2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/05(土) 00:05:55.30 ID:cmyKlZqo0
「どうしたんですかいきなり?」

不思議そうな顔で聞いてくる。それもそのはず。なんの脈絡もなくきいたのだから。

「いや、楓さんの好きなうたってなにかなと思って」

すこし、ほんの少しだけビクッとなりながら答える。

「そうゆうことですか」

「そうゆうことです」

どうやら納得したらしい。子供のように笑いながら答えてくれた。

「こいかぜ......ですかね」

「自分のうたですか?」

「はい」

引用元: モバP 「楓さんのすきなうたって何ですか?」 楓「えっ」 



3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/05(土) 00:06:55.22 ID:cmyKlZqo0
「どうしてですか?」

「自分の......自分の今の気持ちと同じなんです。自分の気持ちを伝えたいのに伝える勇気がないそんな自分の気持ちと」

思考が止まり沈黙が3秒ほど続く。そして、思考が動き出す。

「えっ、えぇぇぇぇぇぇぇ! ちょと待ってください! 楓さん好きな人がいるんですか!」

「ハッ!」

「ハッ! じゃないですよ! えっ、すっす好きな人いるんですか」

「......はい」

楓さんは頬を赤らめながら答えてくれた。

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/05(土) 00:07:36.40 ID:cmyKlZqo0
「誰ですか!」

強めに問いただす。が、

「秘密です」

楓さんは答えてくれない

「えっと......じゃあその人は芸能人ですか、一般人ですか?」

「秘密です」

「楓さん答えてください」

「ひみt」

「楓さん」

「芸能関係者です......そんな睨まないでください」

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/05(土) 00:08:51.29 ID:cmyKlZqo0
そういわれ目の辺りを手でほぐす。

どうやら無意識のうちに睨んでしまっていたらしい。

しかし、楓さんは少ししょげながら答えてくれた。

「すいません。で、その人とはどこまでしましたか?」

「どこ......まで?」

楓さんは少し驚きながら聞き直してくる。

顔を赤くして何を聞いているのだと思う。自分は中学生か。

「どこまでといってもまだ告白もしてないですけど」

馬鹿だと自分で思う。こいかぜはそんなうたではないか。

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/05(土) 00:09:21.75 ID:cmyKlZqo0
「そうですか......じゃあ楓さんはその人とどうなりたいですか」

「どうなるって」

「その人と結婚したいですか」

「えっと......しっかりお付き合いしてから結婚したいです..」

「そう......ですか」

そこまで相手のことを想っているのか。相手はさぞ幸せ者だと思う。

「やっぱり駄目ですか?」

「いや、駄目ってわけじゃないんですけど......」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/05(土) 00:09:54.51 ID:cmyKlZqo0
自分としては止めたい。しかし、これは完全に個人的なものだ。

「じゃあいいんですか?」

「いいって訳でもないですけど......」

頭が混乱する。

どうしたらいいと思考が速くなるが、考えがまとまらない。すると、

「プロデューサーさんと楓さんまだいたんですか! 二人とも早く帰ってくださいよ! もう終電ないですよ!」

ちひろさんが少し怒りながら言う。驚きながら時計を見るともう日付が変わって少し経っている。

「うわ、本当だ。仕事に夢中で気づきませんでした」

「うちはブラック企業じゃないんですから。プロデューサーさん、楓さんを送って帰ってください」

「ちひろさんも送っていきますよ」

「本当ですか! ありがとうございます! じゃあ私も帰りの支度してきます」

ちひさんがにこやかに笑いながら帰り支度をはじめる。

8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/05(土) 00:10:39.35 ID:cmyKlZqo0
しかしながら自分の集中力に驚く。

いや、違う。むしろ逆だ。自分がこんなにも仕事をしていたのは......本当の理由を見つけ胸が苦しくなった。

「仕事をするプロデューサーとかけまして、けむりと解きます」

そんな自分に楓さんが唐突になぞかけを言う。呆れながら、

「その心は?」

と答えを聞く。

「どちらもモクモクしています」

「座布団-3枚」

「え~」

「ほらくだらないこと言ってないで帰りますよ楓さん」

帰りの準備を素早く終わらせるが、楓さんへの答えの準備はまだできていない。

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 23:58:08.82 ID:cmyKlZqo0
ちひろさんと楓さんが帰りの支度を終え事務所に鍵を掛ける。

