1: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:39:09.93 ID:Fkt1CpLLo

いろは「やちよさん、はい、あ~ん」

やちよ「あ~ん、ぱくっ」

いろは「ど、どうでしょうか私の料理は・・・? 味が薄いってよく言われますけど・・・」

やちよ「とてもおいしいわよ。ういちゃんを想ってこの味付けなんでしょう? いろはらしいやさしさが感じられて、私はとても好きよ」

いろは「ありがとうございます・・・・////」テレテレ

やちよ「私の料理もどうぞ。はい、あ~ん」

いろは「あ~ん////」



レナ「・・・・・・・・・」











SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1555828749

引用元: やちいろ「イチャイチャ」 水波レナ「・・・・・・・・・」 



2: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:41:56.05 ID:Fkt1CpLL0

レナ「・・・・・ねえ、かえで」

かえで「どうしたの?」

レナ「えと・・・。よ、よかったら・・・レナのプリン、ちょっと食べる・・・?」

かえで「えっ、えぇ・・・。レナちゃん、また私の事病院送りにするつもり?」

レナ「はあ?! 何言ってんの?!」

かえで「ふゆっ?!」ビクッ

レナ「このプリンはちゃんと新鮮卵を使った新鮮プリンよ! いつまでそのネタひっぱるつもり!? アンタってほんっっとネチっこいわよね!? そんなんだからかえではいつまで経ってもかえでなのよ! アンタはレナの下僕なんだからもっと下僕らしくご主人様の施しに涙するくらいできないわけ?!」

かえで「だってぇ・・・・」

レナ「ふーっ・・・! ふーっ・・・!」イライラ


ももこ「んー・・・? はっはーん、なるほどねえ」

レナ「なによっ」

ももこ「なあ、レナ。アタシ、今ちょうどプリンが食べたい気分なんだよ。アタシにはくれないのか?」

レナ「えっ、あっ、い、いや、別にいいけど・・・」

ももこ「そんじゃ、ちょーだい。あ~」

レナ「あっ・・・・」

ももこ「なんだよ、くれるんだろ? 食べさせてよ。あ~ん」

レナ「あっ、う、うん・・・。あ、あ~ん・・・」

ももこ「パクッ」

かえで「ももこちゃん・・・・? 大丈夫・・・・?」

ももこ「んっ、あの時と違ってほんのりとした甘さだけで、少しの酸味はないから、普通においしいプリンだな。ありがと、レナ」

レナ「ふ、ふんっ。当然よっ」


ももこ「かえでももらったら?」

かえで「えっ?!」

レナ「・・・・・・」

ももこ「大丈夫だって、本当においしいプリンだから」

かえで「そ、そう・・・? じゃあ、ちょっともらおうかな。レナちゃん、いい?」

レナ「い、いいわよ・・・。は、はい、あ、あ~ん・・・」

かえで「あ~ん、パクッ」

レナ「ど、どうよ・・・・?」

かえで「うんっ! おいしい!」

ももこ「だろぉ?」

かえで「レナちゃんありがとうっ!」ニコッ

レナ「そうっ、分かればいいのよ、分かれば」


レナ「・・・・・・///」







3: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:43:17.28 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------



こころ「まさら、映画面白かったね!」

まさら「面白かったの? 私にはよく分からなかったわ」

こころ「もー。寝ないでちゃんと見てたの?」

まさら「見てたわよ。本当に何が面白いのか分からなかったの。でも、私も面白いと感じたい。だから、あなたが面白いと思った理由を教えて欲しいのだけれど、いい?」

こころ「それはもちろん! いくらでも説明するよ! まず何と言っても一番 キュン!/// ってなったのが、あのキスシーンだよねー」

まさら「きゅん・・・?」

まさら「・・・・・」スッ スッ

こころ「クールなヒロインがおせっかい焼きの主人公にだんだんと心惹かれていってからのあのシーンは・・・って、まさら何してるの?」

まさら「その、きゅん なるものが何か分からないから辞書で調べようと思って」

こころ「いやいや?! それって調べるとかそういうんじゃないよ!」

まさら「そうなの? ますます分からないわ・・・」

こころ「そっからかー・・・。えと、まずね、ヒロインの子は、最初のうちは主人公に全く興味がなかったよね?」

まさら「そうね。そこまでは分かるわ」

こころ「だけど主人公の方はね、自分の身を大切にしないヒロインの子のことを危なっかしく思って放っておけないの」

まさら「どうして?」

こころ「そういう性格だから! そうやって二人は同じ時間を過ごすうちに、ヒロインの子にとって主人公はかけがえのない存在となっていって―――」

まさら「あっ、ちょっと、ちゃんと前を向いて歩いた方がいいわよ。何かに躓いたら危ない」

こころ「いーや! まさらが分かってくれるまでしっかり説明を―――・・・・あっ!」コケッ

まさら「!」ガシッ グイッ

こころ「わあっ?!」フラッ



   ・・・・・・・ほっぺに ちゅ☆



まさら「?!」

こころ「・・・・あっ!///」

まさら「・・・・・・・・・」

こころ「ごっ、ごごごごめんっ!/// あ、当たっちゃった・・・!」

まさら「・・・・・・・・・」

こころ「本当にごめんねっ! ちゃんと前向いて歩くね・・・」

まさら「・・・・・・・・・」

こころ「えっと・・・。どこまで説明したっけ・・・? えーと・・・。あ、あれ、なんだか顔が熱い、なあ/// あははっ、なんでだろう///」 手で顔をパタパタ




4: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:45:10.26 ID:Fkt1CpLL0

まさら「・・・・・・・・・少し、いいかしら」

こころ「ははいっ?!」

まさら「あなたがさっき言っていた きゅん って、それは物の名前や音の表現の事ではなく、ある種の胸の高鳴りを感じる現象の事を言うの?」

こころ「う、うーん・・・・。多分、だいたいそんな感じ・・・かな?」

まさら「そう・・・。やっぱりそうなのね・・・これが きゅん ・・・・」

こころ「まさら?」

まさら「お願いがあるわ。さっきみたいに、あなたの唇をもう一度私の顔に当ててもらえる?」

こころ「・・・・ん? ・・・・・んんっ?!////」

まさら「さっきのあの瞬間。確かに私は胸の高鳴りのようなものを感じたわ。それは魔女と戦っているときとも違うもの。興奮と同時に、その中にどこか心地よさを感じた。それに、体温が上がるのも感じた。まるで私の中の氷が溶けていくような感覚。初めてよこんなの。少しとまどっている」

こころ「そ、そうなんだ・・・・///」

まさら「だから、今まで知らなかったこの感覚が薄れてしまう前に、しっかりと確かめるために、もう一度、あなたの唇を私の顔に当てて欲しい」

こころ「ううっ/// で、でも・・・///」

まさら「何をためらっているの? 簡単な行為よね。あっ、もしかして私、何か気に障るようなお願いをしている?」

こころ「そういうわけでもないけど・・・」

まさら「であれば、お願い。必要なら、お金も出すから」

こころ「いらないよ!」

まさら「では、どうしたらしてくれる? このことは私にとってとても深刻なの。なぜなら、あなたがもたらしてくれる きゅん は私にとって色のない世界に差し込んだ一筋の光なのだから。少しでもその光の暖かさを知ってしまったら、また色のない日々には戻れそうにはない。がむしゃらに光を求められずにはいられない」

こころ「まさら・・・////」

まさら「ごめんなさい。私もそろそろなりふり構っていられないみたい。強く抵抗しないなら、私はこのままあなたを。・・・・・・いい? こころ」ズイッ

こころ「はわっ/// そんなに迫られたら、私、私・・・・////」ドキドキ






レナ「・・・・・・・・・」







5: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:46:27.24 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------
学校



レナ「・・・・・ねえ。ももこ」

ももこ「おー、どしたー?」

レナ「ちょっと話があるの。そっちに行っていい?」

ももこ「いいけど。なんだよレナ。いちいち聞いてくるなんて、やけにおしとやかだな。いつもはアタシの都合なんかお構いなしにグイグイくるのに」

レナ「はあ?! レナそんなに図々しい奴じゃないでしょ!」

ももこ「ウソウソ。冗談だって。で、なにさ話ってのは」

レナ「んっ。今そっちに行くから」テクテク



レナ(ここでおもむろにこける・・・・!)

レナ「あっ・・・!」コケッ


ももこ「おっ?」


レナ(そしてももこのほっぺたに―――)チラッ


ももこ「?」


レナ(・・・・ああっ! やっぱり無理! 恥ずかしい!)フイッ






6: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:47:45.10 ID:Fkt1CpLL0

ももこ「よっ、と」抱きとめ

レナ「わふっ」ポスッ

ももこ「おいおい。どうしたいきなりふらついて」

レナ「あっ・・・うっ・・・ご、ごめん。ありがと・・・」

ももこ「どっか体の調子悪い?」

レナ「大丈夫だから・・・」

ももこ「一応保健室行くか。抱っこすんぞ」ヒョイ

レナ「はあっ?!/// ちょ! ちょっとやめてよ! 本当に大丈夫だから!」ジタバタ

ももこ「ははっ、暴れたって無駄無駄。アタシの腕っぷしの強さは知ってんだろぉ?」

レナ「そういうこと言ってんじゃないの! レナ歩けるから!」

ももこ「いーや、ダメだ。また足がふらついて転んだりしたりしたら大変だからな。このまま保健室に行く」

レナ「だから・・・!」


クラスメイト「おっ! なになに、ももこ、後輩の子をお持ち帰りしてるの?!」

ももこ「いやいやなんだよそりゃ。この子体調悪いみたいだから保健室まで連れて行くだけだって」

クラスメイト「そうだったんだ。そうやって女の子をお姫様抱っこするなんて、まるで王子様だね! さすがももこ! かっこいー!」

ももこ「ははっ、そりゃどうも」


レナ「・・・・・・」

レナ「ももこ・・・・・」

ももこ「んー?」

レナ「男扱いされるの嫌なんでしょ? それなのにこういうことばっかりしてたら、余計に男みたいに思われるんじゃないの?」

ももこ「そうかもな。でもいいさ。誰になんと思われてもね。レナのためならなっ!」ニッ

レナ「そ、そう・・・・・」


レナ「・・・・・・///」







7: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:49:40.08 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------



