【安価】提督「提督になれてよかった」その4【艦これ】 前編

500: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 23:47:40.73 ID:LmtYQIOnO


漣「でも、その分私はご主人様とふれ合う時間が激減して寂しいですよ・・・」


古鷹「そ、そうかな・・・」


漣「そうかなって・・・古鷹さんはいいんですか!?青葉さんとか、提督にデレデレですよ!?」


古鷹「うーん、そう言われても・・・」


鳳翔「とりあえず、また旅行には行きたいですね」


漣「前に日帰りで行きましたねー・・・ご主人様と食べたアイス、おいしかったなぁ・・・」









↓1 どうなる?

引用元: 【安価】提督「提督になれてよかった」その4【艦これ】 



501: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 23:48:47.10 ID:9qVsQFzuo
クリスマス衣装と改二

502: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/15(月) 23:54:14.13 ID:LmtYQIOnO


漣「ところで古鷹さん、改ニおめでとうございます」


古鷹「あ、ありがとう。でも、私なんかでいいのかな・・・」


鳳翔「いいじゃないですか。この鎮守府の重巡のエースは貴女ですよ」


古鷹「そうですかね・・・?」


漣「それで、丁度クリスマスなのでサンタの衣装でもどうかと・・・」


古鷹「な、何でそこでサンタなの!?」


漣「いいじゃないですかいいじゃないですか」








↓1 どうなる?

503: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/15(月) 23:54:45.44 ID:AaxbPU9B0
提督「可愛いなそんな可愛い子にはご褒美に旅行に連れて行ってやろう(聞いてた模様)」

506: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:01:26.86 ID:CZIBY9s2O



古鷹「な、何かこれらすごくスカートが・・・」ギュッ


古鷹「それに、胸も・・・」


漣「いいじゃないですか!すごく似合ってます!」


古鷹「そ、そんなわけ・・・似合いませんよね?鳳翔さん」


鳳翔「いえいえ、とっても似合ってますよ?」


古鷹「鳳翔さんまで・・・」


提督「お、可愛いな。古鷹」


古鷹「えっ!?て、提督!いたんですか!?」


提督「旅行行きたいって話を聞いたからな。ついでに来てみたんだ」


漣「なんという棚ぼた」


鳳翔「それで、旅行とはどんな感じのものですか?」







↓1 三人でいく旅行の内容

どこにいくかとか何泊かとかで


507: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:03:42.09 ID:JmhJp8+zo
北部九州 温泉旅行

512: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:09:51.14 ID:CZIBY9s2O


提督「九州の温泉街に行こうと思うんだ。それなら、行き帰りも時間とらないからな」


漣「やったー!ご主人様と旅行だー!」


鳳翔「・・・本当にいいんですか?」


提督「・・・お前達三人には、今まで世話になりっぱなしだからな。たまには労わせてくれ」


鳳翔「そういうことなら、ありがとうございます」


漣「やった♪やった♪」


古鷹「あ、あまり暴れるとあぶないよ」








↓1 どうする?
どうなる?

513: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 00:10:14.04 ID:h1kz7gB/0
古鷹、今日は新人の臨時講師をやってくれないか?俺行けなくなっちゃってさ。

514: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:15:54.63 ID:CZIBY9s2O

北部九州が名前の由来なのはくまりんことか・・・




提督「あ、そうだ。古鷹」


古鷹「はい、なんですか?」


提督「悪いけど、新人のとこにいって講師してくれないか?俺が行ければ良かったんだが・・・」


古鷹「それくらいなら、お安いご用です」


提督「すまない。着いたら新人の指示に従ってくれ」


古鷹「わかりました」








↓1 出発する前に、何かあれば



515: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:18:20.19 ID:JmhJp8+zo
教える内容の確認

516: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:20:23.38 ID:CZIBY9s2O



古鷹「あの、具体的に何か教えることとかありますか?」


提督「ん?そうだな・・・ちょっと待ってくれよ」


提督「新米からの連絡だと・・・」




選択肢安価


1 古鷹に任せる


2 自由安価



↓1




517: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 00:22:45.37 ID:IlBJ76m/0
1

519: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:26:23.62 ID:CZIBY9s2O



提督「教えることは何でもいいみたいだ。お前に任せるよ」


古鷹「わかりました。頑張ってきますね」


提督「ああ、よろしくな」





【新米の鎮守府】


新米「あ、古鷹さん。貴女が来てくれたんですか」


古鷹「はい。力になれるように、頑張ります」


新米「こちらこそ、よろしくお願いします」






↓1 まず何から教えようか?

520: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 00:27:43.09 ID:h1kz7gB/0
潜水艦混じり艦隊への対処法

521: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:32:36.89 ID:CZIBY9s2O


古鷹「では、まずは何から・・・」


新米「とりあえず、潜水艦混じりの艦隊について対処法を教えて欲しいんですけど・・・」


古鷹「潜水艦ですか・・・」


新米「うう、重巡の貴女に聞くべきでないことはわかってます・・・」


古鷹「だ、大丈夫です!何とかなりますから!」


古鷹(とはいえ、どうしよう・・・)






↓1 どうしよう?

522: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:34:57.70 ID:5JLkimtw0
過去の事例を思い出す

524: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:38:09.71 ID:CZIBY9s2O


古鷹(この鎮守府の構成は、丁度翔鶴さん達が来たときと似てるから・・・)


古鷹(あのときのことを、思い出せば・・・)


古鷹(・・・!)


古鷹「よし、わかりました!」


新米「! お、お願いしますっ!」






↓1 古鷹の教える潜水艦混じり艦隊の対処法



525: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:41:31.61 ID:S3lsFSH7O
対潜装備持てる娘にとりあえずソナー1つ持たせて複縦陣
これで火力と対潜の両立可能

526: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:47:17.48 ID:CZIBY9s2O



古鷹「とりあえず、対潜装備持てる娘にソナー1つ持たせて複縦陣ですっ!」


古鷹「これで火力と対潜の両立が可能ですっ!」


新米「なるほど、複縦陣・・・」メモメモ






浦風「・・・」ジーッ


磯風「何を見てるんだ?」


浦風「あん提督が来たなら文句でも言っちゃろうと思ったんじゃが・・・」







↓1 どうする?どうなる?

527: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:48:15.14 ID:JmhJp8+zo
浦風と磯風が演習を挑む

529: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:56:27.93 ID:CZIBY9s2O



古鷹「あ、こんにちは」


浦風「こんにちは。提督のとこの艦娘か」


磯風「私は磯風、こっちは浦風だ」


新米「そうだ!古鷹さん、二人の相手をしてもらっていいですか?」


古鷹「ええ、いいですよ」


浦風「提督、何のつもりじゃ?」


新米「相手は提督さんの懐刀だからいい相手になると思って」


磯風「・・・まあ、いい。二人係でいくから手加減は不要だ」


古鷹「ええ、わかりました」







↓1 浦風のコンマ

↓2 磯風のコンマ




古鷹は99で固定します。高い方が勝利です

530: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 00:57:16.59 ID:IlBJ76m/0
てい

531: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 00:58:10.89 ID:Zf9vjB/Co
そい

532: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 01:03:00.87 ID:CZIBY9s2O


磯風流石・・・


浦風は新米初登場時に提督にドッキリされたことを根に持ってます。仲間思いなのです。




古鷹「あははは、まるでダメでした・・・」


磯風「・・・いや、一人でならまず勝てなかった」


浦風「やっぱりすごいわ・・・」


古鷹「そんなことないですよ。それに、実戦では指揮も加わりますから、ずっと戦いやすいです」


浦風「なら、提督には頑張ってもらわんとな」


新米「えへへ、任せといてよ!」







↓1 どうする?どうなる?

533: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 01:06:30.15 ID:5JLkimtw0
新米の所へ着任することになった伊良湖と護衛の長良・時津風がやってくる

535: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 01:16:02.94 ID:CZIBY9s2O


伊良湖ちゃんキャラわかんねぇ・・・

あと、ようやく夏イベ艦も揃ったか




「こーんにーちわー!」


新米「? 何だろ?」


磯風「今日来る給量艦じゃないのか?」


新米「あっ!そうだったそうだった!」






伊良湖「・・・伊良湖です。よろしくお願いします・・・」


長良「伊良湖ちゃん!無事に着いてよかったねー!」


時津風「よかったねー!」


伊良湖「・・・」


新米「よろしくねー、あれ?後ろの二人は?」


長良「え?私達は・・・」







↓1 長良と時津風の扱い

あまり新米の艦娘を増やしてもアレなので、できれば着任するのならどちらか一人で



あ、今日はここまでです。また明日~!

536: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 01:18:05.85 ID:h1kz7gB/0
時津風が着任、長良は護衛兼付き添い

540: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 22:54:49.61 ID:B4cUmlWSO


こんばんわー、更新始めますねー




時津風「私はここに配属ですけど・・・」


新米「あれ?そうだったっけ・・・」


浦風「提督・・・」


伊良湖「・・・」


長良「ほら、伊良湖ちゃん。ごめんなさい、この娘人見知りで・・・」


伊良湖「ご、ごめんなさい」


新米「いいよ!これからよろしくね!」



古鷹「・・・」ニコニコ







↓1 古鷹はこれからどうしよう?







541: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 22:58:13.85 ID:bBUaM48+O
帰る

542: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:02:07.93 ID:B4cUmlWSO



古鷹「新米さん、私はこれで・・・」


新米「あっ!ありがとうございました!とても勉強になりました!」


古鷹「磯風も浦風も、いつか一緒に戦えることを楽しみにしてるね」


浦風「ああ、うちもじゃ」


磯風「その時はよろしく頼む」


古鷹「では、さようなら!」









↓1 帰りがけ、何かあれば

543: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 23:04:35.38 ID:vJapWNC20
にわか雨に遭う

545: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:07:24.74 ID:B4cUmlWSO



妖精「あー、ちょっと一雨逢いそうですね・・・」


古鷹「そう?大丈夫かな・・・」


古鷹「あまり激しいなら、近くの島に避難しましょうか」


妖精「了解ですー」








↓1 どうなる?

546: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 23:08:58.94 ID:aBxzGx9z0
視界不良で全く前が見えない

548: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:13:15.49 ID:B4cUmlWSO



ザァァァァァ



妖精「うぅ、これはしくじりましたね・・・」


古鷹「視界は全然駄目・・・電探だけが頼りかぁ・・・」


妖精「今襲われたら一たまりもありませんね」


古鷹「とりあえず、電探に集中して。何かあったら、すぐ伝えてね」


妖精「了解です」







↓1 どうなる?

549: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:13:56.01 ID:4ABTDgRq0
提督達(鳳翔さんや漣と)が迎えに来る

550: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:18:43.16 ID:B4cUmlWSO



妖精「むっ、電探に反応です!」


古鷹「っ、敵!?」


妖精「いえ、これは・・・鳳翔さんに、漣ちゃんですね」


古鷹「迎えに来てくれたんだ・・・よかった・・・」




提督「大丈夫か?古鷹」


古鷹「提督まで・・・大丈夫です。ありがとうございます」


鳳翔「では、帰りますか。護衛は任せてください」


漣「お任せです!」







↓1 どうなる?


または帰り着いてからどうする?



551: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:19:57.12 ID:bBUaM48+O
漣が操舵を誤り古鷹に激突

554: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:23:11.96 ID:B4cUmlWSO



漣「前が見えねぇ・・・」


古鷹『わぁぁぁっ!?』


ドッゴーン


漣「わぁぁぁっ!ごめんなさい古鷹さん!」


古鷹『だ、大丈夫だよ。漣こそ平気?』


漣「はい、大丈夫です・・・」


提督『気を付けろよー』








↓1 どうする?どうなる?




555: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:23:56.90 ID:4ABTDgRq0
古鷹が漣をこしょぐる

556: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:28:15.98 ID:B4cUmlWSO



【鎮守府】


提督「古鷹、大丈夫か?」


古鷹「ええ、平気です」


漣「ご、ごめんなさい・・・」


古鷹「もう、そんなに落ち込んで、漣らしくないよ?」


古鷹「もっと笑わないと・・・」コショコショ


漣「あっ!?ふ、ふるたかひゃんっ!!」


古鷹「えへへっ」









↓1 どうする?どうなる?





