1 :1:2013/06/13(木) 22:25:04 ID:lZOrQC3E
――訓練所 男子寮ロッカー ―――

ガタッ

エレン「…………は?」

エレン「なんだこれ…手紙か?」ピラッ

アルミン「どうしたんだい、エレン?」

エレン「いや、何かわかんねーけど俺のロッカーに『手紙』が入ってた」

エレン「何なんだろうな、コレ」 


劇場版「進撃の巨人」Season 2~覚醒の咆哮~
(2018-12-27)
売り上げランキング: 1,197
2 :1:2013/06/13(木) 22:25:41 ID:lZOrQC3E
アルミン「ちょっと見せて……ふーん、差出人の名前は無し、か」

エレン「とりあえず、読んでみる」

アルミン「はい、じゃあ返すよ(嫌な予感がするよ)」

ピリピリピリ…… 

3 :1:2013/06/13(木) 22:26:32 ID:lZOrQC3E


『親愛なるエレン殿

お伝えしたいことがありますので

本日、夕食時間終了後に東の立起演習場まで来てください』


エレン「こ」

アルミン「これは……まさか……(やっぱり)」

コニー「ちょ、お前これ!『ラブレター』じゃねえの?!」ヒョコッ 

4 :1:2013/06/13(木) 22:27:05 ID:lZOrQC3E
トーマス「うわー、本当にラブレターっぽいね」

オイオイラブレターダッテヨ
エレンガ?
マジカヨスゲー 

5 :1:2013/06/13(木) 22:27:53 ID:lZOrQC3E
エレン「はああぁぁ?!」

ジャン「『親愛なるエレン殿』だってよ?!おーおー色男は辛えーなー」

コニー「え?!エレンお前、妖怪“いろ男”だったのか?!」

フランツ「懐かしいなぁ……僕もまだハンナと付き合う前に書いたことあったっけなぁ」

エレン「うるせえええええ!!お前ら散れ!散れ!!」 

6 :1:2013/06/13(木) 22:28:28 ID:lZOrQC3E
ガラッ

教官「貴様ら!いつまでモタモタしてる!!早く演習場まで来い!!!」

―― 

7 :1:2013/06/13(木) 22:38:11 ID:lZOrQC3E
―――演習所―――

キース「午前は対人格闘の訓練だ!各自ペアを組み演習を行え!以上!」


エレン「アニ、組もうぜ(ラブレターか…)」

アニ「ああ、いいよ」

エレン「先に俺が襲う番だな(しかし、一体誰なんだ?)」

アニ「じゃあ、まずこないだの技のおさらいから行こうか」サッ

エレン「ああ(……アニだったらどうしよう)」ボーッ 

8 :1:2013/06/13(木) 22:38:52 ID:lZOrQC3E
バシンッ

エレン「!!」

グルッ ズダーン!!

