1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/06(日) 20:15:19.14 ID:V47lqUIu0
P「……なるほど。春香たちは気付いていたんだな。俺のバランスがおかしい事に」

春香「バランスというか……その頭がおかしいだけなんですけど」

亜美「っていうか、気付かない方がおかしいでしょ」

真美「何となく今までスルーしちゃったけど、もう我慢できないんだYO!」

P「ならば答えよう。それは……純正パーツじゃないからだ」

律子「……はい?」

P「だから、純正パーツで組んでないからだよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396782918

引用元: P「俺の頭がP型の理由?」 



2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:16:08.24 ID:V47lqUIu0
真「ねぇ、雪歩……意味分かる?」

雪歩「分かるわけないよぉ」

伊織「パ、パーツって……アンタ、自分がロボットだとでも言いたいの?」

やよい「はわっ!? ロボットだったんですか!?」

P「バカ言うなよ。俺がそんな無機物の塊に見えるか?」

千早「見えませんが、何か釈然としません」

貴音「そもそも純正とはいったい?」

P「純正ってのは同じ型番のパーツで揃った状態だ」

響「うがー! ますますわからなくなったぞ!」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:17:32.27 ID:V47lqUIu0
P「何で分からないんだ。例えばだぞ。今、俺の頭パーツはPRD型のパーツになってる」

美希「PRD……プロデューサーの略かな?」

P「その他のパーツはTNGシリーズを使ってる。元もとのベースはTNG型だから、頭パーツが浮いて見えるんだよ」

小鳥「TNGって何ですか?」

P「ただの(T)人(N)間(G)です。間違ってもラスボス的なパーツではありません」

あずさ「意味が分かりませんが……ちょっと強引ですね~」

P「型番に文句言われても……でも、これで疑問も解決したろ?」

春香「つまりプロデューサーさんの頭がP型なのは、頭パーツを交換したからだったんですね!」

P「イエス。もやもやが解けて良かったな」

伊織「えぇ、これで解決……って、なるかぁぁぁぁっ!!」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:18:20.72 ID:V47lqUIu0
P「うおっ!? び、びっくりしたぁ」

律子「パーツ交換って何なんですか! え? プロデューサーって人ですか!? 人なんですよね!?」

P「だからただの人間だって言ってるのに」

あずさ「ただの人間はパーツ交換なんて出来ないと思うんですけど~」

P「えっ、皆は出来ないのか?」

雪歩「そこで聞き返されるとは思いませんでした」

真「……仮に頭パーツを交換したってのが事実として、記憶とか性格とかどうなってるんですか?」

P「真もおかしな事を聞くのな。幾ら器が変わっても、メダr……魂が変わらなきゃ記憶も性格もそのままに決まってるだろ」

小鳥「今メダルって言いかけませんでした?」

P「気のせいですよ」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:19:28.28 ID:V47lqUIu0
やよい「何で頭パーツを交換する必要があるのかなーって」

P「何でって、そりゃPRD型の方がプロデュース業に適した性能だからだよ」

響「性能……そういうのまで変わるのか!?」

P「当たり前だろ。見た目だけしか変わらないなら純正パーツで揃えるさ」

美希「断言されても分かんないの」

P「TNG型は律子の頭パーツみたく、プロデュース値が高くないからな。入れ替えないとやってけないんだ」

亜美「りっちゃん、プロデュース値高いってさ」

真美「良かったね」

律子「これは素直に喜んでいいの……?」

千早「……」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:20:29.70 ID:V47lqUIu0
春香「千早ちゃん? さっきから考え込んでるみたいだけど、どうかした?」

千早「あの、プロデューサー」

P「なんだ?」

千早「例えばですが、私とあずささんの胸部パーツを交換する事は可能ですか?」

あずさ「えっ」

春香「ちょっ、千早ちゃん!?」

真「なるほど。確かにそれなら……」

雪歩「真ちゃん……?」

P「あー。残念だがそれは出来ない」

千早「何故ですかっ!?」

P「頭パーツって上半身込みなんだ」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:22:35.85 ID:V47lqUIu0
真「上半身込み……つまり、頭パーツと胸部は合わせて一つ?」

雪歩「胸を交換しようとすると、頭まで変わっちゃうって事ですか」

P「そうだ。後は右腕、左腕、脚部の四パーツだな」

千早「顔ごと変わる……それくらいのリスクは……いいえ……でも……」

春香「千早ちゃん、そろそろ悩むのやめようよ」

P「春香の言うとおりだ。交換したら貴重な歌姫スキルがなくなってしまうぞ」

伊織「千早の頭パーツってそんな特性なのね」

小鳥(今気付いたけど、皆パーツって呼称に慣れちゃってるわ……)

P「うん。頭パーツ交換しちゃうと、歌唱能力が下がるばかりかフォース制御も出来なくなるしな」

千早「?」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:23:28.59 ID:V47lqUIu0
律子「……プロデューサー、ちょっといいですか?」

P「なんだ?」

律子「当然のように話が進んでますが、パーツ交換って本当の事……なんですね?」

P「まだ疑ってるのかよ」

律子「では、この場で交換をお願いします。そうすれば私も信じますから」

P「はぁ?」

春香「あっ、なるほど」

美希「ハニーの話が本当なら、元のパーツ……ハニーの素顔があるって事だね」

貴音「素顔を見せて頂けたなら、流石に信じざるを得ませんね」

伊織「律子の言うとおりね。それなら誰もが納得するわ」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:24:15.49 ID:V47lqUIu0
小鳥「プロデューサーさん、まさか素顔を隠したいから出来ない、なんて言いませんよね?」

