【安価】提督「提督になれてよかった」その3【艦これ】 前編

494: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 00:37:05.71 ID:o8YOEC3fO



秋月「うっ、うぅ・・・」


大和「ご、ごめんなさい!美味しくなかったですか?」


提督「秋月、大丈夫か?」


秋月「ち、違うんですっ、すごく美味しくて・・・」


大和「そ、そうでしたか・・・」


提督「ほら、まだ一口目だろ?」


秋月「っ、はい!」






↓1 どうなる?






引用元: 【安価】提督「提督になれてよかった」その3【艦これ】 



495: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/29(土) 00:37:26.13 ID:69gRAjoH0
幸せ絶頂の秋月
そしてまさか艦載機全滅させられるとは露にも思っておらず
ヘコむ加賀と龍驤

497: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 00:42:41.08 ID:o8YOEC3fO



秋月「うっ、はむっ・・・」


提督「あまり急いで食べると、喉につまるぞ」


秋月「っ、はい!」






龍驤「加賀・・・まさか全部落とされるとはな」


加賀「・・・気合いが足りなかったのよ」


龍驤「ま、今度からは信頼できる仲間やし!ちょうどええけどな!」


加賀「赤城さんの舞台とならこうは・・・」ブツブツ


龍驤「」





↓1 どうなる?

498: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 00:42:57.68 ID:BnLNalylO
当たらなければ良いんですよ、当たらなければ

500: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 00:47:58.52 ID:o8YOEC3fO


龍驤「加賀・・・それはひどくないか?」


加賀「! ごめんなさい。失言だったわ」


龍驤「・・・まあええけど」


龍驤「うちの連中もそうやけど、もっと上手くいかへんかなぁ?」


加賀「簡単よ。当たらなければいいのだから」


龍驤「自棄にならんといてや・・・」






↓1 どうなる?

501: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/29(土) 00:48:26.87 ID:69gRAjoH0
鳳翔「二人とも特訓です♪」

503: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 00:52:19.69 ID:o8YOEC3fO



鳳翔「ぶつくさいっても、仕方ないですよ?」


龍驤「鳳翔さん・・・」


加賀「・・・そうね」


加賀「赤城さん亡き今、鎮守府の航空戦力の中心は私たちなのだから」


鳳翔「そういうことです。明日から二人とも特訓ですね♪」



赤城(勝手に殺さないで・・・)







↓1 どうなる?

504: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 00:53:11.40 ID:s40MT4Ky0
赤城さんが一航船の座を取り戻すために
エネルギー補給した最強秋月とバトル

507: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 01:01:19.59 ID:o8YOEC3fO


赤城(うう、私だってお腹すいてるのに・・・)


赤城(それに大和のフルコースなんて滅多に食べられらるものじゃ・・・)


赤城(こうなったら・・・)


赤城「秋月!加賀さんと龍驤を倒した貴女に勝負を申し込みますっ!」


秋月「むぐっ・・・あ、赤城さん!?」


提督「何のつもりだ。赤城」


赤城「止めないでください!私は秋月に勝って、一航戦の誇りを取り戻します!」


提督「・・・どうする?秋月」


秋月「・・・わかりました。お受けしましょう」


赤城「ありがとう。けど、容赦はしないわよ」








↓1 赤城のコンマ


↓2 秋月のコンマ




高い方が勝ちですよー

508: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 01:02:26.74 ID:2N7xcA2T0
・投下・

509: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/29(土) 01:02:34.82 ID:69gRAjoH0
てい

513: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 01:07:32.01 ID:o8YOEC3fO


赤城「っ、ば、馬鹿な・・・っ!?」


秋月「あ、危なかった・・・」


提督「すごいな。秋月。赤城もよく頑張ってたな」ナデナデ


秋月「あ、ん・・・♪」


赤城「・・・私も、頑張らないといけませんね」


提督「ああ、応援してるからな」






↓1 どうなる?


そろそろ歓迎会も終わりに近いですー

514: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 01:09:16.09 ID:BnLNalylO
勝ったご褒美に間宮パフェ

519: ◆VIEDir2TA. 2014/11/29(土) 22:58:11.33 ID:PDXh5KPZO


秋月「ん~っ!!」


提督「美味しいか?」


秋月「はいっ!とっても美味しいですっ!」


間宮「そう言って貰えると、作った甲斐があるわね」


秋月「~♪」パクパク





↓ どうなる?

520: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 22:58:59.28 ID:v6vJQWqGo
冷たいものでお腹が・・・

521: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:03:11.17 ID:PDXh5KPZO


秋月「ん~♪」


提督「あまり食べると、腹壊すぞ」


間宮「そうですよ。少しずつ食べたいほうが・・・」


秋月「!」ピクッ


提督「っ、大丈夫か?」


秋月「だ、大丈夫です・・・あはははは」







↓1 どうなる?

522: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/29(土) 23:03:47.21 ID:Al2NBrJs0
戻ってくるまで新米達の所へ

523: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:08:00.45 ID:PDXh5KPZO


秋月「すいません、トイレはどこですか・・・?」


間宮「あ、こっちですよ!」


提督(新米たちの様子でも見てくるか・・・)


提督「鳳翔、新米たちがどこにいるか分かるか?」


鳳翔「そちらにいましたよ」


提督「ありがとう」





提督「新米ー、いるかー?」





↓1 新米たちの様子

524: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:08:43.82 ID:v6vJQWqGo
着替え中

525: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:14:02.00 ID:PDXh5KPZO



新米「きゃっ!?て、提督さん!?」


提督「えっ!?あ、なっ!?」


新米「わぁぁぁあっ!ごめんなさい!ごめんなさい!」


提督「い、いや、なんでここで着替えっ!?」


浦風「いつまでに見とんのじゃ!」


バキィッ!


提督「ほげぇっ!」


新米(隼鷹さんとか長門さんに無理やり着替えさせられたのに、提督さんにまで迷惑がかかるなんて・・・)






↓1 どうなる?

526: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/29(土) 23:17:12.51 ID:V3QuX70A0
秋月が戻ってくる

528: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:19:56.63 ID:PDXh5KPZO



秋月「すいません、戻りました・・・どうしたんですか?」


提督「いや・・・ちょっとな」ヒリヒリ


新米「ご、ごめんなさい・・・」


提督「いいよ。その、俺も悪かったから、ごめんな」


新米「い、いえ!こちらこそ・・・」


秋月「?」




↓1 どうなる?

529: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:20:39.76 ID:s40MT4Ky0
深海棲艦襲撃
秋月出るぞ!

531: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:24:34.33 ID:PDXh5KPZO


ウー ウー ウー


提督「っ、敵か!?」


鳳翔「そのようですね・・・」


提督「お前らいつまで酔いつぶれてんだ!敵襲だぞ!」


新米「提督さん、私たちも出撃します」


提督「ああ、お願いするよ。秋月、お前も行けるな?」


秋月「・・・はい!勿論ですっ!」








直↓コンマ判定 数値が大きいほど敵が強力です

532: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:25:14.94 ID:v6vJQWqGo
00

537: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:31:11.48 ID:PDXh5KPZO



過去最高レベルじゃないか・・・



提督「水平線が真っ赤だな・・・」


妖精「あの光、全部深海棲艦ですか・・・」


提督「これは、出し惜しみしてる場合じゃないな。爺さんや他の鎮守府にも応援を要請してくれ」


提督「秋月、気合い入れろよ」


秋月「っ、はいっ!」


提督(前に統領が純粋種に注意するよう言ってたが・・・)






↓1 どうなる?

538: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:32:06.40 ID:BnLNalylO
空母棲姫とクローン装甲空母の大群が突撃してきた

540: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:39:07.36 ID:PDXh5KPZO



ドカァァーン


提督「無理をするなっ!損傷は部隊同士で補え!危なかったら、一旦交代しろ!」


妖精「提督、前線の戦艦さんたちが・・・!」


提督「航空機と、駆逐艦を回せ!」






長門「くっ、よくもまぁ、沸いて出てくるものだっ!」


大和「長門さん!敵の空母群が!」


長門「くっ、まだ来るかっ!?」






↓1 どうなる?

541: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/29(土) 23:39:31.72 ID:Al2NBrJs0
奴らは陸地に突っ込んで上陸する気のようだ

542: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:44:01.73 ID:PDXh5KPZO



吹雪「っ、イ級までカバーできないっ!」


夕雲「上陸して、鎮守府自体を破壊するつもりかしら・・・?」




提督「っ、島風と天津風の速力でカバーさせよう。妖精さんにトーチカも準備させようか」


妖精「わかりました!伝達します!」


提督(まだだ・・・純粋種の本隊はまだ・・・)




↓1 どうなる?

543: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:44:58.51 ID:s40MT4Ky0
本気モード吹雪様と対空防衛最強秋月
が食い止めにかかる

546: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:49:37.50 ID:PDXh5KPZO


キィィィーン


妖精「! 敵艦載機、こっちに向かってきてますっ!」


提督「秋月!」


秋月「防空駆逐艦の実力!お見せしますっ!」







吹雪「もうっ、ここは私が引き受けますっ!」


叢雲「任せて大丈夫なのっ!?」


吹雪「鎮守府最強の駆逐艦に、任せてっ!」







↓1 どうなる?



547: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:50:19.98 ID:BnLNalylO
本隊から外れた空母棲姫がコッソリ上陸

548: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:54:33.18 ID:PDXh5KPZO



ドォォーン




空母棲姫「・・・」


空母棲姫(ココガ、アノオトコノ・・・)


妖精「んっ!?うわっ!」


妖精「上陸されてるし!に、にげろー!!」


空母棲姫「・・・アッケナイ。・・・!?」


レ級「残念だけど、ここは通さないよ」


空母棲姫「ッ・・・」


「レ級さーん!頑張って~!」






↓1 どうなる?

549: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:55:19.88 ID:v6vJQWqGo
互角

552: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:00:22.66 ID:tp2riI5CO



空母棲姫「シッ・・・」ガキイッ!


レ級「っ、さすがにきついか・・・」


空母棲姫「何故、アノ男ニ味方スル・・・!」


空母棲姫「アノ男サエイナケレバ、我々ハ・・・!」


レ級「・・・まだ気づかないの?」


空母棲姫「・・・チッ!」ブン!


レ級「そんなんだから、いつまでたっても勝てないんだよっ!」ガキィィンッ!






↓1 どうなる?

553: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:00:35.33 ID:Sj+Z/Ql/O
レ級、隙を突かれ海に投げ飛ばされる

555: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:05:20.80 ID:tp2riI5CO


レ級「隙有りっ!」


ガシッ


レ級「うっ、そ・・・!?」


空母棲姫「ソウ言ウ貴様コソ、鈍クナッタナ・・・」


ブォンッ!


