前回 【安価】提督「提督として生きること」【艦これ】その5 

4: ◆I045Kc4ns6 2016/10/13(木) 23:00:17.48 ID:gWkdK+b3O



~~~♪


提督「ん、と・・・もしもし?」


医務妖精『もしもし、提督さん!?大変なんだよ、飛鷹さんが倒れちゃって!』


隼鷹「えっ・・・飛鷹が!?」


提督「分かった。医務室だな?すぐに行くよ」


提督「隼鷹、お前も来るだろ?」


隼鷹「当たり前じゃん!行こう!」










↓1 どうなる?

引用元: ・【安価】提督「提督として生きること」【艦これ】その6 


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/13(木) 23:04:06.41 ID:G12NltIW0
提督?(偽提督)が隼鷹の前に現れた
慌てるの顔で橿原丸と出雲丸の事を尋ねる

7: ◆I045Kc4ns6 2016/10/13(木) 23:08:19.14 ID:pA9IRS5xo





タッタッタッタッ…

 
隼鷹「っ、ち、ちょっと提督、走るの早すぎだよ・・・はぁ」


隼鷹「こっちは二日酔いだってのに・・・うん?」


提督?「おい、隼鷹!」   


隼鷹「何さ提督・・・戻ってきたの?」   


提督?「いや・・・それより、橿原丸と出雲丸、見てないか?」
   

隼鷹「・・・はぁ?」


隼鷹(何これ?いよいよあたし、おかしくなっちゃったのか・・・?何で提督がそんなこと聞くんだよ?)


隼鷹「提督、どうしたのさ・・・?なんかおかしくない?」


提督?「っ・・・」








↓1 どうする?どうなる?

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/13(木) 23:17:35.89 ID:MGaTLDuQ0
隼鷹、異変に気付き提督を殴りかかる

照月の旅行は消化済みだし最上型が忘れられているぞ

9: ◆I045Kc4ns6 2016/10/13(木) 23:20:54.11 ID:pA9IRS5xo


隼鷹「・・・アンタ、なんか怪しいんだよね。提督じゃないだろ?」


提督?「な、何言ってるんだ橿原ま・・・隼鷹。俺は・・・」


隼鷹「うるせー!一体何者だお前はー!」


ガシッ!
 

提督?「っ、じ、隼鷹!?」


隼鷹「いい加減正体明かしなよ・・・じゃなきゃ、容赦しないからね?」


提督?「う・・・」









↓1 どうなる?

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/13(木) 23:23:36.54 ID:G12NltIW0
※提督?(偽提督)
<<提督「提督になれてよかった」その4>> より

提督?、渋々ながら自身のことを話す

11: ◆I045Kc4ns6 2016/10/13(木) 23:29:53.45 ID:pA9IRS5xo


偽提督「はぁ・・・分かったよ。確かに俺は提督じゃない。でも、何者かって聞かれたら俺は提督だよ」


隼鷹「・・・何言ってるのさ?」スッ…


偽提督「殴るなって・・・提督の体のこと、知ってるだろ?」


隼鷹「深海棲艦が混じってるってやつのこと?」


偽提督「そうだ。俺はその過程で『もしも』のことがあったときの為に作られたクローンだよ」
  

偽提督「だから、俺は提督なんだ。少なくとも今の提督とは違うけどな」


隼鷹「・・・そのクローンさんがなんで来たんだよ?」


偽提督「さっき言ったろ?橿原丸と出雲丸のことだよ」


隼鷹「・・・うーん」








↓1 どうする?どうなる?

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/13(木) 23:37:02.48 ID:/PUrk1zG0
説明を続ける偽提督

13: ◆I045Kc4ns6 2016/10/13(木) 23:42:13.91 ID:pA9IRS5xo



隼鷹「・・・アンタが来たことは、昔のアタシたちが出てきたことと関係あるの?」


クローン「ああ、多分な・・・俺はこの鎮守府の近くの改装場にいたんだ。艦娘になる前のお前たちがよく使ってた所だ」   


クローン「俺は目覚めたとき、お前と出雲ま・・・飛鷹を見つけた。すぐに消えてしまったけどな。多分、俺が目覚めた原因は彼女たちだろう」


隼鷹「・・・あの昔のあたしたちってなんなの?」


クローン「さあな。幽霊かもしれないし、思念体と呼べるものかもしれない。詳しいことは俺も知らん」


クローン「とにかく、調査に協力してくれないか?」


隼鷹「えぇ~・・・?」









↓1 どうする?どうなる?

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/13(木) 23:43:32.75 ID:G12NltIW0
移動中、偽提督が提督の嫁の数で絶句
鬼の形相で提督へ、古鷹の事を尋ねる

15: ◆I045Kc4ns6 2016/10/13(木) 23:49:50.16 ID:pA9IRS5xo



隼鷹「・・・とにかく、返事は後でいい?今は医務室に行かなきゃ」


クローン「ああ、そうだったな・・・いいよ。付いていこう」


隼鷹「・・・あんた、提督と会って大丈夫なの?」


クローン「大丈夫だよ。オリジナルも俺のこと知ってるし」




【移動中】
 

金剛「Good Morning!テートクLa今日も格好いいデース!」


加賀「おはようございます・・・どこかに変わりました?」


曙「おはよ、クソ提督・・・何よ?」


クローン「彼女達は・・・?指輪をしているが・・・」


隼鷹「んん?あれ全部嫁だよ」


クローン「なんだとぉ!?」


クローン「では、古鷹は・・・古鷹は!?くそっ、こうしちゃおれん・・・!」


タッタッタッタッ…


隼鷹「あ、ま、待って待って!」









↓1 どうなる?

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/13(木) 23:55:45.79 ID:/PUrk1zG0
提督と偽提督が遭遇

17: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 00:00:13.75 ID:H5oXgm4/o



【医務室】


提督「・・・隼鷹のやつ、どこいったんだ?」


「おい、貴様!」


提督「ん・・・っ!?おわぁ!?」


クローン「何という破廉恥な男だ・・・!貴様が俺のオリジナルだなんて、認めたくないな!」

 
提督「クローンって・・・まさか、まだ残ってたのかよ?」


古鷹「提督、どうしました?」


提督「あぁ、古鷹。少しな・・・」   


赤ちゃん「あ~?」


クローン「なっ、き、貴様!こ、子供まで!?おのれぇぇぇぇぇっ!!」   


古鷹「えっ・・・提督が二人?」












↓1 どうなる?

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 00:04:55.76 ID:oE6vnuhs0
多くの艦娘は事情を知る、大騒ぎになる

19: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 00:09:40.01 ID:H5oXgm4/o



クローン「俺は自分が恥ずかしいぞぉぉぉぉぉッ!!」ガシッ!


提督「こ、こら!やめろっ、し、締まる・・・!」


隼鷹「ちょっ、や、やめなって!」


赤ちゃん「ぱーぱ」


古鷹「あはは・・・そ、そうだね。パパ、二人いるね・・・」






大和「・・・なるほど。それであなたは提督のクローンだと」


クローン「ああ。それにしても・・・驚きだな。わざわざドイツから来てくれたのか」


littorio「私達には提督が二人いるほうが驚きなんですけど・・・」


一同『うんうん』


提督 クローン「「そうか?」」


隼鷹「・・・そういや提督。飛鷹は?」






↓1 倒れた飛鷹の容態

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 00:10:53.88 ID:MyzWXq1K0
体に異常はない。むしろなぜ起きないのか不思議な状態

21: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 00:15:04.95 ID:H5oXgm4/o



提督「ああ。意識はないが、体に異常はない・・・本来なら起きてておかしくないはずなんだが」

 
クローン「俺の見た出雲丸と、何か関係があるかもしれんな・・・」


隼鷹「・・・そうか」


赤ちゃん「あ~」ヨチヨチ


提督「おぉ、ハイハイも上手になったな~。いい子でちゅね~」


クローン「・・・不思議な気分だ」








↓1 どうする?どうなる?

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 00:19:05.78 ID:oE6vnuhs0
出雲丸、笑いながら飛鷹の上で現れた
不気味な雰囲気に

23: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 00:24:16.98 ID:H5oXgm4/o



隼鷹「ともかくさ、体に異常はないなら、飛鷹をここに連れてきたら?そのほうが話も進むでしょ?」


提督「ん、そうだな・・・手伝ってくれ」


クローン「ああ、分かった」






飛鷹「すぅ、すぅ・・・」


赤城「・・・端からは寝てるようにしか見えませんね」


浦風「そうやね。どこもおかしくは・・・」
  

『ふっ、ふふふふっ・・・』


フワッ…


出雲丸『ふふふ・・・っ』


クローン「! 出雲丸!」









↓1 どうなる?

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 00:31:22.01 ID:MyzWXq1K0
出雲丸が飛鷹に憑依する

25: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 00:36:09.56 ID:H5oXgm4/o


長門「提督、彼は一体誰と話を・・・」


提督「いいから下がってろ!」


クローン「そのとおりだ。何をしてくるのか、わからんぞ・・・」


出雲丸『・・・』ニヤリ…


スッ…


飛鷹「んっ・・・」


クローン「飛鷹に取り憑いた・・・!?」


隼鷹「ち、ちょっと、大丈夫なの!?」


飛鷹「・・・」パチッ…


スクッ…


飛鷹(出雲丸)「ふぅ・・・」


提督「・・・」ゴクリ…










↓1 どうする?どうなる?

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 00:38:57.99 ID:oE6vnuhs0
飛鷹(出雲丸)が話し出す
自身は飛鷹の未練の事を
出雲丸「コンドワ、カノジョニ、ユズレナイ」

28: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 00:44:39.96 ID:H5oXgm4/o



出雲丸「・・・何よ。そんなにジロジロ見て」


提督「・・・君は、飛鷹なのか?それとも・・・」


出雲丸「その名前で呼ぶのはやめて。私の名前は出雲丸」


クローン「・・・出雲丸。君は何者なんだ?何故また現れたんだ?」


出雲丸「そんなの知らないわよ。私はただ、私が悩んでることを知ってきただけ」


提督「悩み・・・飛鷹がか?」


出雲丸「えぇ。でも、なんか不器用じゃない?今の私って。だから、代わりに私がやりたいことやってあげようって」


隼鷹「あー・・・まあ、飛鷹のやつ、ずっと悩んでたし」


提督「・・・とりあえず、敵意はなさそうだな」










↓1 どうする?どうなる?


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 00:50:57.08 ID:MyzWXq1K0
出雲丸「というわけで行ってくるわ」
(勝手に外出)

30: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 00:53:08.67 ID:H5oXgm4/o



出雲丸「んじゃ、そういう訳で。行ってくるから!」


スタスタスタ…


提督「あ、お、おい!」


クローン「追うぞ、オリジナル!」


提督「あ、ああ。隼鷹、行くぞ!」


隼鷹「へいへい・・・ま、ほっとけないもんね!」










↓1 どうなる?

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 00:53:41.12 ID:oE6vnuhs0
飛鷹(幻)、橿原丸が一瞬だけ、隼鷹の後ろに現れたを見る

32: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 00:59:38.09 ID:H5oXgm4/o


「おーい!」


出雲丸「うん?」


クローン「おい、勝手に行くんじゃない!」


出雲丸「あら、心配してくれたの?大丈夫よ、平気だから」


提督「・・・お前、この島のこと知らないだろ?案内してやるよ。それならいいだろ?」


出雲丸「あら、確かにそれならいいわね。お願いするわ・・・まずは、私に貴方が買ってくれた、あのお菓子を買いに行きましょ!」


提督「お菓子・・・?あぁ、ドーナツか」

 
出雲丸「そうそれ!行きましょ!」


隼鷹「元気だなぁ、まったく・・・」   


橿原丸『・・・』フッ…

 
出雲丸「・・・」










↓1 どうなる?

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 01:07:41.22 ID:SDWJcbxf0
商店街へ

34: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 01:12:26.37 ID:H5oXgm4/o




【商店街】


隼鷹「あれ?提督ー、ミ○ドはここじゃなくない?」


提督「ああ、だからここを突っ切って行こうと思ってな。どうだ?昔と変わったろ?」


クローン「そうだな・・・馴染みの店が幾つか潰れてるのは、悲しいな」


出雲丸「ねぇねぇ!あれ何かしら!?」


隼鷹「ん、どしたよ?」


提督「あまりはしゃいで逸れるなよ」










↓1 どうなる?

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 01:13:39.21 ID:oE6vnuhs0
隼鷹、自身と橿原丸のことを考える

橿原丸『・・・』

39: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 23:00:13.26 ID:H5oXgm4/o


出雲丸「はふっ、はふっ・・・うん、このコロッケ、美味しいわ!」


提督「そりゃ良かった。飲み物いるか?」


出雲丸「あら、気が利くわね!」





隼鷹「・・・」


隼鷹(あの出雲丸は、飛鷹の悩みを解決しようと出てきたんだよね)


隼鷹(じゃあ、橿原丸の方は・・・あたしの悩みを解決するために?あたしの、悩みって・・・)


隼鷹(うーん・・・)


橿原丸『・・・』








↓1 どうする?どうなる?

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 23:04:21.57 ID:Yn4lmO9m0
隼鷹「とりあえず悩みらしい悩みがないことが悩みか(笑)」

41: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 23:08:04.45 ID:H5oXgm4/o



隼鷹(・・・)


隼鷹「・・・まあ、悩みなんて無いわ。あたし!毎日楽しいし!」


隼鷹「改二にもなってるし、戦闘もソコソコこなせるし・・・ちょくちょく怒られるけど酒も毎日飲める!」


隼鷹「こんな楽しい人生に悩みなんてないっつーの!なはははははは!」


隼鷹「おーい、出雲丸ぅー。あたしに一口くれよ~」


出雲丸「嫌よ。自分で買いなさい!」








↓1 どうなる?

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 23:08:42.12 ID:oE6vnuhs0
鎮守府side
靑葉たち、飛鷹と隼鷹の悩みを知るために、それぞれの部屋を調べる

43: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 23:12:34.71 ID:H5oXgm4/o



【鎮守府】


青葉「・・・と言う訳で、お二人の部屋を調べませんか?」


古鷹「・・・いや、何がと言う訳なの?」


加古「また空き巣かよ青葉・・・」


青葉「空き巣じゃありません!物は取ってないんですから、そんな言い方しないでください!」


衣笠「でも写真は撮るでしょ?」


青葉「それは、まあ・・・」


青葉「とにかく!何かあってからじゃ遅いんです!早く調べましょう!」


タッタッタッタッ…


古鷹「あ、ちょっと青葉ぁ!」









↓1 どうなる?

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 23:30:54.84 ID:SDWJcbxf0
これと言ったモノはなく
あるとすれば、隼鷹の部屋に厳重に保管されているドンペリぐらい

46: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 23:35:19.19 ID:H5oXgm4/o



青葉「何もなかった~・・・」


衣笠「いや、あるわけないじゃん・・・」


加古「まあ、飛鷹の部屋にぬいぐるみとか置いてあったのは意外だけどな。好きなのか?」


古鷹「そうなんじゃない?あとは・・・」


『さ わ る な』


青葉「このドンペリ、かなり厳重な金庫の奥にあったから何かと思ったら・・・ほよよよ」


衣笠「ほんとお酒好きだなぁ、隼鷹さん・・・」









↓1 どうなる?

隼鷹たちの視点に戻しても構いません

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 23:37:25.61 ID:Yn4lmO9m0
青葉(記事のネタなかったか…)こっそり盗聴器を設置

49: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 23:41:40.45 ID:H5oXgm4/o



青葉(・・・記事のネタになるようなことはなかったか。ううん・・・)


青葉(でも、一応盗聴器は仕掛けておきますかね~)


スッ…


古鷹「青葉、盗聴器?やめときなよ・・・」


青葉「ふぇぇっ!?な、何もしてないですよ!?」


加古「いや、バレバレだっての・・・あたしたちの部屋にはつけてねぇよな?」


青葉(そりゃ、古鷹さんは子育てしててほっこりするし、衣笠は面白くないし、加古さんは部屋だとほぼ寝てるから・・・)


青葉「青葉、付けても面白くない部屋にはつけませんからね!」


加古「・・・失礼なやつだな」









↓1 どうなる?

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 23:47:59.21 ID:oE6vnuhs0
スッ…
龍驤(...なるほど)
飛鷹と隼鷹の願いより、隠れものは龍驤の部屋に

51: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 23:53:08.37 ID:H5oXgm4/o



青葉「はー!もういや!無駄足でした!古鷹さんの部屋で癒やされましょう!」


衣笠「今何ヶ月だっけ?」


古鷹「もうすぐ一歳だよ♪」  


加古「はー、もうそんなに経つのか・・・」


スタスタスタ…


龍驤(・・・ウチに頼んで正解やったな。二人とも)スッ…


龍驤(というか青葉、ホンマに鋭いな・・・二人がウチに隠すよう頼んでなかったら、バレとったで)


龍驤(さて、と・・・)




1 隼鷹視点 ミ○ドにいく

2 龍驤視点 隠した物を見に行く

3 その他自由安価



↓1

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/14(金) 23:55:49.26 ID:hSpM/GCTo
1

54: ◆I045Kc4ns6 2016/10/14(金) 23:58:45.52 ID:H5oXgm4/o



【ミ○ド】


出雲丸「くんくん・・・♪うん、いい匂いね~」


クローン「甘ったるい匂いだな・・・俺は苦手だ」


出雲丸「そう?私は好きよ、この匂い」


隼鷹「よく鎮守府に買ってきてるもんね・・・ウキウキしながら食べてるし」


出雲丸「いいじゃない、美味しいんだもの。さて、何にしようかしら?」


提督「お前の悩みを解消するために来たんだし、好きな物でいいよ」


出雲丸「そう?悪いわね♪」








↓1 どうなる?

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 00:02:09.50 ID:QuHEMDAi0
出雲丸、提督とクローンとあーん
隼鷹「...」

56: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 00:04:51.49 ID:ARXOJo0Eo



出雲丸「~♪おいし~い♪」モグモグ


提督「よく食うな・・・お前もいるか?」


クローン「いや、俺は・・・」
  

隼鷹「そう冷たいこと言うなよぉ!ほら、食べなって!あーん♪」

 
クローン「じ、隼鷹・・・っ、あーん」


隼鷹「ほぉら、提督も!あーん♪」


提督「ん、あーん」   


パクッ


隼鷹「あたしも食べよっ♪」パクッ


出雲丸「むぅ・・・」

    






↓1 どうする?どうなる?

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 00:30:37.67 ID:MsZb37QM0
次は酒を見に行く

58: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 00:33:09.44 ID:ARXOJo0Eo



出雲丸「ごちそうさま」


提督「おう、お前はどうだった?」


クローン「昔はこんな甘いものはなかったから避けてたが・・・なかなかいいな」


隼鷹「あたしも~、ドーナツってツマミにならないのかね~」


提督「無理じゃないか・・・?出雲丸、次は?」


出雲丸「次はお酒!お酒を買いに行くわよ!」


隼鷹「お?あたしの出番かな~」









↓1 どうなる?

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 00:46:02.54 ID:QuHEMDAi0
隼鷹、飲むたびに橿原丸が一瞬だけれる
現れたたびに隼鷹に迫る

61: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 00:50:18.98 ID:ARXOJo0Eo



【酒屋】


出雲丸「えーっと、とりあえずこれ・・・」


提督「あぁ、飛鷹もいつもそれ飲んでるな。好きなのか?」


出雲丸「ええ。でも、今日は飲む気だからね。隼鷹、何か美味しいの頼むわ!」


隼鷹「お、任せて任せて~!試飲試飲~♪」


ゴクッ…


隼鷹「っ・・・!?」フラッ…


提督「お、おい!?」


隼鷹「あ、とっとと・・・だ、大丈夫大丈夫」


クローン「どうした?体調が悪いのか?」


隼鷹「平気だって~、気にしないでよ・・・ちょっと意識が飛んだだけだからさ」








1 酒屋で買い物を続ける

