1: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:16:56.65 ID:6B6210eS0
【某撮影スタジオ】
P「おはようございます。」


早坂「あっ、プロデューサーさん、おはようございます!」


早坂「撮影の依頼ですか?今週は多いですね。」


P「ええ…おかげさまでね。」


早坂「それでは、早速写真を撮ってきますね。」


早坂「……お待たせしました!楽しそうなところが撮れましたよ!」


P「早坂さん。ちょっと。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1554571015

引用元: 【ミリマスSS】早坂そら「みんなのエグい表情が撮れました!」 



2: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:19:10.87 ID:6B6210eS0
早坂「どうかしましたか?」


P「どうしたも何も、また楽しそうなところ、ですか。」


早坂「ええ、普通の写真より良い仕事ができました。大当たりです!」


P「大外れだよ。」


P「今月何回依頼したと思っているんですか。また天井ですか?」


早坂「待ってください。300回くらい撮影すれば、調子が出てくるので。」


P「それを天井って言うんだよ。」

3: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:20:39.80 ID:6B6210eS0
早坂「でも見てくださいよ。悪い写真じゃないでしょう?」


P「それはまぁ…そうですね。」


P「この写真とか良い笑顔だと思います。SRですが。」


早坂「ふふふ、他の依頼者からもよく褒められるんです。」


早坂「そらさんは良い表情や楽しそうなところを撮る天才だな、って。」


P「褒められてねーよ。皮肉言われてんだよ。」

4: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:21:23.44 ID:6B6210eS0
P「あのですね、たまには最高の一枚を撮ってほしいんです。」


早坂「前回は撮ってみせたじゃないですか。」


P「確かに、前回はSSRを撮影していましたね。」


P「でも、あれって前にも撮った写真ですよね。」


早坂「…………。」


P「撮影したとか言っているけれど、ただの焼き増しでしょ?」


早坂「まさか!たまたま同じ構図で最高の一枚が撮れただけです!」


P「最高を塗り替えていけよ。」

5: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:22:10.94 ID:6B6210eS0
P「知ってます?今、うちのアイドルが特撮のお仕事をやっているの。」


早坂「アイドルヒーローズですよね。もちろん知っています。」


P「だったら、その仕事の様子を撮ってくれてもいいんじゃ…。」


P「具体的には歌織さんとか真とか。」


早坂「撮ってますよ?」


P「えっ。」

6: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:23:00.88 ID:6B6210eS0
早坂「桜守さんならこれ。菊地さんならこれとか良いですね。」


P「あるじゃないですか!これくださいよ!」


早坂「駄目です。」


P「どうしてですか!?」


早坂「撮ったには撮ったんですが、まだ満足できる出来じゃないというか。」


早坂「これを最高の一枚とするのはプロとして許せません。」


P「同じ写真を提出するプロが何言ってんだ。」

7: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:24:18.10 ID:6B6210eS0
P「俺もプロです。プロとしての拘りというのは理解できますよ。」


P「ですが、最低限顧客が求める物を提供できてこそ、プロってものでしょう?」


早坂「…わかりました。ですが、この写真は出来損ないです。見せられないです。」


早坂「明日またここに来てください。最高の1枚をお見せしますよ。」


P「よろしくお願いします!」


【翌日】
早坂「みんなのエグい表情が撮れました!」


P「待って。」

8: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:25:30.05 ID:6B6210eS0
P「あの…何て言いました?」


早坂「エグい表情が撮れました!」


早坂「言い換えると、苦しそうなところが撮れました!」


P「怖いよ!うちのアイドルに何があったんだよ!」


早坂「お腹を空かせて、楳図か◯お先生の画風の顔になっています。」


P「スニッカー◯コラボじゃねーか!」

9: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:26:38.13 ID:6B6210eS0
早坂「それだけじゃないんですよ!本当に苦しそうな表情がいっぱいなんです!」


P「目を輝かせながら何言ってんだ!?」


P「まぁいいや。とりあえずスニッ◯ーズコラボ以外の写真を見せてください。」


早坂「はいどうぞ。いつも通り裏向きにお渡ししますね。」


P「あれ?写真の色がいつもと違いますね。いつもは銀とか金なのに。」


早坂「虹を忘れていませんか?」


P「虹なんて滅多に無いだろ。」

10: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:28:01.57 ID:6B6210eS0
P「赤とか黒とか…これってどういうレアリティなんですか?」


