【安価】提督「提督になれてよかった」その21【艦これ】 前編

488: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 00:49:55.36 ID:bGpofzq7o


提督「ふわ~・・・ねみ~」


長月「! 司令官!」ガタッ


天龍「なんだテメエ。朝からだらしねえな、シャキッとしろよ」


提督「ほいほい・・・鳳翔、納豆くれ」


龍田「提督、この前はごめんなさい~。神通の件、大変だったでしょ?」


天龍「ん・・・その、悪かった」


提督「いいよ、神通とは仲直りしたし。今度出かける約束もしたんだ」


龍田「あら~・・・手が早いのね~」


天龍「変態」


提督「誤解だ」







↓1 どうなる?

引用元: ・【安価】提督「提督になれてよかった」その21【艦これ】 



489: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 00:53:55.11 ID:ERRBl+Evo
天龍人形の出所を提督から聞かれる

490: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 00:56:36.80 ID:bGpofzq7o



天龍「・・・ところで提督よぉ。あの時、龍田が持ってた俺の人形、どこで手に入れたんだ?」


提督「ああ、あれか。あれは川内の手作りだよ」


龍田「川内ちゃんが~?」 


提督「ああ。あいつ、ああ見えて裁縫得意なんだよ。服とかも作れるらしいし」


長月「司令官は・・・やはりそういう家庭的な女性が好きなのか?」


ピクッ…


提督「んあ?んー、そうだな・・・」








↓1 提督の返答

491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 00:57:28.59 ID:C9dl940pO
家庭的に限らず一芸持ってる娘には惹かれるな

492: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 01:00:48.30 ID:bGpofzq7o



提督「まあ、家庭的かはともかく・・・一芸持ってる娘には惹かれるな」


「!」グッ!


長月「一芸・・・一芸か・・・」


龍田「そうね~、料理とか?」


提督「まあな。そんなところだ・・・」モグモグ


龍田「へ~・・・」







↓1 どうなる?

493: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 01:05:56.47 ID:iaU8rsLFO
私の一芸ってどんなところ~?

494: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 01:07:29.61 ID:bGpofzq7o



天龍「・・・」 


龍田「ねぇねぇ、天龍ちゃん」


天龍「あん?」


龍田「私の一芸って、どんなところかな~?」


天龍「龍田の一芸・・・?そうだな・・・」








↓1 天龍の思う、龍田の一芸

495: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 01:10:43.57 ID:2pXOHqXJO
仮にも上司である提督の手首を
迷いなく切り落とそうとする思い切りの良さとか?

496: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 01:15:33.39 ID:bGpofzq7o


天龍「そういえばこの前・・・」


【回想】


龍田「~~~♪」


提督「あ、おーい、龍田!今ちょっといいか?」タッタッタッタッ


卯月「うーっ!」ドタドタドタ…


ドシンッ!


提督「うおっ!?とっ、とっ、とっ・・・」


ムニュッ


提督「・・・ふぅ、セーフ」モミモミ


龍田「あら~・・・」


提督「」





天龍「・・・あの時はすぐ提督の手首を切り落とそうとしてたし、その思い切りの良さはいいんじゃないか?」


龍田「提督、どう思います~?」


提督「手首切り落とされる話で判別できるわけねぇだろうが!」


龍田「いいじゃない~・・・提督、すぐくっつきますよね?」 


天龍「半分深海棲艦だしな」






↓1 どうなる?

497: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 01:18:35.03 ID:ZMOPLq0vo
龍田「あれは照れ隠しなんですよ~」提督「自分で言うか?」

498: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 01:23:44.53 ID:bGpofzq7o


やばい、龍田かわいい 

「自分で言うか?」




提督「どっちにしろ、俺は触ったら手首切り落とすような娘は嫌だぞ」


龍田「提督さんだって女の子に触りたいですもんね~」   


天龍「変態だな」


提督「違うっての・・・」


龍田「とにかく、私のあれは照れ隠しなんですよ~」


提督「自分で言うか?」


龍田「私、本当はすごく恥ずかしがり屋で・・・天龍ちゃん以外とは話せないんですよ~」


天龍「あー、嘘だ嘘。大嘘」








↓1 どうなる?

499: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 01:27:04.21 ID:jCc8ML2gO
そこまで言うなら照れてるところを見せてみろと挑発する提督

502: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 22:30:03.70 ID:H3DDuebqO



【食堂】


提督「そんなに言うなら照れてるところを見せてみろよ」


長月「確かに、龍田さんの照れているところは見たことないな」


龍田「え~?いきなり照れろと言われても~」


天龍「おもしれぇ、それなら照れさせてやろうじゃねぇか!」


提督「そうだな・・・」







↓1 どうやって龍田を照れさせよう?

503: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 22:38:35.67 ID:ERRBl+Evo
天龍が甘い台詞言って口説いてみる

504: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 22:44:36.97 ID:H3DDuebqO



天龍「おし、まずは俺だ・・・」


提督「お、頑張れ」   


天龍「ごほん・・・龍田」


龍田「なぁに~?」


天龍「いつもよ、だらしねえ俺のこと、世話してくれてありがとよ・・・」


天龍「毎日、助かってるよ。ありがとよ」


龍田「・・・ええ、毎日大変よ~」


天龍「・・・照れないのか?」


龍田「天龍ちゃんの世話は、本当に大変だもの~・・・はぁ」


天龍「ぐっ・・・」







↓1 どうなる?

505: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 22:48:47.42 ID:9+SpdPJ7O
天龍「……長月、お前が口説け」長月「!?」

506: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 22:50:36.87 ID:H3DDuebqO



天龍「・・・こうなったらしかたねえ」


天龍「長月、お前が口説け」


長月「なっ!?わ、私がか!?」


提督「おお、いいじゃないか。面白そう」


長月「司令官まで・・・し、仕方ないな」


龍田「うふふ、楽しみね~」







↓1 長月はどんなふうに口説いた?

507: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 22:53:33.93 ID:jCc8ML2gO
感謝の念がいつしか熱い慕情に変わっていったのだ、という流れで口説く

508: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 22:56:15.14 ID:H3DDuebqO



長月「あー、ごほん・・・た、龍田先輩・・・」


龍田「はぁ~い」


長月「わ、私は今まで・・・先輩に、たくさん助けられてきた」


長月「私が落ち込んでいるときは、励ましてくれて・・・ほ、本当にありがとう///」


長月「私は、今気づいたんだ・・・この感謝の気持ちが、愛情に変わって、いることに・・・///」


長月「あ、愛して、る・・・///」かぁぁぁぁっ


龍田「・・・」







↓1 龍田の反応

509: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 22:59:55.19 ID:ZC7NlwgaO
めちゃくちゃ嬉しそうに長月を高い高い

510: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:02:10.52 ID:H3DDuebqO



龍田「嬉しいわぁ~長月ちゃん♪」スッ…


長月「なっ!?た、龍田先輩?」


龍田「お礼に高い高いしてあげる。うふふっ♪」


長月「い、いや、結構で・・・わぁっ!?」


龍田「ほら、たかいたかーい」


長月「わぁぁぁぁっ!?お、おろしてくれっ!」


天龍「長月じゃやっぱりダメか・・・」


提督「・・・んじゃ、最後は俺だな」








↓1 提督はどんなふうに龍田を恥ずかしがらせた?

511: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:04:19.28 ID:82SlsOMiO
笑ってる龍田をしばらく眺めて「やっぱりかわいい」

512: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:07:17.26 ID:H3DDuebqO



龍田「ふふ、楽しかった♪」ニコニコ


長月「う、うぅ・・・///」


提督「・・・」


龍田「あら~?どうしたんですか?」


提督「ううん、何でもないよ」


龍田「そんなこと言って、また何か企んでるんじゃないですか~?」


提督「いや、ただ・・・」


提督「やっぱりかわいいなって」


龍田「・・・」







↓1 龍田の反応

513: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:08:55.12 ID:ZMOPLq0vo
いつも通りふふふと微笑んでるけど、顔を手で押さえてそっぽ向いてしまう

514: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:11:13.41 ID:H3DDuebqO



龍田「あら~・・・ふふふっ」スッ…


プイッ


提督「ん?何でそっちむくんだ?」


龍田「秘密です~」


天龍「おい龍田、顔隠してんじゃねえよ」


長月「・・・流石だな、司令官」


提督「お、おう・・・」


龍田「・・・///」









↓1 どうする?どうなる?

515: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:13:24.54 ID:ERRBl+Evo
龍田の耳が赤くなっていくのが目に見えて分かる

516: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:16:40.05 ID:H3DDuebqO



天龍(おい、見ろよ提督。龍田の耳、真っ赤だぜ)


提督(龍田もやっぱりかわいいと言われると恥ずかしいんだな)


長月(龍田先輩も、案外初心だな)


提督(いつもはあんななのにな・・・)


天龍(ま、俺は恥ずかしがってる龍田が見れて、満足だぜ)








↓1 どうする?どうなる?

517: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:21:29.93 ID:vddEYqhmo
堕ちついたと言って手を放すけどまだ微妙に口元がにやついてる

519: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:23:39.32 ID:H3DDuebqO


堕ちついた・・・ゴクリ




龍田「ふぅ・・・」


提督「龍田、もういいのか?」
 

龍田「ええ♪もう落ち着きましたから♪」


天龍「・・・」ジーッ…


龍田「・・・なにかな~、天龍ちゃん?」


天龍「お前、まだ口元がにやけ・・・むぐっ」


龍田「うふふふっ♪」






↓1 どうする?どうなる?

520: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:25:32.14 ID:3PsCfRq70
天龍「ま、朝のくすぐりの仕返しができて満足だ 龍田「むぅ・・」提督「?」長月「クスクス

521: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:27:37.44 ID:H3DDuebqO



天龍「むぐ・・・た、たつた・・・」ペチペチ


龍田「あ、ごめんごめん・・・」


天龍「ぷはっ・・・はぁ・・・」


天龍「ま、これで今朝のくすぐりの仮は返したぜ」ドヤッ


龍田「むぅ・・・」


提督「? くすぐり?」


長月「ふふふっ・・・」







↓1 どうする?どうなる?

522: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:28:23.57 ID:G/TsQyGFO
とりあえず食堂を後にしましょ

523: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:31:16.25 ID:H3DDuebqO



間宮「あの、みなさん。そろそろ片付けをしたいんですが・・・」


提督「あ、すみません・・・」


龍田「今出ますね~」






天龍「うし、これからどうすっかな~」


長月「そうだな・・・」


龍田「うーんと・・・」





↓1 龍田はどうする?

ほか三人が同行するかもお願いします

524: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:35:59.90 ID:vtUT2HyYO
いつも通り遠征の準備をしようとする
天龍長月も続こうとするが提督に止められる

525: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:38:00.13 ID:H3DDuebqO


提督「龍田、お前は遠征があったろ?」


龍田「あぁ、そうでした~」


龍田「私、準備してきますね~・・・」スタスタスタ…


天龍「おっしゃ、俺も行くぜ」


長月「私も・・・」


提督「ああ、お前たちはいい」


天龍「あん?」


長月「何故だ?」


提督「いいからいいから」







↓1 どうなる?

526: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:41:18.58 ID:ZMOPLq0vo
睦月型を適当に見繕って海上護衛任務に向かう龍田

527: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:47:35.42 ID:H3DDuebqO



龍田「えっと、遠征は海上護衛に行けばいいのね・・・」


龍田「軽巡は私がいるとして、駆逐艦が最低三人・・・」


龍田「いつも通り、睦月型の娘に頼みましょ」







↓1~↓3 同行する睦月型 長月以外で一人ずつお願いします

528: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:48:48.53 ID:ni+QDwsm0
菊月

529: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:49:58.15 ID:82SlsOMiO
皐月

530: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:50:56.93 ID:2dyfCTx20
文月

531: ◆I045Kc4ns6 2016/05/23(月) 23:53:04.43 ID:H3DDuebqO



龍田「みんな、準備はいいかしら~?」


菊月「ああ。問題ない」


皐月「ボクもだよ!頑張ろうね!」


文月「龍田さんといっしょ、うれしいな~♪」


龍田「それじゃ、行きましょ~」


龍田(上手く行ったら、また可愛いって言ってくれるかしら・・・ふふふっ♪)







↓1 遠征中イベント どうなる?

532: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/23(月) 23:55:53.25 ID:vddEYqhmo
かわいいと食堂で言われたことが既に菊月たちの耳に入ってる

533: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:00:13.39 ID:ljPEMkRKO


【鎮守府近海】


龍田「~♪」ルンルン♪


文月「龍田さん、ごきげんだね~」  


龍田「あら~、そうかしら?」


文月「うん♪何かいいことでもあったの~?」


皐月「ボク知ってるよ!食堂で司令官に、『可愛い』って言われたからでしょ?」


菊月「それはいいな・・・羨ましい」


龍田「あら~、みんな聞いてたの~・・・?」







↓1 どうなる?

534: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:03:13.30 ID:V+a76H2Po
頭の輪っかが天使みたいという話に

535: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:05:45.46 ID:ljPEMkRKO



菊月「でも、司令官の言うとおりだよ。龍田さん、かわいいもん!」


龍田「ふふ、ありがと~。でも、あなた達の方が可愛いわよ~♪」プカプカ


文月「・・・龍田さんのそれ、天使の輪っかみたい~」


菊月「・・・確かに」


龍田「そうかしら・・・確かに、そうかもね~♪」プカプカ







↓1 どうなる?

536: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:07:13.41 ID:ECgxqzO40
龍田「触ってみる?」

537: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:09:53.78 ID:ljPEMkRKO



文月「・・・」ジーッ…


龍田「うふふっ、気になるのなら、触ってみる?」


文月「は~いっ!」


スッ…


文月「・・・かた~いっ!」ペチペチ


菊月「まあ、機械だからな・・・」 


皐月「龍田さんの意思で動かせるの?」


龍田「ううん、違うわよ~。私の気分しだいね~」







↓1 どうなる?

538: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:10:37.26 ID:UK8epx6L0
文月「おさわりはきんしされてま~すっていわないんだ!」皐月菊月「くすくす」龍田「もう///

539: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:13:47.39 ID:ljPEMkRKO


文月「ねぇねぇ、龍田さん。あれ、言わないの~?」


龍田「あれ~?あれってなぁに~?」


文月「『おさわりは禁止されています~』って、司令官には言ってるのに」


皐月「きっと照れてるんだね、龍田さんも!」


菊月「なるほど・・・」


龍田「も~、大人をからかうんじゃないわよ~」







↓1 どうなる?

540: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:15:56.37 ID:b4htie2so
龍田「あまりからかうと、その輪っかが高速回転をはじめて、ふ、文月ちゃんの手が~……」(嘘)

541: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:18:56.71 ID:ljPEMkRKO



文月「あー!また真っ赤になってるー!」


皐月「え?ほんとう?ほんとう?」


龍田「あら~・・・うふふっ」


龍田「あまり私をからかうと、文月ちゃんの持ってるその輪っかが・・・」


龍田「文月ちゃんの手を、切り裂いちゃうかもよ~・・・♪」


文月「ひゃっ・・・ご、ごめんなさい!」


龍田「うふふ、冗談よ~」


文月「うう、よかったぁ~」







↓1 どうなる?

542: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:22:01.43 ID:UK8epx6L0
菊月「龍田さんのは冗談に聞こえないのが怖いな」龍田「

543: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:24:57.44 ID:ljPEMkRKO



文月「・・・」プルプル…


皐月「文月、大丈夫~?」


龍田「あら~、怖がらせてしまっちゃった?」


菊月「龍田さんの言うことは、冗談に聞こえないからな・・・」


龍田(こんな小さな娘まで怖がらせちゃうのは嫌ね~)







↓1 どうなる?

544: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:28:55.75 ID:lCdval8jO
皐月は照れ隠しの方法が不器用なのだとわかっている模様

545: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:31:12.00 ID:ljPEMkRKO


龍田「・・・はぁ」


皐月「龍田さん、大丈夫だよ!」


龍田「皐月ちゃん?」


皐月「僕、分かってるよ。龍田さんは、照れ隠しの仕方が不器用なだけだもんね」


龍田「そうかしら・・・?」


皐月「うん!龍田さんは怖くないし、とっても優しいからね!」


龍田「・・・うふふ、ありがとう♪」





↓1 どうなる?

546: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:37:29.32 ID:V+a76H2Po
ドッキリさせるのが目的だったとはいえ、ごめんね文月ちゃん

547: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:40:03.33 ID:ljPEMkRKO



文月「・・・」


スッ…


龍田「ごめんね、文月ちゃん。怖がらせちゃった?」


文月「ううん、悪いのはあたしだから・・・」


龍田「けどね、私もやり過ぎたわ・・・許してくれるかしら?」

 
文月「はい、もちろんです!」


龍田「うふふ、よかった♪」








↓1 どうなる?

548: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:44:31.49 ID:UK8epx6L0
菊月「フム・・天龍さんみたいな冗談を私も言ってみたい」皐月「フフ怖?」文「フフ怖~!」龍田「天龍ちゃん・・」

549: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:47:34.98 ID:ljPEMkRKO


菊月「ふむ・・・」


龍田「あら~、どうかしたの?」


菊月「私も、天龍さんみたいに・・・冗談を言ってみたいんだ」


皐月「天龍さんと言えば~・・・」


文月「ふっふっふ~、こわいか~?」


皐月「皐月だぞ~、こわいぞ~!がるるる~っ!」


キャッキャッ


龍田(天龍ちゃん・・・あれをかっこいいと思ってやってるから・・・)




   
↓1 どうなる?

550: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:52:51.45 ID:Fb4MjUxMO
龍田がふふ怖のお手本を見せることに

551: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:54:38.46 ID:ljPEMkRKO



龍田「みんな、そんなのじゃまだまだね~・・・」


龍田「私がお手本を見せるわ~」


皐月「はい!お願いします!」


菊月「・・・」ワクワク


龍田「・・・私、龍田よ。うふふふっ怖いかしら~・・・?」ニッコリ…


文月「ひぅ・・・っ」


皐月「さ、流石龍田さんだ・・・!」


龍田「うふふふっ♪」







↓1 どうなる?