ちなみに今の季節は冬だ。

冷たい空気が暖房で温まった体を冷やしていくが、頭は少しも冷えない。

立ったまま答え考えていると

「早く車に乗りましょうよ。寒いですし」

というちひろさんの言葉で我に返る。

「そうですね。でも車が温まるのに少しかかりますよ」

「その間になぞかけをしましょう!」

「「いやです」」

ちひろさんと重なる。二人で顔を見合わせ、笑いが起きる。

楓さんは顔をふくらませて不満そうな顔していた。

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 00:02:14.54 ID:moKcHYhn0
「楓さんの好きな人ってだれですか!」

車に着くとちひろさんが開口一番そんなこと言う。

車が温まるまでは寒いので買ったコーヒーを車のフロントガラスに盛大に吹き出す。

楓さんも同じようにむせていた。

「ち、ちひろさん聞いていたんですか」

「あんなに大きな声なのに気づかないと思いますか」

にやけ顔でちひろさんは答える。感情的になって大声になっていたのだろう。

「それで誰なんですか楓さん」

「秘密です」

楓さんはちひろさんに対しても答えなかった。

こんなにも答えないのだとしたら事務所の人なのかもしれない。

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 00:05:34.41 ID:moKcHYhn0
「プロデューサー、ちひろさん、私どうしたらいいですか?」

フロントガラスに吹いたコーヒーをハンカチで拭いていると楓さんは寂しそうな顔をして聞いてきた。

窓を拭いていると車内が温まってきたので車を動かす。

「私は応援しますよ! 恋は人の心を幸せにしますから!」

ちひろさんが嬉しそうに答える。

「自分は......」

答えるのに時間をかけてしまう。

自分はどうしらいいのだ。

男としてその恋はあきらめてほしい。

プロデューサーとしても。

だが、自分がこの気持ちをあきらめるには楓さんに彼氏が出来るしかない。

いや、結婚するしかない。

だから、

「自分もいいと思います。ただし、結婚となると最悪の場合は引退。それでもいいですか?」

大嘘だ。

いやだと言って欲しかった。

しかし

「それでもいいです。でも、まだ告白もしていないのに結婚って......プロデューサー気が早いですよ」

「楓さんなら絶対うまくいきますよ」

胸が苦しい。息が荒くなりそうだ。しかし、バレないように押し込む。

「あっ、この辺でいいですよ」

楓さんが言う。あっという間だった。

「ありがとうございました。ちひろさん、プロデューサーまた明日」

楓さんは笑いながらそう言う。

「また明日話聞かせてくださいね! 楓さん!」

ちひろさんの言葉に楓さんが顔を赤らめる。

「またあした」

自分も笑って返すが、胸が潰れそうになる。

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 00:06:11.54 ID:moKcHYhn0
楓さんが見えなくなったところで車を走らせる。すると

「プロデューサーさんどうするんですか!」

ちひろさんが真剣に問いただしてくる。

「何がですか」

分かっているがあえてとぼける。

「楓さんのことですよ。どうするんですか!」

「どうするって。自分も応援しますよ。」

「それでいいんですかプロデューサーさんは!?」

「なんでですか?」

「だってプロデューサーさん楓さんのこと好きでしょ!」

「えっ」

思わず声がこぼれた。

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 00:07:03.72 ID:moKcHYhn0
「ちひろさん何言ってるんですか。自分は......」

「とぼけったって無駄です。傍から見たら丸分かりですよ」

「そうだったんですか......ハハッそしたらもう楓さんにもバレてるかな」

「楓さんは気づいていませんよ! 気づいていたらプロデューサーさんの前であんな話しませんよ!」

「じゃあ楓さんは自分に諦めて欲しくて言ったんじゃないですか。私はあなたの気持ちには答えられないって」

「そんなことないですよ!どうするんd」

「なにもできませんよ!!」

思いっきり怒鳴ってしまう。ちひろさんが驚いてしまった。

「すいません。大声出して」

「でもなにもできなじゃないですか。自分はプロデューサーで楓さんは自分の担当アイドルで。なにもできなじゃないですか」

ちひろさんが下に俯く。
「ね、なにもできないでしょ。自分は楓さんに思いを伝えることすら出来ないんですよ」

「できます」 

「えっ」

ちひろさんが力を込めて顔を上げながら言う。

「何勝手に諦めてるんですか。そんなんじゃ叶うも叶いませんよ!」

「でも...」

「あ~もう面倒くさいな!それでもあなた男ですか!?」

そんなことをしてるうちにちひろさんの家に着いてしまう。

「あきらめるなら他の理由であきらめてください。わかりましたか。送ってくれてありがとうございました。また明日」

ちひろさんはそういって車から降りっていった。

クソ、自分はどうしたらいいんだ?