557: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 23:28:55.62 ID:IlBJ76m/0
無事到着
まずは入渠(という名の風呂)

559: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:33:24.00 ID:B4cUmlWSO



一応、到着済みなので・・・



鳳翔「提督。私達はお風呂に行ってきますね」


提督「分かった。古鷹は雨に濡れてるなら、しっかり入っとけよ」


古鷹「わかりました」


漣「・・・」ジーッ


提督「なんだ、漣」


漣「なぁ~にも~?」







↓1 入浴イベント

560: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:33:57.90 ID:4ABTDgRq0
提督も一緒に混浴に
古鷹全体的に成長した模様(大天使)

562: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:40:17.22 ID:B4cUmlWSO




古鷹「漣は、提督と入りたいんですよ。ね?漣」


漣「ふーん、別にご主人様のことだから駄目に決まって・・・」


提督「ん?いいぞ」


漣「え?」


古鷹「え?」


鳳翔「まあ」


提督「お前達三人なら、変なこともしないだろうしな。執務室の桧風呂に行くか」


古鷹「えっ!?え、ちょっと・・・」





【脱衣所】


古鷹「・・・まさか、こんなことになるなんて」


漣「言ってみるものですねー」


古鷹「もしかして、私、女として見られてないとか・・・」


漣「いや、古鷹さん、改ニになってからすごく・・・」


「はやくこいよー」


古鷹「う、うぅ・・・」


ガラララ






↓1 どうなる?

563: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:41:51.54 ID:TxA75dSWo
背中を流しっこ

565: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:47:14.53 ID:B4cUmlWSO


古鷹「し、失礼します・・・」


提督「古鷹、背中流してくれるか?」


古鷹「あ、はい。分かりました・・・」


古鷹(タオル、つけてる・・・って、当たり前だよ!何考えてるの!?私!!)


提督「あー・・・思い出すなぁ」


提督「前にもこうやって、背中を流してもらったっけな」


古鷹「そうですね・・・あの頃は、私達は服を着てましたけど」


提督「あれ?そうだったっけ?」







↓1 どうなる?

566: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:48:37.64 ID:4ABTDgRq0
風呂に入ってくっつく漣
古鷹羨ましいそうに見ている
提督「くっつきたいのか?」

567: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 23:55:13.26 ID:B4cUmlWSO



提督「よし、流すぞー」


古鷹「は、はいっ!」


ザバァァァァ


提督「よし、んじゃあったまるか」


古鷹「は、はい・・・」




鳳翔「流石提督専用だけあって、いい湯ですね・・・」


漣「ご主人様ー♪えへへー」


提督「漣はどこでも甘えん坊だなぁ」


漣(私にもう少し胸があれば『当ててんのよ』ができたのにっ!)


古鷹「・・・」


提督「ん?古鷹もこっち来るか?」


古鷹「ええぇっ!?そ、そんな!わ、私は大丈夫です!はいっ!」


漣「遠慮はいりませんよ!」


提督「俺もいいんでけどなぁ」








↓1 どうなる?

568: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/16(火) 23:56:00.57 ID:vJapWNC20
提督「子供には興味ないんだ」

570: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:05:36.01 ID:ZkriyAckO

展開が思い付かないので、安価↓で




鳳翔「提督。私もそちらへ行っていいですか?」


提督「おう、いいぞ」


古鷹「ぁ、ぅ・・・」


鳳翔「失礼します・・・暖かいですね」


提督「そうだな・・・」


古鷹「う、ぅぅ・・・」






↓1 どうなる?

571: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 00:09:07.12 ID:Iu+xITcH0
風呂から飛び出る古鷹

573: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:15:21.34 ID:ZkriyAckO

ここで風呂をやめろというのかッ・・・!



古鷹「ご、ご、ご・・・」


古鷹「ごめんなさい~~っ!!」


ダッ!!


提督「古鷹!?古鷹!」


鳳翔「あら、古鷹さんたら・・・」


漣「微笑ましいですねぇ・・・」


【脱衣所】


古鷹「と、とりあえず頭を冷やして・・・」


古鷹「漣、みたいに・・・提督に、ぴったり・・・」


古鷹「・・・わたしには、無理だよぉ」






↓1 どうなる?

574: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:18:08.08 ID:DnBtOA+Lo
落ち着くために飲み物を飲む

575: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:21:45.04 ID:ZkriyAckO



古鷹「あぁぁぁぁ、早く、戻らないと・・・」うろうろ


古鷹「でも、落ち着けないし・・・」


古鷹「! そうだ、何か飲み物を・・・」


古鷹「あった!これにしよう!」






↓1 どうなる?

576: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 00:23:06.90 ID:xcQDgjtn0
酎ハイ(お約束)

577: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:26:07.44 ID:ZkriyAckO



古鷹「ふぅ・・・」


古鷹「あれ?これ、もしかして・・・」


古鷹「わぁぁぁっ!?お、お酒・・・」


古鷹「ど、どうしよう・・・ひっく!」







直↓コンマ判定

数値が高いほど酒に強いです


578: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 00:28:55.53 ID:Iu+xITcH0
ぽい

581: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:33:17.49 ID:ZkriyAckO


ふ、普通・・・?



古鷹「あ・・・ちょっと、くらっとするかも・・・」


古鷹「でも、落ち着いてはいるし、これなら戻れそう・・・」


古鷹「・・・よし、行こう」






【風呂場】


古鷹「ごめんなさい、遅くなりました」


提督「古鷹、大丈夫か?無理はしないで、先に上がってもいいんだぞ」


古鷹「いえ、大丈夫ですから」







↓1 どうなる?

582: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 00:34:26.00 ID:vCC7ATuK0
「わ、私もくっついていいでしょうか!?!!」

583: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:39:41.63 ID:ZkriyAckO


古鷹「!!」


漣「ご主人様!?」




古鷹「あの、提督・・・」


提督「んー?」


古鷹「あの、わ、私もくっついていいでしょうか!?」


提督「・・・おう、いいぞ」


古鷹「で、では・・・」チャプ


古鷹「・・・」


提督「・・・ほら、もっとこっちこい」グイッ


古鷹「あ、ぁぁぁん・・・」


提督「よいしょ・・・」


古鷹「うぅ・・・」


提督「やっぱり、改ニになって大きくなったな」


古鷹「!!///」かぁぁぁぁ


漣「ご主人様!?」


提督「ん?」







↓1 どうなる?




584: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:45:24.29 ID:DnBtOA+Lo
提督にもたれたまま寝ちゃう

585: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:52:27.27 ID:ZkriyAckO


古鷹(て、提督、私の体・・・大きくなったって、私・・・)



古鷹(私のこと、女って見て、つまり、や、やせ・・・!!)


古鷹(あぁぁぁぁっ!!もう何もかんがえられないよぉぉっ!!)


古鷹「・・・」


提督「・・・古鷹?」


古鷹「・・・ふにゃ・・・」


提督「ありゃりゃ」







↓1 どうなる?

目覚めたときの状況でもおkです

586: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 00:55:19.86 ID:vCC7ATuK0
古鷹の部屋
提督が介抱してた

588: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 00:59:05.04 ID:ZkriyAckO



古鷹「・・・」


古鷹「あ、れ・・・?」


提督「起きたのか。無事でよかった」


古鷹「っ! て、提督!?」


提督「急に気絶するからのぼせたこと思ったよ」


古鷹「す、すみません・・・」







↓1 どうなる?



589: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 01:00:12.45 ID:WR1HtUYC0
「寝顔可愛かったぞ」

590: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 01:03:19.80 ID:ZkriyAckO



提督「・・・」にっ


古鷹「な、何ですか・・・?」


提督「寝顔、可愛かったぞ」


古鷹「ぁっ・・・!///」かぁぁぁぁ


古鷹「か、からかうのはやめてくださいっ!」


提督「そうやってすぐ赤くなるところも、可愛いな」


古鷹「提督~!!」





↓1 どうなる?

591: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 01:09:52.58 ID:vCC7ATuK0
「今夜、部屋に来い。俺の寝顔も見せてやる」

592: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 01:16:21.70 ID:VzKsSr+uO


今日はここまでですー

私の技量では古鷹の可愛さの全てをあらわせないのが悔しくて悔しくて・・・





提督「んじゃ、俺は執務に戻るよ」


古鷹「はい、分かりました」


提督「・・・古鷹」


提督「今晩、部屋に来てくれ・・・その」


提督「俺の寝顔も、見せてやるから」


古鷹「・・・!」


提督「じゃ、またな」


バタン


古鷹「い、いまのってやっぱり・・・」


古鷹「う、うぅぅ・・・」








↓1 これからどうしよう?

593: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 01:20:33.36 ID:DnBtOA+Lo
乙です どうしたらいいか分からず、部屋の中をぐるぐる

596: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 22:56:54.38 ID:z4Q4AypOO

こんばんわー!更新始めますねー!




古鷹「うぅ、うぅ・・・どうしよう・・・」ぐるぐる


古鷹「せっかく提督に誘ってもらえたのに・・・」


古鷹「そ、そうだ!シャワー浴びて・・・!」


古鷹「・・・さっきお風呂入ったばかりだし、まだ昼過ぎだよ・・・」


古鷹「どうしよう、どうしよう・・・」ぐるぐる







↓1 どうする?どうなる?

597: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 22:58:44.89 ID:1fIdiIbk0
仲間に相談する

598: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:02:45.34 ID:z4Q4AypOO



古鷹「・・・仕方ない。誰かに相談しよう・・・」


古鷹「相談の内容は恥ずかしいけど・・・」


古鷹「悩んでるよりは、ずっといいよね」


古鷹「それで、誰に相談しよう・・・」








↓1 誰に相談しよう? 複数おkです

599: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:03:39.93 ID:xAAqqMWG0
時雨と山城

601: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:08:07.72 ID:z4Q4AypOO


古鷹「・・・時雨さんと、山城さんなら、何とかしてくれるはず」


古鷹「よし、二人に会いに行こう」




【古鷹の部屋】


古鷹「二人とも来てくれてありがとう」


時雨「気にしないで。それより、何の用かな?」


山城「古鷹が私たちに相談なんて、珍しいわね・・・」


古鷹「じ、実は・・・うぅ・・・」


時雨「・・・?」


古鷹「えっと・・・」


古鷹(何て言えばいいのかな・・・)








↓1 何と言って切り出そう?

602: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 23:09:16.29 ID:Iu+xITcH0
告白の仕方を教えて欲しい

603: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:12:24.90 ID:z4Q4AypOO


古鷹「こ、告白の仕方を教えて欲しいんです・・・」


山城「告白?古鷹が?」


時雨「一体誰に・・・」


古鷹「あ、それは・・・」


山城「・・・まあそれは私達が口出しすることじゃないわね」


時雨「そうだね。それで、告白か・・・うーん・・・」


古鷹「うぅ・・・」








↓1 どうなる?

604: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:13:24.21 ID:xAAqqMWG0
とにかく溜まったことは全てだした方がいいよ
貯めちゃうと僕たちみたいに少しヤンデレになっちゃうし

605: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:16:29.41 ID:z4Q4AypOO



時雨「とりあえず、溜め込んでたことは全部吐き出したほうがいいよ」


時雨「そうしないと、自分感情をコントロール出来なくなるからね」


山城「そうね。そうなると、色々大変よ」


古鷹「溜め込んでたこと、ですか・・・」


古鷹(提督への、思い・・・)








↓1 どうする?どうなる?

