【安価】提督「提督になれてよかった」その3【艦これ】 前編

2: ◆j9Vgi/ig.Q 2014/12/05(金) 23:21:27.65 ID:bLdLMs9tO
登場人物紹介


【鎮守府】


提督:2度にわたって記憶を失った過去を持つ成年。人並み外れた身体能力と出自に謎を持つ本作の主人公。 つい最近絶倫になった。



鳳翔 古鷹 漣:提督の着任以前から鎮守府に配属されていた艦娘。


矢矧 :艦娘となってはじめての観艦式で自らの艦長をスパイによって殺される。
そのスパイにトラウマを利用され、提督を自殺に追い込むことになる。しかし、覚醒した提督によってスパイは倒されことでトラウマも克服した。


弥生ロボ 卯月ロボ:明石が作った弥生と卯月にソックリなロボ。
弥生ロボは空気を読まない。



【大佐の元部下】


時雨:以前ブラ鎮に所属していた所を提督に助けられる。それ以来提督にベタぼれ。


利根 筑摩:元大佐の部下。開戦当初から戦ってきた実力者。


足柄:大佐のもとで利根型とともに戦ってきた艦娘。過去の戦闘で戦友の天城と葛城を失う。


【廃棄組】


酒匂 長波:過去に廃棄された鎮守府に配属されていた艦娘


天津風:島風依存症患者。以前壮絶ないじめを受けた過去がある。漂流していたところをドイツ軍に拾われる。

●●な駆逐艦は嫌い。


阿武隈:深海棲艦の基地で半深海棲艦化ところを助けられる。

准将の薬によって、現在症状は回復している。

引用元: 【安価】提督「提督になれてよかった」その4【艦これ】 



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:29:20.32 ID:bLdLMs9tO
【深海棲艦側】


統領:元艦娘だった深海棲艦をまとめ上げている。提督の過去を知る数少ない者の一人。


装甲空母姫 飛行場姫:統領の部下。




装甲空母 レ級 ヲ級 ヲ級ちゃん 港湾棲姫:鎮守府に住んでいる深海棲艦。

総じて提督の過去についてはある程度知ってるらしい。


【海軍側】


大佐:利根、筑摩、時雨の元上官。開戦当初から活躍していたのだが心を病み艦娘に過酷な任務を任せるようになる。

現在は心を入れ替え、提督に部下の大鯨を任せ本国で働いている。


女憲兵:提督の旧友。元はいいとこのお嬢様らしい。


新米:女憲兵の妹で海軍学校を卒業したばかりの提督。女憲兵の妹で部下に名取と浦風、雲龍、祥鳳がいる。


准将:元海軍にいた男。現在は海軍をやめ、部下の飛鷹と神通とで独自の目的をもって行動している。


老提督:提督の鎮守府の近くの小さな鎮守府の提督。提督とは飲み仲間らしい。

部下に愛宕と高雄がいる。


女主人:提督の町で早霜とバーを営む女性。提督のことを嫌っている。



スパイ:海軍に潜伏していた深海棲艦。元は人間であったらしいが、正体は謎。



空母凄姫:艦娘と深海凄艦の両方を攻撃する謎の深海凄艦。


レ級エリート:提督の命を狙う純粋種の一体。

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:34:00.34 ID:bLdLMs9tO


フラグ組


金剛、北上、青葉


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:47:27.96 ID:bLdLMs9tO


さて、いつもはスレ最初のメイン安価してから前スレ1000ですけど

せっかくキリがいいので、先に前スレ1000をやろうと思います。




明石 夕張「「ルンバの修理?」」


提督「ああ、この前壊れてしまってな・・・」


明石「ルンバを壊すなんて、一体誰が・・・」


提督「時雨だよ」


夕張「あっ(察し)」


提督「というわけで、頼めないか?」


明石「・・・他ならぬ提督さんからの頼みですからね」


夕張「自信はないけど、やってみるわ」


提督「すまん、助かるよ」









↓1 どうなる?

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:48:21.82 ID:49ZsrMxI0
撮影機能向上

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:52:58.22 ID:bLdLMs9tO



明石「・・・これ、色々いじくっちゃ駄目ですかね」


夕張「そりゃ駄目でしょ。白露のものなんだから」


明石「でも、やりたいと思ってますよね?」


夕張「そりゃあ・・・ともかく、真面目にしましょ!」







明石「とりあえず、カメラを性能のいいものにしときました」


夕張「あとはどうしようかしら?」





↓1 どうしよう?

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:53:52.84 ID:17SUWqY4O
自己防衛用の機銃を増やす

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 23:57:05.53 ID:bLdLMs9tO


そろそろ北上のフラグてこ入れしようかな・・・




夕張「防衛用に、機銃をつけときましょう」


夕張「命中率をあげるためにセンサーも・・・」


明石「これ本当に掃除機なのかなぁ・・・」


夕張「・・・それは考えないでいきましょ」







↓1 どうなる?

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/05(金) 23:58:06.75 ID:ovWndOLv0
レーダーも搭載

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:02:46.57 ID:o6H7dIorO


夕張「さらに、私が作った特殊レーダーも・・・」


明石「なっ、夕張さんいつの間にそんなものを!」


夕張「ふっふっふっ、三ヶ月かけて作った自信作よ」


明石「くぅ・・・流石夕張さん。いい仕事してますね・・・」


夕張「でしょ?」






↓1 どうなる?

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 00:03:07.55 ID:IN+W1tc30
試運転する

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:06:13.69 ID:o6H7dIorO



明石「やっと直った・・・」


夕張「ちょっと付属品の方に手を加えすぎたわね・・・」


明石「それじゃ、さっそく試運転と行きますか!」


夕張「ええ!スイッチ、オン!」ポチッ






↓1 どうなる?

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:06:58.22 ID:oGTZDN7po
装備が重すぎるんだ!

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:10:42.01 ID:o6H7dIorO


ルンバ「」グ...ギギ...




明石「・・・動きませんけど」


夕張「やっぱ色々積みすぎたみたいね・・・」


明石「そりゃそうでしょ。針ネズミみたいになってますもん」


夕張「ろ、ロマンよ。ロマン」







↓1 どうなる?

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:10:55.53 ID:7UMC9eg/O
ボディを改造して、追加のモーターを後付け

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:15:35.32 ID:o6H7dIorO



明石「まあ、ここは私に任せてください」


明石「追加装備ばかりで、本体を改修しないからこうなるんですよ」


明石「外装を削り軽量化、モーターを追加して馬力を上げれば・・・」


ルンバ「」スイー


夕張「! 動いた!」


明石「ふふん、当然ですよ!」






↓1 どうなる?

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:15:49.42 ID:D3576CQNo
今度は制御出来ずにギャグ漫画っぽく壁に激突

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:19:11.47 ID:o6H7dIorO



ルンバ「」ギューン!!



明石「あ、こら!止まりなさい!」


夕張「ぶ、ぶつかるっ!?」


ドンガラガッシャーン



明石「けほっ、壁を貫通するとは、流石・・・」


夕張「そんなこと言ってる場合じゃないわよ!追いかけないと!」






↓1 どうなる?

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 00:19:56.72 ID:IN+W1tc30
島風が撥ねられる

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:24:08.39 ID:o6H7dIorO



ルンバ「」ギューン!!



明石「みんな!気をつけて!」


夕張「あのルンバが暴走したとなると、恐ろしいことに・・・」




「おぅっ!?」



明石「ぎ、犠牲者が!」


夕張「大丈夫!?島風!」


島風「うう・・・」






↓1 どうなる?

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:24:14.51 ID:1sDeCG2iO
マジギレした天津風が人に見せてはいけないような形相でマウントパンチで破壊

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:27:56.72 ID:o6H7dIorO



天津風「っ、島風!?」


明石「あ、天津風ちゃん!」


天津風「おのれぇっ・・・よくもぉ・・・!」





ドコンドコン! ドンガラ パリーン!!

ズドドドドドド ポピッ ドッカーン!



天津風「はあっ、はあっ・・・」


夕張「せっかく直したのに・・・」






↓1 どうなる?

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:29:09.13 ID:7UMC9eg/O
後付けした部分がクッションになって、いつもの挙動に戻る

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:32:26.84 ID:o6H7dIorO



ルンバ「」スイー



明石「あれれっ?無事・・・?」


夕張「粉々になったのは追加した部分だけみたいね・・・」


明石「私達、結局無駄なことしかしてなかったみたいですね・・・」


夕張「ええ・・・」





↓1 何かイベントがあれば

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 00:33:48.03 ID:lzC5SCKk0
追加装備はずして修理、白露に引き渡し

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:37:35.95 ID:o6H7dIorO



明石「とりあえず、チェックしたらあとは白露に渡しましょうか」


夕張「そうね。そうしましょう」




天津風「島風・・・怪我はない・・・?」ハァハァ


島風「あ、天津風ちゃん・・・」




白露「すごーい!本当に直ってる!」


白露「二人とも!ありがとう!」


夕張「どういたしたまして♪」





↓1 最後に どうなる?


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:33:51.45 ID:1sDeCG2iO
天津風が提督に抗議

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:41:51.97 ID:o6H7dIorO


バンッ!


天津風「ちょっと提督!」


提督「うおっ、ど、どうしたんだ」


天津風「あのルンバとかいうののせいで、島風が怪我しそうになったのよ!」


提督「あー、ルンバか・・・怪我はないんだろ?なら、それでいいじゃないか」


天津風「む・・・」






↓1 どうなる?

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:43:59.35 ID:1sDeCG2iO
次島風に何かあったら海の藻屑にするからね

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 00:48:40.29 ID:o6H7dIorO

今日はここまでですー

天津風・・・




天津風「むぅ、ぅぅぅ・・・」


天津風「つ、次に何かあったら、許さないからね!」


バタン!!


提督「・・・根は優しいんだろうけどなぁ」


提督「・・・何時までも、目を背けておくわけにもいかないからな」


提督「天津風、お前は・・・」


※フラグに天津風が追加されました




前スレ1000 完

↓1 次の主役安価

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 00:48:56.80 ID:IN+W1tc30
陽炎

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 22:50:21.90 ID:sPGaCOivO



こんばんはー、更新始めますねー


>>55 天津風のフラグは話に関わってくる部分ですので、メイン埋めネタ関係なく投入するつもりでした






【早朝 陽炎の部屋】


陽炎「はぁ・・・さむっ」


陽炎「布団から出るのが辛いわね・・・そんなこともいってられないけど」


陽炎「さ、今日も頑張りましょ」







↓1 まず、どうする?



