1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 21:46:53 ID:J0Pg/rKA
アルミン「エレン触ってみてよ」 


進撃の巨人(28) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2019-04-09)
売り上げランキング: 167
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 21:49:28 ID:J0Pg/rKA
エレン「やだよ。何で俺がやんなきゃいけねーんだよ」

ライナー「頼む!お前しかできるやつはいないんだ!」

ベ「僕からも頼むよ」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 21:53:23 ID:J0Pg/rKA
アルミン「明日の朝食のパンあげるからさ」

エレン「あのな~アルミン。俺はサシャじゃねーんだぞ」 


7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 21:59:25 ID:J0Pg/rKA
アルミン「僕が昨日胃に穴が開いて血を吐いたことは知ってるだろ」

アルミン「僕にはもうこれくらいしか考えられないんだよ!!」

ライナー「そこまで弱ってたとは…」

ベ「頼むよエレン!皆の頼みなんだ」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 22:01:43 ID:J0Pg/rKA
エレン「…わかったよ。明日触ってきてやるよ」

アルミン「本当!?ありがとうエレン!」ニコッ

ライナー「可愛い!!」ドキッ 


11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 22:05:58 ID:J0Pg/rKA
ベ「えっ!?やっぱりライナーは●●なのか」

エレン「そうなのかよ。うわぁ…」

ジャン「お前らさっきからうるせぇぞ!就寝時間過ぎてるだろうが!」

エレアルライベ「お前のほうがうるせぇ!!」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 22:14:28 ID:J0Pg/rKA
次の日

エレン「結局あの後教官が来て5人は死ぬまで走ることになった」

アルミン「誰に言ってるのエレン?」

ライナー(そんなことはどーでも良いだろアルミン)

ライナー(今日エレンがクリスタの口を触る)

ベ(それでエレンが成功すれば僕らも行くって作戦だったよな) 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 22:21:30 ID:J0Pg/rKA
アルミン(うん。そうなんだけど…)チラッ

ミカサ「」ゴゴゴゴ

アニ「」シュッシュッ

アルミン「多分昨日の話をあの2人に聞かれたんだと思う」

アルミン「ミカサは3日に1回位でエレンの寝顔を見に来るんだ」

アルミン「そして昨日した話をアニに話したんだと思うよ」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 22:23:54 ID:J0Pg/rKA
ライナー「それじゃあどうするんだ!」

ベ「エレンが触れないじゃないか!」

アルミン「いや今日はもう諦めよう。明日休暇だからその日にして貰うんだ」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 22:27:01 ID:J0Pg/rKA
エレン「わかった。明日だな」

アルミン「うん。そうしてくれると助かるよ」(全然わかってないようだけど)

ミカサ「エレン」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 22:34:04 ID:J0Pg/rKA
ミカサ「エレン。あんな女の唇なんか触っちゃダメ」

ミカサ「エレンが汚れてしまう」

ライナー「ミカサ!!今のは許せねぐはぁぁ!!」ドガッシャァァン

アルミン「またライナーに理由のない暴力が襲った…」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 22:38:34 ID:J0Pg/rKA
クリスタ「ライナー大丈夫!?すぐに治療室に連れてかなきゃ!」

ユミル「ほっとけって。いつもどうりだろそいつは」

アルミン(天使だ…)

ベ(天使…)

ライナー(結婚したい…) 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 22:52:10 ID:J0Pg/rKA
ミカサ「アルミン…後でちょっと話がある」

アルミン「うん。わかったよ」(ああ…また胃痛が)キリキリ

エレン「お前ら最近話すこと多いよな」

アルミン「確かにそうだね」(全部エレンのせいなんだけどね)キリキリ

サシャ「アルミン!!いなくなるならパァン下さい!!」

アルミン「ああ、もういいよ…」

エレン「大丈夫かお前?最近サシャにパンあげてばっかじゃないか」

アルミン「大丈夫だよエレン」(胃痛に比べればね…) 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 23:00:33 ID:J0Pg/rKA
ミカサ「アルミンどうして昨日あんなこと言ったの?」

