前回 【安価】提督「提督になれてよかった」その18【艦これ】 

8: ◆I045Kc4ns6 2016/04/04(月) 23:00:15.14 ID:h64dkEsDO


【執務室】


長波「ん、んぅ・・・」


提督「・・・」ナデナデ


コンコン


「失礼しまーす」


ガチャ


夕張「提督、今日の業務報告ですけど・・・あれ?」


提督「しーっ、静かにな・・・」


明石「ほぉーう?提督さんも手が早いですねぇ・・・」ニヤニヤ


提督「何言ってんだ?早く報告してくれ」


夕張「あ、はい。今日は長波ちゃんの艤装の改装を行いました」


明石「提督の力になれるって、張り切ってましたよ。褒めてあげてください」


提督「ん、そうか・・・」







↓二分後に最も近いレス

どうする?どうなる?


引用元: ・【安価】提督「提督になれてよかった」その19【艦これ】 



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/04(月) 23:02:48.19 ID:aW73GE/A0
この後思いっきりほめてあげる

10: ◆I045Kc4ns6 2016/04/04(月) 23:06:06.55 ID:h64dkEsDO



提督「・・・大変だな。こいつも」


提督「起きたら、思いっきり褒めてやるか」


夕張「そうしてあげてください。きっと喜びますよ」


明石「そして、またするんですよね・・・」ニヤニヤ


提督「だから、何がだよ」 


明石「長波ちゃん、その毛布の下は全裸なんでしょう?もうヤッちゃって・・・」


提督「ちがうわ、馬鹿!」


夕張「明石さん・・・」







↓二分後に最も近いレス

どうなる?

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/04(月) 23:25:42.01 ID:jioyiVTyo
長波起こす

14: ◆I045Kc4ns6 2016/04/04(月) 23:27:44.19 ID:h64dkEsDO



夕張「・・・じゃ、報告は以上」


明石「私達も部屋に戻りますね」


提督「おう。ご苦労様」


ガチャ…   バタンッ


提督「・・・さすがに、そろそろ飯にしないとまずいか」


提督「おい、長波。起きろ」ユサユサ


長波「ん、んん・・・」


提督「おい、長波!」






↓1 どうなる?

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/04(月) 23:38:49.46 ID:Bhb4DfncO
あと五分……

16: ◆I045Kc4ns6 2016/04/04(月) 23:40:26.27 ID:h64dkEsDO



長波「んん・・・」


提督「やっと起きたか・・・ほら、飯食いに行くぞ」


長波「あ、あと五分・・・むにゃ・・・」


提督「・・・はぁ、仕方ないな」


提督「五分だけだぞ」


長波「うん・・・」





↓1 どうなる?

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/04(月) 23:45:09.26 ID:6ZwVf6uHO
やっと食堂へ

18: ◆I045Kc4ns6 2016/04/04(月) 23:48:54.90 ID:h64dkEsDO



長波「・・・ごめん、提督。待っててくれたんだろ?」


提督「いいよ。元は俺が寝てたのが悪いんだから」


提督「間宮さんに話はしてあるからさ。晩飯はまだ食べられるよ」


長波「こ、今度こそ二人きりだからな!」


提督「はいはい、大丈夫だよ」




【食堂】


ガラーン…


長波「・・・ほんとに二人きりだね」


提督「ああ。思いっきりゆっくり出来るな」


長波「とりあえず、腹減ったし・・・いただきまーす!」








↓1 食事中イベント

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/04(月) 23:53:54.42 ID:tfzw+13Z0
提督「ガランとした食堂を見ると、来たばかりの頃を思い出すなー。」

20: ◆I045Kc4ns6 2016/04/04(月) 23:57:09.98 ID:h64dkEsDO


長波「ん、美味い!」


提督「だな。間宮さんが残ってくれて、助かったよ」


長波「昔は間宮さんもいなかったんだろ?」


提督「ああ・・・こうガランとしてると、来たばかりの頃を思い出すなー」


提督「それが今じゃ、家族同然の仲間がたくさんいて・・・幸せだよ」


長波「提督・・・」






↓1 どうなる?

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:02:57.52 ID:+l2gsB5x0
食べさせあいっこをする

22: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 00:05:56.45 ID:C+P8oB1rO


長波「・・・ったく、提督はすぐそうやって」


長波「あたしがいるんだから、あたしに集中してればいいんだよ」


提督「はは、悪かったよ。ほら、あーん」


長波「・・・あーん」


長波「提督、お返し。あーん」


提督「あーん・・・ん、美味い」


長波「ん、そうか♪」







↓1 どうなる?

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:09:08.83 ID:AtvO2ga10
長波(こんなシチュエーションいつ以来だろう…?)

24: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 00:12:02.10 ID:C+P8oB1rO



長波「ほらほら提督、もっと食えよ!」


提督「もういいよ。自分の分、取っとけって」


長波「いいから!ほら、あーん!」


提督「・・・仕方ないなぁ」


長波(・・・なんか、すごく幸せだな)


長波(こんなに幸せなのは、いつ以来だっけな・・・)







↓1 どうなる?

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:15:58.14 ID:q+Z2kF7UO
自然と涙が出る

26: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 00:18:57.15 ID:C+P8oB1rO


長波(最後に風雲と会ったあの時は、こんなことになるなんて・・・)


長波(風雲が、あたしのいた鎮守府の人間を皆殺しにして、あたしと酒匂だけ生き残って・・・)


長波(ほんと、辛かった・・・でも)


長波「・・・」ポロッ…


提督「っ・・・!?どうした、長波?何かあったのか?」


長波「っ、あ・・・?な、何でもねえよ。ちょっと、涙がでただけだ・・・」







↓1 どうなる?

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:23:20.93 ID:AtvO2ga10
長波(風雲は絶対に引き戻してみせる…。)

28: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 00:26:45.28 ID:C+P8oB1rO


長波(・・・そうだ。あたしだって、辛いことはあったけど、今こうして、幸せなんだ・・・)


長波(風雲だって、きっと・・・きっと幸せになれるはずだ)


長波「提督・・・」


提督「ん?」


長波「あたし、絶対に風雲のこと、引き戻して見せるからな・・・」


提督「・・・お前なら出来るさ。きっとな」ナデナデ


長波「ん、や、やめろって・・・///」


提督「明石達から聞いたぞ。艤装を改造したってな。張り切ってるじゃないか」


提督「褒めてやるから、おとなしく撫でられてろよ」


長波「・・・///」






↓1 どうなる?

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:33:06.66 ID:q+Z2kF7UO
夕食終わり

30: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 00:38:02.10 ID:C+P8oB1rO



長波「ご、ごちそうさまでしたっ」


提督「ごちそうさまでした」


長波「ったく、提督。撫で過ぎだぞ?褒められるのは、悪くねえけどさ・・・」


提督「ん、そうか?嫌だったか・・・」


長波「い、嫌じゃないけど・・・///」







↓1 これからどうしよう?

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:45:16.16 ID:AtvO2ga10
長波の部屋へ

32: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 00:47:26.00 ID:C+P8oB1rO


長波「提督、あたし部屋に戻るよ」


提督「ん、寝るのか?」


長波「いや、さっき散々寝たからさ・・・寝はしないけど」


長波「も、もし良かったら・・・提督も来るか?///」


提督「・・・」






↓1 提督も長波の部屋にいく?

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:51:34.72 ID:q+Z2kF7UO
行かない

34: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 00:54:50.33 ID:C+P8oB1rO


提督「あー・・・悪いな。まだ執務が残ってんだ」


長波「ん、そ、そうか・・・」


長波「じゃ、またな・・・」





【長波の部屋】


ガチャ   バタンッ


長波「ふぅ・・・疲れたなぁ」


長波(提督とご飯食べた時、すっごく幸せだった・・・)


長波(漂流してたあたしを拾ってくれた時から、やっぱり、あたし・・・)







↓1 どうしよう?

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:57:24.39 ID:w78YEZ0Co
日記とか書いてみたり

36: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 00:59:26.96 ID:C+P8oB1rO



長波「・・・ふぅ」


長波「とりあえず、今日はいろんな事が分かったからな・・・」


長波「日記に纏めておこうか・・・」


長波「えっと・・・」






↓1 日記の内容 または、書き終えてから何するか

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:00:45.18 ID:AtvO2ga10
やっと思い出したあの鎮守府の最期

38: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 01:13:01.08 ID:C+P8oB1rO


長波「そうだ・・・やっと、思い出した・・・」






長波『風雲、なんで・・・なんで・・・』


ズゥン…   ズゥン…


『はぁ、はぁ・・・もう、限界です。この隔壁も、長くは・・・』


『・・・長波、酒匂。ここから脱出しなさい』


長波『・・・え?』


酒匂『そ、そんな・・・なんで・・・』


『艤装もボロボロな今、艦娘と言えど、深海棲艦に勝てるはずがない。ここは私たちに任せて、再起を図るんだ・・・』


長波『いやだ・・・そんな、そんなの・・・』


『頼む。聞いてくれ・・・そして、もし生き残ったのなら、提督という男にーーー』


『主任!隔壁が破られっーーー』




長波「っ・・・みんな・・・っ」ポロッ…







↓1 どうなる?

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:16:00.68 ID:+l2gsB5x0
気分転換にシャワーを浴びる

40: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 01:19:05.34 ID:C+P8oB1rO



長波「っ・・・」ブンブンッ


長波「こんなことで、くじけてらんねぇ・・・」


長波「風雲を助けて、幸せにするんだ・・・!」


長波「とりあえず、シャワー浴びて気分転換しよ・・・」







↓1 どうする?どうなる?

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:23:06.70 ID:NWdqkxGuO
シャワー室にヤモリが

42: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 01:25:04.87 ID:C+P8oB1rO



シュル…   パサッ


長波「・・・うー、もやもやする」


長波「さっさとサッパリしちまおう・・・」


ガチャッ


長波「・・・ん?」


チョロチョロ


長波「ひっ、と、トカゲっ!?」


ヤモリ「」チョロチョロ


長波「あ、や、ぅぅ・・・」






↓1 どうなる?

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:29:31.24 ID:CevGLAShO
響く絶叫

44: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 01:32:14.34 ID:C+P8oB1rO


ヤモリ「」チョロチョロ


長波「や、やめろ!来るなぁっ!」


ヤモリ「」チョロチョロ


長波「あ、ぅうう・・・っ」


ヤモリ「」チョロチョロ…    ピトッ


長波「っ・・・!」


「やだああああぁぁぁぁっっっ!!」







↓1 どうなる?

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:34:22.95 ID:w78YEZ0Co
飛び込んでくる提督

49: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 23:00:10.86 ID:kAO1eE/kO



ドタドタドタドタ…


バンッ!


提督「どうした、長波!?」


長波「! ていとくぅぅぅっ!」


ギュッ!


提督「っ、おい!どうしたんだ!?」
 

長波「うう、あ、あれが・・・」


ヤモリ「」チョロチョロ


提督「・・・なんだヤモリか」


長波「何だとは何だ!苦手なんだよ!どっかやってよ!」ギュゥゥゥ…


提督(お前は全裸だけど、いいのかよ・・・)






↓1 どうする?どうなる?

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:06:36.28 ID:+xNzKeRP0
提督、冷静に対処

51: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 23:09:28.85 ID:07r6DoKgO



提督「ヤモリなんてかわいいもんだぞ・・・ほれ」


ヤモリ「」ビクビク


長波「うへぇ、提督よくそれ摘めるな・・・」


提督「別に噛んだりしないし・・・それに、食ったら美味いぞ?」


長波「おえっ、やめろよ・・・」


提督「美味しいのに・・・ほら、帰りな」ガララッ


長波「あー、助かった・・・ありがとう」


提督「・・・いいってことよ」








↓1 どうする?どうなる?


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:18:53.17 ID:ultlEjeqO
仕事に戻る提督

53: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 23:21:41.14 ID:07r6DoKgO


提督「んじゃ、俺仕事に戻るからな・・・」


提督「お前も、早く服きろよ」


長波「あ・・・っ///」


長波「っ、ま、待って!」


ギュゥ…


提督「っ、長波・・・」


長波「あぅ、提督、その・・・」







選択肢安価

1 裸見た責任、とれよ・・・///

2 も、もう少し話ししていけよ・・・///

3 その他自由安価



↓1



54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:22:13.86 ID:w78YEZ0Co

55: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 23:27:14.25 ID:07r6DoKgO


長波「は、裸見た責任、取れよ・・・///」


提督「・・・俺は見ようとして見たわけじゃないんだが」


長波「っ、なんだよっ!あたしとするの・・・イヤなのか?///」


提督「嫌なわけ無いだろ・・・」スッ


長波「あたし、だって・・・イヤじゃないよ・・・」


長波「提督、あたしを拾ってくれて、ずっと、恩返ししたかったから・・・」


長波「あたし、こんな形でしか返せないけど・・・///」


提督「長波・・・」








↓1 夜戦する?もうちょいイチャイチャする?

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 23:27:41.23 ID:Fw1PfuDyO
夜戦する

58: ◆I045Kc4ns6 2016/04/05(火) 23:31:53.55 ID:07r6DoKgO



長波「んっ・・・」


提督「長波、恩返しとか、考えなくていいんだぞ」


長波「っ・・・な、なんで・・・?」


提督「だってさ。俺は恩返しだろうが何だろうが、お前が求めてくれるなら、何時だって応えるよ」


提督「お前のことが、好きだからな・・・」


長波「っ・・・///」


提督「・・・するぞ、長波」


長波「ん・・・っ///」







↓3 までで多数決 キンクリする?しない?

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:02:01.96 ID:A+rKrSkz0
気づいたら明け方になっていた

78: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:06:27.40 ID:zbFislIJO


長波「・・・ん」ピトッ 


提督「長波・・・?」


長波「なぁ、ていとく・・・もっかい、やろうぜ?」


提督「お前と一緒なら、何度でもやってやるよ」


長波「ん・・・♪」






チュン… チュンチュン…


長波「はぁ、はぁ・・・♪」




長波「ていとく・・・」


提督「ん、だっこか?」ギュー…


長波「・・・♪」





↓1 どうする?どうなる?

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:02:06.49 ID:UGrXhdx7O
長波のレベルを確認

80: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:10:26.38 ID:zbFislIJO



長波「ていとく、好きだぜ・・・?」


提督「俺もだよ、長波・・・」


提督(・・・長波のレベルは、もう99か。拾ったのも大分前だからな・・・)


提督「・・・」


長波「・・・? なんだよ?言いたいことが有るなら言えよ」


提督「長波・・・」







↓1 どうする?

