1: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 11:10:38.48 ID:wgevvg+l0
風間「ゴホ、ゴホ!!」

風間「あぁぁ…なかなか熱が下がらないな…」グッタリ

カララッ

風間「!?」

風間「な、なんだ、勝手に窓が開いたぞ!?」

ドカドカ

芦花「わ~い!風間さんの部屋だ!風間さんの部屋だぁ~~!」wktk

桜「ここが先輩の部屋か…うん!悪くない所ですね!」

千歳「しかし土成分が足りないな」

風間「」

桜「あ、先輩!」

芦花「お見舞いに来ましたよ風間さん!」

風間「堂々となに不法侵入してんのお前らーーー!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397268638

引用元: 芦花「お見舞いに来ましたよ風間さん!」 



ディーふらぐ! 13 (MFコミックス アライブシリーズ)
春野友矢
KADOKAWA (2018-08-23)
売り上げランキング: 19,997
3: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 12:08:12.65 ID:wgevvg+l0
芦花「不法侵入とは人聞きの悪い」

桜「私たちはちゃんと先輩のお母さんにも、之江っちにも許可をとった上で、家にお邪魔させてもらったんだよ?」

風間「え、そうなの?」

千歳「電話でだけど」

風間「改めて挨拶してこい!!!」

芦花・桜「えーーケチーー」

千歳「お前不良の癖に、意外と細かいっつーか小言多いよな」

風間「お前らは本当に常識が足りないよな!!」

4: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 12:12:17.11 ID:wgevvg+l0
コンコン

風間「ん?誰だ」

高尾「お、お邪魔しまーす…」

風間「お前も来てたのか!?」

高尾「え、ええ…ごめん。芦花達引きとめようとしたんだけど、ズイズイと屋根まで登っていっちゃって…」

風間「……」

千歳「なんだよ優等生ぶって、お前も屋根から来い」

芦花「そうですよ!団体行動は大事ですよ!」

風間「だからテメェらは礼儀を弁えろっつーの!!」

5: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 12:13:38.46 ID:wgevvg+l0
桜「先輩思ってたよりも元気ですね」

風間「ああ本当だよ!お前らのおかげでな!(怒)」

風間「くそ…なんか怒鳴ってたら更に頭痛くなってきた…」フラッ

高尾「あ、だ、大丈夫?」

風間「少し横になるわ」

桜「じゃあ私たちは、やかんで水を沸かして白湯でもお作りしましょうか?」

風間「ああ。そのついでに母さんに挨拶して来い」

高尾「じゃ、じゃあ…ごゆっくり…」

芦花「お大事に~」

千歳「後で差し入れ出すから待ってろよ」

風間「お、おう」

バタンッ

風間「……」

風間「……って、湯を沸かすだけなのに4人で下に行く必要ないだろう」

6: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 12:14:28.29 ID:wgevvg+l0
コンコン

風間「おう入って良いぞ」

多摩「お邪魔しま~す」

風間「って多摩先輩!?アンタも来たのか!!」

多摩「さっき下でちーちゃん達に合ったけど、先を越されたみたいねぇ」

多摩「それにしても大丈夫ぅ~?もう三日間も休んでるんだってぇ?」

風間「ああ…なかなか下がらなくて…ゴッホ、ゴホ!!」

多摩「差し入れ持ってきたからねぇ~どうぞ~」

風間「あ、どうもすいません…ってなんでコロッケ?」

多摩「私コロッケ好きなんだ~」※

風間「へ、へぇ…」モグモグ

※ 8.5巻参照

7: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 12:15:33.42 ID:wgevvg+l0
多摩「んでもう一つの差し入れはっと…」

風間「DVD?」

多摩「うん。ちょっとDVDデッキ借り手良いかな」

風間「はぁ…」

多摩「ありがとね~」ガチャ

『ハッケヨーイ、残った!』

風間「ただの相撲観戦かよ!!」

多摩「そうだけどぉ?堅次くんを元気付けようとおもってぇ」

『残ったぁ!残ったぁ!』

風間「余計頭痛くなるわぁ!」

多摩「え~?ダメねぇ、日本男児なんだしぃ、相撲くらいみないとぉ」

風間「少なくとも風邪ひいてるときに見たくねーーー!!」

多摩「しょうがないわね、んじゃ歌舞伎のDVDを」

風間「DVD鑑賞は一切お断りで!!」

8: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 12:17:48.10 ID:wgevvg+l0
ガチャッ

