1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:10:44.41 ID:pnscgdQao
奈緒「別にいいんじゃないか? 今の衣装でも」

P「なんかこう……もっと統一感が欲しい」

凛「そうだね。私もそう思う」

P「ほら凛だって『衣装が統一されたほうがみんなと心を一つに出来る。
  ステージの上でもっと強く輝けるはずだから』って力説してるだろ?」

凛「えっ」

加蓮「凛がそういうなら……」

奈緒「仕方ないか」

「衣装が一緒……ふふっ」

P「そういうわけで用意したから見ていこうか」

奈緒「誰だ、今の」

P「まぁ用意したって言っても他のアイドルの衣装なんだけどな。
 あくまで参考程度というぐらいの軽い気持ちでやってくれ」

加蓮「はーい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397571044

引用元: モバP「トライアドプリムス共通の衣装を考えよう」 



THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS!  Max Beat
高垣楓(CV早見沙織)、鷹富士茄子(CV森下来奈)、二宮飛鳥(CV青木志貴)、松永涼(CV千菅春香)、 大和亜季(CV村中知)、三船美優(CV原田彩楓)
日本コロムビア (2019-05-22)
売り上げランキング: 71
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:11:57.05 ID:pnscgdQao
P「ということでまず一着目はセクシー路線な赤と黒の服だ」 

加蓮「このカーテンは?」 

P「こう使うのさ! どうぞー」シャッ 

みく「みくのセクシーな衣装で悩殺にゃ!」 

凛「セクシーキャットの衣装だね」 

奈緒「無理」 

みく「え……ひどくない?」 

奈緒「そんな胸元開いた服着れるはずないだろ!」 

P「そうか。奈緒なら似合うと思うんだけどな」 

奈緒「恥かしくて死んでしまう……」 

加蓮「それに私達が着るにはちょっと色気が足りないかな」 

P「まぁそれはちょっとあるな。みくはスタイルがいいし出るとこ出てるし」 

みく「セクシーなみくだからこそ着れるセクシー衣装にゃ!」 

P「そういうことだな。加蓮や奈緒はともかく凛は」 

凛「なにかな」 

P「次の衣装にうつるべ」 

凛「なにかな」 

P「みく! 衣装チェンジだ!」 

凛「なにかな」 

みく「任せるにゃ!」シャッ

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:12:47.19 ID:pnscgdQao
P「次の衣装は奈緒の要望に答えて布面積が広い落ちついた色合い 
 紺と白の可愛い衣装だ」シャッ 

みく「みくとPチャンは……魂で繋がってるから……」 

凛「雪美のプチ・マドモアゼル衣装だね」 

加蓮「ゴスロリだよね。可愛いけど」 

奈緒「というかなんでみくがその衣装着てるんだ?」 

P「特注したから」 

奈緒「えっ」 

P「この衣装の弱点は激しいダンスをするタイプのものじゃないってことだな」 

凛「そうだね。どちらかというと撮影向きなのかな」 

加蓮「雪美ちゃんってこの頃はそういう仕事のほうが多かったからね」 

P「まー、今でも撮影メインだけどな。あとはあまり動かない歌か」 

みく「Pチャン……」スリスリ 

奈緒「これ、マネする必要あるのか?」 

P「かわいいだろ?」 

奈緒「お、おう……」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:13:16.98 ID:pnscgdQao
P「露出控えめって言うと結構衣装絞られるんだよなぁ」 

奈緒「ちょっとぐらいならいいけどよぉ……」 

P「そうなの? じゃあ次はこれだ!」シャッ 

みく「に、にゃー……」 

加蓮「三船さんのアニマルパーク衣装……」 

凛「虎だからその鳴き声でも許されるよね」 

P「だろ?」 

奈緒「だろ? じゃねぇよ。露出増えてんだろ!」 

P「本当に恥かしがり屋だなぁ。グラビアよりましだろ」 

奈緒「グラビアは写真だからまだましなんだよ。もっとステージの上で 
   踊ることを考えた衣装にしてくれ!」 

加蓮「あんまりワガママ言っちゃダメだよ?」 

凛「大丈夫。Pさんは腹筋割れてても笑わないよ」 

奈緒「割れてねぇよ!」 

P「恥なんて捨ててかかってこいよ!」 

奈緒「うう~……」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:13:46.76 ID:pnscgdQao
P「それじゃあ次っ!」シャッ 

みく「ラブ&ピースにゃ!」 

P「柑奈のラブ&ハッピー衣装だ」 

奈緒「これ結構可愛いよな」 

加蓮「うん。民族衣装っぽくていいよね」 

凛「個人的にはもう少し蒼くても」 

P「いや、これはこのくらいの色だからいいんだよ」 

加蓮「でもやっぱり」 

奈緒「アタシたちのライブ向けではないな」 

P「可愛いんだけどなぁ」 

みく「ラブは無限にゃ!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:14:26.37 ID:pnscgdQao
P「次は黒い衣装だ」シャッ 