文字どうり頭を抱える。

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 00:08:43.01 ID:moKcHYhn0
~千川ちひろ~

「これでよかったのよ。これで」

私、千川ちひろは今、恋をあきらめた。

あの人に幸せになってほしくて。

諦めるなと言ったのに。

涙が止まらなかった

「明日からまた頑張るから今夜だけは泣いていいですよね 」

自分に言い聞かせるように呟く。

「プロデューサーさん」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/07(月) 00:05:34.91 ID:bqLqbVY20
自宅から歩いて5分ほどの駐車場に車をとめる。

車から出るとても寒かったが気にならない。それよりも、

「楓さん......」

いつからだろうか。こんなにも彼女のことが愛しくなったのは。

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/07(月) 00:06:30.29 ID:bqLqbVY20
楓さんと出会ったのは1年前に居酒屋で出会った。

彼女はカウンター席の隣で一人日本酒を飲んでいた。

寂しそうだったがとてもきれいな人だった。

少し酔っているのか頬は赤く染まっていた。

「何か変ですか私?」

「へっ?」

いきなり話しかけられ変な声が出る。

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/07(月) 00:06:56.35 ID:bqLqbVY20
「いえ、ずっと私を見ているので」

「その......えっと......きれいだったので」

「えっ」

テンパってしまい、思っていたことそのまま言ってしまう。しまったと思い、

「あ、あと寂しそうに見えたので」

「寂しそう?」

「は、はい...」

うわぁー 今、引かれてるなー思っていると

「やっぱり、そう...見えますか」

「へっ?」

あまりにも予想外の返答にまた変な声がでた。

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/07(月) 00:07:46.60 ID:bqLqbVY20
「悩みがあるんです。私」

「悩みですか?」

「はい」

そこから少しの沈黙が続く。

次に話しかけたのは自分だ。

「悩み聞きましょうか」

「えっ、いいんですか?」

「はい。悩みがない人なんて少ないんですから自分に話せるならいいですよ。それに」

「それに?」

「一人で飲むのは寂しいので」

「そうですか。じゃあ、遠慮なく」

重い話はしないでくれよと思っていると彼女は話を始める。

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/07(月) 00:08:49.33 ID:bqLqbVY20
「私、モデルなんです」

「モデル!?」

「そんなに驚かないでくださいよ。恥ずかしいじゃないですか」

赤色の頬がさらに赤色に染まる。とても可愛らしい。

「いいですねモデル。サラリーマンと違って楽しそうじゃないですか」

「それがそうでもないんです」

「?」

そこから彼女が一人で話し始める。

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/07(月) 00:11:41.07 ID:bqLqbVY20
「私、人とコミュニケーションをとるのが苦手で」

「他のモデルの子と話せないんです」

「まず、話題についていけなくて。みんなは服とかお化粧の話をしているんですけど私は興味なくて」

「そしたら自然と距離ができちゃって」

「それで、この前聞いちゃったんです」

「陰口......ですか」

「はい。よくわかりましたね」

「話の流れからそうかなって」

そして、彼女が再び話し始める。

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/07(月) 00:13:42.47 ID:bqLqbVY20
「そう......ですか。その内容が私の付き合い悪いとか、何考えてるかわからないとかで」

「自分でもわかっていたんです。けど、人に言われるとですね......」

「もうやめたいんです、モデル。だけど」

「だけど?」

「やめても意味ないと思うんです。」

「再就職したとしてもまた人の輪に入れなくて」

「同じことの繰り返しになると思うんです」

「どうしたらいいんですかね」

話が終わる。

自分には重い話だった。

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/07(月) 00:15:29.29 ID:bqLqbVY20
しかし、自分と彼女は似ていると思った。

だから、一つ考えがある。

彼女見てからずっと考えていたことだ。

「アイドルになりませんか?」

「えっ?」

「実は自分こういう者でして」

と言って懐から名刺をだす。

「芸能プロダクションの......プロデューサーですか」

「はい。といっても事務所にはまだ事務員一人と社長しかいないんですけど」

「やってみませんか。アイドル」

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/07(月) 00:16:35.52 ID:bqLqbVY20
「人数も少ないし、事務所ができてからまだ1ヶ月も経ってないです」

