【安価】提督「提督として生きること」【艦これ】その6 前編

478: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 23:46:57.11 ID:YmW9ynluo



提督「おぉ、ソーセージがある・・・」
  

レーベ「ソーセージじゃないんだけど・・・」


マックス「日本食じゃない朝食も久しぶりね・・・」


~~~♪


提督「お?陽炎からメールだ」


『秋雲捕まえといたよ。どうする?』


プリンツ「さすが陽炎さん、動きが軽いですね・・・」


提督「んー、秋雲のことは帰ってからでいいか?レーベ」


レーベ「うん。僕も直接手を下したいしね・・・」


呂-500「今日帰るんですよね?」


提督「ああ。その予定だよ」










↓1 どうする?どうなる?

いつ帰るかは安価におまかせします

引用元: ・【安価】提督「提督として生きること」【艦これ】その6 


「劇場版 艦これ」Blu-ray限定仕様
KADOKAWA / 角川書店 (2017-08-30)
売り上げランキング: 7,272
479: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 23:50:18.69 ID:RD+QaQnM0
閣下の要件をこなすためにもう一泊
要件:他のドイツ艦娘の回想と近代化

480: ◆I045Kc4ns6 2016/10/24(月) 23:53:28.54 ID:YmW9ynluo


マックス「それなんだけど、閣下からの伝言でもう一泊してほしいそうよ」


提督「え?なんでまた・・・」


マックス「ドイツ艦娘全員の改装と近代化改修を行うらしいの。この人数だと、2日かけないと無理よね」


提督「ああ、なら仕方ないな・・・それなら、偽装だけ預けてればいいのか?」


マックス「そうらしいわ。閣下が言うには、せっかく来たんだから観光して行けって」


プリンツ「いいですね!私と姉様の新婚旅行にもぴったりです!」


提督「・・・じゃあ、そういうことにするか」


プリンツ「やったー!」









↓1 どうする?どうなる?

481: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/24(月) 23:58:59.29 ID:N7l8i4VL0
グラーフが自室に寝落ち

482: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 00:01:31.70 ID:7AM91IFTo



グラーフ「・・・ごちそうさま」


提督「ん、グラーフ。もう戻るのか?」


グラーフ「ああ・・・」


スタスタスタ…


呂-500「・・・グラーフさん、大丈夫かな?」


レーベ「随分思い詰めてたみたいだけど・・・」


提督「・・・」





【グラーフの部屋】


ボスッ…


グラーフ「・・・はぁ」


グラーフ「提督・・・ん・・・」










↓1 どうなる?

起きたときの状況でも、寝てる間に見た夢とかでも

視点変えても構いません

483: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 00:03:24.57 ID:72uJMTMr0
プリンツ視点

昨夜は提督とお姉様が…
今夜は私と一緒にいて欲しいな…

484: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 00:06:10.94 ID:7AM91IFTo


ビスマルク「提督、頬に食べかすついてるわよ?」


提督「ん、どこだ?」


ビスマルク「取ってあげるわよ。じっとしてて・・・」




プリンツ(・・・昨日、提督は姉様といたのよね・・・姉様は嬉しそうだから、私も嬉しいんだけど)


プリンツ(私も、妊娠したんだから・・・今夜は、一緒にいて欲しいな・・・)


プリンツ(・・・よし、頑張ろう!)グッ





↓1 どうなる?

485: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 00:08:20.10 ID:GMFZyLq+0
sideグラーフ
提督以外の顔が塗り潰されたの夢を見る

486: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 00:14:31.09 ID:7AM91IFTo

『・・・この男の情報が、か・・・』


グラーフ『・・・頼めないか?』


『無理ではないが・・・ふむ』


『~~~~~・・・?』


グラーフ『っ、ふざけるなッ!私は・・・』


『断るのか?それなら、この話はナシだな・・・』


グラーフ『っ、う、うぅ・・・』


(そうだ。私はこの男に自分を売ったのだ・・・私のハジメテの相手。だがもう、顔も思い出せない。思い出したくもない)


提督『金なら払うよ。だから、俺の護衛にならないか?』


(半信半疑だったが・・・貴方ほど誠実な男はいなかった。女性関係は、いただけないがな・・・)


(もう貴方以外は分からない。私の希望はあなたにしか・・・)









↓1 どうなる?

487: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 00:21:50.48 ID:k9oXABNA0
その頃のレーベたち
Z1「僕たちがビスマルクやプリンツに何かしてあげられることはないかな?」
Z3「街に出かける?」
呂「ろーちゃんも行きますって!」

488: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 00:24:21.46 ID:7AM91IFTo


レーベ「・・・ねぇ、マックス。ろー」


マックス「分かってるわよ・・・私達も、何かしてあげたいわよね」


呂-500「二人きりにしてあげるんですって!」


レーベ「うん、そういうことだね。日本に戻ると他の嫁艦もいて大変だろうからね」


マックス「それじゃ、街に行きましょうか・・・何かおみやげでも買いましょう」










↓1 どうなる?

489: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 00:27:45.33 ID:GMFZyLq+0
夢のつづく
血まみれのペーター・シュトラッサーがグラーフの足を捕まえた

490: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 00:32:34.98 ID:7AM91IFTo

(ああ、Admiral・・・)


提督『・・・愛してるよ、ビスマルク。プリンツ』


提督『さぁ、行こうか・・・』


『待ってくれ、Admiral!私も、私も一緒に・・・!』


『うっ!? 誰か、脚を・・・!』


ペーター『・・・』


『ひぃっ・・・!? あ、あぁ、ぁ・・・』


グラーフ「うわぁぁぁぁぁぁ!!」ガバッ!


グラーフ「はぁ、はぁ・・・夢、か・・・うぅ」









↓1 どうする?どうなる?

491: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 00:37:27.80 ID:Cl8t87EA0
非常に動揺してしまい落ち着かない

492: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 00:39:27.74 ID:7AM91IFTo



グラーフ「っ、はぁ、はぁ・・・」


グラーフ(ダメだ、まるで落ち着かない・・・呼吸が、乱れて・・・)


グラーフ「Admiral、私も・・・私も、連れて行ってくれ・・・」


グラーフ「頼むよ、頼む・・・お願い、だから・・・うぅ・・・」







↓1 どうなる?

493: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 00:40:29.64 ID:ubKwFz7do
様子を見に提督が訪ねてくる

495: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 00:43:00.24 ID:7AM91IFTo



コンコン


「グラーフ、俺だ。寝てるのか?」


グラーフ「Admiral・・・Admiralっ!」


ガチャッ


提督「グラー・・・うぉっ!?」


グラーフ「Admiral、Admiral・・・」ポロポロ…


提督「どうしたんだ、グラーフ。何かあったのか?」


グラーフ「お願いだから、捨てないで・・・側にいさせて・・・お願い・・・」ポロポロ…


提督「グラーフ・・・」









↓1 どうする?どうなる?

494: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 00:42:13.86 ID:72uJMTMr0
川内『てっきり私は提督が好きになっちゃったーとか言い出すかと思ったよ』

グラーフ「Admiralに全てを任せれば…私も救われるのか?でも今はあの二人に…」(グラ子の告白をフラグ化)

497: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 00:48:51.16 ID:7AM91IFTo




提督「・・・落ち着いたか?」


グラーフ「・・・取り乱して、すまない」


提督「いいんだよ。それだけ、辛いことがあったんだろ?」


グラーフ「・・・そうだな」


川内『てっきり私は提督が好きになっちゃったーとか言い出すかと思ったよ』


グラーフ(風雲も、香取も・・・Admiralによって救われた)


グラーフ(私も、Admiralに全てを任せれば、救われるのだろうか・・・だが)


提督「・・・どうした?大丈夫か?」


グラーフ「ありがとう。もう平気だ・・・」


提督「ん、そうか。困ったことがあったら言えよ」


ガチャッ バタンッ


グラーフ「Admiral・・・」








※フラグにグラーフが追加されました


↓1 どうする?どうなる?

視点を変えてもかまいません

498: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 00:51:41.82 ID:GMFZyLq+0
壁|_・)ソォーッ ←プリンツ
壁|_・)ソォーッ ←ビスマルク

499: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 00:54:28.87 ID:7AM91IFTo



提督「はぁ・・・それにしてもプリンツもビスマルクも、どこ行ったんだ?」





ソーッ… 


ビスマルク「・・・大丈夫かしら、グラーフ」


プリンツ「やっぱり、色々大変な目にあってきたんですね・・・」


ビスマルク「・・・あの様子だと、私たちに花を譲ってくれたみたいね。それか、まだ悩んでるのかも」


プリンツ「? 花、ですか?」


ビスマルク「ふふっ、何でも無いわよ・・・さて、と。提督はどこに行ったのかしら?」









↓1 どうなる?

500: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 01:26:22.77 ID:GMFZyLq+0
三人が無事集合

501: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 01:48:36.56 ID:7AM91IFTo


提督「お、いたいた。どこ行ってたんだよ」


ビスマルク「提督こそ、どこ行ってたの?探したのよ?」


プリンツ「まぁまぁ・・・ところで、これからどうします?どこか観光しますか?」


提督「レーベ達とどこか行ったみたいだし、そうするか・・・」









↓1 どこに観光に行こう?

実在する場所でも、アバウトな名前(温泉とか)でも構いません

502: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 02:02:31.82 ID:72uJMTMr0
提督「ノイシュヴァンシュタイン城とかどうだ!?」
プ「ミュンヘンは遠いですね…」
ビ「ベルリンにも観光名所はまだまだあるわ」

デートプラン
ブランデンブルク門→ベルリン大聖堂→昼食→ペルガモン博物館→ベルリン・フィルハーモニー(音楽鑑賞)→ディナー→夜戦

あとは>>1が適当に考えてくれ

504: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 23:00:15.98 ID:7AM91IFTo



ビスマルク「提督はどこか行きたいところないの?」


提督「じゃあ城を見に行きたいな。有名な城、あったろ?」


ビスマルク「ノイシュバンシュタイン城のこと?あれはミュンヘンにあるから、ちょっと遠いわよ」


提督「ん、そうなのか・・・」


プリンツ「ベルリンにも観光名所魔はありますから、大丈夫ですよ!」


提督「わかった。とりあえず、どこ行くかは二人に任せるよ」


ビスマルク「それなら、まずはブランデンブルク門ね。行きましょう!」









↓1 観光中イベント どうなる?

505: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 23:02:22.26 ID:Z8Pm/KD+0
提督がブランデンブルク門のことを凱旋門といってしまいちょっと恥ずかしい想いをするドイツ艦

506: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 23:06:14.08 ID:7AM91IFTo


【ブランデンブルク門】


提督「おぉ、でっかいなぁ・・・」


ビスマルク「ここは、ベルリンの象徴とされてるわ。かつてはかのナポレオンもこの門を通って、ベルリン入りを果たしたのよ」


提督「へ~・・・さすが凱旋門は格が違うな」


プリンツ「え・・・?が、凱旋門?」


ビスマルク「・・・提督」


提督「うん?どうした?」


ビスマルク「い、いえ・・・///」


提督「写メとって鎮守府のラインに載せてやろう」パシャリ









↓1 どうなる?

507: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 23:10:29.70 ID:k9oXABNA0
~鎮守府メーリス~
【悲報】提督、ブランデンブルク門を凱旋門と間違うwwwwww
リプ:うわーはずwww

509: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 23:14:19.74 ID:7AM91IFTo


【悲報】提督、ブランデンブルク門と凱旋門を間違えるwwwwww


『これは恥ずかしいwwwww』


『誰か指摘してあげなよ』


『やだよ可愛そうじゃん・・・』


『おみやげはあるのでしょうか?』


『あたしも提督とドイツ旅行したい!』






ビスマルク「・・・案の定、メーリスは荒れてるわね」


プリンツ「提督が気づいてないのが救いですね・・・」








↓1 どうなる?

510: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 23:19:49.73 ID:GMFZyLq+0
提督に秋雲のメール
『何でもしますから、助けてください』
そして、グループ(メーリス?)の事を気付く

511: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 23:23:24.08 ID:7AM91IFTo



提督「よし、次はあっちから・・・うん?」


~~~♪


ビスマルク「どうしたの?メール?」


提督「・・・秋雲からだ」


『何でもしますから、助けてください』


プリンツ「助けてって・・・」


提督「陽炎に拘束されてるからな・・・口添えしてくれってことだろ。うん?」


『いくらなんでもドイツで凱旋門はないわーwwww』


『僕はそんな提督もいいと思うよ』


『ショタになった提督に世界史の授業をしてあげたい』


『それな』


提督「ん?んん・・・?」


ビスマルク「あ、気づいた・・・」


プリンツ「提督。あのー・・・」










↓1 どうなる?

512: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 23:39:42.92 ID:GMFZyLq+0
気まずい雰囲気で次の観光地へ

513: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 23:41:47.91 ID:7AM91IFTo



提督「お・・・教えてくれても、良かったじゃないか・・・」


ビスマルク「ご、ごめんなさい・・・なかなか、言い出せなくて・・・」


『これは帰ったらまた躾の必要がありそうですね♪』


提督「う、うぅ・・・」


プリンツ「つ、次行きましょうか!次はベルリン大聖堂に行きましょう!」









↓1 どうなる?

514: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/25(火) 23:52:45.40 ID:BfjR4JmQ0
到着

515: ◆I045Kc4ns6 2016/10/25(火) 23:57:15.83 ID:7AM91IFTo



提督「おぉ、ここが・・・」


ビスマルク「ええ。ここがベルリン大聖堂・・・すごい迫力でしょ?」


提督「ああ。俺は教会とかに関して素人だが、圧倒されるな・・・」


プリンツ「あの特徴的なドームは、上まで登れるんですよ。行ってみましょう!」


提督「おう!」









↓1 どうなる?

516: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 00:00:11.10 ID:2EK3C2Me0
提督「昨日行ったケルン大聖堂のときも感じたがキリスト教徒じゃなくてもなんだ心が改まるな」
プリンツ「それは私達が日本のSchreine und Tempelを訪れたときも同じですよ」

517: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 00:04:58.24 ID:2+q78bR8o



提督「おぉ、すごいな・・・彫刻に壁画も、こんなの見たことないぞ・・・」


ビスマルク「ふふ、そうでしょ?」


提督「ああ。昨日行ったケルン大聖堂でも感じたが、キリスト教でなくても心は改まるな・・・これを作った人たちがいると思うと」


プリンツ「それは、私達が日本もSchreine und Tempelを訪れたときも感じますよ」


ビスマルク「偉大なものに関しては、国籍や文化は関係ないんでしょうね・・・」


提督「そうだな。海外艦のみんなは京都とか楽しそうだろうしな・・・」










↓1 どうなる?

518: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 00:10:46.75 ID:od58Hmnn0
近くのAllegretto Cafeへ昼食

519: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 00:14:24.70 ID:2+q78bR8o



提督「いやー・・・人がたくさんいたけど、すごかったな。来てよかったよ」


ビスマルク「そこまで喜んでくれると、私達も嬉しいわね」


プリンツ「はい、よかったです!そろそろlunchにしますか?」


提督「ああ。せっかくドイツに来たんだし、カフェとかいってみたいな」


ビスマルク「ならいいところがあるわよ!」









↓1 昼食中イベント どうなる?

520: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 00:36:41.94 ID:od58Hmnn0
三人で自撮り、ラインに載せる



人が...
さんまのせい?

521: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 00:41:44.67 ID:2+q78bR8o


まあこんなこともありますよん





提督「おー、美味そうだな!」


ビスマルク「ベルリンの大通りに面してるもの。美味しくないわけ無いでしょ?」


プリンツ「あの、姉様!それに提督も!やりたいことがあるんですけど・・・」


提督「ん?」






ビスマルク「ほら、プリンツ。もう少し寄らないと入らないわよ」


プリンツ「は、はい・・・えへへ///」ギュー…


提督(左右から柔らかい感触が・・・幸せだ・・・)


パシャッ!


プリンツ「撮れました!ありがとうございます!」


ビスマルク「LINEに載せてみたら?」


プリンツ「はい、そうします!」


提督「大丈夫かよ・・・」









↓1 三人の自撮りをみたLINEの反応

522: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 00:45:35.62 ID:Lg0ekFmC0
嫉妬の嵐と貧 達の嘆き

523: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 00:49:32.55 ID:2+q78bR8o



『羨ましい』


『私が密着したら嫌がるくせに!』 


『お二人共胸が』


『な、仲が良さそうでいいですね』

 
『帰ったら私にもお願いします』


プリンツ「あー・・・」


提督「だから言ったのに・・・まあ、気にするなよ」


プリンツ「は、はい・・・でも、ちょっと照れちゃいますね///」


ビスマルク「いいじゃない。よく撮れてるもの」









↓1 どうする?どうなる?

524: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 00:54:12.18 ID:2EK3C2Me0
~鎮守府~
鳳翔「落ち着いて下さい、龍驤さん! だ、誰か龍驤さんを止めて下さい!! だ、だめです執務室を爆撃しても提督はいませんよ!」
翔鶴「ず、瑞鶴落ち着いて… あわわ…瑞鶴が深海棲艦みたいに…」
ズイカク「●●●●●コロ ス」

さんまが獲れたからテンション↑↑

526: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 00:59:00.15 ID:2+q78bR8o

今日はここまでですー

今更だけど、サンマmode時雨すごく可愛い



【その頃の鎮守府】


ドカンドカーン!!


龍驤「うぉら喰らえー!このクソッタレー!」


鳳翔「落ち着いてください龍驤さん!だ、誰か龍驤さんを止めて!」


龍驤「クソッ・・・あんな写メ送ってきて、ウチら貧 への宣戦布告か!?あぁん!?」


瑞鶴「龍驤さん・・・」ユラリ…


龍驤「瑞鶴、お前もか・・・?よし、一緒に行くで!」


瑞鶴「・・・」コクリ…


鳳翔「あっ、し、執務室はだめですって!」


翔鶴「瑞鶴が、前と同じ深海棲艦みたいに・・・」


ドカーン!!









↓1 どうなる?

527: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 01:07:55.73 ID:od58Hmnn0
春雨、自分のアルバムに提督と自分以外の顔が塗り潰す

529: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 23:02:46.25 ID:2+q78bR8o

こんばんわー更新はじめますねー

なんで白露型すぐヤンデレ化してしまうん?






