1: だべみ11号 2014/04/14(月) 17:29:03.80 ID:9u+FoNLI0
地下室みたいな時代でもダンガンロンパSSだと笑うんだ


※ダンガンロンパシリーズのネタバレ、キャラ補正など注意
※アンソロ、資料集などのネタもあるかも
※他作品ネタ、メタネタ注意
※とにかく中二病注意
※なんにせよ中二病注意
※田中だけ平常運転ですね

やれば面白くなるよ!きっと大丈夫!!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397464143

引用元: ・霧切「安価とコンマと異能と生徒」 



ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
週刊ファミ通編集部
エンターブレイン
売り上げランキング: 19,267
2: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/14(月) 17:33:59.52 ID:9u+FoNLIo
うぷぷ…

はいそうです、またモノクマです。
オーディエンスいるかな?まぁいねーかもしれなくてもいいんだよ!
とりあえずやりゃーいいんだよ!

え?
なんでボクがこんな事してるのかって?
いいかい、子供にはいつか大人になる時期が来るでしょ?
だからね、
ボクがその子供である間はキミ達を楽しませてやろうと企んだわけよ!
おっけー?


…さてと。

今回の舞台はどこにしようかな?


1・希望ヶ峰学園旧校舎
2・とある江戸時代の小さな村々
3・試される大地(?)
4・ジャバウォック島全域
5・RPGに出てきそうな大陸
6・その他、マップ指定

↓最初に3票入ったマップを採用

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 17:36:09.98 ID:Yj+u5QF6o

9: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/14(月) 17:49:47.85 ID:iNfH016/o
4・ジャバウォック島全域


うんうん、おっきなフィールドだから楽しくなりそうだねぇ?
出会い頭の戦いがありそうで怖い怖い。

…さて、あとは何を決めようかな?

ああそうだ!みんなでプレイするんだから、プレイヤーを決めないとね?

プレイヤーは誰がいいかな。
ダンガンロンパシリーズの登場人物ならまぁ、ほぼ大丈夫じゃない、かな?
無理なら安価を下に流せばいいだけの話だしね。

うぷぷ。

んじゃ、今回のプレイヤー、つまり主人公は>>12にしよう!

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 17:53:56.58 ID:LLztS8oeo
だべ

14: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/14(月) 18:06:58.61 ID:iNfH016/o
マップ:ジャバウォック島全域
プレイヤー:葉隠


え?マジっすか?
マジで言ってますか?
葉隠クン視点?

…ねぇ、オマエラってドM?

この物語がちゃんと終わらなくてもボクは一切の責任取れないからそこ分かってよ?!
はぁ…いや、いいんすけど。


さて。
こっからが割と重要な要素だよね。
ボクったら今回、自分の有能っぷりを100パー生かした結果
生徒達に【超高校級の異能】を与える事に成功したわけだ。

…そこはまぁ、キミ達に色々と任せる事になるんだけどね?

折角主人公が決まったってのに弱かったら困るじゃない。
だから今回は選択制にしてやるよ。


1・【過去を視る】能力
2・【無効化する】能力
3・モノクマが適当に決めてください
4・むしろ【安価で何かが起きる】能力でいくね?
5・むしろどんな能力か決めさせろ


はい、安価は>>17ね!

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 18:08:40.36 ID:p8bozVkGo
4

19: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/14(月) 18:16:13.52 ID:iNfH016/o
マップ:ジャバウォック島全域
視点:葉隠
能力:【安価で何かが起きる】


うんうん、まぁいいん…じゃない(適当)

能力って呼ぶのもあれだから名前でも考えようかなぁ。誰か考えといて。
え?思いついたやつ?【スターライトパレード】か【ボクラノオト】。
………。
だせぇとか言ったやつオシオキね。

あと何を決めたらいいかな?

↓ルールに対しての質問、及び決定した方がよさそうな事を3~4レス募集

35: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/14(月) 23:40:54.84 ID:4wQr1m1ho
ぷろろーぐ




Now Lording………









37: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/14(月) 23:47:14.17 ID:4wQr1m1ho
………。

………。


「おーい、もしもしー?」


………何か聞こえる………。


「ここがどこか分かる?」


………。

………ん?なんかあったかい?
つーか暑い?
じりっじりと照りつける日差し、そばで聞こえる波の音、そんでこの地面の柔らかさ…?


「いい加減さぁ、起きてよう。ルール説明出来ないでしょ?」


そして俺は砂浜で目を覚ました。


「ああよかった、死んでたらどうしようかと思っちゃったよ。大丈夫?自分の名前分かる?」


…あー…その前に聞きたい事が山ほどあんだけど?

「とりあえずルール説明するね…あ、ボクはモノクマ!ゲームマスター(GM)です!つーかこのパターンもう3回目だからさ、巻きでいくよ」

38: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/14(月) 23:58:02.51 ID:qSLmD4qao
ルール

1・あなたはこのゲームのプレイヤーです!
渡された【異能】を使って頑張って生き抜きましょう!

2・このゲームの勝利条件は以下の通りです!
○各島に隠されている【モノクロボール】を全て集め、中央の島に持ってくる
○全プレイヤーの【コア】を破壊する
○GMから出されるミッションを全てクリアする

3・各プレイヤーには【ライフポイント(LP)】が設定されています。
全員平等に10ポイントです。
LPが尽きてもリタイアにはなりませんが、ペナルティがあります(中央の島に戻される、所持品を失うなど)。

4・プレイヤーには【電子生徒手帳】が渡されます。
MAPが見れたり、他プレイヤーと連絡が取れる優れものです。有効活用しましょう。

5・戦闘は常に安価とコンマで決します。
基本的には互いのコンマを見比べ、自分のコンマが高ければ高いほど有利になります。
±5以上でとりあえず命中、±30もあれば強打、±50以下で致命傷になるでしょう
また50以上コンマに差がある場合、即死判定がさらにあります。

6・プレイヤーには全員【異能】が渡されています。
あなたの異能は【ランダムで何かを起こす能力】、その名を【アンカー】と呼びます。
ただし使用にはコンマでの判定が必要です。
また強力な効果を使った場合、副作用の発生が考えられます。

なお各ルールはゲーム進行度に応じて変更される場合があります。

39: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 00:01:13.26 ID:qcYg274go
「は?」

何を言ってんだこのクマ?べらべらと……?


モノクマ「とりあえずわかった?ゲームのルールはこれだから」

そう言いながらモノクマは何かを渡してくる。
これは……?

モノクマ「それが【電子生徒手帳】。キミのライフラインにもなりかねないものだから大事にしてよね?」


つーかその、えーと……?

モノクマ「確認するよ……君は、葉隠クン、葉隠康比呂クンで間違いないね?」

へ?あ、ああ、うん……。


モノクマ「よしよし、葉隠クン参加っと」

!?

モノクマ「ん?なにその顔っ!……質問するなら今のうちだよ?」


↓何か質問あれば3レスくらいまで

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 00:05:37.95 ID:xvOB8d/AO
参加予定者は何人くらいか
いま確認されたが、参加しないとかいう奴もいるのか
副作用は最悪死ぬもの(即死判定)もあるのか

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 00:09:49.58 ID:ONBzYqJv0
優勝したら何かあるのか?

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 00:14:18.01 ID:P3umRAvQ0
何からの理由でLPを残したままリタイアした参加者からLPは奪えるのか?
というかLPは譲渡可能か
多分回答拒否されるだろうがモノクロボールの個数

43: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 00:20:19.16 ID:ToImU+ANo
>>40
このゲーム……何人くらい参加してんだよ。

モノクマ「んー、とりあえず30人くらい、とだけ言っておこうかな?」

……なんで含み持たせんだオメーは。
そこはすっと言えって。

つーかさ、今「参加するね?」とか確認したけど!参加しねーって答えてるやつもいんのか?

モノクマ「ああ、形式上聞かないといけないから聞いてるだけで、基本は全員強制参加だよ?」

…は?
いや、いや……まぁいい、それよりオメー…この副作用?ってのについて聞きたい。……これ最悪死ぬのもあんのか?

モノクマ「ファンブル……つまり、大失敗の判定になった時にはあるかもしれないね」

……ファンブル?

モノクマ「ま、あれだよ。いわゆる不運が分かりやすくキミに襲いかかる、って考えてよ」


>>41

なぁ、そんな事してまでゲームさせるっておかしくね?
……優勝したら、なんかあんのか?

モノクマ「優勝したらキミのお願いをひとつ叶えてあげるよ」

……え。

モノクマ「借金帳消しでも、宇宙人探索でも、なんでもいい……ボクが叶えてあげる。その力がボクにはある」

眉唾もんだな。

モノクマ「ぷんすか!そんな事言わないでよ!」

44: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 00:23:08.65 ID:1IQfuO/Lo
>>42
あ、そうだ。
LPって奪ったりもらったり出来んのか?

モノクマ「基本は出来ないよ」

…そうなんか。

モノクマ「でも、【同盟】を組んだ状態なら、LPの譲渡が可能だよ」

同盟…つまり、協力者を作れば、って事か?

モノクマ「同盟は電子生徒手帳で操作出来るよ。その時になったらまた説明するね」

ついでにもひとつ聞いていいか?

モノクマ「ん?」

…モノクロボールっつってたか、全部でいくつあるn

モノクマ「それは答えられません」

ですよねー。


↓まだ質問ある?ない?

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 00:39:58.88 ID:x4z4UByAO
コアとミッションって何?

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 00:55:16.56 ID:to6bBYuEo
誰が優勝すると思うか

47: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 01:00:29.03 ID:yFQQFJxyo
>>45
コアとミッションって何なん。

モノクマ「あ、順番に説明するね」


【コア】
参加者の核になるもの。プレイヤーに必ずひとつある。狙って破壊する事も出来るが至難の技。
破壊されるとLPが尽きた時に復帰出来なくなる。またLPが尽きた瞬間に一瞬だけ無防備になる、プレイヤーの弱点。
即死判定が出た場合は、LPを全部削ると同時にコアが破壊されるため、実質そこで死ぬようなもん。


【ミッション】
GMであるモノクマから出されるお題。
ソシャゲーでよくあるような「初心者ミッション」みたいなものである。逐一、電子生徒手帳に配信される。
全てクリアすると、ゲーム自体のクリア条件を満たす事が出来るが…?


モノクマ「これ以上の詳しい事は絶対答えないから。やってみないと分かんないでしょ?」

…え、俺にも【コア】があんの?

モノクマ「うん、あるよ」

どこに?!

モノクマ「体内、かな?心臓とか、その辺じゃない?」

…怖いなオイ!?


>>46
なー、モノクマ。
ぶっちゃけて教えてほしいべ。
…優勝するん、誰だと思うよ?

モノクマ「ボクはゲームを公平に見なくちゃいけないGMだからなぁ」

そこをなんとか!

モノクマ「そう、だね…こう言うのに慣れてる人が強いんじゃない?こう言う、変な世界とかさ」

自分でやっといて「変な世界」って言っちまうんかいな!

48: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 01:04:35.00 ID:yFQQFJxyo
モノクマ「もういいでしょ?あのさ、いつまでもだらだら話してる場合じゃないわけ」

モノクマ「だってゲームはもう、始まってるんだからね!」


自分の電子生徒手帳を見る。
…名前と、あとLPが出てる…。
つーか、まじか。
よく分からんうちに、俺は何かに巻き込まれてんのか。

…政府の陰謀?宇宙人の襲来?
理由は分かんねーけど。

モノクマ「いいからさっさと行動しなさいよ!」

モノクマが俺を急かしてくる…。



----------------


葉隠「………あー、分かった、分かったから!」

つってもなぁ。

1移動する、場所指定可
2手帳を見る
3武器を探す
4自分の能力を確認
5占う

>>50

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 01:09:02.79 ID:xvOB8d/AO
2

51: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 01:27:52.57 ID:yFQQFJxyo


電子生徒手帳を起動した。



【電子生徒手帳】
以下のメニューが使用できます。これらは分かりやすくいくつかの分類に別れています。
○島内マップの確認
○自分の情報を見る
○出会った事のある参加者を確認する
○連絡先を交換する
○文書メッセージを使って連絡する
○同盟を組む
○同盟を組んでいる相手の様子を見る
○電子ペットを使う
○全体へのお知らせ、メッセージを確認する
○ヘルプを見る
○その他いろいろ

○通報
違反行為を行っているプレイヤーをGMに通報します。





……結構なんでも出来るんだな。

1情報(マップ/自分/参加者/全体Mss)
2連絡(連絡先交換/Mss送信)
3同盟(組む/解消する/確認する/LP譲渡)
4その他(電子ペット/ヘルプ/通報)
5手帳をしまい移動
6手帳をしまい他の行動

>>54
数字+内容を書いてください
(1+マップ、5+ホテルへなど)

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 05:47:19.36 ID:hn6cS6Lf0
5

55: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 08:08:50.83 ID:yFQQFJxyo
(寝落ちしてた。おはようございます)
5、場所指定ないのでランダム



あー……。
手帳がすげーってのは分かった。
でも今は使わない。

モノクマ「ほら、さっさとどこへでも行ってよ!」

……。
モノクマがずーっとうるさい。
しかたねーな、移動するしか……

モノクマ「君がそこまで動かないってんならボクにも考えがあるよ!」

……はい?

モノクマ「ちちんぷいぷい!」

モノクマ「葉隠クンよ、この島のどこかへと飛んでけー!!」

「ちょ、オメーなんて事言っ」

抗議の言葉が途切れる。
俺の体がその場からふわっ、と浮いたかと思うと、直後、世界が暗転した。

……続けて、ちょっとした衝撃が体に走る。
い、って……ぇ……!


こ、ここは……?


◆場所判定、直下コンマ末尾
奇数→遊園地
偶数→病院
ただしゾロ目→軍事施設
44・99ゾロ目→ホテル前のプール

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 08:14:28.00 ID:wRc/uG4go
ほい

58: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 08:36:53.64 ID:yFQQFJxyo
判定:00…だと……?!



さっきの砂浜が柔らかかった分、今度は地面の硬さが体に痛かった。
つーか、どこだべここは……。
辺りを見回すと……え、なにこれ。

あれって、戦車……です、よね。

おいおいちょっと待ってくれって!
なんなん、今これどこなん!?
慌てて手帳をポケットから取り出して、様子を伺う。

俺は軍事施設、とか言う場所に吹っ飛ばされているらしい。

……軍事施設。
なんかもう、戦闘が始まりそうな雰囲気じゃねーかよ!?


じゃりっ、と地面を踏みしめる音がした。

まさか、もう他のプレイヤーがすぐそばに!?
おい、おいおいおい!


◆プレイヤー判定、直下コンマ
~30:白い軍服?のブーツの男
31~59:防弾チョッキを着た黒い女
60~89:蛇のような長い腕の男
90~:颯爽と日向さんが登場

◆また、このレスのコンマと直下のコンマを見比べ
直下がレスコンマを下回った場合、戦闘が開始される

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 08:38:32.81 ID:wL4JunFso
ほい

60: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 08:51:36.59 ID:yFQQFJxyo
判定:81→蛇のような男
◆戦闘開始は回避した



じゃりじゃり、小石を靴の裏で踏みつける音が俺の方へと近づいてくる。
これってあれですよね。
……敵、です、よ、ね……?
思わず体に力が入るのが分かる。

俺は咄嗟に何かに隠れようとして、


「おい」

葉隠「……は、はい?」


戦車の影に隠れる前に見つかった。
あちゃー。

目の前に現れた男は、腕が妙に長かった。
そうだな、ぱっと見の印象は「蛇みたいだなこいつ」ってとこか。
長い髪、長い舌、どことなく乾いた肌が余計にそう思わせる。


「…お前もこの不可思議なゲームに巻き込まれた人間か?」

葉隠「あ、あー…そう、らしいべ……」


つーか、えーと。
ど、どうする?
どうすりゃいいんだよ?!
こいつもゲームの参加者、なんだよな……?