「だから、すぐに打ち解けれると思うんです」

「でも、私なんかがアイドルなんて」

「なれます」

「今、アイドルになれる人を探していたんです」

「自分はプロデューサーになってから日が浅いですけど」

「あなたはアイドルになれると思いました。絶対です」

「どうしてですか?」

「うっ、その......フィーリングです」

これじゃ説得力がないじゃないか。失敗した、と思っていると

「いいですよ」

「えっ」

「アイドルやってみたいと思います」

予想外の返答だった。

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/07(月) 00:23:05.95 ID:bqLqbVY20
「本当ですか!?」

「本当です。そんなに説得されたら私でもなれる気がました」

そういって彼女は笑う。作りものでない本当の笑顔を作って。

「なら、明日そこに書いてある事務所にきてください。色々手続きが必要なので」

「はい」

「あと、名前を教えてください」

「私の名前は......」

時間が止まったような感覚。

そこから名前を聞くまで自分は彼女に見とれていた。

「高垣 楓です」

そんな彼女の頬は楓色だった。

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 00:16:18.68 ID:R8+8H/jA0
「もう1年前か...」

楓さんは次の日にモデルをやめてうちのアイドルになった。

履歴書を見て楓さんが二十四歳だと知ったちひろさんと社長はとても驚いていた。

自分は最初からそれくらいだと思っていたのだが、他の人からするとだいぶ若く見えるらしい。

楓さんが入ったあとに社長や自分のスカウトしたアイドルが入ってきたが、楓さんはその子達とも仲良くなっていた。

楓さんはレッスンを難なくこなし、半年ほどで人気アイドルになった。

そこからだろう。楓さんのことが気になり始めたのは。

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 00:17:13.82 ID:R8+8H/jA0
楓さんが自分以外の人話すと仕事に集中できなくなったり、家に帰っても楓さんのことばかり考えていた。

好きだと気づいたのは楓さんと手が触れた時だ。

偶然だったが楓さんに触れたことで。

自分はこの人のことが好きだと気づいた。

前の恋でもう二度と恋なんてしないと決めていたのに。

楓さんのために生きたいと思えた。

そんなことを思いながら歩いていると、ボックス型の公衆電話が目に入る。

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 00:18:02.36 ID:R8+8H/jA0
その中に入り、楓さんに電話を掛ける。

自分の気持ちを伝えるために。

百円硬貨を入れて少しして電話がつながる。

「はい。高垣です」

「あっ...夜遅くにすみまs」

「プロデューサー!」

受話器越しで驚いている声が聞こえ、おもわず受話器を耳から離す。

「どうしたんですか! プロデューサー」

「いえ、その」

いざとなると言葉が出てこない。

何とを言えばいいんだと考えてシンプルに好きですと言おうとしたときだ。

「楓さん! 自b」

「プロデューサーさん! 雪です! 雪!」

「えっ?」

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 00:19:28.45 ID:R8+8H/jA0
そう言われ外を見ると本当に雪が降っていた。この勢いだと積もりそうだ。

「本当ですね」

「東京で雪って降るんですね!」

とてもはしゃいでいるのが受話器ごしからもわかる。

「ハッ! 勝手にはしゃいじゃってすみません。何かお話があるんですよね?」

「いえ、もういいです」

「そう......ですか。あれ? 明日、プロデューサーさんどうやって出社するんですか?」

「そうですね歩き......ですかね。楓さんはどうするんですか?」

「私も歩きですね。雪はさっさとお行きなんて」

「10点」

「え~」

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 00:20:31.55 ID:R8+8H/jA0
会話をしていて気づいたことがある。

楓さんの好きな所だ。

全部だ。

笑っている所も、声も、ダジャレを言う悪い癖も。

全部、全部好きなんだ。

「楓さん」

「はい? 何ですか?」

「恋、頑張ってくださいね」

「えっ あっ、はい頑張ります......」

恥ずかしそうに答えている。そんな所も好きなんだ。

「じゃあまた明日」

「また明日」

そう言って受話器を下ろす。

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 00:21:11.90 ID:R8+8H/jA0
外へ出ると入る前よりも寒くなっていた。

頭は冷えた。

決めた。自分は高垣 楓に

「告白する」

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 00:21:43.32 ID:R8+8H/jA0
To the next story.

60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 00:28:26.90 ID:R8+8H/jA0
これで終わりです。
次はモバPが告白する話です。
これは別スレで明日投稿します。
もしよかったら読んでください。
みなさんここまで読んでくださったり、アドバイスありがとうございました。

PS 楓さんに投票お願いします!