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:11:47.89 ID:xPhSOdQE0
ケッコンしてくれるか?

82: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:13:53.05 ID:zbFislIJO


提督「・・・」ギュッ


長波「ん・・・提督?」


提督「長波、ケッコンしようか?」


長波「・・・えっ?」


長波「っ、な、何言ってんだよ!あ、あたし拾われっ子だし、駆逐艦で、まだまだ・・・///」


長波「あ、ぅぅ・・・///」マッカッカ








↓1 どうなる?

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:16:34.17 ID:/MXfAuICO
ふ、ふつつかものですが……(全裸で三つ指

84: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:20:12.82 ID:zbFislIJO



提督「なんだ?イヤなのか・・・?」


長波「い、嫌じゃない、けど・・・あぅぅ///」


長波「ふ、ふつつか者ですが・・・よろしくお願いします」ペコリ


提督「・・・」ムクッ


長波「!? な、何でまた大きくなってんだ!?」


提督「いや、その姿勢だと胸が・・・もっかいやろうぜ」


長波「っ、もう・・・仕方ねぇな♪」







長波編 おわり

前スレ1000行きまーす


85: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:23:38.71 ID:zbFislIJO

下げ続けてた・・・




【朝 食堂】


初雪「ふぁぁ・・・ねむー・・・」






ドタドタドタ


加賀(まずいわね・・・寝坊したわ)


加賀(早く行かないと・・・!)


初雪「うーん・・・」ヒョイッ


加賀「っ!? 危ないっ!」


初雪「え・・・っ?」


ゴッチーン!


加賀(初雪)「つ、あいたたた・・・」


初雪(加賀)「・・・ごめんなさい。大丈夫かしら・・・って、え?」


加賀「・・・なんで、私がそこに」


初雪「私、初雪と入れ替わってる・・・?」







↓1 どうする?どうなる?







86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:27:52.30 ID:xPhSOdQE0
加賀(…まずい、このままだとサボれなくなる!)

87: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:29:37.67 ID:zbFislIJO



加賀(初雪)(・・・)


加賀(まずい・・・加賀は、空母の中でも結構スパルタ・・・)


加賀(だらしない赤城と違って、訓練とかちゃんとしてる・・・)


加賀(このままじゃサボれない・・・)


加賀(・・・めんどくさい)








↓1 どうする?どうなる?

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:32:03.59 ID:iVFCEXN/O
何も知らない吹雪に連れてかれる初雪

89: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:34:39.57 ID:zbFislIJO



「あっ!いた、初雪!」


初雪「っ!」ビクッ


吹雪「もう!またこんなところでサボって!」


初雪「ま、待ちなさい吹雪。私は・・・」


吹雪「言い訳は後で聞くからね!」


ズルズル…






加賀「・・・たすかった」






↓1 どうなる?

進行は加賀側でも初雪側でも構いません

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:36:02.67 ID:xPhSOdQE0
加賀サイド
魚雷の撃ち方が分からない

93: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:39:54.78 ID:zbFislIJO


吹雪「ほら!今日こそちゃんと訓練してもらうんだからっ!」


初雪「・・・吹雪、あの」


吹雪「もうサボりは認めないからねっ!」


初雪「・・・はぁ」


初雪(参ったわね。あの様子だと、正直に話しても聞いてくれないかも)


初雪(ここは普通に訓練しましょうか・・・)


初雪「・・・」


吹雪「ほら!はーやーく!」


初雪(・・・どうやって魚雷を撃つのかしら?)






↓1 どうなる?

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:41:41.68 ID:iVFCEXN/O
吹雪が予想以上に鬼軍曹だった

95: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:44:00.66 ID:zbFislIJO


初雪「・・・」


吹雪「もうっ!何してるの!早くして!」


初雪「吹雪、あの・・・」


吹雪「なぁに!?」ゴゴゴゴゴ…


初雪「・・・なんでもない」


初雪(吹雪、案外厳しいのね・・・)








↓1 どうなる?

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:46:01.59 ID:SH7H8ob7o
試行錯誤の末に撃ったらあさっての方向にとんでく魚雷

97: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:49:05.02 ID:zbFislIJO


初雪(・・・とにかく、何か適当にしましょう)


初雪(いつか発射のスイッチに・・・)


カチカチ…


初雪「・・・ちがう」


グイッ


初雪「・・・これでもない」


チャキッ    バシュッ


初雪「きゃっ!?」


シュルルルルル…    ドカァーン!


初雪「あ・・・」


吹雪「・・・はーつーゆーきー?」ゴゴゴゴゴ…







↓1 どうなる?

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:50:52.22 ID:xPhSOdQE0
吹雪「サボってる間に魚雷の撃ち方すら忘れちゃったかー…。」ピキピキ

100: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:52:54.86 ID:zbFislIJO



初雪「あ、ち、違うの、吹雪・・・あれは・・・」


吹雪「サボってるのは見逃してきたけど・・・」


吹雪「まさか、魚雷の撃ち方まで忘れてるなんて・・・っ!」ゴゴゴゴゴ…


初雪「あ、ひ、ひぃ・・・」ガタガタ


初雪(ふ、吹雪って、こんなに怖かったの・・・?)






↓1 どうなる?

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:55:13.78 ID:f54tDg6Ro
アイム……アイムノットはつゆき……(かがはこんらんしている)

102: ◆I045Kc4ns6 2016/04/06(水) 23:59:09.26 ID:zbFislIJO


吹雪「・・・」ゴゴゴゴゴ…


ザッ   ザッ


初雪(な、なんとかして説明しないと・・・)


初雪「ふ、吹雪!聞いて!」


吹雪「もう言い訳は聞かないよ!」ゴゴゴゴゴ


初雪(だ、ダメだわ・・・い、一体どうしたら・・・)


初雪「あ・・・」


初雪「あいむ、のっと、はつゆき・・・」


初雪「はつゆき、いず、のっと、あい・・・おーけー?」


吹雪「・・・」








↓1 どうなる?

103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:00:30.89 ID:Oi1+YR2t0
吹雪「その目、カラコンかと思ったけどまさか本当に…。」

104: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:02:16.19 ID:E/wEJJHtO


吹雪「初雪・・・ま、まさか・・・」


初雪(・・・通じた?)


吹雪「その目、ずっとカラコンだと思ってたけど・・・」


吹雪「まさか、初雪は日本人じゃなかったの・・・?」ガタガタ


初雪(なんでそうなるの)







↓1 どうなる?

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:05:00.54 ID:LdWBoyLU0
吹雪が混乱して目を回す

106: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:08:04.18 ID:E/wEJJHtO



吹雪「ううっ、でも、私は初雪が日本人じゃないとか、関係ないからね!」


吹雪「・・・はっ!」


吹雪「この鎮守府で、黒髪黒目の人なんてほとんどいない・・・」


吹雪「そもそも、髪が緑とかピンクとか青い娘まで・・・!」


吹雪「それを言ったら、私も・・・」


吹雪「うぅ・・・」バタッ


初雪「吹雪・・・?」







↓1 どうする?どうなる?

107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:11:10.05 ID:Oi1+YR2t0
吹雪を抱えて引き返す

108: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:14:49.68 ID:E/wEJJHtO


初雪「・・・はぁ、仕方無いわね」


初雪「よい、しょ・・・」


吹雪「うぅ・・・」


初雪「っ、重い・・・駆逐艦の出力だと、こんなものかしら」







↓1 どうなる?

109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:16:04.37 ID:z1tetyZzO
戻った頃にはクタクタに

110: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:18:28.54 ID:E/wEJJHtO



初雪「はぁ、はぁ・・・」


初雪「吹雪を、医務室に置いてきたけど、疲れたわね・・・」


初雪「それで、初雪とぶつかった廊下まで戻ってきたけど」


初雪「あの娘はどこにいるのかしら・・・?」






↓1 どうする?どうなる?

111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:22:46.85 ID:Oi1+YR2t0
演習場で所属パイロットと何やら揉めてる加賀たち

112: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:25:13.83 ID:E/wEJJHtO



初雪「・・・とりあえず、探しに行きましょう」






【演習場】


初雪「・・・いた」





加賀「ーーー」


パイロット妖精「ーーー!」




蒼龍「うーん、参ったなぁ・・・」


初雪「・・・ねぇ、蒼龍。何があったの?」


蒼龍「あ、初雪。えっとね・・・」







↓1 妖精さんと加賀(初雪)が揉めてる原因




113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:26:51.38 ID:z1tetyZzO
発艦ミスでとあるベテラン妖精の愛機が粉々に

114: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:29:18.47 ID:E/wEJJHtO



妖精「何してくれてるんですか!」


加賀「・・・だから、謝ってるじゃん」


妖精「謝って済む問題じゃ・・・うわーん!」


加賀「・・・」






蒼龍「・・・ってわけよ。加賀が発艦ミスなんて珍しいよね」


初雪「・・・」




↓1 どうする?どうなる?



115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:32:33.25 ID:Oi1+YR2t0
初雪(面倒なことになってしまったわ。)

116: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:34:32.60 ID:E/wEJJHtO


初雪(・・・面倒なことになったわね)


初雪(あの妖精さんの愛機が壊れたとは、確かに勿体無いわね)


初雪(私も魚雷撃つのを失敗したから、初雪を責める権利はないわ・・・)


初雪(・・・さて、どうしようかしら)







↓1 どうしよう?

117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:36:56.16 ID:z1tetyZzO
明石に相談

118: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:39:03.23 ID:E/wEJJHtO


初雪(・・・とにかく、私達を元に戻さないと)


初雪(でも、どうしたら・・・)


初雪(・・・そうだ。明石なら)


初雪(彼女なら、きっと私達を元に戻す機械を作れるはず)





【明石の部屋】


コンコン


初雪「明石、いるかしら?」






↓1 明石はいた?いたなら、何してた?

119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:40:38.75 ID:StjYo+BvO
いた
だらしない顔で居眠り中

120: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:44:00.64 ID:E/wEJJHtO



シーン…


初雪「・・・あけるわよ」


キィ…


「すぅ・・・すぅ・・・」


初雪「・・・なんだ。寝てるの」


明石「すぅ・・・んふ、ふへへ・・・」


明石「ていとくさん、またちっちゃくしましょうか?・・・うへへ・・・」ジュルッ


初雪「・・・」







↓どうする?どうなる?

121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:44:30.68 ID:z1tetyZzO
叩き起こす

122: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:48:59.62 ID:E/wEJJHtO


明石「ほらぁ、ぬぎぬぎしましょうね?・・・」


初雪「・・・」


ベシィッ!


明石「いたっ!?な、何!?」


初雪「・・・」


明石「あ、あれ・・・?初雪ちゃん?」


初雪「明石、頼みがあるの」







明石「・・・なるほど」


初雪「それで、私達を元に戻す機械、作れるかしら」


明石「うーん・・・」





↓1 明石の返答

123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:51:11.27 ID:StjYo+BvO
なんでも機械に頼るのはどうかと思うんですよ

からのもう一回頭突きし合えばどうかと提案

124: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:54:12.10 ID:E/wEJJHtO


明石「・・・まぁ、出来なくは無いですけど、何でも機械に頼るのはどうかと思いますよ?」


初雪「・・・珍しく正論を言うわね」


明石「珍しくとはなんですか・・・」


明石「とにかく、元に戻りたいならもう一回頭をぶつければいいんじゃないですか?」


初雪「・・・うまく行くかしら」







↓1 やってみる?

125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 00:54:41.20 ID:z1tetyZzO
やる

127: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 00:58:19.72 ID:E/wEJJHtO

初雪「・・・ま、今は他に方法もないし」


初雪「仕方無いわね。やりましょうか」


明石「頑張ってくださいね」


初雪「ええ。じゃあ、また」


ガチャ   バタンッ


初雪「・・・さて、また初雪を探さないと」







↓1 まだ演習場に加賀(初雪)はいた?いたなら、何してた?

128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 01:02:18.55 ID:POTLkdCy0
演習場の休憩所的な場所。1、2航戦に心配されてた

131: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:00:46.17 ID:q6ZBmYwkO



【演習場】


初雪「・・・いた」






蒼龍「どうしたのさ加賀。大分調子悪そうだけど・・・」


飛龍「一体何があったの?」


赤城「何かあったのなら、私たちに相談してください」


加賀「あ、いや、えっと・・・」








↓1 どうする?

132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:02:04.28 ID:LY5xEtg1O
躊躇いなく突撃

133: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:04:41.46 ID:q6ZBmYwkO



初雪「・・・」ズカズカズカ


初雪「・・・どいて、蒼龍」


蒼龍「え?は、初雪?」


加賀「・・・!」


初雪「ほら、行くわよ」


赤城「!? ち、ちょっと待って!」









↓1 どうなる?

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:08:07.38 ID:Oi1+YR2t0
渾身の力で頭突きする

135: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:10:58.97 ID:q6ZBmYwkO


加賀「ち、ちょっと・・・?」


飛龍「初雪!何するか知らないけど、加賀は今調子悪いの!」


赤城「そうよ!だから、そっとしておいて・・・」


初雪「・・・覚悟決めなさい」スッ


初雪「・・・ふんッ!」


ガッツーン!


加賀「なっはぁ!?」


バタッ…


蒼龍「えぇぇぇぇっ!?な、何してるの!?」


赤城「二人とも、大丈夫!?」







直↓コンマ判定 50以上で二人は元に戻ります

136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:13:11.32 ID:vl+WLG+CO
ぽい

137: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:15:13.14 ID:q6ZBmYwkO



「う、うぅ・・・」


初雪「っ・・・」


赤城「! 大丈夫?」


初雪「・・・赤城さん、私は、誰に見える?」


赤城「? 何を言ってるの、初雪」


初雪「っ・・・失敗したのね」


加賀「もうやだぁ・・・」






↓1 どうする?どうなる?

138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:16:29.71 ID:gbxmICu+O
初雪in加賀、二航戦からお説教

141: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:19:17.15 ID:q6ZBmYwkO


蒼龍「もう、ダメでしょ初雪!」ペシッ


初雪「っ・・・蒼龍」


飛龍「もう、何考えてるの?いきなり現れて頭突きなんて・・・」


蒼龍「こんなことしちゃダメじゃない、まったく・・・」


初雪「・・・」







↓1 どうする?どうなる?