2 腹が減ったので昼食

3 その他




↓1

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 00:52:38.06 ID:QpZr1lDQ0
2摩耶の店へ

63: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 00:56:43.50 ID:ARXOJo0Eo



提督「隼鷹。酒はほどほどにしとけよ。この前も飲んでたろ?」


隼鷹「はぁ~い・・・」


出雲丸「ねぇ、お腹空いたんだけど、ご飯にしない?」


提督「お、おう。いいぞ」


出雲丸「イタリアンが食べたい気分なの。いい店ある?」


提督「それなら、摩耶の店に行くか・・・」


クローン(摩耶?摩耶って、あの摩耶か・・・?あいつが、店だと!?)








※初期摩耶様はメシマズでした




↓1 摩耶の店にいた先客

いなくても構いません

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 00:59:14.29 ID:yMXP4ppA0
不知火と陽炎浜風

66: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 01:03:09.05 ID:ARXOJo0Eo

カランカラン


摩耶「いらっしゃ・・・おぉ、提督が二人・・・」


提督「はは、お前も驚くか」


出雲丸「へ~、いい雰囲気じゃない」


不知火「・・・司令達は昼食ですか?」


陽炎「飛鷹さん、大丈夫?」


出雲丸「飛鷹じゃなくて、出雲丸!」


隼鷹「まあそうカッカしなさんなよ。早く頼もうぜ?」







↓1 食事中イベント どうなる?

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 01:04:13.91 ID:QuHEMDAi0


隼鷹、橿原丸のささやきが聞こえる(とてもネガティブの聲)

69: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 23:00:15.56 ID:ARXOJo0Eo


【摩耶の店】


出雲丸「うんうん、美味しいわ!」


クローン「これがあの摩耶の作った・・・信じられんな」


摩耶「うるせーよ」


隼鷹「摩耶!ワインちょうだ・・・」


『飲むの?ワイン・・・』


隼鷹「えっ・・・?」


橿原丸『いい身分ね。昼間からお酒だなんて』


隼鷹(な、なんだってのさ・・・!?)










↓1 どうなる?

70: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 23:03:32.37 ID:uJAUwphZ0
摩耶「せっかく提督が二人?いるんだしなんかイタズラ(意味深)してやろうぜ!」
不知火「面白そうですね。付き合いましょう」
陽炎「ほどほどにしておきなさいよ」
浜風「ペペロンチーノかカルボナーラか…迷いますね」ウ~ン

71: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 23:07:29.93 ID:ARXOJo0Eo



摩耶「あん?隼鷹、ワインは?」


隼鷹「や、やっぱしいいわ・・・」


摩耶「?」


不知火「摩耶さん」チョイチョイ


摩耶「どうしたよ不知火。注文か?」


不知火「せっかく司令が二人いるんです。何かイタズラ(意味深)してあげませんか?」ヒソヒソ…


摩耶「・・・お、いいねぇ。面白そうじゃん」ヒソヒソ…


陽炎「はぁ・・・摩耶さんも不知火も、程々にしといたほうがいいと思うけど。ね?浜風」


浜風(今度来るときはどのパスタにしようかしら・・・♪)ウキウキ










↓1 どんなイタズラ(意味深)をしよう?

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 23:10:09.09 ID:yMXP4ppA0
偽提督にいちゃついて本物をやきもきさせよう

73: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 23:14:51.51 ID:ARXOJo0Eo



摩耶「・・・ほれ、えーっとクローンさん」


偽提督「え?俺はこんなの、頼んでないが・・・」


摩耶「サービスだよ、サービス!ほら、食わせてやるよ♪あーん」


偽提督「あ、あーん・・・」


摩耶「どうだ?美味いかぁ?」


偽提督「う、美味い・・・」   


偽提督(な、なんだ?摩耶のやつ、やたら近いな・・・)


提督「・・・摩耶、俺の分は?」


摩耶「あぁ?自分で頼め」


提督「・・・」シュン…
  

不知火(さすが摩耶さん。ツンとした演技はお手の物ね)








↓1 どうなる?

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 23:19:33.73 ID:521yHQks0
提督「その…店員として流石にそれはみっともないじゃないか?」

浜風(…提督が言えた事ではないと思いますが…)

75: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 23:23:45.14 ID:ARXOJo0Eo



摩耶(くく、動揺してるな提督。いい気味だぜ・・・)


摩耶「ほら、二口目・・・あーん♪」


偽提督「ち、ちょっと待て。君は俺じゃなく、提督の嫁だろう?いいのか、こんなこと・・・」

 
摩耶「提督の嫁なら、あんたの嫁でもあるだろうが。それに、好きでやってるしな」   


不知火「・・・ふむ、それなら不知火も何かしましょう」


提督「ち、ちょっと待て!れ、レストランの店員が、特定の客にそんなことを、するのは・・・よくないと思うんだ!」   


浜風(提督が言えることでもないと思いますが・・・)


摩耶「んだよ?妬いてんのか、提督よぉ~・・・?」ニヤニヤ


提督「っ・・・///」







↓1 どうなる?

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 23:25:53.90 ID:uJAUwphZ0
不知火がクローンの口元をいやらしく拭いてあげる

77: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 23:29:15.96 ID:ARXOJo0Eo



偽提督「こ、コラ。これ以上は・・・」


出雲丸「あははははは!いいんじゃない?楽しそうで!」


隼鷹「提督もたまには痛い目観たほうがいいしな~」


提督「っ、ぐぅ・・・」


不知火「・・・あら、口元が汚れてますよ」スッ…


偽提督「!」ドキッ…


不知火(・・・どうかしら?司令)


提督「・・・」








↓1 どうなる?

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 23:30:48.55 ID:QuHEMDAi0
提督、イライラで隼鷹たちと飲む

79: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 23:34:10.64 ID:ARXOJo0Eo



提督「・・・隼鷹、出雲丸。俺達は俺達で飲もうぜ」


隼鷹「おぉ?」


出雲丸「・・・ふふ、いいわよ。意地っ張りね♪」


提督「う、うるさい・・・摩耶、ワイン開けるぞ」 


摩耶「あ、あぁ・・・」


不知火「・・・」


陽炎「ほぉら、拗ねちゃった・・・」


偽提督「だからやりすぎだと・・・」









↓1 どうする?どうなる?

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 23:53:12.72 ID:9Hniz7hZ0
提督が酔って隼膺たちにからむ

82: ◆I045Kc4ns6 2016/10/15(土) 23:56:15.54 ID:ARXOJo0Eo



提督「んくっ、んくっ・・・ぷはぁっ!///」


隼鷹「おいおい、飲むねぇ。提督」   


出雲丸「いい飲みっぷりじゃない!私も私も~♪」


提督「うぅ・・・じ、じゅんよぉ~///」ギュー


隼鷹「うおっ、ど、どうしたよ~提督~」


提督「摩耶と不知火がいじめるんだよ~・・・///」


隼鷹「あーあー、よしよし。可哀想になぁ・・・」ナデナデ チラッ…


摩耶 不知火「「・・・」」ムッ…










↓1 どうなる?
  

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 23:58:45.07 ID:uJAUwphZ0
摩耶「お客さま、店内での不純異性交遊はやめやがれ!」→アッパー炸裂

84: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 00:03:04.49 ID:3Ue25mYEo



提督「う~ん・・・///」ベタベタ…


隼鷹「あー・・・ちょっと、提督ー?」


提督「じゅんよぉ~・・・///」ベッタリ…


隼鷹「・・・摩耶、頼むわ」


摩耶「・・・お客様。店内での不純異性交遊は・・・」


摩耶「や め や が れ ぇ !」


バキッ…


提督「ほげぇっ!!」


出雲丸「あーあ」


摩耶「ふんっ!このバカッ!」


提督「う、うぅ・・・」







↓1 どうする?どうなる?

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/15(土) 23:53:18.29 ID:uJAUwphZ0
不知火「どうですか?司令 これが日々、不知火が感じている気持ちですよ。少しは理解して頂けましたか?」

86: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 00:10:08.85 ID:3Ue25mYEo




提督「・・・」(正座)


摩耶「・・・あたしらも悪かったとは思う。だからってさ、あれはないぜ?」 


提督「・・・はい」


不知火「・・・どうですか? これが日々、不知火達が感じている気持ちです・・・」
  

不知火「少しは・・・理解して頂けましたか?」


提督「はい、よく分かりました・・・ごめんなさい」シュン…


陽炎「お二人さん。その辺にしときなよ。最初にふっかけたのはそっちなんだからさ」


不知火「・・・では、せめて仲直りの証でキスしてください」


摩耶「えぇっ!?し、仕方ねぇな・・・ほら、キスしろ///」


提督「はい・・・」









↓1 どうする?どうなる?

昼食を終えてまたどこかに出かけても構いません

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 00:14:26.96 ID:QU0DCCk60
遊園地へ

89: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 00:17:05.00 ID:3Ue25mYEo



提督「はぁ・・・」


出雲丸「なかなか面白かったわよ♪夫婦ゲンカ♪」


隼鷹「ったく、懲りねぇよなぁ提督は・・・」


偽提督「クローンとして恥ずかしいぞ」


提督「分かった。分かってるから・・・もうやめて」


出雲丸「さ、次は遊園地に行きたいわね!提督、遊園地ってある?」


提督「ああ。それなりに大きいのが・・・」 


出雲丸「なら、そこに行きましょ!」









↓1 どうなる?

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 00:23:12.32 ID:Do93DCmf0
ジェットコースターを楽しむ出雲丸

91: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 00:25:30.87 ID:3Ue25mYEo



出雲丸「ねぇねぇ提督!あれに乗りましょう!」


提督「あれって・・・」


キャアアアアア!!


隼鷹「ジェットコースター?飛鷹は怖がって乗らないじゃん」


出雲丸「あたしは乗りたいの!ほら、みんなで乗りましょ?」


提督「いや、俺酔ってるからあまりそういうのは・・・」


出雲丸「いいからいいから!楽しみね~♪」










↓1 どうなる?

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 00:30:38.21 ID:QU0DCCk60
提督と隼鷹がリバース

93: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 00:33:28.43 ID:3Ue25mYEo




ゴォォォォ!!


出雲丸「きゃああああっ!!ははっ、なかなか楽しいわね~・・・提督?」


提督「っ・・・」プルプル…


出雲丸「えっ・・・まさか、吐きそうなの!?」  


隼鷹「あ、あだじも・・・おえっ」


偽提督「お前もか隼鷹!?も、もうすぐ止まるから耐えてくれ!」


提督「は、早く、して・・・」プルプル…








↓1 どうなる?

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 00:39:44.16 ID:QwXHFFaH0
間に合った

95: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 00:41:47.61 ID:3Ue25mYEo



提督 隼鷹「「・・・」」フラフラ…


出雲丸「だ、大丈夫二人とも・・・?ご、ごめんね?」


提督「いや、いいんだ・・・それに、間に合ってよかった・・・」


隼鷹「今度から激しいのは、あたしたちは乗らなくていいからさ・・・」


出雲丸「そ、そうよね!そうするわ!」


偽提督「さて、次はどうするんだ?」










↓1 どうする?どうなる?

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 00:46:39.95 ID:Do93DCmf0
ゲームコーナーでマリオカート対戦

97: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 00:51:04.16 ID:3Ue25mYEo



出雲丸「あそこにあるゲームセンター、行ってみない?」


提督「ん、分かった。行こうか」





【ゲームセンター】


出雲丸「ん~色々あるわね~・・・よし、これをみんなでやりましょ!」


提督「・・・ああ、マリ○カートか」


偽提督「レースゲームか?」


隼鷹「おお?これ、対戦できるみたいじゃん!みんなで競争しようぜ!」


出雲丸「いいわよ!負けた人には罰ゲームね!」 







↓1 隼鷹のコンマ

↓2 提督のコンマ

↓3 偽提督のコンマ

↓4 出雲丸のコンマ

一番数値が大きいのが勝利です!

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 00:52:50.54 ID:QU0DCCk60

99: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 00:54:20.67 ID:QU0DCCk60

100: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 00:55:12.48 ID:QU0DCCk60

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 00:55:22.14 ID:QwXHFFaH0
キノコダッシュ

103: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 00:58:36.11 ID:3Ue25mYEo


提督「おぉ、やった。一位だ」


隼鷹「くっそー、惜しかったなぁ・・・提督、レースゲーム上手いじゃん」


偽提督「ただ、意外だったのは・・・」 


出雲丸「くっ・・・たは~!負けちゃったわ~!」


提督「自分から誘っておいてドベなのかよ・・・」


出雲丸「いいじゃないの。私、楽しかったし?」


隼鷹「まあとりあえず!ドベだった出雲丸には罰ゲームってことで!」


出雲丸「え!?ちょっ、聞いてないわよ!?」







↓1 罰ゲームの内容

104: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 01:02:18.42 ID:+WlO7LY50
3階からひもなしバンジー

105: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 01:05:45.20 ID:3Ue25mYEo




隼鷹「じゃあそこにある『紐なしバンジー!』っての、やってもらおうかな?」


出雲丸「ひ、紐なし!?それ大丈夫なの!?」


提督「下にクッションが敷いてあるんだってさ。スリルがあって若者に人気なんだと」


偽提督「どうするんだ出雲丸?やるのか?」


出雲丸「っ・・・し、しかたないわね!やってやるわよ!」プルプル…


提督(大丈夫かな・・・)








↓1 どうなる?

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 01:14:43.98 ID:QU0DCCk60
涙目でジャンプ


109: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 23:00:28.67 ID:3Ue25mYEo


 
出雲丸「ひっ・・・た、高い・・・っ」


出雲丸「うぅぅ・・・」ジワァ…




隼鷹「大丈夫かー?いーずもまるー!?」
  

提督「下はクッションあるからー、安心しろー!!」





出雲丸「へ、平気よ!・・・っ、よし!」


出雲「え、えいっ!」ピョンッ!


ひゅうううぅ・・・  ぼすっ!








↓1 どうなる?

110: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 23:10:22.21 ID:qXQ1vb/d0
気を取り直してもう一度ゲームコーナーへ

111: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 23:12:38.22 ID:3Ue25mYEo



提督「大丈夫か?怪我してないか・・・」


出雲丸「大丈夫・・・けど、リベンジよ!もう一回ゲームセンター行くわよ!」


隼鷹「あー、負けず嫌いだなぁ出雲丸は」


偽提督「まあいいじゃないか。付き合ってやろう」


出雲丸「人をわがままみたいに言わないで!」








↓1 次は何をする?

112: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 23:14:37.96 ID:QU0DCCk60
記念写真

113: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 23:16:32.61 ID:3Ue25mYEo



出雲丸「・・・」キョロキョロ…


提督「出雲丸、次は何をするんだ?」


出雲丸「! あった、あれをやるわよ!」


隼鷹「あれって・・・プリクラ?あたしたちがぁ?」


出雲丸「いいでしょ!せっかく来たんだから・・・ほら、4人で撮るわよ!」


偽提督「仕方ないな・・・」








↓1 どうなる?

114: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 23:28:44.50 ID:EJoUg9PS0
どうやら満足した様子の出雲丸、飛鷹から抜けていく

115: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 23:32:25.49 ID:3Ue25mYEo



パシャッ…


出雲丸「・・・ふふ」


提督「随分嬉しそうだな。そんなに嬉しいのか?」


出雲丸「ええ。なんとかここに留まろうと、やりたいことを考えてたけど・・・限界ね」


隼鷹「あ、じゃあ・・・飛鷹から抜けるのか?」


出雲丸「ええ。もう用はないし・・・突き合わせて悪かったわね。でも、楽しかったわ」


偽提督「出雲丸・・・」








↓5分後までに出雲丸に何かあれば

ない場合は出雲丸は飛鷹の肉体から離脱します

116: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 23:42:20.53 ID:3Ue25mYEo



出雲丸「・・・じゃあね、提督。クローンさん。橿原丸・・・じゃなくて、隼鷹」


出雲丸「この娘のしたいことはなくなったけど・・・また我慢することのないよう、よろしくね」


隼鷹「ああ、任せといてよ!」

 
出雲丸「ふふっ・・・」フッ…


スッ…


飛鷹「っ・・・あ、あれ?」


飛鷹「やだ、私なんでこんなところに・・・?」


提督「出雲丸、もとに戻ったのか?」


飛鷹「? 出雲丸?なんで昔の名前で・・・」ムスッ…


偽提督「戻ったみたいだな・・・」








1 飛鷹が戻ったので鎮守府に戻る

2 このまま遊園地(もしくは別の場所)で時間を潰す

3 その他




↓1

117: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 23:43:27.40 ID:ZMmApCl40
1

119: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 23:46:31.81 ID:3Ue25mYEo



飛鷹「・・・とりあえず、何が起きたか説明してくれる?」


提督「ああ、そうだな・・・それより、鎮守府に戻ろうか」


提督「飛鷹もそれでいいだろ?」


飛鷹「え・・・あ、ここ遊園地だったんだ」


偽提督(・・・俺の役目も終わりか)


隼鷹「うん?どーかしたい?」


偽提督「いや、なんでもないよ」









↓1 鎮守府に戻って、どうする?どうなる?

120: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 23:50:32.70 ID:QU0DCCk60
なぜが橿原丸が現れないまま

121: ◆I045Kc4ns6 2016/10/16(日) 23:54:17.43 ID:3Ue25mYEo



飛鷹「・・・昔の私が、ね」


提督「ああ、信じられないとは思うが・・・」


飛鷹「・・・ううん、信じるわ。正直、驚いてるもの。その、出雲丸がしたことは私がやりたいことそのままだったし・・・」


飛鷹「意識を失ってたのも、本当だしね。だから、信じるわ」


偽提督「そうか・・・」


提督「・・・そういや、隼鷹。お前の昔の姿は?」


隼鷹「えっ?あ、あー・・・そういや、出てないな・・・」


飛鷹「隼鷹。アンタに抑えてる悩みなんてあるの?毎日好きにやってそうだけど」


隼鷹「あたしもそうだと思うんだけどね・・・」









↓1 どうなる?

122: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/16(日) 23:56:42.66 ID:qXQ1vb/d0
クローン提督「それじゃあ俺もそろそろ行くか…達者でな」

123: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:00:23.74 ID:a7SbNr4Uo



偽提督「・・・さて、そろそろ俺も行くよ」


隼鷹「え?行くってどこへさ?」


飛鷹「ここに住めばいいじゃない?」


提督「駄目なんだよ。クローンの肉体はすぐに限界が来るからな」


