希「スピリチュアルパワーを受け取りに何処かに行こう」 前編

507: ◆S54RkZf7aI 2014/05/06(火) 20:41:18.15 ID:DmWhgJh10
海未「待って……」

絵里「おーい海未ー? うーみー?」

海未「待ってください穂乃果!」

穂乃果「う、海未ちゃん!?」

海未「私が至らなくてすいません……!」

穂乃果「い、いや普通の海未ちゃんはすきだよ?」

海未「うぅ、ごめんなさい穂乃果……」

海未「これからは>>508しますから……」

引用元: ・希「スピリチュアルパワーを受け取りに何処かに行こう」 


508: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/06(火) 20:43:43.59 ID:P9T+ltXUo
もっと激しく

509: ◆S54RkZf7aI 2014/05/06(火) 20:48:17.19 ID:DmWhgJh10
海未「これからは……もっと激しくしますから……」

穂乃果「」

希「海未ちゃんが……変態に……」

絵里「元からじゃない?」

海未「もっと激しくすれば、自ずと疲れも見れるので回数が減ります」

海未「濃度を高くすれば、1回で!」

穂乃果「ま、まぁ1回なら……///」

希「それでいいんか……」

絵里「希」クイクイ

絵里「私もその……うん……」

510: ◆S54RkZf7aI 2014/05/06(火) 20:50:10.45 ID:DmWhgJh10
希「はっきり言わんとわからんよー?」

絵里「恥ずかしい……じゃない」

穂乃果「穂乃果は別に海未ちゃんとの行為がきらいじゃないからね?」

海未「はい、優しく激しく、1回で終わらせましょう」

海未(……10倍激しくすれば問題ないでしょう)

希「で、絵里ちはどうしたいん?」

絵里「私は……その……」

希「やりたいこと、聞きたいこと、なんでもいいんよ?」

絵里「……>>511なの!」

511: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/06(火) 20:53:25.57 ID:G0GaZLlW0
希としたい

513: ◆S54RkZf7aI 2014/05/06(火) 21:12:26.35 ID:DmWhgJh10
絵里「希と……したいの……」

希「絵里ち……」

絵里「いいじゃない、やりたいこと言ったよ希……」ウルッ

希(これはあかん)

希「絵里ちがそこまで言うなら……受け入れるで」ポンポン

穂乃果「純愛だね」ヒソ

海未「絵里の可愛い一面ですね」ヒソヒソ

希「穂乃果ちゃん、宮崎といえば……ピーマンやな?」ニッコリ

穂乃果「げっ……」

514: ◆S54RkZf7aI 2014/05/06(火) 21:14:48.15 ID:DmWhgJh10
希「海未ちゃん! 押さえて!」

海未「はいっ!」ガシィッ

穂乃果「なんで海未ちゃんが穂乃果の敵に!?」

海未「好き嫌いはいけません!それに……」

絵里「それに?」

海未「穂乃果を抱きしめられるので……」

絵里「……」

穂乃果「穂乃果はピーマン苦手なんだってー!」

希「うっひっひっひ~観念しなさい~」

穂乃果「ぎゃあああああああああっバタリ」

515: ◆S54RkZf7aI 2014/05/06(火) 21:17:31.49 ID:DmWhgJh10
絵里「お疲れ様、希」

希「ふふふ」

海未「よいしょ、穂乃果は背負っていきますね」

絵里「あーそうだ、にこからもらったんだけどこれ食べてねだって」

希「にこっちがかー」

絵里「ちょっと柔らかいマンゴー系の味らしいわよ?」

希「ありがとってあとで言わんとなー」モグッ

希「!?」

絵里「キャラメル美味しい?」

希「お、美味しい……で…………」ウルウルウル

絵里(涙目の希可愛い)

516: ◆S54RkZf7aI 2014/05/06(火) 21:19:54.05 ID:DmWhgJh10
希「水……」

絵里「んー?水なんてないからゆっくり味わってね」ニマー

希「……絵里ち……後で覚えとき……」グスッ

絵里「楽しみにしてるわね」フンフン

海未「希はキャラメルが苦手なんですね……」

希「ウチだって苦手なものくらいはあるで……」

希(絵里ちに後で>>518するで……)グスッ

520: ◆S54RkZf7aI 2014/05/06(火) 21:52:02.65 ID:DmWhgJh10
希(野生のちんすこう……ドラマCDネタやね)

希「後で覚えときぃよ……絵里ち……」

絵里「何のことだかわかりません」ニヨニヨ

海未「とにかくまずは合流してもいいかもしれませんね」

希「そやなー水着ショーやってるだろうし行こかー?」

絵里「μ’sの良い宣伝になるといいわね」

525: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 04:25:50.18 ID:ZWvYA6PG0
凛「海だねかよちんっ!」

花陽「そうだねっ、人が多いなぁ……」

凛「凛は~泳ごっかな?」

花陽「……人が多いのは……水着コンテストのせい……?」

凛「凛には関係ないにゃー!」ザバンッ

花陽「凛ちゃん……」


真姫「あれ、避けてるわね」

にこ「凛も可愛いからいいとこまで行くと思うんだけどね」

真姫「やっぱりにこちゃん……」

にこ「にこが出たらナンバーワンですけどねっ♪」

真姫「…………なんでもないわ」

526: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 04:39:01.83 ID:ZWvYA6PG0
真姫「海だけど……にこちゃんは泳ぐ?」

にこ「真姫ちゃんがどうしてもって言うなら~」

真姫「……私は本読んでもいいんだけど」

にこ「泳ぎましょ?」

真姫「最初からそういえばいいのに」

にこ「うるさいなぁー! 真姫ちゃん生意気っ!」

真姫「……?」

にこ「……ん?」

真姫「……いや、なんでもないわ」

にこ「変な真姫ちゃん」

527: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 05:15:48.03 ID:ZWvYA6PG0
花陽「ねぇ凛ちゃん……出てみない……?」

凛「無理無理無理! 凛には絶対無理! かよちんが出ればいいじゃん!」

花陽「……じゃあ私が出たら凛ちゃんは出てくれるの?」

凛「うっ……それは……」

花陽「私についてきてくれるかな……凛ちゃん……」

凛「わかった……どうせ凛はすぐに負けちゃうしいいよ、かよちん」

花陽「ありがとう! 凛ちゃんっ!」


真姫「可愛い凛が見れるかもね」

にこ「そうね~」

528: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 05:24:04.53 ID:ZWvYA6PG0
――30分後――

「さぁ、ファイナルステージに上がってきたのはーっ?」

花陽「凛ちゃん頑張れーっ!」

凛「う……嘘……凛が……」

「音ノ木坂学院のμ’s所属ぅ! 星空凛だーっ!」

\カワイイー カワイイヨー トラナイデ! ニッコニッコニー オモチカエリー ワフー/

凛「……夢……だよね?」

「さぁ、結果はーーっ!?」

529: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 05:28:11.61 ID:ZWvYA6PG0
真姫「やるじゃない、凛」

にこ「頑張ったわね、凛」

花陽「やっぱり凛ちゃんっ! 可愛いんだよっ!」

凛「……凛が可愛い……嘘……」

花陽「嘘じゃないよぅ! 私が言ったとおりだよっ!」

真姫「さ、優勝者なんだから、食事会に行けばいいわ」

にこ「にこたちも誘われてるから行くわよ!」

凛「よぉ~っし! みんないっくにゃー♪」タタッ


凛「……なんで……なんで食事会がでっかいハモなのぉぉっぉぉぉ!?」

530: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 05:45:03.48 ID:ZWvYA6PG0
――――――

穂乃果「ことりちゃんにマカロンを差し入れて上げよう?」

海未「修行をしているらしいですね」

穂乃果「……マカロンがない?」

海未「私は存在していないと言われました……」

穂乃果「マカロンの存在がなくなってるって……希ちゃん?」

海未「絵里もいませんね……」

穂乃果「宿にいるから大丈夫でしょ」

海未「それもそうですね」

532: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 06:00:05.54 ID:ZWvYA6PG0
絵里「あれ……? 希? 穂乃果? 海未?」

絵里「ま、また……迷子になっちゃったの……?」

絵里「ふふ、一人になったからって泣くわけないじゃない……」

絵里ち「な、泣かないもん……」

絵里ち「うぇえええええええん!」

絵里ち「のぞみーっ! どこにいるのぉぉぉぉぉ!?」グスッ

にこ「あんた何してんのよ……」

絵里ち「にこ……うぇえええええん! にこじゃやだあぁぁぁぁぁ」

にこ「……」

533: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 06:21:13.96 ID:ZWvYA6PG0
絵里ち「にこじゃやだあああ……にこじゃやだあああ」

にこ「ちょっと、真姫ちゃんたちから離れたらこれか……」

にこ「絵里! ビシッとしなさい!」

絵里ち「うわぁぁぁぁぁぁぁんっっ! にこがいじめたああああああ」

にこ「……絵里! それだからあんたは>>534なのよ!」

534: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/09(金) 06:24:59.96 ID:D4vydbeE0
総受け

535: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 06:29:19.33 ID:ZWvYA6PG0
にこ「あんたは総受けなのよ!」

絵里ち「そううけ……? 葬家? エリチカおうちかえるぅぅぅぅ!」

にこ「あっ、バカッ!」

絵里ち「うわぁぁぁんっ」ドンッ

?「大丈夫?」

絵里ち「イタイ……のぞみーっ!!」ピョーン

希「ダメやなぁ……絵里ちは、ウチがいないとダメなん?」

絵里ち「うんっ……私のぞみがいないとだめ!」

希「ずっと一緒にいてあげるから、泣かんといて?」

絵里ち「ずっと一緒……約束だよ?」

希「うんうん……ずっと一緒や」ナデナデ

にこ「甘すぎて……吐きそうだわ」

536: ◆S54RkZf7aI 2014/05/09(金) 06:34:38.79 ID:ZWvYA6PG0
穂乃果「おーいっ、みんなーっ!」

海未「居ましたね!」

絵里ち「のぞみ~♪」ダキッ

希「絵里ち可愛いなぁ~」

花陽「あ、穂乃果ちゃん! 海未ちゃん!」

凛「凛……可愛いかなっ……?」

真姫「はいはい、何回言えばいいのよ……可愛いって」

にこ「こっちも甘いんだけど……」

希「さて、宮崎といえばマンゴーやし、マンゴー買いに行こか!」

にこりんぱなまきほのうみえりち「おーっ!」

541: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 04:52:30.54 ID:sFnUES/t0
希「マンゴー美味しそうやなぁ」

絵里ち「わぁい、のぞみ~まんごーたべたーい♪」

にこ「これ破壊力やばくない?」

希「ウチの絵里ちかわいいやろ?」

イチャイチャ

真姫「凛も自信がついたみたいね」

凛「ねぇ、真姫ちゃん凛に服、選んでくれない?」

花陽「うわぁ……凛ちゃんのワンピースっ!」

穂乃果「似合いそうだね!」

海未「凛は可愛いですからね」

海未(穂乃果にはかないませんですが)