芦花「風間さーん、白湯持って来ました!」

桜「は、はいどうぞ」スッ

風間「おうサンキュ」スッ

千歳「つーかお前のバカ声が下まで響いてたぞ。本当に体調悪いのか?」

風間「うっせぇな…これでも相当辛いんだぜ今」ゴクゴク

ゴソソ

芦花「あ、風間さん!ベットの下にこんなものを見つけたんですが…」

千歳「ん?これは●●本じゃないか」

風間「ブゥゥゥゥゥ!!!!」

9: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 12:18:43.10 ID:wgevvg+l0
桜「うわ!先輩吐かないくださいよ!」

千歳「汚いなお前」

風間「お前ら…何を勝手に…ゴホゴホ」

多摩「へぇ~堅次くんってぇ、こういう女性が好みなんだ」

高尾「か、風間が●●本を…」

芦花「……」シラー

風間「な、なんだよ…」

芦花「●●●」

桜「●●●」

千歳「●●●」

高尾「●●●」

多摩「●●●」

風間「うっせぇ!!!!つーかいい加減その本はしまってくれ!!///」

10: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 12:19:48.05 ID:wgevvg+l0
風間「はぁはぁ…お前ら…俺の体調を悪化させに来たのか…」グラッ

高尾「あ、そうだ!忘れたてたわ!」

高尾「はいこれ」ススッ

風間「……鍋?」

芦花「ええ、私と高尾さんで卵味のお粥を作りました」

風間「ほぅ、少しはマトモな事してくれるじゃねぇか」

風間「んじゃ、いただきまーす…」

高尾「あ!待って!」

風間「なんだよ」

高尾「私が…その…あ~んしてあげるから///」カァァ


風間「」

16: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:22:21.91 ID:wgevvg+l0
芦花「あ!!それはずるいです!私も風間さんにあ~んをして上げたいです!!」

桜「私もしたーい!」

高尾「え…だ、だめ!私だ最初に言ったんだから」

風間「いや、自分で食うから…」

芦花「はい?なんとおっしゃいました?(闇属性)」ゴゴゴゴゴ

桜「ふーん……」ゴゴゴゴゴ

高尾「あぅ…一人で食べちゃうの…?」ウルウル

風間「あーもう分かったよ!!ありがたく食べさせてもらいます!!」

18: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:24:48.96 ID:wgevvg+l0
高尾「じゃ、じゃあまずは私からね…」

高尾「は、はい、あ~ん///」スッ

風間「あん…」ドキドキ

高尾「ど、どう?」

風間「うっ!!?」

高尾「ど、どうしたの!?」

風間(うげぇ…メチャクチャ甘い…もしかして塩と砂糖を間違えたのか?)

風間(しかもこの砂糖の量…尋常じゃないぞ)

高尾「もしかして…マズイの…」ウルウル

風間「……」

風間「……いや、う、ううう、美味いぞ(棒)」

高尾「そっか!良かった…」パァァァ

風間(はぁ…マズイなんで言えないよな)

19: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:26:13.36 ID:wgevvg+l0
桜「それじゃ次は私ですね」

桜「はい、あーん」

風間「あん…」パクッ

風間(やっぱり恥ずかしい…////)ドキドキ

芦花「次は私の番です」

芦花「はい、あ~ん」

風間「あん…」パクッ

芦花「美味しいですか?」

風間「さっき美味しいって言っただろ」

芦花「良かった…やはり隠し味に、沢山を砂糖入れておいて正解でしたね!」

風間「味付けしたのお前か!!!つーか故意にやったのか!!!」

高尾「さ、砂糖を大量に!?あんた大丈夫なの!?」

風間「すまん…本当は、口の中がザラザラしてあんまり美味くない…」

高尾「」ガガーン

芦花「そ、そんな…風邪を治す為に敢えてエキセントリックな方法を用いたのに…!」

風間「仮に砂糖入れるにしても、大量に入れすぎなんだよお前は!!」

20: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:27:25.27 ID:wgevvg+l0
風間「ったく…」