142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:22:01.39 ID:Oi1+YR2t0
初雪「調子が悪い程度しか気付く事無いの!?他にもあるでしょう!?私の口調とか!!」

143: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:25:19.39 ID:q6ZBmYwkO



蒼龍「もう、ただでさえ今日は調子が悪いんだからさ・・・」


初雪「・・・はぁ」


初雪「まったく、これだけ長い付き合いで、それしか気づかないとはね」


飛龍「? 初雪?」


初雪「考えてみなさい。私が艦載機の発艦ミスなんて、するはずないでしょう」


蒼龍「わ、わたし・・・?」


赤城「初雪? なんだか口調が・・・」


飛龍「ま、まさか・・・」


加賀(た、たすかった・・・)






↓1 どうする?どうなる?


144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:27:40.34 ID:vl+WLG+CO
やっと気付いてもらえた

146: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:31:18.24 ID:q6ZBmYwkO


飛龍「加賀と初雪、入れ替わってるの・・・」


初雪「ええ、そうよ」


加賀「・・・」コクン


蒼龍「な、なんでそんなことに・・・」


赤城「さっき頭をぶつけてましたけど、まさか・・・」


加賀「・・・そのまさかよ。廊下でぶつかったら、こうなったの」


赤城「な、なるほど・・・」


蒼龍「でも、頭突きじゃ戻んなかったし・・・」


初雪「・・・」







↓1 どうしよう?

139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:16:40.14 ID:Oi1+YR2t0
明石登場

149: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:36:06.59 ID:q6ZBmYwkO


「おーい!加賀さーん」


蒼龍「あ、明石さんだ」


明石「ここにいたんですね。加賀さん」


飛龍「明石さん、今ね・・・」


明石「あぁ、大丈夫です。事情は知ってますから・・・」


初雪「明石、試してみたけど失敗したのよ・・・」


明石「ううん、そうですか・・・」


明石「・・・そうですね」






選択肢安価

1 機械を作るのはいいですけど、一つ条件が・・・

2 仕方ないですね。早速作りましょう

3 その他自由安価



↓1

150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:37:11.14 ID:Tuf18Brao

151: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:39:11.85 ID:q6ZBmYwkO


明石「機械を作るのはいいですけど、一つ条件が・・・」


加賀「・・・条件?」


赤城「明石さん、こんな大変なときに・・・」


明石「ああ、いや。そんな大したことじゃないですから・・・」


明石「で、条件というのは・・・」







↓1 明石の提示した条件

真面目なことでもアホなことでも構いません

152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:42:09.57 ID:POTLkdCy0
ブロマイドくだしあ

153: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:45:29.49 ID:q6ZBmYwkO


明石「後で、ブロマイドください!」


加賀「・・・」


初雪「・・・」


明石「・・・ダメですか?」


初雪「・・・仕方ないわね。背に腹は代えられないわ」


加賀「・・・しかたない」


明石「やった!んじゃ、完成したら撮影会しますからね!」


明石「よーしっ、早速作るぞー!」


ズドドドドド…


飛龍「・・・二人とも大変だね」








↓五分後までで多数決取ります

加賀(初雪)と初雪(加賀)のどちらかで追加イベントをやります

どちらか見たい方を書いてください

多かった方を採用します。同数なら、↓1を優先します


154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/07(木) 23:47:26.13 ID:Oi1+YR2t0
加賀(初雪)

158: ◆I045Kc4ns6 2016/04/07(木) 23:57:36.07 ID:q6ZBmYwkO


初雪(・・・ともかく、これで初雪の体ともお別れね)


初雪「・・・」ピコーン!


バッ…


蒼龍「ありゃ?どこいくの?初ゆ・・・加賀」


初雪「すぐ戻るわ」





【執務室】
  

提督「・・・ふいー」


ガチャ


初雪「・・・」


提督「ん?どうした、初雪?」


初雪(・・・今の私は初雪。彼女の口調を、意識して・・・)


初雪「あの、提督。聞きたいことが、あるんですけど・・・」


提督「なんだ?」


初雪「あの、加賀さんのこと、どう、思ってるんですか・・・?」


提督「ん?加賀か?・・・そうだな」







↓3まで 提督の返答


159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:01:01.45 ID:Gtrk9QBX0
たまに何考えているかわからない

160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:01:20.47 ID:UO1UNzhDO
食事シーンが意外と可愛い

161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:01:36.82 ID:h3siHaIYo
割と手綱を握ってほしいタイプ

162: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:05:49.24 ID:JaKrWsK/O


提督「ん、そうだな・・・」


提督「初めて会った時は、何考えてるか分かんなかったな。殆ど無表情で、言葉も抑揚がないからさ」


初雪「・・・そう」


提督「でもな。着任した日に鎮守府案内して、昼食を食べてるところ見たら、見方変わったな」


提督「無表情でも、目をキラキラさせててさ。食べてるところも意外と可愛いし」


初雪「っ・・・」


提督「一航戦だけあって、冷静沈着で・・・そういうところは羨ましいかな。もし、ケッコンしたなら、手綱を握って欲しいな」


初雪「・・・」


初雪(さすがに気分が・・・高揚します///)








↓1 どうする?どうなる?

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:07:03.26 ID:aHeu9yrFO
フォローのつもりで初雪のいいところもたくさんしゃべりだす提督

164: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:09:41.14 ID:JaKrWsK/O


初雪「・・・///」ジーッ…


提督(! し、しまった!)


提督「い、いや、初雪!お前にも良い所は沢山あるぞ!?」


初雪「えっ・・・」


提督「そうだな。例えば・・・」







↓3まで 初雪のいいところ

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:11:37.20 ID:Sdrh6kjxO
サボってるようでなんだかんだ演習や実戦で成果あげているところ

166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:11:52.12 ID:eyAkv7Wc0
(良くも悪くも)隠れるのが上手い

167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:12:41.00 ID:myj2MLqgO
褒めるとたまに見せるプチドヤ顔がかわいい

168: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:15:28.49 ID:JaKrWsK/O



提督「初雪は、サボってるように見えても意外と演習でも実践でも成果あげてるんだよな」


提督「やればできるタイプだと思うぞ」


提督「それに、隠れるのが・・・まあ、よくも悪くも上手だな」


提督「あとは、たまーに見せるドヤ顔とか、可愛いと思うぞ!」


初雪「そ、そうですか・・・」


提督(あれ?テンション下がってる!?)








↓1 どうなる?

169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:17:30.97 ID:myj2MLqgO
初雪を座ってる自分の膝に招いて頭撫でる

170: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:20:21.96 ID:JaKrWsK/O


提督「・・・仕方ないな」


提督「ほら、おいで」ポンポン


初雪「! 失礼します!」ビュンッ!


提督「うぉ、そ、そんなに座りたかったのか・・・?」ナデナデ


初雪(ずっと夢見てた、提督の膝・・・しかも、提督が頭を撫でてくれてる♪)


初雪「ここは譲れません・・・」ボソッ










↓1 どうなる?

171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:21:40.77 ID:G89BbYeDO
そういえば初雪、日本人じゃないんだって?

172: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:24:52.43 ID:JaKrWsK/O


提督「よしよし・・・」ナデナデ


初雪「・・・♪」


提督「そういえば、初雪。お前、日本人じゃないってな」


初雪「・・・吹雪から、聞いたんですか?」


提督「ああ・・・」


初雪「・・・私が誰で、何者であろうと、貴方への思いは変わりませんよ」


提督「初雪・・・?」







↓1 どうなる?(なお、初雪の体のため、キスとか夜戦はngで)


173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:26:57.24 ID:Gtrk9QBX0
そろそろ戻る

174: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:28:50.19 ID:JaKrWsK/O


初雪「・・・提督、そろそろ降ります」


提督「ん、もういいのか?」


初雪「ええ・・・」


初雪「また、お願いしてもいいですか?」


初雪「こんどは、元の身体で・・・」


提督「? お、おう」


初雪「・・・では、また」


ガチャ バタンッ


初雪(ふふ、やりました・・・♪)


175: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:32:36.22 ID:JaKrWsK/O

【工廠】


明石「それじゃ、スイッチを押しますねー」


ポチッ   バチッ バチバチッ


加賀(加賀)「・・・おぉ」


初雪(初雪)「・・・やった」


蒼龍「その様子だと、元に戻ったみたいね!」


加賀「ええ。ありがとう、明石。普段からこうだと、助かるのだけど」


明石「ははは、すみません・・・」


明石「んじゃ早速、写真撮らせてください!」


初雪「えぇ・・・めんどくさい」


加賀「初雪。こんなもの、早く撮らせてしまうわよ」


初雪「・・・どうしたの、加賀さん」


赤城「随分と上機嫌ですけど」


加賀「ふふ、何でもないわよ・・・」






おわり


↓5分後に最も近いレス 次の主役安価



177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:37:36.23 ID:eyAkv7Wc0
黒潮

181: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:39:54.79 ID:JaKrWsK/O

yaggy最後の刺客、黒潮了解です





【黒潮の部屋】


チュンチュン…


黒潮「んん、ん?っ・・・」


黒潮「暖かいなぁ・・・もう春やねぇ」


黒潮「今日も気合入れて、頑張らなあかんなぁ」






↓1 これからどうしよう?

182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:42:07.93 ID:TMMC6ko4O
食堂一番乗りに挑戦

184: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:45:18.16 ID:JaKrWsK/O


黒潮「ん・・・いつもより大分早起きしたみたいやね」


黒潮「これはもしかしたら、食堂一番乗りあるかも・・・♪」


黒潮「早起きは何文の得っちゅうし、行ってみよっ!」






【食堂】


黒潮「おーはよー!」





↓1 黒潮は一番乗りだった?

185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:46:25.42 ID:b1crtkYwO
一番乗りだった

187: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:49:36.51 ID:JaKrWsK/O



鳳翔「あら、黒潮さん。お早いですね」


黒潮「鳳翔さん、うち、一番?」


鳳翔「ええ。私と間宮さんは起きてますけど、まだ他の方は来てませんよ」


黒潮「おー!やったぁ♪」






↓1 どうする?どうなる?

188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:51:38.26 ID:eyAkv7Wc0
一番乗りボーナスでおかずを1つ追加された

189: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:53:47.82 ID:JaKrWsK/O



間宮「もうご飯は出来てるので、食べますか?」


黒潮「はい!おねがいしますぅ」


間宮「では、これはサービスです♪」


黒潮「おぉ!やったぁ!」


黒潮(ふふ、ほんとに得したわぁ?)


黒潮「いただきまーす!」








↓1 どうなる?

190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:57:05.13 ID:ynq482XIO
徹夜明けの提督が一人でやってくる。

191: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 00:59:20.08 ID:JaKrWsK/O


黒潮「ん?、ウマ?♪」


ガチャ…


間宮「あ、おはようござ・・・」


提督「あー、おはよー・・・」ドヨーン


鳳翔「ど、どうしたんですか提督!」


黒潮「司令はん、大丈夫?」


提督「あー、大丈夫大丈夫・・・徹夜しただけだから・・・」


鳳翔「もう、あなたは・・・」






↓1 どうする?どうなる?

192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:00:02.65 ID:/0hNTkabO
今にもぶっ倒れそうだ

193: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 01:02:35.96 ID:JaKrWsK/O


黒潮「司令はん、ほんとに大丈夫かいな?」


提督「大丈夫だから・・・鳳翔、飯・・・」フラッ


鳳翔「っ、もう、今にも倒れそうじゃないですか!」


提督「だ、だいじょうぶだよ」


黒潮「司令はん、無茶はいかんよ?」


提督「うーん・・・」






↓1 どうしよう?



194: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:04:17.50 ID:h3siHaIYo
シーツや枕を引っ張り出してきて食堂の隅に即席の寝床を用意

195: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 01:06:59.84 ID:JaKrWsK/O



鳳翔「はぁ・・・仕方ないですね」


鳳翔「黒潮さん、手伝ってくれませんか?」


黒潮「はーい」






鳳翔「とりあえず、布団とシーツ、毛布は持ってきましたから」


間宮「しばらく、ここで寝ててください」


提督「ん、ありがと・・・」ボスッ


提督「zzz・・・」


黒潮「司令はん、よほど疲れとったんやね」


鳳翔「まったく、この人は無茶ばかりで・・・」







↓1 どうなる?

196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:07:27.95 ID:eyAkv7Wc0
黒潮「司令はんって姉ちゃんみたいに黙って無茶するから心配なんよ。」

197: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 01:11:46.69 ID:JaKrWsK/O


黒潮「ごちそーさまでした」


間宮「黒潮さん、お茶碗持ってきてくださいね」


黒潮「はーい」


提督「Zzz・・・」


黒潮「・・・よー寝とるね」


黒潮「司令はん、姉ちゃんみたいに黙って無茶するから心配なんよね・・・」


鳳翔「まったくです・・・本当に、頼って欲しいんです。私たちに・・・」


黒潮「・・・」








↓どうなる?

198: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:13:45.96 ID:ugolaqLXO
こういうんは一番の問題を片付けるのがいいってテレビでやってた

199: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 01:15:59.55 ID:JaKrWsK/O


黒潮「・・・ま、こういうのは一番の問題を片付けるのがええよね」


間宮「そうですね。でも、一番の問題というと・・・」


鳳翔「やはり、例の敵対艦娘達ですよね」


黒潮「・・・それに、目先の問題として」


黒潮「こんなとこに司令はん寝かせとったら、皆添い寝するんちゃう?」


鳳翔「・・・そうですね」







↓1 どうなる?

200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:18:35.62 ID:k1CmCfMdo
普段利用者からは見えない、厨房の側に寝床を移動

201: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 01:21:07.78 ID:JaKrWsK/O



鳳翔「いちいち注意するのも大変ですし、提督を動かしましょうか」


間宮「そうですね。では、厨房の後ろに」


黒潮「ほな、提督。動かすで」


ズルズル…


提督「Zzz・・・」


黒潮「まったく起きひんなぁ。よほど疲れとったんやね・・・」







↓1 どうする?どうなる?

202: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:24:35.86 ID:eyAkv7Wc0
パリーン

黒潮「っ!?手榴弾!!伏せて!!」

204: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 01:28:28.60 ID:JaKrWsK/O



黒潮「・・・ん、これでよし」


鳳翔「お疲れ様でした。あとは私達に任せてください」


黒潮「ん・・・せ、せやね」


黒潮(うちも添い寝したいとか、言えんなぁ・・・///)


パリーンッ!


