前回 【安価】提督「提督も案外楽じゃない」 その7 【艦これ】 

3: ◆1sqBm79u4A 2014/08/31(日) 01:03:04.93 ID:mYZCIQgA0

登場人物紹介


【鎮守府】


提督:2度にわたって記憶を失った過去を持つ成年。人並み外れた身体能力と出自に謎を持つ本作の主人公。


鳳翔 古鷹 漣:提督の着任以前から鎮守府に配属されていた艦娘。


【大佐の元部下】


時雨:以前ブラ鎮に所属していた所を提督に助けられる。


利根 筑摩:元大佐の部下。開戦当初から戦ってきた実力者。


足柄:大佐のもとで利根型とともに戦ってきた艦娘。過去の戦闘で戦友の天城と葛城を失う。


【廃棄組】


酒匂 長波:過去に廃棄された鎮守府に配属されていた艦娘





天津風:島風依存症患者。以前壮絶ないじめを受けた過去がある。

●●な駆逐艦は嫌い。


阿武隈:深海棲艦の基地で半深海棲艦化ところを助けられる。

准将の薬によって、現在症状は回復している。

引用元: 【安価】提督「提督になれてよかった」その1【艦これ】 



4: ◆1sqBm79u4A 2014/08/31(日) 01:14:32.65 ID:mYZCIQgA0

【深海棲艦側】


統領:元艦娘だった深海棲艦をまとめ上げている。提督の過去を知る数少ない者の一人。


装甲空母姫 飛行場姫:統領の部下。




装甲空母 レ級 ヲ級 ヲ級ちゃん 港湾棲姫:鎮守府に住んでいる深海棲艦。

総じて提督の過去についてはある程度知ってるらしい。




5: ◆1sqBm79u4A 2014/09/01(月) 22:46:50.63 ID:QwD5P9oc0

【海軍側】


大佐:利根、筑摩、時雨の元上官。開戦当初から活躍していたのだが心を病み艦娘に過酷な任務を任せるようになる。

現在は心を入れ替え、提督に大鯨を任せ本国で働いている。


女憲兵:提督の旧友。元はいいとこのお嬢様らしい。


新米:女憲兵の妹で海軍学校を卒業したばかりの提督。女憲兵の妹で部下に名取と浦風、祥鳳がいる。


准将:元海軍にいた男。現在は海軍をやめ、部下の飛鷹と神通とで独自の目的をもって行動している。


老提督:提督の鎮守府の近くの小さな鎮守府の提督。提督とは飲み仲間らしい。

部下に愛宕と高雄がいる。





スパイ:海軍に潜伏していた深海棲艦。元は人間であったらしいが、正体は謎。





このスレ未登場艦娘


深雪、巻雲、長良 夏イベ実装艦娘








~フラグ組~



北上:大井と一緒に豪華温泉旅行へ


那智:那珂ちゃんのドイツライブを応援しに


金剛型姉妹:休暇とるよー



7: ◆1sqBm79u4A 2014/09/01(月) 23:42:39.54 ID:QwD5P9oc0



【執務室】


提督「・・・本当に大丈夫か?」


文月「うん、大丈夫だよ!」


提督「財布もったか?ハンカチは?もしものことがあったら鎮守府に・・・」


大淀「あら、お出かけですか?」


文月「うん!おつかいなの!」


大淀「へぇ、何を買いに行くんですか?」


文月「えっとね~・・・」









↓1 おつかいで何を買いに行く?

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 23:46:55.19 ID:DA9K+GKK0
カレーの具材(肉や野菜、ルーなど)

9: ◆1sqBm79u4A 2014/09/01(月) 23:51:32.93 ID:QwD5P9oc0



大淀「カレーの具材ですか。いいですね」


文月「鳳翔さんの作るカレー大好きなの~」


提督「帰ってきたらいっぱい食べような。じゃ、頑張ってこい」


文月「いってきま~す!」



バタン



提督「さて・・・」ゴソッ


大淀「提督、カメラはやめましょう。不審者だと思われますよ」


提督「む・・・仕方ない。カメラ無しでこっそり追うことにしよう」











↓1 買い物移動中イベント

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/01(月) 23:53:52.00 ID:svSuhPLA0
いきなり怪しい奴と鉢合わせ

12: ◆1sqBm79u4A 2014/09/01(月) 23:56:17.72 ID:QwD5P9oc0


???「―――」


文月「!」






提督「・・・何だ、あの怪しい奴は」


長月「見るからに怪しいな」


菊月「警戒しておいたほうがいいんじゃないか?」


卯月「うーちゃん知ってるぴょん!ハイエー(ry」


弥生「やめなさい」


如月「でも、本当に誰なのかしら・・・?」









↓1 どうなる?

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/01(月) 23:58:37.05 ID:XkfVr3310
普通に親切なおっちゃんだった(なお勘違いは続行)

15: ◆1sqBm79u4A 2014/09/02(火) 00:02:48.62 ID:kHHP6mnZ0


???「―――、――」


文月「~~!」ペコリ





睦月「おぉ~、なにやら事件の匂いがぷんぷんしますねぇ~!」


提督「とはいえ、ただ普通に挨拶してるだけみたいだな・・・」


卯月「その油断が文月の人生を左右するんだぴょん」


如月「確かに、油断はしないほうがよさそうね・・・」


皐月「な、何かあったら頼むよ!司令官!」


三日月「私たちじゃどうしようもないですからね」








↓1 どうなる?

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/02(火) 00:06:03.79 ID:pi16HW0o0
スーパーまで案内してくれた(提督らは誘拐と勘違い)

18: ◆1sqBm79u4A 2014/09/02(火) 00:10:16.15 ID:kHHP6mnZ0


???「―――」


文月「~~」





弥生「! 文月が連れていかれてますよ!」


提督「何だと!?」


卯月「司令官!頼むぴょん!」


提督「い、いや、まだ誘拐と決まったわけじゃ・・・」


如月「司令官の馬鹿っ!」


皐月「文月に何かあったらどうするの!?」


提督「うっ、た、確かに・・・」


三日月「急いで追いましょう!」










↓1 どうなる?

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/02(火) 00:11:31.81 ID:i10fyoX00
スーパーに着いたところでおっちゃんが知り合いと出会う(仲間が来たと勘違いされる)

20: ◆1sqBm79u4A 2014/09/02(火) 00:14:32.01 ID:kHHP6mnZ0



???(おっちゃん)「――!」


友人「―――」


文月「~~~」ペコリ





菊月「仲間を呼んだだと・・・なんと卑劣な奴だ」


如月「こ、このままじゃ文月が・・・」


卯月「司令官!何時まで尻込みしてるんだぴょん!」


提督「うっ、し、しかし・・・」


三日月「出来るなら、決定的瞬間を抑えましょう」


長月「ああ、私たちも微力ながら手伝おう」










↓1 どうなる?

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/02(火) 00:16:00.14 ID:C8hS7apv0
文月がお菓子を貰い頭を撫でられる(勘違いの方もクライマックス)

23: ◆1sqBm79u4A 2014/09/02(火) 00:21:34.23 ID:kHHP6mnZ0


【スーパー】




おっちゃん「――」


文月「~~」






皐月「・・・おつかいはちゃんとこなしてるみたいだね」


如月「そうね。偉いじゃない」




文月「~~・・・」


文月「!」サッ




提督「お菓子まで我慢して・・・あいつも成長したなぁ」


弥生「今食べちゃカレーが食べられませんからね」


長月「! おい見ろっ!」





おっちゃん「―――」


文月「!」ブンブンブン





提督「! あの野郎、文月に何渡しやがった!?」


三日月「わ、わかりません!」


皐月「あ、危ないのじゃないよね!?」


提督「頭まで撫でやがって・・・完璧に掌握したつもりか・・・っ!」









↓1 どうなる?

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/02(火) 00:22:18.35 ID:c6pFG88ZO
おっちゃん、文月と別れたので誤射されずに済んだ

25: ◆1sqBm79u4A 2014/09/02(火) 00:25:32.97 ID:kHHP6mnZ0



おっちゃん(何だろう、寒気が・・・)


おっちゃん「じゃあ文月ちゃん。またね。お仕事頑張ってね」


文月「ありがとうございます~」








提督「はぁ・・・疲れた」


如月「何事もなくてよかったわね」


提督「あの男が何者なのかは、お前達が聞いてといてくれ」


長月「それは分ったが・・・早く逃げないと文月が来るぞ」


提督「よし、鎮守府へ帰るぞ!」












↓1 何かイベントがあれば 無い場合は終了です

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/02(火) 00:29:09.10 ID:5ArziRbf0
ガチのハイエースに捕まる

27: ◆1sqBm79u4A 2014/09/02(火) 00:34:52.76 ID:kHHP6mnZ0




【帰り道】



文月「~~~♪」



提督「鎮守府直前で急いで回り込もう。それまでは、監視を続けようか」


皐月「・・・もう大丈夫なんじゃない?」


如月「司令官も心配症ね~」


提督「そうは言うが・・・あれ?文月は何処行った?」


弥生「さっきまでそこにいたんじゃ・・・」


菊月「・・・あれは」


三日月「! 本当にさらわれてるじゃないですか!?」


提督「くそっ、お前らはここに残って鎮守府と警察に連絡しろ!俺はあの車を追う!」


睦月「り、了解ですっ!」












↓1 どうなる?

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/02(火) 00:42:21.74 ID:c6pFG88ZO
文月が護身用のハバネロスプレーを振り撒いて
ハイエースが事故る

36: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 22:19:38.66 ID:lQa20+yQ0



提督「はぁ、はぁ・・・っ!」


提督「くそっ、待ちやがれっ!」




ブロロロ  キキーッ   ドンッ!



提督「! 文月!?」










文月「うぅ・・・」

 
犯人「げほっ、くそが、このガキィ・・・」


犯人「はっ!」


提督「・・・」ゴゴゴゴゴゴゴ









↓1 どうなる?



38: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 22:24:00.06 ID:lQa20+yQ0



提督「てめぇ、このくそ野郎が・・・」ガシッ


犯人「ひ、ひぇぇぇっ」


提督「覚悟はできて・・・」モニュ


提督「んあ?」クルリ


り陸奥たか「」


犯人「」


提督「・・・なんじゃこりゃ」









↓1 どうなる?

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/03(水) 22:26:01.56 ID:S4EPOrKC0
り陸奥たかが犯人に強烈なタックル

40: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 22:29:45.37 ID:lQa20+yQ0


り陸奥たか「」クイクイ


提督「・・・」スッ


犯人「えっ?」


り陸奥たか「」ズリズリ...


り陸奥たか「」ドッ!


ドガッ


犯人「ごわしっ!」


ゴロゴロゴロ...



提督「て、敵ではなさそうだな・・・」


提督「それより文月、大丈夫か?」


文月「う、うん・・・平気だよ~」










↓1 どうなる?

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/03(水) 22:32:13.07 ID:J/biDYok0
犯人捕まる

42: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 22:36:53.10 ID:lQa20+yQ0



ウー ウー



卯月「あっ、提督!文月も!」


如月「大丈夫?変なことされてない?」


文月「大丈夫だよ。顔にスプレーぶしゅーってしたから」


提督「はぁ・・・今度から駆逐艦全員に持たせようかな」


警察「あの、軍部の方ですよね?」


提督「ええ」


警察「このたびはご協力いただき、ありがとうございます」


提督「大したことはしてませんよ。では、犯人の移送よろしくお願いします」


警察「分りました。話はのちほど聞かせてもらいます」











↓1 どうなる? 何かイベントがなければこれで終了です


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 22:40:29.12 ID:S4EPOrKC0
早く帰ってカレーを作ろう

44: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 22:45:30.41 ID:lQa20+yQ0


三日月「とりあえず、何もなかったみたいですし帰りましょうか」


提督「だな。文月、買ってきた袋は・・・」


文月「あ、それならここに~・・・あれ?」


長月「何だ?無いのか」


菊月「事故を起こした時に車の中に残ったままじゃないのか?」


文月「う~ん・・・そうかも・・・」


提督「仕方ない。今から皆で買いに行くか」


弥生「私達も、ですか?」


文月「皆で行ったほうが楽しいからね~」


卯月「司令官!お菓子かっていいぴょん!?」


提督「・・・一人一個な」


「はーい!」









文月の初めてのお使い 完



メイン安価を取りますが、ちょっと風呂入ってきます。

風呂を上がり次第、続きを書こうと思いますー









↓2 次の主役安価

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 22:47:28.98 ID:W7yzZZ76O
明石

47: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:05:52.26 ID:lQa20+yQ0




【鎮守府内・明石の部屋】





明石「ふわぁぁぁ~っ、よく寝た・・・」



明石「んー、もう少し寝てても良かったかな?」



明石「まぁいいや。今日も一日頑張ろー!」









↓1 どうする?どうなる?