P「そんな事はないですけど……皆正気か?」

雪歩「なんで私たちがおかしいみたいな感じになってるんでしょう?」

亜美「正気を疑いたいのはこっちなんだけど」

P「いや、ここで交換なんて無理に決まってるだろ」

律子「何故です? やはりウソなんですか?」

真美「やっぱり素顔見られたくないの?」

P「そうじゃない。ただ、ロボトル中……もとい仕事中のパーツ交換はルール違反だ」

律子「どこにそんなルールが……」

P「どこにって……普通に常識だろ」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:25:17.74 ID:V47lqUIu0
真「プロデューサーに常識を説かれた……」

響「すっごく理不尽な気がするぞ」

P「理不尽って……俺にルール違反して協会に追われる身になれって言うのか? 皆、そんなに酷いやつだったか!?」

P「961プロよりも極悪な行為を俺にやれって、そういうんだな!?」

あずさ「何だかすっごく悪い事をしてる気がしてきたわ」

伊織「おかしいわよ……明らかに正気なのはこっちなのに……」

響「っていうか協会って何なんだ?」

律子「くっ……じゃ、仕事が終わったら大丈夫なんですね? でしたら帰り際に見せてくださいよ」

P「家に帰るまでが仕事だろ。それくらい、小学生でも知ってるぞ」

律子「……」ピキッ

あずさ「り、律子さん落ち着いて? ね?」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:26:08.57 ID:V47lqUIu0
亜美「……今の話だと、休日なら純正パーツでいいんだよね?」

真美「それならお休みの日に見せてもらうとかは?」

P「なるほど。休日に仕事場来るってのもあれだが、この状況を見ると……仕方ないか」

やよい「これで解決ですね!」

千早「ちょっと待って……プロデューサー、次の休日はいつです?」

P「え? ……あー、今忙しいし当分先かなぁ」

小鳥「スケジュール的に、少なくとも一ヶ月は先になりません?」

貴音「ふむ。貴方様の体も心配ですが、皆の不満も限界……ですね」

春香「あのさ、家で自由に交換できるなら、写真送ってもらえばそれでいいんじゃないかな」

美希「! 春香、それはナイスアイディアなの!」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:27:12.86 ID:V47lqUIu0
P「確かにそうだ。よし、今日帰宅したら皆に写真を送る。それでいいな?」

伊織「メール受け取れない人は明日事務所で見ればいいってわけね。悪くないんじゃない?」

真「問題無さそうですね」

雪歩「いいと思いますぅ」

P「じゃ、今日の夜にメールするな」

響「……ちょっとドキドキしてきたぞ」

貴音「貴方様の素顔がついに見られるのですね」

律子「はぁ……これでようやく肩の荷が下りそうね」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:28:06.24 ID:V47lqUIu0
~翌日~


春香「……」

千早「……」

美希「……ハニー」

亜美「……誰かメール、来た?」

真美「真美たちのところには来なかったけど」

響「やっぱり来なかったの自分だけじゃなかったんだな」

あずさ「プロデューサーさん、どうしたのかしら」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:29:05.47 ID:V47lqUIu0
伊織「アイツが嘘をついたなんて考えたくないけど……」

律子「えぇ。プロデューサーはこんな嘘はつかないわ。けど、だとしたらどうして……」

バタン!!

P「皆、すまん!」

やよい「プロデューサー!?」

貴音「貴方様、頭を上げてください」

P「本当にすまない。昨日メール送れなくて」

真「もういいですから。それより、何があったんです?」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:29:33.84 ID:V47lqUIu0
雪歩「何か理由があったんですよね?」

P「あ、あぁ。実はな、昨日パーツ交換した後、写真撮る前にちょっとコンビニに行こうとしたんだ」

小鳥「はい」

P「その途中で真剣ロボトr……勝負を申し込まれて、負けちゃってさ」

春香「何の勝負でどうやって負けたのか気になりますけど、それで?」

P「遊びの勝負じゃないから、負けたらパーツ渡さないといけなくて……」

千早「つまり……」

P「頭パーツ取られました」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:31:32.55 ID:V47lqUIu0
真「頭パーツを取られた状態がどうなってるのか、考えたいような考えたくないような……」

雪歩「それより! それって素顔がなくなっちゃったって事じゃ……!?」

響「た、大変じゃないか!」

美希「どんな顔のハニーでもいいけど、それとこれとは話が別なの!!」

P「あー、待て。落ち着け」

あずさ「でも、こんな話落ち着けませんよ!」

やよい「うぅ……プロデューサー、二度と元の顔に戻れなくなっちゃったんですか」

P「そんな事ないから。大丈夫だから」

伊織「大丈夫って……アンタまさか、もう一度勝負してパーツ取り返そうっていうんじゃ……」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 20:33:09.40 ID:V47lqUIu0
P「違う違う。デパート行けば普通に売ってるから。今度時間作って買ってくるよ」

貴音「はて?」

千早「う、売ってるんですか?」

P「お前ら、パーツ売り場見た事ないのかよ。そりゃ、販売してるパーツなんて性能はたかが知れてるけどさ」

律子「頭痛くなってきました」

小鳥「奇遇ですね。私もです」

P「そういうわけで、悪いが写真はまた今度な。さ、今日も一日仕事頑張ろー!」

P以外「お、おー」

…………

高木「私の顔が見えないのは、いんぺいパーツを使っているからなんだが……」

高木「誰も興味は無さそうだね」



終わり