レ級「しまっ、くそっ!」


妖精「レ級さん!」


妖精「こ、こうなったら、立て籠るしかないよ!」




↓1 どうなる?

556: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:06:16.68 ID:CZ6n1ZHp0
なんとか上陸を食い止めた
吹雪と秋月が援軍に登場
全体の戦況も最終局面に

クライマックス!!

558: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:11:26.71 ID:tp2riI5CO



空母棲姫「・・・後ハ、破壊スルダケカ」


ドカァァーン


空母棲姫「ッ、!」


秋月「ま、間に合った!?」


吹雪「こっちもです!ここから先へは進ませないから!」


空母棲姫「・・・ガアァァァッ!」


空母棲姫「ドイツモ、コイツモ・・・ッ!」






↓1 どうなる?

559: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 00:13:06.78 ID:cVJXBDCJ0
提督ロボ登場、怪力炸裂
紫外線目潰しからの沖に巴投げ

566: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:23:05.08 ID:tp2riI5CO


秋月「さ、さすがに生身では無理が・・・!」


吹雪「諦めちゃ駄目よ!絶対、勝つんだから!」


空母棲姫「忌々シイ・・・勝ツノハ、我々ダ!」ダンッ!


秋月「っ、!?」


「そこよ!提督ロボ!」


空母棲姫「ガァッ・・・!?」


吹雪「ゆ、夕張さん!?」


夕張「ごめんね。こっちの護衛をしてたの。さ、いくわよ!提督ロボ!」


提督ロボ「」コクリ


空母棲姫「ァ、ァァァ・・・」


提督ロボ「」ブンッ!


夕張「・・・あれ?」


秋月「に、逃げた・・・」







提督「はぁ、はぁ・・・じ、状況は?」


妖精「え、えっと・・・」



直↓コンマ判定 数値が大きいほど被害が大きいです

なお、コンマ次第で追加イベントもあります


567: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 00:24:13.78 ID:mgzCzTgq0
てい

571: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:28:18.09 ID:tp2riI5CO


提督「はぁ・・・さすがに無傷な奴はいないか」


妖精「でも、皆無事で良かったじゃないですか」


提督「そうだな・・・」


妖精「何か気になりますか?」


提督「敵のボスは撤退したしな。あと、いつも俺を付け狙う連中も居なかったし」


提督「また近いうちに、戦いになりそうだな・・・」


妖精「・・・」


提督「まあいいや。今は、帰って祝杯だ!」






↓1 帰ってきてから、どうなる?



572: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:29:01.21 ID:CZ6n1ZHp0
遠征に行っていた○○達が
燃料やボーキや鉄鋼資源が取れる島を
発見したと報告が

575: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:36:02.16 ID:tp2riI5CO



提督「ひぃ、ふぅ、みぃ・・・」


新米「どうでしたか?戦況は」


提督「皆、結構ヤバかったみたいだよ。本当に、無事で良かった」


天龍「おい、提督!俺達がいない間にドンパチしたってマジかよ!?」


龍田「もう、天龍ちゃんったら~。はい、遠征の報告書ですよ」


提督「ああ、ありがとう」


天龍「くそっ、俺も戦いたかったなぁ・・・」






秋月「あ、提督」


提督「秋月か。どうだ?怪我はないか?」


秋月「はい、大丈夫です」




↓1 秋月編ラストイベント

576: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:38:57.89 ID:QGGw19yeo
飲み直しだああああああ!

578: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:44:04.66 ID:tp2riI5CO



隼鷹「さぁ!さぁさぁ!皆で飲み直すよっ!」


「おー!」


提督「おいおい、今何時だと思ってんだ」


那智「まあ、良いではないか」


千歳「みんな、無事に戻ってこれた記念で・・・」


提督「はぁ・・・明日も任務はあるんだから、飲みすぎるなよ」


「了解!」


提督「ったく・・・」


秋月「・・・提督も飲みますか?お注ぎしますよ」


提督「・・・そうだな。貰おうか」







↓1 どうなる?

579: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 00:44:57.56 ID:BgjCty1O0
酒を浴びるほど飲む

580: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:49:10.52 ID:tp2riI5CO



提督「ふいー・・・」


秋月「あ、も、もう空になっちゃった・・・」


提督「・・・すまん、秋月。取ってきてくれるか?」


秋月「あ、はい。わかりました」



「ぎゃははははは!」



秋月「提督、持ってきましたよ」


提督「うん・・・」


秋月「提督、酔ってるんですか?」


提督「かもなぁ・・・」






↓1 どうなる?

581: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 00:50:36.26 ID:mgzCzTgq0
だが肝心な頭は冴えてる様子

何故、ここで大規模襲撃があったのか考える

583: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:57:56.83 ID:tp2riI5CO



提督「あー・・・ふう・・・」


秋月「提督・・・?」


提督(・・・何でこのタイミングで襲撃してきたのかねぇ)


提督(そもそも、エリートレ級や今まで戦った純粋種はほとんどいなかったし、別のグループなのか?)


提督(ドイツで聞いた第三群・・・!?)


提督(そうか、あいつはドイツであった・・・!)


提督(俺も直接見た訳じゃないが、あれは間違いなく・・・)


提督(・・・なら、何であいつは俺がここにいるとわかったんだ?)


提督(あいつだけじゃない。純粋種はほとんど俺のことを知って、どこにいるか分かってるようだが・・・)


提督「・・・」


秋月「て、提督?」






↓1 どうなる?

584: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:00:22.51 ID:CZ6n1ZHp0
手がかりとなりそうな艤装が見つかる

586: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:05:51.89 ID:tp2riI5CO




提督「はぁ・・・」


提督(手がかりは、准将とあの遺跡だけか・・・)


提督(妖精さんに残骸の調査をしてもらいたいけど、それも明日だな・・・)


秋月「あのっ、提督!」


提督「! ど、どうした」


秋月「どうしたじゃないですよ!さっきから、唸ってばかりで・・・」


提督「・・・うん、ごめんな。大丈夫だよ」







とりあえず、資材のある島の調査なんかはまた次回で

↓1 どうなる?

587: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 01:09:46.38 ID:mgzCzTgq0
秋月が提督に対して思いを語る

588: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:17:57.21 ID:tp2riI5CO


提督「ふぅ・・・」


秋月「あの、提督。今日は、本当にありがとうございました」


提督「ん?なんのことだ?」


秋月「歓迎会とか、時計のこととか、ですよ」


秋月「私は、こんなに歓迎してもらえるなんて、思ってませんでしたから」


提督「・・・そうか」


秋月「艦娘である私を、こんなに大切にしてくれてありがとうございます」


秋月「あの、だから・・・」


チュッ


提督「!」


秋月「これは、せめてものお礼、ですっ」







↓1 ラスト安価

どうなる?

589: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 01:20:04.72 ID:BgjCty1O0
提督「金髪●●が好きなんだ」

596: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:25:43.63 ID:tp2riI5CO


提督さんの好みは『白露とか時雨くらいの体型』なので・・・




雪風「むぅぅぅ・・・」


隼鷹「おっ?どうした?雪風」


雪風「あの二人、何かいい雰囲気なんですけど」


隼鷹「そうだねぇ。雪風もご無沙汰なんでしょ?」


雪風「むぅぅぅぅ・・・」






↓1 やっぱもうちょい続けます

どうなる?

597: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:26:43.52 ID:QGGw19yeo
雪風突撃

599: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:32:03.37 ID:tp2riI5CO



雪風「わ、私だって我慢できません!」


バッ



雪風「しれぇ!」


提督「ん、何だ。雪風」


雪風「えっと、えっと・・・雪風もお話したいです!」


提督「そうか。よしよし、こっちにおいで」ナデナデ


雪風「えへへ~、しれぇ、大好きです~」


秋月「・・・」





↓1 どうなる?

600: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:32:23.01 ID:XK3aAJlfo
雪風「さっきの罰を実行しましょう今すぐに!」ヌギヌギ
無理なら安価↓で

607: ◆VIEDir2TA. 2014/11/30(日) 22:58:34.66 ID:40tI5D6MO


こんばんはー


今日中に秋月編終わるといいなぁ





雪風「しれぇ~・・・」


提督「ん?」


雪風「私、しれぇとしたいです・・・駄目ですか?」


提督「・・・駄目だろ。飲んでるけど、皆いるし、秋月だって」


提督「それに、ほら。戦った後で風呂入ってないから臭うだろ?」


秋月「・・・」


雪風「私は、いいのに・・・」





↓1 どうなる?


608: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 22:59:55.29 ID:w2u+frsr0
しつこい子は嫌いだ

610: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:06:32.02 ID:40tI5D6MO



雪風「むぅぅぅ・・・」


提督「ほら、離れろって」


雪風「イヤ、ですっ!」ギュゥゥ


提督「あんまりしつこいと、嫌いになるぞ?」」


雪風「・・・」ブンブン


提督「・・・泣くなよ。冗談だから。な?」


雪風「うぅぅ・・・」




↓1 どうしよう?


609: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:01:21.72 ID:aV9KZwwV0
とりあえず風呂だ、風呂入れ

613: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:12:14.45 ID:40tI5D6MO



提督「・・・雪風、とりあえず風呂入ってこい。秋月もな」


雪風「わかりました・・・」


秋月「え?私もですか?」


提督「もう夜も遅いからな。こんな感じで終わって悪いけど、今日は風呂入って寝た方がいいよ」


秋月「・・・わかりました」










↓1 お風呂イベント

ない場合は無しでおkです

614: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 23:12:48.00 ID:w2u+frsr0
無し

616: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:19:33.45 ID:40tI5D6MO


【風呂場】


雪風「ふぅ、サッパリ・・・」


秋月「・・・」


秋月「あの、雪風さん」


雪風「? 何ですか?」


秋月「・・・この鎮守府の皆さんは、本当に提督が好きなんですね」


雪風「・・・ええ!大好きです!」


雪風「それで、貴女はどうなんですか?」


秋月「っ、わ、私は・・・」





選択肢安価

1 「私も、好きです・・・」(秋月夜戦参加)


2 「まだ、分かりません・・・」(秋月夜戦不参加&秋月編終了)


↓3までで多数決です


617: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:19:57.01 ID:XK3aAJlfo
1

623: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:28:18.25 ID:40tI5D6MO


秋月「わ、私も好きです・・・」


秋月「あんなに、幸せで、楽しかったのは初めてだから・・・」


秋月「私も、提督さんのこと・・・」


雪風「・・・いいじゃないですか」


雪風「さぁ、一緒に行きましょう?」


秋月「・・・はい」




【執務室】

コンコン


雪風「司令、入りますね」


提督「おう・・・秋月も来たのか」


秋月「・・・はい」


提督「・・・秋月、嫌なら」


秋月「いえ、私もしてほしいです・・・」


秋月「私も提督のことが好きですから」


提督「そうか・・・俺も好きだよ」


秋月「・・・はいっ!」



キンクリする?