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:10:46.57 ID:39pD4Ir0O
朝食

50: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:14:00.97 ID:lQa20+yQ0



明石「よっと・・・とりあえず、朝食でも食べに行きますかね」


スタスタスタ


明石「私もここに来る前は結構料理もしたんだけどなー・・・」


明石「さすがに鳳翔さんや間宮さんには敵わなかったな・・・」






【食堂】



明石「時間的には丁度よさそうね・・・」


明石「誰と一緒に食べようかしら?」










↓1 誰と一緒に食べよう?

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:14:44.65 ID:dhGferc4o
夕張

53: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:17:09.05 ID:lQa20+yQ0



明石「夕張ちゃん、一緒に食べましょ?」


夕張「あ、明石さん。いいですよ」


明石「ありがとうね」


夕張「それにしても、まだ起きてない人がいるのね・・・」


明石「ま、いいじゃないですか。早く食べましょう」


夕張「そうね・・・」


「「いただきます」」













↓1 食事中イベント

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:18:27.27 ID:IfYh5and0
新しく開発しようとしているものについて相談

55: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:21:35.38 ID:lQa20+yQ0


夕張「はぁ・・・」


明石「どうしたんですか?溜め息なんかついて」


夕張「ダイソンがねぇ・・・帰っちゃったのよ・・・」


明石「そんなに思い入れがあったんですか・・・」


夕張「だってあのルンバと互角に戦ってたし・・・」


明石「実は私も、最近新しく開発しようとしてるんですよ」


夕張「へぇー、何かしら?装備?」


明石「それはですね・・・」











↓1 明石が新しく開発しようとしているもの

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:24:16.04 ID:S4EPOrKC0
無線式流星改

57: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:26:45.05 ID:lQa20+yQ0



夕張「無線式流星改・・・?えっと、ラジコンみたいなものかしら?」


明石「んー、まあそんな感じですね」


夕張「でも、何でわざわざ無線何かにするの?妖精さんに任せたほうがずっといいと思うけど」


明石「・・・まあ、浪漫ですよ浪漫」


夕張「・・・まさか盗撮に使ったりとか」


明石「し、しませんよそんなこと!」











↓1 どうなる?

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/03(水) 23:27:49.05 ID:J/biDYok0
試作機はできてるから今日動かすけど見る?

60: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:31:12.83 ID:lQa20+yQ0



明石「・・・実は、試作機は出来てるのよね」


夕張「えっ、嘘!さすが明石さんね。仕事が早いわ~」


明石「えへへへ、で、早速今日動かすけど、見る?」


夕張「見る見る!今日は出撃もないし、暇だから」


明石「ありがと。こっちも貴重な意見が聞けて助かるわ~」












↓1 他に昼食イベントがあれば 無い場合は流星改の試験飛行です

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:34:07.59 ID:9Q8jnhWPO
無し

63: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:37:14.94 ID:lQa20+yQ0


明石「ふぅ・・・御馳走様でした」


夕張「それじゃ、早速試験飛行と行きますか!」


明石「そうですね。4番倉庫に保管してあるので、行きましょう」









【倉庫】



夕張「・・・まさか実機を改造してるとは思わなかったわ」


明石「浪漫ですよ、浪漫」


夕張「・・・これ、本当に大丈夫なの?」


明石「まぁ、失敗した時はその時ですよ」


夕張「心配だわ・・・」


明石「とりあえず、今は風もないですし早く飛ばしましょうか」









↓1 どうなる?

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:38:51.62 ID:IfYh5and0
小型カメラが搭載されており、映像をモニターで見物

65: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:42:09.88 ID:lQa20+yQ0




バルバルバルバル...




夕張「わぁ・・・すごい!さすが明石さんね!」


明石「まあ実機を改造してあるんで、飛んでくれないと困るんですけどね」


明石「それより、これ見てくださいよ。これ」


夕張「ん?」


夕張「・・・へぇー、前にカメラが積んであるのね」


明石「市販のものを改造した特別仕様です。かなり高性能なほうだと思いますよ」


夕張「・・・何かいいものは映ってないかしら?」











↓1 どうなる?

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/03(水) 23:43:29.38 ID:9DeT5UUo0
提督の貴重な指揮官シーン

69: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:45:51.58 ID:lQa20+yQ0



明石「・・・」


夕張「・・・」


明石「・・・やっぱり、執務室を除きますよね。まずは」


夕張「うん、別にやましいこととか考えてないからね。別に」








提督「―――」


長門「――――」





明石「長門さんとお話し中ですね」


夕張「机の上のは・・・海図ね。今後の戦いについて話してるのかしら?」









↓1 どうなる?

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:47:27.71 ID:kUCFo8sOO
動かしていると、艦娘と何者かが取引している場面が映る

72: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:50:01.49 ID:lQa20+yQ0


明石「はぁ・・・面白みが無い・・・」


明石「脱衣所の窓がもう少し大きかったらなー・・・」


夕張「何言ってるの明石さん・・・あら?」


明石「? どうしたの?」


夕張「さっき海沿いで誰か見かけたような・・・いた!」


明石「・・・?誰かと取引してるみたいですね」


夕張「怪しいわね・・・」












↓1 どうする?どうなる?

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/03(水) 23:51:23.69 ID:J/biDYok0
取引者に気付かれる

75: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:54:16.68 ID:lQa20+yQ0


明石「・・・どうします?提督に知らせましょうか?」


夕張「うーん、そうしたほうがいいのかもしれないけど・・・」


明石「せめて取引相手か艦娘が誰か分れば・・・」ジーッ


明石「!」


夕張「どうしたの!?」


明石「気づかれました。いったん下がります!」


夕張「はぁ・・・厄介なことになったわね」










↓1 どうしよう?

76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:55:10.09 ID:S4EPOrKC0
スピーカーで艦娘に警告

79: ◆1sqBm79u4A 2014/09/03(水) 23:57:42.58 ID:lQa20+yQ0


明石「・・・とりあえず、もう一回行ってみましょうか」


夕張「そうね・・・まだ判断するには早すぎるわ」





明石「さすがに、取引相手は見当たりませんね・・・」


夕張「艦娘は・・・その屋根の下ね。上手く死角に潜り込まれてるわ」


明石「仕方ない・・・」


『そこの艦娘、大人しく出てきて姿を見せなさい』










↓1 どうなる?

80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:58:57.48 ID:8nl0ma6AO
ほっぽちゃん&カオスダイソンスフィア『やぁ』

82: ◆1sqBm79u4A 2014/09/04(木) 00:01:34.52 ID:Jt9exVDT0


明石「・・・」


夕張「・・・出てこないわね」


チョンチョン


明石「今忙しいんです」


チョンチョン


夕張「しつこいわよ、後にして!」


「おねーちゃん」


夕張「ああ、もう!誰!?・・・って」


北方棲姫「どうしたの?」


明石「あ、ダイソン!・・・じゃなくて、ほっぽちゃんだったわね」


夕張「それで、その後ろのは・・・?」


カオスダイソンスフィア「」


ほっぽちゃん「連れてきた」


明石「そ、そうなの・・・」












↓1 どうなる?

83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 00:02:12.40 ID:7+rWRr/8O
件の艦娘がこちらに向かって手を振ってる

85: ◆1sqBm79u4A 2014/09/04(木) 00:04:34.15 ID:Jt9exVDT0


ほっぽちゃん「何それ。見せて」


明石「あ、こら!おもちゃじゃないわよ!」


ほっぽちゃん「手、振ってるよ。だれ?」


夕張「えっ!?」


明石「・・・一的にさっきの艦娘でよさそうだけど」


夕張「↓1だったのね・・・」











↓1 取引してた艦娘

86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 00:05:43.58 ID:xIIL6Kx+o
筑摩

88: ◆1sqBm79u4A 2014/09/04(木) 00:08:33.28 ID:Jt9exVDT0


筑摩『』フリフリ


ほっぽちゃん「だれ?」


夕張「筑摩さんよ。私たちの仲間」


ほっぽちゃん「へー、おねーちゃんより●●●●大きいね」


夕張「ぐっ・・・」


明石「とりあえず、何があったのか話を聞きに行きましょうか」


夕張「そ、そうね・・・」











筑摩「えっと・・・おはようございます、ですかね?」


明石「まあ、そうなんですかねー」


夕張「それで、筑摩さんは何をしてたんですか?あの取引相手は一体・・・」


筑摩「それは・・・」









↓1 誰とどんな取引をしていたのか


89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 00:10:01.82 ID:7+rWRr/8O
ブラの通販

90: ◆1sqBm79u4A 2014/09/04(木) 00:12:40.83 ID:Jt9exVDT0


筑摩「あ、あれは・・・その、下着の通販で・・・」


明石「・・・あ、な、なるほど!そういうことでしたか!早とちりしてすみません!」


筑摩「いえ、実はまた胸が大きくなって・・・」


筑摩「何度も買いに行くのは恥ずかしいですし、こっそり買おうと思ったんです」


夕張「・・・」バン!


ほっぽちゃん「おねーちゃん?」


明石(とにかく、変なことじゃなくてよかったわ・・・)












↓1 どうする?どうなる?

92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 00:14:19.92 ID:6lU1OTKxO
あの取引は規定違反になるから、後で覚悟しておきなさい

96: ◆1sqBm79u4A 2014/09/04(木) 00:16:41.92 ID:Jt9exVDT0

安価↓で




明石「・・・でも」


明石「確か勝手に鎮守府の敷地に人を入れちゃ駄目でしたよね?」


筑摩「うっ・・・す、すみません」


夕張「・・・このことは後で提督に報告しておきましょう」


筑摩「な、何かあるんですか?」


明石「大丈夫ですよ。普通にサイコロが待っているだけですから」


筑摩「あ、あのサイコロですか・・・」













↓1 どうする?どうなる?

97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/04(木) 00:18:15.76 ID:VhQrrpjB0
筑摩「で、その子は誰なんです?」

99: ◆1sqBm79u4A 2014/09/04(木) 00:21:33.91 ID:Jt9exVDT0



筑摩「それで、その子は誰なんですか?」


ほっぽちゃん「?」


夕張「ああ、この子は・・・」










筑摩「・・・少し、信じがたい話ですね」


明石「・・・言われてみれば、確かに」


夕張「でも、この子はいい子だし。それでいいんじゃない?」


ほっぽちゃん「は~い」


明石「・・・この子も昔、艦娘だったのかしらね」


筑摩「どうなんですかね・・・」










↓1 どうする?どうなる?

100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 00:22:33.67 ID:7+rWRr/8O
ほっぽ筑摩に飛びつき

102: ◆1sqBm79u4A 2014/09/04(木) 00:25:00.84 ID:Jt9exVDT0


ほっぽちゃん「えいっ」


筑摩「きゃっ!な、何?」


ほっぽちゃん「ふかふかなの~」


明石「何か、和みますねぇ・・・夕張さん?」


夕張「・・・」ギリッ


明石「・・・」




筑摩「よしよし」


ほっぽちゃん「えへへ~」









↓1 どうなる?