エレン「…ッ痛え!!」

アニ「……何やってんだい」 


10 :1:2013/06/13(木) 22:39:24 ID:lZOrQC3E
エレン「だ…大丈夫だ…!いや、だいじょうばないかもしれん…イテテ」

アニ「とりあえず立てるかい?流石に手を貸さなきゃね」

エレン「あ、ああ……助かる」

エレン「(あ、アニの手柔らかいな)」

エレン「(や…やばい!ラブレターのこと意識しだしたら緊張してきた)」ドキドキ


ミカサ「エレン…」<●><●>ジッ 

11 :1:2013/06/13(木) 22:39:57 ID:lZOrQC3E
――
――― 昼休み ―――

アルミン「受け身を取り損ねるなんて、エレンも災難だったね」

エレン「ああ…まだ身体が少し痛むよ」

ミカサ「エレン、訓練中に気を散らせた貴方が悪い」

エレン「わかってるよ!油断した俺が悪いってことくらい!」キッ 

12 :1:2013/06/13(木) 22:40:45 ID:lZOrQC3E
エレン「……(しかし、誰なんだろう)」

ミカサ「……」

エレン「ミカサなわけねえよな…いつも一緒にいるし、第一、家族だし」じ~~~~~

ミカサ「(ハッ!…エレンが訴えるような眼差しで私を見ている)」

ミカサ「…エレン、あなたが反省したというなら私はこの件を水に流そう」

ミカサ「あの女狐が不用意に接触をしてくるから、つい意識してしまったんでしょう?」

ミカサ「あなたも男なのだから、それも仕方が…」 

13 :1:2013/06/13(木) 22:41:26 ID:lZOrQC3E



ジャン「よう、色男」ニヤニヤ

エレン「あ?!なんだよ…」イラッ

ジャン「手紙の主は誰だかわかったのかよ?」

ミカサ「手紙…?」

アルミン「ジャ、ジャン!!ちょっと……(この場でその話題はマズい!)」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/13(木) 22:42:00 ID:DDg5GEjY
気になる 

15 :1:2013/06/13(木) 22:42:24 ID:lZOrQC3E
ミカサ「ジャン、何のことか説明して」

ジャン「(まあこんな回りくどいやり方、ミカサじゃねーってことはわかってたけどな…これはいい機会だ)」

ジャン「ああ!…エレンのやつ、今朝『ラブレター』もらったってやがったんだよ!」

ミカサ「!!」

アルミン「ああああ…………胃が…………」キリキリキリキリ

エレン「ちょ!おい、ジャン!デケー声でいちいち言うなよ!」 

16 :1:2013/06/13(木) 22:42:59 ID:lZOrQC3E


ザワザワザワザワ


ユミル「ギャッハッハッハ!聞いたかよオイ!ラブレターだってよォ!!」

クリスタ「も、もうユミル!あまり笑っちゃあ失礼でしょ?!」

サシャ「それにしても、エレンの席はあまり食事が進んでいませんね」(・)(・)じ~~~ 

17 :1:2013/06/13(木) 22:43:39 ID:lZOrQC3E
ハンナ「懐かしいわー……私もまだフランツと付き合う前、彼も私に書いてくれてたのよ」

ミーナ「え!何々その話、初耳なんだけど?!聞かせて!!」


ザワザワザワザワ 

18 :1:2013/06/13(木) 22:44:13 ID:lZOrQC3E
ライナー「…なあ、アニ。どう思う?」

アニ「………興味ないよ。まあ、強いて言うなら」

アニ「あのお調子者を、あのまま更に絞めあげてやってもよかったかもしれないね」

ベルトルト「………」

アニ「差出人が不明なんでしょ?そんな手紙よこされて『はい行きます』てヒョイヒョイ出ていく方が、どうかしてるよ…」

ライナー「そうか…その通りだよな…」

ベルトルト「そ…そうだよ、ライナー」 

19 :1:2013/06/13(木) 22:45:19 ID:lZOrQC3E
ジャン「で、どーすんだよお前?今日の訓練が終わったら会いに行くんだろ?」ニヤニヤ