↓5 までで多数決とります。

626: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:28:42.17 ID:3dvjBneo0
キンクリする

632: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:38:02.39 ID:40tI5D6MO



秋月「はぁ、はぁ、はぁ・・・」


提督「大丈夫か?秋月」


秋月「っ、はい・・・」


秋月「あの、ちゃんと、気持ちよかったですから・・・」


提督「・・・そうか」


秋月「・・・ふふ、提督もそんな顔をするんですね」


秋月「提督の新しい面を発見できて、嬉しいです」


提督「・・・これから、たくさん見つけられるさ」


提督「改めて、よろしくな。秋月」


秋月「・・・はいっ!」





秋月編 完


↓2 次の主役

634: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:38:39.37 ID:CZ6n1ZHp0
時雨

648: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:54:13.65 ID:40tI5D6MO







【早朝 時雨の部屋】


『時雨、好きだ』


『ずっと一緒にいてくれるか?』


『時雨』






時雨「・・・ん、んん」


時雨「夢、か・・・」


時雨(・・・提督が僕の身体が理想的って言ってくれてから、毎日提督の夢ばかりだよ)


時雨(提督は僕だけのものじゃないから、金剛とかが提督に迫っても仕方ないのに)


時雨(・・・寂しいな)






↓1 まず、どうしよう?

649: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:54:55.24 ID:Sj+Z/Ql/O
夕立を起こしに行く

652: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 23:58:31.67 ID:40tI5D6MO


時雨(・・・悩んでても仕方ないし、夕立を起こしに行こう)


時雨(なにか、いいアドバイスをくれるかもしれないし)


時雨「・・・うん、行こう」





【夕立の部屋前】


コンコン


時雨「夕立、起きてるかい?」







選択肢安価


1 寝てた

2 起きてた(または何をしていたか)

3 いなかった


↓1

653: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 23:59:02.16 ID:mgzCzTgq0
3

658: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:03:01.66 ID:fefrbEE5O



時雨「・・・あれ?」


ガチャ


時雨「・・・夕立?」


シーン...


時雨「・・・居ない。何処に行ったのかな」


時雨「いつもならまだ寝てるんだけど、先に起きて食堂に行ったのかな」






↓1 どうしよう?

659: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:03:32.67 ID:LGpgZ+qu0
朝練中だった

661: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:07:20.26 ID:fefrbEE5O


時雨「・・・声がする。外からだ」





夕立「ーー!」



時雨「・・・何してるのかな?」




【運動場】


時雨「おはよう、夕立。今朝は早いね」


夕立「あ、時雨お姉ちゃん。朝練してたからね」


時雨「そう。早起きはあいことだから、続けたほうがいいね」





↓1 どうする?


662: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 00:07:55.46 ID:UcbwJ6ML0
一緒に朝練

663: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:11:37.46 ID:fefrbEE5O



夕立「時雨お姉ちゃんも、やる?」


時雨「・・・うん、そうしようかな」


夕立「朝練すると、身体が暖まるからね~」


時雨「まだ食堂は開いてるだろうし、お腹を空かせておくのもいいかもね」


夕立「それじゃ、スタート!」






↓1 どうなる?


なお、朝練の内容は普通にジョギングとかストレッチでお願いします

664: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 00:12:14.70 ID:gq99s9zM0
ストレッチをする

665: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:15:24.98 ID:fefrbEE5O




時雨「・・・」


夕立「どうしたの?お姉ちゃん、元気ないよ?」


時雨「ううん、何でもないよ」


夕立「そう?じゃあ、ストレッチしよっか」


時雨「・・・うん」







↓1 どうなる?

666: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 00:17:22.16 ID:cL5R6FWV0
ストレッチおしまい
朝食

667: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:19:54.06 ID:fefrbEE5O



時雨「いい感じに暖まったね」


夕立「それじゃ、そろそろ朝御飯にしよっか」


時雨「そうだね。行こうか」



【食堂】


時雨「ちょっと人が少ないね」


夕立「何処に座ろうかなぁ?」





↓1 相席するかしないか

する場合は誰とするかもお願いしますー。

668: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 00:21:33.08 ID:gq99s9zM0
する 不知火

670: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:25:42.45 ID:fefrbEE5O



時雨「不知火、一緒に食べていいかな?」


不知火「・・・ええ、どうぞ」


夕立「不知火も一人だったんだね」


不知火「少し寝すぎてしまって、置いてかれたわ」


時雨「不知火らしいね」


夕立「それじゃ、いただきます!」


時雨「いただきます」






↓1 食事中イベント

671: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:26:17.70 ID:bFfSYYl+O
互いの姉に関する話

672: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:30:19.07 ID:fefrbEE5O




夕立「そう言えば、最近陽炎ちゃんとレーベちゃん仲がいいけど、何かあったの?」


不知火「私には分からないけど、レーベが陽炎姉さんに惚れたみたいで・・・」


時雨「レーベが?以外だね」


不知火「そっちはどうなの?」


夕立「うーんと・・・そういえば、白露お姉ちゃんが・・・」






↓1 最近白露にあったこと


673: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 00:30:59.79 ID:UcbwJ6ML0
バンドを作ろうと熱心

676: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:35:55.37 ID:fefrbEE5O


バンドは結成済みなので、ちょいと変えますねー




夕立「またライブがしたいって言ってたよ。ねぇ?お姉ちゃん」


時雨「うん。那珂や初風に刺激されたんじゃないかな?」


不知火「貴女達もそのうちデビューしたりするかもね」


夕立「えへへ、さすがに知らない人の前でやるのは恥ずかしいっぽい~」


時雨「僕たちは今の時点で満足だよ」






↓1 どうなる?


677: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 00:37:16.80 ID:gq99s9zM0
ニュースをみる

678: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:40:06.27 ID:fefrbEE5O



『ーーー、ーーーー』


不知火「・・・ニュース番組をやってるみたいね」


時雨「本国じゃどんなことが起きてるのかな?」


夕立「少し見てみよっか!」







↓1 ニュース番組の内容

679: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:42:59.55 ID:BdNFzTzn0
海軍の汚職が発覚

681: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:48:06.27 ID:fefrbEE5O



『・・・海軍上層部で賄賂などを受け取った容疑で一部逮捕者がーー』


不知火「・・・本当、提督を見習って欲しいわね」


時雨「・・・」


『貴様!私に口答えする気か!?』


『いいだろう。次の作戦では弾除けとして使ってやる!幸運艦なのだから、沈まんだろう?』


時雨「・・・」


夕立「お姉ちゃん、大丈夫?」


時雨「・・・うん、平気だよ。大丈夫だから」






↓1 どうなる?


朝食を終えてのことでもおkです

682: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 00:49:32.41 ID:0GcmaFX/0
唐突に不知火の陽炎自慢が始まる

683: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:53:02.72 ID:fefrbEE5O


時雨「・・・」


不知火(時雨、元気ないわね。ここは無理にでも盛り上げるべきかしら)


不知火「時雨、夕立。私の姉の陽炎は凄いのよ」


夕立「ど、どうしたの急に・・・」


不知火「いいから聞きなさい。陽炎のすごいところは・・・」





↓1~3 陽炎のスゴいところ(不知火談)

684: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 00:59:11.18 ID:bFfSYYl+O
救助した味方艦娘は高確率で惚れる

685: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 00:59:58.27 ID:UcbwJ6ML0
健康の為にスパッツ直履き(不知火が教えた)

686: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 01:02:38.17 ID:LGpgZ+qu0
流行に敏感で女子力高い

688: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 01:09:08.45 ID:fefrbEE5O



不知火「まず、レーベみたいに救助された艦娘は高確率で惚れてるわ」


時雨「ま、まあ確かに救助の時すごく格好良かったからね」


不知火「それに、私が教えたんだけど健康のためにスパッツを直に履いているわ」


夕立「それって、健康にいいのかな?」


不知火「最後に、流行に敏感で女子力が高いわよ」


時雨「・・・確かに、私服はお洒落だったね」


夕立「陽炎ちゃんすごいっぽい~・・・」






↓1 どうなる?

689: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 01:11:14.11 ID:cL5R6FWV0
陽炎と黒潮が聞いてた

695: ◆VIEDir2TA. 2014/12/01(月) 22:54:17.04 ID:uD0BuIG4O


(´・ω・`)おかしい・・・俺は艦これの画像みてたはずなのに、急に天使が出てきた


(*´ω`*)これは時雨は放っといて古鷹編書くしかないわ!


時雨「へぇ」


<アッー





陽炎「・・・はぁ」


黒潮「姉ちゃん、スパッツ直は辞めた方がええで・・・」


陽炎「そんなことわかってるわよ!ちょっと不知火!」


不知火「! いたんですか」


陽炎「いたじゃないわよ!誉めてくれたのは、その、嬉しいけど・・・私はスパッツ直履きなんかしてないわよ!」


不知火「そうですか。不知火は司令と話すとき直だと興奮することに気がついたので」


夕立「ぇぇぇ・・・」


時雨(・・・ちょっとわかるかも)








↓1 どうなる?


696: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 22:56:58.03 ID:gq99s9zM0
不知火はすでにやっていた

697: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:02:10.30 ID:uD0BuIG4O



黒潮「不知火はほんまに、提督なことすきやなぁ」


不知火「ええ」


陽炎「それで、提督には見つからなかったの?」


不知火「見つかって、怒られました」


夕立「意味無いっぽい・・・」


時雨「そうだね・・・」







↓1 どうする? どうなる?

698: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:03:11.38 ID:kxGrbf0p0
提督に聞かれていた

699: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:07:01.10 ID:uD0BuIG4O



提督「・・・まだその話をしてるのか」


不知火「あら、司令」


陽炎「起きてたの。珍しい」


提督「人を寝坊ばかりみたいに言うなよ・・・」


時雨(・・・提督)


夕立「・・・お姉ちゃん?」







↓1 どうなる?