梨花「ねえねえ、みゃこせんっぱーい。そんな小難しい本ばっか読んでないでさー。遊ぼうよー」ギュウ

ひなの「ああもう、邪魔するな」

梨花「ねえってばー」ギュウ

ひなの「・・・・・・」

梨花「まあ、いっか。たまにはこのままおとなしくしてよっかな」ギュウ

ひなの「・・・・あ、あのな、梨花?」

梨花「んー?」ギュウ

ひなの「お前・・・なんというか・・・最近、近くないか?」

梨花「近いって何が? おトイレ? まーねー。4月とはいえ寒い日が続いているから」ギュウ

ひなの「そうじゃなくてだな・・・。ほら、これだよこれ。梨花、今何を抱きかかえている?」

梨花「何って? みゃこ先輩の腕だけど?」ギュウ

ひなの「あ、ああ、そうだよな。最近ずっとだよな・・・。なんで?」

梨花「なんでって言われても。わたしがみゃこ先輩にくっつきたいから?」

ひなの「なんでくっつきたいんだよ・・・。恋人同士ならいざ知らず・・・。梨花、アタシのことタイプじゃないって言ってたよな?」

梨花「そうだけどー。なーんていうのかなー。みゃこ先輩ってさー、ちっちゃくてー、かわいくってー、ヤバくってー」

ひなの「お前なァ・・・!」

梨花「親しみやすくって、なにより体はちっちゃいくせいに器はでっかくて頼りになってさ」

ひなの「お、おう・・・」

梨花「そんなみゃこ先輩のでっけー器に包まれているのが、居心地がよくって、落ち着くっていうか」

ひなの「お、おい・・・。そんなこっ恥ずかしいこと面と向かって言うか普通・・・」

梨花「それともみゃこ先輩はわたしにくっつかれのが嫌なの? 失恋したばっかりで心寂しいわたしを冷たく突っぱねるの?」

ひなの「あーあー、分かった分かった・・・好きにしてくれ・・・」

梨花「はーい。好きにしまーす。えへへっ、失恋した女同士、仲良く慰めあおうねっ!」

ひなの「変な言い回しをするな!」

梨花「あっ」ブルッ

ひなの「?」

梨花「みゃこせんぱーいおしっこ~」

ひなの「アタシはおしっこじゃない! 待っててやるからひとりで行け!」

梨花「や~だ~」グイグイッ






レナ「・・・・・・・・・」







8: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:50:57.61 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------
学校



レナ「・・・・・・」イライラ

レナ「・・・・・・」イライラ

レナ「・・・・・遅い」イライラ



   < でさでさっ! ちょっち見てみっコレっ! ヤバイからっ!

   < はい?



レナ「!」



  衣美里「見てよこの写真! マジでクシャミする1秒前のみゃーこ先輩の顔写真! どうどう? すんげーヤバくないコレ?」
 
  れん「わっ、わぁ・・・。は、はい・・・確かに・・・はい・・・す、すごいですね・・・はぃ・・・」

  衣美里「だしょだしょ!? この人セクシー系目指している嫁入り前の娘っ子だかんね?! なのにこの顔はもうホンットヤバイっって! ちょーウケるよね! れんぱすもこんな写真撮られたいよねっ!」ピース

  れん「いいえ」



レナ「・・・・・・」

レナ「・・・・はぁ」

レナ「・・・・・・・・」 ...イライラ


 < タッタッタッタッ


レナ「!」

かえで「はぁっ、ひぃっ・・・レナちゃん! よかったあ、まだ帰ってなかった・・・はぁっ、はぁっ」

レナ「やっと来た! 遅い! いつまで待たせんの?! 時間を決めた待ち合わせにこんなに遅れるとか信じられない! 遅れた理由を言いなさいよ理由を! くっだらない理由だったらレナ怒るから!」

かえで「ごめんなさい・・・。あのね・・・ウサギさんがお外に逃げちゃって・・・追いかけていたりしたら、こっちに来るのが遅くなって、それでもなんとかこっちには急いで走ってきたんだけど、先生に見つかって廊下は走るなって怒られて、遅れちゃった・・・。ごめんなさい・・・・」

レナ「言い訳なんか聞いてない! のろまなアンタのせいでお気に入りのお菓子は食べきっちゃったし! 携帯の充電がギリギリになっちゃったし! やっと来たかと思ったら別の人が通り過ぎるだけで期待はずれで思わずため息が出ちゃうし! かえでに何かあったのか心配になっちゃうし、レナのことなんて忘れて先に帰っちゃったのかと思って不安になっちゃうし、だいたいねえっ、廊下を走るなって言われたのにさっきまで息切らして走ってなかった?! あの廊下この前ワックスがけしたばっかりなんだから滑って転んでケガでもしたらどうすんの! 危ないじゃない! それにウサギに逃げられて困っていたのならレナに捕まえるの手伝ってって頼んだりとか、そんな機転も効かせられないなんてなんでかえではそんなにどんくさいの?!」

かえで「ごめんふゆ・・・・」

レナ「はあ!? いつまでもウジウジ謝ってんじゃないわよ! このいくじなし!」

かえで「えぇ・・・。どうすればいいのお・・・?」

レナ「もういい! さっさと帰るわよ!」

かえで「う、うん」


レナ「・・・・・・・・あっ」ピタッ

かえで「レナちゃん?」



9: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:52:06.73 ID:Fkt1CpLL0

レナ(そ、そうだ・・・。ここでおもむろにかえでの腕を抱きかかえて・・・・)スッ...

かえで「どうしたのレナちゃん? 帰らないの?」


レナ(かえでの腕を・・・・)

かえで「?」

レナ(腕を抱き・・・・ううっ・・・! やっぱり無理! 恥ずかしい!) かえでの手を握り

かえで「レナちゃん?」

レナ「・・・ほ、ほら、行くわよ!」スタスタ

かえで「わっ? だいじょーぶだよレナちゃん。そんなにひっぱらなくても」

レナ「ウサギを追いかけまわしてこっちに来るのにも走ってきて疲れてるんでしょ! 別にかえでの手なんて握りたくもないけど、疲れた足で転んだりされたらレナが迷惑だから、そうならないよう手を引いてあげるって言ってるの! 感謝くらいしなさいよっ!」

かえで「そうなんだ。いつもありがとうレナちゃん」ニコッ

レナ「ふんっ・・・・」


レナ「・・・・・・///」







10: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:53:13.56 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------



かりん「・・・・・♪」カキカキ

かりん「・・・・・♪」カキカキ


かりん「・・・よしっ! できたの!」

アリナ「なにができたワケ?」

かりん「わあ?! 先輩?! 今日はここに来ないんじゃ・・・」

アリナ「別に、アリナがいつどこにいようがアリナの勝手なんですケド。それより今、絵、描いていたヨネ? なのになんで隠しているワケ?」

かりん「えっと・・・これは・・・。な、なんでもないの!」

アリナ「ハァ? なんでもない? 外から見たら、アナタ、ハイテンションで絵を描いていたように見えたケド?」

かりん「そ、そうなの・・・? で、でも、この絵は本当になんでもなくて・・・」

アリナ「なんでもないかどうかはアリナがジャッジするカラ。見せて」

かりん「だ、ダメッ! この絵は・・・ダメなの!」

アリナ「ホワイ?」

かりん「これは・・・そのぉ、えーと・・・ダメダメでゴミな絵だから・・・人に見られる価値もないというか・・・あはは・・・」

アリナ「だったら、なおさらアリナが見るべきだヨネ。この世に残す価値のないゴミはそれ相応の処理をしないといけないワケ。例えばアナタは腐った卵をいつまでも大事に持っておく? しないヨネ? それがアリナに美術をダイレクトにティーチしてもらっている人間の絵なら尚更。だからハイドすればいいってもんじゃないの。アンダースタン?」

かりん「あう・・・で、でもぉ・・・・」

アリナ「ハァ・・・。フールガールは痛い目を見ないと分からないほど、フールなワケ?」

かりん「そんなぁ・・・。ううっ・・・。」

アリナ「アリナが見せろって言ってるの。ねえ・・・! 聞いてる・・・!? 御園かりん!!!」

かりん「はいぃぃ! どうぞ見てくださいなのっ」スッ



11: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:55:36.59 ID:Fkt1CpLL0

アリナ「どれ・・・・。ハアッ? なにこの絵?」

かりん「えと・・・。わたしとアリナ先輩が2人で一緒に同じ絵を描いている・・・絵、なの・・・」

アリナ「そんなの見れば分かるんですケド」

かりん「えへへ。一目で何の絵か分かってくれるほどには、わたしの絵も上手に―――」

アリナ「アリナが聞いているのは、どうしてこれを描いたかってことなんですケド?」

かりん「あっ、えっと・・・。アリナ先輩ともっと仲良くなりたいって思いながら、描いた、おまじないようのような・・・お守りのような・・・そんな絵なの・・・・」

アリナ「・・・・・・」

かりな「アリナ先輩が楽しそうに笑っているところは見たことがないから、その絵のアリナ先輩の笑顔はわたしの想像だけど・・・・」

アリナ「・・・・・・」

かりん「あ、あの・・・?」ビクビク


アリナ「・・・・・仲良くりたいって?」

かりん「えっ? う、うん・・・」

アリナ「誰と?」

かりん「アリナ先輩と」

アリナ「誰が?」

かりん「わたし」

アリナ「どうして? どうしてそんなことを思うワケ?」


かりん「だって」

かりん「アリナ先輩は誰も寄せ付けない雰囲気があるけど、わたしのことは部室から追い出さないで一緒に居てくれるし」

かりん「いつも忙しいと言いつつちゃんとわたしに絵を教えてくれるし」

かりん「興味がないと言いつつわたしが勧めた漫画は読んでくれるし」

かりん「友達のいないわたしにとってアリナ先輩は一番身近な人」

かりん「だから我はもっとそんなアリナ先輩と親交を深めたい所存なのだ!」 怪盗声

アリナ「・・・・・・・・・・」

かりん「なの・・・・」

アリナ「・・・・・・・・・・」

かりん「そ、それで、ど、どう・・・なの・・・? アリナ先輩・・・わたしの絵は・・・。せめて破くのだけは・・・」

アリナ「どうって。こんなの、可もなく不可もなく―――」

かりん「やった! また不可じゃないって言われたの!」

アリナ「美術館で展示すべきなんですケド」

かりん「えっ・・・?!」

アリナ「この絵、もう完成してるんだヨネ? 定着液はもう吹きかけた? そしたらあの額に・・・いや、あんなチープな額じゃダメ。オーケー、美術館にコンタクトしてマシな額を持ってこさせるカラ」ピッ