552: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 00:55:40.56 ID:ECgxqzO40
そのころ天龍はくしゃみをしていた

553: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 00:58:22.00 ID:ljPEMkRKO



【執務室】
 

天龍「ぶえっくしゅ!」
 

天龍「うぅー・・・風邪かぁ?」


提督「大丈夫か?ちゃんとマスクしろよー」


長月「司令官、一体いつから掃除してないんだ・・・」


提督「掃除してないのはこの押し入れだけだって」


天龍「ん~・・・お、●●本見っけ」


提督「ちょっ!?」








↓1 どうなる?

554: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 01:01:44.56 ID:PvRGvrkdO
はっ、天龍ちゃんが何かよからぬものと接触した気が!

555: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 01:05:34.05 ID:ljPEMkRKO



龍田「さ、遠征ももう少しよ。頑張りましょ~」


ピキーンッ!


龍田「! 天龍ちゃん・・・?」


皐月「どうしたの?」


龍田「天龍ちゃんが、何か良くないものに触れた気がするわ~・・・」


龍田「急いで帰りましょっ!」





【執務室】


天龍「・・・よく見たら普通の雑誌だった」


長月「表紙に水着の女性が載ってるが・・・」


提督「そういうもんなんだよ・・・」


タッタッタッ   バンッ!


龍田「天龍ちゃ~ん、大丈夫~?」


天龍「ん?お、おう」







↓1 どうなる?

556: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 01:09:29.72 ID:leAFuBD9O
慣れた手つきで遠征報告書を速攻書きあげて天龍ちゃんをいたわる

559: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 22:45:36.88 ID:dmujfgEwO



【執務室】


提督「お、おかえり。龍田」


龍田「・・・」


ピッ  スラスラスラ…


龍田「はい、報告書ですよ~・・・天龍ちゃん、大丈夫?」


天龍「・・・別に、何ともねえよ」


長月「・・・」スッ…


雑誌「」ボイーン


長月「・・・」サスサス


長月「・・・はぁ」ションボリ








↓1 どうなる?

560: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 22:50:50.49 ID:xn/78zLSo
時間より早めに切り上げたのにばっちり資源回収できている有能龍田

561: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 22:55:33.52 ID:dmujfgEwO



提督「な、なぁ龍田。お前、帰るの早かったな。ちゃんも資源回収したのか?」 


龍田「あら~、疑ってるんですか~?」


皐月「ちゃんとやったよ!司令官!」


提督「・・・ん、確かにな。確認してみたよ」


龍田「うふふ、そうでしょ~」


提督「龍田はすごいな・・・天龍もあれくらい・・・」


クイックイッ


提督「おん?どうした、菊月?」
  

菊月「・・・私が菊月だ」


提督「うん、知ってる」
  

菊月「・・・ふふふ、怖いか?」
 
 
提督「ん?」


皐月「しれーかん!皐月だよ!ふっふっふ、こわい?」


文月「ふふふ~、こわいぞ~♪」


提督「あ、ああ・・・」


キャッキャッ♪


天龍「・・・」









↓1 どうなる?

562: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 22:59:12.22 ID:vthnIs0NO
ふと提督が天龍の方を見ると窓のそばで黄昏ていた(主にふふ怖祭りのせい)

563: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 23:01:16.57 ID:dmujfgEwO



皐月「ねーねーしれーかん!ボク、怖い?」


提督「はいはい。怖い怖い」


皐月「ふふふっ、やったぁ!」ピョンピヨン


文月「ねえねえ、あたしは~?」ユサユサ


提督「はいはい・・・ん?」




天龍「・・・」




提督「・・・天龍」


龍田「あらあら、天龍ちゃんったら・・・」







↓1 どうする?どうなる?

564: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:02:42.80 ID:eDn2hJ2SO
稀に見る提督の奇天烈なフォローに天龍ちゃん吹き出す

565: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 23:07:27.21 ID:dmujfgEwO


天龍「・・・はぁ」


スッ…


提督「・・・元気出せよ、天龍」


天龍「べつに、何ともねえよ・・・」シュン


龍田(ほら~頑張って励まして上げて~)


提督(む、むむむ・・・)


提督「べ、別にさ・・・みんなお前のことを馬鹿にしてるわけじゃないぞ?お前のことを親しく思ってるからこそだな・・・」


天龍「・・・」


提督「・・・あーあ!羨ましいなー!俺もみんなに真似してほしいなー!」


提督「でもみんな俺のこと女たらしって言うからなー!天龍みたいに真似されるの羨ましいなー!」


天龍「ぷっ、な、なんだそりゃ!」


提督「お、笑った」


龍田「良かったわ~」









↓1 どうする?どうなる?

566: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:09:55.31 ID:b4htie2so
文月「でも提督って決め台詞ないよね?」

567: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 23:13:21.78 ID:dmujfgEwO



文月「・・・でも~、司令官って決め台詞ないし~」


菊月「・・・確かにな」


皐月「司令官、決め台詞あったほうが、みんな真似してくれるよ!」
  

提督「決め台詞~?そんな子供っぽいもの・・・」


龍田「いいじゃないですか~。面白そうですし~」


天龍「よっしゃ、じゃあ提督の決め台詞、決めようぜ!」


提督「・・・おいおい」







↓1 どうする?どうなる?または、どうやって決めよう?

568: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:15:04.25 ID:UK8epx6L0
長月「女たらしの男!すぱいだ・・提督!」提督「なが・・つき・・

569: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 23:18:07.31 ID:dmujfgEwO


天龍「・・・つっても、急には思い浮かばねえな」


龍田「長月ちゃん、やってみたら~?」


長月「なっ、ま、また私か!?」


提督(龍田、長月の扱いを覚えやがったな・・・)


長月「し、仕方ない・・・いくぞ・・・」


テーテテーテレレレッ テレッテレー


長月「女たらしの男!す、すぱいだ・・・提、督///」


長月「も、もういい!やめだ!///」


天龍「どうだ提督、今のは?」


提督「長月じゃなかったら殴ってた」


長月「・・・///」








↓1 どうなる?

570: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:22:16.45 ID:xn/78zLSo
天龍「……女たらしの男!スパi」(スパーン)

572: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 23:24:28.02 ID:dmujfgEwO


天龍「ほ~?」ニヤニヤ


龍田「あら~・・・うふふふっ」


提督「何ニヤついてんだお前ら」


天龍「・・・」


天龍「女たらしの男!スパイ・・・」スパーンッ!


天龍「いってぇ!な、なにしやがんだ!?」


提督「殴るって言ったろうが・・・」


龍田「確かに、今のは天龍ちゃんが悪いわね~」




   


↓1 どうする?どうなる?

573: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:28:57.37 ID:pUP8OMHEO
せめて甲斐性があると言ってくれ

574: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 23:31:56.07 ID:dmujfgEwO



提督「・・・というか、やっぱり皆俺のこと女たらしって思ってたんだな」


天龍「自分でそう言ってただろうが」 


提督「いや、それはそうなんだが・・・」


提督「せめて甲斐性があるって言ってくれ・・・」


文月「しれーかん、かいしょうってなぁに?」


皐月「ボクにもかいしょうある?」


提督「まあ、それは後々な・・・」






↓1 どうする?どうなる?

575: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:32:47.79 ID:UK8epx6L0
天龍「よし!俺は2度の記憶喪失(だった)の男。(艦娘が)近寄るとケガ・・するぜ(刃物自殺飛び降り自殺未遂)」提督「    」

576: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 23:36:14.66 ID:dmujfgEwO



菊月「司令官、経歴を言ってみてはどうだ?」


提督「経歴?」


龍田「ほら~、あのちっちゃくなった探偵みたいな~」


天龍「・・・つまり」 


天龍「よし!俺は2度の記憶喪失(だった)の男。(艦娘が)近寄るとケガ・・・するぜ(刃物自殺飛び降り自殺未遂)」


天龍「完璧だな・・・!」フンスッ


提督「完璧だけど・・・なんでマイナス面ばっかなんだよ・・・」


龍田「だって、本当のことでしょう?」


提督「今は自殺なんてしねぇよ。嫁を残して[ピーーー]るか」







↓1 どうする?どうなる?

579: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:51:52.10 ID:b4htie2so
もうこの際艦娘たちから公募してみる?

580: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 23:55:03.59 ID:dmujfgEwO



龍田「・・・もうこの際、艦娘から公募したらどうかしら~?」


提督「別に俺はそこまでしなくても・・・」


皐月「えぇーっ!面白そうだし、やろうよ!司令官!」


提督「はーっ・・・分かった分かった。放送でみんなに知らせるよ。一時間後の正午に、食堂で発表な」

 
天龍「提督!景品用意しとけよ!」


提督「へいへい・・・」


龍田「それじゃ、私も考えないとな~」


文月「あたしも~!」








↓1 龍田は、どうやって提督の決めゼリフを考える?

581: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:55:49.53 ID:ukNadpB+0
辞書をパッと開いたページの単語で台詞を作る

583: ◆I045Kc4ns6 2016/05/24(火) 23:58:12.01 ID:dmujfgEwO



【龍田の部屋】


龍田「・・・とは言ったものの、どうやって考えようかしら?」


龍田「・・・提督には悪いけど、ちょっと面倒ね~」


チラッ…


龍田「・・・辞書で適当に開いたページの言葉で作りましょうか」


龍田「それじゃ、適当に~・・・えいっ!」







↓1~↓4 出てきた辞書の言葉

584: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:58:50.30 ID:b4htie2so
信じる

585: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 23:59:11.98 ID:xn/78zLSo
天辺

586: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:00:30.84 ID:UWBi4Z9Q0
天命

587: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:01:11.19 ID:N2Rtz6Lf0
勅命

588: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:05:20.17 ID:jcqmPxa1O


龍田「えっと・・・『信じる』『天辺』『天命』『勅命』ね・・・」


龍田「そうねぇ・・・うーんと」

 



【しばらくして・・・】


『天命を信じ、勅命の元に艦娘と共に天辺を目指す』


龍田「・・・こんなものかしらね。思ったよりなんとかなったわ~」


龍田「えっと、まだ時間は~・・・」 







↓1 タイムリミットまで、時間はまだある?もうない?

589: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:06:16.15 ID:Hy5q0q41o
まだまだある

591: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:08:05.45 ID:jcqmPxa1O



龍田「思ったより早く片付いちゃったわ~・・・」


龍田「まだまだ時間もあるし・・・う~ん」


龍田「そうだ。他のみんなの様子が気になるから、見に行こ~っと・・・うふふふっ♪」








↓1 誰の様子を見に行く?

592: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:08:59.38 ID:RJ/VM8VMO
川内型たち

593: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:12:13.90 ID:jcqmPxa1O




龍田「この前神通ちゃんをからかうとき話したから、川内ちゃんたちを見に行こーっと」






【川内の部屋】


コンコン    ガチャッ


龍田「川内ちゃん達、やってる~?」


川内「龍田さん。もっちろん!こんな企画久しぶりだしね!」


那珂「みんなでこういうこのするの、楽しいね!」


龍田「神通ちゃんは~・・・?」






神通「・・・」スッ…


神通「・・・」バッ!


神通「・・・ふぅ」




龍田「・・・わざわざあんな大きな紙に炭で書いてるのね」


川内「何事にも全力だからね~、神通はさ」






↓1 どうなる?

594: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:14:32.21 ID:XyS7rjet0
あやまって墨汁を全員にぶっかけてしまう

596: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:17:34.29 ID:jcqmPxa1O



神通「・・・うーん」


龍田「ねぇねぇ神通ちゃん。なんて書いたの~?」


神通「えっと・・・『助平』と」


那珂「それ、決めゼリフ?」


川内「そしてそんな紙に書くことでもないよね・・・」


神通「そ、そうですか・・・?書き直しますね」


ガツッ!


神通「きゃっ!?」バシャッ!


龍田「あ、あら~・・・」


神通「あ、ぁぁ!ご、ごめんなさい龍田さん!姉さんたちも!」


川内「あー・・・まあ、大丈夫でしょ。シャワー浴びよっか」


那珂「うん、そうしよ~っ」








↓1 どうなる?

597: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:24:18.78 ID:N2Rtz6Lf0
龍田「すっかり丸くなったわね~神通は」川内那珂「提督のおかげ!」(シャワー浴びながら

598: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:28:37.58 ID:jcqmPxa1O

炭と墨・・・道理で違和感が(気づけ)




サァァァァ…


龍田「~~♪」


神通「ふぅ・・・最近暑いですから、シャワーが気持ちいい・・・」


川内「・・・それにしてもさ、神通は丸くなったよね~」


那珂「うんうん、提督のおかげ~」


神通「・・・そうですね。提督には感謝しています。今度、どこか連れてってくれるので・・・」


川内「え?なになに?デート?」


神通「そんなんじゃ、ないですから」プイッ   


龍田「うふふふふっ♪」








↓1 どうなる?

599: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:29:37.61 ID:XyS7rjet0
給湯器が壊れてシャワーが冷水になる

601: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:32:04.30 ID:jcqmPxa1O


龍田「でも、羨ましいわ~。提督とお出かけするなんてね~」


那珂「神通ちゃん、那珂ちゃんが代わりに行こっか?」


神通「それは駄目です!」ピシャリッ


川内(なんだかんだ楽しみなのね。そこんとこも不器用・・・ん?)


川内「うわっ、つ、冷たっ!?」


那珂「こ、故障かな~?」


龍田「早く上がったほうがよさそうね~・・・」







↓1 どうする?どうなる?

600: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:30:02.27 ID:xmaW61qUO
食堂かわいい事件をネタにいじられる龍田

603: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:35:53.90 ID:jcqmPxa1O



【脱衣所】


那珂「・・・外は暑いね」


川内「もう少し浴びてれば良かった・・・そう言えば龍田さん、食堂で提督に可愛いって言われてたでしょ?」ニヤニヤ


龍田「あ、あら~・・・みんなその話好きよね~」


那珂「だって~、龍田さんってばポーカーフェイスだから~」


川内「私も提督に可愛いって言われたいなー」


神通「可愛い・・・」


神通「・・・///」ぽっ







↓1 どうする?どうなる?

604: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:40:37.79 ID:XyS7rjet0
逆にぷち艦娘事件でいじる

605: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:43:00.97 ID:jcqmPxa1O



龍田「あら~、神通ちゃん。何赤くなってるの~?」 


神通「! あ、いえ・・・これは・・・」


龍田「神通ちゃん、ぷち艦娘のこと、すごく気に入ってたわよね~」


龍田「実は案外、可愛い物好きなのかしら~?うふふふっ♪」


神通「そ、そんな、ことは・・・///」


川内(あれからぷち艦娘のぬいぐるみを私に作るよう散々ねだったじゃない・・・)








↓1 どうする?どうなる?

606: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:45:16.20 ID:+vxmHvPOO
川内たちの作った決め台詞は?

607: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:48:07.91 ID:jcqmPxa1O



龍田「さて、それじゃそろそろ行きましょ~」


川内「うん、いこいこ」




龍田「そう言えば、皆はどんな決め台詞にしたの~?」


川内「えーっと、私は・・・」


神通「私は墨をこぼす前に書いたこれを・・・」


那珂「那珂ちゃんはこれだよ!」



↓1~↓3

川内、神通、那珂の考えた提督の決め台詞

608: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:48:31.85 ID:UWBi4Z9Q0
なんでさ

609: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:48:49.01 ID:XyS7rjet0
天皇陛下万歳!

610: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 00:49:39.62 ID:+vxmHvPOO
君をプロデュースしたい

611: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:55:52.31 ID:jcqmPxa1O



『なんでさ』『天皇陛下万歳!』『君をプロデュースしたい』


龍田「あら~、皆それっぽいわね~」


神通「姉さん、『なんでさ』とは?」


川内「いやー、ここん所さ、皆不満が溜まってて提督がツッコミに回ってるじゃん?」


川内「で、その時のセリフ。『なんでさーっ』ってね」


川内「そういう神通のは、なんか違うくない?」


神通「そうでしょうか・・・?」


龍田「那珂ちゃんのは、戦闘で使うには変じゃない?」


那珂「ううん!私にとってはステージこそ戦場だから!」


龍田「あ、食堂についたわね~」


ギィィ…





612: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 00:59:17.67 ID:jcqmPxa1O



【食堂】


ザワザワ…


提督「あー、いつもならこういうイベントは青葉が司会をするだが」


提督「今回あいつも参加者だから、司会は俺がするぞ。何か質問は・・・」


阿賀野「提督さん、優勝賞品があるって聞いたんだけど!」


提督「ああ。あるぞ」


長門「それで、賞品というのは?」







↓1 優勝賞品はなに?

613: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 01:00:30.64 ID:MSjvgxdDO
金一封

614: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 01:03:37.23 ID:jcqmPxa1O


提督「じゃっじゃじゃーん!金一封~!」


『・・・』


提督「・・・おい、もっと盛り上がれよ」 


金剛「どうせなら提督のLOVEが欲しかったデース!」


赤城「ボーキサイト食べ放題とかは・・・」


提督「そんなものはない」


提督「うし、他に質問はないな~?んじゃ、始めるぞー」

618: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 22:45:11.04 ID:AdZad6uKO


【食堂】


提督「・・・さて、数が数だから、さっさと行くぞー」


提督「まず、以下の者の投稿した決め台詞・・・」


提督「『金剛、加賀、不知火、弥生、時雨、漣、飛龍、蒼龍、陸奥・・・』などなど」


提督「お前ら皆、失格な」


エー!?


