂よりも!!)

クロヴィス「ロイド!!」

ロイド「はぁい?」

クロヴィス「勝てるか……お前のオモチャならば」

ロイド「殿下……『ランスロット』とお呼びください」

『Z-01、ランスロット起動します。ハッチ解放。タレットの展開を開始する』

スザク「これが……」

セシル『そう……私たち特別派遣嚮導技術部による試作嚮導兵器ランスロット』

セシル『世界で唯一の第七世代ナイトメアフレームよ』







スザク『ランスロット、MEブースト……!』

セシル『ランスロット、発進!!』

ランスロット「」ギュィイイイィィィィッ!!

133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:21:08.91 ID:vbT+Sf0u0
玉城「あ?なんだありゃ、サザーランドにしちゃ……」ズカァンッ!!

ルルーシュ「っふっふっふ……もう一押しで検問を崩せる」

『こちらBグループ、敵影を確認!』

ルルーシュ「増援か?ふん……実戦は違うな。状況は?」

『全員脱出はしたが、4機が1機相手にあっという間に!新型じゃないのか……うわ!!』

ルルーシュ「おいどうした!なに……実弾をはじく?」

『ああどうすれば……石田!うわああ……』ザザザ……

ルルーシュ(使えないテロリストだな……たかが一機物量で)

スザク「よしやれる……このランスロットなら!」

ルルーシュ(……クイーンの駒を切るべきか)

ルルーシュ「N-4、N-5。足止めしろ、後続部隊が来たら一気に囲め」

ランスロット「」ギュイイィィィン!!

レイ「……なんだよ、あれ……!?」


↓2
01~30 機体スペックが違いすぎて瞬殺される
31~70 中破するがどうにかもたせた
71~90 戦況膠着
91~00 ランスロット小破

135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:22:23.25 ID:lk8o32WUo

137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:29:16.46 ID:vbT+Sf0u0
サザーランド「」ジャキィン!!

レイ「くあ!こっ、白いの……!!」

ランスロット「」ブオンッ!!

サザーランド「」ガァンッ!!ドサァッ!!

レイ「うわあ!!」

レイ「っはぁっ、はぁっ……動かない……!なに、今の……!」

レイ(爆発しちゃう、逃げないと……こうだよね!)ガション!





扇「うわああああ!!」ガシャァン!!

ルルーシュ『P-1、どうした!!く……逃げた先でもか!消耗が速すぎる……!!』

スザク(僕が全てのKMFを止めれば戦いは終わる……!)

ルルーシュ「ん?なっ……!」ガキィン!!

スザク「お前が指揮官だな!?」

ルルーシュ「コイツか、オレの作戦を……たかがパイロットが!!」

138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:31:34.58 ID:vbT+Sf0u0




イレヴン「あんたらがブリタニアに逆らうからこんなことに……!」

玉城「うるせー!逆らう勇気もない奴が!こっちだっていっぱい捕まったりやられたり……!」

カレン「扇さん……あの声の人は?」

扇「わからん。呼びかけにも答えない……やられちまったのかも。永田、毒ガスは」

永田「……あれは毒ガスじゃなかった。入ってたのはそこにいる奴だ」

CC「…………」

扇「そんな……」

玉城「なんだと!?じゃあナオトの情報はなんだったんだよ……くそぉ!!」

ドゴォンッ!!

カレン「!?」

戦車長「こんなところにいたのかイレヴンどもめ……撃ち方よーい……!」

玉城「くそ!!こんな時に毒ガスさえありゃあよ……!!」

カレン「く……お兄ちゃんっ……!!」

↓2
01~33 レイもその場にいた
34~66 天井から奇襲した
67~00 背後からバイクに乗って現れた

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:33:41.15 ID:u1fRJAyjO
はい

142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:40:57.39 ID:vbT+Sf0u0
レイ「やめろぉ!!」スクッ

カレン「レイ!?」

レイ「なんでもかんでも殺そうとして……やめろよ!!そんなの!!」

ブリタニア兵「何だ貴様……ブリタニア人か。こちらへ来い、保護してやる」

レイ「うわあああああああ!!」ダッ

ブリタニア兵「な、何をする!止まれ!」


↓2
01~20 普通に殺された
21~70 負傷し犠牲者は出したが戦車は破壊した
71~90 戦車を破壊した
91~00 全☆滅

144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:42:08.39 ID:zUjgob450

146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/03(日) 23:52:39.42 ID:vbT+Sf0u0
レイ「ッ!」タンタンタンッ!

戦車長「き……貴様!」ダンダンッ!

レイ「っぐ!!う、おおおおおおおおお!!」ビスッ!メキメキメキ……ッ

戦車長「ほ、砲塔が……こいつ、化け物かっ」ゴシャアァッ!!

戦車「」ドゴオオォォォンッ……!

レイ「うぐ……」ゴロゴロゴロ

ブリタニア兵「何いい!?」ドドドドドッ!

イレヴン「ぎゃあっ!」ドサッ

玉城「うおおおおお!!クソがああ!!」ズダダダダダッ!

ブリタニア兵「ひいい!て、撤退しろ!」タッタッタッ

扇「レイ!なんて無茶を……ん!?」

クロヴィス『全軍に告ぐ!直ちに停戦せよ!エリア11総督にして第三皇子クロヴィス・ラ・ブリタニアの名の下に命じる!』

レイ「ていせん……?」

南「今の内だ!逃げよう!」

レイ「…………」

イレヴンたちとブリタニア兵「」

扇「何してるんだ、レイ!ついてこい!」

レイ「死んでる……ぼくがやったから、助けなかったから……」

扇「…………これが戦いなんだよ、レイ。お前のせいじゃない、ほら」グッ

レイ(こんなの、ひどいだけなのに……なんでこんな……)

157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 16:15:33.15 ID:TNZ9UpSy0
――扇グループアジト


永田「……こいつは本当に強いヤツだ。レイ、怪我はいいのか」

レイ「痛いけど、なんとか……」

扇「永田の命が助かったのは君のおかげだな……本当に助かったよ、最近の子供はすごいな」

玉城「んで、毒ガスのカプセルに入ってたこの女はよォ……」

CC「…………」

カレン「……そこまでして隠したかった存在。ブリタニアの皇族か何かなの?」

南「喋らせなきゃわからんだろ。拘束を外すか?」

扇「ああ、やってくれ」

CC「……さすがの私もここまで手荒に扱われたのは久々だぞ」パチン!

レイ「お姉さん、誰?」

CC「私はC.C.だよ。私のことなどどうでもいい、お前は何者だ?」

レイ「え……」

158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 16:18:38.96 ID:TNZ9UpSy0
カレン「C.C.って……イニシャルだけ?」

CC「お前は……違う。私にはわかるんだよ、ここにいるはずがないんだ」

レイ「何言ってるの……」

玉城「質問してえのはこっちだろうがよ、オイ!!ブリタニアの女が……」チャキッ

CC「撃つのか?やってみればいい、どうせ私は死なんよ」

玉城「て、テメェ……!」

扇「やめろ玉城!レイ、彼女が何を言ってるかわかるのか?」

レイ「……ぜんぜん」

CC「こいつと……お前、レイって言うんだな?二人で話をさせろ」

玉城「バカ言え!拘束もしてねえんだぞ、逃げられちまうだろうが!」

永田「……いや。レイ、こいつが逃げようとしたら抑えておけるか?」

レイ「う、うん」

扇「……わかった。レイ、後でできる限り聞いたことを教えてくれ」

玉城「おい!扇も……クソ!」

159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 16:30:27.60 ID:TNZ9UpSy0
レイ「お姉さんは誰なの?」

CC「ん。さっきも言ったろ、私はC.C.……他には何もない。別に偉いヒトってわけでもない」

レイ「そうなんだ」

CC「……レイ、か。名は体を表すって諺があるが」

レイ「ぼくを知ってるの?」

CC「お前は……何も知らないんだな」

レイ「……?」

CC「聞いてもどうしようもないもんな……そうできたんだ、たぶん。だから、記憶がないのはお前のせいじゃない」

レイ「どういうこと……?」

CC「そのうち教える。お前がもっとこの世界で育ってからな」

レイ「ええ……どれくらい?」

CC「……私が見といて、それから決める。だがもう一人気になってる奴がいる」

レイ「好きな人の話?」

CC「いや、違うが……まあそんなところでいいか。さっきの黒髪の奴、いたろ」

レイ「あの意地悪なのか優しいのかわかんない人?変わってるね、あの人好きだなんて」

CC「フフッ……そうだな。変わり者だ」

160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 16:37:43.46 ID:TNZ9UpSy0
レイ「名前知ってるよ。ルルーシュだってさ」

CC「私も知ってる。探しに行くつもりだ、一緒に来るか?」

レイ「え……わかんない。いいのかな」

CC「いいも悪いもあるか。お前のやることはお前が決めろ」

CC「あいつの居場所はまだわからんがな。わかれば私はそのうちここを発つ」

レイ「だって牢屋だよ?抜け出せるの?」

CC「できるとも。私はC.C.だからな」

レイ「ふーん……」

\おーい!何か聞けたか!?/

レイ「あ、呼んでる。じゃあぼく戻るから」ガチャ

CC「…………」


↓2 CCの初期好感度
01~33 ……お前、気づいてないのか?こいつの存在に(好感度5)
34~66 純粋で、真っ白で……そういう風に生み出されて……(好感度6)
67~00 こいつは私が見守っていてやらなきゃいけない(好感度7)

162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 16:39:46.28 ID:rX1R5NnU0
ふみ

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 16:47:49.10 ID:TNZ9UpSy0
CC「……向こうにいるなら真っ先に気づいてもよかったんじゃないのか」

CC「知ってて教えないのか……それともお前、まだ気づいてないのか?こいつの存在に」


CCの好感度は5から開始されます





扇「そうか……たいして重要な人物ってわけでもないのか」

玉城「嘘かも知れねえだろ!」

井上「イニシャルがC.C.の貴族はそれほど多くないけど、どれも彼女とは顔立ちが違うし……うーん」カタカタ

扇「俺にはあまり人質としての価値があるようには思えない……政治犯か何かかも」

玉城「無駄骨だったってのかよ、結局……」


↓2 死ねギアスを使っていないので変動
01~50 クロヴィス殺害
51~00 細い神経なのでいろいろ聞き出しただけで帰った

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 16:50:21.48 ID:aXv7T6cOO

167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 17:26:52.54 ID:TNZ9UpSy0
ルルーシュ「……誰だ、殺したのは!」キュイイィィン!

クロヴィス「……第二皇子シュナイゼルと、第三皇女コーネリア、彼らが知っている……」

ルルーシュ「……あいつらが首謀者か?そこまでは知らないか……」

クロヴィス「……はっ!!本当に私じゃない!!やってない、やらせてもいない!!」

ルルーシュ「わかったよ……」チャッ

クロヴィス「や、やめろ!!腹違いとはいえ実の兄だぞ!!」

ルルーシュ「綺麗ゴトで世界は変えられないから……」

――パァンッ!!


クロヴィスは殺害されました

168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 17:45:25.48 ID:TNZ9UpSy0
レイ「…………」ボーッ

扇「なあレイ……何か思い出せたか?」

レイ「なんにも……」

カレン「……仮に両親がいたとしても、名前もわかんないんじゃね」

永田「記憶が戻るまでの間、ここで預かるってわけにはいかないか?」

扇「永田……」

永田「こいつはめちゃくちゃに強いし、玉城とかより役に立つかもしれないだろ」

井上「言えてる……」

玉城「お前らなあ!」

扇「……顔立ちも日系じゃないし、ゲットーに放りだすのも危ないしな……そうしよう。いいかな?」

カレン「顔立ち……そっか。もしかしたら」

扇「?」

カレン「アッシュフォード学園!あそこユルいし、もしかしたらレイも預かってくれるかも」

永田「……確かに向こうの方が危険はないよな。租界だし」

170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 18:30:49.43 ID:TNZ9UpSy0
扇「とはいえ……顔立ちだけでいけるってもんでもないだろ」

カレン「認めたくないけど、うちの家柄けっこういいとこだし……なんとかしてみます」

カレン(それに、こんな怪しいやついつまでも置いといたらどうなるか分からないですよ)ヒソヒソ

扇「確かにそうだが……まあ、わかった。やってみてくれ」

レイ「?」

井上「学校行けるかもって!よかったね」

レイ「がっこう……」

カレン「んまあ、どうするからレイ次第だけど」

((CC「いいも悪いもあるか。お前のやることはお前が決めろ」))

レイ「……うん。ぼくが決める」

カレン「え?そ、そうね」


自由行動権【1/4】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(初期好感度決め)
3.カレンと話す(初期好感度決め)
4.C.C.と話す(好感度5)
×.生徒会メンバーと話す/未開放

↓3 多数決

172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 18:32:02.77 ID:yW0U+oTXO
うーん3

176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 20:32:53.46 ID:TNZ9UpSy0
(別にそういうわけじゃないんだけどご飯でした)


レイ「あ、鳴ってる……」プルルルル

レイ(こうすれば誰かと話せるんだって言われたけど)ピッ

カレン『もしもし?レイ?端末使えんのね。まあ、レイに言ってもあんまりよくわかんないと思うけど……』

レイ「赤い髪の毛の人?なに?」

カレン『“赤い髪の毛の人”って……カレンよ、私はかーれーん』

レイ「かれん。カレンが名前」

カレン『そ。なんか生徒会に入れられて、校長の娘さんがいて……頼んでみたら、向こうで宿舎に住めるようになったから。明日からそっちね』

レイ「うーん……どうやって行くの?」

カレン『今日中にレイのとこまで行って案内するから』

レイ「わかった」

カレン『……ねえ、あんたさ』

レイ「え?」

カレン『


↓2 カレンの初期好感度(>>59により最低値+1)
01~20 好感度1
21~40 好感度2
41~60 好感度3
61~80 好感度4
81~00 好感度5

178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 20:34:36.34 ID:TgKqVlJQO
へい

179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 20:49:41.42 ID:TNZ9UpSy0
カレン『……あたしらのこと、なんだと思ってる?』

レイ「仲間」

カレン『あたし達が何をしてるかわかってる?』

レイ「……戦ってる。どうしてかはわかんない」

カレン『そう。だから、知り合いであっても仲間とは言わない』

レイ「え……」

カレン『あとは自分で勉強したら。明日から学校だから』

ツーツー……

レイ「……学校に行けば、わかるのかな」


カレンの好感度は2から開始されます

180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 21:13:13.30 ID:TNZ9UpSy0
――アッシュフォード学園


ミレイ「ほお~~……?」ジロジロ

シャーリー「へえ……」

リヴァル「ふんふん……」

カレン「どうですか?」

レイ「どうって……あ、あの、なんですか?」

ミレイ「ちっこいねえ……めんこいねえ!!こりゃ生徒会のマスコット枠で決まり!!」

ルルーシュ「はは……いつもこうだから。レイくんは早めに慣れるといいな」スタスタ

レイ「!」

ルルーシュ「この前の事は話すなよ。生きててよかった、学園を頼ったのはオレも正解だと思う」ボソッ

レイ「は、はい」

レイ(この人、学園の人だったんだ……)

181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 21:24:20.69 ID:TNZ9UpSy0
ミレイ「じゃ、改めまして自己紹介ってことで。私は生徒会長のミレイ」

シャーリー「シャーリーだよ。水泳部と掛け持ちだけどよろしく!」

ニーナ「あの……ニーナ、です」

リヴァル「俺リヴァル。書記ね。わからないことあればなんでも教えてやるよ」

レイ「ミレイ、シャーリー、ニーナ、リヴァル……ルルーシュ、カレン……」

リヴァル「あ、ルルーシュとカレンは知り合いなのね」

レイ「そこの、車椅子の子は」

ミレイ「ルルーシュの妹」

ナナリー「あ……申し遅れました。わたしナナリーです、中等部なので生徒会じゃないんですけど……」

レイ「ナナリー……」

ニーナ「……あれ。じゃあレイくんもどっちかというと準会員って感じじゃあ」

リヴァル「硬いコト気にすんなよ!じゃあ俺の仕事から教えてあげよっかなあ~~っと、こっち来な!」ガシッ

レイ「あ、はい……」

ルルーシュ「あいつ、将来的に自分の仕事肩代わりさせる気だろ……」

シャーリー「いっつもそんな感じでしょ~」

183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 21:36:41.43 ID:TNZ9UpSy0
リヴァル「じゃあさっそくこれやってみてくれ!」ドサッ

レイ「……???」

ルルーシュ「おいリヴァル……記憶喪失だって事情聞いてるか?」

リヴァル「え……そうなの」

ルルーシュ「まず文字が読めるかどうかもわかったもんじゃないだろ。これ、わかるか?」つ数字

レイ「……わ、わかんない。何言ってるかわかんない」

リヴァル「……もしかして、割と重症だったりする?」

ルルーシュ「恐らくかなりな」

ルルーシュ(やはり嘘をついているような素振りはないか。恐らく本物の記憶喪失者……そしてあの力は利用できる……)

ルルーシュ「これは一から教えていかないといけないな……意識の奥底にまだ元の記憶があるのならすぐに覚えられると思う」

ルルーシュ「リハビリと思って根気よくやらないとな。レイ、やってみるか?」

レイ「やる。ぼくが良くなれるならやる」

リヴァル「ルルーシュ……なーんか、やけに面倒見よくね?ナナリーと年が近いからかねぇ」

ルルーシュ「こういうのは年長者の務めだろ。それもあるかもしれないけどな」


↓2
01~33 勉強はダメな方だった(生徒会初期好感度+1から)
34~66 ある程度まではスラスラといった(生徒会初期好感度+2から)
67~00 天才的な覚えっぷりを見せた(生徒会初期好感度+3から)

185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 21:38:08.11 ID:yW0U+oTXO
あい

187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 21:39:23.57 ID:TNZ9UpSy0
【ゾロ目ボーナスでダブルアップ】
↓2
11~33 ある程度まではスラスラといった(生徒会初期好感度+2から)
34~66 天才的な覚えっぷりを見せた(生徒会初期好感度+3から)
67~00 完全記憶レベル(生徒会初期好感度+5から)

188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 21:39:33.94 ID:U4atuzugo
ほい

193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 22:01:28.62 ID:TNZ9UpSy0
(そこは気にしないでくれ)


レイ「……わかる。えっと、スペードのキング」ペラッ

ニーナ「す、すごい……!」

リヴァル「ただいまー……なんだ?もう勉強終わりかよ」

ルルーシュ「リヴァル……事はもうそういうレベルじゃないんだ」

レイ「クラブの6」ペラッ

リヴァル「ただトランプで遊んでるだけじゃねえの?」

シャーリー「そう見えるかもしれないけどね!これね、53枚の切ってあるトランプを全部覚えてるの!!ちょっと見せただけで!!」

リヴァル「マジかよ!!すげえな……超掘り出し物じゃん」

レイ「ダイヤのエース……」ペラッ

ミレイ「しかもこれが7週目。今は321連続正解中……すごい中学生もいるのねえ」

リヴァル「…………!?!?」ギラッ

レイ「あ、あの……何故見てるんです?」

リヴァル「なあ……今度俺と一緒にチェスしに行こうぜ?ルールは教えるからさ」

シャーリー「やめなさいよ!!」


生徒会メンバー(ルルーシュ除く)の好感度が0→5から開始(初期好感度決めが5からに)

196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 22:18:39.99 ID:TNZ9UpSy0
レイ「ふーっ……」ドサッ

レイ(きもちーな……これ、ベッドっていうんだよね……)フカフカ

レイ(ずっとここにいたいな……でも、明日……朝の7時ってときに起きて、勉強しないとだめで……)ウトウト

レイ(……ねむたい)


自由行動権【2/4】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(初期好感度決め)
3.カレンと話す(好感度2)
4.C.C.と話す(好感度5)
5.生徒会メンバーと話す(初期好感度決め)

↓3 多数決

198: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 22:20:24.13 ID:GxMzQHRBo
3

203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 22:38:21.82 ID:TNZ9UpSy0
レイ「ねーカレン」

カレン「……それ宿題?中等部ってそんなに出ないでしょ」

レイ「ぼく特別だからルルーシュがやってみろって言うの。とくたいせい?になればお金が出るからって」

カレン(……昨日の見てると、まあそこまで行けるレベルだし行った方がいいわよね。レイのためにもなるし)

レイ「それでわかんないところがあるんだけど」

カレン「あんためちゃくちゃ覚えがいいんじゃないの」

レイ「どう使うか知らないとわかんないよ……」

カレン「……ったく。見せて、教えたげるから」

レイ「やった!頭がいいってルルーシュが言ってたからさ」

カレン(お前の方が頭いいだろ!)


↓2
01~33 好感度+1
34~66 好感度+2
67~00 好感度+3

205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 22:39:22.75 ID:U4atuzugo
それ

208: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 22:56:46.73 ID:TNZ9UpSy0
レイ「公式はたくさん知ってるんだけど……」

カレン「ものは使いようなのよ。こうすれば当てはめられない?」カキカキ

レイ「あっ!すごい、できる!」

カレン「でしょ。あたしだって本気でやればルルーシュぐらいできるってんのよ」

レイ「……ほんとぉ?」

カレン「……どこでそういう生意気な口覚えた!?」グニッ

レイ「い゛ひゃい゛!」

カレン「リヴァルって人とあんまり付き合わないほうがいいわね。ケーハクそうだし」

レイ「いい人のように思えるけど……」

カレン(……はあ。なんか出来の悪い弟ができた気分)


カレンの好感度2→5に上昇

209: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 23:12:06.39 ID:TNZ9UpSy0
レイ「なんか……楽しいな。学校って」

リヴァル「そりゃあそれだけできれば楽しいよなぁ」

レイ「リヴァルは違うの?」

リヴァル「……そうとは言わねえけどさ」

リヴァル(たまに冗談通じねえからやりづらいよな。しょうがねえけど)


自由行動権【3/4】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(初期好感度決め)
3.カレンと話す(好感度5)
4.C.C.と話す(好感度5)
5.生徒会メンバーと話す(初期好感度決め)

↓3 多数決

211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 23:13:34.42 ID:Wfk9DwCpO
5

213: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 23:38:36.01 ID:TNZ9UpSy0
レイ「よい……しょっと!」グッ

ナナリー「きゃあ!!」

レイ「ケガないですか?」

ナナリー「は、はい。ありがとう、レイくん」

ミレイ「ごめんねナナちゃん。まだスロープになってないとこあったんだ……直すように伝えるから」

シャーリー「今、車椅子ごとナナちゃん持ち上げてなかった……?」

ニーナ「完全記憶にフィジカルエリート……」

リヴァル「完璧っぷりじゃあ、もうルルーシュもうかうかしてられねえな」

ミレイ「えーなんかムキムキになったレイ君見たくない!そのままでいて!」ギュッ

レイ「でももっと強くなりたいって気持ちはあります」

シャーリー「そういう意味じゃないと思うな……」


生徒会5人の好感度決め(>>193にて全員好感度5を保障)
↓1でミレイ,↓2でシャーリー,↓3でリヴァル,↓4でニーナ,↓5でナナリー
01~20 好感度+0
21~40 好感度+1
41~60 好感度+2
61~80 好感度+3
81~00 好感度+4

214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/04(月) 23:39:34.05 ID:rX1R5NnU0
へい

219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 00:01:56.38 ID:nKsta0sj0
ミレイ「……さて、そろそろレイくん来て1週間は経つわけだし、色々話し合おっか」

シャーリー「話し合うって何をですか?」

ミレイ「いやね、記憶喪失だーなんて言うから立場上怪しんでおかないといけないわけ。何か怪しいとこなかった?」

シャーリー「ええ……?何もないですよ。いい子じゃないですか」

ニーナ「私、も……レイくんは、裏とかがある人じゃないかも、って」

リヴァル「というか生徒会長が一応あいつのこと疑ってかかってるなんて思わなかったすよ!」

ミレイ「あんた特に可愛がってるからね」

リヴァル「当然!ようやく先輩風吹かせられそうな奴来たんだから」

シャーリー「動機が不純……」

ミレイ「ナナちゃんは?何かビビっとくるものない?」

ナナリー「特には、ないですけど……強いて言うなら」

ミレイ「なに!?」

ナナリー「お兄様がずっとかまってて、私の方が寂しくなって……妬けちゃいます」

リヴァル(ただのヤキモチかよ!!)