偽提督「そのとおりだ・・・まあ、オリジナルの様子も知れたし、何より娘の顔が見れた。こんなに嬉しいことはない」


偽提督「達者でな、オリジナル。あまり皆を泣かせるなよ」


ガチャッ バタンッ…


隼鷹「・・・いっちまった」







これから・・・


1 橿原丸のことで相談

2 それぞれ自分の部屋に戻る

3 このまま雑談

4 その他




↓1

124: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:02:23.17 ID:c3uUn6sE0
1

126: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:05:54.84 ID:a7SbNr4Uo



隼鷹「・・・実はさー、橿原丸。あたしに話しかけてきたことがあったんだよ」


提督「本当か?どのタイミングで?」


隼鷹「摩耶のレストランで、飯食ってるとき・・・すごくネガティブなこと言ってきたよ」


飛鷹「ネガティブ?あんたらしくないわね・・・」
  

隼鷹「だろ?あれから接触してこないし、何なんだろーなー・・・」








↓1 どうする?どうなる?

127: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:07:14.61 ID:qzQjcR9O0
考えても分からないことは気にしてもしょうがない 忘れよう

128: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:10:10.64 ID:a7SbNr4Uo



提督「うーん・・・情報が少なすぎるな。そもそも前例も飛鷹の件しかないし」


飛鷹「あんまり深く考えないほうがいいんじゃない?」


隼鷹「・・・そうだよね。こんなことでうじうじ悩むこと自体、あたしらしくないし!」


隼鷹「よーっし!飲んで忘れよぉー!提督、飛鷹!付き合ってくれるよねぇ!?」


提督「お前、まだ飲むのかよ・・・」


飛鷹「はぁ・・・仕方ないわね」


隼鷹「やたーっ!」









↓1 どうなる?

129: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:11:32.45 ID:HIvxGy790
夕食にしよう
食堂で

130: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:13:51.16 ID:a7SbNr4Uo



隼鷹「じゃあその前に、腹ごしらえしよう!もうお腹ペコペコだよー」


飛鷹「あぁ、もうこんな時間・・・行きましょ、提督」


提督「ん、おう」


提督(何はともあれ、二人とも元気になってよかった・・・)


ぐうぅぅ~っ


提督「・・・腹減ったなぁ」










↓1 三人の相席相手

三人だけでも構いません

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:20:25.43 ID:c3uUn6sE0
龍驤

136: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:23:24.09 ID:a7SbNr4Uo



提督「龍驤、相席いいか?」


龍驤「お?ええよ。何や、出かけとったんやないんか?」


隼鷹「飛鷹がもとに戻ったから帰ってきたのさ」 


龍驤「あぁ、そうなん?なら、後で預けてたやつ返すわ」


飛鷹「ああ、お願いするわ」


提督「? 何か預けてたのか?」


隼鷹「うん。部屋荒らされた時に見られたくないものをね~・・・」


提督「ああ、青葉対策か・・・とりあえず、飯にするか」


飛鷹「ええ、そうしましょ。いただきますっ!」










↓1 どうなる?

137: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:29:01.42 ID:HIvxGy790
隼鷹「それよりも提督、この後(夕食の後)はどうすんの?」

138: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:31:21.24 ID:a7SbNr4Uo



隼鷹「それで、提督。このあとはどうすんのさ~?」


提督「ん?どうするって?」


隼鷹「いやぁ、飲みに付き合ってくれるのかな~・・・ってさ?」


提督「あぁ、それか。うーん・・・」


飛鷹「私は付き合うけど、提督は好きにしたら?ただでさえ一日構っててくれたんだし・・・」









↓1 提督も飲みに加わる?

139: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:32:41.00 ID:/qbDtLI+0
職務のため加わらない

140: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:35:24.60 ID:a7SbNr4Uo



提督「悪いけど、職務があるんだ。だから今日は飲めないな」


隼鷹「ちぇー、久しぶりに飲めるとおもったんだけどなぁ・・・」


飛鷹「こら、隼鷹。とりあえず、執務頑張ってね?」


龍驤「提督大丈夫なんか?飯食ったあとから執務初めて終わるんか?」


提督「大淀もいるし、へーきへーき」









↓1 どうする?どうなる?

141: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:36:44.03 ID:c3uUn6sE0
龍驤が飲みに加わる

144: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:38:41.67 ID:a7SbNr4Uo



龍驤(・・・提督の方手伝おうかと思ったけど、大丈夫なんか)


龍驤「なら、代わりにウチが加るわ。ええやろ?隼鷹」


隼鷹「お、いいよ。龍驤~」


飛鷹「龍驤と飲むのも久しぶりね」


提督「飲むのはいいけど、あまりはしゃぐなよ・・・それと、龍驤。お前は子供だから酒はだめな」


龍驤「ウチを子供扱いすなっ!」









↓1 どうなる?

142: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:36:56.19 ID:fYtN6AueO
朝にも会った千歳&ポーラと飲む

146: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:43:46.92 ID:a7SbNr4Uo


龍驤「他には誰か誘うんか?」モグモグ


飛鷹「そうね~・・・polaとか、千歳とかは誘ってもいいんじゃない?」


隼鷹「そうだね~。今朝も今夜飲まないか誘われたし、二人ならきっと今夜飲む準備してるだろうしさ!」
 

飛鷹「じゃ、決まりね!あとで話をしに行きましょう!」


提督「くれぐれも羽目を外しすぎるなよ?」


隼鷹「わぁーってるよぉ!心配しすぎだっての!」









↓1 まだ話を続ける?

それとも飲み会始める?

148: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:44:39.83 ID:HIvxGy790
飲み会

149: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:48:54.80 ID:a7SbNr4Uo


【隼鷹の部屋】


隼鷹「よぉーし!みんな、Graceは持ったなー!?」


隼鷹「かんぱーい!」


『かんぱーい!!』


飛鷹「・・・ふぅ、美味しいわぁ」


pola「さすがジュンヨーさんです~。こんなお高いドンペリ持ってるなんて~///」


千歳「ふふ、polaちゃん。日本酒も飲む?///」


pola「飲みます飲みます~///」









↓1 どうなる?

150: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:49:27.36 ID:/qbDtLI+0
酒が進み、今回の件をきっかけに皆の悩みや秘密の暴露大会が始まる

151: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:53:19.65 ID:a7SbNr4Uo



コトッ…


千歳「つまり、今回の件は・・・飛鷹さんの悩みが原因だったってこと?///」


飛鷹「そうらしいわ・・・やっぱり、貯め込むのは良くないわね・・・」


隼鷹「じゃあさ、じゃあさ!いい機会だから、皆で悩みや秘密、暴露しちゃおうぜ!///」


pola「いえ~!///」ぱちぱちぱち~


龍驤「な、なんやそれ・・・///」


隼鷹「こほん。ではあたしから・・・///」









↓1 隼鷹の悩み、秘密

152: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:54:04.50 ID:c3uUn6sE0
隠れもの(手作りのウェディングドレス)

153: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 00:58:01.99 ID:a7SbNr4Uo



隼鷹「じゃじゃーん///」


千歳「わぁっ、綺麗・・・」


pola「すごく豪華なウェディングドレスですね~・・・どうしたんですか?」


隼鷹「ふふーん・・・手・作・り♪///」


飛鷹「えっ!?あ、あんたそんなもの作れたの!?」


隼鷹「作れたんだなーこれが♪誰にも知られたくなくてさ、龍驤さんに預かってもらってたのよ///」


龍驤「ウチも自作とは思わんかったわ・・・」









↓1 どうする?どうなる?

もしくは次の艦娘にいく?(誰かも)

154: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 00:59:58.25 ID:fYtN6AueO
ポーラ「ポーラは…深海の力持ってます~
ジュー↑ジュン↓セー→キ(重巡棲姫)に変身できます~
ぶっちゃけフルターカさん以外には負ける気しませ~ん」

155: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 01:04:44.54 ID:a7SbNr4Uo


今日はここまでですー

またあしたー





隼鷹「さぁーあたしは言ったぞ~!皆も言え言え~!///」


pola「じゃあ~、次はpolaがはっぴょーしますね~」


龍驤「おお、言ってみ?」


pola「polaは・・・深海の力を持ってますぅ~・・・ジュー↑ジュン↓セー→キに変身できます~」


飛鷹「えっ!?ほ、ほんとに!?」


pola「ほんと~ですよ~♪ぶっちゃけフルターカさん以外には負ける気しませ~ん」


千歳「・・・そういえばpolaちゃん、うちに来る前は鹿島の元で働いてたものね・・・返信できてもおかしくないわね」


飛鷹「一気に酔が覚めたわ・・・」








↓1 どうなる?

もしくは次の艦娘へ~

156: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 01:05:31.90 ID:qzQjcR9O0
RJの番だけど秘密は暴露しなかった

159: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:00:26.82 ID:a7SbNr4Uo

pola「じゃあ~、次はリュージョーさん、お願いします~・・・」


龍驤「えっ?う、ウチ?」


隼鷹「お、いいねぇ!でもなぁ、龍驤の悩みなんて・・・なぁ///」バイーン


千歳「そうね・・・ふふふっ、どうせなら秘密の方を聞きたいわね///?」バイーン


龍驤「っ・・・!」ペッターン


龍驤「な、なんやなんやバカにして!うちに秘密なんかないし!///」ツーン!


飛鷹「隼鷹、龍驤に悪いわよ・・・」








↓1 どうなる?

160: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:01:35.14 ID:c3uUn6sE0
恒 例 行 事

罰ゲームで
たわわチャレンジ

161: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:05:38.58 ID:a7SbNr4Uo



隼鷹「頼むよぉ龍驤ぉぉ。悪かったからさぁ、なんか秘密暴露してよぉ~///」


龍驤「うっさい!この酔っぱらい!」


pola「駄目ですよ~リュージョーさ~ん・・・polaも言ったんですから~」


千歳「なら、罰ゲームね♪///」


ガシッ…


龍驤「ちょっ!は、離せ千歳!何する気や!?」


隼鷹「罰ゲーム!!龍驤でたわわチャレンジ~///」


pola「いぇ~」ぱちぱちぱち!


龍驤「は?たわ・・・?あ、や、やめろや!やめろやぁぁぁ!」









↓1 どうなる?

162: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:07:04.26 ID:xfsm0ghg0
RJさんマジギレして艦載機で千歳たちを爆撃

飲み会はいったん中断

163: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:09:21.21 ID:a7SbNr4Uo



隼鷹「ほ~ら、載せちゃうぞ~///」


龍驤「っ、この・・・いい加減にせえよぉぉぉぉぉ!!」


バシュ! バシュ! バシュ!


千歳「ちょっ、艦載機ははんそ・・・」


ドカァァァァン! ドカァァァァン!


pola「ひぇぇえ~!」


飛鷹「もう、まったく・・・」








↓1 どうなる?

164: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:16:43.70 ID:c3uUn6sE0
「青葉、見ちゃいました!」

165: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:19:17.99 ID:a7SbNr4Uo




ドカァァァァン!


隼鷹「り、龍驤!悪かった!悪かったから、酒は爆破しないでぇ~!」


龍驤「やかましい!徹底的にやったれ!」


艦載機妖精『おー!』


ドカンドカーン!


…パシャッ


青葉「・・・隼鷹さんたちの秘密、青葉、見ちゃいました!」


青葉「明日の朝刊はこれで決まりです!ふふっ・・・」







↓1 どうする?どうなる?

166: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:21:28.98 ID:/qbDtLI+0
ポーラがちょっと本気だして龍驤を止める

167: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:24:08.90 ID:a7SbNr4Uo



青葉「さて、このまま撮影を・・・!?」


重巡棲姫(pola)「ちょっと、落ち着いてくださいよ~・・・」


龍驤「くぅ、うぅ・・・」


隼鷹「ごめん龍驤!悪かった!酒の席とはいえ、からかいすぎた!」


千歳「私も、ごめんなさい・・・また飲み直しましょ?」


龍驤「・・・しゃーないな」


pola「よかった~。喧嘩はダメですよ~」






青葉(polaさん、あんな力を・・・!?)








↓1 どうなる?

168: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:27:58.06 ID:xfsm0ghg0
瑞鳳「あ・お・ば・さ・ん な~にしてるのかな?」

170: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:31:16.36 ID:a7SbNr4Uo



青葉(これは大スクープ間違いなし!このまま取材を続けて・・・)


瑞鳳「あ・お・ば・さ・ん?」


青葉「ひいっ!」


瑞鳳「な~にしてるのかな・・・?」


青葉「な、なんだ。瑞鳳さんですか・・・これは、れっきとした取材です!邪魔しないでください!」プンプン!


瑞鳳「そんなこと言って、また盗撮でしょ?提督に怒られても知らないんだから」








↓1 どうなる?

171: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:33:53.82 ID:c3uUn6sE0
提督「サイコロ」
青葉「」
提督が勤務終了、飲みに加わる

173: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:37:46.01 ID:a7SbNr4Uo



青葉「そんな脅迫で青葉が怯むと思ってるんですか?ふん!甘いですね!」


青葉「この司令官のトイレや風呂でのあられもない姿を恐れず撮りきった青葉はその程度の言葉では・・・」


「あ・お・ば?」


青葉「ひっ!」


提督「・・・サイコロ」


青葉「ちょっ、待ってくださいよ!せめて言い訳くらいさせてください!」


瑞鳳「はい、提督。回して」


提督「おう」


青葉「聞いてくださいよ!!」







↓1 青葉への罰

174: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:37:59.08 ID:HIvxGy790
無人島で三日間サバイバル

176: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:43:29.79 ID:a7SbNr4Uo



【無人島三日間サバイバル】


提督「お」


青葉「は!?何なんですかこれ!?きつ過ぎですよ!」


提督「おまえなら大丈夫だって。昔は一ヶ月島に偽装したんだろ?」


青葉「あれはあれで死ぬほどきついんですけど!?」


提督「とりあえず、明日からがんばれよ」


青葉「\(^o^)/」


ガチャッ


隼鷹「お?ていとくぅ~、飲みに来たの?」


提督「おう、俺も加わっていいか?」


隼鷹「もちろんもちろん♪瑞鳳は?」


瑞鳳「あ、私?」









↓1 瑞鳳も飲みに加わる?

177: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:44:14.50 ID:gBda+GQA0
いいよ ちょっとなら

178: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:47:11.90 ID:a7SbNr4Uo



瑞鳳「うーん・・・いいよ。明日も早いし、ちょっとだけだけど」


提督「そうか。無理はしないようにな?」


瑞鳳「うん、提督もね?」


隼鷹「ささ、入って入って!」


飛鷹「あら、提督に瑞鳳も来たのね」


千歳「これは面白そうな秘密が知れそうね・・・///」


提督 瑞鳳「「?」」








↓1 どうなる?

179: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:48:38.24 ID:xfsm0ghg0
最近の瑞鳳と提督のチチクリアイについて聞く

180: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:54:01.31 ID:a7SbNr4Uo



提督「ほら、瑞鳳」トクトク…


瑞鳳「あ、ありがと・・・」


隼鷹「ところでさ~、最近二人はどうなの~?///」


瑞鳳「ぶっ!・・・な、何を聞いてくるの!?」


飛鷹「はは、いいじゃない聞かせてよ!///」


千歳「やっぱり、倦怠期とかあったの!?///」


提督「・・・瑞鳳///」


瑞鳳「えっ?わ、私が言うの!?・・・そ、それじゃあ///」










↓1 最近の二人のチチクリアイの様子

181: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/17(月) 23:56:42.45 ID:gBda+GQA0
できちゃった…

182: ◆I045Kc4ns6 2016/10/17(月) 23:59:46.95 ID:a7SbNr4Uo



瑞鳳「じ、実は、ね・・・///」


隼鷹「・・・」ドキドキ


飛鷹「・・・」ドキドキ


瑞鳳「で、でき、ちゃった・・・///」


提督「・・・は?」
 

千歳「う、嘘・・・?」


提督「ず、瑞鳳。それ・・・本当か?」


瑞鳳「・・・///」









1 ・・・ほんとだよ///

2 なーんてね!冗談だよ!






↓1 

183: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:00:20.94 ID:Nv4Au7Ch0
2

184: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:03:51.22 ID:OKj07aj6o



瑞鳳「ふふっ・・・なーんてね冗談よ!冗談!」


瑞鳳「そもそも妊娠したらお酒飲まないし・・・」ゴクゴク…


隼鷹「んだよぉ、びっくりしたぜ!」


提督「俺が一番驚いたわ・・・心臓が飛び出るかと思った」


瑞鳳「・・・でも、赤ちゃん欲しいのは、冗談じゃないよ///」


提督「瑞鳳・・・///」


イチャイチャ♥


龍驤「・・・あー、しーらけーるわー」






↓1 どうなる?

185: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:05:18.49 ID:xF8z0ahI0
ヅホ(本当はあの子だけど本人が言わないとね)

186: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:07:44.21 ID:OKj07aj6o



瑞鳳(・・・まあ、妊娠したのは本当なんだけどね。私じゃないけど・・・)


瑞鳳(本人の口から話すまで、黙っておかないと・・・)


ギュウウゥ…


提督「? どうした、瑞鳳?」


瑞鳳「あ、う、ううん!なんでもないよ!」


瑞鳳「ほら、皆も見てないで!飲も飲も!」


pola「お~、そうですね~!」









↓1 どうなる?

187: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:11:23.27 ID:Nv4Au7Ch0
秘密の暴露大会続行
千歳がら

188: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:13:08.02 ID:OKj07aj6o


隼鷹「じゃあ、秘密の暴露大会も続けようぜ!さ、千歳!」


千歳「あ、私?そうか・・・そうよね」


提督「そういうことだったんだな」


瑞鳳「みんなはどんな秘密を話したの?」


pola「ふふふ~・・・ひ~み~つ~♪」








↓1 千歳の暴露した秘密

189: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:18:19.75 ID:1pwyZ/bU0
宝くじで30000円当てた

191: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:21:30.06 ID:OKj07aj6o



千歳「私の秘密だけど・・・」


提督「・・・」ゴクリ…


隼鷹「・・・」ドキドキ…


千歳「この前宝くじで三万円当たっちゃったー♪」


龍驤「ずこっ・・・な、なんやそれ!」


千歳「だって三万円よ?なかなかすごいでしょ。私って幸運艦だったのね♪」


瑞鳳「そ、そうですね・・・」


隼鷹「んだよ!あたしやpolaの秘密と比べて、ショボすぎるわ!」


千歳「だって、こんな秘密しかないもの・・・」








↓1 どうする?どうなる?

