【安価】提督「提督になれてよかった」その20【艦これ】 前編

505: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 00:58:57.54 ID:XngPWdsOo


提督「・・・じっとしてな、春雨」


春雨「えっ?し、司令官・・・?んっ!」


提督「そう思いつめるな。海風と江風は助けられたんだかさ。話す時間も考える時間もたくさんある」

 
提督「それに、これ以上悪くなることも無いだろうしな」


春雨「そ、それはそうですけど・・・んっ」


提督「春雨、肩こってるからな。揉んでやるよ」モミモミ


春雨「じ、じゃあ、お願いします・・・///」







↓1 どうなる?

引用元: ・【安価】提督「提督になれてよかった」その20【艦これ】 



506: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 00:59:46.53 ID:d+ectFSfO
春雨自身びっくりするほど固い肩

507: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 01:02:19.94 ID:XngPWdsOo



春雨「んー・・・///」


提督「気持ちいいか?春雨」


春雨「はい・・・司令官、上手ですね・・・///」


提督「いや、お前ちょっと凝り過ぎだぞ。毎日毎日、大変なんだな」


春雨「そんなこと、ないですよ・・・?///」






↓1 どうなる?

508: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 01:03:17.49 ID:FVpLBUo00
提督が気合を入れて春雨が悶絶するほど揉みまくる

509: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 01:08:39.42 ID:XngPWdsOo


提督「よし、そんな春雨にはご褒美をやろう」


春雨「ご褒美って・・・んっ///」


提督「ほら、リラックスしてろ・・・」


春雨「あっ、し、司令官っ・・・なんか、気持ちいいっ・・・///」


春雨「んっ、へ、変な声が・・・っ、も、漏れちゃ・・・っ///」


春雨「ん、んんっ・・・///」


提督「こら、暴れるなって」モミモミ


春雨「あ、や、やだ・・・んんっ///」






↓1 どうなる?

510: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 01:09:30.34 ID:d+ectFSfO
わ、私も肩もみ、いえ肩たたきさせていただきます!

513: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:00:11.60 ID:XngPWdsOo


【食堂】


春雨「ふぅ・・・」クタァ…


提督「気持ちよかったか?春雨」


春雨「は、はい・・・それで、あの・・・///」


春雨「私も、肩揉み・・・いえ、肩叩き、させてもらいますっ!」


提督「お、頼むよ」








↓1 どうなる?

514: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:02:43.76 ID:C2wK1uVvo
提督も大分肩凝ってる

515: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:04:55.42 ID:XngPWdsOo


春雨「よいしょ、よいしょ・・・」トントン


提督「おー・・・」


春雨「提督だって、だいぶ凝ってますよ?」


提督「まあ、最近はな・・・いろいろ大変だったし」


春雨「もう、ちゃんと私達に頼ってくださいね?」


提督「ああ。分かってるさ」


春雨(な、なんだかこうしてると・・・本当の夫婦みたい///)







↓1 どうなる?

516: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:06:27.93 ID:k0AH5JkuO
なんか父娘って感じだな(悪気はない)

518: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:09:13.22 ID:XngPWdsOo



春雨「・・・///」


提督「どうした?春雨」


春雨「あ、な、何でもないです・・・///」


提督「・・・なんだか、こうしてると」


春雨「・・・!///」


春雨(提督も、そう思って・・・///)


提督「親子、みたいだな・・・///」


春雨「・・・っ!」ズルッ


提督「ん、どうした?」


春雨「な、何でもないです・・・ははは」







↓1 どうなる?

519: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:10:43.73 ID:TMgqs7r40
二人の光景を遠くから時雨が見ていた

520: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:12:55.47 ID:XngPWdsOo



時雨「・・・」ジーッ


時雨(春雨も、提督も・・・幸せそうだな)


時雨(妹だから、嬉しいと思う反面・・・羨ましいな)


白露「・・・時雨?どうしたの?」


時雨「なんでもないよ・・・」







↓1 どうなる?

517: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:06:54.68 ID:neG8xzQ80
提督「大分よくなったよ。ありがとう」

522: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:16:38.15 ID:XngPWdsOo


提督「よっと、だいぶ良くなったよ。ありがとう」


春雨「あ、そ、そうですか・・・」


提督「・・・ん?」


時雨「・・・!」


提督「・・・時雨、どうした?」


時雨「え、あ、な、なんでもないよ・・・」


白露(さっきじーっと見てたのに)


春雨(姉さんも寂しいのかな・・・?)






↓1 どうなる?

523: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:18:46.30 ID:KaROFqizO
はるさめの てまねき!

524: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:21:47.31 ID:XngPWdsOo



春雨「・・・提督、時雨姉さんにも肩揉みしてあげてください」


時雨「え・・・?」


提督「おう、いいぞ。時雨はいつも頑張ってるからな」


時雨「そ、そうかな・・・じゃあ、お願いするよ///」


白露(ありがと、春雨。時雨ったら、いつも積極的なのに、こういう時は尻込みしちゃうから)


春雨(ふふ、姉さん、うれしそうですね)







↓1 どうなる?

525: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:23:45.43 ID:/rVYuWVR0
時雨の肩もだいぶ凝ってる

526: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:26:06.30 ID:XngPWdsOo



時雨「んっ・・・///」ピクッ


提督「大丈夫か?」


時雨「う、うん、大丈夫・・・気持ちよかったよ///」


提督「時雨も肩凝ってるな。頑張り屋さんだからか?」


時雨「そ、そうかな・・・僕、そんなに頑張ってるかな?」


提督「ああ、頑張ってるさ。いつもありがとう」


時雨「提督・・・///」







↓1 どうなる?

527: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:27:45.51 ID:C2wK1uVvo
ひじを時雨の肩にあてて回すように揉むマッサージ師がやるようなテクニック披露

529: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:30:26.81 ID:XngPWdsOo




提督「よっ・・・しかし、かなり凝ってるな。大変だったんじゃないか?」


時雨「え、うん、まあね・・・」   


提督「言えば肩揉みくらいしてやるからな。ちょっとじっとしてろよ・・・」ぐりぐり


時雨「っ、ぅ・・・///」


提督「大丈夫か?痛くないか?」


時雨「う、うん・・・平気だよ・・・///」


時雨「気持ちいいよ、提督・・・///」






↓1 どうなる?

530: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:33:10.42 ID:KaROFqizO
見よう見まねで白露にも提督式マッサージ施す春雨

531: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:35:18.36 ID:XngPWdsOo



春雨「・・・時雨姉さん、本当に幸せそうですね」


白露「そうだよね・・・私も肩凝ってるし、揉んでほしいな」


春雨「私でいいなら、揉みましょうか?」


白露「うん、お願いするね!」


春雨(えっと、提督の真似をして・・・)ぐりぐり


春雨「ど、どうですか?」


白露「うーん・・・」






↓1 春雨のマッサージ、どんな感じ?

532: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:36:43.36 ID:qIorOp1Ko
思い切りが足りない!

533: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:38:23.20 ID:XngPWdsOo



白露「・・・もう少し強くしていいよ?」


春雨「ん、こ、こうですか?」


白露「んー、もうちょい!」


春雨「えーっと・・・」ぐりぐり


白露「うんうん!そんな感じ!」


白露「あー・・・気持ちいい♪」







↓1 どうなる?

534: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:41:31.27 ID:MkQf4ei9O
ストレッチとか柔軟とかの基本的な部分が疎かになってたことを痛感

535: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:44:46.77 ID:XngPWdsOo



時雨「あ、ありがとう、提督・・・気持ちよかったよ///」


白露「春雨もありがと!」


春雨「うふふ、どういたしまして」


提督「それにしても凝ってたな。ちゃんとストレッチしてるのか?」


白露「いやぁ、忙しくて・・・」


時雨「ついつい忘れちゃうんだよね・・・」


提督「今度からは気をつけろよ・・・さて、そろそろ飯にするか?」


春雨「そうですね・・・」


提督「せっかくだから、どこか行くか?」





選択肢安価

昼食はどこで食べる?


1 食堂

2 鳳翔の店

3 摩耶のイタ飯

4 その他外食



↓1

536: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:49:34.81 ID:qP5bbKB0o

537: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:52:53.58 ID:XngPWdsOo


春雨「鳳翔さんのお店に行きたいです」


白露「鳳翔さんのお店って、夕飯にしか行かないからなんか新鮮!」


提督「ま、居酒屋だからな・・・」





【居酒屋鳳翔】


ガララッ


提督「よ、鳳翔」


鳳翔「あら、提督。それに、皆さんも」


春雨「えっと、他には・・・」






↓1 他には先客はいた?いたなら誰かもお願いします

538: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:53:27.53 ID:LHuBHo880
陸軍中将がいた

539: ◆I045Kc4ns6 2016/05/03(火) 23:58:15.41 ID:XngPWdsOo



中将「おぉ、提督さん。どうも」


提督「将校さん・・・まだ本国に戻ってなかったんですか?」


中将「せっかく久しぶりにあきつ丸と会えたんでね・・・もう少しこちらにいますよ」


白露「提督、この人誰?」


提督「陸軍の中将だ。あきつ丸の恋人だよ」


白露「あー!例の!」


中将「あまり大声で言わないでください・・・///」


提督「はっはっは。とりあえず、一緒にいいですか?」


中将「ええ、もちろん」






↓1 食事中イベント

540: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 23:59:04.58 ID:C2wK1uVvo
前回の中将の手際のよさを褒めたり謙遜されたり

541: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:03:10.82 ID:cgR2s2Hko


時雨「うん、美味しい・・・」モグモグ


春雨「鳳翔さん、後でこの作り方を教えてくれませんか?」


鳳翔「ええ、いいですよ」


提督「・・・ところで、先日はありがとうございました。呉を早期に捕縛できたこと、感謝します」


中将「いえいえ・・・深海棲艦については海軍に任せっきりなもんで役に立てて光栄ですよ」


中将「しかし、呉の提督ともあろうものが・・・」   


提督「これ以上、身内に内通者がいないといんですがね・・・」モグモグ…







↓1 どうなる?

542: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:05:08.69 ID:Ocf3a3Ua0
中将「そういや陸軍大臣が暗殺されたそうだ」

543: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:09:21.56 ID:cgR2s2Hko



中将「・・・そういえば、これはあまり大声では言えないんですが」


中将「あなた方の憲兵派遣を妨害していた陸軍大将・・・暗殺されたそうですよ」


提督「・・・口封じか、粛清ですかね?」


中将「まあ、そう考えるのが普通ですが・・・大将ほど力のあるものでも切り捨てるとは、恐ろしいです」   


提督「・・・貴方も危ないんじゃ?」


中将「何、そう簡単にくたばりませんよ。あきつ丸を残して逝くわけにはいきませしね」


提督「・・・おーおー、アツアツなこって・・・」


中将「あなたには負けますよ」ニヤリ








↓1 どうなる?

544: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:11:00.08 ID:5HMOjoaUO
酔い白露の乱入

545: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:16:44.95 ID:cgR2s2Hko


中将「だいたいそこの娘たちも一人指輪つけてるじゃないですか」


提督「あ、あれはアクセサリーです。婚約指輪じゃありませんから」


中将「アクセサリーを左薬指につけますかねぇ・・・」


提督「むむむ」


ムギュー…


提督「ん・・・?」


白露「えへへ、ていとくぅ・・・///」


提督「白露?お前、どうしたんだ?」


春雨「ご、ごめんなさい!お酒飲んじゃったみたいで・・・!」


白露「んんー♪///」スリスリ








↓1 どうなる?

546: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:17:43.19 ID:Iqv1+XNs0
提督と白露がズキュューーーーン!!

547: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:22:13.34 ID:cgR2s2Hko



提督「こら、白露。他の人もいるんだから、離れなさい」


白露「やだぁー・・・いっしょがいいー・・・///」


中将「・・・やっぱり女たらしじゃないですか」


提督「失礼ですね。こんなのスキンシッp」


白露「ん、ちゅー♪///」


提督「ん、こ、こら!白露、おまっ・・・」


白露「んー♪///」チュッチュッ


鳳翔「あらあら」


時雨(・・・羨ましい)







↓1 どうなる?

548: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:25:14.64 ID:G8kmr/Cv0
中将「君も人のこと言えないじゃないですか」(苦笑い)

550: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:29:12.81 ID:cgR2s2Hko



提督「ほら、白露・・・抱っこしてやるから」

 
白露「んゅ・・・♪///」


中将「ははは。やっぱり提督さんには敵いませんよ」


提督「うぅ・・・」


中将「しかしまあ、いい娘たちじゃないですか。これなら、貴方が頑張れるのも頷けます」


中将「大佐殿の鎮守府でみた貴方は・・・今でも信じられません」


提督「そうは言われても、俺はあっちが本性だし・・・」


提督「ほんとに、こいつらがいないとダメなんですよ。俺は」


中将「ふふ、良い関係じゃないですか」








↓1 どうなる?

551: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:30:21.76 ID:Iqv1+XNs0
時雨もがぶ飲みして勢いで提督にズギューーーン!!

552: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:34:54.36 ID:cgR2s2Hko



春雨「・・・白露姉さん」


時雨「・・・」スッ


春雨「あ!し、時雨姉さん!」


チョンチョン


提督「ったく、こんどはなn」


時雨「んっ、へーほふ・・・///」


提督「んっ、ぐ・・・し、時雨!」


提督(こいつ、酒を・・・口移しで・・・)


時雨「ぷはぁ、はぁっ・・・///」


時雨「ていとく・・・おいしかった・・・?///」


提督「おまえ達はほんとにもう・・・」










↓1 どうなる?

553: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:35:16.28 ID:1/87UedMO
そして白露と時雨による提督の奪い合いへ

554: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:41:28.00 ID:cgR2s2Hko




鳳翔「・・・提督、焼き鳥出来ましたよ」


春雨「あ、鳳翔さん!今、それどころじゃ・・・」






白露「んむぅ・・・しぐればっかり、ずるぃ・・・///」


時雨「ていとく、ていとく・・・っ///」スリスリ


提督「・・・あの」


中将「・・・分かってますよ」


提督「・・・はぁ」


白露「ていとく、もっかいちゅーしよ・・・♪///」スリスリ


白露「ねーぇ、もっかいー・・・♪///」







↓1 どうなる?

555: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:42:17.14 ID:5HMOjoaUO
中将の提督奪い合い参戦宣言(混じりけ無しの冗談)に我に帰る面々

557: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:48:26.75 ID:cgR2s2Hko


白露「ちゅー・・・///」


時雨「ぁ、ていとくぅ・・・///」


提督(・・・ここが鳳翔の店じゃなかったらいいんだが)


提督(春雨は耳真っ赤にして俯いてるし、鳳翔は笑顔が怖いし・・・)


中将「・・・それにしても、本当に好かれてるんですね」


中将「ははは、俺も参戦しようかなー・・・なんて」


白露時雨「「・・・」」ピクッ


提督「お?元に戻った?」


鳳翔「はい、二人とも・・・水、飲んでください」








↓1 どうなる?

558: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:50:36.94 ID:9UUWV6hRO
春雨「中将さん、両刃だったんですか……?」(実は既に酔ってる)

560: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:53:18.40 ID:cgR2s2Hko



時雨「うぅ・・・」


白露「あ、頭痛い・・・」


提督「また勝手に酒飲んで・・・」


白露 時雨「「・・・ごめんなさい」」


中将「・・・」ジーッ…


春雨「・・・中将さん」


中将「ん?何かな?」


春雨「中将さんって、りょうばだったんですか・・・///?」ヒック


中将「はぁ!?」


提督「お前も酔ってるのかよ・・・」








↓1 どうなる?

561: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:54:47.54 ID:Iqv1+XNs0
たまたまやって来たあきつ丸が誤解

562: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 00:59:00.08 ID:cgR2s2Hko


提督「こら、春雨。中将さんに誤りなさい!」


春雨「んー・・・///」スリスリ…


中将「聞いてないですね・・・というか、こんなことあきつ丸に聞かれたら・・・」


「し、将校殿・・・」


中将「あ、あきつ丸!?」


あきつ丸「う、き、気にしないでください!自分は、気にしないで、ありますよ・・・」


あきつ丸「将校殿が、両刃であろうと・・・自分を、見捨てないのなら・・・」


中将「お前を見捨てるわけ無いだろっ、あきつ丸!」


ギュッ


あきつ丸「将校殿・・・///」








↓1 どうなる?

563: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:59:42.03 ID:1/87UedMO
中将とあきつ丸が熱いベーゼを交わす

564: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 01:02:18.41 ID:cgR2s2Hko



あきつ丸「将校殿、その・・・証明して、ほしいであります・・・///」


あきつ丸「その、あ、愛の・・・証を・・・///」


中将「ああ、あきつ丸・・・」


あきつ丸「ん、んん・・・///」







白露「・・・人のキスシーンって、見るの恥ずかしいね」


時雨「うん・・・」


提督「お前たちはそれを俺にしたんだぞ。しかも連続で」


春雨「しれいかん・・・///」ムギュー






↓1 どうなる?