みく「闇の飲まれよ!」 

凛「蘭子の天使な堕天使衣装だね」 

加蓮「奈緒、着よう」 

奈緒「勘弁してくれ」 

凛「これ羽根って結構軽いんだね」 

P「見た目だけだからな。それでも蘭子は大喜びだったけど」 

加蓮「スタイルに自信ないとちょっと着れないよね。 
   おへそまで見えてるし」ツンツン 

みく「うにゃ!? おさわり禁止にゃ!」 

奈緒「実際着てる本人はどうなんだ?」 

みく「羽根は重くは無いけど大きいから動きのジャマになるにゃ。 
   あとお腹冷える」 

P「蘭子はヴィジュアル重視だからな」ツンツン 

みく「へそをつつくにゃ!」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:15:00.03 ID:pnscgdQao
P「続いてはこちら」シャッ 

みく「幸せな……ハロウィンにゃ」 

P「藍子の深緑の魔女衣装だ」 

奈緒「いいな、これ」 

加蓮「奈緒が食いついた」 

凛「意外……でもないか」 

P「魔法少女ものよりこっちのほうがいいのか」 

奈緒「魔法少女って歳じゃないしな。こっちならファンタジーっぽくていいじゃん」 

加蓮「魔女奈緒かー。うーん……」 

凛「なんか違うよね」 

P「森の中というか町に住んでそう」 

凛、加蓮「あー」 

奈緒「町の魔女でもいいじゃねーか!」 

P「悪い魔女にはなれないな」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:15:44.82 ID:pnscgdQao
P「ファンタジーがいいみたいだから最近話題のこちら」シャッ 

みく「全てを葬ってあげるにゃ」 

奈緒「おっ、ほたるのヴォヤージュ・ブレイバー黒か」 

加蓮「ほたるも新たな一面が開けたよね」 

凛「役にハマってたね」 

P「白もいいんだが黒もな。新しいファン層が開拓されたみたいだし」 

奈緒「その剣ちょっと持たせてよ」 

みく「はいにゃ」 

奈緒「ん、見た目よりか重いな」 

P「ああ、それほたるの使ってる奴のレプリカじゃないからな。 
 衣装は出来たんだが小物は間に合わなかったんだ」 

奈緒「まぁ見た目だいぶ違うしな。この剣はどこで使ったやつなんだ?」 

P「多分本物」 

奈緒「えっ」 

P「ちひろさんに借りた奴だからな」 

加蓮「ちひろさんがなんでこんなものを……?」 

凛「加蓮。深入りしちゃダメ」 

P「触らぬ神になんとやらだ」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:18:46.71 ID:pnscgdQao
P「だいぶ見てきたがどうだ。何か惹かれるものがあったか?」 

凛「個人的には文香さんの紙背の想い人とかありすの初期衣装かな。 
  あと雪乃さんのゴスペルドレスも綺麗だよね」 

加蓮「私は楓さんの神秘の女神とか美紗希さんのビターバレンタインとか 
   奏さんの蒼翼の乙女みたいなドレスっぽいのが好きかな」 


凛「あ、奏さんのもいいよね。蒼くて」 

奈緒「アタシは」 

凛「藍子の深緑の魔女」 

加蓮「ゆかりのヴォヤージュ・ヒーラー黒」 

P「由愛のリトルプリーステスか。 
 ファンタジーが好きだな。奈緒は」 

奈緒「何も言ってないだろ!」 

凛「奈緒って顔に出るからわかりやすいよ」 

加蓮「うん。目の輝き方が変わる」 

P「奈緒のリトルプリーステスか。いいな。注文しとこうか?」 

奈緒「いや、自分で着るのは……嬉しいけど恥かしい……」 

加蓮「似合うと思うけど」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:19:23.48 ID:pnscgdQao
凛「プロデューサーは好きな衣装ないの?」 

P「俺は……そうだな。どんな衣装でも好きだよ」 

凛「そういうのいいから」 

P「とまぁこんな具合で次が最後だ」 

奈緒「よくこんなに衣装用意したな」 

加蓮「何着あるんだろう……」 

P「さてね。三桁くらいあるんじゃないか?」 

凛「三桁……」 

P「では最後の衣装はこれだ!」シャッ 

みく「Pチャン。みk……わたくしのドレス似合ってるかにゃ?」 

奈緒「桃華の薔薇色花嫁だな」 

加蓮「私もウェディングドレスは着たけどもっと普通のだったなぁ」 

凛「あれ、プロデューサーなんで跪いてるの?」 

P「みく、見込んだ通りだ。とても似合ってるよ」 

みく「な、なんだか恥かしいにゃ」 

P「これは一つの提案なんだが……。 
 もし良ければこれからずっと俺の隣にいてくれないか」 

みく「えっ……?」 

P「未来という目的地に向かうこの道を一緒に歩こう」 

みく「……はいっ!」 

凛「……」 

奈緒「……」 

加蓮「……」 

凛「……」 

奈緒「……」 

加蓮「……帰りマック行こっか」 

凛「そうだね」 

奈緒「そうだな」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 23:20:49.28 ID:pnscgdQao
くぅ~ww 
マジで疲れました。これで終わり。