このまま話をして、向こうさんにお伺い立てるか。
逃げると見せかけて襲いかかるか。
あるいは、同盟を組んじまうってのもありか?
……この段階での同盟はメリットあるかどうか、ってのが問題だが……。


「……おい」


……蛇のような男がこっちに話しかけてきてっけど。


◆会話
1「なぁ、ここは見逃してくんねーか?」
2「オメーと戦わねーとならんのかいな」
3「まずは自己紹介でもしようや」
4「なあ、同盟組んじまうってのはどうだ」
5その他自由記述、ただしあまりにも流れにそぐわないものは流す

>>62

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 09:08:30.12 ID:8rlr5lxto
3

63: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 09:23:03.88 ID:yFQQFJxyo



会っていきなりやり合うってのは俺は怖くてしゃーないんだけども!
ここは穏便に済ませたいところだ。
そう、穏便にな。


葉隠「あ、あー……その、」

「なんだ」

葉隠「こ、ここで会ったのも何かの縁ってもんなんじゃねーか?なぁ、まずは自己紹介でもしようや」

「……」

葉隠「おいおい、誰かも知らねーような奴と話すんは嫌だぜ、俺は」

「そう言う時は自分から名乗るべきなんじゃないのか?」

葉隠「……あー、なるほど?」


見た目通り、いや、見た目通りなんか?…警戒心の強いやつらしい。
俺の一挙手一投足、全部…隅から隅まで見られてる気がするべ。
怖い……。


「……」

葉隠「俺は葉隠康比呂だべ。んじゃ、オメーは」

「待て」

葉隠「はい?」

「お前も持たされてるんだろ、【異能】とやら」

葉隠「……えーと」

「先ほどから戦闘の意思が感じられん…なんだ、お前の異能は戦闘向きじゃないのか?」

葉隠「……それは……」

「…お前に戦闘の意思がないなら、お前の異能を教えろ」

葉隠「はぁぁ!?オメー何言って……」

「その代わり俺も異能を教える。停戦協定だ」

こいつも戦闘向きじゃない、とでも?
俺の事教えたら、絶対に不利になるに決まってる。
ただ、なんでそこまでして異能を聞き出したい?自分の異能を教えてまで、他人の異能を聞きたい?

……どうする?
1条件を全て飲む
2異能は教えず名前だけ聞く
3つっぱねる
4身構える
5異能を聞きたい理由を聞く
6その他自由記述

>>66

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 09:36:56.18 ID:wL4JunFso
全部しゃべったうえに試しに使って見せる

70: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 13:00:35.16 ID:8FY3MJsno
今日は予告なく中断と再開を繰り返す可能性ががががが



……俺のは、戦闘向きかどうかってレベルじゃない。
そもそもの話、自分でも制御出来るかどうか分かったもんじゃない能力である…って事。
かと言ってここで黙秘を続けるのはあまり得策とは言えない。
なら。


葉隠「……分かった、分かったっての!言う、話すから…」

「素直に従うんだな?」

葉隠「利益がある相手にはな。あー……で、」

「斑井、斑井一式だ」

葉隠「んじゃ斑井っち、だな」

斑井「……」


露骨に嫌そうな顔したよね今?

と言うわけで。
異能の話を全部する事にした。


葉隠「つーわけだべ。何ならここで使って見てもいいけど?」

斑井「……信用しないわけじゃない、が…そんな能力を作る必要が…」

葉隠「よし、分かった!試しにやってみるべ!」

斑井「は?」


Qこのあとなにが起きる?
>>73
◆成否判定は、今回はチュートリアル扱いのためしません

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 13:14:40.27 ID:xvOB8d/AO
車の荷台にウサミのぬいぐるみが現れる

74: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 16:35:42.70 ID:tnA/TuINo
シュールだなー





あれ、異能ってどうやって使うんですか。


葉隠「まぁいいべ!なんか出ろ!!【アンカー】っ!!」

斑井「そんなまた適当な………!」



ぽにょん



何もない空間から捻り出されるように、空中にウサギ?の人形が現れた。
それがぽすんと車の荷台に落ちる。


斑井「………」

葉隠「………」

斑井「………これがお前の」

葉隠「………」

斑井「………」


斑井っちにビミョーな顔をされた……。


斑井「…まぁいい、これで真実だと分かった事がある。この異能はお前に制御が出来ないと言う事、なにが起きるか分からない事…」

葉隠「その名も【アンカー】!」

斑井「この際名前はどうでもいいんだが」

葉隠「つーか俺のは全部教えたぞ、次は斑井っちの番だろ?」

斑井「あ、ああ、そうだったな」

葉隠「まさか言わんで逃げる気だったとか」

斑井「それはないから安心しろ」

葉隠「………で?斑井っちの異能ってなんなん」

斑井「>>77」

◆斑井安価
異能の【能力】もしくは【名前】
どっちかだけでもいいし、あるならどっちもでも
能力なら名前はこっちで付け、名前のみなら能力はこっちで付けます

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 16:39:48.64 ID:eEC5a10Bo
大きなバリア(盾)を作って身を守る、また攻撃を跳ね返す

78: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 17:12:01.63 ID:1HOnxF4xo
斑井「俺のは……まぁ、盾だな」

葉隠「盾?」

斑井「バリア、と言い換えてもいいかもな。攻撃から身を守る、あるいは弾き返す能力…名は【過保護】と言うらしいが」

葉隠「?」

また妙な名前をつけられたもんだな。
名前ってのはちゃんと意味を込めてつけるもんだろ?

あー、アンカーがどんな意味かは知らんけどさ。

斑井「とにかく……俺一人じゃどうしようもない。お前が悪くないんなら俺と行動しないか」

葉隠「……ん?また、なんでそんな話に?」

斑井「お前も防御の異能だったらどうしようかと思ったがな。そうではないらしい……俺にはやらなけらばならない事がある」

斑井「だからこそ、この戦いに勝つ必要がある。………どんな事をしてでも」

斑井「どうだ、葉隠。お前としても、盾がいるならかなり使えると思うぞ」

斑井「まずはこの島の探索でもしながら他プレイヤーと接触する予定だが、どうする?」

うーん……。
斑井っちと一緒に行くって選択肢はありだと思う。
ひとりでむやみに動いてあっさりとやられてしまうよりも、その方が効率はよさそうだ。
だが、もしも斑井っちが敵だったら?
あるいは、これが演技だったら……?

………さて、どうしたもんか。


1斑井に従う
2いいや、斑井と戦うね!
3斑井と連絡先交換し、移動
4斑井と同盟を組む
5ふたりで索敵する
6そのた

>>81

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 17:17:27.09 ID:3kbXa9zAO
1

82: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 17:53:51.52 ID:JKv+8Eswo





………ここはまだ斑井っちと一緒の方がよさそうだな。
他のプレイヤーを探すっつってたし。
バトルに巻き込まれる可能性もあるけど、なにより危険を回避するんなら、斑井っちみたいな防御の能力と一緒にいるのが一番だよなぁ。

名前だけが気になるとこだけど。



葉隠「この島を探索するっつってたな?」

斑井「ああ。むやみに動いてもすぐに息の根を止められるのが関の山だろう。だからこそ俺は慎重に動きたい」

葉隠「ペナルティもあるらしいしなぁ」

斑井「倒される事は確実にマイナスだ。だからこそ一回でもやられればその時点でチャンスはなくなるだろう」


チャンス、優勝の。
斑井っちは本気で優勝する、優勝出来る気だ。


葉隠「分かった。ここはオメーに着いてくべ!」

斑井「よし、そうとなれば葉隠………行くぞ、軍事施設に長居は出来ない」

葉隠「お、おう、おっけーだ」


とりあえずこの島をぐるーっと回ってみるらしい。


◆索敵判定、直下
コンマ40以上でプレイヤー発見、人物してい1名

83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 17:55:29.08 ID:ONBzYqJv0
十神

86: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 18:46:06.63 ID:yFQQFJxyo
◆判定:08→誰も見つからなかった
石丸の再来……!?



◆ワダツミ・インダストリアル


斑井「ここは……施設付近にあるからなにかと思ったが」

葉隠「………工場?」


随分広い工場だ。
しかもなにを作っているんだか、よくわからない。
人型のロボット?みたいなもんがあるが……。

………。


斑井「不気味の谷、と言う話を知っているか?」

突然、斑井っちが言ってくる。

斑井「不気味の谷、と言うのはいわゆるロボット工学の専門用語だ…人間に近いロボットに対する嫌悪感を抱いてしまう現象を指すらしい」

斑井「この「人間に近い」って部分がかなり厄介でな。「人間らしいが人間ではないもの」に、人間って生き物は嫌悪感を示すようだ」

斑井「ひどい話だろう…?」

葉隠「………なにが?」

斑井「自分達で作っておいて、いざ人に近付いたその瞬間に」

斑井「限りなく人に近いが、人ではないものに嫌悪感を抱くなんてな」

葉隠「あの、よく分からんのだけど」

斑井「………」

葉隠「つーか何でそんな話を…」

斑井「そこにロボットがあったからだ。思い出したんで、聞いて見たんだがな」

斑井「お前はこの手のものに興味がないらしい…」


斑井っちなりに話を考えてくれたようだ。
ま、一緒に移動する仲なんだ。
なんにも言わないで移動するよりは、そう言う話をしてもらった方が楽だなと思う。

87: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 18:49:19.45 ID:yFQQFJxyo
斑井「………しかし、本当に誰もいないな」


がらんどうの工場をじっと見つめて、斑井っちは言った。

アイテムもない、人もいない、なにかヒントがあるわけでもない。
……だが、そんな場所が無意味にこうしておかれているだろうか?

そういや隣に変な建物があった気がする。そっちも行った方がいいんかな。
かと言ってこのままこの工場関係だけ見てて何かが変わるとも思えない。


葉隠「もう少しプレイヤー探すか?」

斑井「どうしたもんかな」


◆行動
1・プレイヤー索敵、コンマ30以上で成功
2・場所移動、移動先の指定可
3・もっと工場探索
4・ちょっと休憩
5・ちょっと雑談、話題も
6・そのほか


>>90

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 18:52:37.92 ID:c0tRl4oYo
1

95: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 20:31:45.36 ID:yFQQFJxyo
(いないのか…!?)
1・判定92のため成功


ワダツミ・インダストリアルは狭いようで広い。
実は色々と部屋があるっつーのは、探索してようやく分かった事だ。

何が何だか分からない機械がごちゃごちゃと置かれてたり、
パソコンが敷き詰めてある部屋がある。

しかもあっちこっちがどれも薄暗いってのが困ったことだった。

なぜかあまり光が差さない。
ライトのスイッチらしきものを触っても触っても反応がなかった。
もしかして電気自体が通ってない?
…ああ、そういやパソコンに電気が入ってんのは見てねーな。

改めて中を見回って見たが、やっぱりアイテムはない。
そして中に人もいない。

無駄に時間を使っちまったか?
そんな風に肩を落として、ふたりで入口付近まで戻ってきたのだが。



「………!?」


葉隠「………!」

斑井「プレイヤー、か」


ワダツミ・インダストリアル内部を見回っている間に、入口に新しく誰かがやってきていた。
バッティングってやつだな。


そこにいたのは
1・不二咲っち?
2・不二咲っちに似てっけど…違うな
3・あー…オーガ?
4・ん?何だオメー、眩しい色してんな
>>98
◆安価レスのコンマが60以上で敵対、戦闘

98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 20:32:57.57 ID:eNtfUstzo
4

101: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 20:38:02.86 ID:yFQQFJxyo
4・判定57で戦闘回…っておい!せっかくバトりやすくしてんのに!



葉隠「ん?なんだオメー、眩しい色してんな」

「うっせ!うっせ!!」

斑井「………何者だ、お前」

「はァ?そ言うの聞く時っつーのは、まず自分から名乗るもんじゃねーのかよ」

葉隠「はぁ……」


なんだ、こいつ。
とにかく騒ぎ回っている、つなぎを着た男だ。
こんなに暗いのに、離れた場所からでもばっちりと見える髪の色が眩しい。

しかしプレイヤーに会えてよかったべ。


斑井「ああ、すまない。俺は斑井一式…こっちは葉隠だ。お前は?」

「ケケケ、オレは左右田和一……人呼んで【超高校級のメカニック】だぜ!」


謎のドヤ顔をかます人物、………改め左右田っち。
つーかなにしにここに来たんだ?


左右田「実はオレ、この島で迷っててよォ……どうすりゃいいかなと思って困ってたんだよ」

葉隠「困ってた?」

103: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 20:44:16.96 ID:yFQQFJxyo
左右田「あァ、だってよ…ルール聞いたか?オメーら」

ルール?ああ、ちゃんと聞いたな。
勝利条件も聞いたし、異能も聞いたし。
……ルールがどうしたってんだよ。

左右田「あれって………、つまりドンパチやんなきゃなんねーって事だよなぁァ」

左右田「オレ…生まれてこの方喧嘩とかした事ねーから…」うるうる

左右田「なんつか、こえーじゃねーかよォ……」

斑井「………」

葉隠「つまりあれかオメー」


戦闘に不慣れだから、なんとか戦闘しないで済むようにしようとしてたわけか?
無理言うなぁ。

…だって、倒されても死なねーんだから、何人かはやる気になってるに決まってんだろう?