57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 22:52:13.51 ID:7UMC9eg/O
今日の遠征スケジュール確認

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 22:55:21.46 ID:sPGaCOivO


陽炎「さて、今日の私の遠征は・・・」


陽炎「・・・最近休めてないかも」


陽炎「この前の戦いで資材もなくなっちゃったからねぇ・・・」


陽炎「ま、それはそれとして今日の遠征は・・・」







↓1 本日の陽炎の遠征スケジュール



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 22:56:27.20 ID:yl4401t60
お休み

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:00:46.53 ID:sPGaCOivO



陽炎「・・・あれ、休みになってる?」


陽炎「司令官が気を使ってくれたのかしら?」


陽炎「ま、いいわ。朝御飯食べに行こーっと!」






【食堂】


陽炎「誰と食べようかな・・・?」



↓1 朝食をご一緒する相手

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 23:01:27.51 ID:QNWo/opA0
レーベ

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:04:00.74 ID:sPGaCOivO


レーベ「陽炎さん、おはよう。今からご飯?」


陽炎「おはよ。そうだけど・・・」


レーベ「良かった。待ってたんだよ。一緒に食べないかい?」


陽炎「ええ、いいわよ」


レーベ「うん、ありがとう」





↓1 食事中イベント

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:05:27.78 ID:yl4401t60
レーベが陽炎に身体を鍛えて欲しいと
言ってくる

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:08:25.17 ID:sPGaCOivO



レーベ「あの、陽炎さん」


陽炎「なーに?」モグモグ


レーベ「今日、暇だったらでいいんだけど・・・体を鍛えてほしいんだ」


陽炎「いいけど・・・何か理由でもあるの?」


レーベ「それは・・・」






↓1 何か理由があれば

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 23:10:12.73 ID:QNWo/opA0
マックスに対抗

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:13:03.81 ID:sPGaCOivO



レーベ「マックスに対抗するためだよ」


陽炎「マックスにねぇ・・・ま、いいわ」


陽炎「私も今日は暇だから、しっかり鍛えてあげるわ!」


レーベ「本当!?ありがとう!」






↓1 他に食事イベントがあれば



68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:14:18.55 ID:yl4401t60
不知火がご飯を運ぶ途中に落とす

69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:17:04.49 ID:sPGaCOivO



不知火(・・・司令、ほっぺにご飯粒がついてる)ジトー


黒潮「おわっ!?」ドシン


不知火「むっ」


ガシャーン


陽炎「! あーあー、何やってるの不知火!」


不知火「すみません。余所見してました」





↓1 どうなる?




70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:22:18.99 ID:yl4401t60
人いないならサイコロで

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:27:05.89 ID:sPGaCOivO



提督「不知火、もっと気を付けないと・・・」


不知火「・・・すみません」






陽炎「御馳走様ー。それじゃ、行こっか」


レーベ「うん、分かった」





【トレーニングルーム】


レーベ「結構人がいるね」


陽炎「うちの艦隊には、鍛えるの好きな人多いからね」





↓1 どうなる?

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:28:04.21 ID:7UMC9eg/O
陽炎のダンベルお手玉見て目を丸くするレーベ

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:31:19.53 ID:sPGaCOivO



陽炎「それで、まずどのくらいからハジメルカだけど・・・」ガシッ


陽炎「将来的にはこのくらいまでしたいのかな?」ヒョイヒョイヒョイッ


レーベ「す、すごいね・・・」


陽炎「レーベも艦娘だから、鍛えればできるわよ」


レーベ「・・・とりあえず、普通コースで」


陽炎「はーい」





↓1 どうなる?

76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:32:13.20 ID:yl4401t60
とりあえずレーベの能力を図る

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:35:32.03 ID:sPGaCOivO



陽炎「とりあえず、まずは今のレーベの筋力を測ろっか」


レーベ「うん、分かったよ。それで、何をすればいいかな?」


陽炎「じゃあ手軽に腹筋で」


レーベ「腹筋か・・・分かったよ」






↓1 レーダーの身体能力はどんなもの?

78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 23:36:30.14 ID:lzC5SCKk0
コンマにしない?(提案)

80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:38:35.27 ID:sPGaCOivO

コンマにすると陽炎が鍛える意味無さそうな可能性があったんで・・・



まあその時は陽炎に補正かければいいんでここはコンマにしますわ




↓1 レーベの身体能力コンマ

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 23:42:10.45 ID:IN+W1tc30
ぽい

82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:45:33.27 ID:sPGaCOivO


ちょっと劣ってるくらいかな・・・



レーベ「ふぅ、ふぅ・・・」


陽炎「よし、もういいわよ」


レーベ「はぁ・・・久しぶりにしたから大変だよ」


レーベ「それで、どうなの?」


陽炎「駆逐艦としては、まずまずじゃない?」


レーベ「でも、僕はもっと強くなりたいよ」


陽炎「大丈夫。私に任せて、ね?」






↓1 どうなる?

83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 23:48:45.32 ID:QNWo/opA0
長門が手伝いにくる

86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:51:20.15 ID:sPGaCOivO



長門「おや、レーベを鍛えてるのか。陽炎」


陽炎「ええ、強くなりたいんだってさ」


長門「そうか・・・陽炎一人では大変だろう。私も手伝うよ」


レーベ「あ、ありがとう。長門さん」


長門「構わないよ。さて、まずはどうするんだ?」






↓1 どうしよう?

87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:52:01.71 ID:yl4401t60
その前に長門と陽炎のバトル
(コンマがいいっす陽炎補正もありそう)

88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:56:16.15 ID:sPGaCOivO



陽炎「ふふん、長門さん。私と戦いたいってオーラが出てるよ?」


長門「不器用なんだ。多目に見てくれ」


長門「それに駆逐艦に負けていては、ビッグセブンの名が廃るからな」


陽炎「レーベ、下がってて」


レーベ「え?あ、うん!」


長門「では・・・」





↓1 長門のコンマ



↓2 陽炎のコンマ 50


高い方が勝ちです

89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/06(土) 23:56:42.20 ID:QNWo/opA0
ww

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 23:56:43.59 ID:pjEmjbtlo
とぉ

92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:01:33.26 ID:K5O0sN23O



これは流石ですわ・・・



長門「むんっ!」


陽炎「どうしたの長門さん!何時もよりキレがないよ!」


長門「なんのっ!まだまだぁっ!」






長門「はぁ、はぁ・・・いや、参った。今日は勝てそうにないな」


陽炎「これで私の52勝12敗ね♪」


レーベ「すごい・・・」


陽炎「待たせてごめんね?さ、始めましょっか」






↓1 どうする?

93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 00:04:07.58 ID:3xDM8oU+0
懸垂

95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:06:17.41 ID:K5O0sN23O



レーベ「まずは懸垂からするんだね」


長門「レーベ。張り切ってもいいが怪我はしないようにな」


陽炎「きつくなったらすぐやめようね?」


レーベ「うん、分かってるよ」







↓1 どうなる?

96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:07:55.32 ID:POXIzl/90
レーベがあんまりできないから
コツを教える
そして理解

98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:11:50.27 ID:K5O0sN23O




レーベ「んん、んんん~~っ!」ブンブン


陽炎「あしじゃなくて腕を動かさないと・・・」


長門「一度降りようか」




レーベ「はぁ・・・」


陽炎「いい?レーベ。腕はこうやって動かして・・・」


レーベ「・・・よし」






レーベ「よい・・・しょっ」


長門「うん、出来てるじゃないか」


レーベ「よ、良かったあ・・・」





↓1 どうする?どうなる?



99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:13:14.24 ID:w6Ax7aak0
次はランニングマシン

100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:19:07.26 ID:K5O0sN23O



レーベ「ふぅ・・・」


陽炎「ほらほら!休んでる暇はないわよ!」


レーベ「あ、う、うん!」


長門「次はランニングマシーンだ。頑張って筋肉を付けよう!」


レーベ「は、はいっ!」








↓1 どうなる?

101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 00:20:22.85 ID:POXIzl/90
青葉がスピード最高速に設定

103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:24:55.42 ID:K5O0sN23O



レーベ「ふぅ、ふぅ、ふぅ・・・」


長門「いいぞ。そのペースだ」


陽炎「うんうん、ファイトよ!」


レーベ「ふぅ、ふぅ・・・」


青葉(! レーベさん、頑張ってるみたいですねぇ・・・よし、ここは)


青葉「おぉ!レーベさん頑張ってますね!」ポチッ


レーベ「え?あ、あお・・・わ、わぁぁぁぁ!?」


長門「青葉!」


陽炎「待ちなさい!」


青葉「に~げろ~!」ピョイー







↓1 どうなる?




104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 00:26:14.72 ID:3xDM8oU+0
陽炎「青葉、その腕へし折ってあげるわ」

106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:28:54.24 ID:K5O0sN23O



青葉「ふふん!私を捕まえられるのは長門さんでも無理ですよ!」


青葉「それこそ司令官でもないと・・・」


陽炎「へぇ」ニヤリ


青葉「はやっ!?」


陽炎「さ、大人しくしなさい。さもないと、腕を折るわよ」


青葉「は、はひ・・・」ブルブル






↓1 どうなる?

107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:30:14.72 ID:fX/nzmlQO
顔真っ青で退散する青葉

109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:32:31.83 ID:K5O0sN23O



青葉「くっ、に、今日はこの辺で失礼しますっ!」バッ


陽炎「ふん・・・!レーベ、大丈夫?」


レーベ「うん、へ、平気だよ・・・」


長門「無理はするな。少し休もうか」


レーベ「うん・・・」







↓1 どうなる?

110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 00:33:08.76 ID:POXIzl/90
空からサイコロが降ってくる(そこそこきつめ)

112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:36:54.22 ID:K5O0sN23O



青葉「うぅ、陽炎怖かった・・・」


青葉「腕を折るなんて、司令官も言わないのに・・・」


ヒュゥゥゥゥゥ コツン


青葉「あいたっ!な、何!?」


青葉「・・・サイコロ?」





↓1 青葉への罰。前スレでの猫耳も考慮して

そこそこきつめで



113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:37:22.82 ID:fX/nzmlQO
野外でマイクロビキニ来て撮影会

114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:41:39.65 ID:K5O0sN23O


これも青葉のフラグに追加で

一応撮影に参加するのは衣笠とか提督とか鎮守府の面々で・・・




青葉「さ、さつえいかい・・・」ドヨーン







レーベ「ふぅ、疲れた・・・」


長門「ストレッチも忘れないようにな?」


陽炎「ゆっくり休んで、また頑張りましょ」




↓1 どうなる?

115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 00:43:10.71 ID:h1HtfoEM0
洋上訓練

117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:46:57.19 ID:K5O0sN23O


メンタルモデル方式ですけど、一応擬装だけでもいけるってことで



レーベ「次は洋上訓練だね」


陽炎「ええ。とりあえず、これが、午前最後になりそうね」


レーベ「よし、頑張ろう!」






↓1 どうなる?

118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 00:48:21.98 ID:POXIzl/90
敵の潜水艦から魚雷発車
陽炎かばう

119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 00:52:09.31 ID:K5O0sN23O



ちょっと早いですけど、今日はここまでですー




陽炎「ファイト!その調子よ!」


レーベ「う、うん!」


長門「・・・! 陽炎っ!レーベっ!」


レーベ「? なに・・・」


ドシュウウウッ


陽炎「っ、レーベ!!」


レーベ「わっ!?か、陽炎さん!?」


長門「くっ、もう少し早く気づいていれば・・・大丈夫か?陽炎」







↓1 どうなる?

120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 00:53:23.60 ID:3xDM8oU+0
浮上してきた所でハッチをこじ開けて強引に鹵獲する陽炎

・・・一応確認するけど、敵もメンタルモデルだよね?

125: ◆VIEDir2TA. 2014/12/07(日) 22:50:25.33 ID:XtyWR3uHO




こんばんはー!更新始めますねー!



陽炎「大丈夫よ。かすり傷だから・・・それより」


陽炎「単騎でよくものこのこやって来たわね!」


ドボン!


レーベ「か、陽炎さん!?」


長門「まさか・・・」


陽炎「ぷはっ!さ、捕まえたわよ!」


レーベ「す、すごい・・・」


長門「こいつは・・・」







↓1 鹵獲したのはどんなやつ?



126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 22:56:26.56 ID:fX/nzmlQO
フラソ級

128: ◆VIEDir2TA. 2014/12/07(日) 23:01:15.56 ID:XtyWR3uHO


酉打ち間違えたか?




フラソ級「グァ・・・!」


長門「フラッグシップじゃないか・・・」


レーベ「に、逃げないように縛っておこうよ!」


陽炎「そう、ね・・・私も、少しきついかも・・・!」





フラソ「・・・」


レーベ「ふぅ・・・」


長門「それで、こいつはどうするんだ?提督のところに連れていくか?」


陽炎「うーん・・・」





↓1 どうなる?