565: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 01:03:40.29 ID:Iqv1+XNs0
まるゆも乱入

566: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 01:07:34.37 ID:cgR2s2Hko



あきつ丸「んん・・・///」


ガララッ


まるゆ「はぁ、お腹すい・・・えっ!?」


あきつ丸「ん、し、将校殿、ま、まるゆ、が・・・んんっ」


まるゆ「え、あ、あ、あきつ丸さんと、中将さんが・・・///」


鳳翔「はい。まるゆさんにはまだ早いですよ」メカクシ
 

鳳翔「というか、いい加減にして欲しいんですけど・・・っ」ピキピキ


中将「っ、す、すみませんっ」


あきつ丸「あっ、し、将校殿ぉ・・・///」









↓1 どうなる?

567: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 01:10:16.14 ID:G8kmr/Cv0
一般人の客がやってきて見られてしまう

568: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 01:13:09.14 ID:cgR2s2Hko


「あ、あの人・・・よくイベントに出てる人じゃない?」


「例のイケメンすぎる軍人さんじゃん!」


パシャパシャ


中将「あ、か、カメラはやめてください!」


あきつ丸「う、うぅー・・・///」


「隣のは彼女さんかな?」「可愛いし、お似合いだよねー」


あきつ丸「っ、は、恥ずかしい・・・///」


中将「うわー・・・もう、取り返しがつかない・・・」


ポンッ


提督「・・・こちらの世界へようこそ」


白露「提督もスキャンダルされたもんねー。金剛さんとスカイツリーで」







↓1 どうなる?

569: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 01:14:08.93 ID:Iqv1+XNs0
呼ばれて飛び出て金剛デース!

571: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 01:18:11.44 ID:cgR2s2Hko



ザワ…ザワザワ…


中将「ひ、人が増えてきた・・・」


提督「あ・・・こりゃ少しやばいかも」


「ちょっと通してネー・・・」グイグイ


金剛「あ!やっぱり提督デース!」


提督「げっ!こんご・・・ぐへっ」
 

金剛「提督、提督ぅーっ♪」ムギュー


「え?提督って・・・あ!例の女たらしの提督さんじゃん!」


「嘘!あのスカイツリーの!?」


「えー、やだー!」


提督「あぁぁぁぁっ!写真はやめてください!せめてネットには流さないでくださいっ!」


提督(また多聞さんに怒られるっ!そしたら、死ぬっ!)






↓1 どうなる?

572: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 01:18:19.83 ID:k1uV69AoO
鳳翔激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム

573: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 01:23:06.22 ID:cgR2s2Hko



鳳翔「・・・」スッ


「え、な、なんですか・・・?」


鳳翔「もう店は閉めますから・・・それに、この件はくれぐれも皆さんの心の中に留めておいてください・・・」


鳳翔「・・・分かりましたね?」


「は、はい・・・」


ガララッ  ピシャッ


鳳翔「さて・・・」


中将 提督「「・・・」」セイザー


金剛「Oh・・・鳳翔、怒ってるネー」


鳳翔「金剛さんも、正座ですよ?」


金剛「は、ハイ・・・」







↓1 どうなる?

574: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 01:23:59.46 ID:Ocf3a3Ua0
1か月出禁に

577: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 01:28:37.89 ID:cgR2s2Hko


今日はここまでですー

またあしたー





鳳翔「・・・とりあえず、ほとぼりが冷めるまで、皆さんにはお店に入らせません」


鳳翔「皆さん大人なんですから・・・自分の立場を自覚した行動をとってください」


「「「・・・ハイ」」」


鳳翔「・・・以上です」


「「「すみませんでした・・・」」」








↓1 どうなる?

578: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 01:29:35.60 ID:Iqv1+XNs0
全員強制退去

581: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 23:00:15.11 ID:cgR2s2Hko



こんばんはー。更新始めますねー





ガララッ   ピシャッ


提督「・・・締め出されちゃったな」


時雨「まあ、僕達みんな反省しないとね・・・」


白露「うん、勝手にお酒飲んだり・・・」


提督「鳳翔には後で謝っとくか・・・」


提督「そういえば、春雨は?さっき酔ってたろ?」


まるゆ「あ、は、春雨さんなら・・・」







↓1 春雨はどんな感じ?

582: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 23:02:11.83 ID:w4/+XXodo
むにゃむにゃ言いながらすでに夢の中

583: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 23:06:51.46 ID:cgR2s2Hko



春雨「すぅ・・・すぅ・・・」


春雨「・・・むにゃ、しれいかん・・・♪」


提督「寝てるのか・・・仕方ない。このまま寝かせようか」


あきつ丸「提督殿はどうするんでありますか?」


提督「えっと・・・」






選択肢安価

1 春雨を鎮守府に連れて行く

2 その辺ので寝かせる

3 その他自由安価


↓1 

584: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 23:07:22.15 ID:Rkvj+YTKO
2

585: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 23:10:00.25 ID:cgR2s2Hko



提督「その辺で寝かせとくよ・・・今日は晴れてるし、外で寝るのは気持ちいいだろうしな」


提督「お前たちと、中将さんはどうするんですか?」


白露「うーん、そうだねぇ・・・」


中将「えっと・・・」






↓1 白露達(白露型、金剛、まるゆ)と中将(中将とあきつ丸)も一緒にいく?

586: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 23:18:38.69 ID:Dz9cWaJOO
白露たちも中将も鎮守府に一緒に行く

587: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 23:22:05.31 ID:cgR2s2Hko



白露「私たちは鎮守府に戻ってるよ」


時雨「うん。春雨のこと、よろしくね」


提督「あいよ。中将さんは?」


あきつ丸「じ、自分は・・・中将殿に、来て欲しいで、あります・・・///」


中将「・・・ち、ちょっとお邪魔してもいいですか?」


提督「・・・金剛、ちゃんとおもてなししてやれよ」


金剛「了解ネー!」






提督「ほら、春雨・・・おんぶするぞ」


春雨「ん・・・///」


提督「さーて、どこかいいところはないかな・・・少し歩くか」







↓1 どうなる?

588: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 23:34:35.35 ID:Jq06XLbWO
賑やかな公園へ

589: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 23:37:19.17 ID:cgR2s2Hko



提督「ん・・・?こんなところに公園あったのか」


提督「いい感じに賑やかだな。ここで休ませようか」





【公園】


ワー キャッキャッ


提督「よい、しょ・・・」


春雨「むにゃ・・・」


提督「・・・ぐっすり寝てるな。さっき夢も見てたみたいだし」


提督「いつも頑張ってくれてるから、いい夢だといいんだがな・・・」ナデナデ







↓1 どうなる? 春雨の見てる夢でも構いません

590: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 23:41:48.08 ID:KjSa9+w6O
カンフーアクションで深海棲艦と渡り合う白露型の夢

591: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 23:45:29.16 ID:cgR2s2Hko



【ユメノナカ】


深海棲艦「ふふふ・・・諦めな。もう誰も助けには来ないゼェ・・・?」


提督「い、いやー!だれか、助けてー!」


バンッ!


『待ちなさいっ!!』


深海棲艦「っ、だ、誰だっ!?」


白露「提督、助けに来たよっ!」


春雨「司令官を攫うなんて、許せませんっ!」


提督「は、春雨!みんな!助けに来てくれたのね!」

 
深海棲艦「くっ、くだらねぇ!やっちまえー!」


時雨「みんな、いくよっ!」


夕立「ぽいぽいぽいぽいぽいっ!」


五月雨「あ、あちょー!」


涼風「ほあたぁ!」





春雨「・・・え、えへへ」


提督「・・・楽しそうだな」





↓1 どうなる?

592: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 23:47:23.50 ID:/lhH+XrGo
夢の中で振り抜いた拳が現実の提督の顎にクリーンヒット

593: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 23:50:50.22 ID:cgR2s2Hko



春雨「さぁ、追い詰めましたよ!」


深海棲艦「う、動くな!動いたら、こいつの命はないぞ!」スッ


提督「は、春雨・・・俺に構わずに、こいつを・・・!」


春雨「大丈夫です!司令官も助けます、その深海棲艦も・・・必ず倒しますっ!」


春雨「はぁぁぁぁぁ・・・っ!!」






春雨「・・・ぁ、ぁ・・・」


提督「ん?どうかしたのか・・・?」


春雨「っ・・・!」ブォンッ   ガスッ


提督「っ・・・!?」


バタッ






↓1 どうなる?

594: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 23:51:21.96 ID:9iw04LQn0
チーン

595: ◆I045Kc4ns6 2016/05/04(水) 23:54:25.14 ID:cgR2s2Hko



春雨「ん、ん・・・」


提督「・・・」


春雨「え、あ・・・しれい、かん・・・っ!?」


春雨(な、なんで司令官、私に覆いかぶさって・・・///!?)


春雨「し、司令官・・・か、顔が近いです。お、起きてください・・・///」


提督「」チーン


春雨「し、司令官・・・?」






↓1 どうする?どうなる?

596: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 23:56:45.08 ID:w4/+XXodo
司令官の顎を見て「そんなまさか、鹿島の手先!?」

597: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:00:00.28 ID:GgIcBUVxo



春雨「で、でも一体どうしたんだろ・・・?」


春雨「あ、あれ・・・?あごのところ、赤くなってる・・・?」


春雨「まるで、誰かに殴られたみたいに・・・っ、ま、まさか!」


春雨「か、鹿島の手先が司令官を・・・ゆ、許せませんっ!」


春雨「司令官は、私が守らないと・・・んんーっ!」ググッ…


春雨「し、司令官・・・重い・・・っ」








↓1 どうなる?

598: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:01:41.52 ID:0jhH2Ep6O
公園の子供たちに囃し立てられる

600: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:05:40.61 ID:GgIcBUVxo



春雨「んー・・・だ、だめだ・・・」


子供「・・・」ジーッ…


春雨「え・・・?な、何見てるの・・・?」 


子供「・・・あー!この人●●●なことしてるー!」


春雨「えっ、えっ、あ・・・///」


春雨「ち、違うよぉ・・・もう、やめて・・・///」


子供「だって男の人に抱きついて、顔真っ赤にしてるもんっ!」


春雨「ち、違うってば・・・///」


春雨(司令官、早く起きて・・・///)







↓1 どうなる?

601: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:06:41.13 ID:Z0/lBtDYo
渾身の力で引っぺがすも疲労困憊

602: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:10:10.83 ID:GgIcBUVxo



春雨「も、もぉ・・・///」


子供「あ!また赤くなった!」


春雨「ち、ちが・・・っ、う、うーっ・・・///」


ググッ…    ゴロッ


提督「」チーン


春雨「はぁ、はぁ・・・///」


子供「わー!逃げろー!」


春雨「ま、待ちなさいっ・・・!はぁ、はぁ・・・つ、疲れた・・・」


春雨「司令官、大丈夫ですか・・・?」


提督「」







↓1 どうなる?

603: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:11:40.19 ID:AltCxDBN0
警官が職質

605: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:14:31.28 ID:GgIcBUVxo



警官「あの・・・君、どうしたのかな?」


春雨「え・・・あ、お、おまわりさん」


警官「この男の人は?何が起きたのか、教えてくれるかな?」


春雨「わ、分かりません・・・私、さっきまで寝てて・・・目が覚めたら、彼が倒れてたんです」


春雨「たぶん、顎を殴られたんだと思いますけど・・・」


警官「そうなのか・・・うーん」


警官「軍部の肩だから、大丈夫とは思うけど・・・」






↓1 どうなる?

606: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:15:28.28 ID:f7LTvW470
そろそろ提督を起こす

608: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:19:15.73 ID:GgIcBUVxo


警官「・・・とりあえず、彼が起きない限り話は聞けないね」


春雨「そ、そうですね。起こしてみます・・・」


春雨「司令官、起きてください・・・司令官・・・」ユサユサ

 
提督「っ、う、うぅん・・・」


春雨「あ!司令官、よかった・・・!」


提督「っ、お、俺は・・・」






↓1 提督は春雨に殴られたこと、覚えてた?
 

609: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:20:23.49 ID:AltCxDBN0
覚えていない

610: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:24:06.05 ID:GgIcBUVxo



提督「・・・いったい、何があったんだ?」


春雨「司令官も、覚えてないんですか・・・?」


警官「彼女の話によると、貴方は恐らく顎を殴られて気絶してたみたいなんですよ」


提督「顎を・・・?」


春雨「と、とにかく無事でよかったです・・・っ」






↓1 どうなる?

611: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:24:27.99 ID:x0aY08Fi0
警官「もしかしたらあなたが狙われた可能性が!>>607

607: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:16:08.11 ID:E3L9v3ghO
軍部に対するテロ行為として大々的な捜査が始まる

612: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:36:18.99 ID:GgIcBUVxo



警官「・・・提督さん、最近また、深海棲艦の動きが活発化してるんですよね?」


提督「え、ええ・・・」


警官「それに伴った、軍部を狙ったテロかもしれません・・・両方の可能性を考慮して、操作しましょう」


提督「そ、そうですか?それなら、お願いします」


春雨(な、なんだか話がとってもおおきく・・・)







↓1 どうなる?

613: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:38:22.60 ID:AltCxDBN0
翌日の朝刊に襲撃事件として記事が載る

615: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:41:41.60 ID:GgIcBUVxo



警官「・・・とりあえず、情報提供をしてもらいましょうか。明日、新聞社に依頼して、一面に載せてもらいます」


提督「すみません、わざわざ・・・はぁ、また皆に心配かけるな」


春雨「・・・あのー」


提督「? どうした、春雨」


春雨「犯人を見たかもしれない人に、心当たりがあるんです・・・」


警官「心当たり?」


春雨「はい。あそこで、遊んでる男の子なら、誰が殴ったか・・・見たかもしれません」


警官「分かった。聞きに行こうか」









↓1 子供は春雨が殴ったところ見てた?

616: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:42:30.77 ID:ga21haRco
見てない

617: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:44:34.52 ID:GgIcBUVxo


子供「え?見てないよ?」


子供「僕が見たのは、そのお姉さんがそこの人に抱きついてた・・・」


春雨「わーっ!わーっ!」


警官「ううん、そうか・・・ありがとう」


提督「・・・打つ手なしか」







↓1 どうする?どうなる?

618: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:45:37.84 ID:AltCxDBN0
とりあえずパトカーで提督と春雨を警察署まで護送

619: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:50:01.09 ID:GgIcBUVxo


警官「とりあえず、署まで来てもらえますか?詳しく話を聞きたいので」


提督「ええ。分かりました・・・内容が内容ですから、しかたないですね」


提督「行こう、春雨」


春雨「は、はい・・・」






【警察署】


警官「こちらへどうぞ」


春雨「は、初めてきました・・・」キョロキョロ


提督「迷って逸れるなよ」








↓1 どうなる?

620: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:51:13.11 ID:AltCxDBN0
テロ事件として公安が介入してくる

622: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:54:14.96 ID:GgIcBUVxo



提督「・・・話は以上です」


警官「うーん・・・特に不審な点はありませんね」


婦警「たまたま公園に寄ったということですから、計画的な犯行の線は薄れますし・・・」


ガチャッ


公安「・・・失礼します」


提督「えっと・・・あなたは?」


公安「公安警察の者です。テロの対処は私達の仕事ですから」


提督「は、はぁ・・・」


春雨「・・・」ドキドキ







↓1 どうなる?

623: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 00:55:40.00 ID:yQGCzHE6O
鹿島が関わった可能性があると聞かされる

624: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 00:59:58.16 ID:GgIcBUVxo



公安「・・・とりあえず、こちらで危険人物の調査を行いました」


公安「すると・・・例の鹿島、という艦娘がここ最近かなりの頻度で目撃されています」


公安「今回の事件も、その可能性が・・・」


提督「鹿島が・・・っ!?」


春雨「で、でも・・・鹿島が司令官の顎を殴ったりするでしょうか?」


警官「そこなんですよね・・・顎を殴って、気絶させて終わりというのが不可解なんです」


提督「うーん・・・」







↓1 どうなる?

625: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 01:00:47.60 ID:AltCxDBN0
どうも拉致しようとするところを目撃されたから逃げたらしい

628: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 01:05:38.02 ID:GgIcBUVxo


婦警「あの、公園の監視カメラの映像の確認、完了しました」


警官「おお、どうだった?」


婦警「鹿島・・・と、思われる姿が確認できました」


婦警「ただ・・・なんか、不自然なんですよね・・・」


提督「不自然?」


婦警「ふつうに、公園を通ってきました・・・そこで、倒れている提督さんの姿を見て驚き・・・」


婦警「駆け寄って脈を確かめたあと、そこの女の子の目が覚めたので、慌てて逃げてました」


提督「・・・じゃあ、鹿島ではない?」


警官「・・・というか、そのカメラの映像から犯人が分かるんじゃないのか?」


婦警「あ!そうですね!少し待っててください!」


春雨(あれ・・・?なんだか、嫌な予感がする・・・)








↓1 どうなる?