マンゴーアームズ「いらっしゃいませー! 私のパニッシャーいりませんかっ?」

542: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 04:57:40.83 ID:sFnUES/t0
穂乃果「……何やってるの? ことりちゃん……」

ことり「……ほわっと?」

海未「そんなコスプレに興味があったとは……」

ことり「わたしぃ、ことりじゃなくてマンゴーアームズですよぉ?」

ことり「天の岩戸で修行してきました! 恥ずかしく……ないもんっ///」

にこ「顔赤いわよことり……」

絵里ち「わぁ~まんごーだー!」

希「はいはい、わかったわかった」ナデナデ

543: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 05:11:03.32 ID:sFnUES/t0
凛「ちょっと可愛くないかにゃ?」

花陽「う、うん、似合ってると思うよ!」

真姫「ことり……」

希「可愛いと思うで?」

絵里ち「かわいいー!」

にこ「にこちゃんほどじゃないけど可愛いわね」

穂乃果「マンゴーことりちゃん……」ゴクリ

海未「ことり……そんなに食べられたいのですか?」

ジリジリ

ことり「……ことりはどうして8人に囲われているんだろう……///」

544: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 05:17:29.78 ID:sFnUES/t0
希「さて、9人になったし高千穂行こか!」

絵里ち「たかちほ?」

海未「スピリチュアルスポットですね」

穂乃果「おおお、希ちゃんが燃えてる……!」

凛「空気が美味しそう~」

花陽「綺麗だと思うよっ」

にこ「……神頼みね……」

真姫「?」

ことり「やっと解放された……フゥ」

546: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 05:26:03.95 ID:sFnUES/t0
希「きたきたきたー! 高千穂やー!」

絵里ち「きたー!」

凛「師匠を見習うにゃ!」

花陽「おーっ!」

にこ「なんであんたたちそんなにテンション高いのよ……」

真姫「綺麗……」ポー

穂乃果「空気が美味いっ! マンゴーも美味しいい!」

海未「はしたないですね、全く……」

ことり「穂乃果ちゃんが元気そうだからいいかなっ」

希「……さて、せっかくスピリチュアルスポットやし>>547しようかな!」

548: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 05:38:52.91 ID:sFnUES/t0
希「よっしゃ、ボートでも乗るかー!」

絵里ち「のるぞー!」

にこ「お、おー?」

真姫「……はいはい」

凛「ボート誰と乗るのかな?」

花陽(新たなカップリングの予感……!)

海未「違った組み合わせですか……?」

穂乃果「じゃあ希ちゃんと乗るー!」

ことり「あっ、ことりもっ♪」

海未(しまった……出遅れた……!)

のぞことほの 決定

他のメンバー3人を選んでください>>549

551: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:10:55.76 ID:sFnUES/t0
花陽「うわぁ……吸い込まれそうなくらいきれいな湖……」

絵里ち「ボートっ! ボートっ!」グラグラ

真姫「ちょ、絵里! はしゃがないの!」

絵里ち「チカァ……」

花陽「真姫ちゃん! あんまり怒ったら絵里ちゃんが可哀想だよぉ……」

真姫「花陽! これはしつけなのよ?」

花陽「私達二人の……子ども?」

真姫「ばっ……///バカジャナイノ……」

絵里「……あなた達そんなに熱い関係だっけ?」

まきぱな「~~~~~~っっっ//」

552: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:19:03.06 ID:sFnUES/t0
穂乃果「よーっし! あっちの向こう岸までいっくよ―!」バシャバシャ

希「おーおー元気やなぁ穂乃果ちゃんは」

ことり「頑張るぞーっ♪」

希「こっちも元気や!」

希「ウチも負けないよー!」

希「……スピリチュアルを感じるで……!」

穂乃果「えっ?」

希「そこや! 穂乃果ちゃんっ!」バシャン

ことり「わあぁ……」

穂乃果「虹だ……凄いよ! 希ちゃん!」

希「スピリチュアルパワー全開や!」ハッハッハ

553: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:23:35.49 ID:sFnUES/t0
凛「あっちもスピード出してきたにゃ! 負けないにゃ!」バシャバシャ

にこ「……にこはーお箸より重いものもてないし~」ダラーッ

海未「何故、何故穂乃果は……凛! 行きますよ!私達は負けるわけには行かないのです!」

凛「目がマジだにゃ」

にこ「海未! 落ち着きな……」

バッシャーン……バシャバシャ

海未「なにか言いましたか?」

にこ「こうなったらにこもやるわよ!」

「えーボートで必要以上にスピードを出さないでください」

凛「凛達怒られたみたいだね……」

海未「滝壺アタックです!」

にこ「あー! この石頭にどうにかしなさい!」

ドッパーン

554: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:27:35.90 ID:sFnUES/t0
希「色々聞きたいんやけど……」

海未「何も聞かないでください」ビショビショ

真姫「なんで滝壺に入ってるのよあんた達……」

にこ「そこの海未に聞いて頂戴……」ベチャベチャ

凛「うあーっ魚も居たから気持ち悪い……」ビショーン

花陽「凛ちゃんタオルっ!」

絵里「ふぅ、楽しいからってはしゃぎ過ぎるとダメよ?」

ことり「海未ちゃんなんだかんだで頭固いから……」

穂乃果「じゃあ宿屋に行こうねー!」テクテク

555: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:33:45.96 ID:sFnUES/t0
希「待って!」

穂乃果「ん?」

希「スピリチュアルパワーが溢れてる……」

わしわしわし わしわしわし

穂乃果「希ちゃんぅ……ん?」ポヨン

ことり「……あれ?」ポヨン

真姫「嘘でしょ……?」ポヨン

花陽「えっ」ポヨン

絵里「希、これ以上大きくなっても……」ポヨン

希「ウチのスピリチュアルパワー……充実してたからね……」

にこ「なんでなんで!」

海未「あれ私達にわしわしは?」

凛「ひどいにゃー! 凛たちもバストおっきくなりたいのに!」

希「だって3人共濡れてるやん?」

うみりんにこ「「「」」」

556: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:38:54.51 ID:sFnUES/t0
――宿 前――

μ’s「えっ?」

A-RISE「えっ?」

sister's「お姉ちゃんっ?(ニコニー?)」

MAMA's「みんな?」

ひふみ「んーっ?」

22人「えーーーっ!?」

557: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:45:05.30 ID:sFnUES/t0
μ’s「3部屋しか空いてないのに……」

A-RISE「私達はUT-X専用の泊まる場所に行くわね」

MAMA's「あなた達って仲がいいのね……」

ひふみ「μ’sのメンバーと一緒でいいんだけど?」

なんやかんや――――

ツバサ「また、会ったわねにこちゃん?」フッ

にこ「え、あれって夢じゃ……えっ///」ゾクッ


希「譲ってもらって悪いなぁ」

あんじゅ「ふふ、今回の勝負はおあずけね」


英玲奈「貴女、ツバサには気をつけるように」

穂乃果「えぇっ?」

英玲奈「興味があったら突っ込む性格だから」

穂乃果「なるほど……穂乃果はどんと来いだよ!」

英玲奈「ふ……」


558: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:50:26.06 ID:sFnUES/t0
穂乃果「色々な人に会ったけどようやくゆっくり――――」

雪穂「んーこのゲーム難しいよぉ……」

穂乃果「ん?」チラッ

雪穂「うふふ、綺麗だなぁ……」

亜里沙「このゲームどこから?」

雪穂「旅館に備え付きだったー」

亜里沙「ハラショー……」

穂乃果(なんでお母さん達が縛られてるの……? テレビの中……似すぎなんだけど……)

穂乃果(……前の旅館に会ったやつとおんなじゲームだ!)

559: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:52:35.99 ID:sFnUES/t0
海未「雪穂」ガチャ

穂乃果「……あっ」

海未「……これは興味深い……穂乃果で実践しますか……」

雪穂「海未さんだったら安心だねー」ササッ

亜里沙「……ダスビダーニャ」

海未「スパシーバ、亜里沙」

穂乃果「え……嘘だよね……?」

海未「私が嘘をいうわけ無いじゃないですか!」ニッコリ

穂乃果「あーっ!」

560: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:56:59.66 ID:sFnUES/t0
海未「SMプレイの手ほどき……なるほど」

穂乃果「ほ、穂乃果はイタイの嫌だよっ!」

海未「……4の字固め!」ガシッ

穂乃果「うわーっ!」

海未「やっぱり穂乃果は足先まで綺麗ですね……」

穂乃果「ギブー! 海未ちゃんまってー!」

海未「コブラツイストッ!」ダキィ

海未「バストは大きくなってますし……やはり抱き心地は最高ですね……」

穂乃果「ダレカタスケテー!」


凛「何してるんだにゃ?」

花陽「硬い畳で……プロレス……ハードプレイですね……」ガシッ

凛「かよちん?」

ことり「そうだねっ、SUBMISSIONプレイだね……」ガシッ

凛「ことりちゃん?」

凛「にゃぁぁぁああああぁぁぁぁっっっ!?」メキッ

562: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 06:59:44.17 ID:sFnUES/t0
――別室――

雪穂「今日はお姉ちゃん方を調教します!」

亜里沙「します!」

希(付き合ってあげよかー)

絵里「で、どうするの?」

雪穂「真姫さん! お願いします!」

真姫「はいはい、今日は声を出してもらうわねー」

希「あー」

絵里「あー」

真姫「ボソボソ」

563: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 07:03:07.77 ID:sFnUES/t0
雪穂「えーっと……希さんはあれです! 声に安定感がありません!」

希「あーあー!」

雪穂「オッケーです!」

絵里「あー」

雪穂「絵里さんはビ、ビブラート?」

希「……これ調教?」

真姫「え、声を整えるのも調教でしょ?」

亜里沙「歌を歌わせる機械? の言葉だった気がする!」

絵里「亜里沙、よく知ってるわね」

雪穂「そうです! 調教頑張っていきましょう!」

希「しゃあないなぁ、未来の後輩やし」ニコニコ

564: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 07:05:43.11 ID:sFnUES/t0
にこ「……皆甘いわね……にこはアイドルだから……」

にこ「ツバサさん……」

にこ「駄目よっ、これは合宿中なの……アイドルのために我慢っ……!」

にこ(サイン欲しいかも……)

ここあ「にこにー!」

こころ「にこにー!」

にこ「あんたたちも来ちゃったのね」

にこ「……お姉ちゃんもっと頑張るからね」ナデナデ

565: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 07:11:35.08 ID:sFnUES/t0
――次の日――

チュンチュンッ

希「やるやん、あの二人」

『スクールアイドル・ファッション誌』

音ノ木坂学院からやってきた彗星『星空 凛』

ボーイッシュな雰囲気から醸しだされる元気オーラはピカイチ☆

水着コンテスト堂々の一位!時折見せる謙虚さが可愛さを引き立てる。

スクールアイドルもやっているμ’sのメンバー!宮崎の空に元気満点な流星群を生むだろう。

μ’sに! この夏は注目だ!