【春雨の部屋】


ズゥゥゥン… ズゥゥゥン…


春雨「司令官・・・司令官は、春雨のことなんて、もうどうでもいいんですか・・・?」


春雨「司令官・・・」


キュッ… キュッ…


春雨「司令官、私だけ見ててくれないかな・・・」


春雨「そしたら、うふふ・・・♥」








↓1 どうなる?

530: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 23:08:00.85 ID:HdnDfV1P0
春雨の元に提督からメールが届く
「秋雲を助けてやってくれ。勿論上手くいったらちゃんと報酬も出すから」

531: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 23:10:39.77 ID:2+q78bR8o



春雨「しれいかん、しれいかん・・・♥」


~~~♪


春雨「? 誰から・・・! 司令官からだ!」


『陽炎に捕まってる秋雲を開放してやってくれ。うまく行ったら、もちろんちゃんと報酬も出すからさ』


春雨「ほ、報酬!? 報酬って・・・///」


春雨「分かりました、司令官・・・春雨、頑張りますね!」











↓1 話をドイツに戻して、どうする?どうなる?

532: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 23:11:27.70 ID:X1cLsn80o
百合百合ン

533: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 23:13:38.32 ID:2+q78bR8o



【カフェ】


プリンツ「ん、美味しい!さすが姉様の選んだカフェですね!」


ビスマルク「ふふっ、プリンツが喜んでくれると、私も嬉しいわ」


プリンツ「あっ、姉様!口元が汚れてますよ!」フキフキ…


ビスマルク「あら、ありがとう」


提督(・・・微笑ましいな)









↓1 どうなる?

534: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 23:16:44.56 ID:xH9VNRUL0
プリンツ「あ、お野菜が胸元に落ちちゃいました…取って下さい 提督さん

535: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 23:20:32.62 ID:2+q78bR8o



プリンツ「うん、美味しい美味しい♪」


ポトッ…


提督「ん・・・プリンツ。お前もビスマルクのこと言えないな・・・野菜落ちてるぞ」


プリンツ「あ!そうですね・・・」


プリンツ「提督さん、取ってください♥」


提督「ん、お、おう・・・」


提督(改めて見ると、でかいな・・・)スッ…










↓1 どうなる?

536: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 23:22:55.08 ID:od58Hmnn0
店員「お客様~?」(# ´_ゝ`)イライラ

537: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 23:26:55.54 ID:2+q78bR8o


提督「・・・」スッ…


プリンツ「やぁん♥」


提督「と、わ、悪い悪い・・・」


プリンツ「ふふ、ありがとうございます♥」


店員「・・・お客様」


ビスマルク「ん、何かしら?」


店員「いえ、他のお客様の迷惑になりますので・・・その」


ビスマルク「ああ、そうね・・・ごめんなさい。気をつけるわ」 


提督「ん、なんだって?」


ビスマルク「あまりイチャイチャしないでって」


ビスマルク(私も端から見るとこんな感じなのよね・・・気をつけないと)











↓1 どうなる?

538: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 23:27:14.56 ID:HdnDfV1P0
昼食を終え、博物館へ

539: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 23:30:33.52 ID:2+q78bR8o



提督「とりあえず、注意されたし・・・早く食べて次行こうか」


プリンツ「そうですね。姉様、次はどこに向かいましょう?」


ビスマルク「ペルガモン博物館でどうかしら?」


提督「博物館か。いいな、そこにしよう」


ビスマルク「分かったわ。じゃあ、ご飯を食べたら向かいましょう」











↓1 どうなる?

540: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 23:46:10.77 ID:xH9VNRUL0
ビスマルク「しまった…予約をしていないから、かなり待つことになるわ…」ズーン

草葉の陰の閣下「今すぐにVIPとして入場できるように手配しろ!」リョウカイ

541: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 23:49:50.37 ID:2+q78bR8o



【ペルガモン博物館】


ゾロゾロ… ゾロゾロ…


提督「す、すごい列だな・・・」


プリンツ「姉様・・・私達、予約・・・」


ビスマルク「ええ、参ったわね・・・私としたことが、予約するのを忘れるなんて」


提督「えっと、どうする?待つか?」








閣下「・・・」ゴソゴソ…


部下「・・・彼らの様子はどうでしょうか?」


閣下「すぐにVIP扱いで入場できるよう、手配しろ!客人を待たせるなよ!」


部下「了解です!」













↓1 どうなる?

542: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 23:54:18.17 ID:HdnDfV1P0
閣下の粋な計らいで入場

543: ◆I045Kc4ns6 2016/10/26(水) 23:57:52.42 ID:2+q78bR8o



提督「んじゃ、列の最後尾に・・・」


学芸員「その必要はありません」


プリンツ「? どういうことです?」


学芸員「あなた方を特別待遇として、入場させるよう連絡がありました。さぁ、こちらへどうぞ」


ビスマルク「並ばなくていいんだって。良かったわね」


提督「お、おう。なんか悪いな・・・」







部下「彼らは無事、館内へ入りました!」


閣下「よし、このまま備考を続けるぞ・・・」







↓1 どうなる?

544: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/26(水) 23:59:53.55 ID:od58Hmnn0
ゼウスの祭壇とイシュタール門を見る

545: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 00:03:37.53 ID:BAC5jgGDo



提督「おー、これは・・・」


プリンツ「ギリシャ神話のゼウス神を祭った祭壇です。あっちはイシュタール門ですね」


提督「ヨーロッパだけだと思ってたが、中東系も展示してあるんだな・・・」


ビスマルク「奥にはエジプトの展示品もあるわよ。行きましょ♪」ムニュ


プリンツ「はい。姉様♪」ムニュ


提督「・・・」










↓1 どうなる?

547: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 00:14:18.98 ID:BAC5jgGDo



ガチャッ…


春雨「時雨姉さん、夕立姉さん・・・」


時雨「・・・どうしたの?春雨」


春雨「司令官から、頼み事されたんです・・・手伝ってくれませんか?」


春雨「報酬もくれるらしいですから・・・」


夕立「・・・うん、いいっぽい。素敵なパーティーしましょ・・・♪」


春雨「ふふ・・・じゃあ、三人で頑張りましょう♪」










↓1 どうなる?

548: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 00:17:59.55 ID:e7vYzr4R0
すみません、観光地安価はむずかし、一度も見たことが無いし...
安価↓

551: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 00:23:51.63 ID:BAC5jgGDo



提督「・・・いやぁ、すごかったな。普段博物館とか行かないもんだから、ついつい集中してしまった」


ビスマルク「ふふ、来てよかったでしょ?」


提督「ああ。二人共、ありがとう」


プリンツ「・・・もう夕方ですね。空が、あんなに真っ赤に染まって・・・」


提督「ああ。今日はありがとうな、二人共」










↓1 どうする?どうなる?

552: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 00:25:15.35 ID:e7vYzr4R0
ビスマルクとプリンツが少し眠い、提督の肩に肩枕

554: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 00:28:38.04 ID:BAC5jgGDo




ビスマルク「んーっ、博物館の中は、歩きっぱなしで疲れたわ。どこか座りましょ?」


提督「そうだな。ちょうどベンチもあるし、座ろう」


プリンツ「・・・ふわぁぁ」


ビスマルク「ん・・・」


提督「・・・二人共、寒くないか?」


プリンツ「平気ですよ・・・ふふ」


ビスマルク「暖かいわ、提督・・・」 


提督「そうか・・・」


プリンツ「・・・すぅ、すぅ」


ビスマルク「んん・・・」


提督「・・・」









↓1 どうする?どうなる?

555: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 00:36:11.55 ID:S4RbHI740
ギャラリーぞろぞろ

556: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 00:39:32.43 ID:BAC5jgGDo


提督(誰かに肩枕にされるのも、結構いいものだな・・・)


提督(二人の髪の、シャンプーの匂いがする・・・)


ゾロゾロ…


提督「・・・うん?」


一般人「~~~・・・」


ゾロゾロ… ゾロゾロ…


提督「な、なんでギャラリーが・・・」


提督(って、当然か。集まるよなぁ、こんな美人が二人、無防備に寝てたら・・・)


プリンツ「・・・んふふ、てーとくさん・・・♥」


ビスマルク「すぅ、すう・・・」











↓1 どうする?どうなる?

557: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 00:44:55.16 ID:Cr4EgJC60
あまりいい気はしないので二人を起こし、立ち去る

558: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 00:47:25.87 ID:BAC5jgGDo



一般人「・・・」スッ…


提督(! さすがに写真は駄目だろ!)


提督「ビスマルク、プリンツ。起きろ!」


ビスマルク「んん、ん・・・?」


プリンツ「あれ、私寝てて・・・えっ!?な、なんでこんなに人が!?」


ザワザワ… ザワザワ…


提督「とりあえず、離れよう!行くぞ!」


ビスマルク「え、ええ!」










↓1 どうなる?

559: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 00:50:40.21 ID:e7vYzr4R0
夕食

560: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 00:53:32.50 ID:BAC5jgGDo



提督「はぁ、はぁ・・・振り切ったか」


プリンツ「あの人たち、どうしたんですか?」


提督「見惚れてたんだよ。お前らの寝顔に・・・」


ビスマルク「あら、そうなの・・・?もしかして、私達の寝顔、他人に見られたくなかったのかしら?」


提督「そんなんじゃねぇよ・・・はぁ、そろそろ夕食にしないか?」


プリンツ「そうですね。私もお腹すきました!」


ビスマルク「いいわよ。この辺でいい店は・・・」











↓1 夕飯はどんな感じのところで食べる?

561: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 00:54:33.92 ID:+GjrFryy0
家庭料理が楽しめるお店

562: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 00:57:01.32 ID:BAC5jgGDo



ビスマルク「せっかくドイツに来てくれたんだから、ドイツらしい料理を食べてほしいわね・・・」


提督「そうだな。機能のパーティーとか、ありきたりなものばかりだったし。美味かったけど」


プリンツ「じゃあ、家庭料理が食べられるところに行きましょうか!」


ビスマルク(家庭料理・・・家庭、ね。ふふ・・・)


プリンツ(提督さんと本当に結婚したら、私もドイツの家庭料理を・・・♥)


提督「・・・どうしたんだ?」










↓1 どうなる?

563: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 01:08:56.94 ID:e7vYzr4R0
なぜが精力着きそうな料理か多い

564: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 01:12:19.57 ID:BAC5jgGDo



提督「・・・あのな、俺は確かに料理詳しく分からないから任せると言ったけど」

 
提督「なんでこう、精力がつきそうなものばかり何だ?」


プリンツ「ど、ドイツではこれが普通なんですよ!」


ビスマルク「そうよ!それに味は間違いないはずよ!」


提督「はぁ・・・ま、いいか。いただきます・・・」


プリンツ「はい、たくさん食べてくださいね♥」









↓1 どうする?どうなる?

565: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 01:15:27.89 ID:v1yUy1kj0
ビス子「プリンツ、今日は譲るわ」(ヒソヒソ)
プリンツ「え…いいんですかお姉様」(ヒソヒソ)
ビス子「昨日は譲ってもらったからね」(ヒソヒソ)
プリンツ「ありがとうございます お姉様…」(ウルウル)

566: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 23:00:16.20 ID:BAC5jgGDo


【家庭料理店】


提督「~~~♪」パクパク




プリンツ(提督さん、美味しそうに食べてる・・・ふふ、嬉しいな♥)


ビスマルク「プリンツ、今日は譲るわ」ヒソヒソ


プリンツ「え・・・姉様、いいんですか?」ヒソヒソ


ビス子「昨日は譲ってもらったからね・・・可愛がってもらうのよ?」ヒソヒソ


プリンツ「ありがとうございます、姉様・・・」ウルウル


プリンツ(よし、頑張らないと・・・!)








↓1 どうする?どうなる?

567: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 23:01:19.70 ID:e7vYzr4R0
三人かイチャイチャしているの間に
グラーフか独占欲とみんなを傷つきたくないの気持ちに苦しめる

グラーフ「この気持ち、知りたくなかった・・・」ボロボロ

568: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 23:08:02.09 ID:BAC5jgGDo



ビスマルク「そういえば提督。グラーフはどうしてるかしら?」


提督「ん、分からないけど・・・部屋で考えてるんじゃないか?」


提督「俺は今はそっとしておくべきだと思う・・・」







【グラーフの部屋】


グラーフ(・・・今頃Admiralは、ビスマルクやプリンツと一緒か)


グラーフ(辛いな・・・Admiralに、すべてを委ねたい、そうして救われたいと思うが・・・)


グラーフ(私のような女、Admiralは・・・)


グラーフ「・・・どうしたらいいんだ、私は・・・」











↓1 どうなる?

569: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 23:16:24.15 ID:oceLcz8V0
【お店の厨房】
閣下「店主よ 無理を言ってすまなかったな」
Z1「でも、僕たちがビスマルク達に料理を提供してるって知ったら驚くだろうね」
ろー「プリンツさんたちに喜んでもらえてうれしいですって!」
Z3「ま、私達からのささやかなケッコン祝いよ」

おみせで手伝っていました

570: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 23:21:07.83 ID:BAC5jgGDo


店主「・・・」ポケー…


閣下「すまないな店主。急に来て厨房を借りてしまって」


店主「い、いえ!とんでもない!閣下に艦娘の皆さんのためならば・・・」


レーベ「でも、作ってるのが僕達って知ったら、三人ともきっと驚くだろうね」


呂-500「ビスマルクさんもプリンツさんも提督も!美味しそうに食べてくれて、嬉しいですって!」


マックス「・・・ケッコン祝い、してなかったしね。ささやかだけど送らせてもらうわ」









↓1 どうする?どうなる?

571: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 23:25:42.53 ID:e7vYzr4R0
提督「閣下、何をやってるんですか?」

572: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 23:28:52.00 ID:BAC5jgGDo



閣下「さて、彼らの様子は・・・」


レーベ「! 閣下、あまり身を乗り出すと・・・」






提督「うん・・・?」


ビスマルク「どうしたの?」


提督「少しな・・・ちょっと待っててくれ」ガタッ…


プリンツ「は、はい・・・」


提督「・・・閣下、何をして・・・って、お前たちもいたのか?」


呂-500「提督!ご飯美味しかったですか?」


提督「ああ、美味かったけど・・・これは何なんです?」


閣下「う、うぅむ。実はな・・・」











↓1 どうする?どうなる?

573: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 23:34:39.76 ID:oceLcz8V0
閣下「安価の辻褄を合わせようとしたらこうなったのだよ!」

提督「メタい発言は控えて下さい」

574: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 23:37:44.89 ID:BAC5jgGDo



閣下「まあ、安価の進行からこうなったというか・・・」


提督「このスレはメタ発言はちょっと・・・」


閣下「実を言うとな。貴様たちを尾行していたのだ。今朝、官庁を出発したところからな」


閣下「z1たちとは途中で合流したのだよ」


提督「ああ、なるほど・・・」


呂-500「提督!凱旋門とブランデンブルク門を間違えるとか、ありえませんって!」


提督「むっ・・・人の失敗をぶり返すんじゃないの!」ぐりぐり


呂-500「やーめーてーくださーい!」


マックス「・・・やれやれね」






↓1 どうなる?

575: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 23:39:59.15 ID:e7vYzr4R0
みんなで夕食

576: ◆I045Kc4ns6 2016/10/27(木) 23:42:38.34 ID:BAC5jgGDo



ビスマルク「提督、どうしたの・・・って、閣下にレーベ達じゃない」


提督「ずっと尾行していたんだって・・・」


プリンツ「そうなんですか・・・せっかくですから、みんなで食べませんか?」


レーベ「え?いいの?三人だけのほうが・・・」


提督「いいよ。みんなで食べたほうが美味いだろうから」


呂-500「やったー!ろーちゃん、もうお腹ぺこぺこですって!」


マックス「・・・まぁ、お言葉に甘えさせてもらうわね」










↓1 どうなる?

577: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/27(木) 23:59:40.39 ID:Cr4EgJC60
夕食を終えて
提督「グラーフの事も心配だしそろそろ戻ろう」

578: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:01:52.30 ID:luH6rbuVo



提督「・・・ごちそうさまでした」


ビスマルク「この料理、レーベたちが作ったんでしょ?美味しかったわよ」


レーベ「ありがとう。ビスマルクたちが喜んでくれたなら嬉しいよ」


閣下「提督、これからどうするんだ?」


提督「もう戻りますよ。色々心配なことがありますから・・・」


ビスマルク(グラーフのことね・・・大丈夫かしら)










↓1 どうなる?

579: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:06:41.53 ID:wuhsoMkc0
グラーフは不意にアネモネ『本来の』花言葉を思い出す

<<はかない恋、恋の苦しみ、薄れゆく希望>>

580: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:11:09.53 ID:luH6rbuVo



【グラーフの部屋】


カチ… カチ…


グラーフ「っ・・・もう、こんな時間か」 


グラーフ「Admiral・・・」


グラーフ「アネモネ、か・・・紫のアネモネの花言葉は『信じて待ってる』・・・」


グラーフ「だが、アネモネ自体の花言葉は・・・」


グラーフ「っ・・・」








↓1 どうなる?

581: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:12:24.64 ID:A832mkU80
プリンツと夜戦

582: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:16:16.68 ID:luH6rbuVo



【官庁】


提督「ふぅ、今日は疲れたな・・・」


ビスマルク「そうね!だから、今日はもう部屋で休んだら?」


提督「ん、お、おう・・・そうしようかな?」


ビスマルク(ほら、プリンツ!)


プリンツ(は、はい!)


プリンツ「・・・あの、提督さん♥」


提督「ん?」


プリンツ「今夜は、一緒にいたいです・・・いいですか?♥」


提督「ああ、もちろん」


プリンツ「ほんとですか!?ありがとうございます!」ムギュッ…


提督(その前に、グラーフの様子を見てきたいが・・・)








↓1 どうする?どうなる?

583: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:18:01.92 ID:udK0hzoR0
ちょっとだけでも様子を見に行く