左右田「な事言うなよ!オレみたいに、戦闘したくねーやつもいるって!」

斑井「お前が俺達と戦闘をしたくないのは分かった…で?」

左右田「は?」

斑井「ならお前はこのゲーム、どうやって勝つつもりだ?」

左右田「………み、っしょん……」

斑井「…そうか」


斑井っちが何かをつぶやいて頷いている…え?なに?何が何だか…。
それより、左右田っちはなぜか涙目でそこにいる。


斑井「……葉隠。こいつの処遇はお前に任せよう」

葉隠「なんでなん」

斑井「俺には…どうしようもないからな」

左右田「なんだよその言い方ぁ!?」


◆どうしましょ
1・見逃してあげる
2・連絡先を交換する
3・見逃すふりして倒す
4・正面から戦う
5・協力して島内探索
6・そのほか

>>106

106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 20:45:16.71 ID:x4z4UByAO
2

107: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 20:52:09.97 ID:yFQQFJxyo



葉隠「んー………」


全員が敵だ、と考えるのは早計か?
倒されても死なねーって事は、倒したら後から報復される可能性があるって事だ。
それならむしろ、恩を売る方が得だな。

…なにかしらのいいことを言えばなびきそうだ、こいつ。

左右田っちのチョロさを既にひしひしと感じていた俺は、笑いそうになるのを堪えた。


葉隠「なぁ左右田っち」

左右田「んだよ」

葉隠「ここで会ったのも何かの縁だべ、運命だべ!天啓だべ!俺のインスピレーションがぴーんと来てんだ!」

左右田「………え?」

葉隠「つまりだ左右田っち、オメーにはこの先、敵からの攻撃が待ち構えている…だからよぉ、俺と斑井っちと、連絡先交換しねぇか?」

斑井「…ほう?葉隠、それになんのメリットが?」

葉隠「プレイヤー同士が戦える、だから全員が敵だってのは間違ってんべ?」

葉隠「敵に襲われてるんが分かれば助けに行けるし、それに必要なら【モノクロボール】のありかを教えてもらったり」

葉隠「もしくは……そうだな、ミッション成功させる方法とか?そう言うのをやりとり出来んだろ?」

左右田「なるほどな……オメーらだけに利益があるわけではねーと」

葉隠「もちろんオメーが疑うんなら俺の連絡先を先に手帳に入力さしてくれ」

斑井「葉隠、お前…」

左右田「………あー、分かった!そうしよう!んで……見逃してくれんだろ?」

葉隠「…どうする?」

斑井「無駄に争う必要はないだろう?」

葉隠「まぁ、それもそうか…」

108: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 20:56:11.47 ID:yFQQFJxyo
ぴぴぴぴ


左右田「よし、オレの手帳にオメーの連絡先入れた」

斑井「………」

葉隠「斑井っちは?」

斑井「………俺は遠慮しよう」

左右田「葉隠ェ、さっきのほんとだよな?敵がいたら助けに来るっつーの、信じるからな?」


左右田っちはまだ涙目だったが、とりあえずは落ち着いたのか息を整えた。
そのあと、ワダツミ・インダストリアルには何もないと知って入口から出て行ってしまった。


斑井「……会った参加者がこれで2人?」

葉隠「おかしいべ…もっと誰かしらいてもいいんだけど」

斑井「やめておけ。これで誰かに戦闘を頼まれたらどうする」



1・移動、場所指定。コンマ70以上の時は敵が出る
2・索敵。コンマ80以上で発見
3・そのた

寝落ちるかもしれない
>>110

>>111の質問とかは答える

110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 20:57:14.04 ID:vizdJs8DO

111: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 21:03:44.24 ID:yFQQFJxyo
2・判定:04



結局この工場にはなんにもないってことで一旦出る事にした。
そばにあった倉庫の方もちらっと覗いてみたんだけが…。

………。

その、うん。
そっとしておこう。
俺はなんも見なかった、そう、なんも見なかったぞと。

変な機械が動いてたかもしれんけど…。


斑井「………ワダツミ関係は全て調べ終わったな」

葉隠「まさかぜんっぜん人がいねーとは思わなかったべ…」

斑井「まあいいじゃないか。人がいないと言う事は、ここを拠点にする事も可能と言う事だからな」

葉隠「えー、こんな薄暗い場所が拠点んん…?」

斑井「そんなに嫌なのか、葉隠」


やっぱりずーっといるんだったら明るくておっきい場所がよくねぇか?
俺はそう思うんだけど、斑井っちは違うんかな?

………なんにせよ、さっさと移動すっか。

ここにはもう用はない。
くるっと背を向けて歩き出す…。


◆行き先安価
どこに行くのか、場所指定ください
>>115
ただし安価のレスコンマが50以上の場合は誰かに見つかり戦闘

115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 21:07:17.12 ID:ONBzYqJv0
病院

117: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 21:22:07.90 ID:yFQQFJxyo
ほんと見つかんないな、次は厳しくしよう





ポケットから手帳を取り出して、マップを起動した。
この島の中に、例えば拠点になりそうな場所はあるんだろうか?
…あるいは、例のモノクロボールっつったか?それがありそうな場所は…?
マップをじっと見つめながらふたりで考えていた。

うーん…長期戦になる事を想像したら…場所の確保の方が先にしておきたい。


葉隠「……と考えると、病院はなかなかいい判断だと思うんだが?」

斑井「まぁ一理あるか。LPの回復アイテムくらいはありそうだしな。向かってみよう」

葉隠「ただ、問題なのは…」

斑井「既に誰かがいた時、か?」

葉隠「………だべ。そん時はどうすりゃいいかね?」

斑井「その時はその時だろうさ。まだゲームは始まったばかりなんだ…今からそう思いつめては、後から持たないぞ?」


言い得て妙だ。
必要な時に気を張って集中しねーとなぁ。
…こんなとこで後ろから狙い撃ち!なーんて度胸のあるやつがいれば、話は違うけど。


そうして俺達はマップに従って、一旦今の島を出ると共に、病院に行くための橋へと歩んでいく…。


◆判定、直下コンマ
30以下→中央の島で死神と戦闘
70以上→病院前で体操選手に襲われる
それ以外→病院で天使と遭遇
ゾロ目44・99→中央の島で軍人が奇襲

118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 21:22:41.60 ID:5qd37GDno
ほい

119: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 21:28:43.88 ID:yFQQFJxyo
判定:60→病院で遭遇



斑井「しかし妙だな」

葉隠「何が?」

斑井「そろそろ誰かしら、異能の使い方を誤ってLPがなくなるプレイヤーが出るんじゃないかと予測してたんだが」

…なんつー予測を立ててんだオメーは!
つーか、そんなアホなやついんのか?
そもそもLPってのは、攻撃が当たらんと減らねーんだろ?

斑井「自滅だ。そうやって自分の異能を把握するような奴が現れるのかなと思ったんだ」

まぁ、どんな状況も想像しておくんがいいだろうけどな。

確かLPがなくなると、中央の島の公園に戻されるんだったか。
…ちょうどその公園の辺りを歩きながら俺達は思った。

そうだよな。タイミング悪けりゃ、そこに敵がいたのかもしれねーんだ。


葉隠「斑井っち、思い詰めんなって無理だっての…」はぁ

ため息しか出てこなかった。

…不気味なほど静かな橋を渡って、俺達は病院へと足を進める。

120: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 21:36:32.18 ID:yFQQFJxyo
その島は随分と殺風景だった。
足元に転がっているのは、なんつったっけ?
いわゆるウェスタン系の映画に出てくる…そうだ!タンブルウィード!

…ここ、南国なんじゃねーんか…?



◆3の島・病院


島の橋を渡ってすぐ、それはあった。
マップで見ているところでも随分近くに見えてたんだが、まさかこんなに近いとは。
しかしなんて言うか…


葉隠「なんか出そうだな」

斑井「まだ外観しか見ていないだろう」

葉隠「でもよぉ、病院っつったら幽霊の宝庫じゃねーかよ」

斑井「宝庫と言うな宝庫と」

葉隠「…うう、斑井っち、開けてくれ」

斑井「面倒な…」


そう言いながらも斑井っちは扉を開ける。
ぎぎい、と軽い音を立てて扉は開いた。

思ったより清潔感あんじゃねーかよ!

一歩、二歩、安堵して俺が足を踏み入れた瞬間、


ぎぎぃっ。


葉隠「…おおおお!?」

122: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 21:41:58.32 ID:yFQQFJxyo
む、向こう側にある扉ぁ…今、い、今開かなかったか…!?

斑井「どんだけ驚いているんだお前は」

斑井っちの冷静な声が聞こえてくる。
…そう冷たくすんなっての。
もし幽霊だったらどうすんだよ!俺達も祟られて祀られて死ぬってんだ!

などと思いながらびくびくと俺は背中を震わせる。

ああ、奥見るのが怖い。

…ぎぎい。

次こそ扉が開いた。


葉隠「あああああああ神様仏様海王神様ブッダ様ブラックジャック様ぁぁぁ!!」なむなむ

斑井「落ち着け葉隠!あとブラックジャックは神様じゃない!」

葉隠「じゃあ手塚治虫様ぁぁ!」

斑井「じゃあとはなんだ!?確かに手塚治虫は漫画の神様だが…!」

「…何、してるんですかぁ?」


バカ騒ぎする俺達の前に、桃色の服を着た女性が現れた。
心なしか向こうの方がビビってるように見えるんだが。
ま、こんなやつら見たらビビるかもしれんけどさ…。

「ええと、あなた達は?」


1・自己紹介
2・事情を説明
3・部屋を探している事を説明
4・ゲームの参加者かどうか確認
5・そのた
なお各選択肢は安価コンマが60以上で戦闘に発展
>>125

125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 21:42:48.08 ID:wL4JunFso
ハグ

126: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 21:45:42.66 ID:yFQQFJxyo
ハグはさすがに戦闘になると思う
ので追加で判定して判断

直下コンマが30以上の場合は戦闘、60以上だと激おこ

127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 21:46:12.32 ID:ONBzYqJv0

131: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 21:51:30.23 ID:yFQQFJxyo
激おこじゃなかっただけマシだと思おう
判定:32…戦闘開始っ!



「…ふゆぅ?」


葉隠「えーと、俺は…おっと?」


その時、俺の体はなぜか、自分の意思に反して動いていた。

もしかしてだけど、もしかしてだけど、
これって【アンカー】が発動してんじゃないのー?


斑井「おい葉隠!?」


斑井っちの叫び声が聞こえたのは、そのすぐ後。
俺は、気づいた時には…


葉隠「………あれ」

「………ふ、ふゆぅ……!?」



目の前の女性に抱きついていた。


葉隠「………あ、あの、これにはこう、わけが…」

「………」

葉隠「………へ?」

「………ふふふふ」

葉隠「いやいや、え?」

「…そうなんですねぇ、あなたも私を虐めたい人なんですねぇ!?」

ごうっ!

葉隠「いや、え?ち、違いますよ!?」

斑井「違うならさっさと離れろアホが!」

132: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 21:55:56.94 ID:yFQQFJxyo
葉隠「って言うか抱きつかれただけで虐めってそれこそ虐めじゃねーかよぉ!!」

ばっ、と彼女から離れる。
ああくっそぉ、柔らかかった!よし、今日はこれを夜のお供にしようっ!

斑井「淫らな事を考えているんなら死ねよ葉隠」

葉隠「なんでばれたん…あと死にません」


「あなた達も!訳の分からないゲームを!…許しませんからぁ!」


桃色の服を着た女性が身構える…!


◆戦闘開始


桃服「うふふふ、ふふふふ…!」

葉隠「………あ?」

桃服「ゆーっくり看病してあげますからねぇ…」

斑井「…お前、名は」

桃服「罪木……蜜柑です」

葉隠「いい名前じゃねーか!」

罪木「そしてこれが私の異能……!」

葉隠「………へ」


◆罪木の異能
【能力】もしくは【名前】、あるならどっちも募集
なければどちらか書いてもらえたら足りないのはこちらで決めます
>>135

135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 21:58:29.38 ID:0WjI3NKuo
ランダムで混乱毒恐怖の状態異常を起こす

137: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 22:09:49.07 ID:yFQQFJxyo
罪木「………っ!」

葉隠「やべっ!」

罪木、と名乗った女が注射器を手に持つ。
どっから出したよそれ!?

斑井「葉隠!こっちまで来い!」

葉隠「っ………!」

焦って後ろに足を出してみて、それでも。

罪木「遅すぎます、よぉ?」

その人は、注射器をーーー投げた。

葉隠「え」

こんなに近かったんだから、避けられるわけもなくて。
ずぶりと、それが首元に刺さるのが分かる。

息が止まりそうになって…んでも、なんだこれ。
LPが減ってるような感じは、し、な……?


罪木「………うふふ」


ぞくっ、とした。
だ、ダメだ、足が竦む。竦む?こんな女性に?いや、違う、頭じゃ分かってっけど、
………怖い。
その場で動けなくなる…!


斑井「葉隠!?何を…」

罪木「私の異能の効果って、ランダムなんですけどぉ…今回は【恐怖】だったみたいですねぇ?」


一言一言が、胸にのしかかるみたいに重く感じる。
逃げ出したい、今すぐ逃げ出したい!
怖い、怖い、怖い……っ!


◆葉隠が【恐怖】を感じています
◆正常な判断が出来なくなります

138: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 22:17:37.68 ID:yFQQFJxyo
斑井「…お前、何を言っている…?」

葉隠「………っ…!」がちがちがち

罪木「今言った通りですよぉ?」きょとーん


助けてくれ、斑井っち…。
俺、なんかすっげぇおかしくなってる…!


罪木「これが私の【異能】ーーー名付けるなら……【病床パブリック】」


斑井「………厄介だな」


嫌だ、怖い、こんなところになんていられるか……!
っ、でも、外に出てどうなる?
外も……こんなやつばっかりなんじゃねーのか?
そうしたら、また変な事、されて……!
ひぃっ……!


罪木「さぁ、あなたはどうしますか?」

斑井「俺にそれは効かない。殴り合いじゃ敵わないぞ、お前」

罪木「あれあれあれ?何の自信なんですかぁ?」

斑井「自分の異能をひけらかしているところが既にダメだ。その上、異能対決する気ならお前に勝ち目はないぞ?」

罪木「………じゃああなたは、あそこの人がどうなってもいいんですか?」


ひっ……!
こ、こっちみんなよ!む、向こう行ってくれって……!
やだ、いやだ、怖い、いやだ、こっち来んな、いやだいやだいやだっ…!


◆コマンド?
1・【アンカー】で何かを起こす、コンマ80以上で成功
2・斑井が殴り合いに行く
3・ここは一旦逃げる
4・そのほか、名案あれば

なお各選択肢の安価コンマが20以下の場合、葉隠が逃げ出しランダムで移動

>>141

141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 22:19:24.00 ID:vizdJs8DO

146: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 22:29:48.25 ID:yFQQFJxyo
判定:00
普段は00は特殊判定扱いなのですが、20以下なのでランダム移動
ただし移動先での判定が特殊扱いになります




心臓が痛いくらいに鳴っている。
怖い怖い、怖い、もう嫌だ、こんなところに、いるのは、

嫌だ


葉隠「………っ、う、うわあああぁぁぁっ!!」


つんざく悲鳴が自分の口からこぼれているのに気づくのは随分後だった。
後ろから斑井っちの声が聞こえてるけど、そんなのに構っていられない。

あんな場所にはいられない。
嫌だ、ただひたすら恐怖がこみ上げる。

あの女が、俺の命を刈り取るようで恐ろしかった。

がくがくと体を震わせながら、俺はひたすら走った。
どこに行くでもない。
目的地は設定してない。
いや、出来なかった。

ただ闇雲に走り回った。



◆斑井と別れてしまいました


しばらく走っていると、なんか気持ちが落ち着いてきた。
ふぅ、と大きく息を吐く。
身体中に嫌な汗をかいていた。

◆移動先の判定は直下コンマ末尾(非公開)

◆葉隠と遭遇するプレイヤー指名>>148

148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 22:31:11.68 ID:L7wGmXSDO
キリギリッ

150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 22:32:29.60 ID:E5mrC2oZ0
このスレで七海は実態として存在してるの?