98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 00:18:22.25 ID:L38DCW/n0
テスト飛行の続き

104: ◆1sqBm79u4A 2014/09/04(木) 00:29:36.16 ID:Jt9exVDT0





筑摩「よいしょ・・・それで、さっき飛んでたあの流星はどうしたんですか?」


明石「私が改造した無人機ですよ。カメラがついてるんで、それで回りを飛んでたら・・・」


筑摩「なるほど・・・」


夕張「筑摩さんの件は解決したし、試験飛行を続けましょうか」


ほっぽちゃん「ほっぽちゃんもみる~」


明石「はいはい、じゃひざの上にどうぞ」


ほっぽちゃん「はーい」











↓1  どうなる?

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/03(水) 23:43:30.23 ID:S4EPOrKC0
空母の側を高速で低空飛行して驚かす

114: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 22:42:31.51 ID:KyVPypv20


バルバルバル...




飛龍「ん?何かしら、あの流星改」


加賀「どこの子かしら・・・」


翔鶴「私や瑞鶴のものではないですけど・・・」


蒼龍「と、というかこっちに突っ込んできてない!?」




ブゥゥゥーン


ワー  ワー









明石「・・・これは面白い」


ぽっぽちゃん「わー」









↓1 どうなる?


115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 22:44:02.81 ID:0043YdgYo
血の気の多い烈風妖精が威嚇射撃

116: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 22:47:15.83 ID:KyVPypv20



大鳳「あ、こらっ!」


烈風妖精「ヒャア がまんできねぇ 威嚇射撃だ!」


ババババババ


明石「あ、しまった!」


夕張「明石さん、操縦変わって!」


夕張「戦○の絆で培った力・・・見せてあげるわ!」


ギュゥゥーン


筑摩(・・・何やら大変なことに)











↓1 どうなる?

117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 22:48:08.29 ID:dtd+xwrA0
ほっぽちゃんも参戦

118: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 22:51:31.05 ID:KyVPypv20


夕張「こなくそっ!」


明石「そこです!そこです!夕張さん!」


筑摩「あら・・・?そういえば、ほっぽちゃんは・・・」









加賀「・・・なかなかの動きね。あの流星改は」


赤城「とても人が乗ってるような動きではないですが・・・」


蒼龍「あれ?」


ドカン ドカーン!


ほっぽちゃん「~~~♪」


飛龍「深海棲艦の子まで・・・」


翔鶴「一体どうなってるのかしら・・・」









↓1 どうなる?

119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 22:56:57.05 ID:5LL/siEeo
多勢に無勢 不時着してしまう

120: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:01:14.46 ID:KyVPypv20


夕張「あ、まずい!被弾した!」


明石「さすがに、多勢に無勢でしたね・・・」


筑摩「それで、どうするんですか?」


明石「・・・せっかく作ったのに、壊されては勿体ないです。着陸させましょう」









加賀「・・・降りてきたわね」


瑞鶴「でも、パイロットは出てこないね」


ほっぽちゃん「楽しかった~」







↓1 どうなる?

121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 23:02:11.83 ID:dtd+xwrA0
加賀さんが新手の敵襲と勘違いしてしまう

122: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:06:53.43 ID:KyVPypv20


加賀「・・・なるほど。そういうことね」ピコーン!


翔鶴「? どうしたんですか?」


加賀「恐らく敵は、私達人間側の使う兵器を偽装して使うことで、混乱させようとしたんでしょう」


加賀「多分深海棲艦の空母が艦載機を操るのに使う・・・」


加賀「こう・・・念波のようなもので・・・」


蒼龍「う~ん、そうなのかな?」


加賀「こうしてはいられません。提督に報告しましょう」











↓1 どうなる?

123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 23:07:48.93 ID:FSZjsW1R0
流星改に搭載された発光信号で味方だと伝える

124: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:11:52.05 ID:KyVPypv20


『こうしてはいられません。提督に報告しましょう』


明石「・・・加賀さんって」


夕張「まあ、ああいう人だから・・・」


筑摩「それより、このまま提督に報告されるとマズイんじゃ・・・」


明石「そうですね。私もサイコロは嫌ですけど・・・どうしましょう?」


夕張「発光信号で味方って伝えるしかないんじゃない?」











チカッ チカッ チカッ


ほっぽちゃん「何か光ってるよ?」


赤城「味方と言ってますけど・・・どう判断します?加賀さん」


加賀「・・・」







↓1 どうなる?

125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 23:12:48.76 ID:0043YdgYo
とりあえず檻にいれておこう

126: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:15:36.16 ID:KyVPypv20



加賀「・・・とりあえず、檻にいれておきましょう」


加賀「蒼龍、飛龍。手伝いなさい」


蒼龍「は~い」


飛龍「よいしょ・・・」










明石「ま、ままままマズイですよこれは・・・」


夕張「檻に入れられちゃ回収もできないし、正直に出て行ってもお仕置きは免れないし・・・」


明石「筑摩さん!助けてください!」


筑摩「え、えぇー・・・?」


夕張「乗りかかった船じゃないですか!」










↓1 どうなる?

127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 23:17:12.73 ID:dtd+xwrA0
逆に考えるんだ、あげちゃってもいいさと

128: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:21:00.19 ID:KyVPypv20


筑摩「そ、そうは言われても・・・」


明石「そこを何とか!」


筑摩「うーん・・・」


筑摩「・・・もう、見捨ててはどうですか?」


筑摩「時を見て、こっそり回収すると言うのは・・・」


明石「・・・確かに、それがいいかもしれませんね」


夕張「ええっ、あげちゃうの!?」











↓1 どうする?どうなる?

129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 23:23:49.09 ID:Eos7Ka0P0
無人に驚く一二航戦

130: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:27:29.66 ID:KyVPypv20



蒼龍「よいしょ・・・ふう、腰が痛いわ・・・」


飛龍「そういえば、結局パイロットは確認したの?」


赤城「・・・そういえば、誰も乗ってないわね」


加賀「・・・翔鶴、瑞鶴。目は離さなかったのよね」


翔鶴「え、ええ・・・」


赤城「それなら、最初から無人だったということですか?」


加賀「・・・そうなるわね」


蒼龍「・・・これ、鎮守府の誰かが作ったんじゃないの?発光信号のタイミングからして」


飛龍「でも、それだとすごい技術力ね・・・」











↓1 どうなる?

131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 23:30:01.36 ID:FSZjsW1R0
魚雷かと思ったらデカいカメラだった

133: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:32:30.77 ID:KyVPypv20


加賀「・・・そうなると、やっぱりちゃんと調べたほうがよさそうね」


赤城「そうね・・・あら?」


蒼龍「どうしたの?」


赤城「これ、魚雷じゃないわね・・・カメラかしら?」


飛龍「・・・まさか、それで写真を撮ったりするのが目的だったの?」


加賀「・・・今までのことを考えると、そうね」


瑞鶴「なーんだ、深海棲艦の攻撃なんかじゃなかったじゃない」


加賀「・・・」










↓1 どうなる?

134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 23:34:02.33 ID:Eos7Ka0P0
「こんなもの作る変態は…」「明石ぐらいかねぇ」

136: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:36:45.59 ID:KyVPypv20


瑞鶴「痛い痛い痛い痛い!」


加賀「・・・」グググ





赤城「・・・それにしても、艦載機にカメラを付けて飛ばすなんて考えるのは」


蒼龍「そんな変態、明石さんしかいないわよ」


飛龍「そうね。加賀さん、明石さんを探しに行きましょ」


加賀「・・・」












明石「」


夕張「じ、じゃあ私はこれで・・・」


明石「待ってください夕張さん!助けてください!」


夕張「流石に今回は無理よ・・・」


明石「乗りかかった船じゃないですか!」








↓1 どうする?どうなる?

137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 23:39:56.22 ID:FSZjsW1R0
友永隊「明石さん見つけたけど、どうします?飛龍姉さん?」

140: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:44:41.20 ID:KyVPypv20

友永さん同郷なので方言入れます





友永隊妖精「ふいー、疲れた・・・」


友永隊「頑張れ。またボーキ運ぶばい」


友永隊「それはええんですが、何やしゃあしくないですか?」


友永隊「あれは・・・」







飛龍「ん、連絡だ」


友永隊『なーんか、明石さんが夕張さんと騒いでるんですけどどうかしたんですか?』


飛龍「あー・・・明石さんどのあたりにいた?」


友永隊『あー、8番倉庫の当たりです』


飛龍「・・・だってさ」


加賀「行きましょう」


蒼龍「またあの人は・・・」









↓1 どうなる?


141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 23:47:16.94 ID:umH+J1Pk0
とりあえず行って、話を聞こう

143: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:50:51.55 ID:KyVPypv20



明石「後生だから!後生だから!」


夕張「何どさくさに足触ってるんですか!」


明石「し、しかし・・・はっ!」







加賀「・・・見つけたわよ、明石」


明石「」


蒼龍「あー、言っておくけど私達あまり怒ってないからね?」


飛龍「そうそう、だから正直に話してほしいんだけど・・・」


明石「ほ、本当ですか!?」


赤城「ええ。ですから、話してくれませんか?」










↓1 明石はどうする?

144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/05(金) 23:53:01.70 ID:FSZjsW1R0
あのカメラは決して覗きのために改造したわけでは・・・あ、やべっ

146: ◆1sqBm79u4A 2014/09/05(金) 23:56:07.85 ID:KyVPypv20


赤城「あの流星改は貴方が改造したのよね?」


明石「・・・はい」


加賀「・・・さすが明石ね」


飛龍「すごいなー、私も艦載機改造できたら楽しいだろうなー」


飛龍「・・・でも、何でそんなことしたの?改造はいいとして、わざわざカメラ積む理由なんて・・・」


赤城「・・・まさか」


明石「ち、違いますよ!」


明石「あのカメラは決して覗きのために改造したわけでは・・・あ、やべっ」


加賀「・・・」


明石「・・・ごめんなさい。許してください」










↓1 どうなる?

147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 23:58:30.82 ID:w8iJI2L7O
魚雷に詰め込まれて曲芸飛行の罰

149: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 00:02:40.13 ID:xm/NThiZ0


加賀「・・・懲りないわね、貴方も」


ガシッ


明石「うげっ」


加賀「魚雷の準備をしましょう。飛龍、頼めるかしら」


飛龍「あ、それなら友永隊に・・・」


ズルズルズルズル


明石「いやー!助けてー!」


蒼龍「本当、何というか・・・すごいわね」










友永隊「言われた通り魚雷の火薬抜いときましたが・・・何詰めるんです?」


飛龍「これ」


明石「」


友永隊「・・・了解です」


加賀「気をつけてね。浮かんできたら、助けるぐらいはしてあげるわ」


明石「トホホ・・・」







↓1 明石はどうなった?

150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 00:04:55.02 ID:HmNWoCLW0
ぼろぞうきn

152: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 00:07:30.38 ID:xm/NThiZ0









友永隊「・・・拾ってきましたぜ」


明石「」ボローン


加賀「明石、懲りたわね?」


明石「ハイ」


加賀「もうしないこと、いいわね?」


明石「ハイ」


加賀「次やったら本気で容赦しないわよ」


明石「ハイ」


加賀「・・・行きましょう」









明石「・・・我ながら露骨過ぎたわね」


明石「はぁぁ・・・どうしようかしら?」








↓1 これからどうしよう?