かりん「わっ、ま、待って! 待ってなの!」

アリナ「ホワイ? ああ、報酬が欲しいワケ? じゃ、これでも飲めば」コト

かりん「あっ、それ、いつも先輩に飲まれているわたしのイチゴ牛乳」

アリナ「ハァ? これじゃ足りないの? グリード・・・。それじゃこれも追加してアゲル」トンッ

かりん「わっ、今度は1リットルパックのイチゴ牛乳だ・・・」

アリナ「飲み物だけじゃ足りないって? メンドクサ・・・。もうそのまんまのイチゴでも食べてれば?」ドンッ

かりん「わっ、わっ、なんかさっきから結界みたいなのから色々出てくるの。あっ! この、卵くらいに大きなイチゴ、美人姫っていうすごく高いイチゴだったような・・・」

アリナ「そんなに口に入れたら、フールガールじゃなくてファットガールになっちゃうと思うんですケド。まっ、そんなことどうでもいいか。それより美術館に」


12: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:57:12.98 ID:Fkt1CpLL0

かりん「それ! それは待って!」

アリナ「ハァ・・・。今度は何が欲しいワケ? マネー? ゴールド?」

かりん「そうじゃないの・・・。アリナ先輩にそこまで言ってもらえて、本当にうれしいんだけど・・・。でも、この絵はそういうつもりで描いた絵じゃないの・・・」

アリナ「ホワッツ? アナタは多くのオーディエンスに自分の絵を見てもらいたくて美術をラーンしていたんだヨネ? そのチャンスをアナタは踏みつぶすの?」

かりん「そうだけど・・・。でも、その絵はさっきも言った通り、お守りみたいなものなの・・・。お守りはあんまり中身をジロジロ人に見せるものじゃないの・・・。だから、わたしだけの秘密に・・・。あっ、でも、アリナ先輩には見られたから、できればわたしとアリナ先輩だけの秘密にしたくて・・・」

アリナ「フーン・・・」

かりん「あっ! ごめんなさい! わたしなんかがアリナ先輩に口答えするなんて! 大丈夫なの! 美術館に持っていくの!」

アリナ「いや・・・。アナタが描いた絵なのだから、アナタの好きにすれば? アリナ的には別にどうでもいいし」

かりん「そうなの? よかった・・・。ありがとうございますなの」

アリナ「別に・・・・」

かりん「えへへ、アリナ先輩のその笑顔、やっぱりわたしの想像通りだったの」

アリナ「ハアーァッ? 誰がスマイルだって? アリナ、笑ってなんかいないんですケド」

かりん「笑ってなくてもいいの。わたしは今のアリナ先輩の顔が好き。デッサンしてもいい?」

アリナ「シャラップ!」

かりん「ひぅっ?!」






レナ「・・・・・・・・・」







13: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 15:59:08.93 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------



レナ「・・・・ねえ、ももこ」

ももこ「んっ? どした?」

レナ「ちょっとお願いがあって」

ももこ「おっ、今度はなんだい。また保健室に連れて行ってほしい?」

レナ「違う。・・・あのね、絵、をね」

ももこ「絵?」

レナ「うん。うちの弟が絵を描いて、それを人に見てもらいたいんだって」

ももこ「へえ! どんな絵だろ、気になるなあ」

レナ「そう。なら、ももこ、ちょっと見てあげてもらってもいい?」

ももこ「全然見るよ! 見せて見せて」

レナ「ありがとう。この絵なんだけど」

ももこ「どれどれ。おおっ、これアタシらを描いた絵だな」

レナ「んっ。構図とか遠近感とか色使いとかが全然なってない幼稚な絵だと思うけど、まあ、そこら辺は多めに見てあげてよ。子供が描いた絵だし」

ももこ「いやいや。確かにアタシは美術のことはよく知らないけど、でもこの絵は純粋に好きだよ。だってかわいらしいからさ。こういう、ふわふわっ、きらきらっ、みたいな雰囲気はアタシの好みド直球だよ」

レナ「そ、そう? 気に入ってくれたのならなによりね」

ももこ「やっぱ、レナの感性っていいよなあ」

レナ「えっ? い、いや、レナは関係ないでしょ。弟が描いた絵なんだから」

ももこ「なあなあ、こういう絵もっと描いてほしいな」

レナ「あ、ああ、うん。描いてくれるかどうか分からないけど、弟に伝えておく」

ももこ「アタシはレナに頼んでいるんだけど」

レナ「はぁ? だ、だから、その絵は―――」

ももこ「レナが描いたんだろ?」

レナ「えっ、ちょ・・・! ち、ちがっ・・・」

ももこ「例えばこのかえでだけどさ」

レナ「・・・・・・・な、なによっ・・・」


14: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:00:37.16 ID:Fkt1CpLL0

ももこ「ちょっと視線を外して描いてるよな? 実際かえでって話している途中、左右に少し視線を振る癖があるんだよ。本当に少しだから知っている人はほとんどいないと思うけど」

レナ「へ、へえ? レナは知らなかった。たまたまじゃない?」

ももこ「それに、レナが内股気味で立っている横でアタシは自分の手首を掴んで仁王立ちしているし、アタシの頭には夏休みの時のハイビスカスが付いているし、他にもアタシらにしか分からないような特徴をたくさんしっかり捉えてある」

レナ「・・・・・・」

ももこ「ここまでの絵が描けるのは、世界中どこ探したってレナしかいないと思うけど?」

レナ「そうよ! レナが描いたの! なに?! ももこはこんな幼稚な絵を描いて得意気になってるレナのことをからかうつもり?! サイテーッ!」

ももこ「誰がそんなことするか! アタシはこの絵が本当に好きだって! ・・・・ただ、一つ欠点をあげるとしたら、この絵のアタシだな」

レナ「悪かったわね! 絵がへたくそでかわいく描いてあげられなかったの!」

ももこ「違う違う。逆だって。アタシをかわいくしすぎだよ。ハイビスカスもそうだけど、なんでアタシ、ピンクのワンピース着ているんだよ。こんな服着たことないよ。絶望的に似合ってないな。いくらなんでもこれは違うって」

レナ「ちょ、ちょっと何言って・・・」

ももこ「だから、できればこの絵はアタシら以外にあんまり見せないでくれるとうれしいかな。もし誰かに見られて、ももこってこんなにかわいくないだろ、とか言われた、アタシへこむからさ・・・はは・・・。ダメかな?」

レナ「・・・・えっ、あっ・・・別に、いいけど・・・」

ももこ「サンキュ! でも絵自体は本当に好きだよ。さっきも言ったけど、こういう絵もっと描いてくれよな、レナ先生!」

レナ「う、うん・・・・」


レナ「・・・・・・・・・」







15: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:01:29.02 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------



月咲の父「よし、今日はこのくらいにするか。片付けろー」

タケ「うぃーっす」

タケ(はぁ、今日も疲れた。でも、これから月咲ちゃんの手料理が食べられると思うと楽しみだ! いつも月咲ちゃんがよそってくれるメシは米粒一つ残さず食べているけど、月咲ちゃん気が付いているかな?)


月咲の父「おい、タケ、ちょっといいか」

タケ「おやっさん? なんすか」


月咲の父「お前もここに来て結構経つな」

タケ「へえ、まあ、そうっすね」

タケ(なんだこの話の切り出し方は。・・・ハッ! まさか月咲ちゃんをオレに任せるとか、そういう話か!?)


月咲の父「最初の頃に比べて、大分腕を上げたように思う」

タケ「へへっ、あざす。でも、おやっさんに比べたらまだまだ」

月咲の父「当たり前だ。オレに比べらまだまだ。だが、いつまでも まだまだ じゃダメだ。いつかお前はこの工房にとって大事な人間になる」

タケ「そ、そっすか?」

タケ(この話の展開・・・・。やっぱりオレに月咲ちゃんを・・・?!)


月咲の父「タケ。ちょっと手を見せてみろ」

タケ「はい?」スッ

月咲の父「・・・・・」ニギッ

タケ(あっ・・・。おやっさんの手、硬くて大きい・・・)

月咲の父「うむ。職人らしい手になってきているじゃないか」ニギニギ

タケ「へへっ・・・。なんか照れますね」

月咲の父「それに、顔つきだって、男前になっている」ジーッ

タケ(あっ・・・。オレ、おやっさんと見つめ合ってる・・・。おやっさんのまっすぐな瞳がオレだけを見ているんだ・・・)


月咲の父「どうだタケ。こここらで一つ、もっと男前になってみないか?」

タケ「もっと男前に・・・? は、はいっ! オレもっと男前になりたいです! おやっさんみたいに!」

月咲の父「そうか。では、今日の夜、オレの寝室に来い。オレがお前をもっと男前にしてやる」

タケ「はい・・・! お願いします!! オレを男にしてください!!!」






レナ「・・・・・・・・・」







16: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:05:42.54 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------



レナ「・・・ね、ねえ、ももこ」

ももこ「おっ? 新しい絵、描けた?」

レナ「い、いや、違うんだけど、あの・・・その・・・」

ももこ「んっ?」

レナ「も、ももこってさ・・・・」

ももこ「?」

レナ「えっと・・・ももこって、す、すごく、女の子らしいよね」

ももこ「んぁ?」

レナ「かわいくって、同じ女として、レナ、正直、あ、あこがれるっていうか・・・?」

ももこ「おいおい、なんだよなんだよ、急に。あー・・・もしかしてからかってる?」

レナ「はあ?! からかってなんかないんだけど!!」

ももこ「お、おう・・・ごめん・・・。でも、アタシはレナの方がかわいいと思うけどな」

レナ「えっ?」

ももこ「不器用でも一生懸命さが表れているその目つきがかわいい。レナっていう柔らかい響きの名前もかわいい。2文字だから呼びやすくてかわいいし」

レナ「なっ?!/// えあっ、ちょっ、はっ/// ハァ?! えっ、あっ//// あ・・・アリガト///// あっ!い、いやっ、ちっがーう! 今はももこの話をしてんの! ももこは本当にかわいくて女の子らしいの!」

ももこ「そうかい? はは・・・。そっか、ありがとな。気ぃ遣ってくれて」

レナ「気なんか遣ってない! なんでももこってそう自分に卑屈なの?!」

ももこ「んっ、そりゃあ、まあな・・・。本当にアタシが女の子らしくてかわいいのなら、今頃恋人の一人や二人できているんだろうなあ・・・とか思っちゃってな・・・」

レナ「だったらレナがももこの恋人になるからっ!!」

ももこ「ええっ!?」

レナ「あっ・・・! ちがっ―――」

ももこ「違うのか・・・。やっぱりな・・・」シュン...


17: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:06:53.98 ID:Fkt1CpLL0

レナ「・・・違くない!」

ももこ「言い切った?!」

レナ「なによぅ! 文句ある?!」

ももこ「・・・・あははっ、いいんだよ、そんな無理しなくても」

レナ「無理なんかしてない! 本当だから! かえでもそう思うでしょ!」

かえで「ふゆっ?!」

レナ「ねえっ!!」

かえで「う、うん・・・?」

レナ「ほら今うんって言った! こんなにかわいい女の子二人から恋人になりたいって言われているのに、ももこはまだ自分に自信が持てないの?!」

かえで「えっ/// レナちゃん、今私の事かわいいって・・・///」

ももこ「そっか・・・。そうだなっ。うん、自信付いたよ。ありがと、レナ、かえで。愛してるよっ!」ガバッ

レナ「ちょ?! どこ触ってんの!?」

かえで「ふゆぅゅっ!」

ももこ「キミたちはアタシの嫁になるのだーっ!」ギュウ

レナ「はーぁっ?!/// いきなりぶっ飛びすきでしょ! 調子乗りすぎ! キモい! うざい!」


ももこ「あははっ。ははっ・・・・・」

レナ「・・・・?」

ももこ「ほんとっ、いつもごめんな。元気付けてもらって・・・・」ボソッ

レナ「ももこ・・・・」


レナ「・・・・・・・・・」







18: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:08:05.22 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------
結界内部


ももこ「そりゃ!」ズバッ

魔女「ギャ」

ももこ「チャージ逃して堪るか!」ズガッ

魔女「ギュウ.....」

ももこ(弱ってきたな・・・!)