ミカサ「答えによってはアルミンでも許さない」

アルミン「えっとそれはね~…」(ダメだ…エレンがクリスタの唇にさわるところを見て●●●●しようと思ったなんて言えない…) 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/27(月) 23:14:32 ID:J0Pg/rKA
アルミン「ミカサそれはエレンに女性というものを知ってもらうためだよ」

ミカサ「それは私にも出来るけど…」

アルミン「ミカサじゃ駄目なんだ。ミカサはエレンの好きなようにやるじゃないか」

アルミン「その点クリスタは女性らしい感じだから仕方なく…選んだんだ…」 


24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 19:36:22 ID:.j8THuuc
続き書きまーす

ミカサ「そう…それなら仕方ないけど…クリスタが変なことしたら私は止める」

アルミン「大丈夫だよミカサ。僕らの天使にそんなことはないよ」

ミカサ「そう…それなら戻ろう、エレンのところに」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 20:01:16 ID:.j8THuuc
その日の夜

ライナー「お前明日頑張ってくれよ。お前のせいで今日の格闘術アニとミカサに蹴られまくったからな」

アルミン「お気の毒に…それよりもう誘ったのかい?」

エレン「ああ!さっきの休憩時間の時に誘って成功したぜ!」

エレン「お前ら楽しみにしとけよ!」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 20:08:24 ID:.j8THuuc
ベ「うん…そうだね」(何か緊張してきたよ!)

ライナー(ベトベトンお前もか)

アルミン(何故か胃が痛くなってきたよ…)キリキリ

エレン「どーしたお前ら大丈夫か?」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 20:11:45 ID:.j8THuuc
次の日

エレン「よし!!外出申請してきたぜ!」

アルミン「うん。僕らも一応しといたよ」(ミカサとアニとユミルもしたから僕らが押さえなきゃ)

エレン(そういえばどうやって触ればいいんだっけ?) 


30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 20:47:42 ID:.j8THuuc

エレン「待ち合わせはここだっけな?」

クリスタ「あ、いたエレン!!」

エレン「お、クリスタ。私服かそれ?可愛いな」

クリスタ「あ、ありがとエレン///」

エレン「どうした?顔赤いぞ?」

クリスタ「あ、いや、大丈夫だよ///」

エレン「わかった。それじゃどっか行くか」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 20:55:25 ID:.j8THuuc
ライナー「あっちは上手くいってるようだな」

アルミン「うん。だけどこっちは…」

ミカサ「エレンすぐにその女狐をそいであげるからね…」

アニ「私が私服着ても何もいわなかったくせに…」

ユミル「あのやろう私の天使に何しやがる…」

アルミン(こっちはやばすぎる…)キリキリ

あ 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 21:13:43 ID:.j8THuuc
ゴバァ!!

アルミン「ぐはぁ!!」

ライナー「ヤバいアルミンが血を吐いた!!」

ベ「急いで病院に連れていこう!!」

ミカサ「私も行く。エレンも心配だけどアルミンのほうが危ない」

アニ「私も行くよ。仲間が血を吐いたのを見て放っておけないし」

ユミル「あ~あ仕方ねぇ。クリスタが心配だけど私も行くか」 


34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 21:30:20 ID:.j8THuuc
病院

医者「過度のストレスによる吐血ですね。薬出しときますが入院はなさいますか?」

アルミン「いや、自分は訓練兵なのでこの程度大丈夫です!!」

医者「あ、わかりました」(この子大丈夫かな…)

ライナー「おいアルミン!!」

ベ「大変なんだ!!」 



36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 21:43:23 ID:.j8THuuc
アルミン「どうしたんだ2人とも?」

ライナー「女子がいなくなったんだ!!」

ベ「多分エレンを探しに行ったんだと思うよ」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 21:48:17 ID:.j8THuuc
アルミン「仕方ない。僕たちも行こう」

アルミン「いつの間にかもう夕暮れだから多分遠いところにいると思う」 

ライナー「分かったぜ!!探してくる!!」ダダダッ

ベ「何処にいるかわかるかい?アルミン」

アルミン「ダメだ…上手く頭に血が回らない」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 21:53:36 ID:.j8THuuc
アルミン「でも多分路地裏にいると思うよ」

ベ「何でわかるんだい?」

アルミン「それは多分クリスタが誘ったと思うからだよ」

アルミン「クリスタは見かけによらずそっち方面に詳しいしエレンが好きだから多分今日いろいろやるつもりだろう」

アルミン「だからそういう店がある通りを探すんだ」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 21:56:43 ID:.j8THuuc
その頃

クリスタ「今日は楽しかったね」ニコッ

エレン「そうだな~。でも何か変な通りに出ちまったな」

エレン(そういえばまだ唇触ってなかったな。いつ触ろう?) 