700: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 23:09:37.49 ID:gq99s9zM0
さっさと遠征にいってこい

701: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:13:22.30 ID:uD0BuIG4O



提督「んじゃ、俺は執務あるから」


時雨「・・・」


夕立「・・・いいの?お姉ちゃん」


時雨「・・・大丈夫だよ。自分で何とかするさ」


時雨「それより、今日は僕たちが遠征担当だろう?頑張っていこうね」


夕立「うん、わかったっぽい!」








↓1 誰か艦娘を一人

3人いた方が書きやすいので、遠征組一人追加します


702: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 23:14:46.92 ID:cL5R6FWV0
白露

703: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:17:34.44 ID:uD0BuIG4O


白露「ふぅ、ごめんね。ちょっとおくれちゃった?」


時雨「大丈夫だよ。ちゃんと間に合ったから」


夕立「早く終わらせて、ゆっくりしよっか!」


白露「うん、それじゃ、しゅっぱ~つ!」






↓1 今回の遠征の内容

704: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:18:48.53 ID:vSvMU9t+0
例の島の調査

705: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:23:44.37 ID:uD0BuIG4O



時雨「・・・今回は、この前見つかった資材があるかもしれない島に行くんだよね」


白露「どうせなら、提督と来たかったなぁ」


夕立「提督は、危なくなったら逃げるよう言ってたね」


時雨「・・・酒匂と長波のいた鎮守府みたいなことがあるかもしれないからね」


白露「うん、気を付けないと・・・」





夕立「そろそろ到着かな?」




↓1 どうなる?




706: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:24:23.61 ID:kxGrbf0p0
准将達の船を発見

707: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:28:20.83 ID:uD0BuIG4O



妖精「ん?んん!?」


時雨「どうかした?」


妖精「3時の方向に船が・・・」


夕立『本当だ・・・何処の船かな?』


時雨「・・・あれ、神通じゃない?」


白露『じゃあ、准将さん達が来てるってこと?』


時雨「・・・いろいろと、気を付けた方が良さそうだね」


時雨「船を隠せるような所に停めて、上陸しよう」






↓1 どうなる?

708: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 23:28:51.06 ID:cL5R6FWV0
電子機器類にノイズ

710: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:34:36.52 ID:uD0BuIG4O


白露「よい、しょっと・・・」


妖精「うーん・・・」


夕立「? どうかした?」


妖精「さっきから無線の調子が悪いんですよ・・・何もないといいんですけど」


時雨「・・・この島には、きっと何かあるんだよ」


白露「准将さんたちも、それが目的かな?」


妖精「・・・わかりました。とにかく、お気を付けて」






↓1 島探索中イベント

今後の展開に関わりそうな場合はその都度色々変えていきます

711: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 23:34:59.56 ID:0GcmaFX/0
准将達を追跡していくと坑道に入っていった

713: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:38:59.31 ID:uD0BuIG4O



ガサッ ガサッ


時雨「・・・いた」


白露「准将さんに、神通さん、飛鷹さんだね」


夕立「このままじっとしてるの?」


時雨「いや、後をつけようと思うけど・・・」


白露「! 動き出したよ!」







夕立「・・・坑道?」


時雨「分からないよ。防空壕になってるかもしれないしね」


白露「さ、奥へ行こう」





↓1 どうなる?


714: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:39:33.07 ID:vSvMU9t+0
准将たちとばったり

717: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:44:58.02 ID:uD0BuIG4O




神通「・・・!」ピクッ


准将「どうした?追手か?」


神通「ここで待ち伏せしましょう。すぐにわかります」





夕立「うう~、暗いっぽい~・・・」


時雨「この奥には何が・・・わっ!?」


飛鷹「何だ、貴女達だったの」


白露「ば、バレちゃった」


神通「・・・准将、どうしますか?」


准将「・・・」





↓1 准将は着いていくことを認めた?


718: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:45:25.56 ID:TpE9VsUPO
准将「まあいい、人手が足りないんだ、君達も付いてきてくれ。」

720: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:48:48.07 ID:uD0BuIG4O


准将「提督君の所の艦娘なら、構わないよ」


准将「着いてきてくれ。色々と、手伝って欲しいことがある」


神通「・・・良かったですね」


時雨「うん・・・」


飛鷹「さ、行くわよ。はぐれたら大変なんだから」






↓1 どうなる?

721: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/01(月) 23:49:29.43 ID:cL5R6FWV0
大量の資材に紛れて謎の人工物(?)を発見

723: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:54:51.59 ID:uD0BuIG4O



夕立「・・・まだかかるの?」


准将「もう少しだ・・・よし」


白露「わぁぁ・・・随分広いね・・・」


時雨「資材もいっぱいあるけど、ここは鎮守府だったの?」


准将「そんなところだ・・・あった。これだ」


飛鷹「?何それ?ガラクタ?」


准将「これは・・・」




↓1 人工物の正体

いいネタが無いときは安価頼りです

724: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:55:19.20 ID:TpE9VsUPO
誰かの艤装

728: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:00:58.96 ID:sCRRaL7FO



准将「擬装だ。ある、艦娘のな」


飛鷹「・・・そいつ、今何処にいるの?」


准将「さあな。検討もつかないよ」


時雨「准将さんの部下だったの?」


准将「いいや。違うよ」


准将「この擬装は・・・」



選択肢安価


1 眺めのいいところにでも、埋めておくさ


2 君達の鎮守府で預かってくれないか


↓1



729: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 00:01:36.36 ID:rzNXXJob0

732: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:04:46.63 ID:sCRRaL7FO



准将「君達の鎮守府で、預かってくれないか」


白露「? いいけど・・・」


准将「ありがとう」


准将「さて、後は資材を運ぶだけだ。坑道にトロッコがあるから、それを使おう」


神通「私たちは少しでいいですから」


飛鷹「貴女達、沢山持ってきなさい」


夕立「うん、ありがとう!」







直↓コンマ判定


40以上で追加イベントです


733: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 00:05:12.29 ID:rzNXXJob0

736: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:09:09.19 ID:sCRRaL7FO


では、イベントはまたの機会で・・・



時雨「・・・これで、全部かな?」


白露「これだけあったら、提督も喜んでくれるね」


夕立「うん、たくさん誉めてくれるよ~!」


神通「さ、外に出ましょうか」


飛鷹「はぁ、ここってばほこりっぽいんだから・・・」








↓1 どうなる?

737: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:09:43.45 ID:l3JA5EOa0
准将達もついてくる

738: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:14:36.93 ID:sCRRaL7FO



時雨「・・・あれ、准将さん達もこっちなんだ」


准将「出口はここが一番近いからな」


准将「他は通れるような状態ではない」


白露「あの坑道、そんなに古いんだ」


夕立「あ、光だ」


飛鷹「ようやく外か・・・」






↓1 准将さんと別れる前に、何かあれば


なお、准将さん達と別れることは確定です

739: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 00:16:33.04 ID:n7KuKYkM0
誰かの艤装について聞く

741: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:21:48.20 ID:sCRRaL7FO


時雨「・・・准将さん」


時雨「この擬装は、准将さんの知り合いの艦娘のものなんだよね」


准将「・・・ああ」


時雨「・・・」



選択肢安価


1 どんな人だったの?


2 何で僕たちに?


3 提督とは関係あるの?


↓1 なお、答えてもらえるとは限りません(ゲス顔)

742: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:22:33.61 ID:HjfaW2yq0
2

744: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:29:11.23 ID:sCRRaL7FO


時雨「大切なもの何でしょ?・・・何で僕たちに?」


准将「・・・君達の所には深海凄艦となった艦娘もいるからな」


准将「もしかしたら、彼女のものかもしれない、と思ったからだ」


時雨「・・・そう」


准将「悪いが、時間が迫ってるのでな。いくぞ、神通。飛鷹」


神通「では、また」


飛鷹「元気でね!」


准将「・・・提督君に、よろしくな」






時雨「・・・僕たちも戻ろうか」


白露「そうだね・・・」




↓1 帰還中イベントまたは帰ってからどうするか

745: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 00:30:38.74 ID:Uoulog8T0
工廠妖精と一緒にデータを取ろう

747: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:38:51.82 ID:sCRRaL7FO



【工厰】


提督「・・・何か、分かりそうか?」


妖精「擬装から艦娘を判断って、結構無茶いいますね・・・」


レ級「・・・」


白露「怖いの?」


レ級「ううん、何だか不安になってきてさ・・・」


夕立「港湾さんはもともと艦娘じゃないみたいだし、うちで戻れそうなのはレ級ちゃんだけだもんね」


レ級「うん・・・」







↓1 どうなる?

748: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 00:40:20.68 ID:5b8ifOCA0
陽炎型の部品が多数

750: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:45:05.88 ID:sCRRaL7FO



妖精「うーん、これは・・・」


提督「何か分かったのか?」


妖精「この擬装、陽炎型のパーツが多いね。多分、陽炎型の人じゃないかな?」


提督「陽炎型・・・まさか」


提督「すぐ戻る!」






提督「妖精さん、このデータと比較してくれるか?」


妖精「いいけど、大分時間かかるよ?」


提督「構わないよ。確実にやってくれ」


妖精「あいさー」




時雨「・・・解決したの?」


提督「ああ、後は結果を待つだけだ」





↓1 これからどうしよう?

751: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 00:50:03.43 ID:n7KuKYkM0
ご飯食べに行こう

752: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:54:56.81 ID:sCRRaL7FO



時雨(・・・提督)ジッ


提督「・・・ん?どうした、時雨」


時雨「え、あ、ううん、何でもないよ・・・」


時雨(提督にもっと僕のこと見てほしいのに・・・何でこんなことを言っちゃうんだろう)


提督「そうか。腹へったから、どこか飯食いに行くか」


夕立「わ~い!提督とご飯~♪」


白露「ねぇ、どこに食べに行くの?」


提督「そうだな・・・」






↓1 昼食はどこで食べよう?

753: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:56:11.57 ID:qy9uuiYa0
食堂、今日の当番は春雨だった

755: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 01:02:56.94 ID:sCRRaL7FO



あとは時津風だけか・・・




提督「手軽に食堂にするか」


時雨「た、確か今日は春雨が当番だったよね」


夕立「春雨ちゃんの料理楽しみ~」





【食堂】


春雨「あ、姉さん達・・・昼食ですか?」


白露「うん、春雨の料理を食べに来たの!」


春雨「そうですか。嬉しいです・・・どうぞ、召し上がってください」







↓1 食事中イベント

756: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 01:04:59.64 ID:n7KuKYkM0
また料理の腕を上げた春雨尽くしのご飯だった

758: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 01:07:59.23 ID:sCRRaL7FO




提督「ん、上手いな。また腕を上げたんじゃないか?」


春雨「そう言ってもらえると、嬉しいです」


夕立「うん、春雨ばかりなのも、ヘルシーでいいね!」


白露「本当、春雨好きだねー」


春雨「す、すみません・・・」


時雨「・・・」







↓1 どうなる?

759: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 01:10:34.93 ID:5b8ifOCA0
料理なら僕だって負けてないさ ボソッ

763: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:00:47.15 ID:jdtJBt3kO


白露「ん、美味しい!」」


春雨「そ、そんなに美味しいですか?」


提督「ああ、春雨は料理が上手いな」


時雨「・・・料理なら、僕だって」ボソッ







↓1 どうなる?

