1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/14(火) 23:12:35 ID:ojmB9orQ

ユミル「だははははっ! なんだよそれ! シャレか?ジャンwwww」

コニー「wwww お前馬鹿だろwwww なんだよいるジャン?ってwww」

ジャン「う、うっせーな! そんなつもりで言ったんじゃねーよ!!」

クリスタ「でも今のはちょっとないよジャンwww」





たまたま近くを通りがかったベルなんとかさん「...」 


2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/14(火) 23:18:40 ID:ojmB9orQ

ミカサ「エレン。 今日の対人格闘大丈夫だった? エレンはすぐ無茶をするから...」

エレン「なに言ってんだよミカサ。 今日の相手は... ほら... あいつ...えっと...
ベルなんとかだったから余裕だったぜwww」

アルミン「エレンせめて名前は憶えてあげようよwwww」

エレン「なんだよアルミンwww じゃあお前言えるのかよ?www」

アルミン「えwwww まぁベルなんとかでいいんじゃないwww」

ミカサ「wwwwww」




開いた扉の近くにたまたま居たベルなんとかさん「...」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/14(火) 23:26:38 ID:ojmB9orQ

サシャ「あっwww アニそのパン食べないんですか?www
もらってもいいですか?www」

アニ「私のはあげないよ。 あんたの隣に座ってるヤツから貰えばいいんじゃない?」

サシャ「えっ... あっと... その... ベ... ベ... パン頂いてもいいですか?wwww」

アニ(wwwwww)


パンを残していたベルなんとかさん「...」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/14(火) 23:37:42 ID:ojmB9orQ

ライナー「どうした相談事って。」

ベルなんとか「ライナー... こんな事を言えるのは君しかいないんだ...」

ライナー「遠慮せずに言ってみろ。 俺とお前の仲だろう。」


ベルなんとか「実は... みんな僕の名前を憶えてくれないんだ..」

ライナー「...」

ベルなんとか「ひどいと思わないか...? なんで僕だけ... ライナー...
君は僕の名前、言える... よね...?」

ライナー「... なに言ってるんだ。俺とお前はガキの頃からの付き合いだろ。
俺がわからないワケないだろう。 大丈夫だ。 何も心配する事はないぞ ベル。」


ベルなんとか「...」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/14(火) 23:46:43 ID:ojmB9orQ

ベルなんとか(そうか... ライナーまでもそうだったんだな... いいよもうわかった。
僕はもう誰にも心を開かない... 1人でも生きてゆけると証明してみせる...) 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/14(火) 23:55:46 ID:ojmB9orQ

クリスタ「あ~もう! あんな高い所にあるモノなんて手が届かないよ! 誰か背の高い人いないかな... あっ...!」

ベルなんとか「...」

クリスタ「あ、あの... あの棚の上にある箱が取りたくて...
でも私 背が小さくて届かなくて... お願いしてもいい...?」

ベルなんとか「... そんな事で人に助けを請うようではこの残酷な世界では生きていけない。
君も立派な兵士だろう? 巨人の弱点はもっと高い所にあるだろう?
君は戦う時にいちいち助けを請うのかい?工夫すればなんとでもなるんじゃないのかい?」

クリスタ(は???? なにこいつ... ちょっとキモいんだけど...)

クリスタ「う、うん。 ごめんね変な事頼んじゃって...」

ベルなんとか「じゃあ僕はもう行くから。」

クリスタ「う、うん...」 


11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 00:03:22 ID:eiPcQBfk

クリスタ「あっユミルー ちょっと聞いてよ... あのベルなんとかってヤツ マジ感じ悪いんだけど...」

ユミル「あん? あいつ私のクリスタになんかしたのか? 
だから名前憶えてもらえねーんだよwwww」

クリスタ「ホントだよねーwwww」




まだそんなに遠くに行ってなかったベルなんとかさん「...」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 00:18:23 ID:eiPcQBfk

エレン「はーやっぱ座学はしんどいなー。 アルミンよく眠くならねーな。」

アルミン「調査兵団目指すなら座学もしっかりやらないと、命がいくつあっても足りないよエレン。
もちろん体力も重要だけど...」

エレン「ん? あそこで突っ立ってるのベルなんとかじゃねーか?」

アルミン「なに1人で黄昏れてるんだろwwwww」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 00:25:45 ID:eiPcQBfk

ベルなんとか(... 僕が何をしたっていうんだ...。 名前が憶え辛いというだけで...
ちょっと影が薄いというだけで... なぜこんな扱いを受けなければならないんだ...

もういっそのこと貝にでもなってしまいたい...
私は貝になりたい...)


カッ!!!


ベルなんとか(うわっ!! ま、眩しい!! なんだこの光は!! 目が開けていられない...!)