606: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:18:46.65 ID:yBdk9FZ30
覚悟を決めて腹ごしらえ。

607: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:23:25.71 ID:z4Q4AypOO



古鷹(そうだ。悩むことはないんだ・・・)


古鷹(提督はいつも、そのままの私を見てくれて・・・)


古鷹「・・・よし」


時雨「解決した?」


古鷹「ええ。二人とも、ありがとうございました」


時雨「どういたしまして」


山城「うまくいくことを願ってるわ」


バタン


古鷹「・・・よし!」


古鷹「とりあえず、お昼食べに行こう・・・」


古鷹「腹がへっては、なんとやら・・・」







↓1 昼食のお相手 複数おkです


608: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 23:24:07.61 ID:1fIdiIbk0
二航戦 雲龍

610: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:30:41.85 ID:z4Q4AypOO



雲龍は新米さんとこの所属ですけど、まあOKで





「おーい!古鷹!」


古鷹「ん?」


蒼龍「こっちこっち。一緒に食べよ?」


古鷹「ええ、いいですよ」





蒼龍「連れてきたわよー」


古鷹「あ、貴女は・・・」


雲龍「雲龍よ。今日はこっちによってたの」


古鷹「なんだ、そうでしたか」


飛龍「それじゃ、いただきます!」








↓1 昼食中イベント

611: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:31:51.87 ID:B8clUw8Go
雲龍の食事量の少なさに驚く

613: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:35:36.30 ID:z4Q4AypOO



古鷹「はふ、はふ・・・」


雲龍「御馳走様」コトッ


飛龍「あれ?もう?」


蒼龍「雲龍、もう少し食べた方がいいよ?」


雲龍「いいのよ。私、少食だから」


飛龍(それでその大きさ・・・)







↓1 どうなる?



614: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:35:49.87 ID:Ox72FvfvO
雲龍の昔話(足柄関連)

615: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:41:14.23 ID:z4Q4AypOO


古鷹「雲龍さんは、足柄さんや利根さん達と戦ってたんですよね?」


雲龍「そうね。あの頃は色々あったわ・・・」


飛龍「良かったら、聞かせてくれない?」


蒼龍「私も、気になるな~」


雲龍「特に話すことはないわよ。戦って、帰ったら酒を飲んで寝て・・・」


雲龍「今と、あまり変わらないわね」クスッ


古鷹「へぇ~・・・」






↓1 どうなる? 昔話についてでもOKです

616: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 23:43:22.92 ID:1fIdiIbk0
足柄の失敗談を語る

617: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:48:51.14 ID:z4Q4AypOO


蒼龍「だから足柄、あんなにお酒飲むんだ」


雲龍「最初は飲めなかったのよ。足柄も」


古鷹「そうなんですか!?」


雲龍「ええ。慣れてからは大分強くなったけど」


雲龍「それでも二日酔いで出撃できなくて、提督・・・大佐に怒られてたわね」


蒼龍「あんなにキリッとしてるのに・・・」


飛龍「というか、雲龍達も大佐が指揮官だったのね」






↓1 どうなる?

618: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:50:57.44 ID:B8clUw8Go
食べ終わって、身だしなみを整えに

621: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/17(水) 23:54:01.22 ID:z4Q4AypOO



古鷹「・・・御馳走様でした」


蒼龍「ん?古鷹、何か用事?」


古鷹「そんなところです。私はこれで失礼しますね」


飛龍「うん。じゃあね~」








古鷹「とりあえず、歯を磨いて・・・」


古鷹「お風呂入ったのに、下着は変えてないからそっちも変えないと・・・」




↓1 どうなる?

622: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/17(水) 23:57:33.93 ID:1fIdiIbk0
勝負下着をはく

623: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:01:55.79 ID:gU12lcBeO




古鷹「下着、下着・・・」


古鷹「・・・」




青葉『・・・』ジーッ


古鷹『もう、いつまで見てるの?青葉。そろそろ帰らないと』


青葉『待ってください!今買います!』


古鷹『そんな派手なの、どこで履くの・・・?』


青葉『これで司令官を悩[ピーーー]るんです!』




古鷹「・・・」


古鷹「私は、いつものでいいや・・・」


古鷹「とりあえず、夜までは暇だからそれまでどうしよう?」






↓1 どうしよう?

624: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 00:03:09.38 ID:F+MeAFJD0
ヨガをする

626: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:06:07.08 ID:gU12lcBeO



古鷹「そう言えばこの前、加古がヨガの本拾ってきたなぁ・・・」


古鷹「体をほぐしてた方がいいだろうし、やってみようかな」


古鷹「えーと、どこにやったっけ・・・」


古鷹「あ、あった!じゃ、さっそく・・・」








↓1 どうなる?

627: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:08:54.01 ID:l+BVkGwJ0
体力がアップし戦闘面今日の夜戦の戦闘面ともに能力上昇

628: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:11:43.31 ID:gU12lcBeO

せっかくだから戦闘力コンマ少し増やそうかな・・・




古鷹「ん、んー・・・」


古鷹「ふぅ・・・何だか、体が軽くなった気がする」


古鷹「ヨガってすごいなぁ・・・加古にもすすめようかな?」







↓1 どうする?どうなる?




629: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:18:24.18 ID:23yUspLSo
せっかくだからお菓子でも作って持っていこう

631: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:22:28.46 ID:gU12lcBeO



古鷹「そろそろ、おやつの時間だからおかしでも作って持っていこうっと」


古鷹「加古もこれで怠け癖が治ればいいけど・・・」


古鷹「とりあえず、厨房にいこう」






【厨房】


古鷹「鳳翔さん、少し借りますね~」


鳳翔「なにをつくるんですか?」


古鷹「お菓子です。上手くいくといいんですけど・・・」







直↓コンマ判定 古鷹の料理力

632: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:22:39.80 ID:pJSKfB3mO

634: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:27:57.26 ID:gU12lcBeO

流石大天使



古鷹「よし、上手くできた」


鳳翔「そうですね。とても美味しそうです」


古鷹「一ついりますか?沢山ありますから」


鳳翔「では・・・」



【加古の部屋】


古鷹「よし、ついた。お菓子も鳳翔さんが誉めてくれたし大丈夫」


コンコン


古鷹「加古、いるー?」





↓1 加古はいた?いたならどんな状況?



635: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 00:29:23.89 ID:0r88QtHH0
留守

636: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:31:58.07 ID:gU12lcBeO



シーン...


古鷹「・・・加古ー?寝てるのー?」


古鷹「・・・留守みたい」


古鷹「はぁ、今日は非番だったはずなのに、どこにいったのかな・・・」






↓1 どうする?どうなる?

637: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 00:32:22.80 ID:Y7bAhHMh0
630

638: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:36:07.62 ID:gU12lcBeO



古鷹「はぁ・・・」


「待てぇぇぇぇええっ!!」ドドドドドド


古鷹「っ、な、何?」


青葉「うーん、また深入りしすぎたみたいですねぇ・・・にゃん」


古鷹「青葉・・・また何かしたの?」


青葉「あ、古鷹さんだにゃん」


「青葉ぁぁぁぁぁあ!」






↓1 どうする?どうなる?


639: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 00:36:46.32 ID:0r88QtHH0
加古「あたしの変な写真勝手に撮りやがったな。カメラ寄越せ!」

643: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:42:12.46 ID:gU12lcBeO


加古「! 古鷹!青葉を捕まえといてくれ!」


古鷹「か、加古?何があったの?」


加古「青葉が私の変な写真撮ったんだよ・・・ほら、カメラ寄越せよ!」


青葉「い、嫌です!・・・にゃん」


加古「いい加減にしてくれ!」


古鷹「ちょっと待って。青葉、どんな写真を撮ったか見せて」バシッ


青葉「あっ・・・!」







↓1 青葉が撮っていた写真

644: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:43:30.24 ID:23yUspLSo
だらしない寝顔の写真

646: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:46:57.89 ID:gU12lcBeO


古鷹「これ・・・」


加古「な!ひどいだろ!?」


青葉「た、たかが寝顔じゃないですか・・・にゃん」


加古「何がたかがだ!盗撮してるくせに!」


青葉「う・・・」






↓1 どうなる?

647: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 00:47:57.34 ID:Y7bAhHMh0
さらに645まで

648: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:52:16.82 ID:gU12lcBeO



古鷹「他には・・・わっ!?」


加古「うわ。提督ばっか・・・しかも際どいのばっかじゃん」


青葉「そ、そっちは関係ないでしょ!?にゃん」


古鷹「・・・」






↓1 どうする?どうなる?

649: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:53:49.12 ID:23yUspLSo
サイコロタイム

650: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 00:57:05.60 ID:gU12lcBeO



今日はここまでですー

寝落ちしかけた・・・




古鷹「青葉、罪を償おう?」


加古「そうだな。そしたら私も、今回のことは水に流すよ」


青葉「!? またサイコロですかにゃん!?」


青葉「私もう二個くらい貯まってるにゃん!」


古鷹「じゃあしなければいいじゃん・・・いくよ!」







↓1 青葉への罰

651: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 01:00:18.68 ID:3B8/g1PuO
比叡カレーを旨いカレーに変える方法を見つけるまで試食

655: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 22:58:18.33 ID:qYBQFJjrO



こんばんわー、更新始めますねー



加古「わぉ・・・」


青葉「こ、こんな罰無理ですよぉ!」


弥生ロボ「無理でも、やらないといけません」


卯月ロボ「ぴょん」


青葉「な、いつの間に・・・!」


弥生「さぁ、行きますよ。それと、にゃんとつけるのを忘れないように」


青葉「いやだぁぁぁ・・・」ズルズル







古鷹「青葉・・・」


加古「んで、古鷹は何しに来たの?」


古鷹「あ、そうそう。一緒にヨガしよ?」


加古「ヨガぁ?」







↓1 どうなる?




656: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 23:01:05.02 ID:F+MeAFJD0
加古「ヨガは苦手なんだ」

657: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:03:47.23 ID:qYBQFJjrO


加古「うーん・・・あたし、ヨガ苦手なんだよなぁ・・・」


加古「だからその本、古鷹に渡したんだし」


古鷹「そっかぁ・・・」


加古「ヨガはやる気出たんだけどなぁ・・・」






↓1 どうする?どうなる?

658: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:05:58.77 ID:1KslqOkko
仕方ないので、鈴熊の所に化粧を習いに

659: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:10:26.39 ID:qYBQFJjrO



加古「ふわぁ・・・」


古鷹「眠いの?」


加古「青葉を追いかけまくったからなぁ・・・ごめん、少し寝るよ」


古鷹「うん。体、冷やさないようにね」


バタン


古鷹「・・・そうだ」








鈴谷「なるほどなるほど。それで私達の力を借りたいってことね」


古鷹「そうなの。お願いできる?」


熊野「他ならぬ古鷹さんの頼みですもの。お安いご用ですわ」


鈴谷「うんうん、任せてね~」






↓1 どうなる?

660: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 23:11:51.39 ID:vxrP6QTN0
化粧は薄目に

662: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:14:23.40 ID:qYBQFJjrO



鈴谷「さーて、どうする?ちょっと濃い目でいく?」


古鷹「ううん、薄目でお願い」


鈴谷「了解~」


熊野「珍しいですわね。古鷹さんがこんなこと・・・」


古鷹「あはは、少し用事があってね・・・」


鈴谷「えっ!?なになに?気になるなぁ~」







↓1 どうする?どうなる?

663: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 23:16:04.24 ID:F+MeAFJD0
熊野 鈴谷 察する

666: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:21:56.42 ID:qYBQFJjrO


熊野「教えてくれませんか?」


古鷹「あ、す、少しね・・・」モジモジ


熊野(・・・鈴谷)


鈴谷(あー、うん、大丈夫・・・大体察した)


熊野(古鷹さんもついに、ですか)


鈴谷(い、今から、提督と・・・するんだよね。だから、おめかしもして・・・)


古鷹「? 鈴谷、顔赤いよ?どうしたの?」


鈴谷「ふぇっ!?あ、な、何でもないよっ!」


熊野(・・・添い寝くらいで赤くなるなんて、鈴谷も可愛いわね)


鈴谷(何も知らないお嬢様は黙ってて)










↓1 どうなる?