加賀「提督、何故ですか?」ブーブー


漣「御主人様にふさわしい決め台詞なのにー!」ブーブー


提督「誰が決め台詞で『加賀は俺の嫁だ!』とか『漣は超可愛い!』なんて叫ぶか!」


飛龍「うーん、さすがに露骨すぎたか・・・」


蒼龍「だよねー・・・」


提督「えーっと、次・・・曙、満潮、霞」


提督「お前ら冷た過ぎだよ・・・俺泣いちゃうぞ」


満潮「ふんっ!付き合ってあげただけで、ありがたく思いなさい!」


霞「こんな企画、本当にくだらないわ・・・」


提督「・・・」シュン


「提督、泣かないでー」「頑張ってー」


提督「お、おう。さ、次は・・・」



619: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 22:51:14.66 ID:AdZad6uKO


提督「・・・ツッコミつつ来たら、もう数個しか残ってないぞ!」


提督「どうして皆女たらしってことばっか書くんだ!?」


「だって、提督と言ったら・・・ねぇ?」


「うんうん、仕方ない」


提督「・・・」


古鷹「あの、提督・・・とりあえず、残ったのは誰ですか?」


提督「あ、ああ。龍田、川内、神通、那珂・・・あと↓1だな」






↓1 最終選考に残った艦娘

一応>>618の艦娘でも構いません

620: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 22:52:17.92 ID:Hy5q0q41o

622: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 22:56:45.83 ID:AdZad6uKO




響「・・・ん、私か」


雷「ほんとう!?響すごーい!」


暁「むう、何で響が・・・」


電「電も選ばれたかったのです・・・」


提督(電・・・お前は俺の語尾にも『なのです』って付けさせる気だったろ?)


川内「それで、提督。響の内容は?」


提督「お、おう・・・」









↓1 響の考えた提督の決め台詞

623: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:02:26.73 ID:N2Rtz6Lf0
響「Можно обнять тебя?」 提督「・・?」響「私に向って言うんだ」提督「 モージナ アブニャーチ チェビャー? 」

625: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 23:08:40.27 ID:AdZad6uKO


提督「えっと、えーっと・・・これ、なんて読むんだ?」


響「Можно обнять тебя?」


提督「も、もーじな?」


響「モージナ アブニャーチ チェビャー、だよ」


提督「お、おう・・・もーじな」


響「私に向って言うんだ」


提督「 モージナ アブニャーチ チェビャー? 」


響「・・・///」


龍田「・・・ねぇ、響ちゃん?これ、なんて意味なの~?」


響「っ、そ、それは・・・」


響(正直に言うと、怒られるから・・・誤魔化そう)


響「ろ、ロシアのことわざだよ。勝利は我にあり・・・」


神通「なるほど、いいですね」


提督「おーし、んじゃ投票に移るぞー」






↓1 龍田の投票率

↓2 川内の投票率

↓3 神通の投票率

↓4 那珂の投票率

↓5 響の投票率


一番高いのが優勝です!

626: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:09:51.98 ID:m3mqOpq/O

627: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:10:34.23 ID:Vdbq8lBio
初っ端えぐい数字が出ているんですが

628: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:11:21.31 ID:Hy5q0q41o
さすが今回の主役……

629: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:15:45.87 ID:7G/Q14Xh0
99

630: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:15:55.23 ID:H0+N+NniO
はい

632: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 23:22:18.64 ID:AdZad6uKO

oh・・・龍田さん・・・




提督「・・・龍田が圧倒的だったな。那珂も惜しかったが」


鳳翔「まあ、一番的をえていたというか・・・いいんじゃないでしょうか?」


龍田(あらあら~、辞書で適当に引いて作ったのに~)


提督「とにかく、おめでとう龍田」


龍田「はい~、いただいておきますね~」


響「・・・」シュン


提督「よし、皆お疲れ様。腹も減ったし飯にして・・・」


「ちょっと待ったぁ!」


ザワザワ…


提督「・・・どうした、明石」


明石「提督さん、これは事件です!響ちゃんのセリフは実は全く別の意味があるんですよ!」


響「!?///」


ザワザワ…  ナニナニ?


提督「・・・で、その本当の意味っていうのは?」


明石「私の作った翻訳機によると・・・」


『モージナ アブニャーチ チェビャー』ピピッ

『ハグしてもいいかい?』


明石「これは事件ですよー!」


ザワザワ…


響「し、司令官、これは・・・ち、違うんだ・・・///」アタフタ


提督「響・・・」







↓1 どうなる?

633: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:25:04.67 ID:wvRqzGvSO
龍田が茶化しつつ響の方へ提督をどーん

635: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 23:30:33.13 ID:AdZad6uKO


提督「・・・」


響「・・・///」モジモジ


龍田「・・・提督~、響ちゃんも最終選考まで残ったんですし、何かご褒美あげたらどうですか~?」


提督「ご、ご褒美って・・・うおっ!?」ドシンッ


龍田「うふふふっ♪」


響「し、司令官・・・///」モジモジ


提督「・・・響、その」








↓1 どうなる?

636: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:31:42.49 ID:Hy5q0q41o
おずおずとハグし、ハグされる

637: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 23:35:18.80 ID:AdZad6uKO


響「・・・///」ソッ…


ギュッ…


提督「・・・よしよし」ギュー…


響「ん・・・司令官・・・///」


龍田「あら~・・・」


川内「龍田さん。あらーじゃないよ・・・」


那珂「皆羨ましそうに響ちゃん見てるよ・・・那珂ちゃんも羨ましいなー」


神通「・・・破廉恥です」






↓1 どうする?どうなる?

638: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:35:59.72 ID:Vdbq8lBio
龍田「モージナ アブニャーチ チェビャー? ……答えはきいてなーい♪」
提督を後ろからハグ

639: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 23:39:04.61 ID:AdZad6uKO



響「・・・///」スリスリ…


提督「・・・」ナデナデ


「提督~?」


提督「! い、いや、これは・・・!」


龍田「うふふっ、モージナ アブニャーチ チェビャー?」


提督「え?」


龍田「答えは聞いてません♪えいっ」


ムギュー


提督(お、おぉ・・・背中に幸せな感触がががが!)ムクムク


響「・・・?///」







↓1 どうなる?

640: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:42:40.31 ID:7b5gs7zTO
モージナー… アブニャーアブニャー… チェビャービャー……

ゾンビのように提督に群がろうとする艦娘たちを捌いている川内型

641: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 23:46:45.70 ID:AdZad6uKO



提督「た、龍田?離れような?な?」


龍田「ん~、提督の背中、大きいですね~♪」スリスリ


提督「そ、そんな押し付けるな!」


響「司令官、なんか、硬く・・・」





『モージナ… アブニャーチ… チェビャー…』ゾロゾロ…


川内「もーっ!そこの三人とも、いい加減にしてよ!」


神通「み、皆さん落ち着いて!」


不知火「退いてください。私もハグするんです」ググッ…


那珂「わーっ!だめー!」






↓1 どうなる?








642: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:48:55.87 ID:N2Rtz6Lf0
金剛「モージナデース!」暁「もじなあぶj;ffじゃk;」雷電「言えてないわ(なのです)」 提督逃亡

644: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 23:53:40.07 ID:AdZad6uKO



金剛「もじ・・・もじ・・・」


金剛「もーっ!Can I hug you!?」ドドドーッ!


川内「し、しまった!突破された!」


「金剛さんに続けー!」


提督「ぎゃーっ!に、逃げろっ!」バッ!


響「あ・・・」





暁「も、もじあなぶ?も、もじにゃーにゃ・・・も、もーっ!」


暁「もじあなぶ、にゃー、てりゃー!」


雷「ちょっと暁!言えてないわよ!」


電「も、もじーな・・・?はわわわっ」






↓1 龍田はどうする?どうなる?

645: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:55:47.02 ID:Vdbq8lBio
提督の背中にしがみついて「キャー♪逃避行~?」

646: ◆I045Kc4ns6 2016/05/25(水) 23:58:49.25 ID:AdZad6uKO



『待ぁてーっ!』ドドドドド


提督「ひぃぃぃっ!」


龍田「あら~、そんなに逃げちゃって~♪」

 
提督「た、龍田!?」


龍田「きゃ~♪ふふふっ、逃避行ね~♪」ガシッ


提督「ぬっ!?お、おいっ!?」


龍田「うふふふっ♪」






↓1 どうなる?

652: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:01:08.28 ID:oRSnX9MdO
さすがに走りにくそうだからしがみつくのをやめて提督と並走する龍田

653: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 00:04:28.30 ID:rKdoKwjdO



提督「ちょっ、龍田、重・・・っ!」


龍田「なんて言いましたか~?うふふふっ♪」


提督「ひぃっ!じ、冗談、冗談!それに、このままじゃ追いつかれるぞ!」



島風「おっそーい!」タッタッタッタッ



龍田「むぅ・・・仕方ないわね~」





↓1 どうなる?

643: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:49:58.90 ID:7G/Q14Xh0
巻き込まれるのもあれなのでそそくさと退散する龍田

655: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 00:16:02.45 ID:rKdoKwjdO



ドドドドド!


不知火「徹底的に叩いてやるわ・・・!」


愛宕「うふふふっ、待って~!」




提督「ひぃぃぃっ!あ、あいつらの体力は底なしか!?」


龍田「・・・提督~、ここまで来たんですけど、私、抜けますね~」


提督「えっ!?あ、おい!」


龍田「さよ~なら~・・・」


提督「た、たつ・・・」


ガシッ


時雨「提督、おいかけっこ楽しかったよ♥わんわん♥」


陸奥「覚悟してよね~?」


提督「」





龍田「・・・走ったらお腹空いたわね~」


龍田「お金ももらったし、どこかたべにいこうかしら~?」





↓1 昼食はどこで食べよう?

656: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:17:32.30 ID:ZzzWLhIrO
鳳翔さんのお店
ランチメニューとかあったりして

657: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 00:19:37.76 ID:rKdoKwjdO



龍田「鳳翔さんのお店に行こうかしら~。今なら、ランチメニューもやってるだろうし♪」


龍田「せっかくだから、お刺身でも食べようかな~うふふふっ♪」






【鳳翔の店】


ガラララッ


龍田「鳳翔さ~ん、空いてます~?」


鳳翔「あら、龍田さん。ええ、どうぞ」






↓1 鳳翔の店にいた先客 いなくても構いません

658: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:21:13.48 ID:RGzySJHjo
利根

660: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 00:23:31.17 ID:rKdoKwjdO



利根「お、龍田ではないか!お主も昼飯か?」


龍田「あら、利根ちゃんじゃない。筑摩ちゃんは一緒じゃないの~?」


利根「あやつは大食漢じゃからな・・・ここの飯では足りんのじゃろう」ガツガツ   


龍田「なるほどね~・・・鳳翔さん、ランチメニューってありますか~?」


鳳翔「ええ、ありますよ」


龍田「よかった~♪それ、お願いしますね~」







↓1 食事中イベント

661: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:24:53.38 ID:Lp5YP/L20
最近の動向について話し合う

662: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 00:27:42.35 ID:rKdoKwjdO



龍田「うん、美味しい♪」


利根「うむ、鳳翔の料理は相変わらず美味いの!」


鳳翔「利根さん達は、以前私達の鎮守府にいましたから・・・そう言ってもらえると嬉しいです」


龍田「そうよね~・・・まさか、ケッコンして戻ってくるなんて♪」


利根「っ、うぅ・・・///」


龍田「最近は鹿島の件で大変だったから、今日は良い息抜きになったわ~」モグモグ


鳳翔「そうかしもしれませんけど・・・はぁ、提督はどうして・・・」








↓1 どうなる?

663: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:30:28.81 ID:WeoNkzVLO
ああ、己の甲斐性が憎い……って言ってましたよ~?(言ってない)

664: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 00:34:09.02 ID:rKdoKwjdO



龍田「・・・そういえば~、提督が言ってましたよ~」


龍田「『自分の甲斐性のせいで、嫁達に碌に構えなくて申し訳ない・・・』って♪」


鳳翔「っ、そ、そうなんですか・・・?///」


利根「提督は鳳翔のこと、本当に頼りにしとるようじゃからな・・・」


鳳翔「ほ、本当ですか・・・?それなら、嬉しいです・・・」ウルウル…


龍田(あらあら~、鳳翔さん・・・)





↓1 どうなる?

665: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:35:21.92 ID:2KMhmpj20
号泣された

666: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 00:38:08.02 ID:rKdoKwjdO



鳳翔「うっ、ぐすっ・・・」ポロポロ…


利根「ほ、鳳翔!?」


鳳翔「す、すみません・・・大丈夫ですから・・・」ポロポロ…


鳳翔「私、提督に頼りにされるのが・・・嬉しくて・・・」ポロポロ…


龍田「鳳翔さん・・・」








↓1 どうなる?

667: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:39:44.27 ID:jh/HZY6jo
気持ちボロボロになってる提督入店「匿ってくれ……」

668: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 00:45:01.27 ID:rKdoKwjdO



ガラララッ


提督「はぁ、はぁ・・・」


利根「っ、て、提督!」


提督「か、匿ってくれ・・・も、もう・・・」


鳳翔「て、ていとく・・・?」ポロポロ…

提督「!? 鳳翔、おい!どうかしたのか!?」


鳳翔「ていとく・・・っ」ギュッ…


提督「ほ、鳳翔・・・?」


鳳翔「提督、私・・・嬉しいです・・・あなたの力になれて・・・」ポロポロ…


提督「鳳翔・・・」


龍田「あら~・・・」









↓1 どうなる?

669: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:49:54.21 ID:RGzySJHjo
提督「俺は情けないよ。自分の不甲斐なさもあって、お前達にろくに構えなくて・・・」

670: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 00:54:07.97 ID:rKdoKwjdO



提督「・・・ごめんな、鳳翔。たまにしか構ってやれなくてさ。不安だったよな」ナデナデ…


鳳翔「いえ、そんな・・・っ!」


提督「俺は情けないよ。自分が不甲斐ない・・・泣かせてしまうくらい、かまってやれないなんて・・・」


提督「でも、忘れないでくれ・・・俺はお前たちのことを・・・」


提督「・・・愛してるよ、鳳翔。本当に、ありがとう」


鳳翔「ていと、ん・・・っ!?」


鳳翔「ぷはっ、はぁ・・・///」


利根「・・・」ジーッ…


提督「ほら、利根も・・・」ギュッ…


利根「わ、吾輩は・・・っ!う、うぅ・・・///」








↓1 どうなる?

671: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:55:55.16 ID:WeoNkzVLO
こっそり後ろから提督に抱きつく龍田(真正面から抱き合うのはまだ恥ずかしい)

672: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 01:01:05.16 ID:rKdoKwjdO



提督「・・・」ムギュー


利根「・・・///」


スッ…


提督「ん・・・?」


龍田「・・・///」


提督「龍田・・・?」


龍田「後ろ、向いちゃ駄目ですよ~」


提督「・・・そうか」


提督(・・・幸せだな)







↓1 どうなる?

673: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 01:03:57.73 ID:ZzzWLhIrO
元気になった鳳翔さん

675: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 01:06:35.38 ID:rKdoKwjdO


鳳翔「・・・提督」


提督「ん、鳳翔・・・」


鳳翔「ありがとうございます・・・私、提督がいないと、やっぱりダメで・・・」


提督「そんなことないさ。俺はいつも頼りっぱなしだから、たまには頼ってくれ」


鳳翔「・・・はい///」


提督「さ、二人共。離れてくれ・・・」


龍田「はぁ~い」


提督「利根、お前もだぞ」


利根「だ、抱きしめたのはお主じゃろう・・・///」







↓1 どうなる?

674: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 01:05:12.87 ID:Lp5YP/L20
龍田「天龍ちゃんには言わないでくださいね~?あの子絶対ネタにしますから~。」

680: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 22:50:02.48 ID:wCPYEkBUO


【鳳翔の店】 


提督「・・・ん、美味い」


鳳翔「ふふ、提督にそう言ってもらえて、本当に嬉しいです・・・///」


龍田「提督、お茶注ぎますね~」トクトク…


提督「ん、ありがとよ」


龍田「どういたしまして~。そのかわり、天龍ちゃんにはないしょにしてくださいね~?」


龍田「あの子、絶対ネタにしますから~」


提督「お前、いつも天龍のことネタにしてるだろ。たまにはいいんじゃないか?」


龍田「むぅ・・・」








↓1 どうする?どうなる?



681: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 22:52:14.33 ID:/LQjD1HGO
利根と鳳翔から龍田への助け船

682: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 22:54:34.79 ID:wCPYEkBUO



利根「まあ、良いではないか。お主も天龍のことはよくからかってるではないか」


鳳翔「そうですよ。それに、せっかくの頼みなんですし聞いてあげてもいいんじゃないでしょうか?」


提督「ん、わかったよ・・・天龍には黙っとくさ」


龍田「うふふふっ、ありがとうございます~♪」







↓1 どうする?どうなる?

683: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 22:58:33.86 ID:ihh7ICfo0
利根「むっ!?電探に反応。この反応は・・・」 古鷹「やはりここでしたか提督」  アーケード追加おめ古鷹

684: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:02:11.07 ID:wCPYEkBUO


ピコーン


利根「む・・・?この反応は」


鳳翔「あら、また来客ですか?」


ガラララッ


古鷹「提督、やっぱりここにいたんですね」


提督「古鷹、それに・・・」


赤ちゃん「うぅ~♪」


提督「こいつも来てたんだな・・・よしよし」


古鷹「この子の散歩ついでに探しに来たんです。もうみんな落ち着いてますから、帰ってきても大丈夫ですよ」


提督「そうか・・・ありがとう。悪いな、お前にも迷惑かけて」







↓1 どうする?どうなる?

685: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 23:04:11.49 ID:9TsbJnodO
龍田が近づくと目を見開いて口が開けっぱなしになる赤ちゃん(泣きはしない)

686: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:07:29.76 ID:wCPYEkBUO



古鷹「さ、皆にも挨拶しようね」


赤ちゃん「あ~」


利根「ほう!これはなかなか愛くるしいのう♪」


鳳翔「・・・そうですね、本当に」


龍田「古鷹ちゃん、私も抱っこしていいかしら~?」


古鷹「えぇ、どうぞ。優しくお願いしますね」


龍田「もちろんよ~」スッ…


赤ちゃん「・・・!」ピタッ


龍田「あ、あら~・・・?」


赤ちゃん「・・・!」


提督「お、おい。どうしたんだ?」


古鷹「き、緊張してるのかな・・・?」









↓1 どうなる?