希「にこっちも載ってるやん……後ろ姿やけど」

絵里「へぇ……なんだから知らない内に大きくなってるのね……」

絵里「希ー出雲大社、再建完了したって」

希「じゃあ……次の目的地は出雲大社やな!」

絵里「そうね……楽しく行きましょ!」

566: ◆S54RkZf7aI 2014/05/10(土) 07:13:40.30 ID:sFnUES/t0
カップリングに貴賎なし。どの組み合わせでも楽しくできるようにしたいです。

お疲れ様でした今日はここまです!

今後の予定・したいことやってほしいこと>>567~帰ってくるまで

611: ◆S54RkZf7aI 2014/05/11(日) 23:30:54.67 ID:ioBcTcJZ0
希「今思ったけど、急いで出雲大社に行く必要もなかったなー」

絵里「そうね、もっと堪能してもいいと思うわ」

希「そやなぁー」シュリュシュル

絵里「んー? 希髪型チェンジ?」

希「ウチなーふっくら見える髪型もええけど、ちょっと綺麗な方もたまにはな?」

絵里「どっちの希も可愛いと思うけど」

希「にこっち風に言うなら変装なのだー」

絵里「なにそれ」クスクス

希「野生のちんすこうでも探しに行ってくる~」ガチャ

絵里「いってらっしゃーい」

絵里ち「……希が目の前から失踪したチカ」

絵里ち「どこに行くか聞いてないチカ」

613: ◆S54RkZf7aI 2014/05/11(日) 23:39:16.71 ID:ioBcTcJZ0
にこ「朝のランニングは気持ちいいわねー」タッタッ

にこ「福岡のスクールアイドルも強敵だし、偵察にはちょうどいいわ」

にこ「……全国展開出来れば、にこたちだってもっと知名度を上げることができる」

にこ「夢はもう少しなんだから頑張るのよ、にこ!」

兎「……」

にこ「……? 兎?」

兎「」

にこ(足を怪我してるじゃない……)

にこ「……仕方ないわねぇ」ビリッ

にこ(水筒の中、水でよかったわ)ジャバジャバ

兎「!?」

にこ「はいはい、痛くない痛くない。破ったシャツを巻いてあげて……」

にこ「自然の治癒に後は任せましょ」

兎「」タタタッ

614: ◆S54RkZf7aI 2014/05/11(日) 23:43:57.11 ID:ioBcTcJZ0
にこ「んーいいことしたにこー☆」

ツバサ「あら、矢澤さん?」

にこ「えっ……ツバサ……さん?」

ツバサ「ふぅん、欠かすことのない鍛錬。いい傾向ね」ニコッ

にこ「いやいやいやいや!? そんなことないですよ? たまたま朝の日差しが綺麗だなーって!」



真姫「……何よあのデレデレは……」

英玲奈「……西木野真姫か」

真姫「ヴェエェエ!?」モガッ

英玲奈「静かに」

真姫「うん……」

英玲奈「尾行か?」

真姫「ちがっ、そんなんじゃなくて!」

英玲奈「……私は尾行だ。君は?」

真姫「尾行です……」

英玲奈「素直だな」

615: ◆S54RkZf7aI 2014/05/11(日) 23:48:33.71 ID:ioBcTcJZ0
ツバサ「少し話したいんだけどいいかな?」

にこ「いいですとも! いくらでも話したくて……!」テレテレ

ツバサ「堅くならないで? ……にこちゃんでいい? 私もツバサでいいからさ」

にこ「は、はい! 喜んで……ツバサ…………」

ツバサ「良く出来ました」ニコッ

ツバサ「μ’s。すごく興味があってさ」

ツバサ「聞きたいんだけど、ダンスが突然うまくなり始めたのは……絢瀬絵里のおかげ?」

にこ「絵里の力は大きいかなって思う……」



真姫「……謙虚なにこちゃん」

英玲奈「ツバサはいつも通りだな」

真姫「どっかのバカに似てるわ……」

英玲奈(高坂穂乃果か……)

616: ◆S54RkZf7aI 2014/05/11(日) 23:53:27.46 ID:ioBcTcJZ0
ツバサ「彼女、ロシアのコンクールで常に上位の成績だったわ」

にこ「へぇ、絵里もそんなに凄かったのね」

ツバサ「私はμ’sに興味があってね、本戦で一緒に勝負できるのがすっごい楽しみなのよ!」

にこ「にににににに、にこたちはそんな……」

ツバサ「貴女のことも知ってるのよ。音ノ木坂学院、最初のスクールアイドルじゃない」ニコッ

にこ「えっ? にこのことを……? μ’sじゃなくて……?」

ツバサ「一言で言うならμ’sの情熱とでも言えばいいのかな?」

ツバサ「貴女とμ’sの……熱い想いは知っている。だからこそ、負けたくないのよ」

にこ「…………>>617」

617: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/11(日) 23:59:05.64 ID:jQS0ev9C0
覚悟はいい?にこはできてる

619: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 00:07:04.25 ID:YAE4DNVA0
にこ「…………覚悟はいい? にこはできてる」

ツバサ「何の覚悟か聞いてもいいかしら?」

にこ「私達μ’sはラブライブで負けない。一番をとってみせる!」

にこ「A-RISEにも負けないダンスと歌を披露するわ!」

ツバサ「……ふふ、心から待ってるわ、それじゃ」タタッ

にこ(せっかくの半分くらいのデートが宣戦布告になったわね)

にこ(あの頃からのにこを知っていてくれて嬉しいな……)ピョンピョン


真姫「にこちゃん……」

英玲奈「ツバサ相手に啖呵をきれるか」

真姫「私も負ける気はないわ」

英玲奈「歌に自信があるようだが……」

英玲奈「私も負けるつもりは毛頭ないさ」

620: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 00:15:58.81 ID:YAE4DNVA0
――旅館――

穂乃果「うあぁぁ……体痛い……」

海未「ハードSMプレイでしたからね……」

ことり「硬い床でサブミッションしたらそれは穂乃果ちゃん落ちちゃう……かなっ?」

海未「……忘れていましたが穂乃果、これを舐めてください」

穂乃果「なにこれぇ……もが」

穂乃果(甘くて……口の中に広がってくるよぉ……)

ことり「わわ……海未ちゃん大胆……」

海未「これは野生のちんこすう……ううんっ、ちんすこうです」

穂乃果「えぇっ……おおきいって……」ピチャピチャ

ことり(うわぁ……)

621: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 00:58:44.70 ID:YAE4DNVA0
凛「かーよちんっ! ご飯食べに行こうー!」

花陽「あれ、真姫ちゃんがいない?」

凛「きっと先にご飯食べに行ってるんだよ!」

花陽「というか少ない……」

凛「まただにゃ……凛は呪われてるにゃ……」ズーン

花陽「どうしたの、凛……うわっ」

凛「また凛の場所にだけいわしにゃ……」

絵里ち「好き嫌いはダメーチカ」

622: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 01:05:31.25 ID:YAE4DNVA0
花陽「絵里ちゃん? ……希ちゃんは?」

絵里ち「しらないっ……」グスモグ

凛「イワシ食べてくれてありがと……」

絵里「魚は美味しいからね、DHAも豊富に入っている」

花陽「賢い……?」

凛「可愛い……?」

絵里「>>624!」

625: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 01:55:36.92 ID:YAE4DNVA0
絵里「イワーシカ!」ドヤァ

凛「ちょっと寒くないかにゃー?」

花陽「魚を食べて弱くなちゃったんだよ……」ボソ

凛「頭が?」

花陽「凛ちゃんっ!」

絵里「それはいいとして希知らない?」

凛「知らないー」

花陽「知らないかなっ」

絵里「どこ行ったのかしら……」

626: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 02:02:58.60 ID:YAE4DNVA0
――外――

真姫「さて……私はどうしようかな」

希「真姫ちゃんどうしたん?」

真姫「あぁ、のぞ…………み?」

希「ちょっと髪型変えただけやん?」

真姫「いや、結構変わってるわよそれ……」

希「出会ったのは偶然やし……買い物行こかー!」グイッ

真姫「ヴェエエエ!? 引っ張らないで!」

627: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 02:15:52.60 ID:YAE4DNVA0
――――

絵里「そういえば、希はちんすこうを探しに行くって言っていたわね」

花陽「私達も買い物なら付き合うよ、絵里ちゃん!」

凛「凛もイワシの恩返しだにゃー!」

絵里ち「ありがと……チカッ☆」

花陽「可愛い……?」

凛「賢い……?」

絵里ち「えりーちかっ☆」

628: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 02:20:08.61 ID:YAE4DNVA0
花陽「あの絵里ちゃん可愛いけど」

凛「知性が全く感じられないねっ」

花陽「凛ちゃんストレートすぎだよぉ!」

絵里ち「アイス美味しいちか」

凛「だめだにゃー……ん?」

花陽「どうしたの凛ちゃん?」

凛「一見さんお断りのラーメン屋だにゃ!」ダダッ

花陽「マッテヨォ!」


絵里ち「ちんすこうどこちか……」

629: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 02:21:52.86 ID:YAE4DNVA0
「っしゃいませー」

凛「ここには初めてって答えたらだめだよ?」

花陽「う、うん」

「ここは初めてですか?」

凛「いいえ」

花陽「違いますっ」

「どうぞ」

ことっ 『高菜』

花陽「いただきまーす」パクッ

凛「あ……」

「お客さん、帰ってくれないか?」

630: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 02:26:55.25 ID:YAE4DNVA0
「スープを飲む前に何故高菜を食べたのですか?」

花陽「えっ、そ、それは……」

凛「……仕方ないにゃ帰ろ、かよちん」

花陽「でもっ……」

凛「個々のルールではそれがルールなんだにゃ」

凛「仕方ないよ」

花陽「凛ちゃん……」

631: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 02:31:21.12 ID:YAE4DNVA0
花陽「ほんっとごめん凛ちゃんっ!」

凛「だからいいって、かよちん」

花陽「うぅ……」

凛「泣かないで、かよちん……でも今日は帰るね」

花陽「うん……私はちょっと買い物してくる……」




絵里ち「みんなどこにいったちか……」

633: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 02:48:43.55 ID:YAE4DNVA0
――――

凛「はぁ……かよちんごめんね……」

にこ「なーにしょぼくれてんのよ」

凛「ちょっとかよちんと喧嘩しちゃった……」

にこ「はぁ? なんでよ?」

凛「実は……」

ニャーニャシカシカ

にこ「あんたが悪いわね」

凛「わかってるよ……」

にこ「希から聞いたんだけど、ここの山にはご飯に合う食材があるって」

凛「それで仲直り……するにゃー!」ダダダダダダッ

にこ「あ、バカ! 遭難しても知らないわよ!?」

にこ「……もう世話が焼けるんだから!」ダダッ

634: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 02:54:59.44 ID:YAE4DNVA0
凛「遭難した」

にこ「あんたねぇ!」

凛「かよちんと仲直りできないのは嫌だよ……」

にこ「私達……絶対いきて帰るのよ!」

凛「うん! にこ隊長!」

にこ「凛一等兵は直ちに、速やかに下山するッッ!」

凛「ラジャー!」ザッザッ

にこ(何やってんだろ私)

635: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 03:48:37.80 ID:YAE4DNVA0
花陽「うぅ……私のせいで凛ちゃん怒っちゃった……」

花陽「頑張らないと……頑張らないと……」



真姫「ん? あれは花陽?」

希「真姫ちゃんどうしたん? ってあれ絵里ちやん!」

絵里ち「ぐすん、ちんすこう……」


真姫「花陽の様子がおかしいから私は花陽のとこに行くわ!」ダッ

希「ウチは絵里ちんとこ行くわ!」



花陽「怖いよぉ……でも凛ちゃんのために!」ガラッ

真姫「ラーメン屋……?」ガラッ

『二郎』

636: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 03:53:39.38 ID:YAE4DNVA0
花陽「まずは食券を……?」

真姫「何してんのよ?」

花陽「うわあっ!? ま、真姫ちゃん!」

「先に小か大どちらですか?」

真姫「はぁ? 普通ってのはないわけ?」

花陽「店員さんだよぉ……」

――数分後――

真姫(え、なにこの量……)

花陽(見ただけで……うぷ)

637: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 03:58:31.38 ID:YAE4DNVA0
立ち上る熱気と空間を支配する殺気。

とても気軽に食事が出来る場所ではない雰囲気。

間違って『大』を頼んでしまった二人はお腹が空いているとはいえ、地獄の宴。

まず麺が太い。今まで食べた麺類よりも遥かに太い。

そして野菜。これほどかというまでに敷き詰められタワー上になっている野菜は一種の芸術を感じる。

脂でぎとりとしているのも食欲を誘うが、にんにくの臭いで真姫の精神状態はフライ・ハイしそうだった。


汗が一筋ぽたりと垂れる。誰か変えてくれっ……だれでもいい……この流れを……!