629: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 01:06:40.11 ID:yQGCzHE6O
肝心のシーンは映像が乱れて分からなかった

630: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 01:10:27.85 ID:GgIcBUVxo



婦警「か、確認してきました!いま、スクリーンに出します!」


ジーッ…


提督「・・・」


春雨「・・・」


警官「・・・肝心な部分が分からないな」


公安「確かに。映像の乱れのあと、提督殿がいきなり倒れてるからな」


婦警「そうなんですよねぇ・・・うーん」


提督「参りましたね、これは・・・」






↓1 どうなる?

631: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 01:10:32.93 ID:AltCxDBN0
結論:鹿島が遠くから提督を気絶させて拉致しようとしたところを春雨に邪魔されて逃げた

632: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 01:16:00.43 ID:GgIcBUVxo



警官「・・・えーっと、結局のところ」


公安「鹿島が遠くから提督を気絶させ、拉致しようとしたところを・・・春雨に邪魔されて逃げた・・・」


公安「これが一番妥協出来るだろう」


警官「そうですな。では、この線で捜査を続けます」


警官「提督さん、それに、春雨さんも、ありがとうございました。お気をつけて」


提督「いえ、ありがとうございました。あとはお願いします」







春雨「ふぅ・・・大変でしたね」


提督「そうだな・・・」


提督「それにしても、また守られてしまったな。ありがとう、春雨」


春雨「司令官・・・///」






↓1 どうなる?

633: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 01:16:45.86 ID:mswzvmmZO
鎮守府に帰ると鹿島許すまじという空気が蔓延

634: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 01:22:20.82 ID:GgIcBUVxo



【執務室】


ガチャッ


提督「ういー、ただいまー」


「「「「ていとくーっ!」」」」ドドドドドーッ


提督「おわ、な、何だお前ら!?」


大和「大丈夫でしたか?何もされませんでした?」


金剛「提督、心配したデース!」


飛龍「許せないよね!提督に乱暴してまで、連れてこうとするなんてっ!」


利根「皆、鹿島を許してはならぬぞ!必ず提督の前に引きずり出してやるのじゃ!」


『おーっ!』


春雨(す、すごい盛り上がり・・・やっぱり、みんな提督のことが大切なんだな・・・)







↓1 どうなる?

635: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 01:22:55.18 ID:x0aY08Fi0
提督を一人で行動させることはできませんね・・2人程度で護衛しないと

636: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 01:30:35.99 ID:GgIcBUVxo



川内「・・・しっかしさ、鹿島も大胆なことするよねー」


武蔵「まったくだ。白昼堂々、提督を攫おうとするとはな」


加賀「・・・皆、提案があるの。聞いてくれる?」


五十鈴「何?言ってみて?」


加賀「これからは提督を一人にするのは危険だと思うの・・・だから、常に護衛がいると思うわ」


提督「おいおい、加賀、それは・・・」


金剛「ヘイ、その護衛って、鎮守府でもするノー?」


加賀「当たり前よ。いつ鹿島が来てもいいように・・・」


加賀「トイレもお風呂もベッドの中も一緒よ・・・」


提督「ちょっ」


「いいぞー!」「さんせー!」

「提督の護衛だから、仕方ないよね!」


加賀「よかった。ではまず、発案者の私が最初の護衛をするわ」キラキラ


ブーブー! ブーブー!


提督「俺のプライベートは?」









↓1 どうなる?

637: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 01:30:54.22 ID:AltCxDBN0
そんなものは無い

639: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 01:36:34.58 ID:GgIcBUVxo


赤城「提督、今は緊急事態なんですから!」


瑞鶴「そうだよ!一人っきりの時に攫われちゃ、元も子もないでしょ!」


阿賀野「えへへっ、大丈夫!しっかり守るからね!」


加賀「・・・それとも、私達に隠れてまた変な本でも読むつもりなんですか?」


提督「いやいや!そんなことしない!」


明石「じゃあいいじゃないですか!」


弥生「司令官・・・///」ドキドキ


春雨(わ、な、何だか大変なことに・・・!)







↓1 どうなる?

640: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 01:37:02.25 ID:WyAGKenFO
鹿島からのビデオメールが届く

641: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 01:42:47.18 ID:GgIcBUVxo


ギャーギャー


ピリリリリッ


時雨「提督、何か鳴ってるよ?」


提督「お、おお・・・ありがとう」


提督「ん、メールだ・・・」


春雨「?誰からですか?」


提督「メアドは知らんが件名は・・・『大好きなお兄ちゃんへ』だな」


ピタッ


筑摩「まさか、鹿島から・・・?」


山城「提督、中身は!?」


提督「ビデオが添付されてるな・・・明石、スクリーンに写せるか?」


明石「わ、分かりました!」







↓1 鹿島からのビデオメールの内容

内容によってはズラさせてもらうかもしれません

642: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 01:43:13.48 ID:AltCxDBN0
自分は冤罪でやってないと主張、でも誰にも信じてもらえない

645: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:00:14.12 ID:GgIcBUVxo



こんばんはー。更新始めますねー




【会議室】



ジジーッ…  パッ


鹿島『あ、う、写った!えーっと、これでいいのかしら・・・』


利根「・・・鹿島」


鹿島『えっと、街にいる人たちから聞きました・・・私が提督さんを襲ったって』


鹿島『でも、それは冤罪なんです!私がお兄ちゃんを傷つけるはずありません!』


鹿島『どうか、信じてください。お願いします・・・』


プツッ…


大和「・・・わざわざ、こんなものを送ってくるなんて」


衣笠「鹿島の言うこと、信じられる?」


長門「いいや、得意の撹乱目的だと考えるべきだろう」


提督「まあ、そうだよな・・・」


春雨「・・・司令官、もしもの時は、私がそばにいますからね?」ギュッ…


提督「春雨・・・」






↓1 どうなる?

646: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:04:03.66 ID:x0aY08Fi0
むしろ情報の速さにさらに警戒する一同

647: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:07:09.54 ID:GgIcBUVxo



加賀「・・・しかし、いくらなんでも情報が伝わるのが早すぎませんか?」


提督「そうだな。俺が事情聴取を受けたのはついさっきだぞ」


提督「この島にもかなりの数の協力者がいるみたいだな・・・」


阿賀野「えぇーっ!?そ、それなら外に出るのも危ないじゃない!」


武蔵「それは考えすぎかもしれん。我々を疑心暗鬼に陥れさせるのが、奴らの目的かもしれんしな」


提督「そうだな・・・」






↓1 どうなる?

648: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:07:54.27 ID:jY/D0Psd0
提督の帽子から盗聴器が見つかる

649: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:12:06.66 ID:GgIcBUVxo




夕張「・・・!」ピコンッ!


夕張「提督!少しいいですか!?」


提督「え?あ、おい・・・」


タッタッタッタッタッ…


夕張「これ、使っていいですか?」ガチャッ


提督「ん?なんだこりゃ?」


夕張「盗聴器の発見機です。もしかしたら、協力者じゃなくて盗聴器から情報を見つけてるかもしれませんから」


提督「なるほど・・・わかった。頼むよ」


夕張「じゃあ、早速・・・」


夕張「・・・ビンゴ、提督、帽子貸してください」


提督「ああ、はい」


夕張「これ、盗聴器よ。どこかで仕掛けられたのね」


提督「おお!やるな、夕張!」


夕張「えへへ・・・///」


春雨「それにしても、いつの間に・・・」









↓1 どうなる?

650: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:14:12.96 ID:x0aY08Fi0
加賀「ますます護衛の件は無視できなくなりましたね」 デデン!

651: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:19:42.63 ID:GgIcBUVxo



加賀「・・・そう言う訳で」


加賀「護衛の重要性は、ますます高まったわけね・・・」


提督「えぇー・・・」


イムヤ「し、仕方ないでしょ!司令官を守るためなんだから!」


ビスマルク「ふふ、そんなに護衛されるのが嫌なのかしら?」


提督「い、嫌ってわけじゃないけどさ・・・」







↓1 どうなる?

652: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:20:43.85 ID:BY9toE7NO
提督「じゃあ、とりあえずロボを一体」

653: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:23:52.16 ID:GgIcBUVxo



提督「・・・仕方ないな」


「「「「っ・・・!」」」」


提督「ロボ。護衛頼むよ」


加賀「・・・は?」


金剛「提督ぅー、なんでロボットに任せるノー?」


提督「だってロボの方が護衛として優秀だし・・・」


弥生(ロボ、護衛中の盗撮、任せたよ・・・)


提督「あ、弥生の方じゃなくて卯月の方な」


弥生「っ・・・」


卯月ロボ「ぴょーん!」


加賀「・・・納得行かないわ」







↓1 どうなる?

654: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:24:36.52 ID:/kleklAao
卯月ロボに対する賄賂工作が早くも始まる

655: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:30:16.32 ID:GgIcBUVxo



提督「とりあえず、休憩しようか」


春雨「あ、お、お茶入れて来ます!」






卯月ロボ「ぴょん♪」


文月「ロボちゃん、いいなぁー・・・いつも司令官といっしょなんでしょ?」


弥生「・・・代わって、くれませんか?」


三日月「ま、間宮さんのパフェ・・・奢りますから」





明石「・・・ふふふ」


明石(提督さん、卯月ロボの開発者は私なんですよ・・・)


明石(卯月ロボを護衛に任せるということは、私を護衛にするのと一緒・・・)


明石(いつでも修理してあげますからね・・・♪)


チョンチョン


加賀「・・・明石」


明石「か、加賀さん、それに皆さんも・・・例の件ですか?」


大和「え、ええ・・・」


明石「・・・分かりました。計画を練りましょう」







↓1 どうなる?

656: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:32:58.37 ID:x0aY08Fi0
提督「ロボなら24時間護衛できるから皆にも負担をかけることはないからね、明石?」濁りない笑顔 ニコッ

657: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:37:05.41 ID:GgIcBUVxo


ヒソヒソヒソ…




提督「・・・また何か企んでやがるな」


提督「おいっ、明石!」


明石「は、はいっ!?」


提督「ロボなら、24時間体制で護衛ができるもんな?誰にも迷惑かけなくて便利だよなぁー?」


明石「そ、それはそうですね!さすが私の作ったロボット!」


加賀「・・・お言葉ですが、提督。私だって提督のためなら徹夜で護衛するなど苦でもありません」


加賀「私と一緒に一晩中・・・」


提督「ストップ」









↓1 どうなる?

658: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:39:26.43 ID:Z0/lBtDYo
早くも加賀から提督を守るように立ちふさがる卯月ロボ

659: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:42:06.83 ID:GgIcBUVxo


加賀「・・・」ジリッ


提督「お、おい。加賀・・・?」


「うーっ」バッ


加賀「・・・ロボ、どきなさい」


卯月ロボ「ぴょんっ!」


加賀「明石さん!あなたの命令で退かせないの?」


明石「うーっ、ど、退くのよ!ロボちゃん!」


卯月ロボ「・・・」ツーン


明石「あふ・・・」


加賀「チッ、使えないわね」








↓1 どうなる?

660: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:43:29.87 ID:QCh+NdnXO
すでにスタンドアローンMODEに移行完了してる卯月ロボ

661: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:46:20.87 ID:GgIcBUVxo



大和「ど、どういうことなの、明石さん?」


明石「お、おそらく・・・自律機能状態にあるんだと思います」


明石「ああなると、私では止められません・・・」   


加賀「・・・さっきあれだけ大口を叩いておいて、情けないわね」


明石「・・・」シュン


提督「さ、加賀。おとなしくしろよ・・・ロボの相手はしたくないだろ?」
  

提督「寂しい思いをさせてるのは悪いと思ってるよ・・・今度、どこか行こうな?」


加賀「・・・」







↓1 どうなる?

662: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:47:39.05 ID:/kleklAao
「約束ですよ」素直に退出していく加賀達

663: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:49:37.49 ID:GgIcBUVxo



加賀「・・・」


加賀「・・・約束ですよ」


スタスタスタ…


提督「・・・ふぅ」


ジーッ…


「・・・なんで加賀さんだけ」


「私達とはおでかけしないんだー、ふーん・・・」


提督「分かったわかった・・・後でな」


春雨「ふふふ、司令官は優しいです」


提督「そんなこと言ってくれるのは春雨だけだよ・・・」








↓1 どうなる?

664: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:50:07.57 ID:jY/D0Psd0
執務室に戻る

665: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:52:44.60 ID:GgIcBUVxo



提督「んじゃ、俺執務室に戻るよ。執務もあるからな」


春雨「あ、はい。分かりました・・・」   


提督「どっこいせ・・・春雨はどうするんだ?」


春雨「えっと・・・そうですね・・・」








↓1 春雨はこれからどうする?

666: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:55:19.24 ID:Z0/lBtDYo
自室にもどる

667: ◆I045Kc4ns6 2016/05/05(木) 23:56:53.57 ID:GgIcBUVxo



春雨「私は部屋に戻ってます・・・取り調べで、ちょっと疲れちゃったので」


提督「ああ、じゃあな。春雨」


春雨「はい。ロボちゃん、護衛は任せたよ?」


卯月ロボ「ぴょん!」ピシッ!







↓1 春雨は部屋に戻って、どうする?どうなる?

今は大体午後三時くらいで

668: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/05(木) 23:58:41.35 ID:jY/D0Psd0
ヨガをする

669: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:00:22.23 ID:/MR65RZyo



【春雨の部屋】


春雨「・・・ふぅ」


ボスッ


春雨「・・・司令官の、護衛かぁ。もし、私が護衛したら・・・」


春雨「・・・あぅ///」


春雨「そ、そうだ!ヨガしよう!」


春雨「司令官に、ストレッチとか柔軟をしろって言われたし・・・」








↓1 どうなる?

670: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:03:18.55 ID:THiCr+5EO
変な組み方したせいで腕同士が絡んで動けなくなった

671: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:05:21.87 ID:/MR65RZyo



春雨「えーっと、こ、この本を読んで・・・」


春雨「・・・よく分かんないや」


春雨「えっと、こ、こう・・・かな?」


春雨「つ、次は・・・い、いたたっ」


春雨「あ、あれ?は、外れない!」


春雨「な、なんで!?ど、どうしよう・・・」







↓1 どうしよう?

672: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:06:36.85 ID:+m4SW8ugo
ちょっと恥ずかしいから小声で助けを求める

673: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:08:53.30 ID:/MR65RZyo


春雨「だ、誰か・・・助けを呼ばないと・・・」


春雨「あ、でも・・・これ、自分で外れなくなったって、恥ずかしいな・・・///」


春雨「だ、だれか・・・だれか、たすけてー・・・」


春雨「だーれかー・・・」







↓1 どうなる?

674: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:10:21.64 ID:NWFDWNfG0
白露がたまたま 部屋に 「ぎょっ!?なにしてんの」

675: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:11:57.78 ID:/MR65RZyo



ガチャッ


白露「はるさめー、呼んだー?」


春雨「あっ!ね、姉さん!」


白露「うわっ!?腕どうなってんの!?」


春雨「ヨガしてたら、絡まっちゃったんです!たすけてください!」


白露「わ、分かったよ・・・じっとしててね」


春雨「は、はい・・・」







↓1 どうなる?

676: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:14:18.48 ID:sgs+A4/0O
奇跡的な知恵の輪状態に(白露巻き込んでさらに複雑に絡まった)

677: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:16:33.74 ID:/MR65RZyo



白露「えー・・・なにこれー」


春雨「あ、あのー・・・白露姉さん?」


白露「ごめん・・・あたしの腕も絡まっちゃった」


春雨「えーっ!?どうするんですか!?」


白露「た、助けを求めよう!おーい!」


春雨「えっ、でも恥ずかしいですよ!」


白露「えーっ・・・じゃあ、どうするの?」


春雨「そ、それは・・・」







↓1 どうする?どうなる?

678: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:18:51.55 ID:QtiQGqt+0
誰かよんでくる

679: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:20:10.44 ID:/MR65RZyo



春雨「・・・うぅ、仕方ないですね」


白露「よし!じゃあ助けを呼ぼう!」


白露「おぉーい!だれかー!」


春雨「助けてくださーい!」


白露「誰かー!いないのー!?」







↓1 どうなる?