エレン「行くわけねーだろ!」

ジャン「おーおー死に急ぎさんは巨人には向かっていけるのに、いざ女の誘いがってときには向かってく度胸も無えのかよ?」

ジャン「とんだチェリーボーイだぜ」

エレン「…チッ!」ガタッ

ジャン「お?やるのかよ!?」 

20 :1:2013/06/13(木) 22:46:44 ID:lZOrQC3E
マルコ「ジャン、よしなよ…ホラ、チェリーっていうんなら例に漏れず僕たちも…」

フランツ「え?そうかな」

ジャン「(師ね)」チッ

エレン「(師ね)」チッ

マルコ「(師ね)」チッ 

21 :1:2013/06/13(木) 22:47:14 ID:lZOrQC3E
アルミン「(ああ、フランツ……君はこの後どんなフォローをしてくれるんだ…)」

コニー「なあ、マルコ…チェリーボーイってなんだ?俺もサクランボみたいな頭してるって言われっけど、それって関係あるのか?」

アルミン「そしてコニーはちょっと黙っててくれないかな」ハー 


26 :1:2013/06/13(木) 22:54:56 ID:lZOrQC3E

――
―――

エレン「あれからいろいろと気になって仕方ない」

エレン「昼休みにサシャから観察されてるような視線を感じたし」

エレン「なんかミーナ達がこっち見てヒソヒソしてるのも気になった」

エレン「アニは……我関せずって感じだな」 

27 :1:2013/06/13(木) 22:55:31 ID:lZOrQC3E
エレン「(あいつは面と向かって何でも喋るってタイプじゃねえしな…あれ?でもそれって……)」