129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:01:54.49 ID:n/CpxqzG0
幽閉

131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:07:42.01 ID:XtyWR3uHO



陽炎「・・・司令官に見せるのはやめといた方がいいんじゃない?」


長門「そうだな。万が一、と言うこともある」


レーベ「じゃあ、この娘はどうするの?」


陽炎「大人しく返すわけにもいかないし、幽閉するしかないんじゃない」


フラソ「・・・」


レーベ「そうか・・・」









↓1 どうする?どうなる?

132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:08:49.00 ID:POXIzl/90
総領から手紙を届けに来たついでに
魚取ろうとして魚雷打ったら
当たっちゃったごめんなさい

133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:15:17.52 ID:XtyWR3uHO



フラソ「・・・」スッ


陽炎「・・・手紙?」


『わたし、純粋種じゃないよー(^3^)/


統領さんに頼まれて手紙を届けに来たの\(^-^)/


魚を捕ろうと思ったら当たっちゃったm(。≧Д≦。)m


ごめんね☆ミ』


陽炎「・・・」


フラソ「・・・」





↓1 どうなる?

134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:16:32.42 ID:fX/nzmlQO
手紙から例の艤装の持ち主が判明

135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:21:46.13 ID:XtyWR3uHO



陽炎「とりあえず、その手紙って?」


フラソ「・・・」スッ


長門「これか」


陽炎「読んでいい?」


フラソ「・・・」コクリ


陽炎「・・・」


『提督さんへ 准将から艦娘の擬装を受け取ったと思います。

その擬装の持ち主は深い事情を抱えています。是非力になってください』


陽炎「・・・やっぱりうちの鎮守府の・・・」


『その擬装の持ち主は・・・』






↓1 このまま読む?

それともやめる?

136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:22:28.05 ID:POXIzl/90
駆逐棲姫の艤装の
読む

138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:27:54.84 ID:XtyWR3uHO



陽炎「・・・えっ!?」


長門「どうした!?」


『その擬装の持ち主は天津風といいます。


貴方も薄々気づいていたでしょう。彼女には随分辛い思いをさせてしまいました。


私は准将に頼んで、彼女に暴力を振るうものを取り除いて来ました。


しかし、彼女の傷を癒すのは私たちには不可能です。


身勝手ではありますが、どうかよろしくお願いします』



陽炎「・・・っ」


レーベ「天津風さんが・・・?」





↓1 どうなる?

139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:28:45.47 ID:h1HtfoEM0
提督に報告

140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:34:42.07 ID:XtyWR3uHO


陽炎「くっ・陽!」


レーベ「! どこいくの!?陽炎さん!」







【執務室】


提督「・・・俺の、思った通りだったか」


陽炎「司令官、天津風は・・・!」


提督「分かってる。だから、落ち着け」


陽炎「落ち着けるわけないでしょ!?」





↓1 どうなる?

141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:36:35.58 ID:n/CpxqzG0
天津風を謹慎

144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:39:59.08 ID:XtyWR3uHO



提督「・・・天津風には、しばらく出撃は控えてもらうと思ってる」


陽炎「! あの娘は何ともないわよ!信じてないの!?」


提督「状況が状況だ!分からんことが多すぎる」


提督「あいつが安全とわかるまでは・・・」


陽炎「っ・・・」






↓1 どうなる?

145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:41:14.18 ID:POXIzl/90
明石がなんとかする機械を開発

146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:45:40.26 ID:XtyWR3uHO


明石「提督、例のものが・・・」


提督「ああ、もう出来たのか」


陽炎「・・・どういうこと?」


提督「天津風が危険なのは素性が分からないからだ。見た目は正常でも洗脳されている可能性があるからな」


提督「明石にはそういった洗脳なんかを解除できる機会を作ってもらってたんだ」


陽炎「なんだ・・・そうだったの」


明石「まぁ、これは試作品ですからね。失敗するかもしれませんよ」


提督「陽炎、天津風を読んできてくれ」


陽炎「・・・はい」







↓1 どうなる?

147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:47:38.21 ID:w6Ax7aak0
部屋に入った瞬間暴走する天津風

150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:50:59.18 ID:XtyWR3uHO



陽炎「・・・連れてきたわよ」


天津風「な、何よ?」


提督「いいか、天津風。これを頭に着けてくれ」


天津風「ひっ・・・い、嫌よ!何でそんなもの!」


明石「天津風さん、これは安全ですから」


天津風「や、やだ・・・近寄らないで・・・」


陽炎「う・・・」


提督「天津風・・・」






↓1 どうなる?

151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:51:38.76 ID:khk6tMw10
周辺の電子機器にノイズ

152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/07(日) 23:55:33.62 ID:XtyWR3uHO



提督「・・・明石、実験は中止だ。医務妖精さんを」


明石「は、はいっ!」


天津風「嫌よ・・・嫌だよ・・・」


陽炎「天津風・・・」


天津風「う、ぅぅぅ・・・」


バチッ バチバチッ


提督「これは・・・」


陽炎「天津風!しっかりして!」






↓1 どうなる?

153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/07(日) 23:56:55.50 ID:3xDM8oU+0
機械を破壊

155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:00:41.05 ID:K4mWHVUjO



天津風「っ、こんなものっ!」


陽炎「! やめてっ!」



バキッ ベキィ


天津風「この機械が!私からっ、全部・・・っ!」


提督「やめろ天津風!血が・・・っ」


陽炎「天津風!天津風!」


天津風「っ、はぁ、はぁ・・・!」






↓1 どうなる?




156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:01:52.47 ID:xc8DkpXD0
泣きだす

159: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:05:22.91 ID:K4mWHVUjO



天津風「はぁ、はぁ・・・」


天津風「・・・う、うぅ」


天津風「うぁぁぁぁぁ・・・あぁぁぁぁぁ!!」




陽炎「天津風・・・」


医務妖精「っ、遅かったか・・・」


提督「医務妖精さん。あとはお願いします」


医務妖精「うん、任せて」



161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:10:10.82 ID:K4mWHVUjO


【医務室】


医務妖精「・・・」


陽炎「あの、天津風は?」


医務妖精「ベッドで大人しくしてるよ。それで検査の結果何だけど・・・」


医務妖精「まず、時期と回数は分かんないけど記憶が改竄されてるね。それが不安定さを助長させてるみたい」


医務妖精「あと、深海凄艦か。もしくはだったかどうかの検査なんたけど・・・」






↓1 検査の結果

162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:11:10.42 ID:/jpb4Iz40
駆逐せい姫になりかけ

164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:15:41.03 ID:K4mWHVUjO


医務妖精「深海凄艦、特に強力なタイプに変異しかけてるね」


陽炎「な、じゃああの娘は・・・」


医務妖精「多分、その拾ってきた擬装を失った時に一度撃沈したんだろうね」


医務妖精「それで、その後何らかの方法で誰かが・・・」


陽炎「・・・」


提督「・・・医務妖精さん」


医務妖精「あんたたちは悪くないよ。出来ることは無かったんだから」


提督「・・・っ」ギリ...






↓1 どうする? どうなる?

165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:18:33.58 ID:ujC5CsIG0
陽炎が不知火と黒潮を連れてあの島の再調査

167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:23:55.05 ID:K4mWHVUjO



陽炎「司令官、少し出掛けてくる」


提督「陽炎・・・」


陽炎「止めたって、聴かないからね」


提督「・・・わかったよ。無理はするな。絶対だ」


陽炎「・・・分かってるわよ。けど、その分、天津風は頼んだから」


提督「ああ、任せろ」






陽炎「不知火、黒潮。ちょっと付き合って」


黒潮「・・・何かあったんやな」


不知火「司令官の許可は?」


陽炎「取ってあるわ。さ、行くわよ」





↓1 どうなる?




168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:26:17.27 ID:SCA0wReso
前回は気付かなかった怪しいところを発見

170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:29:35.56 ID:K4mWHVUjO


【例の島】


黒潮「よっと」


陽炎「前に時雨達が行った坑道へ行きましょ」


不知火「了解です」





【坑道】


黒潮「・・・何か暗いとこやなぁ」


陽炎「・・・」


不知火「姉さん・・・?」


陽炎「これ、何かしらね」






↓1 見つけたもの



171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:30:59.11 ID:0yKyKP/70
謎の機関

173: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:34:23.58 ID:K4mWHVUjO



不知火「・・・何かの機械のように見えますが」


黒潮「というよりはエンジンっぽいけどな」


陽炎「怪しいのには違いないわね。動かないのかしら」


不知火「姉さん。あまり弄っては」


陽炎「大丈夫だから」






↓1 どうなる?

174: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:35:46.76 ID:SCA0wReso
機械から目玉や触手が生えてくる

175: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:38:25.74 ID:K4mWHVUjO



陽炎「もう、壊れてるのかしら・・・」


ギョロリ


黒潮「! 姉ちゃん!」


機関「」ウジュルウジュル


陽炎「っ、な、何よこれ・・・!?」


不知火「深海凄艦の一部でしょう。破壊するしか・・・」






↓1 どうする?どうなる?

176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:39:46.64 ID:ujC5CsIG0
撃ってきた

179: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:42:33.95 ID:K4mWHVUjO


機関「グォォァ・・・」ジャキッ


不知火「!」


陽炎「一旦下がるわよ!」




ダンダンダンダン!!



黒潮「やっぱ深海凄艦やったか・・・どうするんや?」


不知火「ぶっ壊すのが手っとり早いと思いますが」


陽炎「・・・」





↓1 どうなる?

180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:43:43.72 ID:oP7Y5plMO
破壊してコア部分を回収

181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:47:03.86 ID:K4mWHVUjO


陽炎「はぁ・・・破壊するしかないわね」


陽炎「ただし、コアの部分は破壊しないようにね」


不知火「了解しました」


黒潮「さ、ならいくで!」


陽炎「ええ!」








↓1 どうなる?

182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:47:40.71 ID:xc8DkpXD0
自爆した

184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:52:44.56 ID:K4mWHVUjO



ダダダン!ダダダン!


陽炎「さ、追い詰めたわよ!」


不知火「足の触手を破壊すれば、動きは止まるはず・・・」ジャキッ


機関「グオオォォァァ・・・」


黒潮「っ、危ない!」


ドカァァーン!


陽炎「っ、自爆するとは・・・」


不知火「これでは、データは・・・」





↓1 どうなる?どうする?

185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:54:03.13 ID:SCA0wReso
黒焦げた怪しいパーツを発見

189: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 00:57:52.88 ID:K4mWHVUjO


黒潮「いやいや、ちゃんた探さんと分からへんって」


ガサガサ


黒潮「ほら、ええもん見っけた」


陽炎「助かったわ・・・ありがと、黒潮」


黒潮「ええって。それより、これからどうするんや?」





↓1 これからどうする?

186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 00:54:04.60 ID:ujC5CsIG0
まだ奥に部屋がある

192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 01:02:27.80 ID:K4mWHVUjO



不知火「・・・部屋自体は、まだ奥へ進めるみたいですね」


陽炎「行こう。今は、どんなことでも・・・」


黒潮「・・・はいはい。うちも手伝うよ」


陽炎「ありがと、それじゃいこっか」







↓1 どうなる?

193: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 01:02:45.21 ID:0yKyKP/70
火山のデータを発見(そことかキラウェア山も含まれる)

196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 01:08:27.71 ID:K4mWHVUjO


日本列島もいれて大丈夫ですよー



陽炎「えっと、ここは・・・」


不知火「火山の観測所みたいですよ。ここにデータかあります」


黒潮「でもこのデータ大分古いで。昔にはもう閉鎖されてたんちゃう?」


陽炎「とりあえず、もっとよく探しましょう」





↓1 どうなる?