764: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 23:03:03.16 ID:rzNXXJob0
時雨対抗してりょうりをつくる

767: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:10:38.54 ID:jdtJBt3kO


時雨(・・・駄目だ。このままじゃ)


ガタッ


時雨「・・・提督」


提督「ん?」


時雨「その、唐突だけどさ。今から料理作るから、食べて欲しいんだけど・・・」


時雨「・・・駄目かな?」


提督「駄目なわけ無いだろ。時雨の作ったものなら、いくらでも食べられるよ」


提督「丁度、後一品ほしかったし。お前達もどうだ?」


白露「私たちはいいよ!提督が全部食べなよ!」


夕立「せっかくお姉ちゃんが提督さんのために・・・もごごごご」


白露「時雨!頑張ってね!」


時雨「・・・うん」







直↓コンマ判定


30以上で大成功です。時雨は鳳翔さん以上に料理がうまいので


それ以下は失敗です


768: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:14:29.32 ID:BlyMCLYw0
ぽい

769: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:17:41.43 ID:jdtJBt3kO


あぶなすw


時雨「・・・出来た」


時雨「提督、喜んでくれるといいけど・・・」


時雨「・・・自信を、持たないと」


時雨「・・・よし」







提督「んじゃ、いただきます・・・」


時雨「・・・ど、どうかな?」





↓1 提督のリアクション


770: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:18:05.38 ID:jhSv7q7m0
あぶねぇwww

773: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:24:19.27 ID:jdtJBt3kO


提督「」


時雨「・・・て、提督?」


提督「」


白露「・・・気絶してるの?」


時雨「お、美味しくなかったの?ご、ごめんね・・・」


時雨「怒ってるんだね。不味かったから・・・ううっ」


夕立「提督・・・」







↓1 どうなる?




774: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:26:39.00 ID:BlyMCLYw0
落ち込んで部屋に戻る時雨

776: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:32:16.73 ID:jdtJBt3kO



時雨「り、料理だけは、自信あったのに・・・」


時雨「僕はもう、何の取り柄も・・・」ポロポロ


春雨「な、泣かないで」


夕立「提督も何寝てるの!?起きて!」


時雨「いいんだよ・・・どうせ僕なんて、ずっと提督に付きまとってただけだから・・・」


時雨「・・・部屋に、戻ってるね」


白露「時雨・・・」






【時雨の部屋】


バタンッ


時雨「・・・うっ、ぐすっ」


時雨「提督、ごめんね・・・ごめんね」






↓1 どうなる?






777: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:34:41.35 ID:jhSv7q7m0
山城がやってくる

778: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:38:45.80 ID:jdtJBt3kO


「・・・うっ、うう・・・」


山城「・・・時雨?」


山城「どうしたのかしら・・・」


コンコン


山城「私よ。時雨、どうしたの?」


「や、山城かい?な、何でもないよ」


山城「何もないわけ無いでしょ?相談なら乗るから、ね?」


「・・・」








↓1 どうなる?

779: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 23:40:22.57 ID:rzNXXJob0
山城「愉悦」

780: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:43:29.59 ID:jdtJBt3kO


数スレ前ならともかく、山城さんはそんなこと言わない!



↓1 再安価

781: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:44:39.98 ID:BlyMCLYw0
恋愛に自信が持てない、どうすればいいんだろう?

783: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:50:57.95 ID:jdtJBt3kO



ガチャ


山城「時雨・・・大丈夫?目が真っ赤よ?」


時雨「・・・僕、どうしたらいいんだろう」


山城「・・・」


時雨「僕は、今までずっと提督に迷惑をかけてきたから・・・」


時雨「今考えると、嫌われてもしょうがなかったんだ」


山城「時雨・・・大丈夫よ。自信を持って」


時雨「・・・無理だよ。出来っこないさ」


山城「諦めてどうするの。ほら、頑張って」


時雨「・・・」








↓1 どうなる?

784: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/02(火) 23:52:36.43 ID:rzNXXJob0
時雨 立ち直る

785: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:56:20.62 ID:jdtJBt3kO


時雨「・・・そうだね」


時雨「提督は、僕のことを好きって言ってくれたもの・・・」


時雨「ありがとう、山城」


山城「・・・いいのよ。前は提督を取り合ったりもしたけど、貴女は大切な仲間だから」


時雨「うん・・・僕、提督を探してくるね」







↓1 どうなる?

786: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 23:58:16.20 ID:BlyMCLYw0
食堂で提督が夕立に説教されてた

787: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:02:36.87 ID:O8ubbWMhO



時雨「あ、いた・・・」




夕立「提督さん、どうするの」


提督「ご、ごめんなさい・・・」


夕立「時雨お姉ちゃん泣いてたよ?最近、元気ないの気づいてたでしょ」


提督「はい・・・」


夕立「なのに、提督が慰めないでどうするの」


提督「うぅ・・・」





時雨「提督・・・」





↓1 どうなる?

788: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:04:21.48 ID:3mPhwpsH0
提督平謝り

792: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:10:19.13 ID:O8ubbWMhO



提督「俺が悪かったよ・・・ごめんなさい」


夕立「私に謝っても意味無いよ!お姉ちゃん探してきて、謝るの!」


白露「あ、時雨・・・」


時雨「て、提督・・・」


提督「時雨・・・ごめん!本当にすまない!」


提督「俺はお前になにもしてやれなかった!すまん!この通りだ!」






↓1 どうなる?

793: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:11:29.04 ID:OcRt3I/f0
許す
その代わりあとでデート

794: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:16:52.94 ID:O8ubbWMhO



時雨「提督、顔をあげてよ」


提督「・・・」


時雨「いいんだよ。僕は、提督が僕のことを思ってくれてるだけで、十分だからさ」


提督「でも、それじゃお前に申し訳が・・・」


時雨「じゃあ、後でデートしてくれないかな?」


時雨「駄目?」


提督「駄目なわけないだろ・・・」


時雨「うん・・・」








↓1 どうする? もう出発する?

795: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:18:17.69 ID:ld0eOHhx0
出発

796: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:24:21.71 ID:O8ubbWMhO



時雨「それじゃ、早速行こうか」


提督「ああ、三人とも、皆には言っといてくれ」


夕立「はーい♪」


白露「いいなぁ、時雨は。提督とデートできて」


春雨「何だか、大人っぽかった・・・」







提督「んじゃ、まずは何処に行こうか?」


時雨「そうだね・・・」





↓1 最初のデート先



797: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:27:04.43 ID:m/Hv2zKM0
ジャスコ

800: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:30:10.89 ID:O8ubbWMhO



またジャスコかw



提督「よし、着いたぞ」


時雨「ふふっ、提督とこうしてデートするなんて、久しぶりだね」


提督「そうだな・・・俺ももう少し暇だといいんだが」


時雨「提督は皆のために頑張ってるんだから、それでいいんだよ」


提督「そう言ってもらえると、助かるよ」







↓1 まず何処にいく?

801: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:33:44.99 ID:wu8faIfPo
服屋

802: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:36:34.88 ID:O8ubbWMhO



時雨「あ、服を買うんだね」


提督「俺のじゃなくて、お前のだけどな」


時雨「え?ぼ、僕の服なの?」


提督「女の子なんだから、お洒落もしないとな」


時雨(・・・提督、僕のこと、女の子って・・・)


時雨(何だか、すごく嬉しいな・・・)





↓1 どうなる?

803: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:40:53.51 ID:ujj9UfXCO
おしゃれな服の基準がよく分からず困る時雨

804: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:44:46.46 ID:O8ubbWMhO



時雨「・・・それにしても、色んな種類があるね」


提督「時雨はどんなのが好きなんだ?」


時雨「ぼ、僕はあまりお洒落しないから・・・分かんないよ」


提督「直感でいいんだよ。好きなのを選んでみな」


時雨「・・・こ、これとか?いや、違うかなぁ」


時雨「うーん・・・」






↓1 どうなる?

805: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:47:11.18 ID:JPG2BTEuo
店でアルバイトしていた艦娘が様子を見かねてアドバイス

806: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:50:00.00 ID:O8ubbWMhO


時雨「ど、どれがいいのかな・・・」


「・・・これとかいいんじゃない?」


提督「ん、なんだ。ここでバイトしてたのか」


「はい、まだ始めたばかりですけど・・・」





↓1 バイトしてた艦娘


出番はここだけでしょうけど一応誰か決めておきます

807: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:50:28.34 ID:ujj9UfXCO
清霜

808: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 00:58:47.19 ID:O8ubbWMhO



清霜「私がここで働いてることは、御姉様たちには内緒よ?」


提督「あいよ」


時雨「それで、この服がいいの?」


清霜「ええ、着替えてきたらどうですか?」


時雨「きっと、似合わないと思うけど・・・」


提督「いいからいいから」


時雨「うう・・・」




時雨「ど、どうかな?」


清霜「すごく似合ってますよ!ねぇ、提督さん?」


時雨「そうかな・・・?提督、僕、似合ってる?」




↓1 提督の応え

809: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/03(水) 01:08:20.81 ID:v0/tkYZn0
良く似合ってる
すごく可愛い

812: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:46:50.73 ID:GW5YHzBXO


提督「良く似合ってるよ。とても可愛いしな」


時雨「て、提督・・・」


時雨(可愛いって、僕が・・・えへへ)


提督「清霜、このまま購入よろしく」


清霜「分かりました!」







↓1 どうなる? 服屋から移動してもおkです

813: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:52:11.01 ID:AKpjU4js0
昼の時雨の料理は美味しすぎて固まってただけだと言う
夜も作ってくれるか?

815: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:56:45.97 ID:GW5YHzBXO



時雨「・・・提督、本当に良かったの?」


時雨「服を買ってくれたことは嬉しいけど・・・」


提督「・・・言い忘れてたけど、昼食は美味しすぎて固まってただけだったんだ」


提督「いつも美味しい料理を作ってくれてるから、そのお礼だ」


時雨「そんな、僕は・・・提督のためなら、いくらでも作れるよ」


提督「そうか?それなら、夜も頼むよ」


時雨「うん・・・」







↓1 どうなる?

816: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/03(水) 22:58:35.46 ID:BVVtdPfg0
提督が小声でちょろいぜという

819: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:02:25.13 ID:GW5YHzBXO



時雨(・・・)


提督「ちょろいなぁ・・・」ボソッ


提督(前は刀まで持ち出してきて、危うく死にそうになってたのに)


提督(時雨もすっかり丸くなったな・・・その方が可愛いけど)


提督(それに、それだけ俺のことを好いてくれてるってことか)


提督(・・・俺も幸せだな)







↓1 どうなる?

