2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 02:34:13.69 ID:E2cyZmZm0
拝啓 プロデューサーさんへ


何時も声で話をしてるのに、こうやって手紙で想いを伝えるのってなんだか照れるね。
でも、音声だけじゃなくて、きちんとカタチにして残したかったから、こうやって筆を執りました。
今更改まってどうした?なんて言わずに、直接言ってくれよ、とか言わずに、
ちゃんと読んでね。お願いだよ?

引用元: 拝啓、プロデューサーへ 


THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 052-054 白菊ほたる・森久保乃々・佐藤心
白菊ほたる(CV天野聡美)・森久保乃々(CV高橋花林)・佐藤心(CV花守ゆみり)
日本コロムビア (2019-05-15)
売り上げランキング: 38
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 02:34:41.15 ID:E2cyZmZm0
先日、ついに私達トライアド・プリムスのLIVEが開催できたね。

凛は何度かLIVEに出てたし、奈緒も初めてじゃなかったけど、私は初めてだったあのLIVE。

公演前から響くファンの声。舞台袖にまで届く熱気。目に見えるような皆の期待。本当に凄かった。

私ね、実は少し侮ってたんだ。ユニット単独LIVEだって言っても、そこまで大したものじゃない。って。

何度かやった事のある、皆との合同LIVEとそう変わらないって。

実際に、その熱気に当てられて、今までのLIVEと違う、って実感して。

手が震えた。足も震えた。何より、心が震えた。ああ、私はこの歓声に背中を押されてるんだって。

その期待に応えられるのかな?って少し不安になった時、凛よりも奈緒よりも真っ先に気付いてくれたのは、

やっぱり貴方だったんだよ。

何時もの様に、優しく手を包み込んで、大丈夫だって微笑んでくれた。

知ってるよ?貴方の手も震えてた事。ほんの少しだけどね。

その後、凛と奈緒が来て、凛は何時もの様に名前の通り凛として。

奈緒も何時もの雰囲気から年長者の顔になって。私に頷いてくれたんだ。

三人ならいける。この先も。茶化しちゃダメだよ。本当にそう思ったんだ。


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 02:35:10.47 ID:E2cyZmZm0
ステージに立って、一番初めの曲が流れる。緞帳はまだ上がっていない。

最初の曲は凛がセンターじゃなく、私がセンター。左手に奈緒。右手に凛。

衣装は全員黒を基調としたドレス。手のヒラの汗が止まらないのがわかったよ。

緞帳越しに、先程とはまたくらべものにならない熱気が伝わってくる。

楽しみで、嬉しくて、とても怖かった。

緞帳が上がり切って、歌を歌い始める前のあの光景。私はずっと忘れないよ。

勿論、その後の出来事もね。


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 02:35:37.65 ID:E2cyZmZm0
貴方には、御見通しだったんだろうね。私が緊張しているなんて事は。

だから、緞帳が上がり切って、顔が見えた時。歌が始まる前の刹那。

拳を振り上げて、歓声や、伴奏、そういった爆音の壁を突き抜ける声で、呼んでくれたんだよね。

しかも客席で。

「加蓮!」

って。


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 02:36:03.48 ID:E2cyZmZm0
その声で、貴方の顔を見て、そして、ファンの歓声を受けて。私は微笑む事が出来たんだよ。

足の震えを、手の震えを、心の震えを鼓舞にして。

貴方に、大丈夫だよって言いたくて。有難うって言いたくて。その気持ちを歌にして。

足だけじゃなく、手だけじゃなく、心だけじゃなく。全身を。魂を。震わせて。

私はLIVEの一歩を踏み出せた。



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 02:36:34.18 ID:E2cyZmZm0
バックライトが私達を照らして、コンサートライトがファンの顔を照らして。

歓声がとても嬉しかった。リズムよく振られるライトがとても綺麗だった。

ああ、私はこんなにも沢山の人達に背中を押されて今があるんだな。って。

こんなにも沢山のファンがいるから、私は煌めくステージに立てたんだな。って。

数字はずっと見てたから、自覚がなかった訳じゃないんだよ?

でも、目の当りにして、本当にびっくりした。そして、今が感謝の気持ちを返す時なんだって思ったんだ。



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 02:37:02.54 ID:E2cyZmZm0
勿論、貴方に対してもだよ?私の仕事や、ファンレター。そういうの、全部見てたんだから。

尋常じゃない熱を注いでくれている、って。知ってるんだよ。

私が夢見た煌めくステージに立てるよう、本当に言葉にできないくらいの努力をしてくれた事。

最初、やる気ない私を見ても、その熱を持ち続けてくれた事。

私さ、最初はやる気ない素振りだったでしょ?でもあの頃から知ってた。

あの頃の私、有難うなんて言えなくて。なんだか照れくさくて。それに、数え切れなくて。

だから、その数え切れないありがとうの気持ちを少しでも伝えたくて。

体が弱いなんて言い訳なんか使いたくなくて。私に出来る事を出来る限りやって、貴方に見せたかったの。

私はまだまだ出来るんだよ!貴方が選んだアイドルはこんなもんじゃないんだよ!って。

挫けそうになった事って数え切れない程あるよ。体力がないから、ダンスが得意な子には置いて行かれちゃう。

発声も、元々そういう仕事だった木場さんや、聖ちゃんに勝てなくて。

一人で泣いて、諦めようと思ってた時には絶対貴方が来るんだよね。本当に不思議だよね。

その度、私を奮い立たせてくれて、本当にありがとう。

あ、でも私も知ってるんだからね。貴方が一人で泣いてたの。

「俺に力があれば、もっと加蓮を輝かせてやれるのに。」なんて。

私まで泣いちゃったから、慰めに行けなかったじゃないの。



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 02:37:30.07 ID:E2cyZmZm0
貴方にだけじゃなく、プロダクションの皆に。凛や奈緒に。そしてファンに。

暖かく励まして貰って、切磋琢磨して、笑いあって。今の私があるんだ。分かってるよ。



私は、まだまだ皆にもらったものを返せてない。まだまだ煌めくステージに立っていたい。

凛と、奈緒と、プロダクションの皆と、そして貴方と。

このステージの先へと行きたい。まだまだいけるよ。貴方が育てたアイドルだもん。当然でしょ?

だから、これからも。末永く宜しくね!プロデューサーさん!





普段、手紙なんか書かないから色々と恥ずかしいな。文も滅茶苦茶だし。

でも、添削せずに送るね。私の気持ちだから。





北条 加蓮