680: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:20:33.85 ID:+m4SW8ugo
覆面を被ったなぞの練習巡洋艦2号が現れてからまりを解く

682: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:25:08.09 ID:/MR65RZyo


ガチャッ


覆面「・・・どうしました?」


春雨「あ、か、絡まっちゃって・・・助けて、くれませんか?」


覆面「ふふふ、いいですよ?じっととしててくださいね」


覆面「ほら、取れましたよ」


白露「わー、ありがとう!あなたは誰?ここの人じゃないみたいだけど・・・」


春雨「っ、え?まさか・・・」


覆面「ふふふ・・・」









↓1 どうなる?

683: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:25:46.06 ID:Z5NNZ1X70
覆面が外れる

686: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:30:15.65 ID:/MR65RZyo


覆面「やっぱり、覆面をしてると・・・話しづらいですね」


スッ…パサッ…


鹿島「えっと・・・初めましてかしら?」


白露「か、鹿島!?」


春雨「ど、どうやって鎮守府に・・・」


鹿島「ふふ、艤装がなければ侵入は楽ですよ?その分、戦闘はできませんけど・・・」


鹿島「それより、静かにしてくださいね・・・?大人しくしてさえいれば、危害は加えませんから」


春雨「・・・っ」
    






↓1 どうなる?

687: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:31:47.54 ID:6ZYZQC9vO
本当に、本当に!提督さんに危害加えてませんから!(必死)

690: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:37:29.29 ID:/MR65RZyo



鹿島「あ!それと・・・ひとつ言っておくことがありました」


春雨「な、なんですか・・・?」


鹿島「提督さんを襲ったのは・・・私じゃないですからね!」


白露「え・・・?」


鹿島「う、疑ってるんですか?本当に、本当に襲ってませんからね!」


鹿島「だいたい、私が殴っても・・・提督さんを気絶させるなんてできませんよ・・・」


春雨(な、何なの・・・この人・・・?)











↓1 どうなる?

691: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:38:13.75 ID:Y5nD28Ceo
盗聴器ごしに聞いてた感じだとお兄ちゃんにもビデオ信用してもらえてなかったみたいだし……とウジウジ

692: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:45:28.32 ID:/MR65RZyo



鹿島「うぅ、お兄ちゃんなら信じてくれると思ったのに・・・信じてくれなかったし」


鹿島「はぁ・・・へこんじゃうなぁ・・・」


鹿島「こんなんじゃ嫌われちゃうかも・・・ぐすっ・・・」


春雨(・・・ね、姉さん)


白露(う、うん・・・なんか、変な人、というか・・・不気味・・・)









↓1 どうなる?

693: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:46:47.61 ID:NWFDWNfG0
提督が春雨に用事を思い出し入ってくる

694: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:50:10.34 ID:/MR65RZyo



コンコン


「おーい、春雨」


鹿島「っ、お兄ちゃん!」


春雨「し、司令官!?」


白露「提督!入っちゃ駄目!みんなを連れてきて!」


「・・・何があった?」


鹿島「ふふふ、私ですよ。提督さん・・・いえ、お兄ちゃん」


「鹿島・・・」


鹿島「少し話したいことがあるんです・・・入ってきてください」


春雨「司令官!駄目です!」







↓1 どうなる?

695: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:50:34.51 ID:QtiQGqt+0
入ってくる

696: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:53:41.05 ID:/MR65RZyo


ガチャッ…


提督「・・・」


鹿島「あっ!お兄ちゃん!」タッタッ…


提督「それ以上近づくな、鹿島。そこで止まれ」


鹿島「っ・・・はい」


提督「? 白露、春雨。無事か?」


春雨「は、はい・・・」


提督「それで、鹿島、お前は・・・」


鹿島「あの、お兄ちゃん!お兄ちゃんを気絶させたの、私じゃないです!本当ですよ!?」


提督「っ、お、おう・・・」


鹿島「信じてくれますか・・・?」


提督「・・・」







↓1 提督の返事

697: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:54:26.64 ID:GMNgTzLbO
眼を見て「……今は信じよう」

698: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 00:57:14.20 ID:/MR65RZyo



鹿島「・・・」


提督「・・・分かったよ。今は信じよう」


鹿島「! よかった・・・」


提督「白露と春雨も、無事みたいだからな・・・」


白露「う、うん・・・」


春雨「司令官・・・」ギュッ


鹿島「っ・・・」


提督「・・・それで、何のようだ?鹿島」


提督「まさかさっきの謝罪で、全部終わりなのか?」


鹿島「・・・」






↓1 どうなる?

699: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 00:58:26.62 ID:z0ZyKSEJO
終わりです!それではごきげんよう!(煙幕弾で逃亡)

700: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 01:01:02.00 ID:/MR65RZyo


鹿島「・・・ええ、終わりです」


鹿島「ふぅ・・・誤解が解けてよかっです♪」


提督「お、おい!?本当に・・・!」


「提督ー、どうかしたのー?」


鹿島「あら・・・もっとお話していたかったんですけど、仕方ないですね」


鹿島「では、また・・・♪」プシュー…


提督「っ、おい、鹿島!」







春雨「・・・い、いない」


提督「・・・何だってんだ。あいつは」




↓1 どうする?どうなる?

701: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 01:02:31.47 ID:+m4SW8ugo
提督にとってどこか懐かしく感じる覆面だけが残った

702: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 01:05:37.78 ID:/MR65RZyo


ガチャッ


卯月ロボ「ぴょーん・・・」


提督「ああ、ロボか・・・ごめん。遅くなったな」


白露「・・・提督、これ」


提督「ん・・・?なんだ、この覆面」


春雨「鹿島さんが・・・付けてたんです、ここに来るときに」


提督「・・・そうなのか?」


提督「・・・なんだか、懐かしいな。この覆面」


白露「・・・やっぱり、妹さんなのかな?」


提督「・・・」






↓1 どうする?どうなる?

703: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 01:07:21.86 ID:Y5nD28Ceo
鹿島につながるかもしれない大事な遺留品として長期の分析にかけられることに

704: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 01:10:06.45 ID:/MR65RZyo


提督「とりあえず、これは調査に回そう。鹿島にまつわる手がかりが見つかるかもしれない」


提督「二人共、本当に怪我はないか?鹿島から何かされなかったか?」


春雨「は、はい・・・むしろ、鹿島さんは、私達のこと助けてくれました・・・」


提督「? そうなのか?」


白露「うん・・・なんだか、おかしいよ。あの人・・・私たちのこと助けたり、海風たちを洗脳したりさ」


提督「・・・」


卯月ロボ「ぴょーん・・・」








↓1 どうなる?

705: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 01:12:11.49 ID:W0Rqome7O
私たちのこと助けたり、って何が起きていたんだ?

706: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 01:15:27.68 ID:/MR65RZyo



提督「助けたって・・・何したんだ?」


白露「あ!え、えっとね・・・」


春雨「じ、実は・・・」







提督「・・・ヨガでそんな風になるなんてな」


春雨「す、すみません・・・」


提督「まあ、いいさ・・・とにかく、鹿島が簡単に入り込めるのも、問題だな」


提督「監視カメラを増やすなりするか・・・」


白露「うん、そうだね・・・」








↓1 どうなる?

707: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 01:21:33.23 ID:fBdtNFCWo
用事であった春雨の髪留めの返却をして提督執務室にもどる

708: ◆I045Kc4ns6 2016/05/06(金) 01:24:10.76 ID:/MR65RZyo


提督「おっと、そうだ・・・」


提督「春雨。これ・・・」


春雨「あれ?いつのまに・・・ありがとうございます」


提督「ああ・・・んじゃ、俺は執務に戻るよ。今回のことは皆には内緒にな?」


白露「はーい・・・」


バタンッ


春雨「・・・」






↓1 どうする?どうなる?

709: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/06(金) 01:28:45.93 ID:tp67aKVRO
白露「提督に訴えかける鹿島、ちょっと涙目だったね」

715: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:00:14.99 ID:8DZmibE+o



【春雨の部屋】


春雨「ふぅ・・・」ボスッ


白露「・・・あれが鹿島かぁ」


白露「・・・提督に訴えかけてた時の鹿島、涙目だったね」


春雨「そうですね・・・」


春雨「・・・悪い人じゃ、ないんでしょうか?」


白露「うん・・・でも、海風と江風に、あんなことをした人だし・・・」


春雨「そうですよね・・・」







↓1 どうなる?

716: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:01:09.08 ID:7a4G8out0
でもやっぱり悪い人じゃないんじゃないかと思う春雨

717: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:04:19.61 ID:8DZmibE+o



春雨「・・・白露姉さん」


白露「ん?なに?」


春雨「司令官・・・鹿島さんのこと、倒したくないって言ってましたよね?」


春雨「私も・・・おんなじ気持ちです。あの人とは、話し合って・・・解決できたらいいなって、思います」


白露「春雨・・・」


白露「いいんじゃないかな?そう考えても。ま、油断はしないようにね」


春雨「はい。分かりました」








↓1 どうする?どうなる?

718: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:05:16.80 ID:lNlDW/SHO
慎重に白露監視の下ヨガ再開

719: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:07:21.22 ID:8DZmibE+o



白露「さ、ヨガするんでしょ?私が見てあげるよ」


白露「また変なことになったら、大変だしね」


春雨「あ、ありがとうございます」


白露「えっと・・・どれやるの?これ?」ペラペラ


春雨「も、もっと簡単なもので・・・」







↓1 どうなる?

720: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:08:11.51 ID:7a4G8out0
猫のポーズ

721: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:10:53.22 ID:8DZmibE+o


白露「えーっと、じゃあね・・・マットの上にうつ伏せで寝てね」


春雨「こ、こうですか?」


白露「うん。それでお尻を上にきゅって!」


春雨「えっ!?お、お尻を・・・///」


白露「ほらほら、はやくー」


春雨「は、恥ずかしい・・・///」モジモジ


白露「いいよー、それじゃ腕伸ばしてリラックスね」







↓1 どうなる?

722: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:12:05.48 ID:NLBmDmwX0
白露「じゃあ別のポーズをしてみようか」

723: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:13:50.81 ID:8DZmibE+o


春雨「うぅ、恥ずかしかった・・・もうやめませんか?///」


白露「えー?身体柔らかくしなさいって、提督も言ってたじゃん」


白露「さ、次だよ次!」


春雨「はーい・・・」







↓1 次はどんなポーズ?

724: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:15:06.22 ID:7a4G8out0
しかばねのポーズ

725: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:18:25.41 ID:8DZmibE+o


春雨「・・・」


白露「・・・うん、それでいいよ!」


春雨「・・・」


春雨「あの、これ・・・仰向けになってるだけじゃないですか?」


白露「もう、話ししちゃダメだよ!リラックスして!」


春雨「はぁい・・・」


春雨(リラックス・・・)







↓1 どうなる?

726: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:22:09.28 ID:i/TSfNec0
白露「返事がない ただの屍のようだ」

727: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:23:57.14 ID:8DZmibE+o



白露「へー・・・結構いろいろなポーズあるなぁ・・・」ペラペラ


白露「春雨ー、次どれがいい?」


春雨「・・・」


白露「・・・春雨?」


春雨「・・・」


白露「へんじがない ただのしかばねのようだ」


白露「おーい、春雨。起きなよー」






↓1 どうなる?

728: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:24:49.31 ID:7a4G8out0
そして春雨から高らかないびきが…

729: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:26:28.43 ID:8DZmibE+o



白露「はるさめー」ユサユサ


春雨「すぅ・・・すぅ・・・」


白露「あちゃー、リラックスしてって言ったら、ほんとに寝ちゃった・・・」


白露「疲れてたんだろうから、寝かせといてあげよ・・・」


春雨「すぴー・・・」








↓1 どうなる?

春雨の見てる夢でも、起きた時の状況でも構いません

730: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:28:12.54 ID:fwXFwyI0o
ハルサメ・ロッソが赤い飛行機を駆って空を往く夢

731: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:33:41.64 ID:8DZmibE+o

【ユメノナカ】




春雨「・・・ふふーん♪」


バルバルバル


夕立「いいなぁ、春雨ちゃん。夕立も飛びたいっぽい・・・」


春雨「ふふふ、姉さんもまた後で載せてあげますよ」


五月雨「私のこともお願いしますね!」


春雨「うん、いいよ!」


春雨「それじゃ、いっきまーす!」







↓1 どうなる?

732: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:35:53.84 ID:7a4G8out0
僚機の鹿島先輩が先導してくれる

733: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:37:50.03 ID:8DZmibE+o



ビューン


春雨「うーん、気持ちいい♪」


『こんにちは。ご一緒してもいいですか?』


春雨「あ!鹿島先輩!私、まだまだ慣れてないので・・・先導してもらっていいですか?」


鹿島『ええ、もちろん♪一緒に行きましょう』


春雨「はいっ!」







↓1 どうなる?

734: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:41:04.70 ID:i/TSfNec0
鹿島先輩むにゃむにゃ 白露「・・・え?」

735: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:42:54.91 ID:8DZmibE+o


白露「ん・・・!」


白露「あー、ヨガって結構きついなぁー・・・」


春雨「むにゃ・・・」


春雨「鹿島、せんぱ・・・」


白露「え・・・?」


白露「春雨、鹿島の夢見てるのかな・・・?悪夢になんないといいけど・・・」


春雨「すぅ・・・」








↓1 どうなる?

736: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:44:02.00 ID:7a4G8out0
鹿島先輩と楽しく遊覧飛行

738: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:45:48.21 ID:8DZmibE+o



春雨「見てください先輩!カモメさんです!」


鹿島「あら、本当ですね。たくさんいます♪」


鹿島「ほら、前の方にはクジラがいますよ?」


春雨「わぁ!本当だ!」


春雨「はぁー・・・司令官にも見せたいなぁ・・・」


鹿島「・・・ええ、そうですね♪」






↓1 どうなる?

739: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:47:12.43 ID:trml3RuoO
クジラも一緒に飛ぶけど当たり前のように受け入れる春雨

742: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:49:10.38 ID:8DZmibE+o



バシャッ


春雨「わっ!クジラさんが飛び出した!」


鹿島「私達と一緒に飛びたいんでしょうか?もっと近づきましょ?」


春雨「はい!」


クジラ「ーーー♪」


春雨「えへへ、クジラさん・・・♪」






↓1 どうなる?

737: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:44:38.57 ID:UNqwQU2O0
春雨「鹿島先輩…どこまでもついていきます…」ムニャムニャ

744: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:52:32.80 ID:8DZmibE+o


春雨「すぅ・・・くじら、さん・・・♪」


白露「今度はくじら・・・?大鯨さん?」


春雨「かしま、せ・・・ぱい・・・」


春雨「どこまでも、ついて・・・いきますぅ・・・♪」


白露「・・・春雨、大丈夫かなぁ・・・?」







↓1 どうなる?

745: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:53:12.06 ID:fwXFwyI0o
「ね、寝言だし変に勘ぐっちゃうのもアレだしね」といそいそ自室にもどる白露

746: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:54:55.08 ID:8DZmibE+o



白露「・・・ま、寝言だしね。下手に考えるのも良くないか」


白露「私も部屋に戻って寝よーっと・・・ふわぁぁぁ」


ガチャッ   バタンッ


春雨「むにゃ・・・かしま、せんぱぃ・・・♪」






↓1 どうなる?

747: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/07(土) 23:56:58.68 ID:trml3RuoO
クジラに飛行機ごと飲み込まれる

748: ◆I045Kc4ns6 2016/05/07(土) 23:59:35.08 ID:8DZmibE+o




【ユメノナカ】


クジラ「ーーー」モゾモゾ


春雨「あれ?く、クジラさん?」


鹿島『どうしたんでしょうか・・・?』


クジラ「ーーー・・・」グォォ…


春雨「きゃっ!?ま、まさか・・・」


鹿島『わ、私達を飲み込む気なんじゃ!?』


春雨「わ、わぁぁぁっ!?」


バクンッ




↓1 どうなる?

749: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:00:19.34 ID:vY/+55fI0
クジラの潮吹きで鹿島先輩と一緒に飛び出し、潮吹きの上で一緒に笑い合う

750: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:04:34.02 ID:/H40eO9Mo



春雨「な、何も見えない・・・ど、どうなっちゃうのかな?」


ポンッ


春雨「ひっ!?」


鹿島「・・・大丈夫ですよ。春雨さん」


春雨「か、鹿島先輩!」


ゴゴゴゴゴ…


春雨「え?な、なに・・・わっ!?」


ブシャーッ


春雨「ぷはっ、はぁ・・・わ、そ、外だ!」


鹿島「ふふふ、大丈夫って言ったでしょ?」


春雨「えへへ・・・そうですね!」


「「アハハハハハ・・・!!」」







春雨「ん、あ、あれ・・・?」


春雨「夢、か・・・」






↓1 どうなる?起きた時の状況でも構いません

751: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:05:14.14 ID:YEy+uaUq0
夕方になっていた

752: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:07:17.02 ID:/H40eO9Mo



カァ… カァ…


春雨「あ、ゆ、夕方になってる・・・」


春雨「白露姉さんもいないし・・・部屋に戻ったんだ」


春雨「・・・」


春雨「・・・さっきの夢、正夢になるといいな。あんなふうに、鹿島さんと・・・」







↓1 これからどうする?どうなる?

