1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:04:06.23 ID:/eUHRUlR0
※ガキの使いやあらへんで!!の「きき○○シリーズ」のパロディです。

※特にこれといったオチがあるわけでありません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397210646

引用元: モバP「ききアイドルの匂い選手権ですか?」 



THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 27 Vast world
V.A.
日本コロムビア (2019-03-20)
売り上げランキング: 523
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:05:24.30 ID:/eUHRUlR0
ちひろ「はい。これからプロデューサーさんには目隠しと耳栓をして、あるアイドルの匂いを嗅いでもらいます。」


ちひろ「その後、こちらが用意した10人のアイドルの中から、誰の匂いだったかを当ててもらいます。」


ちひろ「参加者の皆さんには、香水等の匂いの特定が用意なものは控えるように言ってあります。」


ちひろ「流れとしては、まず一人アイドルを選んで匂いを確認。その人が正解か不正解かを決めてもらいます。

   一度選んでしまうと、パスをすることはできませんので慎重に決めてください。」


ちひろ「見事正解した場合、私から商品を差し上げます。が、間違えた場合は罰ゲームを受けてもらいます。」


モバP「罰ゲーム・・・?」


ちひろ「女性にとって他の女の人と間違われる、もしくは自分のことを覚えてもらえなかった、というのは失礼にあたります。

   償いとして、間違った答えとして選んでしまったアイドルの方の命令を24時間なんでも聞いてもらいます。」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:06:00.60 ID:/eUHRUlR0
モバP「ルールは分かりましたが、俺にやらないという拒否権はありますか?」


ちひろ「ありませんよ。もう準備が出来ていますので。」


モバP「まぁ、正解すればいいだけの話ですからね。担当のアイドルの匂いなら、たぶんわかると思いますよ。」


ちひろ「話が早くて助かります。」


ちひろ「では、こちらの椅子に座ってください。」


ちひろ「あと、お触りは禁止です。触感で分かることもあるかもしれませんからね。首から上以外は動かさないでくださいね。」


ちひろ「それじゃ、目隠しと耳栓をしますね。」


モバP「はい。」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:06:58.21 ID:/eUHRUlR0
モバP(何も見えない、聞こえないってのはドキドキするなぁ・・・)


モバP(ん・・・なにかが目の前にあるような・・・)クンクン


モバP(これは・・・頭か・・・?髪の毛の匂いだな・・・)


モバP(ん~正直匂いしか情報がないって・・・)スンスン


モバP(分からん・・・女性特有のいい匂いってところは分かるんだが・・・)クンカクンカ


モバP(小さい子・・・ではないだろうな・・・)スーハースーハ


モバP(特に気になるような匂いもしてこない・・・)


ちひろ「はい。時間です。目隠し外しますね。」


モバP「案外わからないものですねぇ。誰だったか見当がつきませんよ。」


ちひろ「そうでしょう。では、こちらへどうぞ。みなさんお待ちですよ。」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:09:36.96 ID:/eUHRUlR0
モバP「流石に10人も並んでいるのを見ると、壮観ですね。」


ちひろ「皆さんには指名されるまで、なるべく話をしないように言ってあります。さぁ、最初は誰にしますか?」


モバP「そうですねぇ・・・たぶん子供ではなかったと思うので・・・薫でお願いします。」


薫「はーい。せんせぇ、どーぞ。」


モバP「おう、それじゃ失礼してっと」クンクン


モバP「うん、違うな。」


ちひろ「早いですね。まぁ、まだ一人目ですからね。」


モバP「こんなに甘い感じの匂いじゃなかったんですよね。これは分かりやすいです。」


モバP「私が嗅いだのは・・・龍崎薫ではございません!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:10:52.10 ID:/eUHRUlR0
ピポピポピポーン


ちひろ「さぁ、どんどん行きましょうかー。」


モバP「この流れで・・・次は桃華でお願いします。」


桃華「わたくしですわね!さぁ、Pちゃま」


モバP「あぁ、それじゃ」クンクン


モバP「うん、これも違うな。」


ちひろ「感想を聞いてもよろしいですか?」


モバP「桃華のは・・・なんというか甘いんですけど・・・ふわっと広がる爽やかさがある、いい匂いがするんですよねぇ。」


モバP「えー、私が嗅いだのは櫻井桃華ではございません!」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:14:44.84 ID:/eUHRUlR0
ピポピポピポーン


モバP「よしっ」グッ


ちひろ「ここまでは順調ですねぇ。次は誰にしますか?」


モバP「では、輝子でお願いします。」


輝子「フヒ・・・私の出番・・・」


モバP「おう、少しだけ我慢してくれよなー」クンクン


モバP「うん、違う。」


モバP「なんというか、こんなじめっと・・・というかしっとりした感じではなかったな。」


モバP「私が嗅いだのは星輝子ではございません!」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:23:01.75 ID:/eUHRUlR0
ピポピポピポーン


ちひろ「次はどなたにしますか?」


モバP「ちょっと方向性を変えて・・・美世でお願いします。」


ちひろ「年下から攻めていくと思いましたけど・・・どうしてですか?」


モバP「ちょっと大人組の匂いも嗅いでおこうかと思いましてね。」


美世「あたしの出番ね。今、行くよーっ!」


モバP「では、失礼します。」クンクン


モバP「・・・違うな。かすかにオイルの匂いが混ざってる・・・」


モバP「私が嗅いだのは原田美世ではございません!」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:24:55.35 ID:/eUHRUlR0