早坂「R(レアリティ)じゃなくてR(レーティング)です。」


P「レーティング!?」


早坂「赤がR-15Gで、黒がR-18Gですよ。」


P「G!?うちのアイドルは無事なのか!?」


早坂「あれをアイドルと呼んでいいかは、少し疑問ですけどね。」


P「本当に何があったんだよ!?」


早坂「なんて、冗談ですよ。」

11: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:29:41.04 ID:6B6210eS0
早坂「本当は、普段の写真と差別化するために色を変えているんです。」


早坂「赤がR、黒がSRと思ってください。」


P「それでもSSRは無いんですね。」


早坂「それだったら『最低の1枚が撮れました』って言いますよ。」


P「何だよ最低の1枚って。」


P「それじゃあ早速中身を見てみますね。」


P「…何ですか、これ?紬が頭を抱えていますが。」


早坂「バトルシーンで誤って頭をぶつけた時の写真ですね。」

12: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:31:09.08 ID:6B6210eS0
P「これは?ジュリアが口から水を吐いていますが。」


早坂「撮影中に海に落ちた時の写真です。」


P「…これは?茜が目を回して倒れていますが。」


早坂「時計台から落ちた時の様子です。」


P「ただのNGシーンじゃねぇか!」


早坂「ちなみに、こういうシーンはまとめてエンディングで流すらしいですよ。」


P「アイドルのイメージが壊れるわ!ちょっと抗議の電話入れてきます!」

13: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:32:19.27 ID:6B6210eS0
P「何というか、すごい写真ばかりですね。」


早坂「満足していただけましたか?」


P「すると思いますか?」


P「すみませんが、この写真はお返しします。」


早坂「えっ、どうしたんですか?レアリティに不満でも?」


P「それは今に始まった話じゃない。」

14: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:33:18.64 ID:6B6210eS0
P「そもそも、最高の一枚をお願いしただけで、NGシーンなんて頼んでないです。」


早坂「このフグみたいに水吐いているシーンとか最高じゃないですか?」


P「そういう最高を求めてねぇんだよ。」


早坂「でも、確かにその通りですね。」


早坂「写真のインパクトばかりを優先して、被写体を活かすことを忘れていました。」


早坂「これじゃあプロのカメラマン失格ですね…。」


P「早坂さん…。」

15: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:34:44.84 ID:6B6210eS0
早坂「お願いします。もう一度だけ、私にチャンスをくれませんか?」


早坂「明日こそは、最高に素敵な1枚をお渡ししてみせます…だから!」


P「…その本気の目、プロの目って感じがします。」


P「わかりました!俺、貴方を信じます!」


早坂「ありがとうございます!楽しみにしてくださいね!」


【翌日】
早坂「みんなの良い表情が撮れました!」


P「お前いい加減にしろよ。」

16: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:35:44.70 ID:6B6210eS0
P「昨日あんなこと言っておいて、またそれですか!」


早坂「私はこういうカメラマンですから!」


P「開き直るな!」


P「まったく、いつもいつも良い表情って!それ以外出来ないんですか!?」


早坂「これしか、出来ない。これなら、負けない。」


P「負けてんだよ!」

17: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:37:40.28 ID:6B6210eS0
P「もう結構です。俺、別のカメラマンを探しますから。」


早坂「あ、待ってくださいプロデューサーさん。」


P「何ですか?俺はもう貴方に頼むつもりは…」


早坂「これをどうぞ。今日お渡しする写真です。」


P「そういえば受け取っていませんでしたね。でも、どうせ金蝶々…。」


P「…あれ?」

18: ◆2xoSemqxLg 2019/04/07(日) 02:38:54.84 ID:6B6210eS0
早坂「どうですか?この桜守さんとか菊地さんとか。」


早坂「すごく『良い表情』でしょう?」


P「……早坂さん。」


早坂「何でしょうか?」


P「これからも、よろしくお願いします。」


───早坂そらを信じろ───


【終わり】