ミレイ/ナナリーの好感度は5、シャーリー/ニーナの好感度は8、リヴァルの好感度は9から開始

223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 15:45:08.86 ID:nKsta0sj0
ルルーシュ「……生徒会っていっても大して仕事はないんだ。リヴァルの奴の手際が悪いだけさ」スタスタ

レイ「それはぼくも感じてます」スタスタ

ルルーシュ「ぷっ!……はは、なんかふてぶてしくなってきたな。ホントはイベントの企画ばっかりさ」

レイ「イベント?」

ルルーシュ「男女逆転祭りとか絶対無言パーティとか、水着で授業とか……」

レイ「…………???男性と女性って入れ替わるものなんですか?」

ルルーシュ「服装だけだよ。会長の趣味でね……そのうち付き合わされるから覚悟しとけよっ」

ナナリー「お兄様大変!」

ルルーシュ「ナナリー?」

TV『クロヴィス殿下殺害の実行犯と思われる男が逮捕されました。名誉ブリタニア人です。枢木スザク一等兵、彼は元イレヴンの――』

ルルーシュ「スザク!?」

レイ「こ、この前の……!?」

224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 15:52:11.76 ID:nKsta0sj0
レイ(あのあと色々教えてもらった……)

レイ(ここは“エリア11”っていうところで、“ブリタニア帝国”のもの。でも昔は“日本”って国だったんだって)

レイ(無理やり戦いを仕掛けられて、殺されて、場所を取られて……)

レイ(だから日本に住んでた人はブリタニア帝国を憎んでて)

レイ(どうして戦うのか、わかった。扇さんたちはそのために)

レイ(……ただ日本人だったからって、この前の人が人を殺すなんて、ぼくには信じられない……)ボフッ


自由行動権【4/4】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(初期好感度決め)
3.カレンと話す(好感度5)
4.C.C.と話す(好感度5)
5.ルルーシュと話す
6.生徒会メンバーと話す(ミレイ/ナナリー好感度5、シャーリー/ニーナ好感度8、リヴァル好感度9)

↓3 多数決

226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 16:03:30.31 ID:ysDgvfLFO
5

227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 16:18:24.91 ID:nKsta0sj0
レイ「ルルーシュ!!」

ルルーシュ「……なんとなく来るとは思ってたよ」

レイ「知り合いなんでしょ、スザクと。誰かを殺すような人だったと思う!?」

ルルーシュ「思わないさ!あいつはいい奴だった。ずっと友達だったんだ……」

ルルーシュ「誰かが利用したに決まってる……」

レイ「何か……何かできないの?ぼくもルルーシュも」

ルルーシュ「……オレはともかくなぜレイまで」

レイ「知り合いだもん!殺されるってわかってて、ほっとけるわけないだろ!!」

ルルーシュ「お前……」


↓2 ルルーシュの初期好感度(>>105により最低値+5)
01~20 好感度1
21~40 好感度2
41~60 好感度3
61~80 好感度4
81~00 好感度5

229: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 16:21:53.67 ID:ZLVwYzdVO
どうかな

231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 16:54:13.38 ID:nKsta0sj0
ルルーシュ(オレが……オレは思っていた。本当はこいつを消すべきだったはずだ)

ルルーシュ(オレにはそうできる力がある。でも……そうできない)

ルルーシュ(それが何故だかわかった気がする……ナナリーに似ているんだ。この純真さが、オレの一番大事な者に……)

ルルーシュ(歳が近いとかそういう問題じゃない。穢れのないこの心が……)

ルルーシュ「……一つだけ、オレの考えた方法がある」

レイ「スザクを助けられるの!?」

ルルーシュ「ああ……必ず。だがな……」


↓2(好感度9)
01~10 『誰にもこの正体を明かすな』とギアスをかけられる
11~00 ルルーシュは甘かった

233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 17:01:43.41 ID:qcytlUrj0
へい

235: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 17:16:21.82 ID:nKsta0sj0
ルルーシュ(……違う。オレの目的はブリタニアをぶっ潰し、ナナリーが安心できる世界を作ること……!)

ルルーシュ(その為ならこいつなど道具にだってできるはずだ、そうじゃないのか!)

ルルーシュ「……それにはお前の力もいると思う」

レイ「やる!助けられるならなんでもする!!」

ルルーシュ(…………)

ルルーシュ「……わかった。今から言うことを全部秘密にできるか」

レイ「スザクが助かるなら……!」

ルルーシュ「……あいつを助けるにはどうすればいいか。簡単だ、真犯人を別に仕立て上げればいい」

レイ「それって、誰のことを犯人にするの?ぼく?」

ルルーシュ「違う。これだ」スッ

レイ「……お面?」

ルルーシュ「そう、仮面だ。助け出すのが正体不明の人間であれば、オレ達がやったことともわからない」

ルルーシュ「今からオレ達は『ゼロ』だ」

237: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 17:37:49.13 ID:nKsta0sj0
――シンジュクゲットー


ゼロ「そうか。お前たちだけか」

扇「すまない!ちゃんと話せば他の皆も」

ゼロ「いや。二人もいれば十分だ」

カレン「なっ、バカ言うな!!相手が何人いると思ってるんだ!!」

ゼロ「お前たちが協力してくれるなら条件はクリアしたも同然だ。明日までにこれを作れ、外側だけそう見えればいい」ピラッ

ゼロ「それと最後の段取りには……この男を使わせろ」スッ

カレン「それは……!!っお前、なぜレイのことを知っている!?」

ゼロ「私は彼がどれほど君たちより有能か知っている。どんな経歴があって、どのような人間かも……だから選ぶのだ」

カレン「え……!?」

ゼロ「ここにいるのは知っている。ではよろしく頼む」スッ

扇「……彼は、レイのことを知っているのか……!?」

239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 17:52:44.43 ID:nKsta0sj0




ゼロ「いいのか?公表するぞ、オレンジを」

ジェレミア「ん?……何のことだ、何を言っている!」

ゼロ「私が死んだら公開されることになっている。そうされたくなければ……」

ゼロ「私たちを全力で見逃せ。そっちの男もだ!!」キュイイィィン!!

ジェレミア「……ふん。わかった、その男をくれてやれ」

ヴィレッタ「ジェレミア卿!何を!?」

スザク「……ゼロ、君は一体……うぐ!」バヂッ!

ゼロ「やはり声を上げることはできないか……」

カレン「ゼロ。そろそろ時間だ」

ゼロ「では話は後だ」カチッ……プシューッ!!

ヴィレッタ『卑怯なイレヴンめ!!ぐっ……ジェレミア卿、どうして!!』

ジェレミア『言ったはずだ、手を出すなと!!』

レイ(……ここまでは計画通り。あとは、ぼくがうまくいかせるだけ……)グッ

240: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 18:00:37.61 ID:nKsta0sj0
(前回操縦技術が上がるの早すぎたんでLv7からは経験値5個で上がるようにします)


ゼロ「っ」バッ!

キューエル「飛び降りた!?やはり仲間が」

レイ「今!」カチッ

MR-1「」バシュゥッ!

ゼロ(シミュレーション通り……!やはりあいつは普通とは違う)ボフッ

カレン(これ、レイがやってるなんて……!)

キューエル「貴様!」カチッ

レイ「ん!?」


↓2(レイ:KMF操縦技術Lv7)
01~65 普通に原作通り撃たれて脱出
66~00 一発反撃かまして逃げた(経験値+【1/5】)

242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 18:01:40.65 ID:RdKqP5KEO

244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 18:14:39.64 ID:nKsta0sj0
サザーランド「」ズダダダダダッ

レイ「うわ!」

レイ(慌てるな、やられて当然なんだ。脱っ……出!)ガション!ゴオオッ!

MR-1「」バラバラ

キューエル「愚か者め!警備網のど真ん中で」

ジェレミア『キューエル卿!!私の命令が聞こえないのか!!これ以上は処罰の対象となる』

ジェレミア『いいか、全部隊に徹底させろ!!全力を挙げて奴らを見逃すのだ!!』





ゼロ「交渉事にブラフはつきものだ。結果的には誰も死んでいない」

スザク「結果?……そうか、そういう考えで……」

ゼロ「私の所へ来い。ブリタニアはお前が仕える価値のない国だ」

スザク「そうかもしれない……でも、だからこそ価値のある国に変えるんだ。ブリタニアの中から」

スザク「間違った方法で得た結果に、価値はないと思うから」

245: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 18:21:08.81 ID:nKsta0sj0
ゼロ「どこへ行く!」

スザク「あと1時間で軍事法廷が始まる。僕が行かないと、イレヴンや名誉ブリタニア人に対して弾圧が始まる……」

ゼロ「あの法廷はお前を犯人にするために仕組まれている!お前は死ぬぞ!」

スザク「構わない」

ゼロ「……馬鹿だお前は!」

スザク「昔、友達にもよく言われたよ。この馬鹿ってね……どうせ殺されるなら、僕はみんなのために死にたい」

スザク「でも……ありがとう。助けてくれて」スタスタ

ゼロ(……この、バカがっ!!)


↓3多数決
1.気絶させてでもレイに止めさせる
2.そのまま見逃す

246: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 18:22:11.18 ID:5BSYS0qD0
1

250: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 18:32:44.69 ID:nKsta0sj0
ゼロ「……奴を止めろ!!」

レイ「うおおおおおおおおおおおっ!!」ガシィッ!

スザク「なっ、うわ!!」ゴロゴロゴロ

レイ「せっかく……せっかく助かったのに!!どうして自分で死のうとするんだよ!!」ハァハァ

スザク「君は……まさか、ゼロの協力者なのか!?」

レイ「あの時もそうだ!!どうしてちゃんと助かれないんだ!!」

レイ「ちょっとぐらいルルーシュに申し訳ないって思わないのか!!」

ゼロ(なっ、馬鹿!)

スザク「思うさ。確かにあの時、シンジュクでルルーシュに、そして君に助けてもらった……けど……」

スザク「今僕が行かなくてはもっと大勢の人間が死ぬかもしれないんだ!どいてくれ!」

レイ「ふざけるなああああ!!」


↓2(レイ:白兵Lv5)
01~20 スザクにしばき倒された(逃走)
21~80 互角に戦った(逃走)
81~00 ボコボコにしてふん縛った

252: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 18:34:36.85 ID:i7CUZbbKO
ふむ

260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 19:33:30.17 ID:nKsta0sj0
レイ「うおお!」ブンッ!

スザク「くっ!」ガシッ!ズキッ……

スザク(くそ……傷が痛んで……)

レイ「さっきわかった……!ブリタニアを変えるなんて、お前にできるわけない!!」ギリギリギリ

スザク「なんだと!?」

レイ「自分のことすら大事にできないくせに!!変われないくせにッ、何かを変えられるなんて思うのか!!」

スザク「そ、それは……ぐあ!!」ドムッ!!

レイ「無責任だって思わないのか!!口だけばっかでそんなふうに死にたがって!!」

スザク「ちっ……違う!!俺はっ、う゛っ」ゴシャアッ!!

レイ「……何が違うんだよ……!!」

スザク「」ドサッ……

ゼロ「……よくやった。スザクを縛っておけ」

レイ「どうして……」

ゼロ「…………」

レイ「こんな風に死にたがる人だって、わかってたの……?」

ゼロ「……スザクは変わってしまっている。オレにもわからない……」


ルルーシュの好感度は9から開始
スザクは拘束されました(ランスロット出撃不可/スザクとの選択肢追加)

265: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 20:30:19.69 ID:nKsta0sj0
レイ「えっ!逃げちゃったの!?」

カレン『うん。あいつ、どうやったか知らないけど隙を見て消えたみたいで……』

レイ「C.C.さんが……わかった」

レイ「……スザクのこと、どうしたの?」

ゼロ「オレの持っているトレーラーの中にひとまず監禁している」

ゼロ「軍事法廷の結果が出るまで奴を返すわけにはいかない……なぜ奴は……」

レイ「何でもいいけど、命を軽く見るのは間違ってる。それだけは絶対違う」

レイ「……殺されるかもしれないってとき、ぼく思ったんだ。辛いし怖いし、何が何でも生きたいって」

レイ「すごくヤな気持ちで……だから他の人もそういう思いをするのはよくないって……」

ゼロ「……そう、だろうな」


自由行動権【1/1】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(初期好感度決め)
3.カレンと話す(好感度5)
4.スザクと話す(初期好感度決め)
5.ルルーシュと話す(好感度9)
6.生徒会メンバーと話す(ミレイ/ナナリー好感度5、シャーリー/ニーナ好感度8、リヴァル好感度9)

↓3 多数決

267: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 20:31:16.98 ID:L1WVouRvO
4でゲットー行けるか?

271: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 20:52:50.66 ID:nKsta0sj0
――シンジュクゲットー トレーラー内部


レイ「ごはん持ってきたよ」カンカン

スザク「…………」

レイ「食べないと誰のためにもならずに死んじゃうよ」コト

スザク「……そんなに僕をコケにしたいのかい?」

レイ「無駄死にしようとしたんだもん。されて当たり前じゃんか」

スザク「君はいったいゼロとどういう関係にあるんだ……なぜ彼に協力する」

レイ「スザクを助けようって言ったんだ。だから仲間」

レイ「というか、ぼくがなんでコケにしてるかわかる?ぼくが怒ってるの、わかる?」

スザク「……君に怒られる筋合いはないよ」

レイ「あるんだよっ!!」ダンッ!!

レイ「ぼくはね……アッシュフォード学園にいて、ルルーシュがたくさん勉強教えてくれて……!!」

スザク「え……ルルーシュの、友達……?」


↓2 スザクの初期好感度(>>105により最低値+5)
01~20 好感度+1
21~40 好感度+2
41~60 好感度+3
61~80 好感度+4
81~00 好感度+5

273: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 20:54:05.40 ID:gI+jRXIK0

275: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:10:50.50 ID:nKsta0sj0
レイ「ルルーシュは……お前の事を本気で心配してるんだ、生きててほしいって思ってるんだ……」

レイ「だからぼくもああやって戦ったんだ」

スザク「……でも、それは間違ってるよ。テロリストなんかになって」

レイ「それがこんな奴だなんて思わなかったんだ!!何かと理由をつけてめんどくさがりで死のうとして!!」

スザク「面倒くさがり、だって……!?」

レイ「お前は最低だ!!聞こえのいいことばっかり並べて、大事な命をもっともらしく捨てようとする!!」

レイ「死んだら終わりだってわかってるから!!自分が死ねればいいんだ、ほんとは残された人がどうなるかなんか考えもしてないんだ!!」

スザク「ふっ……ふざけるな!!お前なんかに俺の何がわかる!?俺はあのとき……っ、何も知らないくせに!!」ガタッ

レイ「知るもんか!!お前なんか生き物に生まれてくるべきじゃなかったんだ!!」

スザク「きっさまあああああああああ!!」グググッ……!


↓2
01~50 さすがに手錠はちぎれなかった
51~00 手錠ちぎって殴りかかってきた

277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:12:03.30 ID:SDWWvsTb0

283: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:24:41.51 ID:nKsta0sj0
ドガァン!!

レイ「うわ!」グラグラ

スザク「っ……爆発……?」

レイ「くそ……そこにいてよ!?出ていくなよ!?」カンカンカン!

スザク「……手錠があっちゃ出れないさ。くそっ」





ジェレミア「卑怯な、キューエル……ゼロ発見とは偽りか!」

キューエル「コーネリア殿下がご着任あそばす前に身内の恥はすすがねばならん。これが粛清だ!」





レイ「爆煙だ……戦ってる。でもこの前ほどって感じじゃない、なんなんだ……」


↓3多数決
1.見に行ってみる
2.こっちまで来なさそうだしほっとく

285: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:26:28.09 ID:LVh/uVOSO
レイ君だし1

287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:32:19.24 ID:nKsta0sj0
レイ「……こっちまで来たら大変だ。行って様子見しないと」タッタッタッ





レイ(見つからないように……!)コソッ

ジェレミア『本気なのかキューエル……本気で私を!』

キューエル『黙れオレンジ!我らはなんのために存在している?皇室のためであろう!』

レイ(ブリタニア同士の戦い……なんで?)

『『『『オールハイルブリタニアー!!』』』』ギュイイィィィン!!


↓2
01~30 オレンジくん死亡
31~80 ヴィレッタが介入して膠着
81~00 真の騎士ジェレミア覚醒(KMF操縦技術Lv7に)

289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:32:59.70 ID:L1WVouRvO

291: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:42:06.75 ID:nKsta0sj0
サザーランド「」ガキィン!!

ヴィレッタ『ジェレミア卿!』

ジェレミア『ヴィレッタか……!?』

キューエル『ヴィレッタ……邪魔をするな!この男がなにをしたかわかっているのか』

ヴィレッタ『性急すぎます!ジェレミア卿は我々純血派のリーダーであることをお忘れですか』

キューエル『コーネリア殿下のご着任まで猶予はない!!邪魔をするというのなら……』

キューエル『貴様も!!』

ヴィレッタ『く……!!』

レイ(こんなくだらないことで殺し合いなんて……!)

???「はぁ、はぁ……!」タッタッタッ

レイ「え……だっ、駄目でしょお!!」


↓2
01~10 オレンジくん死亡
11~20 ヴィレッタ死亡
21~90 戦闘膠着(戦闘終了)
91~00 ジェレミア卿覚醒(KMF操縦技術Lv7に)

↓3多数決
1.入ってきた誰かを助けに行く
2.そのまま静観する

293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:43:19.00 ID:XtOB09DG0
1

294: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:43:26.96 ID:SDWWvsTb0

303: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:59:08.29 ID:nKsta0sj0
【スーパークリティカル】
ジェレミア卿覚醒確定(KMF操縦技術Lv6→7)

↓5多数決
1.限界突破で白兵レベル6(ナナナゼロよりちょっとだけ弱いぐらい)
2.なんか量子シフトしてきた

304: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 21:59:37.19 ID:L1WVouRvO
2

311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 22:21:23.92 ID:nKsta0sj0
キューエル『……皆下がれ』

ヴィレッタ『キューエル卿!わかってくれましたか……』

キューエル『ケイオス爆雷を使う』ガション……

???「おやめなさああああああああああああい!!」

ジェレミア「なっ……!!」

レイ(くそ!!届かない……やめろ、撃つなよ、やめてくれ!!)ダダダダダッ!!

レイ(もっと……もっと力があれば、この手が届けば……!!あの子を助けられるんだ!!)

サザーランド「」ブンッ!!

???「あ……!?」

レイ(ぼくの……おれの手足――――身体……もう一つの……!!)

バヂヂヂヂヂヂヂヂッ!!

キューエル『……なんだ、このKMF……どこから現れた!?』

謎のKMF「」バヂッ……シュウウゥゥゥ……

312: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 22:33:43.31 ID:nKsta0sj0
レイ(……なんだこれ……!?いや今はっ)

レイ「さ、下がって!危ない!!」グッ

???「あっ……!?」

ジェレミア(あれは……やはりユーフェミア皇女殿下!!)

キューエル『無傷だと……ならばもう一つでオレンジだけでも!』

サザーランド「」ガション……

ジェレミア『なっ……何をするかああああああああ!!』ガコンッ!!

サザーランド「」ガッシィッ!!ズドォンッ!!

ヴィレッタ『ケイオス爆雷を……握り潰した?ジェレミア卿は身を挺して!』

???「あ、ありがとうございます。けど行かねばなりません!」

レイ「えっ、ま、待って!!」

ジェレミア『キューエル……貴様!!純血派として名乗るなら、知らないと見えなかったとも言わせんぞ!!』

キューエル『な、何の話だ……!』

???「双方とも!剣を収めなさい!我が名において命じさせていただきます」

キューエル「ま……まさか!?」

ユーフェミア「わたくしはブリタニア第三皇女、ユーフェミア・リ・ブリタニアです!」

レイ「えっ……え゛え゛!?」

316: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 22:52:59.67 ID:nKsta0sj0
ユーフェミア「この場はわたくしが預かります。剣を収めなさい!!」

ジェレミア「やはり……皇女殿下……」

キューエル『まっ……誠に……誠に申し訳ございませんッ!!』

レイ「こっ、皇女殿下さん?様だっけ?えっと、その、お怪我はありませんかっ」

ユーフェミア「……ありがとうございます。どこの誰かは存じませんが、身を挺して私を守ってくださいましたね」

レイ「え?そ、そうだね……そうですねっ」

ヴィレッタ「あのブリタニア人の子供、皇女殿下を守ったのか……!」

ユーフェミア「サザーランドじゃないKMFもあなたのものですね?」

レイ「……あ、あれ?」キョロキョロ

ヴィレッタ(そういえば、あのKMF……いったい何処へ?)

ユーフェミア「違うのでしたら、その方にもお礼をしなければなりませんね……純血派の方々!!政庁へお戻りなさい!!」

キューエル「こ、皇女殿下も共に!!」

ユーフェミア「……ええ、そうしましょう。あなたも来てください」

レイ「ぼくぅ!?」

ユーフェミア「お礼をしなければなりませんからね」

318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 23:15:21.29 ID:nKsta0sj0
――エリア11政庁


レイ「…………」ソワソワ

レイ(な、なんだよここ~~……?こんなすごいところ見たことないよ……)

レイ(もしかしたらあるのかもしれないけどさ……)ガチャッ

レイ「うおあ!!」ビックゥ!!

ギルフォード「?……姫様。こちらです」スタスタ

コーネリア「まだ総督就任前だからいいようなものを……姫様は直しておけよ」コッコッ

ギルフォード「はっ……失礼いたしました」

コーネリア「君がユフィを……ユーフェミアを助けたという少年か。レイと言ったな」

レイ「は、はい……そうです」

コーネリア「彼女は私の妹だ……君に大きな恩ができたな。ありがとう」

レイ(そうだったんだ……髪色とか似てるけど、あの人も将来このお姉さんみたいになるのかな)

コーネリア「礼についてなんだが……君のことを少し調べさせてもらったんだ」ペラッ

レイ「えっ」

コーネリア「つい最近アッシュフォード学園に入学……記憶喪失ということで身寄りも身分も不明だが」

コーネリア「学園の歴史でもそう見ないほどの、文武両道の天才児としてちょっとした話題になっている。そうだな?」

レイ「は、はあ……」

322: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 23:26:14.57 ID:nKsta0sj0
コーネリア「単刀直入にだ。ブリタニアと貴族制度に忠誠を誓い……」

コーネリア「この私の下で、騎士としてその腕を磨く気はないだろうか」

レイ「ぼく!?ぼくが、騎士……!?」

コーネリア「弱冠15歳にしてナイトオブラウンズまで上り詰めた者もいる、珍しくはない」

コーネリア「君はブリタニアのようだし文句は出まい。貴族の位が身寄りにいないことは多少の障害になるかもしれんが」

コーネリア「実力があればそのような罵詈雑言など蹴散らせる。我が敬愛するあの方もそうだった……」

レイ(…………?)