687: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 23:09:18.27 ID:RGzySJHjo
色々ローテーションしてみても龍田のときだけ固まる
そうこうしているうちにちょっとぐずり始める赤ちゃん

688: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:13:22.27 ID:wCPYEkBUO



古鷹「ち、ちょっと返してもらえます?」


龍田「え、ええ・・・」スッ…


赤ちゃん「・・・」ホッ…


利根「吾輩にも抱っこさせてくれるか?」


赤ちゃん「・・・う~♪」


鳳翔「次は私が・・・」スッ…


赤ちゃん「あ~・・・♪」キャッキャッ


提督「よし、次はおとうさんでちゅよ~」


赤ちゃん「うぅ~」ゲシゲシ


提督「むぎゅ、な、なんでや・・・」


龍田「じゃあ私だと・・・」


赤ちゃん「・・・!」ピタッ…


龍田「・・・あら~」


提督「一体どうしたんだ・・・?」


赤ちゃん「う、うぅ~・・・」


古鷹「! 大変、ぐずってきちゃった!」









↓1 どうなる?

689: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 23:13:43.57 ID:ihh7ICfo0
提督「ほらこのお姉ちゃん怖くないぞ~」おそるおそる龍田の手をきゅっと掴む赤ちゃん 龍田「あ・・」

690: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:20:22.61 ID:wCPYEkBUO



龍田「た、大変・・・ど、どうしたらいいのかしら・・・」


提督「ほ、ほら!大丈夫だからな、な!」


赤ちゃん「う~・・・」


提督「大丈夫、このお姉ちゃんは怖くないからな・・・」


赤ちゃん「・・・」ソッ…   ギュッ


龍田「あ・・・」  


赤ちゃん「・・・」ジーッ…


龍田「うふふ、いいこいいこ♪」


赤ちゃん「・・・♪」ニコー


龍田(幸せ・・・♥)








↓1 どうなる?

691: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 23:27:00.57 ID:jHPBizpbo
手を離すのがしのびなくて赤ちゃんから離れられなくなる

692: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:29:58.32 ID:wCPYEkBUO



龍田「さ、そろそろ古鷹ちゃんに・・・」


赤ちゃん「・・・」ギュッ…


龍田「あら~、離れたくないの?」


赤ちゃん「う~・・・」


龍田「・・・古鷹ちゃ~ん」


古鷹「いいですよ。もう少し、そのままで」


龍田(・・・赤ちゃん、いいな)


龍田(私も・・・)







↓1 どうなる?

693: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 23:30:34.03 ID:ihh7ICfo0
天龍「おい!龍田ぁ!!ここに居たか!」思い切り戸を開け大声で近寄ってくる天龍 赤ちゃん泣いてしまう 龍田「・・・」

694: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:34:23.69 ID:wCPYEkBUO


龍田「・・・」


ガラララッ!


天龍「おい龍田ァ!お前ここにいたのかっ!」


龍田「っ、て、天龍ちゃん・・・」


提督「天龍、お前な・・・」


天龍「ん?なんだよ、どうし・・・」


赤ちゃん「う、うぅ~・・・ふぇぇぇぇっ!」ビエーン


古鷹「あぁ・・・よ、よしよし」


天龍「わっ!?な、泣くなよ!悪気はないから・・・!」









↓1 どうなる?

695: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 23:35:41.71 ID:9TsbJnodO
泣き止まなくて天龍も涙目になってる

696: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:38:53.88 ID:wCPYEkBUO


龍田「ごめんね~、天龍ちゃんのせいで~・・・」


赤ちゃん「びぇぇぇぇっ!」


古鷹「よ、よしよし・・・」


天龍「う、うぅ・・・な、泣き止んでくれよぉ!」


提督「あー・・・天龍、気にするな。知らなかったんだからな、仕方ねえよ」


天龍「で、でもよぉ・・・うぅ」ジワァ…







↓1 どうなる?

697: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 23:39:57.92 ID:QNyjYyXt0
天龍の泣き顔に空気を読んで赤子が泣き止む

698: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:43:22.23 ID:wCPYEkBUO



赤ちゃん「うぅ~・・・っ」


天龍「・・・」スッ…


赤ちゃん「う~?」


天龍「ご、ごめんな・・・びっくり、させちまったか・・・」


天龍「ほんとに、ごめんな・・・驚かせるつもりはなかったんだよ・・・」


赤ちゃん「・・・う~」


龍田「あら、泣き止んだ・・・?」


古鷹「よかった・・・天龍さん、ありがとうございます」


天龍「いや、悪かったな・・・俺のせいでよ」







↓1 どうなる?

699: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 23:46:05.85 ID:ihh7ICfo0
天龍「にしても龍田に抱かれるなんて凄いな。子供も動物も寄ってこないのに」龍田「」提督「俺たちの子を舐めるなよ」

700: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:51:58.82 ID:wCPYEkBUO



天龍「いないな~い、ばぁ~!」


赤ちゃん「あ~♪」キャッキャッ


天龍「お、喜んでる!楽しいんだな?」


龍田「天龍ちゃんったら・・・仕方ないわね~」


天龍「へっ、よく言うぜ・・・龍田ったら動物にもこどもにも懐かれねえのによ」


天龍「この前なんか・・・」




【回想】


ぬこ「ぬすっ・・・」


龍田「!」


キョロキョロ


龍田「猫ちゃ~ん、おいで~♪」


ぬこ「ふしゃーっ!」タッタッタッタッ…


龍田「あ・・・」ショボーン





天龍「・・・ってなってたのによ!」


龍田「」


提督「ふん、当然だ!古鷹に似て優しい娘になるんだからな!」








↓1 どうなる?

701: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 23:54:36.71 ID:9TsbJnodO
「天使の娘は天使になるのね~……」「えぇっ!?」

702: ◆I045Kc4ns6 2016/05/26(木) 23:57:55.51 ID:wCPYEkBUO


龍田「あら~、それもそうよね~」


鳳翔「女の子は父親に似るそうですが・・・」


提督「やだ!俺には似ないでくれ!」


古鷹「提督・・・」


龍田「それなら、天使の子は天使になるってことかしらね~♪」


古鷹「た、龍田さん!て、天使だなんて・・・」


提督「古鷹に似て育つと・・・まあ、そうなるな」


古鷹「て、提督まで・・・///」






↓1 どうなる?

703: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:01:38.10 ID:ByPewp7ro
古鷹「て、天使なら龍田さんだって!」龍田「頭の上見られてるのがとてもわかるわ~」

705: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:04:57.72 ID:UI3sfsgyO


古鷹「て、天使だって言うなら、龍田さんもそうですよ!」


龍田「あら~、頭の上を見てるのがよく分かるわ~」プカプカ


古鷹「あ、えぁ、えっと・・・」アタフタ


古鷹「て、提督はどう思います?」


提督「ん?そうだな~」


提督「俺も龍田は天使だと思うぞ」ジッ…


龍田「え・・・?///」


赤ちゃん「あ~・・・」


龍田「・・・///」かぁぁぁぁっ


龍田(そんな、まっすぐに顔を見て・・・///)


天龍「・・・あーあ」








↓1 どうなる?

706: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:05:41.11 ID:ZDmHfZDjo
提督「でもあまり龍田をからかうと、頭の輪っかがぐんぐん回ってだな・・・」
チョイチョイ龍田と思考がかぶる提督

708: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:10:34.84 ID:UI3sfsgyO



龍田「ふ、古鷹ちゃん・・・///」スッ…


古鷹「あ、はい・・・」


赤ちゃん「あふ?」


龍田「・・・///」スッ…


利根(今頃顔を隠しても、遅くないかの?)


提督「でもあまり龍田をからかうと、頭の輪っかがぐんぐん回るんだよな・・・」


天龍(あれは龍田のテンションで動きが変わるからな・・・あんなに激しく動くのは俺も見たことないぜ)
 






↓1 どうする?どうなる?

709: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:11:56.88 ID:CZuo2l5mO
よく見るとなんか輪っかがペカーって光ってる

710: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:13:49.80 ID:UI3sfsgyO



龍田「・・・///」


ギュルギュルギュル…


鳳翔「あら・・・どんどん、速さが増してますね・・・」


利根「な、何だか・・・光ってないかの?」


天龍「お、おい龍田。大丈夫か?」


龍田「・・・///」


提督「ちょっ、龍田!一回落ち着け!」







↓1 どうなる?

711: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:14:45.88 ID:RdF/mNHVO
提督に肩を掴まれてようやく我に帰る龍田。輪っかも落ち着いた

712: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:18:49.59 ID:UI3sfsgyO



龍田(天使、天使だなんて・・・私・・・///)


「龍田!」


ガシッ


龍田「ふえ・・・?」


提督「だ、大丈夫か?」


龍田「え、ええ・・・」


シュウ…


提督「・・・輪っかも落ち着いたな。とにかく、何事もなくてよなった」


龍田「・・・あ」


提督「ん?」


龍田「提督、お触りは禁止されています~♪」スイー


提督「おわっ!?あ、あぶねぇ!」


天龍「ひでえ」








↓1 どうする?どうなる?



713: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:22:19.39 ID:ByPewp7ro
利根「提督気にすることはないぞ。ありゃシャイなだけじゃ」鳳翔「傍から見る限りは、はい」

714: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:25:11.61 ID:UI3sfsgyO


龍田「少しお手洗いに~・・・」


カツカツカツ…


古鷹「提督、大丈夫ですか?」


赤ちゃん「あー」


提督「はぁ・・・龍田のやつ、よく分からんな」


利根「気にするでないぞ。有れば俗に言う、照れ隠しというやつじゃ」


鳳翔「端から見てると、龍田さんの顔、ずっと赤かったですし」


提督「ん、そうか?」








↓1 どうなる?

715: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:27:33.11 ID:sBYm4N060
洗面所の鏡で自分の顔見て赤らめる龍田 

716: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:30:29.42 ID:UI3sfsgyO



ジャーッ…   キュッ


龍田「・・・ふぅ」


龍田「・・・」ジーッ…


龍田「やだ、ちょっと髪型がくずれてるわ~・・・」スッ…


『龍田は天使みたいだな』


龍田「・・・///」


龍田「私って、可愛いのかしら・・・?///」ジーッ…







↓1 どうする?どうなる?

717: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:32:37.08 ID:wjA4gvIv0
青葉ににやけた写真を盗撮された

719: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:37:15.91 ID:UI3sfsgyO


ガラララッ


青葉「すいません鳳翔さん!トイレ借ります!」


鳳翔「あ、はい・・・」


青葉「うーっ、また漏れちゃう~!」ドタドタドタ


提督「おい青葉、もう少し落ち着けよ」


青葉「うるさいですね!誰かさんのせいで、青葉ちょっとトイレが大変なんですよ!」(春雨編参照)


古鷹「自業自得でしょ?」


青葉「それはそれ!です!」


ガチャッ


龍田「・・・」


青葉「・・・あれ?龍田さん?」


龍田「・・・ふふふっ、提督・・・私って、可愛いですか~?///」ニヤニヤ


青葉「・・・」


青葉「・・・」パシャッ







↓1 どうなる?

720: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:39:09.92 ID:Fq6msfxGO
そそくさと個室に入って用をたす青葉に



「シャッターのおとがきこえた」

721: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:42:26.39 ID:UI3sfsgyO



青葉(こ、これはいい絵が撮れました!龍田さんの赤面顔なんて、SSSクラスですよ!)


青葉(はうっ!そして青葉限界です!)


青葉(うぅ~っ、トイレトイレ~)


ソーッ…


青葉(ふぅ・・・)


「・・・そういえば、さっき」


「シャッター音が、聞こえたわね~」


青葉「・・・!?」


青葉(ま、まずい!今は見動きが・・・!)







↓1 どうなる?

722: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:43:49.24 ID:Bn5qDUslo
何かが高速で動く音、そして不思議な光が徐々にトイレを包む

724: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:46:35.46 ID:UI3sfsgyO



「うふふふふ・・・♪」


青葉「ひ、ひぃ~・・・っ」(掠れ声)


青葉(は、早く終わって!)


青葉「っ、ふぅ・・・」


・・・ギュルギュルギュル


青葉「・・・ふぇ?」

 
青葉「な、何なんですか・・・?こ、この音は・・・」


ボワ…


青葉「あ、ひ、光が・・・広がって・・・」






↓1 どうなる?

725: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:48:04.49 ID:ByPewp7ro
女を捨てたような青葉の悲鳴がトイレにこだました
提督「なにごと!?」

726: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:50:27.18 ID:UI3sfsgyO


提督「・・・青葉、遅いな」


古鷹「また龍田さんに何かしてるんじゃ・・・」


「ぎょえぇぇぇぇぇっ!?」


利根「い、言わんこっちゃない!」


提督「青葉!」






↓1 トイレ内の惨状の様子

727: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:52:13.86 ID:14708x1WO
ぱっと見何も壊れてない。笑顔の龍田と一つだけ閉められた個室があるだけ

728: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:54:00.01 ID:UI3sfsgyO


ガチャッ


提督「っ・・・!」


龍田「わぁ~、提督、ここは女子トイレですよ~」ニコニコ


提督「龍田、青葉は・・・?」


龍田「青葉ちゃん?さあ、見てませんね~」

 
古鷹「・・・あの、そのドアは?」


龍田「うふふふふ~♪」



  



↓1 どうする?どうなる?

729: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:55:48.47 ID:Bn5qDUslo
フィルム(デジタルデータ)からも青葉の記憶からも龍田のにやけ顔は消えていた

730: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 00:57:59.90 ID:UI3sfsgyO


ジャバー


ギィ…


青葉「ふぅ・・・」


利根「あ、青葉・・・大丈夫かの?」


青葉「ふぇ?何がですか?」パチクリ


龍田「あら~、青葉ちゃん、いたの~?」


青葉「あ、龍田さん。龍田さんもいたんですね!」


古鷹「・・・提督」


提督「ああ・・・関わらないでおこう」







↓1 どうなる?

731: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 01:00:51.46 ID:pf2z0yf7O
青葉「あ、そうだ司令官!モージナ アブニャーチ・・・なんでしたっけ?」

735: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 22:50:04.66 ID:vENnuXhpO


【鳳翔の店】


鳳翔「あら、提督。青葉さんは・・・」


提督「あ、ああ・・・まあ、また後でな」


ガチャッ


青葉「ふぅ、すっきりしました!」


龍田「うふふ、よかったわねー」


青葉「あ!そういえば司令官!」


提督「ん?なんだ?」


青葉「も、もじーな あぶにゃーち・・・なんでしたっけ?」


提督「お前もか・・・」


青葉「青葉もハグしたいですー!」






↓1 どうなる?

736: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 22:53:50.39 ID:sBYm4N060
龍田が青葉にハグ 龍田「うふふ はい」青葉「ワレアオバワレアオバ

737: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:00:19.25 ID:vENnuXhpO


龍田「・・・そんなにハグされたいなら、私がしてあげるわ~」


青葉「え?た、龍田さんには別に・・・」


龍田「うふふ~はい♪」ムギュー


青葉「うっ・・・!」


青葉「わ、ワレアオバ・・・ワレアオバ・・・」


古鷹「あ、青葉・・・助けないと・・・」


提督「いいから、古鷹」







↓1 どうなる?

738: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:01:44.13 ID:Fq6msfxGO
青葉と龍田まとめてあやすように抱きしめる提督

739: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:04:50.88 ID:vENnuXhpO


古鷹「で、でも・・・!」アタフタ


鳳翔(古鷹さん、『ワレアオバ』にはほんとに弱いですね)


提督「いいから、俺に任せろ」




龍田「うふふふふっ、どうかしら~?」ムギュー


青葉「ワレ、アオ・・・」


ガシッ


提督「・・・」


龍田「あ、あら~・・・?て、提督・・・///」


青葉「はっ・・・!司令官・・・♥」スリスリ


提督「よしよし」







↓1 どうする?どうなる?


740: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:06:49.95 ID:sBYm4N060
その様子を見て赤ちゃんが笑ってる 周囲もほほえまー 龍田「あうあう・・今日は私おかしいわ~

741: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:10:36.10 ID:vENnuXhpO



提督「龍田も、もっと甘えていいんだぞ」
  

龍田「提督、そんなの・・・恥ずかしいですよ~///」


青葉「司令官、青葉も~♥」


提督「仕方ないな、青葉は。甘えん坊さんだな」


龍田「うぅ~・・・///」





赤ちゃん「う、あぅ~♪」キャッキャッ


天龍「へ、龍田のやつ、幸せそうだぜ」


龍田「て、天龍ちゃん~?///」


利根「よいではないか、たまには甘えるのもな」


龍田「もう、今日の私ったらどうかしてるわ~・・・///」







↓1 どうなる?

742: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:15:22.89 ID:ByPewp7ro
「こっちの方が落ち着くんです~」提督の後ろに回りこんで抱きつく龍田

743: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:19:27.59 ID:vENnuXhpO


龍田「・・・///」モジモジ


龍田「あ、あの、提督。わたしやっぱり、こっちの方が落ち着きますから~」


ダキッ


提督「ん、背中でいいのか?」


龍田「はい・・・♥」


龍田(前はやっぱり、恥ずかしい・・・///)


青葉(司令官の胸板、独占です・・・///)




天龍「・・・情けねえな、龍田のやつ」


利根「案外うぶなのじゃな・・・」






↓1 どうなる?