アルミン「(……ってことを考えてそうな感じがするから、一応釘を刺しておこう)」

アルミン「今回の件だけど、イタズラって可能性もあるかもしれない」

アルミン「とりあえず警戒はしたほうがいいかもね」

エレン「そ、そうか…」

エレン「ところでアルミン…今日ちょっと相談があるんだが…実は…………」ヒソヒソ

アルミン「え?…うん…………そうか、わかったよ」ヒソヒソ 

28 :1:2013/06/13(木) 22:56:20 ID:lZOrQC3E
ミカサ「ねえ、エレン」ススス

ミカサ「今日…何の日か知ってる?」

エレン「今日の夕食の献立か?いつもの野菜くずスープと、硬いパンじゃねえの?」

ミカサ「(違う)…………そう…エレン、その『手紙』の差出人、気になっているんでしょう」

エレン「え?何だよ急に」

ミカサ「今日の夕食後、時間空いてる?すこし付き合ってほしい場所があるの」

エレン「あー、えっと…どうしようかな」ソワソワ 

29 :1:2013/06/13(木) 22:57:22 ID:lZOrQC3E
ミカサ「…エレン、あなたはちっとも反省してない」

ミカサ「夕食後…いえ、今すぐその手紙を教官に提出しに行く」

エレン「は?!何言ってんだお前、そんなことしたら騒ぎが大きくなっちゃうだろ?!下手すりゃ懲罰もんだぞ?」

ミカサ「あなたが、また女の色香に騙されて痛い目を見ないように言ってるの」

エレン「人聞き悪いぞ!俺がいつ騙されたってんだよ!!」

ミカサ「私に隠れて、その女に会いに行こうとしたって無駄よ」グイッ 

30 :1:2013/06/13(木) 22:58:13 ID:lZOrQC3E
エレン「おい!離せよ!」

ミカサ「離さない」

ミカサ「エレン、さっきからアルミンとコソコソと何を相談してたの?」

エレン「それは……」

ミカサ「言って」

エレン「知らねえよ!」

ミカサ「言いなさい」

ミカサ「エレンのやろうとしてることなんて、私にはお見通し」

エレン「」カチン 

31 :1:2013/06/13(木) 22:59:00 ID:lZOrQC3E



エレン「いい加減にしろ!」


ミカサ「!?」

エレン「お前には言いたくねえんだよ!!」 

32 :1:2013/06/13(木) 22:59:41 ID:lZOrQC3E
ザワザワ
ナンカオオキナコエガ
ミカサトエレンガケンカカ?
ケイカクドオリ…


ミカサ「……わかった」クルッ

ミカサ「エレンなんて知らない…ッ!!」ダッ

エレン「え?お、おいミカサ!」

エレン「…行っちまった」 

33 :1:2013/06/13(木) 23:00:52 ID:lZOrQC3E
ユミル「エレンナンテシラナインダカラ~」ニヤニヤ

サシャ「あちゃー、犬も喰わない痴話ゲンカってやつですか?」

クリスタ「こらユミル!サシャも…どうしたの二人とも?何があったの?」

エレン「おまえら…」 

34 :1:2013/06/13(木) 23:01:31 ID:lZOrQC3E
アルミン「エレン、それよりどうするつもりなんだい?」

エレン「アルミン、どうするって…」

アルミン「いや、言い方を変えるよ。エレン」

アルミン「君はどうするべきだ?」

エレン「!!……ああ、どうするべきかって?そりゃあ……」 

35 :1:2013/06/13(木) 23:03:01 ID:lZOrQC3E
――訓練所 兵舎外のどこか――

ヒュオオォォォォォォ

ミカサ「(ああ…どうしてこうなった)」チョコン

ミカサ「(何でエレンとケンカしちゃったんだろう)」

ミカサ「(もう今となってはあの手紙の主が誰だっていい…)」ジワ…

ミカサ「わたしはただ…そばにいるだけでいいのに」

ミカサ「…それだけなのに…」クスン 

36 :1:2013/06/13(木) 23:03:35 ID:lZOrQC3E



ガタッ

「ミカサー?」


ミカサ「!!」ゴシゴシ

エレン「おお、いたいた」 

37 :1:2013/06/13(木) 23:04:47 ID:lZOrQC3E
ミカサ「エレン……」

エレン「お前がやろうとしてることなんて、お見通しなんだよ」

エレン「嫌なことがあると、高いところに逃げて座りこんじまう癖、相変わらずだな」

ミカサ「もうすぐ待ち合わせの時間じゃないの?」

エレン「…いや、もうちょっと先だ」

ミカサ「……(やっぱり、行ってしまうのね)」 

38 :1:2013/06/13(木) 23:06:00 ID:lZOrQC3E
ミカサ「私から離れて行ってしまうのね」

エレン「いや、その逆だ…俺はこの場に残る」スタッ

エレン「いわば『足止め』役だ」

ミカサ「『足止め』…?」 

39 :1:2013/06/13(木) 23:06:55 ID:lZOrQC3E
エレン「あ!さっきの話だけどな」

ミカサ「!!エレン、ごめんなさい…私は冷静じゃあなかった」

エレン「い、いや…俺の方こそすまん」

エレン「あ、その話ならさ…俺は今晩あの『手紙』の主には会うつもりはねえよ」

ミカサ「うん、会わないのね」


ミカサ「……えっ?今」キョトン 

40 :1:2013/06/13(木) 23:07:34 ID:lZOrQC3E
エレン「大体な~差出人が不明なんだぜ?そんな手紙よこされて『はい行きます』てヒョイヒョイ出ていくわけがねぇよ」

エレン「それより、あとちょっとだけ…夜休み終了の鐘が鳴るまでの間、ここにいてくれないか?…俺と二人で」

ミカサ「……いいの?」

エレン「いい」

ミカサ「……うん……一緒にいる……」 

41 :1:2013/06/13(木) 23:08:07 ID:lZOrQC3E
――
―――

カーン…カーン…カーン…

「あ、鐘が鳴ってる」

「もう少しこうしていたかったな…」 

42 :1:2013/06/13(木) 23:09:47 ID:lZOrQC3E
エレン「まだもう一つ頼みがあるんだった。ミカサ、俺も少し付き合ってほしい場所がある」