コーネリア「どうかな?悪い話ではないだろう?」


↓5多数決
1.謹んでお受けいたします(ブリタニア騎士も並行ルート)
2.……考えさせて、ください。いきなりすぎて

324: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 23:28:21.72 ID:tMQ1E8gAO
1
二重生活楽しそう

331: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/05(火) 23:37:46.59 ID:nKsta0sj0
レイ「…………」

レイ(スザクとおんなじことを考えてるわけじゃないけど……)

レイ(騎士になれば、ブリタニアを変えられる。戦いをやめさせることができる……)

レイ(誰も殺さなくていいようにできる!)

コーネリア「……やはり難しいか?」

レイ「いえッ!」

レイ「……やらせてください、いや……謹んでお受けいたします!!」バッ

ギルフォード「!」

コーネリア「……記憶喪失にしては、出来のいい子だ。しかしまだ教えられてなかったかな?次からはこう言うんだ、ギルフォード」

レイ「……?」

ギルフォード「はっ。……~~」ヒソヒソ

レイ「!」

レイ「――イエス!ユア・ハイネス!」


1期の展開がブリタニア騎士との平行ルートに変化しました

339: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:01:23.31 ID:NyNsEF9b0
ギルフォード「……純血派の諸君、これ以上の申し開きはあるか」

ジェレミア「…………」

ヴィレッタ「…………」

キューエル(ジェレミア……お前は確かに純血派の本懐を果たした、しかしオレンジの一件は許されざる背任だ!!)

キューエル(貴様さえいなくなっていればこうなる前に全ては解決していたというのに……!)

ギルフォード「では処分を言い渡す。謀反の疑いに関しては疑いを取り下げた、ユーフェミア様を救ったという事実がある故な」

ギルフォード「しかし君たち純血派がゼロを逃した事実もある。それらを考慮し此度の一連の流れ、ジェレミア卿一人の降格で済ませる」

キューエル(なに……!?)

ジェレミア「あっ……ありがたき幸せにございます!!」ガバッ

ギルフォード「重要なのはここからだ。入ってこい」

レイ「えっ……と、イエス、マイロード」コツコツ

ヴィレッタ「お前は……」

ギルフォード「君たち純血派にこの新しい騎士を預ける。名前はレイ」

ジェレミア(あの時……ユーフェミア様を救った勇気ある少年か!)

ギルフォード「彼をブリタニア騎士に相応しい人間へと育て上げることが今回の処置の条件である。以上だ」スタスタ

340: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:15:22.95 ID:NyNsEF9b0
レイ「……あの、えっと」

ヴィレッタ「…………」

キューエル「…………」

レイ「お邪魔、でしたか」

ジェレミア「とんでもない!!」ガシッ

レイ「う゛お゛っ!!?」

ジェレミア「私は君を見ていた!君の行いはユーフェミア様だけでなくこの私も救ってくれた!」

ジェレミア「そのうえ君を部下にできるなどと……なんという寛大な処置だろうか!!君を必ず騎士にしてみせる!!」ブンブン

レイ「は、はい……???」

ジェレミア「私はジェレミア・ゴットバルト。純血派のリーダーを務めている」

キューエル「馬鹿を言うな!!このようなことがあっては純血派は失脚だ……!!」

レイ「!」ビクッ

ジェレミア「……そういうこともある、か」

キューエル「……キューエル・ソレイシィ。声を荒げたのは悪いと思っている」

ヴィレッタ「ヴィレッタ・ヌゥだ……よろしく頼む」

レイ(……なんかピリピリしてる、歓迎されてないんじゃ……)


純血派3人の好感度決め(ジェレミアのみ好感度3を保障)
↓1でジェレミア,↓2でキューエル,↓3でヴィレッタ
01~20 好感度+0
21~40 好感度+1
41~60 好感度+2
61~80 好感度+3
81~00 好感度+4

341: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:19:02.47 ID:gk4rcGY/O
こうなるとオレンジ覚醒してよかったな

342: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:22:14.03 ID:e8f24ru1O
ゼロとレイが仲間なのをスザク以外知らない
ゼロの正体をレイ以外は知らない
からゼロとしては動けるだろうが行動内容次第ではゼロvsレイの可能性が…

343: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:23:19.44 ID:BNvEcj0S0
ほい

344: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:25:05.97 ID:NyNsEF9b0
【ゾロ目ボーナス:ヴィレッタのみダブルアップ】

↓2
01~10 好感度+2
11~40 好感度+3
41~60 好感度+4
61~80 好感度+5
81~00 好感度+6

348: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:27:59.66 ID:+HPMMG67o

350: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:34:26.94 ID:NyNsEF9b0
【ゾロ目ボーナス:連チャン】

↓2
01~10 好感度+5
11~40 好感度+6
41~60 好感度+7
61~80 好感度+8
81~00 好感度+9

352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:34:48.60 ID:PNwIVyYAO
はい

358: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:47:59.20 ID:NyNsEF9b0
キューエル(まだ子供……こいつさえいなければ私が責を被ることもなかったはずだというのに……)イライラ

レイ「…………ああああ!!」ハッ!

ジェレミア「ど、どうした?」

レイ「ぼっ、ぼく大事な人待たせてるの忘れちゃってた!!」

レイ(様子見ろって言われてたのに!!スザクほっといたらどうなるかわかんないよ!!)

ジェレミア「そ、そうか……ひとまず今日は学園に帰りたまえ。本格的な訓練は明日からになるだろうしな」

レイ「はっ、はい!ありがとうございます!!」ドタバタ

ジェレミア「ふぅ……まだ子供だな。あれでは」

ヴィレッタ「その通りですね……」

ヴィレッタ「でも、悪くないとは思います。志がありそうだし、身体つきもこれからのこと」

ジェレミア「……何か通じるものがあると見たが」

ヴィレッタ「……ええ、まあ」

ヴィレッタ(私と同じ……低い身分で騎士を志す者。彼も貴族を目指すのだろうか)


キューエルの好感度は0、ジェレミアの好感度は5、ヴィレッタの好感度は7から開始されます

360: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:55:46.04 ID:NyNsEF9b0
レイ「え!?スザク逃がしちゃったの!?」

ルルーシュ「軍事法廷で無罪が言い渡された。これならもうあいつに危険は及ばない」

ルルーシュ「これが狙いだったんでな。逆に言えば無罪判決が出るまで拘留しておくつもりだった」

レイ「……なんか一言でもお礼言ってた?」

ルルーシュ「……馬鹿だからな」

レイ「ふん……いいよ、じゃあぼくが見つけたらまた文句言ってやる」

ルルーシュ「……オレのことを思うのはわかるが、あいつにあまりキツい言葉をかけるな。ずいぶん参っていた」

????「ニャーン……」


自由行動権【1/1】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(初期好感度決め)
3.カレンと話す(好感度5)
4.ルルーシュと話す(好感度9)
5.生徒会メンバーと話す(ミレイ/ナナリー好感度5、シャーリー/ニーナ好感度8、リヴァル好感度9)
6.純血派と話す(ジェレミア好感度5、ヴィレッタ好感度7、キューエル好感度0)

↓3 多数決

361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 11:56:27.91 ID:mEBMQnx00
6

368: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 12:12:17.10 ID:NyNsEF9b0
ピンポーン!

レイ「えーっと……最近随分来ますね」

ピザ屋「なんか趣味みたいですねぇ」

レイ(ルルーシュ、体重増量計画でも始めたのかな……ん、ん゛!?)ガチャッ

CC「お前、こっちにいたのか」

レイ「C.C.!!?な゛、なんでぇ!?」

CC「まぁ上がってから話そうか。ルルーシュに用事だろ?」スタスタ

レイ「は、はあ……」

CC「ただいま。仮面の隠し場所か?」プシュゥー

ルルーシュ「……おいC.C.!!お前っ、レイにまで接触していいとは――」

レイ「あ、大丈夫。話したことあるから」

ルルーシュ「は、はあ……?」

CC「そういうことだ。問題ない」スタスタ

ルルーシュ「……どういうことだレイ」

レイ「レジスタンスで捕まえてたからその時話した」

ルルーシュ「…………わかったが、秘密にしておけ。この仮面の隠し場所も」

レイ「ぼく口は堅いよ」

ルルーシュ「知ってるよ……ったく」

371: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 12:24:13.02 ID:NyNsEF9b0
レイ「じゃ、C.C.もぼくみたいに学園に住んでるんだ?」

CC「そんなところだ」

レイ「へー……頭いいの?ルルーシュは忙しいから手伝ってよ」バサッ

ルルーシュ「そうだ働け魔女。こいつは頭がいいぞ」

CC「……雑に人を使おうとするな。わかったよ、歴史なら付き合ってやっていいぞ」モグモグ

レイ「いや食べ終わってからにして!汚い!!ノートにつくんだけど!!」

CC「む……」コンコン

ナナリー「お兄様。お茶を入れたんですけど……あら?この匂い、またピザ?」

レイ「ナナリーちゃん」

ルルーシュ「……ポイント貯めてるんだ。すぐ下に行くから」

ナナリー「お兄様?最近ぷにぷにーってなってません?二の腕とか♪」

ルルーシュ「……絶対に触るなよ」コツコツ

ナナリー「まあ怖い♪レイくんも一緒にどうですか?」

レイ「ぼくぅ……?うーん」


↓3多数決
1.せっかく誘われたし行くよ
2.C.C.と勉強なんだ

372: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 12:24:46.02 ID:pyJS3p480
1

377: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 12:37:28.66 ID:NyNsEF9b0
レイ「……せっかくのお誘いだしね。行くよ、ちょっと待って」ガタッ

CC「なんだ……興が乗ってきたのに」

レイ「ごめんね、そっちはまた今度」

プシューッ……

CC「……子供は勝手だな」モグモグ

????「ニ゛ャ゛ッ!」ゴトンッ

CC「……?」





ナナリー「……同じ中等部ですからよく面倒を見てもらってて」

ルルーシュ「そうか……なんか助かっちゃってるな。同じ年頃の友達ができて」

レイ「もっとたくさん助けてもらってるからね……恩返しにはまだまだ足らないよ」ズズズ

ナナリー「私も見習わないとダメですね♪」

ルルーシュ「はは……かもな」


↓1 50以上でルルーシュ好感度10
↓2 75以上でナナリー好感度5+2=7、それ以外なら5+1=6

378: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 12:38:29.99 ID:b82jaSZNO

379: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 12:42:54.47 ID:hp3A/1AwO
ルルーシュ、レイ君大好き過ぎるやろ

383: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 12:47:30.78 ID:NyNsEF9b0
【クリティカル】
ルルーシュ好感度10確定

↓5多数決
1.ナナリーの好感度さらに+3
2.騎士になることを認めさせる

385: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 12:49:00.99 ID:b82jaSZNO
2
ルート的にうまあじ

389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 12:59:37.84 ID:NyNsEF9b0
レイ「…………」コト

ナナリー「ど、どうされましたか?急に黙ってしまって……」

レイ「……ぼく、言わなきゃいけないことがあるんだ。どうせ黙ってたっていつかわかるから」

ルルーシュ「なんだよ、改まって」

レイ「ぼく、騎士になるんだ。ブリタニアの騎士に」

ナナリー「え……!?」

ルルーシュ「なっ……馬鹿な!!冗談でも言っていいことと悪いことが」

レイ「近々騎士章ももらうんだ。昨日、ぼくはユーフェミアっていう人が死にそうになってるのを見つけて……それで助けて」

ナナリー「ユフィ……!?」

ルルーシュ(ユフィだと‥・…!?)

レイ「コーネリア様っていうユーフェミア様のお姉さんがいて、騎士になれって言われて……ぼくはなるって言った」

ルルーシュ「なっ……何故そんなこと一人で決めた!!ふざけるな!!」ガッ!

レイ「ここでわかったんだ!……この学校で学んだんだ、ルルーシュにも教えてもらったんだ」

ルルーシュ「なに……!?」

390: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 13:14:16.38 ID:NyNsEF9b0
レイ「ブリタニアはいろんなとこと戦ってて、たくさん殺して……殺せば、殺されるんだ」

ルルーシュ「それがわかってて!!」

レイ「そして、力のある人は力を持つ責任を果たさなきゃいけない。ぼくは……たぶんそういう人間で」

レイ「ぼくはぼくの手の届くみんなを守らなくちゃいけないんだ……違う。守りたいんだ、誰も殺されてほしくないんだ」

レイ「だから、やるんだ。騎士になって戦いを終わらせて、ブリタニアも、他の国も、みんな戦わないようにする」

レイ「戦いはぼくがみんな終わらせる。日本のひとたちも、学園のみんなも、そうやって守る」

ルルーシュ「だからって……それは、それはお前がやるべきことじゃないだろ……!」

レイ「ぼくがやるんだ。ぼくはここにいる内にそうしたいって思ったから」

レイ「記憶も何もないぼくに、やりたいことができた。だから……やり遂げる」

ルルーシュ「馬鹿だ、お前は……!」

ナナリー「お兄様……」

ルルーシュ(お前がそんなことを始めちゃいけないんだ……!!オレの戦いはどうなる、あの仮面は……!!)ニャ~ン

ルルーシュ(そう、あの仮面……あの仮面!!?)

ルルーシュ「ほぉぉあ↑!?!?!?!?」

レイ「え゛ぇ゛ぇ↑!?」

ナナリー「お、お兄様!!お気を確かに!!!!」

398: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 13:36:49.03 ID:NyNsEF9b0
ルルーシュ「こらっ!返せっ!!」タッタッタッ

猫「ニャ~オ」

レイ「な……何の発作?」

ナナリー「……さあ……?」

猫「ニャ~ン」ピョンピョン

ルルーシュ「ね……猫なんかに、猫の分際で……!!」モタモタ

ルルーシュ「冗談じゃない!!こんな馬鹿なことでバレてたまるか!!」タッタッタッ

レイ「……走ってる……何してんのあれ」

ナナリー「大事な話をしてたのにちょっと失礼ですよね……」

レイ(どうしよあれ)


↓3多数決
1.追いかける
2.話の途中だし待っとく(生徒会が来る)

399: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 13:38:32.24 ID:C6wrLOJo0

402: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 13:50:29.97 ID:NyNsEF9b0
ルルーシュ「うぐ!!……失態だ!!」ガサガサ……

レイ「何やってんの」シュタッ

ルルーシュ「レイ!!こっちへ来い!!」

ルルーシュ「仮面が猫に取られた!!早く取り返さなくては……!」ヒソヒソ

レイ「はあ!?猫ぉ゛!?何やってんの!?」

ルルーシュ「あの魔女は何を聞いていたんだ……!!」

レイ「よくこんなんでぼくに馬鹿だなんて言えたね!!」

ルルーシュ「何とでも言え!!行け!!」

レイ「真面目な話してたのに……!!」タンッ!シュタッ!


↓2 (レイ:白兵Lv5)
75以上で生徒会の放送の前に捕獲

404: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 13:52:04.07 ID:rm8SFn5vO
レイくん時間が経つたびに毒吐きになってやがる…

408: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 14:04:47.57 ID:NyNsEF9b0
レイ「くそ……いくらぼくだって猫はキツいよ……!」シュタタタッ

ルルーシュ「に、匂いを辿るとかできんのか!!」ゼェゼェ

レイ「ぼくをなんだと思ってんだ!!!!」

ピンポンパンポーン♪

ミレイ『生徒会長のミレイ・アッシュフォードです。猫だ!!』

レイ「はあ!?」

ミレイ『校内を逃走中の猫を捕まえなさい!部活は一時中断、協力してくれたクラブは予算を優遇します!』

ミレイ『そしてぇ?猫を捕まえた人にはスーパーなラッキーチャンス!生徒会メンバーからキッスのプレゼントだぁ!!』

レイ「はあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!??」オーッホッホッホ!!オーッホッホッホ……





カレン「生徒会って……私もぉ!?」

\よっしゃあああああうおおおおおおおおおお!!!!/ズドドドドドド

カレン「や、やめてよ……私の初めてのぉ!!///」タッタッタッ





レイ「外に行ったのか……!?」シュタタタタタッ

女子生徒A「生徒会メンバーってことは……ルルーシュくんもレイくんも!?」

女子生徒B「美少年からの献身的なキスいいよね……いい……」

女子生徒C「世の中興奮すること色々あるけどやっぱ一番はショタからのキスだよね。レイくんのもちもちな唇からキッス……興奮してきたな」

女子生徒D「私ミレイさんがいいなぁ……」

レイ「…………そ、外にはいないんだ。たぶん……!!」ガタガタ

410: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 14:17:58.49 ID:NyNsEF9b0
ミレイ『猫ォ!!猫を捕まえたら所有物は私に!!私にッッぐう゛ぇっほごほッッ』ブツッ

ルルーシュ「会長……よけいなことを……!!」タッタッタッ

カレン「人を商品みたいに扱ってええ!!これだからブリタニアって!!」タタタッ

カレン「いたっ…‥シャーリー!!なんてカッコしてるの!?」

シャーリー「だってえ、私たちのキスがかかってるのよ!?」

カレン「…………同感!!」





レイ「ちくしょう……どこ行ったんだ……!」

レイ(あんな悪魔みたいな人達の手に落ちたくない!!!!)


↓2 (レイ:白兵Lv5)
01~50 カレンにシャーリーと鉢合わせる
51~00 捕獲完了

412: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 14:21:06.42 ID:8BMYPkd60

414: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 14:27:11.88 ID:NyNsEF9b0
猫「ニャ~オ」

カレン「これで私たちのキスは安泰ね……シャーリーは後ろをお願い」

シャーリー「……待って!キスの権利……カレンは誰に使うの!?」

カレン「は?」

シャーリー「ひょっとしてルル!?」

カレン「はっ……な、何でそうなるのよ!!」

レイ「待てぇ!!」

カレン「はいぃ!?」ビックゥ!!

レイ「ぼ、ぼくに渡すんだ……その猫はぼくがっ!!」

シャーリー「な、なんで!?レイくんにもキスしたい人いるの!?」

レイ「え……え゛ぇ゛ぇ!?」


↓3回先に挙がった人名を答える(生徒会メンバーのみ)

423: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 14:31:14.29 ID:BNvEcj0S0
カレン

428: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 14:43:38.33 ID:NyNsEF9b0
レイ「え、えーっと、えっと……」

レイ(ね、猫が逃げちゃう……どうしよ、ぼく……)

猫「ナァーン」

レイ「あっ……カレンっ!!」

シャーリー「えええええええええええ!?」

カレン「は……え、え……?///」

シャーリー「カレンとキスしたかったの!?ほんとに!?!?」ガシィッ!!

猫「ニャーン」スタスタ

レイ「う、うん……猫……!!」ブンブンブン

シャーリー「ど、どうしよお……レイくんはこんなに面と向き合って言えるのに、わたし……!」

シャーリー「中等部に負けてるじゃああああああん!!!!」

カレン「…………//////」プシュゥ……

レイ(い、今だ、捕まえれる!!)バッ!!

シャーリー「……あれ?逃げられちゃったじゃあああん!!もおおおおお!!」


カレンの好感度5→7に上昇

431: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 15:01:51.70 ID:NyNsEF9b0
ミレイ「やっぱね~……なんとなくそうだと思ってたけど、レイくんか~……」

レイ「猫はあげます」ブラーン

猫「ミャ~」

ミレイ「何か持ってなかった?」

レイ「いや……途中で落としたんじゃないですか?」

ミレイ「それだ!!あいつの恥ずかしい秘密!!」

ルルーシュ「そういうことですか会長……」コッコッ

レイ(無事に隠せたんだろうね……?)

ミレイ「あ~あ……せっかく弱みを握れると思ったのにぃ」ハァ

リヴァル「しっかし、捕まえたのがレイじゃ特に何もねえしな~……」

シャーリー「言ってましたよ!!カレンとキスしたいって!!」

カレン「…………///」

ルルーシュ「なっ……!!」

リヴァル「ちょ!!」

ニーナ「ええ……!?」

ミレイ「ええええええええ!!ちょっ、超大ニュースじゃん!?」

ルルーシュ「ほ、本当なのかレイ!!お前がそんな……!!」

レイ「い、言ったのかな……たぶん……」

432: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 15:13:37.86 ID:NyNsEF9b0
ミレイ「ほ、ホントに!!今ここで!?」

レイ「今ここでぇ!!?」

カレン「……や、やるなら早くしてよ……恥ずかしいんだけど……」

レイ「で、でも……一度もやったことないんですよ!?」

ナナリー「ファーストキスってそういうものではないでしょうか……」

ルルーシュ(そんな……お、オレはいったい、これから何を信じればいいんだ……!!)

レイ「ちょ、待って!!後でに!!後でにさせてください、ほんとに!!」

ミレイ「へぇ~……そうやって焦らしちゃうんだ、ふ~~ん?」

シャーリー(これが恋の駆け引きってやつなんだ……!!)

レイ「こ、この場は立ち去りましょうよ……ヤですよこんなの!」ヒソヒソ

カレン「ど、同感……」

カレン(やらないんだ……)

レイ「ぼ、ぼくルルーシュと大事な話の最中だったんです!!行こルルーシュ!!」ガシッ

ルルーシュ「えっ、まっ待て!!うお゛お゛お゛お゛!!」ドンッ!!

ミレイ「逃げられちゃった……中等部らしくてかわゆいのぉ~」

436: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 16:12:45.68 ID:NyNsEF9b0
ルルーシュ「お、お前は……ナナリーと同じように純粋だと思ってたのに……!!」ゲホゲホ

レイ「もういいでしょそれは!!」

レイ「……ルルーシュは、その仮面でまだやりたいことがあるの?」

ルルーシュ「!」

レイ「ぼくが騎士だとイヤなのはそのせい……?」

ルルーシュ「……違うんだ。お前は……純粋で、だからこそお前じゃブリタニアを変えられない」

ルルーシュ「奴らはずる賢くて、平気で他人を利用して掃き捨てて……お前だけじゃ奴らには勝てないんだ」

レイ「ぼくはそんな人たちとも戦う。仲間がきっとついてくる……集めてみせる」

ルルーシュ「……!」

レイ「そして必ず勝つ」

ルルーシュ「…………」

ルルーシュ(……オレは、今まで力のみがこの世界を変え得る唯一のものだと信じてきた。それが悪意でも善意でも)

ルルーシュ(だが、この純心が世界を変え得るのだとしたら……オレは……)

437: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 16:32:24.90 ID:NyNsEF9b0
レイ「いや……というか、勝ち負けじゃないのかな、これ」

レイ「ぼくの願いなんだ。ぼくは、自分の願いを現実にしたい……」

ルルーシュ(願い……)

ルルーシュ(…………)

ルルーシュ「……わかったよ、オレの負けだ。好きにやればいい」

レイ「ほんと!?」

ルルーシュ「けどな……オレはレイのやることを見ている。お前の願いが敗れたら」スッ

ルルーシュ「『ゼロ』がお前に成り代わる」

レイ「……どういうこと、それ」

ルルーシュ「……それは」


↓2(好感度10)
01~20 話さなかった
21~00 ルルーシュは自分の目的を話した

439: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 16:36:10.50 ID:BNvEcj0S0
そい

442: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 18:18:34.68 ID:NyNsEF9b0
ルルーシュ「……お前に目的があるように、オレにもある。オレは、ブリタニアをぶっ潰したい……」

ルルーシュ「オレはルルーシュ・ヴィ・ブリタニアで……母はブリタニアに殺されたから……!!」

レイ(ルルーシュが、皇族ってこと……!?)