744: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:20:38.86 ID:8kGbqaz+0
提督「この後牢獄の3人を遠征に連れてってくれないか?続きはそのあとだ」

745: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:25:02.46 ID:vENnuXhpO



提督「はい、おしまい」


青葉「あぅ・・・堪能しましたぁ♥」


提督「ほら、龍田も」


龍田「・・・はぁーい」


提督「ところで・・・龍田、少し頼んでいいか?」


龍田「ええ、もちろん」


提督「そろそろ江風達も反省してるだろうから・・・お前が旗艦で遠征に行ってきて欲しいんだ」


龍田「あら・・・分かりました。わたしの他には?」








↓1 他に遠征に参加する艦娘

最大二人でおながいします(いなくても構いません)

746: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:25:59.35 ID:CZuo2l5mO
夕立と白露

747: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:32:58.17 ID:vENnuXhpO



【鎮守府】


白露「あ、龍田さん!おーい!」


龍田「今回は二人共、よろしくね~」


夕立「うん、任せて!」


龍田「海風ちゃんは大丈夫だも思うけど、問題は江風ちゃんよね~」


白露「あと、風雲も大変そう・・・」


龍田「今回の結果次第では独房から出すことも考えるそうだから、良い結果になるといいけどね~」


龍田「とりあえず、行きましょうか~」







↓1 独房にいた三人の様子

なお、三人とも部屋は別です。全体的な様子って感じで

748: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:35:46.68 ID:8kGbqaz+0
海風以外の2人はまだ反抗的な模様

749: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:39:26.58 ID:vENnuXhpO



ガシャ…


海風「あ・・・た、龍田さんに、姉さん達・・・」


白露「江風、火傷はもう大丈夫?」


江風「・・・あぁ」


龍田「提督から命令よ~。今から私達と遠征に行くわよ~」


風雲「・・・私達を?正気なの・・・?」


江風「・・・遠征とか言って、深海棲艦の餌にする気なんだろ」


海風「二人とも・・・」


夕立「そんなことしないよっ!」


龍田「うだうだ言ってないで、行くわよ~」







↓1 遠征中イベント どうなる?

750: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:41:38.20 ID:sBYm4N060
風雲「逃げだしたりって思わないのかしら・・」テキパキ 龍田「のわりにはテキパキしてるわね~」

751: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:46:54.02 ID:vENnuXhpO



龍田「・・・さ、資源を拾って帰るわよ~」


白露「よーしっ!一番拾うぞー!」


夕立「ぽーい!」


タッタッタッタッ…


江風「・・・姉貴たち、呑気なもんだ」


海風「私達も拾いましょ、たくさん拾って・・・」


風雲「・・・」 




龍田「・・・どう?やってるかしら~」


海風「あ、龍田さん。はい、このくらいは」


龍田「あら~、いいわね~」


風雲「・・・まったく、監視もしないで。逃げるとは思わないの?」


龍田「うふふ、こんなに頑張ってくれてるのに、逃げるわけないわよね~?」








↓1 どうなる?

752: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:48:38.66 ID:Fq6msfxGO
念のため燃料弾薬は規定の半分以下しか補給されてない三人
それでもよく働く

753: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:51:29.80 ID:vENnuXhpO



龍田「じゃあ、私はあっちを見てくるわね~・・・」ザッザッザッ…


三人「「「・・・」」」





白露「龍田さん、どうだった?」


龍田「真面目に働いてたわよ~。燃料も弾薬も半分しか積んでないのにね~」


夕立「でも、見張らなくて大丈夫っぽい?」


龍田「独房から出したら、誰も監視しなくなるしね~・・・今のうちからなれさせておくのよ」


白露「なるほど~」







↓1 どうなる?

754: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:54:01.33 ID:14708x1WO
監視がないならないでなんか落ち着かない海風たち

756: ◆I045Kc4ns6 2016/05/27(金) 23:56:53.09 ID:vENnuXhpO



海風「・・・龍田さん、本当に行っちゃった」


江風「今なら・・・逃げられるな」


風雲「もっとも、この燃料じゃそんなに遠くには行けないけど」


海風「・・・えっと、つ、疲れたね。休憩していいんでしょうか?」


風雲「そんな・・・もし休憩してるのがばれたらどうするの!?」


江風「構うもんか。あたしは休むよ・・・日陰日陰~・・・」


海風「あ!か、江風!」アタフタ







↓1 どうなる?

755: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 23:54:31.24 ID:8kGbqaz+0
江風「あれ密漁船じゃね?沈めようぜ!」
風雲「久しぶりに殺せるわ…!」
(勝手に行動する二人)

758: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:02:47.66 ID:pc4UjDhrO



江風「・・・んだよ、結局二人とも休んでんじゃねえか」


風雲「いいじゃない。私の勝手よ」


海風「え、えへへへ・・・あれ?」


江風「・・・あの船、日本の船じゃねえな。船体に名前が書いてねぇ」


風雲「漁をしているところを見ると・・・密漁船ね」スッ…


江風「面白え、沈めてやろうぜ!」


風雲「久しぶりに人が殺せるわ・・・!」


タッタッタッタッ


海風「あっ、待って!待ってよ!二人とも!」








↓1 どうなる?

759: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:04:44.36 ID:H2AR8ZpcO
「はいそこまで~」龍田の得物が江風の艤装に直撃

760: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:08:20.87 ID:pc4UjDhrO



江風「きひひっ、やったるぜぇ!」


風雲「撃ち方、はじ・・・」


龍田「はい、そこまでよ」


ドスッ   


江風「なっ!?た、龍田、さん・・・」


龍田「あの船は夕立と白露が捕縛しに行ってるから、あなた達の出る幕はないわよ」


海風「はぁ、はぁ・・・ふ、二人とも・・・」


龍田「はぁ~・・・まったく、洗脳が解けても、そこは変わらないのね」


江風「う・・・」


風雲「っ・・・」







↓1 どうなる?

761: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:10:12.00 ID:d3VetVQI0
自称漁師が中国語で騒ぐので海上警察(海保?)に引き渡す話にww

764: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:14:00.22 ID:pc4UjDhrO


夕立「龍田さ~ん」


龍田「あら、どうだったの?」 


白露「なんかよくわかんない。外国語で喋ってるし、暴れるからさー」


龍田「あら、それなら無理はしないほうがいいわね。海上警備船には連絡してあるのよね?」


白露「もちろん!」


龍田「なら、警察の人に任せましょ♪」









↓1 どうする?どうなる?

762: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:10:19.54 ID:kvoggUjqo
やるならコロすとか言っちゃだめよ?素直なんだからもう

766: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:18:42.47 ID:pc4UjDhrO



白露「で・・・問題は江風たちよね」


江風「っ、あ、姉貴・・・」


龍田「江風ちゃんは喧嘩早いし、風雲ちゃんは自分に素直なんだから」


龍田「やるなら、殺すとか言っちゃダメよ~」


風雲「・・・はい」


江風「い、言わなきゃいいのかよ?」


龍田「喧嘩早い艦娘なんてたくさんいるしね~。もちろん、ほんとに手を出ししちゃダメよ?」


江風「あ、あぁ・・・」







↓1 どうする?どうなる?

767: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:20:25.49 ID:jDavUbewO
うちらが暴れるってわかってたのか?

769: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:25:24.55 ID:pc4UjDhrO



江風「・・・な、なぁ龍田さん」


江風「うちらが暴れるって、分かってたのか?」


龍田「う~ん、まあ、そんな気はしてたかな~?まさか密漁と遭遇するとは思わなかったけど」


江風(・・・なんだ、やっぱり・・・信用されてないんじゃねえか)


龍田「ずっと独房にいたんじゃ、ストレスも溜まるでしょ~?大変だったわよね~」


江風「・・・は?」


風雲「・・・私達を、責めないの?」


龍田「私はもう反省してると思ってるわよ~?ただ、許しはしないけどね~」


江風「・・・」








↓1 どうなる?

770: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:26:56.05 ID:Pkur3Rqlo
イライラは目に出る。天龍ちゃんも割とそうだから

771: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:30:13.93 ID:pc4UjDhrO


風雲「甘いんじゃないの?私達が、反省してるってどうやってわかるのよ?」


龍田「根が単純な娘は、目に出るの。すぐ分かるわよ~?天龍ちゃんもそうだしね~」


龍田「独房の中だと、二人ともぎらぎらした眼だったわ。でも、今は違うもの~」


風雲「・・・」


龍田「さ、あと少し時間があるわ。拾うわよ~」






↓1 どうなる?

772: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:31:53.67 ID:BiGTDYq9O
むしゃくしゃしながら時間いっぱい資源拾い集めまくる風雲たち

773: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:36:13.89 ID:pc4UjDhrO


海風「よ、よかったですね、江風も風雲さんも。おとがめなしで」


江風「・・・ふんっ、龍田さん達は許してくれたけどよ!」


風雲「提督が許してくれるとは、限らないわよ」


江風「そうだそうだ!まったく、こき使いやがって・・・」


風雲「・・・」パシッ


江風「ちょっと!それは江風のだぜ!」


風雲「私が先にとったから、私のに決まってるでしょ!」


海風「もう、ふたりとも・・・」







↓1 どうする?どうなる?

何もないなら帰還します

774: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:38:32.34 ID:mG6YWPZN0
過激派の野良深海棲艦が急襲

775: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:43:12.45 ID:pc4UjDhrO



龍田「はーい、皆お疲れ様~」


白露「わーっ!3人ともすごいよ!私達より集めてる!」

 
風雲「・・・このくらい、当然よ」


江風「ったく、わよ早く帰って独房で休みたいぜ・・・」


ドォーン…


イ級「ガァァァっ!」


龍田「あら~、深海棲艦?」


夕立「素敵なパーティーっぽい?」


江風「へっ、姉貴の出る幕じゃねえよ」チャキッ


海風「ここは私達に任せてください!」


龍田「あら~・・・燃料も弾薬も半分しかないのに、大丈夫~?」


風雲「このくらい、どうってことないわ!」








↓1 どうなる?

776: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:45:12.51 ID:Kn3YWvDGO
資源優先、無理せず後退
しんがりは~江風ちゃんと夕立ちゃんで

777: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:48:47.28 ID:pc4UjDhrO

江風はまだ改二来てない体でいきます






龍田「・・・盛り上がってるところ悪いけど、無理しないで後退よ~」


江風「なっ!?た、龍田さん!」


龍田「戦闘でせっかく集めた資源を失うのも嫌でしょ~?」


風雲「・・・仕方ないわね」


江風「けっ」


龍田「それじゃ、後退しましょうか。殿は~江風ちゃんと夕立ちゃん。頼むわね」


江風「っ、お、おう!」


夕立「江風、殿だからね?突っ込んじゃだめだよ?」


江風「姉貴に言われたくねぇ!」








↓1 どうなる?

778: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:50:31.00 ID:mG6YWPZN0
風雲「私が潰したかったのに…」
(といいつついうことは聞く)

779: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:52:56.86 ID:pc4UjDhrO



ドガァァァァン!

バゴォォォン!



龍田「あらあら~・・・殿って言ったのに~」


白露「ふたりともダメだなぁ・・・」


風雲「・・・やっぱり、私がやるべきだったのよ。私ならあのふたりより、上手くできるから」


龍田「うふふふふっ、そう慌てなくても、すぐまた戦えるわよ~・・・たぶんね♪」


風雲「え・・・?」







↓1 どうなる?

780: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:55:03.69 ID:YHuurdqE0
敵の増援が逆側から  龍田「ほらねーよろしくね」風雲「!」

781: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 00:59:26.77 ID:pc4UjDhrO



ザバァッ!


チ級「・・・!」


龍田「ほら、出た出た♪」


白露「もう少しで鎮守府だし、頑張ろうよ!あたしと龍田さんもサポートするから!」


海風「はい!任せてください!」


風雲「・・・やってやるわ!」







↓1 どうなる?

782: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 01:02:01.50 ID:BiGTDYq9O
はい無駄弾ばらまかな~い。相手の予備動作見てすぐに回避~速攻攻撃~
教示していく龍田

784: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 01:06:03.53 ID:pc4UjDhrO



風雲「やぁっ!」ドォーン!


チ級「ッ!」


龍田「久しぶりで緊張してるの~?肩に力が入りすぎよ~」


龍田「私が止めるから、ゆっくり狙って当てるのよ~」


チ級「・・・!」ブンッ!


ガキィ…ッ!


龍田「さ、今よ~」


風雲「てぇ!」ドカーンッ!


チ級「グッ・・・!」


龍田「来るわよ、回避~」


風雲「っ!」









↓1 どうなる?

785: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 01:07:42.29 ID:Pkur3Rqlo
「上も警戒してね~」敵側に軽空母も出張ってくる。だけど余裕の表情してる龍田

787: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 01:11:22.57 ID:pc4UjDhrO



風雲(・・・認めたくないけど、すごい体が軽い・・・!)


風雲(これなら、残りの燃料と弾薬でも・・・!)


龍田「・・・」ピクッ


風雲「? なにか・・・?」


龍田「野良の分際でやるじゃない。上に注意よ~」


風雲「えっ・・・!?か、艦爆!?」


龍田「白露ちゃん、艦爆よ~。注意してね~」


白露「らじゃ~!」








↓1 どうなる?

786: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 01:07:44.67 ID:mG6YWPZN0
風雲(むかつくけど、中々的確ね…鹿島様にも劣らないくらいに)

789: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 01:16:23.42 ID:pc4UjDhrO



風雲「ど、どうするのよ龍田さん!」


龍田「平気よ。落ち着いていなさい・・・」


ヒューッ…


龍田「この程度の相手なら、爆撃の隙間を練って躱せるわ~」


龍田「よく見れば、艦爆の爆撃は一斉ではない。必ずずれがある。そこさえつければ、交わすのは容易よ~」


風雲(な、なんてこと・・・)


風雲(この人、なかなか的確ね・・・鹿島様に、暗殺を習ってた時のこと、思い出すわ・・・)








↓1 どうなる?

790: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 01:17:27.87 ID:BiGTDYq9O
砲撃と潮の流れに乗せた雷撃で軽空母を即座に沈める龍田
何百回と来てるから庭みたいなもの

791: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 01:21:41.50 ID:pc4UjDhrO



風雲「はぁ、はぁ・・・爆撃は凌いだけど、軽空母はどうするの!?」


龍田「心配いらないわ~。ここから狙えるし・・・」


バシュッ!


風雲「ここからって・・・軽空母の場所もわかんないのに!?」


龍田「さっきの艦爆が飛んできた方角は分かるし、あとは燻り出すだけよ~」


ドォーン ドォーン!


ヌ級「・・・!」


龍田「ほら、もぐらさんが出てきたわ~」


ドガァァァァン!


龍田「はい、お終い♪何年この海を守ってきたと思ってるのかしら~?」


風雲「っ、す、すごい・・・」









↓1 どうなる?

792: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 01:22:21.93 ID:kvoggUjqo
なんとか資源も無事に鎮守府到着

793: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 01:28:14.55 ID:pc4UjDhrO


【鎮守府】



龍田「さて、皆無事かしら~?」


夕立「ぽい!」(中破)


江風「ま、まろー・・・」(中破)


龍田「・・・うん、無事ね~」


タッタッタッタッ


提督「龍田、皆!無事か!?」


龍田「ええ、提督。二人ほど中破しましたけど・・・」


提督「ん、そうか・・・まあ、仕方ないな。おつかれさま」スッ…


江風「っ・・・!」ビクッ…


風雲「・・・?」


提督「なんだそんなに身構えて。撫でてやってるだけだろ?」


海風「あ、はい・・・///」


風雲「・・・///」


江風「な、なに勝手に撫でてやがるっ!///」


龍田「あら~・・・」







↓1 どうする?どうなる?

794: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 01:29:40.11 ID:kWyCnKEUO
白露「あー!龍田さんレベル上がってるー!」夕立「ぽいー!」

795: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 01:32:11.93 ID:pc4UjDhrO


白露「もーっ、提督ってば~」プクー


龍田「・・・ま、今日は仕方ないわね~」チャリン♪


龍田「・・・あら?」


夕立「あーっ!龍田さんってば、レベルアップしたっぽいー!」


提督「お?そうなのか?」


龍田「うふふ~、私ったら久しぶりの戦闘で張り切っちゃったみたいね~」


風雲(あ、あれで久しぶり・・・!?)








↓1 どうする?どうなる?

796: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 01:34:19.95 ID:Pkur3Rqlo
畏怖をこめて龍田にさん付けして応対する風雲たち

797: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 01:39:38.56 ID:pc4UjDhrO



提督「龍田、せっかくだから今からどこか食べに行くか?」


龍田「ええ、いいですよ~」


白露「提督!私達も!」


夕立「二人だけなんて、ずるいっぽいー!」


提督「へいへい・・・」


龍田「さ、あなた達もいくわよ~?」


海風「わ、私達もですか!?」


龍田「もちろんよ~。さ、風雲も」


風雲「は、はい!わかりました・・・龍田、さん・・・」


龍田「???」






↓1 外食の夕飯はどこにしよう?

摩耶や鳳翔さん、五月雨の店でもその他の店でもかまいませぬ

798: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 01:41:02.65 ID:awqOj/QnO
せっかくだし五月雨の店行こう

801: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 22:50:11.52 ID:1K1vIUuOO


【五月雨のバイトしてるカフェ】



五月雨「・・・ふぅ」


店員「五月雨ちゃん、もうすぐ時間でしょ?上がっていいよ」


五月雨「いえ、まだやります!」


カランカラン


五月雨「あ、いらっしゃ・・・あ、司令官!それに姉さんたちも!」


提督「よ、五月雨。6人なんだが、座れるか?」


五月雨「はい、奥の部屋へどうぞ!」




江風「・・・何でも頼んでいいのか?」


提督「おう、金なら心配するな」


江風「そ、そうか?わ、悪いな・・・」ウキウキ


風雲「ど、どれも美味しそうね・・・」


海風「江風、私と半分して食べましょ?」


龍田(うふふ、楽しそうね~)






↓1 どうなる?

802: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 22:54:09.44 ID:q69IKITnO
乾杯の音頭を提督がとる

803: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 22:56:31.26 ID:1K1vIUuOO


提督「・・・よし、皆飲み物はきたな?」


白露「うん、オッケーだよ!」


提督「ごほん・・・それじゃ、遠征の成功を祝って!」


提督「乾杯!」


『かんぱーい!』


海風「か、かんぱい!」


江風「はははっ、かんぱいっ!」


風雲「乾杯っ!」







↓1 食事中イベント どうなる?