197: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 01:08:57.48 ID:oP7Y5plMO
空母棲姫と鉢合わせ

199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 01:13:09.29 ID:K4mWHVUjO





ガタン


陽炎「!」


不知火「っ、誰かいるの!?」


空母凄姫「・・・」


黒潮「! こ、こいつは!?」


不知火「あの時の・・・」


空母凄姫「邪魔ダッ!」バッ


陽炎「っ、何なのよ!もう!」ガキィン!






↓1 どうなる?

200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 01:13:45.73 ID:SCA0wReso
逃げつつ応援を要請

202: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 01:17:49.64 ID:K4mWHVUjO



陽炎「くっ、この!」ブンッ!


空母凄姫「ッ!」


陽炎「不知火!応援を呼んで!」


不知火「しかし、このままでは!」


陽炎「いいから!一旦逃げるわよ!」


タッタッタッタッタッ

空母凄姫「チッ、ウットオシイ・・・」






↓1 どうなる?

203: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/08(月) 01:18:12.45 ID:ujC5CsIG0
敵のクローン達に退路を塞がれ大ピンチ

205: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 01:24:53.83 ID:K4mWHVUjO



今日はここまでですー


天津風のアイデアようやく消化できた・・・




「アー・・・」


不知火「!」


黒潮「い、何時の間にこんな増えたんや!?」


陽炎「やっぱり、ここには何かあるとしか・・・」


「逃ガサナイ」「ココデ死ネ」


空母凄姫「忌々シイアノ男ニ従ウ者共メ・・・」


黒潮「ど、どうするんや!?」


陽炎「くっ・・・」







選択肢安価

1 賢い陽炎達は突如反撃のアイデアが閃く

2 応援が来て助かる

3 助からない。安価は非常である。




↓1

206: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/08(月) 01:25:15.63 ID:oP7Y5plMO
3

213: ◆VIEDir2TA. 2014/12/10(水) 23:14:08.91 ID:fK6EBva2O


お待たせしましたー。

更新始めますねー




不知火「このっ、離せっ!」


黒潮「ど、どうするつもりなんや!?」


空母凄姫「恐レル、コトハ無イ・・・」


空母凄姫「スグニ、アノ男モ・・・」


陽炎(天津風も、助けられないで・・・こんな・・・)


陽炎「司令官・・・!」








214: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:25:55.84 ID:fK6EBva2O


その時、轟音と共に坑道の壁が崩れた。

同時にその坑から黒い陰が凄まじい速さで飛び出してきた。


「・・・っ!?」


陰は言葉にならない叫びを上げながら、手にもった日本刀で立ちはだかる深海凄艦を斬り倒していく。


「ア、ガァ・・・ッ!?」


陽炎達を取り押さえていた深海凄艦もうめき声を上げながら地に伏せた。


「クッ・・・!」


空母凄姫が攻撃態勢をとる。しかし、攻撃が行われる前に陰に詰め寄られてしまった。


「また詰まらんことをしてるようだなぁ!えぇ!?」


「チィィッ・・・!!」


空母凄姫は攻撃を受け止め、弾くと暗闇の中へ駆けていった。



215: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:29:15.38 ID:fK6EBva2O



???「ふぅ・・・」


???「・・・危ないところだったな」


黒潮「し、司令官!?」


不知火「何でここに・・・」


提督?「んー・・・まあ色々あってな。怪我はないか?」


陽炎「え、うん・・・天津風は?」


提督?「天津風?天津風がどうかしたのか?」


不知火「司令官・・・?」


提督?「とりあえず、どうするんだ?奴がまだ居るかもしれないし、帰ったほうがいいぞ」


陽炎「・・・」






↓1 どうしよう?



提督

216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/10(水) 23:30:11.81 ID:CWXtsevC0
最深部を目指す

218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:34:33.58 ID:fK6EBva2O



陽炎「でも、せっかく来たんだから・・・」


黒潮「こんなところで引き返せんで!」


提督?「・・・危険な目に会うかもしれないぞ」


不知火「・・・その時は貴方が守ってくれるんでしょう?」


提督?「・・・そうだな。んじゃ、いくか」






↓1 どうなる?

219: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:34:52.93 ID:4eTLi3E/O
クローンの生産工場を発見

221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:38:06.98 ID:fK6EBva2O



黒潮「ここが、最深部みたいやな」


不知火「何かの、培養施設・・・?」


提督?「・・・」


陽炎「・・・提督?」


提督?「んあ?どうかしたか?」


陽炎(・・・提督、少し若い?やっぱり偽物・・・?)






↓1 どうなる?

222: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:39:47.03 ID:lNdxohXZo
破壊しよう

225: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:43:56.11 ID:fK6EBva2O



陽炎「・・・とにかく、ここがあの深海凄艦のクローンが生産されてたところなんじゃない?」


不知火「・・・なら、破壊した方がいいですね」


黒潮「司令官もそれでええな?」


提督「ああ」


陽炎「それじゃ、遠慮なく!」





↓1 どうなる?

226: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:44:47.36 ID:Eh5OQKNPO
大爆発

229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:48:11.01 ID:fK6EBva2O



黒潮「こっち!こっち!」


不知火「姉さん!急いで!」


陽炎「分かってるわよ!もう・・・」


黒潮「さん、に、いち・・・」



ドカァァーン


不知火「ふぅ・・・」


提督?「・・・」


陽炎「司令官・・・?」


提督?「・・・れでいい、これで・・・」







↓1 どうしよう?






230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:48:46.24 ID:4eTLi3E/O
貴方は何者?

231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:52:43.97 ID:fK6EBva2O



陽炎「・・・提督。あなたは誰なの?」


陽炎「私たちの知ってる提督じゃないわよ」


提督?「・・・」


不知火「助けてくれたことには、感謝しますが・・・」


黒潮「いくらなんでも、怪しすぎやで」


提督?「・・・」








↓1 提督は正体を明かした?明かさなかった?

232: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:53:18.47 ID:PAo3bfN2o
ぼかしながら少し話す
記憶を失う前の提督の思念体(のような存在)

235: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:00:26.02 ID:qJARJAQqO


偽提督についてはこっちも色々考えてたので



提督?「・・・君たちの言う通り、俺は本物の提督じゃないよ」


提督?「ある人が・・・ここの機械に残ってた提督の思念を集めて緊急時には肉体を持てるようにしてくれたんだよ」


不知火「・・・なら、提督は以前ここに?」


黒潮「記憶を失う前は・・・」


提督?「・・・そういうことだ。とはいえ、また君達に会えるなんてな」


陽炎「また?」


提督?「さ、帰ろうか。このことは、提督には内緒にしといてくれよ」


陽炎「・・・」






↓1 どうなる?

236: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 00:01:18.66 ID:3yqYuzm30
提督が消滅

237: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:07:49.18 ID:qJARJAQqO


陽炎の呼び方は司令官で良かったですよね・・・?



黒潮「はぁぁぁぁー、ようやく出口や!」


不知火「帰ってこのパーツを調べてもらわないと・・・」


陽炎「・・・貴方はどうするの?」


偽提督「・・・」


黒潮「まあ、この島にも食料はあるんちゃうか?それをくってれば・・・」


偽提督「いや、俺はこれまでだ・・・」


ドロォ...


陽炎「手が・・・」


偽提督「最後に、聞かせてくれないか・・・?」


偽提督「君は、君たちは、提督のことを、どう思ってるんだ・・・?」


「・・・」





↓1 三人の答え









238: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 00:09:57.96 ID:GIOd0Keh0
一心同体

240: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:16:02.08 ID:qJARJAQqO



陽炎「何と言うか・・・一心同体って感じね」


不知火「私も、平たく言えば」


黒潮「うちもや」


偽提督「・・・そうか。オリジナルは、上手くやってるみたいだな・・・」


偽提督「これからも、あいつのことを、支えてやってくれ・・・それに、これも」


陽炎「日本刀・・・?」


偽提督「対深海凄艦用の、特別製だ・・・これ、を、あい、つに・・・」


陽炎「て、提督さん!」


偽提督「はは、おれは、しあ、わ・・・」


「・・・」


不知火「・・・」


陽炎「・・・帰ろうか」


黒潮「うん」






↓1 どうなる?


241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:18:42.69 ID:FVJM1kJFo
ようやく応援が来た

242: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:23:21.65 ID:qJARJAQqO



雪風「ね~えさ~ん!」


舞風「お~い!」



陽炎「あ、やっと来た・・・」


不知火「姉さん、あの人のことは・・・」


陽炎「内緒よ、勿論ね」


秋雲「空母凄姫に会ったって聞いたけど、元気じゃん」


黒潮「姉さんがボッコボコにしたんやで」


雪風「はえ~」


陽炎「・・・とりあえず、疲れたわ。誰か曳航してくれない?」







↓1 鎮守府についてから、どうする?

243: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:23:35.02 ID:STHfPQ3kO
冷静に戦果報告を行う3人

244: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:29:27.74 ID:qJARJAQqO



【執務室】


陽炎「・・・以上、報告終わりよ」


提督「機械が襲ってきたうえに、空母凄姫と遭遇・・・クローン生産工場か」


提督「で、戦利品はこの刀と機械のパーツか」


黒潮「提督、天津風は?」


提督「今は大人しく寝てるよ。心配はいらない」


不知火「そう、ですか・・・」





↓1 どうする? どうなる?

245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 00:30:55.97 ID:eBjcEOJt0
機械は工廠で調べてもらおう

247: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:35:07.16 ID:qJARJAQqO



提督「ともかくパーツの調査も一日足らずで終わるものじゃない」


提督「お前たちはよくやったよ。だから、今日はもう休んでろ」


黒潮「その間、うちらにできることは?」


提督「何かあったら、また呼ぶよ」


陽炎「・・・りょーかい」






↓1 どうしよう?

246: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:31:45.15 ID:onY/mgRC0
天津風の様子を見に行く

250: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:41:30.90 ID:qJARJAQqO



陽炎「ねぇ、天津風の様子、見てきていい?」


提督「ああ、頼む。俺もついといてやりたいが、執務が忙しくてな・・・」


陽炎「分かったわ。二人とも、行きましょ」






【医務室】


不知火「医務妖精さん、天津風は・・・」


医務妖精「視に来てくれたのね。そこで寝てるわよ」


天津風「すぅ・・・すぅ・・・」


陽炎「天津風・・・」






↓1 どうなる?

251: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:43:35.50 ID:GIOd0Keh0
静かに寄り添う

252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:48:04.85 ID:qJARJAQqO


陽炎「・・・」ギュッ


天津風「ん・・・んん・・・」


不知火「姉さん・・・」


陽炎「この子は、皆にいじめられて、ようやく幸せになれたのにどうして、こんな・・・」


陽炎「どうして・・・」


天津風「すぅ・・・」




↓1 どうなる? そろそろ陽炎編も終わりです

253: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:52:16.74 ID:FVJM1kJFo
天津風が島風をうなされながら呼ぶ

254: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:54:58.88 ID:qJARJAQqO


今日はここまでですー


明日には陽炎編終われるかな?



天津風「う、うぅ・・・」


黒潮「天津風ちゃん・・・」


天津風「しまか、ぜ・・・ぅう・・・」


陽炎「天津風、私たちもいるからね。安心して」


天津風「うぅ・・・」







↓1 どうなる?

