1: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 21:46:05.80 ID:l5H9WTF/O
???


ザザーン

スイレン「う、う~ん……」ピクッ

スイレン「あ、あれ……?私……確かサトシと釣りをしてて……」ムクリ

オシャマリ「オシャ……」ムクリ

ナギサ「ブイー…」ポケー

スイレン「……ここ……どこ?」キョロキョロ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1555073165

引用元: スイレン「無人島…?」 



ポケモンカードゲームSM/スイレン(SR)/GXバトルブースト
ポケモンカードゲーム
売り上げランキング: 135,939
2: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 21:52:57.84 ID:l5H9WTF/O
サトシ「う~ん……」ムクリ

ピカチュウ「ピカ…」ムクリ

スイレン「! サトシ!」ダッ

サトシ「……あれ?スイレン?おはよー」ポケー

ピカチュウ「ピカァ」ファー

スイレン「サトシ!寝惚けてる場合じゃない!!」

サトシ「………へ?」キョトン

スイレン「……見てみて……まわり!」

サトシ「?」キョロキョロ

サトシ「………ん?ここどこだ??浜辺?何か……小さな島?みたいだけど……」

ピカチュウ「ピカァ…」

スイレン「……ごめん、私にもわかんない…」

スイレン「……私も……さっき起きたとこ。気づいたらこの島にいた」

オシャマリ「アウ…」

ナギサ「ブイ…」

サトシ「…………え?」


ザザーン

3: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 22:01:25.45 ID:l5H9WTF/O
数時間前

メレメレ島 海

クイクイッ

ロトム図鑑「サトシー!竿が引いてるロトー!」

サトシ「よっしゃー!」グイッ

ピカチュウ「ピカァ!」

ザパーン

コイキング「コッコッコッコ」ピッチピッチ

サトシ「……あっちゃー……またコイキングかぁ…」

ロトム図鑑「サトシは本当にコイキングに好かれてるロトー」

サトシ「ハハハ……」

ピカチュウ「ピカー!」

スイレン「サトシ!どんまいどんまい!」

ライドラプラス「ラプー」スイー

サトシ「スイレン……」

スイレン「サトシ……そんなにコイキングばっかり釣るのもある意味才能!胸はって!」ニコッ

オシャマリ「オシャー」

ナギサ「イッブイ!」

サトシ「……それ……ホメてんの…?」

ピカチュウ「アチャー…」

4: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 22:09:34.49 ID:l5H9WTF/O
アローラ!私、スイレン!今日は日曜日。メレメレ島の海で釣りをしに来ました。クラスメイトのサトシと一緒に!


サトシ「スイレン!スイレンの方はどう?すっげーポケモンの釣れた?」

ロトム図鑑「ちなみにサトシはさっきからコイキングばっかりロト!」

サトシ「よ、余計なこと言うなよロトム!」

ロトム図鑑「ロー……」

スイレン「…フフフ……実はさっき……色違いのミロカロス釣ったの!」

サトシ「え!?マジ!?」

ピカチュウ「ピカッ!?」

スイレン「うっそでーす♪」テヘペロ

オシャマリ「オシャッ」テヘペロ

ナギサ「ブイブイ♪」

サトシ「なんだ……嘘か…」ガクッ

ピカチュウ「ピカァ…」ガクッ

5: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 22:22:37.97 ID:l5H9WTF/O
スイレン「でも……ここはあるレアポケモンが釣れるって噂があるの!」

サトシ「あるレアポケモン?」ゴクリ

スイレン「うん!」


実はこの釣り場……ある噂がアローラの女の子の間で秘かに囁かれている……


ロトム図鑑「スイレン!そのレアポケモンとはいったいどんなポケモンロトー?」

スイレン「それはー……」


男女でここで釣りをして……"色違いのラブカス"が釣れれば……

その男女はカップルとして結ばれる"縁結びの釣り場"


スイレン「……色違いのラブカス!」

サトシ「色違いのラブカスが釣れるのー!?」ワクワク

スイレン「うん!」ニコッ

ロトム図鑑「……と、いうことは、スイレンの狙いもその色違いのラブカスロト?」

スイレン「当然!!今日は釣るまで帰らない!!」メラメラメラ

サトシ「おぉ!スイレンが燃えてる……」ゴクリ

ピカチュウ「ピカァ…」ゴクリ

スイレン「……………」ハッ

スイレン「も、もちろん!私はただ、いち、釣り人として色違いのラブカスに興味があるだけ!////」アセアセ

サトシ「? わかってるよ!俺もその色違いのラブカスに興味あるし!」

スイレン「え!?////」ドキン

サトシ(スイレン……何でいちいち赤くなるんだ??)

ピカチュウ「ピカァ…」

オシャマリ「アウ…」

6: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 22:36:05.28 ID:l5H9WTF/O
スイレン「と、とにかくサトシ!どっちが早く釣るか競争!色違いのラブカス!」

サトシ「おう!負けないぜ!」

ピカチュウ「ピカァ!」

色ラブカス「ラブッ」ピチョン

サトシ、スイレン「!」

ロトム図鑑「あぁ~!あれは……色違いのラブカスロトー!」

色ラブカス「ラブー」スイー

サトシ「! ラブカスが向こうの方に泳いでいく!」

スイレン「ラプラス!急いでラブカスを追って!」

ライドラプラス「ラプー!」スイー

サトシ「! よーし、スイレンに負けらんない!ガブリアス!頼んだぜ!」

ピカチュウ「ピカァ!」

ガブリアス「ガブッ!」ヒュー

ザババババ

ロトム図鑑「サトシー!スイレンー!ボクを置いてかないでロトー!」ヒュー

モヤッ

ロトム図鑑「ロ?」ビビッ

ロトム図鑑(サトシとスイレンがラブカスを追って行った方に濃い霧が……)

ロトム図鑑「サトシー!スイレンー!霧が出てきたロトー!危ないから引き返すロトー!」

シーン……

ロトム図鑑「……サトシー!スイレーン!ピカチュウー!オシャマリー!ナギサー!」

シーン……

ロトム図鑑「た、大変ロト……サトシたちから返事が無いロト……」

……………

………


7: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 22:44:58.69 ID:l5H9WTF/O
現在

無人島

ザザーン

サトシ「そ、そうだ……確か俺たち、釣りの最中で色違いのラブカスを見つけて、それを追って…」タラッ

スイレン「……気づいたら霧の中……そしていつの間にか、スヤスヤ…今に至る」ハァ

サトシ「おーい!!ロトムー!!」

ピカチュウ「ピカァ!!」

シーン……

サトシ「……返事がない……」タラッ

スイレン「! サトシ!私たちが乗ってたラプラスやガブリアスもいない!」キョロキョロ

サトシ「え!?」

ナギサ「ブイ……」

オシャマリ「オシャ……」

サトシ「……みんな…どこ行っちゃったんだよ……」

ピカチュウ「ピカ…」

スイレン「……違う"どっか行っちゃった"のは……」

サトシ「!」

スイレン「……きっと…私たちの方……」

サトシ「………………」

オシャマリ「オシャ…」

ピカチュウ「ピカ…」

ナギサ「ブイ…」

8: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 22:55:05.41 ID:l5H9WTF/O
サトシ「…スイレンはここで待ってて!」

スイレン「! なにする気!?サトシ!」

サトシ「俺とピカチュウで泳いでいって、近くに島がないかどうか探してみるよ!」

ピカチュウ「ピカ!」グッ

スイレン「泳ぐって…」チラッ

モヤッ

スイレン「やめて!海はまだ霧が濃い!」

スイレン「こんなよくわからない島周辺の海で…しかも、霧があったら泳ぐなんて、どう考えても危険!」

サトシ「でも…じっとしてたってどうにもなんないだろ!!」

スイレン「」ビクッ

サトシ「ぁ……いや……ごめん、大声出しちゃって…」

スイレン「……うぅん…」フリフリ

ピカチュウ「ピカピ…」

ナギサ「ブイ……」

スイレン「……海の周辺を探るのは、霧が晴れてからオシャマリがやる」

オシャマリ「オシャ!」

サトシ「あぁ…そうだな…」

9: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 23:09:17.59 ID:l5H9WTF/O
サトシ「じゃあ……」ゴソゴソ

サトシ「! 良かった…モンスターボールは無事か…」ホッ

スイレン「!」

サトシ「モクロー!キミに決めた!」ポイッ

モクロー「クロォ!」ボフン

スイレン「モクロー!良かった、無事だったんだ!」ホッ

オシャマリ「オシャー」ホッ

サトシ「モクロー!悪いんだけどさ、メルタンと一緒にこの島周辺を飛んで何かないか探してきてくれ」

スイレン「ごめんね。モクロー、メルタン。お願い!」

モクロー「クロォ!」ビシッ

メルタン「メルー!」ビシッ

サトシ「俺は島を歩きまわって誰かいないか、何かないか、ここがどこかの手がかりを探してみるよ!」

サトシ「スイレンはオシャマリやナギサと待ってて……」

スイレン「待って!サトシ!私も行く!一緒に!」グイッ

サトシ「でも………」

サトシ「!」

スイレン「……………」ブルブル

サトシ(スイレンの手……震えてる……)