ミカサ「でも、消灯時間は既に…」

エレン「すまん、でも今日じゃなきゃダメなんだよ」

ミカサ「今日じゃなきゃ?……まさか、エレン!」

エレン「ええと、この物置だ…さあミカサ、開けてくれ」 

43 :1:2013/06/13(木) 23:10:20 ID:lZOrQC3E
ミカサ「いや、まさかそんな」

ガチャ



今日のことがあったから、そんなことすっかり頭に無かったけれど



扉を開けた先にあったもの… 

44 :1:2013/06/13(木) 23:11:40 ID:lZOrQC3E
その光景に、少し高揚した…

いくつものキャンドルが炎を揺らめかせており

手作りと思われる飾りと

テーブルの上には、今となっては貴重な『焼き菓子』が並べられていて

これは、お祝いだ 

45 :1:2013/06/13(木) 23:12:29 ID:lZOrQC3E
エレン「ミカサ」



エレン「今日は俺たちが家族になって、4年目の記念日だ」 

46 :1:2013/06/13(木) 23:13:18 ID:lZOrQC3E
ミカサ「エレン……」ウルウル

アルミン「二人ともおめでとう。これからも仲良くね」

ミカサ「アルミンまで…」

エレン「ミカサを驚かせたくて、アルミンに急きょ、この場所をセッティングしてもらってたんだ」

アルミン「いきなり依頼するから間に合うかどうかだったけど、なんとか時間ギリギリだったよ」

アルミン「必要なものは予めエレンが全部用意してくれてたしね」 

47 :1:2013/06/13(木) 23:14:18 ID:lZOrQC3E
エレン「訓練兵になってからは、こうしてお祝いもできなかったけどな」

ミカサ「エレン……嬉しい……」

エレン「ミカサ、お互い『兵士』になっても、家族としての『絆』は変わることは無いんだ」

エレン「これからもよろしくな」ニカッ

ミカサ「……うん」ニコッ 

48 :1:2013/06/13(木) 23:15:28 ID:lZOrQC3E
ミカサ「(手紙のことじゃなかったんだ……ずっと一日、私のことを考えてくれてたんだ…)」

ミカサ「う…うう~~」ポロポロ

エレン「お、おいミカサ!どうしたんだよ」

ミカサ「ごめん、ごめんね……エレン」

ミカサ「ありがとう……エレン…これからも」

ずっと私は あなたのそばにいる 

49 :1:2013/06/13(木) 23:17:14 ID:lZOrQC3E
1です
ご愛読ありがとうございました。
エレアニです。かわいいミカサ大正義です。



これより先は読んではいけない 

50 :1:2013/06/13(木) 23:24:21 ID:lZOrQC3E
―――深夜・東の立起演習所―――


タッタッタッタ……

「…!!」サッ


ミカサ「ハァ…ハァ…流石にもう誰もいないか…」

ミカサ「エレンはここにはこないと伝言するつもりだったけど…」

ミカサ「アルミンの言っていた通り、ただのイタズラだったのかな…」ホッ

スタスタスタスタ 


52 :1:2013/06/13(木) 23:29:00 ID:lZOrQC3E
………
……

「…そこにいるんだろう?」

「……」


ベルトルト「出てきてよ、ライナー」 

53 :1:2013/06/13(木) 23:29:40 ID:lZOrQC3E
ライナー「…ベルトルトか」スッ

ベルトルト「ハ~やはり…君の仕業だったのか」

ライナー「ああ、実はエレンのやつに話をするべきだと思ってな」

ベルトルト「…君の『正体』のことかい?」 

54 :1:2013/06/13(木) 23:30:31 ID:lZOrQC3E
ライナー「……俺はもう耐えきれねえんだよ!!自分の罪を隠して生きていくのが!」

ベルトルト「落ち着いてライナー…それでも君は『戦士』かい?」

ライナー「『戦士』が…何だって?」

ベルトルト「大事なことだから何度も言うよ…君は『戦士』かい?『兵士』かい?」 

55 :1:2013/06/13(木) 23:31:13 ID:lZOrQC3E
ベルトルト「故郷に帰るんだろう?」

ライナー「故郷……!!そうだ、故郷だったな!」

ベルトルト「エレンの故郷の件については、とりあえず『かわいそう』と思ってればいいんだよ」

ベルトルト「もう宿舎へ戻ろう…」

ライナー「ああ……そうだな……すまん……」 

56 :1:2013/06/13(木) 23:31:57 ID:lZOrQC3E
翌日…

教官から騒ぎの件を追及された訓練生たちは、エレンの手紙について報告した
元凶となった手紙の筆跡鑑定により、差出人がライナーであることが判明
アリバイも証明できず、ベルトルトの必死のフォローが返って裏目に出て
ライナーはめでたく●●認定された
そして…それをきっかけに、彼は既に限界であった精神を分裂させていくのであった…

おわり。