661: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:12:12.82 ID:V9bsHVRb0
古鷹大天使に(可愛さが増した感じで)

670: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:26:18.84 ID:qYBQFJjrO



鈴谷「ごほんっ・・・さ、出来たよ」


古鷹「あ、ありがとう。やっぱり二人とも上手だね」


熊野「古鷹さんの素質がほとんどですわ」


古鷹「そ、そうかな・・・」


鈴谷(女の子は恋すると綺麗になるって、本当だったんだ・・・)


熊野(輝いてますわ・・・)









↓1 どうする?どうなる?

671: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 23:29:50.65 ID:vxrP6QTN0
化粧のアドバイス

672: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:36:25.57 ID:qYBQFJjrO

熊野「いいですか、古鷹さん。化粧をしても変えられるのは外見だけですわ」


熊野「本当に大切なのは、時分に自信を持つことです」


古鷹「うん、ありがとう」


鈴谷「また何かあったらいつでも来てね」


熊野「古鷹さんのお力になれたようで、嬉しいですわ」


古鷹「二人とも、ありがとう」ペコリ






鈴谷「ふぅ・・・」


熊野「どうしましたの?」


鈴谷「いや、私も頑張らないとなぁって・・・恥ずかしがっても仕方ないもん」


熊野「ふっ、負けませんわよ。鈴谷」


鈴谷「・・・熊野に本当のことを教えていいのやら」








↓1 古鷹はこれからどうする?


夕食でも構いません。夕食以外のイベントなら終わり次第夕食です

673: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 23:37:12.37 ID:0r88QtHH0
夕食

676: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:40:52.30 ID:qYBQFJjrO



古鷹「あ、もう夕方か・・・」


古鷹「ヨガとか、化粧とかで時間が過ぎたから・・・」


古鷹「・・・食べ終わったら、執務室に行こう」


古鷹「・・・よし」





選択肢安価 夕食は・・・


1 食堂で

2 鳳翔さんの店で




↓1

677: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:41:14.77 ID:dbWNLfoZO
1

678: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:45:43.00 ID:qYBQFJjrO



【食堂】



青葉「」


比叡「青葉さん、ファイトですっ!」


弥生ロボ「まだ続けましょう」






古鷹「青葉、大丈夫かな・・・」


古鷹「あ、あそこに加わらせてもらおう」






↓1 夕食時のお相手

679: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/18(木) 23:46:32.08 ID:Y7bAhHMh0
金剛型

681: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:51:45.15 ID:qYBQFJjrO




古鷹「席、ご一緒してよろしいですか?」


金剛「Of course!古鷹と一緒にご飯できて嬉しいデース!」


榛名「どうぞ、こちらへ」


古鷹「ありがとうございます」


霧島「比叡姉様は戻りませんし、先にいただきますか」


古鷹「では、いただきます」






↓1 食事中イベント

682: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:52:44.19 ID:V9bsHVRb0
イギリスの情勢についての話

684: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:59:00.36 ID:qYBQFJjrO



古鷹「・・・金剛さんだけ、別の料理ですね」


金剛「紅茶によく合う料理デス。間宮さんが作ってれました」


榛名「そういえば、最近英国の方はどうなってるんですかね?」


霧島「欧州の深海凄艦はほとんど撃退したって聞くけど・・・」


金剛「たぶん、今日も変なドラム走らせて爆発させてると思いマス・・・」


古鷹「ドラム?」








↓1 どうなる?

683: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/18(木) 23:53:10.51 ID:qSIDw1gl0
比叡カレーはどうなったか?

688: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:03:53.52 ID:U4wcDSCvO


比叡「遅くなってごめんなさい!・・・あ、古鷹さん」


榛名「お帰りなさい」


古鷹「あの、青葉はどうなったんですか・・・?」


金剛「カレー、美味しくなったノー?」


比叡「ええっと・・・」






↓1 カレー、どうなった?

689: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:04:49.19 ID:pgwv+WkDO
遂に美味くなる方法を発見

691: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:07:24.66 ID:U4wcDSCvO



比叡「美味しくは、なりました。けど・・・」


霧島「けど?」


比叡「青葉さんは医務室に直行でした・・・」


金剛「Oh・・・」


古鷹「ま、まあ美味しくなってよかったじゃないですか!」


比叡「・・・そうですね!ありがとうございます!」





↓1 どうなる?

692: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:09:50.60 ID:ttu7C77q0
比叡「入れていた王水を入れなくしたら食べられるようになりました」

696: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:13:43.93 ID:U4wcDSCvO




榛名「ところで、何が原因だったんですか?」


比叡「いやー、それが・・・」


比叡「隠し味に入れていた王水をいれなくしたんですよ。不思議ですよねぇ。たったそれだけで・・・」


古鷹「お、王水・・・」


金剛「そりゃ一たまりもないネー・・・」


霧島「姉様の料理の腕は根本から・・・」


比叡「?」





↓1 どうなる?

694: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 00:10:00.23 ID:rGJ0R0tw0
夕食を終わらせて、提督の元へ

699: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:19:21.01 ID:U4wcDSCvO



古鷹「ふぅ・・・」


古鷹「御馳走様でした」


榛名「あら?随分と早いですね・・・」


古鷹「少し、用事があるんです」


古鷹「では、先に失礼します・・・」




金剛(古鷹・・・頑張ってネー)






【執務室】


古鷹「すぅ・・・はぁ・・・」


コンコン


古鷹「提督、私です」




↓1 提督はいた?いたならどんな状況?



700: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:20:24.40 ID:ttu7C77q0
いた
執務中

701: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:23:11.63 ID:U4wcDSCvO


提督「ん、来たのか」


古鷹「あ、執務中でしたか・・・」


提督「いいよ。そこで待っててくれ。もう少しで終わるから」


古鷹「・・・はい」






↓1 どうする?どうなる?

702: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:25:46.19 ID:iFhrjsVbo
お茶を入れる

703: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:28:48.46 ID:U4wcDSCvO



提督「ふぅ・・・」


コトッ


古鷹「お茶です。あまり急がなくても、大丈夫ですから」


提督「ありがとう・・・」


提督「でも、古鷹は期待してるんだろ?なら、早く終わらせないとな」


古鷹「・・・はい、お願いします」





↓1 どうなる?

704: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:30:24.55 ID:ttu7C77q0
サイレン

705: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:33:42.68 ID:U4wcDSCvO



ウー ウー ウー



古鷹「っ!」


提督「敵襲か!?」


古鷹「わ、分かりません。でも、このサイレンは・・・」


ジリリリリン!!


提督「っ、もしもし?」


妖精『提督さんですか?さっきのサイレンは・・・』





↓1 サイレンの原因

706: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 00:34:22.38 ID:uRXOedaJ0
工廠で火災

708: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:38:31.46 ID:U4wcDSCvO




提督「・・・分かった。すぐにいく」


古鷹「どうなんですか・・・?」


提督「工厰で火災が起きてるらしい。悪いが、そっちにいかないと・・・」


古鷹「いえ、私もいきます。いかせてください」


提督「わかった。一緒にいこう」







↓1 火災の状況

709: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 00:39:42.51 ID:ij7oS4g40
陸奥の第三砲塔が爆発

710: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:42:51.63 ID:U4wcDSCvO



提督「陸奥!大丈夫か!?」


陸奥「ご、ごめんなさい提督・・・また私の第三砲塔が・・・」


提督「いいんだ。気にするな。誰か陸奥を医務室に!」


提督「他は協力して火を消すぞ!」


オー!






↓1 どうなる?

711: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:43:56.58 ID:ttu7C77q0
敵も襲来

714: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:47:59.01 ID:U4wcDSCvO




妖精「提督さん!遠方に敵影が!」


古鷹「提督!」


提督「くそっ、火はあらかた消せてるから、何人かはここに残って火を管理してろ!」


提督「残りは深海凄艦に当たれ!」


「了解!」


提督「古鷹、俺は前線に出る。旗艦を頼めるか?」


古鷹「了解です!」







↓1 どうなる?

715: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 00:51:34.93 ID:rGJ0R0tw0
戦場のど真ん中で突然機関部が止まり焦る古鷹

717: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 00:56:44.92 ID:U4wcDSCvO



提督「くっ、純粋種もいないのなら、油断しなければ勝てる!皆、焦るなよ!」


古鷹「提督!先行して仕掛けますっ!」


提督「頼むっ!」


古鷹「ええいっ!」


ドカァァーン!


古鷹「ふぅ・・・っ!?あ、あれっ!?」


提督「どうした!? 」


古鷹「機関部が、急に動かなくなって・・・!このままじゃ・・・」








↓1 どうなる?

718: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 00:57:57.54 ID:ij7oS4g40
漣・鳳翔がカバーに入る

720: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 01:02:21.57 ID:U4wcDSCvO


今日はここまでですー


お疲れ様でしたー





漣「っ!鳳翔さんっ!」


鳳翔「分かってますっ!」





古鷹「原因は分かったの!?」


妖精「い、いま調査中で・・・」


漣『古鷹さん!助けにきましたよっ!』


鳳翔『ここは私達に任せてください!』


古鷹「ふ、二人とも・・・」






↓1 どうなる?

721: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 01:03:15.76 ID:pgwv+WkDO
再起動に手間取り、漣・鳳翔がボコボコに撃たれる

728: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:02:40.27 ID:wuc0PgTqO


こんばんわー、更新始めますよー




ドォォォーン!


漣『う、うぅ・・・』


鳳翔『このまま、沈むわけには・・・』


古鷹「っ・・・!機関部はまだ直らないの!?」


妖精「今やってます!」


提督「くっ・・・」ギリッ








直↓コンマ判定


コンマの数値で今後の展開が決まります



729: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 23:03:48.63 ID:vpBijKir0

730: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:10:22.94 ID:wuc0PgTqO


妖精「っ、電探に反応!真下から何か来ますっ!」


古鷹「真下って・・・まさかっ!?」


提督「皆伏せろっ!」


古鷹「っ!!」






漣『!? 爆発!?』


鳳翔『古鷹さん!?古鷹さん!』







提督「げほっ、げほっ・・・状況は・・・?』


妖精「機関部、完全にやられました・・・退艦、しないと・・・」


古鷹「はぁ、はぁ・・・」






追加コンマ判定


↓1のコンマが51以上であればさらに状況が変化します










731: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 23:11:10.25 ID:rGJ0R0tw0
ぽい

732: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:16:16.24 ID:wuc0PgTqO


最悪の状況は回避できました・・・



提督「くそっ、退艦しようにも、鳳翔と漣がこれでは・・・」


妖精「・・・」


古鷹「・・・妖精さん」


古鷹「提督を、頼みます」


提督「・・・古鷹?」


古鷹「私が、残って敵を引き付けます。提督たちは、その好きに鳳翔さんたちと・・・」


提督「お前を置いていけるわけないだろ!?」


古鷹「でも、このままじゃ三人とも・・・」


妖精「そんな・・・」


提督「っ・・・」


古鷹「・・・私は、大丈夫ですから」


妖精「古鷹さん・・・」










↓1 どうする?

733: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:17:40.06 ID:wf/ZMefZ0
古鷹敵の旗艦に一騎打ち

734: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:27:11.56 ID:wuc0PgTqO


ゴォォォァァ...!


古鷹「・・・急いでください。敵の旗艦が、すぐそこまで来てます」


提督「ぐっ・・・」


古鷹「・・・提督、大丈夫です」


古鷹「必ず、貴方の元に帰ります」


提督「・・・古鷹」


古鷹「・・・」


提督「・・・分かった。頼んだぞ」








古鷹「・・・システムチェック。撃てるのは、主砲一門だけ」


古鷹「回避も、二発目を撃つこともできないけど・・・あとは、旗艦を沈めるだけ」


古鷹「・・・思い出すなぁ。あの時を」


古鷹「・・・」




ガァァァァッッ!!


古鷹「っ!」






↓1 古鷹のコンマ


↓2 敵旗艦のコンマ



数値が大きい方が勝利です

数値の差も考慮します

735: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 23:27:56.33 ID:ij7oS4g40
てい!