ルルーシュ「だからオレは『ゼロ』になって復讐する……こんな世界も壊してナナリーのための世界を作って……」

ルルーシュ「……その矢先に現れたのがお前だ」

レイ「……それって、ぼくと二人じゃできないの?」

ルルーシュ「お前はブリタニアに与したんだ、できるわけがない」

レイ「そうでもないかも……」

ルルーシュ「なに?」

レイ「ルルーシュ、ぼくに秘密を話してくれてありがとう。だからぼくも秘密を話すよ」

レイ「ちょっとここは見つかっちゃうな……ついてきて」

ルルーシュ「……?」

443: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 18:27:22.55 ID:NyNsEF9b0
――シンジュクゲットー


ルルーシュ「お、おい!もうこの辺は危ないぞ、どこまで行くんだ」

レイ「ここらへんでいいかな……離れて」

ルルーシュ(いったい何を……)

レイ「――――来いっ!!」ゴオッ!!

バヂィッ!!バヂヂッ……

ルルーシュ「おわぁ!?……KMFだと……レイ!?どこへ行った!?」

レイ『これがぼくの秘密。よくわかんないけど、こいつは呼んだら来るし、すぐにこの中なんだ』

ルルーシュ「KMFの中に……いつの間に……!?」

レイ「ちょっと来てみて」バシュッ!

ルルーシュ「……見たこともない規格のKMFだ……こいつ、一体……」

ルルーシュ(ワープ……してきたのか?そしてレイも瞬時にコクピットに移動できる……)

レイ「ぼくKMFはあんまりわかんないから見てみてよ」

ルルーシュ「スペックがあるはずだ。こいつの名前は……」


↓4くらいまで謎のKMFの名前候補(一応腹案はあります)

446: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 18:32:09.49 ID:Sn91AHjzo
>>1の案

450: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 18:38:54.65 ID:NyNsEF9b0
1.マークシフィル(>>1の腹案)
2.零火(れいか/>>444)
3.ベディヴィア(>>445)

ごはんたべるので19時ぐらいから↓5多数決で

467: ◆QoIHN1CLio 2019/02/06(水) 19:18:15.84 ID:NyNsEF9b0
ルルーシュ「……OSもめちゃくちゃだ。なんだこれは……」

レイ「読める?」

ルルーシュ「一応な。機体名は……『マークシフィル』……」

レイ「その後に続いてるのは?」

ルルーシュ「仕様説明だ。片鱗を見ているだけでも凄まじいスペックなのは伝わる……」カタカタカタ


↓7までマークシフィルが搭載している技術の候補(第7世代KMFまでの技術)

479: ◆QoIHN1CLio 2019/02/06(水) 19:28:01.79 ID:NyNsEF9b0
・強化型ファクトスフィア
・フーチハーケン
・長銃身型ヴァリス(狙撃モード切り替え式可変ライフル)
・MVS

この辺りまでは確定です
↓1 60以上でフロートユニット搭載
↓2 75以上でハドロン砲搭載
↓3 80以上で輻射波動搭載

480: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 19:28:58.63 ID:ApLfn6uj0
えいっ

481: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 19:29:08.03 ID:8BMYPkd60
どうだ

482: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/06(水) 19:29:19.86 ID:mEBMQnx00
ほい

493: ◆QoIHN1CLio 2019/02/06(水) 19:40:51.44 ID:NyNsEF9b0
機体名:マークシフィル(第7´世代相当)
装備
・長銃身型ヴァリス
・フーチ型スラッシュハーケン×2
・MVS
・輻射波動機構
・強化型ファクトスフィア
・フロートユニット
・量子シフト機能


この他外見上の特徴を45分から↓7まで募集
よさそうなの混ぜて完成です

509: ◆QoIHN1CLio 2019/02/06(水) 20:06:11.45 ID:NyNsEF9b0
機体名:マークシフィル(第7´世代相当)

装備
・長銃身型ヴァリス
・フーチ型スラッシュハーケン×2
・MVS収納型物理シールド×2(赤い竜の紋章付き)
・輻射波動機構
・強化型ファクトスフィア×7
・ランドスピナー
・フロートユニット
・量子シフト機能

・機体概説
レイの呼びかけによって瞬時に現れ即座に戦闘へと移ることができる、黒と赤のカラーリングをした異形のKMF。
日本製KMFに似た逆三角形のシルエットと、両肩部・両脚部及び胸部と背面の計6か所に位置し常にうごめくファクトスフィアがその異質さをさらに際立たせている。
ランスロットに似た頭部も一見するとツインアイタイプのファクトスフィアに見えるが、実はモノアイタイプのスフィアに装甲がかぶさっているだけ。

輻射波動機構が存在するものの何故か発生器が機体内部に存在しており、稼働時は自機ごと加熱してしまう。
しかし本機の熱耐性は尋常ではなく、むしろ加熱によって運動性をさらに増すことができ、この状態ではそれ以下の熱耐性しか持たない敵を触れただけで融解する。
また本機にはユグドラシルドライブ及びエナジーフィラーといった動力源・内部電源が存在しないためか、召喚から5分間しか稼働することができない。


ランスロットのカラーリング以外は全部混ぜました
>>500の方ごめんなさい

519: ◆QoIHN1CLio 2019/02/06(水) 20:36:15.22 ID:NyNsEF9b0
ルルーシュ「基本は他のKMFと変わらないようだが……いくつか聞いたことがない装備が」

レイ「どんなのだと思う?」

ルルーシュ「『フロートユニット』……おそらく飛行を可能にするのか?『ヴァリス』と『輻射波動』も不明だ……』

ルルーシュ「……レイ、ふたつ聞きたい。お前はどこからでもノータイムでこれに乗り込めるのか?」

レイ「うん。一回降りても……ほら」タンッ……バシュッ!!

ルルーシュ「もう一つは、こいつを消したらどうなる?」

レイ「ちょっと待って、じゃあ降りててくれない?いきなり消えたら落ちると思う」

レイ「……マークシフィルっていうのか、あいつ」バヂィッ!!

ルルーシュ「……呼び出した時点のポイントに、戻る」

レイ「どう?強そうじゃない?」

ルルーシュ「……レイ、いいか。こいつを使って戦うのは本当に必要だと思った時だけにしろ」

レイ「……強すぎるってこと?」

ルルーシュ「ああ。人間の手に余るものかもしれん、だが……こいつがあれば」

ルルーシュ「オレとお前でできるかもしれん。内と外から世界を変えることが……」

524: ◆QoIHN1CLio 2019/02/06(水) 21:31:46.07 ID:NyNsEF9b0
レイ「……ブリタニアの騎士をやりながら、レジスタンスとしても戦う!?」

ルルーシュ「そうだ。お前が功を得ることによっての内圧とレジスタンスという外圧……」

ルルーシュ「どれほど強固な組織であってもこのふたつの圧力の板挟みに耐えることはできない」

ルルーシュ「この作戦を完全なものにするには両方が強くならねばならない。すなわちお前の昇進と、レジスタンスの組織化」

ルルーシュ「両方の発言権を高め、エリア11を締め上げ悲鳴を上げさせる。その果てに……」

ルルーシュ「融和という形での解放、という結末を絞り出す。そこまで来ればオレ達は表立って協力することもできるようになる」

レイ「そ、その後は?」

ルルーシュ「日本を指揮下に収めブリタニアと戦う。が……これはまだ机上の空論だな」

レイ「……ほんとにそんなことできるかな……」

ルルーシュ「できる。お前の力次第だ」

レイ「……わかった、やる。やってみせる」

ルルーシュ「ならば……覚えてるか、前に言ったこと」

レイ「うん……ぼく達は、『ゼロ』だ……」

536: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 14:06:41.15 ID:YcwSuIlI0




――サイタマゲットー


ダールトン「サイタマゲットーの包囲、完了しました。ヤマト同盟のアジトはこの内側にあります」

ダールトン「近隣住民のほとんどは彼らの協力者。総生産への影響も第一次が0.2%ほどに留まります、これでしたら」

コーネリア「よし……シンジュクと同じ状況を作るまではうまくいったか」

コーネリア「奴が己を過信するタイプなら、私を殺しに来るはずだ」





レイ「KMFの適性検査?」

ジェレミア「急な話ですまんが、君も出撃を命じられるかもしれん……入隊からそれほど経ってもいないが、それが騎士というものだ」

ジェレミア「ゲットーの殲滅任務にそれほどの抵抗は起きないだろうが、念のためな」

レイ「……わかりました、やってみます」

レイ(……ルルーシュ、どうするの?シンジュクと同じような状況、なら戦うんだよね?)グッ


↓2(レイ:KMF操縦技術Lv7)
01~05 なぜかうまく動かせなかった
06~70 当然だが完璧に乗りこなした(純血派好感度+1)
71~00 シミュレーターの最高得点をたたき出した(純血派好感度+1/キューエルのみ+3)

538: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 14:09:48.96 ID:EU/ObDfgO

542: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 14:23:38.09 ID:YcwSuIlI0
レイ「っ……!」ゴン!ガコンッ!!

ジェレミア「おお……!」

レイ(後ろ……!おそい!!レバー入れてんだろ、なんで追いついてこない!!)カチッ!

キューエル「オレンジ……何をやっている、出撃の準備は」

ジェレミア「黙ってこれを見ろ!」

レイ「旋回がとろいでしょ!!」ギュイイィィィン!ズダダダダダッ!

キューエル「……この動きは、こいつ……!」

ジェレミア「やはり私の眼に狂いはなかった、最高の騎士になれる!」

レイ「……あ、あれ?終わり?」ヴン……

キューエル(理論上の最高得点……)

ジェレミア「素晴らしい!市街戦のシミュレーションだけだが、充分以上に出撃に耐え得るぞ!」ガシッ!

レイ「え……そ、そうですか」

ジェレミア「さっそく此度の出撃にて戦功を挙げようではないかッ」

キューエル(……オレンジの一件を許すつもりはない。が、この才能確かに……)


ジェレミア好感度5→6、ヴィレッタ好感度7→8、キューエル好感度0→3に上昇

544: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 14:35:48.98 ID:YcwSuIlI0
レイ「…………」ピッピッ

レイ「ルルーシュ、どうするつもり……?」

ルルーシュ『……ゼロに沈黙は許されない。当然オレも赴く、だが……オレは敗北するだろう』

レイ「えっ!?」

ルルーシュ『コーネリアの指揮する軍と寄せ集めのレジスタンスでは組織としての強度が違いすぎる。必ず瓦解する』

レイ「じゃ、どうするの!?負けたら捕まるよ!?」

ルルーシュ『だがオレ達には最強の駒がある』

レイ「……ぼくの、マークシフィル」

ルルーシュ『当然オレは自分の逃走経路を作っておくつもりだ、だがそれも失敗したなら奴を出す』

ルルーシュ『マークシフィルを出したら必要以上に戦うな。オレを逃がすだけでいい』

ルルーシュ『KMFに乗るんだろう?KMFの中から奴を呼び出し、事が終わったらKMFに戻れ』

レイ「……わかった。あくまで最後の手段でしょ」

ルルーシュ『そうだ。行くぞ』ブツッ

546: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 14:56:51.52 ID:YcwSuIlI0
ダールトン「責任者の始末、完了いたしました」

コーネリア「うむ、時間だ……始めろ」

ダールトン『はっ。全軍、これよりサイタマゲットー殲滅作戦を開始する!第二戦闘態勢に移行せよ!』

キューエル『いいかオレンジ、もう少し処分が重ければ我々は出撃すら許されなかったのだ』

ジェレミア『わかっているさ、武功を挙げるぞ!』ギュイイィィィン!

ヴィレッタ『こうは言うが……レイはあまり無理をするな。お前は初陣だ』

レイ「いえ。全力でやらせていただきます!」グッ

レイ(たぶん、たくさん死なせるかもしれない。でもそんなことを終わらせるための……)

レイ「ぼくの第一歩ですから……!!」

ヴィレッタ『……そうか』

547: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 15:10:31.06 ID:YcwSuIlI0
「ゲシュター隊通信途絶!G-47方面に敵影を確認」

「ラシンスキー隊交戦中!伏兵がいる模様、敵はわが軍のサザーランドを鹵獲して使用しているようです!!」

将官「あのときと同じだ……現れたのか、ゼロが……!」





ジェレミア「なに……我が軍の戦力が削られつつある?」

ジェレミア『各機気を付けろ!ゼロが現れている可能性がある』

ヴィレッタ「奴がこの戦場に……」

レイ(ルルーシュ、始めたんだな……!)

ルルーシュ『R4、撃て……ん』

ルルーシュ(この識別信号、レイ……!)

サザーランド「」ズダダダダダッ!

キューエル『くっ!やはり敵もKMFを使用しているのか!!』

レイ『……隙を作ります』

ヴィレッタ『無茶だ!初陣で……』

レイ「ッ!!」グッ!


↓2
01~15 ジェレミアに助けてもらった
16~00 瞬殺した

549: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 15:11:45.00 ID:9wf/FNvuO

558: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 15:20:06.36 ID:YcwSuIlI0
【スーパークリティカル】
純血派でテロリスト殲滅確定 純血派好感度+2/経験値+【3/5】

↓5多数決
1.ルルーシュ脱出確定(シフィルを見せない)
2.コーネリア好感度+5/ユーフェミア・コーネリアとのコミュ解放

559: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 15:20:57.37 ID:apy3YjBx0
2かな

568: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 15:48:44.38 ID:YcwSuIlI0
レイ「うおお!!」ギュインギュインッ!!

レジスタンス「なっ、当たらな……うおあ!!」ドガァンッ!!ボシュッ!

ジェレミア「なんと!?」

レイ(脱出した……やれる、殺さないで戦える……ぼくなら!!)

ヴィレッタ『あっ、待て!』

キューエル『おい!ジェレミア!』

ジェレミア『レイに続け!!彼を援護するんだ!!』

レイ「もっと……もっとぼくに来い、ぼくにぶつけろ!!ぼくと戦えッ!!」





「こ、これは……?ジェレミア隊から次々と撃破報告が!」

「センサーに映った敵からロストしていきます……これは一体……」

コーネリア「……詳細を伝えよ」

「は……初陣のP-04が先頭に立って次々と敵戦力を無力化している模様、陣形は常に方陣に近い形です」

コーネリア(あの少年か……!)

コーネリア「ふっ……はっはっはっは!!」

ギルフォード「総督……?」

コーネリア「親衛隊。出撃の準備は不要だ……エリア11に来たのがまんざらでもなくなってきたよ」クックック

ギルフォード「……???」

569: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 16:05:36.09 ID:YcwSuIlI0
ルルーシュ「ど……どういうことだ、指揮を出している暇すらないぞ!!」

ルルーシュ(あいつ、ここまで強かったとは……!!オレのことを考えているのか!?)

ルルーシュ(このままでは脱出する暇すら……)ピーッ

『作戦終了。全軍第四フォーメーションに移行』

ルルーシュ「制圧された……こんな簡単に!マークシフィルなしでもこれほどまでに強いなどと……!!」

ルルーシュ(あいつの力量をもっと見極めておくべきだった……!!)





レイ「……あ、あれ?」ヴゥウウウン……

ジェレミア『まずい!レイ、非常電力に切り替わっているぞ……な、こっちもか!!』ガシャンッ……

レイ『う、動かない!エナジーがないんです、そんな!!』

ジェレミア『敵は……!!』

ヴィレッタ『作戦終了です、ジェレミア卿。G-1ベースに帰投します』ガシンッ

キューエル『……この戦い、すべて我々の武功だ。気を張らず休んでいろ、俺とヴィレッタが機体を運ぶ』ギュイイィィィン……

ジェレミア『そ……そうか……』ホッ

レイ「……ルルーシュから?あ、あっ!!」プルルルル……

レイ(や、やりすぎた……脱出できてないんだ!!)

571: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 16:50:03.39 ID:YcwSuIlI0
レイ(マークシフィルを出すしかない……!)ピロン♪

レイ(写真。ここに出せ……ってことだ)

レイ(サザーランドのエナジーは切れてるから、電力がなくて通信もハッチも開けられなかった。それで通せる……よし!)





歩兵『ゼロだ!!ゼロを発見!!』カチャッ

ゼロ「…………」バサッ

コーネリア「ほお。やはりゼロはこういう性格だったか……確保しろ!」

ダールトン「一番近いのはジェレミア隊ですが、エナジー残量があまりにも少なすぎます……!」

コーネリア「そちらは帰還させろ、たった一人なんとでも……」

――ドギュゥッ!!

サザーランド「」ズドォオンッ!!

歩兵『うわあああああ!!』

コーネリア「何だ!」

歩兵『そ、狙撃です!!サザーランドが……あれは……!?』

コーネリア「KMF……飛行している……!?」

マークシフィル「」ヴウウゥゥゥゥ……ブフウゥゥゥ……

レイ「いくよ、シフィル……」

572: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 17:02:27.35 ID:YcwSuIlI0
歩兵『ゼロを載せています!!敵です!!』

ゼロ『G-1ベースを狙え、破壊しない程度に!撤退だ』

レイ「了解……!」ガコンッ

マークシフィル「」ギロギロギロッ……ズドォンッ!!

G-1ベース「」ドォオンッ!!

将官「ひいい!!」

コーネリア「くっ……何をしている!応戦しろ!!」グラグラ

通信士「え!?し、しかしサクラダイト反応は味方のものしかありません!」

ダールトン「相手はKMFだぞ!そんな馬鹿なことが……」

マークシフィル「」ゴオオォォォッ……

歩兵『り、離脱していくようです……』

コーネリア「奴は……ゼロは、取ろうと思えば私の首などいつでも取れたと言いたいのか……!」

ジェレミア『な、何が起こっている!?』

ヴィレッタ『ゼロが、飛行するKMFに乗って逃走?……そんな馬鹿な……』

ゼロ『……凄まじい射程だ……』

レイ「……サザーランドから乗り換えたら、なおさらだよ。怖いくらいの強さだ……」

578: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 17:25:27.52 ID:YcwSuIlI0
――エリア11政庁


コーネリア「純血派の諸君。此度の作戦では目覚ましい活躍だったな」

ジェレミア「はっ!」

コーネリア「お前たち4人の働きぶり、私から受勲される権利が十分にある。後日改めて渡そう」

キューエル「有難き幸せ!光栄であります!」

コーネリア「そして……初陣を素晴らしい勝利で飾ったな……」

レイ「はい……」

コーネリア「本来正式にKMFに騎乗する者は士官でなければならない、だがそこまではまだ時期尚早だ」

コーネリア「准尉の位と勲章を与える。今はそれで満足せよ」

レイ「イエス、ユアハイネス!」

コーネリア「だがゼロを捕えられたわけではない。各員引き続いて尽力せよ、次も期待している」バタン

581: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 17:38:52.89 ID:YcwSuIlI0
ジェレミア「レイ君!!」ガシッ

レイ「うわ!」

ジェレミア「君のお蔭で純血派は盛り返せるかもしれん……本当に感謝しかない……!!」

キューエル「……可能性はある。お前がいれば……」

ヴィレッタ「素晴らしい才能だ、ナイトオブラウンズにすらなれるかもしれん……」

レイ「ナイトオブラウンズ?」

ヴィレッタ「皇帝直属の13人の騎士だ。ブリタニア帝国最強の騎士たち、その一人にいつかはお前も!」

レイ「さ、さすがにそこまでは気が早いんじゃないですか……?」

ヴィレッタ「何を言う!!それほどの気概でやるんだ、お前にはできる!!お前は天才だぞ、レイ!!」ギュウッ!

レイ「ちょ……くる゛しい゛!!」

キューエル「……お前より熱が入ってる奴がいるな」

ジェレミア「あ、ああ……らしいな」



レイのKMF操縦技術7→7+【3/5】 に上昇
ジェレミア好感度6→8、ヴィレッタ好感度8→10、キューエル好感度3→5に上昇
コーネリアの好感度5から開始(初期好感度決めが5からに)
コーネリア/ユーフェミアとのコミュ解放

583: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 18:05:53.65 ID:YcwSuIlI0
ルルーシュ「昇進には武功が必要だということはわかっている、しかし……加減を覚えろ!」

レイ「う、うん……ごめん」

ルルーシュ「これからは恐らくオレの造る組織とも戦うことになるんだ、それを壊されては計画も何もない……!」

ルルーシュ「……マークシフィルについて何か話は」

レイ「……正体不明としか。なんか色んなところに確認をとってるらしいけど」

ルルーシュ「だろうな。理論上の技術を詰め込まれた正体不明のKMF……」

ルルーシュ「だがこれで『ゼロ』の説得力は充分なものになった」


自由行動権【1/1】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(初期好感度決め)
3.カレンと話す(好感度7)
4.C.C.と話す(好感度6)
5.生徒会メンバーと話す(ミレイ好感度5、ナナリー好感度6、シャーリー/ニーナ好感度8、リヴァル好感度9)
6.純血派と話す(ジェレミア好感度8、キューエル好感度5)
7.コーネリア/ユーフェミアと話す(初期好感度決め)
8.ヴィレッタと話す(?)

↓3 多数決

584: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 18:09:33.45 ID:apy3YjBx0
7

603: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 22:01:45.95 ID:YcwSuIlI0
レイ(……情報が確かならここが別のアジトだよね)コッコッ

玉城「おい」チャキッ

レイ「!」ゴッ!!

玉城「ぐはっ!!く、くそ……!」ドシャッ

南「……やめろ!」ジャキッ

永田「何の騒ぎだよ、アジト移って早々……お、おい……何してんだよ!レイだぞ!?」

吉田「永田はすっこんでろ!」

レイ「……どうして急にぼくを殺したくなったんですか?」

井上「殺したいわけじゃない。あなたは私たちの恩人でもある、けど……あなたは私たちの顔を知ってて、ブリタニア人で」

杉山「お前、アッシュフォード学園に通い始めてるんだろ……もう俺たちとは関係ない」

南「どうやってここを突き止めたか知らんが、俺たちにはもう関わるな。普通の暮らしをしてろ」

レイ「そうですか。扇さんはいないんですか?」

玉城「話聞いてんのか!!」ダラダラ

レイ「ゼロからのメッセージを預かってきたんですけどね」

井上「え……!?」


扇グループ6人の好感度決め(>>59で好感度1、永田は>>105で好感度6を保障)
↓1で玉城,↓2で井上,↓3で南,↓4で杉山,↓5で吉田,↓6で永田
01~20 好感度+1
21~40 好感度+2
41~60 好感度+3
61~80 好感度+4
81~00 好感度+5

604: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 22:02:25.81 ID:j4FyXhHJO
ちぇいさー!

605: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 22:03:08.24 ID:q34w32acO
イヤーッ!