192: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:27:59.30 ID:Nv4Au7Ch0
飛鷹の番
手作りの提督ぬいぐるみ

194: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:30:58.44 ID:OKj07aj6o



隼鷹「はぁ・・・ま、いいや。飛鷹、トリ頼むわ・・・」


飛鷹「あ、え、えぇ・・・」チラッ…


提督「・・・ん?」


飛鷹「し、仕方ないわね。提督がいるなら、ちょっと恥ずかしいけど・・・」


パカッ…


瑞鳳「わぁっ!かわいい!」


飛鷹「私、趣味がなかったから、何かしようと思って、ぬいぐるみ作りを・・・///」


飛鷹「言っとくけど、提督にしたのに変な理由はないんだからね!?」


程度「はいはい・・・それにしても、よく出来てるな」


pola「お洋服も着せてるんですね~・・・」









↓1 どうする?どうなる?

193: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:28:38.72 ID:8b3ztEVA0
瑞鳳「提督さあ 秘密ていうかあ いっぱいかくしごとしてるよね いっちゃえ!」ほろ酔い気味

196: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:35:55.41 ID:OKj07aj6o



提督「えっと、これで全員か?」


隼鷹「・・・いいやぁ、まだ一人話してない人がいるよ~?」


提督「・・・」


ピトッ…


瑞鳳「てぇとくってさ~・・・わたひたちにかくしごと、いっぱいひてるでしょ~・・・?///」


瑞鳳「言っちゃえ~。え~い///」ムギュッ


提督「はぁ・・・仕方ないな」









↓1 提督の話した隠し事

197: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:38:19.71 ID:Nv4Au7Ch0
ポーラと同じ

199: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:41:55.02 ID:OKj07aj6o



提督「俺が半分、深海棲艦なことは知ってるだろ?実は、天津風みたいに俺も深海棲艦の力を使うことができる・・・」


千歳「そうなんですか!?そうしたら、体は・・・」


提督「あ?大丈夫だよ。暴走はしない。余程のことがなければな・・・」


提督「まあ、これは俺の奥の手だ。できる限り使いたくないし・・・万が一でもなければ、使うつもりもない」


提督「・・・こんなところかな」


pola「はえ~、polaとおんなじですねぇ・・・あ」


提督「うん?」








↓1 どうする?どうなる?

飲みつづけても雑談しても、解散しても構いません

200: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:44:08.43 ID:xF8z0ahI0
解散

201: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:47:26.37 ID:OKj07aj6o



隼鷹「ふわぁぁ、んじゃそろそろ解散しますか・・・」


瑞鳳「くぅ、くぅ・・・///」


提督「瑞鳳は俺が連れてくよ。片付けはいいのか?」


隼鷹「あたしがやっとくよー・・・とりあえず、おつかれー」


『おつかれー』







↓1 どうする?どうなる?

もしくは、これで終わる?

202: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:48:47.30 ID:Nv4Au7Ch0
隼鷹は自分のウェディングドレスを見つめたままで眠れない
橿原丸は後ろがら見守る、そして消える

204: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:51:38.49 ID:OKj07aj6o





隼鷹「ふぃー・・・片付け、終わりぃ・・・っ」


隼鷹「・・・ふぅ」


隼鷹「・・・目が冴えちゃったな。眠れないや」


ゴソゴソ…


隼鷹「ひひっ♪・・・我ながら会心の出来だねぇ♪」   


隼鷹「・・・♪」





橿原丸「・・・」フッ…







↓五分後までに何もなければこれで終わります


205: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 00:54:28.29 ID:1pwyZ/bU0
橿原丸が話しかけてくる
「本当にこれで終わりでいいのか?せめてそのドレスを見せに行くだけでも」

206: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 00:58:10.08 ID:OKj07aj6o



橿原丸『・・・これで終わりで、いいのかい?隼鷹』


隼鷹「っ、あんた・・・」


橿原丸『せめて、そのドレスを見せに行くだけでもしたらどうだよ?』


隼鷹「はっ、見せるって誰によ?」


橿原丸『あたしが言うまでないね・・・あとは、好きにしな・・・』


フッ…


隼鷹「・・・はぁ」


隼鷹「・・・部屋に戻ってるかなぁ、提督」










↓1 ドレスを見せに行って、どうなる?

207: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 01:00:51.37 ID:8b3ztEVA0
ほめたけど、期待してほどの反応はなかった

208: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 01:04:01.12 ID:OKj07aj6o



【執務室】


キィ… 


隼鷹「・・・提督、いる?」


提督「ん、おぉ。どうした?」


隼鷹「寝るとこだった?悪いね・・・ちょっと、見てほしくてさ」


バッ


提督「・・・どうしたんだ?この、ウェディングドレスは?」


隼鷹「あたしが・・・作ったんだ。これ、見てほしくてさ。どうかな?」


提督「あぁ、上手いじゃないか。すごいな、隼鷹は」


隼鷹「・・・」


提督「・・・? どうした?」


隼鷹「い、いや・・・」









↓1 どうなる?

209: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 01:05:56.80 ID:cYBBkJPzO
戻って寝る、終了

210: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 01:10:25.63 ID:OKj07aj6o


提督「とりあえず、今日はもう寝な。おやすみ・・・」


隼鷹「・・・おやすみ」


バタンッ…


隼鷹「はぁ・・・」


隼鷹「・・・ま、うじうじしてられないか」


隼鷹「せっかく一歩だけ素直になれたんだし・・・また明日から、頑張ろう」


隼鷹「というわけで、今日はもう・・・ふぁぁぁぁ」









隼鷹編 完

214: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:00:16.81 ID:OKj07aj6o

【執務室】


提督「・・・『あなたを愛しています』は・・・」


提督「Ich liebe dich・・・いひ、りーべ、でぃ・・・」


コンコン


ビスマルク「提督、ちょっと用事が・・・」


提督「お、おぉ。どうした?ビスマルク」


ビスマルク「これ、私達に届いたんだけど、多分あなたに当てた手紙よ」


提督「へー、内容は?」


ビスマルク「総統閣下が会いたいそうよ。私達を連れて一緒に来てくれないかって」


提督「・・・ケッコンのことかな?」


ビスマルク「さぁね。とにかく、前に約束したでしょ?風雲の件が片付いたら旅行に行くって!」


ビスマルク「私とプリンツにとっては新婚旅行なんだし、楽しみね♪」


提督「俺は胃が痛いよ・・・」


提督(・・・グラーフも連れてったほうがいいのかな?言ってみるか・・・)



215: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:05:29.69 ID:OKj07aj6o



グラーフ「断るわ」ピシャリッ


呂-500「え~?グラーフさんも行きましょうよ~」


提督「そうだぞ。たまには実家に帰らないと心配するぞ」


グラーフ「Admiral・・・私は未完成のままドイツを追放され、この地で殺し屋として生きているんだぞ?」


グラーフ「今更どんな顔をしてもどれと・・・」


ビスマルク「そんなの誰も気にしないわよ」


プリンツ「そうですよ!それに、これからみんなと仲良くなればいいんですから!」


グラーフ「・・・しかしな」


提督「じゃあグラーフ。金払うから護衛として付いてきてくれ」


グラーフ「はぁ・・・それを言われるとどうしようもないな。分かったよ・・・」


レーベ「えっと、じゃあこの七人で行くんだね?」


提督「ん、そうだな」









1 ドイツのことで雑談

2 誰かの視点で旅行の準備

3 キンクリして出発

4 その他




↓1

216: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 23:06:37.79 ID:Nv4Au7Ch0
さりげなくはっちゃんがドイツ艦たちに加える

218: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:10:06.35 ID:OKj07aj6o



マックス「ちょっと待って、七人?」


はっちゃん「八人ですけど・・・」


レーベ「え?待って・・・僕、マックス、呂-500、ビスマルクさん、プリンツさん、グラーフさん、提督、はっちゃん・・・」


レーベ「八人だったね。ごめんね」


はっちゃん「じゃあこの八人で出発・・・」


提督「おい待て。ハチ、なんでお前まで付いてくるんだよ?」


はっちゃん「ダメ、ですか?」


提督「ダメじゃないだろうけどさ・・・うーん」









↓1 どうする?どうなる?

219: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 23:11:01.10 ID:bl8rtPLz0
ドイツ艦だけで行く

220: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:13:42.95 ID:OKj07aj6o



ビスマルク「でもドイツ艦だけで来てって言われてるのよ。不味いんじゃないかしら?」


提督「・・・そうだな。ハチ、悪いけど」


はっちゃん「分かりました。仕方ないですね・・・」


スタスタスタ…


「どうだったの?ドイツ、行けそうだった?」


「行けるのなら潜水艦みんなついていくでち!」


提督「・・・あいつら」


プリンツ「あはははは・・・」








↓1 雑談オア準備する?

もしくは出発?

221: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 23:18:06.94 ID:1pwyZ/bU0
出発

222: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:21:24.13 ID:OKj07aj6o



提督「じゃ、各自準備してくれ。出発は明日の朝だ」


ビスマルク「了解したわ。ふふ、久しぶりのドイツ、楽しみね♪」






【翌朝】


提督「・・・というわけで、言ってくるよ。大和、頼んだぞ」


大和「ええ、お任せください」


雪風「しれぇ!お土産買ってきてください!」


時津風「バームクーヘン!バームクーヘン!」


プリンツ「あれ、地方のお菓子なんですけどね・・・」


提督「機会があれば買ってくるよ。それじゃ、行ってきます」


『いってらっしゃーい!』









↓1 移動中イベント

移動は車(ワゴン車)と飛行機です

223: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 23:23:13.73 ID:bl8rtPLz0
ビス子「久しぶりの飛行機ね!」ウキウキ
プリンツ「もうお姉様ったら」ニコニコ
Z1「プリンツ、今は身体を大切にしないといけないからはしゃぎすぎてはだめだよ」(小声)
Z3「ビスマルクは少し落ち着きなさい」
ろーちゃん「たのしみですぅー」
グラ子「…」←何気に嬉しそう

225: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:30:51.70 ID:OKj07aj6o


ブロロロ…


ビスマルク「・・・♪」ウキウキ


提督「・・・楽しそうだな」


ビス子「ふふ、久しぶりの飛行機だもの。海もいいけど、空も楽しいわね」ウキウキ


プリンツ「もうお姉様ったら、子供みたいに・・・」


レーベ「プリンツ。いくら本国に帰るって言っても、今は身体を大切にしないといけないから、はしゃぎすぎないようにね?」ヒソヒソ…


プリンツ「あ、うん・・・分かってるよ、ありがとう」ヒソヒソ…


ビスマルク「提督、どこを観光したい?私が案内するわよ?」


Z3「ビスマルクは少し落ち着きなさい」


ろーちゃん「ろーちゃんも楽しみです~わくわく~」


グラ子「・・・」ソワソワ…


提督(・・・グラーフのやつ)ニッ…









↓1 どうなる?

226: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 23:32:04.94 ID:uv5SH8dJ0
空港に到着
専用機が用意されていた

227: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:35:19.95 ID:OKj07aj6o



【空港】


提督「うし、到着っと・・・荷物忘れないようにな」


呂-500「だいじょうぶですって!」


レーベ「提督、飛行機の時間は?」


提督「ああ。今回はドイツ側が専用機用意してくれてるから、焦らなくていいよ」


マックス「・・・まるで国賓ね」


提督「あー・・・そう言われるとプレッシャーが胃に来るわぁ・・・」


ビスマルク「そんなの気にしないでいいでしょ!早く乗りましょ!」







↓1 どうなる?

228: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 23:38:47.73 ID:8b3ztEVA0
飛行機に乗るとモニターには総統が映し出されありがた迷惑な訓戒が流れ出した

マックス「消せ」

229: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:43:01.03 ID:OKj07aj6o



「~~~~・・・」


提督「・・・このアナウンス、なんて言ってるんだ?」


グラーフ「気にしないでいいわ。私達しか乗客はいないんだし」 


提督「それもそうか・・・ん?」


パッ


総統閣下『・・・』


レーベ「あれ、閣下?」


呂-500「なんのテレビで・・・」


総統閣下『~~~~~!~~~、~~・・・』


提督「???」


マックス「提督、電源ボタン押していいわよ」


提督「お、おう・・・良かったのか?」


プツン…


マックス「ありがた迷惑なことを言ってるだけよ。気にしないでいいわ」


提督「そうなのか」


ビスマルク「見て、提督!離陸し始めたわよ、ほら!」









↓1 どうなる?

230: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 23:43:53.92 ID:Nv4Au7Ch0
総統閣下、トイレがら登場

231: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:47:09.45 ID:OKj07aj6o


ジャー…


提督「・・・うん?誰かトイレに行ったか?」


プリンツ「いえ、そんなことは・・・」


ガチャッ


総統閣下「・・・」


提督「! そ、総統閣下!?お、お久しぶりで・・・」


総統閣下「いや、そうかしこまらないでいい。とにかく、招待に応じてくれたこと、感謝する」


総統閣下「ビスマルクたちも、ニホンでよく働いてくれた。ドイツで少しは羽を伸ばすといい」


一同『はっ!』









↓1 どうなる?

232: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/18(火) 23:51:53.64 ID:bl8rtPLz0
総統「Z3よ、なぜ私の演説を見なかったのだ…」(生放送だった)

233: ◆I045Kc4ns6 2016/10/18(火) 23:55:16.57 ID:OKj07aj6o



閣下「ところで、Z3・・・」


マックス「はい。何か?」


閣下「何故私の演説を中断させたのだ・・・おかげで予定より早くトイレから出てくることになったぞ」


呂-500「???」


プリンツ「もしかして、生放送だったんですか・・・?」


閣下「ああ、そのとおりだ」


提督「・・・なぜ、トイレで生放送を?」


閣下「この狭い機内だ。一人で演説できるような場所はトイレしかあるまい」


提督「そ、そうなんですか・・・は、はははは」








↓1 どうなる?

234: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 00:01:44.46 ID:CWTCXsmV0
なんとなくでポーカー

236: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 00:05:34.43 ID:0w8tl7lpo



提督「・・・暇ですね」


閣下「仕方ないだろう。我が専用ジェット機といえど、ニホンからドイツまでは数時間かかる」


呂-500「てーとく、ろーちゃん、退屈ですって~」


提督「んー、何かないかなぁ?」ゴソゴソ…


レーベ「それなら僕、トランプ持ってるよ。これでポーカーしない?」


ビスマルク「いいわね、面白そう!」







最初の対戦カード

↓1と↓2でいきます

237: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 00:07:35.92 ID:s97WKShS0
提督

238: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 00:08:03.55 ID:2V6mfMjS0
総統

239: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 00:12:10.33 ID:0w8tl7lpo



提督「・・・えっと」


閣下「さて、始めようか・・・」


ビスマルク「提督と閣下・・・なかなか面白いじゃない♪」


グラーフ「ああ。どうなるか見ものだな・・・」


提督(ま、まずいぞ。相手が相手だし、勝つのはまずい!なんとかうまいこと負けなければ・・・)


提督「えっと、私が配りますね」


閣下「ああ。構わないよ」









↓1 提督のコンマ

↓2 閣下のコンマ


数値が大きい方が勝ちです

240: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 00:15:04.83 ID:CWTCXsmV0
ちくしょーめ!

241: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 00:15:59.12 ID:CWTCXsmV0
●●●●ぷるんぷるん

243: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 00:18:57.83 ID:0w8tl7lpo



閣下・・・www






提督(ま、まずい・・・適当に交換したはずなのに、ふ、フルハウスだと・・・!?)


提督(これほぼ勝ったんじゃ・・・いや!まだ閣下がロイヤルストレートフラッシュという可能性も!)


閣下「・・・いいかね?コールだ」


提督「え、ええ!」


提督「フルハウス!」


閣下「ワンペアだ」


提督「あっ・・・」


ビスマルク「へー、強いじゃない提督!やったわね!」


提督「す、すみません、閣下・・・」


閣下「ふふ、気にするな・・・」









↓1 どうなる?

244: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 00:24:29.80 ID:CLRqrwlA0
ところで提督、君には優秀な部下が多いのは大変素晴らしいことだが、部下にも私の顔くらい教えておくべきではないかね?(ろーちゃん編のこと)

245: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 00:30:43.75 ID:0w8tl7lpo



閣下「ああ、そうだ・・・提督」


提督「は、はい。なんでしょうか・・・?」


閣下「君には優秀な部下がたくさんいることは知っている。それが君の力の原動力なのだろう」


閣下「だがな・・・部下にも私の顔くらいは、教えておくべきではないか?」


提督「っ・・・まさか、何かご迷惑を!?」ガタッ


閣下「ああ、そこまでしなくていい。教えてくれれば、それでいいからな」


提督「っ、すみません・・・」


呂-500「てーとくはドイツでも有名ですって!」


グラーフ「女たらしという点で、な・・・」


提督「ぐぬぬぬ・・・」







↓1 どうなる?

246: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 00:35:23.18 ID:3N3BIehB0
閣下「さて、今回来てもらった理由は色々とあるが先に伝えておくべきことがある」

日本での功績を理由にグラーフの改造を打診してきた

247: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 00:39:29.57 ID:0w8tl7lpo



閣下「はは・・・さて、と」


閣下「今回君に来てもらった理由は色々とあるが・・・先に一つ伝えておく」


提督「・・・なんでしょうか?」


閣下「ニホンでのグラーフの活動が評価され、凍結されていたグラーフの改造計画が復活した」


グラーフ「!」


閣下「その計画書を君に渡したい。受け取ってくれるか?」


提督「もちろんです・・・やったな。グラーフ」


グラーフ「え、ええ・・・」


グラーフ「・・・」









↓1 どうなる?

248: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 00:41:09.54 ID:CWTCXsmV0
「そして提督、ビスマルクとプリンツは何番目の嫁かね?」ゴゴゴゴゴゴ

249: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 00:45:34.79 ID:0w8tl7lpo



ビスマルク「よかったじゃない。グラーフ」


プリンツ「おめでとうございます。グラーフさん!」


グラーフ「・・・ありがとう、二人とも」


提督「・・・」フッ…


閣下「・・・ところで、提督。聞きたいことがあるんだが」


提督「はい、なんでしょうか?」


閣下「ビスマルクとプリンツは、何番目の嫁なのかね・・・?」ゴゴゴゴゴゴ…


提督「あ、そ、それは・・・」


閣下「我がドイツの誇る艦娘をこんなにも待たせるなど・・・何故初めにケッコンしなかった?」ゴゴゴゴゴゴ…


提督「そ、それは!あの・・・」








↓1 どうなる?