736: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 23:28:18.49 ID:rGJ0R0tw0
ぽい

738: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:35:19.32 ID:wuc0PgTqO


まあ、こういうのもたまにはアリで





ドォォォーン!


古鷹「・・・」


古鷹「勝てな、かった・・」


ガァァァァッッ!!


古鷹「ごめんなさい、提督・・・せっかく誘ってもらったのに」


古鷹「本当に、ごめんなさい・・・」


古鷹「ごめんなさ・・・」


「・・・」








直↓コンマ判定 数値で今後の展開を決めます


739: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 23:35:22.51 ID:ij7oS4g40
マズいか?

740: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:39:48.99 ID:wuc0PgTqO


古鷹「ん・・・あ、れ・・・」


加古「古鷹!気がついたんだな!」


古鷹「加、古・・・」


青葉「古鷹さん・・・心配じだんでずよぉ・・・」


古鷹「・・・私、旗艦を倒せなくて・・・それで・・・」


古鷹「提督は・・・?」


衣笠「執務室に籠りきってるよ・・・早く、伝えてあげないとね」


古鷹「・・・提督」








↓1 どうする?どうなる?

741: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:40:57.60 ID:wf/ZMefZ0
漣と鳳翔さんが駆けつける

744: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:44:29.65 ID:wuc0PgTqO


バンッ!




漣「古鷹さん!」バッ


古鷹「わっ、もう、飛び付いたら危ないよ・・・?」


鳳翔「良かったです・・・何事もなくて、本当に・・・」


古鷹「・・・すみません。迷惑かけて」


漣「それにしてもご主人様は・・・引きこもってばかりで出てこないなんて・・・」


古鷹「・・・」







↓1 どうする?どうなる?

745: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 23:45:56.57 ID:ij7oS4g40
執務室へ

747: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:49:59.88 ID:wuc0PgTqO



古鷹「・・・私、執務室にいくよ」


加古「も、もう大丈夫なのか?」


古鷹「うん。平気だよ」


鳳翔「古鷹さん・・・」


古鷹「大丈夫です。分かってますから・・・」


古鷹「提督・・・」





【執務室】


コンコン


古鷹「提督、私です。古鷹です」


古鷹「提督・・・」


古鷹「・・・入りますね」



748: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:53:59.16 ID:wuc0PgTqO


提督「・・・」


古鷹「提督、私です」


古鷹「もう、大丈夫です。怪我もありませんから」


提督「・・・古鷹」


提督「ごめん・・・ごめんな・・・」


古鷹「何で、謝るんですか」


提督「俺は、あの時、引きずってでも、お前をつれていくべきだったんだ・・・」


提督「でも、俺は、逃げたんだ・・・お前を残して、一人だけ・・・」


提督「ごめん・・・古鷹・・・許してくれ・・・」


古鷹「提督・・・」








↓1 どうする?どうなる?

749: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/19(金) 23:54:15.10 ID:vpBijKir0
提督「やられたらやり返す、倍返しだ」

751: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:02:06.98 ID:t/6zYW0nO

唐突すぎますし、申し訳ないですけど↓で





古鷹「・・・いいんです。そんなこと」


古鷹「私は、ここにいます。帰って、これましたから」


提督「古鷹・・・」


提督「・・・ありがとう。帰ってきてくれて」


提督「もう、放さないからな」


古鷹「・・・はい」







↓1 どうなる?



752: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:02:43.71 ID:BkDJ3Q450
古鷹提督に膝枕してあげる

754: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:08:36.02 ID:t/6zYW0nO



古鷹「・・・提督」


古鷹「疲れたでしょう?どうぞ、使ってください」


提督「・・・ああ」


古鷹「どうですか?問題ないですか?」


提督「すごく、心地いいよ・・・」


古鷹「・・・私もです」







↓1 どうする?どうなる?

755: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/20(土) 00:08:57.63 ID:h580W6550
提督「復旧が終わり次第、討伐隊を編成する」

757: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:14:19.14 ID:t/6zYW0nO



提督「・・・結局、何で機関部が止まったのかは、分からなかったな」


古鷹「そうなんですか?」


提督「ああ、ただの整備不良かもしれないが・・・」


提督「復旧が終わり次第、調査と艦隊の再編成をしないとな・・・」


古鷹「大変ですね・・・」







↓1 どうする?どうなる?

756: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/20(土) 00:09:28.54 ID:8FNHUlan0
二人ともグッスリ眠っちゃう

759: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:21:00.94 ID:t/6zYW0nO


提督「ふわぁぁ・・・」


提督「すまん。古鷹・・・このまま・・・」


古鷹「いいですよ。私は、このまま待っておきますから」


提督「ああ・・・」


古鷹「おやすみなさい、提督」


提督「・・・」


古鷹「・・・結局、夜戦は無しかぁ」


古鷹「でも・・・提督の寝顔、本当に・・・」


古鷹「提、督・・・」


古鷹「すぅ・・・」









古鷹編 完

761: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:24:32.12 ID:t/6zYW0nO




漣「どうですかご主人様。似合いますか?」


提督「ああ、似合ってるぞ」


龍驤「まさか、サンタの格好するなんてなぁ・・・」


時雨「いいんじゃない?可愛いし」


那珂「今年もクリスマス、鎮守府で過ごせて良かった~」


提督「・・・もうクリスマスか・・・」









↓1 クリスマスイベント


どうしよう?

762: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/20(土) 00:26:08.05 ID:8FNHUlan0
時雨の袋に入ってるアレが大量に脱走

766: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:29:47.89 ID:t/6zYW0nO


モゾモゾ


提督「・・・時雨の袋には何が入ってるんだ?」


時雨「え?気になるの?」


提督「何か動いてるんだが・・・」


漣「本当になんなんですか・・・」


時雨「待ってね。今開けるから・・・わっ!?」


ドドドドドド


龍驤「な、なんやこれ!?」


那珂「き、キモカワイイ!?」


時雨「ああ、もう。どうしよう?」






↓1 どうする?どうなる?

767: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/20(土) 00:30:37.24 ID:h580W6550
中身はカニ

769: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:34:27.17 ID:t/6zYW0nO



おうふ、確認しそこねた・・・


時期としては基本的に当日です。細かな時間は安価に任せます




コツン


提督「・・・カニか?これ」


時雨「うん、カニだよ」


龍驤「何でカニなんや・・・」


時雨「提督、カニ好きでしょ?」


提督「ああ、好きだけど・・・」


時雨「提督が喜んでくれると思って、集めたんだ」


漣(時雨さん、目にハイライトが・・・)






↓1 どうする?どうなる?

770: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/20(土) 00:36:32.81 ID:a0NyoaV60
ええいもう、今夜はカニ鍋だな!

771: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:42:23.11 ID:t/6zYW0nO



提督「と、ともかく!今夜はカニ鍋だ!」


那珂「えー、七面鳥食べた~い!」


時雨「カニ鍋なら、僕作れるよ」


漣(時雨さんをこれ以上有利にさせるわけにはっ!)


時雨(この鎮守府の誰もが、今夜提督と過ごすことを望んでるだろうけど・・・)


時雨(●夜は、僕のものだよ・・・)


提督「とりあえず、今夜のパーティーに向けて、皆で準備するか」


「おー!」






↓1 パーティーの準備、誰の視点ですすめよう?


勿論、サンタコスしてる艦娘以外もありです

772: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/20(土) 00:42:51.11 ID:h580W6550
時雨

774: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:48:24.20 ID:t/6zYW0nO


【時雨の部屋】



時雨「・・・さて」


時雨「提督と一緒に過ごすのも大事だけど、まずは楽しまないとね」


時雨「勿論、提督のための準備も惜しまないけど」


時雨「さて、どうしようかな?」







↓1 今夜のために、まずどうしよう?

775: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:49:43.84 ID:YLlC+qIGo
間宮さんの所でケーキ作りの手伝い

776: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:54:01.93 ID:t/6zYW0nO



今日はここまでですー


また明日~




時雨「・・・とりあえず、間宮さんのところでケーキの手伝いをしていようかな」


時雨「多分、相当大きなケーキを作るから、大変だろうしね・・・」



【厨房】


時雨「間宮さん。手伝いに来たよ」


間宮「あら、助かります」


時雨「いいんだよ。さ、頑張っていこっと・・・」





↓1 どうなる?

777: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/20(土) 00:54:45.66 ID:a0NyoaV60
間宮「ホイップクリームを作ってもらえないかしら?」

780: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:14:40.73 ID:MgPD4tJbO



こんばんわー、更新始めますねー



間宮「では、ホイップクリームを作ってくれますか?」


時雨「うん、分かったよ」


間宮「時雨さんなら大丈夫でしょうけど、何かあったら聞いてくださいね」


時雨「了解。じゃあ、あっちで作業してるね」









↓1 どうなる?

781: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:15:37.74 ID:h580W6550
赤城が現れる

782: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:18:37.10 ID:MgPD4tJbO



時雨「よいしょ・・・ふう」


時雨「ケーキが大きいだけあって、クリームを作るだけでも大変だな」


赤城「あら、時雨はクリームを作ってるのね」


時雨「赤城か。うん、間宮さんに頼まれたからね」


赤城「なるほど・・・」









↓1 どうなる?


783: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:19:16.65 ID:a0NyoaV60
多い。●夜は無理か

785: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:22:44.15 ID:MgPD4tJbO



時雨「ふぅ、ちょっと疲れたな・・・」


赤城「大丈夫?少し代わるわよ」


時雨「ごめん。お願い」


時雨(この様子だと、クリスマスパーティーでくたくたになっちゃうな・・・)


時雨(あまり、期待しない方がいいか・・・はぁ)


赤城「よいしょ、よいしょ」








↓1 どうなる?

786: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:24:56.85 ID:fwL3ZmKd0
そういえば間宮さんとのスイーツ対決に決着をつけてなかったね?
互いにケーキつくって勝負しない?

790: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:29:31.15 ID:MgPD4tJbO



間宮「どうですか?時雨さん」


時雨「ちょっと疲れたから、休憩してるよ」


間宮「なら、この前のスイーツ対決の続き、しませんか?」


時雨「間宮さんがそういうなら構わないよ」


間宮「では、ケーキを作って勝負です!審査員は、赤城さんにお願いします」


赤城「あらあら、いいんですか?」


時雨「よし、負けないよ」








↓1 時雨のケーキ制作中、何かイベントがあれば

791: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:31:53.71 ID:a0NyoaV60
イベントなんてない

792: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:34:24.35 ID:MgPD4tJbO


間宮「あら、先にできたようですね・・・」


間宮「では、赤城さん。お願いします」


赤城「分かりました。では、まず間宮さんのケーキを・・・」


赤城「いざ、いただきます!」


パクッ






↓1 間宮さんのケーキコンマ



793: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:34:42.39 ID:PFjyjuaM0
扶桑姉妹が、扶桑盛りケーキ作ってた

795: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:39:51.97 ID:MgPD4tJbO


コンマ安価ですし、コンマだけ参照させてもらいます


あと、基本的に数値は 50くらい補正かかってると思ってください




赤城「・・・?」


間宮「あ、あれ?どうしました!?」


赤城「いえ、美味しいのは美味しいんですけど・・・いつもの間宮さんほどでは・・・」


間宮「うっ、そ、そうですか・・・」


時雨(・・・これは、勝ったかな・・・?)


時雨「じゃあ、赤城。こっちもお願いね」


赤城「分かりました。いただきます」







↓1 時雨のケーキコンマ


796: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:41:12.43 ID:h580W6550

800: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:45:47.02 ID:MgPD4tJbO



結構いい勝負だった・・・

二人のケーキの描写を細かくしたかったんですけど、あんま意味なかったですねー



赤城「・・・?」


時雨「え?ま、まさか僕もかな?」


赤城「い、いえ!それはもう美味しいですよ!?ただいつもと比べると・・・」


間宮「ま、まあいいでしょう。それで、どっちが美味しかったですか?」


赤城「うーん・・・」


赤城「僅差ですけど、時雨で!」


時雨「! やった!」


間宮「くっ、悔しいです・・・」


間宮「いつか、リベンジさせてください!」


赤城「その時はまた、審査は任せてくださいねー」








↓1 どうする?どうなる?