151: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 22:36:41.80 ID:yFQQFJxyo
移動先:7…図書館(すげぇ橋渡ってる…)
遭遇:霧切



今までの疲れが一気に戻ってくるみたいだった。
どっ、と汗が噴き出す。
息も絶え絶えに、気づけばここどこ俺は誰。


◆2の島・図書館


ひんやりとした空気が肌に触った。
…さっきまでの感情は嘘のように静まっている。
あんなに怖かったのに、あれは何だったんだろうか。

不思議に思いながら首を傾げてると


「………葉隠君?」


聞き覚えのある声がする。
思わず振り返った。


葉隠「ありゃ、霧切っち…?」

霧切「葉隠君……なんだかすごい勢いで入って来たようだけれど」

霧切「…敵に何かされたの?」

葉隠「あ、ああ、今はなんとか落ち着いたべ…怖かった……」はぁ

霧切「怖かった?」

葉隠「………あぁ、怖かった」

152: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 22:43:54.73 ID:yFQQFJxyo
>>150
いるかな?いないかな?と内緒にしようと思いましたが、「います」と回答します



霧切「……なんらかの異能を受けたのね」

葉隠「まぁな…」

霧切「ねぇ、それってどんな能力だったの?」


…霧切っちの顔がらんらんと輝いているように見えるのは俺だけ、だよな?
霧切っちってこう言う、その、異能だとかゲームだとかって好きだったっけ?
……まぁ、いいか……。


葉隠「あー…それが俺もすぐ技にかかっちまって…確かな、罪木…って名前の子だったぞ」

霧切「……なるほど?その子の異能は?」

葉隠「なんつってたか、効果がランダムって……その、そっから先はもう全然…怖いって思わされちまって」

霧切「………怖いと思わされた、ねぇ」

葉隠「あ、そうだ…っ、病院で斑井っちがそいつと戦ってんだよ…!」

霧切「そう…同盟を組んでいるの?」

葉隠「え?……いや、そうじゃないけど」

霧切「………」


霧切っちはなんか考え込んでいる。
せっかく霧切っちに会えたんだし、ここは一度一緒に行動すんのが得だと思うんだけどなぁ。


1・霧切に行動を委ねる
2・霧切と一緒に斑井のところへ
3・自分の異能について話す
4・そのほか
>>155

◆他陣営判定、直下コンマ50以上で発生

155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 22:45:47.84 ID:5qd37GDno

157: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 22:52:52.27 ID:yFQQFJxyo
行動:2
判定:53…他陣営でLP切れが発生



…霧切っちが何考えてんのかは知らんけど、と言うか俺では分からんけど、
今はとにかく斑井っちのとこに戻るのが先決なんじゃねーのか…?

葉隠「なぁ、霧切っち。俺と一緒に病院に行ってくれねーか?」

霧切「字面だけ見るととても意味深ね」

葉隠「やめろよそう言うの!」

霧切「………まぁいいけれど。そうね、そこにあなたの協力者がいるならそうした方が」


びーっびーっびーっ
びーっびーっ
びーっびーっびーっ


突然変な音が鳴り響いた。
なんだこりゃ。………ん?ポケットから?
俺は慌てて電子生徒手帳を取りだす。
どうやら隣で霧切っちも同じような行動をしている。


☆System
◆【狛枝凪斗】がLP0になりました
◆中央の島・公園から再出発します



葉隠「………んあー、なんて読むんだなま……こま……?」

霧切「コマエダナギト、じゃないかしら」

葉隠「あ、ああ、なんかそんなん」

霧切「…あなた、わかってないでしょう」

葉隠「えへへへへ」

159: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 22:57:14.70 ID:yFQQFJxyo
霧切「とにかく……病院ね」


手帳を戻しながら霧切っちが言った。
同じく、手帳をポケットにしまいこんで俺は頷く。


霧切「ただ闇雲に突っ込むだけでは、また同じようにされると思うけれど」

葉隠「いや、斑井っちは防御が出来る異能持ちなんだべ。だからちゃんとやれば…」

霧切「防御が出来る?」

葉隠「あー、色々あって俺はその防御から外れちまってたんだけどな」

霧切「………ふぅん、なるほどね」

葉隠「?」

霧切「とにかく行くわよ、葉隠君。その人がやられていたら困るじゃない」


霧切っちの足取りは早い。
いざやる事が決まったら、やはりすぐに行動出来るタイプの人間なんだろうな。
俺とかだとだいぶ悩むからなー!

まぁいいか……。

そんなわけで、俺達は再び隣の島を目指して出発した。


◆移動判定、直下コンマ
30以下→2の島で朝日奈と遭遇
70以上→中央の島の狛枝とバッティング
それ以外→病院で再戦
ゾロ44・99→残姉

160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 22:57:53.68 ID:ONBzYqJv0

164: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 23:02:54.66 ID:yFQQFJxyo
判定:68→再戦!


そう言えば、少し妙な事があった。

数字のついた島は、中央の島を経由しねーと移動出来ないような作りになってる。
それがこの島……会場になった、ジャバウォック島ってとこだ。

今俺達がいたのは2の島…図書館やダイナー、ってのがあるらしい。
あとはビーチが綺麗なんかな?

そしてこれから行くのは3の島。

だから絶対に中央の島を経由する。
けれど、そこにもう狛枝凪斗らしき姿はなかった。

隠れている?
あるいは、もう移動した?
同じ島にいるけれど、違う場所に?
……いや、中央の島にはそこまで移動出来る場所はないはずだ……。

嫌な予感を孕んだまま、俺達は3の島へと足を踏み入れた。

165: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 23:07:12.11 ID:yFQQFJxyo
◆3の島・病院


ばんっ、と大きな音を立てて俺は扉を開いた。


斑井「遅かったな、葉隠」

罪木「………はぁ、はぁ……!」

葉隠「ま、斑井っち!?」

霧切「これが、あなたの協力者…?」


さっきまでの威勢はどこへやら。
罪木っちは完全に疲れ果てていた。
よく見れば全身ボロボロだ。
…斑井っちがやったんか?


斑井「あ?ああ、少しだけだ。
軽く締めたり投げたりしただけだから安心しろ」

安心出来ませんが!?


罪木「あ、あ、あ……また!また私を虐めに!?」

霧切「…ふーん、あなたが彼を困らせた相手ね。でも無駄じゃないかしら、体力的にね」

罪木「うるさい……うるさいっ!」


注射器が、俺達の方をしっかりと狙っていた。
これどうすんだよ!?


1・【アンカー】で叩き落とす、20以上で成功
2・斑井の影に潜む
3・霧切の異能をきく
4・そのほか

>>168

168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 23:08:45.54 ID:ONBzYqJv0

169: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 23:18:25.38 ID:yFQQFJxyo
1・判定:54


罪木「いいんですぅ……あなた達は私が面倒みますからぁ!【病床パブリック】!」


恐らく。
この宙を舞う注射器がそれ、なんだろう。
とにかく、やばい。
避けなきゃ、と思ったんだけど、俺は体が動かない。

恐怖心っつーのはこれがまた厄介なもんで、どうにもこうにも、一回で取れるようなもんじゃない。
罪木っち!俺が注射器苦手になったらどうすんだよ!

きっ、と睨みつけた。


葉隠「うう…でもっ!」

このまま受けるわけにもいかないだろう。
俺はなんとかかんとか、目をつぶりながらも、前に手を突き出して叫ぶ。

葉隠「頼む【アンカー】っ!あれを叩き落とせっ!」

斑井「そんな使い方が出来るのか!?」

霧切「……!」


俺の意思に従ってくれ、アンカー!

170: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 23:22:59.83 ID:yFQQFJxyo
にゅう、と地面から手が生えた。


葉隠「」

斑井「」

罪木「………は?」

霧切「!?」


その大きな手は、空中にあった注射器をばんばん叩いて落として行く。
落ちた注射器はと言えば、ぱりんと乾いた音を出して地面に叩きつけられて割れていた。
アンカー………俺がある程度制御する事も可能なのか?


罪木「そ、んな!こんな!こんなデタラメな事があってたまりますか!?」

葉隠「いい加減認めろよ罪木っち………オメーは負けんだよ!」

罪木「いいえ!負けません!」


さらに注射器を構える罪木っち。
…もういい、もういいよ。
俺はこの戦いの無意味さを知っている。

つーかそもそも俺が悪いんだべなこれ!



葉隠「………っ、【アンカー】!>>173!」

◆安価レスのコンマが30以上の場合成功
◆ただし全体攻撃・スタン攻撃の場合は40以上

180: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 23:31:48.87 ID:yFQQFJxyo
コンマ表

○戦闘判定は基本的に
「戦闘描写レス」と「安価指定レス」のコンマを使います
詳しい事は各レスにて説明します

○このスレ的にはゾロ目は
44・99ゾロ→強制ファンブル、大失敗
77→強制クリティカル
00→特殊判定
それ以外→成功扱い、もしくは失敗回避
でいきます

181: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 23:39:05.90 ID:yFQQFJxyo
葉隠クンはサイコパスやろ?
………と、それはさておきさすがにチートすぎたので若干修正。




葉隠「アンカーっ!な、なんとかして!」


実に情けない声を上げたのは俺だった。
だって、だってなんだもん。

罪木「結局何にも出来ないんじゃないですかぁぁぁ!」

葉隠「ぬぅわああああ!」


次の瞬間。
空間がかっ、と光った。


罪木「………なんです、これ」


そこにいたのは、龍だった。

…あの、ドラゴンな。四つ足で立っている、なんかうねうねしてる方の龍。
すごいいかつい顔をしている。
なんだこれ。


霧切「………応龍?」

葉隠「なんだそれ」

霧切「人を殺してしまった龍よ」

斑井「で?それがなんでここに」

罪木「うあ、ううう……」


罪木っちが龍に睨まれている……。

183: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 23:44:39.85 ID:yFQQFJxyo
応龍とは

中国神話では、帝王である黄帝に直属していた竜。
4本足で蝙蝠ないし鷹のような翼があり、足には3本の指がある。
天地を行き来することができる。また、水を蓄えて雨を降らせる能力があり、黄帝と蚩尤が争った時は、嵐を起こして黄帝の軍の応援をした。
しかし蚩尤との争いで殺生を行ったため邪気を帯び、神々の住む天へ登ることができなくなり、以降は中国南方の地に棲んだという。
(以上、出展Wikipedia)



つまり?


罪木「……っ、邪気を帯びたものを、自分の住む場所へ引きずり込むと…?」

霧切「つまり、あなたが葉隠君に殺気を覚えた時点で、その応龍があなたの体力を全て奪う……と言う算段じゃないかしら?」

なるほど?
………一発終了じゃねーって事な。はいはい。
ただし、俺に殺気を向けた時点で罪木っちがやばい事になるのは変わらないらしい。

葉隠「別に俺はそこまでして欲しいとは思ってねーけどな」

罪木「う…うう、そんなのずるいですぅ、あなたはっ!あなたは私が……」

葉隠「………すまんかった」

罪木「!」

葉隠「そもそも俺がオメーにフリーハグをしたのがきっかけだったんだもんな…悪かった」

霧切「そうだったの?」


………呆れられてしまった。
やめろ!そんな冷ややかな目を向けるな!


葉隠「…なぁ、罪木っち?」


1・病院は去るので穏便にしないか
2・戦闘はやめて部屋を貸してくれないか
3・なんでそんなに俺を倒したいんだ
4・仲間はいないのか?
5・そのほか、罪木を煽る行為は禁止です

>>186

186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:45:47.90 ID:vizdJs8DO

188: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/15(火) 23:52:23.75 ID:yFQQFJxyo
今後あんまりにもチート出たら勝手に修正します、例え成功判定でもね。死なれたら困りますん





葉隠「その………俺ら別に病院に泊まりたいわけじゃねーし、その…」

葉隠「………いますぐ病院から出て行く。だから穏便にしてくれねーか?」

罪木「………」

葉隠「当然、【アンカー】は解く。ついでにオメーの異能の事について、誰にも話さない。これでいいか?」

罪木「………う、うう、うゆぅ、いいですって言うしかないじゃあないですかぁ………」


あーあ…ついに罪木っちは泣き出してしまった。
ほぼ俺のせいだけど。

応龍は煙がたちのぼるように、ふっとその場から姿を消した。
そしてそれを確認すると同時に、俺達は病院をすぐに出て行った。

………なんて言うか、なんでこんな無駄な戦いを。


斑井「………せっかくの拠点候補だったが仕方がないか」

葉隠「俺がちゃんとやってりゃよかったんだよな」

斑井「まぁいい、次の場所を探そう」

霧切「………待って」

葉隠「ん?」

1・移動する、場所指定可能
2・霧切の異能を確認する
3・今後のクリア方法の話をする
4・連絡先の交換
5・そのほか
>>192



そして今日ここまで
システムに粗がありすぎますので、皆様なにかあればすぐ教えてください
おやすみさん

192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:00:36.29 ID:vsJw8og3o
2

194: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/16(水) 07:45:02.17 ID:RgwG/4oqo
おはようございます(寝癖)



霧切「一旦整理させてちょうだい」

斑井「何を整理する必要がある?」

霧切「今までの事、これからの事……今後の戦略を考えたいの」

葉隠「ん?霧切っち、着いてきてくれんのか?」

霧切「…そうね、今のところ一緒にいるデメリットが感じられないから」

霧切「どこかの誰かさんがフリーハグしないように、見張っておく必要もあるだろうし」


さーてどこの誰でしょうね。
と遊んでいる場合じゃないか。
霧切っちは、少し真面目な顔に戻る。


霧切「だから今のメンバーで出来る事、異能を確認するわ」

葉隠「ああ、まぁいいけどよ…」

霧切「葉隠君が【アンカー】…効果は?」

葉隠「その時その時、何が起きるか分かんねーんだべ」

霧切「ランダム…?」

斑井「ある程度意識下で制御するのも可能なようだが、そこはまだ研究が進んでないな」

霧切「………そう。それで、あなたは?斑井君」

斑井「【過保護】……だ、俺の意思とは無関係に盾が現れ、あらゆる異能からの攻撃を受け止め跳ね返す」

霧切「オートで発動しているのね」

斑井「ゆえに俺への異能攻撃は無意味だ。ただ…この盾が割られる事があるかもしれんが」

葉隠「だからオメーあん時説明をさらっと終わらせたんか」

霧切「………わかったわ」

葉隠「で?霧切っちは?」

霧切「>>197」


◆霧切の異能
【名前】もしくは【能力】を指定、あればどっちも
なければどっちかは勝手に付けます

214: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/16(水) 23:37:50.95 ID:RgwG/4oqo
霧切「私のはね、【条件】を満たせば【相手のデータを全て閲覧出来る】…そう言う異能よ」

葉隠「なんですかそのチート!?」

斑井「まぁ待て葉隠、条件が厳しいのかもしれん…」

霧切「………そうね、簡単に条件を言う事は出来ないわ」

葉隠「…」

霧切「まぁ、あなたの情報を見る事はしても、他人に言う事はしないから安心してちょうだい」


◆霧切追加判定は直下コンマ
さすがにノーリスクで全部能力見れるとまずいので
コンマ奇数→【視線を???】
コンマ偶数→【???を聞く】
ゾロ目→【????する】


葉隠「まぁ…その、条件は気になるけども…言ったらまずいっぽいからなぁ…」

斑井「して霧切…どうするんだ?戦闘向きの異能持ちがいないんだが」

霧切「それは確かに問題ね」

葉隠「…果たして俺達は無事に生きて帰れるのか…」

1・移動、場所指定は可能。島内であればどこでも
2・探索。コンマ50以上で武器発見
3・索敵。コンマ40以上で敵発見、70以上なら奇襲
4・今後のクリア方法について話し合う
>>217


◆また>>216のコンマで他陣営判定
40以上で1陣営、70以上で2陣営の戦闘が発生

216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 23:39:31.33 ID:uq4HQAFDO

218: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/16(水) 23:44:51.32 ID:RgwG/4oqo
◆霧切追加判定→奇数【視線を???】
◆他陣営→戦闘は起きなかった



これからどうしたもんか。
病院と言う拠点候補を失った俺達は打ちひしがれるしかなかった。

霧切「…ねぇ」

その声がかかるまでは。

突然、マップを見ていた霧切っちが声をあげた。
俺達は顔をあげて彼女を見る。
その指先に、ひとつの点があった。


霧切「…ホテル・ミライ。何があるかは分からないけれど…」

斑井「ホテル?」

葉隠「…拠点にすんなら充分すぎるな」

霧切「大方誰かがいるでしょうね」

葉隠「じゃー、どうすんだよ」

霧切「そこは交渉するしかないわよ」

さらり、言ってのける霧切っち。
しかしそんな交渉術なんて俺は持ち合わせてませんけど!?