606: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 22:03:10.79 ID:apy3YjBx0

607: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 22:04:46.93 ID:2eVN13iTo

608: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 22:05:44.59 ID:VOIb2TeDO
ほい

612: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 22:30:02.66 ID:YcwSuIlI0
玉城「お前……なんで」

レイ「なんでって……仲間ですから。ぼく」

井上「そうじゃなくて……あなた、ゼロと繋がってるの?」

吉田「何者なんだよ、お前もゼロも!」

レイ「サイタマゲットーのニュース、聞きました?」

玉城「聞いてっけど……それがなんだってんだよ!」

レイ「ぼくがあのKMFのパイロットです。もともとそうだったんです」

井上「なっ!!」

レイ「最初からゼロの仲間で……シンジュクの殲滅を聞いて戦おうってなって、でも失敗して倒れて」

レイ「……記憶がなくなってたのは、ほんとで。最近思い出したんです」

永田「……そうだった、のか」

玉城「じゃあお前……最初から俺たちと同じで、日本のために戦って……」

レイ「日本のためだけじゃありません」

レイ「……弱い人のために戦うんです。これ見て決めてください、ゼロに協力するかどうか」スタスタ

吉田「……いいのか?」

杉山「いいんじゃねえの……俺たちに協力するっつってんだろ?」

永田「あいつは嘘をつけるような奴じゃない。信じていいと思う……」

井上(……これで納得していいのかしら……)


玉城好感度5、井上好感度2、南好感度4、杉山好感度5、吉田好感度3、永田好感度8から開始

615: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 22:36:46.48 ID:YcwSuIlI0
――トレーラー内


ゼロ「どうした?早く入れ」

扇「あ……はぁ……」プシューッ

レイ「約束通り来てくれましたね」

カレン「……レイ、あんたが本当にゼロと繋がってたなんて……」

レイ「だめ?」

カレン「……何も言わないわよ。あたしだって、学園のみんなに黙ってるんだから」

レイ「だよね」

ゼロ「今からここが私たちのアジトだ」

玉城「すっげえなあ……こんなもの一体どうやって?」

ゼロ「頼んだら譲ってくれたよ。道楽者の貴族がな……安心しろ、足はつかない」

南「テレビまでついてる……」ピッ

TV『――こちら河口湖のコンベンションセンター前です!ホテルジャック犯は『日本解放戦線』を名乗り……』

玉城「はぁ?」

TV『これが犯人から送られてきた映像です。学生の姿も見受けられます』

カレン「ッ……生徒会の……!?」

レイ「――――えっ!?」ガタッ

ゼロ「……?」

616: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 22:41:25.94 ID:YcwSuIlI0
シャーリー父「まだ学生なんですよ!それをテロリストは無差別に……」

ゼロ「…………」

レイ「……な、なんだよこれ……!!」グッ

カレン(レイ……?)

ルルーシュ(ブリタニアと戦うために組織は必要だが……早すぎる……)

ルルーシュ(しかしこのまま放っておくわけには……コーネリアの性格ならば人質など無視して)

ルルーシュ(! ならなぜ動かない、まさか……)

レイ(こいつら、一体何なんだ……!!何を目的にこんなこと!!)ギリギリ


↓3多数決
1.ルルーシュを訪ねてみる
2.カレンに話しかける

618: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 22:43:42.88 ID:2eVN13iTo
1

620: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 23:07:05.69 ID:YcwSuIlI0
ガチャッ

ゼロ「!」

レイ「……鍵、かけといたから」バタン……カチッ

ルルーシュ「……レイか。何の用だ」

レイ「あいつら……何なんだよ。どうすればいいの?」

ルルーシュ「計画のステップを進める。黒の騎士団を旗揚げするぞ」

レイ「え……それ、まだだって言ってたじゃん。それより生徒会のみんながっ」

ルルーシュ「今回のホテルジャックに対してなぜコーネリアはまだ仕掛けないと思う」

レイ「……ユーフェミア様!?」

ルルーシュ「おそらくその通り。だからこそ今が好機だ」

ルルーシュ「ユーフェミアと人質を救出し我々の存在とは“正義の味方”である事を知らしめる」

ルルーシュ「黒の騎士団の旗揚げ……その演出としてこれ以上ない好機とは思わないか」

レイ「なんでもいいよっ、生徒会のみんなを助けるんでしょ!?」

ルルーシュ「日が暮れるまでにお前宛に作戦プランを送信する。よく読んでおけ」

レイ「やるさ……ぼくの手に命がかかってるんだ……!!」プルルルルッ♪

レイ(電話……?)


↓2(リヴァル好感度9)
01~10 コーネリアからの招集
11~00 リヴァルからの電話

622: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 23:08:07.01 ID:VOIb2TeDO

631: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 23:23:29.88 ID:YcwSuIlI0
レイ「……ジェレミア卿からだ!」

ルルーシュ「ブリタニアからの招集か……!こんな時に」

レイ「ど、どうしよう。応じない訳には……」

ルルーシュ「とりあえず行け。お前は貴重な戦力だが、こればかりはどうにもならん……」

ルルーシュ「シフィルを使わせる時は連絡するッ」

レイ「う、うん……!」


――河口湖


ダールトン「では強硬策を……」

ギルフォード「それはユーフェミア様の安全を確保してからのことです」

コーネリア「ユフィ……私は……!」

ブリタニア兵「総督!その……ゼロを名乗る者から連絡が入りました」

コーネリア「ゼロだと!?」





ディートハルト「3号車がゼロを名乗る奴に盗まれた!?何をやっているんだ、3号車はどこへ行った!」

TV局員「それが……軍のど真ん中へ」

ディートハルト「えぇ!?」

632: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 23:27:23.20 ID:YcwSuIlI0




ゼロ「…………」

扇「なあ……彼の言う正義ってどういう意味なんだろうな」

カレン「さあ……でもその前に殺されるかも」

吉田「なんであのトレーラーを使わないんだ?」

杉山「アジトを人目に晒してどうすんだよ……」

井上「ほんとに信用していいの?あのゼロって男……」

玉城「だから俺は怪しいって言ってんだ……だが、レイはあいつを信用してるんだよな……」

井上「そのレイくんもどこに行ったんだかいないじゃない……」

633: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 23:29:39.74 ID:YcwSuIlI0
ルルーシュ(読み通りならギアスを使うまでもないが)

コーネリア「ゼロとやら。お前は日本解放戦線のメンバーなのか?それとも協力するつもりか」プシュゥッ!

コーネリア「しかし今はこちらの都合を優先する。義弟クロヴィスの仇ここで討たせてもらう」カチャッ

ゼロ「コーネリア……どちらを選ぶ。死んだクロヴィスと、ユーフェミアと」

コーネリア「!!」

ゼロ「ユーフェミアを救い出そう。私が」

コーネリア「……ゼロ。何を言っているのかわからないな」

ゼロ「救ってみせる。私なら!」

コーネリア「………………」ギリッ

コーネリア「ゼロを通せ!!私が許可する」

ギルフォード「総督、それは……!」

コーネリア「ゼロが行くことによって隙が生まれるはず、これは好機だ。叩く相手の順番が変わっただけのこと!」

ルルーシュ(……フッ)

ルルーシュ(日本解放戦線が私を同士として受け入れるか、それとも邪魔ものとして扱うか……)

ルルーシュ(いずれにせよ『ゼロ』に会いたいという誘惑、この心の動きに勝てるはずがない……)

634: ◆QoIHN1CLio 2019/02/07(木) 23:41:22.62 ID:YcwSuIlI0
レイ「くそっ……!どうして出撃させてくれないんです!?」

ジェレミア「レイ。初陣を勝利で飾った君だ、功を焦る気持ちはわかる……しかし今は待つのだ」

キューエル「地下の一本道のトンネルにリニアカノン。サザーランドで行くにはあまりにも無茶だ……」

ヴィレッタ「馬鹿なことを言ってないでレイを出撃させるように言ってください!!」

ジェレミア「馬鹿はヴィレッタの方だ!!なぜレイと一緒になっている!!」

キューエル(ヴィレッタは何か変わってしまっている……)

レイ「守んなきゃいけない人が、たくさんいるんだ……あの中に……!!」

ヴィレッタ「レイ……」

レイ「ニーナとシャーリー、ミレイさん、ユーフェミア様……!!ぼくがやんなきゃいけないのに!!」

ジェレミア「…………」


↓2(ジェレミア好感度8)
01~20 コーネリアに掛け合ったらランスロットの後続として出させてくれた
21~00 親衛隊とランスロットから突撃するため命令は出なかった(マークシフィルから降下)

636: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 23:42:41.83 ID:QkEVUgl9O
さーて

640: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 00:05:39.67 ID:nUlyu3s00
ジェレミア「!情報が入った」

レイ「なんて!?」

ジェレミア「……枢木スザク。奴の乗った嚮導兵器ランスロットを先陣に、親衛隊が突撃をかけるらしい。我々はここで待機だ」

レイ(す、スザク……!!)

ヴィレッタ「囮というわけか……」

レイ(冗談じゃない……あんな自殺志願者なんかに、ぼくの大切な人たちを任せられるわけないだろっ!!)プルプル

キューエル「おい……レイ。少し頭を冷やしてこい、我々の出番はないんだ」

レイ「……そうしますっ」スタスタ

ヴィレッタ「……だいぶ参っているように見えます」

ジェレミア「……これも彼に必要なことだ。耐える戦いをレイはまだ知らないからな」





レイ「……ルルーシュ、いつ制圧するの。教えて」ピッ

ゼロ(レイか……!?まだ早い、もう少し待てッ)

レイ「準備はしてるんでしょ……ぼくの出番はないから、そっちに混ざるッ!」ザッザッザッ

ゼロ(シフィルを使うのはまだ早い!)

レイ「ずっと高いところからぼくだけで降下する!ぼくにならできる!!」ザッ……

ゼロ(可能かもしれんが……!ええい、やってみろ!)

レイ「行くぞ!!マークシフィル!!」バヂィッ……!!

646: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 11:53:25.52 ID:nUlyu3s00
セシル「枢木准尉、作戦概要を説明します。プライムサーチによると……」

ロイド「セシルくん!!こっち来てセンサー機材全部運んで!!人手足りないんだからッ!!」

セシル「はい!?」

スザク『ろ、ロイドさんの声?あの、大丈夫ですか?』

セシル「えっ、ええ……気にしないで。続けます」

ロイド「セシルくんッ!!いいの!?例のナイトメアを丸裸にできるチャンスなんだよ!!」

セシル「作戦遂行が一番の優先でしょうが!」バチンッ!!

ロイド「痛いっ!!」

セシル「少し落ち着いてください、ゼロのナイトメアが現れてからまともじゃないですよ」

ロイド「まともでいられるわけないでしょ、あんなの……僕のロールアウトに先駆けて、しかも別仕様のヴァリス持っててさぁ」

ロイド「フロートユニットだよ!?あんな小型で安定した!!僕でさえまだ完成させてないものを!!」

ロイド「中華連邦もEUもブリタニアの別チームも一切関与してないし戸惑ってるっていうし……じゃあ誰が作った訳さ!!」

セシル「それを調べるのも我々の仕事ですけど、今は自重してください。……人質はホテル右側、食料貯蔵庫に閉じ込められている模様」

647: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 12:02:00.91 ID:nUlyu3s00
マークシフィル「」ゴオオォォォッ……

レイ「……コンベンションセンターがあんなにちっちゃく見える」バシュッ!

レイ「いけるかな……いや、できなきゃ助けられないんだ……」

マークシフィル「」ブフゥゥゥウウウウウウ……

レイ「シフィルは別のところで待っていれる?」

マークシフィル「」オォ、オオオオォォォ……

レイ「わかった。行ってくる……!!」バッ


↓2(レイ:白兵Lv5)
01~25 空を警戒している兵に見つかった
26~00 警戒兵全員のして侵入

649: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 12:06:00.90 ID:gr9N34sZO
はい

653: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 12:59:19.91 ID:nUlyu3s00
レイ(やっぱりサーチライトがない!あればパラシュートなしで行こうと思ったけど)バサッ!

レイ(ルルーシュが入っていった影響かな……これなら安全に降りれそう!)スタッ

警戒兵「ん?なんだ貴様……うごっ!!」ゴキッ!!

レイ「降りれた。みんなはどこ?」

ゼロ(階段ルートを通ってオレの真上の部屋、23階の応接室に来い)

レイ「了解!」ガチャッ





――河口湖ホテル内


ゼロ「私と手を組む気はないか」

草壁「ならば素顔を見せてもらおうゼロ。無礼であろう!」

ゼロ「わかった。しかしその前に聞かせて欲しい、この行動の果てに何を求める?」

草壁「知れたこと!日本人がまだ死んでいないことを内外に知らしめるのだ」

ゼロ「古いな……お前たちは古い。もう救えない」

草壁「……貴様、どういう意味だ!」

兵士「草壁中佐、先ほど連絡があった人質を連行しました……ユーフェミアと名乗っていますが」

ルルーシュ(!)

草壁「ゼロ!もはや問答無用おおお!!」バッ!

ルルーシュ(…………)


↓2(レイ:白兵Lv5)
01~30 ギアスを使って切り抜けた
31~00 上階に潜んでいたレイが止めた

655: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 13:01:48.37 ID:VnKYCAmvO
奇跡なんて無い

657: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 13:16:06.21 ID:nUlyu3s00
レイ「っ!!」バキャアァッ!!

草壁「なっ、ぬおお!!」パキィッ!!ゴッ!!

草壁(日本刀を素手で割るのか……!!)ドサッ

ゼロ「上階の床を壊すとは少々品がないな」

レイ「ごめんね」

草壁「ぜ、ゼロ……貴様!!」

兵士「中佐!!」バタン!

ゼロ「落ち着け。状況は見えるだろう、今どちらが優位に立っているかな……」

兵士「くっ……」

ユーフェミア「ゼロ……!」

レイ「!?」


↓2
01~50 一応変装するためのものは持ってた
51~00 当然変装用のものなんて持ってなかった

659: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 13:17:48.53 ID:w8e5RNwvO
どうだ

666: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 13:34:58.63 ID:nUlyu3s00
カレン「武器を捨てろ!黒の騎士団だ!」ザッザッザッ

カレン(レイの奴、来てたんだ……ゼロを守ったんだ)

草壁「く……貴様ら……!」

ゼロ「ゴミをまとめて連れていけ。……ユーフェミア、民衆のために人質を買って出たか。相変わらずだな」

ユーフェミア「…………レイ!」

ゼロ(……なに!?)

レイ(な、なんでこっちに……ぼく、顔を隠せてないのに……!!)

ユーフェミア「なぜ、あなたがここに……今のあなたはブリタニアの騎士でしょう!?」

レイ「……そうでもあります、けど、ぼくはユーフェミア様や生徒会のみんなを守りたくて!」

ユーフェミア「しかしそれをこんな手段で!」

レイ「命を守るのに手段を選びますか!?」

ユーフェミア「それは……!」


↓2
01~50 ギアスかけて忘れさせた
51~00 ユフィが納得した

668: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 13:35:25.76 ID:at9W+9cZ0
さて

672: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 13:50:02.42 ID:nUlyu3s00
レイ「ぼくは……ぼくなりのやり方で世界を変えたいって思ってるんだ、こんな戦ってばかりの世界」

ユーフェミア「あなたのやっていることはテロです!こんなこといいわけが」

レイ「ユーフェミア様はおかしいって思わないんですか!?人が人を殺すなんて……!」

ユーフェミア「気持ちは……わかりますけど!」

レイ「本当にわかるなら変えようとできるはずでしょう!?」

ユーフェミア「……!」

レイ「ぼくは、じっとしてるなんて我慢できないんだ……ブリタニアの中からだけじゃ世界を変えられないッ」

レイ「だからこれがぼくのやり方です。でも……もう騎士じゃいられない」

レイ「あなたに見つかってしまったから……」

ユーフェミア「…………」

ゼロ「もう話は終わりか?副総督に就任されたと聞きましたが、ユーフェミア皇女殿下」

ゼロ(……こうなれば、オレの会話を終えた後にギアスにかけるしか……!)

ユーフェミア「……いえ、まだ終わりではありません!」

ゼロ「なに……?」

673: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 14:03:07.11 ID:nUlyu3s00
ユーフェミア「……本当にブリタニアの中と外から世界を変えたいと願うならば、わたくしの口を封じることもできますね?」

レイ「え!?そ、それは……」

ユーフェミア「本当の覚悟があなたにおありなら、できるのではないのですか?」

レイ「……やりません!できるけど、しません。殺さないのが……それがぼくの覚悟です、無茶でもなんでもやるんです」

ユーフェミア「……わかりました。これからも、それをずっと続けるつもりですね」

レイ「……世界が変わるまでは」

ユーフェミア「……わたくしはたくさんの事を憂いておきながら、何もできないでいました。無力だから、未熟だから……」

ゼロ「……?」

ユーフェミア「でも、気づいたんです……それは何もしなくていい理由にはならないと」

ユーフェミア「だから、わたくしはレイの邪魔をする資格のない者です。騎士をやめさせることもできません」

レイ「え……!?」

ユーフェミア「でも……わたくしは決めました!あなたに間違っていると言い返せるようにブリタニアを変えてみせます」

674: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 14:12:34.28 ID:nUlyu3s00
ゼロ「……皇帝になるということかな?」

ユーフェミア「世界が変わるために必要ならば!」

ゼロ(ユフィ……そんな眼をするようになったのか……)

ゼロ(……オレの目的はブリタニアをぶっ壊し、復讐を遂げること……その為に得た力、しかし……)

ユーフェミア「ゼロ……あなたが、なぜ兄を殺したかはわかりません。しかし」

ユーフェミア「これはわたくしとレイの戦いです。ゼロ……もしあなたもレイの意思を利用し、歪めるようなことがあれば……」

ユーフェミア「兄クロヴィスをも殺したあなたを、わたくしはあなたを絶対に許すことはできません……!!」

ゼロ「……その言葉、心にしかと留めておこう。最後に一つ答えておくが」

ゼロ「私がクロヴィスを殺したのは、あの男がブリタニア皇帝の子供だからだ……」バサッ

ユーフェミア「え……?」

675: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 14:21:22.73 ID:nUlyu3s00
スザク「く……セシルさん、ここでヴァリスを使います!」

セシル「えっ、待って!それは危険よ!」

スザク「活動領域が狭まりました、爆風は覚悟の上です!!」

ランスロット「」ヴィィイン!ガコンッ……

旧日本兵「出力全開!!砲身がイカれてもかまわん、絶対死守を敢行せよ!!」ズドォンッ!!

スザク「く……!!」

ランスロット「」バシュゥッ!!

ズドォンッ!!ドゴオオォォォン……

コーネリア「あのイレヴン……!やりきったか!ギルフォード!」

ギルフォード「はっ!」

スザク「……!?あれは、まさか」

ゼロ「あのときの白兜か……!!」

676: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 14:28:54.71 ID:nUlyu3s00
ゴオオォォォッ!!

セシル「上空から何か……あれは……!!」

ロイド「あ、あのナイトメアだっ!!全レーダー起動して!!早く!!」

ランスロット「」

マークシフィル「」ヴウゥゥ……ブフウゥゥゥッ……

スザク「黒い、KMF……!」

レイ(スザク……!)

ゼロ『…………』ザザッ

ディートハルト「来た!」

ゼロ「ブリタニア人よ。動じることはない、ホテルに捕らわれていた人質は全員救出した」

ゼロ「それと。ゴミの掃除をしたので人質と同様にお渡ししよう」

マークシフィル「」ヴイイィィィンッ

草壁「くっ、くそ……!!」

コーネリア「ぬけぬけとよく言う……お前に手出しをしたら人質に逆戻りということだろ!」

677: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 14:37:19.10 ID:nUlyu3s00
ゼロ「人々よ!我らを恐れ、求めるがいい!我らの名は黒の騎士団!!」

セシル「騎士団……?」

ロイド「ほんとにサクラダイト反応がない!!エネルギー源が違うっていうのか!?サーモは?これぐらい近いならエナジーサーチが……!!」

ゼロ「我々黒の騎士団は、武器を持たない者すべての味方である!イレヴンだろうと、ブリタニア人であろうと!」

ゼロ「日本解放戦線は卑劣にもブリタニアの民間人を人質に取った。無残に殺した」

ゼロ『無意味な行為だ。故に我々が制裁を下した!』

藤堂「ぬう……」

ディートハルト「当然ですこのまま流さないと!責任?そんなもの私が取ります!!」

ゼロ「クロヴィス前総督も同じだ。武器を持たぬイレヴンの虐殺を命じた、このような残虐行為を許すわけにはいかない」

ゼロ「私は戦いを否定しない。しかし強い者が弱い者を一方的に殺すことは断じて許さない!!」

ゼロ「撃っていいのは、撃たれる覚悟のある奴だけだ!!」

スザク「……!」

ゼロ「我々は力ある者が力なき者を襲う時再び現れるだろう。たとえその敵がどれだけ大きな力を持っているとしても!!」

カレン(……正義の)

レイ(味方……!!)

678: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 14:46:57.17 ID:nUlyu3s00
ゼロ「力ある者よ、我を恐れよ!」バサッ

マークシフィル「」シャキンッ!

ロイド「MVSまで!?なんなんだよもおおおおおおお!!!!」

ゼロ「力なき者よ、我を求めよ!」

マークシフィル「」ジャキンッ‥…!

セシル「エナジー総量に動きが見られません……」

ロイド「変動もないってそんな馬鹿な話ないでしょ!!」

ゼロ「世界は、我々黒の騎士団が……裁く!!」

レイ(ルルーシュ、なんだかシフィルがおかしい……そろそろ戻させて!)

ゼロ(わかった、高高度へ飛んでシフィルを消せ)

マークシフィル「」ギギギギッ……ゴオオォォォッ!!

ジェレミア「あれがゼロのナイトメアなのか……!」

レイ「ジェレミア卿!騒がしくなってますけど、何が……」タッタッタッ

キューエル「休息は取りすぎるな。素早く回復するのも騎士の資質だろう」

ヴィレッタ「……人質は救出された。ゼロによってな……」

レイ「え……ゼロが……?」

ジェレミア「ゼロめ……私に濡れ衣を着せた借りを必ず返してくれる……!!」

682: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 15:09:31.71 ID:nUlyu3s00
レイ「……いろいろあったけど、とりあえずうまくはいったね……」

ルルーシュ「ああ。パフォーマンスとしてはマークシフィルの存在も大きい、オレの手振りと合わせてくるとは思わなかったが」

レイ「そう動かした方がいいかなって思って」

ルルーシュ「……お前は危うい行動が多すぎる。あの場はユフィが納得したからいいものの、本来なら」

レイ「ユフィ?」

ルルーシュ「ッ……とにかく一刻も早く自重を覚えろ。いいな」


自由行動権【1/2】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(玉城好感度5、井上好感度2、南好感度4、杉山好感度5、吉田好感度3、永田好感度8)
3.カレンと話す(好感度7)
4.C.C.と話す(好感度6)
5.生徒会メンバーと話す(ミレイ好感度5、ナナリー好感度6、シャーリー/ニーナ好感度8、リヴァル好感度9)
6.純血派と話す(ジェレミア好感度8、キューエル好感度5)
7.コーネリア/ユーフェミアと話す(初期好感度決め)
8.ヴィレッタと話す(?)