二人の願いを、叶える少女が一人。この場所に現れた。

「二人とも、助けに来たにゃ!」

名は星空凛。彼女は後に――神域のラーメンマスターと呼ばれる――

639: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 04:04:48.60 ID:YAE4DNVA0
凛「そんなわけないにゃ」

真姫「それより凛どうしてここに?」

花陽「そうだよっ?」

凛「まずは平らげるにゃ」ズゾゾゾゾパクムシャゴク

「ありやっしたー」

凛「……まずはごめんねかよちん」

花陽「ううん、そんなことない、花陽が……」

凛「えへへ、かよちん……これっ」

花陽「綺麗……」

凛「食材は見つからなかったけど、きれいなお花さんだにゃ」

凛「あ、さすがに山は……眠いにゃ……」スースー

花陽「このまま寝かせるから……旅館までおぶってくね」

真姫「うん、ごゆっくり」

花陽「そのままベッドで一緒に寝ちゃうかも」

真姫「はいはい、行ってらっしゃいな」フリフリ

640: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 04:13:36.41 ID:YAE4DNVA0
――ちょっと前――

希「はいはい、なかないなかないんやでー?」

えりち「のぞみ~きゅうにいなくならないで~」ギュウウゥゥゥ

凛「凛レーダーではかよちんがここらへんに……」

希「あそこのラーメン屋行ったよ?」

凛「わかったにゃ!」ダッ

にこ「ぜぇ……ぜぇ……疲れた……」

希「にこっち大丈夫?」

にこ「大丈夫じゃないかも……」ハァ

希「絵里ちもこれどうにかしないとなー」

絵里ち「のぞみがいればいいも~ん」

にこ「……ダメじゃない?」

641: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 04:21:59.33 ID:YAE4DNVA0
真姫「あ、にこちゃんと希と……これは絵里ちの方?」

希「うん、そうか……」

絵里「絵里ちって呼び方少し恥ずかしいわね」

希「戻った!?」

にこ「それ、戻ったりするんだ……」

希(ピコーン)

希「ウチとニコっちやることあるからまたあとでー!」ピューン

にこ「まだ走るの……?」ダッ

絵里「二人きりになっちゃったわね」

真姫「そうみたいね」

絵里「ちょっと食べ歩きしたいんだけど……ダメ?」

真姫「許可を取るようなことじゃないでしょ? 行くわよ」

絵里「う、うん」

642: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 04:38:41.28 ID:YAE4DNVA0
絵里「あのさ……ジャンクフード食べたいんだけど……」

真姫「ここでハンバーガーとかはもったいないわね」

真姫「ご当地のものでさくっと買って食べましょ?」

絵里「ハ、ハラショー」

真姫「へー肉巻きおにぎりなんてあるのね……あ、これ2つ」

絵里「わくわく」

真姫「ほら絵里、肉巻きおにぎりよ」

絵里「どうやって……食べるの?」

真姫「普通にかぶりつきなさいよ」

絵里「うん……」モシャモシャ

絵里「おいしぃ……」パァ

真姫(可愛いわねこれ)

643: ◆S54RkZf7aI 2014/05/12(月) 04:45:22.31 ID:YAE4DNVA0
希「作戦成功やな」モグモグ

にこ「まったく……過保護すぎるのよ」

希「にこっちはい」

にこ「ありがとー」モグモグ

希「案外美味しいね」

にこ「そうだねー」

希「なぁ、にこっち」

にこ「どしたー?」

希「……にこっちはー」

にこ「楽しいわよ、今がとっても」

希「……そやな。さ、追うで!」

にこ「世話が焼けるのはあんたも一緒……」

648: ◆S54RkZf7aI 2014/05/13(火) 05:41:37.39 ID:J1OS9EPt0
穂乃果「……ねぇ海未ちゃん、ことりちゃん」

海未「何ですか?」

ことり「なぁに?」

穂乃果「島根と鳥取でどう違うの……?」

海未「……」

ことり「…………」

穂乃果「なんで二人ともこの世の終わりみたいな顔をしてるのーっ!?」

海未「いや、ここまで常識がないものとは……」

ことり「穂乃果ちゃんは頭はいいから大丈夫だよっ♪」

穂乃果「うぅ、ひどい……」

649: ◆S54RkZf7aI 2014/05/13(火) 05:53:31.90 ID:J1OS9EPt0
穂乃果「皆馬鹿にするから……先に飛行機で出雲に行ってるよ……」トボトボ

海未「待ちなさい穂乃果! 皆で滞在する約束じゃないですか!」

ことり「ほ、穂乃果ちゃぁんっ、置いてかないでー!」

――飛行場――

穂乃果「いいもんいいもん」トボトボ

海未「穂乃果ー! 怒りますよー!」

穂乃果「いーじゃん!別にあっちで会えるんだから!」ウィーン

海未「動くエスカレーターとは卑怯な……」タタ

ことり「ことりは早歩き!」スタスタ

650: ◆S54RkZf7aI 2014/05/13(火) 05:57:02.29 ID:J1OS9EPt0
穂乃果「……?」

海未「ん?」

ことり「あれ?」

穂乃果「遊んでたら……あれ?」

海未「いつの間にか飛行機の中に……?」

ことり「動いてるんだけど……?」

『スウェーデン行き』

「アテンションプリーズ」

穂乃果「……やっちゃった」

海未「やっちゃったじゃないですよ!」

ことり「折り返して戻ろっ♪」

穂乃果「席も空いてるし……座っちゃえ!」

海未「……はぁまったくもう……」

ことり「ふっわふわ~♪」

651: ◆S54RkZf7aI 2014/05/13(火) 06:02:16.06 ID:J1OS9EPt0
ことり「あぁっ!?」

穂乃果「んにゃ……どうしたのことりちゃん……」

ことり「枕がない……アレがないと眠れないの……! もう不眠症だよぉ……」

海未「ことりは……WRの時もそうだったではないですか」

ことり「ぐすん……もう全然寝てないよぉ……」

穂乃果「仕方ないなぁ、穂乃果が抱きまくらになってあげるよ」

ことり「で、でも穂乃果ちゃんには……その……」チラッ

穂乃果「大丈夫だよ、海未ちゃんはそんなに心が狭くないからっ」ニコッ

海未「…………はいどうぞ」

ことり「穂乃果ちゃんの匂い……いい匂い……」スーハースーハー

穂乃果「ことりちゃん……くすぐったいよぉ……」ナデナデ

海未「」ビキビキ

652: ◆S54RkZf7aI 2014/05/13(火) 06:08:55.71 ID:J1OS9EPt0
「スウェーデンにつきました」

穂乃果「わぁ……スウェーデンだ……」

海未「綺麗ですね……穂乃果、手を」

穂乃果「ちょっと恥ずかしいよー」

海未「穂乃果はすぐにでもどこにでも行ってしまいますから、ほら」

ことり(あ、穂乃果ちゃん機嫌悪いかも……)

穂乃果「なにさ! お母さんみたいに口うるさいんだから海未ちゃんは!」

海未「なっ……! 間違えて乗ってしまったのはそもそも穂乃果のせいでしょう!」

穂乃果「穂乃果は知らないもーん! 海未ちゃんのバカ!」ダッ

ことり「海未ちゃん不器用すぎだよぉ……」

海未「うぅ……穂乃果ぁ……」グス

653: ◆S54RkZf7aI 2014/05/13(火) 06:12:27.71 ID:J1OS9EPt0
穂乃果「もう、海未ちゃんったら!」

穂乃果「穂乃果は子どもじゃないんだよ!」

穂乃果「」キョロキョロ

穂乃果「結構日本人もいるんだなぁ……」

「HEY?」

穂乃果「私ですか?」

「ジャパンから来た……ミュータントガールズ?」

穂乃果(……μ’sって言ったのかな?)

穂乃果「はい! μ’sの高坂穂乃果です!」

「ライブが始まるから君も用意してね!」

穂乃果「……? ライブスタート……? イエス!」

「OK、OK NEXT STAGE!」

654: ◆S54RkZf7aI 2014/05/13(火) 06:23:26.84 ID:J1OS9EPt0
穂乃果「うわぁ……人がいっぱいだぁ……」

周りを見ても人だらけ。雪穂にスウェーデンの曲は一曲だけ教えてもらった。

真姫ちゃんも知っているようだけど、恥ずかしいようで一回も歌ってくれなかった。

でも、私は知っている! できる! やるったらやる!

穂乃果「行きます! 曲名は……」

「NäR Ni Tar Saken I Egna HäNder!」

日本人の……特に女性の人が騒いでいるけど気にしない!