間宮「っ、な、何!?」


黒潮「! 手榴弾や!皆、伏せてっ!」





直↓コンマ判定 手榴弾の被害

なお、そこまで大きくはしません


205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:29:28.11 ID:Zgy2ZDYiO
てい

208: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 01:31:35.00 ID:JaKrWsK/O



黒潮「っ・・・ん?」


間宮「ば、爆発しない・・・?」


鳳翔「・・・どうやら、不発のようですね」


間宮「それにしても、一体誰が・・・」


黒潮「うち、追いかけてくるから!鳳翔さんと間宮さんは、ここにおって!」


バッ!


鳳翔「! 待って、黒潮さん!一人は!」









↓1 どうなる?

209: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:32:20.87 ID:tlpbGgvdO
江風「チッ、不良品かよ!」

210: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 01:35:53.86 ID:JaKrWsK/O



黒潮「っ、追い詰めたで!」


江風「ちっ、あの手榴弾がちゃんと爆発してりゃあ、こうはならなかったのによ・・・」


黒潮「なんや、またあんたかいな・・・もううちらにちょっかい出すのはやめてや」


江風「そうはいかねえよ。こっちだって、風雲が捕まってんだから」


黒潮「風雲はあんたんとこおるより、うちで預かっとった方が幸せよ!」


江風「っ・・・知ったような口を・・・」








↓1 どうなる?

211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:37:22.23 ID:eyAkv7Wc0
海風が後ろから現れ、黒潮が気絶させられる&誘拐

212: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 01:43:02.68 ID:JaKrWsK/O



江風「・・・まあ、いいさ。すぐにお前も楽になるからよ」


黒潮「? 何言って・・・ぐっ!?」


ドサッ


海風「一人で出てくるなんて・・・まったく」


江風「まあ、これは滅多にないチャンスだな。連れて帰ろう」


江風「そうしたら、こいつもきっと・・・」


黒潮「・・・」







参考までに、目が覚めた時の状況を募集します

参考にするだけなので、採用するとは限りませんけど、展開の手助けをお願いします


218: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 23:00:05.66 ID:fC5s2APoO


【???】


黒潮「ん、ん・・・」


ジャラ…


黒潮「・・・しまった。ウチ、捕まってもうたんや」


黒潮「頭に血ぃ、上って・・・こんなんじゃ、姉ちゃんのこと、言えへんわ・・・」


黒潮「ウチ・・・ウチ・・・」


黒潮「・・・」


黒潮「ううん、諦めたらアカン・・・きっと、提督と姉ちゃんたちが・・・」


黒潮「・・・とりあえず、ここは・・・」







↓1 黒潮が拘束されてる場所の様子

219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 23:01:36.97 ID:TAEI+59GO
部下らしき人間が他にも投獄されてる

220: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 23:06:37.07 ID:fC5s2APoO



部下「・・・」


黒潮「・・・アンタ!聞こえてへんの!?」


部下「・・・なんだ?一体何の用なんだ・・・?」


黒潮「ここはどこや?あんた、何しとるん?」


部下「ここは、あの男の本拠地さ・・・俺は、任務で失敗して、ここにいるんだ」


黒潮「・・・逃げられへんの?」


部下「無理に決まってるだろう・・・君も、諦めたほうがいい・・・」


黒潮「嫌や。絶対諦めへん・・・!」


「・・・」


カツ カツ カツ…





選択肢安価

近づいてきたのは・・・

1 海風と江風

2 深海棲艦

↓1

221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 23:07:28.27 ID:px6MfBfL0
1

223: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 23:11:47.63 ID:fC5s2APoO


江風「・・・よう」


海風「・・・」


部下「ひ、ひぃっ・・・」


黒潮「江風、海風・・・」


江風「ザマないな、黒潮。所詮あんたの力なんざ、こんなもんさ」


黒潮「・・・確かにそうかもしれへん。けどな、それでもウチは提督の側にいたい。支えてやりたいんや」


海風「・・・何故、そこまでするのですか?」


黒潮「・・・それは」







↓1 黒潮の返答

224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 23:13:29.25 ID:Do1RJ6KOO
そう思わせるいいとこを提督がたくさん持ってるから

225: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 23:19:41.08 ID:fC5s2APoO



黒潮「・・・提督がウチにそう思わせるからやろ」


黒潮「あの人は、強くて、優しくて・・・でも、脆くて、放っておけないから・・・」


黒潮「あの人のいいところ、ウチは沢山知っとるから・・・」


江風「・・・くだらねぇ」


海風「・・・」

 





↓1 どうなる?

226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 23:22:02.55 ID:eyAkv7Wc0
海風「じゃあこれでも平静を保ってられるかしら?」バンッ

部下を見せしめに射殺

227: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 23:30:08.41 ID:fC5s2APoO


黒潮「あんたに取ってはくだらんやろうなぁ。でも、そのおかげでウチは提督のこと、信じられる・・・」


海風「・・・そんなこと、無駄なのに」


江風「そうだな。見てなよ」チャキッ


部下「! か、江風!やめっ・・・」


パン パン パンッ!


黒潮「ひっ・・・」


江風「まだ平然としてられるか?」


黒潮「っ・・・」


黒潮「そ、その人が何したって言うんや・・・」








↓1 部下は何の任務を失敗した責任をとらされた?

228: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 23:32:39.32 ID:Kt5dD6uEo
機密情報の収集

230: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 23:38:32.82 ID:fC5s2APoO


江風「・・・機密情報の収集に、失敗したのさ」


黒潮「そ、それだけで殺したんか!?そんなの、おかしいやろ!」


海風「それだけって・・・任務に失敗したんですから、責任を取るのは当然でしょう」


黒潮「そ、そんなこと言ったら、あんたらも何度も失敗しとるやん!なんで、その人だけ・・・」


江風「・・・お前、馬鹿か?あたしたちと人間が、一緒の価値なわけ無いだろ?」


黒潮「・・・は?」


海風「人間って、不便ですね。私達と違って、いちいち傷を治すのに何日もかかって・・・」


江風「そうそう、まったく・・・しっかり働いてもらわないと、役に立たないんだから」


黒潮「っ・・・」







↓1 どうなる?

231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 23:40:24.16 ID:eyAkv7Wc0
黒潮「悪魔や、本当に頭おかしいわあんたら…。」

233: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 23:53:05.77 ID:fC5s2APoO



黒潮「・・・悪魔や。あんたらは」


黒潮「ほんまに、頭おかしいわ・・・」


海風「ふふ、そうですか?私たちに取っては、あなたのほうがおかしいですけどね」


江風「まったくだ・・・毎日毎日、あの男の命令に言われるまま従って・・・」


江風「それでいいのかよ、お前は」


黒潮「そんなもん、いいに決まっとる!司令はんは、ウチらのこと、ほんとに考えてくれてるから・・・っ!」


江風「っ・・・いい加減にしろよ!」ググ…


黒潮「ぐ、うぅ・・・」







↓1 どうなる?



234: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 23:55:11.96 ID:Gtrk9QBX0
鹿島「あらあら、その子は大事なカードなんですからあまりいじめちゃだめですよ?ウフフッ♪」

235: ◆I045Kc4ns6 2016/04/08(金) 23:59:37.61 ID:fC5s2APoO


海風「江風、あまり乱暴しちゃ・・・」


江風「っ、でもよ・・・!こいつ、こうでもしなきゃ黙んねぇぞ!?」


黒潮「が、あたり、まえや・・・っ!あんたらは、間違っとる・・・っ!」


江風「っ、何も知らねぇくせに!偉そうなこと言うんじゃねぇっ!」


黒潮「が、か、はっ・・・!」


「あらあら、ダメじゃないですか。江風さん」


江風「っ・・・」


鹿島「その娘は、大切なカードなんですから・・・生かしておいてもらわないと・・・♪」 


黒潮「まだ、仲間が・・・?」


黒潮「それに、カードって・・・」


鹿島「すぐにわかりますよ。ふふふっ♪」








↓1 どうなる?

236: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 00:00:43.55 ID:taO/AskyO
鹿島に少し怯えてる二人

238: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 00:05:31.99 ID:eShYRKGlO


鹿島「それより、江風ちゃん・・・」


江風「っ、な、何だ?」ビクッ


鹿島「ダメじゃないですか。人質は慎重に扱えって、あれほど言ったでしょ?」


江風「あ、ご、ごめんなさい・・・」


海風「か、鹿島さん!私達、艤装の整備をしてますから!」


タッタッタッタッ…


鹿島「・・・♪」


黒潮「あ、あんたは・・・」


鹿島「ああ、申し遅れました。私は香取型演習巡洋艦二番艦の鹿島です」


鹿島「心配しなくても、あなたの無事は保証します・・・今は、ね?」


黒潮「っ・・・」







↓1 どうなる?

239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 00:07:56.51 ID:0a59hRRn0
鹿島「海風 こいつを麻酔銃撃っておいて」

241: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 00:11:31.31 ID:eShYRKGlO


黒潮「あ、あんた・・・一体何者なんや?」


鹿島「ふふっ、そんな、大した者じゃありませんよ?」


鹿島「まぁ、提督さんのことは、よく知ってますけどね・・・♪」


黒潮「えっ・・・?」


鹿島「とりあえず、今日はここまでにしておきましょうか。今はおやすみなさい」プスッ


黒潮「っ・・・」


鹿島「・・・いい夢を♪」







↓1 どうなる?

目が覚めた時の状況でも構いません






242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 00:14:17.93 ID:taO/AskyO
居場所を特定した早霜が小声で呼びかけてた

243: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 00:20:00.65 ID:eShYRKGlO


「・・・潮!」


黒潮「ん、んん・・・?」


早霜「黒潮、良かった・・・目が覚めたんですね。拘束は外してます」


黒潮「早、霜・・・助けに・・・?」


早霜「えぇ。今、提督が敵側と交渉しています。今なら、人目に付かず、脱出できます」


黒潮「・・・っ、ちょっと、待って」


黒潮「・・・この人さ、もう死んどるけど、どこか、連れてけへんかな」


黒潮「悪い人だけど、弔ってやりたいんや・・・」


早霜「・・・」







↓1 連れて行く?行かない?

244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 00:21:12.95 ID:Iv31E1VqO
行かない

245: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 00:24:54.52 ID:eShYRKGlO


早霜「・・・残念ですが、その余裕はありません」


黒潮「っ・・・せやな」


黒潮「やったら、せめて・・・手を合わせるだけでも、させてや?」


早霜「・・・それくらいなら、いいでしょう」






黒潮「・・・なぁ、早霜」


早霜「何ですか?」


黒潮「交渉って・・・どんな内容なんや?」


黒潮「ウチの開放が、条件やったんやろ?」


早霜「・・・」





↓1 黒潮の開放を条件とした交渉の内容

247: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 00:27:19.12 ID:63hPtPkY0
提督が身代わりになること

248: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 00:32:49.59 ID:eShYRKGlO



早霜「・・・簡単なことですよ。貴女の身代わりに、提督を要求したんです」


黒潮「・・・それで、提督はどないしたん?」


早霜「受けようとしましたよ。もっとも、艦娘全員の反対に合いましたが・・・あの人らしいですね」


黒潮「・・・そうやね。でも、ウチは提督のそういうとこ、嫌いやないで?」


早霜「・・・」


早霜「着きました。貴女の実艦も持ってきてます」


黒潮「よっしゃ!早速暴れるでぇ!」






249: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 00:36:38.36 ID:eShYRKGlO


ドォーン…


海風「っ、何!?」


部下「た、大変だ!例の捕虜がいない!」


提督(やったか!早霜!)


江風「まさか提督!あんた、交渉を放棄するのか!?」


提督「お前ら個人に恨みはないがな。悪魔との交渉なんてごめんだよ!」


海風「っ、よくも・・・っ」


江風「おもしれぇ・・・やっぱりあたしたちは、こっちのが性にあってんだよなぁ!」




250: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 00:41:46.30 ID:eShYRKGlO



【黒潮 艦内】


提督「っ、黒潮!」


黒潮「! し、司令はーん!」


ギュ…


黒潮「司令はん、助けに・・・助けに来てくれるって、信じとったよ・・・」ポロポロ…


提督「黒潮、涙はあとに取っとけ・・・まだ海風と江風がいる」
 

黒潮「それが、司令はん・・・まだ、艦娘があっちに・・・」


提督「なんだと・・・?」


妖精「お二人さん!改白露型のお二人が来ますよ!」


瑞鶴『もう、しっかりしてよね!お兄ちゃん!』


漣『さっさと終わらせて帰りましょう!』


提督「ああ、行くぞ黒潮!」


黒潮「ほな?!黒潮、行っきまーす!」








直↓コンマ判定 数値が大きいほど有利です


251: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 00:42:43.50 ID:Iv31E1VqO
てい

253: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 00:50:47.25 ID:eShYRKGlO



ル級「沈メッ・・・!」


ドォーン!


提督「ちっ・・・深海棲艦まで出てきやがったか!」


黒潮「み、味方少なくない?大丈夫なん?」


提督「心配するな、すぐに応援が来るからな・・・!」


妖精「お二人さん!前!」


江風『このぉぉぉぉっ!』


ドカァーンッ!


黒潮「ちっ、しつこいねんホンマに!」


江風『あんたが・・・っ、あんたさえいなければ・・・っ!』


提督「っ・・・!」


瑞鶴『お兄ちゃん!大丈夫!?』






「・・・」





直↓コンマ判定 

下一桁が偶数なら江風相手に勝利

奇数なら劣勢です

254: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 00:51:34.82 ID:nur/fBZmO
ぽい

255: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 00:59:55.52 ID:eShYRKGlO



江風『っ、ぐ、ぐぁ・・・』


提督「諦めろ。いくらお前が強いからって、我武者羅な戦いじゃ勝てるものも勝てないぞ」


江風『・・・殺せよ。もう、あたしに打つ手はねぇ』


海風『ダメッ!江風!』


黒潮「・・・司令はん」


提督「・・・言ったろ。お前ら個人に恨みはないって。別に殺しもしねえよ」


提督「ま、独房には入ってもらうがな・・・」


江風「っ・・・」


海風「・・・」


瑞鶴「・・・あなたも、投降するのね」


海風「・・・私一人戦っても、仕方ないですから」


江風「ああ・・・あたしたちの負けだ・・・」


提督「・・・」




256: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 01:08:15.52 ID:eShYRKGlO



「チッ、つまらんやつらだ・・・」






艦載機妖精『っ、瑞鶴さん!二時の方向!』


瑞鶴「っ、何!?」


ゴポゴポゴポ…


スパイ「・・・」 


瑞鶴「っ・・・!?」


提督「・・・やっと出やがったな。この野郎」


江風『て、提督・・・』


スパイ「困るなぁ海風、江風。勝手に戦うのもやめてもらっちゃあ」


スパイ「拾ってやった恩を忘れたのか?言ったろ、恩には命で報いろってな」


海風「う・・・」


江風「っ、し、司令・・・」


提督「その娘達のことは放っておけ!彼女たちの問題だ!」


スパイ「おいおい、外から口を突っ込むのはやめてくれよ・・・」


提督「知るもんかよ!瑞鶴、艦載機を!」


瑞鶴『あ、ぁぁ・・・な、なんで・・・』


提督「瑞鶴・・・?おい、瑞鶴・・・!」


瑞鶴『そんな、あなたは、あの日・・・!』


スパイ「・・・」ニヤッ





黒潮「司令はん!瑞鶴さん庇うで!」


提督「っ、おうっ!」





直↓コンマ判定 瑞鶴を庇えたか

偶数なら成功 奇数なら失敗です

257: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 01:09:48.44 ID:LKuNsZ88O

259: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 01:17:35.38 ID:eShYRKGlO



ドカァーンッ!