↓3 多数決

684: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 15:11:08.11 ID:xfQbVWkKO
7

686: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 15:24:09.16 ID:nUlyu3s00
――エリア11政庁


レイ「お呼びですか、コーネリア総督!……ッ」

ユーフェミア「レイ」

コーネリア「ああ……先の事件での様子を聞いてな。焦燥しきった様子だったと」

レイ「それは……自分の未熟さゆえです」

コーネリア「そうだ。わかっているならば構わん、お前にはここを守ってもらわねばならんからな」

レイ「えっ?」

コーネリア「エルアラメイン戦線ではEUが攻勢に出ている。我々としては、いつまでもこうしてここに居る訳にはいかん」

コーネリア「内政を固めて衛星エリアに昇格したい、そのためにテロ組織の撲滅は急務、イレヴンの中で蔓延しているリフレインも深刻だ」

コーネリア「ここで中華連邦の九州ルートを叩かねばならん。親衛隊不在の政庁で、その間の守りの要はお前たち純血派だ。わかるな?」

レイ「は……はい。わかります」

コーネリア「聡い子だ。ユーフェミアもわかってくれるな」

ユーフェミア「はい、お気をつけて」

レイ「…………」


↓1でコーネリア、↓2でユーフェミアの初期好感度決定(>>581でコーネリア好感度5を保障)
01~20 好感度+1
21~40 好感度+2
41~60 好感度+3
61~80 好感度+4
81~00 好感度+5

687: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 15:24:47.32 ID:0N25iVJh0

688: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 15:24:58.39 ID:wyr0IUgPo

692: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 15:37:34.72 ID:nUlyu3s00
とりあえず表変えてユフィ振り直し

↓2
01~20 好感度+3
21~40 好感度+4
41~60 好感度+5
61~80 好感度+6
81~00 好感度+7

694: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 15:40:00.25 ID:0N25iVJh0

700: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 15:48:35.58 ID:nUlyu3s00
コーネリア「ユーフェミアも何かあれば彼らをまた頼るといい」

ユーフェミア「!は、はい」

コーネリア「……このエリアはわたしたちが綺麗にしてお前に渡す。だから危ないことは考えるな……な?」ガチャッ

ユーフェミア「……はい」

レイ「……ぼくを頼りにはできないですよね?」

ユーフェミア「いいえ、頼ります。あなたは騎士でもありますから……それより」

ユーフェミア「面と向かってしまうと、やはりまだ言いたいことも言えなくて……」フウッ

レイ「何か言いたかったんですか」

ユーフェミア「そういうわけにはいきません、って」

レイ「……そうですか」


コーネリア好感度7/ユーフェミア好感度4から開始

704: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 15:55:11.53 ID:nUlyu3s00
レイ「黒の騎士団としての活動は?」

ルルーシュ「そろそろ動き出す。じきにKMFが必要になってくるタイミングがある」

ルルーシュ「その時はまたシフィルを動かす。いいな」

レイ「うん……最近シフィルについて考えたんだけどさ」

ルルーシュ「何だ?」

レイ「もしかしたら、シフィルはあんまり長い時間動けないのかもしれない。あの時様子がおかしかったのはそのせいかも」

ルルーシュ「エナジー総量の問題か……」


自由行動権【2/2】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(玉城好感度5、井上好感度2、南好感度4、杉山好感度5、吉田好感度3、永田好感度8)
3.カレンと話す(好感度7)
4.C.C.と話す(好感度6)
5.生徒会メンバーと話す(ミレイ好感度5、ナナリー好感度6、シャーリー/ニーナ好感度8、リヴァル好感度9)
6.純血派と話す(ジェレミア好感度8、キューエル好感度5)
7.コーネリア/ユーフェミアと話す(好感度7/好感度4)
8.ヴィレッタと話す(?)

↓3 多数決

706: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 15:56:32.76 ID:vt4N4QxcO
4

709: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 16:07:03.70 ID:nUlyu3s00
レイ「C.C.!いる~?」プシュゥ

CC「何だ。人が寝てる最中に」ムク

レイ「歴史のこと教えてよ!前また今度にしちゃってたさ」

CC「あれか。いいだろう、こっちへ来い」

レイ「うんッ」スタスタ

CC「……レイ。ルルーシュの面倒をよく見てるみたいだな、あのナイトメアはお前だろ?」

レイ「え……よくわかるね。そういやゼロがルルーシュだって知ってるんだっけ」

レイ「どうして黙っててくれるの?ルルーシュとどういう関係なのかな、恋人じゃないの?」

CC「違う」

レイ「だってずっと泊めてるじゃん!偉そうな喋り方だし婚約者さんとかでしょ?隠さなくたってぇ」

CC(……子供はこうだから可愛いんだが、困る)ハァ

レイ「……知らないことだらけだな、そういえば。なんで捕まってたのかも知らないし……」


↓2
01~70 好感度+1
71~00 好感度+2

711: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 16:08:35.20 ID:vt4N4QxcO
だってお前扇とコミュしたいか…?

715: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 16:21:11.81 ID:nUlyu3s00
レイ「この北南戦争ってのが起こったのがよくわかんなくて」

CC「ブリタニアも一枚岩じゃないし、今もそうだ。北軍は今のブリタニア、南軍はユーロブリタニア」

CC「ユーロブリタニアは敗れて吸収された。だからEUを圧倒してる現状はこいつらにとって喜ばしいんだろうな」

レイ「詳しいねえ~~」

CC「ふ。私はC.C.だからな」

CC(…………)

レイ「どしたの。続き続き」

CC(こいつと、あのナイトメア。Cの世界にとってどういう存在になる……)


C.C.の好感度6→7に上昇

718: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 16:32:22.20 ID:nUlyu3s00
レイ(あれからしばらく経った。レジスタンスのみんなはゼロを受け入れてくれたみたいで一緒に戦ってる)

レイ(していることは麻薬組織や汚職政治家の暴露。ぼくがブリタニアの騎士だから、警備の隙間になる時間帯が全て把握済みで)

レイ(たぶん、誰も殺してない……ルルーシュはぼくの気持ちを汲み取ってくれてるんだろうか……)

玉城「何考えてんだゼロって奴は……!ブリタニアを倒すって言ってたくせに」

玉城「やってることは警察の手伝いじゃねえか!」ヒソヒソ

レイ(……たしかにこうやって反対もあるんだけど)

扇「……人に感謝されるのは悪い気分じゃない。それに、ゼロは完璧な作戦を立ててるよ」

杉山「誰か死んじまうような無茶な作戦もない……それに俺たちネットじゃヒーロー扱いだもんな」

玉城「ケッ」

レイ(でも『正しいこと』をしてるって気持ちがみんなを引き留めてくれてる。んだと思う)

チカチカ……ッ

扇「ゼロからの合図だ。よく入れたな……」

玉城「毎回毎回どんな手品使ってやがんだ」

扇「作戦通りKMFの二機から突入だ!」

カレン「了解!」

レイ「了解。カレン、ぼくの制限時間も考えておいて」ガコンッ!

カレン「……それだけ強いのに、5分しか動けないなんてね」

レイ(この前に試した。マークシフィルは5分しか動けない、5分を超えると勝手に帰っていっちゃうしまた5分経たないと呼べない)

レイ(それと、ぼくもどっと疲れてねむくなる……よくわかんないルールを持ったヤツみたいだった)

719: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 16:38:41.05 ID:nUlyu3s00
ガゴォンッ!!

玉城「黒の騎士団参上!行けェ!」

「な、KMFだ!!」「冗談じゃないぞ!!」

カレン「やっぱりナイトメアはすごい……一機あるだけで圧倒的、二機なら尚更……!」

レイ『降伏してください。ぼくたちには絶対勝てません』ジャコンッ!

「く、くそ……」

扇「よし捕まえろ!」

レイ「……カレン、何してるの?」

カレン「お母さん……!?うわぁっ!!」ガンガンガンッ!ドォンッ!

レイ『ナイトメア……警察の!?なんで!』ギャルルルルッ!

南「アレ警察のだろ!グルってことか……!?」

ゼロ「……腐ってやがる……!!」

レイ『カレン反撃して!死んじゃうよ!?』

カレン「どうして!?いらないのに……いらないのにィィッ!!」

レイ(人間だ!人間を庇って……警察が殺そうとして……警察なのに!!)

ナイトポリス『』ガンガンガンッ!

レイ『この……人でなしやろおっ!!』

マークシフィル「」ギロギロギロッ……ヴォオオオォォォォッ!!


↓2(レイ:KMF操縦技術Lv7【+3/5】)
01 カレン被弾(次回カレン母死亡)
02~00 マークシフィルの性能に勝てるわけないだろ!(カレン好感度+2)

721: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 16:40:11.41 ID:JhYl6nLuO
ほぼ自動成功や!

725: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 16:47:31.70 ID:nUlyu3s00
レイ(ランドスピナー……そこだろっ!)ドギュゥッ!

ナイトポリス「な、何!もう一機……くそーっ!」ドォオンッ!

レイ(ファクトスフィア……!)ゴガァンッ!!

ナイトポリス「も、モニターが……!」

レイ『……自分が何やってるのかわかってるのか!!警察なのに、人の命を自分のために!!』

マークシフィル「」ブフゥゥゥウウッ……!ギュルルルゥルルゥゥ……!!

ナイトポリス『ひ、ひいい!!機械じゃない!!化け物だあ!!』

レイ『お前なんか……ぼくが……!!』

カレン母「……いるから、そばにいるから、カレン。ずっとそばにいるからね!」

カレン「はぁ……っ!!」

レイ「!!」

レイ(お母さん……だったの……!?)

726: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 16:51:09.57 ID:nUlyu3s00
カレン「だから……だからあんな家に居続けたっていうの、そんなことのために……!」

レイ『…………カレン、その人、君の……』

カレン『……ありがとう。気づいたの……私気づいたの……!!』ポロポロ

カレン『私……がんばるから、お母さん……!!』グッ

レイ(……ぼくにはいないもの。お父さん、お母さん……)

レイ(愛してるって、こういうことなの……?)

レイ(……ぼくにはわかんない……)

カレン(……レイ、ありがとう……)


カレンの好感度が7→9に上昇

734: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 20:26:15.87 ID:nUlyu3s00
レイ「誰にでも両親はいる……お母さんのお腹から生まれてくる」

レイ(……ぼくは?ぼくはどうなんだ?)


自由行動権【1/2】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(玉城好感度5、井上好感度2、南好感度4、杉山好感度5、吉田好感度3、永田好感度8)
3.カレンと話す(好感度9)
4.C.C.と話す(好感度7)
5.生徒会メンバーと話す(ミレイ好感度5、ナナリー好感度6、シャーリー/ニーナ好感度8、リヴァル好感度9)
6.純血派と話す(ジェレミア好感度8、キューエル好感度5)
7.コーネリア/ユーフェミアと話す(好感度7/好感度4)
8.ヴィレッタと話す(?)

↓3 多数決

736: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 20:28:27.10 ID:LPHHI0MK0
3

一気に10にしておきたい

742: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 22:21:06.08 ID:nUlyu3s00
レイ「……お母さん、どうだったの?」

カレン「……後遺症で話せなくて、判決は……懲役20年だって……」

レイ「……愛してくれてたんだよね」

カレン「馬鹿だあたしは!!自分で追い詰めてることも知らないで……勝手に嫌って、あたし……!!」

カレン「家族なのに!!ほんとのお母さんなのに……!!」グスッ

レイ(カレン・シュタットフェルトと、紅月カレン……そういう境遇を知ったのは昨日が初めてで……)

レイ「……どうしてぼくには……」

カレン「……え?」

レイ「カレンは今とっても辛いんでしょ……悲しいはずでしょ、なのに」

レイ「どうしてぼくにはわかんないの……お母さんって、どういうもの」

レイ「愛してるって……なに……?」

カレン「レイ……?」

743: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 22:36:49.82 ID:nUlyu3s00
カレン「あんた……記憶戻ったって言ってたんじゃ」

レイ「あんなの嘘だ!ぼくは……嘘ついたんだ。ブリタニアの騎士だけど、黒の騎士団でもいなきゃいけなくて……!!」

カレン(スパイってこと……?記憶喪失で、都合がいいから……)

レイ「伝わらないんだ!!カレンだってお母さんのお腹から生まれてきて、温もりがあったんだろうに……」

レイ「感じられなくて……でも、マークシフィルの中ではそういう気持ちがあって、それって……!」プルプル

レイ「それって、ぼくは何だってんだよ!?」

カレン「レイ!!」ギュッ!

レイ「むぐ……!」

カレン「……考えちゃダメだよ、それ……!」

レイ「でも……!愛してもいないのに、ぼくは……誰かを守ってもいいの!?」

カレン「いいのよ……自分の好きにすればいいじゃない、心に従えば……」

カレン「愛してるかどうかなんていい。命を守りたいって決めたのは、あんたでしょ……?」

レイ「でも!」

カレン「それでも知りたいなら……っ、あたしが教えてやる!」

レイ「……!!」

745: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 22:49:25.53 ID:nUlyu3s00
レイ「……ごめん」

カレン「……何が?」

レイ「……慰めに来たはずなのに、なんか、逆にしちゃって」

カレン「記憶喪失の辛さなんて、あたしにはわからないもの……いいのよ別に」スッ

レイ「……じゃあ、学校行こ?」

カレン「うん……帰ろ、アッシュフォード学園に」

レイ「教えてくれるんでしょ?愛してる、ってどういうことなのか」

カレン「え……ちょっ、そ、それは!」

レイ「学校は勉強するとこだよ?」

カレン「……あー、ちょっと用意がいるから!!また今度、ってことで。ね!?」オタオタ

レイ「そっか……」

カレン(な……なんか、振り返るとスゴい恥ずかしいこと言ってないか、あたし!?///)


カレンの好感度9→10に上昇

746: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 22:55:55.60 ID:nUlyu3s00
レイ「……どれくらい用意がいるんだろうなあ」

CC「なんだ。行事か何かか?」

レイ「カレンがさ、愛してるってどういうことか教えてくれるんだって」

CC「ぶっ!?そ、そうか……そういう風になってるのか、お前たち」ゲホゲホ

レイ「?」

CC「……いやな、相当時間がかかると思うから待っておいてやれ。それが男の甲斐性というものだ」

レイ「そうなんだ」


自由行動権【2/2】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(玉城好感度5、井上好感度2、南好感度4、杉山好感度5、吉田好感度3、永田好感度8)
3.C.C.と話す(好感度7)
4.生徒会メンバーと話す(ミレイ好感度5、ナナリー好感度6、シャーリー/ニーナ好感度8、リヴァル好感度9)
5.純血派と話す(ジェレミア好感度8、キューエル好感度5)
6.コーネリア/ユーフェミアと話す(好感度7/好感度4)
7.カレンと話す(?)
8.ヴィレッタと話す(?)

↓3 多数決

749: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 22:57:39.21 ID:v5p36PtpO
4

757: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 23:29:42.57 ID:nUlyu3s00
(申し訳ないですけど今回からナナリーはCCの選択肢の方に割り振りすることにします。この子あんまり生徒会いない……)


レイ(なんか久しぶりに生徒会に来たな……)ガチャッ

リヴァル「おあ!!レイ!!お前、騎士になったって本当かよ!?」

シャーリー「私たちに秘密で!!いつの間に!?」

レイ「え……えっ、なんで知ってるの!?」

ミレイ「最近あんまし学校来てなかったからね……生徒会に新メンバーがいるの」

ニーナ「イレヴ……んん、名誉ブリタニア人の人なんだけど」

スザク「……やあ」

レイ「!!?」

レイ(枢木……スザク……!?)

ミレイ「同じブリタニア軍にいるから知ってたって!もう私たちに秘密ができちゃったなんてねぇ~」

スザク「僕の職場は技術部なので、面識はなかったんですけどね……生徒会長さん、すみませんけど」

スザク「少しレイくんを借ります。一度話がしてみたくって」

ミレイ「もってけもってけ!」

レイ「…………」

760: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 23:44:52.42 ID:nUlyu3s00
レイ「……どうしてこの学校に」

スザク「君こそこの学校にいるとは思わなかったよ。ブリタニアの騎士になってることも」

レイ「ぼくをどうにかしようとしてるの……?」

スザク「いいや。ユーフェミア様からそれはダメって言われてるし……僕もそんなつもりはもうない」

スザク「君はあのとき、ルルーシュのために怒ったからこそ手を貸した……君をそうさせたのはルルーシュの気持ちを無碍にした僕の責任だから」

スザク「むしろ、怒ってごめん。君は騎士になれるような正しい行いをできる人だった」

レイ「……この学校を薦めてくれたのも?」

スザク「ユーフェミア様なんだ。救出作戦を成功させたからって取り計らってくれて……ナナリーにはまた会えたんだけど」

スザク「ルルーシュにはまだ会えないんだ。しかし、まさかルルーシュが学校をサボるような人になってたなんて想像してなかったな……」

レイ「……ルルーシュに夢見すぎだと思うよ?」

スザク「あはは。手厳しいな……目的が一緒だっていうから、君とまた会いたいって思ってた」

スザク「僕と一緒にブリタニアを変えていこう……!」スッ

レイ「…………しょうがない、なぁ」ギュッ

スザク「僕の配置は特別派遣嚮導技術部……特派っていう場所なんだ。よかったら一度来てみて欲しい!」

レイ「気が向いたらにさせてもらうよ」ヒラヒラ


↓2
01~75 生徒会の好感度+1
76~00 生徒会の好感度+2

762: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 23:45:29.00 ID:LPHHI0MK0

769: ◆QoIHN1CLio 2019/02/08(金) 23:51:52.40 ID:nUlyu3s00
(このスレで何回00出るんだよお……一日一回出てるだろ……)


【スーパークリティカル】
ミレイ/シャーリー/ニーナ/リヴァルの生徒会コミュコンプリート

↓5多数決
1.次回キョウトからラクシャータがすっ飛んでくる(追加機体はコンマ)
2.次回紅蓮壱式の譲渡確定(ラクシャータ来るかどうかはコンマ)

770: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/08(金) 23:53:00.85 ID:tEY2subj0
1

775: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 00:08:49.41 ID:FXJk3JJ/0




シャーリー「……ちょ、ちょっとお!!レイくーんっ!!」タッタッタッ

レイ「え?なに?」

シャーリー「……も、モップ掛け早すぎ……!!あ、あの、頼みたいことがあって!!」ゼェゼェ

レイ「ぼくでよければなんでも」

シャーリー「こ……これ、ルルに渡して欲しいの!!」

レイ「え!!ラブレターってこと!?」

シャーリー「ちっちちちがうよ!!違うけど……あの、自分じゃ渡せなくて……///」

レイ「へえ……すごいなあ、こんな高い劇場のチケット買ったんだ!本気だなあ!」ガサガサ

シャーリー「なんで開けるのおおおおおおお!?」ガーンッ!!

レイ「あ、ごめん。つい……でも、愛してるってこういうことでもあるよね!だからぼくも見習いたくて!」

シャーリー「……か、買ったわけじゃなくてね。ナリタにいるお父さんからもらって//////」

レイ「あの山だらけのところ?地理で習った。学者さんか何かなんだ」

シャーリー「よくわかるね……お願いね!?破かないでね!?」

レイ「まかせといて!」ズバババババ!!

シャーリー(カレンといい仲ってほんとなのかなあ……モップ早すぎ……)

スザク「レイ!!もうあんなに遠くに……くそ、もっと速くならないと……」シュバババババ!!

シャーリー(何コレ……モップ掛け競争?)


生徒会メンバー全員の好感度が10に上昇

786: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:04:44.97 ID:FXJk3JJ/0
レイ「チェックメイト」コト

リヴァル「だぁーっもう!!」

リヴァル「……お前、そんなに強ぇのになんで代打ち付き合ってくれねえんだよ」

レイ「ぼく奨学生だよ?ルルーシュから聞いてるよ、賭けチェスだって」

レイ「やってもいいけどバレたら一発で取り消し喰らうね~、リヴァルのせ・い・で!」

リヴァル「ったく……お前変わったよなあ~!!」グシグシ

レイ「へへ」

リヴァル「……っし、飯行こうぜ飯!騎士様におごらせてくれよ」

レイ「ほんと!?行こう!」

リヴァル「メット被れよ!」ポイ

レイ「うん!」ガシッ

787: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:05:53.97 ID:FXJk3JJ/0




リヴァル「……なあレイ」

レイ「ん?」モグモグ

リヴァル「なんで騎士になろうと思ったわけ?自分の記憶もないのにさ」

レイ「……アッシュフォード学園で暮らしてて、わかったんだ」

レイ「こういう人たちの幸せがなくなるようなことがあっちゃいけないって……だからかな」ズルルルルルッ!!

リヴァル「……河口湖にもいたわけ?」

レイ「出撃できなかったし、助けたのはスザクくんだけどね」

リヴァル「助けようとはしてたワケね」

レイ「そりゃあもう!!」

リヴァル(…………なんか、俺よりずっと先に大人になっちまったみたいだよな、こいつ……)

リヴァル「……騎士になって戦うのはいいけど、さ。俺と約束してくれよ」

レイ「いいよ。なに?」

リヴァル「何があっても自分が死ぬようなマネだけはすんな」

リヴァル「お前がもし死んだら……墓ぁ掘り起こして起きるまでブン殴ってやるからな!?」

レイ「……約束する。けどさ」

レイ「リヴァルに殴られたぐらいで起きるほどヤワじゃないかなあ~~」

リヴァル「こいっつ!!」ガタッ

レイ「はははは!!」


リヴァルの好感度が9→10に上昇

788: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:08:28.62 ID:FXJk3JJ/0
ニーナ「……できた?」

レイ「これだ……すごい、ほんとにこんなエネルギーが生まれるの?たった1グラムで……」

ニーナ「うん……計算通りにいけば、きっと」

レイ「これがあればサクラダイトよりずっと多くの電気を生み出せるかも」

ニーナ「そう!!私の研究ならきっと……でも」

ニーナ「まだこれじゃ駄目……エネルギーの発生のときに、とんでもない量の放射線が発生するから」

レイ「放射線?」

ニーナ「とっても長く残って人間の毒になるし、目には見えない。これをなんとかしないと使えない……」

ニーナ「……ここは、また1から組み立てなきゃ……んん」ググッ

レイ「……まだまだ遠いんだなあ」

ニーナ「……今日はもう遅いし、レイくんは帰らないと」

レイ「え?いやいや、大丈夫。ぼく1週間ぐらいなら寝なくても大丈夫そうだから」

ニーナ「……試したの?」

レイ「猫捕まえた時あるけど、あれが4日目」

ニーナ(……体力バカ……)

789: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:10:09.80 ID:FXJk3JJ/0
ニーナ「……ごめん」

レイ「?」

ニーナ「ユーフェミア様のためって、無理言って最近毎日付き合わせちゃって……」

レイ「ぜんぜん。計算なら得意だから」

ニーナ「これを完成させたら……ユーフェミア様、私に会ってくれるかな」

レイ「会えるよ!絶対褒めてもらえる」

レイ「……でも、ニーナの勇気次第かも」

ニーナ「えっ……」

レイ「ニーナが勇気を出して会いにいけば、この研究が完成してなくたって会ってくれる」

レイ「きっと勇気には勇気で応えるのがユーフェミア様だと思う。だから、ニーナも」

ニーナ「……気持ち悪いって言われる。私なんか」

レイ「そんなことない、僕はずっと応援する。頑張れ、ニーナ……」

ニーナ「…………」

ニーナ「女の子だったらよかったのに……」ボソッ

レイ「へ?」

ニーナ「なんでもない。続きやろ」カタカタカタ


ニーナの好感度が8→10に上昇

791: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:13:14.84 ID:FXJk3JJ/0
――アッシュフォード学園 競泳用プール


シャーリー「ねえ?」

レイ「……ん」プカプカ

シャーリー「そろそろ帰ろうよ、レイくん服びっちょびちょじゃん……夜になって冷えたら風邪引くよ?」

レイ「まだ練習する。自分で明かり消すから、シャーリー先に帰っていいよ」ザブンッ

シャーリー「急に泳ぐの覚えたいなんて言い出したんだから、私の都合に合わせてくれたってよくなーい?」

レイ「なんかさ、好きなんだ。水の中とか夕焼けとか」プハッ

シャーリー「え?」

レイ「分かれ目とかなくて、みんな一緒で。生まれた時に似てる気がして……そう思うと服は邪魔だったかな」

シャーリー「……そうなんだ」

レイ「シャーリーにはそういうのないの?」

シャーリー「……あんまりプールでそういうこと感じないかな」

レイ「そっか」

シャーリー「…………」

792: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:14:57.91 ID:FXJk3JJ/0
シャーリー「そ、そういえばさ!もうしちゃったの?カレンと……そ、その、キス」

レイ「準備がいるんだってさ」

シャーリー「そっか!!そりゃあ……そうだよね、うん」

レイ「ぼくこそ聞きたいんだけど、シャーリーが捕まえたら誰とキスしたかったの?カレンと揉めてたよね」

シャーリー「そっ!?そそそそんなのいいでしょ!!誰でも!!」

レイ「だってぼくってわけじゃないもん、誰かいるんでしょ」ザバッ

シャーリー「……そういうわけでも……ないかもしれないけど……」

レイ「……ん?」

シャーリー「いや!違う違う、気の迷い!!やっぱりルルが……」

レイ「ルルーシュ!?やっぱり!!とうとう吐いた!!」

シャーリー「あっいやっ……もう!!やーめーてーよー!!///」


シャーリーの好感度が8→10に上昇

793: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:15:58.41 ID:FXJk3JJ/0
ミレイ「おーっす諸君!」

ルルーシュ「しっ」

ミレイ「……?」

ルルーシュ「これ」

レイ「…………」スヤスヤ

ミレイ「あ……おっけー、把握した」

ルルーシュ「じゃ、あとは会長がお願いします」スタスタ

ミレイ「うん。じゃ」バタン

レイ「…………zzz」モゴモゴ

ミレイ(なんか最近ずっと頑張ってたし、限界来ちゃったかー)キィ……

ミレイ(……寝てる時はカワイイもんよね、あれだけなんでもやってくれるのに)

794: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:17:55.49 ID:FXJk3JJ/0
レイ「……む、ぐ……!」

ミレイ(?)