804: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 22:59:19.22 ID:YHuurdqE0
わいわい食事をする事がいつぶりだったか涙する海風江風風雲3人。

805: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 23:03:00.05 ID:1K1vIUuOO



夕立「ピザ!ピザきたっぽい!」 


提督「熱いから気をつけろよ?龍田、切ってくれるか?」


龍田「6人でちょうどよかったですね~」


白露「はい!三人とも!」


海風「・・・あの、本当に食べてもいいんですか?」


江風「ほ、ほんとに食べるぞ!?」


提督「いいから、熱いうちに食べろよ」


風雲「・・・はむっ」


風雲「! あちっ、あちちちっ!」


江風「ははっ、何やってんだよ・・・」ジワァ…


海風「うぅ・・・」ポロポロ…


提督「・・・三人とも、もう大丈夫だからな」


提督「安心して、食べなさい」








↓1 どうなる?



806: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 23:10:11.42 ID:Kn3YWvDGO
(6等分?)
切り分けたピザをよく見たら提督の分がない

808: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 23:13:33.12 ID:1K1vIUuOO


龍田「うふふふっ、さ、ピザ切り終えたわよー」


夕立「わーい!いただきまーす!」


白露「はむっ、ん、んん~♪」


風雲「ん、チーズ・・・こんなに伸びるのね・・・」


提督「・・・あれ?俺の分は?」


龍田「あら、ないですよ~?ぴざって、普通六等分ですよね~?」


提督「お、おう・・・」シュン







↓1 どうなる?

809: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 23:15:03.42 ID:6wyXjEV3O
冗談ですよ~と龍田から提督へのおすそ分け

810: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 23:17:17.76 ID:1K1vIUuOO



龍田「・・・な~んて、冗談ですよ~♪」


龍田「私の分、半分あげますね~」スッ…


提督「ん、いいのか?龍田・・・」


龍田「はい、私~少食ですから~」


提督「すまんな、ありがとう」







↓1 どうする?どうなる?

811: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 23:18:01.48 ID:YHuurdqE0
店長「ほら仕事終わりだから五月雨ちゃんも混ざってきて!」五月雨「!」すってんころりん 笑いの渦

813: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 23:23:20.88 ID:1K1vIUuOO



五月雨「店長、コップ洗うの、手伝いますよ」


店長「あら、そう・・・?あの男の人のところに、行かなくていいの?」


五月雨「だ、大丈夫です!」


アハハハハ!

 
五月雨「・・・」


店長「・・・いいから、行って来なさい!」ポンッ


五月雨「わ、わぁぁっ!?て、店長!?」


店長「コップ洗うくらい、私一人でできるわよ」


五月雨「・・・ありがとうございます!」タッタッタッタッ…


「みなさーん!・・・きゃあっ!?」


ツルッ    ドシャッ


「あははは、何やってんのよー」


「えへへへ、またこけちゃいました・・・」


店長「・・・」ニッコリ







↓1 どうなる?

814: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 23:35:28.63 ID:mG6YWPZN0
風雲「ありえない…失敗してるのに罰どころか笑って許されるだなんて」

815: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 23:39:24.55 ID:1K1vIUuOO



提督「大丈夫か?お前はドジなんだから、気をつけろよ」


五月雨「えへへ、すみません・・・」


風雲「・・・ありえないわ」


五月雨「はい?」


風雲「失敗したのに・・・罰を受けないどころか、笑って許されるなんて・・・」


提督「五月雨のドジは、いつものことだからな。いちいち叱ってもられないよ」


五月雨「うぅっ・・・」


提督「・・・それに、失格なんて誰でもするさ。俺もよくやる」


提督「スパイや鹿島のところでどんな扱いを受けたかは知らんが、お前たちはかけがえのない存在なんだ。そう簡単には見捨てないよ」


風雲「・・・」








↓1 どうなる?

816: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 23:40:30.60 ID:kvoggUjqo
かけがえのない存在として扱われているか龍田白露夕立に聞く江風

817: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 23:42:58.43 ID:1K1vIUuOO



江風「・・・あんたは、そう言うけどさ」


江風「艦娘のみんなは、どう思ってんだよ・・・」
  

龍田「あら~、私たち?」


江風「そ、そうだよ・・・姉貴たちもおんなじ扱い受けてるなら・・・」


白露「江風・・・」






↓1 三人の返事

818: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 23:50:20.93 ID:RdxLdrnwO
三つは思いつかん
龍田「古株だけど邪険に扱われた試しはないわね~」
他の子任せた

820: ◆I045Kc4ns6 2016/05/28(土) 23:59:18.03 ID:1K1vIUuOO


おうふ、申し訳ない

三人まとめての反応とかでもよかったのよ?
簡単にでも書いてくれれば>>1ががんばりますから




龍田「ん~・・・そうねぇ~」


龍田「私も結構な古株だけど、邪険に扱われた試しはないわね~」


白露「もっちろん!私達もひどいことなんて、されたことないよ!」


夕立「提督さん、よく言ってるもんね!鎮守府にいるみんなは、家族みたいなものだって!」


白露「きっと三人とも大丈夫だよ!みんないろんな経歴があるしね!」


江風「・・・そうかい」


五月雨「・・・提督、私はかけがえないですか?」


提督「当たり前だろ。お前とはケッコンもしてるんだし」


五月雨「・・・えへへへ///」テレテレ








↓1 どうする?どうなる?




821: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:01:27.34 ID:mwP+kUM1O
白露夕立「「差別だー」」ブーブー
提督「区別だから」アセアセ

822: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:04:24.41 ID:RdFyklnRO



白露「・・・むぅ」


夕立「提督さんってば、そういうの差別っぽい・・・」


提督「差別じゃないよ。区別だよ」


白露「なんなのさっ、あたしだって提督のこと好きなのに・・・」ムスッ


夕立「白露型みんなで、提督さんと●●●したのに・・・むぐぐぐ」


提督「それはここでする話じゃないだろ!?」


江風「は、白露型、みんなで・・・!?」


海風「・・・///」


龍田「・・・あら~」








↓1 どうなる?

823: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:06:47.65 ID:AHUNEiolo
龍田の貞操観念というか慎ましさを見習え!といってるそばから龍田に背中からハグされちゃう提督

824: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:10:54.62 ID:RdFyklnRO



提督「ご、ごほん・・・」


提督「いいか?お前たちは艦娘とはいえ、見た目は普通の女の子なんだぞ」


提督「だから、むやみに結婚したいとか俺のこと好きとか言っちゃいけないの!」


夕立白露「「えぇー?」」ブーブー


提督「ぶーじゃない!龍田の貞操観念というか、慎ましさを見なら・・・」


むにゅ 


龍田「・・・私が、なんですか~?」


提督「た、龍田?お前言ってるそばから・・・!」


龍田「うふふふっ、この娘たちとしてるのなら、私とはダメなんて、言いませんよね~?///」


風雲「な、何を言って・・・///」


江風「す、すげえ・・・お、大人って感じだ!///」ゴクリ…







↓1 どうなる?

825: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:12:03.76 ID:uiNDdXfUo
耳元で囁くように「わたし、今日レベル99になったんですよ~・・・?」

826: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:15:14.28 ID:RdFyklnRO



提督(た、龍田の胸が・・・!やっぱり、大きい・・・!)


龍田「うふふふっ、提督~」


龍田「私今日、レベル99になったんですよ~・・・♪」ボソッ


提督「そ、そうだったな・・・お、おめでとう!」


龍田「あら~・・・それだけ?」


提督「そ、それだけって・・・?」








↓1 どうする?どうなる?

827: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:16:43.07 ID:+o5LQPCaO
耳に優しく息を吹きかける→提督腰砕けに

828: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:20:56.08 ID:RdFyklnRO



龍田「あら~?とぼける気なのね~・・・」


龍田「それなら、お仕置きしちゃうから~」


提督「お、お仕置き!?」


龍田「ふぅ~・・・♪」


提督「あ、はふぅぅ~・・・」ゾクゾク


龍田「あら~・・・耳が弱いんですね~」


龍田「もっといじめちゃおうかな~?」


提督「く、くやしい・・・!」





↓1 どうする?どうなる?

829: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:21:57.12 ID:81an5DAz0
提督「た・・龍田やめろ皆の前で言わせる気か後でさ後で」小声 風雲「ゆゆゆ夕雲姉さんや長波も・・・!?」ぱにくってる風雲

831: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:26:42.95 ID:RdFyklnRO


龍田「あら~いわないの~?ふぅ~・・・♪」


提督(く、くやしい!でも、感じちゃう!)


提督「た、龍田やめろっ・・・み、皆の前で言わせる気か!?」


提督「あ、後でな後で!」


龍田「うふふふ、約束ですよ~?」


五月雨(なるほど、司令官は耳が弱いんだ~・・・)


海風「や、やっぱり女たらしの噂は本当だったんですね・・・///」


風雲「ま、まさかゆゆゆゆ夕雲姉さんや長波も!?」


白露(夕雲はしてないけど、長波はケッコンしてるんだよねー)






↓1 どうなる?

832: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:28:00.14 ID:JD1b7BdJO
でもそんなすぐじゃなくて結構ですよ~?

833: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:30:36.13 ID:RdFyklnRO



龍田「・・・でも、そんなにすぐじゃなくても結構ですよ?」


提督「ん!?そうなのか?」


龍田「・・・私は、今こうしていられるだけで、幸せというか~」


龍田「古鷹ちゃんみたいに、子供をつくるのは・・・もう少し、落ち着いてからでもいいかな~って・・・」


提督「龍田・・・」








↓1 どうする?どうなる?

834: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:31:45.54 ID:Pjr7Q7N70
江風(やっぱりうぜえわこの提督)

835: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:34:29.94 ID:RdFyklnRO



江風「・・・///」


江風(な、なんて男だ・・・姉貴達だけじゃなく、龍田さんまでメロメロに・・・///)


江風(し、しかも子供をつくるとか言ってるし・・・し、信じらんねぇ!)


江風「う、海風、やっぱりあの提督はやべえよ・・・」


海風「え?そ、そうかな・・・いい人だと思うけど///」


江風(う、海風まで・・・!?)







↓1 どうなる?

836: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:36:29.75 ID:81an5DAz0
白露「龍田さん・・でも時雨や山城さんみたいにだいぶ(2年)待つかもよ」龍田「むぅ・・」

837: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:39:20.79 ID:RdFyklnRO



白露「・・・でも龍田さん。時雨や山城さんみたいにずっと待つかもよ?」


龍田「う~ん、それは確かに嫌ねぇ・・・」


江風「!? ち、ちょっと待って!時雨の姉貴もケッコンしてるのか!?」


夕立「うん、あと春雨もしてるよ?」


白露「ちなみにこれ、提督といる時の時雨」


『提督、もっと、もっと撫でて・・・わんわん♥』


江風「」








↓1 どうする?どうなる?

838: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:40:24.70 ID:GZY0puBJO
江風、悔しいやら何やらよくわからなくて泣く

839: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:45:40.60 ID:RdFyklnRO



江風「う、嘘だ・・・!あの、時雨の姉貴が・・・!」


江風「姉貴たちの中で、一番しっかりしてたのに・・・!」


江風「う、うおぉぉぉぉ・・・!」ポロポロ…


白露「・・・気持ちはわかるよ」


夕立「夕立もわんわんしたいっぽい~」


提督「え・・・?ほんきかよ・・・」







↓1 どうする?どうなる?

840: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:48:38.79 ID:Pjr7Q7N70
風雲もドン引きするが、鹿島の行動にも似たような節があったので頭を抱える

841: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:53:43.38 ID:RdFyklnRO



風雲「・・・」


風雲(な、何よ・・・そ、それだけ、提督のことが好きってこと・・・?)


風雲(で、でも・・・鹿島、様、も・・・)


鹿島『はぁ・・・お兄ちゃんと二人きりになったら、ペット飼いたいなぁ』


鹿島『あ、でも・・・ペットのほうが可愛がられたりしたら、嫌だなぁ・・・』


鹿島『・・・猫や犬のコスプレしたら、可愛がってくれるかな・・・♥』


風雲(・・・あの人は、本当に分からないわ・・・)






↓1 どうする?どうなる?

842: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:55:09.79 ID:iIFvJJWlO
あとやっぱり天龍ちゃんも放っておけないから~
という言葉に天龍と長月にちょっと任せていたことを思い出す提督

843: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 00:59:22.04 ID:RdFyklnRO



龍田「ん~・・・やっぱり私、天龍ちゃんのことも気になるしね~」


提督「ま、まあな・・・お前とケッコンしたら、あいつも騒ぐだろうし」


龍田「・・・そういえば、今朝遠征に行く時、私だけで天龍ちゃんと長月ちゃんは別だったわよね~」


龍田「何かあったの~?」


提督「別に、部屋の掃除を任せてただけだよ」


龍田「そうなの?なら、なんで私だけ?」


提督「それは・・・」







1 ○○だからさ(自由安価)

2 特に理由はないよ


↓1

844: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 01:01:49.85 ID:AHUNEiolo

天龍と比べて一足先に練度が上がると思ったから

845: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 01:05:00.72 ID:RdFyklnRO



提督「この鎮守府でレベル99になってない艦娘は少ないからな」


提督「遠征で悪いが、練度を稼ぎたかったんだ。龍田のほうが、天龍よりMVPとるし、お前の方が先に99になると思ってな」


龍田「・・・つ~ま~り~」


龍田「提督は早く私をレベル99にして、ケッコンしたかったんですね~♪」


提督「なっ!?ち、ちがっ」


龍田「うふふふっ、うれしいわ~」ムギュー


提督「ちょっ、た、龍田!」







↓1 どうなる?

846: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 01:06:03.21 ID:81an5DAz0
提督(というのは建前で実はそうくると思って後で天龍とも待ち合わせているんだけどな)

847: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 01:08:59.57 ID:RdFyklnRO



提督(・・・まあ、こう来るとは思ってたんだけどな)


提督(こいつらとは付き合いも長いから・・・そろそろケッコンを申し込むべきかと考えてんだ)


提督(天龍とも話は付けてあるから・・・あとはどこかで二人で抜け出せれば・・・)


龍田「うふふ~・・・♪」スリスリ


提督「・・・」ニッ









↓1 どうする?どうなる?

848: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 01:10:37.45 ID:RD7hYebZO
白露「うおー酒だ酒ー!」夕立「飲まないとやってられないっぽいー!」

849: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 01:17:39.56 ID:RdFyklnRO



白露「・・・なんかいい雰囲気だね」


夕立「そうだね、白露お姉ちゃん」

 
白露「私達ってさ、白露型の中でも不遇だよねー・・・」


夕立「出番は多いんだけどねー・・・」


白露「うう、くそー!酒だ!酒持ってこーい!」


夕立「飲まなきゃやってられないっぽいー!」


提督「あっ、こら!」


白露「うぅっ・・・私にももう少し個性があれば!」


夕立「ぽいー!」







↓1 どうなる?

850: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 01:19:17.59 ID:81an5DAz0
江風「ぎゃーー!姉貴達荒れるなー 海風五月雨あね・・寝てるぅ!!風雲はなんかトリップしてる!提督龍田さン居ない!?」

851: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 01:29:04.36 ID:RdFyklnRO

白露「う、うぅ・・・そ、そっくりさんじゃないもん!」グスッ


夕立「素敵なパーティーしましょ~♪」


江風「うわっ、や、やめなよ姉貴たち!」
  

江風「う、海風止めるの手伝って・・・」 


海風「すぅ・・・」 


五月雨「すやすや・・・」


江風「こ、こんな大変なときに寝るな!」


風雲「か、鹿島せんぱ・・・!」


江風「も、戻ってこい風雲!ちくしょう、龍田さんと提督は・・・」


江風「・・・い、いない!?な、なんでだ!?」


江風「ち、ちくしょう・・・許さねえぞ、あの提督!」





龍田「・・・ほんとにいいの?勝手に抜け出してきて」


提督「いいんだよ。後で話はしとくからさ」


「お!提督に龍田じゃねえか!」


龍田「あら?天龍ちゃん、奇遇ね~」


天龍「お、おう、き、奇遇だな!」ギクシャク 


提督(もう少し上手くできんのか、こいつは・・・)






↓1 天龍と合流して、どうするどうなる?

852: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 01:29:55.02 ID:2eUFSuI80
かみまくる天龍

855: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 22:50:45.03 ID:gjD3gsAjo


巻雲は『未登場』だからって提督の鎮守府にいないってわけではありません

出したければ出して構いませんよー

【未登場】ってのはようするに

『提督の鎮守府以外の所属艦娘を追加するならここから選んでね』ってことなのです




龍田「私達~、さっきまで食事してたのよ~?」


天龍「へ、へー!しょうなのか!?」


龍田「ええ、うふふふ・・・羨ましいかしら~?」


天龍「そ、そうだな!くっそー、うらまやしいぜ!」


提督「・・・せっかくだから、天龍も一緒にどこか行くか?」


龍田「あら~いいわね~・・・」


龍田「よ、よし!い、いこうぜ!」








↓1 どこにいって、どうしよう?

857: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 22:57:06.30 ID:81an5DAz0
夜景をみながら街路を散歩   テンパっていたのは>>1だった  >>巻雲 そうなのか・・どこかで狙ってみようかしら・・

858: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:00:24.93 ID:gjD3gsAjo


一応天龍とは鎮守府掃除した時に話してるってことで・・・

分かりにくかったですね、すみません





龍田「あら、天龍ちゃんたら~」


提督「ま、その辺をぶらぶらしてようか。まだ八時くらいだしな」


天龍「わ、分かった・・・」





龍田「・・・この辺りは夜でも人が多いわね~」


天龍「ま、その分明るくていいんじゃねえか?」


提督「だな。あまり暗いと天龍が怖がりそうだし」


天龍「んなこたねーよ!ったく・・・」







↓1 どうなる?