ももこ(よしっ、そろそろトドメ!)


ももこ「これで決める・・・!」 グワッ....


魔女「......ヒャヒャw」 ...バッ

ももこ「なっ!?」

ももこ(しまった! 意外と元気だ! こんな大振りしている最中に懐に潜り込まれたら、避けることも防御することもできない・・・!)


魔女「ウヒョーw」シュ


ももこ(攻撃は確実にもらっちまう・・・! 耐えられるか・・・っ?!)





   「セヤッ!」 ズバンッ


ももこ「?!」

魔女「ウグー....」 パタリ


ももこ「はっ・・・。はぁっ、はぁっ・・・・。危なかった・・・。やちよさん居たんだな。ホント助かったよ、サンキュー」

やちよ「脇が甘すぎる。普段かえでとレナに頼るのはいいけれど、それに慣れすぎると、こうしてたまたま一人で戦う時があった時に危ないんだからしっかりなさい」

ももこ「おっしゃる通り・・・面目ない・・・。またやちよさんに借りを作っちまったな」

やちよ「あら、ももこは今更不思議なことを気にするのね。ももこへの貸しなんて星の数ほどあって、私ですらもうよく覚えていないのに」

ももこ「ははっ・・・言ってくれる・・・」


やちよ「あっ、そうだ。ちょうどももこにやってほしいことがあったのよ。頼まれてくれない?」

ももこ「おっ。いいよ。アタシにできることなら。なにするんだ?」

やちよ「別に大したことではないから、あんまり深く考えないでいいわ」

ももこ「なんだろ。買い物の荷物持ちとかか?」

やちよ「次の休日なんだけど、空いてる?」

ももこ「大丈夫」

やちよ「そう。それじゃ、その日私の家に来てくれるかしら」

ももこ「オッケー」







19: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:09:10.02 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------
次の休日 やちよの部屋


やちよ「・・・・・・」ポンポン

ももこ「・・・・・・」


やちよ「・・・・・・」サッサッ

ももこ「・・・・・・」


やちよ「・・・・・・」スースー

ももこ「・・・・・・な、なあ・・・やちよさん?」


やちよ「なに?」チョンチョン

ももこ「なんでアタシ、やちよさんに化粧されているんだ?」

やちよ「もう少しで終わるから我慢して。それと、終わった後はあんまり汗をかいたり涙を流したりしないでね」スーッ...

ももこ「いやいやっ、話を逸らすなって!」

やちよ「ももこは顔を逸らさないの。手元が狂うでしょ」

ももこ「あのなぁ・・・。なんなんだよこれは・・・。アタシはてっきり、やちよさんの頼み事は買い物の荷物持ちをするのかと思っていたのに・・・」

やちよ「荷物持ちをしてくれなんて、私一言でも言ったかしら」

ももこ「言ってないけどさ・・・。でも、正直言って抵抗あるんだよこういうのは・・・。できればやめてほしいのだけど・・・」

やちよ「何? 抵抗があるからって、私の頼みごとを途中で投げ出すの? ももこは約束を絶対に破らない義理堅い人だと思っていたのだけれど。違う?」

ももこ「うー・・・分かってるよ! 好きにしてくれ・・・」

やちよ「そうするわ」

ももこ「もう、本当になんなんだよ、これは・・・。モデル仕事の関係でアタシを化粧の練習台にしてるって感じか?」


やちよ「んー、こんなものかしら」

ももこ「終わりか? よかった、もう落としてもいいよな?」

やちよ「次はこれに着替えて」

ももこ「まだ何かあるのかよ・・・。なっ?! ちょ、ちょっと待て! なんだそのピンク色のワンピースは?!」


20: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:10:06.10 ID:Fkt1CpLL0

やちよ「ももこだから桃色のドレスがいいかと思って。さ、着て」

ももこ「いやいや?! ありえないって! ゴリラ女のアタシにそんな服が着こなせるわけがないだろ! どれだけアタシに恥をかかせれば気が済むんだよ!」

やちよ「ゴリラ? 何を寝ぼけたことを言っているの。早く着て」

ももこ「嫌だ! いい加減にしてくれ!」

やちよ「どうしても着ないというのなら、私を倒してからにしなさい」

ももこ「なんだよそりゃ!? 意味が分からないって!」

やちよ「んっ? 本当にやる?」スッ

ももこ「待て待て待て! 変身しようとするな! 分かった分かった着るから!」

やちよ「よろしい。さあ、着てちょうだい」

ももこ「無茶苦茶だなもう・・・」


ももこ(うぅ・・・。このドレス、本当に着るのかよ・・・。持っただけで手が震えてくる・・・)

ももこ「・・・・・」モソモソ

やちよ「・・・・・・・・」


ももこ「き、着た・・・・」

やちよ「いいね。それじゃ最後に髪をやりましょ」

ももこ「もうどうにでもなれ・・・・」

やちよ「もともと綺麗な髪だし、あんまりいじくりまわさない方がいいわね」

ももこ「やちよさんに言われると嫌味に聞こえるな・・・」

やちよ「髪は下ろして、軽くブラシをするだけにしておきましょう」

ももこ「ええっ? アタシくせ毛だから似合わないって・・・」


ファサ ス- スー


やちよ「うん。やっぱり、こうした方が大人っぽく見える。はい、身だしなみはこのくらいにするわ」

ももこ「やっと終わった・・・」

やちよ「そこの全身鏡で見ていいわよ」

ももこ「やだよもぉ・・・。絶対似合ってないっての・・・・」チラッ

ももこ「・・・おわっ?」


ももこ(う、うそだろ・・? こ、これが? 本当にアタシか・・・? ほわぁ・・・・)ポー...

ももこ(なんか・・・このドレス、意外にアタシにあってるような・・・?)

ももこ(実はこのドレスの色、すごくかわいくて一目で気に入っていたんだ。だけど、アタシみたいな逞しい女子には絶対似合わないって思ったから、反射的に着るのを嫌がったけど・・・)

ももこ(いざこうして着てみると、結婚式場とかお金持ちのパーティーにいても違和感がない感じ)

ももこ(あ、あれ・・・ひょっとして・・・もしかして、アタシ、結構、かわいい・・・?)



21: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:12:23.09 ID:Fkt1CpLL0

やちよ「桃色って子供っぽくなって難しいんだけど、それみたいに淡い色と柄だったら、ウェストはストリングで絞って、後は髪とメイクを工夫すれば、全体的にシックな印象にできるわ。ももこみたいに背が高くてスタイルがよければ、より大人らしくしやすくていいわね」

ももこ「そ、そっか。あえて大人っぽくを目指したからか。そんで、アタシみたいなのでもそれなりに着られたって感じか。やっぱりすごいな、やちよさんは。さすがプロだよ」

やちよ「どういたしまして。はい、下準備は終わり。あとはその格好のまま商店街に行って」

ももこ「んなっ?! この格好でか?! あの人の多い商店街に?! 絶対に無理―――」

ももこ(い、いや、待てよ・・・今のアタシ、結構イケてるよな・・・? なら、ちょっとくらい人に見られたいような気が、しなくもなくなくないような・・・・)


ももこ「こっ、こほん・・・。商店街に行ってどうするんだ・・・?」

やちよ「商店街に行って、そこで待ってて。一人の男性がももこのことを尋ねに来るから、後はその人の指示に従って」

ももこ「えっ? 男と会う? 二人きりになるのか? この格好で? そ、それってなんか・・・」

やちよ「それと、その格好でいる間は言葉遣いや所作に気を付けること」

ももこ「どういうこと?」

やちよ「まずは歩き方や立ち方を常に女性らしくしなさい。レナみたいな感じでいいわ。言葉遣いについては意識して控えめな言葉だけを口にすること。かえでみたいな感じでいいわ。特にあなた、『クソッ』とか『コノヤロー』とかってよく言うけど、そんな汚い言葉はもってのほかだから」

ももこ「え、ええ? アタシそんなこと言ってたか・・・?」

やちよ「それから自分のことは『アタシ』って砕けた言い方にしないで、ちゃんと『私』と発音なさい」

ももこ「アタ・・・わ、私」

やちよ「そう、それでいいわ。分かったのならそろそろ行って」

ももこ「マジか・・・・」

やちよ「言葉遣い」

ももこ「あっ、ああ、そっか・・・。ほ、本当にこの格好で行くの? やっぱり、ちょっと自信ない・・・わ」

やちよ「相手をあんまり待たせちゃ悪いから。ほら、早く行く」グイグイッ

ももこ「ぬうぁあっ?! そんな背中押すな・・・押さないでっ!」


フェリシア「ふぁ~・・・。ハラ減った~・・・。なんかメシを―――」


ももこ「きゃあ?!」

フェリシア「うおっ?! お、おう・・・。一瞬誰かと思ったぞ」

やちよ「ももこ。今の悲鳴、いいわね。その調子でいきなさい」

ももこ「あっ/// うぅ////」

ももこ(だっ、だめだ・・・・!/// やっぱ恥ずかし・・・!////)カァ

やちよ「あら? ちょっとチーク盛りすぎたかしら」



いろは「わあっ、ももこさん!」


ももこ「いろはちゃん?!」

いろは「すごいです! 素敵です! 美しいです! いいないいな~」

ももこ「や、やめっ・・・///」

いろは「ちょっと待っててください! 今鶴乃ちゃんとさなちゃんを呼んできますね!」

ももこ「やっ、やめろ~っ!////」ダダダ

やちよ「いってらっしゃい」







22: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:14:20.55 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------
商店街



ざわざわ

がやがや


ももこ「ううぅっ////」モジモジ

ももこ(なんだかんだ、ついにこんな格好でここまで来てしまった・・・。やっぱり人が多くて落ち着かないな~・・・)ソワソワ

ももこ(だけれども、どこか楽しいと感じている自分もいる気がする。だって・・・・)


ももこ「・・・・・・・・・」

ももこ「・・・・・・」フリッ

 スカートひらっ

ももこ「・・・・ふふっ///」


ももこ(はぁ、やっぱりいいなぁ/// このドレス/// かわいい///)

ももこ(あっ、で、でも、アタシが一人で勝手に似合っているって思っているだけで、道行く人はアタシの事を客観的に見て、似合わない格好しているな~、とか思ってないかな・・・)

ももこ(い、いや、気にしすぎだ・・・。人って意外と他人の事なんて見てないっての)

ももこ(うっ、で、でも・・・。ああ、ダメだ・・・。ちょっとでもそう思ったら急に自信がなくなってきた・・・)

ももこ(いつものアタシなら何も考えずに堂々と立っていられるけど・・・。だんだん気持ちが負けてきた・・・。体の前で手と手を合わせながら肩を丸めて視線は俯いちゃってる。レナに怒られているときのかえでみたいだ・・・)

ももこ(ああもうっ! どうしちまったんだよアタシ! しっかりしろ! これから男と会うってのに)



23: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:16:03.00 ID:Fkt1CpLL0

ももこ(そ、そうか・・・。そういえば、お、男と会うんだった・・・。やちよさんは詳しく教えてくれなかったけど、どんな人なんだ。名前すら聞いていないけど・・・一体誰・・・?)