黒潮「ぐぅぅっ!」


提督「っ、黒潮!大丈夫か!?」


黒潮「はぁ、瑞鶴さんは、庇えたけど・・・ウチの、損傷も・・・」


瑞鶴『っ、黒潮!提督さんっ!』


漣『ご主人様!しっかりしてください!』


提督「っ・・・」






海風「・・・」


江風「・・・」


スパイ「何を突っ立ってるんだ・・・?」


江風「っ、し、しれ・・・ぐあっ!?」


海風「か、江風!?きゃあっ!?」


スパイ「まったく、勝手に投降だと?お前たちは俺のものなんだぞ!ふざけるなよ、このクソガキがっ!」


スパイ「ちょうどいい。今ここで、一人・・・」


「っ・・・!?」








↓1 スパイが狙いを定めたのは海風か、江風か

260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 01:18:21.09 ID:0a59hRRn0
海風

263: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 23:06:22.61 ID:AU7IdjvlO


海風「っ、あ、ぁぁ・・・っ」


江風「っ、あ、姉貴っ!」


江風「し、司令っ、なんで・・・!?」


スパイ「おいおい。お前たちだって、散々部下を痛ぶってただろう?じゃあ、お前たちだって俺に痛ぶられても文句は言えねぇよなぁ?」


江風「っ・・・」








提督「・・・」


漣『ご主人様!早く撤退しましょうよ!』


瑞鶴『そうだよ。あの娘達には、悪いけど・・・』


提督「・・・黒潮、海風のところまで行けるか?」


黒潮「司令はん・・・」


提督「・・・今助けないと、本当に取り返しがつかなくなるからな」


提督「今なら、まだ・・・助けられるから」


黒潮「・・・仕方ないわ。司令はんは、ほんまに優しいわ」










264: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 23:11:43.76 ID:AU7IdjvlO




ズズズズ…


海風(沈みはじめた・・・本当に、ここまでみたい・・・)


海風(・・・結局、私は・・・一体何のために・・・)


海風「・・・司令」


ガシッ


提督「よっこい、しょ・・・」


海風「あっ・・・」


提督「大丈夫か?怪我は・・・まぁ、治せはするか」


海風「な、なんで・・・?」


提督「説明は後だ。さて、ちゃんと帰れるといいんだが・・・」






直↓コンマ判定 残った敵戦力の規模

30以下なら戦闘もせず、撤退可能です

265: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:14:21.75 ID:LKuNsZ88O
てい

267: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 23:19:11.96 ID:AU7IdjvlO



ズズズズ…



黒潮「うわ?・・・まだあんなに敵おるやんか」


提督「スパイと江風は撤退したみたいだが・・・」


漣『どーするんですかご主人様!』


瑞鶴『応援が来るまで、耐えられるかな・・・』


提督「耐えるんだよ。絶対な』


提督「死んでも生き残れ。せっかく平和になったんだから、こんなところで死ぬんじゃないぞ!」


『『『了解っ!!』』』


海風「っ・・・」








直↓コンマ判定 

75以上で応援到着まで耐えられました

268: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:20:06.02 ID:2aWI3aVqO

269: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 23:25:37.67 ID:AU7IdjvlO


ドォーン…   ドォーン…




漣『っ、ご主人様!もう、弾薬が無いです!』


瑞鶴『漣、もう少し待って!艦載機で援護・・・ぐうっ!?』


提督「っ・・・」


海風「・・・無理、ですよ。あんな大群に、たった三隻で勝てるわけないじゃないですか」


黒潮「し、司令はん!これ以上食らったらホンマにやばいって!」


提督「・・・」


海風「助かりたかったら、誰かを囮にするしかないでしょう・・・?」


海風「・・・私達が、そうされたみたいに・・・」


提督「・・・」






選択肢安価

1 「・・・」

2 「嫌だ。それでも俺はこいつらを見捨てない」

3 その他自由安価




↓1

270: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:26:10.33 ID:I7E7ep6IO
2

271: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 23:31:09.66 ID:AU7IdjvlO



提督「嫌だ。それでも、俺は・・・」


提督「こいつらを見捨てない・・・っ!」


海風「・・・っ」


黒潮「分かったやろ?海風。ウチの司令は、こんな人なんや・・・」


黒潮「だから、ウチも、みんなも・・・この人の支えになりたいんや・・・」


海風「・・・」


黒潮(けど、司令はん・・・もしもの時は・・・)


提督「本当に、あと少しなんだ・・・っ!諦めるな!」





直↓コンマ判定 

再度、75以上で応援到着です

272: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:31:30.96 ID:2aWI3aVqO

273: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 23:37:37.39 ID:AU7IdjvlO




黒潮「っはぁ、はぁ・・・」


提督「黒潮、頑張れ!あと少しだから・・・っ!」


黒潮「うん・・・ウチ、頑張って・・・」


妖精「黒潮さん!前!」


イ級「ガァァァァッ!」


黒潮「っ・・・!」


「させないわよっ!」


黒潮「え・・・っ?」


陽炎『黒潮!助けに来たわよ!』


不知火『まったく。世話を焼く妹ね』


黒潮「姉ちゃん、みんな・・・」


大和『提督!遅れて申し訳ありません!』


長門『あとは私達に任せろ!』


提督「っ、ふぅ・・・さすがに、肝が冷えたな・・・」


黒潮「さ、帰ろうや。今日は疲れたしね?・・・」








↓1 帰還中、もしくは帰還してからどうする?

274: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:40:24.83 ID:63hPtPkY0
帰還中
不知火「単独行動はダメだと何度も言ったはずよ…。」

276: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 23:44:34.46 ID:AU7IdjvlO



黒潮「はぁ?・・・ほんま、疲れたわぁ」


ガコンッ!


黒潮「うおっとぉ!?」


提督「大丈夫か?・・・大分やられたもんな」


黒潮「ん、へーきへーきよ!」


不知火『・・・まったく、仕方ないんだから』


不知火『心配になって追ってきて正解だったわ。曳航するから、任せなさい』


黒潮「たははは。ごめんな、姉ちゃん」


不知火『まったく。単独行動はダメだって何度も言ったでしょ・・・』


提督「そうだぞ黒潮!何考えてんだ!」


黒潮「うぅ・・・ごめんなさい・・・」







↓1 どうなる?

277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:46:29.63 ID:KdsLBEfX0
もっと強くなって守るから

278: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 23:49:40.66 ID:AU7IdjvlO


提督「・・・とにかく、無事だったから良かったにしろ・・・」


提督「何かあったら、俺は・・・」


黒潮「うぅ・・・でも、ウチも司令はんの力になりたかったんや・・・」 


提督「黒潮・・・」


不知火『・・・心配いらないわ、黒潮。あなたも司令も、私がみんな守るから』


黒潮「! 姉ちゃんだけやない、ウチも強くなるからな、司令はん!」


提督「とにかく、無茶はするなよ・・・」






↓1 どうなる?

279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:55:10.95 ID:63hPtPkY0
到着

女主人が洗脳を解くことができる艦娘を連れて待っていた

280: ◆I045Kc4ns6 2016/04/09(土) 23:58:37.17 ID:AU7IdjvlO



【鎮守府】


女主人「おう、おかえり」


提督「すまんな。わざわざ協力してもらって」


女主人「いいのよ。無事だったんならね・・・黒潮ちゃん、大丈夫?」


黒潮「? 大丈夫って・・・」


提督「奴らの基地にいた時、洗脳された可能性があるからな」


女主人「この娘なら、洗脳を解除てきるから、お願いね」








↓1 洗脳を解除できる艦娘

提督の艦娘でも未登場でも構いません


281: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:59:24.27 ID:2aWI3aVqO
瑞穂

282: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:05:22.93 ID:bVkgOIxzO


瑞穂「提督、お疲れ様です。水上機母艦、瑞穂、推参致しました」


瑞穂「どうぞよろしくお願い申し上げます」


提督「おう。洗脳を解除できるなんてすごいな」 
 

瑞穂「本国で洗脳の研究に協力してましたから・・・どうぞ期待してくださいね」


提督「ああ。頼むよ」


瑞穂「では、黒潮さん。こちらへどうぞ・・・」


黒潮「う、うん!」







黒潮「ここに座ればええんやね」


瑞穂「ええ。すぐ終わりますから・・・」


黒潮「・・・この拘束具は意味あるん?」


提督「洗脳されてると、解除するとき暴れるからな。念のためだよ」


瑞穂「準備はいいですか?では・・・いきます!」








↓1 黒潮は洗脳されていた?されてなかった?

283: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:07:32.29 ID:6saCiD9t0
ほんの少しだけ洗脳されていた

285: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:10:34.24 ID:bVkgOIxzO

バチッ バチバチッ


黒潮「・・・ぐっ、があっ!?」


黒潮「い、が、は、ぐ、うぁぁ・・・っ!」


提督「黒潮・・・やっぱり、洗脳されてたのか」


瑞穂「今、洗脳の内容を自白させます」


提督「頼む・・・あまり長引かせないでくれよ」








↓1 黒潮の洗脳の内容

286: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:12:04.64 ID:k57qWSZRO
鹿島様万歳

287: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:14:13.88 ID:bVkgOIxzO



黒潮「う、うぅ・・・」


瑞穂「・・・解除は終わりました。直に目を覚ますでしょう」


提督「良かった・・・それで、洗脳の内容は?」


瑞穂「ええと・・・鹿島、という艦娘のことを提督と置き換えるよう洗脳されてました」


瑞穂「・・・鹿島、ご存知ですか?」


提督「鹿島・・・?」








↓1 提督は鹿島について知っていた?

288: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:14:40.31 ID:GTAbl3GqO
知らない

289: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:17:59.60 ID:bVkgOIxzO


提督「分からないな・・・黒潮が海風たちの他に、艦娘がいると言っていたから、そいつじゃないか?」


瑞穂「そうでしょうね・・・」


黒潮「ん、んん・・・」


提督「! 黒潮!」


黒潮「あ、司令はん・・・うち、どないしたん?」


提督「洗脳されてたけど、もう解除できたよ。大丈夫だったから」


黒潮「・・・そう?よかったわぁ」







↓1 これからどうする?どうなる?

290: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:18:59.58 ID:6saCiD9t0
風雲にも試してみよう

291: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:23:51.60 ID:bVkgOIxzO



瑞穂「黒潮さん、何か調子が悪かったりは・・・」


黒潮「ううん、大丈夫よ」


提督「・・・瑞穂、これ、もう一回動かせるか?」


瑞穂「ええ。できますが・・・」


提督「・・・少し待っててくれ」






風雲「・・・私の洗脳を解除すると?」


提督「ああ。もし、洗脳されてればだけどな」


風雲「・・・どのみち、私に拒否権はないわ。行きましょう」





直↓コンマ判定 洗脳の解除率

高いほど多く洗脳を解除できます

292: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:25:04.42 ID:V2SEvLO3O
ほい

295: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:27:57.59 ID:bVkgOIxzO


バチッ バチバチッ


風雲「っ・・・」


夕雲「瑞穂さん、成功したの!?」


瑞穂「解除率は42%・・・これ以上は脳への負担が大きくて・・・」


早霜「風雲姉さん・・・!」


風雲「っ、う、うぅ・・・」


風雲「姉さん、たち・・・みんな・・・」


風雲「私は・・・」









↓1 どうなる?

298: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:30:02.37 ID:uOHIYye50
中途半端に解除されたせいで情緒不安定に

299: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:33:12.64 ID:bVkgOIxzO


長波「風雲!もう大丈夫だからな!」


風雲「長、波・・・?」


風雲「っ、ここはどこ!?何で皆が・・・!?」


提督「落ち着け、風雲。ここは・・・」


風雲「っ、イヤっ!来ないで・・・っ!」


提督「っ・・・」


風雲「私、なんで・・・なんで、こんなことに・・・」


夕雲「・・・提督、風雲は私達に任せてください」


提督「・・・そうだな。頼むよ」


提督「行こう、黒潮、瑞穂」







↓1 どうする?どうなる?

300: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:35:50.32 ID:/S92sL3PO
洗脳解除なんて特異なことができるようになった経緯を聞く

303: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:38:57.75 ID:bVkgOIxzO



提督「それにしても、瑞穂はすごいな。洗脳の解除なんて、タダで出来るもんじゃないだろ」


瑞穂「確かに、研究は大変でしたね・・・」


黒潮「そもそも、なんで研究なんて始まったん?」


瑞穂「えっと・・・」








↓1 本国の研究について

理由なり規模なりなんでも構いません

304: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:40:19.09 ID:6saCiD9t0
瑞穂が深海棲艦から転生 → 能力の一部に洗脳関連が残ってた

305: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:43:46.02 ID:bVkgOIxzO



瑞穂「・・・実は、私・・・深海棲艦からこの姿に戻ったんです」


提督「そうなのか?・・・ごめん、辛いことだったろ?」


瑞穂「ええ・・・しかし、そのおかげか、洗脳の能力を理解したまま戻れたんです」


瑞穂「その事を活かしたいと思って、研究に関わることにしたんです」


黒潮「・・・立派やね」


提督「・・・なあ、瑞穂」


提督「君はまだ、洗脳は出来るのか?例えば、辛い記憶を、封印したりとか・・・」


瑞穂「それは・・・」







↓1 瑞穂の返答

306: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:44:41.68 ID:uOHIYye50
いざという時は水母棲姫になれそうだな

309: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:51:00.80 ID:bVkgOIxzO

空母水鬼は一応登場済みですけどね

まあ、深海棲艦化については後々・・・




瑞穂「・・・洗脳については、まだ研究中なんです。ごめんなさい」


提督「ああ、いや、いいんだ・・・」


黒潮(・・・司令はん、まだ天津風はんとちゃんと話出来てへんし・・・)


黒潮(阿武隈はんも、いろいろ大変そうやもんな・・・)


提督「・・・やっぱり、自分でやらないとダメか」


瑞穂「提督さん?」


提督「いや、なんでもないよ」







↓1 どうする?どうなる?