255: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 00:56:41.95 ID:GIOd0Keh0
ネームシップの名にかけて、絶対に救ってみせる

258: ◆VIEDir2TA. 2014/12/11(木) 22:59:51.10 ID:8iRo3Z+UO


こんばんはー、更新始めますねー




天津風「はぁ、はぁ・・・」


黒潮「天津風ちゃん、辛そうやな・・・」


陽炎「・・・私は、この子の姉なんだから」


陽炎「陽炎型ネームシップの誇りにかけて、必ず助け出すわ」


不知火「・・・勿論、私たちのことも忘れないでくださいね」


黒潮「絶対、天津風を救い出そ!」


陽炎「うん!」







陽炎編 完



↓2 次の主役安価

260: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:04:18.17 ID:STHfPQ3kO
キソー

263: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:09:20.17 ID:8iRo3Z+UO


木曾了解です 結構好きな艦娘なんだよなあ・・・




【早朝 木曾の部屋】


木曾「んん、ん~っ・・・」


木曾「ふぅ、もうすっかり冬だな。炬燵が恋しいな・・・」


木曾「ま、そんな甘ったれたことも言えねぇからな」


木曾「今日も張り切っていくか!」






↓1 まずどうする?

264: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 23:11:25.95 ID:3yqYuzm30
体幹トレーニング

266: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:15:00.27 ID:8iRo3Z+UO


木曾「さて、今日もトレーニングしねえと・・・」


木曾「・・・『四つん這いで右手と左足を上げる』か・・・簡単そうだけどな」


木曾「ん、くっ、っ・・・」


木曾「っぁ、はぁ・・・!まだまだ・・・!」


木曾「っはぁ、はぁ・・・!も、もう一回・・・」





↓1 どうする? どうなる?

267: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 23:16:27.99 ID:GIOd0Keh0
体操後、朝食まで暇だから厨房の手伝いに行く

268: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:20:38.25 ID:8iRo3Z+UO



木曾「っはぁ・・・よし、終わったぞ」


木曾「こんなんじゃ、まだまだ提督を安心させてやれねぇけどな・・・」


木曾「・・・悩んでも仕方ねぇ。厨房の手伝いにいくか」




【厨房】


木曾「おはよう、鳳翔。間宮さんに、大鯨」


鳳翔「おはようございます」


木曾「何か手伝うことはないか?」


間宮「それなら・・・」






↓1 木曾の手伝うこと

269: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 23:21:48.11 ID:PlRruS8D0
提督を起こして来て欲しい

271: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:25:18.22 ID:8iRo3Z+UO


鳳翔「朝食は出来てるので、提督を起こしてきてくれますか?」


木曾「わかった。お安いご用だ」


大鯨「お願いしますね」




【執務室】


コンコン


木曾「提督、入るぞ」






↓1 部屋の中の提督の状態

寝てたか、もしくは何をしてたかでお願いします

272: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:25:50.15 ID:STHfPQ3kO
寝てる

275: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:29:16.83 ID:8iRo3Z+UO



シーン

木曾「ちっ、おい、入るぞ」


ガチャ


木曾「ていと・・・」


提督「Zzz・・・」


木曾「はぁ・・・気持ち良さそうに寝て」


木曾「おい、起きろよ。おい」ユサユサ






↓1 どうなる?

276: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 23:30:05.01 ID:PlRruS8D0
羽毛布団をめくると中に時雨が(KENZENですよ)

277: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:35:24.86 ID:8iRo3Z+UO


モゾモゾ


木曾「・・・?」


木曾「まさか・・・」


バッ


時雨「ぁ、ていと、く・・・すぅ・・・」スリスリ


木曾「なっ・・・!?」


木曾「・・・いや、二人とも服は乱れてない・・・落ち着け・・・」


木曾「・・・にしても、よくもまあこんなこと出来るもんだ・・・」






↓1 どうする? どうなる?

278: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 23:36:17.59 ID:3yqYuzm30
夕立も出てくる

279: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:39:22.40 ID:8iRo3Z+UO



モゾモゾ


「にゃあ・・・」


木曾「!? た、多摩姉さん!?」バッ


夕立「ていとく、夕立猫じゃないよ・・・にゃあ・・・」


木曾「・・・夕立?しかも、何で猫耳と尻尾が・・・」


木曾「寒いから三人で寝てたのか・・・?」






↓1 どうなる?

280: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 23:40:25.94 ID:GIOd0Keh0
憲兵は知り合いの方を呼んどくから安心しろ、と脅かしてみる

281: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:42:58.69 ID:8iRo3Z+UO



木曾「・・・ちっ」


木曾「人の気も知らないで・・・」


木曾「おい、提督」


提督「Zzz・・・」


木曾「憲兵は知り合いのを読んでやるよ」ボソッ


提督「」ビクッ





↓1 どうなる?

282: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/11(木) 23:44:16.64 ID:3yqYuzm30
提督「湯たんぽ代わりだ」

283: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:49:22.71 ID:8iRo3Z+UO



提督「ぅ、うぅ・・・違う、違うんだ、女憲兵・・・」


提督「これは、湯たんぽ代わりで・・・朝のアレを、どうこうじゃ・・・」


提督「子供は、まだ早いだろ・・・Zzz」


木曾「・・・はぁ」


木曾「おい、いい加減に起きろ」ユサユサ


提督「ん、ぁ・・・?」


提督「木曾、か・・・」ボケー


木曾「他に誰がいるんだ?」





↓1 どうなる?




284: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:50:10.77 ID:STHfPQ3kO
本物の女憲兵に事情聴取される

286: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:54:37.87 ID:8iRo3Z+UO



ガチャ


女憲兵「おはよー、提督。久しぶ・・・」


木曾「あ」


時雨「すぅ・・・」


夕立「んん・・・」


提督「・・・女憲兵!?」


女憲兵「あ、アンタ・・・こんな小さい娘に!?」


女憲兵「いや、むしろグッジョブ!恋に年齢も人数も関係ないわ!」


提督「お前は何を言って」


女憲兵「で、子供は!?妊娠何ヵ月!?式はいつあげるの!?」


提督「話を聞いてくれ・・・」






↓1 どうなる?

287: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 23:57:28.23 ID:R80jjS2Ho
弁解するのも面倒なので逃走する

288: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:02:01.53 ID:sqW9u3PUO



女憲兵「う、うぅ・・・アンタにこんな可愛い娘が・・・」


女憲兵「提督、女の子は飽きやすいから!絶対に逃がしちゃ・・・あれ?」


木曾「提督なら逃げてったぞ」


女憲兵「何っ!?私にだけ式の日程を伝えない気!?」


女憲兵「くっ、そうはさせないわよ!」


ドドドドドド




木曾「・・・はぁ」






↓1 どうしよう?

289: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/12(金) 00:02:37.73 ID:ZWq+3VS90
朝飯食べに行く

291: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:05:28.52 ID:sqW9u3PUO



木曾「・・・」チラ




時雨「あっ、ていとくの、においが・・・」ゾクゾクッ


夕立「んん、ていとくぅ・・・」モゾモゾ



木曾「・・・よし」


バタン



木曾「さ、飯だ飯だ」






↓1 誰と朝食時、相席する?


292: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:07:26.67 ID:1tAP9oxFO

294: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:10:03.57 ID:sqW9u3PUO


木曾「はぁ・・・」


漣「お疲れみたいですね。どうしたんですか?」


木曾「・・・いや、何でもないよ」


漣「もしかして、ご主人様のことですかぁ?」


木曾「・・・まあ、そうだな」


漣「へぇ~」ニヤニヤ






↓1 昼食中イベント

295: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/12(金) 00:12:48.06 ID:z+welDtr0
提督って昔はどうだったんだ?

297: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:15:58.94 ID:sqW9u3PUO


昼食じゃなくて頂上ですね・・・



木曾「なぁ」


漣「はい?」


木曾「提督って、昔はどうだったんだ・・・?」


漣「昔、ですか・・・うーん」


漣「今の提督は何と言うか、言いにくいんですけど・・・昔の提督は、家族一同みたいな感じでしたね」


木曾「家族、か・・・」


漣「ええ。まるで、お父さんみたいな・・・」





↓1 どうなる?

298: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:18:45.90 ID:1tAP9oxFO
最近はすっかり女たらしに...

299: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:22:42.16 ID:sqW9u3PUO


頂上じゃなくて朝食・・・



漣「それが、最近はきょぬーずきの女たらしに・・・」


木曾「おいおい、それは違うだろ」


木曾「あいつはそんな軽い気持ちで俺たちのことを考えてないし・・・」


木曾「そもそも●●はお前の嫉妬だろうが」


漣「・・・むむむ!」


木曾「何がむむむだ」






↓1 どうなる?

300: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:24:18.43 ID:3jFE3KOf0
提督やって来る

301: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:26:30.25 ID:sqW9u3PUO



提督「はぁ、はぁ・・・」


木曾「ん、女憲兵さんは?」


提督「振り切れた・・・どうした?漣」


漣「ふーん!」


木曾「お前も子供だな・・・」


提督「???」







↓1 どうなる?

302: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:29:41.79 ID:ZWq+3VS90
漣「そろそろ(フラグの立てすぎで)誰かに刺されそうですね~」

303: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:33:19.79 ID:sqW9u3PUO



漣「まったく、ご主人様は・・・」プンプン



漣「そろそろ刺されても知りませんからね!」


提督「刺される?誰にだ?」


漣「・・・ふんっ」


木曾(提督、漣は寂しがってるんだよ)


提督(なるほど。そういうことか)






↓1 どうする?どうなる?

304: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:35:28.99 ID:Bom7euYxo
それとなくアドバイスしつつ、別の場所へ

305: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:39:16.83 ID:sqW9u3PUO


木曾(ともかく、大丈夫なのか?)


提督(任せろ。昔から漣はへそ曲がりが多かったからな)


木曾(なら、ここは任せるぞ)


木曾「じゃあな。漣」


漣「・・・さようなら」






木曾「はぁ・・・俺も、もう少し素直になれるといいんだがな」





↓1 これからどうしよう?

306: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:40:35.51 ID:1tAP9oxFO
艤装のメンテ

307: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:43:41.83 ID:sqW9u3PUO



木曾「ふ、わぁぁぁ~・・・」


妖精「木曾さーん」フワフワ


木曾「何だ?どうかしたのか?」


妖精「いえ、暇なら擬装の整備でもと思って」


木曾「そうだな。頼むよ」


妖精「かしこまりました~」






↓1 どうなる?




308: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:49:35.99 ID:ZWq+3VS90
終わるまで摩耶と雑談

309: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:52:47.19 ID:sqW9u3PUO



今日はここまでですー


またあした~





摩耶「よっ、木曾も擬装の検査か?」


木曾「その様子だと摩耶もか?」


摩耶「あぁ、そうだよ。いつ何があるか分かんないからな」






↓1 雑談の内容

310: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 00:59:25.66 ID:1tAP9oxFO
最近、女同士の恋愛も意外とありな気がしてきた(陽炎を見ながら)

314: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:12:51.22 ID:k+m7az+zO



こんばんはー、更新始めますねー



レーベ「陽炎さん、アイスクリーム貰ってきたよ」


陽炎「ありがと。炬燵に入って食べよっか」






摩耶「・・・最近さ」


木曾「ん?」


摩耶「女同士も、いいなぁって思うんだよ・・・」


木曾「・・・は?」


摩耶「だ、だって・・・」


木曾「いやいや、諦めるなよ。提督のこと好きなんだろ?」


摩耶「・・・うん」







↓1 どうする?どうなる?

315: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/12(金) 23:15:34.95 ID:SknOIsjB0
大井「女を好きになって何が悪い」

316: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:18:40.65 ID:k+m7az+zO



「来てみると、心地いいものよ?」


摩耶「ん?大井か」


木曾「・・・まぁ、姉御はそうだろうな」


大井「摩耶は誰か気になる娘はいないの?」


木曾「やっぱ鳥海か?」


摩耶「いやいやいや、それはねぇよ」






↓1 どうなる?