スイレン「……お願い、サトシ…」ブルブル

サトシ(………そうだよな……普段はグイグイ勇ましいけど……スイレンだって女の子だもんな……)

サトシ(こんなわけわんない状況で一人にされたら怖いよな…)

サトシ「……わかった、一緒に行こうぜ!スイレン!」ニッ

ピカチュウ「ピカー!」

スイレン「うん!」ニコッ

オシャマリ「オシャー!」オー

ナギサ「イッブイ!」オー

10: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 23:28:51.42 ID:l5H9WTF/O
…………

サトシ「……とりあえず島を歩きまわってみたけど……」

スイレン「わかったことと言えば……」

スイレン「……まず、やせいのポケモンはいるけど、人間は誰もいない。お店も当然ない」

サトシ「でも、途中みたナッシーがアローラのすがただったし、やっぱこの島はアローラのどっかってことなんだよ!」

ピカチュウ「ピカッ!」

スイレン「うん!それに……食べれそうなきのみや、湖もあったし、食べ物や飲み物にはとりあえず困らなそう!」

オシャマリ「オシャッ!」

サトシ「あとはー……濃い霧が出てるのは、島の周りの海だけで、島の中自体は全然霧がなかったな!」

スイレン「……この霧…まるで私たちを島から出さないように覆ってる牢獄!不気味……」

サトシ「こ、こわいこと言うなよスイレーン…」ゾクッ

ナギサ「ブイー……」ブルッ

スイレン「あとは、行っても行っても海が見える孤島ってこと!完全に絵に書いた無人島」ハァ

サトシ「……無人島かぁ……てことは、やっぱ海の霧が晴れるまでは動くなってことか……」ハァ

スイレン「……………」

スイレン(今この島には……ポケモン以外は、私とサトシしか人間がいない……二人っきり…)ゴクリ

スイレン「………………」

スイレン(わ、私のバカ!こんな状況で……何を期待してっ……!////)ブンブンッ

サトシ「? スイレン?」

ピカチュウ「ピカー……」

11: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 23:41:16.03 ID:l5H9WTF/O
バサッバサッ

サトシ、スイレン「!」

モクロー「クロォォ!」バサッ

メルタン「メルー!」

サトシ「! モクローとメルタンが戻ってきた!」

ピカチュウ「ピカー!」

モクロー「クロォ…」ゼーゼー

メルタン「メルー」

サトシ「モクロー、メルタン!無理させてごめんな?」

スイレン「お疲れ様!これ、島で見つけたきのみ!」スッ

オシャマリ「シャマリ!」スッ

モクロー「クロォ!」モグモグ

サトシ「……どうだった?モクロー、メルタン。何か手がかりになりそうな物はあった?」

モクロー「……クロォ…」フリフリ

メルタン「メルー…」フリフリ

サトシ「……そっか…」

スイレン「……こうなったら……霧が晴れるまで、覚悟!サバイバル」グッ

サトシ「……だな…」

ピカチュウ「チュウ…」

12: ◆7HdZn/25p6 2019/04/12(金) 23:59:16.20 ID:l5H9WTF/O


ザザーン

ニャヒート「ニャッ!」ボッ

ボボボ

スイレン「……わぁー!あったかい!焚き火!」

オシャマリ「オシャッ!」

ナギサ「ブイッ!」

サトシ「へへっ、サンキュー!ニャヒート!」

ニャヒート「ニャッ!」

サトシ「……ルガルガン!」クイッ

ルガルガン「ガルッ」コクッ

スッ

ファサッ

スイレン「……え?」モフッ

ルガルガン「ガル」ギュッ

サトシ「へへへ、ルガルガンの毛並み、結構あったかいだろ?」ニッ

スイレン「サトシ……」

スイレン「……うん。あったかい…すっごく…ありがとう、ルガルガン」ギュッ

ルガルガン「ガルッ」ニコッ

スイレン「でも……サトシはいいの?寒くない?」

サトシ「ん?俺は大丈夫だよ!焚き火があるし!それに……」

サトシ「寒くなったらニャヒートを抱っこすればいいからなー♪」ギュッ

ニャヒート「にゃ"!?」ビクッ

ニャヒート「ニャブァ!!」カリカリカリッ

サトシ「いだだっ!ひっかくなよニャヒート~!」

ニャヒート「ニャッ!」プイッ

ピカチュウ「ピカピカ」ヤレヤレ

スイレン「ふふっ」クスッ

ルガルガン「ガルル!」ケラケラ

オシャマリ「オシャー」ケラケラ

ナギサ「イッブイ♪」

13: ◆7HdZn/25p6 2019/04/13(土) 00:26:53.51 ID:2OcCadg/O
サトシ「この島のきのみも結構いけるなー!ピカチュウ?」モグモグ

ピカチュウ「ピカー!」モグモグ

スイレン「……………」

サトシ「ん?どうしたのスイレン。きのみ食べないの?」

スイレン「ごめんサトシ…」

サトシ「え?」

ピカチュウ「ピカ?」

スイレン「私が色違いのラブカスを釣りたいって言ったから……私がサトシを釣りに誘ったから…こんなことになっちゃって……」

サトシ「な、なに言ってんだよスイレン!スイレンのせいじゃないよ!」

サトシ「これはそのー……事故だよ!たまたまの事故!だから誰の責任とかじゃー…」

ピカチュウ「ピカピカ!」コクコク

スイレン「……ごめんなさい…」グスッ

オシャマリ「オシャ……」

サトシ「スイレン……」

スイレン「………お母さんやお父さん……今頃、私がいないって探してないかな……?」ウルッ

サトシ「……え?」

スイレン「……ホウとスイ……お姉ちゃんがいないよって泣いてないかな?マオちゃんやリーリエ……スイレンどこーって……」グスグス

サトシ「スイレン……」

サトシ(………ククイ博士……バーネット博士……ロトム……それに…ひょっとしたらカキやマーマネも……)ウルッ

ピカチュウ「ピカピ…」

スイレン「……うぅ……うわぁーん!!」ビエーン

オシャマリ「オシャ……」グスッ

ナギサ「ブイ……」

サトシ「……うぅ……!!」ゴシゴシ

サトシ「だ、大丈夫だよスイレン!明日になったらきっと霧は晴れる!!」

スイレン「……サトシ…」グスッ

サトシ「……だからさ!今は明日の為に体力を温存!今日はもう疲れたし……寝ようぜ!」

ピカチュウ「ピカピカ!」

スイレン「……サトシ…ピカチュウ…」ズピー

ナギサ「ブイッ」スリスリ

オシャマリ「オシャ」ギュッ

スイレン「………うん…」


モクロー「zzz」スヤスヤ

メルタン「zzz」スヤスヤ

…………………

………


14: ◆7HdZn/25p6 2019/04/13(土) 00:45:48.49 ID:2OcCadg/O
3日後

まだ霧は晴れない……

サトシ「ピカチュウ!!スパーキングギガボルト!!」

ピカチュウ「ピィカァ……ヂュウウウ!!」

バリバリバリバリ

スイレン「オシャマリ!!スーパーアクアトルネード!!」

オシャマリ「オシャァァァァ!!」

ズドドドド

ドカーン!!