801: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:47:27.35 ID:fwL3ZmKd0
とりあえずケーキが出来上がったから
昼食タイム

802: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:50:46.61 ID:MgPD4tJbO



「間宮さん。ケーキ出来ましたよ」


間宮「ああ、ありがとうございます」


間宮「クリームを塗るのは、パーティーの直前にしますか」


時雨「じゃあ、そろそろお昼だね」


時雨「誰と食べようかな・・・」







↓1 昼食のお相手

803: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:51:26.51 ID:cI0/CZMDO
白露

804: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:56:37.98 ID:MgPD4tJbO



白露「あ、時雨!ケーキ作ってたんだ!」


時雨「そうだよ。白露は今から昼食?」


白露「うん!時雨も食べよ?」


時雨「うん、ありがとう」


間宮「二人とも、リクエストがあれば言ってくださいね」


時雨「うん。とりあえず、いただきます」


白露「いっただっきまーすっ!」






↓1 食事中イベント

805: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/20(土) 23:57:09.48 ID:fwL3ZmKd0
白露に今日は頑張って勝ち取りなさいよと応援される

807: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:00:58.11 ID:otfUExPSO


白露「ふっふーん、張り切ってるんじゃないの~?時雨~」


時雨「な、何がだい?」


白露「今日はクリスマスだからねー。時雨の気持ちも分かるよー」


白露「だから、負けないで勝ち取ってこないとね!」


時雨「だ、だから何が・・・うぅ」


時雨「・・・ありがとう、頑張るよ」








↓1 どうなる?

808: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:02:36.10 ID:pWg7iZj60
漣(じっ

810: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:07:36.09 ID:otfUExPSO


漣(くっ・・・時雨さんめぇ・・・)


漣(この鎮守府の元祖駆逐艦は私なのにぃ・・・)


漣(私が一番、ご主人様と付き合い長いんだからぁ・・・)


漣(時雨・・・恐ろしい娘!)


曙「まったく・・・何やってんのよ。あんたは」


潮「時雨さんがどうかしたの?」


朧「まあ、いつものことだけど」








↓1 どうなる?

811: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:08:38.84 ID:LFAqgqEa0
提督が食堂に来る
時雨先手必勝

812: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:14:15.24 ID:otfUExPSO


提督「あー、腹へったー」




白露「! きたよ!」


時雨「っ、提督!」


漣(! し、しまった!)


提督「ん?どうした?」


白露「えへへ、一緒に食べよ?」


時雨「お願いできないかな・・・?」


提督「ああ、いいぞ」


白露「やったー♪」


時雨「・・・よし」







↓1 どうなる?

813: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:15:09.17 ID:QP8gNzux0
漣も提督にアタック

815: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:17:42.59 ID:otfUExPSO



漣「ま、負けるかぁっ!」ダッ





漣「ご主人様!」ダキッ!


提督「おわっ・・・何だ、いきなり」


漣「ご主人様~」スリスリ


提督「はぁ・・・仕方ないな」


漣「・・・」チラッ


時雨「・・・」ムッ







↓1 どうなる?

816: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:19:04.92 ID:LFAqgqEa0
時雨アーン

821: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:23:07.97 ID:otfUExPSO



漣(ご主人様の匂い・・・)スンスン


時雨「・・・提督、漣に抱きつかれてちゃ、食べにくいでしょ?」


提督「まあ、そうだな」


時雨「僕が、食べさせてあげるね・・・はい、あーん」


漣「なぬっ」


白露「提督!はやくっ!」


提督「あ、あーん・・・」


時雨「美味しい?」


提督「んー」


漣「ぐぬぬ・・・」






↓1 どうなる?

822: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:24:37.58 ID:pWg7iZj60
だべるだけ

823: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:29:24.02 ID:otfUExPSO



漣「・・・」バチバチッ


時雨「・・・」バチバチッ


提督「しょうが焼きうめー」


白露「ねぇねぇ!提督はクリスマス、何か欲しいものない?」


提督「俺がクリスマスに何かもらえるわけないだろ・・・」


白露「分かんないよー?可愛いサンタが来てくれるかもー」


提督「・・・へー」







↓1 どうなる?

824: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:30:06.04 ID:LFAqgqEa0
時雨「今日僕の部屋に夜来てもらえないかな」

826: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:34:03.06 ID:otfUExPSO



時雨「・・・提督」


時雨「今夜、僕の部屋に来てくれないかな?」


漣「し、時雨さんっ!」


提督「ん?今日か・・・?」


時雨「忙しいとは思うけど・・・ダメ、かな?」


提督「うーん・・・」




選択肢安価


1 少しならいいぞ


2 ごめん。今日は忙しいんだ





↓1

827: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:34:23.19 ID:iAjQ3rzx0

829: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:37:23.81 ID:otfUExPSO



提督「ごめん。今日は忙しいんだ」


時雨「そ、そっか・・・」


提督「皆と一緒の時なら大丈夫だからな・・・時雨、それで我慢できるか?」


時雨「うん、大丈夫だよ」


提督「よしよし、ありがとな」ナデナデ






漣「・・・」(膨れっ面)


白露「ありゃりゃ」





↓1 どうなる?

830: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:38:10.82 ID:huUh0DUJ0
漣「ルンバ、直してもらったんだよね。調子はどう?」

832: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:43:05.97 ID:otfUExPSO




白露「ほら、機嫌治して」


漣「はぁ・・・仕方ないですね」


漣「ところで、ルンバは直ったんですよね?調子はどうなの?」


白露「夕張さんと明石さんが直してくれたから、最高だよ!」


白露「カメラの性能も上がって、盗撮が・・・あ」


漣「まだ盗撮やってたの・・・」







↓1 どうなる?

833: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:43:59.70 ID:QP8gNzux0
ルンバにはレーダーが搭載されていた

835: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:46:50.23 ID:otfUExPSO



白露「ごほん!・・・ともかく、色々追加されたみたいだよ」


漣「へー、例えば?」


白露「細かいのが色々あるけど、一番大きいのはレーダーかな?」


白露「これで色々分かるよ!」


漣「・・・色々ねぇ」


白露「い、いっとくけど、やましいことには使ってないからね!」








↓1 どうなる?

836: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:47:54.39 ID:pWg7iZj60
提督「なぜ盗撮をやめないのか」

838: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:50:25.21 ID:otfUExPSO



提督「・・・ほんとに、やましいことには使ってないんだな?」


白露「う、うん・・・」


提督「そもそも、何で白露は盗撮やめないんだ?」


提督「怒らないから、言ってみろよ」


白露「う、うー・・・」






↓1 白露が盗撮をやめない理由

839: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:51:29.82 ID:QP8gNzux0
金剛たちに高く売りつけるため

841: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:54:30.94 ID:otfUExPSO

今日はここまでですー


またあしたー





白露「あ、あのね・・・」


白露「金剛さんたちが、勝ってくれるの」


提督「写真をか?なんのため・・・」


提督「・・・ごほん」


白露「青葉さんのカメラだと、臨場感がないとかで・・・」


提督「はぁ・・・これ、誰を怒ればいいんだ?」


時雨「難しいね」






↓1 どうなる?

842: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 00:56:38.55 ID:PWidqOI9o
乙です クリスマスツリーの飾りつけ

845: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 22:59:17.40 ID:0zeawgA0O


こんばんわー、更新始めますねー





提督「御馳走様」


白露「あの、提督・・・」


提督「・・・ルンバのことは、また後でな」


提督「それより、ツリーの飾り付け。手伝ってくれるか?」


時雨「うん、いいよ」


漣「任せてください!」









↓1 どうなる?

846: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:00:39.45 ID:LFAqgqEa0
古鷹が一番上の星をつけようとしたら
足場からバランスを崩して落ちそうになるが提督がキャッチ

848: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:04:56.26 ID:0zeawgA0O





白露「おっきいツリーだねー・・・」


提督「大佐が送ってくれたんだよ」


時雨「これは確かに、沢山人がいるね」


漣「あ、古鷹さん・・・」






古鷹「ん~、んん~・・・っ!」プルプル


ガタッ グラッ


古鷹「わっ!?」


提督「よっと」ドスン


白露「おぉ~!ナイスキャッチ~!」


提督「気を付けろよ。古鷹」


古鷹「す、すみません・・・」







↓1 どうなる?

847: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:01:19.19 ID:JpjS+GpYo
ファンシーな感じで完成

850: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:12:44.60 ID:0zeawgA0O


漣「どうせなら、可愛くしましょうよ!」


白露「うんうん!そうしよそうしよ!」


提督「なら、飾りつけの指示はお前らに任せるよ」


漣「任せてください!」








時雨「大分時間がかかったけど、終わったね」


古鷹「点灯が楽しみですね」


提督「そうだな・・・」






↓1 どうする?どうなる?

851: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:13:10.14 ID:iAjQ3rzx0
間宮さんがケーキを運んできた

853: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:16:51.79 ID:0zeawgA0O




間宮「あら、ツリーの飾りつけも終わりましたか」


提督「間宮さんも、ケーキ出来たんですね」


間宮「ええ、まだパーティーには少し早いですけど・・・」


白露「あとはご馳走だけだよ!」


提督「シャンパン取ってくるか・・・」








↓1 どうなる?




854: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:17:25.40 ID:LFAqgqEa0
新米やまさかの総領が鎮守府にやってくる(Xmasを祝う方で)

855: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:26:00.13 ID:0zeawgA0O



新米「・・・祥鳳さんとも、これでお別れですね」


祥鳳「そんな悲しいこと言わないでください。鎮守府に来れば、いつでも会えますから・・・」


新米「そうですね。雲龍さんも来たし、そろそろ自信が・・・」


飛行場姫「コンニチワ」ヌッ


新米「きゃああああぁぁぁぁっ!?」


装甲空母姫「モウ、コンバンワジャナイカシラ」


飛行場姫「ソレモソウネ」


統領「あら、貴女は・・・」


新米「ふぇっ!?えっ?えっ・・・?」


祥鳳「落ち着いてください。彼女たちは味方ですよ」








↓1 どうなる?

856: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:27:20.34 ID:JpjS+GpYo
オチャデモドウゾと薦められる

858: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:33:45.69 ID:0zeawgA0O




新米「あ、あの・・・」オドオド


飛行場姫「マァマァ」


装甲空母姫「オ茶デモドウゾ」


新米「あ、ありがとうございます・・・」


新米「・・・はふぅ」


飛行場姫「如何デスカ?」


新米「よ、よいお手前で・・・」





祥鳳「貴女たちもクリスマスを祝いに・・・?」


統領「・・・ま、それもありますね」


ガチャ


提督「ようこ・・・ん?新米はいいとして、何で君が・・・」


統領「・・・まあ、おいおい話しますよ」





↓1 どうなる?


857: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:27:22.97 ID:QP8gNzux0
新米の持ってきた酒で乾杯

861: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:38:54.88 ID:0zeawgA0O


新米「あ、提督さん。これ、どうぞ・・・」


提督「わ、こんな高い酒・・・いいのか?本当に」


新米「祥鳳さんには、色々と教えてもらいましたから・・・せめてものお礼です」


提督「んじゃ、そろそろパーティー始めるか!」


「おー!」


提督「皆、メリークリスマス!乾杯!」


「かんぱーい!」






↓1 どうなる?

862: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:39:33.89 ID:iAjQ3rzx0
提督「ってか、空母姫って喋れたんだな。初めて会ったときは全然喋らなかったし。」

864: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:44:31.67 ID:0zeawgA0O




飛行場姫「ウマイウマイ」ガツガツ


装甲空母姫「生キ返ルナー」


提督「・・・というか、飛行場姫って喋れたんだな」


提督「最初会ったとき全然喋んなかったし」


飛行場姫「アレハ喋ラナカッタダケダ」


提督「なんで?」


飛行場姫「・・・」フイー


提督「無視するなよおい!」






↓1 どうなる?