859: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:02:06.88 ID:uiNDdXfUo
×龍田「よ、よし!い、いこうぜ!」
○天龍「よ、よし!い、いこうぜ!」
ということでは。

安価なら天龍がお化け話にガクブルしたときの話

860: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:06:35.78 ID:gjD3gsAjo


あ、これは完璧に>>1の落ち度ですわ(白目)

未だにこういうことあるの、情けなし







龍田「うふふふ、天龍ちゃんったら怖がりなんだから~」


龍田「提督知ってます?この前、軽巡の皆で怪談話をしたんですけど~」


天龍「なっ、そ、その話はやめろっ!」


提督「へー、そんなことがあったんだな」


龍田「ええ、天龍ちゃんったら、とっても怖がっちゃって・・・」


天龍「う、うぅ・・・///」









↓1 どうなる?

861: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:09:43.63 ID:cFNGTKTgO
夜戦とは勝手が違うからと言い訳する

862: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:12:47.12 ID:gjD3gsAjo



提督「夜戦の時はあんなにノリノリなのにな。幽霊は怖いのか?」


天龍「だ、だってよ!幽霊は撃てねえし斬れねえんだからさ・・・」


天龍「た、倒しようがねえだろ!?」


提督(・・・考え方が完全に脳筋だ)


天龍「そ、それに・・・深海棲艦相手なら・・・」


天龍「お、お前のためだと思えば、が、頑張れる、から・・・///」カァァッ


提督「お、おう・・・///」


龍田「・・・あら~」







↓1 どうなる?

863: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:16:28.76 ID:81an5DAz0
海を一望できる高台に到着 天龍「おお~」龍田「ここから見る海はまた違うわね~」提督「んんっ・・・」せきこみ

864: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:19:52.43 ID:gjD3gsAjo


天龍「お、おらっ・・・ち、ちゃっちゃと行くぞ!///」ズカズカ


龍田「うふふふっ、待って~♪」


提督「・・・まったく」








【高台】


天龍「お、なかなか良い所に来たな」


龍田「そうね~、あれが鎮守府かしら~?綺麗ね~」


天龍「・・・なんか、ここからだといつもとは違って見えるな」


提督(・・・そろそろか)


提督「・・・ごほん」








↓1 どうする?どうなる?

865: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:22:16.28 ID:AHUNEiolo
提督の行動を知ってか知らずか「ねぇ、天龍ちゃんは提督の事好き~?」

866: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:26:29.27 ID:gjD3gsAjo



龍田「・・・」


龍田「・・・ねぇ、天龍ちゃん」


天龍「ん、なんだ?」


龍田「天龍ちゃんはぁ~、提督の事、好き~?」


天龍「んなっ!?・・・っ、ぅ」


天龍「す、好きかは知らねえけど・・・そ、側にはいてえよ」


龍田「あら~そうなんだ~・・・」


提督「・・・」






↓1 どうなる?

867: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:30:05.18 ID:RL41LWdlO
天龍がOKなら問題ないかな、といった態度の龍田

868: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:33:45.27 ID:gjD3gsAjo


龍田「さ、提督~。天龍ちゃんも、OKしましたから」


龍田「私も・・・いいですよ?」


提督「・・・そう、だな」


スッ…


龍田「・・・」


天龍「・・・」


提督「・・・二人共、長い間俺のことを支えてくれてありがとう」


提督「これからはずっと、より密接に・・・俺のことを支えてくれると嬉しい」


提督「・・・ケッコンしてくれるか?」


天龍「・・・」


龍田「・・・」








↓1 二人の返事

869: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:35:09.10 ID:AHUNEiolo
天龍:自分なんかでよければ
龍田:天龍ちゃんがいいなら一緒にお願いします

870: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:40:09.76 ID:gjD3gsAjo


天龍「・・・その、さ」ポリポリ


天龍「俺、喧嘩早いし、口も悪いし・・・そ、それでいいのならよろしく頼み、ます///」


龍田「うふふふっ、私も天龍ちゃんがいいなら・・・一緒に面倒見てくださいね」


提督「・・・ああ。改めて、よろしくな」ギュッ


天龍「・・・な、なんか、変な感じだな。あ、あんたとケッコンなんてよ・・・///」


龍田「うふふふっ、私はとっても嬉しいですよ~♪」ムギュー





↓1 どうする?どうなる?

871: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:41:00.63 ID:81an5DAz0
この光景を望んでいた龍田から無意識に涙が  提督天龍「!?」

872: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:44:30.05 ID:gjD3gsAjo


龍田(・・・これで、私も)


龍田(古鷹ちゃんみたいに・・・赤ちゃんを・・・)


ポタッ  ポタッ…


提督「・・・龍田?」


龍田「あ、あら・・・?」ツー…


龍田「やだ、私・・・なんで、泣いて・・・」ポロポロ…


提督「・・・」ギュッ…


龍田「あ・・・」


提督「・・・よしよし」


龍田「・・・ううっ、ぐすっ・・・」ポロポロ…






↓1 どうなる?

873: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:48:04.03 ID:uiNDdXfUo
「でもなー、天龍言い訳にするような態度はちょっと腑に落ちないぞー?」
ちょっと強気に求婚しなおす提督

874: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:51:54.77 ID:gjD3gsAjo


提督「・・・落ち着いたか?」


龍田「はい・・・すみません~、急に泣き出しちゃって・・・」


天龍「び、びっくりしたぜ・・・まあ、いいけどよ」


提督「・・・龍田、ちょっといいか?」


龍田「? なんですか?」


提督「さっきお前は、天龍がいいなら・・・って言ってたろ?」


提督「なら、天龍を抜きにした・・・お前の本心を聞きたい」


龍田「え?あ、それは・・・」


ガシッ


提督「俺は、お前が好きだ。お前と一緒にいたい」


提督「お前は、どうなんだ?」


龍田「え、あ、う・・・///」







↓1 龍田の返事

875: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:53:08.01 ID:mSnKkIW7O
・・・はい。提督と一緒にいたいです

876: ◆I045Kc4ns6 2016/05/29(日) 23:56:03.53 ID:JQi6hJ60O



龍田「すぅ・・・」


龍田「・・・はい」


龍田「私も、提督と一緒に、いたいです・・・」


提督「ん、そうか・・・」ニッ


提督「天龍、除け者にして悪かったな」


天龍「いいよ。別に・・・けどな、言っとくけど、お、俺だって・・・!」


ムギュー


提督「はいはい、分かってるよ・・・」


天龍「っ、たく・・・♪」







↓1 どうなる?

877: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 23:57:59.14 ID:uiNDdXfUo
天龍が左頬に、龍田が右頬にキス

878: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:02:59.29 ID:g4EB2Ki4o



龍田「提督~、じっとしててくださいね~・・・」


提督「? お、おう」


天龍「なっ、ず、ずりーぞ龍田!姉なんだから俺が先だ!」


龍田「え~・・・?」


天龍「・・・しかたねぇ」チラッ


龍田「・・・仕方ないわね~」


チュッ   チュッ


提督「・・・おぉ」


龍田「提督~、どうでした~?」


提督「・・・すんごいしあわせ」








↓1 どうする?どうなる?

879: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:04:28.31 ID:KkL+iIB1O
でもこっちの方がもっとしあわせ、と言って天龍に熱い口づけ
さらに龍田にも同様に

880: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:08:36.61 ID:g4EB2Ki4o




天龍「そ、そうか・・・?そりゃ、良かった・・・///」


提督「ああ、でもな・・・」


天龍「ん?んむっ・・・!」


龍田「あ~っ!」


提督「・・・こっちの方がもっと幸せだよ」


天龍「っ、そ、そう、か・・・///!」


龍田「提督、私にはしてくれないんですか~?」


提督「そう急かすなって・・・」


龍田「ん、んふ・・・♥」








↓1 どうなる?

881: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:10:57.69 ID:VfXFB5AV0
青葉に盗撮された

882: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:15:07.82 ID:g4EB2Ki4o


またニューラライザーされるぞwww





天龍「な、なぁ提督・・・!また、頼むよ///」


提督「おう、いいぜ」


天龍「んっ・・・♥」







青葉「は、はわわわ・・・な、なんて濃厚なキス!」


青葉「司令官とはご無沙汰だし、青葉もキスしたいなぁ・・・」フニフニ


青葉「・・・そして龍田さんから謎の威圧感を感じます。青葉の本能が、これ以上近づくなと告げてます・・・!」






↓1 どうなる?

883: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:16:56.03 ID:7WuiGLNBO
違う。窮地にこそ活路あり
突撃インタビューかましに行く

884: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:20:41.75 ID:g4EB2Ki4o



青葉「しかぁし!窮地の中にこそ活路あり!」


青葉「ここは突撃インタビューを敢行し、願わくばお二人の初夜に同伴しますよー!」ドドドドド





ドドドドド…


「お~ふた~りさ~ん!」


提督「げえっ・・・」


青葉「恐縮です!今の気持ち、取材してよろしいですか!?」







↓1 天龍龍田の反応

885: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:22:33.37 ID:uJTr+JGDO
カメラを破壊する

886: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:24:59.02 ID:g4EB2Ki4o


天龍「うりゃっ」


龍田「えいっ」


バキッ!


青葉「あぁ!?あ、青葉のカメラ~・・・」


天龍「青葉、お前こんなとこまで付いてくるんだな・・・怒るより呆れてくるぜ」


龍田「おおかた、取材のついでにベッドまでついてくる気だったんでしょ~」


青葉「そ、そんなことないですよよよよよ」


提督「・・・はぁ」







↓1 どうなる?

887: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:26:29.70 ID:kJwAax7ro
「「インタビューはともかく写真はNG」」
鎮守府に帰るまでの取材にはOKした

888: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:29:08.59 ID:g4EB2Ki4o


青葉「お二人共おねがいします!記事にはしませんから!」ドゲザー


天龍「・・・仕方ねえな」


龍田「いいの~?天龍ちゃん」


天龍「ただし、写真は無しだぞ。自分で言ったとおり、記事にもするなよ」


青葉「分かりました!ありがとうございます!」


青葉「では早速、司令官のどこに惹かれたのか・・・」ウキウキ


提督「青葉、取材は帰りながらな」


青葉「は~い♪」







↓1 帰宅中、もしくは帰宅してからどうする?どうなる?

889: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:34:36.67 ID:07o0DIiU0
まろーーーン!提督ぅ~~!! 夜の街に響く声 提督「あ」お金支払いに行ってしまう提督 天龍龍田「さて・・」青葉「」

890: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:39:14.39 ID:g4EB2Ki4o



青葉「司令官の好きな仕草は?今まで言われて嬉しかった言葉はとかありますか?子供は何人欲しいですか?」キラキラ


龍田「あら~・・・ふふふふっ」


提督「青葉、あまり二人を困らせ・・・」


「まろーーーん!!提督ぅ~~~!!」


天龍「ん・・・?提督、呼んでるぜ」


提督「・・・しまった!江風たちのこと忘れてた!」
  

提督「迎えに行ってくるから、先に帰っててくれ!」


タッタッタッタッ…


青葉「いってらっしゃーい♪」


龍田「・・・さて」


天龍「どっこいせ・・・」


青葉「ふぇ?」








↓1 どうなる?

891: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:41:48.35 ID:ua1jEdxIo
青葉(・・・この光・・・どこかで・・・・・・)

処置完了

892: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:45:24.83 ID:g4EB2Ki4o



天龍「龍田、提督に何か言われたら面倒だから、あれ頼むぜ」


龍田「うふふふ、了解~」


ギュルギュルギュル…


ボワ…


青葉(あ、あれ・・・?この光、どこかで・・・)


青葉「・・・」バタッ


龍田「・・・これでよし、すぐに目を覚ますわ~」


天龍「ん、そうか」


青葉「あれは・・・彗星かな?違うな・・・彗星はもっと、ばーって光るもんな・・・あへへ」


天龍「・・・んで、俺達はどうしようか。提督を追うか、先に鎮守府に帰っとくか・・・」








↓1 どうしよう?

893: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:48:08.88 ID:1UCiYc/BO
青葉を連れて鎮守府に戻る

895: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:51:16.49 ID:g4EB2Ki4o


龍田「あっちは提督に任せて大丈夫でしょ。私たちは鎮守府に戻りましょ~」


天龍「ん、そうだな」


龍田「よいしょ・・・ふう、重巡はやっぱり思いわぁー・・・」


青葉「だ、だしてくださーい、だしてくださいよー・・・」


天龍「んじゃ、帰るか。青葉、貸せよ。俺も支える」


龍田「あら、ありがとう♪」







↓1 帰ってから、どうなる?

896: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:52:09.69 ID:BCKxE7Yi0
帰ると鎮守府は陸軍に閉鎖されていた

897: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 00:58:37.19 ID:g4EB2Ki4o


龍田「ふぅ・・・あら?」


天龍「ヤケに鎮守府のほうが騒がしいな・・・何かあったのか?」


龍田「あれは・・・陸軍じゃないかしら?一体どうして・・・」


大和「! 二人共、提督を見ませんでした?」

 
天龍「今帰ってきてると思うが・・・こりゃなんの騒ぎだ?」


大和「実は・・・」







↓1 鎮守府が包囲されてる理由

場合によっては内容を変えさせてもらうかもしれません

898: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 01:02:53.70 ID:CahBk8LYO
鹿島が鎮守府を占拠した

900: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 01:08:20.03 ID:g4EB2Ki4o



大和「鹿島が、鎮守府を占拠して・・・」


天龍「なんだって!?」


龍田「鹿島が・・・!?」


大和「ええ、艦娘は皆外にいるから、とりあえずは安心なんだけど・・・」


大和「鹿島は提督と話をしたいって言ってるわ。そして、どこからか鹿島の件を聞きつけた陸軍が・・・」


龍田「・・・なんで提督を呼ばなかったの?」


大和「鹿島の指示です。提督に連絡はするなと・・・」


天龍「はぁ・・・なんだってんだよ」


龍田「相変わらず何を考えてるかわからないわね~」







↓1 どうする?どうなる?

901: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 01:14:27.23 ID:KkL+iIB1O
天龍「いざとなったらさ、それ(輪っか)でどうにかならねぇか?」龍田「まさか~、ボス級に効くはずないじゃない~」

906: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 22:50:18.65 ID:g4EB2Ki4o


【鎮守府前】



天龍「・・・なあ龍田。いざとなったら、お前のその頭の輪っかで何とかなんねぇのか?」


龍田「まさか~・・・いくら何でもボス急の相手には聞かないわよ~」


大和「・・・定級の相手には効くのね」


龍田「はい~、殆ど沈めたほうが早いんで使わないんですけど~」


天龍「・・・なぁ、鹿島とは提督が来る前に俺たちだけで話しつけとかねぇか?」


龍田「・・・確かに、鹿島は今のところそこまで攻撃的でもないし~」


大和「しかし・・・」








↓1 鹿島と話しにいく?いかない?

907: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 22:52:07.11 ID:kJwAax7ro
いかない
ここからメガホンつかって呼びかけよう

908: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 22:59:07.60 ID:g4EB2Ki4o




大和「・・・いえ、やめておきましょう」


大和「鹿島の能力は未知数です。下手に刺激して、手を付けられなくなるのは避けましょう」


天龍「ん、それもそうだな・・・」


加賀『鹿島ー、早く鎮守府を開放しなさーい』


天龍「うぉ!?か、加賀か!?」


龍田「拡声器なんて・・・どこにあったの~?」


加賀「陸軍からパクりました」


大和「・・・仕方ないわね。これでここから鹿島と話をしましょう」


大和『鹿島ー、話があります!聞こえますかー!?』







↓1 鹿島の反応

909: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:00:39.71 ID:KkL+iIB1O
『聞こえてまーす』(鎮守府放送室より)

910: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 23:04:45.96 ID:g4EB2Ki4o

ガガッ


『はーい、聞こえてまーす』


明石「大和さん、あれは鎮守府のスピーカーからですよ」


夕張「なら鹿島は今、放送室かしら?」


大和「いえ、執務室にも放送設備はありますから・・・とにかく、話を続けましょう」


大和『今提督がこちらへ向かっています!それまで、私達と話をしましょう』


『・・・ええ、いいですよ』


龍田「・・・とりあえず、乗って来たわね」







↓1 話の内容

911: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:07:24.75 ID:07o0DIiU0
鹿島「とりあえず兄・・ごほん提督の部屋の布団もろもろは没収します

912: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 23:12:04.94 ID:g4EB2Ki4o


大和『とりあえず、鎮守府の開放を・・・提督との話はそれから・・・』


『すーはー・・・すーはー・・・』


大和『・・・何をしてるの?』


『はっ!ご、ごほん・・・』


『とりあえず、お兄・・・じゃなくて、提督の部屋の布団その他諸々は私が預かります!』


『鎮守府を開放してほしいなら、話はそれからです!』


加賀「大和、交渉の余地はないわ」


金剛「そうデース!布団を持ってくなんて許せないわ!」


青葉「し、司令官の私物を勝手に・・・青葉、許せません!」


ギャー ギャー


天龍「・・・あーあ」








↓1 どうなる?

913: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:13:56.93 ID:ua1jEdxIo
龍田「・・・自分の部屋に泊まってもらえるようになるかも~?」(ボソッ
一同『もってけドロボー!!』

915: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 23:17:44.04 ID:g4EB2Ki4o



不知火「何をためらってますか、大和。敵はすぐそこにいるんですよ」チャキッ


時雨「提督のものは皆のものなんだよ・・・っ、それを独り占めするなんて・・・!」


天龍「お、落ち着けお前ら!」


山城「これが落ち着いていられるわけ・・・」


龍田「・・・でも~、そうなったら提督はみんなの部屋に止まるようになるかもね~」ボソッ


『『『もってけドロボー!』』』


『ふふ、やった♪』


大和「・・・まさか、これで終わり?」







↓1 鹿島はこれで退いた?