知らず知らずのうちに彼女は……純粋な気持ちを持つ、女性たちの純潔を奪っていた……

高らかに叫ぶ、高らかに最初の言葉は――――

「När  ni  !」

655: ◆S54RkZf7aI 2014/05/13(火) 06:28:34.71 ID:J1OS9EPt0
――帰りの飛行機――

穂乃果「あーおもしろかった!」

ことり「穂乃果ちゃん大胆すぎだよぉ……」

穂乃果「う~んμ’sの宣伝になったかな?」

ことり「う……歌詞が空耳に聞こえて無ければ……」

穂乃果「? まぁ疲れたからねるね! おやすみ!」

ことり「はぁい」

海未「……ホノカホノカホノカホノカ……」ブツブツ

ことり「海未ちゃん場所変わってあげるから頑張って!」ススッ

海未「ありがとう……っぐ……ございますっ……」グスグスグス

656: ◆S54RkZf7aI 2014/05/13(火) 06:33:24.23 ID:J1OS9EPt0
海未「穂乃果ぁ……手をつないでくれませんか……」クイクイ

穂乃果「やだよ、海未ちゃん穂乃果のこと子供扱いするもん」ブー

海未「お願いしますからぁ……」ギュッ

穂乃果「……やめてよ、海未ちゃん……」パシッ

海未「あぁ……す、すいまっ……うっ……ぐすっ……」

穂乃果(心配してくれてるんだね……ありがと、海未ちゃん)

穂乃果「穂乃果が寒いから海未ちゃんで温まる」ダキッ

海未「えっ……穂乃果ぁ……」ギュー

穂乃果「私は海未ちゃんのこと……好きなのは変わらないからね」ボソッ

海未「私もっ……私も穂乃果が大好きですっ……!」

穂乃果「……向こう着くまで、ずっとちゅーしてよっか」チュー

海未「私は幸せです……穂乃果……」チュー


ことり(……よかったよかった)ハァ

662: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 06:32:05.73 ID:BB7C3hgC0
希「ホットヨガやりたいなー」

にこ「スピリチュアルってやつ?」

希「そやで、体内の老廃物を取ることによってすべすべや!」

にこ「一流のアイドルには必要なたしなみね」

希「にこっちもやるー?」

にこ「サウナ暑い……」

希「綺麗になるでー!」

にこ「お、おー!」

663: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 06:34:04.82 ID:BB7C3hgC0
絵里「……真姫頑張って……」

真姫「死ぬ……死ぬ……みかん風呂はだめぇ……絵里……」

絵里「二郎のにんにくのにおい! 取りたいんでしょ!?」

真姫「ヴェエェエ……暑い……匂いキツイ……みかんやばい……」ブクブク

絵里「辛い世界を乗り越えて……貴女は一段と輝ける!」

真姫「ブクブクブク……」

664: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 06:37:26.70 ID:BB7C3hgC0
花陽「凛ちゃんおはよ?」

凛「かよちんが隣で寝てくれて凛は元気いっぱい!」

花陽「凛ちゃんと一緒は楽しいっ」

凛「りーんもかよちんと一緒ー!」

凛「……魚の匂いであんまり眠れなかったけど……」

絵里「こらー凛ー! あんまり騒いじゃダメよー!」

凛「はーい!」ザッバーン

希「ふぅーホットヨガは……」ビシャア

凛「あ、希ちゃんごめんにゃー!」ペロ

希「……わしわしマ~ックス!」ダダッ

にこ「ぜぇぜぇ……熱すぎだわあのサウナ……」

665: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 06:42:19.62 ID:BB7C3hgC0
――広場――

花陽「出雲大社が再建したって! やっぱり犯人はアルパカじゃないよ!」

凛「凛もそう思うにゃー!」

真姫「はぁ、イミワカンナイ。どうみてもアルパカでしょ、犯人は」

花陽「人じゃないよ!」

凛「真姫ちゃん……行ってもわからないなら実力行使だにゃー!」

花陽(ことりちゃんから新しいカップリングって……このクスリ……)

花陽「凛ちゃんっ、これちょっとごめんねプス」

真姫「あ、その薬は……!」

凛「…………」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

真姫「対抗する……?」

花陽(打ったフリなんだけど……ノリノリみたい……)

真姫「凛!>>666よ!」

667: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 07:43:52.35 ID:BB7C3hgC0
真姫「凛! KISSよ!」

花陽「えぇええっ!?」

凛「アナーキーにパンクに……!」

花陽「ダメだよぉ! 凛ちゃん待って!」

凛「かよちんどいて! そいつ殺せない!」

真姫「はぁ!? イミ……わかるかも……?」

花陽「……えっ」


668: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 07:47:38.93 ID:BB7C3hgC0
真姫「大体! お姉ちゃんどいてそいつ殺せないでしょ!」

凛「そんなこと関係ないにゃ!」

真姫「oi おいみす おい紀伊店のか」

花陽(真姫ちゃんが壊れちゃった……みかんで?)

真姫「+7TCJ 最強 プリさん鈍る^^」

真姫「塩あれば最強 だからかよちん、私と一緒に」

真姫「」

真姫「行こう^^」

凛「KOPにゃ……真姫ちゃんがKOPになったにゃ……」

花陽「ダレカタスケテー!」

669: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 07:54:27.29 ID:BB7C3hgC0
希「懐かしい話してるなぁ……」

絵里「なに、あれ?」

希「S県月宮の話やったような……」

絵里「なるほど、実際にあった話なの?」

希「わからんなぁ、真姫ちゃんROプレイヤーやったんやな……」

絵里「?」

希「兎にも角にも、ナゴドでライブしたいなぁ……」

絵里「電車の時から結構こだわってるわね」クスクス

希「でっかいハコはウチ好きやからな~」

670: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 07:59:35.82 ID:BB7C3hgC0
コンコン

希「はい?」

絵里「開いてますよー?」

あんじゅ「どうも~」

英玲奈「失礼する」

希「あんじゅさん、どうしたんですか?」

あんじゅ「貴女との勝負が忘れられなくて……?」

英玲奈「疑問形にするな」

絵里「で、A-RISEの二人がどうしてここに?」

あんじゅ「実は~>>671なのよ」

672: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 08:09:37.84 ID:BB7C3hgC0
あんじゅ「μ’sの矢澤さんが欲しいのよ」

にこ「にこぉ!?」

絵里「あら、スカウトですか」

希「にこっちやったやん?」

にこ「あんたたちねぇ……」

英玲奈「まぁ、ツバサが欲しがっていてな……」

にこ「は、はぁ……ツバサさんが……」ドキッ

希「にこっちはμ’sのメンバーやし無理や」

絵里「残念だけど部長を渡すわけには行きません」

英玲奈「なら……」

穂乃果「たっだいまー!」ガララッ

あんじゅ「ん~また勝負はお預けですね、希さん?」

希「にこっち争奪戦は負けられないなぁ?」

英玲奈「では、失礼する」

673: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 08:14:09.86 ID:BB7C3hgC0
穂乃果「は~ライブ楽しかったよー! 皆で打ち上げしよっ!」

にこ「ふーんどこで?」

穂乃果「スウェーデン!」

絵里「ハラショー……」

にこ「あんたばっかじゃないの!?」

海未「にこ、本当なのですよ」

ことり「穂乃果ちゃんすっごく格好良かったんだよっ♪」

花陽「唐揚げとご飯です!」

凛「魚から解放されたにゃ……」

真姫「みかん風呂はもういやだわ……」

穂乃果「じゃあいっただきまーす!」

674: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 08:19:48.51 ID:BB7C3hgC0
海未「あ、レモンかけますねー」ドバドバ

穂乃果「海未ちゃんありがとー!」モグモグ

ことり「レモン美味しいからねっ♪」

凛「大丈夫にゃー」

花陽「白米美味しいです……」パクパク

絵里「唐揚げにはレモンをかけるのね」

希「ダイエットに効果的らしいんよ?」

真姫「」

希「あ……」

真姫「ちょっと海未! なんでレモンかけてるのよ!」

海未「穂乃果が好きだからですが」

真姫「私は嫌いなの!……よく見たら自分だけ確保してるじゃない!」

海未「私はレモンがない方がいいので」

真姫「私に頂戴!」

海未「いいですよ?」

真姫「あ、ありがと……//」

675: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 08:30:54.57 ID:BB7C3hgC0
―――深夜―――

ガタガタ

ことり「穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん……」

穂乃果「なぁに?」

ことり「ちょっと怖いなぁ……なんて」

絵里「暗いの怖い暗いの怖い……」ブルブル

希「……」

凛「ふにゃーごろごろ~」

花陽「ヘイワダナー」

真姫「スースー」

海未「スヤー」

にこ「」キョロキョロ

676: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 08:40:30.79 ID:BB7C3hgC0
ピシャアァッ ゴロゴロ……

ことり「うぅ……ほのかちゃ……」グスグス

絵里「雷こわいぃぃぃ! ハラショーハラショォォォォオオ!」ドバドバ

希「あー泣かない泣かない。こわないからな?」

穂乃果「絵里ちゃん大丈夫!?」

にこ「まったく絵里は……」クイクイ

にこ「ん?」

真姫「にこちゃんちょっと近くにいてね」ボソッ

にこ「はいはい、世話が焼けますこと」ギュッ

ことり(ショボン……私だって怖いのに……)グスン

海未「……ことりは昔から……雷嫌いでしたね……」ギュッ

ことり「海未ちゃん……」

海未「スースー」

677: ◆S54RkZf7aI 2014/05/14(水) 08:44:04.53 ID:BB7C3hgC0
今日はここまで。にこちゃん関連と出雲関係の安価は持ち越しで!

出雲大社に次回行きます。やりたいことやってほしいこと、なんかいろいろ

>>678~帰ってくるまでで!お願いします!お疲れ様でした!

678: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 09:12:29.41 ID:ertTL4tR0
因幡の白兎を助けたにこにーに不思議な奇跡が起こる

728: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 03:04:14.95 ID:LuRcFztR0
希「朝やなぁ~」

絵里「朝ね」

希「今日は出雲大社やね」

絵里「出雲大社に行く前に色々寄り道していきましょうか」

希「例えばどこに行きたいんや?」

絵里「鳥取砂丘とか見たい……かな。ダメ?」

希「今更やな、絵里ちの行きたい場所ならいいよ?」

絵里「あ、ありがと」

希「いえいえ、どういたしまして~」

729: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 03:12:58.99 ID:LuRcFztR0
凛「ねぇかよちん。凛は朝食食べたくないんだけど……」

花陽「ダメだよ凛ちゃんっ!」

真姫「そうよ、ご飯は食べないと力が出ないわ」

凛「うぅ、もう定例の嫌な予感しか無い……」

凛「また魚……」

にこ「ちょ、超高級品じゃない……!」キラキラ

にこ「仕方ないわねぇー! にこが食べてあげるにこっ!」

真姫「食い意地を張ってるようにしか見えないんだけど……」

凛「ありがとっ! にこちゃん!」

730: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 03:18:26.80 ID:LuRcFztR0
穂乃果「わぁ~にこちゃん巨大なのどぐろ食べてる!」

海未「超高級品ですね……」

ことり「白身のトロって言われてるだけあってすごいねっ」

希「白身も色々あるからなぁ……鯛くらいは捌いたことあるよ?」

絵里「ハラショー希凄いわ」

希「付き合いで色々ね? みんなおはよー」ギシッバキッ

希「椅子が……?」

穂乃果「お、おはよう!」

希「しゃあないなぁ……こっちに座るかな……」バキィ

海未「大丈夫ですか希」

希「ウチそんなに太ってないはずなんやけど……」バキィィッ

希「座るんやめとこ……」

絵里「希……」

731: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 03:30:45.98 ID:LuRcFztR0
絵里「ほら、希。私の膝の上なら大丈夫でしょ」ポンポン

希「えっ、それはさすがに恥ずかしいやんな?」

絵里「立ちながらご飯はちょっと行儀が悪いんじゃない?」

希「え、え~どないしよかな?」チラッ

穂乃果「いいんじゃない?」ニコニコ

ことり「えへっ」ニマー

海未「私は気にしないですよ、希」

希(どないしよかな?>>732)

