1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 03:16:04 ID:qCNUXsM6
男「月がキレイだねぇ」

女「そーだねぇ」

男「なんか月見してるみたいだ」

女「そんな季節じゃないよー」

男「そうだねー」

男「でも何か食べたくなってきた」

女「ならなんか作ろっか?」

男「助かります」 


2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 03:21:30 ID:AgO5lI9c
女「おはよぉ」

男「んぅ~おはよぉ」

女「あははっ、寝癖ついてるー」

男「ほんと?」

女「ほんと」

女「寝起きの顔かわいいー」

男「照れるよ」

男「あ、キミもついてる寝癖」

女「ほんと?」

男「ほんと」

女「へへへ」

男「かわいいー」

女「照れるよ」

女「朝食できてるよ」

男「助かります」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 03:31:24 ID:AgO5lI9c
男「暑いなぁ~」

女「そうですなぁ~」

男「扇風機ついてる?」

女「扇風機ついてる」

男「うそー全然風こない」

女「わたくしが独占しているからーアァー」

男「こいつーこっちにもかぜー」

女「じゃあこっちに来てよ」

男「わかった」

女「えいっ」ガバッ

男「ちょっとー暑いよー」

女「暑いですなぁ~でも幸せぇ~」

男「ぼくもー、でも暑ーい」

女「なら、お昼はそうめんにしようか、用意してくるよ」

男「助かります」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 03:39:41 ID:qCNUXsM6
男「トランプしよう」

女「2人で?」

男「2人で」

女「何する?」

男「ババ抜き」

女「2人で?」

男「2人で」

女「いいよ」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 03:41:42 ID:qCNUXsM6
女「やっぱ2人じゃつまんない」

女「キミ弱いし」

男「うぅ…次こそは…」

女「まだやる?」

男「いや、次はオセロをしよう」

女「いいよ」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 03:50:33 ID:qCNUXsM6
女「くそぉ…負けるなんて思ってなかった」

男「ふふふ、思い知ったか、私の実力を」

女「いいよーだ、ババ抜き勝ったから」

男「あら、すねちゃった?」

女「すねてない」

男「すねてる」

女「…もうっ」

男「ふふ、かわいー」

女「かわいくなーい」

男「かわいい」

女「もうやめてー」

男「ごめん、ごめんからかい過ぎちゃった」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 03:53:58 ID:AgO5lI9c
女「許さん」

男「えー」

女「ギュッてしてくれたら許す」
男「えー」

女「…むぅ…」プイッ

ギュッ

女「わわっ、もうっ」

男「ふふ、やっぱりかわいー」

女「ふんっ」

女「仕方ない、許してやるか」

男「助かります」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 04:11:29 ID:AgO5lI9c
男「もう7時なのにまだ明るいねぇー」

女「そーだねー」

男「このまま夜がこなかったらいいのに」

女「そーだねー」

女「でも夜は誰にだってくるよ」

女「望んでいなくとも」

男「残酷だなぁ」

女「でも朝だって誰にだってくるよ」

女「望んでいなくとも」

男「朝を望まないか…」

男「それは、悲しいな」

女「うん」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 04:11:56 ID:qCNUXsM6
女「夜ごはん、作ってくるね」

男「待って」

男「夜ごはんいらない」

男「だから、もっといっぱい一緒に居よ」

女「わかった」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 04:27:45 ID:D5wGQz8c
男「ねぇもう1日だけってのはダメなの?」

女「うん、ダメ」

女「これでも延長したんだから」

男「そっか、そうだよね」

女「うん」

男「……」

女「……」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 04:30:27 ID:D5wGQz8c
男「今日も、月がキレイだねぇ」
女「うん」

女「昨日よりは少し欠けてしまったけど」

男「本当にキレイなものは欠点があるからキレイなんだろうな」

男「いつか、なくなっちゃうから、貴重で、キレイなんだ」

女「……」

男「キレイだ…」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 04:32:48 ID:f3InelS.
男「手、握るね」

女「うん」

ギュッ

男「白くてやわらかい手」

男「死人みたい」

女「……」

男「…震えてる、怖い?」

女「少し」

男「大丈夫」

男「ぼくがいるから」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 04:36:24 ID:D5wGQz8c
男「泣かないで」

男「ぼくも悲しいけど」

男「最後は涙見せないで、ね」

女「…うん」

男「キミの作る料理おいしかった」

女「うん」

男「キミはババ抜きが強い」

女「うん」

男「オセロはぼくの方が強いけどね」

女「うん」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 04:40:42 ID:f3InelS.
男「キミの声が好きだ」

女「うん」

男「キミのこの小さな手が好きだ」

女「うん」

男「キミの…キミが…」

男「キミのことを愛してる」

女「」

男「あぁ、もう行っちゃったか」

男「…月がキレイだねぇ」

男「…ありがとう」

男「それじゃあ、もう思いっきり泣くね」




おわり 



20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/30(木) 00:21:16 ID:cNcy1e8k
キミはふとした瞬間からぼくの前にいた
ほんとにいつの間にか
呼吸をするのがごとく
突然に、偶然的にそばにいた
美しく、そばにいた


ぼくはその美しさを守ろうとした
決して離さまいと 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/30(木) 00:27:01 ID:1HwMZE0.
誰かが言っていた
「花は散るから美しい」
ぼくは今でもこの言葉が理解できない
美しさを失えばそこにあるのは
もちろん美しいさではない
虚無感、寂しさ、悲しさ
そして、それでもなお彼女を求める
愚かで、醜いぼく


あの月も照らす対象がなければ
ただ黄ばんだ円形の模型にしか見えない
明るさは孤独を強調する嫌味なものへと
変貌する 


23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/30(木) 00:37:08 ID:1HwMZE0.
女「おはよぉ」

驚いた
そら驚くだろ
朝、声に起きてみれば
いつもの笑顔が目の前にある


……ただ、すぐに夢だと認識できた
なぜか。どこか空虚さが漂っていたからだ 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/30(木) 21:38:08 ID:qklNWVqs
見てくださってありがとうございますm(__)m


この話は後日談です(^^)


自分の気持ち的に書いているので続き遅くなるかもしれませんがお付き合いくださいm(__)m 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/30(木) 21:44:15 ID:qklNWVqs
夢だとわかっている


……だが、頬をつたるこの冷たくもあたたかい感触はなんだろうか彼女に触れたい
重い腕を少し上げて彼女に触れようとした


触れた、しかし触れなかった

確かに視覚的にはぼくの手は彼女の頬と接触していた
しかし、彼女のあの柔らかく、なめらかな頬の感触はぼくの脳に伝わってこなかった 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/30(木) 21:49:44 ID:aKkQAoJI
この夢はなかなか覚めなかった
彼女とぼくと
真空無音
静かなときがゆっくりとぼくらの間をすり抜けていく


またぼくは泣いていた
彼女はその涙をずっと眺めていた
無表情だったが
喜び、悲しみ、怒り、、、
たくさんの感情が入り雑じった表情だった 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/30(木) 22:57:34 ID:qklNWVqs
キミはゆるしてくれるだろうか


泣いた、泣いた、泣いた


いままでプロジェクターで投影された静画のような彼女が腰をあげた
そして、口を開いた 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/30(木) 22:58:04 ID:qklNWVqs
女「あははっ、寝癖ついてるー」


あぁ、ありがとう
ごめんね、がまん強くないぼくで
すぐにキミに会いたくなってしまった


彼女の頬を触れている感触が
手先から通じて脳に到達した


柔らかい
なめらか
白い
あたたかい
キレイだ


もう離さない
美しさは欠けてはいけなかったんだ




ホントにおわり