584: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:20:11.93 ID:luH6rbuVo



提督「・・・ちょっとプリンツ。先に部屋で待っててくれないか?」


プリンツ「グラーフさんのこと、ですよね?」


提督「ああ。早く戻るからさ・・・」


プリンツ「大丈夫です。私、待ってますから♥」


提督「・・・ありがとう」







【グラーフの部屋】


提督「・・・官庁から出てないらしいし、部屋にいると思うが」


コンコン


提督「グラーフ、俺だ。大丈夫か?」









↓1 どうなる?

585: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:21:30.61 ID:nHSwcRPA0
眠っていた

586: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:23:58.44 ID:luH6rbuVo


シーン…


提督「・・・グラーフ?」


ガチャッ


提督「開いてる・・・入るぞ?」


ギィ…


グラーフ「・・・」


提督「グラーフ、いたのなら・・・」


グラーフ「すぅ、すぅ・・・」


提督「寝てるのか・・・」


提督(泣き跡が残ってる・・・泣いてたんだな)








↓1 プリンツのところに戻る?それとも何かする?

587: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:24:39.61 ID:YHnsjRyS0
提督「ビスマルクやプリンツに気を遣ってずっと我慢してたんだな…だが、明日からはその必要もなくなる。もう少しだけ、待っていてくれ…」

588: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:26:43.26 ID:luH6rbuVo



提督「・・・」スッ…


グラーフ「んっ・・・」ピクッ…


提督「あんなに辛そうにしていたのに・・・ビスマルクやプリンツに気を遣ってずっと我慢してたんだな」


提督「だが、明日からはその必要もなくなる。もう少しだけ、待っていてくれ・・・」


グラーフ「ん・・・」








↓1 どうする?どうなる?

プリンツのところに戻る?
 

589: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:29:33.75 ID:wuhsoMkc0
プリンツのところへ

590: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:32:42.42 ID:luH6rbuVo


提督「・・・じゃあな、グラーフ」


ガチャッ バタンッ





【提督の部屋前】


提督「さて、と・・・」


提督(そういえば、プリンツと二人きりってのも珍しいな・・・いつもビスマルクがいるし)


提督(そんな娘を孕ませるなんて、なんて奴だ・・・はぁ)


提督(とりあえず、今夜は絆を深めよう・・・)


提督「プリンツ、ただいま」







プリンツは・・・

1 おとなしく待ってた

2 コスプレしてた(着替えていた)

3 提督の荷物を物色中

4 その他




↓1

591: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:34:37.59 ID:YHnsjRyS0
2メイド服

593: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:38:20.78 ID:luH6rbuVo



プリンツ(メイド)「あ、おかえりなさいませ!」


提督「んぐっ!? ど、どうしたんだ、その服は!?」


プリンツ「姉様が用意してくれたんです!ヒラヒラしてて可愛いですよね♥」


提督(メイド服って、ビスマルク・・・)


プリンツ「私としてはディアンドルとか着たかったなって・・・あ!コーヒーいれますね!」


提督「お、おう・・・」









↓1 どうなる?

594: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:40:01.36 ID:A832mkU80
本番に行く前に暫くはメイド服のプリンツとイチャツク

595: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:42:53.76 ID:luH6rbuVo



プリンツ「はい、どうぞ♥」


提督「ありがとう・・・うん、美味い」


プリンツ「本当!?えへへ、嬉しいな・・・」


プリンツ「あ!この格好だと、ご主人様って呼んだほうがいいかな?」


提督「プリンツが好きな呼び方でいいよ」


プリンツ「えっと・・・じゃあ・・・」


プリンツ「あなた、で・・・♥」


提督「ん、お、おう・・・///」


プリンツ「えへへ、あ・な・た♥」ムギュ-









↓1 どうする?どうなる?

596: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:45:56.51 ID:nHSwcRPA0
オイゲン「せっかくメイド姿ですから、何かわたしにして欲しいことはございますか?あ、な、た」

597: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:47:59.73 ID:luH6rbuVo



提督「そ、それにしても、よく似合ってるな・・・///」


プリンツ「えへへ、ありがとう♥」


プリンツ「せっかくメイド服来てるんだから、何かして欲しいことはございませんか?」


プリンツ「あ・な・た♥」


提督「んっと、そ、そうだな・・・///」








↓1 メイドプリンツに何をしてもらおう?

598: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 00:56:32.02 ID:wuhsoMkc0
提督の提督を世話する

599: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 00:59:12.00 ID:luH6rbuVo



プリンツ「ほらほら、何でもいいんですよ?♥」ムニムニ


提督「えっと、じゃあ・・・」


ギンギン…


プリンツ「あ・・・もう、我慢できなくなっちゃいました?」


提督「そりゃあ、あんなに抱きつかれちゃあな・・・」


プリンツ「えへへっ・・・いいよ、私がんばる♥」







↓1 このまま夜戦まで行っておーけー?

それとも、処理だけにしておく?

600: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 01:00:00.25 ID:YHnsjRyS0
夜戦突入

601: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 01:03:29.59 ID:luH6rbuVo

ジジジ…


プリンツ「わぁ・・・もうこんなに♥」


提督「プリンツが魅力的だからだよ」


プリンツ「えへへ、嬉しいです・・・♥」


プリンツ「このまま私も・・・いいですか?」


提督「ああ・・・」








↓3 までで多数決キンクリする?しない?

しない場合は夜戦内容も募集してます

なるべく早く書いてくれると、助かります

611: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:01:30.44 ID:luH6rbuVo


プリンツ「んっ、ぅ・・・♥」


提督「ふぅ・・・プリンツ、大丈夫か?」


プリンツ「はい・・・♥ きもちよかったです・・・♥」


提督「ん・・・よしよし」ナデナデ…


プリンツ「えへへ・・・♥」








↓1 どうする?どうなる?

それとも、もう寝る?

612: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 23:02:30.56 ID:wuhsoMkc0
寝る

614: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:06:42.31 ID:luH6rbuVo



提督「ん、と・・・もう寝るか」


プリンツ「あの、提督・・・最後に、一ついいですか?」


提督「うん?」


プリンツ「・・・私のこと、好きですか?」


提督「・・・愛してるよ」


チュッ…


プリンツ「はうっ・・・えへへ♥」


プリンツ「おやすみなさい・・・♥」









二日目終了


↓1 起きたときの状況

どちらが先に起きたとか、誰か起こしに来たとかで

617: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:11:09.19 ID:luH6rbuVo



チュン… チュンチュン…


プリンツ「んん、ん・・・」


プリンツ「ふわぁぁぁぁ・・・よく寝たぁ」


提督「Zzz・・・」


プリンツ「・・・提督、気持ち良さそうに寝てるなぁ。かわいい♥」


ピコッ


プリンツ「あ・・・」


提督「Zzz・・・」


プリンツ「こ、これは・・・」


プリンツ「・・・でも、苦しそうだし、出してあげないと・・・♥」








↓1 どうなる?

619: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:15:46.80 ID:luH6rbuVo


ピチャ… ピチャ…


提督「ん・・・」


プリンツ「ふぁ?おはよーごはいまふ♥」


提督「っ、プリンツ?お前、何を・・・」


プリンツ「・・・苦しそうだったから、あの・・・嫌でした?」


提督「・・・そんなわけ無いだろ。おいで」


プリンツ「はい・・・♥」





【・・・で】


プリンツ「あぁ、あ・・・♥」ビクビクッ


提督「・・・ほら、シャワー浴びような。夜からずっとこんな感じだし」


プリンツ「ふぁい・・・♥」







↓1 どうする?どうなる?

620: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 23:18:54.72 ID:wuhsoMkc0
朝食

621: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:21:50.97 ID:luH6rbuVo



プリンツ「・・・よし!」


プリンツ「提督!プリンツ・オイゲン、準備万端です!」


提督「おう、俺もだ・・・そろそろ飯食いに行くか」


プリンツ「はい!えへへ♥」


提督「・・・どうかしたのか?」


プリンツ「何でもないです♥行きましょう!」









↓1 食事中イベント どうなる?

622: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 23:29:18.65 ID:6uTDB+uO0
今日の予定について閣下とみんなに確認しよう

623: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:31:37.27 ID:luH6rbuVo



閣下「おはよう、提督。それにプリンツも」


提督「おはようございます」 


プリンツ「おはようございます!」


レーベ(・・・なんか、テカテカしてるね)


マックス(楽しんだのよ、きっとね・・・)


ビスマルク「提督、今日はいつ日本に帰るの?まだ聞いてないわよ?」


提督「ああ、そうだな・・・予定だと」







↓1 今日の予定

何があるとか、いつ帰るとかそんな情報だけでも構いません

624: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 23:35:35.35 ID:YHnsjRyS0
朝食が終わったらすぐ出発
空港で土産を買う

625: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:37:51.53 ID:luH6rbuVo


提督「朝食を食べたら、すぐ出発だ。本当は2日の予定だったからな・・・」


呂-500「はーい!おみやげ買う時間、ありますか!?」


提督「ああ。空港で取るよ」


呂-500「やったー!」


閣下「では、これがドイツでの最後の食事か・・・味わって食べてくれ」









↓1 どうする?どうなる?

626: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 23:39:52.72 ID:wuhsoMkc0
なぜがグラーフか提督に怯える

627: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:41:59.58 ID:luH6rbuVo



グラーフ「・・・」


提督「ん・・・グラーフ、大丈夫か?」


グラーフ「! い、いや、何でもない・・・」


提督「? そ、そうか・・・」


グラーフ「・・・」ジッ…


提督(・・・どうしたんだグラーフは)


レーベ(提督、また何かしたの?謝らないと)


提督(何もしてないよ・・・なんで俺が何かしたの前提なんだ)









↓1 どうなる?

628: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 23:43:17.33 ID:nHSwcRPA0
グラーフ「わたしは別の便で戻る」

(ドイツとのわだかまりにケリをつけなければ先には進めない…)

629: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:46:36.40 ID:luH6rbuVo



グラーフ「あの、すまない。Admiral・・・」


提督「うん?」


グラーフ「私は、別の便で戻る・・・先に帰っててくれないか?」   


提督「はぁ?ダメだそんなの・・・万が一何かあったら」


ビスマルク「大丈夫よ提督。グラーフなら心配いらないでしょ?」


提督「ん・・・まあ、それはそうだな」


グラーフ「・・・すまない」


グラーフ(私と、この国との関係に決着をつけなければ・・・私は前に進めない。あなたとも、向き合えない)


グラーフ(・・・この因縁、終わらせる)









↓1 どうなる?

630: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 23:51:50.19 ID:YHnsjRyS0
提督達は出発
空港へ向かう

631: ◆I045Kc4ns6 2016/10/28(金) 23:54:28.50 ID:luH6rbuVo



提督「じゃあ、グラーフ・・・俺達出発するから」


グラーフ「ああ。私のことは心配しなくていい・・・」


閣下「提督。武運長久を祈ってるぞ。挫けず進め。我がドイツの艦娘は必ず力になる」


提督「ありがとうございます・・・」


ビスマルク「閣下もどうかお元気で」


呂-500「行ってきまーす!」










↓1 どうする?どうなる?

進行は提督側でもグラーフ側でも構いません

632: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/28(金) 23:59:48.73 ID:wuhsoMkc0
グラーフ側
グラーフは閣下に『断る』を傳える

633: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 00:03:23.94 ID:bWhhhx5xo



閣下「・・・」


グラーフ「・・・何故、別の便で帰るのか、聞かないのか?」


閣下「ああ。ドイツとの関係のことだろう?生臭い話になるやもしれん。部外者に退場してもらったのは正解だったな」


閣下「・・・それで、どうするんだ。グラーフ?我々のもとに、戻ってきてくれるのか?」


グラーフ「・・・いいや、断る。私はもう、この国とは袂を分かった」 


閣下「・・・そうか」


グラーフ「・・・」







↓1 どうなる?

634: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:09:44.29 ID:7NLHAQZx0
グラーフは空港へ向かう
実は提督か一人で待っていた

635: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 00:14:05.24 ID:bWhhhx5xo



閣下「それがお前の選択なら、私は何も言わん。改装の件もな」


閣下「だが、無駄死にはするんじゃないぞ・・・」


グラーフ「・・・ああ。良し悪しはあれど、人の身を得たからこそ得られる経験があった」


グラーフ「そのことについては・・・感謝しております」


閣下「うむ・・・」


グラーフ「・・・では、失礼します」







【空港】


グラーフ(提督達はもう出発したか・・・次の便は)


グラーフ「・・・Admiral」


提督「ん、呼んだか?」


グラーフ「! あ、Admiral!?なぜここにいる!?」


提督「お前が心配だったからな。大丈夫か?」


グラーフ「あ、あぁ・・・」









↓1 どうする?どうなる?

636: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:15:19.15 ID:xGnOXvst0
グラーフ「もう我慢しなくていいんだな?私もビスマルクやプリンツ達のようになれるだろうか?」

637: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 00:19:50.06 ID:bWhhhx5xo



グラーフ「・・・Admiral、その・・・私は・・・」


提督「まあ、そう焦るなよ。座ろうぜ」


グラーフ「っ、あぁ・・・」






提督「・・・落ち着いたか?」


グラーフ「ああ。済まない・・・今朝も、怯えるような態度を取ってしまって」 


提督「いいよ。気にしてないから」


グラーフ「・・・Admiral、二人きりだ」


グラーフ「もう・・・我慢しなくていいんだな?私も・・・ビスマルクやプリンツたちのようになれるだろうか?」


提督「・・・」








↓1 提督の返答

638: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:20:08.44 ID:rm4GVIZA0
提督「それはこれからのお前しだいだな」

639: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 00:24:20.24 ID:bWhhhx5xo



提督「・・・それはこれからのお前次第じゃないか?」


グラーフ「え・・・」


提督「グラーフやプリンツだって、何もせずあんなに強く慣れたわけじゃないさ。今でも演習や任務を必死にこなしてくれてる」


提督「お前がサボってたなんて言うつもりはない。だが、何も考えずにいたら、何も変わらないぞ」


グラーフ「・・・Admiral」


グラーフ「激励、感謝する。身にしみる思いだ」


グラーフ(・・・ただ、私の思いには気づいてくれてないのか・・・)


提督「・・・」







↓1 どうする?どうなる?

640: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:24:41.91 ID:UYTDwjYF0
【鎮守府側】
今朝のグラーフの様子を帰ってきたZ1たちから聞いて…
川内「さてグラーフ隊長率いる『大好きな提督を陰から監視し隊』略して『提督監視隊』の初任務は隊長の恋をサポートすることだよ!」
初月「なんだい、そのふざけたネーミングは?」イライラ
ぬい「は?」イライラ
川内「まあまあそんなに怒んないでよ。グラーフに貸しを作っておけば後から役に立つでしょ。特に私と不知火は…ね」
ぬい「ムゥー」
夕立「また嫁が増えるぽい? 節操のないクソ提督さんね」

隊員(今の所):グラーフ(隊長)、川内(副長)、不知火、初月、夕立、秋雲(←例の件で粛清されるのを助ける代わりに入隊させた)

642: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 00:31:11.07 ID:bWhhhx5xo


【鎮守府】


川内「さ、みんな集まったね!」


夕立「川内さん、これ、なに?」


川内「よく聞いてくれたね!グラーフ率いる『大好きな提督を陰から監視し隊』略して『提督監視隊』の初任務は隊長の恋をサポートすることだよ!」


初月「・・・その提督監視隊って、ボクたちも入ってるのかい?」


不知火「何故不知火が金髪クーデレ巨 空母の恋愛のサポートをしなければならないのですか?」


川内「まあまあ、そんなに怒んないでよ。グラーフに貸しを作っておけば、後から役に立つでしょ。特に私と不知火と夕立は・・・ね」


不知火「チッ・・・」


夕立「夕立もケッコンしたいっぽい~」


秋雲「あの、なんで秋雲さんが~?」


川内「いいじゃん。あのまま行ってたら秋雲リンチだったよ?」


秋雲「あ、そっすね・・・」









↓1 どうする?どうなる?

643: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:32:02.05 ID:7NLHAQZx0
秋雲(白露たちの目線か怖い)

春雨(提督の...)
時雨(ご褒美...)

644: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 00:38:22.45 ID:bWhhhx5xo



秋雲「えっと、あと・・・そこにいるお二人は?」


川内「ん?また変なことしないように、監視させてるのよ」





時雨(提督のご褒美・・・何だろう♥)


時雨(もしかして、僕をペットに・・・ふふ、ワンワン♥)


春雨(司令官のご褒美・・・♥)


春雨(・・・司令官、またおしおきしてください♥)




秋雲(いや監視というか!思いっきり自分の世界入ってるよね!?)


川内「じゃー、早速会議だよ!誰か意見は!?」







↓五分後までに

グラーフ恋愛成就のために出てきた案


645: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:40:48.45 ID:W5RiwsCK0
不知火「チッ 敵に塩を送るのはシャクですが、まずは邪魔者を排除することでしょうね」

646: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:42:39.40 ID:xGnOXvst0
ビスマルクやプリンツ等の協力してくれそうな嫁達に協力してもらう

647: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:43:19.54 ID:7NLHAQZx0
川内「夜戦!そう、夜戦しよ!」

648: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 00:47:19.22 ID:bWhhhx5xo



不知火「チッ・・・敵に塩を送るのは癪ですが、まずは邪魔者を排除するべきじゃないでしょうか?」


初月「邪魔者って・・・」


秋雲「つ、つうかさ、普通に誰かに協力してもらおうよ!ここにいるみんなじゃ難しいと思うな~・・・」


秋雲「嫁艦で、ドイツ艦なビスマルクやプリンツに助けてもらえば・・・」


夕立「夕立もそれにさんせー」


川内「あとは・・・そうだ!夜戦すればいいんだよ、夜戦!」


秋雲「いや、それどっちの意味ですか川内さん・・・」