820: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/03(水) 23:02:55.31 ID:ld0eOHhx0
小声がルンバに盗聴されてた

825: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:07:46.12 ID:GW5YHzBXO


【鎮守府】


白露「時雨、頑張って!」


村雨「もうっ!照れてないで積極的にならないと!」


春雨「す、すごいんですね。ルンバって・・・」


『ちょろいなぁ』ボソッ


涼風「・・・なんやと?」


白露「提督ってば最悪!女心を全然わかってない!」


夕立「これは許せないっぽい・・・」







↓1 どうなる?




826: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:08:39.86 ID:AKpjU4js0
時雨覚醒そしてルンバ撃破
そして時雨自体の能力が上がった模様

828: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:13:26.90 ID:GW5YHzBXO


時雨「・・・」ピクッ


提督「どうした?」


時雨「何でもないよ。先に行ってて」


提督「? 分かった・・・」






時雨『・・・白露、盗撮は許さないよ』


白露「! バレてる!?」


時雨『後でお土産話はしてあげるから・・・ねっ?』


村雨「た、退避ー!退避ー!!」


バキッ ザー


五月雨「あーあ、やられちゃった・・・」


夕立「これで時雨お姉ちゃんを泣かせたりしたら・・・提督はお仕置きしないとね・・・」


白露「ともかく、無事?をいのるしか・・・」








↓1 どうなる?




829: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/03(水) 23:15:01.95 ID:BVVtdPfg0
提督 時雨を懐柔

831: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:19:03.73 ID:GW5YHzBXO



提督「どうしたんだ、時雨」


時雨「何でもないよ。ちょっと片付けなきゃならないことがあったんだ」


提督「そうか?・・・時雨は可愛いんだから、あまりうろうろしたら危ないぞ」


時雨「あ、う、うん・・・」


時雨(また、可愛いって・・・嬉しい・・・///)


提督(今日くらい、甘やかしてやるか・・・)







↓1 どうなる?

832: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:19:39.39 ID:AKpjU4js0
ジュエリーショップへ行く

833: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:22:53.19 ID:GW5YHzBXO



時雨「あ・・・」


時雨「綺麗・・・」


提督「ん?入ってみるか?」


時雨「うん・・・」




時雨「綺麗だね・・・」


提督「そうだな・・・時雨には、まだ少し早いんじゃないか?」


時雨「ぼ、僕はもう子供じゃないよ・・・」






↓1 どうなる?

834: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/03(水) 23:25:07.88 ID:ld0eOHhx0
提督がここに居るのはマズイんじゃないかな?

836: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:31:03.49 ID:GW5YHzBXO



時雨「・・・提督がここにいると、色々と不味いんじゃない?」


提督「? 何でだ?」


時雨「だって、指輪とかあるから・・・見つかったら、皆に迫られるんじゃ」


提督「・・・今は、お前しかいないよ」スッ


時雨「っ、て、提督・・・///」


時雨(ああ、胸がドキドキしてる・・・提督が、こんなに誉めてくれるなんて・・・)





↓1 どうなる?



837: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:31:57.00 ID:AKpjU4js0
店員がペアリングを勧めてくる

838: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:36:43.80 ID:GW5YHzBXO



店員「何かお探しですか?」


店員(カップルだとしたら犯罪だし、兄弟かしら・・・)


提督「何か記念になりそうなものは無いですか?」


店員「でしたら、こちらのペアリングなどは・・・」


時雨(指輪・・・)


提督「ああ、じゃあそれで」


時雨「えっ!?」


店員「かしこまりました」


時雨「て、提督。指輪だけど・・・いいの?」


提督「いいんだよ。気にするな」






↓1 どうなる?

839: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/03(水) 23:37:47.94 ID:v0/tkYZn0
指にははめずにペンダントとして持つことに

840: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:40:39.38 ID:GW5YHzBXO



店員「では、どうぞ」


時雨「・・・ペンダントにしたんだ」


提督「残念だったか?」


時雨「それは・・・当たり前だよ」


提督「・・・」


時雨「でも、嬉しいよ。提督がくれたものだからさ」


提督「そうか。ならいいんだ」






↓1 どうなる? 移動してもおkです

841: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:41:32.48 ID:10QIZEwPo
おしゃれな感じのレストランへ

842: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:44:42.70 ID:GW5YHzBXO



夕食は時雨が作ってくれるので、間食といった感じで




時雨「ふぅ・・・」


提督「疲れたか?」


時雨「ちょっとね・・・」


提督「いいところにレストランもあるし、少し休憩するか」


時雨「うん、わかったよ」







↓1 どうなる?

843: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:45:43.56 ID:ujj9UfXCO
陽炎・レーベのカップルと遭遇

844: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:48:07.37 ID:GW5YHzBXO


時雨「あ」


陽炎「あ」


提督「陽炎か。レーベと来てたのか?」


レーベ「そうだよ。僕が誘ったんだ」


提督「最近、仲がいいって聞くよ。良かったな、レーベ。友達ができて」


レーベ「・・・うん」







↓1 どうなる?

845: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:51:59.89 ID:AKpjU4js0
一緒に帰る

848: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:55:43.02 ID:GW5YHzBXO


提督「・・・ん、もうこんな時間か」


時雨「そろそろ戻らないと、ご飯作れなくなるからね」


陽炎「あ、二人とも帰るんだ」


提督「お前たちはどうするんだ?何なら一緒に帰るか?」


レーベ「僕たちも帰ろうか」


陽炎「うん、そうしよっか」






↓1 帰りがけ、何かイベントがあれば


849: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/03(水) 23:56:11.83 ID:ld0eOHhx0
時雨がレーベに陽炎と付き合うキッカケを聞く

850: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 23:59:53.97 ID:GW5YHzBXO



提督「~♪」




時雨「・・・ねぇ、レーベ」


レーベ「? 何かな?」


時雨「陽炎と仲がいいみたいだけど、何かあったの?」


陽炎「そうよ。教えてくれてもいいんじゃない?」


レーベ「それは・・・」






↓1 レーベが陽炎に惚れた理由

851: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 00:00:41.75 ID:RNIcQLF80
髪質

853: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:04:06.44 ID:kIV8jloyO



レーベ「陽炎さんの髪ってすごくサラサラしてるんだよ」


時雨「確かに、綺麗だよね」


レーベ「うん、すごく綺麗だよ」


陽炎「・・・えっ、それだけ?」


レーベ「? そうだよ?」


陽炎(髪かぁ・・・誉めてくれてるのは間違いないんだろうけど)






↓1 他に何かあれば

852: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 00:03:06.62 ID:BwjB9LwG0
戦場で助けられた
海外艦の自分にも優しくしてくれる
いつでも明るく頼もしい

856: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:09:53.67 ID:kIV8jloyO


レーベ「それにね。僕、前に助けてもらったことがあるんだ」


時雨「そうなの?」


陽炎「まあね」


レーベ「ドイツ艦の僕にも優しくしてくれるし、明るくて頼りになるから・・・」


レーベ「お礼を言おうと思ったら、いつの間にか好きになってたんだ」


陽炎「はぁ・・・髪だけじゃないのね」


時雨「ふふっ、よかったね」







↓1 他に何かあれば

857: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 00:10:49.74 ID:cacShioX0
提督「陽炎って生身だと俺や長門よりヤバイからな、未だに勝てない。」

858: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:14:56.63 ID:kIV8jloyO



提督「陽炎は生身だったら俺や長門より強いからな」


提督「まだ一度も勝ったことないし」


時雨「・・・えっ?」


陽炎「司令官ってば動きが単調だもん。すぐ読めるよ」


時雨「えっ!?う、嘘でしょ!?」


提督「ほんとだよ」


時雨「・・・提督も人間としては異常なのに」


レーベ「陽炎さん、すごいね!」





↓1 他に何かあれば

859: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:15:51.69 ID:sBt3BBeq0
提督に連絡
フィリピンが第3戦力に包囲されている
そして空母棲姫達の所在地が
ス リ ガ オ 海 峡

862: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:22:52.94 ID:kIV8jloyO



うーん、こちらもネタが固まってないので

申し訳ないですけど今回はスルーで






【鎮守府】


陽炎「ふぅ、やっと着いた!」


時雨「そうだね」


「時雨ぇぇーー!!」


白露「時雨、お帰り!ちょっとこっちきて!」


時雨「えっ?わっ!?」





時雨「い、いったい何・・・」


白露「大丈夫?提督に何かされなかった?」


村雨「遠慮しないでいいのよ!何でも教えてね!」


夕立「私たちが何とかするから!」


時雨「な、何かされたかって、うーん・・・」








↓1 時雨の答え

863: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:24:23.68 ID:SftbTJi8O
ノロケ話

866: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:30:44.56 ID:kIV8jloyO



五月雨「というか、今着てる服・・・」


時雨「あ、こ、これ?提督が買ってくれたんだよ」


時雨「提督ってば自分は私服なんてほとんど持ってないのに・・・」


時雨「それに可愛いって言ってくれたよ!何度も、何度も!」


時雨「ジュエリーショップでは指輪も買ってくれたし・・・これが結婚指輪だったらいいのにね。えへへへへ///」


時雨「提督と結婚・・・」ポワポワ


白露「・・・」


村雨「杞憂だったみたいね・・・」






↓1 どうなる?


867: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 00:31:12.94 ID:cacShioX0
提督、白露にマジ顔でルンバのバカ高い修理費を請求されて混乱

868: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:36:03.29 ID:kIV8jloyO



白露「提督」スタスタスタ


提督「ん?どうした、白露」


白露「これ、ルンバの修理代。提督が払って」


提督「ちょ、何で俺が」


白露「払って」


提督「・・・わ、わかったよ」


提督(明石に頼んだらタダでしてくれないかなあ)






↓1 夕食前に、他に何かあれば

869: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 00:40:04.54 ID:5Rh01WKG0
時雨の部屋に行ってみる

870: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:42:27.69 ID:kIV8jloyO



時雨「そうだ、提督」


提督「ん?」


時雨「夕食前にさ、少し僕の部屋に来てくれないかな」


提督「ああ、分かった」


時雨「・・・皆、覗いたりしちゃ駄目だよ」


村雨「はーい♪」







↓1 どうなる?

871: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 00:44:19.41 ID:BwjB9LwG0
青葉、聞いちゃいました!