220: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/16(水) 23:52:01.54 ID:RgwG/4oqo
霧切「だからこその【アンカー】じゃないの?」


ふと、霧切っちがそんな事を言い始めたりして。


葉隠「………は?」

霧切「何かが起きるんでしょう?ならそこにかけてみると言うのもありじゃないかしら」

葉隠「オメー……その、オメーがそんな事を言うなんて珍しいな」

霧切「…ええ、奇跡がみてみたいのよ」

斑井「女はいつでもロマンチストだな」

霧切「うるさいわよ」


まぁ、どうしようもなかったら使うのもありかもしれんな。
ただし、制御が完全に出来ないのだから、ここで無理して使う必要もない。
まずは敵がいない事を祈るだけだ。

俺達はその場から粛々と動き始めた。
目指すは1の島、そこにあるホテル・ミライ。

………未来、ね。

例えば、ここから無事に帰っても、俺の未来なんてあるんだろうか。
…果たしてそれは、真っ暗なんじゃなかろうか。

そんな胸に抱えたものは、無視をして。


◆移動判定、直下コンマ
30以下→中央の島で歌姫と幸運
70以上→1の島で御曹司に喧嘩を売られる
ゾロ目→中央の島に御曹司………?
ゾロ目44・99→1の島に絶望
それ以外→ホテルに予備学科が既にいる

221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/16(水) 23:52:25.64 ID:jgLO8QGg0

222: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/16(水) 23:58:26.31 ID:RgwG/4oqo
判定:64→ホテルに予備学科


俺達は病院のある島から、移動を始めた。
どこかで誰かが戦いをしているのだと思うと少し頭が重い。
つーか、なんでみんなこんなゲームに乗せられてんだ。

………しかし理由は案外単純だった。

霧切「嘘だと分かっていてもね、…どんな願いでも叶うと言われると嬉しいものなのよ、人間は」

結局自分の欲求を満たせると分かれば、有る程度の人間はそれで納得するのだと思う。
例えば嘘でも。
あるいはまやかしでも。

夢ってのは、いつだって叶えるんであって見るもんじゃない、とか言うけど、
案外大人になってみれば、実は夢ってのはだいたい、往々にして「見るだけのものだった」って気付くもんだ。

………なんだこの語り!



◆1の島、ホテル・ミライ



実に静かな島を歩いてきた。
さすがに敵がいるかと思ったが、見つからなかった。
さすがに辺りを見回しても敵がいないので、
本当にゲームが行われているかどうか怪しく思えた。

223: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 00:01:54.04 ID:ZgfREqAyo
けれど俺達はかの目的地についたわけで。


ぎいっ。


扉を開く。
なんだか、誰かが掃除したような綺麗なエントランスだった。
そこにスタッフでも立っていればまた違うのに。
しかし明かりもないわ、人もいないわ。
ここは無人島なんだろうなと一人思った。


がさっ………



葉隠「…つーか、誰もいない?」

霧切「待って。もしかしたら誰かから奇襲を受けるかもしれないわ」

葉隠「こえーこと言うなよ!」


だけど、俺の願いってのはそうそう叶わないもんだった。
…新手の能力が、俺達を襲う…!


◆日向、異能安価
異能の【能力】もしくは【名前】募集します
どっちかでもいいです
あまりに強いものは制限をかけます
>>225

ごめんなさい!今日短いけどここまで
次はバンバン戦闘起こしたいからコンマ厳し目にします、おやすみさん

225: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 00:05:20.31 ID:pIc1XTng0
能力名カムクライズルってのは色々とあれかな

227: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 07:38:10.27 ID:ZgfREqAyo
おはようさん(虚脱)



しかし、でけーホテルだな。

中に入る前、すぐ近くにコテージがいくつか並んで立ってたのを見た。もしかしてあっちが宿泊施設か?
エントランスは相変わらず綺麗だったし、いわゆる普通のホテルって感じだべ。
電気は……通ってんだかなんだか、分かんねぇなぁ…つーかスイッチどこなん。
あ、あんなとこにテーブル…いや、テーブルじゃねぇな!?あれゲームか!?


霧切「テーブルとゲームが一体になったものね…80年代の喫茶店では流行したみたいだけど?」

葉隠「ほえぇ、これが本物の」

霧切「…ここに置いてある理由が分からないわね」

斑井「まぁ確かに…新しめのホテルには似つかわしくないだろうからな」


雑談をしていた俺達は、すっかり気を抜いていた。
そう、既にここに誰かがいるかもしれないのに、それを考えてなかったんだ…。

不意に背後の扉が開く…!


◆日向の奇襲判定は直下
コンマ末尾1~5で成功、6~9で失敗、0は???する

◆別陣営判定は↓2コンマ
判定したい生徒名を書いてください
コンマ50以上で戦闘発生

228: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 07:41:52.98 ID:XmFYQjCNo
はい

229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 07:56:00.21 ID:2eGxxaoOo
かませ眼鏡

230: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 09:55:50.85 ID:ZgfREqAyo
◆奇襲:8→失敗した、カムクラも人の子
◆他陣営→十神ならその辺でコーヒー飲んでるよ(休息)




ぎぃぃ


その物音に俺達は振り返った。


霧切「………」

「ああ、何だ…人がいたのか?」

葉隠「んあ、オメーさんは…」

斑井「今来たのか」

「……まぁ、そんなとこ、だな」


歯切れ悪く話す男。
なんつーかあれだな、ガタイがいい。
どっかでスポーツでもやってたんかな。
…あと、髪の毛のてっぺん……それ、なに?凶器?狂気?


「お前達も今来たのか?」

斑井「そんなところだ」

「ははっ、なんだよそれ」

霧切「………」

「…な、なんだよ……?」

霧切「………」じーっ

「あんまり見るなよ、恥ずかしいだろ?」


霧切っちは男から視線を離さない。
…何が目的なのか?
異能に関わるんかな?
とは言え、ここでそんな事聞いたらおじゃんなんだけども。

231: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 10:03:45.51 ID:ZgfREqAyo
「…ところでお前達、このゲームで…誰かと戦ったか?」

斑井「それはまた妙な事を聞くな」

「いや、その…まだあまり実感が湧かないんだ、ゲームだとか異能だとか言われても……」

霧切「大体の人がそうでしょうね…私も、異能を実際に見たけれど…」

「見たのか!?」

霧切「……」

「…なぁ、お前達はもしかして、他のプレイヤーと仲良くやって行こうなんて考えてないか?」

葉隠「ん?まぁそりゃあ、戦闘はないなら無い方が…」

「それは無理だ」

葉隠「………なんで、」

「俺は…見たんだよ、髪の長い男が……凄まじい勢いで他の参加者に襲いかかるのを…」

「そいつは、視界に入った人間の全てを襲ってたんだ……足も早いし、力も強い、いつかは絶対に襲われる……!」


………すごい怯えてねーか?


1・ん?でもオメーは襲われてないよな?
2・仕方ない、そいつを倒しに行くか
3・もっと情報はないのか?
4・自由回答
>>232

◆なお直下コンマ末尾でイベント判定、5はふたつあるのでどちらの効果も発揮
1・5→ミッションが発生する
2・6→他陣営で戦闘
3・7→誰かがLP切れを起こす
4・8→討伐ミッション発生
5・9→他陣営で同盟
0→葉隠に悲劇?

232: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 10:04:58.88 ID:al2qQnth0
1

233: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 10:12:44.73 ID:ZgfREqAyo
◆イベント:88→討伐イベント発生



葉隠「ん?でもオメーは襲われてないよな?」

「………ああ、俺も不思議なんだ」

霧切「どうやってそこをやり過ごしたの?」

「それが…覚えてなくて」

霧切「覚えてない?」

「必死にどこかに隠れていたような記憶はあるんだが…」

霧切「………そう」

葉隠「オメーも大変なのな……」

「ああ、そこで出会ったやつと同盟を結ぶ予定だったんだが、その時にはぐれてしまって」

「………慌てて戻ってもいないし、どうしたらいいか頭を抱えていたんだ」

葉隠「それでこのホテルに?」

「ああ、もしかしたらそいつがいるんじゃないかと思って」


ふぅ、と一息ついたその時。

ぴーっ!ぴーっ!

………手帳だ。


葉隠「……ミッション?」

斑井「モノケモノを討伐せよ…か」


クリア条件のひとつ、ミッションがついに始まった…んだよな?
つーか、なんだよこれ。チープだな。


☆ミッション【モノケモノを討伐せよ】
島内に複数の【モノケモノ】と呼ばれる生き物を放出した
モノケモノは個体にもよるがさほど強くないため、プレイヤーによっては異能の確認などにも使えるだろう
全体撃破後、最もモノケモノを倒していた陣営にボーナスが与えられる
なおボーナスの内容は現在シークレットである
モノケモノは全てのプレイヤーのマップから大体の位置を把握する事が出来る



葉隠「………ほう?」

234: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 10:19:11.14 ID:ZgfREqAyo
葉隠「………どうする?」

霧切「どうする、って?」

葉隠「いや、ミッション…やるか?」

霧切「そうね…」

霧切っちはまだ男の方を見ている。
何が狙いなのか分からん。

霧切「……モノケモノ討伐でもしかしたら、プレイヤー同士の衝突が起き始めるかもしれないわね」

斑井「先頭に巻き込まれたくないなら行かない方がいいだろうな」

葉隠「あー、まぁな」

「そうか……俺は……」

葉隠「ん?オメーは行くん?」

「………一番いいのはモノクロボールとやらを見つける事だと思うんだが、時間がかかりすぎるかもしれないな」

斑井「何にしても、ずっとひとつの場所にとどまっていては何も出来ないだろう」

霧切「拠点を作り、そこを中心に動くのは得策だけれど、ね」


さて、これからどうする?
1・モノケモノ探しに行こう
2・モノクロボール探しに行こう
3・まずはここをキャンプ地とする
4・ミッションより先に男の話を聞く
5・その他自由回答
>>236

◆直下コンマ末尾でイベント判定
奇数→戦闘狂が暴走族と戦闘開始
偶数→極道陣営が???と戦闘開始
ゾロ→残姉が自滅しLP切れ
44・99→???

236: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 10:25:15.17 ID:xnu/uUOho
3

237: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 10:31:14.20 ID:ZgfREqAyo
下がってた(驚愕)

◆イベント:偶数→坊ちゃんが戦闘開始
◆行動3



葉隠「………いや」

以前の罪木っちとのバッティングで俺は学んでいた。
例えば万一の事があった時に集まる拠点を作るんなら、それって急いだ方がいいんじゃねーかなと。
まず真っ先に場所を確保した方がいい。
後になればなるほど、「既に人がいる場所に行っちまう」可能性が増えるからだ。

葉隠「と言うわけだ。まずはここをキャンプ地……じゃねーや、拠点としてどっしり腰落として構えんのが先じゃねーか?」

霧切「葉隠君、あなたって本当にマイペースね?」

葉隠「ん?ダメかよ」

霧切「別に………」

「そうか、お前達でここを使うのか?」

斑井「お前は……ああ、連れがいるんだったな」

葉隠「探しに行くんか?」

「ああ、そうだな……外にあの男がいなきゃいいんだが……」

霧切「………」


霧切っちはまだまだじっと彼を見ている……。もういい加減やめてあげたらいいんじゃねーか………?
とにかくひとまず、このホテルを拠点にすると決めよう。
ここを中心に動くことにするぞ。


◆ホテル・ミライを拠点とし居座りました
◆ホテル近郊での行動が優先的に行えます

238: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 10:35:38.45 ID:ZgfREqAyo
霧切「……ミッションを行うかどうかはあなたに任せるわよ、葉隠君」

葉隠「なんで俺なん」

霧切「私がやると言ったらやるの?」

葉隠「………」

霧切「それに色々と、ね」

信頼されてねーなおい。
やるって、オメーが言うんならやるっての。

で?
どうすっかな。

……そういやこいつの名前すら聞いてねーし!
あー、ミッションも気になるし……モノクロボールも……!

どっからやるかなぁ。


1・モノケモノ探し
2・モノクロボール探し
3・男の話を聞く
4・ホテル探索
5・その他自由回答

>>241


◆直下コンマで九頭龍陣営の判定、このレスのコンマと見比べる
±10以内→有利
±30以内→拮抗している
±50以内→押されている
±50以上→不利

241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 10:45:55.93 ID:CW8IzTeDO
3

242: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 13:40:07.23 ID:iz4sG9cyo
◆判定→坊ちゃん優勢
◆行動→3



つーかこいつの名前を聞いてねー。
一緒に人を探すんだか、行動するんだか、まだ決めてねーけど………うーん、
とりあえず名前くらいは聞かねーと話が進まんな。


「ああ、すまない。まだ名乗ってなかったな。日向創…創作の「創」でハジメだ」

霧切「日向君、ね。私は霧切響子…こっちは斑井君と葉隠君よ」

日向「霧切に…斑井と、葉隠だな。よろしく頼む」


探偵の前にハジメちゃんが来ちまうってある意味反則じゃねーのか。
いや、そんな事ぁねーか?

…つーか大変だよな。
仲間が増えるかと思いきや邪魔されたっつー事だもんな、それって。
おい…そいつってこの島にいるとか言わねーよなぁ……?


霧切「………葉隠君、ちょっといいかしら」

葉隠「ん?」


霧切っちが呼んで来た。
ホテルの外でふたりきりで話をしたいってよ。
ふたりきりでだって。

………。

………まさかなぁ。

243: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 13:45:56.69 ID:0E9DA/dgo
◆ホテルの外

霧切「ねぇ……」

声を上げる。

霧切「……彼、何かおかしくないかしら」

葉隠「おかしいって、何が」

霧切「明らかに嘘をついているじゃない?」

葉隠「………うそ?」

霧切「髪の長い男の話よ…そんなものがいて、彼だけが襲われなかったなんてあり得ない……」

霧切「もちろん、その話が本当である可能性も高いけど…髪の長い男、なんてあなたか斑井君か、そのくらいの長さがなければそう呼ばないわよ」

霧切「果たしてそんなに長髪の男性が複数、島にいるのかと考えた方がいいわ」


疑ってるなー。
そこまで疑う必要なんてあるんか?


霧切「それに………」

霧切「何故だか分からないけど、「私と目を合わそうとしない」の」

霧切「…考えを読まれているみたいで怖いわね」

霧切「葉隠君…私は彼と行動をともにするのは危ないと思うのだけれど」


霧切っちの目はマジだ。
大マジだ。
と言うか、そんな部分で嘘を言うようなやつじゃない。

………どうする?

◆日向と行動をともにするか、ここで倒すか
◆葉隠の行動安価
>>245

◆なお直下コンマで他陣営イベント判定、内容は秘密

245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 13:48:20.71 ID:Z0KzfjZDO
今は別行動で泳がせる

246: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 15:24:53.47 ID:ZgfREqAyo
◆秘密判定:93→残姉撤退


葉隠「………」


うーん。
ここで結論を急いでも仕方が無いと思うんだがな、俺は。


葉隠「今は別行動して泳がせとくってのは?」

霧切「……どうして?」

自分から危険だって言って置いて理由聞くってのはズルくねーか!?