ももこ(やちよさんの知り合いだから、モデル仕事の関係者とか? 普段は表に出ないスタッフ的な。そういう人って、結構いい年したおじさんのイメージがあるけど)

ももこ(この格好をしたアタシが、そんなおじさんと二人きりで会う・・・? なんかそれって、色々とまずくない・・・?)

ももこ(それに会って一体何をするんだよ。やちよさんは指示に従えって言ってたけど・・・。なんか変なことされたり、行かされたりしないよな・・・?)

ももこ(い、いや、大丈夫。やちよさんはアタシをひどい目に遭わせるような人じゃない。大丈夫・・・落ち着け・・・落ち着け・・・)



  衣美里「うわわっ?! すぎょい! すぎょいって! ちょっち見てみあの人! 超イケてね?!」

  れん「はい? あっ、本当ですね。わぁ、とても綺麗な人です、はい。芸能人でしょうか?」



ももこ(えっ?! もしかしてアタシのこと言ってる?!)ドキッ

ももこ(・・・・って、んなわけないか。何をうぬぼれているんだアタシは・・・)

ももこ(でも、キレイな人って誰だろ。気になるな。あの人たちの視線の先にいる人は・・・)チラッ


  超イケメン「・・・・・・」


ももこ(ああ、あの人か。確かにキレイって感じのかっこいい人だな)

ももこ(背丈はアタシと同じくらいかな? 肩幅はそんなに広くなくて、全体的にスラッとした体付き。髪は長くて首の後ろ辺りでまっすぐにまとめてある。顔立ちは凛々しくて真面目そうないかにも好青年。服装は、パリッとした光沢のある高そうなスーツをばっちり着こなしている)

ももこ(ガタイの良い男らしい男より、最近はああいう中性的な男の方がモテるんだろうなあ)


  超イケメン「・・・・・・」キョロキョロ



24: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:16:37.03 ID:Fkt1CpLL0

ももこ(なんだ? 誰か探しているのか? これから彼女とデートとかかな。あれだけのかっこいい人だ。彼女の一人や二人いるだろうな)

ももこ(そしてその彼女も、きっとやちよさんみたいな美少女なんだろうなあ)

ももこ(うらやましいよ、まったく。ま、アタシには一生関係のないことだから気にしないよ)

ももこ(・・・にしても、アタシの方の待ち人は一体いつ来るんだよ。どんな人か知らされていないから、こっちから探しようもないし)


  超イケメン「・・・・・・」キョロキョロ

  超イケメン「・・・!」

  超イケメン「・・・」スタスタ



ももこ(ん? なんだ? あの人こっちに来るぞ)


 超イケメン「・・・」スタスタ


ももこ(えっ? えっ?)

超イケメン「・・・」ピタッ

ももこ(なっ・・・えっ・・・? アタシの目の前まで来て止まったけど、な、なに・・・?)

ももこ(ああ、わかった。アタシの後ろに人がいて、その人のところまで来たってだけだな。その人がこの人の彼女かな? どんな美少女かちょっと拝んでやるか)クルッ

ももこ(あれ・・・? アタシの後ろ、誰もいないぞ・・・?)


超イケメン「十咎ももこさん、ですね?」

ももこ「へあっ・・・?」

超イケメン「大変お待たせしました」

ももこ「あ、あの・・・? えっ? アタシ?」

超イケメン「七海さんからお話は通っていると伺っていますが」

ももこ「あ、ああ・・・あなたがやちよさんの・・・?」

超イケメン「はい」



25: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:17:56.23 ID:Fkt1CpLL0

ももこ(ま、まじか・・・。たまげたなあ・・・。まさかこんなにかっこいい人と・・・)

ももこ(んっ? アタシこの人の指示に従うのか? これから何をするか知らないけど、この人と行動を共にする・・・)

ドキッ

ももこ(あっ/// くっ//// 意識しちまった・・・!/// 緊張するな~もうっ)


超イケメン「・・・・」スッ

ももこ(なんだ、手を出してきたけど・・・? なにか寄越せってことか? アタシ今お金すらちゃんと持ってないけど・・・)

超イケメン「お手を」

ももこ「手・・・っ?!」

超イケメン「はい」

ももこ(手を握れって? 初対面の異性とはさすがにそれは、どうなんだ・・・?///)

超イケメン「どうぞ」

ももこ(ああ、もう、これ以上待たせるのも悪いか・・・。に、握ってしまえっ・・・!)

ももこ「・・・・っ」ギュ

超イケメン「失礼。それでは行きましょうか」

ももこ「は、はい・・・・///」ドキドキ



  衣美里「あっ、あの鬼カッチョいい人。あっちのメチャカワ女の子と一緒になった。カップルかな? いいな~」

  れん「はい、本当に素敵ですね、はい。かわいらしい方とかっこいい方で、とてもお似合いです。はい」

  衣美里「だよねだよね! なんかさぁ、うちらも負けてらんなくね? おっしゃ! いっちょ うちらも付き合っちゃおうか!」ピース

  れん「いいえ」




26: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:19:01.49 ID:Fkt1CpLL0


ももこ(お、お似合いって・・・・/// 今度こそアタシらのこと言ってるよな・・・///)

ももこ(心臓が落ち着かない・・・/// クソッ、しょうがないっての、こんな人に手を引かれたら・・///)ドキドキ

ももこ(にしてもこの人の手、モチッとしている上にすべすべだなあ。まるで赤ちゃんだ。指は細しい、女のアタシの手の方が大きいくらいじゃないか・・・。恥ずかしいったらないよ・・・。もっと華奢に生まれかった・・・)

ももこ(しかし、待てよ・・・。アタシ、さっきから外見だけでこの人を判断しているが、それってどうなんだ・・・? もしかしたら、悪い人間かもしれない)


ももこ(・・・・・・・・いいや)

ももこ(不思議と悪い人間じゃないって確信が持てる。だって触れた手から優しさを感じるから)

ももこ(この感じ、懐かしい。レナとかえでには言えないけど、アタシもひよっこの頃は、怖くて不安で仕方がなくって、そんなとき、いつもこんな風にやちよさんが手を引いてくれてたっけ)

ももこ(そのやちよさんの頼もしさったらなくて、アタシは刷り込みみたいにずっとやちよさんの傍にいたな。メルには『ひっつき虫だ』なんて言われたり、鶴乃とメルとでやちよさんの取り合いをしたり)

ももこ(やちよさんのことを考えていたら、ますますこの人がやちよさんに見えてきたな)

ももこ(やちよさんみたいに・・・って・・・・いうか・・・。いや・・・ちょっと、待った、まさかこの人・・・)


27: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:20:32.52 ID:Fkt1CpLL0


ももこ「な、なあ・・・・」

超イケメン「はい?」

ももこ「アンタ、やちよさんだろ・・・?」

やちよ(超イケメン)「はて、なんのことでしょう?」

ももこ「いやいや・・・何とぼけているんだ・・・その声、絶対やちよさんだって・・・。何してんだよ一体・・・」

やちよ「ふふっ」

ももこ「はーっ・・・・。なーんだよぉ、もー・・・・」


ももこ(ったく・・・。やっぱりやちよさんじゃないか・・・。一瞬でもこの人を男だと認識していた自分が恥ずかしいよ・・・)

ももこ(男の指示に従えとか仰々しいことを言っていた割には、こんなのもう、ただ単に友達と遊ぶのと変わんないって。いつも通りだいつも通り)

ももこ(緊張して損した・・・。何アタシはさっきまで胸を高鳴らせていたんだよ・・・馬鹿だなあ・・・)

ももこ(やちよさんと一緒にいるくらい、今更別に何とも思わな―――)チラッ


やちよ「?」 イケメンオーラふわぁ

ももこ「・・・・っ」


やちよ「どうしました?」 イケメンオーラふわわぁん

ももこ「・・・・・・んっ///」キュン



ももこ(あ、あれ・・・/// なんで?/// やちよさんだってわかったのに全然落ち着かない・・・///)どきどき

ももこ(なんでだなんでだ!/// 落ち着けバカももこ!/// 確かにかっこいい人と手をつなぎながら人前で歩くことに浮かれる気持ちは分かるが、この人は男でもないし、やちよさんだっての!///)どきどき

ももこ(やちよさんだってわかっちゃいるが・・・しっかし、なんでこんなにかっこいいんだこの人は・・・。普段はキューティクル野郎のくせして、男装まで似合うって反則だろ・・・。やっぱ胸は小さい方がお得だな・・・)


やちよ「大丈夫ですか?」 顔覗き込み

ももこ「・・・うぇへえっ?!////」どきんっ

やちよ「私の歩く速度、速かったですか?」

ももこ「あっ/// い、いえ/// 大丈夫、です・・・//」どきどき

やちよ「そうですか。歩くのが大変でしたら、いつでもおっしゃってくださいねっ」 爽やかスマイル

ももこ「は、はひっ////」どきんどきんっ


ももも(かぁーっ/// なぁんて情けない声を出してんだアタシは!///// やちよさん相手に・・・やちよさん相手なんかにぃ・・・!//// チキショー!//////)







28: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:21:35.69 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------
高層ビルの展望レストラン



やちよ「ここです。さあ、入りましょうか」

ももこ「えっ? ちょ・・・」


ももこ(やちよさん、まずは食事に行こうって言っていたけど・・・)

ももこ(ここでか? じょ、冗談だろ・・・? 入り口の雰囲気を見ただけですぐにわかるって・・・。めちゃくちゃ高いレストランだよ、ここ・・・・。アタシみたいな平民の高校生ごときは近づくことすらはばかられるような・・・)


やちよ「どうしました? 入りますよ?」

ももこ「えっ、あ、いや、あの・・・。アタシ今持ち合わせが―――」

やちよ「言葉遣い」ボソッ

ももこ「あっ、ああ・・・。えーと・・・わ、私、今そんなに持ち合わせがなくt―――な、ないんですけど・・・」

やちよ「くすっ」

ももこ「・・・・?」

やちよ「ももこさんはそんなことを気にしなくていいんですよ」

ももこ「えっ?」

やちよ「さあ、行きましょう」スタスタ

ももこ「あっ、ちょ、ちょっと・・・!」



29: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:23:43.10 ID:Fkt1CpLL0

やちよ「・・・・・」スタスタ

ももこ(ひぇーっ・・・いたるところ目がくらむ程の上品さだなあ・・・・。落ち着かないってこんなの・・・)ソワソワ

ももこ(そんなアタシに比べてやちよさんは堂々としているなあ・・・。貧乏性のやちよさんが日常的にこういうレストランは利用するわけないし、モデル仕事のロケとかでよく来たりするのかな・・・?)