250: ◆dlLvtfS7b7Li 2016/10/19(水) 00:49:37.48 ID:3N3BIehB0
プリンツ(Admiralさんが困ってる…どうしよう)
!

プ「懐妊は2番目です!」

爆弾投下

252: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 00:53:52.56 ID:0w8tl7lpo



レーベ「ちょっと、閣下落ち着いてよ!提督にもいろいろ・・・」


閣下「私は今、彼と話をしているんだぞ?」ゴゴゴゴゴゴ…


提督「び、ビスマルクたちを待たせたのは悪いと思ってます!それに・・・」



プリンツ(あ、Admiralさんが困ってる・・・なんとかしなきゃ・・・!)


プリンツ(! そうだ!)


プリンツ「安心してください閣下!懐妊は二人目ですから!」


提督「は・・・?」


閣下「懐、妊・・・?」


提督「ちょっ、プリンツ・・・お前、妊娠して・・・?」


プリンツ「はい!・・・言ってませんでしたか?」


提督「聞いてねぇよぉぉぉぉぉぉ!!」









↓1 どうなる?

253: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 01:00:33.77 ID:CWTCXsmV0
錯乱の閣下「一番目はだれた!!」

254: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 01:04:25.60 ID:0w8tl7lpo


閣下「懐、妊・・・」


マックス「閣下、大丈夫ですか?少し休んだほうが・・・」


閣下「誰だ・・・」


提督「は・・・?」


閣下「一人目は誰だぁぁぁぁ!!」ガシッ!


提督「ぐえっ!ふ、古鷹ですっ!初期艦の古鷹ですっ!」


プリンツ「閣下、落ち着いてください!順番とか、関係ないですから!」


ビスマルク「そうよ!私達、今すごく幸せよ?」









↓1 どうなる?

255: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 01:49:19.82 ID:CWTCXsmV0
(´・ω・`)プリンツ以外のドイツ艦いない...乙です

安価なら
ようやく到着

ダメなら↓

256: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 23:00:12.85 ID:0w8tl7lpo


提督「・・・はぁ」


プリンツ「ご、ごめんなさいAdmiralさん・・・なかなか言い出せなくて、黙ってました・・・」


提督「・・・いいんだよ、プリンツ。怒ってないさ。それと、ありがとう」ナデナデ


プリンツ「ふぁ・・・えへへ///」


ビスマルク「むっ・・・」


ガコンッ…


閣下「ふぅ・・・やっと到着か」


レーベ「久しぶりのドイツ、楽しみだな~」



 





↓1 飛行機から降りて、どうする?どうなる?

257: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 23:03:25.21 ID:Iy1D8kNF0
閣下「提督、君には個人的に物申したいことが山ほどあるが、とりあず軍部まで来てくれ」

まずは閣下と一緒に軍へ行き今回の招待の理由を聞く


258: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 23:06:37.06 ID:0w8tl7lpo





提督「っと・・・プリンツ、足元気をつけろよ?」


プリンツ「はい!」


呂-500「うぅ、ドイツは寒いですって・・・」


閣下「さて・・・提督、君には個人的に物申したいことが山ほどある。しかしまずは私の部屋まで来てくれ」


閣下「そこで今回の招待の理由を話す」


提督「ええ、分かりました」









↓1 どうなる?

移動中のことなり、いきなりキンクリして招待の理由についてでも構いません


259: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 23:22:51.51 ID:CWTCXsmV0
キンクリ
ドイツとグラーフの関係を修復したい

人がない...

260: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 23:27:39.30 ID:0w8tl7lpo



【執務室】


閣下「さて・・・では話そうか。招待の目的を」


提督「ええ、お願いします」


閣下「今回の大きな目的は、グラーフ。君とドイツの関係を修復することだ」


グラーフ「っ、私の・・・?」


閣下「そうだ。君は追放され、手を血に染めることでしか生きられないような生活をせざるを得なくなった」


閣下「本当に、すまなかった・・・あのときは君を犠牲にするしかなかった。今は、その償いをさせて欲しいんだ」


グラーフ「・・・」


提督「グラーフ・・・」










↓1 グラーフのリアクション

261: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 23:30:34.19 ID:Iy1D8kNF0
グラーフ「ふざけるな!何をいまさら…」

262: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 23:33:51.05 ID:0w8tl7lpo



グラーフ「閣下・・・ふざけるのは大概にしてもらいたい!」


グラーフ「何を今更、そんなことを・・・!私がどんな苦労をしてきたのか、分かっているのか!?」


閣下「・・・すまない。私には、謝ることしか出来ないんだ」


提督「グラーフ・・・」


グラーフ「やはり、帰って来なければよかった・・・」


ガチャッ バタンッ


レーベ「あ、グラーフ・・・」


マックス「行っちゃったわね・・・」











↓1 どうする?どうなる?

263: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 23:35:57.64 ID:LbOpp3i30
提督が追う 

264: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 23:37:59.19 ID:0w8tl7lpo



提督「とりあえず、グラーフは俺が追います。閣下と皆は、ここで待っていてください」


閣下「すまんな、頼むよ」


ビスマルク「提督、お願いするわ」


提督「ああ、任せてくれ」









↓1 どうなる?

265: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 23:41:18.68 ID:CWTCXsmV0
グラーフが雨の中で泣き濡れる

266: ◆I045Kc4ns6 2016/10/19(水) 23:44:34.59 ID:0w8tl7lpo



グラーフ「・・・全く、馬鹿みたい。何を期待して来たのよ。私・・・」


グラーフ「今さら軍に戻れって?自分から追放しておいて、何を・・・」


グラーフ「おかげで私は、私は・・・」


ポツ… ポツポツ…


ザァァァァ…


グラーフ「っ、う、うぅ・・・」










↓1 どうなる?

267: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/19(水) 23:57:50.70 ID:s97WKShS0
軒下でタバコを吸いながら今までの人生を振り返るグラーフ
グラーフ「私は生きていくならどんなこともしてきた…殺/しもしたし、密売もした…情報を得る為に体だって売った…
それがなんだ今更、あまりに都合が良すぎるだろう…!?」

268: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 00:01:29.70 ID:SOPi6xYBo


ザァァァァ…


グラーフ「はぁ・・・雨、止まないな」


グラーフ「頭が冷えたのはいいが・・・やれやれ」


カチッ ボシュッ…


グラーフ「煙草が濡れなかったのは幸運だな・・・」


グラーフ「・・・私は生きていくならどんなこともしてきた・・・殺しも密売も、情報を得る為に体だって・・・」


グラーフ「それがなんだ今更、あまりに都合が良すぎるだろう・・・!?」


グラーフ「何で、もっと早く言ってくれなかったんだ・・・っ」








↓1 どうなる?

269: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 00:06:35.05 ID:oYpQ5oOM0
提督が来る(グラーフの事も聞いた)

270: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 00:09:49.91 ID:SOPi6xYBo



「グラーフ・・・」


グラーフ「っ、Admiral・・・何のようだ?」


提督「決まってるだろ。みんな心配してるんだ・・・戻ろうぜ。雨にも濡れちまったろ?」スッ…


パシッ!


グラーフ「気安く触るな!貴様が私を連れてこなければっ・・・」


提督「・・・ごめん」


グラーフ「っ・・・」


    



↓1 どうする?どうなる?

271: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 00:12:57.77 ID:zEOYcJvn0
ビスマルクも来る(でかい暁ではない優秀なるドイツ戦艦の空気をまとって)

272: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 00:16:09.21 ID:SOPi6xYBo




ビスマルク「・・・やれやれ。優しすぎるのよ提督」


提督「ビスマルク、お前も来たのか・・・」


ビスマルク「戻りなさいグラーフ。みんな心配してるわ。落ち着いて、もう一度閣下と・・・」


グラーフ「黙れっ!貴様に何が分かるっ!?」


ビスマルク「・・・」


グラーフ「誇り高いドイツの戦艦として生きてきた貴様に、捨てられたこの私の気持ちなんか分かるものか!」


ビスマルク「グラーフ、私はね・・・」










↓1 どうなる?
 

273: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 00:19:18.28 ID:QBKQXJTc0
グラーフ「しばらくほっといてくれ…こんな穢れた女に構うな…」
(どこかへ立ち去る)

274: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 00:22:33.92 ID:SOPi6xYBo



ビスマルク「あなたの気持ち、私には分からないわ。でもね、大切なのはこれからでしょ?」


提督「そうだ。やけになるんじゃない。閣下も謝ろうとしてるんだ。もう一度・・・」


グラーフ「いいや、もういい・・・もういいんだ」


グラーフ「しばらく、放っておいてくれ・・・こんな穢れた女に構うな」


スタスタスタ…


ビスマルク「待ちなさいグラーフ!」


提督「・・・そっとしておいてやろう」










↓1 どうする?どうなる?

提督たちの視点でもグラーフの視点でも構いません

275: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 00:25:15.86 ID:oYpQ5oOM0
去る途中、グラーフが高熱で倒れる

276: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 00:27:38.97 ID:SOPi6xYBo


スタスタスタ…


グラーフ(Admiral、ビスマルク・・・私は・・・)


グラッ…


グラーフ(あ、力が、抜けて・・・?)


グラーフ(足が、動かない・・・あたまも、いた、い・・・)


バタッ


グラーフ「っ、はぁ、はぁ・・・」


グラーフ「あどみ、らぁ・・・」ギュゥッ…










↓1 どうなる?

目が覚めたときの状況でも構いません

277: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 00:29:37.89 ID:zEOYcJvn0
ろーちゃん「お目覚めですか? 安心して下さい、ここには私とグラーフさんしかいませんから」

278: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 00:32:47.39 ID:SOPi6xYBo



「よいしょ、よいしょ・・・」


グラーフ「っ、ん・・・?」


グラーフ「・・・ここは」


呂-500「あ、グラーフさん!よかった~。目が覚めて!」


グラーフ「呂-500か・・・私は・・・ぐっ!」ズキッ…


呂-500「あぁ!寝てなきゃメ!ですよ。お熱があるんですから!」


呂-500「それと、ここはろーちゃんの部屋です。グラーフさんがいることは、誰にもバレてませんから」


グラーフ「・・・すまない」










↓1 どうなる?

279: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 00:37:20.29 ID:QBKQXJTc0
グラーフ「…貴様も変わってしまったな…Uボートの頃は随分とおとなしかったはずだが」

281: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 00:42:19.90 ID:SOPi6xYBo


呂-500「どうですか?おかゆ、美味しかったですか?」


グラーフ「ああ。だいぶ楽になった・・・ありがとう」


呂-500「えへへ、どういたしまして!ですって!」


グラーフ「・・・貴様も変わってしまったな・・・Uボートの頃は随分とおとなしかったはずだが」


呂-500「・・・そうですね。ろーちゃんは、ゆーちゃんだった頃・・・改装するの、怖かったんです」


呂-500「でも、鹿島のこととかで、ろーちゃんも頑張らないとって・・・」


グラーフ「・・・そうか、偉いな」


呂-500「えへへ、ろーちゃん、改装する前より強くなって、みんなの役に立てて、とっても嬉しいですって!」


グラーフ「・・・」







  

↓1 どうする?どうなる?

280: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 00:38:13.13 ID:sOBHX9AA0
グラーフの話を静かに聞くろーちゃん

283: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 00:48:11.94 ID:SOPi6xYBo



グラーフ「・・・呂-500。私の話を聞いてくれるか?」


呂-500「はい!もちろんですって!」


グラーフ「・・・私は、ドイツから追放されて日本に流れ着いた。日本での暮らしは酷いものだったよ・・・提督に雇われるまではな」


グラーフ「今更、閣下は私に軍に戻れという。自分から切り捨てておいて、そんなこと、許せるはずがない・・・」


グラーフ「飛行機の中で聞いた改造の話も、私を釣るためのものだろう・・・」


グラーフ「なぁ、呂-500。私は、どうすればいいと思う・・・?」


呂-500「それは・・・」









↓1 呂-500の答え

284: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 00:55:24.07 ID:QBKQXJTc0
ろーちゃん「改造だけ受けて軍には戻らなければいいですって! 向こうは結構グラーフさんに負い目感じてますから強くは言えないはずですって!」
グラーフ「…意外と考えていることが黒いな、貴様…www」

287: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 00:59:15.64 ID:SOPi6xYBo


呂-500「・・・ろーちゃん、考えたんですけど」


呂-500「改造だけ受けて、軍には戻らなければいいですって!向こうはグラーフさんに負い目感じてますから、強くは言えないはずですって!」 


グラーフ「ふっ・・・はっはっはっはっ!!」


グラーフ「意外と黒いことを考えるな、貴様は・・・」


呂-500「ろーちゃん、怒ってるんですよ!グラーフさんの話、ひどすぎですって!」


呂-500「提督やビスマルクさん達も、ろーちゃんが説得しますから!大丈夫ですって!」










↓1 どうする?どうなる?

288: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 01:03:53.53 ID:oYpQ5oOM0
さりげなく提督が登場
提督「そうた、閣下の許可も取た、自由に決めるもいいそ」

292: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 23:02:02.92 ID:SOPi6xYBo


グラーフ「ありがとう、呂-500」


呂-500「えへへ、どういたしまして!ですって!


ガチャッ…


提督「・・・ろーの言うとおりだ。グラーフ」


グラーフ「Admiral、聞いてたのか・・・」


提督「ああ。閣下も復帰したとしても行動は縛らないそうだ。自由に決めるといい」


グラーフ「・・・Danke schÖn」








↓1 どうする?どうなる?

293: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 23:04:06.92 ID:p8ebgfi/0
グラーフ「ドイツにいる間にゆっくり考えるよ」

294: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 23:07:53.43 ID:SOPi6xYBo


グラーフ「Admiralにそう言ってくれると、気が楽になるよ。ドイツにいる間に、ゆっくり考えておく」


提督「そうか・・・体調は大丈夫か?今夜は歓迎パーティーらしいんだが・・・無理するなよ?」


グラーフ「・・・わかった。動けるようなら、少しは顔を出すよ」


呂-500「ゆっくり休んでくださいね!」









↓1 どうする?どうなる?

現時刻は昼過ぎくらいで、誰の視点で進めても構いません

295: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 23:09:50.96 ID:vqEZgoaJ0
総統閣下が提督に物申す

296: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 23:11:37.27 ID:SOPi6xYBo



【執務室】


閣下「グラーフには話をしてきたか?」


提督「ええ。ドイツにいる間、ゆっくり考えるそうです」


閣下「そうか・・・さて、ビスマルク達もいない。ここには二人きりだ」


閣下「これで私も、遠慮なく君に物申せるな・・・」ゴゴゴゴゴゴ…


提督「お、お手柔らかに・・・」









↓1 どうなる?

297: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 23:23:48.17 ID:oYpQ5oOM0
ビスマルク達の近況を聞く

298: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 23:26:45.12 ID:SOPi6xYBo


閣下「何か飲むかね?」


提督「い、いえ・・・結構です」


閣下「そうか・・・」


閣下「・・・どうかね。ビスマルクたちの近況は」


提督「は、はい。えっと・・・まず、皆よく働いてくれています。ビスマルクは戦艦らしく堂々とした戦いで士気を高め、プリンツやレーベ達も己の力を理解し、ベストを尽くして戦ってくれます」


提督「グラーフもです。彼女の諜報能力にはとても助かっています」


閣下「・・・」










↓1 どうなる?

299: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 23:40:32.81 ID:qWPdYoyk0
プリンツが昼食を持ってくる

301: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 23:43:26.15 ID:SOPi6xYBo

コンコン


ガチャッ


プリンツ「失礼します・・・提督、お昼持ってきましたよ。まだ食べてないですよね?」


提督「ああ、ありがとう。プリンツ」


プリンツ「いえ・・・あの、閣下。私も同席してよろしいですか?」


閣下「ああ、構わんよ」


提督「いただきます・・・うん、美味い」


プリンツ「ふふ、よかった・・・♥」









↓1 どうする?どうなる?

302: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 23:46:48.83 ID:oYpQ5oOM0
閣下か提督に耳打ち
閣下「...グラーフの事を頼む」
そして去る

304: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 23:49:39.13 ID:SOPi6xYBo



プリンツ「・・・♥」


提督「うんうん、美味い美味い・・・!」


閣下(・・・幸せそうだな。Prinz)


閣下「提督。少し用事を思い出したから、席を外すよ」


提督「はい、了解です」


閣下「・・・グラーフのこと、頼んだぞ」


提督「!」


ガチャッ バタンッ


提督「・・・閣下」


プリンツ「え、えっと・・・」


プリンツ「二人きりですね、提督・・・///」


提督「ん、そうだな・・・」












↓1 どうなる?

303: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 23:47:38.14 ID:p8ebgfi/0
プリンツに妊娠のことを詳しく聞いてみる(今、何週目かとか、性別とか)

305: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 23:50:42.52 ID:p8ebgfi/0
>>303
性別はコンマ判定で
奇数:女の子
偶数:男の子
ゾロ:双子の男女

306: ◆I045Kc4ns6 2016/10/20(木) 23:55:26.27 ID:SOPi6xYBo



提督「・・・そういえば、プリンツ。赤ちゃんのこと、聞いてもいいか?」
 

プリンツ「はい!提督も知りたいですよね・・・♪」


提督「妊娠は、その・・・初めてした時か?///」


プリンツ「たぶん、そうです・・・今、二ヶ月なので///」


提督「じゃあ、まだ性別はわからないな・・・もう少ししないと」


プリンツ「提督は、男の子と女の子、どっちがいいですか?///」


提督「うーん、今は娘もいるし・・・やっぱり、男の子かな?」


プリンツ「私もです!なんだか、男の子な気がして・・・えへへ///」サスリサスリ…









↓1 どうする?どうなる?

307: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/20(木) 23:58:45.33 ID:QBKQXJTc0
時間あるので観光

308: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 00:01:29.29 ID:69i16UBYo



提督「・・・ごちそうさま」


プリンツ「はい、きれいに食べてくれて嬉しいです♥」


提督「そりゃ美味かったからな・・・さて、と。歓迎パーティーまで暇だな」