872: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:49:47.62 ID:kIV8jloyO



青葉「ふっふっふ・・・時雨も口を滑らせましたねぇ」


夕立「あ、青葉さん」


青葉「司令官と時雨のことは鎮守府全体でも人気な題材ですし、ここはこっそり・・・」


白露「まって!青葉さん!」


涼風「あたしたちを放っておこうなんて、許さないよ!」


青葉「いいでしょう。見つかったときは、皆で罰を受けますよ」







↓1 時雨の部屋で時雨と提督がしてたこと


873: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:52:44.89 ID:3nylvWQ90
耳掻き

874: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 00:57:24.57 ID:kIV8jloyO



「提督、気持ちいい?」


「ああ、すげーいい・・・」




春雨(こ、これってまさか・・・)


青葉(静かに!少しだけ覗いてみましょう)


時雨「ほら、提督。こんなにとれた」


提督「んー・・・」


時雨「もう、提督。寝たらご飯作れないよ」


提督「時雨の膝枕が気持ちいいんだよ・・・」


時雨「・・・」




白露(すごい幸せそう・・・)


夕立(いいなぁ・・・)





↓1 どうなる?


875: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 01:01:03.49 ID:/aDNbIc8o
部屋のドアを貫通して覗き魔の首筋の足元に耳かきがささる

877: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 01:05:15.12 ID:kIV8jloyO



青葉(うう~、青葉も司令官に膝枕してあげたいなぁ)


カタッ


時雨「・・・っ」シュンッ


ドスッ


青葉(あ、あわわわ・・・)


五月雨(後一センチ前に出てたら刺さってた・・・)


提督「どうした、時雨」


時雨「何でもないよ。そろそろご飯にしようか」


提督「ん」





↓1 どうなる?

878: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 01:06:57.06 ID:wWDky5YJO
時雨がサイコロをチラつかせて更に警告

882: ◆VIEDir2TA. 2014/12/04(木) 22:51:01.47 ID:Zc3fQOuMO



提督「あー、腹へったなぁ・・・」





青葉「司令官は呑気ですねぇ」


時雨「それは君たちもだよ」ヌッ


白露「し、時雨!」


時雨「皆、心配してくれるのは嬉しいけど、これ以上邪魔したら・・・」


時雨「分かってるよね?」


夕立「」コクリ


時雨「うん、ならいいんだよ」


時雨「さ、提督にご飯を作ってあげないと」






↓1 どうなる?

883: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 22:53:51.22 ID:RNIcQLF80
提督が様子をみにくる

884: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 22:56:54.31 ID:Zc3fQOuMO



【厨房】



時雨「ふう、下ごしらえはこんなところかな」


提督「どうだ?できてるか?」ヌッ


時雨「うん、美味しく出来そうだよ」


提督「おっ、↓1か。楽しみだな」








↓1 時雨が作った夕飯の料理

885: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 22:58:07.22 ID:Btp2Eh+F0
とんかつ

886: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:01:17.70 ID:Zc3fQOuMO



提督「前にとんかつ作ってくれたときは、すごく美味かったからな」


時雨「あ、覚えててくれたんだ」


時雨「まだ時間がかかるから、待っててね」


提督「ああ、楽しみにしてるよ」




時雨「・・・よし、頑張ろう」






↓1 完成までに何かあれば


時雨、提督のどちらでもおkです

887: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 23:05:38.91 ID:cacShioX0
付け合せが寂しいのでもう一品

888: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:07:16.38 ID:Zc3fQOuMO



時雨「・・・よし、出来た」


時雨「思ったより早く出来たね・・・これだけじゃ寂しいし、もう一品作ろうかな?」


時雨「さて、何にしようかな・・・」







↓1 もう一品、何にする?

889: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 23:07:54.36 ID:RNIcQLF80
八宝菜

891: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:11:02.61 ID:Zc3fQOuMO



時雨「八宝菜にしようかな。今の材料で作れるし」


時雨「急いで作らないと、とんかつも冷めちゃうね」


時雨「よし、頑張らないと・・・」






↓1 どうなる?

892: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/04(木) 23:14:22.78 ID:cacShioX0
完成

894: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:18:52.53 ID:Zc3fQOuMO



時雨「うん、出来た」


時雨「味見もしたし、これで完成だね」


時雨「早く提督に食べてもらわないと・・・」




【食堂】


時雨「はい、お待たせ」


提督「おっ、八宝菜もあるのか」


時雨「うん、とんかつだけだと寂しいと思ったからね」


提督「美味しそうだな・・・いただきます」


時雨「今度は、固まらないでよ?」







↓1 提督のリアクション

895: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:20:31.42 ID:Btp2Eh+F0
提督「」(言葉がでないだけ)あまりの美味しさに

897: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:24:11.08 ID:Zc3fQOuMO



提督「~~~!」


時雨「ど、どうしたの!?」


時雨「まさか、本当に美味しくなかったとか・・・?」


提督「~~~」ブンブン


時雨「あ、お、美味しいんだ・・・良かったぁ・・・」


提督「・・・」コクリコクリ






↓1 どうなる?

898: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:26:20.21 ID:ziIBhsqAO
辛い!

899: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:31:16.12 ID:Zc3fQOuMO



提督「ふぅ・・・時雨、また美味くなったんじゃないか?」


時雨「え、そ、そうかな・・・」


提督「ああ、前に食べたときよりずっと美味しいよ。これは八宝菜も楽しみだな・・・」パクッ


提督「! 辛ぁぁ!」


時雨「ええっ!?か、辛かった!?」


提督「う、美味いけど・・・辛すぎないか。これ」


時雨「そうかな・・・ごめんね、提督」


提督「ん、いや、食えないほどじゃないしな」


提督「時雨は食べるものないだろ?一緒に食べよう」


時雨「・・・うん、そうするね」






↓1 食事中イベント

900: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:32:29.73 ID:Btp2Eh+F0
青葉が何かかけてるのみたっぽい

903: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:38:10.78 ID:Zc3fQOuMO



時雨「・・・うん、確かに八宝菜、辛いね」


提督「味見はしたんだよな?」


時雨「確かにしたよ。でも何で・・・」


夕立「あ、あのね。時雨お姉ちゃん」


時雨「? 何?どうかした?」


夕立「あのね、さっき青葉さんが八宝菜に何かかけてたみたいなんだけど・・・」


提督「まったくあいつは・・・」


時雨「・・・」ゴゴゴゴゴゴ







↓1 どうなる?

904: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:38:24.01 ID:wcswHUDPO
私はそんな事してません!信じて下さい司令官と涙

909: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:43:33.24 ID:Zc3fQOuMO



青葉「な、何でいきなり縛られてるんですか!?」


時雨「青葉、僕はさっき忠告したよね?」


青葉「で、でも私は何もしてませんよ!」


提督「青葉、謝っといたほうがいいぞ」


青葉「し、司令官まで・・・私、本当に何もしてませんよぉ・・・うぇえ・・・」


時雨「・・・」






↓1 どうなる?

907: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:39:01.42 ID:/JXo9pzXo
アリバイがある青葉

912: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:49:37.29 ID:Zc3fQOuMO


衣笠「あー、ちょっといい?」


時雨「衣笠?どうしたの?」


衣笠「青葉はさっきまで部屋で隠し撮りした写真の整理してたからさ。厨房にいくのは無理だと思うよ」


提督「お前な・・・」


青葉「あ、アリバイがあるんですから、青葉じゃないですよ!」


時雨「じゃあ誰が・・・」






↓1 どうなる?

913: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:49:59.49 ID:wcswHUDPO
良いんです司令官さえ信じて下されば……

青葉なれてますからこういう事には……

916: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:55:26.46 ID:Zc3fQOuMO



青葉「ぐすっ・・・」


時雨「・・・ごめんね、青葉。疑ったりして」


提督「俺も悪かったよ・・・」


青葉「い、いいんです・・・こういうのはなれてますから・・・」


青葉「それに、司令官が信じてくれたら、青葉は・・・」


衣笠 時雨(いつも盗撮とかするから疑われるのに・・・)






↓1 どうなる?

917: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/04(木) 23:55:33.10 ID:ziIBhsqAO
サフランと唐辛子が間違えて入ってた

918: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:01:21.51 ID:05RAEUaZO



時雨「それで、なんで辛くなったんだろう・・・」


鳳翔「原因はこれですよ」


提督「鳳翔、それは?」


鳳翔「サフランです。たぶん、時雨さんはこれと唐辛子を間違えて入れてしまったんですよ」


時雨「・・・あ」


衣笠「心当たりもあるみたいだね」


時雨「ご、ごめんね。青葉」


青葉「いいんですよ。よくあることですから!」


提督「んじゃ、解決したし飯に戻るか」







↓1 どうなる?

919: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:01:26.72 ID:HfeSRQVyO
今度青葉ともデートして下さいね司令官

921: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:09:31.13 ID:05RAEUaZO
青葉(時雨、いいなぁ・・・青葉も甘えたい)


青葉(さっきは疑われたし・・・こ、これはチャンスかも)


青葉「あ、あの、司令官」


提督「ん?」


青葉「えっと、その、あ、青葉とも、お出掛けしてくれませんか?」


提督「ん?いいよ。第六戦隊でいくか」


青葉「そ、そうじゃなくてですね・・・二人っきりで・・・」


提督「・・・ああ、わかったよ」


青葉「っ、やったー!やったー!!」


衣笠(青葉、本当子供なんだから・・・)


時雨(まあ、そのくらいならいいかな・・・)


※フラグに青葉が追加されました






↓1 どうなる?

922: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:09:38.79 ID:17SUWqY4O
何で夕立は嘘をついたのか

925: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:13:55.22 ID:05RAEUaZO



提督「・・・そう言えば」


提督「夕立、お前が見た青葉って何だったんだ?」


時雨「まさか・・・」


夕立「う、ぅ・・・ごめんなさい・・・」


提督「嘘だったのか。何で嘘ついたんだ?」


夕立「それは・・・」







↓1 夕立が嘘をついた理由

926: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:15:00.31 ID:031s1ScQo
青葉に●●してるところを見られた

931: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:20:22.69 ID:05RAEUaZO



夕立「あ、青葉さんに・・・」


青葉「え?私ですか?」


夕立「その、一人でしてるところ、見られたから・・・つい///」


提督「? 何をしてたんだ?」


夕立「だ、だからあれだよ・・・///」


提督「あれ?」


青葉「あ、写真ありますよ」ピラッ


夕立「っ!だめぇぇぇぇぇっ!!///」






↓1 どうなる?

932: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:20:48.53 ID:17SUWqY4O
青葉を部屋ごと爆破するつもりだったが、後が面倒なのでデマを流した

934: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:26:22.35 ID:05RAEUaZO

皆いつもは仲良しなんやで(震え声)




青葉「いたぁい・・・」ヒリヒリ


提督「お前な、やっていいことと悪いことが・・・」


夕立「ぐすっ、もうお嫁にいけないっぽい・・・」


時雨「よしよし」


提督「それにしても、夕立にしては回りくどい手段だったな」


時雨「本当は青葉を部屋ごと爆破しようとしたんだって・・・」


青葉「う・・・夕立ちゃん、やり過ぎました。ごめんなさい」


夕立「ぐすっ・・・」






↓1 どうなる?