153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 00:09:35.43 ID:SUiM6ecm0
昼飯

155: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 00:12:09.05 ID:xm/NThiZ0


明石「・・・」グゥゥゥ~


明石「はぁ、お腹すいたわね」


明石「腹がへっては何とやら出し、昼食にしようかしら」


明石「さて、今日は・・・」








選択肢安価


1 食堂で食べる


2 外食(どこへ行くかも)


3 その他







↓1


156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 00:13:02.54 ID:HmNWoCLW0
1

157: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 00:15:35.28 ID:xm/NThiZ0


明石「・・・外食に行く気力もないし、食堂に行こう」






【食堂】


間宮「あ、明石さんどうしたんですか!?」


明石「いや、ちょっと開発に失敗して・・・アハハハハ」


明石(さて、空いてる席は・・・)









↓1 昼食時の相席の相手

158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 00:15:52.78 ID:25AW+1t9O
大鯨

159: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 00:17:57.00 ID:xm/NThiZ0



明石「こんにちわ。一緒に食べていいですか?」


大鯨「あ、いいですよ・・・酷い傷ですけど、どうしたんですか?」


明石「気にしないでください」


大鯨「はぁ・・・」


明石「それじゃ、いただきます」










↓1 昼食中イベント

160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 00:19:34.50 ID:HmNWoCLW0
大鯨(またか…)

162: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 00:21:20.91 ID:xm/NThiZ0


大鯨(・・・着任した時この人には注意するよう言われたんだけど)


大鯨(またボロボロになってるし・・・)


明石「ん~、美味しい~」


大鯨「そ、そうですか・・・」


大鯨(私の胸をチラチラ見てくるし・・・)


大鯨(一体何なのかしら・・・)









↓1 どうなる?

163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 00:22:39.63 ID:SUiM6ecm0
あ、そういえば提督から明石さんに悪いお知らせがありました

166: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 00:25:39.57 ID:xm/NThiZ0



明石「~~~♪」モグモグ


大鯨「・・・あ、そういえば」


明石「? どうしたの?」


大鯨「提督さんが、明石さんに悪い知らせがあると言っていました」


明石「!?」


明石「え、何それ・・・」


大鯨「内容は、確か↓1だったと思います」









↓1 明石への悪い知らせ

167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 00:26:32.85 ID:25AW+1t9O
予備機の無断使用で秋雲と同じ地下部屋行き

175: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:00:09.94 ID:xm/NThiZ0


明石「うーん・・・ここは地下部屋行きで済んでよかったと考えるべきかな」


大鯨「そ、そうなんですか・・・」


大鯨「それより、地下部屋があるなんてこの鎮守府も変わってますね」


明石「作りが結構古いですからねー」


大鯨「へぇー・・・」










↓1 どうする?どうなる?

176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 19:03:27.91 ID:PpVq2lEI0
夕張、巻き込まれる

177: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:07:32.57 ID:xm/NThiZ0



「明石さん・・・」


明石「ん?わ!ど、どうしたんですか、夕張さん!?」


夕張「わたしも、同罪で地下部屋行きだって・・・」


明石「す、すみません。私のせいで・・・」


夕張「・・・いや、やっぱりいいわ」


夕張「私も結構楽しかったし」


明石「夕張さん・・・」


明石(危ない危ない、ここで夕張さんにまで責められたら流石に持たないわ)


大鯨(何か悪い顔してる・・・)









↓1 どうなる?

178: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 19:08:50.80 ID:Nb/O4zwvO
大人しく地下へ
しかしこっそり工具などを持ち込む

179: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:12:37.31 ID:xm/NThiZ0


明石「それじゃ、食べ終えたことだし私は荷物の整理をして、部屋に移るわ」


夕張「はぁ・・・あの部屋気にいってたんだけどなー」


大鯨「反省すれば、許してもらえるんじゃないですか?」


夕張「私はね・・・明石さんは?」


明石「私は前科が多いので・・・」


大鯨「な、なるほど」









【地下部屋】


明石「・・・殺風景な部屋ね」


明石「まぁ、工具は持ってきたし少しくらいなら改造も出来るかな?」








↓1 これからどうしよう?

181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 19:15:59.25 ID:7/ZK4vZf0
ありゃ、文字化け
「何か作る」です

182: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:17:57.10 ID:xm/NThiZ0


明石「暇だし、何か作ろうかしら・・・」


明石「私だって軍部の人間なんだし、変なものを作ったせいでここにいれられたんだから・・・」


明石「今度はちゃんと、役に立つものを作ろう!」(出来るとは言ってない)


明石「さて、何を作ろうかしら?」











↓1 何を作ろう?

183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 19:22:36.20 ID:Nb/O4zwvO
提督ロボ

184: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:25:20.37 ID:xm/NThiZ0



明石「・・・うん、決めた。ロボットを作りましょう!」



明石「これがあればいろいろなことに使えるわね・・・」



明石「どうせなら提督に似せて、あんなことやこんなことを・・・」



明石「それじゃ、まずは材料を調達しないと・・・」










↓1 材料はどうやって調達する?

185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 19:29:47.39 ID:Y2WthINH0
工廠妖精

186: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:33:06.17 ID:xm/NThiZ0



明石「妖精さんに頼もう・・・私が言えば、きっと貸してくれるだろうし」


明石「貸してくれなかったら・・・その時はその時ね」







【工廠】



明石「こんにちわ、妖精さん」


工廠妖精「こんにちわ、明石さん。どうしたんですか?」


明石「少しばかり開発素材と資源を分けてほしいんですけど・・・いいですか?」


工廠妖精「え?・・・うーん・・・」









↓1 妖精さんの回答

187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 19:34:52.68 ID:yIGFTxhro
魚心あれば水心・・・わかるでしょ?

188: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:38:59.55 ID:xm/NThiZ0



妖精「ふふふ、何年貴方と一緒に働いてたと思うんですか」


妖精「魚心あれば水心・・・どうぞ、持っていってください!」


明石「あ、ありがとう!助かるわ!」


妖精「その代わり、出来たら見せてくださいね」


明石「うん、約束するわ!」









【地下部屋】



明石「完成したら妖精さんと焼肉でも行こうかしら・・・」


明石「さて・・・それじゃ、早速作りましょう!」








選択肢安価 提督ロボの開発は・・・



1 成功した


2 失敗した


3 その他自由安価






↓1

189: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 19:40:12.90 ID:SUiM6ecm0
何故か弥生ロボに

190: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:42:38.59 ID:xm/NThiZ0



弥生ロボ「・・・」


明石「あら、随分可愛い提督さんになっちゃった・・・」


弥生ロボ「・・・」


明石「それにしても我ながらよく出来てるわね・・・」


明石「これはなかなか使えそう・・・」ゴクリ









↓1 どうする? どうなる?

191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 19:46:10.11 ID:25AW+1t9O
ロボとは思えない滑らかな挙動

193: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:49:26.93 ID:xm/NThiZ0




明石「よし・・・ロボちゃん、ちょっと喋ってみて」


弥生ロボ「・・・はい」


明石「弥生ちゃんそっくりで可愛いわぁ・・・」


弥生ロボ「それは、褒めてるんですか?」


明石「そうよ~」


弥生ロボ「褒められると、嬉しいです・・・」


明石「可愛いわぁ・・・」








↓1 どうする?どうなる?

194: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 19:52:11.26 ID:IQwpiSrX0
秋雲が構って欲しそうにこちらを見ている

195: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 19:55:16.59 ID:xm/NThiZ0



明石「いいわぁ・・・最高・・・」


明石「あっ、写真撮っていい?」


弥生ロボ「・・・そういう命令なら、喜んで」







秋雲「・・・何か、面白そうなことになってるじゃん」


明石「あ、秋雲ちゃんじゃない」


秋雲「明石さん弥生に何したの?催眠術か何か?」


明石「ふふふ、そんなんじゃないわよ」


秋雲「え、何何?教えてよー」


明石「どうしようかなー?」








↓1 どうなる?

197: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 19:57:52.38 ID:UV+M1S5Z0
実はロボットなの

199: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 20:01:16.30 ID:xm/NThiZ0



秋雲「頼むよー、後生だからさー!」


明石「分ったわよ。ただし、このことは秘密でね?」


秋雲「分った、それでどうなってんの?」









秋雲「なるほど・・・明石さん凄いね・・・」


明石「まあね・・・最初は提督さんのロボットにするはずだったのに何故かこうなったんだけど」


明石「結果オーライって感じかしら?」


秋雲「これがあればどんな弥生も書き放題・・・」


秋雲「あの子は前書いた時の反響がすごかったからこれは売れる!」


弥生ロボ「・・・?」









↓1 どうする?どうなる?

198: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 19:58:08.24 ID:Z2ARqnbAO
くちくいきゅう『きゅー……』←はぐれた

209: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 22:15:27.70 ID:xm/NThiZ0


お待たせしましたー 再開しまーす




きゅ~...



明石「あら、何かしら・・・?」


秋雲「外から聞こえたよ?」


明石「気になるわね・・・ロボちゃんはここで待ってて、見られると困るから」


弥生ロボ「分りました」








いきゅう「きゅ~...」


秋雲「深海棲艦の・・・幼体かな?」


明石「前に大鳳さんが連れてたの思い出すなぁ・・・」


秋雲「で、これどうするの?」


明石「う~ん・・・」









↓1 どうする?どうなる?

210: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 22:19:06.27 ID:SUiM6ecm0
海に放流

212: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 22:23:29.45 ID:xm/NThiZ0



秋雲「可哀そうだし、海に帰しちゃお?」


明石「そうね。それが一番いいわ」


いきゅう「きゅ?」


秋雲「じっとしててね~」









ザブザブザブ


いきゅう「きゅ~♪」


明石「もうはぐれちゃだめよー」


秋雲「・・・あのイ級、いつか恩返しに来たりしてね」


明石「そんな鶴の恩返しじゃないんですから・・・」


明石「とりあえず、ロボちゃんの所へ戻りましょう」









↓1 どうなる?

213: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 22:28:11.40 ID:UV+M1S5Z0
弥生とロボがバッタリ対面

214: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 22:30:51.08 ID:xm/NThiZ0



秋雲「いやー、帰ったらスケッチしないと・・・」


明石「私もカメラのメモリーを・・・あら?」


明石「戸が・・・開いて・・・」


秋雲「えっ」











弥生「・・・」


弥生ロボ「・・・」







明石(な、なんてことに!なんてことに!)


秋雲(落ち着いて明石さん!まだ弥生はこっちに気付いてないよ!)


明石(どうか何もせず立ち去って・・・!)









↓1 どうなる?

211: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 22:21:33.21 ID:UV+M1S5Z0
ながもんが凄い勢いでこっちに向かってきた

217: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 22:33:28.47 ID:xm/NThiZ0



ドドドドドドド...


明石(! 誰か来た!?)


秋雲(か、隠れよう!)



バンッ!


弥生「!」ビクッ


ながもん「はぁ、はぁ・・・」


ながもん「何やら可愛いもの予感がしたので来てみたら、これは・・・」


弥生「・・・」


弥生ロボ「・・・」


ながもん「ここが天国か・・・」









↓1 どうなる?

218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 22:36:22.92 ID:SUiM6ecm0
弥生「追い払って」
ロボ「・・・分かった」

219: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 22:40:54.69 ID:xm/NThiZ0



ながもん「さぁ、どっちの弥生をモフモフしようか・・・」


ながもん「いや、ここは両方だ!両方モフモフするぞ!」ワキワキ


弥生「・・・」チラ


弥生ロボ「・・・」コクリ


弥生「追い払って」


弥生ロボ「分った」


ながもん「ふふ、駆逐艦の力でこのBIG7にかなうとでも・・・」


弥生ロボ「むん」ガシッ


ながもん「うおおお!?」


弥生ロボ「えいっ」ポイー


ながもん「うおああああああああ!」










明石(な、なんてことに・・・)


秋雲(長門さん・・・)






↓1 どうなる?

220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 22:42:59.59 ID:25AW+1t9O
次は貴方達です

222: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 22:46:15.09 ID:xm/NThiZ0



明石(しかし・・・これはいけるんじゃない?)


秋雲(そうだね、このまま弥生が満足して立ち去ってくれれば・・・)


弥生「・・・貴方達を処理するまでは、帰りませんよ」


明石「ひぇっ」


秋雲「ややややや弥生!」


弥生「・・・またこんなもの作って」


弥生「バカですか、貴方は」


明石「くっ、こんな女の子に怒られるなんて・・・」


明石「でもそれもこれまでよ!ロボちゃん!弥生を捕まえて!」


弥生ロボ「・・・」









↓1 どうなる?