310: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:53:15.92 ID:6saCiD9t0
瑞穂「黒潮さん、洗脳は解きましたがフラッシュバックが起きるかもしれません、注意してくださいね。」

311: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 00:58:03.37 ID:bVkgOIxzO



瑞穂「では、私はこれで・・・」


提督「ああ。鎮守府を案内したいが、今日は流石にな・・・」


瑞穂「ええ。提督の都合のいい時で、構いませんから」


瑞穂「それと、黒潮さん」


黒潮「? なぁに?」


瑞穂「時折、洗脳を解除してもフラッシュバックが起こることがあります・・・」


瑞穂「それに、複数回洗脳をかけられると、解除は困難になります。もう単独行動は避けてくださいね」


黒潮「うぅ、はぁい・・・」


瑞穂「では、また」


カツカツカツカツ…


黒潮「・・・みんな何度も言い過ぎよ。ウチだって反省しとるんに」


提督「それだけ心配してるってことさ」


黒潮「・・・司令はんも、心配やった?」


提督「当たり前だろ、よりによって、俺が寝てる間に捕まって・・・」







↓1 これからどうしよう?

312: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 01:03:08.41 ID:uOHIYye50
提督「腹減ったからたこ焼き作ってくれ」

313: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 01:06:03.09 ID:bVkgOIxzO


提督「それにしても、腹減ったな・・・」


黒潮「今三時やけど、お昼どころじゃなかったもんね」


黒潮「・・・! 司令はん、ウチがたこ焼き作ろっか?」


提督「ん?いいのか?」


黒潮「かまへんかまへん!助けてくれた、恩返しやから」


提督「そうか?じゃあお願いするよ」








↓1 どうなる?

314: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 01:14:11.04 ID:/S92sL3PO
調子に乗って少し作りすぎた

317: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:04:54.20 ID:P3koWUG8O



【厨房】


黒潮「んっふふっふふー♪」


黒潮(司令はん、美味しい言うてくれるかなぁ・・・♪)







黒潮「ほい、おまたせ!」ゴトッ


提督「うおぉ・・・多いな」


黒潮「あ!ご、ごめん・・・調子乗りすぎたわ」


提督「まあ、いいさ。腹減ってるし、黒潮も食おうぜ」


黒潮「ほな、そうさせてもらいます♪」






↓1  どうなる?

318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:06:34.22 ID:2JQjolgMO
店出せるくらい美味い

319: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:09:04.05 ID:P3koWUG8O


提督「んっ・・・うまっ!すごい美味いぞ!」


黒潮「ほんまに?司令はん、大げさすぎひん?」


提督「いや、ほんとに美味いって・・・今まで食べた中で一番だよ」 


提督「店出してもおかしくないな・・・」


黒潮「そんな、褒めすぎよ・・・///」







↓1 どうなる?

320: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:11:46.18 ID:6saCiD9t0
黒潮「瑞穂はんにコレ手土産として渡しておけばよかったわー…。」

322: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:14:26.24 ID:P3koWUG8O


黒潮「そんなに美味いんなら、瑞穂さんに手土産で渡しとけばよかったわ・・・」


提督「はは、たしかにな」


黒潮「なぁ、司令はん。瑞穂さんって、配属どこになるん?」


提督「えっと、確か・・・」







↓1 瑞穂の配属先

本国でも誰かの鎮守府でも構いません

323: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:16:21.71 ID:4OYWER6KO
大佐のところ

324: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:19:15.51 ID:P3koWUG8O



提督「大佐のところだな」


黒潮「大佐はんかぁ・・・最近はなかなか会わへんね」


提督「あっちにも都合があるしな・・・」


黒潮(・・・利根さんたち、元気やろか)



提督「ま、会いに行くのはできるし、そう気にするなよ」


黒潮「せやね」






↓1 どうなる?

321: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:12:10.45 ID:uOHIYye50
たこ焼きに注がれる海風の視線
(本人は必死に耐えている模様)

326: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:25:22.22 ID:P3koWUG8O



長門「・・・ここにいたのか、提督」


提督「長門、帰ってたのか。大丈夫だったか?」


長門「無論だ。黒潮ががんばったのだから、私達も頑張らねばな」


長門「それで、この娘なんだが・・・」


海風「・・・」


提督「・・・なんで連れてきたんだ?」


長門「腹が減ってるそうだ。戦意も無くしてるし、何より提督に会いたかったらしい」


提督「俺に・・・?一体何なんだ・・・?」


海風「・・・」ジュルリ


黒潮「えっと・・・」







↓1 どうする?

327: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:27:39.28 ID:2JQjolgMO
小分けにして渡す

328: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:30:58.73 ID:P3koWUG8O



黒潮「・・・ちょっと待ってな」


黒潮「はい。欲しいんやろ?」


海風「っ、あ、ありがとう、ございます・・・」


海風「はむっ・・・っ!?」


黒潮「美味いやろ?」


海風「っ、は、はいっ・・・う、うぅぅぅ」


提督「・・・」






↓1 どうする?どうなる?

329: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:35:16.33 ID:6saCiD9t0
海風から洗脳による邪悪な気配が消え始めた

331: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:37:32.78 ID:P3koWUG8O



海風「・・・御馳走様でした」


提督「全部食べちまうなんて、よほど腹減ってたんだな」


黒潮「ええやんええやん♪」


海風「提督さん、その・・・すみませんでした!」


海風「私、とんでもないことをしてしまって・・・何人も、殺して・・・」


提督「・・・洗脳が解けたんだな」


海風「はい・・・」






↓1 どうなる?

332: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:41:41.00 ID:2JQjolgMO
黒潮が海風に色々聞いてみる

333: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:43:02.35 ID:P3koWUG8O



黒潮「・・・なあ、海風はん。ちょっと聞いてもええかな?」


海風「はい、もちろんです」


海風「私が力になれるのなら・・・なんでも聞いてくださいね」


黒潮「ほな・・・」






↓1 質問の内容

334: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:43:35.07 ID:kfUEYnQqO
鹿島について

335: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:45:59.61 ID:P3koWUG8O


黒潮「・・・鹿島はんについて、何やけど」


海風「鹿島、さんですか・・・」


海風「私が知ってるのは、あの人は私達より前に、あのスパイのもとにいたという事と・・・」


海風「・・・」チラッ


提督「・・・?」


海風「なぜだかは、分かりませんけど・・・よく、提督さんの話をしてました」


提督「俺の?」


黒潮「司令はんには心当たり、ないんやろ?」


提督「まあな・・・鹿島、か」







↓1 どうなる?

336: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:47:30.94 ID:DdelN9Zp0
危険思想で知られた将校の部下だった

337: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:51:50.20 ID:P3koWUG8O



長門「・・・提督、鹿島なら知ってるぞ」


提督「ん、本当か?」


長門「ああ。確か数年前に除籍された・・・危険な思想を持った士官の部下だったはずだ」


提督「・・・その士官っつーのが、スパイだったかもな」


黒潮「でも、なんで司令はんのこと知っとったんやろ?」 


提督「んー・・・わからん」








↓1 どうする?どうなる?

338: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:54:58.15 ID:6saCiD9t0
長門「それと、同僚だったドイツ艦も非常に危険な艦娘だと聞いている。」

340: ◆I045Kc4ns6 2016/04/10(日) 23:59:03.40 ID:P3koWUG8O



長門「・・・それに、うわさ程度の話だが」


長門「秘密裏にドイツ艦が配属されてたらしいぞ。それも、かなり危険だそうだ」


提督「ドイツ艦が・・・?そんな話、聞いたことないぞ」


黒潮「配属されてるのなら、総統閣下からなんか言うてるやろうなぁ」


提督「はぁ・・・まったく、わからん事だらけだな」






↓1 どうなる?

341: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:00:50.39 ID:mNBmUxLXO
提督と黒潮、ドイツ艦娘を集めて聞いてみる

342: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:04:07.70 ID:odND3LGcO



提督「・・・ま、ドイツ艦ってだけ手がかりがあるのはありがたいな」


提督「長門、ドイツ艦のみんなを集めてくれるか?」


長門「ああ。了解した」








ビスマルク「・・・なるほど」


オイゲン「私達のまえに、日本に来てた艦娘がいるなんて・・・」


提督「みんな、何か知らないか?」


「・・・」





↓1 手がかりはあった?なかった?

343: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:04:42.64 ID:MKUPdKAC0
なかった

345: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:09:05.16 ID:odND3LGcO



ビスマルク「ごめんなさい提督。私たちにはわからないわ」


レーベ「そんな艦娘いたら、きっと話が出ると思うけど・・・」


ゆー「ゆーも、聞いたこと・・・ないです・・・」


提督「ん。そうか・・・ありがとう」


黒潮「んー、打つ手なしやねぇ」







↓1 どうする?どうなる?

346: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:10:36.37 ID:0kIOGbEv0
他所から移って来た艦娘にも聞いてみる

348: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:14:16.82 ID:odND3LGcO


提督「仕方ない。他の艦娘にも、話を聞くか・・・」


黒潮「つっても、誰に聞くん?」


提督「地道に、一人ずつ聞くしか・・・ん?」


黒潮「どないしたん?」


提督「何か忘れてるような・・・ま、いいか」


黒潮「とにかく、誰に聞くん?」


提督「そうだな・・・」







↓1 誰に聞こう?

349: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:14:42.32 ID:mNBmUxLXO
長月

350: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:18:05.72 ID:odND3LGcO



提督「・・・ダメだ。全然手がかりがない」


黒潮「流石にねぇ・・・ん?」


長月「・・・」テクテクテク


提督「おーい!長月!」


長月「ん?なんだ、司令官」


黒潮「実は・・・かくかくしかじか」








↓1 長月は情報を持ってた?

351: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:18:30.06 ID:FDuPSzcAO
持ってた

353: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:23:37.13 ID:odND3LGcO



長月「・・・ああ、それなら知ってるぞ」


提督「っ、ほんとか!?」


黒潮「偉いでぇ、長月ちゃん!」


提督「それで、情報は!?」


長月「あ、あぁ・・・」






↓1 長月の持ってた情報 あまり確信には触れないよう、お願いします



354: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:24:46.53 ID:0kIOGbEv0
他のドイツ艦に殺意を持ってる

356: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:29:03.37 ID:odND3LGcO


長月「あまり、詳しくは知らないが・・・」


長月「例のドイツ艦は、他のドイツ艦に対しても、強い敵意を持っていたらしい・・・」


長月「・・・すまないが、私はこの程度しか知らないな」


提督「何、充分だ。助かったよ、長月」







黒潮「・・・他のドイツ艦にも、敵意を持ってたから日本に送られたんかな?」


提督「いや、それだとビスマルク達が知らない理由が弱い。俺は多分、そのドイツ艦ってのは・・・」


提督「・・・ま、いいか。推測の域を出ないし。これ以上情報もなさそうだから、そろそろ一息つくか」


黒潮「ふぅ、そうやねー」







↓1 これからどうしよう?

今の時刻はだいたい午後四時くらいで

357: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:32:44.93 ID:suYDmBUw0
妹たちの様子を見に行く黒潮

358: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:35:14.97 ID:odND3LGcO


黒潮「んじゃ、うちも少し休んでくるわ」


提督「おう・・・黒潮」


黒潮「なぁに?」


提督「・・・お前が戻ってきて、本当に良かったよ」


黒潮「っ・・・///」






黒潮「はー・・・去り際にあんなこと言うの、ズルいわ・・・」


黒潮「・・・妹たち、どないしとるやろうか」


黒潮「ちょっと、みにいこ」





↓1 妹のうち、誰の様子を見に行く?

一応提督のとこらにいる娘限定で、複数可です


359: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:35:54.16 ID:FDuPSzcAO
舞風

360: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:42:18.40 ID:odND3LGcO



黒潮「おいーす」


舞風「あっ!黒潮姉さん!」


タッタッタッタッ   ギュッ!


黒潮「おっとっと・・・もう、危ないやろ?」


舞風「だって、姉さんがちゃんと、帰ってきて嬉しいんだもん♪」


黒潮「あ・・・ごめんな。ほんと」


舞風「いいっていいって♪」






↓1 どうなる?

361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:45:26.07 ID:suYDmBUw0
早速踊りに付き合わされる

362: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:47:56.01 ID:odND3LGcO


黒潮「でも、ウチ、ほんま迷惑かけたから・・・」


舞風「いいって言ってるのに・・・そうた!」


舞風「そこまで言うなら、舞風と踊ってよ♪」


黒潮「えぇ!?う、ウチが踊り!?」


舞風「踊らないと許してあげないよ♪さ、ほらほら♪」


黒潮「う、うぅ・・・しゃあないなぁ」







↓1 黒潮のダンスの腕前

363: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:49:19.76 ID:FDuPSzcAO
全然ダメ

364: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:50:59.37 ID:odND3LGcO



舞風「はい、ここでターン♪」


黒潮「た、ターン・・・おわっ!」


ドテッ!


黒潮「うぅー・・・ぜんぜんアカンやん」


舞風「えー?このくらい簡単だよ?」


黒潮「それは舞風やからやろ!ウチはこんなん無理やもん!」






↓1 どうする?どうなる?

365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:51:52.54 ID:E+IwEejYO
歌やったら……歌うんやったら自信あるで!

366: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:55:14.29 ID:odND3LGcO



舞風「むぅ・・・じゃあ代わりに何かして?」


黒潮「ええよ・・・なら、歌うたうから!」


舞風「おぉ!黒潮姉さんが歌!?」


黒潮「ふっふっふ・・・よう見ときや!」







直↓コンマ判定 黒潮の歌唱力

367: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:56:14.19 ID:FDuPSzcAO

368: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 00:58:29.85 ID:odND3LGcO


黒潮「ボエ―――・・・!!」






舞風「ぬ、ぬぉぉぉぉ」


黒潮「っはぁ、はぁ・・・ど、どうやった!?」


舞風「・・・あ、あははは」


黒潮「な、何や!上手いのか下手なんか、はっきりしてや!」


舞風「ええっと・・・」






↓1 舞風の返答

369: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:59:48.13 ID:suYDmBUw0
がんばってた(小並感)

372: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 01:02:24.16 ID:odND3LGcO



舞風「う、うん・・・頑張ってたと、思う」


黒潮「それ下手な人にいうやつやーん!」


黒潮「うぅ・・・どうせウチはそんなんや・・・」


舞風「ね、姉さん悪かったよ・・・もういいからさ・・・」








↓1 どうする?どうなる?