秋雲「・・・というか、これで終わり?んじゃ、どうしますかね」









↓1 どうする?どうなる?

649: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:50:59.35 ID:rm4GVIZA0
提督とグラーフが帰ってきた

川内「とりあえず作戦開始だよ 一応隠密行動ね」

650: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 00:54:31.90 ID:bWhhhx5xo


時雨 春雨「「・・・」」ピクッ…


時雨「提督が帰ってきた・・・」


春雨「司令官・・・!」


タッタッタッタッタッ…


秋雲「あのー?監視はー?」


川内「じゃあみんな、作戦開始だよ!隠密行動を心がけてね!」


秋雲「えっ、ちょ、ちょっと!」









↓1 どうなる?

誰の視点で進めても構いません

651: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 00:56:41.63 ID:7NLHAQZx0
秋雲視点

なんが二人か両片思いの雰囲気を感じる

652: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 01:02:06.45 ID:bWhhhx5xo


秋雲「・・・仕方ない。秋雲さんも行きますかねぇ」







秋雲「お、いたいた・・・提督、おかえりー」


提督「おう、ただいた・・・」ボロボロ…


秋雲「・・・どしたの?ボロボロじゃん」


提督「LINEの自撮りのこと問い詰められてな・・・そうだ。秋雲お前、あの本!」


秋雲「げっ、しまっ・・・」


グラーフ「待て、Admiral。秋雲は陽炎に絞られたはずだ」


提督「お、おう・・・そうだったな。すまん、グラーフ。冷静になれた」


グラーフ「・・・このくらい、当然だ///」


秋雲(お?)


提督「いや、お前はいつも冷静で助かるよ・・・はぁ」


秋雲(これはこれは?)









↓1 どうする?どうなる?

653: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 01:04:58.14 ID:W5RiwsCK0
秋雲「脈はありそう…だけど提督は気づいてないなこりゃ」

657: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:01:40.44 ID:1FC7IxwEo


提督「じゃ、またな秋雲」


グラーフ「次は叱られないようにすることだ・・・」


スタスタスタ…


秋雲「・・・今まで何人もの艦娘のデレ姿を見てきたあたしにはわかる!グラーフさんは確実に提督に脈がある!」


秋雲「・・・ただ提督がなー。朴念仁だしあの人、どうにかしないとね・・・」








↓1 どうする?どうなる?

658: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:03:04.18 ID:7NLHAQZx0
秋雲(お姉さんたちに手本を見せよう)ドン

秋雲の不意打ちより、
提督とグラーフか事故(?)チュー

659: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:05:20.48 ID:1FC7IxwEo



秋雲「ふっ・・・しかし私とて陽炎神拳の伝承者!恋愛フラグの一つや二つ、簡単に立ててくれるわ!」


秋雲「とぉぉぉぉっ!!」


タッタッタッタッタッ…






グラーフ「・・・あ、Admiral、その」


提督「うん?どうかしたか?」

660: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:06:47.34 ID:/SvtggXR0
不知火「させるかあああああああああ」秋雲にとびげり

不知火「は!つい身体が」

661: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:08:40.16 ID:1FC7IxwEo
あ、間違えた・・・


提督「うん?どうかしたか?」


グラーフ「い、いや・・・///」


「ていとくあぶなぁぁぁぁぁああい!!」


ヒュゥゥゥー…


提督「んっ!?うわっ!」


ドシンッ! チュッ…


グラーフ「え・・・?」


秋雲(陽炎神拳奥義、秋雲接吻撃!これを食らったものはすぐそばにいるものと接吻する・・・)キラリ…


提督「っ、あ、ご、ごめんグラーフ!」








↓1 どうなる?

662: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:11:25.38 ID:/SvtggXR0
慌てて口元を拭う提督

663: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:13:39.78 ID:1FC7IxwEo



グラーフ「・・・///」ポケー…


提督「ちょっ、放心してるじゃないか!?おい、秋雲!お前のせいだぞ!?」


秋雲「あぁ~、グラーフさん、ごっめぇーん♪」


提督「お前な・・・」


グラーフ(私、今Admiralと・・・?///)


グラーフ(あぁ、Admiral、Admiral・・・///)


提督「まったく、お前は・・・」ゴシゴシ…


グラーフ「っ・・・」








↓1 どうなる?

664: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:14:47.87 ID:rm4GVIZA0
【物陰】
初月「無理やり肉体的接触をさせるよりもまずは告白させる舞台を用意した方がよくないか?」
不知火と夕立にぼこられる秋雲

665: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:18:47.61 ID:1FC7IxwEo



秋雲(あちゃ~・・・提督、流石にそれはまずいよ・・・)


グイッ!


秋雲「おわっ!?」


初月「何をしてるんだ、秋雲・・・」


夕立「むりやりキスさせるなんて、サイテーっぽい!」


秋雲「ちょっ、待ってよ!それは違うんじゃない!秋雲さんは悪くねぇ!」


初月「・・・そんなんだから、人を傷つける漫画が描けるんだね」


夕立「もんどーむよー!」


「あぁー・・・!」









↓1 どうなる?

666: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:22:33.51 ID:7NLHAQZx0
グラーフ、覚悟を決める
グラーフ「提督、今夜は私の部屋に来てください///」

667: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:25:39.44 ID:1FC7IxwEo



初月「さて、提督は・・・ん?」


夕立「・・・」




グラーフ「・・・あ、Admiral」


提督「っ、あ、あのな、グラーフ・・・さっきのは、事故だから」


グラーフ「申し訳なく、思ってるなら・・・今夜は私の部屋に来てくれ///」


提督「ん、お、おう・・・」


グラーフ(い、言ってしまった!ついに!ついに!///)






夕立「・・・丸く収まっちゃったっぽい~」


秋雲「やったぜ」





↓1 どうなる?

誰の視点で進めても構いません、

現時刻は昼過ぎくらいで

668: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:26:32.17 ID:xGnOXvst0
提督「分かった。男に二言はない」

670: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:29:49.43 ID:1FC7IxwEo



グラーフ「わ、分かったな・・・提督?///」


提督「・・・ああ、わかったよ。もともとはそのつもりだったし」


グラーフ「っ、そう、だったのか・・・///」


グラーフ「・・・では、待ってるからな・・・///」







初月「・・・作戦成功してしまった」


夕立「グラーフさん、ちょろいっぽい~・・・」







↓1 どうする?どうなる?

誰の視点でも(ry

669: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:27:18.35 ID:fKbAPA5K0
川内視点

お邪魔蟲になりそうな子の対策を始める

671: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:30:34.37 ID:fKbAPA5K0
>>669
監視隊のメンバーと一緒に

672: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:33:17.55 ID:1FC7IxwEo



秋雲「お?つまりは任務終了?あたしの拘束も開放!?」


川内「残念だけど、それはまだ先だよ」


シュタッ…


初月「川内さん、聞いてたのか?」


川内「まあねー♪グラーフの件はついたけど、まだ邪魔してきそうな人はいるからね・・・なんとか大人しくさせないと」


夕立「邪魔してきそうな人・・・誰かなー?」


秋雲「わざとらしいわ!」


川内「んじゃ、不知火も加えて早速作戦開始っと!」








↓1 どうなる?

673: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:36:47.77 ID:7NLHAQZx0
邪魔蟲(ラスボスクラス)か来た!
時雨「...」
春雨「...」
山城「...」

674: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:42:15.65 ID:VvSTLtv/O



不知火「・・・納得行きません」ムスー…


川内「まだ言ってんの不知火・・・任務達成にはみんなの協力が不可欠なのよ!」


初月「そうだね。あの三人を抑えるには・・・」






時雨(ヤンデレ)「・・・」


山城(ヤンデレ)「・・・」


春雨(ヤンデレ)「・・・」






秋雲「うわぁ、スレ初期の匂いがする・・・」


夕立「あの状態だと、時雨お姉ちゃんも春雨も全然話し聞いてくれないっぽいー!」


川内「でも、止めないと・・・問題はどうするかね」






↓1 どうしよう?

677: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:46:16.54 ID:xGnOXvst0
不知火が三人を威圧するが返り討ちに遭う

678: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:48:44.64 ID:VvSTLtv/O




不知火「フッ・・・何なの皆して、だらしないわね」

 
不知火「たかが三人に威圧されるなんて・・・私に任せなさ」





不知火「無理です勝てません」


秋雲「早いよ!」


初月「す、すごいな・・・あんな時雨も山城も、見たことないよ」


夕立「あの頃はあの頃で大変だったなぁー・・・」トオイメ









↓1 どうしよう?

679: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:50:42.62 ID:rm4GVIZA0
事情をよく分かっていない武蔵と長門がケンカと誤解して鎮圧してくれた

680: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:54:44.72 ID:VvSTLtv/O

初めて連合艦隊旗艦らしいことをした長門




川内「仕方ない・・・こうなったら力ずくで!」


初月「えっ、ち、ちょっと待ってよ!」 


川内「問答無用!てりゃーっ!」


時雨(ヤンデレ)「・・・いいよ、やる気なら!」


「こらっ!何をしているか!」


時雨「え・・・な、長門に武蔵!?」


長門「まったく・・・鹿島の危機も去っていないというのに、仲間割れなどして提督に恥ずかしくないのか!?」


武蔵「貴様もだ山城。見損なったぞ」


山城「いや、私何もしてないんだけど・・・」


長門「言い訳などいらん!そこに正座だ!」ビシッ!







↓1 どうなる?

681: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/29(土) 23:56:17.37 ID:7NLHAQZx0
秋雲先生「保険をかけるそ...そぉい!!」提督の似顔絵 x 30
時雨「!!」
春雨「!!」
山城「!!」
etc「!!」

682: ◆I045Kc4ns6 2016/10/29(土) 23:59:37.94 ID:VvSTLtv/O



春雨「うぅ、怒られちゃいました・・・」


山城「また嫉妬に走ってたなんて、自分が恥ずかしいわ・・・」


夕立「あ、みんなもとに戻ってくれたっぽい!」


川内「じゃあこれで任務終わりかー・・・つまんなーい!」


初月「つまんないって、川内・・・」


川内「だってせっかくこんな恰好なんだからさ、もっと潜入とか暗殺とかしたかったんだもん!」


秋雲「そして捕まえられてくっ殺なことに・・・」


秋雲(次の本は決まったな)


川内「はぁ・・・まあいいや。秋雲、締めお願い」


秋雲「あ、ほーい」











↓1 秋雲の似顔絵ばら撒きで、どうなる?

683: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:03:19.69 ID:PqPg5Di50
案の定、みんなか提督の似顔絵を奪い取る

684: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:07:17.70 ID:OqrTC9bto



「うぉー!似顔絵をよこせー!」


「これはあたしのものだー!」




川内「・・・ただの紙を巡って争うなんて」


秋雲「チッチッチッ、アレはただの紙じゃないよ。執務室の隠し撮りをもとに書いた秋雲さん渾身のヌードだからね!」


夕立「ぽい!?」


初月「・・・まあこれで、グラーフのことはみんな忘れたろう。もし誘っても提督は断るだろうから、今度こそ安心だね」


川内「そーだねー・・・あとはグラーフ次第かな・・・」








↓1 どうなる?

誰の視点でも(ry
 

685: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:08:12.19 ID:xGg3UI8W0
一方、似顔絵とかどうでもいい本物が欲しい艦娘もいる

大鳳「これからゲームセンターに行こう… 今日は新記録が出る気がするわ」フフフ ハイライトオフ

不知火「私も付き合いますよ 秋雲も来なさい」戦艦の眼光

686: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:12:59.72 ID:OqrTC9bto



大鳳(・・・ビスマルクさんとプリンツさんに、両方から挟まれて嬉しそうな提督)


大鳳(あんなものを見せられたら、こんな紙切れなんて・・・)


ビリビリーッ


大鳳「提督、今は我慢するけど・・・」


大鳳「これなら、パンチの新記録が出せそう・・・ゲームセンターに行こう」フッ…


不知火「大鳳、私も行くわ。秋雲もついてきなさい」


秋雲「は!?なんでぇ!?」









↓1 どうなる?

687: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:15:35.01 ID:PqPg5Di50
先生、不知火から逃げた
秋雲「あばよ!戦場(c91)が、ネタが私を呼んでいるわ!」

690: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:19:22.97 ID:OqrTC9bto



秋雲「そうは行かないよ不知火姉さん!あたしにはやることがあるんだ!」


不知火「やること?」


秋雲「そう!戦場があたしを待っている!」


秋雲「次は執務室に忍び込んで捕まったくっ殺川内さんを提督がゴニョゴニョするんだー!」


川内「はぁ!?な、なにそれぇ!?///」


川内「待ちなさい秋雲!話を聞かせなさい!」


タッタッタッタッタッ…


初月「・・・えっと」


夕立「今日はもう、部屋に戻ろっか」


初月「そ、そうだね・・・」










↓1 どうなる?

誰の視点でも(ry

でもいい加減グラーフの視点にしてほしかったり

691: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:19:44.61 ID:WlZkOKFA0
レーベ「やあ、秋雲 やっと会えたね」ニコ
マックス「1人になるのを待ってたわ」

692: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:23:16.20 ID:OqrTC9bto



【秋雲の部屋】


バタンッ


秋雲「ふいー・・・に、逃げ切れた」


秋雲「でも誰が入ってくるのか分かんないし、戸締まりしとこ・・・」


レーベ「それはもう遅いんじゃないかな?」ニッコリ


マックス「私たちは十分待ったんだけど」


秋雲「げげ!レーベにマックス!?」


レーベ「秋雲・・・君は僕にあんなもの生やして、どうする気なのかな?」ニッコリ


秋雲「あ、いや・・・その・・・」










↓1 どうなる?

693: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:28:14.85 ID:PqPg5Di50
秋雲か悲鳴を上げるの間に

グラーフ、部屋で告白の練習

694: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:31:41.12 ID:OqrTC9bto



「いやぁぁぁ~~~・・・!」





グラーフ「・・・貴様のことは信頼している。これからも、よろしく頼む」キリッ…


グラーフ「・・・だめだ。これでは、私の気持ちが伝わらない。いや、提督のことは信頼しているのだが、これだと味気ないし・・・」


グラーフ「笑顔を意識して・・・す、しゅきだ・・・///」


グラーフ「~~~っ///」


グラーフ「くそっ、くそっ!ああもう、恥ずかしい!///」









↓1 どうなる?

695: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:32:20.15 ID:qr4y4Lt20
ビスマルクが見ていた

696: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:35:49.69 ID:OqrTC9bto


グラーフ「だいたい、笑顔なんて私には・・・ん?」


ビスマルク「・・・あ」


グラーフ「び、ビスマルク!?貴様見てたのか!?///」


ビスマルク「ええ。あなたが告白の練習をしようと決心した頃からね」


グラーフ「~~~っ///」


ビスマルク(あらら、白い顔が耳まで真っ赤に・・・)








↓1 どうなる?

697: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:39:29.71 ID:PqPg5Di50
同じの悩みを持つの人(隼鷹)も見ていた

698: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:44:18.23 ID:OqrTC9bto



隼鷹「いや・・・除くつもりはなくてさー」


グラーフ「ジュンヨウ!?貴様まで見ていたのか!?///」


隼鷹「だからごめんって・・・でも、あたしにも気持ちは分かるよ」


隼鷹「あたしも告白失敗しちゃってさ・・・スルーしちゃったのよね」


ビスマルク「グラーフ、もしよかったら・・・私達が力を貸そうか?」


グラーフ「うっ・・・///」








↓1 グラーフはどうする?どうなる?

699: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:45:56.06 ID:xGg3UI8W0
Bismarckとリンツで提督の落とし方をグラーフに教える

プ「ドイツ艦の秘密特訓ですよ」

700: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:50:00.94 ID:OqrTC9bto



グラーフ「・・・分かった。頼む・・・///」


ビスマルク「了解よ。それなら、早速始めましょ!」


隼鷹「ちょっとタイム!あたし参考にならなさそうだし、プリンツ連れてくるよ」


ビスマルク「ああ、それがいいかもね。お願いするわ」






プリンツ「ドイツ艦娘三人で集まるなんて、秘密の特訓みたいですね!」


ビスマルク「これによって、グラーフ。あなたもきっと提督の心をつかめるはずよ」


グラーフ「・・・わかった。それで、その方法とは?」


ビスマルク「それは・・・」






1 甘えさせてあげる

2 逆に甘える

3 その他自由安価



↓1

701: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:50:54.73 ID:PqPg5Di50
提督は直球勝負に弱い

702: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:53:21.13 ID:OqrTC9bto



ビスマルク「提督は直球勝負に弱いわ!なんだかんだ照れ屋だしね!」


グラーフ「つ、つまり・・・思うがまま気持ちを伝えろ、ということか?///」


グラーフ「それができたら苦労は・・・」


ビスマルク「グラーフ。夫婦に隠し事はなしよ。それは提督も同じ」


ビスマルク「信用されたかったら、思うがままを吐き出すのよ!」







↓1 どうなる?

703: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:54:42.82 ID:qr4y4Lt20
いざ提督の元へ

704: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 00:58:30.56 ID:OqrTC9bto



グラーフ「う、うぅ・・・私に、できるだろうか・・・///」


プリンツ「頑張ってください!グラーフさん!」


ビスマルク「応援してるわよ!それじゃ!」


グラーフ「あっ・・・そうか。もうAdmiralが来ると言っていた時間か」


コンコン


「グラーフ、俺だ」


グラーフ「! Admiral・・・」








選択肢安価 提督を部屋に入れたグラーフの様子

1 緊張でガチガチ

2 不安そうで少し破滅的

3 不思議と落ち着いている








↓1 

705: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 00:59:17.59 ID:xGg3UI8W0

707: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:00:54.57 ID:Au0nqmjPo

ガチャッ


グラーフ「・・・き、来たか」


提督「おう。入っていいか?」


グラーフ「あ、ああ・・・何もないが、ゆっくりして行くといい・・・///」


グラーフ(わ、私の部屋にAdmiralが・・・)


提督(・・・ほんとに何もないな。備え付けのベッドと机以外は、コーヒーの機械しか・・・)