???(貴様の心の哀しみ... 聞こえたぞ。) 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 00:39:06 ID:eiPcQBfk

ベルなんとか(な、なんだこの声は...! 直接脳に語りかけるような... 
あなたは誰...!?)

???(私が何者かなど些細な問題でしかない。 貴様の心の哀しみに比べたらな...)

ベルなんとか(!?)

???(貴様の心は今 絶望に満ちておる。 
私は絶望を糧に生きるモノ。
私が貴様の絶望を喰らう。 そしてその対価として貴様の願いをひとつ、叶えてやろう。)

ベルなんとか(そんな都合の良すぎる話... )

???(嫌だというのならば仕方があるまい。
貴様が絶望の中生きようが、死のうが私には関係のない事だ。
他の絶望を探してここから立ち去るのみ。)

ベルなんとか(!? ... ま、待ってくれ...!) 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 00:47:44 ID:eiPcQBfk

ベルなんとか(願いというのは... どんな願いも叶えてくれるという事なのか...!?)

???(私の力が及ぶ範囲であればな。)

ベルなんとか(な、なら... 僕をコケにしてきた連中に復讐を...
いや... 本当はそんな事望んでいない...
僕はただみんなに名前を呼んでほしいだけだ...)

???(フッ そんな事か。 良かろう。
貴様の望みを叶える対価として絶望はもらっていくぞ。
さらばだ。) 


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 00:59:21 ID:eiPcQBfk

ベル(なんだか心の霧が晴れたような気分だ...)

「おーい!!」

ベル「!?」

エレン「お前大丈夫かよ!? さっきの光なんだよ!! 」

アルミン「すごい光だったね。 一瞬だけだったけど。
ケガとか大丈夫なの?」

ベル(こいつらは... でも光を見てるって事はさっきのは夢でも幻覚でもないってことだな... 聞いてみるか...)

ベル「な、なぁ? ひとつ聞いてもいいかい?」

エレン「ん? なんだよ?」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 01:10:34 ID:eiPcQBfk

ベル「ふ、2人とも... 僕の名前... わかるかい...?」

エレン「は?なに言ってんだよ。 あたりまえだろ。」

アルミン「やっぱりさっきの光でどこかやられちゃったんじゃ...」

ベル(!?!? ほ、本当に願いが叶ったのか...!!)

ベル「うっ... ううっ... 良かった... 本当に良かった...」

エレン「なに泣いてんだよお前! ホントに大丈夫か!?
医務室行くか?」

ベル「いや... 大丈夫ありがとう。 悪いんだけどちょっと1人で考え事がしたいんだ。
夕食にはちゃんと行くからしばらく1人にさせてくれないかい...?」

エレン「ん? あぁわかったよ。じゃあまたあとでな フーバー!」


ベルなんとか「!?!?!?」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 01:35:43 ID:eiPcQBfk

ベルなんとか(くそっ!くそっ! どうゆうことなんだ!!
確かに名前だ...!フーバーは僕の名前だ...!!
でも違う...! 何か間違っている...!!

言った... 確かに言った... 名前を呼んでほしいと...!!
だが違う...! 希望は...! 望んでいたものは...!!)

ベルなんとか(考え事してる間に食堂についてしまったな... 
ん? なんだか中が騒がしいな...) 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 01:48:05 ID:eiPcQBfk

エレン「ってな感じでよー 僕の名前わかるかい?って聞いてきて泣き出しちゃってよーwwwww」

コニー「wwwwwwなんだよそれ馬鹿だろwwwww」

サシャ「うわぁ... ちょっとイッちゃってますねwwwww」

ユミル「ちょっとじゃねーだろwwwwwww」

クリスタ「お昼に会ったとき変だと思ってたけどwwwww 
それはちょとwwwwww」

アニ「引くわーwwwww」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 01:59:39 ID:eiPcQBfk

ライナー「お前ら言い過ぎだろwww
フーバーだって生きてるんだぞwwww」

ジャン「ライナーまさかとは思っていたが、お前そっちのケがあったのかwwww」

ライナー「ばっかなに言ってるんだよジャンwwww
仮にそっちのケがあったとしてもアイツだけはねーわwww」

アルミン「ライナー 君が言うと仮に聞こえないよwwwww」

ライナー「おいおいアルミンまでかんべんしてくれよwwwwww」

ギャハハハハ 


27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/15(水) 02:07:04 ID:eiPcQBfk

ベルなんとか「...してやる...」

ベルなんとか「1人残らず駆逐してやる...*」


???(貴様の心の哀しみ 聞こえt

ベルなんとか「まずは貴様からだぁぁぁああ!!!!」



オワタ