葉隠「近くにいて化けの皮が剥がれたら困るだろ」

霧切「ふふっ、そうね……」

霧切「泳がせておくのも危険、なのだけれど…でも、彼がどんな人なのかを見るにはそれの方がいいかもしれないわね」



◆ホテル内部


…と言うわけで、それっぽい理由を作って、日向っちとは一緒に行けない旨を伝えた。


日向「そうか…」

葉隠「俺達も一緒に行けりゃいいんだけどよ」

日向「いや、そんな…ありがとう、気持ちだけで十分だ」

葉隠「………ああ、それと………」がさごそ

日向「連絡先の交換、だな?」

葉隠「ま、そう言う事だべ」

247: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 15:31:59.01 ID:ZgfREqAyo
せっきがーいせーん。


今時の電子生徒手帳ってすごいのな。
赤外線ついてんだな。

……生徒手帳が今時のかはしらんけど。


日向「それじゃあ、俺は仲間を探してみる。そして…早くこんなくだらないゲームを終わらせよう」

斑井「ああ……分かった」

葉隠「おう、またな」


日向っちはひとりで出て行く。
嘘をついてるってもなぁ、悪いやつには見えねーんだけど、なぁ………。

まぁ、それでも襲われるよりはマシか。



◆電子生徒手帳の情報が更新されました


☆全体へのメッセージ
◆【戦刃むくろ】がLP0になりました、中央の島から再出発します
◆【セレスティア・ルーデンベルク】が【弐大猫丸】と同盟関係になりました
◆【セレスティア・ルーデンベルク】によってモノケモノが倒されました、あと4匹です



…って、はぁ!?



霧切「ふぅ…私達が戦わないと行けないものは多いわね」

斑井「ミッションをやるなら今からモノケモノとやらを探しに行こう」

霧切「やらないのであれば…そうね、この島でモノクロボールを探しましょう?」

葉隠「うーん…」


◆これからの行動方針、安価
>>250

◆直下コンマで他陣営、終里判定
コンマ60以上の場合、誰かと戦闘を開始する

250: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 15:37:02.28 ID:3WDDELemo
モノケモノ倒しをしつつ攻撃タイプの異能を持つ仲間を探す

251: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 15:48:34.38 ID:ZgfREqAyo
◆終里判定:81→戦闘開始
なお今回の犠牲者はアホアホアホ(ry
◆行動:モノケモノ探し



葉隠「とりあえずモノケモノ探すべ!」

霧切「そう、そうね…分かったわ」

斑井「ミッションが全て攻略出来ればその時点でゲーム終了と言っていたな。つまり」

霧切「………ミッションの全攻略のためには、誰かと戦う必要がある?」

葉隠「そんなの……出て見てから考えたらいいべ?やらずに後悔するよりやって後悔しろってな!」

俺は手帳のマップを起動した。
4の島のモノケモノは退治されている。
マップにはあと4つ、赤い点が出ている…。

そしてそのうちのひとつは、この1の島にあるみてーだぞ?


葉隠「もしかしたら、この辺にモノケモノがいる可能性もあんじゃねーのか!?」

霧切「誰かが出会っている可能性もあるけどね」

斑井「………行くか」


◆モノケモノ索敵判定、直下
40以下でその辺にいる、が見つかるまでに他の島のモノケモノがやられる

41~70でその辺にいるモノケモノを見つける、が既に誰かがいる
末尾奇数なら不二咲、偶数なら澪田、ゾロ目なら戦刃

71以上でモノケモノが見つかる、誰もいないし今がチャンス

252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 15:50:01.82 ID:2eGxxaoOo
アイヤー

253: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 15:53:26.76 ID:ZgfREqAyo
◆判定:82→もしかして葉隠は【超高校級の幸運】なのかな?


早速ホテルを出る。

相変わらず眩しい熱帯の日差しを浴びて目を細め、
波の音に思わず心を和ませ、
ホテル前のプールで溺れている謎の生物に目を奪われながら、
俺達はホテルを出発し



………。



ホテル前のプールで、謎の生物が溺れてる?


………ん?




モノケモノ「」ばちゃばちゃ



霧切「………かわいいわね」

斑井「そうか?」

霧切「あの間抜けな顔がいいわ」

葉隠「分からないこともないけどよぉ」

霧切「で、なんであの子あそこで溺れてるの?」

254: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 15:56:52.86 ID:ZgfREqAyo
◆数分後



モノケモノ「」シヌカトオモッタ


霧切「これよね、モノケモノ」

葉隠「弱いとは書いてあったけど、こいつ倒していいんかな…」

斑井「なんと言うか、良心が痛むな」

葉隠「………」

モノケモノ「………」イジメル?

葉隠「………」

霧切「早くしないと手柄を取られるわよ」

葉隠「いや、けどこいつ、どうやって倒せば……」

斑井「素手でもいけるだろ」

霧切「それか【アンカー】を使えばいいじゃない」

葉隠「あ、そうか」


◆ちなみにモノケモノは弱いので殴ったら死にます
◆もちろん関係なく異能でも倒せます

◆葉隠、行動安価
>>257
なおアンカーを使う場合、コンマ50以上で成功。即死攻撃は44・99で成功

257: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 16:01:44.64 ID:gGlIQY0Po
殴る

259: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 16:22:05.88 ID:ZgfREqAyo
葉隠「………えい」


モノケモノにデコピンしてみた。


モノケモノ「」イテッ

ぽわわ

葉隠「………え」


◆情報が更新されました

☆全体へのメッセージ
◆【葉隠康比呂】によってモノケモノが倒されました、あと3匹です


………マップから1の島のモノケモノが消えた………。


葉隠「これって自分の居場所バレちまうんじゃ…」

霧切「誰かれ構わず戦いを挑んでいるひとなんかがいたら危ないかもしれないわね」

葉隠「」

斑井「おい、急ぐぞ葉隠……まだ3匹いるんだ。多く倒せばそれだけボーナスへのチャンスが増えるだろう」

霧切「ボーナスがあれば…ゲームを有利に運べるかもしれない。やるなら今すぐ違う島に行くわよ」


残っているモノケモノの反応は、2の島、5の島と中央の島らしい。


◆葉隠の行動、これからどうする?
モノケモノ退治なら移動が得策
>>261

260: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 16:23:03.88 ID:miER3z1x0
2の島

262: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 16:28:59.44 ID:ZgfREqAyo
2の島


葉隠「………んだな。なら手近な2の島に行って、ぱぱっと倒すべ?」

霧切「気になるのは中央の島の反応ね」

確かに。
必ず島同士の移動で通るのが中央の島なんだから、そんな場所にモノケモノ置いといたらあっという間にやられるに決まってる!
…にも関わらず、そこにモノケモノの反応があるんはなんでだ?

………。

考えても分からんし、俺は諦めてさっさと2の島へと歩みを開始した。



◆2の島判定直下
コンマ30以下でモノケモノ対ソニア田中
70以上でモノケモノ捕獲成功
31~69でモノケモノ対葉隠対別のチーム

◆終里判定↓2、コンマ70以上で桑田が召される

264: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 16:30:36.28 ID:Z0KzfjZDO

265: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 18:51:13.39 ID:ZgfREqAyo
スピードアップしますぅ

◆判定:78…あのさぁ…(白目)
◆なお桑田はまだ召されていない模様



中央の島には相変わらず何もなかった。
と言うか、本当に人がいるのかも怪しいくらいだ。
…静かなのが怖いってのもなかなか。


◆2の島


霧切「…反応はこちらからよ」

着くや否や、霧切っちが手を招いた。
そちらに向かって行くと、モノケモノはまたしてもそこに佇んでいて。

葉隠「いっそ罠でも張れよ」

霧切「全くだわ。…こんな無防備な状態になっているのが不思議で仕方が無いもの」


…モノケモノが立ったまま寝ている…。
これってもうあれだろ、誘ってるだろ。

斑井「幸いまだ誰にもみつかっていないようだが?」

葉隠「俺ってほんとに運がいい…」

霧切「言っている場合かしら?ほら、行くわよ」

かつかつ、と霧切っちが歩いていく。
そこにいるモノケモノを、じっと見つめて。



◆直下コンマで5の島のモノケモノ判定
30以上でセレスに倒される

◆↓2コンマで終里判定
20以下で敗走、70以上で桑田が昇天

◆↓3コンマで狛枝判定
末尾が7の時、モノクロボールを発見

266: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 18:52:16.33 ID:miER3z1x0
a

267: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 18:53:38.00 ID:gGlIQY0Po
桑田頑張れ

268: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 18:53:50.96 ID:XmFYQjCNo
たえちゃん強いなぁ

270: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 19:02:59.37 ID:ZgfREqAyo
◆セレス→5の島のモノケモノ撃破
◆終里→00特殊判定、再判定
◆狛枝→羽鳥「なんと!狛枝さんが!モノクロボールを!ついに!ようやく!………見つけられませんでしたー」




霧切「………そう言えば私達はまだ同盟を結んでいなかったわね」

ふと言い始めた霧切っちが、足元にいるモノケモノを見下ろした。


霧切「同盟を結んでいれば、もしかしたらスコアが共有になるのかしら?…何にせよ私が倒しては意味がないわ。葉隠君」

葉隠「………ん」

こつん、足先で寝ているちっちゃい生き物を蹴り飛ばす。
若干の良心の呵責があるが、仕方が無い。
これはゲームなんだ。


◆情報が更新されました


☆全体へのメッセージ
◆【葉隠康比呂】によってモノケモノが倒されました、あと2匹です
◆【セレスティア・ルーデンベルク】によってモノケモノが倒されました、あと1匹です


葉隠「はぁぁ!?」

斑井「奴らもまた運に恵まれている、と言うことか」

葉隠「つーか、あれだよな、ご褒美もらえるのって、確かひとりだけ?」

霧切「となれば、残るは中央の島のモノケモノただ一匹…セレスさんはそこに向かうでしょうね」

葉隠「俺達もうかうかしてらんねぇよ!」


慌ただしく時間が経過し始める。
おいおい、どうなってんだよ。


◆終里と桑田、直下コンマで再判定
30以下→「オメーつえーな、同盟組もうぜ」
70以上→連絡先を交換、桑田歓喜
44・99ゾロ目→桑田はコアごと貫かれて死んだよ
それ以外→相打ちになった

◆↓2コンマで豚神判定
20以下で十神と、60以上で澪田と同盟

◆↓3コンマ末尾で苗木判定
奇数なら舞園、偶数なら罪木と接触、ゾロ目なら七海

271: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 19:04:57.62 ID:gGlIQY0Po
おう

272: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 19:06:09.37 ID:Wuvpm8xko
白夜ちゃーん

273: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 19:06:37.75 ID:miER3z1x0
桑田頑張った

280: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 19:15:16.14 ID:ZgfREqAyo
◆終里と桑田:62→相打ち。さすが野球選手強い
◆豚神:37→誰にも会えなかった
◆苗木:末尾奇数→舞園と遭遇



来て早々の2の島を慌ただしく戻る。
なんつーか、走るのとかあんまり好きじゃねーから走りたくねーんだけど…はぁはぁ。

◆情報が更新されました

☆全体へのメッセージ
◆【終里赤音】のLPが0になりました。中央の島から再出発します
◆【桑田怜恩】のLPが0になりました。中央の島から再出発します


やかましく鳴り響く手帳を手に取る。…はぁ?桑田っち?
しかも同じタイミングで、これは…どんなやつか知らんけど、誰かやられてるじゃねーかよ?!


霧切「相打ち、かもしれないわね。LPが切れたタイミングが同一だもの」

葉隠「あ、相打ち…?」

斑井「桑田とやら、強いのか」

霧切「ええまぁ、それなりには…ね」

霧切っちも斑井っちも、息を切らさずに橋を戻っていく…。
すげーなおい。
…あ、遠くの方でじいちゃんが手を振ってんべ…康比呂は今そちらに行きますよ…



霧切「何してるの早くして葉隠君」

葉隠「あっハイ」


…なんて酷い高校生なんだ!

281: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 19:19:40.76 ID:ZgfREqAyo
ルールは現行通り行きます、ありがとでちゅ



◆中央の島


そこには最後の仕掛けが待っていた。


セレス「……ちぃっ!このビチグソがっ!」

男「これセレス、そんな言葉使いは感心せんがのぅ」

セレス「ですが、こんなのってありえますか…!」


ぴしゅーん
どさっ

女「ってぇ!?」

桑田「うげっ!」ごきぃ




霧切「………先に着いたのはセレスさんのようね」

斑井「で?今空から落ちてきたように見えたやつらは?」

霧切「赤いのは桑田君に間違いないと思うわ」

葉隠「……へぃ………ひぃ……」こひゅーこひゅー

斑井「じゃあもうひとつ聞いていいか?」

葉隠「………ふえぇ………」こひゅーこひゅー


斑井「あれは………なんだ?」



セレスっち達と、
桑田っち達と、
そしてたどり着いた俺達と。

その幾つかの視線は、たったひとつのものに注がれていた。


………もの、けもの?

282: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 19:24:57.40 ID:ZgfREqAyo
霧切「ラスボスってわけね?」


いやいやいやいやいや!さっきまでのモノケモノとは段違いじゃねーか!?


モノクマ『ぷぎゃー!そいつはボスケモノ!最後のモノケモノだよー!』


空からモノクマの声が響き回る。


桑田「あ?モノケモノ、っつったら今、セレスが倒し回ってたやつか?」

女「オメーあんなの倒してんのか!?すげーな!」ぱあぁぁ

セレス「そんなわけないじゃありませんの!」

霧切「確かに………私達の見たモノケモノともまた違うわよ」

桑田「じゃ、あれは」

葉隠「………ふへー………」

男「それ以前に既に死にかけとるやつがおるんじゃが大丈夫かのう」


◆異能安価
>>284でセレス
>>287で男(弐大)
異能がどんな能力なのか募集


ボスケモノが大声を上げてこちらに来る…!!

◆葉隠の回避判定は直下コンマ
70以下で回避、それ以上はLP-3

284: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 19:27:12.16 ID:XmFYQjCNo
相手を自分の為なら命も捨てる忠実な下僕にすることができる
複数相手にも使用できるが、対象を増やしていくとその分効果が薄れていくので注意

287: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 19:30:20.98 ID:Z0KzfjZDO
コエカタマリン
叫び声が物理攻撃と化す
声が大きければ大きいほど大きさや速度が増し攻撃翌力も高まる

301: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 20:06:55.72 ID:ZgfREqAyo
◆葉隠さんさすがです


『ォオオオオオオオ!!!』


猛烈な勢いで、ボスケモノが近づいている。
やばい、やばい………!


葉隠「ぬおぉぉぉおお!?」

モンハンもびっくりの緊急回避。
無駄に大きい無駄すぎる動きで、俺は直線の体当たりを回避した。
しかし、

『グルゥッ!』

反転したボスケモノが、体から大きな槍のようなもんを飛ばしてくる……っ!

葉隠「んぎゃああああっ!」

今度は転がって避けるしかなかった。
それでも除けられたのが幸いか。


女「………へぇ………おもしれーじゃねーか…でもなぁ、」

ぎゅんっ、と槍が眼前に迫る…!

葉隠「オメー何してんだ避け」

女「オレの方がつえーから無駄だ」


ばきぃんっ


葉隠「」


槍が、女の拳に当たって砕けた。

………はぁ………っ!?

304: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 20:12:07.11 ID:ZgfREqAyo
そして、そのうちのひとつは。


セレス「まぁ………」



セレス「弐大さん」


ぼええええええ
ばぎぃぃぃっ!