グラーフ(や、やはり質素すぎたか?もう少し可愛らしい部屋のほうが良かったのだろうか・・・///)


グラーフ(うぅ、ダメだ・・・心臓の鼓動が止まらない・・・///)ドキドキ…










↓1 どうなる?

708: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 23:01:55.03 ID:DMVGmcaU0
コーヒーでもいれて落ち着こう

709: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:03:45.02 ID:Au0nqmjPo



提督「おい、グラーフ」


グラーフ「っ、な、なんだ!?」


提督「コーヒー、凝ってるんだろ?淹れてくれよ」


グラーフ「あぁ、お安い御用だ・・・」





グラーフ「・・・」コポコポコポ…


提督「へぇ~、慣れてるじゃないか」


グラーフ「ふっ・・・このくらいしか、趣味と言えるものはないからな」


グラーフ(私も落ち着いてきたぞ・・・さて、提督は喜んでくれるといいが)








↓1 コーヒー飲んだ提督の反応

710: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 23:08:17.77 ID:PqPg5Di50
逆に提督が緊張でガチガチ

712: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:10:54.67 ID:Au0nqmjPo



グラーフ「ほら、出来たぞ」


コトッ…


提督「お、おう・・・すごく本格的だな・・・」


グラーフ「世辞はいい。早く飲まないと、冷めるぞ」


提督「い、いただきます・・・」


提督「ん、うまい!」


グラーフ「・・・ふっ、そうか」ニコッ


提督(!)ドクンッ…


提督(あんな眩しい笑顔のグラーフは、初めてだな・・・///)










↓1 どうなる?

713: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 23:15:51.78 ID:EMtlyU9OO
どちらからともなく唇を重ねる

714: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:17:51.27 ID:Au0nqmjPo



ジッ…


提督(・・・こうして見ると、改めて綺麗だな。グラーフ)


提督(俺を呼んだ、ということは・・・吹っ切れたってことか・・・)


グラーフ(Admiralが、私を見つめている・・・まっすぐに、混じりけない瞳で・・・)


グラーフ(Admiral・・・)


スッ…


チュッ…


提督「ん・・・」


グラーフ「・・・///」






↓1 どうする?どうなる?

715: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 23:19:41.43 ID:PqPg5Di50
互いに緊張しすぎで色々な順番を飛ばした
提督がグラーフをベッドの上に押し倒し

??「まあ、そうなるな」

716: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:23:42.39 ID:Au0nqmjPo



グラーフ「あ、Admiral・・・こ、こういうことは、だな・・・///」


提督「あ、す、すまん!嫌だったか?」 


グラーフ「い、嫌なわけない!ただ、私はだな!・・・うぅ///」モジモジ…


提督「・・・可愛いな、お前は」


グイッ…


グラーフ「あっ!?な、何をするんだ!?」


提督「恥ずかしがる余裕もなくしてやろうと思って・・・あと、正直お前が可愛すぎて、ガマンできない」


グラーフ「かわっ・・・!?///」


グラーフ「ま、待てAdmiral!お願いだから、待ってくれ・・・頼む・・・///」


提督「・・・」









↓1 待つ?それともゴー?

717: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 23:24:34.46 ID:qr4y4Lt20
行こう

721: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:28:11.01 ID:Au0nqmjPo



提督「・・・ごめん。どうしても待てない」


グラーフ「っ!ま、待てあどみら、んっ!ん~っ♥」


提督「大丈夫。優しくするから・・・」


提督「・・・愛してるよ、グラーフ」


グラーフ「っ・・・♥」   


グラーフ(私も、愛してる・・・♥)








↓3 までで多数決

キンクリする?しない?

726: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:32:19.02 ID:Au0nqmjPo



グラーフ「んんっ、ん・・・♥」


提督「ふぅ・・・大丈夫か?グラーフ」


グラーフ「あぁ・・・よ、よかったぞ///」


グラーフ「そ、それよりAdmiral、いいのか?私なんて・・・汚れた女だぞ?殺し屋として情報のために身売りもしたし、それに・・・」ウジウジ…


提督「グラーフ・・・」








↓1 どうする?どうなる?

731: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:36:14.58 ID:Au0nqmjPo



提督「汚れてるとか関係ないだろ?もうやっちまったわけだし・・・」


提督「あ!もしかして本当は嫌だったか・・・?」


グラーフ「そ、そんなことはない!むしろ嬉しかった・・・」


グラーフ(・・・そうか。気にしないか、Admiral)


グラーフ「・・・ありがとう」


提督「いいってば・・・」









↓1 どうする?どうなる?

732: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 23:38:47.97 ID:PqPg5Di50
改めて告白

733: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:41:37.28 ID:Au0nqmjPo



グラーフ「・・・Admiral、改めて言いたいことがある」


提督「うん?」


グラーフ「最初は、殺し屋として貴様を殺すチャンスを伺い、金で簡単になびいたこの女を・・・こんなに大切にしてくれたのは、貴様が初めてだ」


グラーフ「感謝している・・・こ、これからは金はいらない。個人的に、貴様に協力するよ・・・///」


提督「・・・つまり?」


グラーフ「つ、つまり・・・す、好きだ・・・///」かぁぁぁぁっ


提督「・・・」








↓1 提督はどうする?どうなる?

734: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 23:42:39.56 ID:qr4y4Lt20
指輪を渡す

735: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:46:59.19 ID:Au0nqmjPo



提督「・・・俺からも、お前に渡すものがあるんだよ」


スッ…


グラーフ「これは・・・指輪、か?」


グラーフ「こんな綺麗なもの、私には・・・」


提督「いいから、受け取ってくれ」


グラーフ「しかし・・・」


提督「・・・じゃあこうしよう!この指輪の輝きに負けないような、誇り高い艦娘になってくれ」


グラーフ「・・・それなら、了解した。必ず、あなたとこの指輪に釣り合う女になってみせるよ・・・」


提督「おう、頼むぞ」


グラーフ「ああ・・・♪」








↓1 どうする?どうなる?

736: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/30(日) 23:49:29.07 ID:drG3qrwHo
抱き合いながら就寝

737: ◆I045Kc4ns6 2016/10/30(日) 23:57:07.66 ID:Au0nqmjPo



グラーフ「ん・・・」コテン…


提督「おっと、大丈夫か?ちょっと疲れたみたいだな・・・」


グラーフ「そうだな・・・今夜は、もう寝よう。Admiralも・・・」


提督「ん、グラーフがそう言うなら・・・」


ギュッ…


グラーフ「・・・///」


提督「おい、なんのつもりだよ?」


グラーフ「安心するんだ・・・今夜だけ、頼むよ」


提督「・・・仕方ないな」


グラーフ(暖かい・・・毎日殺気立って、氷のように冷たくなっていた私の心が融けていく・・・)


グラーフ(Admiral、ありがとう・・・今度こそ心から、あなたのために戦うよ・・・)







ドイツ艦娘旅行編 完

↓五分後に最も近いレス 次の主役安価

740: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 00:02:07.65 ID:MTb54cxP0
時雨

743: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 00:06:17.38 ID:ERzv5SGoo



【早朝 時雨の部屋】


チュン… チュンチュン…


時雨「んん、ん・・・」モゾモゾ…


時雨「ふわぁぁ・・・まだ外はこんなに暗いのか」


時雨「最近寒いし、風邪を引かないようにしなくちゃ・・・提督とか、大丈夫かな?」


時雨「さて、と。顔を洗って今日も頑張ろう」







↓1 どうする?どうなる?

744: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 00:06:19.77 ID:EKfUgQQ+0
6連敗くらいか

746: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 00:12:11.03 ID:ERzv5SGoo



時雨「~~~♪・・・ん?」


時雨「江風、海風。おはよう」


江風「お、時雨の姉貴!流石朝早いなぁ~」


海風「おはようございます」ペコリ


時雨「二人共どうしたの?こんな朝早くから・・・」


江風「資源回収だよ。こんな朝早くから、全く人使い荒いぜ」


海風「でも、回収を終えてからたべる朝食はとても美味しいです!」


時雨(二人共、元は敵だったのに・・・随分鎮守府に馴染んだな。よかった)










↓1 どうする?どうなる?

747: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 00:13:48.31 ID:Cq3WRLOIO
暇なので二人についていくことに

748: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 00:17:01.92 ID:ERzv5SGoo



時雨「二人共、僕もついてっていいかな?」


江風「おん?いいぜ!久しぶりに時雨の姉貴とも話したかったし!」


海風「時雨姉さんも一緒なら、心強いです」


時雨「ふふ、ありがとう。じゃあ行こうか」









↓1 どうなる?

749: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 00:20:45.09 ID:uIIZEcaXo
建造失敗時に出てくるモコモコとペンギンを沢山見つける

750: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 00:24:12.07 ID:ERzv5SGoo



【鎮守府近海の孤島】


海風「情報ではここに資源が落ちてるはずです」


江風「お、あったぜあったぜ!数は少ないが、向こうにはたくさんありそうだ!」


時雨「でも、なんか変な感じがするな・・・どうしたんだろ?」


江風「んなもんいきゃ分かるって!」






ペンギン&モコモコ「「「」」」ゾロゾロ…


海風「わ、わぁ・・・」


江風「こいつら、開発失敗したときに出てくるアレか?なんでこんなに・・・」


時雨「・・・誰かが失敗したとき、ここに廃棄しに来てるとか、かな?」








↓1 どうする?どうなる?

751: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 00:30:51.54 ID:fPM83Uhk0
仕方ないので別のポイントへ

752: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 00:33:16.07 ID:ERzv5SGoo


ペンギン&モコモコ「「「」」」ゾロゾロ…


江風「っ、こ、こっち来た!?」


時雨「仕方ない。ここは別のポイントに行こうか・・・」


海風「そうですね・・・なんだか恐いですし」








↓1 どうなる?

753: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 00:36:48.01 ID:Ucot8phG0
大量の資材を発見
その中には媚薬と思われる物が入った瓶も
回収して戻ろう

754: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 00:39:45.18 ID:ERzv5SGoo


【別ポイント】



江風「お!ここは当たりだな!」


時雨「資源もたくさんあるし、これなら問題ないね。手分けして集めようか」


海風「はい!」




時雨「よいしょ・・・ん、なんだろ?この瓶」


時雨「掠れてて文字が・・・『媚薬』?」


時雨「媚薬ってあの・・・」


「おーい!そっちはどうだー!?」


時雨「あ、もうすぐ終わるよ!」


時雨(・・・何かの役に立つかも。持って帰ろう)








↓1 どうする?どうなる?

755: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 00:43:08.00 ID:zo1a/DXd0
時雨たちが部屋に戻る

春雨たち(他の白露型)が部屋で提督攻略作戦を考えている

757: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 00:47:47.45 ID:ERzv5SGoo



【鎮守府】


江風「んーっ・・・ふぅ、いい仕事したぜ~」


時雨「二人共お疲れ様。僕の部屋で少し休んでいかない?」


海風「いいんですか?なら、お言葉に甘えさせてもらいますね」




【時雨の部屋】


時雨「あれ?開いてる・・・」


白露「あ、おかえり時雨ー」


村雨「部屋借りてるわよー♪」


時雨「・・・なんで君達が僕の部屋にいるんだい?」


夕立「だって、時雨お姉ちゃんの部屋が一番片付いてるし、お茶菓子もあるし」


五月雨「司令官を攻略する作戦を立てるにはもってこいですね!」


海風「こ、攻略するって・・・///」


江風「ど、どうかしてるぜ姉貴たち!あんな変態相手に・・・///」









↓1 どうなる?

758: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 00:50:25.94 ID:Ucot8phG0
時雨が茶を淹れる
媚薬も一緒に混ぜる

761: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 00:53:33.75 ID:ERzv5SGoo



夕立「まぁまぁそう言わないで・・・おねーちゃーん!お茶淹れてー♪」


時雨「まったくもう・・・しょうがないなぁ」


涼風「そう怒んないでって。姉貴の淹れる茶が一番うめぇんだからさぁ」


白露「うんうん、いっちばーん!」






時雨(まったく、皆やりすぎだよ・・・)


時雨(そうだ。これ・・・)ゴソゴソ…


時雨(ほんの少しだけいれてみよう。ふふ、どうなるかな・・・?)








↓1 どうなる?

762: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 00:55:36.61 ID:zo1a/DXd0
提 督 が き た

764: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 00:59:06.54 ID:ERzv5SGoo



時雨(よし・・・ほんの少しだから、あまり効果は出ないはず)


時雨「ほら、お茶の用意が・・・」


ガチャッ


提督「時雨ー、いるか?」


五月雨「あ、提督!」


夕立「提督さーん!」


提督「お?何だ何だ、皆いたのか・・・江風や海風まで」


村雨「提督もお話しない?座って座って♪」


提督「んー?あ、時雨。喉乾いてたんだ。ありがと・・・」


時雨「だ、ダメッ!」


提督「え?」


時雨(て、提督が来るなんて・・・ど、どうしよう?)









↓1 どうする?どうなる?

765: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 01:01:53.86 ID:fPM83Uhk0
わざとこぼして作り直す

飲ませずに済み、提督にも慰められて一石二鳥

767: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 01:07:00.37 ID:ERzv5SGoo


時雨「ち、ちょっと失敗しちゃって・・・つ、作り直すよ!」


白露「えー?ちょっとくらいいいってば!早くお茶ちょーだい!」ガシッ


時雨「白露!ひっぱらないで・・・あっ!」


バシャッ!


白露「うわっちゃ!し、時雨、ごめん!」


時雨「う、ううん・・・僕のせいだから」


提督「あー・・・気にするなよ、時雨」ナデナデ


時雨「あ、う、うん♥」


時雨(かなりうまくこぼせたし、提督に撫でてもらえた・・・♥うれしい♥)


時雨(そ、そうだ!余韻に浸ってないで、作りなおさないと!)










↓1 どうなる?

768: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 01:07:13.32 ID:zo1a/DXd0
春雨(提督の『ご褒美』…)ハイライトオフ

ドアをロック

769: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:03:32.21 ID:oB2p1xbso

【時雨の部屋】


時雨「~~~♪」





春雨(司令官に撫でてもらってから、時雨姉さんすごく嬉しそう・・・)


春雨(いいなぁ・・・春雨も、なでなで・・・♥)


春雨(司令官からのご褒美、まだもらってないけど・・・何なのかな?)


春雨(ふふ、楽しみ・・・♥)


カチャッ…







↓1 どうなる?

770: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 23:11:30.77 ID:qjeeOfjg0
提督からのご褒美は白露がいっちばーんにもらっていた

771: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:14:18.26 ID:oB2p1xbso


春雨「・・・♥」ジーッ…


提督「ん・・・あ、そうだ!春雨、お前にはまだご褒美、渡してなかったよな」  


春雨「あ、は、はい!ご褒美、くれるんですか?♥」 
 

村雨「提督、ご褒美って何よ~・・・?村雨には、ないの?」


提督「心配するな。白露にも渡したし、みんなの分はあるよ」


春雨 時雨 夕立「「「え・・・」」」


時雨「あの、提督・・・そのご褒美って?」









↓1 提督の用意したご褒美

772: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 23:15:51.73 ID:YFAZmn3A0
間宮の新作アイス

773: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:17:57.32 ID:oB2p1xbso



提督「えっと・・・ほら、間宮さんの新作アイス!」


江風「おぉ!すっげえ美味そう!」


白露「とっても美味しかったよ!みんなで食べようよ!」


提督「だな。そのつもりで持ってきたんだし・・・ほら、好きなの取ってけよ」





時雨(アイス、アイスか・・・)


春雨(き、期待しすぎたみたい・・・ははは・・・)


夕立(ぽい・・・)









↓1 どうする?どうなる?
 

774: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 23:19:47.80 ID:zo1a/DXd0
春雨「司令官?駆逐棲姫の誕生日、知っている?」目がハート
時雨「あっ…(察し)」

775: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:22:39.82 ID:oB2p1xbso




春雨(・・・でも、春雨、もうガマンできない・・・)


春雨「司令官、司令官・・・」ツンツン


提督「うん?どうした、アイスか?」


春雨「ううん、アイスじゃなくて・・・」


春雨「司令官は、駆逐棲姫ちゃんの誕生日、知ってます・・・?♥」


提督「え・・・し、知らないな・・・」





時雨(! 春雨・・・)








↓1 どうする?どうなる?

776: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 23:25:06.69 ID:qjeeOfjg0
瑞鶴「お兄、提督さん!長良から電話だよ!」

778: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:28:49.29 ID:oB2p1xbso



コンコン


ガチャッ ガチャガチャッ…


提督「ん・・・誰か鍵かけたのか?」

  
「お兄ちゃーん、鍵開けてー!」


海風「瑞鶴さん・・・?何のようでしょうか・・・」


提督「さあな・・・っと」


カチリ ガチャッ…


瑞鶴「お兄ちゃ・・・!なんだ、皆いたんだ。これ、長良さんから電話だよ」


提督「お、ありがとう。外で話すか・・・」


バタンッ


瑞鶴「・・・どうしたの、時雨も春雨も。何かあったの?」


時雨 春雨「「何でもないよ」です・・・」








↓1 どうなる?
 

779: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 23:31:52.44 ID:zo1a/DXd0
春雨&時雨、それぞれの理由で提督に追いつく

781: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:34:20.89 ID:oB2p1xbso




瑞鶴「あ、アイスだ!私も食べていいかな?」


村雨「余ってるし、いいんじゃないかしら?時雨と春雨はー?」


時雨「僕はいいよ・・・」


春雨「春雨も・・・ちょっと、用事が」


ガチャッ バタンッ…


白露「・・・修羅場だねぇ~」


夕立「夕立、あれには入れないっぽい・・・」


江風「姉貴たちどうしちまったんだ・・・」





提督「~~~」


春雨「! いた、司令官・・・♥」


時雨「電話してるみたいだけど・・・」



↓1 どうなる?

780: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 23:32:13.46 ID:4bPCnWwI0
秋のサンマ漁の時期ということでイベントをしてるけど人手が足りないそうで、料理の旨い子を連れて来てほしいとのこと