レイ「だれ……ぶぃ、っ?うぅ、ぐっ……!」ギリギリ

ミレイ(……無くした記憶を夢で見てるのかしら。でも、苦しんでるけど)

レイ「やめ……て……!!」

ミレイ(……こんなに苦しんでるのが、ほんとの記憶?)

ミレイ「ね、ねえ……大丈夫?」ユサユサ

レイ「ふはっ!!は、あ……!?」

ミレイ「……大丈夫よ、ここには誰も傷つける人はいないから」

レイ「かい、ちょう……ミレイさん?」

ミレイ「記憶喪失の辛さは私たちにはわからない。けど……」ギュッ

ミレイ「辛い記憶なら、忘れたまんまでもいいの。皆でもっと楽しい思い出作りましょう……?」

レイ「??…………は、はあ」


ミレイの好感度が5→10に上昇

795: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:24:16.44 ID:FXJk3JJ/0
――トウキョウ租界港湾部倉庫


レイ(リフレインの件からけっこう経って……黒の騎士団は随分大きくなった。前とは比べものにならない)

レイ(今日はキョウト、っていう組織からKMFがたくさん送られてくる日で。これで黒の騎士団の力はもう普通のレジスタンス程度じゃなくなる)

南「これこそが完全な日本製のナイトメア!」

カレン「紅蓮壱式、弐式……」

玉城「へへ……うれしいねェ、キョウトのお偉いさんも俺たち黒の騎士団を認めたってコトだよ」スタスタ

ゼロ「……キョウトは複数のレジスタンスに支援を送っている。これはただの試験にすぎない」コッコッ

カレン「ゼロ。でもそう思っていただけるだけでもすごいことです」

ゼロ「前向きだな……紅蓮弐式はカレン。君のものだ」

カレン「私たちが?でも紅蓮の防御力ならあなたこそが……」

ゼロ「君たちがエースパイロットだ。私は指揮官、戦闘の切り札は君とレイだけだ」

ゼロ「それに君たちには戦う理由がある」

カレン「……はいッ」チャリッ

レイ「確かもう1機、特別な機体送られてきてませんでしたか?」

ゼロ「ああ。向こうで確認をとれ」


↓2(KMF追加・前回の影響でコンマ拡大)
01~25 無頼改
26~50 月下
51~00 紅蓮壱式

797: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 14:24:49.86 ID:mTkI0Kt/0

799: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:39:20.30 ID:FXJk3JJ/0
レイ「紅蓮壱式かぁ……」

カレン「こっちは輻射波動のついてない兄弟機。それでも性能は充分すぎるぐらいよね……」

レイ「そしたら誰が乗ったほうがいいんだろ、これ」

カレン「レイはマークシフィルに乗るし、あたしは弐式……うーん?あたしたちと同じくらいできる人いないよね」

レイ「ゼロが乗るべきですよ」

ゼロ「言っただろう。私は指揮官にすぎん、他の適性がある者を探せば……」

レイ「指揮官の喪失は敗北も同然、でしょう?」

ゼロ「……一理ある。しかし目立つわけにはいかん、カラーリングの変更が必要だな」

扇「おおいゼロ!変な情報が入ってきた。入団希望のブリタニア人からだ……我々を誘い出す罠じゃないのかな」ペラッ

ゼロ「!」

扇「裏を取ろうにも迂闊にこの男には接触できないし、無視するにも大きすぎる情報だ。どうするか……」

ゼロ「……週末はハイキングだな。ナリタ連山まで」パタン

扇「それじゃあ……」

レイ(ナリタ……?)

806: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 14:54:27.99 ID:FXJk3JJ/0
ゼロ「キョウトから来た技術者のチームはどうしている」

扇「ずっとマークシフィルにべったりだよ。俺も気になってはいるけどな……どうやってあんな高性能機を」

レイ(えっ、まだいるの……?ちょっとヤなんだけど……)

ゼロ「ナイトメアはあくまで勝つための道具にすぎん。使い方次第だ」スタスタ

扇「…………」

ラクシャータ「あっいた!!ちょっと、勝手に抜け出さないで!!」ガッシィ!

レイ「み、見つかった!!うわああああああ!!」ピューッ!





ラクシャータ「どうなってるのか説明してよ!このKMF!!」

レイ「ぼくが聞きたいから調べてもらってるんでしょ!!こんな眠たい思いをするとは思いませんでしたけどね……!!」ウトウト

ラクシャータ「あの現れたり消える現象……発生時の反応的にさしずめ量子シフト機能とでも呼ぼうかしら」

ラクシャータ「あれだけでも意味が分からないのに、ユグドラシルドライブもないわエナジーフィラーもないわ……」

ラクシャータ「何を動力にして動いてんの、このナイトメア?しかも消えるまでのフル稼働5分間の間は一切エネルギーが減らないって」

ラクシャータ「ブレイクスルーとかそういうレベルじゃないわよ、オーパーツよこんなの……」

807: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 15:09:43.42 ID:FXJk3JJ/0
レイ「な、何もわからないんですか?」

ラクシャータ「……フロートユニット完成までどういう手順踏めばいいかとかはわかったわよぉ」

ラクシャータ「完成品見せられてから作るなんてとぉってもシャクだけどね」

レイ「じゃ、ゼロの言う通りフロートユニットがたくさん作れるんですよね!」

ラクシャータ「生産ラインができたらの話ぃ。それとコイツには問題点もひとつだけ」

ラクシャータ「稼働時間短すぎでしょ。エナジーが余ってるのに消えるってのがまず意味不明なんだけどぉ」

レイ「それはぼくも感じてますけど……対策とかないんですか?」

ラクシャータ「力技になるだろぉけどなくもないわね。外付けのドライブなりエナジーフィラーを用意して……」

ラクシャータ「要はメイン動力を5分使うと消えるわけだからそれ切っといて、最初は予備動力だけで動かす。そしたら稼働時間が伸びるわけ」

ラクシャータ「……MVSに輻射波動、ヴァリスにフロートまで積んで電力ドカ食いするもんだからそこまで伸びないだろぉけど?」

ラクシャータ「輻射波動の位置も意味分からないし……なんで胸部のド真ん中に」

レイ(よくわかんないけど、頼めばシフィルを改造してくれるってコト……?すごいなあ技術者って)


ラクシャータとのコミュ/研究の選択肢が解放されました
フロートユニット技術の進歩+15%(1ターンごとに+15%)

811: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 15:32:46.03 ID:FXJk3JJ/0
――アッシュフォード学園


レイ「それで、予定通りナリタに行くの?」

ルルーシュ「ああ。ああ。戦場がナリタ連山となるならばオレにかかれば必ず勝てる」

ルルーシュ「……そしてコーネリアを捕らえ、母の死の真相を引き出す」

レイ「…………あのさ」

ルルーシュ「何だ」

レイ「この前、渡したでしょ。シャーリーからの手紙」

ルルーシュ「……しまった、今日か!!大幅な遅れになってしまう……仕方ない、連絡を」

レイ「お父さんがナリタにいるって……」

ルルーシュ「何!?なぜ早く言わない!?フェネット氏は確か地質学者……!!」

ルルーシュ(今回の戦略では彼が巻き込まれる確率も十分にある……!!)

ルルーシュ(……しかし……ナリタで起こすのは言わば戦争。もはや人死にが避けられるような規模ではない)

ルルーシュ(今さらだろう、この道を選んだならば!だが……!!)

レイ「ぼくなら……ブリタニアの騎士のぼくなら、お父さんを助けられるかもしれないでしょ!」

ルルーシュ「コーネリアの側として参戦するということか!?しかし、マークシフィルは……」

ルルーシュ「……く、仕方ない。シフィルの参戦は基本的にないものとする、お前は避難誘導に向かえ……!」

レイ「うん!」


ブリタニア側からの参戦になりました(シャーリー父救助確定、サザーランド破損までシフィルで出撃不可)

813: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 15:58:41.52 ID:FXJk3JJ/0
――ナリタ連山


井上「ハイキングってどういうつもりかしら……しかもマークシフィル抜きだなんて」

玉城「軍事教練だろ?」

扇(……ゼロのやることは徹底している。まさか、作戦に備えてレイを山麓の市民の救助に向かわせるとは)

カレン(……だからこそ、信頼できる……!私たちは正義をやっているっ)





ルルーシュ「C.C.、何をしているこんなところで」

C.C.「気づいているか?黒の騎士団の結束は日を追うごとに堅くなっている」

ルルーシュ「……ああ、嫌でも気づくさ」

ルルーシュ「……オレは非情であることこそが強さを与えるのだと信じて疑わなかった、だが……これでは」

C.C.「……まるで真逆だろ?」

ルルーシュ「……オレの目的ともな……」

C.C.「…………」

815: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 16:09:37.73 ID:FXJk3JJ/0
――ナリタ連山山麓部


レイ(警備網の手薄な場所を当たってみてはいるけど……あれかっ!!)ギュイイィィィン!

レイ『こちらP-4!情報通り退避の遅れているブリタニア人を見つけました、救助に向かいます!』

通信士「P-4が情報通り民間人を発見したそうです……どうしますか?」

コーネリア「……騎士として正しい行いだ。やらせておけ、避難誘導の終了と同時に原隊へと復帰するように伝えろ」

コーネリア(……まさかこの私に避難誘導範囲の拡大を嘆願するとは。言葉通り民間人が見つかった、レイの予測は合っていたということか)

コーネリア(騎士としては正しい……しかし、軍人としては甘い。レイ、その甘さでお前は生き残れるのか?)

レイ『そこのトレーラー!!そちらに退避するのは危険です!大規模な地滑りの危険があります』

運転手「サザーランド……ブリタニアの騎士ですか!?感謝します!」

レイ『フェネット氏を知っていますか!?彼を退避させなければなりません、予測される被害範囲を送ります』ピッピッ

運転手「後続車の中だ!ここまで巨大な地滑りがあるのか……とにかく助かった、ルートを変更する」

レイ『くれぐれも注意して避難を!』

レイ(このトレーラー……あの日、CCが入ってたのと同じものじゃ?)

レイ(……運搬用のトレーラーなんかいくらでも同型があるか。とにかく戻らないと……!)

ドドドドドドド……!!

レイ(始まっている!こんなに大きい……!)

816: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 16:11:23.89 ID:FXJk3JJ/0
ジェレミア「カリウス隊も全滅!?く……同じ過ちを繰り返すわけには……!」

ジェレミア『……純血派たちよ!!今こそ我らの力を見せる時、コーネリア殿下をお守りするのだ!!』

キューエル『しかし持ち場を離れるわけには……!』

ジェレミア『非常時である!クロヴィス殿下の時と同じ轍を踏むことは決して許されない!』

ジェレミア『皇族のために我らが本懐を果たす時が来たのだ!たとえ出世叶わぬ身となっても憶するな!!』

キューエル『……そうだ、その通りだ、立志栄達など手段にすぎぬ!!我らの団結このときのために!!』

ヴィレッタ『ジェレミア卿に続けぇ!!』

ゼロ『コーネリアへの援軍は限られている、一気に突き進め!』

玉城『おお……こうなったらやってやるよぉ!!』ズダダダダダ

ゼロ(背水の陣と逆落とし……古典的戦法が有効だとはな……)

ジェレミア「指揮官機だな!?」ズダダダダダッ!

紅蓮壱式『』ドガァン!

ジェレミア『貴様がゼロか!コーネリア殿下へは我々純血派が指一本とて触れさせん!』

ゼロ「ち……だが」

817: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 16:13:29.91 ID:FXJk3JJ/0
ジェレミア『忠義のために死ぬがいい、ゼロ!』ギュイイィィィッ!

紅蓮弐式『』ズガァッ!

ジェレミア「ぬおっ……!!」

ヴィレッタ『ジェレミア卿!こいつ、初めて見るタイプのナイトメアです!』

ジェレミア『あの黒いナイトメアではない……こいつがカリウスの部隊を……』

カレン「見たかブリタニア!やっと……やっとお前たちと対等に戦える!」

カレン「この紅蓮弐式こそが私たちの反撃の……始まりだ!!」ガコン!

ジェレミア(まずい!あの右腕何かある!)


↓2(カレンKMF操縦技術Lv7)
01~50 冷静なジェレミアなんとか中破で回避(カレン3vs1に)
51~00 ジェレミア輻射波動の餌食に(さらに判定)

819: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 16:14:11.80 ID:nmIHFgJH0
とう

822: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 16:18:37.82 ID:FXJk3JJ/0
ジェレミア「間合いさえ取れば……なに!?」ガキィンッ!!

カレン「……ごめん」カチッ

サザーランド『』ボコボコボコボコ……!

ヴィレッタ『ジェレミア卿!!脱出を!!』

ジェレミア『できるものか!!なんのための純血派だ、本懐さえ果たせずに……こんなところで……!!』

キューエル『ジェレミア脱出しろ!!お前はリーダーだろう……!!おい!!』

ジェレミア『くそっ、オートだと……作動するな!!まだ私は!!コーネリア皇女殿下ァァァ!!』


↓2
01~10 レイ間一髪で間に合う
11~00 ジェレミア離脱(レイ参戦)

824: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 16:18:58.04 ID:GNbwLs2kO

834: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 16:37:45.45 ID:FXJk3JJ/0
レイ『ジェレミア卿ぉぉぉぉぉ!!』ガキィンッ!!

カレン「く!この声……!」

ジェレミア「ぐあっ!!」ガコンッ!!

ヴィレッタ『ジェレミア卿!無事ですか!!』

ジェレミア『ぐっ……あ、ああ……!!』

ヴィレッタ『機体はもう爆発します。脱出ブロックのパージを……私が運搬します!!』

キューエル『……レイ!ヴィレッタが後退する、こいつの相手を!!』

レイ『ぼくたち二人で……!』

ゼロ『レイのサザーランドか……!カレン!』

カレン『わかってる、適度に破壊……難しいけどね!!』


↓2(レイ:KMF操縦技術Lv7/カレン:KMF操縦技術Lv7)
01~05 キューエル死亡
06~10 勢い余って紅蓮弐式中破
11~40 サザーランド中破撤退(キューエル)
41~90 サザーランド中破撤退(レイ)
91~00 善戦するがレイのサザーランドのエナジーが尽きる(経験値+【1/5】)

836: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 16:39:19.78 ID:z3cGZaVSO

838: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 17:02:59.43 ID:FXJk3JJ/0
サザーランド「」ガガガガガガッ!!

キューエル「くそっ……イレヴンに負けてたまるか、誇りあるブリタニアの……!!」

カレン「貰いっ!!」カチッ!

紅蓮弐式「」ボシュッ!

サザーランド「」ズドォンッ!!

レイ『うわっ……!見えない!ファクトスフィアが!!』ザザッ……

キューエル『く……全機撤退だ!!これでは戦闘を続けられん!!』ガガガガガガッ!ギュイイィィィン!

カレン『ゼロ!うまくやれました、マークシフィルを出せるんでしょう!?』

ゼロ『よし!紅蓮は予定位置へ、ここは残った者で突破しコーネリアを狙う!!』

ゼロ『山頂のマークシフィル起動に合わせて時計合わせ、一点突破の準備だ!!』





ヴィレッタ『……ジェレミア卿は意識を失っています、レイのサザーランドもエナジーが。こちらはG-1ベースに向かってから……!』

キューエル『頼む……!私はここで指揮を執り奴らを食い止めてみせる』

レイ『……キューエル卿、ご武運を!』

レイ(……これでぼくもマークシフィルへ!)

839: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 17:17:11.23 ID:FXJk3JJ/0
ブリタニア指揮官「純血派が食い止めている!?」

ブリタニア兵「はい、キューエル卿の指揮で……!」

ブリタニア指揮官「なら今の内だ、総督には後ろに下がっていただく……空軍の援護を!」

ユーフェミア「待って!総督の後ろに何かが近づいています!」

藤堂「無頼改、出撃……!」

四聖剣「「「「はい!出撃します!」」」」

無頼改「」ギュイイィィィン……ジャキィン!

サザーランド「」ドオオォォォン……

コーネリア「なに……!?」

ギルフォード『殿下をお守りしろ!!』

キューエル「伏兵だというのか!?馬鹿な!」


↓2(キューエルLv4+ギルフォードLv6+コーネリアLv5/藤堂Lv6+朝比奈Lv4+千葉Lv4+卜部Lv4+仙波Lv4)
01~15 キューエル中破(死亡判定へ)
16~27 ギルフォード中破
28~74 戦況膠着(ヴィレッタ増援、視点レイ側へ)
75~00 四聖剣一人中破
91~00 キューエル藤堂に一矢報いる(KMF操縦技術Lv4→5)

841: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 17:18:05.62 ID:GNbwLs2kO

844: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 17:24:36.13 ID:FXJk3JJ/0
朝比奈「はああ!!」ギュイイィィィン!

サザーランド「」ダダダダダッ!!

キューエル『ヴィレッタか!レイはどうした!?』

ヴィレッタ『キューエル卿、ご無事で!頭部の破損修理とエナジーの充填が追いつかず……!』

キューエル『く……厳しい戦いになりそうだな!』

ギルフォード「殿下!ここは我々に任せお退きください!」

コーネリア「よし……ならば逆手に取ってやる、刃を交えたのちポイント9まで来い!」

ギルフォード「ポイント9……わかりました!」





ラクシャータ「うひょ~……ほんとに一瞬で席に来れるんだねえ、私らは入れもしないのにさ」

レイ「そんなこといいですから!調整は!?」

ラクシャータ「ばっちりよぉ?暴れてらっしゃい。タイマー起動……っと」

レイ「……いくよ、シフィル!!」バシュッ!

マークシフィル「」ヴオオォン、ォォオオォォォォォォン!!

845: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 17:36:16.64 ID:FXJk3JJ/0
南『なあ、カレンに戻ってきてもらった方が……』

ゼロ『ダメだ!今配置を変えると作戦が崩れる』

ゼロ(とはいえマークシフィルのタイミングが気がかりだ……このままでは親衛隊と相手をすることになる)

カレン『ゼロ!コーネリアの部隊が下から奇襲を受けたって。日本解放戦線の部隊が……』

ゼロ(こちらの作戦を読んだ奴がいたか?優秀だな……ならば親衛隊の足止めはやってくれる)

ラクシャータ『お待たせ~。マークシフィルちゃん出撃よ、準備どう?』

ゼロ『……よし!!タイマーが起動した、10秒後にここを突破する!!』

南「10秒後!?そんな……」

ゼロ『5……4……3……2……全機突破開始!!』

紅蓮壱式「」ギュイイィィィン!

ブリタニア兵「ゼロが岩陰を出る!仕留め……ぐわあっ!!」ズドォンッ!!

ブリタニア兵「な、何だ!?っ、あれは……!!」

マークシフィル「」ゴウン……ゴウン……

サザーランド『黒い、ナイトメア……!!』

レイ「どけえええっ!!」


↓2(レイ:KMF操縦技術Lv7+【3/5】)
01 紅蓮壱式中破
02~00 マークシフィルに勝てる訳ないだろ!

847: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 17:37:39.16 ID:ZzjWvuuLo

849: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 17:43:57.26 ID:FXJk3JJ/0
レイ「ハーケン!同時にMVS!」

マークシフィル「」ボシュゥッ!ジャキィンッ!

サザーランド1『は、早っ』ザシュゥッ!!

マークシフィル「」ギュイイィィィンッ!!

サザーランド2「」ザンッ!バラバラ……

サザーランド3『バカな……!?』ズドォンッ!!

南「す、すげえ。強すぎる……!」

ゼロ『前進だ!コーネリアを追え!』

ブリタニア兵「ぐっ……!あのナイトメア、なぜ……!」バチバチ……





ユーフェミア(黒の騎士団……レイも今戦っているのですか……)

司令官「ユーフェミア副総督、このG-1を突入させましょう!」

ユーフェミア「なりません」

司令官「ですがギルフォード隊長も動けないというコトは、総督のお命が……!」

ユーフェミア「G-1ベースには野戦病院も、避難した民間人も……何より本陣の象徴。動かすわけにはいきません」

司令官「しかしそれでは!!」

ユーフェミア「……戦場をよく見通しなさい。最後の切り札が残っています、特別派遣嚮導技術部へ連絡を」

司令官「……まさか、副総督!あのようなナンバーズに皇女殿下救出の功を」

ユーフェミア「嚮導兵器・ランスロットに出撃を命じます!」

850: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 17:46:48.32 ID:FXJk3JJ/0
ロイド『はぁいどうも!特別派遣嚮導技術部でございまぁす!』

司令官「ユーフェミアお考え直し下さい!たった1機で状況が変えられるなら苦労は……」

ロイド『いやいやだから……やってみてもいいじゃないですか。失敗したってそちらの損失なんかじゃ』

ユーフェミア「やってみるなどありえません。枢木准尉」

スザク『はいッ』

ユーフェミア「コーネリア総督を必ず救出してください」

スザク『……はい!必ずや!』





ロイド『スザクくん!例の黒赤のナイトメアが戦場に出てるって報告があるんだよ!!』

スザク「あの凄まじいKMFが……」

ロイド『是が非でも戦闘データを取ってきて!!』

セシル『今はそんなことを言ってる場合じゃありません!』

ロイド『そんなことって何だ!!あれはKMFの発展にとって絶対重要な機体で……うわああ!ごめんなさいごめんっ』バキィ!!

スザク「……ランスロット、発進します!」

ランスロット『』ギャルルルルルッ!!

851: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 17:51:35.69 ID:FXJk3JJ/0
マークシフィル「」ギロギロギロッ……!

紅蓮弐式「」シュウウゥゥゥ……

コーネリア「こいつ、ただのカスタム機ではない……!そしてこの黒赤のナイトメア、やはり……」

ゼロ『聞こえているかコーネリア?すでにチェックメイトだ』

コーネリア『ゼロか!?』

ゼロ『ああ。再開を祝うべきかな?しかしその前に我々に投降していただきたい、あなたには聞きたいことがある』

ゼロ『ちなみに援軍は間に合わない。私の勝ちなんだよコーネリア』

コーネリア『……愚かなりゼロ、こいつらさえ倒せば活路は開く!』

ゼロ(……不可能だな、紅蓮とシフィルの前には)

レイ(コーネリア様……ごめんなさい、でもぼくも知りたい)

レイ(ほんとにあなたがルルーシュのお母さんを殺したの……!?)