753: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:08:03.60 ID:xEymBBm/o
思いきりおねしょしてた

754: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:10:52.39 ID:/H40eO9Mo



春雨「はぁ・・・んん?」


春雨「あれ、なんだか湿って・・・え?え!?」


春雨「わ、わたし・・・お、お漏らしして・・・///」


春雨「は、恥ずかしい・・・っ、も、もう子供じゃないのに・・・///」


春雨「ヨガのマットレスでよかった・・・とりあえず、片付けよう・・・」






↓1 どうなる?

755: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:11:33.57 ID:vY/+55fI0
青葉見ちゃいました!

757: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:15:45.88 ID:/H40eO9Mo



春雨「と、とりあえず・・・選択室に、大きな洗濯機があるから、そこまで持っていこう」


春雨「はぁ・・・下着と、スカートも・・・変えないと・・・」


ソーッ


青葉(青葉、スクープの予感です!さっそく盗撮、あ、いえ、取材しますよ!)


青葉(春雨さん、何やらスカートを履き替えてますね・・・下着もかな?)


青葉(そしてその後ろには・・・おや!?世界地図の描かれだマットレスが!)


青葉(これは、青葉、見ちゃいました!)









↓1 どうなる?

758: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:16:43.42 ID:c9WlSMThO
翌日の鎮守府新聞一面に大見出しで掲載された

759: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:20:23.81 ID:/H40eO9Mo

艦娘は一人一日しばりなんで、ちょいと変えさせてもらいます




青葉(ふふふ、これは大スクープですよ!夕刊発行寸前に見つけてよかったです!)


青葉(さっそく編集しますよー!)


ドドドドドーッ


春雨「・・・? 誰かいるの?」


ガチャッ


春雨「・・・気のせいか」


春雨「よいしょ。それじゃ、急いで洗濯室に・・・」






【廊下】


クスクス…    アラアラ…


春雨(な、なんで皆・・・私を見て笑ってるの・・・?)


春雨(は、恥ずかしい・・・///)









↓1 どうなる?

760: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:22:53.24 ID:xEymBBm/o
洗濯機を回したところで時雨が「何も言わずに自室に戻ろう。説明する」

763: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:25:22.84 ID:/H40eO9Mo



【洗濯室】


ゴウンゴウン…


春雨「・・・ふう」


ガチャッ


時雨「・・・春雨」


春雨「し、時雨姉さん!?こ、こんにちは・・・」


時雨「ちょっといいかな?部屋に戻ろう」


春雨「え?え、あのー・・・」


時雨「いいから、さあ」


春雨(な、何なのかな・・・?)







↓1 どうなる?

764: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:26:27.08 ID:vY/+55fI0
時雨「黙ってこれを見てくれ」つ記事

765: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:32:12.60 ID:/H40eO9Mo


【春雨の部屋】


春雨「あの、ね、姉さん・・・?何なんですか?」


時雨「・・・これ、読んで」


春雨「? 青葉さんの、新聞・・・」




『大スクープ!白露型駆逐艦春雨 まさかのおねしょ!(見よ!この世界地図!)』


『つい先ほど、筆者は信じられない自体を目撃した。
まさか鎮守府でおねしょをする艦娘がいたのだ。その名は春雨。
皆も知る●●ピンクちゃんである。
おねしょの量はたっぷりで、マットレスにでかでかと世界地図を描いているのだ。スカートも下着も汚れてしまったようだ』




春雨「え、あ、あ・・・///」


時雨「・・・」


春雨「ね、ねえさ・・・ち、ちが・・・お、おねしょ、じゃなくて、あ、え、あ・・・///」


春雨「あ、あぅ・・・///」







↓1 どうなる?

766: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:32:43.33 ID:SGCKz8PVO
例え事実でも、味方だから(メソラシ)

768: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:36:42.38 ID:/H40eO9Mo


時雨「・・・大丈夫だよ、春雨」


時雨「たとえ事実でも、僕たちは春雨の味方だよ」ニッコリ


春雨「あ、あの、お、おねしょは・・・そ、その・・・///」


時雨「大丈夫だから」


春雨「あ、え、えっと・・・」


時雨「大丈夫だから」ニッコリ


春雨「は、はい・・・」


春雨「・・・あ、あの、これ・・・司令官も?」


時雨「・・・」コクリ


春雨「」







↓1 どうなる?

769: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:37:25.77 ID:vY/+55fI0
春雨(世界が終わったような顔)

770: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:40:49.46 ID:/H40eO9Mo




春雨「」


時雨「え、あ・・・は、春雨」


春雨(オワッタ・・・司令官に、おねしょしたことが、バレちゃった・・・)


春雨(一番バレたくなかった人に・・・)


時雨「あ、は、春雨・・・」


時雨「だ、大丈夫だよそれ!ほら、い、犬だってさ、嬉しいと漏らしちゃうらしいよ!」


時雨「春雨、今朝犬みたいって話してたから、ふ、普通だよ!」






↓1 どうなる?

771: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:42:00.53 ID:eVDN/aQyO
そうだよねふつうだよね。あはは(目に光がない)

772: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:43:53.51 ID:/H40eO9Mo



春雨「・・・そうですよね」


春雨「ふつうですよねー、あはは・・・」


春雨「春雨わんわんです・・・わんわん」


時雨「・・・」


時雨(・・・昔の、まだ余裕がなかった頃の僕に似た目をしてる)


春雨「わおーん・・・」







↓1 どうなる?

773: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:45:00.75 ID:vY/+55fI0
なんと妄想の鹿島先輩が春雨には見え始める

774: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:47:28.35 ID:/H40eO9Mo


時雨(とにかく、どうにかしないと・・・)


春雨「あー・・・かしませんぱーい」 


時雨「えっ!?か、鹿島・・・!?」


春雨「せんぱい、わたし、わんちゃんになったんですよー・・・」


春雨「だから、おねしょしてもふつうですよねー・・・?」


時雨「春雨!しっかりして!」ユサユサ


春雨「わー、ぐらぐらするー」ガクガク







↓1 どうなる?

775: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:48:03.63 ID:YEy+uaUq0
春雨を寝かせる

777: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:51:43.76 ID:/H40eO9Mo




時雨「・・・仕方ないな」


ギュッ…


春雨「あれ?時雨ねえさーん?」


時雨「春雨、深呼吸して・・・?」


春雨「・・・すぅー・・・はぁー」


時雨「大丈夫。提督はきっと、春雨のこと、好きなままだよ」


春雨「・・・本当ですか?」


時雨「うん。だから、今は落ち着いて。ゆっくりしてね」


春雨「・・・はい」


時雨「・・・よしよし」ナデナデ







↓1 どうなる?

776: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:48:07.04 ID:bkaR5s4mO
鹿島先輩が春雨を慰め元気づけてくれる

780: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:56:30.45 ID:/H40eO9Mo



【ユメノナカ】



春雨「ぐすっ、ぐすん・・・」


鹿島「あらあら、どうしたの?」


春雨「か、鹿島、先輩・・・私、司令官に・・・嫌われちゃったかもしれません・・・」


春雨「うう、どうしよう・・・」


鹿島「ふふふ、大丈夫ですよ。提督さんは、とっても優しいですから」


春雨「先輩・・・」







↓1 どうなる?

781: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:57:38.50 ID:vY/+55fI0
春雨「かせませんぱいだいすきですぅ~」時雨「鹿島!?」

782: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 00:59:44.92 ID:/H40eO9Mo



春雨「・・・えへ、えへへ」


時雨「・・・よかった。いい夢、見てるみたい」


春雨「かしませんぱい・・・大好きです・・・♪」


時雨「・・・やっぱり、鹿島か。何かあったのかな・・・?」


時雨「まあ・・・今はいいさ」








↓1 どうなる?

779: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 00:52:52.43 ID:4VFs1UJG0
時雨「さて・・・青葉さん・・」

784: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 01:02:33.49 ID:/H40eO9Mo



時雨「・・・さて、青葉」


時雨「この僕を、ここまで怒らせるなんてね・・・久しぶりに、頭に血が上ってるよ」 


時雨「ふふふ、この感覚も久しぶりだな・・・♪」(ヤンデレモード)


ガチャッ   バタンッ







↓1 どうなる?

どちらの視点進行でも構いません

785: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 01:03:35.38 ID:vY/+55fI0
青葉「!殺気を感じます…」

786: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 01:06:21.46 ID:/H40eO9Mo



【青葉の部屋】



青葉「ぷくくく・・・この反響ぶり、書いた甲斐がありますねぇ!」


青葉「ふふふ、このまま皆さんの恥ずかしいところを・・・♪」


ピキーンッ!


青葉「っ! 殺気!?」


青葉「この感じ・・・鳳翔さんほど強大ではない・・・しかも、司令官ほど優しさも感じない、一切の迷いのない・・・!」


青葉「と、とにかく逃げる準備を・・・!」コソコソ






↓1 どうなる?

787: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 01:07:09.78 ID:4VFs1UJG0
やあ青葉  時雨がしぐっと背後に

788: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 01:09:40.16 ID:/H40eO9Mo



時雨「・・・やぁ、青葉」


青葉「ぴゃあーっ!?し、時雨さん!?」


時雨「・・・」ジリッ… ジリッ…


青葉「な、何のようですか!?」


時雨「分かってるだろう?世の中にはやっていいことと悪いことがあるんだよ」


青葉「あ、青葉悪いことなんてしてn」


時雨「え?」


青葉「ご、ごめんなさい許してくださいっ!」ドゲザー







↓1 どうなる?

789: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 01:09:43.97 ID:vY/+55fI0
青葉「駆逐艦風情が重巡に勝てると思ったかぁ!」20.3㎝砲至近距離斉射

790: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 01:14:27.22 ID:/H40eO9Mo



時雨「・・・ちゃんと反省してる?」


青葉「し、してますよぉー。土下座してるんですから・・・」


時雨「・・・ふーん」


青葉(今だっ!)


青葉「駆逐艦が重巡に勝てるわけないでしょうっ!?」


時雨「・・・!」


ドカン ドカーンッ!


青葉「・・・やったか?」


青葉「ふっ・・・いくら改二と言えど、この至近距離で20.3cm砲を喰らえば・・・」


モクモクモク…


時雨「・・・」


青葉「な、む、無傷!?」


時雨「反省して、ないじゃないか」


青葉「あ、えっと、え、えへへへ・・・」テヘペロ







↓1 どうなる?

791: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 01:15:16.51 ID:YwxZ51Dho
心抉るガチ説教がはじまる

793: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 01:20:20.82 ID:/H40eO9Mo


時雨「・・・正座、して」


青葉「は、はい・・・」セイザー


時雨「青葉、君もさ重巡なんだから、して良いことと悪いことの区別くらい、つけようよ」


時雨「君はおねしょしたところ、提督に見られたいのかい?」


青葉「あ、青葉は司令官になら・・・」


時雨「見られたいのかい?」


青葉「あ、や、やっぱり嫌です・・・」


時雨「まあ、君は・・・トラブルメーカーだからさ、仕方ない部分もあるかもしれないけど」


時雨「そういうの、わからないと・・・記者失格だよ」


青葉「はい・・・」









↓1 どうなる?

794: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 01:21:06.14 ID:vY/+55fI0
青葉「でもでもあの記事大人気で大きな反響が…!」

795: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 01:25:34.17 ID:/H40eO9Mo


青葉「で、でもでも!あの記事反響がすごいんですよ!?」


青葉「ほんとに、大人気で・・・」


時雨「人の失敗を笑いものにするにしても、度が過ぎるよ」


時雨「そんなに書きたいなら、ネタを用意してあげるよ」


青葉「え?ひ、紐・・・?」


時雨「・・・これでよし」


青葉「あ、あのー・・・し、時雨さん?これ、動けないんですけど・・・」


時雨「・・・これ、何かわかる?利尿薬だよ」


青葉「え・・・?」


時雨「反省したのなら、ここで辞めるし、紐も解くよ」


時雨「さ・・・反省、したかな?」ニッコリ







↓1 青葉の解答

796: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 01:26:21.49 ID:xEymBBm/o
反省しました!反省しています!!(反省してない顔)

797: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 01:30:24.07 ID:/H40eO9Mo



青葉「は、反省しました!反省してます!」


時雨「・・・顔が、にやけてるよ」


青葉「そ、そんなことないです!」


時雨「はい、口開けてね」


青葉「ん、し、時雨さん!」


時雨「・・・しばらくしたら、また来るね」


青葉「はうっ!?も、もう漏れそうなんですけど!?」


青葉「ちょっと!?し、時雨さん!?」


時雨「・・・敵は取ったよ」









春雨「ん、んん・・・」



↓1 春雨は起きてから、どうする?どうなる?

起きた時の状況でも構いません

798: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 01:31:00.32 ID:vY/+55fI0
鹿島先輩が見える

799: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 01:33:11.68 ID:/H40eO9Mo



春雨「・・・鹿島せんぱい」ゴシゴシ


春雨「・・・私、大丈夫ですか?」


春雨「・・・そうですね。きっと、司令官なら、大丈夫ですよね」


春雨「ありがとうございます・・・ふふ、ここで戸惑ってたら、わるさめちゃんに怒られちゃうかも・・・」






↓1 どうなる?

800: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 01:33:55.50 ID:lGGqefsTo
ヨガ教本を封印することに

801: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 01:37:03.80 ID:/H40eO9Mo


春雨「・・・このヨガの本も、せっかく貸してもらったのに」


春雨「やっぱり、良くなかったな・・・」


春雨「古鷹さんに返そう・・・」


春雨「・・・私は私なりのやり方でやろう」






↓1 どうなる?

802: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 01:38:48.79 ID:z+IfV+d+O
鹿島先輩がなにか手招きしてる

805: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:00:06.31 ID:/H40eO9Mo

こんばんはー。更新始めますねー




【春雨の部屋】


春雨「・・・あれ?」


鹿島『・・・』ニコ…


鹿島『・・・』クイッ クイッ


春雨「鹿島、せんぱい・・・?手招きしてる・・・?」


春雨「なんだろ・・・?行ってみよう」








↓1  鹿島はどこ(何)へ春雨を導いた?

806: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:01:19.04 ID:ezSG0rqtO
青葉の部屋

809: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:05:06.19 ID:/H40eO9Mo



鹿島『・・・』フッ…


春雨「え・・・?ここは・・・」


春雨「あ、青葉さんの部屋・・・」


シクシクシク…


春雨「な、中から泣いてる声が聞こえる・・・」


ガチャッ


春雨「あ、青葉さん・・・?」







↓1 室内の様子

810: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:05:53.18 ID:YEy+uaUq0
磔にされていた

812: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:08:25.16 ID:/H40eO9Mo



青葉「は、春雨さん・・・」


春雨「あ、青葉さん!?な、何で貼り付けに・・・」


青葉「うわーん、ごめんなさいー!」


青葉「反省してますから、これ解いてくださいよー!!」


春雨「え、えぇ・・・?あの、一体誰が・・・?」






↓1 青葉を貼り付けにしたのは誰?

時雨以外でお願いします

813: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:10:01.81 ID:vY/+55fI0
提督

814: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:11:57.88 ID:/H40eO9Mo


青葉「しれいかんが、部屋に入ってきて・・・」


青葉「いつになく、怒ってて・・・うぅ・・・」


ポタッ…ポタッ…


春雨「え?あ、あのー・・・そ、そっちも?」


青葉「これは時雨さんがしたんですよー!もう反省してますからー!」


春雨「時雨姉さん・・・」








↓1 どうする?どうなる?

815: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:13:07.87 ID:Wtm7ADZAO
残念に思います、と拘束解かずに退室

816: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:15:10.95 ID:/H40eO9Mo



春雨「・・・そうですね。青葉さん、反省してるみたいなのに・・・」


春雨「・・・残念、ですね」


青葉「! 春雨さん、助け・・・」


春雨「頑張ってくださいね」


ガチャッ   バタンッ


青葉「ち、ちょっとぉ!?あ、ま、また・・・」






春雨「・・・なんだか、すっきりしたなぁ」





↓1 どうする?どうなる?