スタッフ「いらっしゃいませ」ペコリッ

やちよ「予約していた七海ですが」

スタッフ「お待ちしておりました。ご案内致します。こちらへどうぞ」

やちよ「はい」


ももこ(うわー・・・。内装も綺麗で豪華だなあ・・・。広くて開放感があって、天井からは暖色系のシャンデリアがたくさん吊り下げられていて、テーブルには鮮やかな赤色の清潔なテーブルクロスがかけられていて・・・。鶴乃がここに来たら、空気を吸っただけで絶命しそうだな)


スタッフ「こちらのお席になります」

ももこ「は、はい」

ももこ(窓際の席か。エレベーターでかなり高く昇ってきたから、眺めがすごい。夜景が綺麗だなあ)


ももこ(とりあえず座るか。椅子も凝った彫刻が入っている木造だ・・・。椅子を引いて―――)

スタッフ「どうぞおかけください」スーッ...

ももこ「あっ、ど、どうもすみません・・・」

ももこ(店員さんが椅子を引いてくれるのか・・・。外食といったらそこら辺の喫茶店か万々歳にしか行かないアタシには未知のサービスだな・・・)


スタッフ「本日はお越しくださいまして誠にありがとうございます。本日はフレンチのフルコースをご用意致しております」

スタッフ「メニューの方を申し上げます。前菜から始まりまして、神浜港で水揚げされた牡蠣ポシェに、次に神浜農園直送のポテトを使用したスノースープ、真鯛のポワレにどーたらこーたら」

ももこ(な、なんだなんだ・・・? さっきから訳の分からん横文字が出てきてなにがなんだか・・・・)

スタッフ「以上のようなメニューになりますが、アレルギーなどでお召し上がれないものはありますか?」

ももこ「えっ、えっと・・・大丈夫です・・・・。多分・・・」

スタッフ「かしこまりました。お飲み物はいかがなさいますか? こちらがメニューになります」

やちよ「あっ、そちらの方は未成年ですので」

スタッフ「失礼致しました。こちらがノンアルコールのメニューになります」

ももこ「どうも・・・。えーっと、どれにしようか、な・・・って」

ももこ(また横文字ばっかり・・・。何語だよこれ・・・わかんないよこんなの・・・。飲み物はなんでもいいけど、適当に、『カフェオレください』とか言えない空気だし・・・)

ももこ「えーっと・・・・なにかお勧めは?」


30: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:24:29.49 ID:Fkt1CpLL0

スタッフ「一日数量限定のスチューベンジュースが大変ご好評です。今ならご用意できますが」

ももこ「あっ、じゃあそれで」

やちよ「私は赤でお願いします」

スタッフ「かしこまりました。ただいまお持ち致します。少々お待ちくださいませ」ペコリッ


ももこ「・・・・・・・・」

やちよ「・・・・・・・・」


ももこ「・・・・・・・・」

やちよ「・・・・・・・・」


ももこ(な、なんか黙っちゃうな・・・。こういう豪華なレストランには来たことがないからその雰囲気に呑まれているってのもあるけど・・・)

ももこ「・・・・・」チラッ

やちよ「?」 爽やかスマイル


ももこ(ああもう!//// これだよこれ!/// その格好のやちよさんがこの雰囲気に合いすぎなんだって!///)

ももこ(やちよさんとは付き合いが長いし、いつもは気軽に話しているけど、こうしていると、やっぱりこの人はプロのモデルなんだなって思わされる。雑誌に載っているのを見ると、おおっ! ってなるし、本当にすごい人)

ももこ(そんなすごい人と、こうして二人っきりでオシャレな場所に居たら、そりゃあ意識しちまうっての・・・///)


スタッフ「お飲み物をお持ち致しました」コトッ

ももこ「あっ、ありがとうございます」

やちよ「まずは乾杯をしましょうか」

ももこ「うん、あっ、は、はい」

やちよ「乾杯」チンッ

ももこ「乾杯」チンッ

ももこ(なんちゃらジュースって言ってたけど、色と匂いからして、ぶどうジュースかな? それにしちゃ、なんか色が濃くてドロッとした質感があって、よく見るぶどうジュースとは違うな)

ももこ(やちよさんの方の飲み物はなんだろ。赤って言ってたけど、赤ってなんだ? 色はアタシのと同じでぶどう色だけど)

ももこ(まあいいや、とりあえずこれを飲もう)


ももこ「こくっ。・・・・・んっ?!」

ももこ(なんだこのぶどうジュース?! めちゃくちゃうまい! 香りと言い、味と言い、とにかくすごく濃厚で深みがある! こんなぶどうジュース飲んだことない! レナだったらもうこれだけで腹いっぱい飲んじゃうだろうな)

ももこ(グラスに氷が入ってるけど、氷が解けて薄くなるのが嫌だから、すぐに飲み切ってしまいたいけど・・・それははしたないかな・・・?)



31: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:25:12.58 ID:Fkt1CpLL0

スタッフ「お待たせしました。牡蠣ポシェです」コトッ

ももこ「あっ、どうも」

ももこ(料理はいっぺんに全部出てこないで、一品一品出てくるんだ)

ももこ(そしてその料理はすごいな・・・。美術品かってくらい、綺麗に盛り付けされている。でかい皿に乗っけるだけの真っ茶色の誰かさんの料理とは大違いだな)

ももこ(食べるのがもったいないくらいだけど・・・。食べよう)

ももこ(んっ、待てよ・・・。確かフランス料理って食べるときに色々作法があるって聞いたことがある)

ももこ(やちよさんの食べ方を見てから食べるか・・・)


やちよ「いただきましょう」

ももこ「あ、はい、い、いただきます」


やちよ「・・・・」スッ

ももこ(並べておいてある一番外側にあるフォークとスプーンを手に取って・・・)


やちよ「・・・・」スッ

ももこ(フォークを使って牡蠣を一つ取ってスプーンにおいて・・・)


やちよ「ぱくっ」

ももこ(スプーンを口に持っていて、食べると。・・・よしっ分かった! 同じようにしよう)


ももこ「・・・・・」スッ

ももこ「ぱくっ」

ももこ「もぐもぐ」

ももこ(うまい・・・・! さすがだよ。上品で、深みのある味わいで。一流の料理ってこういうのなんだな。とてもじゃないけどアタシには真似できそうにないね)


やちよ「いかがですか?」

ももこ「えっ、あ、うん、うまっ―――お、おいしいよ、です、よ」

やちよ「気に入って頂いてよかったです」ニコッ

ももこ「ははっ///」



32: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:25:58.75 ID:Fkt1CpLL0


やちよ「・・・・・・・」

ももこ「・・・・・・・///」どきどき

ももこ(くぅう/// 黙って食事するのもあれだし、なにかおしゃべりしたいけど・・・/// 緊張しちゃって言葉が出ない・・・///)


やちよ「夜景が綺麗ですね」

ももこ「ふぁい?!/// あ、ああ・・・/// 綺麗・・・」

やちよ「ももこさんの通う学校はあの辺りでしょうか」

ももこ「あ、あー/// う、うん、そうじゃないかな・・・?」

やちよ「ももこさんの通う学校はどんなところですか?」

ももこ「ど、どんなって・・・。いやいや、やちよさんも同じとこ通ってたんだから言わなくても分かるだろ?」

やちよ「言葉遣い」ボソッ

ももこ「あっ! あ、ああ・・・うぅ・・・はい・・・」

やちよ「学校生活の方はどうですか?」

ももこ「学校生活は、そりゃあ、楽しいかな? 友達もいるし」

やちよ「そうですか。仲の良いご学友がいらっしゃるのはとても素晴らしいことです」ニコッ

ももこ「そ、そうですね、はは・・・//」


ももこ(上品でおいしい料理に、綺麗な夜景。そしてやちよさんのその外見と歯の浮くような言葉遣い。そのせいで、やちよさんが何か言うたびにいちいちこっちの心がときめいちゃうっての・・・!///)

ももこ(こんな男が現実にいたらマジで惚れちゃうよ。みふゆさん程の女性がお見合いで好きになった人も、こんな感じの人だったのかなあ)



やちよ「ももこさんは、今は何か悩み事などはありませんか?」

ももこ「悩み事? うーん・・・。レナとかえでがしょっちゅう喧嘩するのは悩みの種だな。まあ、それもいつものことなんけどっ。あっ、な、なんですけど・・・」

やちよ「そうですか。喧嘩するほど仲が良いと、よく言いますし」

ももこ「あー・・・・だけど、しいていうなら、レナの方が最近ちょっとなあ・・・」

やちよ「レナさんが? 何かあるんですか?」

ももこ「最近、レナがよそよそしいっていうか、妙に気を遣ってくれて違和感があるというか。でも、何がしたいのかがよくわからないんだよ」

やちよ「・・・・・・」

ももこ「絶交階段のウワサにビビッてかえでと距離を置いていた時もそうだけど、レナってアタシらのことを想って何かするときは、そのことを言わないし、困ったことがあっても一人で抱え込んでいたりするからちょっと心配でさあ・・・」

やちよ「・・・・・・」

ももこ「ああいう性格だから、『どうしたの?』って聞いても、どうせ教えてくれないだろうし。それでもし、レナがしようとしていることがうまくいかなかったら、レナは自分のことを責める。そうならないよう、どうにかしてレナを手助けしてあげたいんだけど・・・。」

やちよ「・・・・・・」

ももこ「うーん・・・。どうしたもんかなあ・・・」

やちよ「そうですか。やっぱりももこさんは素敵な方ですね。そんなにレナさんのことを想って。大丈夫です。自信を持ってください。そうすればきっと、ももこさんはレナさんの力になれますよ」

ももこ「い、いやー、ははっ」テレッ




33: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:26:46.03 ID:Fkt1CpLL0

---------------
食後


やちよ「そろそろ出ましょうか」

ももこ「あ、うん、そうだね」


スタッフ「お会計の方はこちらになります」

やちよ「はい」

ももこ「・・・・・・・」

ももこ(お会計・・・。一体いくらするんだここ・・・。かえでが今までクレーンゲームにつぎ込んだ金額より上なんじゃないか、ひょっとして。怖いなあ)

ももこ(やちよさんは奢ってくれるみたいなことを言っていたけど・・・)