223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 22:47:11.29 ID:We6E6z0Eo
明石が捕獲される

224: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 22:51:18.00 ID:xm/NThiZ0


弥生ロボ「・・・」スタスタスタ


弥生「・・・」


明石「いいよ!そのまま捕まえて!」


明石「ふふふ、このまま好き放題にしてあげるわ・・・」







明石「・・・って、何で私が捕まってるの!?」


弥生「お疲れ様」


弥生ロボ「いいえ」


秋雲「こりゃあ主人が交代してるわ・・・」


明石「ぐぬぬ」







↓1 どうなる?

226: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 22:53:33.28 ID:FOgMd0aMo
やっぱり作った人には逆らえないので解放

228: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 22:56:59.94 ID:xm/NThiZ0



弥生「次は、貴方ですよ」


秋雲「ど、どうにかなんないの!?明石さん!」


明石「実はこんなこともあろうかと、再起動させる機能も付けておいたわ!」


明石「ロボちゃん!こっちの命令に従うのよ!」ポチッ


弥生ロボ「う・・・は、はい」


弥生「む・・・」


明石「ふっふっふ、形勢逆転ね」









↓1 どうなる?

221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 22:43:31.04 ID:7/ZK4vZf0
弥生ロボの催眠光線で本物の弥生を回収

230: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:01:17.90 ID:xm/NThiZ0



明石「落とし前、付けさせてもらうわよ!」


明石「ロボ!催眠光線よ!」


秋雲「ええっ、何その近未来的武器!?」


弥生ロボ「・・・」ビビビビビ


弥生「う・・・ひ、卑怯です、よ・・・」


明石「ごめんね弥生ちゃん。ちょっと楽しませてもらうわ」


弥生「は・・・い・・・」


明石「ふっ、ざっとこんなところよ」


秋雲「明石さん凄い!一生ついていきますっ!」


明石「喜ぶのはまだ早いわ!これで、弥生ちゃんは私達の思うがままよ・・・!」










↓1 どうする?どうなる?

231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 23:02:15.51 ID:0c5gZiyD0
弥生ロボ暴走

234: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:05:38.29 ID:xm/NThiZ0


弥生「・・・」


明石「どうする?服脱がしちゃう?」


秋雲「気が早いですよ。まずはこう●●●●から・・・自分でたくしあげさせる感じで・・・」




弥生ロボ「ジ...ガガガ...」




秋雲「・・・何か、ロボから不審な音が聞こえるんだけど」


明石「未調整の催眠光線をぶっつけでやったのがマズかったかな?」



弥生ロボ「ガギギ...」







↓1 どうなる?

235: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:06:25.44 ID:FOgMd0aMo
弥生ロボが弥生を脱がすというシュールな光景が

237: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:09:01.97 ID:xm/NThiZ0


弥生ロボ「服を...ガガ...脱がす」


弥生「う・・・?」


弥生ロボ「じっと、ジジ...して」


シュル  パサッ





明石「こ、これは!?」


秋雲「ロボが弥生自信を脱がしてる!?何だこの状況!?」


明石「とりあえず、写真撮っときましょう!」パシャ パシャ


秋雲「あ、ずるい!」








↓1   どうなる?

238: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:10:04.06 ID:Z2ARqnbAO
大淀『なんじゃこれ』←隠れてた

239: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:13:18.93 ID:xm/NThiZ0


大淀(部屋を移る明石さんに書類を届けに来てみたら・・・)





弥生「あぅ・・・」


弥生ロボ「...ジジ」





明石「つ、ついに下着まで・・・」 パシャ パシャ


秋雲「いっちゃうというのか!?その下まで!」





大淀(何でしょうか。この状況は・・・)


大淀(それにしても、あの二人は楽しですね・・・)







↓1 どうなる?


240: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:13:53.47 ID:v2C1JmQAO
大淀も参加する

242: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:17:45.10 ID:xm/NThiZ0



大淀「な、何をしてるんですか。二人とも・・・」


明石「げっ、お、大淀さん!?」


秋雲「いつからそこに・・・」


大淀「貴方達が帰ってくるずっと前からですよ・・・」


大淀「それより、この状況。一体どうするんですか?」


大淀「提督に怒られても、知りませんよ」


秋雲「うっ・・・」


明石「ふっ、いいですか大淀さん」


明石「バレなきゃいいんですよ。バレなきゃ」ドヤッ


大淀「はぁ・・・」











↓1 どうなる?

241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 23:14:06.71 ID:SUiM6ecm0
ロボが正常に戻るが、そのまま弥生の部屋にお持ち帰り(下着姿のまま)

244: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:21:11.02 ID:xm/NThiZ0


弥生ロボ「・・・」シュゥゥン


弥生「う・・・」




秋雲「・・・あれ?」


明石「ようやくロボが治ったみたいね」


大淀「ふう、これでようやく弥生を解放出来ますね」


明石「え?何を言ってるんですか?」


秋雲「これからが本番ですよ!本番!」


大淀「・・・本当に、どうなっても知りませんからね」


明石「それじゃ、弥生ちゃん。そこのベッドにすわって~」


弥生「は、い・・・」







↓1 どうする?どうなる?

245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:22:17.06 ID:FOgMd0aMo
続行

246: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:24:33.61 ID:xm/NThiZ0



弥生「・・・」


明石「うわ、やっばい。鼻血でそう」


秋雲「私はもう出た」


大淀「・・・」


明石「だって太ももすべすべだし・・・ああ、頬ずりしたい~!」


秋雲「うへへへ、お嬢ちゃん何色のパンツ履いてるの?」


弥生「白、です・・・」


秋雲「うおぉぉぉ!」



ウオー! ウオー!



大淀(この人たちはもう駄目かもしれない・・・)









↓1 どうなる?

247: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:25:39.40 ID:v2C1JmQAO
大淀もする(メチャクチャノリノリで)

251: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:29:15.26 ID:xm/NThiZ0


大淀(・・・それより)


弥生「・・・」


大淀(や、やっぱり可愛い・・・いや、それよりも!)


大淀(普段は何があっても顔色一つ変えない弥生ちゃんが、こんな・・・!)


ポス


大淀「・・・!」


明石「大淀さんも、こっちに来ましょう」


秋雲「来てみると楽しいよ」


大淀「・・・そうですね」


大淀「わ、私も・・・弥生ちゃんのお腹撫でていいですかっ!?」


明石「ええ、もちろん!」


秋雲 明石(計画通り)ニヤリ











↓1 どうなる?

252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 23:29:57.93 ID:UV+M1S5Z0
敵襲

257: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:33:16.75 ID:xm/NThiZ0


ウー ウー ウー



明石「はっ、て、敵襲!?」


秋雲「な、何でこんなタイミングで・・・!」


大淀「ど、どうすれば・・・」


明石「・・・二人とも」


明石「敵襲では工作艦である私の出る幕は無いでしょう。ここは任せて、出撃を!」


秋雲「明石さん・・・」


大淀「・・・」


秋雲「そんなこといって弥生を独り占めする気でしょ!?」


明石「そ、そそそそんなことはないですよ!?」


ギャー ギャー


弥生「・・・」











↓1 どうなる?

258: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:33:42.35 ID:25AW+1t9O
軍刀を持ったロボが一瞬で敵の旗艦を真っ二つ

262: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:39:02.37 ID:xm/NThiZ0



そのころ海上では・・・





ドォォーン!



提督「っと、純粋種が相手じゃなさそうだが・・・こりゃ骨が折れそうだな」


妖精「て、提督さん!提督さん!」


提督「っと、何だ?」


妖精「あれ!あれ!」







イ級「ガァァァァァッ!」


弥生ロボ「・・・」シュンッ


スパンッ!





提督「・・・なんだありゃ。八艘跳びか?」


妖精『あ、前衛艦隊からです。弥生が敵旗艦を撃破したそうで・・・』


提督(・・・この御褒美とか要求されたらどうしよう)





【地下部屋】



明石「・・・何か、静かになりましたね」


大淀「確かに・・・」









↓1 どうなる?

263: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:39:23.85 ID:kSA54AfdO
弥生ロボの存在が皆に知れ渡ってしまい
提督に一連の騒動が知られる

264: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:43:50.42 ID:xm/NThiZ0



コンコン


明石「・・・誰かな?」


秋雲「あっ、私見てくるよ」


大淀「き、気づかれないようにお願いします!」


秋雲「了解了解~・・・」



タッタッタ...  ガチャ 


ハーイ ドチラサン...    ウオオオオオオ!?


明石「な、何っ!?」


ドンガラガッシャーン!


大淀「あ、秋雲さんっ!?」


秋雲「」


明石「だ、誰がこんなことを・・・ハッ!?」







提督「な・に・を・し・と・る・ん・じゃ~!!」ゴゴゴゴゴゴゴゴ






明石「」


大淀「」


弥生「・・・?」








↓1 どうなる?

265: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 23:44:36.43 ID:0c5gZiyD0
大淀「あ、私はこれで失礼します・・・」

267: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:47:56.19 ID:xm/NThiZ0



提督「・・・」ゴゴゴゴゴゴ


明石「ひ、ひぇぇ・・・」ガクガク


大淀「わ、私はこれで失礼しま・・・」


提督「待て、大淀」


大淀「ひゃいっ!?」ビクッ


提督「話がある。お前ら全員、執務室に来い。弥生も一緒にな」


明石「は、はひ・・・」


提督「・・・最初に言っとくが、覚悟しとけよ」


バタンッ!!  



明石(提督さん超怖い・・・)


大淀(ちょっと漏れた・・・)


弥生「・・・」










↓1 どうなる?

268: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:48:13.32 ID:FOgMd0aMo
明石「こんなこともあろうかと、こっそり逃走用アイテムを開発していたのさっ!」

270: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:53:58.56 ID:xm/NThiZ0



明石「・・・大淀さん、着替えるなら今のうちですよ」


大淀「えっ、な、何のことですかっ!?」


明石「私、伊達に提督に叱られなれてないんですよ」


明石「こんなこともあろうかと、逃走用アイテムを開発していたのさ!」


大淀「な、なんですってー!?」


明石「ここは身を隠し、時期を見計らって渾身の土下座で許してもらう・・・」


明石「ここはそれしか道はありません!」


大淀「そ、それでその逃走用アイテムとは・・・?」


明石「これですっ!」









↓1 逃走用アイテム

271: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/06(土) 23:54:33.74 ID:0c5gZiyD0
あなぬけのヒモ

273: ◆1sqBm79u4A 2014/09/06(土) 23:58:26.83 ID:xm/NThiZ0



「あなぬけのヒモ」


大淀「・・・ただのヒモじゃないですか」


明石「大丈夫です!私の技術力を信じてください!」


明石「急ぎましょう。弥生ちゃんをおぶってください」


大淀「は、はい!」


秋雲「ち、ちょっと待ってよ!私は!?」


明石「・・・ごめんね秋雲ちゃん。このアイテム3人用なの」


秋雲「えっ、ちょ、まっ・・・!」








【???】


大淀「こ、ここは・・・?」


明石「地下部屋じゃないことは確かですけど・・・」







↓1 3人が出た場所

274: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:58:50.14 ID:v2C1JmQAO
北海道 夕張市

277: ◆1sqBm79u4A 2014/09/07(日) 00:02:27.76 ID:5DNtqmgN0




明石「・・・北海道夕張市ですって」


大淀「軽く日本縦断してるじゃないですか・・・」(提督さんの鎮守府は沖縄より南にある設定)


明石「というか、これもしかして・・・帰れない!?」


大淀「もしかしなくても帰れませんよ・・・」


明石「・・・」


大淀(やっぱ大人しく怒られておけばって顔してる・・・・)









↓1 どうする?どうなる?