プリンツ「それなら、少し観光しませんか?私が案内します!」


提督「お、いいな。ビスマルクたちも誘うか?」


プリンツ「えーっと・・・」






1 たまには二人きりで

2 皆仲良く

3 全員ではないけど何人かと






↓1 3の場合は誰が同行するかもお願いします

309: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 00:02:26.52 ID:wgzyNPKA0
2

310: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 00:05:16.35 ID:69i16UBYo



ビスマルク「なるほど。観光ね!いいわ、案内してあげる」


提督「ありがとう。皆良かったのか?」


レーベ「ヒッパーやシャルン達は作戦中で、パーティーまで帰ってこないんだって」


マックス「人がいないのもそのせいよ・・・」


提督「そうか。ならみんなで行こうか。なぁ、グラーフ」


グラーフ「ん、ああ。私も案内するよ。心配するな」










↓1 観光イベント 

どうする?どうなる?

311: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 00:08:54.95 ID:KJ/j4zKH0
熱でぶっ倒れたのにグラーフさん大丈夫なんすか

安価はケルン大聖堂へ

312: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 00:13:02.67 ID:69i16UBYo



グラーフ「・・・くしゅんっ!」


提督「グラーフ・・・やっぱり休んでたほうがいいんじゃないか?」


グラーフ「いや、平気だ。心配するな」


提督「そうか・・・で、これはどこに向かってるんだ?」


レーベ「ケルン大聖堂だよ。何百年もかけて作られた建物で、世界遺産にもなってるんだよ」


プリンツ「きっと提督も驚きますよ♪」


提督「へぇ、それは楽しみだな」









↓1 どうなる?

313: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 00:21:26.60 ID:wgzyNPKA0
提督のラッキースケベを発動する
倒れそうのグラーフか...

315: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 00:24:24.76 ID:69i16UBYo



グラーフ「ごほっ、ごほっ・・・!」


提督「・・・大丈夫か?グラーフ。やっぱり休んでおいたほうが・・・」


グラーフ「大丈夫だ。心配するな・・・」


ビスマルク「提督、見えたわよ!」


提督「ん?おぉ、すごいなぁ!」


グラーフ「っ・・・」フラッ…


提督「っ! グラーフ!」











↓1 ラッキースケベの結果、どうなる?

316: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 00:25:48.28 ID:PtAny8T20
お胸の●●に顔が埋まる

317: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 00:28:26.43 ID:69i16UBYo



グラーフ「っ、はぁ・・・す、すまない提督・・・っ!?///」


提督「んん、ん~!!」


提督(息が、出来ない・・・!何かが顔に乗っかって!)ジタバタ


ムニュ


グラーフ「ひうっ!?こ、こら!暴れるな!」


呂-500「グラーフさん、大丈夫ですか!?」


ビスマルク「提督も、頭打ったりしてない?」









↓1 どうなる?

318: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 00:37:02.69 ID:YPCpUP7A0
プリンツ「もう~●●●なAdmiralさんですね 胸がお好きならどうぞ」

319: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 00:42:52.86 ID:69i16UBYo



提督「はぁ、はぁ・・・///」


グラーフ「・・・///」


提督「ご、ごめん、グラーフ・・・わざとじゃないから・・・」


グラーフ「わ、分かったわよ・・・気にしないでいいわ///」


提督「ふぅ・・・」


プリンツ「・・・もう、●●●な提督さんなんですから・・・」


プリンツ「はい、これでどうですか?///」


ムニュ…


提督「ちょっ、ぷ、プリンツ!?」


ビスマルク「むむむむ・・・!」








↓1 どうなる?

320: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 00:46:18.18 ID:wgzyNPKA0
レーベ、こっそりで写真を撮る

321: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 00:51:32.63 ID:69i16UBYo



ビスマルク(プリンツ、妊娠したからかグイグイ来るようになったわね・・・)


ビスマルク(私も、負けていられないわ!)


ビスマルク「提督、わたしも!」


ムニュ


提督「・・・はぁ」





レーベ「・・・」パシャッ


マックス「? なんで写真を撮るの?」


レーベ「これ、帰ったらみんなに見せようと思って・・・」


呂-500「うん、いいと思います」


マックス「・・・どんな反応か、楽しみね」








↓1 どうなる?

322: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 00:57:42.35 ID:PtAny8T20
●●●●おしくらまんじゅうで提督の息子も抜びょう

323: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 01:00:16.35 ID:69i16UBYo



ビスマルク「~♪」


プリンツ「~♪」


提督(うおぉ、さ、左右から柔らかい感触が・・・)


提督(それに、さっきのグラーフの胸の感触も、顔に残って・・・)


ムクムク…


提督(バカッ!鎮まれ、鎮まれ・・・)


プリンツ「・・・どうしました?具合でも悪いんですか?」








↓1 どうする?どうなる?

324: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 01:07:07.49 ID:wgzyNPKA0
グラーフ「あっ…(察し)」


325: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 23:00:12.27 ID:69i16UBYo


【ケルン大聖堂】




レーベ「どうしたんだろ、提督・・・急に前かがみになって」


マックス「具合でも悪いんじゃない?」


グラーフ「・・・あっ」


呂-500「? どうかしましたか?」


グラーフ「い、いや、何でもない・・・///」





 
提督「ぷ、プリンツ。あんまり抱きつくとお腹が苦しくないか?ビスマルクも・・・」


プリンツ「大丈夫ですよ、提督♪」


ビスマルク「さぁ、どんどん行きましょう!」








↓1 どうする?どうなる?



326: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 23:02:28.15 ID:AFXHQcE50
両手に花な状態のまま
ビス子「ケルン大聖堂で挙式とか憧れるわね…」

327: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 23:06:46.66 ID:69i16UBYo



提督「おぉ、中はもっとすごいな・・・」


プリンツ「ふふ、そうですよね♪すごい迫力です・・・」


ビスマルク「・・・この大聖堂で挙式なんて、憧れるわね・・・」ムニュ


提督「ん、び、ビスマルク・・・」


ビスマルク「ふふ、ねーぇ?提督・・・提督もここで挙式したくない?プリンツもどう?」ムニムニ


プリンツ「きっと素敵ですよ、姉様・・・!」ムニムニ


提督「っ・・・///」












↓1 どうなる?

328: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 23:11:41.53 ID:wgzyNPKA0
俺ら「この女たらしめ....」イライラ

329: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 23:14:37.34 ID:69i16UBYo



ビスマルク「とにかく、中を見て回りましょ!」グイグイ…


提督「引っ張るな押しつけるな・・・」




 
お前ら「おい、見ろよあれ・・・」


お前ら「何だあいつ、あんな美人二人に挟まれて・・・ちくしょう!」


お前ら「この女たらしめ・・・クソ喰らえっ!」





レーベ「・・・提督たちが通ったあと、皆イライラしてるね」


マックス「・・・仕方ないわよ」






↓1 どうなる?

330: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 23:18:49.28 ID:KJ/j4zKH0
プリンツ「ドイツと言えばコーヒーも有名です!次はコーヒー飲みに行きましょう!」
(近くのカフェへ)

331: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 23:21:21.31 ID:69i16UBYo




プリンツ「すごかったですね、提督!」ムニムニ


提督「・・・いつまで抱きついてるんだよ」


ビスマルク「あら、嫌なの?ふーん・・・」ニヤニヤ


提督「あーはいはい。嫌じゃない嫌じゃない」


レーベ「・・・まだパーティーには時間があるね」


グラーフ「どうするんだ提督。コーヒーでも飲むか?」


プリンツ「ドイツはコーヒーも有名ですよ!さぁ、行きましょう♪」


提督「こらこら、プリンツ・・・」










↓1 どうなる?

332: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 23:28:14.18 ID:AFXHQcE50
グラーフがコーヒーについて自分のこだわりをなにやらしゃべり始めた

333: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 23:33:56.19 ID:69i16UBYo




【カフェ】



提督「ん・・・お、美味い」


ビスマルク「そ、そうね・・・美味しいわ」


ビスマルク(苦い・・・)


グラーフ「・・・♪」


提督「ん?どうした、グラーフ」


グラーフ「いや、なかなか良いコーヒーだと思ったんだ。ただ高い豆を使っているわけじゃない。技術がなければこう美味いコーヒーは作れない」


グラーフ「客の回転率の高いカフェだと言うのに、注文ごとに用意してるのだろうな・・・♪」


呂-500「グラーフさん、たのしそーです・・・うっ、にがっ」












↓1 どうなる?

334: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 23:43:01.49 ID:KJ/j4zKH0
グラーフ「やはりコーヒーは良いものだ… 一仕事終えた後に飲むのも良いが、たまにはこう和気藹々と飲むのも悪くはない…な」

335: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 23:47:55.79 ID:69i16UBYo



提督「グラーフ、コーヒー詳しいのか?」


グラーフ「ああ。自分で一仕事終えたあとによく飲む・・・」


グラーフ「・・・やはりコーヒーは良いものだ。たまには・・・こう和気藹々と飲むのも悪くはない・・・な」


ビスマルク「・・・やっと気づいたの?グラーフ」


提督「ま、そう思ってくれたら嬉しいよ。コーヒー詳しいのなら、俺にも淹れてくれないか?」


グラーフ「ふっ・・・いいだろう」ニコリ











↓1 どうする?どうなる?

336: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/21(金) 23:51:12.31 ID:AFXHQcE50
ところでケルンはドイツ西部だけど、閣下はベルリン(ドイツ北部)にいるんじゃないのかな?
結構移動してない?

安価下で

338: ◆I045Kc4ns6 2016/10/21(金) 23:54:51.43 ID:69i16UBYo




グラーフ「・・・ごちそうさま」


提督「さて、と・・・そろそろベルリンに戻るか?」


ビスマルク「そうね。そろそろ移動したほうがいいかも」


提督「じゃあぼちぼち・・・うん?」


レーベ「どうしたの?」


提督「・・・ちょっと寄っていいか?花が気になってさ」


マックス「花?なんで・・・」


提督「まあまあ。すぐ済むからさ」












↓1 花屋でどうする?どうなる?

339: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 00:02:28.34 ID:dSPLxMqA0
勿忘草を買う

340: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 00:08:07.53 ID:zsnGFG74o


提督「んー、いっぱいあるなー・・・どれも綺麗だな」


ビスマルク「花を買うの?」


提督「ああ。妊娠したってのにプリンツに何も送ってないし・・・目に見える形で、愛してる証がほしいんだよ」


プリンツ「提督・・・ありがとうございます」


提督「で、どれにするかだな・・・うーん」


グラーフ「・・・それなら、これでどうだ?日本語では、確か勿忘草というはずだ」


提督「おぉ。綺麗じゃないか」


グラーフ「この花の名前はドイツの伝説によるものだ。花言葉は真実の愛、思い出・・・ピッタリだろう?」


提督「そうだな・・・ありがとう。グラーフ」


グラーフ「気にするな・・・」










↓1 どうする?どうなる?

花を受け取ったプリンツの反応なり

ベルリンに戻ってからのことなり

341: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 00:10:08.09 ID:vx/w4fkA0
皆にもいろいろの花を贈る
なぜがグラーフに紫のアネモネを贈る

343: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 00:14:55.42 ID:zsnGFG74o



提督「さて、と・・・」
  

提督「ほら、プリンツ・・・ビスマルクも」


プリンツ「ありがとうございます!大切にしますね!」


ビスマルク「え?私にも・・・?」


提督「ああ。一応ここにいるみんなにあげようってな。ほら、レーベ。マックス」


レーベ「あ、Danke」


マックス「いいわ、もらっておいてあげる・・・」


提督「ほら、グラーフ。ろーも」


グラーフ「アネモネか?これは・・・紫・・・」


呂-500「とってもきれいですって!」


グラーフ「・・・」


提督「さて、んじゃ帰ってパーティーに参加しますかね~・・・」







↓1 ベルリンへの帰還中、もしくは帰還してからどうなる?

344: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 00:18:02.13 ID:1M0a7Yha0
ベルリンに到着後、目についた輸入品専門取扱店に立ち寄ってみるとレーベ(男の娘)×マックス本があった
作者はもちろん…

しかも人気商品らしく高騰してる

345: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 00:22:24.11 ID:zsnGFG74o



提督「ふいー・・・座ってると疲れるな」


グラーフ「だが思っていたより早く着いたぞ。少し時間を潰さなければならなくなったが」


提督「んー?なんか人混みできてるし、言ってみるか?」





【輸入品店】


プリンツ「何かと思ったら輸入品店でしたか・・・」


ビスマルク「あの本がかなり売れてるみたいだけど・・・あら?レーベにマックス?」


提督「あ・・・(察し)」


レーベ「え?なんで僕達が・・・」


マックス「ちょっと見てみないと・・・」


提督「ちょっと待て!俺が確認する!」ペラペラ…


提督(・・・こんなの、二人に見せるわけには・・・!)









↓1 どうする?どうなる?

346: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 00:26:35.28 ID:dSPLxMqA0
中身を見てしまい気絶するレーベと秋雲を処刑することを決心するマックス

なお店内
お前ら「おい、あのこたち… 」

347: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 00:30:57.53 ID:zsnGFG74o



レーベ「ちょっと気になるでしょ?いいから見せてよ」


提督「あっ、こ、コラ!」


『ふぁぁ///ぼくの主砲、feuerしちゃうぅ///』


レーベ「」パタッ…


マックス「・・・秋雲」ゴゴゴゴゴゴ…


ビスマルク「れ、レーベ!?マックスもどうしたの!?」


呂-500「提督!ろーちゃんにもみせてください!」


提督「お前にはまだ早い!」






お前ら「おお、本物のレーベたんにマックスたんだ・・・」


お前ら「うっ、しゅ、主砲が・・・!」









↓1 どうなる?

348: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 00:32:00.71 ID:vx/w4fkA0
新刊の『あ●これ』も...
『あ●これ その7~暁~
      お前がレディ(意味深)になるんだよ!』

349: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 00:35:20.23 ID:zsnGFG74o



呂-500「む~・・・あ!てーとく、これ、暁ちゃんが描いてますよ!」


提督「は・・・?」


呂-500「え~っと、『あ●これ その7~暁~ お前がレディになるんだよ!(意味深)』・・・」


提督「ちょっ!ろー!それを読むんじゃない!」


呂-500「え?」









↓1 どうする?どうなる?

350: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 00:40:31.78 ID:Sf+990pS0
呂-500「この本あまりリアリティがありませんですって 暁ちゃんのキャラがぶれてます」

普通にダメだしするろーちゃん

351: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 00:43:19.44 ID:zsnGFG74o



呂-500「大丈夫です!ろーちゃん、大人ですから!」ペラペラ…


提督「アッー!」


呂-500「・・・ふむふむ」


呂-500「・・・この本、だめですね。暁ちゃんのキャラ、ブレブレですって!リアリティがないです!」プンプン!


提督「あ、そ、そうか?うーん・・・俺は楽しめた・・・」


提督「って、違う違う!ほら、貸しなさい!」


呂-500「やーでーすー!!」









↓1 どうなる?

352: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 00:44:49.90 ID:vx/w4fkA0
グラーフが我関せず、アネモネを見つめてぼーっとする
レーベ「堕ちたな」
マックス「ああ」

353: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 00:49:37.11 ID:zsnGFG74o


ギャーギャー


グラーフ「・・・」ジッ…


グラーフ(奇麗な花だな・・・紫のアネモネか)


グラーフ(花言葉は確か、信じて待ってる・・・か)


グラーフ(まさか、私を信じてくれる人がいるなんて、な・・・///)フッ…





マックス(・・・グラーフも堕ちたわね)


マックス(まあ、彼女にとってもいいことね。良かったと思うわ・・・)


マックス(・・・私の花も、きれいね)









↓1 どうする?どうなる?

354: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 00:51:28.35 ID:Sf+990pS0
ビスマルク(プリンツを大切にしてくれるのは私も嬉しいけど、もっと私にもかまってくれていいじゃない…せっかくの新婚旅行なのに)

355: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 00:55:17.62 ID:zsnGFG74o



プリンツ「・・・真実の愛、か。ふふふっ・・・♪」


ビスマルク「・・・はぁ」


ビスマルク(プリンツを大切にしてくれるのは、私も嬉しいけど・・・もっと構ってくれてもいいじゃない)


ビスマルク(せっかくの新婚旅行なのに・・・)ムスッ…


提督「はぁ・・・どうした、ビスマルク?」


ビスマルク「何でも無いわよ・・・」ツン


提督(あ、拗ねた・・・)









↓1 どうする?どうなる?

356: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 01:00:05.04 ID:vx/w4fkA0
提督(ナテナテしよう)

357: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 01:10:05.35 ID:zsnGFG74o




提督「・・・」スッ…


ビスマルク「んっ、ち、ちょっと・・・///」


提督「・・・」ナデナデ


ビスマルク「あ、ん・・・///」


提督「・・・拗ねるなよ、ビスマルク」


ビスマルク「拗ねてなんか・・・っ、ご、ごめんなさい・・・///」


提督「可愛いな、お前は・・・」








↓1 どうなる?

358: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 01:10:30.13 ID:dSPLxMqA0
ビスマルク「わたしにもデキるようにもっと頑張りなさいよ」ウルウル

359: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 23:00:39.42 ID:zsnGFG74o


【ベルリン 輸入品店】


提督「・・・」ナデナデ


ビスマルク「・・・提督、その」


ビスマルク「私にも出来るように、頑張りなさいよ・・・」ウルウル…


提督「・・・そう、そうだな」


提督「じゃあ、今夜・・・やるか?」


ビスマルク「っ・・・///」コクリ…







↓1 どうする?どうなる?

そろそろ戻ってパーティー始める?

360: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 23:01:36.98 ID:vx/w4fkA0
レーベに陽炎のメール
レーベがメールを見て、も一度気絶する
陽炎『レーベがレーベくんになったの!?』

361: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 23:04:00.19 ID:zsnGFG74o



レーベ「はぁ、まったく・・・秋雲には困ったよ」