弐大「……無、お前さんは人使いが荒すぎじゃあ」

セレス「こうでもしなくては私の身を守れませんもの」うふふ


『………ガ………』


霧切「なるほど?…それなりにみんな強い異能を持っていたのね」

桑田「あれなんで俺からは目を逸らしてんの、霧切ちゃん」

女「へへっ、まぁな…オレよりつえーやつなんかいねーけど」

斑井「………それよりどうする、あんなものひとりふたりでは倒せない」

セレス「共闘致しませんこと?私には、あれを倒す能力も算段もありますが」

葉隠「ほへ?」

霧切「………」じっ

セレス「私の異能は【悪ノ召使】……ある事さえ出来れば、あれの行動を掌握出来ます」

斑井「その必要行動は………」

セレス「言えませんわね。後から隙を突かれては困りますもの」

霧切「………」じっ

305: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 20:16:56.39 ID:ZgfREqAyo
桑田「つかさ、俺を蚊帳の外にしすぎだっての!」

霧切「………」じっ

斑井「霧切もお前には興味がないんだと」

桑田「はぁぁ!?」

セレス「していかがなさいます?」

男「……無………」


『グウウウッ……!』


セレス「尤も、向こうはそんな時間はくれませんが」


葉隠「分かった分かった……オメーに協力すりゃいいのか?」

セレス「ええ……」


◆ボスケモノ戦、ファイッ!

コマンド?
1異能を使用する(葉隠のみ)
2攻撃を回避
3防御を固める
4作戦会議
5そのほか

↓1で葉隠、↓2で霧切、↓3で斑井のコマンドを決定
また葉隠は1の場合、アンカーで何が起きるかも併記

それぞれの成否は「このレスのコンマ」と「それぞれの安価のコンマ」を見比べ決定。安価のコンマが各プレイヤーの数字になる
差が大きければ大きいほど効果が大きくなり、プラスなら有利に、マイナスなら不利になる

306: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 20:18:36.70 ID:al2qQnth0
2

307: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 20:19:06.58 ID:gGlIQY0Po

308: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 20:20:00.98 ID:miER3z1x0

309: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 20:24:25.92 ID:ZgfREqAyo
判定まとめ
ボスケモノのコンマ:39
葉隠:70→差分+31…回避は難なく成功
霧切:58→差分+19…それなりに作戦を纏めた
斑井:98→差分+59…完全防御だドン!

全員成功ってもうね、すごいね

310: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 20:28:21.07 ID:ZgfREqAyo
『ゴアアアアア!』

ボスケモノは、今度もまっすぐ突っ込んで来た。

葉隠「アホかっ!もうビビんねーぞ!」

さっ、と軽く体を捻って、その動線から離れた。
勢いがついた体当たりは全く止まれず、そのまま後ろへ遠ざかって行く。

霧切「………」じっ

セレス「いつまで見ていますの?流石に恥ずかしくなりますが」

霧切「………あらそう?」

セレス「ところで、私をあのケモノのところに連れて行ってほしいのですが」

霧切「そうね……足止めをする必要があるわ……」


『グルゥゥゥ!』


ふたりの会話の最中も、ボスケモノは暴れている。

斑井「だが、無意味だ」

ぱしっ。
斑井っちが自分に向かって来た攻撃をいなした。
どうやらボスケモノはそこまで頭が良くないらしい。
なんつーか、考えなしに突っ込んで来てるっつーか?

311: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 20:34:05.07 ID:ZgfREqAyo
桑田「こんの………アホぉぉぉ!!」

おっと、桑田っちがなんか握ってる。
あれは………ボール?


桑田「これでも食らっとけっつーんだ!」びゅっ

がぎぃんっ

『グオォ!?』

女「ははっ、どうだ!オメーはよえーんだよ!」


霧切「………あの女性、異能が見極められないわ…なんなのかしら」

セレス「して霧切さん、なにか名案はありませんの?」

霧切「………葉隠君!」

葉隠「ん、」

霧切「あのボスケモノの動きは……止められないかしら?」

葉隠「えー?いや、わかんねぇって……」

セレス「………?」


『ゴアアアアア!!』


男「お前さんにそれが出来るんなら、お前さんを守ってやるくらいはするんじゃが?」

セレス「弐大さんは私の召使でしょう?」

男「……無、そうじゃったかの?」

セレス「とにかく…葉隠君、あなたに出来るなら見直してあげない事もありません。……さぁ、やってごらんなさい」


なんか見下されてるけど……。


◆このあとどうなる?
>>314
なお成否はこのレスと安価のレスコンマを比べ、安価のコンマが高い時成功する

314: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 20:39:27.17 ID:2eGxxaoOo
ボスケモノ、UMAに連れ去られ撃破扱いに

315: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 20:41:34.85 ID:be1fIL5f0
おわりの能力に修正入らないのか
死ねと願えば問答無用で殺せる能力より遥かに強いぞ

317: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 20:45:20.93 ID:ZgfREqAyo
>>315
終里がその能力をそうやって使うところが全く想像出来なかったのでした
一応条件みたいなのもありますのでご安心ください


◆ボスケモノがUMAに連れ去られる
ボスケモノのコンマ→07
レスのコンマ→17
まさかの成功

セレスさんなんていらなかったんや!(白目)

318: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 20:54:04.35 ID:ZgfREqAyo
葉隠「頼むぞ【アンカー】っ!!」

ばっ!
と手を突き出す。
なんか分からんけど手を突き出す!


ぬっ


セレス「………?」

霧切「………え?」

斑井「………は?」



そこに現れたのは!

なんと!

ビッグフットだった!


葉隠「………ぎにゃぁああああ!?」



◆ビッグフットとは
アメリカ合衆国・カナダのロッキー山脈一帯で目撃されるUMA(未確認動物)、または同種のUMAの総称である。 先住民(インディアン)の間に伝わるサスクワッチ、サスカッチ(英:Sasquatch)と同一視される場合もある。
身長は2 - 3m、体重は200 - 350kg。二足歩行し、歩幅は1 - 1.5m。足跡は大きなもので約45cm。 筋骨隆々で、全身に褐色または灰色の毛が密生している。 顔には毛が生えておらず、鼻が低く、目が落ち窪んでいる。 強烈な体臭を放つとされる。
以上、出典Wikipedia。



葉隠「………くっせぇ!?」

弐大「なんじゃあ!?」


そのビッグフットは、ボスケモノを超えるほどの大きさだった。
……え?これなんめーとる?

俺は目を疑った。
まさかUMA…未確認生物がこの目で確認出来たばかりか、まさかそいつが、そいつが…


ビッグフット「^ ^」

がしっ

『グオォ!?』

ビッグフット「\(^o^)/」

ずしんずしん…




…ボスケモノを脇に抱えて…海の方に消えて行った…。

320: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 20:58:46.66 ID:ZgfREqAyo
葉隠「………えー、と」

霧切「………」

セレス「………あら?」


◆戦闘終了


◆情報が更新されました

☆全体へのメッセージ
◆【葉隠康比呂】がモノケモノを倒し?ました
◆ミッション終了
◆一番モノケモノを倒したプレイヤーは【葉隠康比呂】です


………あれ、俺が、一番………?


モノクマ「そうだよ」

うおっ!?

モノクマ「つーわけでご褒美あげるよ、はいこれ」

霧切「…それは?小瓶?」

モノクマ「おくすり(意味深)だよ、まぁ大事に使ってね?」


◆葉隠は【おくすり(意味深)】を手に入れた


女「ふざけんな………」

葉隠「んあ?」

女「もう終わりかよ!?オレはまだ満足してねーぞ!」

322: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 21:06:49.17 ID:ZgfREqAyo
霧切「もう私達が戦う理由はないわ」

女「なんだよ………じゃあ理由がありゃ戦うっつーんだな?」

モノクマ「………!?」

瞬間、世界がゆらっと揺らめいた気がした。
…モノクマがビビってる。
おい、何が起きてんだ?

モノクマ「こ、こらこら、そんなとこいじっちゃらめぇ///」

斑井「………気持ち悪い」

モノクマ「」


びーっ……びーっ……!

電子生徒手帳が鳴る。
嫌な予感ってのは、どうしてそう言う時は当たってしまうのか。
そこで、その女の言葉の意味を知る事になった。


◆ミッション:プレイヤー撃破
これより、プレイヤーは今の時点から不特定のプレイヤー1名と戦闘を強制する。
相手は誰でも構わず、また片方のプレイヤーが攻撃を開始した時点で戦闘と見なす。
どちらかのLP切れ、もしくは降伏宣言がない限り戦闘を終了する事は出来ない。
また、一度以上【異能】を使わない状態での降伏は認められない。
降伏を宣言した場合、そのプレイヤーはLPが0になり中央の島に帰還する。
逃げ出す、もしくはプレイヤーとの戦闘を拒絶した場合、強制的に失格となる。


女「これなら!バトるよなぁ!?」

弐大「終里!お前さんと言う奴は!!」

………あれ、これヤバくないか?

324: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 21:10:58.39 ID:ZgfREqAyo
終里、と呼ばれたその女性は。


終里「おい」

………いや、うん。

終里「おい!」

…気のせい、だよねー?

終里「オメーだよオメー!」

あっ、ハイ………。


終里「オレとバトれ」

葉隠「………嫌だと言ったら」

終里「ルールに従ってもらうだけだぜ」

葉隠「LPがなくなって中央の島に戻るんだろ?ここ中央の島だし、あんまり意味ないんじゃ……」

終里「じゃあそん時はオメーのコアをオレがぶっ壊す。」

葉隠「」


………めんどくせぇ!!


葉隠「あー、分かった分かっ…」

終里「行くぜ!!」

葉隠「うん、人の話を聞こうか」


◆対終里戦、開始

………つってもなぁ。
どうする?

1アンカー発動
2試しに殴ってみる
3避ける
4防御する
5そのほか

>>327
成否はこのレスのコンマと安価のコンマを見比べ判定
1の場合何が起きるかも併記、ただし即死系や戦闘終了系はぞろ目44・99でないと成功しない

327: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 21:15:06.14 ID:gGlIQY0Po
1異能を弱体化

329: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 21:21:43.91 ID:ZgfREqAyo
◆コンマ判定
終里:39
葉隠:14
差分-25…あっ



葉隠「ぬりゃあああ!【アンカー】!」

俺は再び手を前に突き出した。
もうこうなりゃヤケだ。ヤケクソだ!
なんでもいい、なんか起きろ!


葉隠「………ありゃ」

ところが、何も起きる気配がなかった。
と言うか、俺の異能がガンガン弱められてるような、そんな気さえする。


◆判定がマイナスになったのでマイナス補正が入ります
◆戦闘中、葉隠の【アンカー】コンマ判定-10


終里「へっ!オメーってそんなもん使わねーといけねーのか!」

葉隠「それを今言われても……」

終里「オメーって『よえー』んだな」


ずしり、と重みのある言葉だった。
まるで事実を言われてるみたいに、いや事実だけど……。


終里「デコピンで倒せるんじゃねーか、オメーなんて?」

葉隠「ちょっ、まっ…」

終里と言うその女性、ぎろりと目を光らせてこちらへ歩んでくるっ…!!
やばい、やばいやばい、やばい!!


1アンカー発動
2殴る
3避ける
4防御
5そうだ!おくすり(意味深)!
6そのほか

1の場合、何が起きるかも併記。ただしコンマ-10

333: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 21:23:59.03 ID:qrBqGJH/o
5

335: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 21:30:51.39 ID:ZgfREqAyo



そうだ!おくすり(意味深)!

こんな時に渡されるくらいなんだ、いくらかは強いアイテムだろ!?


モノクマ「ああ、まぁね(適当)」


葉隠「………しかたねーな………」

おくすりを、一気に飲み干すっ!


終里「そんなもん使ったところでどうにもなんねーだろ!」

葉隠「………」


つーか、これ飲んだらどうなるんだろう?





◆直下コンマ末尾でおくすり判定
相変わらず5は二つあります

1・5→みなぎる(意味深)
2・6→異能が効かなくなる
3・7→モノケモノ化する
4・8→透明になる
5・9→頭の中がお花畑になる
0→一時的に異能が変質する

336: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 21:31:14.75 ID:pIc1XTng0
おりゃ

340: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 21:37:21.89 ID:ZgfREqAyo
◆判定:5

みなぎってきたしお花畑になるし



……味はまぁ、普通だったな。
栄養ドリンクって感じか。
…栄養、ドリンク?
いや、もっとこう……ん?

体がちょっと、熱くなってきた?

…俺、おれ、何で熱いんだろう?

あー、ダメだ、頭ん中ぼーっとしてきた…。


◆葉隠のステータスが更新されます

◆葉隠はみなぎっています(意味深)
体力的には誰よりも優っているでしょう
◆頭の中がお花畑になってしまいました
正常な思考が出来ない状態です



終里「~~~~~~~!?」


なんか言ってる?

でもしーらねぇっと、えへへへへ。


◆コマンド?
1アンカー?えへへ
2おねーちゃんだーれ?
3蝶々を追いかけよう
4眠いから寝る
5ほか
>>343

戦闘にならんなぁ!?

343: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 21:40:03.19 ID:YMVw6OOyo
3

345: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 21:44:45.39 ID:ZgfREqAyo



あ、蝶々。

ちょーちょ。

羽を広げて地面にいるやつは蛾だよなぁ。
気持ち悪いから嫌い。

あれはちょーちょだ、間違いなく蝶々!

追っかけよう!





終里「オメーどこ行くんだよ!?おい、戦えって!」

葉隠「蝶々……蝶々……」ふらふら

霧切「あなた葉隠君に何を渡したのかしらモノクマ」いらいら

モノクマ「いや、こうなるはずじゃなかったんだけどなぁ」

葉隠「ちょーちょー……」ふらふら

斑井「目が虚ろすぎるぞ」



◆↓1コンマで葉隠追加判定
30以上でラッキースケベ、60以上ならそのままなぜか勝つ

◆↓2で他陣営、花村判定
20以下で誰かと同盟、70以上でやられる

◆↓3で他陣営、腐川判定
60以下なら十神のためにやられて中央の島に来る、61以上は十神と共にいるが違う事を狙っている

346: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 21:45:17.95 ID:gGlIQY0Po
てい

347: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 21:45:47.88 ID:Z0KzfjZDO
せい

348: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 21:47:16.05 ID:MV+Tdvq3o

351: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 21:55:09.47 ID:ZgfREqAyo
判定まとめ

葉隠:95→ラッキースケベは偉大だった
花村:88クリティカル!やられずに済んだ
腐川:05→十神に身を捧げた




ちょーちょー……


あれ?
蝶々がどっかいった?

ちょうちょどこ行った?


…ん?


終里「おっ、ようやくオレとやる気に……」


あ、ちょうちょ!


終里「は?」


おめー、ちょうちょどっかにかくしただろー。
どこにいるのー?


終里「………はぁぁ!?オメー何言って」


ここか?


終里「ちょ、どこさわっ」


どこ?いないよちょうちょー


終里「お、おいっ、おいテメー!?」


ちょうちょ!ちょうちょー!


終里「/////」




あ、こんなところにダンゴムシ?