317: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/12(金) 23:21:01.25 ID:ZWq+3VS90
でもアタシ戦闘ばかりで恋愛は・・・

319: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:24:18.88 ID:k+m7az+zO



摩耶「・・・でも、やっぱりアタシは戦闘ばかりで、恋愛なんて・・・」


木曾「おいおい、頑張って料理も上手くなったじゃないか」


大井「そうよ。最初は致死性だったのに・・・」


木曾「ああ、今は店を開けるくらいだからな」


摩耶「・・・でもさぁ」






↓1 どうなる?

320: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/12(金) 23:28:15.86 ID:wuGTMQ4i0
別にお前らしくでいいんだよ

321: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:31:32.48 ID:k+m7az+zO



木曾「摩耶は摩耶だろ。提督もそれくらい分かってるさ」


木曾「お前はそのままでいればいい」


摩耶「・・・それもそうだな」


大井「吹っ切れたみたいね」


摩耶「おうっ!提督め、いっぱつぶん殴ってやろうかな・・・」


大井「あら、協力するわよ?」


木曾「やめろっての」








↓1 どうなる?

322: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:32:52.45 ID:uybqymvu0
装備点検が終わる

323: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:36:32.34 ID:k+m7az+zO



妖精「おまたせーしましたー」


木曾「ん、意外と早かったな」


摩耶「妖精さん、ありがとな」


妖精「いえいえ、お安いご用ですー」





木曾「さて、どうしようか」




↓1 どうしよう? 大井と摩耶は同行しても大丈夫です

324: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/12(金) 23:37:34.27 ID:wuGTMQ4i0
一緒に演習場に行かないか?

325: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:42:44.48 ID:k+m7az+zO



摩耶「いっぱつブッ飛ばしたい気分だな・・・一緒に演習場いかないか?」


木曾「いいぜ。大井の姉御もいくか?」


大井「ええ、一緒にいくわ」




【演習場】


摩耶「おーおー、やってるなぁ」


木曾「ここはいつも賑やかだからな」





↓1 演習場イベント

326: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/12(金) 23:45:47.74 ID:z+welDtr0
摩耶と秋月の対空勝負

328: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:51:03.67 ID:k+m7az+zO



摩耶「お、いいところに・・・」


摩耶「おい!秋月!」


秋月「わっ、ま、摩耶さん?」


摩耶「今暇か?アタシと対空勝負しようぜ!」


秋月「そ、それはいいですけど・・・」


木曾「二人とも、頑張れよ」


大井「怪我しないようにね」






↓1 摩耶のコンマ


↓2 秋月のコンマ 20


高い方が勝利です


329: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/12(金) 23:51:52.85 ID:wuGTMQ4i0
33-4

330: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/12(金) 23:52:19.89 ID:z+welDtr0
てい

333: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:55:08.11 ID:k+m7az+zO


秋月すげぇ・・・というかハイレベルだな



摩耶「・・・すげぇな。秋月」


秋月「いやいや、摩耶さんも流石ですよ」


摩耶「あーあ・・・アタシも対空には自信あったんだけどな」


摩耶「またやろうぜ、秋月」


秋月「はい!」





↓1 どうする?どうなる?

334: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 23:57:21.72 ID:uybqymvu0
木曾vs大井で演習

337: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:00:55.79 ID:NQJ4DzMBO



木曾「姉御、久しぶりにやらないか?」


大井「ええ、いいわよ」


摩耶「お、雷巡対決だぜ」


秋月「二人とも強そうですね・・・」





大井「木曾、貴女には悪いけど・・・雷巡は私と北上さんだけで十分よ!」


木曾「それ、俺に言われてもな・・・」





↓1 木曾のコンマ


↓2 大井のコンマ


338: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:02:38.45 ID:dnkVxq890
<<投下>>

339: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:02:49.52 ID:Kh42q2Po0
00

342: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:05:52.00 ID:NQJ4DzMBO


これもこれで・・・



木曾「くそっ、負けた・・・」


大井「ふふ、少し腕が鈍ったんじゃない?」


摩耶「お疲れさま、二人とも」


秋月「お疲れ様です」


木曾「ありがとな。少し休むか」




↓1 どうなる?

343: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:06:41.61 ID:Kh42q2Po0
食堂へ
昼飯は時雨が作っているようだ

344: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:10:41.23 ID:NQJ4DzMBO



秋月「ふぅ・・・」


木曾「どうした?」


秋月「いえ、少しお腹がすいて・・・」


大井「もう昼前だからね。そろそろ食堂に行きましょうか」


摩耶「ああ、行こうぜ」



【食堂】


時雨「~♪」



摩耶「今日は時雨か。食堂で食べてよかったな」


秋月「時雨さん、すごく料理が美味しいですからね」


木曾「さ、早く食おうぜ」






↓1 食事中イベント

345: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:12:01.90 ID:6M0rK3Vp0
大井「負けた二人は罰ゲームとして後で私達に間宮奢りね♪」

346: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:17:06.54 ID:NQJ4DzMBO



秋月「美味しい・・・」


木曾「ああ、美味いな」


大井「あ、そうそう」


大井「負けた2人は、あとで私たちに間宮さん奢ってね♪」


摩耶「はあ!?」


木曾「姉御、それは・・・」


大井「いいわね♪」


木曾「・・・わかったよ」


秋月「あ、私は、大丈夫ですから」


摩耶「いやいいよ。奢ってやる」








↓1 どうなる?

347: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:18:07.47 ID:j1y+VGgA0
摩耶様、秋月にメガ盛りパフェを奢る

349: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:22:04.81 ID:NQJ4DzMBO



大井「木曾、私はこれね♪」


木曾「はいよ」




秋月「あの、私はこれで・・・」


摩耶「こんなちっこいのでいいのか?」


秋月「でも、摩耶さんに悪いですし・・・」


摩耶「遠慮するなって!これにしようぜ!」





木曾「・・・バランスってのがあるだろ」


摩耶「だ、大丈夫か?ごめんな・・・」


秋月「へ、平気です・・・うぷっ」





↓1 どうなる?

348: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:18:13.24 ID:Kh42q2Po0
時雨と間宮さんのデザート対決

350: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:22:57.73 ID:Kh42q2Po0
>>348が起こりさらに食べることに

351: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:26:57.95 ID:NQJ4DzMBO



秋月「お、美味しかったです・・・」


摩耶「秋月、お前はなんていいやつなんだ・・・」


コトッ


時雨「今、間宮さんとスイーツ勝負してるんだ。よかったら食べてってよ」


大井「あら、おいしそう♪」


秋月「うう、ご飯を粗末にしたら・・・」


木曾「無理するなよ、秋月」





↓1 どうなる?




352: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:28:25.95 ID:+FJUHeiR0
全員腹痛に

354: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:30:52.10 ID:NQJ4DzMBO



木曾「う、うぅ・・・」


大井「やだ、少し食べ過ぎたかも・・・」


秋月「前にもこんなことがあったのに、学習してない・・・」


摩耶「とりあえず、トイレ行こうぜ・・・」






↓1 どうなる?

355: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:33:32.62 ID:rWhSeb4GO
清掃中

357: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:35:59.33 ID:NQJ4DzMBO



『せーそーちゅー』



木曾「っ、嘘だろ・・・」


大井「い、急いで別のトイレに行くわよ!」


秋月「うう、お腹いたい・・・」グギュルルルル


摩耶「しんどい・・・」






↓1 どうなる?

358: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:37:54.37 ID:j1y+VGgA0
間に合った

359: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:40:24.62 ID:NQJ4DzMBO






木曾「はぁ・・・危なかった」


秋月「もう、冷たいものの一気食いはしません・・・」


大井「流石に、こんなことあったら立ち直れないわね・・・」


摩耶「間に合ったからいいじゃねえか!それやり、どうしようか?」






↓1 これからどうしよう?

360: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:42:08.83 ID:+FJUHeiR0
気分が良くないので昼寝

361: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:46:45.73 ID:NQJ4DzMBO




木曾「俺は昼寝でもしてくるわ・・・あまり気分がよくねぇからな」


大井「あら、お大事に」


木曾「ありがと。じゃあな」


摩耶「またなー」




【木曾の部屋】


木曾「ふぅ・・・」


木曾「ん、んん~~っ・・・」





↓1 木曾が昼寝の間見た夢


または起きてからのどうするか

362: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:47:54.32 ID:rWhSeb4GO
艦娘がクーデターを起こして人類を粛清する悪夢をみる

364: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 00:51:59.32 ID:NQJ4DzMBO



提督『やめろ、お前ら・・・こんなことをしたって、どうにも・・・』


『分かってるよ。そんなこと』


『でも、だからといって君たち人間が私達を虐げてきたことは忘れないよ』


提督『しかし、深海凄艦と手を組むなど・・・』


『そう?楽しいよ。人間が逃げ回る姿は』




木曾「う、うぅっ・・・」





↓1 どうなる?

365: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 00:56:42.85 ID:+FJUHeiR0
北上が満面の笑みで提督の首をへし折る

367: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 01:02:48.63 ID:NQJ4DzMBO




北上『やっほー、提督』


提督『北上・・・』


北上『・・・もう、人間は提督だけになったよ』


提督『・・・他の、皆は?』


北上『色々いるよ。深海凄艦になったり、自殺したり、深海凄艦の苗床になったり・・・』


提督『っ、やめろっ!』


北上『あははは、悲しいよね。提督。でもね、涙が出ないんだよ』


北上『提督がいなくなれば、こんな思いもなくなるよね?』


提督『きたがっ』


北上『あははは、あはははっ!!』


北上『・・・楽しいよね、木曾?』




木曾「わぁぁぁぁぁぁっっ!!」


木曾「あぁ、ぁ、あ・・・」






↓1 どうなる?







368: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 01:03:53.60 ID:j1y+VGgA0
飛び起きる
そこには心配そうな顔をした北上が

369: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 01:08:19.84 ID:NQJ4DzMBO



北上「・・・どしたの?木曾」


木曾「ひっ・・・ね、姉さん・・・」


北上「木曾、本当にどうしたのさ。ひどい汗だよ。シャワーを浴びた方がいいんじゃ・・・」


木曾「大丈夫・・・大丈夫だから・・・」


北上「そう・・・?」






↓1 どうなる?

370: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 01:13:29.70 ID:+FJUHeiR0
悪夢の内容を話したら笑われた

371: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 01:17:55.05 ID:NQJ4DzMBO



今日はここまでですー

お疲れ様でしたー





北上「何か悪い夢でもみたの?」


木曾「・・・実は」







北上「ぷっぷぷぷっ・・・」


木曾「わ、笑わないでくれよ・・・」


北上「だって、バイオハザードじゃないんだから・・・」


北上「それに、私ごときの力で提督が死ぬわけないじゃん」


木曾「・・・」シュン






↓1 どうなる?

372: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 01:22:15.17 ID:j1y+VGgA0
木曾も案外しおらしくなる時あるんだね
そういうギャップもあたしすきだよー

375: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:00:28.22 ID:shc3AUQsO



北上「・・・木曾も、案外しおらしくなるんだね」


北上「そういうギャップも、あたし好きだよー」


木曾「や、やめてくれよ・・・」


木曾「こんなの、俺には似合わねえよ」


北上「そうかなぁ・・・可愛いのに」


木曾「う・・・」







↓1 どうなる?

376: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:01:40.10 ID:6M0rK3Vp0
なんか恥ずかしいので散歩しに行く

377: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:08:26.76 ID:shc3AUQsO



北上「木曾さぁ、もっと楽になったら?」


北上「その方が提督も甘えさせてくれると・・・」


木曾「お、俺はこれでいい!」


バタン!


北上「・・・ちょっとからかいすぎたかな?」







木曾「うー、姉さんめ・・・」


木曾「俺は、別に提督に甘えたいわけじゃ・・・うー」





↓1 どうなる?