~~~♪


レーベ「あ、陽炎さんから・・・メール?」


『レーベ、あんたレーベ君になったの?』


レーベ「」パタッ…


呂-500「わー!レーベさん、大丈夫ですかー!?」


マックス「・・・まったく」










↓1 どうする?どうなる?

362: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 23:06:52.85 ID:Q8ysvQF20
鎮守府メーリスに↓が送られていた模様
【速報】レーベが男の娘になったんですって!



さんまやっと取れたよ・・・

363: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 23:10:43.41 ID:zsnGFG74o




提督「おいおい、また気絶したのか?」


レーベ「だって、陽炎さんからこんなメールが・・・」


プリンツ「たしかに、恋人からそんなメール送られたらショックですよね・・・」


グラーフ「・・・だが何故陽炎がこの件を知ってる?誰か知らせたのか?」 


呂-500「あ、それは呂-500がやりました!えへん!」


提督「・・・お前なー」ぐりぐり


呂-500「あぅっ!い、いたいですって~!」


マックス「やれやれ・・・」







↓1 どうなる?

364: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 23:11:13.04 ID:REDNJpgb0
戻ってパーティへ

365: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 23:14:26.04 ID:zsnGFG74o



提督「さ、いい加減戻るぞ。レーベ、大丈夫か?」


レーベ「うん、平気・・・秋雲への怒りは収まらないけど」


マックス「・・・帰るのが楽しみね」


グラーフ「提督、私は・・・」


提督「ん、グラーフ。おまえはどうすんだ?」


グラーフ「・・・」








↓1 グラーフも参加する?しないでおく?

366: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 23:15:33.09 ID:Q8ysvQF20
参加しないでおく

367: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 23:19:45.93 ID:zsnGFG74o



グラーフ「いいや、私はいい。まだ整理が付かないからな・・・」


提督「ん、そうか」


プリンツ「じゃあ、私達は戻りますから」


グラーフ「ああ。私はその辺でも散歩してるよ」


提督「大丈夫だと思うが、気をつけろよ」


グラーフ「いらん心配だ・・・そっちこそ、楽しんでこいよ」








↓1 パーティーの内容

もしくはグラーフについて、どうなる?

368: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 23:23:21.42 ID:vx/w4fkA0
グラーフが自室に帰る、アネモネを見て、
提督の事を考える

369: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 23:26:03.77 ID:zsnGFG74o



【グラーフの自室】


ガチャッ…


グラーフ「・・・ふぅ、疲れたな」


グラーフ「提督達は楽しんでるだろうな・・・」


グラーフ「・・・」スッ…


グラーフ「アネモネ・・・枯らしては勿体無いな。何か、花瓶になるものは・・・」






グラーフ「・・・これでよし」


グラーフ「・・・提督、私を信じてくれるのか・・・?」








↓1 どうする?どうなる?

370: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 23:29:19.65 ID:dSPLxMqA0
【パーティー会場】
パーティー会場では日本で活躍しているドイツ艦たちが表彰されていた

マックス「スピーチしろって言われてもね…

371: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 23:33:40.50 ID:zsnGFG74o



【パーティー会場】


パチパチパチパチ…


閣下「・・・以上、五名は遠く離れたニホンで誇り高き勇猛さを奮ってくれた。その活躍を評し、表彰したいと思う」


ビスマルク(ドレスアップ)「ありがとうございます、閣下・・・」


司会「では、表彰された方々の中から、マックスシュルツにスピーチを頼みます」


マックス(ドレスアップ)「わ、私!?いきなり過ぎるわよ・・・」


レーベ(ドレスアップ)「マックスなら大丈夫だよ」


「マックスー、頼むわよー」


マックス「はぁ・・・仕方ないわね」


提督「・・・」



  




↓1 マックスのスピーチの内容

372: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 23:47:55.17 ID:vx/w4fkA0
もう少しでドイツ語を忘れたところ、無事終了

373: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 23:52:47.76 ID:zsnGFG74o



マックス「えっと・・・まあ、私とレーベが日本に着任してもう二年になるわね」  


マックス「少しずつ帰ってきてはいたけど、危うくドイツ語を忘れるところだったわ」


マックス「まあ、それだけ日本はいいところよ。提督も・・・問題はあるけど、いい司令官だし」
  

「問題か・・・女性関係だな」


「ああ、違いない」クスクス…


提督「・・・おほん」


マックス「・・・そういうわけだから、大丈夫だとは思うけど関係が悪化しないよう祈るわ」


マックス「・・・終わり」


パチパチパチパチ…







↓1 どうする?どうなる?

374: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/22(土) 23:55:41.71 ID:REDNJpgb0
提督に記念品が贈呈される

375: ◆I045Kc4ns6 2016/10/22(土) 23:58:58.95 ID:zsnGFG74o



司会「ありがとうございました・・・では、次にわざわざ日本からお越しいただいた提督様に、閣下から記念品があるようです」


提督「え?俺に・・・?」


ビスマルク「そうよ。ほら、早く壇上に上がって」


提督「お、おう・・・」


閣下「さあ、受け取りたまえ」


提督「ありがとうございます・・・これは?」








↓1 閣下からの記念品とは何?

376: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 00:03:47.02 ID:rLGrC5zu0
無難にワイン

377: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 00:07:05.90 ID:V8hjB/XhO



閣下「ワインだよ。酒は飲むだろう?」

 
提督「ええ。よく飲みますよ・・・ありがとうございます」


司会「では、もう一度提督に拍手をお願いします」


パチパチパチパチ…


提督「・・・」ペコリ


プリンツ「提督、記念品なんでした?」


提督「ワインだったよ。これは素直に嬉しいな」


ビスマルク「あら、これすごく高い銘柄じゃない・・・」


提督「そうなのか?ま、今はパーティーの食事を楽しむさ」


呂-500「美味しそうな料理がいっぱいですって!」









↓1 どうする?どうなる?

378: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 00:08:48.19 ID:4BTPgsdX0
~その頃のグラ子~

グラ子「すまないな、こんな時間に そっちは深夜だろうに」(ベルリンと日本の時差は約7時間)
川内「問題ないよ!私は夜に強いからね。それで私に相談とは珍しいねえ…」(TV電話)


379: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 00:12:12.32 ID:Zdm5isMDo



【グラーフの自室】


グラーフ「・・・私だ。グラーフだ。こんな時間にすまない・・・」


川内『いいよいいよ。提督がいないから夜戦は駄目っていわれてさー・・・それに、鹿島のときはお互い戦った仲じゃん?』


グラーフ「・・・そう言ってくれると、嬉しい」


川内『・・・で、何のよう?』


グラーフ「少し、相談があるんだ・・・構わないか?」


川内『相談?私に・・・?』










↓1 どうなる?

380: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 00:20:15.72 ID:2y4I/rCn0
グラーフ「本格的に裏任務遂行部隊を結成しようと考えている
Admiralは敵を作りやすい性格であることが今回の旅行でのAdmiralの行動を見てよく分かった
今後また命を狙う者が現れてもおかしくない」

381: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 00:26:16.22 ID:Zdm5isMDo





グラーフ「本格的に裏任務遂行部隊を結成しようと考えているんだ」


川内『・・・続けて?』


グラーフ「Admiralは敵を作りやすい性格であることが、今回の旅行での彼の行動を見てよく分かった」


グラーフ「今後また命を狙う者が現れてもおかしくない」


川内『・・・ふーん。ま、その案には賛成かな。鹿島やスパイと戦う上で、そういうのはかなり役に立つと思うから』


川内『それにしても、グラーフさんがそういうこと言うなんて珍しいね~。提督なんて雇い主でしかないじゃん?』


グラーフ「それは・・・、奴がいいクライアントだからだ。金振りもいいからな・・・」


川内『・・・ふーん』







↓1 どうなる?

382: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 00:27:22.88 ID:+idTD5xA0
てっきり提督が好きになっちゃたーとかかと思った
チャンスがない者同士慰め合うんじゃないのー?

385: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 00:31:55.85 ID:Zdm5isMDo



川内『てっきり私は提督が好きになっちゃったーとか言い出すかと思ったよ』


グラーフ「なっ・・・」


川内『私も提督のことは好きだけど、なかなかチャンスがね~・・・まぁ、夜騒いで迷惑かけてるし、そこんとこは申し訳ないと思うけど』


グラーフ「・・・貴様は、好きなのか?提督のことが」


川内『まぁね。最近来たグラーフさんには分かんないかもしれないけど、提督ってけっこう危なっかしいところがあるから・・・』


川内『・・・って、何話してんだろ///』


グラーフ「・・・」








↓1 どうなる?
 

386: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 00:33:23.33 ID:z3KyaMtBO
川内「ところでメンバーはある程度目星つけてるの?」

387: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 00:37:43.58 ID:Zdm5isMDo



川内『話し戻すけどさ、メンバーには目星とかつけてるの?』


グラーフ「・・・そうだな。まず裏で行動した経験のある香取や海風、江風は入れていいと思う。特に風雲の暗殺能力は必須だろうな」


川内『それは私も同感。あとは?』


グラーフ「それなんだが・・・私は先程上げた四人以外は交流が薄いんだ。お前から見て、活躍できそうな艦娘はいるか?」


川内『う~ん・・・』









↓1 川内推薦の隠密艦娘

人数は問いません

388: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 00:38:24.92 ID:4BTPgsdX0
不知火・と前回組んだこたち

390: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 00:43:25.55 ID:Zdm5isMDo


川内『・・・不知火、とかかなぁ』


グラーフ「シラヌイ?」


川内『陽炎型二番艦。提督を二度も救ってるんだけど、まあ帰ったら紹介するよ・・・』


グラーフ「そうか・・・他にはいないか?」

 
川内『う~ん・・・私人を見る目ないからねぇ。提督に聞いたほうがいいんじゃないかな?』


グラーフ「それもそうだな・・・」









↓1 どうする?どうなる?

391: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 00:44:59.94 ID:4BTPgsdX0
>>388
やべ、前回組んだの見てきたら>>387で出てるやん…
不知火だけで少ないなら初月・夕立追加で
だめならそのままで

392: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 00:49:04.25 ID:Zdm5isMDo



川内『あ~、あとは夕立と初月かな』


グラーフ「ユウダチは知っている。だが、ハツヅキと言うのは?」


川内『初月は秋月型四番艦。護衛と輸送は慣れてるし、落ち着いてるからぴったりだと思うよ』


グラーフ「なるほどな・・・帰ったら声をかけてみよう」


川内『それがいいよ。あとは提督に聞いてちょうだい~』









↓1 どうなる?

393: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 00:49:37.16 ID:jwS8WhAq0
提督側に移る
提督「この前(秋月達との旅行)の事もあるから酒は最小限に抑えておくか...」

394: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 00:53:03.92 ID:Zdm5isMDo



【パーティー会場】


提督「うん、美味い」


プリンツ「提督!お酒、いかがですか?」


提督「おっ・・・いや、やめとくよ」


ビスマルク「遠慮しないでよ。美味しいわよ?」


提督「酔うと眠くなるんだよ、俺・・・そのせいでこの前の旅行でも失敗したし」


提督「お前も俺が酔って寝ちまったら嫌だろ?」


ビスマルク「嫌」


レーベ「じゃあ僕達は遠慮なく・・・」


マックス「ん・・・美味しい」









↓1 どうなる?

396: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 00:55:28.06 ID:hmyKbC2v0
酔ったように見せかけながらビスマルク、胸を提督に押し当てていく(確か夜戦ありだっけ)

398: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 01:02:23.18 ID:Zdm5isMDo


ビスマルク「・・・」


ビスマルク「それなら、私も飲もうっと・・・」ゴクゴク…


提督「おいおい、そんなに飲んで大丈夫か?」


ビスマルク「・・・う~ん・・・///」ムニュ


提督「お、おい!」


ビスマルク「ごめんなさい、酔っちゃったみたい・・・///」


提督「だから言ったのに・・・」






レーベ(あれ、絶対演技だよね・・・)


呂-500(演技、下手ですって・・・)







↓1 どうなる?

399: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 01:03:20.90 ID:2y4I/rCn0
ドイツ人高官A「この場においても女にあのような行動をさせるとは、流石女たらしの名に恥じないお方ですなwww」

高官B「名には恥じないが恥というものを知らないようだ」

400: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 01:07:20.83 ID:Zdm5isMDo



ビスマルク「う~ん・・・///」ムギュー…


提督「こら、ビスマルク!」






ドイツ人高官A「見てみなさい・・・この場においても女にあのような行動をさせるとは、流石女たらしの名に恥じないお方ですなwww」


高官B「名には恥じないが恥というものを知らないようだ」


艦娘「ビスマルクさんをあんな骨抜きにするなんて・・・」


ヒソヒソ… ヒソヒソ…


提督「うぅ・・・っ、ほら、皆に見られてるから!」


ビスマルク「じゃあ部屋に行きましょうよ~・・・///」


提督「はぁ?まだ早いって・・・」


ビスマルク(ふふ、我ながら完璧な作戦ね・・・)ニヤリ…







↓1 どうなる?

401: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 01:09:25.05 ID:rLGrC5zu0
グラーフと鉢合わせ

403: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 01:13:22.17 ID:Zdm5isMDo


提督「び、ビスマルク!ちょっと、トイレ行くから離れてくれ・・・」


ビスマルク(逃さないわよ!)


ビスマルク「やだぁ~、一緒に行く~・・・///」グテー…


提督「あぁ、もう!」


ズルズル…




【廊下】


提督「っ・・・いい加減離れろ!」


ビスマルク「いやぁ~・・・あ?」


グラーフ「Admiral・・・パーティーはどうした?」


提督「トイレだよ。そっちこそ一人で大丈夫か?」


グラーフ「あぁ・・・ビスマルクはどうしたんだ?」


提督「気にするな。酔ったみたいなんだよ」


ビスマルク(ま、まさかグラーフに会うなんて・・・)









↓1 どうなる?

404: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 01:15:15.33 ID:2y4I/rCn0
グラーフ「(まぁ、このあとの事は大体予想がつくな…)
せいぜい楽しむといい、夜は長いからな」

(立ち去る)

407: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:00:11.19 ID:Zdm5isMDo

【ドイツ官庁】


グラーフ(・・・何もおかしなことはない。二人は夫婦だ)


グラーフ(これから何をしようと、本人たちの同意の上だろう・・・)


グラーフ「・・・せいぜい楽しむといい。夜は長いからな」
  

提督「お、おう。そうだな・・・」


提督「っとっとっと!も、漏れる!グラーフ、ビスマルク任せていいか?」

 
ビスマルク「えっ?」


グラーフ「あぁ、任せてくれ」ガシッ


提督「頼む!」


ビスマルク「・・・」


グラーフ「・・・本当に酔っているのか?ビスマルク」


ビスマルク「!」ギクッ






 
 



↓1 どうなる?

408: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:01:56.86 ID:eNKjPnFU0
酔っているというのは割と本当みたいだった

409: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:03:58.14 ID:Zdm5isMDo


グラーフ「酔った振りをして、Admiralに絡んでるんじゃないだろうな、まったく・・・」


ビスマルク「・・・///」フラッ…
  

グラーフ「! おい、しっかりしろ!」


ビスマルク「う~・・・///」


グラーフ「どうやら、本当に酔ってるみたいだな・・・やれやれ」







↓1 どうする?どうなる?