↓2(レイLv7+カレンLv7/コーネリアLv5)
01 コーネリア撃墜
02~26 ランスロット救援
27~65 コーネリア中破(死亡判定へ)
66~00 コーネリア中破鹵獲

853: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 17:54:06.20 ID:mTkI0Kt/0

861: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 19:58:14.98 ID:FXJk3JJ/0
ゴゴゴゴゴゴ……ドオオオオオォォォォン!!

ランスロット『』ヴォォォンッ……!

カレン「えぇ……っ!?ゼロ!!」

レイ『ゼロ!!下がって!!』 

ゼロ「な、何が……ちぃぃっ!!」

スザク『総督、ご無事ですか!救援に参りました!』

コーネリア『特派だと……誰が許した!』

ギルフォード「しかし助かった……あのランスロットならば」

玉城「おい、まさかコイツ……!」

扇「ああ、シンジュクや河口湖にいたヤツだ……!!」

ゼロ「またか……またアイツが!!」

ゼロ(しかし……こちらの切り札は二枚!)


↓5多数決
1.弐式とランスロットを戦わせてシフィルでコーネリアを捕える(捕縛確率上昇、しかし弐式が損壊しゼロが追い詰められる可能性も)
2.弐式とシフィルでランスロットを潰してからコーネリアを捕える(捕縛確率低下、しかしゼロが追い詰められる可能性なし)

866: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 20:01:55.66 ID:GNbwLs2kO
2

870: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 20:12:50.62 ID:FXJk3JJ/0
ゼロ『紅蓮弐式とマークシフィルは白兜を破壊しろ!こいつの突破力は邪魔だ……!!』

カレン『はい!』

レイ「……スザク!邪魔はさせない!!」

ランスロット「」バシュッ!!バシュゥッ!!

紅蓮弐式「」ギュイイィィィン、ガッシィ!ボコボコボコ……

スザク「え……!?」

ドオオォォォン……!

カレン『レイ!こいつ勘がいい……!』

レイ『知ってる!!でも二人ならぁ……!!』

マークシフィル「」ブフウゥゥゥ……ッ!ドヒュゥッ!

ランスロット「」ギュイイィィィン!!

スザク「データ通り向こうもヴァリス!MVSも……」

スザク(ランスロットと違うのは、空中で動けるアドバンテージ……!!なんてナイトメアだ!)


↓2(レイLv7+カレンLv7/スザクLv7)マークシフィル稼働時間:残り4ターン
01~10 マークシフィル中破(コーネリア奪還)
11~20 紅蓮中破(ゼロ側が不利に)
21~60 戦闘拮抗(次回ゼロ側判定)
61~00 ランスロット中破(シフィルがコーネリア側へ)

872: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 20:14:54.22 ID:GNbwLs2kO

874: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 20:17:03.51 ID:FXJk3JJ/0
【ゾロ目ボーナス:ダブルアップ】

↓2
01~30 戦闘拮抗(次回ゼロ側判定)
31~80 ランスロット中破(シフィルがコーネリア側へ)
81~00 第7世代2機がかりでしばき上げた(KMF操縦技術+【1/5】)

876: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 20:19:12.68 ID:R/DXI3ap0

878: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 20:30:06.67 ID:FXJk3JJ/0
マークシフィル『』ギャリリリリッ!!ガキィン!!ガキィンッ!!

レイ「おおおおおおおお!!」ドクン……ドクンッ……

スザク「く……この機体、加速している……!?」

カレン「そこぉ!!」バシュッ!!

ランスロット『』ドォオン!!

スザク「こんな高性能機2機に、この実力……!!ランスロットだけでは!!」

レイ「はぁっ……暑い、この音はなんだ……!?」ドクン!ドクン!ドクン!

スザク「動きが止まった!?」カチッ

ランスロット『』バシュゥッ!!

マークシフィル『』ズドォンッ!!……ポコポコポコ……

スザク「赤く……なった……!?そんな、ヴァリスが直撃のはずだッ!?」

カレン(全身で輻射波動を……!?レイはなんで無事なの!?)

レイ「スザクううぅぅぅ!!」ドグンッ!!ドグンッ!!

スザク(せ、接近できない!今のこいつには!)

ランスロット『』バシュゥッ!!

レイ「引け腰はぁ!!逃がさないっ!!」カチッ!

マークシフィル『』チャキッ……ズドォンッ!!

ランスロット『』ドガァンッ!!

スザク「しまっ、くうう……!!」

882: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 20:49:19.62 ID:FXJk3JJ/0
カレン『よし……!腕一つと銃が潰れればあとはあたしが!!レイはゼロの方に!!』

レイ『了解!!』

スザク「ま……待てッ!!」

ランスロット『』ギュイイィィィン!

紅蓮弐式『』ガッシィィン!!

カレン「あんたの相手はあたし……!」

スザク『総督!』

コーネリア『そちらは任せた!私はゼロを……』

レイ「させるかああああっ!!」

マークシフィル『』ズシィンッ!!ギロギロギロッ……!

コーネリア「く……こ、こいつ!」

ゼロ『よし……コーネリアを捕えるぞ!!』


↓2(レイLv7+ルルーシュLv4/コーネリアLv5)マークシフィル稼働時間:残り3ターン
01~05 コーネリア撃墜(死亡判定大)
06~10 まさかの反撃を喰らう(ギルフォード増援)
11~15 ゼロ中破
16~65 コーネリア中破(死亡/鹵獲判定へ)
66~00 コーネリア中破鹵獲

884: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 20:50:55.14 ID:t58Fu65bo
お願いします

887: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 21:00:48.12 ID:FXJk3JJ/0
コーネリア「ゼロ!貴様さえ倒せば戦いは終わる!」ズダダダダダ!

ゼロ「くおっ!!」

紅蓮壱式『』ドガァン!!

マークシフィル『』ガキキキキキンッ!!

レイ『ゼロ!!回避してよ!?割って入らないといけないだろ!!』

ゼロ(誰でもお前のようにできたら苦労はしないだろうが!!)

グロースター『』ギュイイィィィン!

ギルフォード『殿下!!』

コーネリア『ギルフォードか!?他の親衛隊は!』

ギルフォード『抜け出せたのは私だけです、お退がり下さい!』

レイ「くそおっ!!逃がせないんだ!!」


↓2(レイLv7+ルルーシュLv4/コーネリアLv5+ギルフォードLv6)マークシフィル稼働時間:残り2ターン
01~05 マークシフィル中破(戦闘終了)
06~30 ゼロ大破(戦闘終了)
31~50 戦闘膠着(戦闘終了)
51~60 ギルフォード中破(再びコーネリアと戦闘)
61~80 コーネリア中破(死亡/鹵獲判定へ)
81~00 コーネリア中破鹵獲

889: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 21:01:21.35 ID:GNbwLs2kO

893: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 21:14:06.22 ID:FXJk3JJ/0
レイ『待てえっ!』

ギルフォード『姫様には指一本……触れさせんッ!!』

ゼロ(まずい……シフィルの限界時間が近いッ、奴らにマークシフィルの弱点を晒すことになる!)

ゼロ『扇、紅蓮は!』

扇『右腕が駄目だ、修理しないと……!』

ゼロ『ぬうううぅぅっ……退くぞ!!全軍脱出地点に移動しろ!』

レイ『えっ!?』

ゼロ『マークシフィルの限界も近い!これ以上は消耗戦になる、撤退だッ!!』

レイ(……そうか、あと1分とちょっとしかないのか!くそっ!)

コーネリア『ランスロット!ゼロを追うことができるか!』

スザク『総督……ッ、追撃は難しい状況です、もう武器が』

コーネリア『く……ギルフォード。全軍に伝えろ、撤退準備だと』

ギルフォード『えっ!』

コーネリア『これ以上我が将兵たちの命を懸ける理由はない。認めなくてはならん……今回は我々の負けだ……!』

896: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 21:31:32.83 ID:FXJk3JJ/0
オオオオ ワーワーワー

玉城「ほらな?ブリタニアは解放戦線の相手をするだけでいっぱいいっぱい!」

扇「あ、ああ……たしかに俺たちが逃げる隙間はできたが」

井上「レイはどこへ行ったの?」

南「またブリタニアの方に帰っちまったよ。難儀な奴だ、スパイとしてあんだけ活躍してんのにここに混ざれないなんてな」

玉城「そんじゃ、俺らがあいつの分まで喜んでやらねえとだろ!?」

扇「……ゼロ、感謝してるよ。君を俺たちのリーダーに選んでよかった、俺じゃ絶対にここまでは」

ゼロ「礼を言うのは私の方さ……私の作戦通りに動いてくれた、これは君たちの勝利だ」

扇「……君に従うよゼロ、何でも言ってくれ。これからもな」スッ

ゼロ「…………」グッ





レイ「ジェレミア卿……!」

ジェレミア「う、うう……レイ……私を助けたな……!」

レイ「あんまり動いちゃダメです!休まないと」

ジェレミア「戦いは……どうなったのだ」

キューエル「……我々は敗北した。黒の騎士団……お前にどうやってかオレンジという誹りを着せたこともそうだ、奴らは決して侮れん存在になった」

ジェレミア「そう、か……ゼロめ……」

レイ「安静に……ジェレミア卿」

ヴィレッタ(…………)

898: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 21:46:36.78 ID:FXJk3JJ/0
(好感度10になった方々の選択肢が長くなるので8番に収納)


レイ(ジェレミア卿は命に別状ないらしくそろそろ復帰も視野に入ってきた)

レイ(ブリタニアの方でもぼくのシフィルの解析が進んできてるみたい。それは

レイ(コーネリア様を捕まえることはできなかった……ルルーシュはそこが不満なんだろうけど)

レイ(ぼくは喜んでいいのか悪いのか……)

シャーリー「レイくん!!ねえ、その……お父さんを、助けてくれたって、ほんと!?」

レイ「ああ……うん、シャーリーから聞いてたおかげなんだ」

シャーリー「あ、ありがとう……!!死ななくて、ほんとに、よかった……!!」グスッ

シャーリー「レイくんのおかげだよ!!遅くなったけどルルと一緒にオペラハウス行けたし、レイくん最高だよ!!」

レイ(あのあと行ったの!?きっちりしてるなあ……)


自由行動権【1/2】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(玉城好感度5、井上好感度2、南好感度4、杉山好感度5、吉田好感度3、永田好感度8)
3.ラクシャータと研究する(初期好感度決め/フロートユニット完成率30%)
4.C.C./ナナリーと話す(C.C.好感度7/ナナリー好感度6/初期好感度決め)
5.特派に行ってみる(スザク好感度7/初期好感度決め)
6.純血派と話す(ジェレミア好感度8、キューエル好感度5)
7.コーネリア/ユーフェミアと話す(好感度7/好感度4/初期好感度決め)
8.好感度10に達した女性と話す(別選択肢展開)
9.KMFの教練をする(黒の騎士団/ブリタニア所属のひとり&自分のKMF操縦技術訓練)

↓5 多数決

899: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 21:47:24.48 ID:wtikfQFWO
9

909: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 22:01:29.25 ID:FXJk3JJ/0
(そうなの?なら9で)


レイ「軍事教練?」

ルルーシュ「そうだ。ナリタで痛感した、黒の騎士団はさらなる統率力の強化が必要だ」

レイ「でも、どうしてぼくが……」

ルルーシュ「とは言っても、お前の担当するのはKMFの操縦部門だけだ。カレンを除けばお前は黒の騎士団最強のパイロット」

ルルーシュ「その戦術は多いに役立つ。それを身をもって教えて欲しい」

レイ「……やってみる。できるだけ良くなるように」





レイ「軍事教練!?こっちも!?」

ジェレミア「?」

レイ「ああ、いや……どうしてぼくが?ぼくはまだ騎士駆け出しみたいのものなのに」

ジェレミア「そんなに強張ることはない。レイと少し手合わせをしたいという人間も政庁には多くてな」

ジェレミア「暇なとき少しだけ付き合ってやればいい」

レイ「は、はあ……武闘派っていうかなんていうか」


↓7 最も名前が挙がったパイロットと教練
(実力近い人間だと能力上昇高確率、遠い人間だと団員側の能力上昇高確率/好感度が高ければ高いほど効果上昇)

910: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 22:02:00.09 ID:GNbwLs2kO
ルルーシュ

918: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 22:13:22.27 ID:FXJk3JJ/0
ルルーシュ『……で、その第一弾がなぜオレなんだ!!』

レイ『いや……だって、真っ正面から撃たれてるのを避けられないようなへちょい腕だよ?』

ルルーシュ「むぐ!!」グサッ!

レイ『そんな調子で前出てたらいくら紅蓮壱式でも死ぬって。戦場は遊びじゃないんだからさ、真面目に強くなろ?』

ルルーシュ(得意分野に引きずり込んだのをいいことに!!なんて暴言の嵐だ……!!)グサグサグサッ!!

レイ『大丈夫だって誰もいないし。どれだけヘタレ晒しても恥ずかしくないよ。自分の機体も活かす努力しよ』

レイ『ほんと強くなってくれないと前みたいに邪魔になっちゃうよ?いいのそれで?』

ルルーシュ『お……お前!!言わせておけば言いたい放題しやがって、もう我慢ならんぞ!!』ギュイイィィィン!

レイ「そうそう、そうでなくっちゃ!」


↓2(レイ:KMF操縦技術Lv7+【3/5】、ルルーシュ:操縦技術Lv4)+好感度10補正
01~20 基礎の基礎から叩きこんだ(ルルーシュ操縦技術+1)
21~70 経験不足の身体に動きを染み込ませた(ルルーシュ操縦技術+2)
71~90 一段上の実力を身に着けた(ルルーシュ操縦技術+2/レイ経験値+【1/5】
91~00 KMF乗りとしての才能を開花させた(ルルーシュ操縦技術+3)

920: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 22:14:16.97 ID:mps/CTtio

927: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 22:36:15.47 ID:FXJk3JJ/0
紅蓮壱式『』ギュンギュンッ!ガキィン!!

無頼『』キュインッ!!キィンッ!!

レイ「ん……?あ、あれ?」

レイ(割と動けてない?というか、ぼくくらいはできそうなんだけど……)

紅蓮壱式『』ギュイイ…‥ン、キュウゥゥン……

レイ『え?あれ!?ルルーシュ!?』

ルルーシュ『な……なんだ、まだやれるぞ!!』ハァハァ

レイ『ば、バテんの早すぎでしょ!!原因明らかにこれじゃん!!』

ルルーシュ『な、に……!?』

レイ「ナイトメアの操縦より肉体改造の方が先だ!!降りて降りて、下手とかの問題じゃないよこれ!!」プシュゥー

ルルーシュ「し、しかしな……一朝一夕で変わるわけないだろう……」ゼェゼェ

レイ「だからこそ今から始めるんでしょ!!」

ルルーシュ「オレはゼロとしての活動が……!」

レイ「ちょっとはぼくが肩代わりするから!大丈夫、作戦はあるよ!」

928: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 22:44:43.39 ID:FXJk3JJ/0
ミレイ「ルルーシュ改造計画~~!!」ドンドンパフパフ~♪

「「「「「「いえ~い!!」」」」」」

ルルーシュ「…………」

シャーリー「レイくんから聞いたよ!!筋肉着ける気になったって!」

リヴァル「あのルルーシュがなあ……人間って変われば変わってくもんだなァ」

ニーナ「……ルルーシュがもし強くなったら、私も尊敬できる、と思う」

ルルーシュ「レイ……明らかな人選ミスだろうこれは……!!」

レイ「いやあつい」

スザク「ルルーシュ……僕は小さい頃から、君がもやしっ子を卒業しようとする瞬間をどれだけ待ちわびたことか……」ウルウル

ルルーシュ「スザクまで悪ふざけに乗ろうとするなッ!!会長よしてください、こんな……」

ナナリー「お兄様……立派です。とうとう自分の欠点を見つめ直せるようになったんですね」

ルルーシュ「オレは……オレの貧弱さをぶっ壊す……!」キリッ

ミレイ「その意気だ~~わお~~!!」

レイ(ナナリーに見てもらうのは正解だったなあ)

ミレイ「じゃあ早速トレーニングメニューから行こうか!!まずはぁ……」

931: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 22:54:13.81 ID:FXJk3JJ/0
――数日後

ルルーシュ「ふっ……ふはははっ!!」ガキィンッ!!フォンフォンッ!!

レイ「うわっ、ちょ!!速い……!」ギュイイィィィン!

ルルーシュ「そこだろう!パターンだな!」

紅蓮壱式『』バシュッ!

無頼『』ビチャッ!

レイ「あ!……あー、無頼じゃもう勝てない……」プシュゥ

ルルーシュ「ふははっ……やれるじゃないか、オレでもブリタニアをぶっ壊すことが!!」

レイ「いい動きではあったからね、続かないだけで」

ルルーシュ「ああ……そうだな、こんなに単純なことだったとは……!」

ルルーシュ「戦力が足りないならオレが戦力になる。実に簡単だ……今ならカレンにも負けない気がしてならんぞ!」

レイ「流石にまだ無理じゃないかなあ」

ルルーシュ「……自分の実力を過信しないのもまた強さではあるな。オレはやはり指揮官に変わりはない」

レイ(にしてもすごい才能だよ。誰か強い人が周りにいたのかなあ?)


ルルーシュの操縦技術Lv4→7に上昇

937: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 23:05:08.83 ID:FXJk3JJ/0
レイ「ルルーシュ?体力つけるのはもうやめちゃったの?」

ルルーシュ「必要なだけの身体があれば充分だと判断した。まだ鍛える余地は残っているだろうが」

ルルーシュ「寄り道をして得たものはあるもののこれ以上は時間の無駄だろう。お前と同じ程強くなったのだからこれ以上は過剰だ」

レイ「ほんとはもっと強くなりたいんじゃないの~」

ルルーシュ「否定はしないが組織の強化に時間をかける方が力としては大きいんでな」カタカタ


自由行動権【2/2】
1.扇と話す(初期好感度決め)
2.グループのメンバーと話す(玉城好感度5、井上好感度2、南好感度4、杉山好感度5、吉田好感度3、永田好感度8)
3.ラクシャータと研究する(初期好感度決め/フロートユニット完成率45%)
4.C.C./ナナリーと話す(C.C.好感度7/ナナリー好感度6/初期好感度決め)
5.特派に行ってみる(スザク好感度7/初期好感度決め)
6.純血派と話す(ジェレミア好感度8、キューエル好感度5)
7.コーネリア/ユーフェミアと話す(好感度7/好感度4/初期好感度決め)
8.好感度10に達した女性と話す(別選択肢展開)
9.KMFの教練をする(黒の騎士団/ブリタニア所属のひとり&自分のKMF操縦技術訓練)

↓5 多数決

940: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 23:06:49.68 ID:0UB5CcFJO
3は?戦力の底上げにならないか?

944: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 23:30:06.15 ID:FXJk3JJ/0
レイ「どうもー」

ラクシャータ「レイくんじゃなぁい。進捗確認?」

レイ「どうですか?シフィルは最近ここに置きっぱなしですけど、何かわかりました?」

ラクシャータ「フロートにMVSとヴァリス。それと神虎と同じタイプのハーケン……装備については粗方解析し終えたけど」

ラクシャータ「肝心の量子シフト機能と動力、構造体についてはさっぱり。あと100年あればわかるかもしれないけどねぇ」

レイ「大変なんですねえ」

ラクシャータ「聞いたけどあんた学校じゃ天才少年で通ってるみたいじゃなぁい。手伝ってみる?」

レイ「手伝うっていったって……ぼくは全然お役に立てそうにないですよ。専門外ですもん」

ラクシャータ「とんでもない記憶力だって言うんでしょ。だいたいあんたにも興味はあるし……ほらこっちこっち」

レイ(ええ……不安だなあ……)


↓1 レイの開発能力持ち判定(経緯で補正)
01~65 なし
66~00 開発能力あり(自動開発速度+)

↓2 ラクシャータの初期好感度
01~20 好感度0
21~40 好感度1
41~60 好感度2
61~80 好感度3
81~00 好感度4

945: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 23:30:46.95 ID:0UB5CcFJO
えいしゃらー!

946: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 23:30:55.56 ID:GNbwLs2kO

949: ◆QoIHN1CLio 2019/02/09(土) 23:50:53.71 ID:FXJk3JJ/0
レイ(……これ、ニーナのところで見たことあるやつだ!)

ラクシャータ「んで、フロートの原理は簡単にはこう。ブレイズルミナスをこの定数で制御して」

レイ「なるほど!定数は斥力のバランスの最適化。だから少ないエナジーだけで飛べる!」

レイ「そっかあ、シフィルってそういう風に飛んでたんだあ……定数の導出はどういう風に?」

ラクシャータ(天才でしょこの子……機体が機体ならパイロットもパイロットね。理解力も計算能力もハンパじゃないし)

ラクシャータ(……この子測ってみたらマークシフィルと同じような数値出てこない?演算速度とか)

レイ「あの……どうしたんですか?」

ラクシャータ「いやぁ?ちょっと人体実験欲が高まってきててねぇ……」

レイ「へ?」

ラクシャータ「まあそれはいいけど。で、何しに来たの?」


↓5多数決
1.マークシフィルの改造計画(自動開発期間長/マークシフィルは使用可能)
2.フロートユニットの開発に協力(現在45%)
3.MVSの開発に協力(現在0%)
4.ヴァリスの開発に協力(現在0%)
×.今ある技術で新型量産機を(保有技術がないため現在選択不可)

950: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/09(土) 23:51:25.81 ID:+w01Gkhho
2

960: ◆QoIHN1CLio 2019/02/10(日) 00:05:06.31 ID:7MFS2nlV0
(自動開発は現在1ターン25%進行ですが2種類始めると半分になります。新スレは>>970あたりで)


レイ「ぼくもフロートユニットの量産化に手を貸したいなって思って!」

ラクシャータ「へー。いい心がけじゃない?そういうのから研究者のタマゴってのが生まれるしぃ」

レイ「ゼロのためでもありますし、ぼくのためでもありますから。それじゃ、どこからいきましょうか!」

ラクシャータ「まず消費エナジーの改善よねぇ。シフィルのはあんまりにも喰いすぎよぉこれ」

レイ「そんなに深刻なんですか?」

ラクシャータ「紅蓮みたいな最新型のドライブ持ってるのならともかく、量産機にこんなの積んだらKMFの方ピクリとも動かせないでしょうよ」

レイ(ぼくもサザーランドでフル稼働してるとしょっちゅう切れるから、あれ以上となるとそりゃやばいよね……)


↓2 フロートユニット開発の進捗
01~33 20%増加
34~66 30%増加
67~00 40%増加

962: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/10(日) 00:07:22.92 ID:pjykv4r4O
よし、次のターンで完成する。
40%出してもあんまり意味無かったよねこの判定。

968: ◆QoIHN1CLio 2019/02/10(日) 00:19:45.36 ID:7MFS2nlV0
レイ「ルミナス力場の発生に関してはこれはもうどうしようもない必要な電力として……」カリカリ

レイ「フロートユニットを付けることで発生しちゃうウェイト分を減らすとかはどうですか?」

ラクシャータ「そういうアプローチもある、わけねぇ。じゃあもっと軽量化して……でも主戦場は空中になるわけだしぃ」

ラクシャータ「あ。空力を利用できる形状にできればエナジー消費は抑えれるかもねぇ~」

レイ「おお!でも空力になるとすっごく大変ですよね……?計算もそうだし、実験も」

ラクシャータ「空力の話になるとマジで一回試してみないとどうしようもないのよねぇ。ここで躓いてる奴割と見てきたしぃ」

レイ「でも、やらなきゃ……いけないんですから。設計はまだよくわかんないですけど、計算ならぼくが」

ラクシャータ「天才少年クンのバックアップは頼もしいわねぇ」


フロートユニットの完成度45→75%に上昇