ピポピポピポーン


ちひろ「サービス問題でしたかね。次は誰にしますか?」


モバP「もう一人大人に挑戦してみようかと。川島さんでお願いします。」


瑞希「私ね。わかるわ。」


モバP「では、失礼します」スンスン


モバP「違いますね。」


モバP「こんなもわっとした感じの匂いでは、ありませんでしたね。」


モバP「えー私が嗅いだのは川島瑞希ではございません!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:26:29.58 ID:/eUHRUlR0
ピポピポピポーン


ちひろ「さぁ、折り返し地点の6人目。誰にしますか?」


モバP「そうですねぇ・・・では、凛でお願いします。」


モバP「一番付き合いが長いのですからね。これも違いがわかりやすいかも知れないので。」


凛「ん?私?いいよ、はい。」


モバP「おう。」クンクン


モバP「ん?」クンクン


ちひろ「どうしましたか?」


モバP「・・・近いんだよなぁ、今までで一番。」クンクン


モバP「たしかにこんな感じだったんですよ・・・」


モバP「あー、でもなぁ・・・・・・」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:28:03.03 ID:/eUHRUlR0
凛「もっと近くで嗅いでみたら?いいよ、私は。」


モバP「それじゃ、お言葉に甘えて・・・」スンスン


凛「んっ・・・ちょっとくすぐったいかな///」


モバP「あ、あぁ、すまん!」


凛「気にしないで。続けて。」


モバP「もう少しだけ我慢してくれよな」クンカクンカ


凛「んっ・・・はぁ・・・///」



モバP「・・・・・・・・・」


モバP「こんな感じだったんだけどなぁ・・・でもなぁ・・・う~ん・・・」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:33:07.76 ID:/eUHRUlR0
ちひろ「ここに来て長考ですね。」


モバP「・・・違うな。」


モバP「気のせいかもしれないけど、微かに、本当に微かにだけど花の匂いがするんだよなぁ、凛は・・・」


モバP「決めました。」


モバP「私が嗅いだのは渋谷凛ではございません!」


モバP「・・・・・・・・・・・・・」








ピポピポピポーン

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:46:41.67 ID:/eUHRUlR0
モバP「ほっ。」


ちひろ「見事正解ですね。このあたりから厳しくなってくるんじゃないですか?」


モバP「そうですね。ここで勝負に出ます。奈緒をお願いします。

   これまでの情報から、凛の年代に近い子のような気がするんですよ。」


奈緒「あ、あたしかよ!さっさと終わらせろよな!」


モバP「善処するよ。」クンクン


モバP「!?」


モバP「あーーーーーーーっ!!」


奈緒「急に大声出すな!びっくりするだろうがっ。」


モバP「すまん。でも、近い!近いぞ!」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:47:51.21 ID:/eUHRUlR0
モバP「もう少しだけ嗅がせてくれ!」


奈緒「し、しょうがねぇなぁ。少しだけだぞ」


モバP「助かる」スンスン


奈緒「ば、馬鹿っ!近いって・・・んんっ・・・・・・」ビクン


モバP「」クンクン


奈緒「なぁ、プロデューサーさん・・・まだかよぉ・・・んぁ・・・///」


モバP「もう少しだけ・・・もう少しだけだから・・・」クンカクンカ


奈緒「ぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・。ち、ちょっと・・・これ以上は・・・ホントに・・・あっ・・・///」ビクンビクン


モバP「・・・すまん。だけど、おかげで助かったよ。」


奈緒「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・うん・・・///」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:48:41.61 ID:/eUHRUlR0
モバP「・・・・・・・・・」


モバP「・・・・・・・・・」ウロウロ


モバP「奈緒なんですね。」クルッ


ちひろ「はい?」


モバP「奈緒なんでしょう?」


ちひろ「・・・・・・・・・」


モバP「奈緒なんだろーーーーー!!!」


ちひろ「・・・・・・・・・」


モバP「・・・・・・・・・」ウロウロ


モバP「はぁ・・・」


モバP「奈緒なんだよなぁ・・・」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:52:11.09 ID:/eUHRUlR0
モバP「でもなぁ・・・まだ他の人もいるんだよなぁ・・・」


モバP「・・・・・・あー、決めました。」


ちひろ「決まりましたか?」


モバP「これ以上迷っても、仕方ないですからね。」


モバP「えー、私が嗅いだのは・・・・・・神谷奈緒です!!」


モバP「・・・・・・・・・・・・」


モバP「・・・・・・・・・・・・」


モバP「・・・・・・・・・・・・」ドキドキ

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:54:00.70 ID:/eUHRUlR0
ピポピポピポーン


モバP「よっしゃー!!」


ちひろ「おめでとうございます。かなり悩んだ末の結論だったようですか・・・」


モバP「えぇ、途中から、どんどん最初にかいだ匂いがどんなものだったか

   曖昧になって、最後は勘で決めましたね。」



ちひろ「では、見事正解したプロデューサーさんには賞品を差し上げます。

    はいっ。こちらが商品です。」


モバP「?こちらって・・・奈緒が立っているだけですけど、どこにあるんですか?」


ちひろ「奈緒ちゃんには24時間プロデューサーさんの言うことを聞くように言ってあります。」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/11(金) 19:54:30.91 ID:/eUHRUlR0
ちひろ「罰ゲームがあったのはプロデューサーさんだけではなく、

    参加していたアイドルも同じってわけなんですよ。」


奈緒「な、なんで当てるんだよ~。ば、馬鹿Pっ!」


モバP「い、いや・・・まさかこんな賞品だとは思わなかったからさ・・・」


奈緒「まぁ、罰ゲームだから!罰ゲームだから、さ。Pさんの命令には従ってやるよ///」


ちひろ「さて、本日はこれでおしまいです。
   
    また機会があればプロデューサーさんには、強制的に参加していただきますので

    乞うご期待です」




おわり