865: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:44:46.94 ID:QP8gNzux0
新米「その酒はわけあり商品で安く仕入れただけですがね」

868: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:48:59.21 ID:0zeawgA0O




足柄「こんな上等な酒をくれるなんて、新米ちゃんも太っ腹ねー」


新米「あ、でもそのお酒。あまり高くなかったですよ」


那智「何?」


新米「きっと運が良かったんですねぇ~」


足柄「・・・新米も、飲む?」


新米「えぇっ!?わ、私はやめときます・・・」







↓1 どうなる?

869: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:49:43.61 ID:LFAqgqEa0
>>863 酒安価

870: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:54:53.83 ID:0zeawgA0O


漣「時雨さん!時雨さん!」


時雨「取ってきたんだね。漣」


漣「ええ・・・もはや、酒に任せるしか手はないですから」


時雨「僕は前に飲んだことあるけど、あまり覚えてないからね」


漣「どうかいい方向にことが運びますように・・・いざっ!」








↓1 漣の酒耐性



↓2 時雨の酒耐性



低いほど酒癖が悪くなります


871: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:55:40.06 ID:QP8gNzux0

872: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:56:00.41 ID:pWg7iZj60
1強は認めナイ

874: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:58:55.68 ID:0zeawgA0O


漣ィー!




時雨「う・・・」クラリ


時雨「結構辛いかも・・・漣はどう?」


漣「はへー・・・」///


時雨「さ、漣・・・?」







↓1 酔うと漣はどうなる?


875: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 23:59:05.86 ID:G0lzqELWO
●●艦娘の悪口をぶち撒ける

877: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:02:57.91 ID:irtLsdw1O



漣「・・・ったくよー」


漣「きょぬーが、そんなにえらいのかよ~・・・」


漣「んぐ、んぐ、んぐ・・・ぷはっ」


時雨「あ、あまり飲みすぎない方がいいよ・・・」


漣「あーん?」






↓1 どうなる?

878: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:04:06.18 ID:MZcUGtJR0
姉妹艦が止める

881: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:07:35.45 ID:irtLsdw1O


潮「ど、どうしたの?」


曙「また変なことしてるし・・・」


漣「きょぬーなんて・・・うう・・・」


朧「ほら、時雨困ってるよ。もうやめよ?」


漣「・・・潮ぉぉぉぉ!!●よこせぇええ!」バッ


潮「きゃああああっ!?」



時雨「ど、どうしよう・・・」







↓1 どうする?どうなる?

882: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:08:25.59 ID:LXkF6B29o
漣がぶっ倒れる

883: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:12:53.09 ID:irtLsdw1O


漣「なんだこれは!なんだこれは!」もみもみ


漣「これがきょぬーか!くそったれ!」もみもみ


潮「あっ、あっ、あ・・・んっ」


潮「も、もうだめぇ・・・」///


曙「なにしてんのよ、このバカ!」


曙「おとなしくしなさい!」


漣「うおー!うおー!」







↓1 どうなる?

884: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:14:18.29 ID:VO8QFQnKo
誰かが飛ばしちゃったシャンパンの栓が直撃して>>882

887: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:17:49.87 ID:irtLsdw1O


「かんぱーい!」パァン!



ドスッ


漣「ほぐっ!?」


漣「おっ・・・●・・・」


バタッ


朧「ようやくか・・・」


曙「はぁ、世話が焼けるわね」


時雨「ありがとう、助かったよ」


曙「あんたも、酒にはきをつけなさいよ?」







↓1 どうなる?

888: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:18:54.59 ID:LWRXsFTV0
時雨寝落ち

891: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:21:44.15 ID:irtLsdw1O




時雨「ふわぁ・・・」


時雨「僕も、眠くなってきちゃった・・・お酒のせいかな?」


時雨「まだパーティーは、これからなのに・・・」


時雨「すぅ・・・」








↓1 どうなる? 別の場面に移ってもオッケーです

892: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:23:30.16 ID:vINeUEPJ0
赤城と加賀がのみくらべ

895: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:27:51.27 ID:irtLsdw1O




加賀「ふぅ」


飛龍「いやー、クリスマスもいいもんだねぇ」


赤城「・・・加賀さん。飲み比べ、しませんか?」


蒼龍「いいねー、面白そう」


加賀「ええ、受けてたつわよ」


飛龍「二人とも頑張ってー」


蒼龍「せっかくだから、罰ゲームしよ!」








↓1 負けた方への罰ゲーム

896: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:30:34.31 ID:HqXkCLkS0
明日の飯を勝者に献上

899: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:34:31.98 ID:irtLsdw1O



加賀「罰ゲーム・・・」


赤城「それはいいけど、具体的な内容は?」


飛龍「じゃあ明日のご飯、敗者は勝者に全部献上ね!」


赤城「・・・いいでしょう」


加賀「手加減しないから赤城さん」


赤城「望むところよ・・・!」






↓1 赤城のコンマ



↓2 加賀のコンマ



高い方が勝利です

900: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:35:18.38 ID:LXkF6B29o
ほい

901: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:35:22.26 ID:VO8QFQnKo
もっきゅもっきゅと

902: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:39:36.61 ID:irtLsdw1O



赤城「んくっ、んくっ、んくっ・・・ぶはぁ!」


加賀「うぷっ・・・ご、ごめんなさい。もう無理・・・」


飛龍「勝者、赤城ー!」


蒼龍「おめでとー!!」パチパチパチパチ


赤城「ふぅ、ふぅ・・・加賀さん。大丈夫ですか?」


加賀「ちょっと、きついわ・・・ともかく、おめでとう、赤城さん」


蒼龍「赤城、食べるのはいいけど、もう太らないようにね」


赤城「わかってますっ!」









↓1 どうなる? 別の場面に移ってもオッケーです

903: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:40:58.03 ID:vINeUEPJ0
蒼龍と飛龍が腕相撲で勝負

905: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:44:28.69 ID:irtLsdw1O



加賀「・・・ところで」


加賀「貴女たちも、何かやったら?」


飛龍「んー、そう言われてもー・・・」


赤城「手っ取り早く、腕相撲でどう?」


蒼龍「私はそれでいいわよ。飛龍は?」


飛龍「うん、こっちもいいわ」


赤城「それで、罰ゲームなんだけど・・・」







↓1 腕相撲、負けた方への罰ゲーム

906: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:45:50.78 ID:LXkF6B29o
露出度高めのサンタコスを着る

907: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:48:52.11 ID:irtLsdw1O


赤城「さっき、この衣装拾ったのよ。これ、罰ゲームね」


飛龍「うわ・・・蒼龍、あんたが来た方が似合うよ」


蒼龍「やだやだぁ、あんな露出高いの・・・」


加賀「それじゃ、勝つことね」


赤城「それでは・・・レディー・・・」


赤城「ゴッ!!」


蒼龍 飛龍「「っ!!」」







↓1 蒼龍のコンマ


↓2 飛龍のコンマ





高い方が勝ちです

908: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:51:43.73 ID:HqXkCLkS0
ほい

909: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:54:05.85 ID:LFhuogcjO
うりゃ

910: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:59:34.75 ID:irtLsdw1O



蒼龍「ぐぬぬぬ・・・!!」


飛龍「んりゃぁっ!」


今日はここまでですー

お疲れ様でしたー





蒼龍「あぁっ、負けちゃった・・・」


赤城「お疲れ様。でもすごかったわよ」


飛龍「さ、蒼龍。これを着てもらうわよ!」


蒼龍「・・・仕方ないなぁ」


加賀「・・・どうせ誰も見てないし、ここで着替えてもいいんじゃない」


蒼龍「加賀、酔ってるの・・・?」







↓1 どうなる?


911: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 01:05:51.70 ID:yhcwmeUi0
いろんな子からモテまくって困り顔の陽炎

915: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 22:55:54.39 ID:TxaamU38O

こんばんわー

更新始めますねー






「陽炎!いっしょに食べよ?」


「あ、ずるい!陽炎さんとは私が食べるの!」


キャー キャー


陽炎「・・・うーん」


不知火「モテモテですね」


黒潮「姉ちゃんそっちの気あったんかいな」


陽炎「いやいや、ないない!」


陽炎「はぁ・・・」









↓1 どうなる?

916: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 22:57:20.23 ID:aVUOM08k0
レーベが押しのけ陽炎とお酒を、、

917: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:01:10.34 ID:TxaamU38O



レーベ「んしょ、んしょ・・・」


レーベ「陽炎さん、すごい人気だね」


陽炎「そうねー・・・もう参っちゃうわよ」


レーベ「そういうと思って、お酒持ってきたんだ」


陽炎「・・・今回だけ、飲んで忘れようかな」


不知火「司令官には黙っておきますので」


レーベ「ありがとう。それじゃ、僕も・・・」








↓1 レーベの酒耐性



↓2 陽炎の酒耐性



918: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:01:49.46 ID:yhcwmeUi0
ぽい

919: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:01:58.58 ID:Ec6t0rwdo
l;:

920: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:05:20.93 ID:TxaamU38O



二人ともそれなりで・・・



陽炎「あ~・・・いい気分~」


レーベ「そうだね。体がフワフワする感じだよ」


陽炎「な~んかもうどうでもよくなってきた・・・」


不知火「姉さん、しっかりしてください」


黒潮「・・・ま、今回くらいはええんちゃう?」









↓1 どうなる?

922: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:07:25.11 ID:vINeUEPJ0
提督「何やってんだ」

924: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:11:51.50 ID:TxaamU38O


さすがにコンマ挟んでますけど連取で




提督「こらっ、何やってんだ」


陽炎「あ~・・・司令官か」


レーベ「提督も飲む?」


提督「飲まねぇし・・・また酒飲みやがって・・・」


黒潮「まあまあ、今日だけやから。な?」


提督「・・・しょうがないな」







↓1 どうなる?


921: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:06:53.73 ID:aVUOM08k0
総領「騒がしいわね」
そうだな

927: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:17:13.86 ID:TxaamU38O



統領「・・・随分と騒がしい・・・いえ、賑やかですね」


提督「そうだな。昔なら考えられなかった・・・」


不知火「・・・」キッ


統領「そんなに睨まないでください。提督には、何もしませんから」


提督「・・・」





↓1 どうなる?

926: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:13:41.80 ID:vINeUEPJ0
長門「部屋まで送ろう」

929: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:21:17.25 ID:TxaamU38O



陽炎「すぅ・・・」


レーベ「くぅ・・・」


黒潮「あらら、寝ちまったで」


不知火「こんなところで寝たら、風邪を引くわよ」


長門「なら、私が部屋まで送るよ」


不知火「・・・妙なことはしないよう」



長門「なに、任せておけ」









↓1 どうなる?