817: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:15:40.59 ID:vY/+55fI0
鹿島先輩「元気出た?」

818: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:19:37.97 ID:/H40eO9Mo


モワモワモワ…


鹿島『ふふふ、元気でた?』


春雨「あ、鹿島、せんぱい・・・」


鹿島『大丈夫よ。誰でも失敗はするもの。あなたも、提督さんもね・・・♪』


鹿島『そんな時は、頼れる人に甘えてもいいんじゃないかしら?』


春雨「・・・はい。ありがとうございました」ペコリ


鹿島『ええ、それじゃ・・・』


フッ…


春雨「・・・消えちゃった」


春雨「やっぱり、夢だったのかな・・・?」








↓1 どうする?どうなる?

819: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:21:09.98 ID:vY/+55fI0
提督に会いに行く

822: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:23:02.39 ID:/H40eO9Mo



春雨「・・・すぅぅ・・・」


春雨「・・・よし!」


テクテクテク…






【執務室】


春雨「・・・司令官、いるかな?」


春雨「っ・・・よ、よし!開けるぞっ!」


コンコン  ガチャッ


春雨「し、司令官!」






↓1 提督はいた?いたなら、何してた?

823: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:23:36.90 ID:Wtm7ADZAO
進めるの?
安価ならいない

824: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:26:23.70 ID:/H40eO9Mo


ギィ…


春雨「あ、あれ・・・?いない」


春雨「どこに行ったのかな・・・?」


テクテクテク…


春雨「・・・」クンクン


春雨「・・・司令官の、匂いがする・・・♪」








↓1 どうする?どうなる?

825: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:26:46.62 ID:vY/+55fI0
提督戻ってくる

826: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:30:27.05 ID:/H40eO9Mo


春雨「司令官の匂い、もっと嗅ぎたいな・・・♪」


ガチャッ


提督「はぁ・・・ん?」


春雨「っ、し、司令官!///」バッ


提督「春雨、ちょっと・・・!」


春雨「うぅー・・・///」


提督「ほら、そんなとこに隠れてないで、出てこいよ」


春雨「・・・///」








↓1 どうなる?

827: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:31:28.05 ID:Yozlsn4AO
……そんなに臭ったか?(加齢臭気になるお年頃)

829: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:34:01.04 ID:/H40eO9Mo


提督「・・・」


提督(春雨、匂いがどうとか言ってたが・・・やっぱり、気になるのか?)


提督(俺だって、朝、自分の枕の匂いに眉をひそめることもあるんだ・・・)


提督(加齢臭って、奴なのか・・・?)クンクン


提督「・・・うーん、わからん」


春雨「・・・///」








↓1 どうなる?

830: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:34:11.62 ID:BYBo18XSo
あー、今日の件だが、たとえ昼寝だとしても寝る前のトイレは忘れないようにな……

832: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:37:49.03 ID:/H40eO9Mo



提督(とっとっと、そうじゃなくて・・・)


提督「春雨、あのな・・・」


春雨「は、はい・・・///」ソーッ


提督「昼寝でも、寝る前にトイレ行くの、忘れるなよ・・・」


春雨「は、はい・・・」ショボーン


春雨(うぅ・・・やっぱり、私ってまだまだ子供なのかな・・・)






↓1 どうなる?

828: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:32:01.01 ID:VgYyHBy0O
提督「青葉の件大変だったな、安心しろ俺が青葉をとっちめてやったから、もうあんなことは起こらない」

834: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:42:24.75 ID:/H40eO9Mo



春雨「・・・」ガックシ…


提督「・・・春雨」


提督「今回の件は、大変だったな・・・恥ずかしかったろ?」


春雨「は、はい・・・///」


提督「今回は流石に洒落にならなかったしな。青葉は俺がとっちめといたからさ・・・」


春雨「し、司令官・・・その・・・///」


春雨「わ、私のこと、幻滅しましたか・・・?」


提督「え・・・?」


春雨「だって、こんな年になって・・・おねしょだなんて、恥ずかしくて・・・」


春雨「司令官に嫌われたら、どうしようかって・・・ぐすっ」


提督「春雨・・・」







↓1 どうなる?

835: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:42:29.37 ID:vY/+55fI0
提督「あんまり落ち込むなよ、ちょっとくらいミスしても俺は春雨を一番頼りにしてるからな」

837: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:46:22.05 ID:/H40eO9Mo


提督「・・・そう落ち込むなって」ギュッ…


春雨「あぅ・・・///」


提督「少しくらいのミスなら、誰だってしてるさ。俺もそうだろ?みんなに迷惑かけてばかりでさ」


提督「でも・・・そのたびに、お前は優しくしてくれるよな」


提督「いつもありがとう、春雨・・・愛してるよ」


春雨「し、司令官・・・っ///」








↓1 どうなる?

838: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:46:25.52 ID:EAF+8EEQO
春雨が笑顔でいてくれることがいつも俺を支えてくれているんだ

839: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:52:00.35 ID:/H40eO9Mo


春雨「でも、私・・・戦闘なんか、できないし・・・///」


提督「大丈夫だよ。春雨はいつも笑顔で俺を支えてくれるだろ?」


提督「お前の笑顔があれば、また頑張ろうって気になれるんだよ」


春雨「あ、あぅ・・・///」


春雨(司令官、そんなこと、言われたら・・・は、恥ずかしい・・・///)


春雨(・・・でも、嬉しいな///)







↓1 どうなる?

840: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:52:06.98 ID:vY/+55fI0
鹿島先輩の「ね、言った通りでしょ♪」という空耳が聞こえる春雨

842: ◆I045Kc4ns6 2016/05/08(日) 23:57:19.14 ID:/H40eO9Mo



春雨「司令官・・・///」ギュッ…


提督「ん、よしよし」


春雨(やっぱり、司令官は優しいな・・・///)


『ふふ、やっぱり私の言った通りでしょう?』


春雨「あ・・・///」


提督「ん?どうした?」


春雨「いえ、なんでも・・・」


提督「それじゃ、腹減ったし・・・飯にするか?」


春雨「あ、は、はい!」


提督「それじゃ・・・」






選択肢安価 夕飯は・・・

1 食堂で(春雨が作る)

2 鳳翔さんの居酒屋

3 摩耶のイタ店

4 その他外食




↓1 どうなる?

843: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:57:27.92 ID:VY1QchZ+o

845: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:01:20.86 ID:bYFUddvFo


提督「鎮守府は人多いもんな。外に食べに行こうか」


春雨「は、はい・・・」





【摩耶のイタ店】


カランカラン


摩耶「おう!いらっしゃい!」


春雨「こ、こんばんは・・・」


提督「よう、摩耶。二人いいか?」


摩耶「おう、もちろんだぜ!」






↓1 摩耶の店にいた先客

複数可です いなくても構いません

846: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:02:16.10 ID:ke4nUabM0
蒼龍  飛龍

847: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:05:57.04 ID:bYFUddvFo



蒼龍「あ!提督!」


飛龍「春雨ちゃんも、こんばんは」


春雨「あ、こ、こんばんは・・・」


提督「またお前らここに来てたのか・・・」


蒼龍「だってほんとに美味しいんですから!」バクバク


飛龍「もう、またそんなに食べて・・・今度こそはみ出ちゃうよ?」


春雨(ま、摩耶さんたちは・・・新聞、読んだのかな・・・?)






↓1 摩耶、蒼龍、飛龍は新聞読んでる?読んでない?

848: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:06:16.68 ID:rsmzHPANo
二人とも読んでる

850: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:10:02.55 ID:bYFUddvFo


春雨「よいしょ・・・」


摩耶「・・・」


コトッ


春雨「? 摩耶さん、私まだ頼んでないですけど・・・」


摩耶「いや・・・大変、だったな・・・」


春雨「え?」


飛龍「うん・・・まさかね」


蒼龍「しかも青葉に撮られて、鎮守府中に晒されるなんてね・・・」


提督「あー・・・」


春雨「・・・///」プシュー…







↓1 どうなる?

851: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:10:26.84 ID:MHbXUVPA0
全員で春雨を励ます

853: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:16:23.52 ID:bYFUddvFo



春雨「・・・///」


摩耶(おい、どうすんだ?俯いちまったぞ)


提督(お前らが余計なこと言うからだろ・・・)


蒼龍(確かに、おねしょは恥ずかしいよね・・・)


飛龍(仕方ない、みんなで励ましましょ?)


蒼龍「げ、元気だしなよ。春雨!」


飛龍「そ、そうだよ!おねしょくらい、なんてことないよ!」


春雨「で、でも・・・///」モジモジ


摩耶(おい提督、何とかしろ!)


提督「仕方ないな・・・春雨」


春雨「なんですか・・・んっ!?」チュッ…


提督「・・・ほら、まだ恥ずかしいか?それなら、これよりもっともっと・・・恥ずかしいことするぞ?」


春雨「し、司令官・・・///」








↓1 どうなる?

854: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:16:53.92 ID:DrWMyyoxo
春雨(……ど、どうしよう。集団でフォローされると逆に針のむしろに感じる)

855: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:21:14.24 ID:bYFUddvFo



春雨(・・・し、司令官、キス、までして・・・///)


春雨(わ、私の中じゃ・・・もう解決してるから、あまり触れないで欲しいっていうか・・・///)


春雨「うぅ・・・///」





摩耶(おい!効果ねぇぞ提督!どうなってんだ!?)


提督(・・・春雨とはいつも激しくしてるからな・・・もうあのくらいじゃ恥ずかしくないのかもしれない)






↓1 どうなる?

856: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:21:53.80 ID:rsmzHPANo
飛龍(提督、あまり気障なのも考えものですよ)

857: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:24:43.67 ID:bYFUddvFo



飛龍(・・・提督、あまり構うのも良くないですよ?)


蒼龍(そうそう!提督も恥ずかしい過去には触れないで欲しいでしょ?)


提督(確かに日記とか読まれたくないな)


摩耶(だな。そっとしとくか・・・)


提督「摩耶、ワイン開けてくれ」


摩耶「おう。そろそろ飯できるからな、春雨」  


春雨「あ、はい!」







↓1 食事中イベント安価

858: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:25:23.68 ID:ahpu60hxO
酔うと見えてくる鹿島先輩

859: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:30:46.57 ID:bYFUddvFo

蒼龍「それで、提督がまた私の胸を・・・」


提督「そ、その話はいいだろうが!///」


『アハハハハハ!!』


春雨「んくっ、んくっ・・・」


提督「ん・・・?あ!またお前は勝手に酒飲んで!」


春雨「はひー・・・♪」


飛龍「まあまあ、いいじゃないですか。今日は大変だったんですし」


春雨「あー・・・かしまへんぱい・・・」


提督「あ?・・・鹿島?」


蒼龍「何見えてるのかな・・・?」








↓1 どうする?どうなる?

860: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:30:53.42 ID:MHbXUVPA0
なんと同じく酔った蒼龍、飛龍、提督にも見えてくる鹿島先輩

861: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:36:08.14 ID:bYFUddvFo



飛龍「ま、いいじゃないですか!私達も飲みましょ!」


摩耶「ん、そうだな!」





蒼龍「ぁー・・・飲んだ・・・///」ムギュー…


提督「蒼龍、胸押し付けるな・・・///」


摩耶「ひっく・・・あー、あたしも酔っちまったよ。今日は店じまいだな・・・///」


飛龍「ん・・・?摩耶、あれ、お客さんじゃない?」


鹿島『・・・』クスッ


提督「あ・・・?鹿島・・・?///」


春雨「かしませんぱい・・・♪」







↓1 どうなる?

862: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:36:51.44 ID:DrWMyyoxo
ゆったりとした動作で提督をお持ち帰りしようとする鹿島先輩を
摩耶がフライパンで無慈悲に一撃→昏倒する鹿島(先輩)

863: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:43:21.66 ID:bYFUddvFo



提督「か・・・しま・・・」


鹿島『・・・♪』ニッコリ


鹿島『・・・』スッ…


ガシッ…


鹿島「え・・・?」


卯月ロボ「うーっ・・・!」


鹿島「この娘、どこから・・・!?」


鹿島「! しまっ・・・」


パコーン!


摩耶「・・・ったく、飲ませすぎだぜ?蒼龍さんも飛龍さんも///」


飛龍「大丈夫大丈夫。護衛の話しといて、提督を無防備にするわけないでしょ?///」


摩耶「にしても、ちゃんと護衛してたんだな・・・///」


卯月ロボ「ぴょんっ♪」


提督「・・・あ、あれ?」


鹿島「うぅ・・・」


提督「っ、か、鹿島!?大丈夫か!?」


摩耶「っ、提督、気をつけろよ!」


鹿島「うぅ・・・」







↓1 どうなる?

864: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:43:50.57 ID:MHbXUVPA0
春雨が鹿島先輩を守ろうと暴れる

865: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:49:51.30 ID:bYFUddvFo



鹿島「・・・お、お兄ちゃ・・・」


提督「鹿島・・・」


飛龍「んっ、と、取り押さえるよ!」


春雨「んー、だめですよー・・・♪」


摩耶「お、おい!?春雨!?」


飛龍「提督、春雨を止めて!」


提督「お、おう!」


鹿島「っ・・・」


蒼龍「あ!に、逃げちゃった!」


摩耶「あーあ・・・なんてこった・・・」


飛龍「春雨・・・いくらなんでもやり過ぎじゃないかな」

 
提督「・・・」


春雨「すぅ・・・」








↓1 どうなる?

866: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:50:40.69 ID:HuLnNMAMO
春雨の寝ぼけた拳が偶然提督の顎にクリーンヒットし、昼間の出来事の全容が思い起こされる

867: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 00:56:11.79 ID:bYFUddvFo



春雨「むにゃ・・・」


提督「・・・まさか、あの時鹿島に洗脳されたか?」


摩耶「おい!あの時って何時だよ!?」


提督「あ、しま・・・」


春雨「むにゃむにゃ・・・」


ブオンッ   ゴスッ


提督「ほげぇっ!?」


蒼龍「えっ!?て、提督!?」


飛龍「は、春雨が寝ぼけて提督を殴った!?」


春雨「んん・・・あれ?」


春雨「・・・私、今・・・あ」


春雨「あぁぁぁぁぁっ!!」


摩耶「お、おい春雨。どうしたんだ?」


春雨「じ、実は・・・」








↓1 事件の真相を聞いて、どうなる?

868: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:56:50.00 ID:MHbXUVPA0
もう大々的な捜査が始まってるし、報道もされて…後には引けない

869: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 01:00:50.25 ID:bYFUddvFo



提督「・・・なるほどな」ホウタイグルグル


蒼龍「ほんとに鹿島の仕業じゃなかったんだ・・・」


摩耶「んで、どーすんだ提督」


提督「いや、もう訂正無理だわ・・・」


飛龍「うん、だよね・・・」


提督「もう大規模な操作が始まってるし、ここでもし訂正でもしたら・・・」


摩耶「・・・したら?」


提督「たぶん多聞さんがくるぞ」ガタガタ


飛龍「あー、それはやだ・・・」


春雨「ほんと、ごめんなさい・・・」シュン







↓1 どうなる?

870: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 01:01:09.92 ID:kR6sqYhrO
「とりあえず春雨、反省してくれ」痛む顎をさすりながら

871: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 01:07:43.27 ID:bYFUddvFo



提督「・・・とにかくな、春雨」スリスリ


提督「お前は昼にも一度酒飲んで怒られたんだから、これはダメだぞ」スリスリ


春雨「・・・ごめんなさい」


蒼龍「提督、そんなに痛みます?」ムニュ…


提督「うぉ!?」


提督(後頭部が幸せ・・・)


蒼龍「わ、私が癒やしてあげましょうか・・・な、なんて///」








↓1 どうなる?

872: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 01:08:23.72 ID:MHbXUVPA0
提督「ま、しょうがない。このまま鹿島のせいにしておこう」

873: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 01:11:26.88 ID:bYFUddvFo


提督「と、とにかく!」バッ


提督「鹿島には悪いが・・・このままあいつのせいにしてしまおう」


摩耶「そーだな。それが一番収まりがいいし」


飛龍「鹿島も、まだまだ油断できませんしね」


提督「皆、ここでのことは秘密だぞ」


卯月ロボ「ぴょーんっ!」


提督「んじゃ、俺達は帰るよ。行こう、春雨」


春雨「あ、はい!」





↓1 帰り道、または帰ってからどうする?どうなる?

874: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 01:12:27.15 ID:DrWMyyoxo
春雨「鹿島せんぱ……鹿島さんのせいにして本当に司令官はそれでいいんですか?」

875: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 01:16:40.99 ID:bYFUddvFo


テクテクテク…


春雨「・・・司令官」


提督「ん?」


春雨「司令官は、その・・・」


春雨「鹿島せんぱ・・・鹿島さんのせいにして、いいんですか?」


提督「・・・」




選択肢安価

1 仕方ないと思う

2 分からない

3 ・・・本当は嫌だ




↓1

876: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 01:16:52.66 ID:MHbXUVPA0
1

877: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 01:21:46.19 ID:bYFUddvFo



提督「・・・仕方ないと思うよ」


春雨「仕方ないっていうのは・・・?」


提督「昼間、お前と白露を・・・助けた時の違和感の理由、なんとなくわかったんだ」


提督「たぶん、あいつは・・・本当に、深海棲艦であることを・・・人や、艦娘を殺すことを何とも思ってない」


提督「だから、罪悪感なしに・・・あんなことが出来たんだろう」


提督「俺は・・・それを許せない」


春雨「司令官・・・」


提督「だからさ、このくらいは覚悟して貰わないと・・・」







↓1 どうする?どうなる?