788: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:43:03.87 ID:oB2p1xbso


提督「・・・お!ちょうどいいところに」


時雨「え?ど、どうかしたの提督・・・」


提督「二人共、これから横須賀に向かってくれないか?」


春雨「横須賀に、ですか?」


提督「ああ。今秋刀魚漁の季節だろ?本国でも漁をしてるそうだが、捌ける艦娘がいなくてな・・・」


提督「お前たちなら料理の腕もバツグンだし、頼めないか?」


時雨「うん、提督の頼みなら」


春雨「任せてください!司令官のために、頑張ります!」


時雨 春雨((ここでいいところを見せないと・・・))







↓1 他に何かある?(その他の同行者についてなど)

ない場合は出発します

789: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 23:44:54.15 ID:qjeeOfjg0
磯風と比叡も同行

791: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:49:04.99 ID:oB2p1xbso



提督「じゃあ長良、時雨と春雨を向かわせるから・・・え?あと二人?誰でもいいから?」


時雨「僕達だけじゃ、だめだって?」


提督「参ったな・・・あと二人、料理はできなくてもいいから来てほしいってさ・・・お」




磯風「比叡、今日もまた料理の特訓をしないか?」


比叡「いいですね!この時期は秋刀魚が美味しいですから!」


提督「・・・あの、二人とも」






比叡「・・・了解です!私に任せてください!」


磯風「私もだ。新米が入院している間、世話になっているというのに何もできないのは歯がゆい」


提督「・・・じゃあ、この四人で、よろしく・・・」


時雨 春雨((大丈夫かな・・・))








↓1 どうする?どうなる?

出発前、移動中、到着後いつのことでも構いません

790: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 23:45:29.85 ID:Aq7s9Z3n0
駆逐古鬼「タクシーは任せて」

795: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:55:01.08 ID:oB2p1xbso


一応、この鎮守府は沖縄以南の島にあるってことで・・・




磯風「では出発しようか。ここから横須賀まで行くとなると、海路では時間がかかるな」


提督「ああ、今回は横須賀から招待だから、飛行機で行くんだぞ」


春雨「そうなんですか?でも、空港までは・・・」


提督「うーん・・・比叡は運転できるか心配だし、駆逐古鬼に頼むか」


比叡「運転くらい私もできますよー!!」


磯風「駆逐古鬼?深海棲艦なのか?」


提督「あぁ、まあ・・・詳しい話は本人に聞いてくれ」


時雨「じゃあ、駆逐古鬼似送って貰おうか」








↓1 どうなる?

796: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/31(月) 23:55:19.82 ID:zo1a/DXd0
時雨、サンマmodeの服に替える

797: ◆I045Kc4ns6 2016/10/31(月) 23:59:07.97 ID:oB2p1xbso


【ガレージ】



提督「なぁ、駆逐古鬼。俺が運転しようか?」


駆逐古鬼「嫌よ。安全運転するから!」


提督「はぁ・・・ならいいんだが」


「お、お待たせ・・・」


提督「おぉ・・・うん?」


時雨(サンマmode)「いつもの服にサンマの匂いがついたら嫌だから着替えたけど・・・ど、どうかな?」


時雨(ホントは提督に褒めてほしくて、気合入れてみたけど・・・///)


提督「・・・」







↓1 サンマmode時雨に対する提督のリアクション

798: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 00:00:12.56 ID:O6XjuvQA0
似合ってるよ
貫禄があるな

799: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 00:03:51.44 ID:7GenGhDho



提督「よく似合ってるよ、時雨。貫禄があるな」


時雨「そうかな?ありがとう・・・///」


駆逐古鬼「・・・」キュムッ


提督「いてっ!なんでつねるんだよ・・・」


時雨(駆逐古鬼・・・未来から来た神風と提督の娘、か)


時雨(僕は将来、子供は・・・)


春雨「すみません!私達も準備できました!」


提督「おし、じゃあ出発しようか。駆逐古鬼、頼むぞ」


駆逐古鬼「うん、わかったよ。お父さん」


磯風「・・・お父さん?」









↓1 移動中、もしくは着いてから

どうなる?

800: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 00:04:30.16 ID:y5++f3DH0
提督に見送られて出発!

横須賀到着後、早速 厨房へ

長良「みなさん、お料理上手なんですね!」

801: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 00:09:05.93 ID:7GenGhDho



【横須賀 厨房】


長良「皆さん、お待ちしてましたー!」


iowa「助かるわ・・・meはサンマなんて、見るだけで恐ろしいもの・・・」


時雨「アメリカの人はあまり魚を食べないのかな?」


春雨「サンマ、とっても美味しいですよ!美味しく作りますから、後で食べてみてください!」


iowa「Thanks!では、ゴユックリー♪」


ガチャッ バタンッ


時雨「・・・よし、始めようか」


春雨「まずは準備しないと・・・」


テキパキ テキパキ


磯風「・・・私たちはどうすべきだろうか?」


比叡「うーん、おとなしくしておくべきなのでしょうか・・・」










↓1 どうする?どうなる?

802: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 00:12:24.30 ID:BmbgAAZI0
無難にあの二人と春雨に焼きサンマを任せて、サンマを手際よく三枚おろしにしていく

803: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 00:15:31.23 ID:7GenGhDho



時雨「・・・あ、そうだ。二人とも、頼みたいことがあるんだけど」


時雨「春雨と一緒に、サンマを焼いてくれないかな?捌くのは難易度が高いと思うし・・・」


春雨「私が教えますから、一つ一つやっていきましょうね」


比叡「わかりました!よろしくお願いいたします!」


磯風「うむ。焼くだけなら、まだなんとかなりそうだ」









↓1 どうなる?

804: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 00:22:03.50 ID:fFHDbZuk0
上手に焼けました~

805: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 00:23:49.57 ID:7GenGhDho



春雨「はい、このくらいで大丈夫です!」


磯風「おぉ・・・見事な焼き具合だ。ぴったりだな・・・」


比叡「この調子で焼いていけば、すぐに全部焼きあがりますね!」


春雨「はい!またわからなくなったら、聞いてくださいね」






時雨「・・・春雨は上手く行ったみたいだね。僕も頑張らないと・・・」






↓1 どうなる?

806: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 00:25:16.14 ID:BmbgAAZI0
捌きながら、帰ったら提督にもサンマ料理ふるまってあげようと妄想し始める時雨

807: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 00:32:14.21 ID:7GenGhDho




時雨「・・・」スッ…スッ…


時雨(提督、サンマ好きだったな・・・去年は機会がなかったから、今年は僕の捌いたサンマ、食べてほしいな・・・)


時雨(提督、喜んでくれるかな・・・♥)


ポワポワポワ…




提督『おぉ、うまい!さすが時雨だな・・・こんな料理が食べられて、俺は幸せだ!』


時雨『僕も、提督のそばにいることができて、幸せだよ♥』


提督『時雨・・・もう大好きだ!』




時雨「うん、ぼくもだいしゅき・・・♥」






↓1 どうなる?

808: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 00:32:34.44 ID:O6XjuvQA0
大将「悪いがさんま漁に付き合ってもらえないか?釣りたてをその場で捌いて欲しいんだが」

809: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 00:38:59.37 ID:7GenGhDho



時雨「・・・よし、全部捌けたよ」


春雨「こっちも焼けました!」


長良「ありがとうございます!じゃあ、あちらの部屋に運んでもらって・・・」






元帥「うむ、これはうまい!」


中将「横須賀の最高級料理店にも匹敵するか、それ以上の出来ですな・・・」


時雨「ありがとうございます。光栄です」


大将「ううむ、冷凍したサンマでもこれか・・・君達、漁に同行してくれないか?釣りたてをそのまま捌いてほしいんだが」


比叡「もちろんです!皆もいいですよね?」


春雨「は、はい!あの、頑張りますね!」









↓1 サンマ漁に出発して、どうなる?

810: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 00:43:30.97 ID:fFHDbZuk0
潜水艦たちが絶賛サンマ乱獲中

811: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 00:46:27.69 ID:7GenGhDho




【横須賀近海】


ザァァァ…


磯風「私たちはここで待機なんだな」


時雨「漁自体は潜水艦がやってくれてるみたいだからね・・・それにしても、すごい量を獲ってるね」


春雨「あんなに獲っちゃって、大丈夫なんでしょうか・・・司令官は程々にしておくように言ってましたけど」


比叡「うーん、心配ですね・・・」









↓1 どうなる?

812: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 00:51:22.47 ID:y5++f3DH0
さんま乱獲に深海棲艦が怒り心頭

攻撃してきた

さんま かえせ

813: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 00:54:38.19 ID:7GenGhDho



ザザッ…


時雨「! あれは・・・」


比叡「深海棲艦!敵襲です!」


時雨「行こう!潜水艦たちを守らないと!」





ヲ級「ヲ~・・・!」ゴゴゴゴ…


リ級「・・・」ゴゴゴゴ…


春雨「な、なんだか怒ってませんか・・・?」


タ級「カエセ・・・サンマヲ、カエセ!」


磯風「サンマ!?乱獲が原因か!」







↓1 どうする?どうなる?

814: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 01:06:22.02 ID:fFHDbZuk0
提督が調停しにきた
乱獲の半分が海に戻る

815: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 01:11:14.10 ID:7GenGhDho

大将『原因は乱獲!?サンマを放てば、奴らは止まるんだな!』


時雨「そのはずです!僕達が時間を稼ぎますから・・・!」


潜水艦娘「だめです!もう追いつかれて・・・!」


タ級「カエセェェェェッ!」


春雨「だめーっ!!」


「待て、タ級!!」


タ級「・・・貴方ハ」


提督「サンマは半分だけもらうことにする。だから、ここは退いてくれ」


タ級「・・・ワカッタ」


磯風「提督、どうしてここに?」


提督「統領から連絡があってな。近くの深海棲艦がサンマが取れなくて困っていて、鎮守府を襲うかもしれないって聞いて、すっ飛んできたんだ」


大将『助かったよ、提督・・・』








↓1 どうする?どうなる?

816: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 01:18:45.99 ID:lEHtQd+Q0
網に鰤が一匹紛れていた

819: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 23:00:13.95 ID:7GenGhDho



こんばんわー更新はじめますねー



【横須賀港】



提督「で、これがその捕れた秋刀魚か。半分放って、これだけ残るなんてな」


大将「ああ、君たち。このまま捌いてくれるか?」


春雨「はい!新鮮だから、とっても美味しいと思いますよ!」


大将「提督。せっかく来たんだから、君も食べていきたまえ」


提督「ありがとうございます・・・」


潜水艦娘「あの~、こんなの混ざってたんですけど」


大将「おぉ、ブリか・・・珍しいな。せっかくだから、これも調理してもらおうか」


時雨「分かりました」


時雨(提督も来てくれるなんて・・・頑張って作らないと♥)









↓1 どうなる?

820: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 23:03:49.50 ID:hZO8Yzb20
潜水艦娘(誰とはいわないけど)はそのままオリョールに出撃しました

821: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 23:06:47.17 ID:7GenGhDho


時雨「はい、どうぞ」


春雨「たくさんありますから、皆さん食べてくださいね!」


オォー…!


兵士「いただきます!」


兵士「こんなうめぇサンマは初めてだ!」


比叡「皆さん喜んでくれて、よかったですね!潜水艦娘さんにも渡したいですけど・・・」


大将「ああ、彼女たちには資源の回収に向かってもらった。すぐに戻ってくるから、その分は残しておいてくれないか?」


磯風「ああ、分かった。では、どんどん焼くか」








↓1 どうなる?

822: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 23:07:27.04 ID:fFHDbZuk0
時雨と春雨、それぞれの愛(?)を提督の昼食に混ぜる

823: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 23:11:54.43 ID:7GenGhDho



時雨「えっと・・・最後は提督の分か。喜んでくれるといいけど・・・」


時雨「・・・提督♥」


時雨「僕の愛情、受け取って・・・♥」






春雨「えっと、司令官の分が最後・・・ちゃんと美味しくなるように、愛情入れなくちゃ♥」


春雨「春雨は、司令官のお嫁さんだもん・・・♥」





↓1 時雨の愛情(?)

↓2 春雨の愛情(?)


二人はそれぞれ、何を入れた?

825: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 23:16:56.56 ID:BmbgAAZI0
>>824 今まで以上に愛を込めて作った、提督と出会った頃から継ぎ足して作っている秘伝の調味料
途中送信すいません
安価なら下

826: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 23:19:08.11 ID:fFHDbZuk0

827: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 23:22:01.64 ID:7GenGhDho



時雨「よい、しょ・・・」


時雨「僕が一人で継ぎ足してきた、秘伝の調味料・・・提督と初めてあったときから作り始めたから、もう三年か」


時雨「僕の、提督との・・・愛の結晶・・・」






春雨「だ、誰も見てないよね・・・?」キョロキョロ…


春雨「んぁ・・・♥」タラ…


春雨「ふふ、しれいかん♥しれいかん・・・♥」








↓1 どうなる?

828: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 23:27:25.15 ID:xY1SA5ou0
料理が完成

829: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 23:30:15.58 ID:7GenGhDho



時雨「よし、刺し身か出来た・・・提督のところに持っていこう」


時雨「喜んでくれるといいけど・・・」





春雨「できた・・・♥ふふ、しれいかん・・・♥」


春雨「おいしく食べてくださいね、しれいかん♥」







提督「おー、美味しそうだな」


時雨「そうかな?さ、食べて」


春雨「おいしいですよ♥」


提督「んじゃ、いただきます!」





↓1 二人の料理を食べた提督のリアクション

830: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 23:35:31.91 ID:fFHDbZuk0
外人4コマのように(盛り上がる様子)

831: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 23:38:29.90 ID:7GenGhDho



パクッ…


提督「・・・」


時雨「・・・あれ?」


春雨「お、美味しくなかったですか・・・?」


提督「うまーーーーい!!」


提督「さすが時雨と春雨!超美味いよ!今まで食べたサンマの中で最高だ!」


時雨「ほ、ほんとう・・・?よかった・・・」


春雨「しれいかん・・・♥」


提督「いやー、美味い。こんな料理のできるお嫁さんがいて、幸せだなぁ・・・」


時雨(僕も幸せだよ、提督・・・)


春雨(しれいかん・・・しれいかんしれいかんしれいかん♥)








↓1 どうなる?

832: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 23:40:12.33 ID:BmbgAAZI0
時雨、アーンで畳み掛ける

833: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 23:42:54.15 ID:7GenGhDho


提督「うんうん、美味い美味い」モグモグ…


時雨「提督、ほら・・・」


提督「お?時雨、あーんしてくれるのか?」


時雨「うん、お嫁さんだから・・・♥」


提督「あーん・・・ん、時雨が食べさせてくれると、もっと美味しくなるよ」


時雨「そんな、大げさだな・・・」


時雨(提督が喜んでくれてる・・・嬉しい♥)


春雨(・・・しれいかん)







↓1 どうする?どうなる?

834: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 23:45:11.99 ID:fFHDbZuk0
春雨、逆に提督に食べさせてもらおう

835: ◆I045Kc4ns6 2016/11/01(火) 23:48:27.18 ID:7GenGhDho



春雨(春雨も・・・)


春雨「あ、あの、司令官」


提督「うん?どうした、春雨」


春雨「あ、あの、春雨も食べたくて・・・」


提督「お、そうか。なら、箸を・・・」


春雨「あーん・・・♥」


提督「っ!? は、春雨!?」

 
春雨「・・・♥」ドキドキ…


提督(目を閉じて口を開けて・・・)ドキドキ…


提督「ほ、ほら!あーん!」


春雨「あむっ・・・ん、よかった♥よく焼けてます♥」


提督(何だったんだ、さっきのは・・・)ドキドキ…







↓1 どうなる?

836: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/01(火) 23:57:08.56 ID:xY1SA5ou0
提督「俺はそろそろ戻るか。今夜食堂で2番艦達を集めた『2番艦の会』をやる。その準備をしないといけないんでな」

「勿論3番艦や4番艦、5番艦の会もその内やるから安心してくれ」

837: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 00:00:24.21 ID:HLlnxYCDo



提督「んじゃ、俺はそろそろ戻るよ。ごちそうさま」


時雨「うん、僕達も潜水艦の娘たちの分を作ったら戻るよ」


提督「そうか。今夜二番艦の艦娘を集めた『二番艦の会』をやるらしいから、時雨もこいよ」


時雨「あ、そうなんだ。わかったよ」


提督「んじゃ、比叡と磯風にも頑張るよう伝えててくれ。頑張れよ~・・・」








↓1 どうする?どうなる?

838: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 00:03:45.07 ID:scNontiB0
謝礼として、サンマが貰った

839: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 00:06:17.09 ID:HLlnxYCDo



潜水艦娘「おいし~♪」モグモグ…





磯風「これで全員分か。少し余ったな・・・」


大将「お疲れ様。そのあまり分は持ち帰って構わんよ」


比叡「本当ですか!?ありがとうございます!」


大将「君達や提督には期待しているんだ。これからも頼むよ」









↓1 帰還中、もしくは帰ってからどうする?

840: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 00:09:41.30 ID:sVvobqrY0
媚薬の影響で白露型がとんでもない事になっていた
春雨も媚薬の影響を受け、少しづつ理性を溶かされていった

841: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 00:15:04.01 ID:HLlnxYCDo



【鎮守府】


時雨「ふぅ・・・やっぱり横須賀まで行くと疲れるなぁ」


時雨「今夜の『二番艦の会』・・・島風や夕張とかでもない限り、二番艦はいるし楽しくなりそうだな・・・」


時雨「・・・ん?」




夕立「・・・」フラー…




時雨「夕立?様子がおかしいけど・・・おーい」


夕立「あ、時雨お姉ちゃん・・・提督さん、見なかった?♥」


時雨「え?見てないけど・・・どうしたの?」


夕立「分かんないの・・・体、とっても熱いっぽい♥」


時雨(まさか、媚薬を?僕の部屋においてたはずなのに・・・)








↓1 どうなる?

842: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 00:16:45.48 ID:scNontiB0
その時!提督に電流走る!!

提督「駆逐棲姫、誕生日はいつ!?」
駆逐棲姫「二ヶ月前」
提督「」