278: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:03:10.05 ID:GvKS3nR8O
気付かないうちにロボに捕縛され、あっという間に執務室へ

281: ◆1sqBm79u4A 2014/09/07(日) 00:06:41.81 ID:5DNtqmgN0



明石「・・・ぐすん」


大淀「・・・反省しました?私もですけど」


明石「うん、もう帰りたいです・・・」


弥生ロボ「では、返してあげます」


大淀「わっ!?」


明石「ろ、ロボちゃん・・・」


弥生ロボ「手を握ってください。鎮守府までワープします」










【執務室】


明石「いたっ」ドスッ


大淀「いててて・・・」


弥生ロボ「連れてきました」


提督「・・・」


秋雲「」(正座)


明石「て、提督・・・」









↓1 どうなる?

282: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/07(日) 00:07:06.40 ID:DOsPr0iJ0
ロボを解体について話し合われたが、弥生が「私が面倒をみる」と拒み保留に

286: ◆1sqBm79u4A 2014/09/07(日) 00:11:49.49 ID:5DNtqmgN0



提督「ふぅー・・・」


明石「あ、あのっ、提督」


提督「反省したな?」


明石「はい・・・」


提督「・・・」


提督「とりあえず、そのロボットはどうするんだ?」


明石「それは・・・」


「それなら、私が面倒を見ます」


大淀「弥生ちゃん」


提督「いいのか?弥生」


弥生「・・・下着しか付けてないんで、こっち見ないでください」


提督「う、す、すまん・・・」


提督「・・・とりあえず、明石はそれでいいな?」


明石「もちろんです。弥生ちゃん、頼んだわよ」


弥生「ええ」








↓1 どうなる?

269: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/06(土) 23:48:20.04 ID:v2C1JmQAO
弥生が庇って無罪放免になる

283: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:07:10.50 ID:l/HURsaTo
>>269&ロボの功績を考えて許してもらえた

290: ◆1sqBm79u4A 2014/09/07(日) 00:16:02.39 ID:5DNtqmgN0


明石「・・・」


提督「それで、今回の件だが・・・」


提督「弥生、お前はどう思ってるんだ?」


明石「・・・!」


弥生「別に、何とも思ってないですよ・・・」


明石「や、弥生ちゃん・・・!」


提督「・・・弥生がそういうなら、俺は何も言わん」


提督「ロボの功績は目を見張るものだったしな」


明石「や、弥生ちゃぁぁぁん!」ガバッ


弥生「暑苦しい・・・」


大淀「・・・」ホッ











↓1 どうする?どうなる?

292: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:16:53.51 ID:l/HURsaTo
弥生ロボが提督にご褒美をgほしがる

297: ◆1sqBm79u4A 2014/09/07(日) 00:20:16.46 ID:5DNtqmgN0


弥生ロボ「あの、提督さん・・・」


提督「ん、君はロボのほうか?」


弥生ロボ「私、頑張りました。御褒美が欲しいです」


提督「あ、あぁ・・・」


提督(あの時はロボって知らなかったけど、頑張ってたのは事実だしな・・・)


提督「いいよ、何がいい?」


弥生ロボ「・・・」


弥生「・・・」








↓1 弥生(ロボ)への御褒美

298: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/07(日) 00:20:46.35 ID:JtJtkutI0
姉妹がほしい

301: ◆1sqBm79u4A 2014/09/07(日) 00:24:38.44 ID:5DNtqmgN0


弥生ロボ「・・・姉妹が欲しいです」


提督「俺に言われてもな・・・」


提督「明石、頼めるか?」


明石「そ、それが・・・そのロボット、本当は提督さんに似せて作る予定だったんですけど」


明石「なんの偶然か弥生ちゃんになっちゃって・・・姉妹を作れるかは分んないです」


提督「何じゃそりゃ」


明石「というか、ロボちゃんに御褒美あげるなら開発者である私にも何か御褒美くださいよ!」


提督「えぇー・・・」


秋雲(なりふり構わないなあの人)










↓1 どうする?どうなる?

303: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:25:17.21 ID:lGoS0cxAO
元の部屋に戻すから ロボの姉妹頑張れよ

306: ◆1sqBm79u4A 2014/09/07(日) 00:29:28.19 ID:5DNtqmgN0

提督「仕方ないな・・・」


提督「部屋戻してやるから、ロボの姉妹作るの頑張れよ」


明石「くっ・・・し、仕方ないですね」


秋雲「・・・ちなみに、明石さんは御褒美何がよかったの?」


明石「い、言えませんよそんなこと!」


弥生「とりあえず、部屋に戻っていいですか?」


提督「ああ、いいぞ。大淀も秋雲もな」


大淀「分りました」


秋雲「それじゃー」


バタン


明石「んー、私はどうしましょうか」









↓1 これからどうしよう?

307: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 00:30:08.09 ID:sM30q7AUO
ところで夕張は?

309: ◆1sqBm79u4A 2014/09/07(日) 00:32:54.65 ID:5DNtqmgN0


明石「・・・あの、提督」


提督「ん?」


明石「私の部屋を戻すなら、夕張さんの部屋も戻したほうがいいんじゃ・・・」


提督「そうだな・・・すっかり忘れてた」


明石「もう、しっかりしてくださいよ提督さん!」


提督(お前にまきこまれて部屋を移るはめになったのに、何言ってるんだコイツ)











↓1 どうする?どうなる?

308: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/07(日) 00:30:47.04 ID:JtJtkutI0
早速製作開始

325: ◆1sqBm79u4A 2014/09/08(月) 23:17:34.83 ID:mkYyh+E9O


【明石の部屋】


明石「・・・さて提督さんに怒られてしまったし、いい加減作りますかね」


明石「材料は妖精さんにもらってきたし、準備はOK!」


明石「うまく行きますように!」






↓1 どうなる?

326: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:18:48.33 ID:H2fZO6x+0
卯月ロボ完成

327: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:22:57.44 ID:mkYyh+E9O


明石「おお、これは・・・」


卯月ロボ「・・・」


明石「まさか一発で成功するとは・・・」


明石「それにしても、やっぱりよくできてるわね・・・」






↓1 どうする?

328: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:23:10.43 ID:7VvuN3vWo
弥生ロボが高速移動なら、卯月ロボは時間移動だぁ!

…無理なら提督に懐くで。

330: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:28:02.27 ID:mkYyh+E9O



卯月ロボ「ぴょーん」


明石「動作チェックは問題なさそうね・・・」


明石「あとはなんとなく乗せた時空跳躍装置が動くかどうか・・・」


明石「いざ、スイッチオン!」





直↓コンマ判定 80以上で成功です

331: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:29:09.23 ID:7VvuN3vWo
ほい

335: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:33:03.34 ID:mkYyh+E9O


コンマ安価は連取ノーカンですよー




卯月ロボ「?」


明石「・・・ま、そううまくは行かないわよね」


明石「成功したところで何だって話だし・・・」


明石「まあ、ロボが無事完成しただけで満足よ」





↓1 どうする?どうなる?

329: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:24:40.86 ID:XVBhm5oAO
ゴーヤ(なんでちかこれ……)←隠れてた
り陸奥たか『アラー』←更に後ろに何故か

339: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:37:13.78 ID:mkYyh+E9O


ゴーヤ(明石さんが卯月ちゃんにリモコン向けながら何か言ってるでち・・・)


ゴーヤ(明石さん、おかしくなっちゃったのかな・・・)


り陸奥たか「アラー」


ゴーヤ(ゴーヤも同感でち・・・)




↓1 どうなる?

340: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:38:39.35 ID:gTrTZHdFo
卯月ろぼ脱走

341: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:42:58.03 ID:mkYyh+E9O



明石「あ、そうだ。三日月の形した髪止めもつけなきゃ・・・」


明石「どこいったかな・・・?」ゴソゴソ


卯月ロボ「?♪」


ゴーヤ(卯月ちゃん行っちゃうでち!)


明石「あ、あった!・・・ってあれ?」


明石「ど、どこいったのかな・・・?」






↓1 どうなる?

342: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:43:31.16 ID:lhlAnD+CO
勝手に烈風に乗り込んで離陸

343: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:47:25.58 ID:mkYyh+E9O


明石「うー、早く見つけないとまた怒られちゃう・・・」


明石「あ、あれは!」




友永妖精「嬢ちゃん何ばしよるんか!」


妖精「危ないですよ!」


卯月ロボ「?♪」


バルバルバルバル


明石「な、なんてことに・・・」





↓1 どうなる?

344: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:48:16.22 ID:7VvuN3vWo
フラフラ飛行で鎮守府の壁に激突し、そのショックで時間跳躍装置誤作動
一瞬だけ過去スレのどこかに飛ばされるが、すぐに戻ってくる

348: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:53:29.17 ID:mkYyh+E9O


明石「うぉぉぉ!やめてぇぇえ!」ガシ


妖精「明石さん!危ないですよ!」


明石「止まれ!止まれ!」ガンガン


卯月ロボ「!」ビクッ


友永妖精「危ない!」


明石「わっ!?ぶぶ、ぶつかる!」


卯月ロボ「!!?!?!?」


ピカッ






↓1 過去スレのいつに飛ばされた?



349: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:55:18.81 ID:Hi6UqA220
とねちくがスパイしてた辺り

350: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 23:59:49.30 ID:mkYyh+E9O


明石「いててて・・・あれ!?どこここ!?」


卯月ロボ「%【-】%)(#$#()$!+*」


明石「故障してるし・・・ん?」




筑摩「姉様・・・本当にこれでいいんでしょうか・・・」


利根「我輩とて、このようなこと、したくはないわ・・・」


筑摩「でも・・・」



明石「利根型の二人・・・?どうしたのかしら?」






↓1 すぐに戻されるか または続けるか

どのみちあまり長くは続けません

351: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:00:28.56 ID:YWV31otU0
戻る

352: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:05:56.10 ID:zdBatxARO

明石「おーい!お二人さーん!」


筑摩「あ、明石さん!?」


利根「な、何故こんなところに・・・!?」


明石「どうしたんですか?」


利根「い、いや・・・!?お、お主こそどうした!?」


明石「えっ?わっ!ひ、光ってる!?」


シュン


筑摩「き、消えた・・・」






妖精「大丈夫ですか?」


明石「う、うーん・・・あれ?」


明石「戻ってきてる・・・」





↓1 どうなる?





353: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:06:37.92 ID:GGjrt/XeO
飛龍主催、弥生ロボによる明石の開発道具解体ショー

354: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:11:52.53 ID:zdBatxARO


明石「・・・利根型の、二人は?」


妖精「え?知りませんけど・・・」


明石「うーん、何だったのかしら・・・」


友永妖精「それより、あっちで姉さんが何か面白いことしよるばい」


明石「え?」





飛龍「ロボちゃん、やっちゃって!」


弥生ロボ「はい・・・」バキバキ


明石「わ、私の開発した道具が!?」





↓1 どうする? どうなる?

355: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:13:52.29 ID:ShA5n7pi0
提督「なにやってんだ飛龍」

359: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:19:10.80 ID:zdBatxARO


提督「・・・何だ、この騒ぎは」


明石「あっ、提督!飛龍さんがひどいんですよ!」


飛龍「別にひどくないわよ!」


提督「見た限り明石が作った道具を壊してるみたいだか・・・」


提督「何か理由があるのか?」


飛龍「それは・・・」





↓1 破壊してた理由

360: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:20:56.85 ID:nHatAM+G0
風呂シーンの盗撮

364: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:25:41.97 ID:zdBatxARO


また微妙な・・・一応、セーフで



飛龍「明石さんが私がお風呂入ってるところ盗撮してたからですよ!」


明石「げっ・・・」


提督「お前な・・・」


飛龍「証拠だってあるんですよ!?」


提督「わかった。だから落ち着け」


飛龍「まったく・・・」


明石「す、すみません・・・」






↓1 どうなる?