高尾「じゃ、じゃあ、作り直す?」ウルウル

風間「……」

風間「いや、いい。全部食うよ」

風間「せっかく作ってくれたんだしな。こんなんでも」

高尾「風間…」パァァァ

芦花「風間さん流石です。何だかんだで隠し味が気に入ってるんですね」ニコッ

風間「いやそれはない」キッパリ

芦花「」ガーン

多摩「じゃあ次は私が食べさせてあげるわぁ」ススッ

風間「あん……結局、これは続けるんだな」モグモグ

千歳「しょうがないな、私もやってやるか。おい、土下座しろ」

風間「おれ病人!!そしてお前は客人な!!」

千歳「ああそうだ、私からの差し入れ忘れてた」

千歳「ほら、おはぎだ」

風間「……それ、どうみても泥団子だよな?」

千歳「違う。砂場で作ったおはぎだ。団子ではない」

風間「変わらねぇし!!言い方変えて誤魔化しても意味ねぇーー!!」

21: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:28:07.04 ID:wgevvg+l0
~~

風間「ふぅ…食ったりツッコミしてたらなんか眠くなってきたなぁ…」

風間「今度こそ横になるわ」

芦花「え~?もう寝ちゃうんですか~」

風間「……」←もうツッコム気力も無い

高尾「ま、まあ…あんまり長いしてたら迷惑だし…」

風間「zzz…」

多摩「あ~、完全に寝ちゃったわぁ」

千歳「寝るの早いな、のび太くんかコイツは」

22: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:29:55.11 ID:wgevvg+l0
桜「それにしても先輩、明日には元気になってくれるのでしょうか」

芦花「確かに…いつも通りツッコミを入れていたとはいえ、何処となく調子が悪いのは良く分かります」

風間「zzz…」

千歳「ツッコミのスタミナは凄いもんな風間は」

高尾「…でも今日はアッサリ寝ちゃったし」

風間「う~ん…zzz…」

芦花「っ!良いことを思いつきました」

高尾「え、なに?」

芦花「良いですか皆さん…」

芦花「―――」ヒソヒソ

高尾「え…えええええ!?」

多摩「へぇ~良い案じゃない」

千歳「ま、芦花の言う事だ。やってやるか」

桜「なんかドキドキしちゃう!」

高尾「で、でもそれって恥ずかしくない…?」

芦花「これも風間さんの病気を一刻も早く治すためです!」

23: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:31:39.75 ID:wgevvg+l0
多摩「私は堅次君の真下ね」

芦花「大丈夫ですか多摩先輩?」

多摩「しょうがないじゃない~クジ引きでそうなったんだしぃ」

桜「多摩先輩、ラッコみたい」

多摩「こうしないと堅次君の髪が顔に当たって痛いのよ。それに重いし」

多摩「だからコアラの親子みたいにしたのよぉ///」ギュゥゥゥ

芦花「私は風間さんの右隣~///」ギュゥゥゥ

桜「私は左隣~///」ギュゥゥゥ

高尾「わ、私は…風間の体の上に///」ギュゥゥゥ

千歳「私は…芦花の隣だ」

芦花「すいません千歳…」

千歳「いいんだよ。それに私がいるだけでも熱気が更にこもるし、無駄では無い筈だ」

24: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:32:38.37 ID:wgevvg+l0
~数時間後~

風間(う~ん…)

風間(な、なんだか…異様に体が熱い)

風間(それに重い)

風間「……ん?」パチッ

風間「っ!!?お前ら何やってんの!?///」

桜「あ、先輩起きた」

芦花「私たちが風間さんに、汗を掻いてもらおうと思いまして、体に密着し添い寝をしました…(炎属性)///」

風間「いくら汗を掻いてもらう為っつったって、恥ずかしくねぇのかよ///」

高尾「は、恥ずかしいわよ!///でもアンタがなかなか学校に来ないし、しょうがないじゃない!///」

千歳「zzz…」

多摩「ごめん…流石の私も…そろそろ限界かもぉ…」

風間「あんたはずっと俺の後ろにいたのか!?」

多摩「えへへへ…頑張ったんだよ私?」ナデナデ

風間「か、髪を撫でるな…///」

多摩「うわ、チクチクする!」

風間「うるせぇ!」

風間「と、とりあえず全員離れてくれ…身動きとれん///」

25: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:33:57.91 ID:wgevvg+l0
ガチャッ