843: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 00:18:42.05 ID:HLlnxYCDo



駆逐棲姫はもう未来に帰ってるんですよ・・・

今残ってるのは駆逐古鬼だけです




↓1 再安価

844: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 00:26:57.51 ID:0t6KMd/40
時雨、鳳翔さんに協力を求めて媚薬の効果を薄める料理を一緒に作ってもらう

845: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 00:29:06.00 ID:HLlnxYCDo



【時雨の部屋】


時雨「ない、ない・・・!媚薬がない!」


時雨「白露型の誰かが持ち出したのかな・・・今どのくらい広がっているかも、わからないし」


時雨「そうだ。夕飯に解毒剤を混ぜよう。そうすればみんなに聞くはずだ・・・」


時雨「サンマのこともあるし、鳳翔さんに話をしにいこう・・・」







↓1 どうなる?

846: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 00:32:22.79 ID:scNontiB0
白露村雨夕立春雨、提督を取り囲む

847: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 00:35:27.04 ID:HLlnxYCDo




時雨「急がないと・・・! あれは!」






白露「ていとくー・・・♥」


提督「ど、どうしたんだよお前ら・・・おかしいぞ?」


村雨「おかしくなんてないわよ♥私達、いつも通りよ?」


夕立「えへへ、提督さん大好きっぽい♥」


提督「いや、ちょっ・・・は、春雨!お前もか!?」


春雨「しれいかん、しれいかん♥」ジリッ…




時雨「て、提督が!どうしよう・・・!?」






↓1 どうする?どうなる?

848: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 00:41:36.48 ID:TMKzJ2KT0
食堂へ誘導

849: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 00:44:35.49 ID:HLlnxYCDo



時雨「て、提督!こっちだよ!」


提督「時雨!?よっ!」


夕立「あっ、逃げちゃだめぇ♥」


提督「時雨、あいつらどうなってるのか分かるか!?」


時雨「多分、僕の部屋にあった媚薬を飲んだんだと思う・・・中和剤を作るから、食堂に行こう!」







↓1 どうなる?

850: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 00:48:20.51 ID:scNontiB0
敵(?)の増援が!!(海風江風五月雨涼風)

851: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 00:51:46.76 ID:HLlnxYCDo



タッタッタッタッタッ…


時雨「! 提督、止まって!」


提督「お、おう!」





五月雨「提督、やっと見つけました!えへへへ」


涼風「へっへ、大人しくしてもらうぜ・・・♥」


海風「提督・・・♥」


江風「まろー・・・何だってんだよ、たくっ♥」





提督「う、海風や江風まで・・・」


時雨「白露型は皆飲んでしまったんだ・・・」







↓1 どうする?どうなる?
 

852: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 01:02:44.99 ID:scNontiB0
時雨、諦めて(?)提督を押し倒し

ダメなら↓

853: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 01:04:52.20 ID:HLlnxYCDo



提督「ど、どうするんだ時雨・・・時雨?」


時雨(ここで抵抗しても、僕以外の白露型全員なんてとても相手にできない・・・)


時雨(だったら、僕も真っ先に提督に・・・)フッ…


提督「お、おい?時雨・・・」


時雨「提督・・・愛してるよ♥」


提督「おいっ!?じょ、冗談だろ時雨!」







↓1 どうなる?

854: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 01:12:40.88 ID:TMKzJ2KT0
卯月ロボの動物化ビーム
時雨と提督以外は全員、犬に

855: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 01:16:12.57 ID:HLlnxYCDo



時雨「提督・・・♥」 


提督「待て、時雨・・・!待てって!」


ガシッ…


時雨「っ・・・!」


「ぴょーん!!」


ビビビビーッ!


時雨「っ、あ、あれ?」


五月雨犬「わんっ!」


江風犬「わふ・・・」


時雨「皆、犬になってる・・・?」


提督「卯月ロボが助けてくれたんだよ・・・一応、俺の護衛だからな」


卯月ロボ「ぴょん♪」


時雨「そ、そっか・・・」


時雨(僕、勝手に諦めて、提督にむりやり・・・)シュン…







↓1 どうする?どうなる?

856: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 01:19:10.06 ID:scNontiB0
改めて食堂へ


858: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:00:19.54 ID:HLlnxYCDo


夕立犬「わふ♥わふ♥」ベッタリ…


春雨犬「くぅぅーん・・・♥」ベッタリ…


提督「・・・媚薬は効いたままなんだな」


時雨「う、うん。やっぱり解毒剤を作らなきゃ・・・」


時雨「提督、食堂に行こう。そういたら解毒剤を作れるから・・・」


提督「おう、行こう」








↓1 どうなる?

859: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:03:37.78 ID:sVvobqrY0
間宮の協力で解毒薬入りドッグフードが完成

860: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:06:15.05 ID:HLlnxYCDo





白露犬「わん!わんわん!」


提督「はいはい、よーしよしよし」ナデナデ…




間宮「提督さん、ムツゴロウさんみたいになってますけど・・・えっとこれを混ぜれば・・・」


時雨「解毒薬入りドッグフード、できたね」


提督「や、やっとか・・・ほら、お前ら。ご飯だぞ」


村雨犬「くぅぅーん♥」


提督「甘えてないで、食べなさい!」










↓1 どうなる?

861: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:09:11.98 ID:scNontiB0
媚薬の効果は消えた
なお春雨と夕立の発情ぶり半分が平常運転のようです

862: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:14:02.86 ID:HLlnxYCDo




江風「・・・はぁ」


提督「そう落ち込むなよ江風・・・薬のせいだから仕方ないって」


江風「う、うるせぇ!あんたなんかに擦り寄っちまうなんて・・・///」   


海風「とはいえ、迷惑をかけてごめんなさい・・・」


村雨「提督、犬になった私達、可愛かった?」


提督「ん、ま、まあな・・・」






春雨(犬になってた時、司令官すごく優しくしてくれた・・・♥)


夕立(夕立、提督さんのわんちゃんになりたいっぽい・・・♥)


時雨「・・・二人共、大丈夫かい?」







↓1 どうする?どうなる?

夕食会『二番艦の会』へ進んでも構いません

863: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:15:01.06 ID:2/nNFYQl0
すすむ

864: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:18:20.73 ID:HLlnxYCDo



提督「時雨、そろそろ初めていいか?」


時雨「あ、うん。それでこの二番艦の会って何なの?」


提督「別に何も・・・ただ皆で話をしたら楽しいんじゃないかって思ってな」


龍田「だから~、皆でご飯や飲み物飲みながら、お話しましょ~」


那智「時雨は飲めないが、大人組には酒も用意してあるからな」


能代「たまにはこんなこともいいかも・・・」


陸奥「では、二番艦を代表して乾杯の音頭を・・・かんぱいっ!」


『かんぱーーーいっ!!』







↓1 どうなる?


865: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:21:09.33 ID:rHHAbeMA0
いろいろ不満が溜まっている不知火と出番がアレであれな那珂ちゃんが酒を飲んで爆発

866: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:27:01.92 ID:HLlnxYCDo



不知火「んくっ、んくっ、んくっ・・・」


不知火「ぷはっ、はぁ・・・もう一杯」


巻雲「えぇっとぉ~・・・それ、コーラですよね?」


響「不知火、随分不満が溜まってるんだね」


不知火「えぇ・・・司令はまったく、罪な人です。不知火をこんなに悩ませて・・・」


響「・・・よかったら、飲むかい?」


敷波「ちょっ、それウォッカじゃ・・・」


不知火「いただきます・・・」







那珂「もぉ~ねぇ、最近は初風ちゃんの人気がすごくて・・・」


多摩「そうなのかにゃ?でも、那珂 もすごい人気にゃ」


五十鈴「気にしても仕方ないわよ」


龍田「ほら、飲んで飲んで~」


能代「た、龍田さんそれお酒!!」


龍田「あら~?そうだったかしら~」









↓1 どうなる?

867: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:27:55.99 ID:sVvobqrY0
時雨の元へ夜戦忍者が
「飲み物に媚薬を入れた時雨にも落ち度はあるよね?今日は罰として2番艦の会が終わったら私の夜戦に付き合ってもらうよ!」

870: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:32:27.43 ID:HLlnxYCDo



ウォー! イイゾーヤレヤレー! 


時雨「・・・随分賑やかだなぁ」


陸奥「あら、時雨はこういう雰囲気苦手?」


時雨「そんなことないけど・・・」


川内「お、いたいた時雨~。ちょっといいかな?」


時雨「僕に用?」


川内「いやぁ、媚薬のこと聞いたよ。媚薬を飲み物に入れた時雨にも落ち度はあると思ってね。今夜この会が終わったら付き合ってよ」


神通「ちょっと、姉さん・・・」


時雨「うん、いいよ」


川内「お、いいの!ありがとー!じゃあ待ってるから!」


スタスタスタ…


加古「相変わらず自由なやつだな・・・」


神通「ごめんなさい、姉さんが勝手に・・・」


時雨「ううん、大丈夫だよ」








↓1 どうする?どうなる?

871: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:33:24.43 ID:scNontiB0
隼鷹、ドレスの件でみんなに問い詰める

873: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:38:18.08 ID:HLlnxYCDo


隼鷹「お、いたいた~!陸奥、時雨!二人ともこっち来てよ!」


時雨「うん?」


陸奥「何か用?」


隼鷹「いやぁ~、既婚艦娘にさ、話を聞いてほしくて・・・お!衣笠、こっちこっち!」


衣笠「何よ隼鷹さん。お酒なら飲まないよ?」


隼鷹「違う違う・・・実はさ」






隼鷹「ってことがあったわけよ・・・」


陸奥「手作りのドレスを見せたのに、スルーされちゃったのね・・・」


隼鷹「これさ・・・あたしが女らしくないってことなのかなー・・・」


隼鷹「皆はさ、どう思う?」


時雨「・・・僕は」





↓1 隼鷹の話を聞いて、時雨の反応

874: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:39:33.97 ID:2/nNFYQl0
ライバルを増やさないために割と冷たくあたる

876: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:42:10.55 ID:HLlnxYCDo



時雨「僕は、そうだと思うよ。隼鷹って、お酒を飲むとちょっと面倒臭くなっちゃうし・・・」


陸奥「ちょっと、時雨!」


隼鷹「お、おぉん、そうか・・・」


衣笠「そ、そんなことないよ隼鷹さん!隼鷹さん、手作りでドレス作れるなんてすごいよ!」


陸奥「そうよ。提督が鈍感なのは、今に始まったことじゃないでしょ?」


隼鷹「ふたりとも・・・」


時雨「・・・」






↓1 どうする?どうなる?

877: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:44:12.89 ID:6oLYjRm40
アタックの回数が足りないと一応アドバイス。提督は鈍感だから...

878: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:47:40.01 ID:HLlnxYCDo


時雨「まぁ・・・僕は、提督に助けられてからずっとアタックし続けて、最近になってようやくケッコンできたんだし」


時雨「隼鷹も、諦めないで続けることが大切だと思うよ?」


隼鷹「そうだねぇ・・・時雨って、提督との付き合いも鳳翔さんたちについで長いし」


隼鷹「あたしも諦めずにやってみるよ!ありがと!」


衣笠「うんうん、頑張って!」


時雨(・・・隼鷹にひどいことを言ってしまった)


時雨(やっぱり、僕は悪い娘だな・・・)シュン…


陸奥「・・・時雨?」







↓1 どうする?どうなる?

879: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:48:10.69 ID:sVvobqrY0
時雨達の話を聞いていた大潮が提督に猛アタックしていた

881: ◆I045Kc4ns6 2016/11/02(水) 23:52:24.70 ID:HLlnxYCDo

影が薄い朝潮型の中でも改二もスルーされた大潮ちゃん!





大潮「・・・ふむふむ、なるほど」


大潮「・・・よし!」





那智「ふふ、どうした?まだ飲めるだろう///」


山城「ちょっと、那智。飲ませすぎよ・・・///」ムギュー…


高雄「ちょっと二人共!提督に近づきすぎよ!バカめ!///」


提督「さ、三人とも近い・・・」


大潮「司令官!」


提督「ん?ど、どうした大潮」








↓1 大潮はどんな感じにアタックした?

882: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:56:26.05 ID:scNontiB0
お姉ちゃん(朝潮)みたいに

883: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:00:19.10 ID:SiItb9Fpo



大潮(朝潮姉さんみたいに・・・大潮も!)


ムギュッ!


提督「ん・・・?」


大潮「~~~♪」スリスリ…


提督「えっと、大潮。どうしたんだ?」


大潮「朝潮姉さんは、よくこうしてますよね!?だから、大潮もやります!」


提督「え?あ、おう・・・」


大潮「~~~♪」スリスリ…


提督「・・・」ナデナデ…





那智「大潮のやつ・・・///」


山城「駆逐艦ばかり・・・不幸だわ///」


高雄「バカめ・・・///」







↓1 どうなる?

880: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/02(水) 23:48:45.32 ID:2/nNFYQl0
比叡「みなさん!カレーを気合い、入れて、作りました!」

瑞鶴「と、止められなかったずい…」

如月・照月「「……」」←味見させられて昏倒中

885: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:04:42.89 ID:SiItb9Fpo



武蔵「ふははははっ・・・ん?おい!もう料理がないぞ!」


日向「誰か作りに行ったはずだが・・・おい、誰がいないのか?」


ガララッ…


比叡「みなさん!気合、入れて、カレー作りました!」


『!?!?』


瑞鶴「と、止められなかった・・・ごめんね、皆・・・」


如月「如月のこと、忘れないで・・・」


照月「秋月ねぇ・・・」


ザワザワ… ザワザワ…


比叡「司令!まずは司令に食べてほしいんですけど!」 


提督「お、おれぇ!?」






↓1 どうする?どうなる?

886: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 00:06:06.65 ID:0uThS9/A0
瑞鳳「はあ…プリンツさん いいなあ 私も早く赤ちゃん欲しい!」
筑摩「そうですね(でもそうなると姉さんの世話は?)」

887: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:10:34.48 ID:SiItb9Fpo



比叡「さあどうぞ!司令♪」


提督「あ、え、えっと・・・」







千代田「瑞鳳ちゃん。止めなくていいの?」


瑞鳳「いいの。提督もたまには痛い目みた方がいいし・・・」  
 

瑞鳳「それより、プリンツさんのこと聞いた?」


筑摩「ええ、妊娠したそうですね」


瑞鳳「うん・・・いいなぁ、私も赤ちゃん、欲しいな・・・♥」


筑摩「そうですね・・・」


筑摩(でもそうなると、姉様のお世話が・・・)


千代田「に、にんしん・・・///」







↓1 どうなる?

888: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 00:11:21.84 ID:ZnBXCH5W0
ぬいぬい、酔っ払い
「何か『2番艦は●●●ボディ』だ!?」

889: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:19:17.92 ID:SiItb9Fpo



不知火「う、うぅ・・・」


三隈「ぬいぬい、大丈夫ですの?」


響「やっぱりウォッカはまだ早かったか・・・」


子日「ねぇねぇ、提督を呼んだほうがいいんじゃない~?」


不知火「・・・にが・・・だよ」


敷波「うん?」


不知火「何か『二番艦は●●●ボディ』だよ!ふざけるなっ!」バシッ!


不知火「この野郎ぉぉーっ!」ドドドド…




陸奥「照月、大丈夫?」


武蔵「比叡の料理を食べたのだ、無理もない・・・」


照月「うぅん・・・」


不知火「このっ!このっ!」モミモミ


陸奥「ちょっ、何するのよ不知火!」


武蔵「落ち着け不知火!くそっ、手が塞がれてなければ・・・」


照月「あっ、て、ていとくぅ、らめぇ・・・///」








↓1 どうなる?

890: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 00:19:50.15 ID:8Fu2AhrK0
陸奥救出の意味も含めて、時雨868

892: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:23:26.39 ID:SiItb9Fpo



提督「こら、不知火!いい加減にしろ!」


不知火「うぅ・・・」


陸奥「はぁ・・・不知火にも困ったものね」


リットリオ「まぁまぁ、お酒の席なんですから♪」


時雨「陸奥。気分転換につまみでも作らない?」


隼鷹「お!つまみ作ってくれるの!?」


那智「おぉ、それはありがたい!」


陸奥「そうね・・・いいわよ。やりましょう」








↓1 どうなる?

893: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 00:25:00.24 ID:0n24M+XM0
比叡が使ったあとのキッチンだということを忘れていたが現実を目の当たりにし、固まる

894: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:27:34.39 ID:SiItb9Fpo



照月も加えますん





時雨「・・・こ、これは」


陸奥「比叡ったら・・・どんな使い方すればこんなになるのよ・・・」


照月「二人共~、照月もてつだ・・・うひゃあ!?」


時雨「あ、照月。もういいのかい?」


照月「うん!照月、あまり話す機会ないし、二人はお嫁さん仲間だから!」


陸奥「ふふっ、ありがと。なら、皆で片付けから始めましょうか」







↓1 片付け中、どうする?どうなる?

895: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 00:29:26.91 ID:Q0ARpCk50
誰も倒れる事なく無事に完了

896: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:32:03.07 ID:SiItb9Fpo




照月「~~~♪」


照月「よし、きれいになったよ!」


時雨「ありがとう。これで使えるようにはなったかな」


陸奥「じゃあ時雨。つまみのメニューは貴女に任せるわ。私よりずっと上手いもの」


照月「照月も時雨さんに任せます!」


時雨「わかったよ。じゃあ・・・」







↓1 おつまみ調理中、どうなる?

897: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 00:34:50.14 ID:ZnBXCH5W0
提督が酔ったの那智と高翌雄に拉致された

898: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:37:35.78 ID:SiItb9Fpo



時雨「・・・よし、照月。醤油取って」


照月「うん、はい!」


時雨「ありがとう・・・」


ガララッ…


大潮「あのー、司令官見ませんでしたー?」


陸奥「え?厨房には来てないわよ?」


大潮「そうなんですか?おかしいなー、姿が見えないんですよー」


照月「さっきまで那智さんや高雄さんと飲んでたと思うけど・・・」


時雨「・・・まさか、その二人に連れて行かれたとか?」


陸奥「・・・もし、そうだとしたら」








↓1 どうする?どうなる?

拉致されてる提督の状況でも構いません

899: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 00:39:13.51 ID:Q0ARpCk50
瑞鳳と武蔵、ウォースパイトが提督を連れ戻そうとしてた

900: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:43:00.60 ID:SiItb9Fpo


ウォス子も二番艦だったのか・・・





武蔵「そのことなら、私達に任せておけ」