916: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:18:41.81 ID:w33TehIoO
退いた?遠目にスキップして退散する鹿島が

918: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 23:23:35.57 ID:g4EB2Ki4o



大和『も、もしもーし?鹿島・・・?』


シーン…


瑞鳳「大和さん!艦載機が鹿島は逃げたって!」


大和「そ、そう・・・?はぁ、拍子抜けしたわね」


加賀「鹿島、思ったよりいい娘だったわね」ウキウキ


陸奥「・・・とはいえ、まだ油断はできないけどね」


陸軍「・・・あの、では我々はこれで」


大和「あ、はい。ご協力感謝します」


ゾロゾロ…


陸軍兵「やっぱり噂通りの女たらしだな」ヒソヒソ…

陸軍兵「ああ、海軍は変態ばかりだは・・・」ヒソヒソ…



神通「・・・また海軍の印象が悪く」ムッ


龍田「とりあえず、何事もなくてよかったわ~」






↓1 どうなる?

919: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:26:22.71 ID:kJwAax7ro
まろーんら連れて提督帰還

921: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 23:30:11.01 ID:g4EB2Ki4o



提督「ただいまー・・・」


龍田「あら~、おかえりなさい」


天龍「江風、目、赤いぜ?なにかあったのか?」


江風「な、なんでもねぇよ・・・」


提督「んで、この騒ぎはなんだ?なんでみんな外に・・・」


大和「実は・・・」






提督「なっ!?鹿島が!?」


大和「はい。鹿島の指示とはいえ、連絡もせず・・・すみません」


提督「・・・いや、いいよ。皆、怪我はないんだろ?」


加賀「・・・それで、提督」 


『『『今日はどこで寝るの!?』』』


提督「は?いや、執務室で寝るけど・・・」


龍田「・・・提督、あのね~」







↓1 どうなる?

922: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:31:21.73 ID:w33TehIoO
天龍が提督の裾つまんでる。震えながら無言

923: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 23:36:41.97 ID:g4EB2Ki4o



提督「はぁ!?鹿島が執務室の布団を!?」


陸奥「ええ♪だから、今日は私の部屋に・・・」


大和「あ、提督!その・・・///」


「戦艦ばっかりずるーい!」


「たまにはちっちゃいのもええんやない?」


ギャー ギャー


提督「あふん・・・」


クイッ


天龍「・・・」プルプル…


提督「天龍・・・」


龍田「・・・あら~」


提督「・・・よし、今夜はとりあえず、天龍の部屋を借りよう」


天龍「! し、仕方ねえな!仕方なく、貸してやるっ///」


「・・・まあ、天龍ならいいか」


「ヘタレだもんね、提督も手を出さないでしょ」


天龍「」


龍田「なら、私もおじゃましましょ~うふふふっ♪」


『龍田さんはアカン』


提督「ほらほら、さっさといくぞー」





↓1 どうなる?

924: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:37:42.81 ID:07o0DIiU0
遠くから嫌味な陸軍兵「ちっなんだこれ艦娘どもの自演じゃねーかこれ?リア充解体白」ボソッ  提督げきおこ

925: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 23:42:44.32 ID:g4EB2Ki4o



陸軍兵「・・・はぁ、何だありゃ。俺たちが真面目にやってたのによ~」


陸軍兵「おい、滅多なこと言うな。相手は海軍随一の軍人なんだぞ」


陸軍兵「あ?知らねぇよそんなもん。どうせこの距離なら聞こえねぇし」


陸軍兵「さっきのも鹿島とかいう女も、どうせあいつらとおんなじ馬鹿な女だよ。解体されちまえってんだ・・・」






提督「・・・」ピクッ


天龍「・・・? どうした?提督」


提督「なんでもねぇよ・・・」


提督(・・・これだから本国でのうのうとしてる連中は嫌なんだ)チッ






↓1 どうなる?

926: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:45:56.75 ID:c/tiJIZXO
誰かが切れる前に足早に鎮守府に入る提督
みんなもあとに続く

927: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 23:49:10.08 ID:g4EB2Ki4o



霧島「・・・提督、さっきのは」


あきつ丸「提督殿、その・・・」


ポンポン


提督「いいんだよ。気にしてないから」


提督「さ、早く部屋にもどれよ。もう夜も遅いからな」


『はーい』


ゾロゾロ…






【天龍の部屋】


天龍「じ、じゃあ・・・入れよ///」


提督「おう、おじゃましま・・・って、汚!」


龍田「天龍ちゃん、朝から部屋の掃除しなかったの~?」


天龍「う、わ、わるい・・・」






↓1 どうなる?

928: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:51:57.61 ID:ua1jEdxIo
提督「よし、掃除をする。10分以内に片付かなければ、龍田の部屋で寝る」

929: ◆I045Kc4ns6 2016/05/30(月) 23:54:51.01 ID:g4EB2Ki4o



提督「・・・ベッドの上までものが置いてるな。お前、いつもどこで寝てんだ?」


天龍「そ、そこの床で・・・」


提督「・・・掃除しようか」


龍田「そうね~・・・」


天龍「し、仕方ねえな・・・」


提督「もしあまりに時間がかかるようなら、龍田の部屋に移ろうか」


龍田「あら~いいですよ?私の部屋は綺麗ですから~」


天龍「うっ、き、気合入れてやるぞ!」








↓1 どうなる?

930: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 23:57:29.55 ID:07o0DIiU0
龍田「天龍ちゃーんこういうのはもっと解らないとこにしまってね~」天龍「どこ掃除してn」

931: ◆I045Kc4ns6 2016/05/31(火) 00:01:01.00 ID:L2iFlq6mo



提督「・・・菓子の殻は捨てろよな」


天龍「・・・はいはい」


ゴソゴソ…


龍田「・・・あら?」


龍田「天龍ちゃん天龍ちゃん」チョイチョイ


天龍「ん?なんだよ・・・げっ!?」


龍田「こういうのはもっとわからない場所にしまってね~」


天龍「う、うるせー!!」


提督「? なんだ?」


天龍「なんでもねぇよ!あっち向いてろ!///」







↓1 どうなる?

932: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/31(火) 00:02:10.90 ID:LOddKDTiO
案外時間がかからずに済んだ
龍田「これだけ場所があれば私も一緒できそうね~」提督「知ってた」

933: ◆I045Kc4ns6 2016/05/31(火) 00:05:13.71 ID:L2iFlq6mo



天龍「・・・このベッド、こんなに広かったんだな」


提督「捨てたゴミが殆ど燃えるゴミだったから、分別しないですんだな」


龍田「・・・これなら、私も一緒に出来そうですね~」


天龍「た、龍田・・・本気で一緒にするのか?///」


龍田「ええ~・・・だめ?」


天龍「だ、ダメじゃねえけど・・・///」







↓1 どうなる?

934: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/31(火) 00:06:23.30 ID:5pwYjXBfo
普通にやるもんだと思ってた提督。少しだけ反省

936: ◆I045Kc4ns6 2016/05/31(火) 00:09:20.59 ID:L2iFlq6mo


提督(・・・二人共一緒でいいのか)


提督(まあ、確かに・・・一人ずつってのは嫌か)


提督(その辺、男の俺がはいりょすべきだったか・・・?反省反省)


提督(・・・二人共)


ムクムク


提督(うーん、気が早いぞ・・・)







↓1 どうなる?

937: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/31(火) 00:10:21.02 ID:Ul84ESdMo
すでに下着とシャツ一枚になってる天龍田

938: ◆I045Kc4ns6 2016/05/31(火) 00:14:53.34 ID:L2iFlq6mo



「提督、提督~」


提督「ん、ん・・・?」


天龍「あ、あぅ・・・///」


龍田「うふふふふっ・・・♥」


提督「お、お前ら!?そ、その格好は・・・?」


龍田「私達、もう準備万端ですよ~♥?」


提督「・・・」ゴクリ…







↓3 このままいっておk?

944: ◆I045Kc4ns6 2016/05/31(火) 00:19:36.72 ID:L2iFlq6mo



提督「・・・」グイッ…


ドサッ


天龍「ん、んっ・・・♥」


龍田「あ、いやん・・・♥」


提督「二人共、そんな格好しちゃ・・・男は我慢できないんだぞ」


龍田「うふふふふっ、いいですよ~♥」


天龍「あ、あんたの好きなように・・・♥」







↓3までで多数決です キンクリする?しない?

965: ◆I045Kc4ns6 2016/05/31(火) 23:50:45.73 ID:y+0VZmxWO


提督「はぁ、はぁ、はぁ・・・」


提督「つ、疲れた・・・」


龍田「あら~・・・少し、激しくしすぎたかしら~」


天龍「・・・なんか、龍田だけずるい///」


龍田「え~、天龍ちゃんまで~・・・」







↓1 どうする?どうなる?

968: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/31(火) 23:59:39.10 ID:dN4MaAKRO
お前からの愛してるがもう一度聞きたい、と提督も便乗して龍田を責める

969: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 00:02:44.88 ID:p69rJ5jTo



龍田「ん、んん・・・ん・・・///」ビクッ


提督(・・・天龍相手だと、あまり強気じゃないんだな)


スッ…


龍田「ひゃぁっ!?て、提督まで~・・・もうやめて~・・・///」


提督「頼むよ、龍田。もう一度、愛してるって言ってくれないか?」


龍田「え?あ、ぅ、ぅ~・・・///」







↓1 どうなる?




970: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 00:05:28.78 ID:jgQ5RXqCO
愛していますと何度も言わされる羽目に
そして何度も愛してると返す提督

971: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 00:08:32.69 ID:p69rJ5jTo


龍田「っ、あ、愛してますっ・・・///」カァァッ


天龍「・・・だってよ、提督」


提督「龍田、もう一回頼むよ」


龍田「ひゃんっ!あ、愛、してますよ~・・・もう♥」


提督「もう一回~」


龍田「愛してますっ、ほんとにっ♥心から・・・っ」


提督「・・・俺も愛してるよ、龍田。愛してる。大好きだ」


龍田「・・・うぅ~、もう♥」







↓1 どうなる?

972: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 00:11:14.54 ID:W/qSMK8p0
天龍龍田「これからも末永くよろしくな(ね~」

973: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 00:15:10.06 ID:p69rJ5jTo



龍田「もう~、提督ったら~・・・」ポカポカ


提督「いてて、悪い悪い・・・龍田が可愛いから、いじめたくなったんだ」


龍田「そんなの聞きたくありません~///」


天龍「・・・はぁ、お気楽なこったな」


提督「まあ、いいさ。二人は今、幸せだろ?」


天龍「・・・まあな」


龍田「ええ、もちろん~」


提督「・・・二人が幸せなら、俺も幸せだ」


龍田「ふふふふっ、なら~」


天龍龍田「「これからも末永くよろしくな(ね~)」」





龍田編 完



↓3 までで多数決

梅ネタする?しない?

976: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 00:18:44.48 ID:W/qSMK8p0
>>1の春イベ着任ドタバタ記

977: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 00:18:45.54 ID:p69rJ5jTo

あ、梅ネタしない時は主役安価とって普通に始めます・・・って、遅かったな


んじゃ、行きますか



↓1 梅ネタの内容

978: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 00:19:58.16 ID:iFp7b+OYO
なんか面白そうだから>>976

979: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 00:30:33.35 ID:p69rJ5jTo


ヒェッ、>>1の弱小提督っぷりが明らかになるで・・・!

・・・ここは恥を忍んで赤裸々に告白します





>>1「・・・>>1です。まず、このスレの提督の鎮守府とは似ても似つかない弱小鎮守府なのを断っておきます。コンプ勢なんかとんでもないです」


>>1「あと、嫁は古鷹です」


>>1「皆さん知ってのとおり、私は長いことssの更新はおろか、パソコンに触ることすら難しい状況が続いてました。ちょうど去年の秋イベ~冬イベまでですね」


>>1「しかし、実はそれ以前から艦これにログインしてない、半ばエアプ勢になってました」


青葉「その辺住人の皆さんへの謝罪は!?」


>>1「はい、申し訳ありませんでした・・・」


>>1「プレイ自体はだいたいssの開始くらいからやってました。しかし、前述の都合で参加したイベントは・・・」


>>1「アルペジオコラボと明石さんが報酬だったイベントだけです。おまけに体調崩して明石さん取るところまでいかず、未だに明石さんいません」


明石「それなに変態キャラなんてあんまりです!」


>>1「・・・で、ようやく落ち着いたころに復帰、イベントに参加することになったんですが・・・」



981: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 00:37:23.36 ID:p69rJ5jTo

というか、これただ単に私のイベント攻略について書くだけなのでは・・・?



【春イベ開始直前】


>>1「・・・んお?おぉ、瑞鶴きた。これで五航戦そろったわ」


瑞鶴「お兄ちゃん呼びさせてたくせにもってなかったの!?」


>>1「ん、そろそろ春イベの時期やね。いつ頃なんやろー」


>>1「・・・明後日やんけ」←この時点でアホ


>>1「え~?資材各二万くらいしかない・・・いけるかなぁ~?」


>>1「・・・まあ、ゆっくりやろ。久しぶりやから、リハビリリハビリ~」


【・・・で】


>>1「よっし!e-1突破!丙やけど、気にしたらアカンね」


>>1「・・・報酬、おにぎり?あ、大発や。もってなかったから、嬉しい」


>>1「これは楽勝か~?」



【3日後】


>>1「・・・e-2むっず・・・」




984: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 00:46:39.05 ID:p69rJ5jTo

ここで、>>1。さっそく怠けてたツケがくる。ろくにイベントもしなかったせいで対地用装備なんてもってないのである。(三式弾はいくつかあった)


>>1「こりゃ攻略みらんと・・・『WG』?なんやそれ?ロケットランチャー・・・?」


>>1「ロケットランチャー・・・12cm30連装噴進砲かな?」←バカ


(もちろん、ゆーちゃんいません)


ゆー「damm・・・」(間抜け・・・)


>>1「えぇ・・・ゆーちゃんとか持ってへんわ・・・」


>>1「航巡か・・・鈴谷熊野(最上)はいるけど40台じゃ心配やね・・・」


>>1「よし!ここは利根姉さまレベリングや!」

ここで地獄の利根(&響)レベリング。2日で利根姉さまレベル73に


>>1「ふい~・・・レベル75は遠いなぁ」(※改造レベルは70です)


で、利根姉さんを改造するも対して活躍せず


利根「なんじゃと!?」


結局トドメは嫁がさしました


>>1「やっぱり古鷹は天使やね」




987: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 00:53:08.17 ID:p69rJ5jTo

wiki見てたらe-2がいちばんむずいよ!

と書いてあったのでバカは付け上がる。


>>1「お、これなら楽勝やんけ!いけるいける~」

 
で、e-3。すんごい楽でした。 
駆逐コキコキがちょっと嫌だった

んで、神風。かわいい


>>1「・・・いつぶりのイベント艦だっけ」
  

>>1はダメ人間だから、なんかもうこの時点でどうでも良くなってくる。


>>1「う~ん、やる気でぇへんわ・・・」


>>1「なんか後段作戦からまた対地装備いるらしいから、ゆーちゃん堀りしてよ~。あとしおいも~」ハナホジー 


で、青の洞門レベルの堀堀作業を覚悟してたんだけど・・・


>>1「十回もしないで二人共北だと・・・!?」


これは>>1もビビる


988: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 00:59:34.25 ID:p69rJ5jTo


>>1「えぇ~・・・なんでこんな運いいのォ~?」


>>1(・・・正直もう初戦で大破する赤城にイライラしたくない・・・!)


>>1「そうだ、e-2掘ろう」


水は低きに流れ、ダメ人間は簡単な方へ流れる。


皆さんご存知であろうがe-2 fマスではレア駆逐が大量ドロップする

秋月、照月、春雨、天津風なんかはこのスレでもケッコンしてたり重要な役を担ってたりするし

磯風とか浦風とか浜風は個人的に好きだし

谷風「あたしは?」

そういう難癖をつけて逃げた。

で、何日か掘り掘りに費やす。


>>1「・・・なんか、ポンポン出てくるなぁ。豊作豊作」


>>1「あ、照月出てきた。こりゃ●●●bodyですわ」


こうしてモチベーションを回復した>>1はe-4へ挑んだ


>>1「敵さんうるさ、ヴェァァァァァ!!」


案外楽にクリアする


990: ◆I045Kc4ns6 2016/06/01(水) 01:11:39.93 ID:p69rJ5jTo


で、e-5に挑んだのだが・・・

>>1「んん?e-5は連合艦隊じゃないだろ?なんで出撃できないんだ・・・?」←e-6カチカチしてる

e-2ほどじゃないにせよ、苦戦しました。

艦爆がそんなに強いの、持ってなかったのよね。


道中の敵空母とか、リコリスさんが怖くて照月を育てようとしたんだけど、正直付け焼き刃だと思ったから回数重ねていくことにしました。

で、かなり資源を使いクリア。

初イタリア艦、polaを入手。


>>1「e-5やっててよかった」


それで、そのままe-6に進んだのだが・・・

ここで詰まった。何度やってもボスまで行けないし、行ってもゲージは殆ど削れない。

制空確保のためあきつ丸をレベリングしたり、ギミック解除したけど赤城さんの開幕大破が続いて精神衛生上良くないと思った。

一応、ずほを拾えたのはよしとする。


瑞鳳「持ってなかったのにケッコン(ry」


すっかり心の折れた>>1は逃げるようにe-2を掘り掘りし・・・

fマスで出るレア駆逐は時津風以外全部揃えました。(昨日まで秋月掘りしてました)


最終的にイベント前後では・・・
 
秋月 天津風 谷風 嵐 浦風 瑞鳳 pola 照月 磯風 春雨 浜風
しおい ゆーちゃん 長波 高波 朝雲 卯月

を獲得しました 



こんなへっぽこな>>1ですが、どうかよろしくお願いいたします!



このままスレ梅おながいしまーす



次回 【安価】提督「提督になれてよかった」その22【艦これ】