935: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:26:33.57 ID:HfeSRQVyO
そもそも執務室でしている方が悪いですよ!青葉のせいじゃありません!だいたいその日は先をこされて……

937: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:34:51.72 ID:05RAEUaZO


夕立「・・・ぐすっ」


青葉「・・・だ、だいたい執務室でやるのが悪いんですよ!私は艦娘の部屋にはカメラつけてないんですから!」


夕立「あ、ちょっと!」


提督「・・・執務室?」


提督「まさか、俺の机でしてたのか・・・?」


青葉「そうですよ!それに、その日は青葉が使っていい日なのに横取りして・・・」


提督「えっ、順番あるの」


提督「じゃあたまに万年筆や下着が無くなるのは・・・」


夕立「あっ、あっ、ち、ちが・・・///」カァァァァ







↓1 どうなる?

938: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:35:02.94 ID:17SUWqY4O
時雨「あ、サイコロが落ちちゃったー(棒)」

941: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:43:08.41 ID:05RAEUaZO


提督「・・・」


夕立「ち、ちがうの!夕立じゃないもん!私はそんな●●●な娘じゃないもん!」


青葉「それは違いますよ!この前なんか『提督のペットになりたい・・・』なんていってたくせに!」


夕立「わぁぁぁぁぁっ!!///」





時雨「・・・」


時雨「わー、サイコロが落ちちゃった」


提督「・・・で、何が出たんだ」





↓1 二人への罰




942: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:43:18.17 ID:HfeSRQVyO
ネコ耳ネコグローブ尻尾装着でニャンと語尾につける

945: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:49:40.97 ID:05RAEUaZO


『ネコ耳ネコグローブ尻尾装着でニャンと語尾につける』



提督「大淀、例のやつ」


大淀「わかりました。二人とも、これを」


青葉「な、何ですかこれ」


提督「お前らが反省するまで、ずっと付けとけ。出撃中は外せよ」


夕立「し、尻尾も?」


大淀「ニャンと語尾につけるんですよ」


青葉「し、司令官・・・これ、恥ずかしいです・・・にゃん」


提督「ははは、似合う似合う」






↓1 どうなる?

946: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:50:14.63 ID:JJ6wGItAO
悪かったな二人とも寂しい思いさせて と頭をなでる

947: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:55:30.84 ID:05RAEUaZO



提督「・・・ごめんな」ナデナデ


夕立「・・・提督?」


青葉「な、何であやまるんですか・・・?にゃん」


提督「寂しかったんだろ?気が回らなくて、ごめんな」


青葉「司令官・・・」





衣笠(・・・提督の机とか下着で色々してたのはあの二人だけじゃないけどなぁ)


衣笠(この鎮守府のほとんどの艦娘はしてるし・・・ま、いいや。私は流石に恥ずかしいし)


時雨「・・・」





↓1 どうなる?

948: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 00:55:41.57 ID:HfeSRQVyO
ゴロニャンしてる二人を見る時雨の目は正に時雨のように冷たかった

950: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:00:49.09 ID:05RAEUaZO



青葉「司令官・・・」


夕立「うう、ごめんなさい・・・」


提督「よしよし」






時雨「・・・」


衣笠「し、時雨?大丈夫?」


時雨「・・・うん、平均値だよ」


時雨「ただ、さすがにちょっと悔しいかな・・・」





↓1 どうなる?

951: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:01:05.12 ID:031s1ScQo
衣笠が夕立青葉をさりげなく部屋から連れ出して時雨にウインク

952: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:05:07.13 ID:05RAEUaZO


衣笠(はぁ・・・仕方ない)


衣笠「ほらほら、二人ともいい加減にしないと皆ご飯食べにきちゃうよ」


衣笠「提督さんも時雨も、ご飯食べ終わったんなら席譲らないと」グイグイ


提督「お、おう」


衣笠(さ、あとは頑張ってね)


時雨「・・・」コクリ





提督「っとっと、ごめん。時雨。放ってしまって」


時雨「いいんだよ。気にしないで」





↓1 これからどうしよう?

953: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/05(金) 01:06:57.93 ID:2cQrPeGF0
夜の散歩

955: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:09:48.40 ID:05RAEUaZO


時雨「・・・提督、少し散歩しない?」


提督「ああ、いいぞ」


提督「外は冷えるからな。暖かくしていこうか」


時雨「うん」




提督「ふぅ・・・時雨、寒くないか?」


時雨「僕は平気だよ。提督こそ、寒くない?」


提督「大丈夫だ。さ、行くか」





↓1 どうなる?

957: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/05(金) 01:11:51.52 ID:IQJ87/M70
水平線に薄っすらと残る夕日が綺麗

960: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:16:06.34 ID:05RAEUaZO


下にずらしま



時雨「まだ、夕方だけど大分冷えるね・・・」


提督「そうだな・・・もう太陽もほとんど沈みかけだ」


時雨「・・・綺麗だね」


提督「そうだな。空気も澄んでるしな」


時雨「・・・提督、手繋いでいいかい?」


提督「ああ・・・」





↓1 どうなる?


958: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:12:09.06 ID:031s1ScQo
ぴったりくっついて歩く

962: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:21:09.92 ID:05RAEUaZO


提督「も少し、歩くか」


時雨「うん・・・」






時雨「提督の手、あったかいね」


提督「お前の手は小さくて柔かいよ」


時雨「そう・・・?ふふっ」


ギュッ


提督「寒いのか?」


時雨「・・・暑いくらいだよ」





↓1 どうなる?

963: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/05(金) 01:24:25.87 ID:IQJ87/M70
熱いキスして終了

964: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:29:04.92 ID:05RAEUaZO




時雨「・・・」


時雨「・・・提督」


提督「ん、どうし・・・」


チュッ


時雨「・・・」


提督「時雨・・・」


時雨「ふふっ、ごめんね?我慢できなかったんだ」


提督「・・・それで、お前は満足したのか?」


時雨「全然、満足してないよ」


時雨「もっと、提督としたいな・・・」


提督「そうか・・・」







↓3 までで安価とります


ここで終了しとく?

967: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:30:23.50 ID:TtQMp/os0
おわり

970: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:39:36.41 ID:05RAEUaZO



どうせ終わりなら一レスだし、終わらせとこう・・・




時雨「んちゅ、ちゅ、っ、ぷはっ、はぁ、はぁ・・・」


提督「時雨・・・」


時雨「提督、僕はね・・・艦娘になってから良いことなんてなかったんだ」


時雨「大佐の時のこともそうさ。幸運艦なんて言われたけど、自分でそうは思わなかったよ」


時雨「でも、今は違う。僕は幸せだよ・・・」


時雨「僕にとって一番の幸運は、提督に会えたことだよ・・・」


提督「時雨・・・」


時雨「だから、提督も一緒に、幸せに・・・なろ?」


提督「ああ、一緒に、な・・・」


時雨「んっ、んん、ぁ、あぁ・・・」








時雨編 完


↓1 スレ埋め小ネタ

971: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 01:42:00.33 ID:031s1ScQo
愚痴とノロケのミックス話を姉から聞かされる衣笠

975: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:11:00.21 ID:bLdLMs9tO

こんばんはー、スレ埋め始めますねー


【食堂】


青葉「聞いてよぉ・・・衣笠ー・・・」


衣笠「はいはい、ちゃんと聞いてるよ」


青葉「司令官、この前夜戦したときに、気持ちよくって動けない私のこと可愛い可愛いって・・・」


衣笠「・・・へー」


青葉「それで、わたしがやめてください、っていってもやめないの・・・ひどいよぉ」


衣笠「・・・でも気持ちよかったんでしょ?」


青葉「うん、最後は何も考えられないくらい
・・・えへへへ///」


衣笠(死にたい)








↓1 どうなる?

976: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:12:30.61 ID:6uFtUf5po
まだまだ続くよどこまでも

978: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:17:49.11 ID:bLdLMs9tO



青葉「この前も、私が盗撮したとき司令官にすぐ捕まえられて・・・何されたと思う?」


衣笠「タイキック」


青葉「司令官、青葉のこと吊し上げたんだよ!やめてください、っていっても反省するまでやめないって・・・」



青葉「女心が全然わかってないよ!」


衣笠「・・・」


青葉「でも、私が泣いたふりしたらすぐ下ろして抱き締めてくれて・・・」


青葉「まあ、結局嘘泣きがばれて三時間吊るされたんだけどね!えへへへへ///」


衣笠「・・・」








↓1 どうなる?

979: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/05(金) 23:18:40.49 ID:IQJ87/M70
衣笠がイラつき始める

982: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:24:39.66 ID:bLdLMs9tO



衣笠(何よ。青葉ばかりのろけちゃって・・・)


衣笠(私だって提督のこと好きだもん)


衣笠(青葉みたいにひんにゅーじゃないし、おとなしいし・・・)


青葉「きーぬーがーさー」


衣笠「もう、しつこいよ。青葉」





↓1 どうなる?

983: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:25:27.23 ID:6uFtUf5po
気付かないままノロケはエスカレート

987: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:32:48.85 ID:bLdLMs9tO


青葉「えへへ、それでね、それでね!」


青葉「私が夜中、司令官の寝顔をとろうと執務室に忍び込んだら・・・」


青葉「司令官、青葉を毛布に引きずり込んで抱き枕みたいにして・・・ぜんぜん眠れなかった!」


衣笠「・・・」


青葉「どうしたの?衣笠」


衣笠「べっつに~?」イライラ






↓1 どうなる?

984: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/05(金) 23:25:38.62 ID:2cQrPeGF0
自分ばかりじゃ悪いと
衣笠と提督の仲をとりもとうとする

993: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:40:18.05 ID:bLdLMs9tO



青葉「・・・あ、き、衣笠・・・ごめんね」


衣笠「何が」


青葉「青葉、司令官のことになるとつい話しすぎちゃうから・・・」


衣笠「・・・」


衣笠「・・・いいよ、青葉は今まで大変だったから」


青葉「・・・なら、司令官と衣笠が仲良くできるよう、取り持ってあげよっか?」


衣笠「! 本当!?いつ?いつ!?」


青葉「えへへへ、そのうち~」


衣笠「あ、もう・・・約束破ったら許さないからね!」


青葉「大丈夫!ちゃんと約束は守るって!」


衣笠(うう・・・き、緊張してきたぁ・・・)


衣笠(でも、楽しみ・・・)






小ネタ おしまい



スレ埋めおながいします