930: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:22:51.90 ID:aVUOM08k0
総領「そろそろ本題に入ろうか」

931: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:28:45.09 ID:TxaamU38O



統領「・・・さて」


統領「そろそろ、本題に入りましょうか」


提督「それは、君がここにわざわざやって来たことについてか?」


統領「ええ、勿論です」


統領「・・・貴方も分かっている通り、天津風についてです」


提督「・・・あいつは」





選択肢安価


1 天津風に何があったのか


2 どうすれば助けられるのか


3 その他自由安価





↓1

932: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:29:24.46 ID:LFhuogcjO
1

934: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:40:45.25 ID:TxaamU38O



提督「・・・あいつは、何があったんだ?」


提督「ちょっとやそっとじゃ、ああはならないだろ」


統領「・・・そうですね」


統領「どこから話していいものか・・・」






統領「・・・天津風は、以前この地域の小さな鎮守府にいました」


統領「その鎮守府は、軍の上層部からも信頼されていたこともあり、旧式の船ばかりでしたが艦隊の結束はとても強いものでした」


統領「しかし、ある日、深海凄艦の大群が迫っていることを知った鎮守府は、応援も呼べず一部隊で挑むことになりました」


提督「そのときに、か?」


統領「・・・いえ。旧式ばかりの艦隊で唯一新型艦だった天津風は、司令官からの命令で本国へ撤退することになったのです」


統領「・・・しかし」


統領「仲間を何より大切にしてた彼女は、途中で引き返してしまいました・・・」


統領「艦隊は、すでに壊滅してました」






935: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 23:58:33.48 ID:TxaamU38O



『はぁ、はぁ・・・皆は!?』


『皆!どこなの!?』



統領「・・・引き返した天津風は、仲間達を必死に探しました。そして彼女は、元いた鎮守府へ足を踏み入れたのですが・・・」


統領「そこはすでに、その鎮守府の上層部と対立している派閥に占拠されてました」




『・・・これが艦娘か。人間と変わりないな』


『な、何よあんた達・・・ここは提督の・・・』


『まあ、こっちにこい』


『いやっ!いやぁぁぁぁっ!離してぇ!』






提督「・・・」


統領「・・・男達から暴行を受けた天津風は、それでも仲間が助けに来てくれると思ってたのでしょう」




『がはっ・・・ぅあ・・・』


『あんた達なんか、きっと皆が・・・』


『ん?知らなかったのか?』


『ここの部隊なら、もうとっくに海の藻屑だよ』


『え・・・?』


『嘘、嘘よ!皆が簡単に死ぬわけない!』


『助かったよ。深海凄艦と共倒れしてくれたおかげでここは俺たちのものだ』


『・・・あんた達なんかのために、皆はっ・・・!提督は・・・!』


『あいつらはそうかもしれないが、お前はこれからずっと俺たちのために働くんだよ』


『・・・許さ、ない』


『殺す、殺して、ヤル・・・』


『許サナイッ・・・!』



936: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:05:39.74 ID:7tKnNIANO



統領「彼女の心の支えが壊れてしまいました」


統領「そして、私が駆けつけたときには、すでに手遅れてした」


統領「天津風は、ほとんど裸の体にいくつも返り血を着けながら、ずっと宙を眺めていました」


統領「・・・私はそこで彼女の記憶を貴方と同じように奪い、彼女の元いた鎮守府の上官であった准将に、彼女を預けました」


統領「しかし、准将も政争に敗れ、天津風は別の鎮守府に連れていかれ・・・」


統領「また、同じ扱いをうけ、今ここにいるのです」


提督「・・・」







↓1 どうなる?

937: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:06:37.14 ID:1a9QtUqC0
提督「どうしたらいいんでしょうね」

938: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:09:16.05 ID:7tKnNIANO




提督「はぁ・・・」


提督「俺は、どうしたらいいんだ?」


統領「それは貴方が決めることです」


提督「・・・あいつは、あんなに暗い過去を背負っていたのか」


提督「・・・無力だな、俺は」








↓1 どうする?どうなる?

939: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:10:34.17 ID:BvI2x17C0
天津風がやってくる

941: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:13:54.81 ID:7tKnNIANO


天津風「ごほっ・・・」


提督「天津風!起きてきたのか!?」


天津風「そうだけど・・・この騒ぎは?もうクリスマスなの?」


統領「・・・」


天津風「・・・?」







↓1 どうする?どうなる?

942: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:14:32.18 ID:1a9QtUqC0
新米「そんなことよりも酒飲みましょうよ」

944: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:18:45.68 ID:7tKnNIANO



新米「あ、あの・・・二人とも?」


新米「一体何が・・・」


提督「悪い、新米。あっちにいっててくれ」


新米「は、はい・・・」




統領「・・・久しぶりね、天津風」


天津風「? あの、前にどこかで・・・?」


統領「・・・」






↓1 どうなる?


945: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:20:09.92 ID:UCLV29oQ0
思い出し始め深海せいかんになり始める

948: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:24:02.19 ID:7tKnNIANO



ズキッ


天津風「ぐ・・・がぁっ!?」


天津風「な、何これ・・・寒い」


提督「天津風!?」


統領「・・・」


天津風「皆・・・皆、どこに行ったノ・・・」


駆逐凄姫「私ダケ、オイテイカナイデ・・・」


提督「くっ・・・」







↓1 どうする?どうなる?

949: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:25:08.14 ID:l5EOc54VO
統領を襲うが、ヲ級が取り押える

952: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:31:07.29 ID:7tKnNIANO



駆逐棲姫「ウゥゥ・・・」


提督「天津風・・・」


統領「・・・」


駆逐悽姫「ガアァァァァッ!」


ガギィィッ!


ヲ級「・・・!」


駆逐悽姫「グウゥゥウァァァ・・・」


統領「・・・ありがとう、助かったわ」








↓1 どうする?どうなる?

953: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:32:47.20 ID:cmzyqITao
しばらくジタバタ暴れるが疲れて落ち着いちゃう

955: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:38:34.60 ID:7tKnNIANO




駆逐悽姫「ガ、ァ、ア・・・」


提督「止まった・・・?」


統領「深海棲艦化が精神的なものだからです。この娘は、それだけまだ艦娘に近いということです」


提督「・・・でも、またいつこうなるか分かんないんだろ」


統領「・・・そうですね」








↓1 どうする?どうなる?


956: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:39:46.88 ID:1a9QtUqC0
幽閉する

958: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:47:10.51 ID:7tKnNIANO



統領「・・・私は、幽閉するしかないと思います」


統領「それが、この娘のためです」


統領「提督、天津風を・・・」


ガシッ


提督「天津風は俺の部下だ。お前に好きにさせるつもりはない」


統領「・・・私は、貴方達のことを思って言ってるんですよ」


提督「俺たちのことなんか、気にしてどうなる?こいつはこのままだろうが」


統領「・・・」


提督「対策があるから、ここに来たんじゃないのか。教えろ」


統領「っ・・・」






選択肢安価



1 対策はない


2 対策はある





↓1

959: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:48:08.87 ID:M9mHkapB0

961: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:53:56.04 ID:7tKnNIANO



統領「対策なんて、そんなもの・・・」


提督「なら何でここに来た。なぜ俺にあいつの過去を話した」


提督「あいつに同情させるためか?違うだろ?」


提督「本当はお前だってあいつを救いたいんだ。
だったら・・・その程度で諦めてんじゃねえよ!」


統領「っ・・・」











↓1 どうなる?

962: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:54:23.29 ID:1a9QtUqC0
長門「私が、監視しておこう」

963: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:01:30.39 ID:7tKnNIANO



提督「ともかく・・・」


提督「天津風は何とかする。出来なくても、寂しがらせたりしない。この鎮守府の全員の問題だ」


統領「・・・そこまで言うのなら、貴方に任せます」


提督「もう行くのか」


統領「ええ・・・」


統領「・・・ありがとう。目が覚めたわ」









天津風「ん、んん・・・?」


提督「起きたか。天津風」


天津風「な、何よ・・・どうしたの?」







↓1 どうする?どうなる?

964: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:02:36.88 ID:A2GM3c4B0
クリスマスプレゼントに欲しい物とかあるか?

966: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:06:41.47 ID:7tKnNIANO


今日はここまでですー

お疲れ様でしたー




提督「・・・」ナデナデ


天津風「ん、ち、ちょっと・・・」


提督「・・・クリスマス、何か欲しいものはないか?」


天津風「え?どうしたのよ、急に・・・」


提督「いいから。何でも、言ってみろ」


天津風「う・・・なら」






↓1 天津風の欲しいもの

967: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 01:07:37.39 ID:cmzyqITao
「ここにいたい。ここにいさせて・・・」

969: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 22:59:50.59 ID:uUHNIEI2O


こんばんわー、更新始めますねー



天津風「・・・なら」


天津風「最後まで、ここにいたいわ。ここに、いさせて・・・」


提督「・・・ああ、もちろんだ」


天津風「・・・提督、その」


天津風「最初来たとき、弱味につけこんで・・・ごめんなさい」


提督「いいんだよ。まだ全然知らなかったころだからな」


提督「とりあえず、これからもよろしくな」


天津風「うん・・・!」








↓1 クリスマスパーティーラストイベント安価



970: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:02:14.21 ID:A2GM3c4B0
雪が降ってきた
はしゃぐ皆と少し寒がる提督
それを見て私は体温高めだからと、ぴったりくっつく天津風

972: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:09:06.04 ID:uUHNIEI2O


「見て見て!雪降ってるよ!」


「わぁぁぁぁっ!」






提督「さすがに、雪が降るくらいだと冷えるな・・・」


天津風「そうかしら?」


提督「ああ、暖房もっと強くするか・・・」


天津風「・・・」


ギュッ


提督「ん、おい・・・」


天津風「私は、体温高め、だから・・・」


提督「・・・そっか」









↓1 どうなる?

973: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:09:53.72 ID:1a9QtUqC0
遠征にいかせる

979: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:15:34.50 ID:uUHNIEI2O


さすがに唐突すぎましすし、↓にずらしま





漣「・・・何いい雰囲気になってんですか。あの二人は、ねぇ時雨さん」


時雨「えっ?何?何か言ったかい?」ドキドキ


漣「そんなに雪が好きですか・・・はっ!そうだ!」


漣「今だくらえっ!!」ブン



ヒュルルルル


天津風「わぶっ!?」


提督「お、おい・・・」


天津風「や、やったわね・・・!」


漣「逃げろー!」


キャー







↓1 どうなる?

980: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:16:20.80 ID:cmzyqITao
雪合戦で大はしゃぎ。そりゃもう楽しく

983: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:20:41.06 ID:uUHNIEI2O





天津風「このっ!」


漣「わっ!?」


夕立「夕立も混ざるっぽいー!」


提督「風邪引くなよー・・・聞いてないか」


時雨「て、提督!雪、すごいよ!見て見て!!」


時雨「はぁぁ・・・すごいなぁ・・・!!」


「しれいかーん!」


「夕立ちゃんが雪にはまって抜けなくなったー!!」


提督「何やってんだよもう・・・」










↓1 どうなる?

984: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:21:38.14 ID:1a9QtUqC0
夕立を救出

987: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:25:58.84 ID:uUHNIEI2O



夕立「あーん!助けて欲しいっぽい~!!」


夕立「てーとく助けてー!!」


白露「提督!早くしないと!」


村雨「夕立が冷凍夕立に・・・!」


提督「ならないから・・・せーのっ!」


ズボッ


夕立「てーとくー!!怖かったっぽいー!」


提督「次からは気を付けろよ、な?」









↓1 どうなる?

981: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:16:40.16 ID:c1LAyv/e0
楽しく遊ぶのを見てたら
統領が天津風のいた鎮守府への危険な海域の地図を渡してくる

989: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:32:31.79 ID:uUHNIEI2O



統領「・・・楽しそうですね」


提督「ん?ああ・・・まったく、子供は元気だな」


統領「・・・これを」


提督「・・・これは?」


統領「・・・天津風のいた鎮守府への海図です。今となっては、深海棲艦の勢力のまっただ中です」


提督「・・・」


統領「行くのなら、覚悟をしておいてください。そこには、天津風だけでなく・・・」


提督「いいさ。それで天津風は救われるんだろ」


統領「・・・まったく貴方には敵いませんね」


統領「では、私はこれで。幸運を祈ってますよ」









↓1 どうなる?

990: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:34:31.46 ID:M9mHkapB0
お開き

993: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:41:13.97 ID:uUHNIEI2O

提督「・・・さて」


パンパン!


提督「ほら、お前ら。もう寒いから上がりなさい」


「・・・はーい」


提督「大人組も片付けしろよ。今日はお開きだからな」


提督「片付けしたら、風呂はいって早く寝ろよ!就寝後は外出禁止!」





漣「・・・ご主人様、何か張り切ってる?」







↓1 正真正銘最後のイベント安価


994: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 23:42:26.15 ID:c1LAyv/e0
古鷹参上
夜戦?


次回 【安価】提督「提督になれてよかった」その5【艦これ】