878: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 01:22:24.90 ID:ke4nUabM0
提督「さっきから鹿島を擁護しようとするなんて洗脳でもされたのか?」

880: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 01:28:49.14 ID:bYFUddvFo


今日はここまでですー


またあしたー




提督「そういう春雨もさ、鹿島のこと、やたら庇うじゃないか」


提督「・・・どうかしたのか?」 
 

春雨「・・・私、鹿島さんはそんなに悪い人じゃないと思うんです」


春雨「あと・・・夢の中で、鹿島さんが出てきて・・・すごく、楽しかったんです」


提督「・・・春雨。鹿島のことを考えるのはいいが、気をつけろよ」


提督「鹿島の代わりにお前を失うなんて・・・俺は御免だからな」


春雨「・・・はい」







↓1 どうなる?

881: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 01:29:23.20 ID:DrWMyyoxo
実はいまでも鹿島先輩の姿がちらついている

885: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 23:00:02.78 ID:bYFUddvFo



こんばんはー。更新始めますねー



【帰り道】


春雨「・・・実は」


春雨「まだ、鹿島さんの姿が見えるんです・・・」


提督「そうなのか・・・?」


提督「その鹿島は、何してるんだ?」


春雨「えっと・・・」








↓1 春雨の見てる鹿島の様子

886: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:02:01.81 ID:NTnutas9o
心配そうな目でこちらを見ている

887: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 23:04:35.15 ID:bYFUddvFo


鹿島『・・・』


春雨「・・・こっちを、見ています。心配そうな目で」


提督「そうか・・・」


春雨「もしかしたら、私が見てる鹿島さんと・・・あの鹿島さんは、全く違う人なのかもしれませんね」


提督「・・・そうかもな」


提督「俺にも、見えたらいいんだが・・・さっきのは、本物だったからな」






↓1 どうする?どうなる?

888: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:05:31.58 ID:JVSh1Sa+O
ここですよここにいますよ!とめっちゃ提督の前でアピールしてる鹿島先輩

889: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 23:08:54.61 ID:bYFUddvFo



鹿島『・・・提督さん』


春雨「・・・あ」


提督「? 何だ?どうしたんだ?」


春雨「いえ、鹿島・・・先輩が、今、司令官の目の前に・・・」


提督「そうなのか・・・?」


鹿島『はい、ここにいますよ!』


提督「・・・」ジーッ…


鹿島『そんなに、見つめられると・・・照れちゃいます♪』


春雨「・・・ふふふ」








↓1 どうなる?

890: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:09:52.49 ID:7mVDZ2CXo
全神経研ぎ澄まして視認しようと試みるもうまくいかない

891: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 23:16:58.79 ID:bYFUddvFo


提督「・・・」ジーッ…


鹿島『提督さん・・・』スッ


スーッ…


鹿島『やはり、触れないんですね・・・』


提督「・・・春雨、鹿島はまだそこにいるのか?」 


春雨「はい。司令官に触れようとしてますけど・・・」


提督「・・・そうか。触れないんだな」


鹿島『提督さん・・・いえ、お兄ちゃん・・・』


提督「・・・もう一度だけ、家族に会いたいって、ずっと思ってた・・・」


提督「その夢が叶ったと思ったら、妹は俺の知ってる妹じゃなかった・・・」


提督「あれから、もう・・・何十年も経ってるのに・・・まだ、俺は・・・」ジワ…


春雨「司令官・・・」








↓1 どうなる?

892: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:18:13.84 ID:ahpu60hxO
先輩も泣く
春雨ももらい泣き

893: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 23:21:32.16 ID:bYFUddvFo



春雨「司令官・・・」


春雨「・・・大丈夫ですよ。私が、私達が・・・側にいますから」


提督「春雨・・・」


提督「・・・う、うぅ・・・ぉぉぉ・・・」ポロポロ…


鹿島『お兄ちゃん・・・優しかったもんね・・・』


鹿島『一人にさせて、ごめんね・・・』ポロポロ…








↓1 どうなる?

894: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:23:07.15 ID:hFiQlYoXo
しばらく涙流した後夜遅いし各々の部屋に戻ることに

895: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 23:27:48.00 ID:bYFUddvFo



提督「・・・ありがとう、春雨」


春雨「いいんですよ、司令官・・・辛い時は、私達のこと頼って下さいね」


提督「・・・そうだな。ありがとう」


提督「辛い時、お前が側にいてくれると・・・本当に、助かるよ」


春雨(それは、私も同じです。司令官・・・)





【春雨の部屋】


春雨「・・・ふぅ」


鹿島『春雨ちゃん・・・』


春雨「鹿島、先輩・・・」


春雨「あなたは・・・あの鹿島さんとは、違うんですか?」


鹿島『・・・』








↓1 鹿島の返事

896: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:29:13.58 ID:JpTZp+NnO
きっと同じ。でも怖がらないでほしい

898: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 23:32:08.63 ID:bYFUddvFo


鹿島『いいえ・・・たぶん、同じなの。私も彼女も・・・』


鹿島『でも、私のことは・・・怖がらないで欲しいの』


春雨「・・・じゃあ、あなたも司令官の・・・」


鹿島『ええ・・・ごめんなさい、春雨ちゃん。お兄ちゃんに会うために、あなたには色々と・・・迷惑をかけたわね』


鹿島『でも・・・それももう終わり』スッ…


春雨「あ・・・」







↓五分後までで、何かあれば

ない場合はこれで終わりです

899: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:33:40.06 ID:wwuFunz+O
鹿島先輩『また一緒に飛びましょうね。綺麗な大空を』

900: ◆I045Kc4ns6 2016/05/09(月) 23:37:36.41 ID:bYFUddvFo


鹿島『・・・もう一人の私を、開放することができたら・・・』


鹿島『また、一緒に空を飛びましょうね・・・♪』


春雨「・・・はい、もちろん!」


鹿島『・・・♪』ニコ…


フッ…


春雨「あ・・・消えちゃった」


春雨「・・・鹿島、さん」


春雨「あなたとの約束・・・きっと、守ります」


春雨「司令官のことも、絶対に・・・」







春雨編 完


↓ 五分後に最も近いレス

次の主役安価

901: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:40:39.43 ID:jfSZS5RF0
加賀

909: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 22:55:52.74 ID:Q8UYKYp+0




ここは武道場。気が付けば私は、一日の大部分をここで過ごすようになっていた。
静かで、厳かな雰囲気がこの空間を支配している。

そこで私は、一人瞑想をしている。ここの外は、あまりに騒がしく私には似合わない。

目を閉じれば、昔の情景が瞼に映る。
生きる意味を失っていた私を拾い、導いてくれた彼の背中を。

その彼は、今はもういない。

涙は出てこない。彼が死んだ直後にも、涙が出ることはなかった。

涙や悲しみのことばで弔うよりも、戦果を挙げることが何よりの手向けになると思った。

自分は昔からそうだ。涙や、弱さとは無縁だった。

いつからか、心が張り詰めていたようだ。彼と共に歩んだことより、さらに前・・・。
張り詰めなければ生き残れなかった戦場で、私は自分の役目を終えた。

囮として、的として。その時の提督は、私を誇りに思うと言っていた。

そのとき私の運命は決まったのだ。今更迷うこともない。

そう思っていた。

910: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 22:57:04.71 ID:Q8UYKYp+0

突然、静寂を断ち切って誰かが武道場へと入ってきた。

その誰かは、まっすぐにこちらを見つめている。何でも、お見通しというような目で。

「よ、神通」

軽い口調で投げかけられた挨拶に、眉をひそめながら私は会釈した。

そして彼は、私の表情が曇ったことも気にせず、どしっと隣に座った。

「・・・何の用ですか?」

嫌悪感を隠さずに聞いた。しかし、相変わらず彼には効いてないようだ。

「いや・・・さすがにそろそろ話をしようと思ってな」

「話?何の話ですか?」

思いっきり、彼を睨み付けて言った。しかし、彼は飄々として表情を崩さない。

まるで茶化しているようで、ますます腹が立つ。

「いや、これからどうするんだって思ってさ」

「どうする?決まっています!」

「准将の遺志を継ぎ、必ず深海棲艦を全滅させます・・・!」

「それが私たち、艦娘に与えられた最大の使命なんです!」

不意に口から飛び出た言葉は、自分でも驚くほど荒げていた。
彼の言葉は、私の存在意義を疑うものと思えた。

だから嫌なんだ。この人は。

私が信じていたもの・・・頼りにしていたものを簡単に意味のないものにしていく。
たとえ、それが正しいとしても・・・私はこのままでいいのに。

放ってほしくて、私は拒絶するように言い放った。

「ですから、提督!あの鹿島とかいう裏切者は、私が必ず・・・」

「・・・那珂にも戦わせるのか?」

「っ、それ、は・・・」

彼の言葉は、私の言葉を簡単に遮らせた。

911: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 22:57:48.48 ID:Q8UYKYp+0


言葉に詰まる私をさらに彼は追い詰める。

「神通、お前も・・・那珂が有名になったときは喜んでたじゃないか」

「ドイツにもわざわざ来てさ・・・あの時のお前は、今みたいに苦しそうじゃなかったぞ」

本当に容易く人の内面を見抜いてくる。その言葉だけで、私は何も言えなくなってしまった。

「那珂は・・・私とは違うんです・・・」

「一緒だ。俺からすればな」

苦し紛れの言葉では、彼は止まるはずもなかった。

思わず顔を伏せた私の手首を、彼が強く握る。
突然のことで、胸にしまい込んでいた記憶が悪夢のように蘇った。

912: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 22:58:25.08 ID:Q8UYKYp+0


そんな私の様子に気付いたのか、彼の手首を握る力が弱まった。
だが、悪夢はいまだに私の胸を苛む。

「なんで・・・なんで、そんなに構うんですか・・・!?」

「私のことなんて、放っておけばいいじゃないですか!」

震えながら吐き出した言葉は、ほとんど八つ当たりのように彼へと向かった。

「神通、俺はな・・・准将にお前を任されたんだよ。それに、川内も那珂も、お前のことを心配してるんだぞ」

そういいながら、彼はまた私に触れた。今度は優しく、慰めるように。

また、私の存在が揺らいでいく。私が信じていたものが簡単に、崩れ去っていった。

「神通、准将は・・・たぶん、お前に普通の暮らしをしてほしかったんだよ。自分の元にいたんじゃ、できないような・・・」

「これからは・・・誰かに命令されるんじゃなくて、自分の好きなようにやってみろよ」

「・・・そんなの、無理です・・・」

「私は・・・そんな風に生きるなんて、出来ません・・・」

前にも、誰かからそんなことを言われたような気がする。しかし、自分にそんなことができるはずがない。今まで、人に言われるまま生きてきた私に、彼の言うような暮らしができるとは思えなかった。

「私は・・・あなたや、那珂のように・・・強くないんです」

「・・・失礼します」

こうして私は、逃げるように彼の前から走り去った。


913: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:00:39.81 ID:Q8UYKYp+o



神通「はぁっ、はぁっ、はぁ・・・」


『自分の好きなようにやってみろよ』


神通「・・・そんなの、私に・・・出来るわけ、ないじゃないですか」


神通「私は、戦えていれば・・・それで、幸せなんです」


神通「・・・」







↓1 どうする?どうなる?

914: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:02:44.26 ID:IOi/f3iJO
どこも騒がしい。自分の部屋に戻る

915: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:04:50.37 ID:Q8UYKYp+o



神通「・・・」


「でさー、今度一緒にどこかいかない?」


「いいね、いいねぇ!いこ!」


神通「っ・・・」


神通「本当に、ここは・・・どこも騒がしいところばかりですね」


神通「部屋に、戻りましょう・・・」







↓1 どうなる?

916: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:06:08.96 ID:z7JQctpF0
めまいに襲われる

917: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:10:45.97 ID:Q8UYKYp+o



【神通の部屋】


ガチャッ


神通「・・・ふぅ」


クラッ


神通「っ、ぅ・・・」


神通(どうしたんだろう、私は・・・)


神通「はぁ・・・少し、休もう」


神通「大丈夫・・・たぶん、すぐに良くなるから・・・」







↓1 どうなる?

918: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:15:36.44 ID:O4u0edL3O
瞑想の再開

919: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:17:17.04 ID:Q8UYKYp+o



神通(・・・落ち着けないし、目眩も収まらない)


神通(彼の言ったことで・・・動揺してるのは分かるけど、私は考えを曲げるつもりは・・・)


神通(・・・)


神通「・・・こんな時こそ、気持ちを落ち着けなければ」


神通「集中して、瞑想を・・・」








↓1 どうなる?

920: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:22:37.32 ID:0UBW9ean0
提督の言葉が離れない

921: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:25:23.44 ID:Q8UYKYp+o


神通「・・・」


『那珂にも戦わせるのか?』


神通(いいえ、あの娘には・・・あのまま、幸せなままでいて欲しいです)


『准将は・・・たぶん、お前に普通のくらしをしてほしかったんだよ』


神通(准将・・・)


神通(私と、飛鷹さんの恩人で、私たちに生きる意味をくれた人・・・)


神通(彼の望みなら、私は・・・)


神通(・・・)







↓1 どうなる?

922: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:26:37.11 ID:5rtqyrQ00
那珂ちゃんと話そう

924: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:30:00.05 ID:Q8UYKYp+o



神通「・・・っ、ふぅ」


神通「那珂は・・・どう思ってるのかしら」


神通「あの娘にも、話を聞かないと・・・」


神通「確か、今日は鎮守府にいるはず・・・行ってみよう」




【那珂の部屋】


コンコン


神通「那珂、私です。神通です・・・」







↓1 那珂ちゃんは部屋にいた?いたなら、なにしてた?

925: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:31:15.44 ID:0UBW9ean0
自分のコンサートの録画を見て反省してた

926: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:33:55.71 ID:Q8UYKYp+o



ガチャッ


那珂「神通ちゃん!えへへ、久しぶり!」


神通「ええ、久しぶり・・・今、時間ある?」


那珂「うん、あるよ。今ね、ライブ見て反省会してたの!」


神通「え?それなら、後ででも・・・」


那珂「ううん、大丈夫!さ、入って入って!」


神通「え、ええ・・・」






神通(壁紙も、小物も凝っていて・・・女の子らしい部屋ね)


神通(私とは、大違い・・・)


那珂「いま飲み物出すからね!」





↓1 どうする?どうなる?

927: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:34:55.34 ID:5rtqyrQ00
那珂「深海棲艦や鹿島ちゃんも私のファンになって仲良くなれたらいいなーって、きゃは♪」

928: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:38:45.41 ID:Q8UYKYp+o



ワー!!


神通「・・・」


那珂「おっまたせー♪神通ちゃんも、ライブの様子見てたの?」


神通「ええ・・・相変わらず、那珂はすごい人気ね」


那珂「ううん、まだまだだよ・・・私、戦闘全然ダメだから、こっちで頑張らないと・・・最近、提督も大変だしね」


那珂「だから、もっともっと魅力的になって・・・鹿島も深海棲艦も、私のファンにするの!きゃは♪」


神通「・・・ふふふ、相変わらずね」







↓1 どうなる?

929: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:40:50.22 ID:NaPmh5p4O
私の魅力が世界を救うと力説する那珂

930: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:44:56.27 ID:Q8UYKYp+o



那珂「えへへ、ありがとう♪」


神通(褒めたわけではないのだけど・・・)


那珂「今ね・・・私の人気、本当にすごいことになってるでしょ?世界中に、私のファンがいるの」


那珂「もちろん、他の国にも・・・そんなにたくさんの人が、私の歌をすごいって言ってくれるの!」


那珂「だからね、私の歌は・・・世界中を繋げられるんだよ!」


神通「・・・ええ、きっとそうね」


那珂「えへへ、神通ちゃんにそう言ってもらえると、ほんとにそんな気になるよ!」







↓1 どうなる?

931: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:46:02.59 ID:5rtqyrQ00
那珂「だからきっと深海棲艦達にも鹿島ちゃんにも通じるって私信じてるの!」

934: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:49:29.70 ID:Q8UYKYp+o


那珂「だからね、きっと・・・深海棲艦にも、鹿島ちゃんにも通じるって、信じてるの!」


神通(・・・変ね。いつもの私ならくだらないと言うはずなのに)


神通(那珂なら、きっとできると思っているの・・・)


神通「那珂なら、大丈夫よ。きっと・・・」


那珂「えへへ、ありがとー♪」








↓1 どうなる?