風間母「えっと皆、そろそろ夜も遅いし、親子さんも心配するんじゃないかな?」

風間「」←皆と添い寝

風間母「」タバコオトス

風間「い、いや待て!誤解だ!コレには深いわけが…!!」

風間母「まあ…うん、なんだその」オドオド

風間母「若いうちは…な?ははは…少しくらいハメ外してもな…」ガクガク

風間母「で、でもあれだ。若いうちだけだぞ、こんなのは?」

風間母「それと…なんだ、こ、今回だけだぞ?こんなのは」

風間母「じゃ、じゃあな。邪魔してごめん」オドオド

バタン

風間「違うんだーーーー!!!!」

全員(……///)

26: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:34:45.26 ID:wgevvg+l0
~~~

風間「ったく…お前ら…」ビッショリ

芦花「あ、でも汗は沢山掻きましたね」

風間「あんなにギュウギュウ詰めにされたらイヤでも汗かくわ」

芦花「じゃあそろそろ次の作戦に移りますか」

風間「へ?」

桜「失礼しまーす先輩」ススッ

風間「!?」

千歳「下は私にまかせとけ」ササッ

高尾「きゃ///風間がパンツ1丁で…」

風間「お前らなんで、俺の服を脱がしてるの!?」

芦花「汗をかいたら、体を拭くのは当然ですから」

風間「俺が一人でやるわ!!」

27: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:35:59.71 ID:wgevvg+l0
ギャーギャー、ワーワー

ガチャッ

之江「ちょっと兄貴、うるさいんだけど…」

風間「」←女子の前でパンツ1丁

之江「」

風間「あ、いや、待て!誤解だ!!」

之江「」プルプル

之江「バカ…」グスッ

之江「お、お、お…お兄ちゃんのバカァァーーー!!!!」ダダッ

風間「ち、違うんだーーーー!!!」

28: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:36:37.52 ID:wgevvg+l0
風間「……」

風間「お、お前ら…!!」ギロッ

全員「……」

芦花「●●●」

桜「●●●」

千歳「●●●」

多摩「●●●」

高尾「…………●●●」ボソッ

風間「どの口言うかテメェら!!!」

29: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:37:22.72 ID:wgevvg+l0
~次の日・学校~

船堀「あ、風間さんお久しぶりです!」

風間「おう」

風間(色々あったけど、熱下がったな…)

風間(ま、アイツらの努力も無駄では無かったな)

風間(……でも、もうあんな経験は勘弁だな)ガックシ

船堀「すいません風間さん…実は私、お見舞いに行こうと悩んだんですが」

船堀「邪魔をしてしまうと思い、行くか行かないか悩んでて…結局いけませんでした…」

風間「あ、いや、大丈夫だ、来なくて正解だった」キッパリ

船堀「え…そ、そうなんですか」ウルウル

風間「あ…いや、別に来るなって意味じゃないぞ?だからそう泣くな…」

船堀「は、はい…」グスグス

30: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:38:22.01 ID:wgevvg+l0
~放課後~

風間「……まだ病み明けだしな、今日は部活よらなくて良いよな」

風間「ただいま~」ガチャッ

風間母「……」ガクガク

風間「なんだよ母さん…そんな震えて」

風間母「今日は……抑えなよ、堅次?」

風間「はぁ?何言ってんだ」

31: ◆YOQhKJFZPE 2014/04/12(土) 13:39:19.11 ID:wgevvg+l0
ガチャッ

芦花「風間さん…ゴホゴホ、遅いじゃないですか…」

桜「ゲホゲホ…私、ずっと白湯飲んでるのに、なかなか体調が良くなりません」

千歳「お前も薄情者だよな…誰の家にも連絡せず、真っ先に自分の家に帰るとか…ゴホゴホ!」

多摩「堅次くん…私、こんなに体調悪くなったの久しぶり。責任とってよぉ~ゴホゴホ!」

高尾「あうぅぅ…ゲホゲホ、頭痛い…風間、私の事看病して…」


風間「テメェら何故ウチにきた!!!家で安静にしてろ!!!!」


終わり