フシュゥゥ

サトシ「! どうだ!俺たちのゼンリョク!!」

スイレン「霧……晴れた!?」

ピカチュウ「ピカァ…」ゼーゼー

オシャマリ「オシャ…」ヘタッ

モヤッ

スゥ

スイレン「そ、そんな……」ガクッ

サトシ「Z技が……かき消された……?」タラッ

ピカチュウ「ピカ…」

15: ◆7HdZn/25p6 2019/04/13(土) 00:53:26.66 ID:2OcCadg/O
サトシ「……うぅ……くそっ!」ギリッ

サトシ「おーーい!!カプ・コケコー!!」

ピカチュウ「ピカピ…」

サトシ「カプ・テテフー!!カプ・ブルルー!!カプ・レヒレー!!誰でもいいよ!!ここ、アローラなら俺たちが見えてるんだろー!!」

サトシ「俺たちをこの島から出してくれーー!!」

スイレン「サトシ……」

ナギサ「ブイ…」

サトシ「おーい!!頼むよー!!俺の声が聞こえてるんなら返事してくれー!!」

シーン……

サトシ「……頼むよ……カプ・コケコ…」ガクッ

サトシ「……うぅ……なんなんだよこの島……!!」ガンッ

スイレン「……………」

ピカチュウ「ピカピ…」

オシャマリ「アウ……」

16: ◆7HdZn/25p6 2019/04/13(土) 18:32:38.64 ID:FH3O2gTfO
…………

浜辺

ザザーン

岩「」

スイレン「……………」ザクッ


前にこの浜辺で見つけた大きな岩

私とサトシは1日ごとにこの岩に一本傷をつけ、日にちを刻む

そう、この岩は私たちにとってカレンダーがわり


スイレン「………私とサトシがこの島に来てからもう1週間…」


私とサトシがこの島に来てからもう1週間がたった

この1週間、"きりばらい"を覚えてる島のポケモンに協力してもらったり

1日一回二人で霧にZ技をうちこんだりもしたけど、霧が晴れる様子はない

もちろん、霧が海にかかっていなかった日も1日もない


スイレン「…………」

ナギサ「……ブイ…」スリスリ

スイレン「………うん、そうだね。ナギサ!落ち込んでても何も始まんない」ニコッ

ナギサ「ブイッ!」

オシャマリ「アウ!」ワッサワッサ

スイレン「! オシャマリー!いっぱい葉っぱ集めたね!」

オシャマリ「オシャー!」グッ

スイレン「これだけ葉っぱがあれば充分!」ワッサワッサ

スイレン「よし!これ持ってサトシのとこ戻ろ!オシャマリ!ナギサ!」スクッ

オシャマリ「オシャー!」

ナギサ「イッブイ!」

17: ◆7HdZn/25p6 2019/04/13(土) 19:42:02.60 ID:FH3O2gTfO
森の中

サトシ「ピカチュウ!あの木に向かってアイアンテール!!」

ピカチュウ「ピィカァ!」ブンッ

木「」スパッ

ズズズ

ドスゥン

サトシ「よーし!いいぞー!ピカチュウ!」

ピカチュウ「ピカ!」ブイッ

サトシ「……だいぶ木材が集まったなぁ!」チラッ

木材「」ズラッ

サトシ「これもピカチュウが頑張って木をいっぱい切り倒してくれたお陰だな!」ニッ

ピカチュウ「ピカ!」ヘトッ

サトシ「あとは~」チラッ

大木「」ドーン

サトシ「……うん!あのでっかい木の上なんか見晴らしが良さそうでいいな!」

ピカチュウ「ピカ!」

18: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 19:39:39.88 ID:eydsohUDO
「サトシー!」

サトシ、ピカチュウ「!」

スイレン「見て!葉っぱ、いっぱい集めてきた!」ワッサワッサ

オシャマリ「オシャー!」ワッサワッサ

ナギサ「イッブイー!」ワッサワッサ

サトシ「おーっ!すっげー!ナイスだよスイレン!オシャマリ!ナギサ!」

スイレン「えへへ」

サトシ「見てよ!こっちも木が結構集まったよ!」

木材「」ズラッ

スイレン「おぉ!すっごい!頑張ったね、ピカチュウ」ナデナデ

ピカチュウ「ピカァ」ニコニコ

サトシ「ま、待ってよスイレン!俺は!?」

スイレン「え?だって、木を頑張って切り倒したのはピカチュウでしょ?サトシは指示しただけ」

サトシ「いっ!?い、いや……それはそうだけどー……」

スイレン「………ふふっ、うっそでーす♪サトシもすごい!」ニコッ

サトシ「へへへっ!まぁな!」ドヤッ

ピカチュウ「ピカピ」

スイレン「これだけ材料があれば、出来そうだね!私たちの家!」

サトシ「うん!…なぁスイレン!家はさ、あのでっかい木の上に建てようと思うんだ!」スッ

スイレン「!」

大木「」

19: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 19:55:46.88 ID:eydsohUDO
スイレン「おぉ!眺め良さそうでいいカンジ!」キラキラ

ナギサ「ブイッ!」キラキラ

サトシ「へへへ、だろー!」ニッ

ピカチュウ「ピカー!」

サトシ「うしっ!じゃあまずは材料をあの木の上に運ばなきゃな!」

サトシ「俺とポケモンたちで木を運ぶから、スイレンとナギサとオシャマリは他の材料を頼むよ!」

スイレン「!」

サトシ「どうしたの?」

スイレン(サトシ……この島に来てからずっと私のこと気づかってくれてる……)

スイレン(こんな状況で、ちょっとサトシには悪いけど…嬉しい////)

スイレン「えへへ」ニコニコ

サトシ「?」

スイレン「サトシ!木を運ぶの私も手伝おっか?サトシよりもいっぱい運べるかも!」ニコッ

サトシ「なっ!?い、いいよ!スイレンは軽い物運んでよ!重い物は俺とポケモンたちでやるからさ!」

スイレン「……そう?じゃあ、お言葉に甘えて……」

ナッシー「ナッスィー!」スッ

スイレン「! アローラナッシー……」

サトシ「……まさか……木の上まで材料運ぶの手伝ってくれるのか!?」

ナッシー「ナッスィー!」コクコク

サトシ「ははっ!」

スイレン「ありがとう!ナッシー!」

ナッシー「ナシナスィー」ニコニコ

20: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 20:09:37.55 ID:eydsohUDO
その後……家の建設を島のポケモンたちにも協力してもらい……



木の上のサトシとスイレンハウス

サトシ「ふぅー!やっとできたなー!」

ピカチュウ「ピカー!」

スイレン「うん!完成!私たちの家・in無人島!」

ナギサ「イッブイ!」

サトシ「島のポケモンたちのが協力してくれたお陰で思ったより早くできたな!」

スイレン「うん!島のポケモンたちには感謝感謝!」

サトシ「……ここ、やっぱり思った通り、眺め最高だよ!」

スイレン「……きのみやきのこの群生地も湖も近いし……最高の立地条件!」

サトシ「だろだろ!」

スイレン「……でも……真っ先にかみなりが落ちそう…」

オシャマリ「オシャ…」ゾクッ

サトシ「そ、その時はピカチュウがなんとかしてくれるよ!な?ピカチュウ!」

ピカチュウ「ピカッ!?」

スイレン(………いつか大人になったら……サトシと結婚して、二人だけの家に住むって夢……)

スイレン(まさか……こんな形で叶っちゃうなんて……)

スイレン「………嬉しいような、悲しいような……複雑なキブン…」ボソッ

オシャマリ「オシャ」ポンッ

サトシ「え!?」

ピカチュウ「ピカ!?」

ナギサ「ブイブイッ♪」

………………

………


21: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 20:20:02.78 ID:eydsohUDO
一年後……

ザザーン

浜辺

岩「」

サトシ「…………」ガリッ

サトシ「俺とスイレンがこの島に来て……もう一年か…」

ピカチュウ「ピカ…」

サトシ「この一年、人はおろか、通りすがりの船すら見かけない…海の霧が晴れたこともない…」

サトシ「本当にこの島……どうなってんだろうな?」ハァ

ピカチュウ「ピカピ…」

サトシ(……って、ダメだダメだ!俺が弱気になったらスイレンを不安にさせちゃう!)ブンブン

サトシ「………何とかして、見つけてみせるんだ!この島を脱出する方法を!」グッ

ピカチュウ「ピカー!」

22: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 20:30:47.57 ID:eydsohUDO
ザザーン

スイレン「……………」

ナギサ「ブイ」

アシレーヌ「シレーヌ…」

サトシ「おーい!スイレーン!」タッタッタ

ピカチュウ「ピカー!」タッタッタ

スイレン「サトシ……ピカチュウ…」

サトシ「なにしてたの?」

スイレン「眺めてたの……海」

サトシ「そ、そっか…!」ハハハ

スイレン「……私たちがこの島にきてから……もう一年たったね…」

サトシ「う、うん……そうだな……」

スイレン「……マオちゃんもリーリエも……カキもマーマネも…みんなもう卒業したのかな……?スクール……」

サトシ「……………」

スイレン「……みんな…今頃、自分の道を見つけて…進んでるのかな?未来に向かって…」

サトシ「……スイレン、もう夜になるし、寒くなるから家に戻ろう…」

スイレン「……ごめんねサトシ……サトシ、アローラリーグ出たがってたのに……きっともう終わってる…」

サトシ「な、なに言ってんだよスイレン!アローラリーグなら、この島から出てまた挑戦すればいいじゃん!」アセアセ

サトシ「そ、それにしてもー……アローラリーグ、誰が優勝したのかなー?」ハハハ

サトシ「や、やっぱカキかグラジオかな?それとも、案外リーリエとかだったりして!」

サトシ「な、なぁ!スイレンは誰が……」

スイレン「………ごめん…」グスッ

サトシ「スイレン……」

23: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 21:26:52.20 ID:eydsohUDO
サトシ「……なぁスイレン。何回も言ったろ?」

サトシ「一年前のアレは事故で…誰の責任とかでもないよ!だからさ?」

スイレン「……………」

サトシ「もう謝るのはやめようよ!それに……俺はまだこの島から出るのを諦めちゃいない!だから……」

スイレン「一年前のあの日…」

サトシ「え?」

スイレン「私たちが追っかけて迷子になっちゃった原因の色違いのラブカス……実はあれ、ある伝説があったの…」

サトシ「……伝説?」

スイレン「……あの場所で色違いのラブカスを釣った男女はカップルになれる縁結びのラブカス……」

サトシ「縁結び……?」

スイレン「……私……好きだった…!サトシのこと、ずっと!」

サトシ「え……?」

スイレン「……いずれ言おうとは思ってた……でも…」グスッ

スイレン「サトシ……ポケモンばっかりで女の子とか興味なさそうだったから……」グスグス

サトシ「……………」

スイレン「……今はこのままでいい……友達で……そう思ってた……でも、その時にあのラブカスの噂を聞いて…」ヒッグ

サトシ「スイレン……」

スイレン「……うぅ…ごめんなさい…サトシ…!ヒッグ…!私が…サトシの未来を…夢を奪ったの……!」

スイレン「……私に…勇気がないからサトシを……!」グスッ

サトシ「……………」

スイレン「うぇ…!ごめん……!ごめんなさい……!」

24: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 21:35:01.14 ID:eydsohUDO
スイレン「……ごめんねサトシ……こんな時に……私、気持ち悪いよね……?」ゴシゴシ