365: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:27:56.24 ID:92087OZ80
ロボ使役して勝手に破壊とかどうよって話

366: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:31:42.93 ID:zdBatxARO


提督「・・・確かに、明石は悪いが」


提督「勝手にロボを持ち出すのは良くないんじゃないか?」


飛龍「それは・・・」


提督「大体裸なんて、別にいいじゃないか。
女同士だし」


明石「じゃあ提督は頼めば裸見せてくれるんですか!?」


提督「俺は男だろうが、馬鹿」





↓1 どうする?どうなる?

371: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:37:51.76 ID:+DLg7uhzO
卯月と弥生がくる

373: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:42:14.06 ID:zdBatxARO


弥生「司令官・・・」


卯月「やっほー!」


提督「おう、二人とも」


弥生「明石さん、ロボの妹はどうなりました・・・?」


明石「あ、無事完成したわよ」


卯月「うーちゃんそっくりに作るなんて、明石さんはセンスいいぴょん!」







↓1 どうなる?

374: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 00:43:47.09 ID:CYI+B9/Ko
ほめられて明石が調子に乗る

380: ◆1sqBm79u4A 2014/09/10(水) 23:39:46.87 ID:HhMdjdNPO


卯月「明石さんはセンスいいぴょんー」


明石「え?そ、そうかしら??」


明石「えへ、えへへ・・・」


明石「提督!私ってセンスいいですか!?」


提督「あ、あぁ・・・」


明石「えへ、えへへへへ・・・」ニヤニヤ


弥生(・・・ちょっと気持ち悪い)








↓1 どうなる?

381: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 23:41:27.31 ID:SWmuGyZ6O
そのまま他の睦月型ロボも制作開始

382: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 23:45:31.25 ID:HhMdjdNPO


明石「よーし!このまま他の睦月型ロボも作っちゃうぞー!」


明石「卯月ちゃん、ロボのことは弥生ちゃんに聞いて!」


卯月「あいあいさー!」


提督「ハリキリ過ぎて無茶しないといいんだが」


弥生「単純な人ですね」










↓1 ロボ制作はどうなった?

383: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 23:47:45.67 ID:FsS4iYGAO
出来たは出来た……が反抗的

384: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 23:51:09.51 ID:HhMdjdNPO


ロボs「・・・」


明石「はぁ、はぁ・・・ノリと勢いで作り上げてしまった」


明石「取り敢えず、動作チェックしないと・・・」


ロボ「お腹すいたー」


明石「え?」


ロボ「お風呂入りたーい」



ギャー ギャー


明石「わわ、落ち着いて!」







↓1 どうなる?

385: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 23:52:16.21 ID:A7UXU/elo
爆発
ついでに他のロボも

386: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 23:56:32.96 ID:HhMdjdNPO

明石「な、何でこんなことに・・・」


明石「まさかどこかのプログラミングを間違えたとか・・・」


ロボs「ギャー ギャー」キィィィィン


明石「こ、この音は・・・まさか!?」



ドッカーーーン!!








明石「う、うう・・・」


明石「ロボたちは、無事かしら・・・」






↓1 どうなる?

387: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 23:57:44.03 ID:KMWO2awV0
弥生、卯月ロボ以外は再起不能

390: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:03:25.12 ID:4HN1umiZO


ボロ...

明石「うう、さすがにこっちはダメか・・・」


明石「卯月ちゃんたちは・・・?」







弥生ロボ「問題ありません」


卯月ロボ「ぴょん」


明石「よ、よかった・・・」


提督「お前はよくやったよ。ただ運がなかっただけさ」


明石「はい・・・」










↓1 どうする?どうなる?

391: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:04:20.40 ID:P1MRVfJ0O
疲労困憊で爆睡し始める明石

394: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:09:13.27 ID:4HN1umiZO


明石「はぁ・・・」


卯月「明石さん、大丈夫?」


卯月ロボ「ぴょん」


明石「大丈夫よ。ちょっと疲れただけだから・・・」


妖精「座りますか?」


明石「うん、ありがと・・・ふわぁ」


明石「・・・」コクリ コクリ






↓1 どうなる?

395: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:10:23.82 ID:L7C4isZEO
優しく上着をかける提督

396: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:15:44.98 ID:4HN1umiZO


明石「すぅ・・・」


弥生「寝てしまいましたね」


提督「疲れてたんだろ、そっとしてやれ」


卯月「明石さん、ハリキリ過ぎるところあるからね」


弥生「自分の欲望には正直な人ですから」


提督「それだけじゃないさ」


提督「ただ単に、お前たちに喜んで欲しかっただけだと思うぞ」スッ


明石「すぅ・・・」










↓1 どうなる? 目が覚めてからの状況でもおk

397: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:16:59.13 ID:X35ZwS4N0
起きたら既に日付が変わってた

398: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:22:03.08 ID:4HN1umiZO


明石「ん、ん・・・?」


明石「あれ、私ってばいつの間に・・・」


明石「提督が上着を貸してくれたみたい・・・」


明石「これは相当寝てしまったみたいね・・・外が真っ暗だわ」


明石「取り敢えずお腹も空いたし、提督に上着返さないと・・・」





↓1 どうする?

399: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:27:49.41 ID:L7C4isZEO
提督が執務中に寝落ちしてた

401: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:31:07.60 ID:4HN1umiZO


コンコン ガチャ


明石「し、失礼しまー・・・す」


明石「提督・・・?」


提督「Zzz・・・」


明石「寝落ちしちゃったのね・・・」


明石「ちゃんとベッドで寝ないと駄目なのに・・・」






↓1 どうしよう?

402: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:33:08.62 ID:X35ZwS4N0
ベッドで添い寝

404: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:37:43.11 ID:4HN1umiZO


提督「Zzz・・・」


明石「もう、仕方ないわね」


明石「よい、しょ・・・」


提督「う・・・」


明石「皆には悪いけど、添い寝しちゃおうかしら・・・」


モゾモゾ


明石「ん、提督の体、暖かい・・・」








↓1 何かイベントがあれば ない場合は終了です





405: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:40:19.08 ID:1adkBPWWO
作った覚えのないの提督ロボがいた

407: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:44:50.65 ID:4HN1umiZO



明石「ん・・・」


明石「あら・・・?」


提督ロボ「・・・」


明石「あれ、提督さんのロボかしら・・・?」


明石「でも、一体誰が・・・」






↓1 どうなる?

408: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 00:46:01.44 ID:L7C4isZEO
ロボの裏に「作.夕張」と書いてある

413: ◆1sqBm79u4A 2014/09/11(木) 22:45:03.62 ID:JqmsE3JBO

【深夜・執務室】


明石(やっぱり、気になるわね・・・)モゾモゾ





提督ロボ「・・・」


明石「間近で見ると、本当によく似てるわね・・・」


明石「こんなの作れるのは・・・」


作:夕張


明石「やっぱり夕張さんか・・・」





↓1 どうする?どうなる?

414: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:46:11.03 ID:UGghJ6l0O
改造してみる

415: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:51:26.72 ID:JqmsE3JBO


明石「・・・」ウズウズ


明石(あぁ?っ!改造したいー!あんな機能やこんな機能つけてみたいー!)


明石(夕張さんには悪いけど、我慢出来そうにないわ・・・)


明石(・・・中身いじるだけなら、そう時間はかかんないだろうし)


明石(終わったら本物の提督さんと添い寝まで出来るなんて・・・)


明石(さっそく改造よ!)






↓1 どうなる?

416: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:52:29.55 ID:UGghJ6l0O
本物そっくりに

418: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:55:37.00 ID:JqmsE3JBO

【明石の部屋】


明石「・・・ふぅ、夕張さんが作った顔もなかなかだけど」


明石「せっかくだから似せながらも私好みに作ったわ」


提督ロボ「・・・」


明石「・・・何だろう、凄い興奮してきた」






↓1 どうなる?

419: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:01:07.21 ID:UjiO630E0
明石「ぐふふ・・・」zzz

421: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:07:55.10 ID:JqmsE3JBO


明石「このままいけば・・・」


明石「うへへへ・・・」


明石「い、いけない。つい鼻血が・・・」


明石「でも、いざそうなるとなると・・・」


明石「ぐふっ、ぐふふふ・・・」


明石「すぅ・・・」Zzz







↓1 どうなる? 起きた場面からでもおk

420: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/11(木) 23:02:12.29 ID:n1J4WHBt0
甘い台詞を吐くプログラム導入

422: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:08:10.32 ID:9T98hzGYo
>>420が提督ロボに既に組み込まれていて、寝てる明石の耳元でささやく
明石は夢の中でフニャフニャに

423: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:14:15.76 ID:JqmsE3JBO


明石「ぐふふふ・・・」Zzz


『明石はすごいな。あんなものまで開発出来るなんて』


『それにメンテナンスも丁寧だしな・・・そうだ』


『今度、俺のこともメンテナンスしてくれないか?』


『代わりに、俺がお前のメンテナンスを・・・』


明石「ぐふっ、ぐふっ・・・」鼻血ドバー


提督ロボ「ウィィィィン」






↓1 どうなる?

424: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:15:56.82 ID:X35ZwS4N0
弥生ロボの妨害電波で悪夢に変わる

425: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:21:34.76 ID:JqmsE3JBO


弥生ロボ「・・・」ニョンニョンニョンニョン



明石「う、うぅ・・・」


『ごらぁー!明石てめー!』


『またこんなもの作りやがって・・・反省してんのか!?あぁ!?』


『はぁ・・・失望したわ』


『もう我慢できん。お前には他の鎮守府に・・・』


明石「そ、それだけはやめて・・・」






↓1 どうなる?

426: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/11(木) 23:22:05.41 ID:kjSwsLKp0
本物の提督に起こされる

427: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:29:47.60 ID:JqmsE3JBO


『明石!』


明石「ご、ごめんなさい・・・っ」


『明石!』


明石「もう迷惑かけたりしません、だから、ここにいさせて・・・」


提督「しっかりしろ、明石」


明石「あ、て・・・ていと・・・」


提督「大丈夫か?うなされてたみたいだか」


明石「ぐすっ・・・」








↓1 どうなる?

428: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/11(木) 23:30:28.57 ID:n1J4WHBt0
提督に見捨てられるとの恐怖から、頬を伝う涙が・・・

430: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:37:11.93 ID:JqmsE3JBO



提督「明石・・・?」


明石「や、やですっ・・・」


明石「私、貴方と一緒じゃないと嫌ですっ」


明石「だから、捨てないで・・・っ」


提督「・・・」


明石「うっ、・・・ぐすっ」






↓1 どうなる?

431: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:37:47.13 ID:9T98hzGYo
提督「見捨てるワケないだろう」 ギュッ

433: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:41:32.83 ID:JqmsE3JBO


提督「明石・・・」ギュッ


明石「ぅぁ・・・」


提督「見捨てるわけないだろ。お前が見たのはただの夢だ」


明石「・・・本当ですか?」


提督「ああ、お前はずっとここにいろ」


明石「はい・・・」







↓1 どうなる?

434: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/11(木) 23:43:22.45 ID:kjSwsLKp0
いい雰囲気に

436: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:52:00.10 ID:JqmsE3JBO



提督「落ち着いたか?」


明石「はい・・・すみません、上着汚しちゃって・・・」


提督「いいさ。気にするな」


明石「本当にすいません、提督には迷惑かけっぱなしですね・・・」


提督「いいってば。俺も、お前には大分助けられてるからな」


明石「そ、そうですか・・・?」





↓1 どうなる?

437: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 23:52:43.47 ID:X35ZwS4N0
安心した所で明石さん再び眠って終了

443: ◆1sqBm79u4A 2014/09/12(金) 22:46:59.64 ID:oyCRsGsWO


【明石の部屋】


明石「ふわぁ・・・」


提督「眠いのか?」


明石「何だか、安心しちゃって・・・」


明石「私が寝付くまで抱きしめてもらっていいですか?」


提督「ああ・・・」


明石「ありがとう、ございます・・・」








明石編 完

↓2 次のメイン安価

445: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 22:50:20.83 ID:s5QgH5PsO
新米提督

448: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 22:56:20.41 ID:oyCRsGsWO


新米ちゃん了解ですー

では、さっそく行きますかねー




【新米の鎮守府】



ジリリリリリン ジリリリリリン


新米「ん・・・ふわぁ」


新米「午前6時・・・今日もぴったし」


新米「ようやく鎮守府にも慣れてきたかな?」


新米「今日も1日、頑張っていこう!」






↓1 どうする?