照月「武蔵さんに、瑞鳳さん。ウォースパイトさんも・・・」


ウォースパイト「なぜ、私までこんなことに・・・」


瑞鳳「まぁまぁ、みんなと仲良くなるためだから!」


時雨「分かったよ、とりあえず提督のことはお願い」


陸奥「帰ってきたら、皆でおつまみ食べながら飲みましょう♪」








↓1 どうなる?

901: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 00:46:48.11 ID:0uThS9/A0
愛宕がぱんぱかぱーんちで高雄をKO

902: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:50:58.21 ID:SiItb9Fpo

あ・・・しまった

高雄を普通に二番艦として出してた!

二番艦は愛宕じゃないか!





【高雄の部屋】


提督「お、おい!那智、高雄!縄を解け!」


那智「くく、いいじゃないか提督・・・///」


高雄「そうですよ・・・それとも、私達のこと、お嫌いですか?///」


提督「好き嫌いはともかく、拉致して椅子に縛り付けるようなやつは嫌だ!」


高雄「もう、強情なんですから・・・///」


ガチャッ


愛宕「たーかーお♪」


高雄「あ、愛宕!?どうしてここに・・・」


愛宕「ぱんぱかぱーん♪」


高雄「ぐふっ!?」


バタッ…


那智「た、高雄!?」


提督「たすかったぁ・・・」







↓1 どうなる?

903: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 00:51:22.63 ID:Q0ARpCk50
提督「気を取り直してお待ちかねのビンゴ大会と行こうか。景品はこれだ!」

特賞:旅行のペアチケット(時雨と不知火は旅行フラグあるのでそれ以外)

A賞:間宮券20枚

B賞:スポーツセンター無料券

905: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 00:58:27.46 ID:SiItb9Fpo

【食堂】


提督「ひー・・・」


敷波「あ、おかえり」


隼鷹「おつまみできてるよ!提督も飲もうぜ!」


提督「あっと、その前に・・・ほら、ビンゴカード。配るの手伝ってくれ」


愛宕「あら、ビンゴなんてあるのねー」


天城「景品は何でしょうか・・・」


提督「ふふっ・・・特賞は旅行ペアチケットだ!」


ガタッ ガタガタッ!

 
「旅行・・・旅行さえ行ければ」


「私にもチャンスが・・・!」


提督「盛り上がってきたところで、ビンゴ大会始めるぞー」






↓5まで、ビンゴの当選者

コンマが大きい順に特賞、a賞、b賞です

特賞は時雨と不知火以外で

もちろん、二番艦限定でお願いします

913: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:00:58.26 ID:SiItb9Fpo




響「お・・・」


響「司令官、ビンゴしたよ」


提督「おー、特賞は響か!おめでとう!」


比叡「むむぅ、あと一歩だったのに・・・!」


武蔵「そううまくは行かないか・・・やれやれ」


提督「そういうなよ。ほら、a賞にb賞」


響(・・・これで私も、司令官と///)







※フラグに響が追加されました

旅行にいきます(どこに行くかは、また選ばれたときに)





↓1 どうする?どうなる?

そろそろ解散しても構いません

914: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:01:19.80 ID:ZnBXCH5W0
山城さん、進水日おめでとうございます

【食堂の外】
雷「響に先を越された...」
電「はわわ...」
暁「(ぷんすか)」

915: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:05:42.31 ID:SiItb9Fpo




【食堂の外】


雷「うそ、響ったら、ビンゴしちゃった・・・!」


雷「皆で一緒に北海道に行ったりしたのに・・・先、越されちゃった」


電「は、はわわ・・・!」


暁「むぅぅ~・・・なんで響だけぇ・・・!」


暁「暁だって司令官のこと好きなのに!司令官に好きって言ったのにぃ~!!」ジタバタジタバタ


雷「そうよ!だいいち、二番艦の会なんてずるいわ!すぐに三番艦の会と開いてもらわなきゃ!」








↓1 どうなる?

916: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:07:15.34 ID:Q0ARpCk50
解散と同時に食堂の外にいた艦娘達が一斉に提督の元へ押し寄せてくる

918: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:12:13.35 ID:SiItb9Fpo



提督「さて、と・・・飯も酒も尽きたし、これで二番艦の会は終わるか」


提督「武蔵、解散の音頭頼むわ」


武蔵「む、了解した・・・」


武蔵「今回、この会で各々交流を深められたと思う!ここで得た交流を忘れずに、各自精進するのだ!」


『おー!!』


武蔵「では、解散!」


ガチャッ


暁 雷「「しれいかーん!!」」ドドドド…

 
「「「ていとくー!!」」」


提督「お?う、うわぁ!?」


「なんで二番艦だけなの!?ずるい!」


「このあと飲み直しましょう!」


提督「ぐ、ぐるじい・・・」






時雨「・・・提督」






↓1 時雨はどうする?

提督を助けに行く?それとも川内のところに行く?

919: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:14:10.81 ID:ZGQLsmON0
神通と武蔵が血祭りにしている間に瑞鶴に連れられて無事脱出する提督

時雨は川内へ

921: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:16:08.45 ID:SiItb9Fpo



神通「いい加減にしなさいっ!」


武蔵「提督が迷惑しているだろう!」


ギャーギャー






時雨「・・・大丈夫みたい」


時雨「提督には川内の用が終わってからでも会えるし、まずは川内のところへ行こう・・・」








↓1 どうなる?

922: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:18:42.04 ID:0uThS9/A0
サイコロを渡される
川内:ごめん、大淀にばれた…

923: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:22:26.94 ID:SiItb9Fpo


【川内の部屋】


コンコン


時雨「来たよ、川内」


ガチャッ


川内「あ、ごめん時雨・・・来てくれて悪いんだけどさ」


川内「大淀に時雨誘ったことバレちゃってさ・・・今自宅謹慎中なの」


時雨「あ、そうなんだ・・・」


川内「うん、まあ調子乗りすぎたよ・・・」









↓1 どうする?どうなる?

924: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:24:33.20 ID:ZnBXCH5W0
提督のもとへ

926: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:28:56.21 ID:SiItb9Fpo



時雨「・・・すること、なくなっちゃった」


時雨「それじゃ、提督のところに行こうか・・・多分、まだ食堂にいるんじゃないかな?」


時雨「・・・提督♥」


時雨「ふふ、ドキドキしてきた・・・♥早く会いたいな、提督♥」








↓1 提督はまだ食堂にいた?

それとも、瑞鶴に釣れられて移動していた?

927: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:30:14.35 ID:ZGQLsmON0
瑞鶴と一緒に正規空母寮の飲み会に参加中

931: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:33:39.20 ID:SiItb9Fpo


【食堂】


時雨「ていと・・・あれ?」


提督「んー?お、時雨か」


時雨「提督、まだここにいたんだ・・・また飲んでるの?」


提督「さっきは禄に飲めなかったからな。飲み直してるんだよ」


葛城「時雨ちゃんもどう?ジュース持ってくるよ」


時雨「うん、じゃあ・・・僕も加わるよ」


天城「ええ、どうぞ♪」










↓1 どうなる?

932: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:36:42.45 ID:8Fu2AhrK0
容姿の褒めあいから、話題が雲龍型の衣装の話に

933: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:42:53.64 ID:SiItb9Fpo



時雨「・・・」


雲龍「ここはいいわね。加賀さんや赤城さん達がいるおかげで、いつも以上に訓練が身にしみるわ」


加賀「私もよ。育てがいのある後輩が増えるのは、嬉しいし」


瑞鶴「それ、私が未熟ってこと?加賀さん・・・」


天城「まぁまぁ・・・それにしても、加賀さんは以前よりも凛々しくなられましたね」


加賀「ふっ・・・私にも、守るものが出来たからかしら」


蒼龍「そういう天城たちも、前にあったときより凛々しくなったよ!服は・・・うん」


翔鶴「改装前は、そんな露出の高い服ではなかったわよね・・・」


雲龍「そうね。これは少し・・・困るわ」


提督「・・・」








↓1 どうなる?

934: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:44:23.97 ID:ZnBXCH5W0
加賀さん、脱ぎ上戸
加賀「ここは譲れません(露出度)」

937: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:50:03.06 ID:SiItb9Fpo



雲龍「・・・ちょっと、何見てるのよ?///」


提督「え?い、いやぁ・・・」


時雨「・・・提督?」


提督「わ、悪かったって・・・」


加賀「・・・」


加賀「提督、提督・・・」チョンチョン


提督「ん、な、何だ加賀・・・」


加賀「ここは、譲れません///」ヌギッ


飛龍「! か、加賀ストップ!」


加賀「ん~・・・///」ヌギヌギ…


時雨(・・・やっぱり、加賀くらいになるとすごいな)








↓1 どうなる?

938: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:51:28.28 ID:8Fu2AhrK0
蒼龍も負けじと魅惑的に脱いで提督目が離せなくなる

940: ◆I045Kc4ns6 2016/11/03(木) 23:56:46.45 ID:SiItb9Fpo


雲龍「・・・///」


天城「あ、ね、姉様?どうしました・・・?」


雲龍「・・・私のも、すごいわよ///」プチプチッ…


提督「えっ!?」


天城「な、何をしてるんですか姉様っ!///」


提督(や、やっぱりすご・・・///)


蒼龍「・・・///」


ムニュ…


蒼龍「ほ、ほら、提督・・・私の胸、好きでしたよね・・・///」


蒼龍「ほーら、●●●●ですよ~・・・///」ムニムニ…


提督「」






↓1 どうなる?

941: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/03(木) 23:58:29.70 ID:ZGQLsmON0
風紀を乱す酔っ払い喰う慕に翔鶴姉が鉄血制裁!
ついでに瑞鶴と大鳳が提督を鉄血制裁!(理由は言うまでもなくおっぱ…)

942: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:02:54.74 ID:4kIUL7R2o



翔鶴「も、もうっ!いい加減にしてくださいっ!///」


翔鶴「いくらお酒の席でも、やっていいことと悪いことがあります!///」


蒼龍「は、は~い・・・///」←何だかんだ恥ずかしかった


翔鶴「ほら、加賀さんも雲龍も水飲んで・・・」






提督(・・・大きくて、柔らかくて、暖かい・・・)


提督(・・・)


瑞鶴「お兄ちゃーん・・・?」


大鳳「ていとく・・・?」


提督「!? ちょっ、待っ・・・」


ドカッ ドカッ バキッ!


時雨(・・・僕くらいの胸が、提督は一番好きなんだよね)ムニムニ…








↓1 どうなる?

943: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:04:13.71 ID:a88T5Ijk0
時雨、さりげなく提督を保健室(自室)にお持ち帰り

945: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:06:53.87 ID:4kIUL7R2o



提督「ぐふぅ・・・」


瑞鶴「ふんっ!お兄ちゃんのバカッ!」


大鳳「提督のそういうところ、好きじゃないです!」


時雨「・・・大丈夫?提督」


提督「う~ん・・・」


翔鶴「時雨、提督のこと任せていい?」


時雨「うん、任せて。よいしょ・・・」











↓1 自室へ移送中、どうなる?

946: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:07:35.94 ID:6ssqS0Nh0
時雨の部屋には夕立が待ち構えていた

947: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:12:19.42 ID:4kIUL7R2o



提督「うぅ・・・」


時雨「ふぅ・・・提督は思いや。大丈夫?」


時雨「ベッドで休ませてあげないと・・・その後は、ふふ♪」


「おっそーい!っぽい!」


時雨「あれ?夕立・・・?僕の部屋の前で何してるのさ」


夕立「何って、時雨お姉ちゃんと提督さんを待ってたっぽい!」


時雨「はぁ・・・」








↓1 どうする?どうなる?

948: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:12:37.10 ID:a88T5Ijk0
お 待 だ ぜ
春雨「提督の匂いがする...」

949: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:16:55.39 ID:4kIUL7R2o



時雨「夕立、まさか・・・」


夕立「うん!そのまさかっぽい!」


時雨「・・・はぁ」


「くんくん、司令官の匂いがする・・・♥」


時雨「この声は・・・」


春雨「あ、時雨姉さんに夕立姉さん。そして・・・えへへ、司令官♥」


時雨「春雨まで来ちゃったか・・・」


夕立「えへへ~、独り占めはだめっぽい!」








↓1 どうする?どうなる?

950: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:18:04.10 ID:RCGBRDEq0
白露「かわいい時雨のためにお姉ちゃん一肌脱いであげる!」
村雨「村雨のちょっといいとこ見せてあげる!これは貸しだからね♪」

夕立・春雨を気絶させて連れ帰る

952: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:21:10.92 ID:4kIUL7R2o



時雨「う、でも・・・」


春雨「しれいかん、しれいかん♥」


夕立「えへへ、っぽい~♥」


「てやっ!」


ドスッ…   バタッ


時雨「あ・・・ふ、ふたりとも」


白露「しょうがないなぁ時雨は!可愛い妹のために、お姉ちゃんが一肌脱いだげる!」


村雨「言っとくけど、これは貸しだからね?後で私にもチャンスちょうだいね?」


時雨「うん、分かったよ・・・ありがとう」










↓1 二人きりになったところで

どうする?どうなる?

953: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:23:05.83 ID:Hoh353oA0
夜戦

955: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:27:33.38 ID:4kIUL7R2o



ムードを楽しみたいドーテーなので・・・下にずらします





【時雨の部屋】


提督「ん・・・」


時雨「・・・よしよし」ナデナデ…


時雨「僕は本当に、君のことになると暴走しちゃうな・・・それだけ、提督に夢中ってことなんだろうね」


時雨「・・・僕は、まだここにいていいのかな・・・なんてね」


提督(・・・これは、時雨の膝枕、か?)


提督(瑞鶴たちにボコボコにされて、時雨が運んできてくれたのか・・・)


提督(・・・心地良いなぁ)








↓1 どうする?どうなる?

956: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:29:30.05 ID:6ssqS0Nh0
提督覚醒

957: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:31:44.64 ID:4kIUL7R2o



提督(・・・でも、あまり寝たフリも悪いよな)


提督「・・・」パチッ…


時雨「あ、起きたんだ。提督」


提督「ああ。時雨か?ここまで運んできてくれたのは・・・」


時雨「うん・・・僕の部屋で、二人きり、だよ」

 
提督「・・・そうか」









↓1 どうする?どうなる?

958: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:32:39.02 ID:a88T5Ijk0
時雨、提督の指を●●る

959: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:36:31.56 ID:4kIUL7R2o



提督「時雨・・・」スッ…


時雨「んっ・・・」


ナデナデ…


提督「可愛いな、お前は・・・」


時雨「ん・・・提督、ちょっといいかな?」


提督「うん・・・?」


時雨「ちゅっ・・・」


時雨「んちゅっ、ちゅぱっ・・・んんっ♥」


提督「時雨・・・」







↓1 どうなる?

960: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:36:56.63 ID:RCGBRDEq0
~屋根裏~

提督監視隊のみなさん「うわー●●●ね!///」

962: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:42:59.02 ID:4kIUL7R2o



時雨「ちゅっ、ん、てーとく、きもちいい?///」


提督「ああ・・・」


時雨「♥ えへへ♥」







【屋根裏】


夜戦忍者「・・・突然指●●始めた時はどうかと思ったけど」


ウス=異本「いや、●●●わ~・・・」


ワレアオバ「顔真っ赤で、音立てて●●るなんて・・・///」


変態工作艦「まるでアレ●●てるみたいですよ!あれ!」







↓1 どうなる?

963: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:43:57.15 ID:6ssqS0Nh0
夜戦

966: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:47:33.10 ID:Y35EtDWNO



時雨「ちゅぱっ・・・はぁ、ん♥」


提督「そんなに俺の指、美味かったのか?」


時雨「うん、美味しかったよ・・・♥」


提督「そうか・・・じゃあ、次は俺の番だな」


時雨「うん・・・♥僕、提督になら何をされてもいいよ♥」


時雨「僕の全部、提督にあげる・・・♥」







↓3までで多数決

キンクリする?しない?

971: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:52:15.77 ID:4kIUL7R2o



時雨「ふぁぁ・・・♥あっ♥」


提督「・・・ふぅ」


時雨「っ、相変わらず、ん♥・・・すごいね、提督は♥」


時雨「もう、僕のお腹の中、いっぱいになっちゃった・・・♥」


提督(・・・そういえば、時雨は子供について、何も言わないな)


提督(・・・聞いてみるか)









↓1 時雨は子供に関して、どう思ってる?

972: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 00:54:15.43 ID:a88T5Ijk0
時雨が答える前に
監視隊のみなさん、落ちる

973: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 00:58:12.57 ID:4kIUL7R2o


時雨「え?子供・・・?」


時雨「・・・僕は」


「ちょっ、押さないでよ!壊れる、壊れる!」


「だってもっと見たい・・・うわっ!?」


ドシンッ!


提督「っ、な、なんだなんだ!?」


川内「いてててて・・・」


秋雲「だから押さないでって・・・あ!」


時雨「・・・」


提督「・・・」


青葉「こ、これは、その・・・」






↓1 どうする?どうなる?

975: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 01:02:24.27 ID:4kIUL7R2o



時雨「・・・はぁ」


時雨「今は怒らないから、出ていって。せっかくいい気分だったのに・・・」


明石「あ、あはははは・・・ごめんなさい・・・」


バタンッ


提督「・・・あいつらにも困ったもんだ」


時雨「うん・・・それで、提督。子供だけど」


時雨「今はいらないよ。僕もまだ子供だからね・・・まだ二人きりでいたい」


時雨「でも、いつかは・・・うん、欲しいよ。赤ちゃん」


提督「そ、そうか・・・じゃあ、●●するか?」


時雨「ん、それは嫌・・・かな」







↓1 どうする?どうなる?


976: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 01:06:37.84 ID:a88T5Ijk0
今回のオチ?

提督、春雨の話を思い出す
提督「時雨、駆逐棲姫の誕生日はいつ?」
時雨「三ヶ月前」
提督「」

977: ◆I045Kc4ns6 2016/11/04(金) 01:09:53.23 ID:4kIUL7R2o

提督(あ、そうだ・・・子供といえば)


提督「前に来ていた駆逐棲姫の誕生日、知ってるか?」


時雨「春雨の娘の?確か、8月じゃなかったかな・・・」


提督「」


時雨「・・・どうしたの?」


提督「い、いや・・・まあ、なるようになるだろ」


時雨「うん、そうだよ。それにね・・・」


時雨「僕がずっと、側にいるよ。提督♥」







時雨編 完



↓5分後に最も近いレス

次の主役安価

979: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 01:14:53.14 ID:RCGBRDEq0
川内


次回 【安価】提督「提督として生きること」【艦これ】その7 前編