スイレン「……今のはもう忘れ……」

サトシ「気持ち悪いわけないだろ!」

スイレン「………え?」

サトシ「……その……俺、こういうの慣れてないからうまく言えないけど……」ポリポリ

サトシ「……正直、スイレンのことは友達としか見てなかった」

スイレン「……………」

サトシ「でも」

スイレン「……?」ゴシゴシ

サトシ「……その……好きって言われて悪い気はしないって言うかー……あーっ……!何て言ったら……」

スイレン「………サトシ!」スクッ

サトシ「?」

スイレン「………好き……大好き!!////」

サトシ「スイレン……」





ピカチュウ「チュウ////」メカクシー

アシレーヌ「シレーヌ////」メカクシー

ナギサ「イッブイブイー♪」


ザザーン

25: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 21:48:45.13 ID:eydsohUDO
5年後……

サトシとスイレンハウス


サトシ「ただいまー!」

ピカチュウ「ピカァ!」

スイレン「お帰り!サトシ!ピカチュウ!」ニコッ

ナギサ「イッブイ!」

サトシ「へへへ!見ろよスイレン!」ドンッ

スイレン「わぁー!たくさんのきのみとモーモーミルク!どうしたの!?」

サトシ「島のミルタンクやツツケラから分けて貰ったんだ!」

ピカチュウ「ピカピカ!」

スイレン「この島の食材は絶品!サトシ、今日はご馳走だから期待してて!」

サトシ「おう!やったー!」

ピカチュウ「ピカー!」

スイレン「アシレーヌ!お料理、手伝って!」

アシレーヌ「シレーヌ!」

ナギサ「イッブイー♪」ピョンピョン

スイレン「こーら!ナギサ!暴れまわらないで!」プンプン

ナギサ「ブイー…」ショボーン

サトシ「ははは、ナギサ!ナギサは料理ができるまで、下で俺とピカチュウと遊んでようぜ!」

ピカチュウ「ピカー!」

ナギサ「ブイッ♪」

スイレン「ごめんね?サトシ、ピカチュウ」

サトシ「いいって!俺、ポケモンたちと遊ぶの大好きだしさ!」ニッ

サトシ「行こうぜ!ピカチュウ!ナギサ!」

ピカチュウ「ピカー!」

ナギサ「ブイッ!」

サトシ「スイレンの料理、すっげー美味しいから楽しみだなー♪」

ピカチュウ「ピカァ!」

スイレン「もぅ、サトシ////」ポッ

アシレーヌ「シレーヌ」ニコニコ

26: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 22:09:36.86 ID:eydsohUDO
………

サトシ「うっめ~~!!」モグモグ

ピカチュウ「ピカァ!」モグモグ

ナギサ「ブイッ!」モグモグ

スイレン「ふふっ、ありがと!」ニコッ


この島に来てから5年……

最初はすっごく不安だった

でも……


サトシ「やっぱスイレンの料理はアローラ1だよ!な?ピカチュウ!ナギサ!」モグモグ

ピカチュウ「ピカッ!」モグモグ

ナギサ「ブイッ!」モグモグ

スイレン「もぅ////」


思い描いて形とはちょっと違うけど……

ずっと大好きだったサトシや、ポケモンたちに囲まれて

静かに暮らしている


スイレン「サトシ!それに……みんなも!いっぱいあるから!おかわり!」

サトシ「やったー!」

ピカチュウ「ピカー!」

ナギサ「イッブイ!」

スイレン「ふふっ」ニコッ

アシレーヌ「シレーヌ」ニコッ


私は今…

とても幸せだ

27: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 22:25:00.66 ID:eydsohUDO


スイレン「………静かだね…」

サトシ「……ああ…」

スイレン「サトシ。明日は……」

サトシ「ねぇスイレン」

スイレン「……なに?」

サトシ「俺たち……このままでいいのかな?」

スイレン「え?」

サトシ「…………確かにさ?この島は食べ物もすっげーうまいし、やせいのポケモンたちも優しいし強い」

サトシ「スイレンやピカチュウ、みんなとの暮らしも最高だし……毎日がすっげー楽しいよ!」

スイレン「だったら……」

サトシ「………二人で考えればまだ試してないような脱出方法があるかもしれない!だからさ?また明日……」

スイレン「……サトシ」

サトシ「? なに?」

スイレン「………好き…愛してる」ニコッ

サトシ「スイレン……」

スイレン「………………」スッ



アシレーヌ「…………」ポチッ

ブォーン

モンスターボール「」コロッ

ピカチュウ「………」

ピカチュウ「ピカピカ」ユサユサ

ナギサ「……ブイ?」ゴシゴシ

ピカチュウ「ピカッ!」オソトオソト

ナギサ「………………」スクッ

ナギサ「ブイッ」ガチャッ

ピカチュウ「ピカ」ソロー

ナギサ「…………」ソロー

バタン

……………

………


28: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 22:34:19.08 ID:eydsohUDO
サトシとスイレンが島に来てから10年後…


「いっけー!ピカチュウ!」

(サトシとスイレンの)娘「10まんボルト!!」

ピカチュウ♀「ピッカー!!」バリバリバリバリ

(サトシとスイレンの)息子「イーブイ!かわして!」

イーブイ「ブイッ!」サッ

娘「よけた!?」

ピカチュウ♀「ピカッ!?」

息子「イーブイ!すてみタックル!」

イーブイ「ブイーッ!!」ダンッ

ピカチュウ♀「ピカーッ!!」ドサッ

娘「あーっ!ピカチュウ!」タッタッタ

息子「やったぜ!俺たちの勝ちだ!イーブイ!」

イーブイ「ブイー!」

娘「ピカチュウ!大丈夫?」ナデナデ

ピカチュウ♀「ピカァ…」

29: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 22:42:46.91 ID:eydsohUDO
息子「ねぇパパー!どうだった!?俺とイーブイのバトル!」ワクワク

イーブイ「ブイー!」

サトシ「ああ!すっげーいいバトルだったぜ!」ニッ

ピカチュウ「ピカ!」

息子「やったー!」

娘「うぅ…次は負けないもん!」グスッ

ピカチュウ♀「ピカー!」

サトシ「ははは、おう!その意気だ!」ナデナデ

娘「うん!」ニコッ

「あっ、やっぱりここでバトルしてた」ザッ

サトシ、息子、娘「!」

スイレン「ご飯できたから呼びにきたよ」ニコッ

アシレーヌ「シレーヌ!」

ナギサ「ブイブイッ!」

息子「わーい!ご飯だー!」タッタッタ

娘「ママー!」タッタッタ

サトシ「へへっ、俺たちも行くか?ピカチュウ!」

ピカチュウ「ピカ!」ニコッ

30: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 22:57:48.83 ID:eydsohUDO
…………

サトシとスイレンハウス


娘「ママ料理すっげーおいしー!」モグモグ

息子「うん!最高!」モグモグ

スイレン「ふふっ、おかわりあるからね!いっぱい!」ニコッ

息子、娘「やったー!!」

サトシ「なんたってスイレンの料理は世界一だからなー!」モグモグ

スイレン「もぅ////」ポッ

娘「あーあ、パパとママ……まーたラブラブしてるー」ジトー

息子「毎回見せつけられる子供の身にもなってほしいよー」ハァ

サトシ、スイレン「うっ////」

ピカチュウ「ピカピカ」ニコニコ

スイレン「そ、そういえば……どっちが勝ったの?さっきのバトル!」アセアセ

息子「そりゃー俺とイーブイに決まってるよ!ママ!」エッヘン

イーブイ「イッブイ!」ドヤッ

娘「うぅ……次!もう一回勝負!次やったらお兄ちゃんなんかには負けないもん!」

ピカチュウ♀「ピカピカー!」

スイレン「おぉ!負けず嫌い。誰に似たのかな?」チラッ

サトシ「スイレンじゃないか?」モグモグ

スイレン「いや、サトシ!サトシに似た!」

アシレーヌ「シレーヌ」

ナギサ「ブイ!」

31: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 23:11:22.99 ID:eydsohUDO
息子、娘「ごちそうさまー!!」

スイレン「はい、お粗末さま」ニコッ

アシレーヌ「シレーヌ!」

息子「よーし!島の探検行ってこよーぜ!」スクッ

娘「うん!」

スイレン「ちゃんと夕方までには帰ってくること!いい?」

息子、娘「はーい!ママ!」

サトシ「ピカチュウ!イーブイ!あの子たちのこと頼んだよ」

ピカチュウ♀「ピカッ!」

イーブイ「ブイッ!」

息子「うしっ!出発だー!」クルッ

娘「待ってよお兄ちゃーん!」


タッタッタ

スイレン「……まったく、落ち着きがない…」ハァ

ナギサ「ブイブイ!」

サトシ「ははは、子供はいつでも元気でゼンリョク!なのが一番だよ!」ニッ

ピカチュウ「ピカッ!」

スイレン「……うん!あの子たちを見てると……思い出す!子供の頃の私とサトシ!」ニコッ

サトシ「へへっ、そうだな!」ニッ

32: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 23:24:38.36 ID:eydsohUDO
同刻