ももこ(っていうか、やちよさんが奢り? あのケチなやちよさんがか? 信じられないな。考えられない。やっぱりこの人、やちよさんの偽物じゃあ)


スタッフ「お支払いは?」

やちよ「これで」 つ[お食事券]


ももこ(あっ、間違いなく本物のやちよさんだ)







34: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:27:41.65 ID:Fkt1CpLL0

----------------------------------------
海浜公園



ざざーん・・・・・・



やちよ「・・・・・・」

ももこ「・・・・・・」


やちよ「こうして、海辺から見る夜の港町というのも綺麗ですね」

ももこ「ん・・・・・・」


ももこ(波の音が心地よくて、水気を含んだ風が吹きつけてくる)

ももこ(遠くにはビル街や大型客船、貨物船やその荷を降ろすクレーンの灯りが見える)

ももこ(大きな湾を横断する湾岸道路の上を次々と走り抜ける車のライトは、ゆっくり流れる星のよう)

ももこ(そんなたくさんの光が海に反射して夜なのにとても明るく見える)

ももこ(神浜に住んでいれば、なんでもない いつもの光景だけど、こうして改めてみるとやちよさんの言う通り夜の港町は夜景がとても綺麗だ)

ももこ(ひとけのない場所で、綺麗な景色を二人っきりで見る。こういうのをロマンチックっていうんだろうな。いい雰囲気になって、告白したりするような・・・)



やちよ「・・・・?」ニコ

ももこ「・・・・・・・・・」




35: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:29:05.17 ID:Fkt1CpLL0

ももこ(やちよさんがさりげなくアタシに微笑みかけてくれる)

ももこ(いい雰囲気・・・・・。アタシらは今、いい雰囲気なのかな・・・?)

ももこ(そりゃあ、確かにやちよさんは、アタシにとって特別な人だ)

ももこ(誰でも目を引くような容姿の持ち主ってのもあるが、そんなものよりなにより、やちよさんはアタシがどういう人間なのかよく知ってくれている。性格とか好き嫌いとか信念とか。それを知ったうえでアタシを受け入れてくれた)

ももこ(それにアタシ以上に腕っぷしだって強い。そんなやちよさんだからこそ、アタシをここまで女子扱いしても違和感がない。こんなことができるの、アタシの身近にいる人じゃ、やちよさんだけだ)

ももこ(・・・・・・アタシが女子扱いされている。本当に夢みたいな時間だった。やちよさんは、アタシのことを考えてずっとエスコートしてくれて、何かあったら守ってくれるっていう安心感もあって、それでいて何気ない気遣いをよくしてくれて、それらにあてられる度にアタシは胸を高鳴らせて・・・・)

ももこ(ずっと憧れていたんだ。こういうの。夢見ていた)



ももこ(・・・・・でも、夢は覚めるもんだよな)

ももこ(冷たい海風のせいかな。のぼせ上った頭が冷えていく)

ももこ(時間が経って、幸せな魔法が解けちまったみたいだ)

ももこ(そのせいでもう、なんでもかんでも冷静に、理屈っぽく考えちゃう)

ももこ(だから・・・そろそろ頃合いか・・・。現実と向き合わないといけない。それはもったいない、残念な気もするけれど・・・。このままじゃあいけないのは確かだ)





36: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:30:45.10 ID:Fkt1CpLL0

ももこ「ふう・・・・・」

やちよ「寒くはありませんか?」

ももこ「んっ、少し、寒い、かな」

やちよ「そうですか。実は私も少し寒い。傍に行ってもいいですか?」

ももこ「いいや。やめてくれ」

やちよ「言葉遣い」ボソッ

ももこ「それもだ。それも、もういい」

やちよ「・・・・?」


ももこ「やちよさん。そろそろ聞かせてくれ。一体何のためにこんなことをしている?」

やちよ「何のため・・・とは?」

ももこ「とぼけるのもいい加減にしてくれ・・・!」

やちよ「・・・・」

ももこ「やちよさんが何をしたいのかが全く分からない」

やちよ「・・・・」

ももこ「二人ともオシャレな服を着て、上品な店で食事をして、こんないい雰囲気の場所で二人っきりになって。まるで恋人同士がするみたいなことだ。でもアタシらはそんな関係じゃないだろう。だからやちよさんが何をしたいのか、本当に分からない。もしかしてこれは何かのいたずらか?」

やちよ「・・・・」

ももこ「アタシにこんな慣れない格好をさせて、恋人みたいな振る舞いをしてみせて、柄にもなくのぼせ上っているアタシを心の中で笑っているのか? そろそろ『ドッキリでした!』っていうパネルでも出てくるのか? それと隠れてアタシのことをカメラで撮影していて、後でみかづき荘のみんなでアタシのことを笑いものにする予定か?」

やちよ「・・・・どうしてそんな風に思うの?」


37: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:33:27.78 ID:Fkt1CpLL0

ももこ「どうして、だあ? じゃあ逆に聞くが、もしアタシが今からやちよさんに本気の告白をしたとして、やちよさんは受け入れられるか? できないだろう」

ももこ「一緒にいてつくづく思う。やちよさんは人としてとても魅力的な人だ。アタシなんかが傍にいると格の違いを見せつけられて、自己嫌悪になるくらいにな。そんなやちよさんがアタシなんかとは釣り合うはずがない。それ以前にやちよさんだったら、もうすでに恋人の一人や二人いるんじゃないのか」

ももこ「そんなやちよさんがアタシに対して浮ついた感情なんか持ってないだろう? その証拠に、今まで一緒に過ごしてきた長い時間の中で、そんな素振りは全くなかったじゃないか。普通に友達みたいな関係だった。だから今日になっていきなり恋愛感情が生まれるなんて不自然だ。あったとしてもそれは嘘だ」

ももこ「・・・・それなのにアタシはそんな未来のない嘘の恋にのぼせ上っていた。気が付くのがちょっとばかし遅かったな。バカだなあってつくづく思う」


やちよ「・・・・・・・」

ももこ「・・・・・・・」

ももこ「・・・・アタシだってな・・・・本気で人を好きなったことくらいある。その時は告白しようと決心もした。だけどできなかった。タイミングが悪いっていうくだらない理由でな。命に関わる代償を支払ったにも関わらずにだ。それなのに、アタシが好きになった人は、未だにアタシが好きだったってことすら知らない。そんなの、きっぱりフラれるのより辛いよ。このことは、アタシは一生引きずると思う」

ももこ「やちよさんの今日の振る舞いは、アタシに対する軽いいたずらだったのかもしれない。だけどな、そんな空回った恋に苦しむアタシに、手の届かない嘘の恋を見せてつけてあざ笑うなんて・・・・それはとても残酷なことだ」


やちよ「・・・・・・・」

ももこ「・・・・・・・」



38: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:34:39.35 ID:Fkt1CpLL0


やちよ「言いたいことはそれだけ?」

ももこ「ああ。アタシの事を笑いたければ笑えばいい。だがな、やちよさん。こんなことをするなんて、アンタにはがっかりだよ」

やちよ「がっかりしたのは私の方よ。貴女がそんなに勇気の無い人だとは思わなかった」

ももこ「おい、待て。アタシに勇気がないって? それはどういう意味だ。アタシがなんのために魔法少女に―――」

やちよ「貴女にも舎弟ができて、少しはしっかりした人になったと思っていたけど、全然そんなことはなかったのね。昔のまんま。私の金魚の糞で甘えん坊だった頃のももこちゃんのまま」

ももこ「なんで今その過去を蒸し返す? 喧嘩売ってるのか?」

やちよ「違うというのなら、少しくらい勇気を見せなさい。そして、これ以上お姫様を悲しませないことね」クルッ

ももこ「お姫様・・・・? なんのことだ」


やちよ「・・・・・・」スタスタ


ももこ「お、おいっ。どこに行く?」

ももこ「・・・・行っちまった」

ももこ「なんなんだったんだよ。本当に、もう・・・」

ももこ「はあ・・・・・」

ももこ「・・・・・・・」




39: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:36:56.19 ID:Fkt1CpLL0

  < ......スンッ


ももこ「・・・・・?」


  < ......グスッ



ももこ「・・・・・・・んっ? そこに誰かいるのか?」

ももこ「・・・・・・」スタスタ ....チラッ

ももこ「えっ?! レ、レナ?!」


レナ「ぐすっ・・・ひくっ・・・」


ももこ「なんでここに・・・。っていうか、レナなんで泣いてるんだよ?! 何があった?!」

レナ「ご、ごめっ、ぐす、なさいっ・・・・」

ももこ「えっ? 謝ってるのか? 何をしたか知らないけど、アタシは怒ってないから、大丈夫だから、落ち着いて」

レナ「ごめなさっ、い・・・。ももこがそんなに思いつめるなんて・・・」

ももこ「あっ、ああ・・・。さっきの聞いてたんだな・・・。でもそれはレナが謝ることじゃないだろ。やちよさんがまたおかしくなっただけだ」

レナ「違うのっ! ももこの恋人みたいに振舞ってって、やちよさんにお願いしたのはレナだからっ・・・!」

ももこ「れ、レナが・・・? どうして・・・・」

レナ「それは・・・・うぅ・・・・・」

ももこ「聞かせてくれるか?」

レナ「う、うん」


レナ「・・・・・・・レナには恋愛の事ってよく分からないけど・・・。でも、好きな人がいたってももこの話を聞いてから、街とかで何気なく辺りを見渡すと、カップルが結構目に入ってきて・・・」

レナ「みんな幸せそうに見えて・・・。そうしたら、レナ思ったの。ももこもほんのもう少しタイミングが良ければあの人たちみたいに幸せになれたはずなのに、って・・・・」

レナ「だから、レナがなんとかして、ももこにも幸せになってほしいって思った。それで、カップルたちのことを少し観察してみて、その人たちと同じような振る舞いをももこにしてみたりした・・・けど・・・うまくいかなくて・・・。レナがかっこいい人に変身してももこと付き合うとかも考えたけど、どうせももこはレナの変身は直ぐに見破っちゃうだろうし・・・」

レナ「そこでダメ元でやちよさんに頼んだら、引き受けてくれて・・・」

ももこ「そっか・・・・」

レナ「本当にごめんなさいっっ!! からかうつもりなんて本当になかったけど・・・。こんなに嫌な思いをさせちゃって・・・!」

ももこ「レナ・・・・」

ももこ( “からかうつもりはなかった” ・・・・・だとしたら、さっきやちよさんが言っていたあれは―――)




40: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:38:55.45 ID:Fkt1CpLL0


~~~~~~~~~~~~~~~~

やちよ「がっかりしたのは私の方よ。貴女がそんなに勇気の無い人だとは思わなかった」

~~~~~~~~~~~~~~~~



ももこ「・・・・・・・」

ももこ(・・・・・はあ、ダメだな、アタシは。やっぱりやちよさんの言う通りだ。アタシにはまるで勇気がない)

ももこ(傷つくのが怖い。ビックリした顔をされたら。キャラじゃないって笑われたりしたら)

ももこ(アタシは無意識に心の中でそう思っていた。だから理屈を並べて、からかわれているなんて勝手に決めつけて・・・・。自分を守るために逆上して、喧嘩腰になって)

ももこ(結局アタシは、自分に怖気づいただけだ。)

ももこ(きっとやちよさんは最初から真面目だった。本気だった。じゃなきゃレナのお願いだって断ったはずだ。中途半端なことはしない。人を傷つけるようなこともしない。もし図らず誰かを傷つけるようなことがあったら、死ぬほど心を痛める。あの人はそういう人だ)

ももこ(なんでアタシを? そんなの簡単だ。人を好きになるのに理屈なんてない。一度経験したアタシなら分かっていたはずなのに)

ももこ(それなのに・・・・そこまでしてくれたやちよさんに、アタシはあんな態度をとって・・・。やちよさん、きっと傷ついただろうな・・・。バカだ・・・アタシは何やってんだ・・・)


レナ「ぐすっ・・・・ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」



41: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:41:06.70 ID:Fkt1CpLL0

ももこ(それだけじゃない。アタシを慕ってくれるかわいい後輩をこんなにも悲しませて・・・)

ももこ(情けない・・・。アタシはなんて情けないんだ・・・!)

