1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 02:23:53 ID:YWqwnWiE
ミカサ「そんなことは関係ない。これはクリスタがあなたの為を思って作った。」
「ので、あなたはこれを食べるべき」サッ

ユミル「…あいつがか」ポン

ミカサ「そう。好き嫌いは良くないと言っていた」

ユミル「確信犯かよ!」 


2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 02:24:41 ID:YWqwnWiE
ジャン「何やってんだよ、ユミル?早くパーティに戻ろうぜ!」ハッ

「あ、あんた…」

ミカサ「?」

ジャン「いや…綺麗な黒髪だ」

ミカサ「…どうも」

エレン「おい、ミカサまだかよ?」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 02:25:50 ID:YWqwnWiE
ミカサ「ごめんエレン、サインを貰わないと」

ユミル「ほらよ」サラサラ
「今度はクリスタへの手紙運んでくれよな」

ミカサ「わかった。では失礼する」箒またがり

エレン「ありがとな!よっと」後ろにまたがり

ジャン「!?」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 02:40:33 ID:U83uwUdk
エレン「…」
「ミカサ、その髪後ろにいると目に入るからなんとかしろよ」

ミカサ「わかった。切ろう。」

ジャン「!?!?」

ユミル「別に切らなくても、纏めたらいんじゃねえの?」

ミカサ「エレンはどっちがいい?」

ジャン「!?…!?」
「お、おれは纏め髪も似合うと思「どっちでもいいよ、自分の好きにしろよ」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 02:41:57 ID:U83uwUdk
ミカサ「わかった。考える。」ヒュー

ジャン「… 」

ユミル「何やってんだお前、とっとと中入れよ」

ジャン「…人との、信頼だ」

ユミル「何がだよ」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 02:44:04 ID:U83uwUdk
おわり
タイトル言いたかっただけだ 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/12(水) 02:48:25 ID:lAxv6sxU
後日

サシャ「私ニシンのパァイ大好きです!」

ミカサ「そう。それはよかった。きっとユミルとクリスタも喜ぶ」

ユミル「ちょっとニシン好きになってきた」
クリスタ「ふふ」