浜辺

ザザーン

「にしてもー……アローラの外れにこんな島があったとはなー」ザッ

カキ「…噂じゃあ……霧に閉ざされた伝説の島って話だったが……噂はやっぱり噂だな。霧なんてどこにもないか普通の島だ」

マオ「うーん……やっぱりこの島じゃないのかな~?」

アマージョ「ッジョオ」

マオ「マーマネの話だと……アローラにある霧に閉ざされた島にある食材は超絶品って話だけど……」

カキ「霧なんてどこにも無かったろ?見てみろよ。島も海もこの通りにほんばれ!しょせん噂は噂だ」

マオ「で、でも……せっかく謎の未開の島?に来たんだしさ!探検してみようよ!」

カキ「えー?」

マオ「な、なによカキ!……もしかして……ビビってるの?」ウシシ

アマージョ「ッジョー?」ジトー

カキ「そ、そんな訳ないだろ!」アセアセ

マオ「へぇー?」ニヤニヤ

カキ「………たくっ…!……それにしても……」

カキ「……"霧"か……嫌なことを思い出すな」ボソッ

マオ「…………その話はやめて」

カキ「………すまん…」

アマージョ「ッジョ……」

34: ◆7HdZn/25p6 2019/04/14(日) 23:41:26.86 ID:eydsohUDO
マオ「…………そ、そういえばー……伝説の島にあるモーモーミルク!ホシちゃん、飲んでみたーい!って、言ってたよ!」

カキ「な、なんだと!?それを早く言え!」

カキ「よし!行くぞマオ!」キリッ

マオ「うんうん!決まりだね!アマージョ!撮影の準備ヨロシク♪」

アマージョ「ッジョ!」ゴソゴソ

カキ「なんだマオ……またポケチューブに配信するのか?」ハァ

マオ「とーぜんだよー!今はSNSの時代!色んなところでアイナ食堂の宣伝をしなきゃ!時代に乗り遅れるよー?」

アマージョ「ッジョ!」コクコク

カキ「時代ねぇ……」ヤレヤレ

マオ「なによ!カキだって私たちの"まおちゃんねる"が面白いってホシちゃんが言ってるー!って、喜んでたじゃん!」

カキ「ま、まぁ////」テレッ

35: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 00:16:19.71 ID:gwEaAiXwO
マオ「それじゃー撮影はじめるよ!カキ!」

カキ「ま、待ってくれ!サングラスサングラスっと…」チャキッ

マオ「アマージョ!カメラの準備は~?」

アマージョ「ッジョォ!」チャキッ

マオ「よし!じゃあ……」コホン

アマージョ「アッ、マッ、ジョッ!」ウィーン

マオ「みんなー!アローラー!アイナ食堂の看板娘"マオマオ"だよ~♪」チェキッ

カキ「……えー、みなさんアローラ。……最近妹に好きな人ができたみたいで、心がアローラの海よりブルーなKAKIです」

マオ「今日のまおちゃんねるはなんとー………」

マオ「パンパカパーン!!あの……アローラで噂の伝説の島"霧に閉ざされた島"に、マオマオとKAKIで潜入しちゃいま~す♪」

カキ「いえ~い!」

マオ「この島にあるきのみやきのこ、モーモーミルクその他諸々の食材は天下一品栄養満点って噂だからね!」

マオ「……なんとマオマオ、その食材をゲットしてアイナ食堂のメニューとして出しちゃおうと思いま~す♪」

カキ「……ここの島のやせいのポケモンたちは超強いって噂だからな!今から楽しみだ」フッ

マオ「では早速ー……島の探検を……」

ガサッ

カキ「………ん?」ピクッ

ガサガサ

カキ「お、おい……マオ…」ヒソッ

マオ「! な、なによカキ?今、撮影中だよ!」

マオ「撮影中は私のこと、マオマオって呼んでって言ったでしょ!」

カキ「い、いや…それが……」

ガサガサ

マオ「あー、もう!アマージョ!一旦カメラ止めて!」

アマージョ「ッジョ?」カチッ

マオ「もぅー!カキのせいで今のとこまたやり直しだよー!まーた編集の時にマーマネに嫌み言われ……」

カキ「それどころじゃない!茂みの向こうに何かいるぞ!」

ガサガサ

マオ「……やせいのポケモンじゃないの?もぅー!それくらいで撮影をストップしないで……」

カキ「……いや、たぶんだが……コイツら、俺たちがこの島に入った時からずっと見張ってやがる!」タラッ

マオ「………え?」

ガサッ

バッ

カキ、マオ「!」

ピカチュウ♀「ピカァ!」ザッ

イーブイ「ブイッ!」ザッ

36: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 00:43:03.66 ID:gwEaAiXwO
カキ「ピカチュウとイーブイ……やせいのポケモンか!」チャキッ

マオ「ピカチュウとイーブイ……この組み合わせ…」

カキ「……マオ、お前の言いたいことはわかる。だが……よく見てみろ!」

ピカチュウ♀「ピカァ!」バリッ

イーブイ「ブイッ!」フシャー

カキ「……あのピカチュウはメスのピカチュウだ!サトシのピカチュウじゃない……!それに…イーブイも普通のイーブイだ。スイレンのナギサとは違う!」

マオ「……うん……」

カキ「………ガラガラ!」ポイッ

ガラガラ「ガラーラ!」ボフン

ピカチュウ♀「ピカァ!」バリッ

イーブイ「ブイッ!」グルル

カキ「………アイツらどう見ても戦闘体勢だ!やるぞ、マオ!」

マオ「……うん、そうだね…」

マオ「アマージョ!!」

アマージョ「ッジョ!!」グッ

40: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 20:06:13.41 ID:aJBEuiRfO

「イーブイ!」

「ピカチュウ!」

マオ「! 今、茂みの方から声が!!」

カキ「コイツら…トレーナーがいるのか!?」

「「でんこうせっか!!」」

ピカチュウ♀「ピカァ!」ダッ

イーブイ「ブイッ!」ダッ

バッ バッ

ピカチュウ♀「ピカァ!」ザザッ

ガラガラ「ガラッ!?」ハッ

イーブイ「ブイッ!」ザザッ

アマージョ「ッジョ!?」ビクッ

「イーブイ!すてみタックル!!」

「ピカチュウ!アイアンテール!!」

ピカチュウ♀「ピカー!」ブンッ

ガラガラ「ガラッ……!」ドサッ

イーブイ「ブイッ!!」ドンッ

アマージョ「………ッジョォ!!」ドサッ

カキ「ガラガラー!!」ダッ

マオ「アマージョ!大丈夫!?」ダッ

38: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 19:55:27.93 ID:aJBEuiRfO
ピカチュウ♀「ピカァ!」バリッ

イーブイ「ブイッ!」フシャー

カキ「くっ…!コイツら思ったよりやるな……」タラッ

カキ「それに…あのピカチュウとイーブイの戦いかた…まるでサト…」

マオ「……なに言ってるのよカキ!」

カキ「!」

マオ「私が知ってるサトシのピカチュウもスイレンのナギサも……あんなモンじゃなかったよ」ニッ

カキ「……ああ、そうだな」フッ

「…………」

カキ「……ガラガラ、まだやれるか?」

ガラガラ「ガラッ!」スクッ

マオ「アマージョ!」

アマージョ「!」

マオ「……あのピカチュウとイーブイに、本当のバトルってヤツを教えてあげようよ!」ニッ

アマージョ「ッジョ!!」ムクリ

ピカチュウ♀「ピカァ!」バリッ

イーブイ「ブイッ!」フシャー

マオ「ほらほらどうしたの!ビビってないでかかってきなよ!!」ヘイヘーイ

アマージョ「ッジョ!!」カモーン

41: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 20:37:51.87 ID:aJBEuiRfO
「ピカチュウ!アイアンテール!」

ピカチュウ♀「ピィカァ!!」ブンッ

カキ「ガラガラ!アイアンヘッドで受け止めろ!」

ガラガラ「ガラッ!」ギラン

ガキン

ピカチュウ♀「ピカッ!?」グググ

ガラガラ「ガラッ!」ニッ

カキ「ふんっ!どうした?俺が知ってるピカチュウのアイアンテールはもっと鋭かったぜ?」ニッ

ピカチュウ♀「ピ……」グググ

カキ「ガラガラ!そのまま弾き返して格の違いを教えてやれ!!」

ガラガラ「ガラーラ!!」グンッ

ピカチュウ♀「ピカァ!!」ズザザー


「イーブイ!!すてみタックル!!」

イーブイ「イッブイ!!」ダッ

ゴオオオ

マオ「……やっぱり……ナギサのすてみタックルの威力に比べたら全然だね」フッ

マオ「大人気ポケチューバーナメないでよ!!」ギラン

マオ「アマージョ!!トロピカルキック!!」

アマージョ「ッジョォォォ!!」ブンッ

イーブイ「ブイッ!?」ゴオオオ

ドスッ

イーブイ「……ゴブイッ!?」ゴフッ

アマージョ「ッジョ!!」ニィ

ドサッ

イーブイ「……ブイッー!!」ズザザー

42: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 20:47:20.06 ID:aJBEuiRfO
イーブイ、ピカチュウ♀「」プシュウウ…