449: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 22:57:11.68 ID:CiFeYq0F0
本日の執務や演習などの確認

450: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:00:18.49 ID:oyCRsGsWO



コポコポコポコポ...


新米「朝食にはまだ時間あるし、予定の確認をしとかなきゃ・・・」


新米「ん、コーヒーおいし・・・」


新米「えーと、今日の予定は・・・」








↓1 本日の予定

451: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 23:01:10.77 ID:/znvBBhL0
新米の保有艦船教えてくだしあ

455: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:07:55.99 ID:oyCRsGsWO


新米「んと・・・今日もデイリー任務だけ、か」


新米「私も早く、提督さんみたいに大艦隊を指揮したいなぁ・・・」


新米「・・・ううん、これもちゃんとした任務何だから」


新米「明日のために、頑張ていこう!」








↓1 どうする?

456: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 23:08:25.80 ID:lWN7TYqS0
浦風「提督さん、朝食出来たよ」

457: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:15:02.22 ID:oyCRsGsWO



広島弁ガハガバですわ



ガチャ


浦風「提督さん、朝食出来たで」


新米「あ、ありがと」


新米「浦風ちゃん、今日も頑張ろうね!」


浦風「そげん張り切ってどげぇしたんね?」


新米「ううん、何でもないよ!さ、早くいこ?」







↓1 朝食は浦風と二人で?それとも名取と祥鳳も?

458: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 23:15:38.14 ID:CiFeYq0F0
みんなで

459: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:19:54.33 ID:oyCRsGsWO


【食堂】


新米「みんな、おはよう!」


名取「お、お早うございます・・・」


祥鳳「今日も元気ですね」


浦風「うんうん、元気なのは良いことじゃ」


新米「みんなも朝ごはん食べて、今日も頑張ろうね!」


「いただきまーす」






↓1 食事中イベント

460: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 23:21:11.60 ID:vOX2Gicm0
皆の世間話的な近況報告を聞く

461: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:26:24.96 ID:oyCRsGsWO


新米「みんなは最近どう?」


浦風「う?ん、どうと言われてもなぁ」


名取「いつも通り、ですね」


新米「そっかぁ・・・」


祥鳳「最近、深海凄艦の動きが活発化してるとは聞きますけど・・・」



新米「大変だよね・・・」







↓1 どうなる?

462: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 23:28:14.29 ID:lWN7TYqS0
そろそろ燃料が尽きそうだと話題に

463: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:31:50.08 ID:oyCRsGsWO


名取「おの、そう言えば・・・」


名取「そろそろ、燃料が無くなりそうなんですけど・・・」


新米「えぇ?・・・今日の補給で足りるかな」


浦風「どうする?どこか回収にいくか?」


新米「うぅ・・・」





↓1 どうしよう?

464: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 23:32:46.08 ID:3Qludcqo0
提督に貰いに行こう

467: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:40:22.36 ID:oyCRsGsWO


新米「あの提督さんに分けてもらおうかな?」


浦風「うちはあの提督、嫌いじゃ・・・」


名取「ドッキリさせられましたからね・・・」


新米「でも、いい人なのは間違いないよ?」


浦風「ううん・・・」


祥鳳「では、誰を連れていきますか?」








↓1 新米と一緒に燃料をもらいにいくのは誰?

472: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:42:42.56 ID:PKgSduINO
化けたっぽい
名取です

473: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:46:01.49 ID:oyCRsGsWO


新米「名取ちゃん、お願いできる?」


名取「ひゃっ、ひゃいっ!?わ、私ですか!?」


新米「うん、あの鎮守府には貴女の姉妹艦も多いからいいと思うんだけど」


名取「わ、わかりました!頑張りますっ!」


新米「うん、お願いね」






↓1 これからどうしよう?

474: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 23:47:35.61 ID:lWN7TYqS0
燃料を積めるように艦の倉庫をスカスカにする

476: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:53:16.75 ID:oyCRsGsWO


新米「ふぅ・・・ご馳走様」


祥鳳「これからどうするんですか?」


新米「提督さんに話しをして、そのあとは倉庫の整理かな?」


浦風「じゃあうちらはさきにそっちやっとくわ」


新米「うん、お願いね」




【名取の倉庫】


浦風「どうじやった?」


新米「OKしてくれたよ!」


祥鳳「それじゃ、新米さんも掃除お願いします」


新米「うん、頑張るよ!」






↓1 どうなる?

↓1

475: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 23:47:50.35 ID:CiFeYq0F0
先に出来る範囲のデイリーをこなしておく

479: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:00:34.71 ID:+Sye324NO




名取「大分片付きましたね・・・」


祥鳳「あとは私たちがやっておきますから」


祥鳳「新米さんはデイリー任務をどうするか考えておいてください」


浦風「どうするんかぇ?」


新米「それなんだけど・・・」








↓1 何のデイリー任務をしよう?

480: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:01:11.04 ID:Z6pyt1N+O
開発

482: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:05:52.70 ID:+Sye324NO


新米「ちょっと開発だけしてくるよ」


浦風「うん、頑張ってな」


新米「すぐ帰ってくるよ!」




【工厰】


妖精「おはようございます!開発ですか?」


新米「うん、デイリーの分だけお願い」


新米「あと、燃料は極力節約して」


妖精「わっかりました!張り切っていきますよ!」






↓1 どうなった?

483: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/13(土) 00:06:56.45 ID:0+qZZ9px0
烈風完成

486: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:12:02.62 ID:+Sye324NO



新米「こ、これってまさか・・・」


妖精「そうです!烈風です!」


新米「すっごーい!さすが妖精さん!」


妖精「えへへ、それほどでもありますよ!」




祥鳳「ありがとう。大切に使わせてもらいます」

浦風「留守の間はうちと祥鳳さんに任せとき」


新米「うん、いってきまーす!」







↓1 道中何かイベントがあれば


487: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:13:15.64 ID:WLQ58vMAO
道に迷った……らレ級&ヲ級に出会った

492: ◆1sqBm79u4A 2014/09/13(土) 21:52:01.81 ID:Zk2SPzxGO


【どこかの海上】



ザァァァ...


新米「うーん・・・」


妖精「あの、新米さん?」


名取「これって、どう考えても・・・」


新米「うん、迷っちゃったみたい・・・」


名取「そんなぁ・・・」


新米「ご、ごめんね?私が未熟だから・・・」


妖精「! 何かこっち来ますよ!?」


レ級「おーい!」


名取「あ、あれは提督さんのところの・・・」


新米「でも、ヲ級までいるね。彼女も知り合いなのかな?」








↓1 どうなる?



493: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/13(土) 21:54:57.29 ID:C4jywwsb0
鎮守府はあっちだよ(指さしながら)

494: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 21:59:52.73 ID:Zk2SPzxGO


レ級「よいしょ、久しぶりだね!」


新米「うん、久しぶり。貴女は今何してるの?」


レ級「哨戒も兼ねて散歩中。このヲ級は味方だから安心して」


ヲ級「ヲ」


名取「そ、そうですか・・・」


レ級「鎮守府に行きたいんでしょ?あっちにあるよ」


新米「ありがとう!助かったわ!」


レ級「ううん、どういたしまして」









↓1 どうなる?

495: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:01:27.30 ID:WLQ58vMAO
ほっぽちゃんと遭遇
カオスダイソン付きで

496: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:06:27.36 ID:Zk2SPzxGO



名取「・・・深海凄艦にも、あんな人がいるんですね」


新米「そうだね・・・ちょっと意外かも」


妖精「ん、また何か反応がありますよ」


新米「あ、あの子かな?」





ほっぽちゃん「・・・」


新米「こんにちわ。提督さんの知り合い?」


ほっぽちゃん「うん」


新米「その後ろのは何?」


ほっぽちゃん「これは・・・ペットかな?」


新米「へー、そうなんだー」


名取(すぐ話ができるこの人もすごい・・・)







↓1 どうなる?

497: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/13(土) 22:07:29.79 ID:C4jywwsb0
ガス欠寸前なので急ぐ

498: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:10:50.98 ID:Zk2SPzxGO



妖精「新米さん!燃料がヤバいですよ!」


新米「わわ、ごめん。先を急がないと!」


ほっぽちゃん「うん、わかった」








名取「あ・・・見えてきましたよ」


新米「ギリギリだったねー」






↓1 このまま何事もなく到着できた?

499: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:11:39.01 ID:UrWRO3ENO
到着

501: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:17:28.73 ID:Zk2SPzxGO


名取「ふう・・・無事ついてよかったですね」


新米「外で提督さんが待ってるから、急いで降りるよ」


名取「は、はい!」





新米(うぅ?、緊張する・・・)


新米「すみません、貴重な資源をわけてもらって・・・」


提督「いいさ。困ったときはお互い様だ」


新米「あ、ありがとうございます!」




↓1 どうする? どうなる?





502: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/13(土) 22:20:37.69 ID:C4jywwsb0
積み終わるまで提督と談笑

503: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:25:49.24 ID:Zk2SPzxGO


提督「どうだ?最近は」


新米「え、えぇっと・・・と、特には」


提督「そうか。俺も君と同じ位の頃は色々と不便なことが多くて大変だったよ」


提督「そんな時、艦娘が励ましてくれたんだ」


新米「私も、同じです」


提督「そうか。なら心配はいらないな」


提督「君もじきに強くなれるさ」


新米「そ、そうですか?」








↓1 どうなる?

504: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/13(土) 22:30:05.22 ID:T+6lgroj0
遺跡が再発見

507: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:34:01.97 ID:Zk2SPzxGO


妖精「提督さ・・・おっと、お話中でしたか」


新米「あ、大丈夫ですよ」


提督「ああ、例の遺跡か?」


妖精「はい。また入れそうな場所を見つけたんですけど・・・」


新米「あの・・・遺跡って?」


提督「ここの近くにある海底遺跡だよ」


新米「へぇー、ロマンですね」







↓1 どうなる?

508: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:34:41.70 ID:XsPgkEth0
調査しよう

509: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:39:32.96 ID:Zk2SPzxGO


提督「行けるんなら、また調べに行こうか」


妖精「了解です。準備してきますね」


提督「俺と妖精さんと、あとは・・・」


新米「・・・」行きたいオーラ


提督「・・・一緒に行くか?」


新米「いいんですか!?」


提督「海軍学校でサバイバルは習ってるし問題ないだろう」


提督「あと一人、護衛の艦娘が欲しいが・・・」









↓1 提督と新米を護衛する艦娘

510: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:39:59.71 ID:UrWRO3ENO
不知火

513: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:45:00.69 ID:Zk2SPzxGO


提督「不知火にでもさせるか・・・」


不知火「お呼びですか?」


新米「えっ!?ど、どこから・・・」


提督「・・・まあいいや。頼めるか?不知火」


不知火「司令の命令であれば、異存はありません」


不知火(ここでいいところを見せなくては・・・)


提督「んじゃ、いくとするか」


新米「はいっ!」



515: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 22:50:02.05 ID:Zk2SPzxGO


海底遺跡の最深部はこちらである程度決定済みなので

最後の辺り安価は少な目になるかもしれません




【海底遺跡】


提督「よっと。前来た時とは大分雰囲気が違うな」


新米「何だか、ジメジメしますね・・・」


不知火「足を滑らせないよう、注意してください」


提督「イクはここで待機。何か異変があったらすぐ伝えてくれ」


イク『了解なの!』







↓1 探索中イベント

517: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/13(土) 22:51:37.88 ID:0+qZZ9px0
足場が崩壊


次回 【安価】提督「提督になれてよかった」その1【艦これ】 後編