41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:19:37 ID:.j8THuuc
エレン(この際もう触るか)

エレン「クリスタちょっと目瞑ってて」

クリスタ「え、うんわかったよ」(え、何もしかしてキスしちゃう気///)

エレン(何処で触ればいいんだっけ?安価>>50) 


50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:33:24 ID:bDbk3xBM
もちろん唇でキス 


56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:36:21 ID:.j8THuuc
エレン「…よし!!」

???「待って」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:39:53 ID:.j8THuuc
エレン「ミカサ!?何でここに?」

ミカサ「駄目キスなんかさせない」

クリスタ(やっぱりするんだ!!)

エレン「ミカサよく聞いてくれ。これは俺がしたいからするんだ。クリスタは何も悪くない」

ミカサ「」

クリスタ「」 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:41:42 ID:.j8THuuc
エレン「だから」グイッ

クリスタ「あっ」

チュッ

ミカサ「」 



61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:48:43 ID:.j8THuuc
その時ベルトルトは見ていた

エレンがクリスタを引き寄せてキスをし、ミカサがそれを鬼の形相で見ているところを… 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:50:45 ID:.j8THuuc
クリスタ「エ、エレンあの店行ってみな」エレン「じゃあ帰るか」

クリスタ「えっ」

ミカサ「えっ」

ベ「えっ」

エレン「えっ?」 


64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:54:10 ID:.j8THuuc
エレン「いや、だからもう帰るぞ」

エレン「外出時間もうそろそろで過ぎちゃうし」

クリスタ「う、うんそうだね」(何で私キスされたんだろう…)

ベ「あ、ライナーが飛んできた」ドシャァァ 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:56:29 ID:.j8THuuc
エレン「ライナーどうした!?」

ライナー「うぐっあの2人にやられた…」

アニ「」ゴゴゴゴ

ユミル「」ゴゴゴゴ 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 22:59:11 ID:.j8THuuc
アニ「よくもエレンの初めてをしやがって…」

ユミル「私の天使を汚すたぁ良い度胸してんじゃねぇかエレン君?」

エレン「何だかお前らが怖く見えるんだけど」 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 23:08:06 ID:.j8THuuc
アルミン「2人とも落ち着くんだ」

エレン「ア、アルミン!!何でここに?」

アニ「…もうなおったのかい?」

アルミン「なんとかね…とにかくエレンの言う通り門限を過ぎたら死ぬまで走ることになってしまう」

アルミン「だからこの話は一旦戻ってからにしよう皆」

エレン「分かったぜアルミン。じゃあ行くぞお前ら」

ベ「分かったよ…」(誰か一緒にライナーを運んでくれよ重いんだコイツ) 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 23:22:08 ID:.j8THuuc
その日の夜

アルミン「今日はもう散々だったよ!!」

アルミン「血は吐いたしエレンがきまず過ぎる状況を作るしライナーは死にかけるし」

ライナー「本当に危ないと思ったぜ…」

ベ「災難だったよ本当…そういえばどうだったのエレン!?」

エレン「あぁ、何が?」

ライナー「決まってるだろ!!クリスタの唇の感触だ!?」 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 23:33:50 ID:.j8THuuc
エレン「ん、あぁ結構柔らかかったぞ」

ライナー「じゃあ明日俺がやってみるよ」

ベ「頼んだよライナー」

アルミン「頑張ってね」(嫌な予感しかしない…)


ジャン(これなら俺ミカサいけんじゃねぇか!?) 


71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/28(火) 23:43:22 ID:.j8THuuc
次の日

ライナー「クリスタキスしてくれ~」

暴力A「ふんっ!!」ドゴォォ

ライナー「グハァァ!!」



ジャン「ミカサ付き合ってくれ~!!」

暴力B「ドリャァァ!!」

ジャン「ギャァァァ!!」

終わり