932: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:46:08.81 ID:XzM6yL7CO
やっぱり、神通ちゃんちょっと元気ない?

936: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:53:11.96 ID:Q8UYKYp+o


那珂「・・・やっぱり、神通ちゃん・・・ちょっと、元気ない?」


神通「・・・わかるの?」


那珂「当たり前だよ!姉妹なんだから!」


神通「・・・実は」







那珂「・・・なるほどね」


神通「那珂、私は、自分が好きなように生きられるなんて・・・思ってないの」


神通「だって、私は・・・ほんとうは、弱いから・・・」







↓1 どうなる?

937: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:55:19.48 ID:z7JQctpF0
那珂「これから考え方を改善していけばいいんだよ!!!」

938: ◆I045Kc4ns6 2016/05/10(火) 23:57:33.88 ID:Q8UYKYp+o


那珂「大丈夫だよ、神通ちゃん」


那珂「神通ちゃんはね、すっごく強いよ。自分が弱いって思ってるだけ」


神通「・・・そうかしら」


那珂「うん。きっとね、ここにいる人はみんな・・・川内ちゃんも、提督も、神通ちゃんのことは、すごいって思ってるよ」


那珂「だからさ、大丈夫だよ。好きなふうに、やってみたら?」


神通「好き、なふうに・・・」








↓1 どうする?どうなる?

939: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 23:58:56.51 ID:lHSm111Uo
それに誰だってレベル1からスタートなんだから!

940: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 00:02:10.12 ID:KXQ/7XPXo



那珂「それにさ、誰だって初めはへたっぴだよ。レベル1だからさ」


那珂「私もね、最初は本当にダメだったからさ・・・」


那珂「神通ちゃんも、これから少しづつなれてけばいいんだよ。私も、川内ちゃんも協力するから!」


神通「・・・ええ、ありがとう」


那珂「よーしっ、それじゃ、早速やってみようよ!」


那珂「何かしたいこととかない!?」


神通「え、そ、そんな・・・急に言われても・・・」








↓1 どうする?どうなる?

941: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 00:03:36.09 ID:PjBVEXcbo
那珂「え、笑顔の練習がしたい?そーかそーか神通ちゃんならいうと思った!」(言ってない)

942: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 00:05:59.71 ID:KXQ/7XPXo



那珂「ふーん、なるほどねー♪」


神通「な、那珂・・・?」


那珂「神通ちゃん、笑顔の練習がしたいって?うんうん、そう言うと思ってたー♪」


神通「な、那珂・・・///」


那珂「いいからさ、ほら、笑ってみてよ・・・」


神通「こ、こう・・・?」ニッ…


那珂「うーん、まだまだかたいなぁー」








↓1 どうなる?

943: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 00:09:46.10 ID:Gpqv2FLC0
「もっとこういう風に」といって神通の顔をいじる

944: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 00:12:17.98 ID:KXQ/7XPXo


神通「こ、こう、かしら・・・?」ニッ…


那珂「違うよぉー・・・じっとしてて?」


神通「え!?な、那珂・・・むにゅ」


那珂「もっと口角上げてさー」ムニムニ


神通「な、にゃか、やめちぇ・・・///」ムニムニ






↓1 どうなる?

945: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 00:15:16.25 ID:PjBVEXcbo
いじるだけいじって引き際を弁えている有能三女

947: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 00:18:02.48 ID:KXQ/7XPXo



那珂「むー・・・」


神通「・・・///」ニッ…


那珂「全然ダメ・・・だね」


神通「う、うぅ・・・あ、あれだけしたのに・・・///」


那珂「元気だしてー、神通ちゃん。きっと大丈夫だから」


神通「そ、そうかしら・・・///」 








↓1 どうする?どうなる?

948: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 00:20:33.22 ID:rSSfhNJ80
弥生ちゃんや不知火ちゃんも苦労したんだよー

949: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 00:24:11.64 ID:KXQ/7XPXo


那珂「大丈夫だよ。不知火ちゃんや、弥生ちゃんも苦労してたから」


神通「その二人も、笑顔の練習を・・・?」


那珂「うん、二人共さ。笑顔に自身がなかったんだって」


那珂「それで、私に頼みに来たの。アイドルみたいな笑顔の作り方、教えてって」


那珂「きゃは♪」キラリーン


神通「・・・なら、私も、大丈夫かしら」


那珂「うんうん、一緒に頑張ろ?」






↓1 どうなる?

950: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 00:32:15.32 ID:E5TWL2ve0
どうもうまくいかず、だんだん無駄なことじゃないかとイライラしてくる

951: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 00:34:30.46 ID:KXQ/7XPXo



神通「・・・こう?」ニコ…


那珂「うーん、おしいんだよなぁ・・・良くなってはいるんだけど」


神通「そ、そうなの・・・?」


神通「・・・ねぇ、那珂。あまり、言いたくはないけど、これって無駄じゃないかしら」


那珂「そ、そんなことないよ!」


神通「でも・・・笑顔なんて、私には・・・」






↓1 どうなる?

952: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 00:36:43.26 ID:rSSfhNJ80
慌ててずっこける那珂 それにクスリとする神通

953: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 00:39:04.94 ID:KXQ/7XPXo


神通「とにかく、私は部屋に・・・」


那珂「ち、ちょっと待って・・・ひゃうっ!?」


ドンガラガッシャーン


神通「っ、那珂!だいじょ・・・」


那珂「うぅ、い、いたた・・・」


神通「ふ、ふふふ・・・」


那珂「! それだよ、神通ちゃん!」


那珂「今の顔、すっごく可愛かった!」


神通「え・・・?そ、そう・・・?///」






↓1 どうなる?

954: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 00:55:18.32 ID:cDCtywiIO
じゃあ那珂ちゃん、もう一回転んで?(悪気はない)

956: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 00:57:59.05 ID:KXQ/7XPXo



神通「でも、どうな感じだったのか、思い出せない・・・」


那珂「え?うーん、どうしようか・・・」 


神通「那珂、もう一度、転んで?」ニコッ


那珂「えっ?」


神通「もう一度転べば、また、笑えるから・・・」


那珂「わ、分かったよ・・・」


ドンガラガッシャーン


那珂「いたたた・・・ど、どう!?」


神通「・・・」






↓1 神通のリアクション

957: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 00:59:42.83 ID:Gpqv2FLC0
大爆笑

958: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 01:01:28.97 ID:KXQ/7XPXo



神通「ぷ、くくくっ・・・くふふ、ふふ・・・っ」プルプル…


神通「な、那珂・・・面白すぎよ・・・」


那珂「え、えぇー・・・」


那珂(・・・まあ、神通ちゃんが笑ってるなら、いいかな)


神通「ふふふ・・・っ」








↓1 どうする?どうなる?

959: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 01:02:52.48 ID:8XFu7zP0O
思い切り●●●●してたのがツボにハマったらしい

960: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 01:06:16.56 ID:KXQ/7XPXo



神通「・・・ふぅ」


神通「・・・ふ、ふふっ、くくくっ・・・」プルプル


那珂「え!?そ、そんなに面白かった!?」


神通「だって、那珂ってば・・・ただ転んだだけなのに、下着が丸見えだったもの・・・www」


那珂「えっ!?うそ・・・あ、アイドル失格だぁ・・・」








↓1 これからどうする?どうなる?

961: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 01:08:05.59 ID:rSSfhNJ80
影から川内が見てる  心配だったけど・・大丈夫そうかな にしても那珂ぷぷぷ・・

962: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 01:10:26.69 ID:KXQ/7XPXo


今日はここまでですー

またあしたー





川内「・・・」ソッ…


川内「提督に頼まれて神通のこと、見に来たけど・・・大丈夫そうだね」


川内「まあ、元はと言えば私が早く神通と話すよう急かしたんだし・・・」




神通「ーーー」




川内「・・・いい顔するじゃん、神通」


川内「それにしても那珂・・・パンツ見えてるなんて吹雪じゃないんだからさー・・・」







↓1 どうなる?

963: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 01:22:51.23 ID:8XFu7zP0O
「これからはそういうのも売りにしていけばいいんじゃないかしら?減るもんじゃなし」 「いや減るからね!?」

971: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 22:50:54.21 ID:KXQ/7XPXo


【那珂の部屋】


川内「・・・」ジーッ…





神通「那珂、今度からはそういうのも売りにすればいいんじゃないかしら?」ニコニコ


神通「減るものじゃないでしょ?」


那珂「じ、神通ちゃん何言ってるの!?」


那珂「減るし・・・そもそもそんなアイドルありえないよ・・・そ、それにさ」


那珂「な、那珂ちゃんだって・・・好きな人以外に、パンツ見せたくないよ・・・///」モジモジ…







↓1 どうなる?

972: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 22:51:59.39 ID:V644oSG30
神通「ごめんなさい…冗談を言ったつもりだったんだけど笑えなかったわね…」

973: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 22:54:12.44 ID:KXQ/7XPXo


神通「え・・・」


那珂「え、な、なに・・・?」


神通「あの、ごめんなさい・・・冗談のつもりだったの・・・」


神通「笑えなかった、よね・・・」


那珂「っ、や、やだなぁー!那珂ちゃん分かってたよー!///」


那珂「バラエティ番組にもよく出てるんだからさーあははは///」マッカッカ








↓1 どうする?どうなる?

974: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:09:22.64 ID:WUmr1aiWO
ボケにもいいボケとあまりよくないボケがあるんだよと那珂ちゃんの力説

975: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:12:12.43 ID:KXQ/7XPXo



那珂「・・・まあ、でも・・・確かにボケにしては良くないよ」


那珂「神通ちゃん、ボケにもね。いいボケと悪いボケがあるの。さっきのは良くないボケ」


神通「そ、そうだったの・・・?」


那珂「うん、神通ちゃんも私が気軽にパンツ見せてたら嫌でしょ」


神通「確かに、イヤ・・・」


那珂「うん・・・ボケってのはね、誰も傷つけちゃいけないの・・・」


神通(那珂・・・立派になったわね・・・)






↓1 どうなる?

976: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:13:15.69 ID:hiqSqDVio
ここで那珂ちゃん渾身のボケ

978: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:17:53.29 ID:KXQ/7XPXo



神通(・・・那珂も、成長してるのね)しんみり


那珂(あ、あれ?神通ちゃん、笑ってない・・・?)


那珂(よーし、ここは那珂ちゃん渾身のボケで・・・!)


那珂「まあ那珂ちゃんは、誰にネタにされても平気だけどね!きゃはっ♪」


神通「・・・」


那珂「・・・神通ちゃん?」


神通「那珂、それはダメよ。あなたが馬鹿にされたら、私は腸が煮えくりかえるわ・・・」ゴゴゴゴゴ…


那珂「じ、冗談・・・冗談だよ・・・」








↓1 どうなる?







979: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:19:34.91 ID:V644oSG30
神通「そう…難しいわね、冗談って」

981: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:22:40.85 ID:KXQ/7XPXo



神通「・・・そう」


神通「・・・難しいのね、冗談って」


那珂「うーん、神通ちゃんは真面目すぎるからね・・・」


那珂「思い切ってさ、誰かに冗談言ってきたら?」


神通「え・・・でも、誰に?」







↓1 誰に冗談を言いに行こう?

982: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:23:25.08 ID:0TUuj+Yho
龍田

983: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:26:28.00 ID:KXQ/7XPXo


神通「た、龍田さん・・・?」


那珂「うん、いいんじゃない?」


神通「え、で、でも・・・冗談が、通じなかったら・・・」


那珂「その時はその時だよ!もしもの時は私も止めるからさ♪」


神通「も、もう・・・」




【廊下】


神通「あ、た、龍田さん・・・」


龍田「あらー?神通ちゃんじゃない。どうかしたの?」


神通「え、えぇっと・・・」







↓1 神通の言った冗談の内容

984: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:27:16.44 ID:V644oSG30
あ、あんなところにぷち艦娘が!?

985: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:30:14.75 ID:KXQ/7XPXo



神通「あ、み、見てください!」バッ!


龍田「あら、なぁに?」クルッ


神通「ほ、ほら!あそこに、ぷち艦娘がいますよ!」


龍田「ぷち艦娘ー?どこかしらー?」キョロキョロ


神通「あ、龍田さん・・・冗談です・・・な、なんちゃって」


龍田「・・・あらー」







↓1 どうなる?

986: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:31:15.32 ID:z9e/0LpjO
可愛いわねー神通ちゃん

987: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:34:10.08 ID:KXQ/7XPXo



龍田「ふふふ・・・可愛いわね、神通ちゃん」


神通「か、かわいい・・・ですか?お、怒って・・・ませんか?///」


龍田「怒ってないわー・・・だって、神通ちゃんの言ったこと、本当だもの」スッ…


ぷち天龍(ぬいぐるみ)『』


神通「ち、ちっちゃい天龍さん!?」


ぷち天龍『フフフ・・・こわいか?』(龍田の裏声)


神通「す、すごいです・・・」


龍田「うふふふふふ・・・」








↓1 どうなる?

988: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:35:29.76 ID:V644oSG30
那珂ちゃんによるぷち川内も参戦

989: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:39:56.96 ID:KXQ/7XPXo


那珂「神通ちゃーん、どうしたのー?」


神通「あ、那珂・・・!み、見て!」


ぷち天龍『フフフ・・・』


神通「ほんとに、ぷち艦娘はいたのよ!」キラキラ


那珂「あー・・・バレちゃったかぁ・・・」


那珂「実は川内ちゃんも・・・」


ぷち川内『はやくやせんしたいなぁ』(本人)


神通「え、ね、姉さんまで・・・!?」


川内(神通、信じちゃってるなぁ・・・)





 

↓1 どうなる?

990: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:40:47.81 ID:WUmr1aiWO
ちなみに私がこの子を持っていない時にどこどこー?ってやった場合
それは重ねボケ、ノリボケというものになるのよー(教示)

991: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:43:12.04 ID:KXQ/7XPXo


那珂「ちなみに、もし・・・」





那珂『えー?ぷち艦娘なんていないよ?』


神通『え?こ、ここにいるじゃない?』


那珂『ぷぷぷっ、えー?どこどこ?』


神通『???』




那珂「・・・これは重ねボケ、ノリボケになるんだよ♪」


神通「すごい、勉強になるわね・・・!」


龍田「ふふふ、あらー・・・♪」







↓1 どうなる?

992: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:46:34.81 ID:V644oSG30
天龍「ぷち艦娘…かわいい!」

993: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:48:57.51 ID:KXQ/7XPXo



天龍「おーい、何やってんだ。龍田」


神通「て、天龍さん・・・!こ、これを見てくださいっ」


天龍「あーん?」


ぷち天龍『よ、天龍』


天龍「っ!?なんだこれ、可愛い!」


ぷち川内『てんりゅう、まぢー?』


天龍「うぉぉ!川内までいる!すっげー!!」キラキラ


那珂(神通ちゃんもだけど・・・天龍ちゃん・・・)







↓1 どうなる?




994: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:51:22.67 ID:0TUuj+Yho
龍田「もー天龍ちゃんたら自分大好きなんだからー」

995: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:54:39.10 ID:KXQ/7XPXo


龍田「もー・・・天龍ちゃんたら自分大好きなんだから・・・」


天龍「は!?そ、そんなんじゃねぇよ!」


天龍「さ、さっき可愛いとか言ったけど、俺のはやっぱ可愛くねぇな!」プイッ


ぷち天龍『てんりゅう・・・おれ、かわいくねえのか?』


天龍「っ・・・」


ぷち天龍『そんなこといわれたら、おれ、ないちまう・・・ぐすん』


天龍「ううっ・・・やっぱり可愛いぞっ!!」






川内 那珂 龍田「「「・・・」」」ニヤニヤ





↓1 どうなる?

996: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 23:56:51.52 ID:hiqSqDVio
神通「この子達も海に出て戦うのでしょうか……」

998: ◆I045Kc4ns6 2016/05/11(水) 23:59:53.67 ID:KXQ/7XPXo



天龍「うぅ・・・」スリスリ


龍田(天龍ちゃんたら、頬ずりまでしちゃって・・・)


神通「・・・」


那珂「? どうしたの、神通ちゃん」


神通「・・・この子達も、海に出て戦うのでしょうか・・・」


川内「えっ!?ど、どうかなー・・・?」


神通「もしそんなことがあったら、私はそんなこと、許せません・・・っ」ギリッ…







↓1 どうなる?

999: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/12(木) 00:01:14.38 ID:z7ChpYOy0
神通「そんなことを命令する提督は私が成敗します!」


次回 【安価】提督「提督になれてよかった」その21【艦これ】