378: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 23:08:54.15 ID:j1y+VGgA0
提督とばったり

380: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:13:17.45 ID:shc3AUQsO



ドンッ


木曾「っと、わ、悪い・・・」


提督「木曾か。怪我はないか?」


木曾「あ、ああ・・・少し、考え事をしてた」


提督「木曾がか?珍しいな」


提督「いつも即決してるお前が・・・」


木曾「・・・」






↓1 どうなる?

381: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 23:14:18.29 ID:gapn9jeT0
木曽逃走

383: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:17:54.23 ID:shc3AUQsO



木曾「・・・どうせ、女っぽくない俺には甘えるなんて」ボソッ


提督「甘える?誰がだ?」


木曾「! 何でもねえよ!」ダッ


提督「あ!おい!」







木曾「はぁ・・・らしくねぇな」


木曾「摩耶にそのままでいいって言ったのは俺なのによ・・・」




↓1 どうなる?




384: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 23:18:54.83 ID:j1y+VGgA0
まるゆ「木曾さんがお困りだと聞いて!」

386: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:22:12.59 ID:shc3AUQsO



ガサガサ


木曾「! だ、誰だ!?」


まるゆ「木曾さん!お困りみたいですね!」


木曾「なんだ、まるゆか・・・何だ?」


まるゆ「まるゆが相談にのりますよ!何でもおつしゃってください!」


木曾「・・・」


木曾「いや、いい」


まるゆ「えぇー!?」





↓1 どうなる?

387: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 23:25:36.10 ID:+FJUHeiR0
相談にのる前にまず潜れる様になろうな

389: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:29:01.09 ID:shc3AUQsO



まるゆ「まるゆじゃ、まるゆじゃ頼りになりませんか~・・・?」


木曾「そういうことじゃなくてな・・・」


木曾「それより、潜れるようにはなったのか?」


まるゆ「それがまだ・・・」


木曾「相談にのる前に、潜れるようにはなろうな・・・」


まるゆ「・・・はい」






↓1 どうなる?

390: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 23:29:40.32 ID:vDxqusPK0
熱を出して倒れる

392: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:32:39.68 ID:shc3AUQsO



まるゆ「でも、まだ怖いんです・・・」


木曾「大丈夫だって。おれも、潜水艦の連中も・・・」グラッ


バタッ


まるゆ「き、木曾さん!?どうしたんですか!?」


まるゆ「お、お医者さん・・・!」







木曾「っ、う・・・?」




↓1 目が覚めたときの状況




393: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:33:14.51 ID:9DHx6jGs0
大井が世話してた

396: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:36:29.03 ID:shc3AUQsO



大井「あら、気がついた?」


木曾「姉御か・・・悪い」


大井「良いわよ、このくらい。もっと体調には気をつけないと・・・」


木曾「・・・」


大井「ほら、タオル変えるから・・・」


木曾「ありがとう・・・」





↓1 どうなる?

397: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/13(土) 23:37:17.32 ID:+FJUHeiR0
酷い夢を見たそうね?大丈夫だった?

398: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:41:57.96 ID:shc3AUQsO



大井「北上さんから聞いたわ。酷い夢を満たそうね」


大井「大丈夫?そのせいで熱が出たんじゃない?」


木曾「・・・そうかもな。提督が死ぬなんて、夢でも御免だ」


木曾「まして、それをやったのが肉親だからな・・・」


大井「ま、ただの夢よ。気にしないことね」


木曾「ああ、当たり前だ」







↓1 どうなる?

399: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:44:29.78 ID:9DHx6jGs0
元気になったら演習してスッキリしましょう
相手は球磨型最強球磨

400: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:49:11.69 ID:shc3AUQsO


木曾「・・・」


大井「ほら、いつまでも悩んでないで、演習にでも行ったら?」


大井「球磨姉さんが相手してくれるそうよ」


木曾「・・・病人の俺に、よくもまぁ・・・」


大井「はいはい、分かったら早く治す」







↓2 までで何かイベントがあれば

401: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:50:36.52 ID:HtW4SUDKo
球磨、多摩が様子を見に来る

402: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:52:58.26 ID:shc3AUQsO


コンコン


木曾「誰だ?」


球磨「球磨クマ」


多摩「多摩にゃ」


大井「提督じゃなくて残念だったわね」


球磨「残念クマ」


多摩「にゃあ」


木曾「・・・何しに来たんだよ、ほんと」






↓1 どうなる?

403: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:54:15.83 ID:T8aILPCJO
多摩が布団に潜り込んでくる

405: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 23:59:31.32 ID:shc3AUQsO



球磨「木曾、元気だせクマ」


多摩「元気ないと困るにゃ・・・」モゾモゾ


木曾「っ!? な、何で布団に入ってくるんだ!?」


多摩「多摩が抱き締めて暖めてあげるにゃ」


木曾「い、いいって。風邪がうつったらどうするんだ」


多摩「提督はよく多摩のこと抱いて寝るけど、ほんとにいいの?」


木曾「っ!?う、嘘だろ!?」


球磨「嘘クマ」


多摩「騙されたにゃ」


木曾「・・・」






↓1 どうなる?

406: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:02:56.06 ID:1O/F5q65O
嘘つきに俺の布団は使わせんぞ

408: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:06:01.61 ID:bIkGbt9JO


木曾「あぁぁぁっもう!大人しく寝させてくれ!」バッ


多摩「あう」




球磨「木曾、起こったクマ」


大井「あれくらいしたんだから、当然よ」


多摩「お尻痛いにゃ・・・」


球磨「・・・どうしようクマ」






↓1 どうしよう?

409: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 00:10:08.21 ID:T/XAuBP/0
部屋を出る3人

410: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:13:04.29 ID:bIkGbt9JO



大井「木曾、騒いでごめんね。しばらく私達は外に出てるわ」


木曾「・・・分かった」


バタン


木曾「・・・」ギュッ


木曾「何、怯えてんだよ・・・あんなの、ただの夢だろ・・・ごほっ!ごほっ」


木曾「・・・寒い」






↓1 どうなる?

411: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:14:13.59 ID:/HgdY7bGO
提督を呼ぶ

413: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:20:20.46 ID:bIkGbt9JO



木曾「はぁ・・・くそっ」


ガチャ


『・・・もしもし』


木曾「ああ、提督か・・・?俺だ。木曾だ』


『珍しいな、お前から電話なんて。どうした?』


木曾「少し、風邪気味なんだ・・・その、悪いんだが・・・」


『分かった。少し待ってろ』


プツッ


木曾「ふぅ・・・」






↓1 どうなる?

414: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 00:22:24.56 ID:T/XAuBP/0
症状が悪化

416: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:24:35.19 ID:bIkGbt9JO

確認遅れて申し訳ない・・・




木曾「ごほっ!ごほっ・・・」


木曾「くそっ、何怖がってんだよ・・・」


木曾「提督・・・」


木曾「早く、来てくれよ・・・」





↓1 どうなる?

419: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 00:31:58.84 ID:Mw8RBeny0
悪夢の続きを見る

420: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:36:24.31 ID:bIkGbt9JO




北上『楽しいよね?木曾・・・』


木曾『っあ、ぁあ・・・』


北上『ふーん、木曾はまだ泣けるんだ。羨ましいね』


北上『だったら木曾も殺さないとね』


木曾『や、やめろ・・・姉さん、もうやめてくれ・・・』


北上『やめるって、何をさ』


北上『もう止まらないし、止まれないんだよ。何もかも手遅れだから』


木曾『嘘だ・・・嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ!』





↓1 どうなる?

421: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:38:35.78 ID:DOxg5iGn0
悪夢の登場人物が増える

423: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:43:39.52 ID:bIkGbt9JO



北上『木曾は、どんな風に殺そっかなー』


木曾『っ、うぅぅぅ・・・』


北上『泣かないでよ。うっとおしいなあ』


北上『大井っちも、最後はそんな風だったっけ』


木曾『・・・姉御は・・・どうしたんだ?』


北上『大井っち?さあね。深海凄艦に連れられて、どっかいったよ』


北上『今頃苗床じゃない?球磨と多摩はそこら辺に転がってるよ』


木曾『っ、あ・・・』






↓1 どうなる?

424: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:45:03.81 ID:1O/F5q65O
大和が黒幕だった

426: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:49:36.87 ID:bIkGbt9JO



大和『いつまで引き伸ばしてるのですか。北上』


木曾『や、大和まで・・・皆どうしたんだよ!?』


大和『あら、私は正常ですよ。皆に洗脳を施したのは私なんですから』


木曾『なっ、何で・・・あんた、提督のこと好きだったんだろ!?何でこんなこと・・・』


大和『さぁ・・・何ででしたっけ。さ、北上』


北上『あいあいさー』


木曾『っうぅ、う・・・』







↓1 どうなる?




427: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 00:53:52.38 ID:T/XAuBP/0
摩耶「木曾!お粥作ってきたぞ、起きろ!」ユサユサ

428: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 00:56:51.86 ID:bIkGbt9JO



「木曾・・・」


木曾「い、いやだ・・・」


「木曾!」


木曾「っ、あ、ぁ・・・」


提督「やっと起きた・・・お粥作ってきたぞ」


木曾「あ、ていと、く・・・」


提督「他の何に見えるんだよ・・・うわっ!?」


木曾「っ、うぅっ、ぅ・・・」ダキッ


提督「・・・よしよし」







↓1 どうなる?

429: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 01:07:31.69 ID:1O/F5q65O
木曾って意外と泣き虫なんだな

430: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 01:11:46.59 ID:bIkGbt9JO



木曾「うぅ、うぅ・・・」


提督「・・・」


提督「木曾、お前以外と泣き虫なんだな」


木曾「っ、な、泣き虫で悪いかよ・・・」


木曾「どうせ俺には、こんな女らしいことなんか似合わねえよ・・・ぐすっ」


木曾「お前も、そう思ってんだろ・・・」


提督「・・・」







↓1 どうなる?



431: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 01:14:43.13 ID:KHH25wot0
いや、お前は十分女の子らしいよ

432: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 01:18:32.26 ID:bIkGbt9JO


提督「いや、お前は十分女の子らしいよ」


木曾「っ、嘘、言ってんじゃねぇよ・・・」


提督「嘘じゃないっての。こんなに可愛いのに・・・」


木曾「っ、それも、嘘じゃないよな・・・」


提督「当たり前だ」








↓1 どうなる?

433: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 01:20:37.27 ID:DOxg5iGn0
ゆっくり休んで、早く良くなれよ

434: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 01:23:02.17 ID:bIkGbt9JO



提督「ほら、ただの風邪なんだろ?」


提督「ゆっくりして、早くよくなれよ」


木曾「ああ・・・」


木曾「・・・提督、その」


提督「分かってるって。しばらくはここにいるよ」


木曾「・・・そうか」







↓1 どうなる?


435: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 01:29:02.95 ID:T/XAuBP/0
zzz

436: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 01:35:35.31 ID:bIkGbt9JO


切るタイミング見つからねぇ・・・


私の我が儘ですけど、木曾編はまだ続けさせてもらいます。


とりあえず、今日はここまでですー






木曾「すぅ・・・すぅ・・・」


提督「・・・悪夢、か」


提督「俺がしっかり気を配っていれば・・・」


提督「いや、そもそも俺がこいつらに手を出してやらないからなのか・・・?」


提督「・・・ヘタレで、ごめんな。お前達を大切に思ってるのは、本当だよ」


木曾「う、ん・・・」


提督「・・・」








↓1 どうなる?