マオ「やったー!私たちの大勝利!だよ!アマージョ!」

アマージョ「ッジョ!」グッ

マオ「ねぇ!今の撮った!?」

カキ「撮ってる訳ないだろ」ハァ

ガサガサ

カキ「!」

「イーブイ!大丈夫!?」ダッ

「ピカチュウー!!」ダッ

カキ「……どうやら…」

マオ「ピカチュウとイーブイのトレーナーのお出ましだね」

「ピカチュウー!!」ユサユサ

「イーブイ!!」

カキ「………子供……?」

マオ「………って……嘘でしょ……?ちっちゃいけど……」

息子「うぅ……!!妹には手を出すな!!」ブルブル

カキ「……髪が青いサトシと……」

娘「お兄ちゃん……」ブルブル

マオ「………黒髪のスイレン……?」

アマージョ「……ジョ……」

息子、娘「」ブルブル

カキ「……俺たちは……夢でも見てるのか……?」タラッ

マオ「……ねぇ、キミたち……」スッ

「ルガルガン!!」

カキ、マオ「!」

43: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 20:58:42.24 ID:aJBEuiRfO
ルガルガン「ガルッ!!」グルル

マオ「! そんな!?まだトレーナーが……」

カキ「! マオ!よく見ろ!そのルガルガン……」

カキ「サトシのルガルガンと同じ"たそがれのすがた"だ!!」

マオ「………え?」

「ルガルガーン!!」

ルガルガン「ガルッ!!」ブンッ

ガラガラ「………ガラッ!」ドサッ

カキ「嘘だろ!?消耗していたとはいえ、ガラガラを一撃で!?」

「アシレーヌ!!ハイドロポンプ!!」

アシレーヌ「シレーヌ!!」ドリュリュリュ

アマージョ「……ッジョ!!」ドサッ

マオ「アマージョ!!」

ガサッ

カキ、マオ「!」

サトシ「おい!この子たちに手を出すな!俺が相手になってやる!」ザッ

ピカチュウ「ピカァ!」バリッ

スイレン「二人とも!こっちに!」

ナギサ「イッブイ!!」グルル

娘「パパー!!」ビエーン

息子「ママー!!」ビエーン

カキ「……なぁマオ……俺たちはやっぱり夢を見てるのか……?」タラッ

マオ「……うぅん……夢なんかじゃないよ…」ジワッ

マオ「……スイレン!!……サトシ……!」グスッ

44: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 21:14:17.81 ID:aJBEuiRfO
ピカチュウ「! ピカピ!」クイクイ

サトシ「…………え?」チラッ

カキ「サトシ……」

サトシ「………………カキ…?」

スイレン「…………マオ……ちゃん……?」

マオ「……何がマオちゃん……よ……」フルフル

スイレン「え?」

マオ「……今まで何処に行ってたのよスイレン!!心配したんだがら~~!!」ビエーン

スイレン「マオちゃん………」

スイレン「……うん、ごめんね…」グスッ

ギュッ

マオ「うわぁぁぁぁん!!」ギュウ

サトシ「スイレン……マオ………」

カキ「……おい」ゴツン

サトシ「いでっ!!」

カキ「……たくっ!お前はいっつもいっつも……心配ばっかかけやがって」ハァ

サトシ「カキ……」

カキ「……俺たちが必死に探してたのをよそに……お前たちは二人でわけわからん島で子供をつくってただぁ?」チラッ

息子、娘「?」

サトシ「……ごめん……」

カキ「……さっきのガラガラとルガルガンのバトル……」

サトシ「!」

カキ「……あんなの不意討ちだ!言っておくが俺は負けを認めない……だから……」

カキ「………アローラに帰ったらもう一回勝負しろ……!」グスッ

サトシ「……ああ…」グスッ

サトシ「…………何回だって……受けてやるぜ!」ニッ

ピカチュウ「ピカピカ!」ニコニコ

ナギサ「ブイッ!」ニコニコ

45: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 21:32:23.85 ID:aJBEuiRfO
その後……

私とサトシを発見したマオちゃんは、すぐにマーマネに連絡をとった


マーマネのラボ

プルルルル……

マーマネ「………あー、もう!この忙しい時に電話……誰?」スッ

トゲデマル「マキュキュ」

マーマネ「……マオかぁ……また動画編集の件かな?」ピッ

マーマネ「………なに?マオ?僕今忙しいんだよねー。ポケチューブの件なら後に……」

マオ『マーマネェェェ!!……ぐすっ……』

マーマネ「」ビクッ

マーマネ(マオ……泣いてる……?まさか……またカキとケンカでもしたのかな……?)

マーマネ「ど、どうしたのさマオ!」

マオ『うぅ……ヒッグ…!ぞれがね?……ズイレンドザドジガイビビビ……グスッ…』

マーマネ「………え?は?な、何言ってるかわかんないよマオ!お、落ち着いてよ!」

トゲデマル「マキュキュ!」

『マオ!俺にかわれ!』

マーマネ「!」

カキ『おい!マーマネ!カキだ!』

マーマネ「………カキ……マオは何で泣いてるの?またケンカでも…」

カキ『……いいか?落ち着いて聞けよ?』

マーマネ「?」

カキ『……サトシとスイレンが生きてた…』

マーマネ「………サトシとスイレンが………?」

マーマネ「………………」

マーマネ「ハァァァァァ!?」ガタッ

トゲデマル「」ビクッ

マーマネ「ちょ……それってどういう……」

カキ『詳しい話は後だ!とりあえず場所を言うからリーリエに連絡をとってくれ!』

カキ『……いいか?場所は…アローラの外れの……』

マーマネ「わわわ!ちょ、ちょっと待ってよ!!えーっと……メモ用紙は……」ガサゴソ

トゲデマル「マキュ!」

………………

………


46: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 21:40:46.53 ID:aJBEuiRfO
数時間後

無人島


リーリエ「サトシー!スイレーン!」タッタッタ

シロン「コーン!!」タッタッタ

マーマネ「ハァハァ……ちょ、ちょっと待ってよリーリ……」チラッ

スイレン「リーリエ……」ウルッ

サトシ「マーマネ……」グスッ

マーマネ「…………サトシ……スイレン……」ウルッ

マーマネ「うわぁぁぁぁん!!」ダダダ

トゲデマル「マキュキュー!!」コロコロコロ

47: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 21:55:51.32 ID:aJBEuiRfO
ワイワイ

リーリエ「うぅ……二人とも無事で良かったです……!私、嬉しくて…」グスッ

サトシ「……心配かけてごめんリーリエ…」

スイレン「……リーリエ、会いたかった…」グスッ

リーリエ「ズイレーン!!」ビエーン

スイレン「リーリエ…」グスッ

マオ「……スイレン!リーリエ……!私たちアローラガールズはずっと一緒だよ」ギュッ

スイレン「うん」ギュッ

リーリエ「はい…」ギュッ

サトシ「へへっ、シロンもカッコいいキュウコンに進化したんだな?」ナデッ

シロン「コーン!」

マーマネ「……ま、僕は二人とも無事だって信じてたけどねー!」

サトシ「マーマネ……」

マーマネ「……なにさサトシ?背がおっきくなって……ちょっとカッコよくなっちゃって……」ウルッ

マーマネ「………ま、僕の次に……だけどね!」グスッ

サトシ「……ああ、そうだな!」グスッ

カキ「おいマーマネェ、サトシィ。だったら俺は何番目にカッコいいんだ?」ズイッ

サトシ「……えーと、カキは……」

マーマネ「とりあえず僕とサトシの後あたりで」

カキ「とりあえずってなんだ!」

ドゲデマル「マキュキュー♪」スリスリ

ピカチュウ「ピカカー♪」スリスリ

ナギサ「イッブイ♪」スリスリ

ルガルガン「ガルッ!」ニコッ

アシレーヌ「シレーヌ♪」ニコッ

シロン「コーン!」ニコッ

「ねぇねぇ」クイクイ

リーリエ「………え?」グスッ

娘「おねーちゃんたち誰ー?」

息子「知り合い?パパとママの」

リーリエ「………ちっちゃいスイレンと……」オォ

マーマネ「………ちっちゃいサトシだ……」ハハハ

48: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 22:15:04.28 ID:aJBEuiRfO
私とサトシ……そして子供たちはリーリエのヘリに乗せて貰ってメレメレ島に帰る……