733: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 03:40:48.09 ID:LuRcFztR0
希「じゃあ穂乃果ちゃんの膝を借りよっかな」

穂乃果「ほえ? 私の膝でもいいよ?」

ことり「うんうんっ」

海未「えっ、そ、それは!」

絵里「このままだと希なにも食べないから……ごめんね海未」ボソ

海未「仕方ないですね……」

「えーただいまー情報が入りました。アルパカが松江城爆破するという犯行予告が……」

真姫「やっぱりアルパカが悪いんじゃない」

凛「ぐぬぬ……」

734: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 03:51:27.69 ID:LuRcFztR0
「続いて……隕石が……落下しようとしています……」

凛「そんなの嫌だよ!」ダッ

希「絵里ち! ウチ凛ちゃん追うわ!」バッ

ことり「ダメだよ! 二人とも落ち着いて!」ダダッ

絵里「私達も整えてから追うわよ!」

穂乃果「待っててね!」

海未「希がいるから大丈夫でしょう……恐らくは……」

真姫「急ぐわよ、花陽」

花陽「うんっ」

735: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 03:59:52.77 ID:LuRcFztR0
凛「やっぱりダメだよ……凛たち……」

希「大丈夫やって……」

凛「なんでそんなに余裕で居られるの!?」

希「隕石くらい……ウチが何とか出来るから……かな?」

凛「……いくら希ちゃんでもそれは無理だよぉ……」

希「泣かないで、凛ちゃん……」ヨシヨシ

希「うふ、二人きりでなんて逃避行みたいやね」

凛「えぇ、そうかなぁ……」チラッ

希(なにを凛ちゃんにしてあげよっかな……>>736)



ことり(出て行きにくい……)

737: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 04:17:11.45 ID:LuRcFztR0
希「部屋にもどろか?」

凛「えっ、なんで?」

希「穂乃果ちゃんと海未ちゃんのラブラブ具合見てたらそんなんなんとも思わないで?」

凛「ちょっと砂丘見てから……ラブラブみたいかな」

希「さくっと見て帰ろうか!」


ことり(……いい方向に進んでるのかな?)

738: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 04:21:36.83 ID:LuRcFztR0
――砂丘――

凛「本当に砂しか無いんだね……」

希「でも風紋きれいやね」

凛「うん……希ちゃんちょっといいかな?」

凛「実は……」

ことり「きゃあっぁぁあああぁっ」

凛「ことりちゃんっ!」

希「あっ、待って凛ちゃん!」

凛「勝手に乗ってく!」ブオン

希「……アルパカ?」

凛「待っててねことりちゃん!」

739: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 04:26:05.99 ID:LuRcFztR0
ただアクセルを無我夢中で踏む。それだけで車は動いた。

毛むくじゃらのアルパカを追って砂漠の荒野を車は走る。

「――信じていたのにっ! どうして……どうして貴女が犯人ですの!?」

動揺から生まれるちぐはぐな言葉。徐々に距離は詰まっていく。

ことりは涙目で振り落とされないように捕まっている。

時速は100km。手を離せば間違いなく怪我をする――。

決意に2秒。実行には1秒。バギーを乗り捨て、アルパカにしがみつき、ことりを救い出す!

自分自身が下になればことりのダメージは最小限……!

激しく転がってしまって後悔……にゃ。

740: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 04:28:59.83 ID:LuRcFztR0
ことり「凛ちゃん、大丈夫っ!?」

凛「ん……ううん……大丈夫ですわ……ことりさん」

ことり「お嬢様言葉になってるよ!?」

凛「……凛ははじめからこの言葉遣いでございますわ?」

ことり「後……ありがとね凛ちゃんっ」ギュッ

凛「ありがとうですわ……」ギュッ

ことり「温かいよ凛ちゃんっ」

凛「は、恥ずかしいですわ……」

741: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 04:32:03.11 ID:LuRcFztR0
絵里「鳥取砂丘に3人はいるようね」

海未「ことりが心配です。早く追いましょう」

穂乃果「うんっ!」

にこ「ひつじに乗って追いかけるわよ!」

花陽「にこちゃん… ・砂漠はラクダだよぉ……」

真姫「イミワカンナイ!」

にこ「ご、ごめん」シュン

絵里「では、私と穂乃果と海未で砂丘へ」

にこ「にこと真姫ちゃんと花陽で宿は任せなさい!」

742: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 04:36:06.91 ID:LuRcFztR0
絵里「で、来たんだけど……」

希「あぁ、もう済んでしまったんよな」

海未「穂乃果、素晴らしいですね……この風景」

穂乃果「うんそうだね……海未ちゃんのほうが綺麗だから……」

イチャイチャ

ことり「戻ってきたよっ!」

凛「たしかにこんなラブラブ見てたら隕石なんてどうでもいいにゃ……」

ことり「凛ちゃん格好良かった!」

凛「それほどでもないよ」

ことり「ううんっ、今度お礼をさせてもらおっかな♪」

希「こっちは一件落着やな?」

希(イベントなんかあるんかな?>>743)

744: ◆S54RkZf7aI 2014/05/19(月) 05:00:19.56 ID:LuRcFztR0
希「一件落着や!」ズブブブ

穂乃果「砂丘綺麗だねー」

海未「穂乃果綺麗ですねー」

穂乃果「海未ちゃん綺麗だねー」

ことり「希ちゃん大丈夫っ!?」

凛「希ちゃん何か身体から溢れてるよ?」

希「な、なんでもないやん?」ズボッ

絵里「希、何か隠してない?」

希「隠してるわけないやん! さ、宿に行くで!」

750: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 11:47:40.44 ID:dx2tIl640
にこ「さて、あんたたち! 宿を探すわよ!」

真姫「……あ、喉乾いたんだけど、近くにスタバとか有る?」

花陽「えぇっ!? 真姫ちゃん……」

真姫「なによ?」

花陽「鳥取県に……スタバはないよ……?」

真姫「ヴェエェエ!? 冗談でしょ!」

にこ「ないわよ……」

真姫「隣の島根は!」

花陽「2軒しかないの……」

真姫「あ、ありえない……」ガクッ

にこ「まードンマイねー!」ポンポン

751: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 11:53:59.66 ID:dx2tIl640
真姫「大体、なんで2軒しか無いのよ!」

にこ「移動中に見たけど……大行列だったわ」

真姫「イミワカンナイ!」

花陽「お、落ち着いて真姫ちゃん」

にこ「はぁ……」

にこ「まぁいいわ、宿を探すわよー」

花陽「おー!」チラッ

真姫「……おー…………」ハァ

にこ「にこにー探知機によるとー!」

にこ「見つけた!」

見つけた宿はどんな宿?>>752

753: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 11:58:57.44 ID:NcB1zEJAO
誤植…

洋風でごく普通な宿

754: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 12:04:10.27 ID:dx2tIl640
にこ「洋館ねーふふんにこにはピッタリの宿よ!」

花陽「私、こういうところ初めて……」

真姫「ふぅん、結構いい場所じゃない」

にこ「ふふ、褒め称えなさい!」

ガラッ

ひふみ「「「」」」

にこ「あ……」バタリ

花陽「あぁああぁあっ!?」

真姫「……ヴェ……」

花陽「死んでる……?」

ひふみ(((どうしよう、なんもいえない)))

756: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 12:11:44.79 ID:dx2tIl640
花陽「めめめめ、メールを……」ピッ

――――30分後――――

穂乃果「ほぇ~いい宿だー」

ひでこ「やー穂乃果」

ふみこ「待ってたよー」

みか「うんうん」

穂乃果「皆いるんだねぇ~」

希「ウチなぁ~絵里ち達に妖怪を教えてあげたいんよ?」ニコ

海未「確か……水木しげるロードが……」

ことり「わぁ~行ってみたいなぁ」

絵里「えっ」

凛「絵里ちゃん怖いのかにゃー?」

真姫(それより希からオーラが……?)

757: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 12:20:41.49 ID:dx2tIl640
――――水木しげるロード――――

穂乃果「じゃあチームに分けていくねー!」

海未「当然私は穂乃果と一緒です」

ことり「ことりも二人とっ♪」


絵里「私は亜里沙と雪穂と……希かな」

にこ「まきりんぱなは私が引きとるわー」

真姫「ものみたいに言わないで!」

凛「お化けが出るかもですわ」

花陽「凛ちゃん口調が……?」

亜里沙「……お姉ちゃん怖い」

雪穂「私もいるから大丈夫だって亜里沙」

希「絵里ち暗いとこやけど大丈夫?」

絵里「へ、平気よ?」

758: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 12:32:02.70 ID:dx2tIl640
穂乃果「ふんふんっ♪」

海未「ほ、穂乃果怖くはないのですか?」

ことり「……海未ちゃぁん……穂乃果ちゃぁん」ヒシッ

海未「こ、ことり?」

穂乃果「ことりちゃん?」

ことり「ことりこういう怖いところダメなのぉ……」

海未「仕方ないですね、ことりは」

穂乃果「じゃあ三人でいこっか~!」

ことり(えへ)

759: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 12:43:07.60 ID:dx2tIl640
希「げ」
雪穂「げ」

のぞゆき「「ゲゲゲのゲ~♪」」

亜里沙「怖い……」

絵里「そ、その不気味な歌をやめなさい希……」

希「夜は~墓場で~♪」

雪穂「試験もなんにもな~い♪」

ガサガサッ

絢瀬姉妹「「ヒイィィッ」」

希「怖がりすぎやって絵里ち」

絵里「ここっこわがってなんて……」ガシ

雪穂「亜里沙~お化けなんて出るわけ無いしょー?」

亜里沙「は、ハラショー……」ガシ

のぞゆき(うふふ)

761: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 12:55:04.17 ID:dx2tIl640
にこ「…………」

凛「ねぇ、にこちゃん?」

花陽「うぅ……ダレカタスケテー」ソロソロ

真姫「なぁに、二人とも怖がってるの?」

にこ「に、にこはぜんっぜんっ……」

凛「にぃ~こぉ~ちゃぁぁん」ガシ

にこ「……きゅう」バタン

凛「あ、気絶したにゃ」

花陽「凛ちゃんやりすぎだよぉ……」

真姫「困った三年生ねぇ」ヨッコイショ

真姫「にこちゃんかるっ……」ヒョイ

762: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 13:01:14.89 ID:dx2tIl640
――――――――宿――――――――

真姫「まったく、にこちゃんはー」ゴクゴク

凛「このお水美味しいにゃー!」

花陽「そ、それ……お水?」

絵里「……まずいんじゃない?」

希「……どうなんやろ……」

穂乃果「美味しそうなもの飲んでるね~?」

海未「……だめですよ穂乃果!」

ことり「どうしよっかなぁ♪」

にこ「ま、真姫ちゃん……?」

真姫「ほらー! 皆も飲みなさいよー!」

飲む人>>763~765 被り有り 複数あり

766: ◆S54RkZf7aI 2014/06/02(月) 14:00:00.66 ID:dx2tIl640
飲むメンバー (海未穂乃果にこ)×2 希絵里 で。