ももこ(大切な人を守るために強くなるって決めたのに・・・! 全然できてないじゃんかっ!!)


レナ「ももこお願い・・・やちよさんのことを悪く思わないで・・・」

ももこ「もちろん、分かってる」

レナ「悪いのはレナだから、やちよさんにはレナが謝る・・・」

ももこ「それは違うっっ!!」

レナ「ももこ・・・?」

ももこ「悪いのは全部アタシだ。だからレナ、頼むからそれ以上自分を責めないでくれ。やちよさんにはアタシが謝る。許してくれるか分からないが、土下座をしてでも、とにかく誠意を持って謝る」

レナ「でも・・・」

ももこ「アタシが謝らなきゃならないのはレナにもだ。本当にごめん!」 抱きしめ

レナ「わふっ」

ももこ「ちょっと苦しいかもしれないけどさ・・・今はこうさせてくれ・・・」 ぎゅう

レナ「んむっ・・・」


ももこ(ごめん。レナは悪くない。自分を責めないで。アタシは怒ってない。アタシのことを想ってくれてありがとう。嬉しいよ。大好きだ)

ももこ(そんな、伝えたいことはいっぱいある。言葉にして口にするのは簡単だ。だけど、アタシなんかじゃ、言葉にしただけじゃこの溢れる想いは伝えられない。アタシはレナ以上に不器用なんだ)

ももこ(だから、せめて代わりに、力いっぱい抱きしめさせてほしい)



ももこ「・・・・・」ぎゅう

レナ「・・・・・・・」


ももこ「・・・・・・・・・」ぎゅう

レナ「・・・・・・・」


ももこ「・・・・・・・・・・・・・」ぎゅう

レナ「・・・・・・・」






42: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:43:43.43 ID:Fkt1CpLL0

ももこ「・・・・・・・・・・レナ?」

レナ「・・・・なによ」

ももこ「なんか・・・やけにおとなしいな・・・? 喧嘩した後とかにこうして長く抱きしめていると、いつもだったらそろそろ、『キモイ』とか『うざい』とか、悪態をついてくるのに・・・」

レナ「は、はあ・・・? レナそんなひどいこと言ったことある?」

ももこ「結構あると思うけど・・・。ああ・・・もしかして、それ程までに自分を責めてるってことか・・・? 本当にごめんな・・・」

レナ「ん・・・いや・・・。ももこの気持ちは十分に伝わってきたと思う・・・」

ももこ「そう? それならいいんだけど・・・」


ももこ「・・・・・・・」ぎゅう

レナ「・・・・・・・」


ももこ(やっぱりちょっと様子がおかしいな・・・。だって・・・レナ、さっきからずっと・・・)


レナ「・・・・・/////」 どきんどきんっ


ももこ(触れ合った胸から、やけに心臓がバクバクしているのが伝わってくるし、夜の薄暗い街灯の光でもはっきり分かるくらい、顔も、耳まで真っ赤だし)


ももこ「・・・・・」

レナ「・・・・・/////」 どきんどきん


ももこ「レナ・・・?」

レナ「なによっ・・・・////」 どきんどきん

ももこ「何か、緊張してる?」

レナ「そ、そりゃ・・・するでしょうよ・・・////」 どきんどきん

ももこ「なんで?」

レナ「なんでって・・・」

ももこ「?」

レナ「・・・・・・・・例えばだけど」

ももこ「うん?」

レナ「今ここにさぁちゃんがいたとして、いきなりももこに抱き着いてきたら、ももこはどんな気持ちになる?」

ももこ「んー・・・? そうだなあ・・・。とにかく嬉しいかな? んっ、いや、嬉しいどころじゃないな。もう訳が分かんなくなって、緊張で固まっちゃうかも」


43: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:45:05.20 ID:Fkt1CpLL0

レナ「そうでしょ」

ももこ「うん」


レナ「・・・・・」

ももこ「・・・・・・」


レナ「・・・・・・・///」

ももこ「・・・・・???」


ももこ「えっ? 説明終わり? 今の例え話はなんだったの? アタシはさぁちゃんじゃないだろ」

レナ「・・・っ!//// 今のももこはさぁちゃんくらいに眩しくてかわいいって言ってんのっ!! レナにここまで言わせるんじゃないわよバカももこおッッ!!!/////」

ももこ「へあっ?! い、いやいやいや!! ウソだろ?!」

レナ「レナをウソツキ呼ばわりするとか何様?! 殴られたいの!?」

ももこ「あっ・・・いやっ・・・」

レナ「ふーっ/// はーっ!/////」どきどき

ももこ「ま、マジか・・・・」




  ・・・・トクン☆


ももこ「あっ/// くっ///////」どきっ

ももこ(なんてこった! こっちまで緊張してきた・・・!////)どきどき


レナ「だからさ」

ももこ「ぬあっ?!//// あ、な、なんだ・・・?」

レナ「これからはさ・・・。むやみやたらに抱き着いたりするのはやめてよね。勘違いする子、そのうち絶対出てくるから」


44: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:47:51.06 ID:Fkt1CpLL0

ももこ「あ・・・あ・・・」

レナ「女の子はそういう生き物だって、いい加減分かったでしょ。ももこもそんな女の子だってちゃんと自覚して」

ももこ「あっ・・・うっ・・・うっ・・・・ううぅっ・・・・・―――」

レナ「ももこ?」


ももこ「うわぁあああああああ!!!」


レナ「きゃあ?! なに?!」

ももこ「レナ! 髪留め貸してくれ!」

レナ「えっ? う、うん、いいけど。はい」

ももこ「サンキュ!」ファサ キュ

レナ「あ、いつもみたいに髪上げちゃうの? せっかく似合ってたのに」

ももこ「よし! 今すぐ鶴乃のところ行くぞ! 万々歳!」

レナ「今から!? 急になんでよ!? せっかくそんなにきれいな格好しているのにあんな汚い場所に行くとか信じらんないんだけど! それに、さっきやちよさんと食事したんじゃないの?」

ももこ「食べたけど、あんな食事、上品でおいしいのはいいが量が少なくて全然腹に溜まんないんだって。食べ方にもいちいち気を遣わなきゃならなくて窮屈だし。今はとにかく何も考えずに鶴乃のラーメンにかぶりつきたい!」

レナ「でも・・・」

ももこ「いいから! ほら行くよ!」グイグイッ

レナ「きゃ、分かったから引っ張らないで!」

ももこ「・・・・・・・」スタスタ

ももこ「・・・・・ぅぅっ~~////」 目を伏せ


ももこ(『女の子はそういう生き物だって、いい加減分かったでしょ』)

ももこ(ああ、分かったよ。身に染みてよく分かった。気が付かせてくれてありがとう、レナ。すごく嬉しいよ。・・・・嬉しいけど、16年間も知らなかったんだ。恥ずかしすぎて、今すぐにそれを扱いこなすのは無理そうだ。ごめん。でも少しずつでも慣れてふさわしい振る舞いができるようになるからさ)

ももこ(やちよさん。後でちゃんと謝りに行く。だからと言ってあんな態度をとった後に、やっぱりもう一度アタシのことをちゃんと見てくれ、なんて、そんな都合のいいことは言わない。だけど、これをきっかけに、やちよさんと肩を並べるくらいの女性を目指す。時間はかかるかもしれないが、少しずつでも磨いていくから)

ももこ(そうすればきっと、一回の失恋だけでへこみっぱなしにならないくらいの勇気を身に着けられると思う。そして、そんな勇気を持った者にしか辿り着けない、今の自分を乗り越えた先の景色を見る。絶対に)


ももこ(ありがとうレナ。そこまでアタシの背中を押してくれて)

ももこ(ありがとうやちよさん。そこからアタシの手を引いてくれて)




45: ◆LXjZXGUZxjdx 2019/04/21(日) 16:55:52.17 ID:Fkt1CpLL0

ももこ「・・・・・・ふっ」

ももこ「・・・・・くぅぅっ~! ふふっ、うっはっはっはっは!」

レナ「なんなの? 気持ち悪い声出して。頭のネジでも外れた?」

ももこ「なんかさー、楽しくってな! 生まれ変わった気分だよ! これが違う自分ってやつかな!」

レナ「違う自分・・・ねえ・・・」

ももこ「なあなあ。レナはなんか浮いた話無いのかよ?」

レナ「えっ?」

ももこ「恋は女を変えるんだぜ~? うっへへ//// こんなセリフも言えるようになっちゃうなんて、ももこさん憎いねー!」

レナ「・・・・・・・・」




~~~~~~~~~~~~~~~~

レナ「だったらレナがももこの恋人になるからっ!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~




レナ「・・・・・・」

レナ(違う自分・・・・・)

レナ(レナは、今のレナを変えたいだなんて思わない)

レナ(色んな人は、今のレナが嫌い。それは辛い。けど、ももこが見てくれる今のレナのことは、レナは好き)

レナ(そして、レナは、自分を好きにさせてくれたももこのことが・・・一番好き)

レナ(言うつもりなんてなかった告白を、勢いとはいえ言ってしまったけど、ももこは冗談としてでしか受け取らなかった)

レナ(ももこにとってレナはそういう存在。そんなの最初から分かってた。だから、もういいの。そんなももこも好きだから)

レナ(レナの好きな人が、幸せになってほしい。望んでいた恋をして、理想の自分になってほしい)

レナ(レナの望みはそれだけ)





ももこ「レナさんよっ。好きな人ができたら真っ先にアタシに教えろよー? 今度はアタシがしっかりフォローすっから!」

レナ「・・・・・・・・・・・」


レナ「・・・ばーか」






おわり