起きてからの状況でもOKデス

437: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 01:49:06.49 ID:Me+bDN6g0
球磨と演習

441: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:02:35.21 ID:T22GesJWO


こんばんわー、更新始めますねー




【演習場】


提督「本当に、もう大丈夫なのか?」


木曾「ああ、任せとけ」




多摩「球磨姉ちゃん、木曾、気合い入ってるにゃ」


球磨「クマ・・・しかし、そのくらいで負けるほど球磨は甘くないクマ」




提督「よし、いってこい」


木曾「その、提督。俺が勝ったらよ・・・」


木曾「甘え、させてくれ・・・」ボソッ


提督「? なんだって?」


木曾「何でもねぇ!行ってくるよ!」







↓1 木曾のコンマ



↓2 球磨のコンマ




高い方が勝利です

442: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 23:04:54.89 ID:/IQKnRvw0
ごー

443: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 23:04:58.82 ID:aQJ8WPZY0
ほい

445: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:09:47.84 ID:T22GesJWO

またすごいレベル高いな・・・!




球磨「み、見事クマ・・・」


木曾「はぁ、はぁ・・・っよし!」


多摩「にゃ・・・二人ともすごいにゃ」


提督「おめでとう、木曾。流石だな」


木曾「・・・ああ、ありがとな」







↓1 どうなる?

446: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 23:12:07.06 ID:zW6dpoIR0
抱きしめて頭を撫でてやる
(実はさっきの聞こえてた)

447: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:15:51.86 ID:T22GesJWO



提督「ほら、こっちこい」グイッ


木曾「っ、な、何を・・・!?」


提督「頑張ったご褒美。欲しいなら素直に言えよな」


木曾「き、聞こえてたのかよ!?」


提督「ああ、隠さなくてよかったのに。そういうギャップも可愛いんだから」


木曾「っ・・・う、うるせぇ・・・」






↓1 どうなる?

448: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 23:17:03.10 ID:T/XAuBP/0
まあ、偶にはこういうのも悪くないな

449: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:21:14.06 ID:T22GesJWO



木曾「っ、うぅ・・・」


提督「・・・もしかして、本当に嫌だったか?」


木曾「は、恥ずかしいんだよ・・・」


提督「気にするなって。な?」


木曾「・・・そうだな。すごいいい気分だ」


木曾「たまには、いいかもな・・・」







↓1 どうする?どうなる?

450: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 23:25:15.06 ID:7SFW9T8Z0
青葉に見られるが撃退

451: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:28:51.68 ID:T22GesJWO



青葉「はっ!あの凛とした木曾さんがあんな姿を!?」


青葉「こ、これは撮らなくては・・・」ジリジリ


提督「・・・青葉」


提督「今写真撮ったら、デートの話は無しな」


青葉「ハーイ」








↓1 どうする?どうなる?

452: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:31:11.92 ID:DOxg5iGn0
晩飯の時間

454: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:35:52.02 ID:T22GesJWO


木曾「ふぅー・・・」


提督「満足したか?」


木曾「全然だ。こっちは着任した時からずっと甘えたかったんだぞ?」


木曾「とりあえず、腹が減ったから離れただけだ」


木曾「・・・終わったら、また頼むぞ」


提督「ふぅ・・・分かったよ。飯にしよう」



選択肢安価


1 食堂


2 鎮守府の外の店


3 鳳翔の店




↓1 うえのみっつからどれか夕食先を

455: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 23:36:32.06 ID:T/XAuBP/0

457: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:40:04.47 ID:T22GesJWO



木曾「ふぅ、寒いな・・・」


提督「ああ、そろそろクリスマスだからな」


木曾「・・・そうか、もうそんな季節か」


ガラララッ


鳳翔「あら、いらっしゃいませ」


木曾「鳳翔さん、他に人は?」


鳳翔「それなら・・・」





↓1 鳳翔さんの店に先客はいたか?


いるなら誰かもお願いします

458: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:41:36.10 ID:ZeZpt2gKo
足柄

459: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:45:29.39 ID:T22GesJWO



足柄「あら、提督。それに、木曾も」


足柄「ちょうどいいわ。晩酌、付き合ってよ」


提督「悪いな。今は木曾の連れ添いなんだ」


足柄「あら、残念」


木曾「・・・俺も酒が飲めればな」


提督「もう少し大きくなったらな。さ、何にすっかね」





↓1 食事中イベント

460: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:48:02.81 ID:DOxg5iGn0
バースデーサプライズ
(12/14は木曾の進水日)

464: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:52:26.94 ID:T22GesJWO



提督「・・・鳳翔、準備は?」


鳳翔「もちろん、出来てますよ」


木曾「? どうしたんだ?」


提督「木曾は、今日が進水日だろ?誕生日みたいなものだから、お祝いだ」


木曾「なっ・・・」



鳳翔「ケーキもありますよ」


提督「あと、これは・・・俺からのプレゼントだ」






↓1 提督のプレゼント

465: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 23:53:28.15 ID:1KHMNiUf0
旅行のペアチケット

466: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/14(日) 23:57:16.22 ID:T22GesJWO



木曾「こ、これ・・・」


提督「前に軍のパーティーでもらったんだが、俺には行く相手がいないからな」


提督「誰か誘って行ってこい」


木曾「・・・っ、す、すまん」


木曾「今まで、祝ってもらったことなんてなかったけど、嬉しいよ・・・」


木曾「本当に、ありがとう・・・」






↓1 どうなる?

467: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/14(日) 23:59:56.42 ID:7SFW9T8Z0
来週行くことになる

469: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:03:27.39 ID:2r+ekbmlO



木曾「提督、次の俺の非番はいつだ?」


提督「ん?確か来週だったと思うが・・・」


木曾「それなら、来週行くことにしよう」


足柄「あら、ずいぶん楽しみにしてるみたいね」


提督「んで、誰と行くんだ?」


木曾「それは・・・」






↓1 木曾と旅行に行く相手

470: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/15(月) 00:04:15.93 ID:pBMr/mTL0
まるゆさん

472: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:07:12.66 ID:2r+ekbmlO



木曾「まるゆと行くよ。あいつも、そろそろ休暇がいるだろうしな」


提督「分かった。書類は作っとくから、まるゆにはお前から言っといてくれ」


木曾「ああ、了解した」


鳳翔「ではそろそろ、ご飯にしますか」


木曾「俺の好物ばかりだ・・・いただきます」






↓1 どうなる?

468: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:00:28.04 ID:OH5BHvG9o
他の球磨型も駆けつける

474: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:12:39.11 ID:2r+ekbmlO




球磨「木曾、誕生日おめでとうクマー!」


北上「よっ!」


パンッ! パンッ! パンパンッ!


木曾「ね、姉さん達・・・」


大井「私達には祝ってもらえないと思ってた?」


北上「私達だって祝うくらいするよー」


多摩「木曾、おめでとうにゃ」


木曾「ああ、ありがとう・・・」






↓1 どうなる?

475: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:14:32.37 ID:0gIvGni8O
誕生日プレゼントとして53cm艦首(酸素)魚雷を送る

476: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:19:38.97 ID:2r+ekbmlO



球磨「球磨達のプレゼントはこれクマ!」


木曾「っ、い、いいのか!?こんなもの・・・」


北上「いいよいいよ。前に妖精さんが拾ってさ。木曾のプレゼントにいいかなって」


木曾「姉さん達・・・」ボロッ


多摩「木曾、そんなにうれしいかにゃ」


足柄「ふふっ、貴女が人前で泣くなんて、珍しいわね」







↓1 どうなる?

477: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:21:26.77 ID:OH5BHvG9o
パーティも終わり自室へ

478: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:25:29.62 ID:2r+ekbmlO



木曾「・・・みんな、ありがとう」


球磨「どういたしましてクマ」


北上「片付けは私達がやっとくから、先に鎮守府に戻ってたら?」


提督「だとさ。帰るか、木曾」


木曾「ああ」




【木曾の部屋】


木曾「よっこいしょ・・・」ボスッ


提督「皆、祝ってくれてたな・・・」


木曾「そうだな・・・」





↓1 どうなる?

479: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:27:03.50 ID:HBSivFO70
今日は良い夢見ながら寝れそうだ

481: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:51:53.72 ID:2r+ekbmlO



今日はここまでですー

お疲れ様でしたー





木曾「今日は本当にいい夢が見れそうだ」


提督「もう大丈夫なのな?」


木曾「うん・・・提督も、ありがとう」


提督「どういたしまして」






↓1 どうなる?

482: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 00:54:29.39 ID:OH5BHvG9o
提督との結婚式の夢を見る

485: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 23:15:46.64 ID:LmtYQIOnO

こんばんわー、更新始めますねー




木曾「すぅ・・・すぅ・・・」


提督「・・・もう、悪夢の心配はなさそうだな」


提督「それにしても、どんな夢を見てるんだか・・・」






木曾『・・・こうして、貴様と結ばれるとはな』


提督『戦いが終わったからだよ。お前達が頑張ったからだ』


木曾『俺は何もしてないさ。ただ、もう貴様の指示のもとで戦えないのは少し寂しいな・・・』


提督『なら、これからはずっと一緒にいてやる。それなら寂しくないだろ』


木曾『そうだな・・・』


木曾『・・・よろしく頼むよ。旦那様』


木曾「むふっ・・・」








木曾編 完



↓2 次の主役安価 なお、クリスマス編はこの安価の次で行います

487: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 23:16:51.41 ID:zTRvPfV5O
古鷹

489: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 23:23:32.35 ID:LmtYQIOnO


(´・ω・`)嫁来た!これで勝つる!


色々と贔屓してしまうかもしれませんが、ご了承を・・・




【早朝 古鷹の部屋】


古鷹「ん、んん~っ・・・」


古鷹「今日も寒いなぁ・・・」


古鷹「今年も終わりに近くなって皆頑張ってるし、私も頑張らないと!」








↓1 どうする?


490: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/15(月) 23:24:29.68 ID:AaxbPU9B0
鳳翔さんと漣とご飯を食べに行く

491: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 23:29:20.30 ID:LmtYQIOnO



古鷹「まずは、朝御飯・・・」


ガチャ


漣「おっとっと・・・」


古鷹「あ!ごめん、漣。大丈夫?」


漣「大丈夫です。それで、朝御飯を誘いに来たんですけど・・・」


古鷹「うん、いいよ。一緒に食べよ?」







【食堂】


鳳翔「・・・この三人で食べるのも、久しぶりですね」


古鷹「提督が来て二年くらいたちますから」


漣「あの頃は色々ありましたね・・・」


古鷹「とりあえず、冷めないうちにいただきますね」








↓1 食事中イベント

492: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/15(月) 23:31:31.20 ID:pBMr/mTL0
目玉焼きにはソースか、しょうゆか

494: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 23:34:42.91 ID:LmtYQIOnO



漣「古鷹さん、ソースとってください」


古鷹「また目玉焼きにかけるの・・・?」


漣「目玉焼きにはソース、これは常識ですから!」ドバドバー


鳳翔「そんなにかけると、体に悪いですよ」


漣「若いから平気です!」フフン






↓1 どうなる?

495: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/15(月) 23:35:25.00 ID:d3QYyFKK0
食堂がガラガラだった時代も懐かしいと話題に

497: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 23:40:07.53 ID:LmtYQIOnO



アハハハ!!


鳳翔「・・・ここも、随分賑やかになりましたね」


古鷹「前は三人で固まって食べてましたから、寂しくて仕方なかったですね」


鳳翔「でもあれだけ暇だったからこそ、料理に熱中できたのかも・・・ふふっ」


漣「鳳翔さん最初から普通に美味かったじゃないですか!」







↓1 どうなる?

498: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/15(月) 23:40:48.88 ID:AaxbPU9B0
人が増えたからこそ
今度三人と提督で旅行に行きたいなぁ
という話題に


次回 【安価】提督「提督になれてよかった」その4【艦これ】 後編