373: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 01:04:55.45 ID:A+9h07GeO
……舞風、歌え

375: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 01:07:26.51 ID:odND3LGcO



黒潮「・・・舞風、歌ってや」


舞風「えっ!?」


黒潮「ウチも歌ってや恥かいたんやから、舞風も同じ目に合うべきやろ!」


舞風「え、えぇ・・・」


黒潮「はよ!はよ!」


舞風「し、仕方ないなぁ・・・」






直↓コンマ判定 舞風の歌唱力

376: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 01:07:51.51 ID:UANNOJRXO
あー


380: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:00:11.86 ID:mV1FA4xHO



【舞風の部屋】



舞風「―――・・・♪」


黒潮「・・・」


舞風「・・・ど、どう?ほら、そんなに上手くないでしょ?」


黒潮「・・・せやけど、下手でもないやん!」


黒潮「ウチは踊りも歌もダメやけど、舞風は歌はそれなり、踊りはすごいやん!」


黒潮「はぁ・・・」


舞風(ま、ますます凹んじゃった・・・)







↓1 どうなる?

381: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:05:04.47 ID:LFlDseIFO
黒潮のたこ焼きは美味しいよ、と女子力的なフォロー

382: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:08:05.83 ID:mV1FA4xHO


黒潮「うぅ・・・どうせウチなんか・・・」


舞風「げ、元気だしなよー。歌も踊りも、出来なくても大丈夫だよ!」


黒潮「でも、ウチかて女の子っぽいのに、憧れるもん・・・」


舞風「うぅ・・・」


舞風「ほ、ほら!黒潮のたこ焼き、超美味しいじゃん!大丈夫だって!」


黒潮「うーん・・・」





↓1 どうなる?


383: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:09:43.39 ID:Ndp/QSrEo
最終的には胃袋掴んだもんの勝ちっていうじゃん?

384: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:12:20.60 ID:mV1FA4xHO



黒潮「で、でもそんだけやんか・・・」


舞風「大丈夫大丈夫!最終的には胃袋掴んだ者勝ちっていうでしょ!」


黒潮「・・・」


舞風「・・・それにさ、黒潮が攫われた時、提督、かなり焦ってたよ」


舞風「それだけ、黒潮のことが大切なんだよ。ね?」


黒潮(司令はん・・・)







↓1 どうなる?

385: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:13:54.85 ID:0kIOGbEv0
舞風「だから、ネガティブな事は気にしちゃダメだよ!」

386: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:16:32.78 ID:mV1FA4xHO


黒潮「・・・」


舞風「えへへ、分かったくれた?」


黒潮「うん・・・舞風、おおきに」


舞風「どういたしまして♪もうネガティブなこと気にしちゃダメだよ?」


舞風「黒潮姉さんのこと、提督も好きだからさ」


黒潮「っ、べ、別に司令はんは関係ないやろっ!?///」


舞風(・・・素直じゃないなぁ)







↓1 どうなる?



387: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:18:44.30 ID:X57Ey+SPO
素直にならないと不知火姉さんみたいにタイミング逃すよ?

388: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:22:28.95 ID:mV1FA4xHO


舞風「黒潮姉さんさぁ・・・もっと素直になったらどうなの?」


黒潮「うぅ・・・///」


舞風「じゃないとさ、不知火姉さんみたいに、タイミング逃すよ?」


舞風「ほら、『深海棲艦に何かされなかったか、確かめて・・・///』とか言って♪」


黒潮「う、うぅん・・・///」







↓1 どうする?どうなる?

389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:25:26.07 ID:MKUPdKAC0
勇気を振り絞って提督のところへいく

390: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:27:17.18 ID:mV1FA4xHO



黒潮「はぁ・・・不知火姉ちゃんみたいには、なりとうないなぁ・・・」


舞風「うん、あたしも・・・」


黒潮「しゃあない、ほな。行ってくるわ」


舞風「いってらっしゃーい」






【執務室】


黒潮「・・・」


黒潮「うぅ・・・ドキドキする・・・」


黒潮「・・・よし」


コンコン






↓1 提督はいた?いたなら、何してた?

391: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:29:30.39 ID:0kIOGbEv0
居た

瑞穂の件で大佐に電話中

392: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:34:31.69 ID:mV1FA4xHO



シーン…


黒潮「・・・おらへんのかな」


黒潮「司令はーん!」


黒潮「・・・むぅ」


ギィ…


黒潮「お、開いとる!」


提督「ーーー」


黒潮「! なんやおったんかいな。いたなら返事してーや?」


提督「・・・黒潮、今電話中だ」


黒潮「あぅ、ご、ごめん・・・」


提督「・・・もしもし、あぁ。瑞穂のこと、頼むよ」


黒潮(瑞穂って・・・相手は大佐はんかな?)







↓1 どうなる?

393: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:38:37.03 ID:X57Ey+SPO
電話終わり

394: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:41:07.99 ID:mV1FA4xHO


提督「・・・ああ。またな、利根達によろしく伝えてくれ」


ガチャ…


提督「ふぅ・・・」


黒潮「司令はん、あの、ごめんな・・・」


提督「いいよ。ロクに返事しなかった、俺も悪いんだかな」


提督「で、それで何の用なんだ?」


黒潮「あ、ぅ、えっと・・・」







↓1 どうなる?

395: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:42:51.74 ID:0kIOGbEv0
司令はん!ウチの恋の告白を受け取って欲しいんや!

396: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:45:01.27 ID:mV1FA4xHO



黒潮「えっ、と・・・その・・・///」


提督「・・・おう」


黒潮(言わなきゃ、言うんや・・・)


黒潮「し、司令はん!ウチの、愛の告白を受け取って欲しいんや!」


提督「・・・」


黒潮「・・・///」








↓1 どうなる?


397: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:50:13.71 ID:68+aHD7NO
断る訳なかろうよ

398: ◆I045Kc4ns6 2016/04/11(月) 23:52:54.16 ID:mV1FA4xHO



黒潮「し、司令はん・・・///」


提督「・・・お前、いきなりなんて事言うんだ」


黒潮「あ、め、迷惑やった・・・?」


提督「迷惑じゃないよ。面食らっただけだ・・・」


提督「俺も好きだよ。黒潮」


黒潮「し、司令はん・・・///」







↓1 どうする?どうなる?




399: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 23:56:56.08 ID:F5JRpff5O
そのまま食堂へラン[ピザ]ー

403: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 00:00:03.30 ID:tn+OLl7yO



提督「ほら、おいで。黒潮」


黒潮「うん・・・///」


ギュ…   ぐぅぅぅ~


提督「あ・・・」


黒潮「あぅ、し、司令はん・・・///」


提督「腹減ったんだろ?仕方ないさ・・・一緒に食うか?」


黒潮「っ、うん!///」


提督「じゃ、一緒に食堂に行こうか」








↓1 夕食での二人の相席相手

二人きりでもかまへんで?

404: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 00:00:26.23 ID:xShM2xN80
いない

405: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 00:03:35.86 ID:tn+OLl7yO



【食堂】




黒潮「・・・」ニコニコ


不知火「・・・あら、ご機嫌ね。黒潮」


雪風「一緒にご飯、いいですか?」


黒潮「あー・・・ごめん。今日は司令と二人きりにさせてな?」


天津風「ええ。わかったわ・・・」


黒潮(司令はんと、二人きり・・・ふふふ♪)


提督(幸せそうだな・・・)


提督「さ、食おうか」


黒潮「はな、いただきまーす!」






↓1 食事中イベント

406: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 00:10:44.66 ID:duIxlweS0
幸せそうな表情で食べる黒潮

407: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 00:15:48.69 ID:tn+OLl7yO



黒潮「ん、はむ!」


黒潮「んー、美味いわぁ・・・♪」


黒潮(いつもとおんなじ料理やけど、司令はんと一緒やと、むちゃくちゃ美味しいわぁ・・・)


提督「・・・美味そうに食べるな」


黒潮「んふ、ほんまに美味しいで?」







↓1 どうなる?

408: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 00:20:31.86 ID:PvTIwbkBO
勇気出して良かったと思う黒潮

409: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 00:22:27.83 ID:tn+OLl7yO



提督「確かに、食堂の飯はいつも美味いな・・・」


提督「間宮さんや、鳳翔たちには感謝しないと・・・」


黒潮「せやね・・・」


黒潮(・・・司令はんの顔見てるだけで、胸が暖かくなる・・・)


黒潮(ほんま、勇気だしてよかったわ・・・♪)


提督「何してんだ?料理冷めるぞ」


黒潮「ん、わかっとるよ」






↓1 どうなる?

410: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 00:24:10.14 ID:duIxlweS0
舞風「…。」b
黒潮「!」b

411: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 00:27:33.41 ID:tn+OLl7yO


ガララッ


舞風「ふぅー、お腹空いたー・・・」


舞風「お?」


黒潮「・・・!」グッ


舞風「・・・!」グッ


初風「・・・何してるの?」


舞風「えへへ、なんでもないよー」


不知火「・・・黒潮、やけに司令と親しくしてるわね」


谷風「これはもしや・・・」






↓1 どうなる?

412: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 00:32:17.29 ID:PvTIwbkBO
谷風「ありゃ一線越えたんじゃあないかなー?」

413: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 00:36:13.28 ID:tn+OLl7yO



谷風「ありゃ、一線越えたんじゃないかなー・・・」


浜風「い、一線!?」


不知火「」


天津風「」


初風「ふ、二人共しっかり!」


舞風(あーあ・・・二人共素直じゃないんだから)


雪風「二人共、大丈夫です!雪風も一線越えてますから!」


不知火「」


天津風「」


秋雲「トドメを刺した・・・」







↓1 どうなる?

414: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 00:37:02.79 ID:xShM2xN80
放心状態の不知火たちを部屋まで運ぶ

415: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 00:39:50.77 ID:tn+OLl7yO


陽炎「遅くなったわー・・・あら?どうしたの?」


初風「不知火姉さんと、天津風が放心状態になってしまって」


陽炎「・・・不知火はともかく、天津風は危ないわね。またスイッチが入ったら行けないから」


浜風「そうですね。連れていきましょうか」






提督「・・・どうしたんだあいつらは」


黒潮「さぁ?」





↓1 どうなる?

416: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 00:44:37.96 ID:PvTIwbkBO
黒潮「ん?扉の向こうに居るの誰や?見たこと無い服装やし。」

417: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 00:48:33.16 ID:tn+OLl7yO



提督「・・・ま、いいか。よくあることだし」


黒潮「そうやね・・・ん?」


「・・・」


提督「・・・どうした?」


黒潮「・・・あの扉の向こうにいる艦娘は誰や?初めて見るんやけど・・・」


提督「ああ、初めてだったか。お前が連れ去られてる間に着任したんだ」







↓1 新規着任した艦娘

未登場艦娘からお願いします

鹿島や江風とは面識があるのでngで

418: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 00:48:59.05 ID:fcLGtY5zO
グラーフ

419: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 00:55:11.09 ID:tn+OLl7yO


グラーフ「貴女が黒潮か。私はGraf Zeppelin級航空母艦一番艦、Graf Zeppelinだ」


黒潮「黒潮や。よろしゅうな」


提督「グラーフ、何覗いてたんた?」


グラーフ「いや、まだそこの黒潮には、挨拶してなかったと思ってな」


黒潮「ええよ。そんなん気にせんで」


提督「そうそう、気にするなよ」


グラーフ「・・・しかし」







↓1 どうなる?

420: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 00:59:18.81 ID:qXvbaIGbo
さきほど出会った軽空母もそうだが、黒潮が喋ってるのは何語だ?

421: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 01:01:36.27 ID:tn+OLl7yO


グラーフ「・・・」


黒潮「? なんや?怖い顔して」


グラーフ「・・・先ほど会った軽空母もそうだが、黒潮は何語を話してるんだ?」


提督「あれは大阪弁だよ」


黒潮「まあ、珍しいなぁ、確かに」


グラーフ「オオサカベン・・・訛りのようなものか?」 


提督「ああ。ドイツにもあるだろ?」








↓1 どうなる?

422: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 01:02:22.28 ID:duIxlweS0
黒潮「あれ、さっきドイツ艦集めた時居なかったみたいやけど…?」
グラーフ「…すまないが、その件は深追いしないで欲しい。」

423: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 01:06:10.41 ID:tn+OLl7yO



黒潮「ん・・・あれ?」


提督「どうした?」


黒潮「さっき、ドイツ艦が集合した時、グラーフさんおらんやったよね?」


グラーフ「それは・・・」


グラーフ「・・・外せない用があったんだ。あまり詮索しないでくれ」


黒潮「ほーん・・・りょーかい」







↓1 どうなる?

424: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 01:10:21.72 ID:fcLGtY5zO
怪しむ黒潮が提督にヒソヒソ話

427: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 23:02:40.64 ID:YU2IFrhqO



【食堂】


グラーフ「・・・」





黒潮「・・・なぁ、司令はん。グラーフさん、怪しうない?」ヒソヒソ


提督「ん・・・?」


黒潮「ほら、例の危険思想を持ったドイツ艦・・・あれ、グラーフさんやないやろか?」


黒潮「詮索しないでってのも、怪しいで?」ヒソヒソ


提督「んー・・・」






↓1 どうなる?




428: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 23:04:50.29 ID:t5v0J9W70
様子見もかねて今回は追及しないことに

429: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 23:07:33.33 ID:YU2IFrhqO


提督「・・・ま、今回は事がことだ。様子を見とこう」


黒潮「大丈夫かいな・・・?」


提督「まあ、一応監視は付けとくからさ。それに・・・せっかく来た仲間を疑いたくないしな」


黒潮「司令はんがそういうなら、りょーかい・・・」







↓1 どうする?どうなる?

430: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 23:17:10.34 ID:swOuCIKgO
夕食続行

431: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 23:21:07.10 ID:YU2IFrhqO



提督「ほら、分かったら飯だ飯」


黒潮「ん、せやね」


提督「グラーフ、お前、飯は?」


グラーフ「え・・・?」





↓1 グラーフも同席する?