私とサトシにとっては10年ぶりの……

子供たちにとっては初めてのメレメレ島…


メレメレ島


サトシ「メレメレ島……」

スイレン「……変わってない……10年たっても…」グスッ

息子「………おぉ!」キラキラ

娘「すっげー!!」キラキラ

「スイレーン!!」

スイレン「!」

スイレンママ「スイレーン!!」タッタッタ

スイレンパパ「スイレン!!」タッタッタ

スイレン「……お母さん……お父さん…」ジワッ

スイレン「おどうざん!!おがあざん!!」ダッ

スイレンママ「……アンタって子は!!心配ばっかりかけて!!私たちがこの10年……どんな思いで……うぅ……」グスッ

スイレン「……ごめんなさい……ごめんなさい!!」グスッ

スイレンパパ「……今は……娘が戻ってきたことを喜ぼう…無事に……」グスッ

スイレン「……お父さん……」グスッ

ホウ「お姉ちゃんのバカ!!死んじゃったと思ったんだから!!」グスッ

スイ「バカー!!お姉ちゃんの大バカ!!」ズピー

スイレン「ホウ……スイ……」

スイレン「……ごめんね……?うん、お姉ちゃんは大バカ…」グスッ

スイレン「……おっきくなったね?」ギュウ

ホウ、スイ「うわぁぁぁぁん!!」ビエーン

スイレン「……お父さん、お母さん……ホウ、スイ……私……」ギュウ

スイレンパパ、スイレンママ「!」

スイレン「……もう、行かないから……何処にも…」ニコッ

スイレンパパ「……ああ」ニッ

スイレンママ「……当然よ!」グスッ

アシレーヌ「シレーヌ…」グスッ

ナギサ「イッブイ♪」


サトシ(よかったな……スイレン)

ピカチュウ「ピカー!」

「サトシー!ピカチュウー!」

サトシ、ピカチュウ「!」

49: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 22:38:52.62 ID:aJBEuiRfO
ロトム図鑑「ロトー!!」ヒュー

サトシ「! ははっ、ロトム!」ダッ

ピカチュウ「ピカァ!」ダッ

ロトム図鑑「会いたかったロトー!サトシ!ピカチュウ!」

サトシ「……俺もだよロトム!」グスッ

ピカチュウ「ピカー!」グスッ

ロトム図鑑「……ごめんロト…サトシ、ピカチュウ。あの時の霧……ボクがもっと早く感知していれば……」

サトシ「……なーに言ってんだよロトム。ロトムのせいじゃないよ」ニッ

ロトム図鑑「サトシ……」

サトシ「へへっ、それよりさ!10年ぶりにあったのをもっと喜ぼうぜ!俺とロトム……名コンビの復活だ!」コチョコチョ

ロトム図鑑「さ、サトシー!くすぐったいロトー!」

ピカチュウ「ピカピカ!」ニコッ

「サトシ!」

サトシ「!」

ククイ、バーネット「……………」ザッ

サトシ「………ククイ博士……バーネット博士……」ウルッ

バーネット「………無事で……良かった……本当に…!」ギュッ

サトシ「……うん……ごめん……ごめんなざい……!」ギュッ

ククイ「…サトシ…」

サトシ「……ククイ博士………」

ククイ「………いや、俺から言うことは何もない……」

ククイ「………サトシとスイレンの元気な姿がまた見れた!……それで充分だ!」ニッ

サトシ「…………うん!」ゴシゴシ

ピカチュウ「ピカー!」

ククイ「………おっと、俺たちだけで喜びを分かち合ってる場合じゃないな!」

バーネット「………サトシ、今……あなたが一番会いたがってる人が来てるのよ?」

サトシ「………え?」

ピカチュウ「ピカ?」

「サトシ」ザッ

サトシ「!」

50: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 22:49:26.93 ID:aJBEuiRfO
ハナコ「………………」

バリちゃん「バーリリィ!」

サトシ「………ママ……」グスッ

ハナコ「………………」スッ

ハナコ「おかえりなさい!サトシ!」ニコッ

サトシ「…………へへへっ」ゴシゴシ

サトシ「うん!ただいま!」ニコッ

ピカチュウ「ピカァ!」

ワイワイ

息子「ねぇ!パパー!ママー!」ヒョコッ

娘「なんで泣いてるのー?」ヒョコッ

ハナコ、スイレンママ「!」

サトシ「………えーと……」

スイレン「そのー……」

ククイ「おぉ……!こりゃあ……ビックリタマゲタケだな…」

バーネット「やるわねぇ?サトシ?スイレン?」ニヤニヤ

サトシ、スイレン「ハハハ…」

息子、娘「??」

ハナコ「………ふふっ、どうやら……息子と娘と一緒に孫まで帰って来ちゃったみたいですね?」クスッ

スイレンママ「ですね?」クスッ

スイレンパパ「おじいちゃんだぞー?」ニコニコ

ホウ、スイ「お父さん適応早すぎ!」ビシッ

スイレンパパ「いてっ」

息子、娘「」ビクッ

51: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 23:05:14.42 ID:aJBEuiRfO
こうして10年間に及ぶ私とサトシの無人島生活は終わりを告げた

後から聞いた話だと……マオちゃんやカキ……そしてマーマネやリーリエがあの島に来た時に……

10年間一度も晴れることの無かった海を覆う霧は……影も形もなかったらしい…

当然、私たちが島を出る時もあの霧は無かった……

あの海を覆う霧は……私たちを島に誘った色違いのラブカスはなんだったんだろう?

謎だけが残った……

ただ……霧を開けた"鍵"については少しだけ……思いあたることがある……

でも……今はそんなことはどうだっていい

今は……みんなと再会できた喜びを……そして……


サトシ「スイレン!」

スイレン「!」

サトシ「帰ろうぜ!」ニッ

ピカチュウ「ピカァ!」

ナギサ「イッブイ!」

アシレーヌ「シレーヌ!」

息子「ママー!」

娘「はやくはやくー!」

スイレン「……うん」スクッ

スイレン「今行く!」ニコッ

タッタッタ


サトシや子供たち……家族と一緒にこれから歩んでく未来を

ただ……噛みしめたい…

52: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 23:18:43.27 ID:aJBEuiRfO
一ヶ月後……

アローラ地方 メレメレ島

サトシとスイレンの家


息子「おばーちゃん!あれ食べたい!アイス!」グイグイ

娘「私はハニーミツドーナツ!」グイグイ

ハナコ「はいはい、後で作ってあげるからね~?」ニコニコ

バリちゃん「バーリリィ!」

息子、娘「やったー!!」キラキラ

スイレン「あの子たち…すっかりおばあちゃんっ子!」クスッ

サトシ「おーい!あんまりおばあちゃんを困らすなよー!」

ハナコ「サトシがそれを言う?」キッ

サトシ「うっ…」グサッ

ピカチュウ「ピカピ」ポンッ

スイレン「ふふっ」クスッ

ナギサ「ブイッ!」


あれから私とサトシは……メレメレ島に家を貰ってサトシのママと一緒に住んでいる

もう何処にも行って欲しくない。出来るだけ近くに居てほしいって言うみんなからの配慮!


ピンポーン

サトシ、スイレン「!」

スイレン「サトシ!」

サトシ「うん、来たみたいだな!」

53: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 23:33:22.73 ID:aJBEuiRfO
ガチャッ

カキ「よう!」

マオ「アローラー♪」

マーマネ「へぇー?ここがサトシとスイレンの新居かー」キョロキョロ

リーリエ「素敵なお家ですね!」ニコッ

サトシ「へへっ、だろ?」

スイレン「入って入って!」ニコッ



マオ「スイレーン?サトシとの愛の巣の住み心地はどぉー?」ニヤニヤ

スイレン「あ、愛の巣って……そんな…////」ポッ

リーリエ「ふふっ、その様子だと…順調なようですね?」クスッ

スイレン「ま、まぁ/////」テレッ

カキ「サトシー!スイレンとの夜の生活はどうだー?」ニヤニヤ

マーマネ「やっぱり……スイレンが攻めなの?」ニヤニヤ

サトシ「夜……?攻め……?」

スイレン「ちょ……/////」

マオ「ハァ…まったく…これだから男は…」

リーリエ「最低です!最低すぎです!」プンプン

サトシ「………ん~……」

スイレン「さ、サトシ……!やめて////」

カキ、マーマネ「」ニヤニヤ

マオ、リーリエ(でも……ちょっと気になる…)ゴクリ

サトシ「………夜は……スイレンのイビキがうるさい」

スイレン「ちょっと!」ビシッ

サトシ「いだっ!」

カキ、マーマネ、リーリエ、マオ(サトシ……大人になったんだな…)