今日はここまでで。お疲れ様です。 

769: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 04:30:51.66 ID:4TlPdIpu0
穂乃果「よぉ~しっ穂乃果は飲もう~」ゴクゴク

希「ウチももらおうかなー?」ゴクリ

凛「にこちゃんはのまなーいのー?」

真姫「真姫ちゃんのお酒が飲めませんかー?」

にこ「ぐぬぬ……わかったわよ! 飲めばいいんでしょ!」ゴクリ

ことり(面白いから離れてみてよっと)ササッ

花陽「ダレカタスケテー」コソコソ

絵里「あれ……? 私は飲まないわよ」

雪穂「……これやばいかも?」

亜里沙「ハラショー……」

海未「穂乃果! そんなもの飲んだら……」

穂乃果「海未ちゃんはぁ……飲まないのぉ~?」トローン

770: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 04:37:52.95 ID:4TlPdIpu0
海未「わ、私は……そういうのは……」

穂乃果「穂乃果が口移しでもぉ……?」ゴクゴクゴク

海未「お、お願いしまっ」チュゥ

穂乃果「んくっ……んっ……」

海未「はふぅ……」ヒク

希「えーりーちー? 好きやから一緒に飲もうか~」グテー

絵里「希が……こんなに甘えるなんて……」

希「えりち~飲んで~?」ウルッ

絵里「わ、わかったわよ……」ゴクゴク

希「えりちだいすきー!」

絵里「……可愛い」ナデナデ

希「えへへ」

ことり(何この可愛い生き物……)

771: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 04:42:31.03 ID:4TlPdIpu0
真姫「にこちゃーんちゅーしよー!」チュー

にこ「あんたぁ~可愛いって言ってるでしょー?」チュー

花陽(……怖いよぉ……)

凛「皆ー素直でーいい子だにゃー!」ワイワイ

真姫「花陽ぉ……貴女いい唇してるわねぇ……」ハムッ

花陽「ま、真姫ちゃん……//」

真姫「花陽……舌出してー?」ペロッ

花陽「う、うん……」ペロリ

真姫「いただきまーす!」ピチャピチャ

真姫「花陽の……おいし……」ハムハム

花陽「うぅ……っ」

にこ「やれーやれー!」ワイワイ

凛「はぁ……はぁ……」モジモジ

772: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 04:53:47.87 ID:4TlPdIpu0
真姫「次~真姫ちゃんとキッスをするのは誰かなーっ?」

にこ「にっこにっこにー☆」プッ

穂乃果「にこちゃーんっ」アハハハ

海未「貴女って人は……」フフフ

希「なんやーにこっちかわいいでー!」

絵里「希の方が可愛い……」ナデナデ

花陽「はぅ……真姫ちゃんの唇……」

凛「うにゃぁ……なんだろこれ……」

ことり(……ことりは静観してよっと♪)

真姫「真姫ちゃんは>>773とキスするよっ~♪」

(キス相手りんぱな以外)

773: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/03(火) 05:46:35.13 ID:FPdokb2V0
ことり

776: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 09:22:52.95 ID:4TlPdIpu0
真姫「真姫ちゃんは……ことりちゃんとキスがしたい!」

ことり「ヒィッ!?」

ことり(ごめんね、ことりは逃げるよ!)ガシッ

ことり「え?」

穂乃果「ことりちゃ~ん真姫ちゃんとちゅーだよー?」

海未「一人だけ見てるのなんてズルいですよこ・と・り」ニッコリ

ことり「う、海未ちゃんの目が据わってるよぉ……んぐっ!?」

真姫「ことり、ことりのことずっと見ていたの……いただきます☆」チュッ

希「私もえりちとー」

絵里「はいはい、希」チュッ

花陽(希ちゃんのこんなの初めて聞いた……)

778: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 09:42:38.43 ID:4TlPdIpu0
――――――二分後――――――

ことり「うぅ……おやつのように食べられちゃったよぉ……」

ことり「お嫁にいけない……」シクシク

海未「大丈夫ですよ、ことり」

穂乃果「うんうん、穂乃果達がもらってあげるからっ!」

ことり「ありがとう……穂乃果ちゃん、海未ちゃん」

ことり「……真姫ちゃん穂乃果ちゃん以外にキスし回ってるね……」

花陽「真姫ちゃんにこれ言ったら恥ずかしくて死んじゃうんじゃ……」

ことり「言わないであげよう?」

花陽「うん……」

779: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 09:45:50.47 ID:4TlPdIpu0
海未「……絵里、勝負をしませんか?」

絵里「勝負……?」

海未「せっかく皆酔ってるんですし、私もほろよいです」

海未「だから、ゲームをしましょう?」

絵里「……言ってる意味がよくわからないわ」

希「えりちー勝つとこみたいー」ゴロゴロ

絵里「わかったわ、やりましょう」キリッ

海未「じゃあ……>>780で勝負です……!」

穂乃果「ファイトだよ! 海未ちゃん!」ヒシッ

780: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 09:46:43.27 ID:0HQjjhHqo
将棋

781: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 09:52:02.94 ID:4TlPdIpu0
海未「将棋で勝負をしましょう」

絵里「将棋!?」

海未「ふふ、逃げますか絵里?」

絵里「やるわよ……だって私には勝利の女神が付いているんだから」

希「がんばれーえりちー!」

海未「私にだって女神が……」

穂乃果「ことりちゃーんものもー!」ゴク

ことり「海未ちゃんの応援だよっ!」

海未「二人もいますから!」

782: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 09:55:25.70 ID:4TlPdIpu0
海未「精神が研ぎ澄まされますね……」パチッ

絵里「これが日本の伝統……」パチ

穂乃果「将棋の駒だー」ジャラジャラ

希「音なったらまけってやつ?」

ことり「山崩しだねっ」スー


海未「……終わりましたね……」

絵里「えぇ……終わったわ……」

花陽「勝ったのは……>>783!」

783: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 10:08:00.82 ID:NM/j3YlL0
かしこい!かわいい!エリーチカ!

784: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 10:18:51.40 ID:4TlPdIpu0
花陽「勝ったのは……絵里ちゃん!」

絵里「かしこい! かわいい! エリーチカ!」

希「かしこい! かわいい! ウチノエリーチカ!」

海未「何故です……何故……あそこで20が……!」ペキッ

穂乃果「回り将棋だから……海未ちゃん」ヨシヨシ

ことり「海未ちゃん運も結構無いからなぁ……」ヨシヨシ

海未「うううぅぅぅ……申し訳ありません……」

ことり「ちょっと席外すね~」ガラッ

785: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 10:36:50.44 ID:4TlPdIpu0
ことり「……ふぅ、疲れた……」トトッ

真姫「凛……」

凛「真姫ちゃん……はぁ……凛もうがまんできないよ……」

真姫「えぇ、来なさい、凛……」

凛「真姫ちゃんっ」チュッ

真姫「凛っ」チュッ

ことり(うわわ……なんか静かだと思ったら……)

ことり(二人とも長いよぉ……)

ことり(なんだかんだで良いカップルなのかな?)

ことり「ごゆっくり……」コソコソ

786: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 10:52:08.22 ID:4TlPdIpu0
ことり「……この旅行に来てからお母さんの様子が……」

ことり「ううん、そんなことないよね。うん」

「ぁっ……」

ことり「お母さんの声……? ここかな?」チラッ

ことり「!?」ササッ

ことり(どうしてお母さんが……それもお尻で……!?)

ことり(恍惚の表情だったなぁ……//)

ことり「ミナカッタコトニシヨウ」

ことり「ただいまー……」

絵里「わーことりが空を飛んでる~」

希「ほんとだー!」

穂乃果「ことりちゃんを撃ち落とせー!」

海未「ラブアローシュート!」ピョン

ことり「ルパンダイb……ゲホッ」

787: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 11:01:28.60 ID:4TlPdIpu0
海未「まるでことりに翼が生えているようです……」

ことり「う、海未ちゃん?」

海未「あぁ、私の天使ですね……?」

ことり「完全に出来上がってる……よね?」

海未「そう、ことりはいつも見守ってくれていました……」

海未「私は……その心に……見惚れていたんです……」

海未「だから……ことり……その……」

ことり「う、海未ちゃん……」

海未「……ぐぅ」

ことり「……………………ばか」

788: ◆S54RkZf7aI 2014/06/03(火) 11:18:31.89 ID:4TlPdIpu0
       /   . : : : : : : : : : : : : : : : :丶、 : : : : : : : : : : ヽ
      /  /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : : : : ',
.     /  . : : : : :/ : : : : : : : :丶: : : : : : : : :\ : : : : : : : : l
     /  . : : : :/ : : : : : : ハ :}: : : :\ : : : : : : : :ヽ: : : : : : : |
.    /  : : : : / : : : : : : : :/ :}::|\: : : :\ : : : : : : : ' : : : : : : |
.    ,' ::/ :/ : / : : : : : : : :/ :j::j  丶、: :::ヽ: : : : : : : ', : : : : : |
   l :,' : ,' : ,' : : : : : : : :/  /:/ ____ ` ー-ヘ, : : : : : :| : : : : : ト、
   |::{: ::| : :|: : : /: : :/  /:/´    `    ii : : : ::::| : : : : : {: :\
   |::{: ::| : :|: : :ム彡'   /    __      ii : : : ::::}\ : : : : : : : ヽ
   |ハ八:.::|:.::〈   __、     'ィ≠=ミx、 リ: : : .:::ハ : :ヽ : : : : : : :}
   {  ',: :\:.:.:::. 'ィ¬ミ           / : : .:::イ^}: : : : : : : : : :リ   今日はここまでです。お疲れ様です。
      ヽ  \:ム          :.:::::.:/イノ:/ノ / : : : : : : : : : :厂~ユ_
        \   ハ :::::.: 、        彡イ:::::|-く : : : : : : : : : )ノ ⌒ヽ 》
          /.:ハ          ,       }:::l:|  ∨__ : : : __/\ \]′
            /.:::::人    /^「 ¨´       /}从   マ  ̄/  }   \人
         {ハ::/   ` ‐| |      .    V     \/  丿   /:\\
           :{   r‐、 | 「`   -<ヽ         └-r勺⌒´ : : : :\\
              rーミ  | |      ヽ/  . -‐       ∨ ヽ : : : : : : : :ヽ :\
              __「^ヽ、`  |       //             '.  Vl : : : : : : : ', : :\
             ト、`ヽ     }    ≠⌒弋ト ..__           '. :}:l : : : : : : : : :l : : : ヽ
              `〉      /  / ) 「 ̄ヽく \       ∨}::l : : : : : : : :│: : : : ヽ
          /      /  /  (_ノ  __」 `┐丶、  _,ノ^}::l : : : : : : : : | : : : : : : ',
          /    /  └┐/ /   {    ゙⌒Z__ ̄{  ハ,' : : : : : : : : : :| : : : : : : : ,
.           ′   ,     __」   /    \__ト、   {⌒Y⌒V:/ : : : : : : : : :| : : : : : : : l
.         }    ′ /〔_, /          /つ  }  ', /:/: : : : : : : : : ,': : : : : : : :│
.          |    | /     )/         / (,__r┤ _/:/ : : : : : : : : :∧ : : : : : : :│
        │   |      /         /  ノ   ̄ / : : : : : : : : : : / } : : : : : : : |