432: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 23:21:27.51 ID:pbNU9SstO
する

433: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 23:24:31.71 ID:YU2IFrhqO

グラーフ「実はまだなの・・・」


黒潮「ほな、一緒に食べへん?」


グラーフ「・・・じゃあ、私も相席させてもらうわ」


提督「おう、みんなで食べた方が美味いよな」


黒潮「せやせや♪」






↓1 どうなる?

434: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 23:28:27.10 ID:ExC3y04r0
なんかグラーフの口調に違和感ががが

グラーフ「この照り焼きとやらは美味いな。」

435: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 23:31:01.47 ID:YU2IFrhqO


おうふ・・・確かにこりゃちょっとちゃいますな






黒潮「んー、美味しい♪」


提督「グラーフはどうだ?ここの飯は」


グラーフ「ああ。美味しいよ、特にこの照り焼きとやらは・・・」


提督「うんうん、ならいいんだ」


黒潮「今からはここで暮らすさかい、美味しい物くわんとねー」





↓1 どうなる?

436: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 23:41:44.36 ID:t5v0J9W70
食べ終わり、風呂へ

437: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 23:44:37.85 ID:YU2IFrhqO


黒潮「いやー、食ったわ食ったわ」


グラーフ「・・・御馳走様」


提督「どうだった?グラーフ」


グラーフ「とても美味しかったわ。これからが楽しみね」


提督「んじゃ、飯食ったし風呂入るか・・・」


黒潮「せやせや!お、ふろ・・・」


黒潮「・・・///」


グラーフ「・・・?」








↓1 どうする?どうなる?

438: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 23:45:47.24 ID:xShM2xN80
お互いの体を洗いっこする

439: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 23:48:19.96 ID:YU2IFrhqO

黒潮(うわー、お、お風呂かぁ・・・一緒に入りたいなぁ・・・///)


黒潮「し、司令はぁん・・・///」モジモジ


提督「分かってるよ。ほら、行くぞ」


黒潮「う、うん!」


黒潮(せっかく告白したんやから、洗いっこしたいなぁ・・・///)







↓1 どうなる?

440: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/12(火) 23:56:38.60 ID:pbNU9SstO
黒潮、顔真っ赤

441: ◆I045Kc4ns6 2016/04/12(火) 23:59:09.88 ID:YU2IFrhqO


【執務室】


ガチャ


黒潮「司令はん、お、お風呂はどっち・・・///?」


提督「右の扉だよ」


黒潮「ほ、ほーん・・・///」


ガララッ


黒潮(う、うぅ・・・ついに来てもうたぁ・・・///)


黒潮(う、狼狽えたらあかん!ウチはいまから、司令はんと、お、おふおふおふろに・・・///)


黒潮「・・・///」カオマッカ


提督「・・・大丈夫か?」






↓1 どうなる?

442: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 00:00:05.47 ID:gXXH7/Ts0
早速洗いっこ

443: ◆I045Kc4ns6 2016/04/13(水) 00:03:15.21 ID:Hsrq7EtDO


シュル…  パサ…


提督「・・・ほら、黒潮も脱げよ」


黒潮「わ、分かっとるよぉ・・・その・・・」


黒潮「み、見らんといてや・・・///」


提督「お、おう・・・」


黒潮(うぅ・・・は、恥ずかしいわぁ・・・///)


パサ…


黒潮(た、タオルで隠して・・・)


黒潮「は、入ろ?司令はん・・・」


提督「ん」







↓1 提督と黒潮、どっちを先に洗う?

444: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 00:04:02.78 ID:UXQYGmfbo
提督

445: ◆I045Kc4ns6 2016/04/13(水) 00:07:26.86 ID:Hsrq7EtDO


黒潮「し、司令はん・・・そこ、すわってや・・・///」


黒潮「ウチが、洗ってあげるから・・・///」


提督「おう、頼むよ」


黒潮「ま、任せてや!///」


黒潮(司令はんの背中、おっきくて、傷だらけや・・・)







↓1 どうなる?

447: ◆I045Kc4ns6 2016/04/13(水) 00:12:46.39 ID:Hsrq7EtDO


黒潮「んっ・・・///」


黒潮「司令はん、気持ちええ・・・///?」


提督「お、おう・・・」


提督(黒潮の息と声が・・・)


黒潮「んっ・・・次、前もするけん・・・///」スッ


提督「っ、ま、前はいいっ!」


黒潮「え?なんで・・・」




黒潮「・・・///」



提督「あ、く、黒潮・・・」







↓1 どうなる?

448: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 00:13:45.41 ID:Gt7fEx/YO
そのまま夜戦へ

450: ◆I045Kc4ns6 2016/04/13(水) 00:17:51.21 ID:Hsrq7EtDO


黒潮「司令はん・・・///」


提督「っ、待て、黒潮・・・っ」


黒潮「大丈夫やから・・・ちゃんと、綺麗にするから・・・///」


黒潮「せやから、ウチにさせてや・・・お願い・・・」


提督「っ・・・分かった。お願いするよ」


黒潮「・・・♪」






↓3までで、多数決

キンクリする?しない?

475: ◆I045Kc4ns6 2016/04/13(水) 23:42:28.67 ID:WNVIxNqyO



提督「ほら、どうだ?」


黒潮「んー♪気持ちええわぁ♪」


黒潮「司令はんに頭洗ってもらって、幸せよ?」


提督「そうか?そりゃ光栄だな」


提督「・・・そう言えば、聞いてなかったな」


提督「黒潮、お前捕まってた時、何かされたのか?」


黒潮「? 何かって?」


提督「いや、その・・・あれだよ、あれ」


黒潮「・・・うーん」








↓1 なんて答えよう?



476: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 23:44:33.85 ID:gM3NF6YAo
それはもうひどいひどい目に……、と分かりやすいボケ

478: ◆I045Kc4ns6 2016/04/13(水) 23:47:16.41 ID:WNVIxNqyO


黒潮「・・・司令はん、あのな」


提督「っ・・・」


黒潮「実は、ウチ・・・もう・・・」


黒潮「司令はん、ごめんなさい・・・」


黒潮「なーんて、じょうだn」


提督「黒潮っ・・・」ギュゥ…


黒潮「っ、し、司令はん!?///」


提督「いいんだ。黒潮・・・いいんだ・・・生きていてくれれば、それで・・・」


黒潮(じ、冗談なんやけど・・・///)






↓1 どうなる?

479: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 23:50:28.34 ID:j5UkLUQn0
のぼせてきた

482: ◆I045Kc4ns6 2016/04/13(水) 23:55:08.89 ID:WNVIxNqyO


提督「っ、ぅ・・・」


ギュゥ…


黒潮(し、司令はん、抱きしめ過ぎや・・・///)


黒潮(アカン、熱なって・・・逆上せてきた・・・///)


黒潮「司令はん・・・///」


提督「黒潮・・・」






↓1 どうなる?

483: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 23:56:53.19 ID:1+d97Ae3O
暗い話してゴメン。洗うの続きして?
(絶対身体洗ってもらうウーマン)

485: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 00:00:03.51 ID:BJik1bYuO


黒潮「司令はん、く、暗い話してごめん・・・///」


提督「っ、いいんだ。お前が話したいなら・・・!」


黒潮「え、ええから!今は、身体洗ってや・・・」


黒潮「・・・お願い」


提督「分かった。任せろ」


黒潮(これ、絶対いいだせんわ・・・///)







↓1 どうなる?

486: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 00:03:09.22 ID:qNxDhPnWO
逆上せているのを我慢してるだけなのに
辛い過去を我慢してるように見える黒潮の背中

488: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 00:05:24.10 ID:BJik1bYuO



黒潮(アカン・・・さっきよりマシやけど、やっぱり熱い・・・///)


黒潮(司令はんに気づかれへんようにせんと・・・///)


提督「・・・」


提督(俺は、何て無力なんだ・・・)


提督(天津風についで、黒潮まで・・・っ)







↓1 どうなる?

487: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 00:04:24.38 ID:s2rHHdgk0
黒潮(姉ちゃん達に伝わったら相手はリンチやで…。)

490: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 00:10:53.88 ID:BJik1bYuO


黒潮(そ、それに・・・)


黒潮(もし、ウチがこんな目に遭ったって姉ちゃん達が知ったら・・・)


黒潮(ほんで、もし嘘がバレたら・・・)


黒潮「・・・」ガクガク


提督「っ、黒潮!大丈夫か!?」


黒潮「う、うん。平気やで・・・」ニコ…


提督「っ・・・」 







↓1 どうなる?

491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 00:13:56.75 ID:OKFqP/tb0
そろそろ風呂に入る

492: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 00:15:32.13 ID:BJik1bYuO



提督「・・・終わったぞ。黒潮」


黒潮「ん、ありがとう・・・」

 
提督「・・・湯船、浸かるか」


チャプ…


黒潮「はぁ・・・♪気持ちええなぁ・・・」


提督「そう、だな・・・」




↓1 どうなる?

493: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 00:17:27.97 ID:C7GzdGOIo
寒気がするほど恐ろしい想像してた所為で若干のぼせていた頭がすっきりした

494: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 00:19:20.41 ID:BJik1bYuO



黒潮「はぁ・・・」チャプ…


黒潮(ん、やっと頭冴えてきたかも・・・姉ちゃん達のおかげやね)


黒潮(もう姉ちゃんのアレ(筋肉バスター)はゴメンやからなぁ)


提督「・・・」


黒潮(・・・こっちはまだ残っとるけど)






↓1 どうする?どうなる?


495: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 00:22:58.48 ID:PKVA4j7Fo
提督の膝の上に乗り込めー

496: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 00:26:16.82 ID:BJik1bYuO


提督「はぁ・・・」


チャプ…


黒潮「司令はん・・・♪」


提督「黒潮・・・」


黒潮「えへへ、司令はんのお膝もーらいっ♪」


提督「・・・俺の膝なら何時でも乗っていいぞ」


黒潮「ほんまに?」


提督「ああ・・・」






↓1 どうなる?



497: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 00:27:07.38 ID:s2rHHdgk0
黒潮「ウチを司令はんの色に染め直して欲しいんよ。」ギュー

499: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 00:31:38.35 ID:BJik1bYuO


黒潮(うーん・・・流石にこんくらいじゃ明るくならへんか・・・)


黒潮(司令はん、メンタル結構弱いし・・・流石に冗談が過ぎたかな・・・)


黒潮(・・・恥ずかしいけど、しゃあない///)


黒潮「司令はん・・・///」


提督「っ、なんだ?何かして欲しいのか?」


黒潮「うん、お願いがあるんや・・・///」


チャプ…


提督「っ・・・」   


黒潮「ウチの身体・・・アイツラに汚されてもうたけど・・・」


黒潮「司令はんの色に、ウチの身体、染め直してや・・・///」


黒潮(ち、超恥ずかしいわぁー・・・///)


提督「っ・・・」







↓1 どうなる?

500: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 00:35:57.20 ID:y+5MKAm2O
本番突入

501: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 00:41:16.58 ID:BJik1bYuO


提督「黒潮・・・」


黒潮「んっ、司令はん・・・///」


提督「こんな俺でいいのなら、黒潮・・・」


黒潮「っ・・・///」







↓1 このまま行く?

それとも、お風呂から上がってやる?

502: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 00:41:45.70 ID:yj4ATk1TO
このまま

504: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 00:44:37.43 ID:BJik1bYuO



黒潮「し、司令はん、上がってから・・・///」


提督「ごめん・・・今、したいんだ」


提督「早く、お前を俺のものにしたいから・・・」


黒潮「し、司令はんっ・・・///」


黒潮「・・・うん、ウチも、ええで・・・///」


提督「黒潮・・・ハジメテを、貰うぞ」


黒潮「うんっ・・・///」









↓5までで、多数決

キンクリする?しない?

527: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 23:39:36.83 ID:0Dc3dESuO







提督「・・・しかし、水汚しちまったな」


黒潮「あー、せやね・・・これ掃除大変かも」


提督「仕方ない。後で掃除しとくか。それに、そろそろ上がらないと逆上せるだろ」


黒潮「でも、もう少しお話したいな・・・♪」


提督「それもそうだな」







↓1 どうなる?

528: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:40:17.80 ID:bAGikwUho
愛宕乱入

529: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 23:44:18.13 ID:0Dc3dESuO

ガララッ


愛宕「提督ぅ、ちょっとお話が・・・」


提督「っ!?あ、愛宕!?」


黒潮「な、何でここに!?」


愛宕「あらー、お風呂に入ってるとは思いましたけど、黒潮ちゃんまで一緒だなんて」


愛宕「それに、随分とお湯も汚れて・・・」


提督「あ、いや・・・その・・・///」


黒潮「・・・///」マッカッカ






↓1 どうなる?

530: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:46:28.31 ID:OKFqP/tb0
愛宕「あんまり羽目を外しすぎないでくださいね」

531: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 23:49:19.64 ID:0Dc3dESuO


愛宕「まあ、いくら両想いとはいえ・・・」


愛宕「駆逐艦の娘に、あまり激しくしたりはやめてあげてくださいね?」


提督「う、わ、分かってるよ・・・」


愛宕「でも、私は何時でもいいですよ♪」


提督「っ、愛宕っ!」


黒潮「・・・それで、愛宕はんは何のようなん?」







↓1 愛宕が来た理由

532: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:50:28.27 ID:QR4iZ8z7O
調教してください

534: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 23:53:06.60 ID:0Dc3dESuO


愛宕「実は、黒潮ちゃんと同じ目的で来たのよ・・・?」


黒潮「え・・・?」


愛宕「私も提督に、愛して欲しくて・・・」


提督「な、何言って・・・っ!?」


愛宕「・・・ふふ、冗談ですよ、冗談♪」


愛宕「それじゃ、ごゆっくりー♪」


ガララッ


提督「はぁ・・・びっくりした」


黒潮「愛宕はん・・・」






↓1 どうする?どうなる?

535: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:53:53.87 ID:QoWug6wB0
そろそろ風呂あがる

536: ◆I045Kc4ns6 2016/04/14(木) 23:58:42.21 ID:0Dc3dESuO


提督「・・・とにかく、風呂上がるか」


黒潮「ん、せやね・・・」

 




提督「ふいー・・・」


黒潮「司令はん、背中、拭いたげるわ」  


提督「ん、ありがとう」







↓1 どうする?どうなる?



次回 【安価】提督「提督になれてよかった」その19【艦これ】 後編