ピカチュウ「ピカァ」

ナギサ「イッブイ」

54: ◆7HdZn/25p6 2019/04/15(月) 23:47:34.87 ID:aJBEuiRfO
タッタッタ

「あーっ!!」

娘「マオマオだー!」

息子「マオマオー!」

マオ「アローラ!ちびっこちゃんたち♪」ニコッ

息子、娘「アローラ!」

息子「あっ!KAKIもいるー!」ビシッ

娘「KAKIー!後でバトルしよーよ!」

カキ「こらこら、カキお兄さんと呼びなさい。それと……バトルは10歳になってからな!」クドクド

息子「うわぁ……KAKIってノリ悪い…」

娘「過保護だー」ジトー

カキ「なっ!?」ガーン

マーマネ「カキ……自分に子供ができたら大変そうだね?」ハハハ

リーリエ「ですね?」クスッ

息子「マーマネー!早くガールフレンドつくれよー?」フフフ

マーマネ「よ、余計なお世話だよ!」

娘「マーマネー!リーリエなら今フリーだよー」

リーリエ「よ、余計なお世話です!」

サトシ「その……みんな……」

スイレン「…ごめん……この子たちには言っておくから…」

マオ「ハハハ…サトシとスイレンに似て……元気でいい子たちだね?」

息子「さっすがマオマオー!大好きー!」

娘「アローラ1のポケチューバー!」

マオ「アハハ、テレちゃうなー?////」テレッ

息子、娘「うっそだぜー!!」

マオ「……………」ズーン

サトシ、スイレン「……ごめん…」

55: ◆7HdZn/25p6 2019/04/16(火) 00:02:22.06 ID:I4OTlKI5O
マーマネ「ま、まぁ…とりあえず……」

リーリエ「上映会……はじめましょうか?」ニコッ

サトシ、スイレン「!」


私たちがあの島から帰ってから一ヶ月がたった……

"10年前に神隠しで消えた少年と少女の帰還!"だなんて……いかにもテレビが食いつきそうな話題!でも……

私とサトシはあんまり大事にしたくなかったから、リーリエに頼んでメディアを完全にシャットダウンしてもらった。リーリエ、すごすぎ

でも……心配かけたみんなには私とサトシの生存報告をしなくちゃなんない!……って訳で……

マオちゃんとカキがやってるポケチューブの"まおちゃんねる"で

アローラ地方限定で私たちの生存報告特集を配信することになった


サトシ「マーマネ……アローラ限定配信なんて本当に出来るのか?」

マーマネ「もちろん!僕にかかればこれくらい楽勝だよ!」ドヤッ

サトシ「おぉー!すっげー!マーマネ!」

スイレン「さすがマーマネ!」

マーマネ「ま、まぁね?」ドヤッ

56: ◆7HdZn/25p6 2019/04/16(火) 00:23:33.95 ID:I4OTlKI5O
リビング


息子「おばあちゃんの隣ゲットー!」ボフッ

娘「私もゲットだぜー!」ボフッ

ハナコ「ふふっ、一緒にみましょーねー?」ニコニコ

バリちゃん「バーリリィ!」

ジジ…

サトシ「始まるぜ!」ワクワク

ピカチュウ「ピカァ!」ワクワク

スイレン「うん!」ワクワク

ナギサ「イッブイ!」ワクワク


バッ

マオ『アローラー♪アイナ食堂の看板娘"マオマオ"だよ~♪』キャピッ

カキ『……みなさんアローラ。最近妹がクチをきいてくれなくて、心がウルトラホールのKAKIです』


リーリエ「……最近……ホシちゃんクチをきいてくれないんですか?」

カキ「……うん…」グスッ

息子、娘「マオマオだー!!」キラキラ

スイレン「ふっふっふ。実はウチの子たち……マオマオちゃんの大ファン!」

マオ「え!?本当?」

スイレン「うん!これはホントのホント!」ニコッ

娘「私ねー!将来はポケチューバーか料理人になる!いや……絶対になってやる!!」

マオ「いやぁ…テレるなぁ~////」テレッ

カキ「な、なぁ…サトシィ…」チョンチョン

サトシ「ん?」

サトシ「……あー……カキの○○とバトルしてみたコーナーも見てるよ?あれ、すっげー楽しいよな!」ニッ

ピカチュウ「ピカピカ!」

カキ「ま、まぁな?////」デレーン

息子「ま、KAKIよりパパの方が強くてカッコいいけどな!」

カキ「………ほう?」ピクッ

カキ「………だったらサトシー?今度バトルするか?」ニヤッ

サトシ「いいよ!」

カキ「………サトシには悪いが……息子の前で恥をかくことになるなぁ?」ニヤニヤ

サトシ「へへっ、それはどうかな?」ニッ

ピカチュウ「ピカー!」

マーマネ「……まったく、少しは静かに見なよ」ヤレヤレ

リーリエ「ふふっ、みんな……昔と変わっていませんね?」クスッ

57: ◆7HdZn/25p6 2019/04/16(火) 00:36:10.68 ID:I4OTlKI5O
マオ『パンパカパーン!!今日のまおちゃんねるはなんとー……』

カキ『あの……10年前に神隠しにあった少年少女…サトシとスイレンがゲストで来てるぞー!!』

マオ『………それでは……お二人に登場して頂きましょう!』


ハラの家

ハウ「じーちゃんじーちゃん!もうはじまってるよ!!」

ハラ「おぉ……!いよいよですかな?」

カプ・コケコ「……………」コソッ


サトシ『え、えーっと!みなさんアローラ……!この度はみなさんにご迷惑をかけて……その……すみませんでした!』ペコッ

ピカチュウ『ピカー!』ペコッ

スイレン『わ、私たち……その……!生きてます!この通り!』ペコッ

ナギサ『イッブイ!』ペコッ


アーカラ島

ライチ「……本当……どんだけ心配したと思ってんのよ?」ハァ

ライチ「……サトシはいい男に……スイレンは美人になっちゃって」クスッ

カプ・テテフ「テフテフー」ニコッ

58: ◆7HdZn/25p6 2019/04/16(火) 00:44:59.46 ID:I4OTlKI5O
サトシ『そのー……10年前のあの日……スイレンと釣りしてたら、色違いのラブカスがー……』

スイレン『そ、それで……!モヤモヤの霧にのまれてスヤスヤ!気づいたら無人島!』

ピカチュウ『ピカピカー!』

マオ『あ、アハハ……二人とも…気持ちはわかるけど少し落ち着いてよー…』

カキ『何言ってるか全然わからんぞー』


ポニ島

ハプウ「サトシー!スイレン!やっぱり生きておったのじゃな!わらわは信じておったぞ!!」ウルウル

マツリカ「………うん!よかったよかった!」ニコッ

アブリボン「リボボーン!!」

カプ・レヒレ「レヒー」

59: ◆7HdZn/25p6 2019/04/16(火) 19:15:44.88 ID:I4OTlKI5O
スイレン『アローラに……メレメレに戻ってきて思ったの…』

スイレン『これからは……無人島に行ってた10年間の時間を埋めるくらい……親孝行したい!』

スイレン『友達ともいっぱい思い出を作りたい!』


ウラウラ島

アセロラ「サトシ…スイレン……」グスッ

ミミたん「キュー」ウル

カプ・ブルル「ブルー!」シクシク

クチナシ「へっ」ニッ

クチナシ「……ほらほら、いつまで泣いてんだぁ?もう子供じゃねぇんだぞ」ポンッ

アセロラ「うぅ……わ、わかってるよ!おじさん」グスッ

クチナシ「……メレメレ行くぞ!仕度しな」ニッ

アセロラ「……うん!」ニコッ


スイレン『そして………サトシや子供たちと……ゼンリョクで"これから"を楽しみたい!』

サトシ『うん!』

息子、娘『ゼンリョクー!!』


アセロラ「……って、えぇ!?何でサトシとスイレンに子供がいるの!?」

カプ・ブルル「ブル!?」

ミミたん「キュー」

クチナシ(やっぱまだ子供だな…)ハァ

60: ◆7HdZn/25p6 2019/04/16(火) 19:28:33.89 ID:I4OTlKI5O
マオ『えー……じゃあ最後に……二人に質問いいかな?』

サトシ、スイレン『!』


エーテルパラダイス

グラジオ「家族……」

ルザミーネ「…ふふっ、あの子たち……昔と変わらず元気そうね?」クスッ

グラジオ「………ああ」フッ


マオ『………ズバリ!無人島で生き抜くコツは?』



スイレン「!?」

スイレン「ちょ、ちょっと!最後、アレ……カットしてくれた!?」

マーマネ「え?なんでカットするの?」

カキ「むしろあそこが一番いいとこだろー?」ニヤニヤ

リーリエ「あのセリフを言ったスイレン……とっても素敵でした」ニコッ

マオ「うんうん!私もいつかは言ってみたいなー」ニコッ

スイレン「うぅ////」

サトシ「スイレン…みんなに見られるの嫌なの?」

スイレン「い、嫌……って言うか…恥ずかしい////」

サトシ「そう?あの時のスイレン、すっげーカワイ……」

スイレン「/////」プシュー

カキ「やれやれ」

マーマネ「……サトシもスイレンも……大人になったと思ったら…」

マオ「全然子供の頃と変わってないね?」クスッ

リーリエ「ですね?」ニコッ

ピカチュウ「ピカァ!」ニコッ

ナギサ「ブイッ!」ニコッ

61: ◆7HdZn/25p6 2019/04/16(火) 19:35:52.93 ID:I4OTlKI5O
サトシ『無人島で生き抜くコツ?う~ん……なんだろうなぁ……』

サトシ『………まずー……食料や水の確保と、家を作ること……それからー……島のポケモンたちと仲良くなることや諦めない心……』ブツブツ

サトシ『………う~ん……いっぱいあってわかんないよ!』

マオ『アハハ……』

カキ『サトシ………』

スイレン『………無人島で生き抜くコツ、それは!』コホン

サトシ、マオ、カキ『!』

スイレン『気合いと根性!そして絆!それと……ゼンリョクの……』

ピカチュウ『ピカァ!』

ナギサ『ブイッ!』

スイレン『愛です♪』






おわり