終里「バカ野郎!そこはオレの(この先のレスは削除されました\(^o^)/)

352: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 22:00:06.07 ID:ZgfREqAyo
◆情報が更新されました


☆全体へのメッセージ
◆【終里赤音】が降伏をしました。LPを0にし、中央の島から再出発します
◆【腐川冬子】のLPが0になりました。中央の島から再出発します




霧切「………」

斑井「………」

セレス「………」

弐大「………」

桑田「………」



葉隠「………はっ!?俺は今まで何を……!?」



ひゅうううううう


葉隠「ん?」


どさどさっ


終里「ってて…おんなじ島なんだから、わざわざ上から落とす必要ねーだろ…!」

腐川「あ、あた、し…ここは、中央の島…!?」

葉隠「ちょ!?上から落ちてくんなバカ!」


桑田「バカはお前だバカ」

葉隠「あぁ!?」

霧切「………覚えてないのね、さっきのことは」じっ

葉隠「お、おう…覚えてねーよ…ってあんまりじろじろ見んなっての!」

霧切「………まぁ、嘘ではなさそうだからいいけれど」

353: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 22:05:47.66 ID:ZgfREqAyo
葉隠「とりあえず俺はミッション完了だべ」

終里「よし!誰かバトろうぜ!」

葉隠「おっとさっきのがなかった事にされてる」

終里「次はオメーだ、黒づくめ!」しゅばっ

斑井「………ちっ」


…しっかしさっきは何があったんだ?
全く思い出せない……。
終里っちになんかしたか俺…。


桑田「………そっか、ミッションさっさとクリアしねーとなぁ」

セレス「私はすでに終わりましてよ?」

弐大「………無理やりしおってからに」

葉隠「ああ、弐大、っち?ってったっけ、に降伏させたんか」

セレス「使えるものは使いませんと」

弐大「はぁ……」

桑田「俺どーすっかな、葉隠テメーやる?」

葉隠「どうしてそうなる」

腐川「ふ、ふ……血なまぐさい戦いが始まるのね……!」

葉隠「バカやめろよっ!」



◆↓1で桑田の戦闘判定
40以下で葉隠に喧嘩売ってくる


◆↓2で他陣営、苗木と舞園判定
20以下なら舞園が降伏、70以上で苗木が降伏、それ以外で誰かと交戦

◆↓3で他陣営、小泉判定
30以上なら西園寺と同盟。ただし44・99ぞろ目の場合は罪木の襲撃を受ける

354: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 22:06:34.69 ID:miER3z1x0

355: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 22:06:45.40 ID:gGlIQY0Po
ほい

356: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 22:06:52.38 ID:HDsXEJQAO
てい

358: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 22:15:40.14 ID:ZgfREqAyo
◆判定
桑田:69→やっぱいいや
苗木:40→誰かと交戦
小泉:38→西園寺と同盟



桑田「………あーでも、オメーと一緒にいるとアホが移るからな」

葉隠「なぬー!?」

桑田「いいわ、俺その辺で誰か探してくるから」くるっ

霧切「私じゃなくていいのかしら?」くすっ

桑田「だって霧切ちゃんに勝てるビジョンがねーもん」

桑田っちはこの場に背を向けて、どこかに歩いて行ってしまう。
あ、連絡先でも交換すりゃーよかった。
……時すでに遅し。


◆情報が更新されました

☆全体へのメッセージ
◆【終里赤音】のLPが0になりました。中央の島から再出発します
◆【小泉真昼】と【西園寺日寄子】が同盟を結びました


手帳にはそのメッセージが乗っていた。
って終里っち、またやられたん!?


斑井「俺に異能は効かないと言ったんだが、こいつ全く聞かなくてな」

終里「ちくしょう……おい、そこの女!オメーもオレとバトれ!」

霧切「ひとりが何回も戦闘していいのかしら?」

終里「戦闘回数に制限つけてねーからな」

霧切「そう………」じっ

終里「………行くぜ!」

359: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 22:23:20.00 ID:ZgfREqAyo
葉隠「…つー、か……」

モノクマ「こうなっちゃったけど、次のミッションは出しておくよ?」

葉隠「へ?」

モノクマ「このミッションは強制的に出させられたものだからね。ボクの作ったものじゃないし」

葉隠「………ああ、そうかい」



◆ミッション【遺跡のスイッチを押せ】
2の島にある遺跡には鍵がかかっている。
その鍵は5の島の屋台群の何処かに隠されており、それを使わなければ開けられない。
そして鍵は複数あり、正解の鍵は1つだけである。
プレイヤーはこの鍵を発見し、遺跡を開く。
その中にあるスイッチを押せればミッションクリア。


モノクマ「逃走中っぽいかなぁ」

葉隠「それは知らんけどさ」

モノクマ「バトルミッションと同時進行だよ。もちろん今から遺跡の鍵探しに行ってもいいけど、」

モノクマ「葉隠クンはひとりでそんな事出来る?」


◆葉隠、行動安価
>>362
屋台群に行く、誰かに連絡する、アンカー使う、自由に
アンカーの場合は追加判定

◆↓1で他陣営、苗木舞園判定
コンマ50以下なら勝った、51以上で負けた

◆↓2で他陣営、花村判定
30以下なら江ノ島に消される、70以上で大神に消される(物理)

360: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 22:23:53.14 ID:miER3z1x0

361: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 22:24:32.72 ID:2eGxxaoOo
アイヤー

362: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 22:24:50.80 ID:dfjynGDAO
やー

366: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 22:28:32.96 ID:ZgfREqAyo
判定まとめ

苗木:14→勝った!第3部完っ!
花村:物理的に消えた。なおコンマ判定により、コアごといかれたためゲームオーバー


葉隠の行動だけ再安価
>>369

363: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 22:25:18.13 ID:ZgHEcjINo
左右田に連絡

371: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 22:56:28.66 ID:ZgfREqAyo
ああ、そうだ。

左右田っちは何か知ってるだろうか?
…協力頼めねーかなぁ。
とりあえず電子生徒手帳を取り出す。


☆全体へのメッセージ
◆【花村輝々】のコアが破壊されました
◆【花村輝々】が【大神さくら】に負け、ゲームオーバーになりました。再出発はありません。

◆【戦刃むくろ】のLPが0になりました。中央の島から再出発します。



またメッセージが増え…お?コアが破壊された?
…なるほど、ゲームオーバー、か。

花村…とか言う人には会う事なく終わってしまった。
まぁ、オーガに直接消されるくらいなんだ。
なんかやらかしたんだろうなぁ。


さてと、左右田っちは生きてるか?んでもってついでに、5の島行かねーかー?


◆ではまとめてコンマ判定行きます


◆↓1で左右田判定
20以下でソニア・田中にあしらわれ失意なう、80以上で電気街にいるので無視。それ以外は協力をしてくれる

◆↓2で桑田判定
40以上なら澪田と遭遇、バトル

◆↓3で江ノ島判定
コンマ奇数で罪木に接触、偶数で九頭龍・辺古山と接触

◆↓4で霧切判定
40以上で終里をあしらって勝った。ただし44・99は危険

372: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 22:57:03.76 ID:miER3z1x0

373: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 22:57:45.42 ID:XmFYQjCNo
ほらよ

374: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 22:57:45.43 ID:gGlIQY0Po
ぐぎぎ

375: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 22:57:46.90 ID:2eGxxaoOo
アイヤー

377: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 23:03:09.65 ID:ZgfREqAyo
苗木舞園が戦ってたのが残姉のつもり


判定まとめ
左右田:76→協力してくれる
桑田:42→澪田と戦闘
江ノ島:43→奇数・罪木
霧切:90→勝った!



ひゅううう

どさっ


戦刃「いてて…」

斑井「また増えた…」

葉隠「おう、斑井っち。こいつは戦刃っちだべ。確か【超高校級のーーー」

戦刃「ーーー軍人】、です」

斑井「血気盛んだな。それで先から何度もLPをゼロに」

戦刃「………」ふるふる

葉隠(あっ)



◆【終里赤音】のLPが0になりました。中央の島から再出発します。


どさぁっ

戦刃「ぐはっ……!」

終里「うがー!また負けたーっ…!」

霧切「あなたは異能の使い方が下手くそなのよ」ファサァ



女の戦いって恐ろしいのな。

378: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/17(木) 23:09:59.69 ID:ZgfREqAyo
それはともかく、左右田っちに連絡しねーと。


宛先→左右田
ミッション見た?これから5の島に行く予定なんだけど、オメーも手伝ってくれないか?俺達だけじゃ鍵は探せねーと思うんだ


程なくして、返事は来た。



送り主→左右田
あ?ミッションって屋台でどうのこうのの方かよ?ああ、いいぜ。オレもひとりじゃどうしようもねーだろうし。
そういや、先に来てた?戦闘の方は済んだのか?オレはまだだ。



左右田っちには、俺達は戦闘終わったってことを伝えておいて、その上で5の島で合流しよう。
どうしてもミッションやんねーとならんのなら、誰かがやればいいよな?


戦刃「………待って。あなた達は私が倒す」

弐大「これお前さん、少し落ち着かんかい!」

戦刃「でも、参加者に混乱を与えろって、盾子ちゃんが…」

霧切「………」じっ


………じゃ、俺達も移動するか?


◆↓1で葉隠の移動判定
70以上で狛枝に見つかる

◆↓2で桑田判定
30以下で澪田にぼっこぼこにされる

◆↓3で江ノ島判定
10以上でモノクロストーンひとつ所持、50以上でふたつ所持


もう寝る、オーディエンスいつもありがとう
おやすみさんだべべ

379: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 23:10:24.19 ID:miER3z1x0

380: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 23:10:53.63 ID:HDsXEJQAO
乙でした

381: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 23:11:05.76 ID:XmFYQjCNo
ほい

384: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/18(金) 07:57:09.96 ID:bGZYANFZo
おはようございます(微熱)
モノクロストーンってなんだストーンって、モノクロボールだ
昨晩の判定からまとめます


葉隠:19→死神回避
桑田:63→まだ負けてない、さすが桑田
江ノ島:76→モノクロボール2こ所持

桑田がいかに身体能力チートなのか分かりますね

385: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/18(金) 08:10:22.94 ID:bGZYANFZo
宛先→左右田
俺達は戦闘のミッション?ってのは終わった。だから次のにぱっと移れるんだ。
中央にいるから、5の島に向かう


さっと簡単に連絡をして、俺達は足早にその場を去る。
ところでセレスっちの異能ってのは、召使っつってたな…何かされたら召使にされんのかな。
こわいこわい。


………移動中も何かが起きるんじゃないかと思って気を張っていたが、特に何も起きなかった。
もしかしたら他の参加者も5の島に来てるのか?
それとも5の島ではなく、もうはなっから遺跡の前にいるのか?
どちらにせよ、協力者がいればいいなとひとりごちた。


霧切「そういえば5の島…私は初めて来るのだけれど」

斑井「俺達は2度目、か?」

葉隠「ああ、なんとかインダストリアルがある場所だべ」

斑井「…ワダツミ・インダストリアルだ」

霧切「そう…、そこに何か仕掛けはなかったの?」

葉隠「いんやぁ、俺達ふたりで工場内全部見回ったけど、なんも」

斑井「恐らく今後のミッションで使うのだろう、さもなくば………」

葉隠「さもなくば?」

斑井「いや、なんでもない」




◆5の島・屋台群

そこに着いた時……
◆↓1で屋台群の判定
~20→不二咲がいる
21~40→↑+七海
41~60→↑+石丸
61~80→↑+豚神
81~→↑+大和田
ただしぞろ目は大神・朝日奈のみ、44・99は江ノ島・罪木のみ

◆↓2で桑田っち判定
30以下でぼっこぼこにされる、60以上で競り勝つ

◆↓3で小泉・西園寺判定
50以下なら中央の島に移動完了する

386: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/18(金) 08:12:59.86 ID:o88cVhwL0
そい

387: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/18(金) 08:13:24.00 ID:GRuqNf1Io
はあい

388: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/18(金) 08:13:57.73 ID:y0Cljw9N0
幸運パワー

390: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/18(金) 09:19:45.32 ID:0ABg26r/o
>>180にあるように00は特殊判定としています
って言うか桑田さん何してはるんですか


じゃあ桑田再判定しておこう
直下コンマ
30以下→音楽性の違いでお互い喧嘩別れ
60以上→意気投合、同盟までとは行かないが友好的に別れる
それ以外→同盟ではないが行動を共にする
ぞろ目いずれか→桑田、女性に対して本気を出す
ぞろ44・99→クロスカウンターで返り討ち

391: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/18(金) 09:21:12.33 ID:ot67z3k7o
アイヤー

395: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/18(金) 10:45:59.31 ID:oMxe73oEo
えっ…33の下も55ってどういう事なの…


判定まとめ
屋台:86→不二咲・七海・石丸・豚神・大和田がいる
小泉・西園寺:73→足止め食らってる?
桑田:33→桑田「俺ちょっと本気出す」澪田「えっ」

396: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/18(金) 11:05:21.21 ID:N+65ycvgo
◆5の島・屋台群


葉隠「ようやく着いたべ…」ふぅ

相変わらずふたりとも足の速いこと速いこと。
着いて行くのに必死だった。

霧切「………ねぇ」

葉隠「あ?」

斑井「…これは予想外だったな」

普段は寂しいはずの(見た目が)屋台群には、複数人が群がっていた。
…ありゃ、なんでこんなにいるんだ?



フードの女の子「………うーん、ここにはないよ」

スカート少女「そっかぁ…どこだろう?」

軍服の青年「いいかね、もしかしたら隙間に落ちている可能性もある。満遍なく探すよう心がけたまえ」

特攻服の青年「おう…ったく、無駄にたくさん屋台がありやがるな。何か作ってやがったのか?」

白スーツ「今は無人島だが、かつては観光名所として知られていた……と言ったところだろうな」

フード「じゃあ昔は誰かが住んでたのかな?」

白スーツ「それも推測の域を出ないが」

軍服「だがここまではっきりと、生活の余韻が残されているのだ。以前人がいた事はまず間違いないだろう…」



霧切「………それも随分見知った顔が多いわね」

397: ◆wuT5yxKGG. 2014/04/18(金) 11:24:46.21 ID:nP6m4sI1o
みんなはどうやら、既に屋台群に鍵がないかどうかを探し始めているところだった。

屋台の数はわりかし多い。
……ざっと見積もっても……30?


霧切「…」かつかつ

軍服「………おお、霧切くんか?」

霧切「ええ。あなたならきっと来ると思っていたわ、石丸君」

軍服「ははは、当たり前じゃあないか」

斑井「…知り合いか」

葉隠「クラスメイトだ」

あ、そっか。斑井っちは初めましてか。

斑井「………そう、か」

石丸「? 連れがいたのかね」

霧切「ええ」

石丸「おお、葉隠くんに…そちらは?」

斑井「………斑井一式、だ」

石丸「ふむ…斑井くんだな」

霧切「鍵を探しているんでしょう?私達も探しに来たの」

何事か思いふける石丸っちに、霧切っちは本題を切り出した。
まぁ、ああなった石丸っちはこう、話聞かんからな。

石丸「おお、それは助かるぞ!さあ、みんなで鍵探しだ!」

霧切「ほら、あなた達も手伝って…」

葉隠「お?あ、ああ、はい…」


◆↓1・↓2・↓3で鍵探しの判定をします
それぞれコンマ40以上で鍵発見!さらにぞろ目(44・99含む)の場合は2つ発見
最大6つの鍵を発見する
当たりかどうかは使用時に判定

398: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/18(金) 11:29:04.55 ID:PV1lAljV0

399: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/18(金) 11:32:33.13 ID:dH9xDaHN0

400: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/18(金) 11:35:32.56 ID:rlgGmRG/0
見つからない。
現実は非情である。


次回 霧切「安価とコンマと異能と生徒」 後編