410: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:11:12.95 ID:rLGrC5zu0
side提督
陽炎に必死で辯護のレーベを見た

411: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:15:50.57 ID:Zdm5isMDo


【提督の鎮守府】


陽炎「あーうん・・・はいはい、分かった分かった」


不知火「・・・どうしたんですか姉さん。こんな深夜に」


黒潮「なんやー、でんわか~?」ゴシゴシ…


陽炎「例のメールのことでね・・・レーベが違う違うって言ってきてんの。私はわかってるってのに」


不知火「・・・でも主砲が生えてたほうが夜戦が出来ていいのでは?」


陽炎「アホかっ」ビシッ!


黒潮「やせんって、きもちええで~・・・ねぇちゃん・・・」ウトウト…


陽炎(うぅ、そう言えばこの二人ケッコンしてた・・・!)










↓1 どうする?どうなる?

412: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:19:30.37 ID:+idTD5xA0
川内「あ、不知火ちょうど良いところに!ちょっと私と話さない?」
不知火「眠いのですが…」ヌイヌイ

413: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:22:37.19 ID:Zdm5isMDo



川内「おっ、よ、陽炎」 
 

陽炎「川内さん。どしたの?こんな時間に」


川内「そりゃ私のセリフ・・・ああ、不知火。ちょうどよかった、少し話があるのよ」


不知火「は?不知火は眠いのですが・・・」ヌイヌイ… 


黒潮「ねんと●●●●大きくならんからなぁ・・・ふわぁぁぁ」


川内「そう言わないでよ~提督に関わることだからさ」


不知火「聞きます」シャキッ


川内「よし来た!」








↓1 裏部隊のことを聞いた不知火の反応

414: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:23:46.22 ID:jwS8WhAq0
司令のためなら力になる

415: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:25:52.78 ID:Zdm5isMDo



川内「・・・というわけよ。提督に話もしてないから、実現するかは分かんないけど」


不知火「・・・それが司令のためなら、力になります」


川内「お、流石不知火」


不知火「当然です。司令を守ると、不知火は誓いましたから・・・」ギュゥッ…


川内「・・・じゃ、詳しい話はまた後でね」











↓1 どうする?どうなる?

416: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:29:38.81 ID:eNKjPnFU0
~パーティー会場~

提督がトイレに行っている間、プリンツ、Z1,Z3はドイツ高官たちにナンパされて困っていた

417: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:33:15.41 ID:Zdm5isMDo


ハブられる呂-500ちゃん




ドイツ高官「・・・へー、結構楽しそうじゃないか。ニホンでの活動は」


プリンツ「はい。提督も日本の艦娘のみなさんも、とても親切な方ばかりで・・・」


ドイツ高官「興味深いな。どうだい?これから私の部屋で飲まないか?」


マックス「え・・・」


プリンツ「すみません、お酒はちょっと・・・それに」


レーベ「僕達、提督を待ってなきゃ」


ドイツ高官「おいおい、あんな女たらしなんて放っておけばいいだろう?どうせ調子に乗ってるチンケな男だよ」


プリンツ「・・・」ムカッ


 







↓1 どうなる?

418: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:33:34.94 ID:rLGrC5zu0
閣下が助けに来てくれた

419: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:36:00.51 ID:Zdm5isMDo




閣下「こら。困っているだろう・・・見てわからんか?」 


高官「か、閣下・・・い、いえ」


閣下「ならば下がれ」


高官「はっ!」


レーベ「・・・ありがとうございます、閣下。助かりました」


呂-500「高官の人も、知らない人が増えましたね・・・」


閣下「そうだな。君たちに言い寄っていたあの男も、悪い奴ではないんだがな・・・」









↓1 どうなる?

420: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:36:48.47 ID:jwS8WhAq0
ビスマルクに酔い止め薬を飲ませるグラーフ

421: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:38:54.33 ID:Zdm5isMDo



グラーフ「・・・ほら、ビスマルク。酔い止めだ・・・」


ビスマルク「ん・・・///」


グラーフ「あまり飲みすぎると、嫌われるぞ。全く・・・」


キラリ…
  

グラーフ「ん、指輪・・・」


グラーフ「綺麗だな・・・」







↓1 どうなる?

422: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:40:17.30 ID:rLGrC5zu0
グラーフ、少し羨ましいを感じる

423: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:42:46.01 ID:Zdm5isMDo




ビスマルク「うぅ・・・」


グラーフ(・・・汚れた私とは対象的な、綺麗な身体なんだろう。ビスマルク)


グラーフ(少し、羨ましいよ。もう少し早く、提督と知り合えていたらな・・・)


ジャー…


提督「ふぅ~・・・ありがとう、グラーフ」

 
グラーフ「ああ・・・」









↓1 どうなる?

424: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:46:38.56 ID:eNKjPnFU0
プリンツがビスマルクを迎えにくる

426: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:48:47.23 ID:Zdm5isMDo



ビスマルク「うぅ、ん・・・あれ?私・・・」


提督「起きたか・・・お前、よって俺に絡んで大変だったんだぞ」


ビスマルク「あ、そ、そうなの・・・?ごめんなさい・・・」


ビスマルク(失敗したわ・・・)


「ねえさまー!」


グラーフ「ん、プリンツ」


プリンツ「姉様、ここにいたんですね。お姿が見えなかったので・・・」


ビスマルク「わざわざありがとう、プリンツ・・・」








↓1 どうする?どうなる?

427: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:51:58.61 ID:jwS8WhAq0
提督「俺は一足先に部屋に戻る。風呂に入ってるから」

428: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:54:38.92 ID:Zdm5isMDo


提督「ビスマルク。お前はもう少し会場にいたほうがいいんじゃないか?挨拶しなきゃなんない相手もいるだろう」


ビスマルク「それなら、提督も一緒に・・・」


提督「俺はいいよ。部屋に戻って、風呂入って待ってるからさ・・・」


ビスマルク「・・・先に寝ないでよ?///」


提督「分かってるって・・・んじゃ、プリンツ。ビスマルクのこと頼むわ」


プリンツ「はい!任せてください!」


スタスタスタ…


提督「んん、疲れた~・・・」


グラーフ「・・・」









↓1 これからどうする?どうなる?

誰の視点で進めても構いません

429: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 23:55:48.12 ID:rLGrC5zu0
呂-500、遊び心で提督のベッドの下に待機

431: ◆I045Kc4ns6 2016/10/23(日) 23:58:52.09 ID:Zdm5isMDo



呂-500「けぷ・・・先にお腹いっぱいになっちゃった・・・」


呂-500「提督、もう部屋に戻ってるかな・・・これから暇だから、お話ししたいけど・・・」


呂-500「よし、部屋に行ってみよう!」





【提督の部屋】 


ガチャッ…


呂-500「鍵かかってない・・・ぶよーじんですって!」


呂-500「提督、いないし・・・そうだ!隠れて驚かしちゃお!えへへっ♪」モゾモゾ…









↓1 どうなる?

432: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 00:11:33.10 ID:N7l8i4VL0
グラーフ「……提督、少しだけ、話を」
自室に誘う

434: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 00:13:19.74 ID:YmW9ynluo



グラーフ「提督、部屋に戻る前に・・・少しいいか?」


提督「うん?」


グラーフ「すぐに済む。だから・・・部屋に、来てくれないか?」


グラーフ「ここでは、落ち着かないから・・・」


提督「ああ、分かったよ」


グラーフ「ありがとう・・・」










↓1 どうなる?

435: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 00:17:48.27 ID:5NUsFTli0
グラーフ泣き出す

ビスマルクやプリンツが羨ましい
私も彼女達みたいに

436: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 00:21:17.43 ID:YmW9ynluo



バタンッ…


提督「・・・なんだ?話って」 


グラーフ「Admiral・・・何故、私だけこんな目に会うんだ?」  


提督「・・・」


グラーフ「私だって、誇り高いドイツの艦娘でいたかった・・・だが、追放され、身売りも殺しもしなければならなくなった・・・」


グラーフ「だが、ビスマルクも、プリンツも・・・本当に幸せそうでっ!」


グラーフ「なぜ、私は・・・彼女たちみたいに、なれなかったんだ・・・」ポロポロ…


提督「グラーフ・・・」









↓1 どうする?どうなる?

437: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 00:21:47.65 ID:N7l8i4VL0
提督をベッドの上に押し倒し

439: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 00:26:35.70 ID:YmW9ynluo



グラーフ「なぁ、Admiral・・・!」ポロポロ…


提督「グラーフ、落ち着け・・・」


グラーフ「っ、無理だ・・・自分でも、涙が止まらなくて・・・」


グラーフ「あど、みらぁ・・・」


提督「っ・・・」


ドサッ…


グラーフ「うぅ、うっ・・・」


提督「グラーフ・・・」









↓1 どうする?どうなる?

438: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 00:23:22.66 ID:J90q3vGu0
提督「過去は変えられない。だけど未来は変えられるんだ。これからゆっくり変えていこう。俺もみんなもお前の力になるからさ」

泣きやんでから部屋を出る

441: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 00:32:47.25 ID:YmW9ynluo



提督「・・・大丈夫だよ、グラーフ。俺も同じだ」


提督「俺も自分が何でこんな辛い目に会うのか、絶望して何もかもが嫌になったこともある」


グラーフ「うっ、ぅ・・・」


提督「けど、俺も皆がいたおかげで、こうして幸せになれたんだ。お前だって大丈夫だの」


提督「少しずつでも、変えていこう。俺もみんなも力になるからさ」


グラーフ「・・・ええ」


グラーフ「押し倒して・・・ごめんなさい」


提督「大丈夫だよ。じゃあ、俺部屋に戻るから・・・」


グラーフ「・・・」コクリ…


ガチャッ バタンッ











↓1 どうなる?

442: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 00:34:15.17 ID:5NUsFTli0
部屋に戻るとビスマルクとろーちゃんがいた
「ビスマルクさん達ばかりズルいですって!ろーちゃんも夜戦に参加したいって!!」

443: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 00:39:06.03 ID:YmW9ynluo


【提督の部屋】


ガチャッ


提督「・・・ふぅ」


呂-500「あ!おかえりなさい!」


ビスマルク「あ、提督!」


提督「ん?なんでろーがいるんだよ?」


ビスマルク「それがね・・・」


呂-500「ビスマルクさん達ばかり夜戦してずるいですって!ろーちゃんも、夜戦参加したいですって!」ぷんぷん!


ビスマルク「・・・こう言って聞かないのよ」ヒソヒソ…


提督「参ったな・・・夜戦のこと、説明するか?」ヒソヒソ…


ビスマルク「誰がするの?私は嫌よ!それに、アカツキの本読んでたし、知識はあるかもしれないわよ?」ヒソヒソ…


提督「それもそうか・・・」ヒソヒソ…


ビスマルク「言っておくけど、●○とか嫌だからね!」ヒソヒソ…


呂-500「む~。また内緒話・・・」








↓1 どうする?どうなる?

444: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 00:42:35.19 ID:IvZ7dt0A0
今回はビスマルクとプリンツの新婚旅行だからまた今度な

445: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 00:45:42.40 ID:YmW9ynluo




提督「呂-500。今日はビスマルクとプリンツの新婚旅行ってことだから・・・また今度な」


呂-500「む・・・仕方ないですって!」


ビスマルク(ホッ・・・)


提督「そうだ。ろー、お前夜戦ってのが何なのか、ほんとに知ってるのか?」


呂-500「えー?うーん・・・」










↓1 夜戦(意味深の方)への呂-500の理解度

文字で表現しても、コンマでも構いません

446: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 00:47:02.45 ID:5NUsFTli0
何度も覗き見てるので知っている

448: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 00:50:21.04 ID:YmW9ynluo



呂-500「何度も潜水艦の皆と覗いてるから、知ってますって!」


提督「はぁ!?」


呂-500「じゃあごゆっくり!」


ガチャッ バタンッ!!


提督「はぁぁ・・・覗かれてたって、ホントかよ・・・」


ビスマルク「今更じゃない?前は隠しカメラで盗撮されてたんでしょ?」


提督「それはそうだけど・・・はぁ」


ビスマルク「・・・」


ムニュ


提督「ん・・・?」


ビスマルク「・・・やっと、二人きりね」


提督「・・・そうだな」










↓1 どうする?どうなる?

449: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 00:56:27.49 ID:N7l8i4VL0
夜戦

450: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 01:01:58.79 ID:YmW9ynluo

ビスマルク「はぁ・・・今思うと、大人気なかったわね。私」


ビスマルク「妹分のプリンツや、呂-500にまで嫉妬するなんて・・・」


提督「ふふ、そうかもな・・・でも、それだけ俺を大切に思ってくれてるんだろ?」


提督「嬉しいよ。ビスマルク・・・」


ビスマルク「ん・・・」









↓3までで多数決 キンクリする?しない?

463: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 23:02:47.49 ID:YmW9ynluo

【・・・しばらくして】


ビスマルク「んん、ん・・・♥」


提督「・・・よしよし、よく頑張ったな」ナデナデ


ビスマルク「ん、ていとく・・・♥」


提督(あれから2連発してしまった・・・ビスマルク、後半疲れて動けなかったな・・・)


提督「・・・出来てるといいな、その、赤ちゃん」


ビスマルク「うん・・・♥」









↓1 どうする?どうなる?

もう寝る?

464: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 23:04:30.65 ID:RD+QaQnM0
飲み物でも飲みながらドイツのみんなについて話す

465: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 23:07:59.29 ID:YmW9ynluo



提督「疲れたろ?寝る前にシャワー浴びようか・・・」


ビスマルク「ん、分かったわ・・・♥」


提督「喉渇いてないか?何か飲み物を取ってくるよ」


ビスマルク「ありがとう、提督・・・♥」





ビスマルク「・・・ふぅ」


提督「お疲れ様・・・なぁ、ビスマルク」


ビスマルク「なぁに?提督」


提督「実は、ここに来る前にグラーフのところに行ってきたんだよ」


ビスマルク「ふーん・・・それで?」


提督「・・・それがな」









↓1 グラーフのことを聞いたビスマルクの反応

466: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 23:11:41.51 ID:5NUsFTli0
「鎮守府の皆に一生かけて恩を返していくのが貴方のこれからの役目でしょ?それならグラーフの事も幸せにしてあげなさい!

467: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 23:15:10.96 ID:YmW9ynluo



ビスマルク「そんなの私に聞いてどうするのよ?」
 

提督「いや・・・一応、聞いておきたくてさ」


ビスマルク「はぁ・・・あなた、昔言ってたじゃない。『人間じゃない自分を人間扱いしてくれた艦娘に恩返しをする』って」


ビスマルク「今更グラーフだけ例外だなんてナシよ。グラーフのことも、ちゃんと幸せにしてあげなさい!」


提督「は、はい・・・」


ビスマルク(・・・それより、グラーフの誘惑を断って、私のところに来てくれたのね・・・)


ビスマルク「・・・ふふっ」ニヤニヤ


提督「・・・?」









↓1 どうする?どうなる?

468: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 23:16:00.20 ID:IvZ7dt0A0
ビスマルク「でも提督を譲る気はないわよ?グラーフにもプリンツにも他の艦娘にもね。わたしがあなたの一番になるんだから!」

470: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 23:19:25.36 ID:YmW9ynluo



提督「とりあえず、明日あたりグラーフには声をかけとくか」


ビスマルク「・・・言っておくけどね、提督!私はあなたを他の娘に譲る気なんてないんだからね!」


ビスマルク「ぜったい、私があなたの一番になるんだから!」


提督「・・・そうか」


提督(外国から来た娘までこんな風に慕ってくれて・・・幸せだ)


提督「・・・ビスマルク、お前は俺が幸せにするよ」


ビスマルク「? どうしたのよ、急に」


提督「なんでもないさ・・・」フッ…









↓1 どうする?どうなる?

471: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 23:21:15.58 ID:5NUsFTli0
今日はもう寝よう

472: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 23:23:40.07 ID:YmW9ynluo


提督「んじゃ、今日は寝るか・・・」


ビスマルク「ええ・・・ねぇ、手を握っててくれない?」


提督「ん、いいよ・・・」


ビスマルク「ありがとう・・・」


ギュッ…


提督「・・・ビスマルク。俺からも言わせてくれ。ありがとう」


ビスマルク「・・・ふふっ、どういたしまして」


チュッ…








一日目終了

↓1 翌日先に起きたのはどっち?

もしくは、誰かに起こされた?

473: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 23:27:23.43 ID:N7l8i4VL0
グラーフに起こされた(眠れないままで夜明けた)

474: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 23:30:59.55 ID:YmW9ynluo



「・・・きろ・・・」


提督「んん・・・」


「起きろ、提督・・・」


提督「っ・・・グラーフか?」


グラーフ「ああ・・・ほら、ビスマルク。あなたもだ」


ビスマルク「んん、ん・・・」


提督「・・・どうしたんだ?寝て、ないのか?」


グラーフ「・・・眠れなかった。一晩中、悩んでいたから・・・」


提督「そうか・・・」
 

グラーフ(・・・昨晩、二人は・・・くそっ)


 





↓1 どうする?どうなる?

475: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 23:32:48.28 ID:RD+QaQnM0
プリンツ「ぐーでーんもーげええええええええええええええええええええええええええええええええん!!!!!!!!!!!!!」

「お姉様!Admiralさん!朝食の準備ができましたよ!」

476: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 23:36:42.42 ID:YmW9ynluo



タッタッタッタッタッ…


ガチャッ!


プリンツ「提督!姉様!Guten Morgen!」


グラーフ「っ、プリンツ・・・」


プリンツ「あ、グラーフさんもいたんですね!朝食の準備、できてますよ!」


ビスマルク「分かったわ。準備したら向かうから」


提督「グラーフ。お前もせめて顔洗ってこい。話はあとでしよう」


グラーフ「・・・分かった」










↓1 朝食イベント どうなる?

477: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 23:43:07.05 ID:N7l8i4VL0
陽炎のメール
『秋雲を捕まえた、どうする?』


次回 【安価】提督「提督として生きること」【艦これ】その6 後編