794: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 03:29:42.55 ID:yk/WJ+L50
希「酔いが醒めたわぁ……」

絵里ち「……希怖い」ヒシッ

亜里沙「雪穂怖い……」

雪穂「……お化け?」

亜里沙「うん……」

希「……絵里ちなんで、スモック着てるん?」

絵里ち「……希とくっつきたいから」ヒシシッ

亜里沙「希さん、一緒に寝てくれませんか……?」

希「えぇけど……」チラッ

雪穂「あ、私は亜里沙の隣でいいので」

希「……じゃあねよか?」

絵里ち「希、ありがとうチカ」

希「チカチカ言えばいいってわけやないよ? ……いいけど」

795: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 03:33:02.26 ID:yk/WJ+L50
希「これが両手に花かなぁ……薔薇かもしれんなぁ」

絵里ち「ふふ……希と寝れて嬉しいっ」

希「……まだ酔ってるん?」

絵里ち「私はいつでも希に酔っているチカ」

希「その語尾がなければ信じられるんやけどなぁ」

亜里沙「希さん、温かいです……」

雪穂「亜里沙ー私も居るんだからね?」

亜里沙「うん、ありがとう雪穂」

希「ウチもててるなぁ」

絵里ち「えへへ」

亜里沙「うふふ」

雪穂「……むー」

796: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 03:35:58.96 ID:yk/WJ+L50
花陽「あ、海未ちゃんどうします?」

ことり「……知りません。布団でもかけておきます」パサッ

花陽(一応かけてあげるんだ……)

海未「スー」

穂乃果「んー! まだ夜は長いから遊ぼっか!」

ことり「そうだね、穂乃果ちゃんっ!」

ことり(凛ちゃんと真姫ちゃんはずっとちゅーしてるし……別の部屋だから気にしない……)

ことり「花陽ちゃんは何がしたいかな?」

花陽「私は……>>797がしたいです!」

797: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 03:38:32.20 ID:YIRtqSeuO
海未ちゃんの寝込みを襲撃

798: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 03:49:23.61 ID:yk/WJ+L50
花陽「私は……海未ちゃんの寝込みを襲撃したいです!」

穂乃果「わふー! 襲撃だー!」

ことり「……花陽ちゃんそれ本気……? 酔ってないよね?」

花陽「……ことりちゃん? せっかくもう少しだったのに……イライラしないの?」ボソ

ことり「何のことかわからないなぁ」

花陽「その顔ゆがんでるよ?」

ことり「……っ」

花陽「私もね、新しいカップリングを見たいの」

ことり(そういえばやけにこだわっていたような……)

花陽「だから、スピリチュアルに行こう?」

花陽「スピリチュアルは明日への活力だよ!」

ことり「! 頑張ってみるよ!」

799: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 03:52:07.29 ID:yk/WJ+L50
ことり「海未ちゃん……私のプライドだってちょっとは傷がついたんだからね!」コショコショ

穂乃果「ほのか の のしかかり!」ドシーン

海未「うーん……」

花陽「こうか は いまひとつだ!」

穂乃果「海未ちゃんをころがす!」ゴロゴロ

花陽「効いてる効いてる!」

ことり「とどめっ! 海未ちゃん起きろーっ!」ペシペシ


海未の行動>>800

800: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/06(金) 03:55:54.58 ID:LkP9FpbF0
穂乃果のほうを向いてチュウの仕草のまま目をつぶってる

801: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:01:18.47 ID:yk/WJ+L50
海未「うぅ……」ムチュ

穂乃果「……え? 海未ちゃんがちゅーを待ってる……?」

花陽「……なんでしょう」

ことり「……イラッとしてるんだけど、花陽ちゃん」

花陽「怒らないだけいいけど……」チラッ

海未「んー」

ことり「どうしよっか……?」

穂乃果「このままちゅーしちゃう……?」

誰がちゅーしますか?それともしませんか? >>802

802: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 04:02:32.89 ID:dJ4Ci4j8O
もちろんほのかがする

804: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:08:24.93 ID:yk/WJ+L50
穂乃果「うん、しちゃおう……」

ことり「花陽ちゃんちょっと離れておこっか」

花陽「そうだね……あ、触ってる」

穂乃果「……海未ちゃんの唇柔らかい……」プニプニ

穂乃果「……いただきます」

チュッ

穂乃果「!?」

海未「捕まえましたよ穂乃果」ギュッッッッ

穂乃果「うみちゃっ……」

チュゥゥゥゥゥゥッ

海未「あぁ、愛しの穂乃果穂乃果穂乃果!」

ことり「……いつもの海未ちゃんかも」

花陽「……大変だねことりちゃん」

ことり「そのねぎらい、あんまり嬉しくないかも……はぁ」

806: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:10:53.26 ID:yk/WJ+L50
穂乃果「え!? 二人とも待って!?」

ことり「あ、花陽ちゃん。私と一緒にあっちで寝ようね」

花陽「うん……ことり……お姉ちゃん」

ことり「……いい妹ができちゃったな」ナデナデ

花陽「はぅ……くすぐったいです」ガラッ

ことり「続きはあっちでね……」パタン


穂乃果「ちょ、二人とも!」

海未「さて、気を利かせてくれましたし愛しあいましょう?」

穂乃果「ほ、穂乃果は今日疲れちゃったかなー?」

海未「では、濃厚な一回を」

穂乃果「ダレカタスケテー!」

807: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:14:55.96 ID:yk/WJ+L50
にこ「……目が覚めたら……」

真姫「んっ……凛っ……」

凛「真姫ちゃぁんっ……」

にこ(とりあえずこのちゅっちゅゾーンから抜けましょ)

にこ(さて、にこはどうしよう……?)

にこ「っていうか完全に忘れられてたわよね……」

にこの行動>>808

808: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 04:19:01.37 ID:HyGlQj/FO
まきりんに混ざろう

810: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:23:10.80 ID:yk/WJ+L50
にこ「……なんか私もちゅーしたいな……」

にこ「ねぇ、真姫ちゃん」

真姫「んー?」

にこ「そ、その……にこにもチューして欲しいんだけど……ダメ?」

真姫「…………」ジー

にこ「べ、別にだめなら……」

真姫「ダメじゃない。にこちゃん大好き」チュッ

にこ「ふええぇっ!? ま、真姫ちゃん……」

凛「凛も凛もーっ!」チュッ

にこ「あ、あんた達……」

真姫「にこちゃんからは……?」ウルッ

凛「してくれないの……?」ウルルッ

にこ「わかったわよ! にこのスペシャルキステクニックを見せてあげるわ!」

811: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:28:08.56 ID:yk/WJ+L50
――――――30分後――――――

にこ「むぅ……私へのキスが10回、凛へのキスが30回……」

にこ「凛ちゃんばっかりずるいニコ、にこもチュウしたいのにぃぃ!」

真姫「……にこちゃん」

にこ「な、なによ?」

真姫「……壊れちゃっても知らないからね?」パァ

にこ「な、なにを……んぐっ!?」

真姫「はぁ……にこちゃんの可愛い舌美味ひい」チュッ

凛「あーずるいにゃー! 凛もいただきます!」ペロ

にこ「ま、いき……がっ……///」

真姫「終わらないパーティ……」チュゥゥ

凛「はじめるにゃー!」ペロ

812: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:31:30.79 ID:yk/WJ+L50
――――――――――――

絵里ち「のぞみ~●●●●……」

希「あかんなぁ……」

亜里沙「雪穂……怖いよぉ」

雪穂「あーはいはい、よしよし」

希「なにか話そっか……眠くなるまで」

希「話題は>>813や」

813: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/06(金) 04:33:02.89 ID:LkP9FpbF0
ウチの小さい頃の話

814: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:42:41.37 ID:yk/WJ+L50
希「ウチの昔話しでもしよっか……」

希「っていっても楽しいかなぁ……」

絵里ち「わくわく」

亜里沙「わくわく」

雪穂「わくわく」

希「しゃぁないなぁ……」

希「ウチはな、ずっと一人だったんよ」

そう、今みたいな性格でもないし。どこからどう見ても内気やった。

静かに本を読んで、誰とも喋らず家に帰って、お父さんとお母さんを待つことだけやった。

一人の夜は怖かった。悲しいし寂しい。でも誰にも言えんかったんや。

言う相手がいないんや、しかたないやろ?

だから、絵里ちに会えた時嬉しかったんよ。ようやく、本当に喋れる人が居て。

絵里ち、嘘つかんから……ウチは大好きなんや……

815: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:45:37.83 ID:yk/WJ+L50
亜里沙「スー」

雪穂「すやすや……」

希「……寝ちゃったか。ウチも眠くなってきたし……」

絵里「希」

希「起きてたん?」

絵里「希、ありがとう。私も希のことが大好きよ」

希「……嬉しくて死んじゃいそうや」

絵里「素直な希……今日くらいは甘えてね?」

希「うん……ありがと絵里ち」




亜里沙(うぅ、目が覚めちゃった……トイレ行きたい……怖いよぉ……)

816: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 04:53:10.33 ID:yk/WJ+L50
――――――――――――

ことり「花陽ちゃんさ、凛ちゃんどう思う?」

花陽「凛ちゃんは花陽をずっと引っ張っていってくれたから……」

ことり「うん」

花陽「だから、私はもっと頑張って一人でも何かできるようになりたい」

ことり「ちょっと酷だけど、凛ちゃんと真姫ちゃん。キスしあってるんだよ?」

花陽「複雑だけど、凛ちゃんが幸せならいいかな。真姫ちゃんのことも好きだから」

ことり「私も穂乃果ちゃんと海未ちゃん、どっちも好き」

ことり「だから、ちょっとドキっとしちゃったさっき」

花陽「うん、わかるよ。ことりちゃん」

ことり「……この話やめよっか」

ことり「じゃあぶっちゃけトークで>>817話そう!」

817: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 04:54:29.37 ID:mkYrUZxx0
同性愛について

818: ◆S54RkZf7aI 2014/06/06(金) 05:02:31.62 ID:yk/WJ+L50
ことり「同性愛についてどう思う?」

花陽「……普通じゃない?」

ことり「だよね~」

花陽「そういう気持ちが向けられていたら、好意ってだけで花陽は嬉しい」

ことり「うん。ことりも嬉しいかな」

花陽「私達は賛成だよね」

ことり「うん」

花陽「結ばれたい人……いる?」

ことり「……うん。花陽ちゃんは?」

花陽「……うん。私も居るんだ」

ことり「そっか、叶うといいね」

花陽「……ことりちゃんもね」

824: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 03:10:11.50 ID:JALWuyz40
――――――早朝――――――

亜里沙「雪穂……雪穂……」ヒソヒソ

雪穂「ん~? なぁに亜里沙……」

亜里沙「ごめん……夜怖くて……おねしょしちゃった……」

雪穂「……ハラショー」

雪穂「じゃなくって、とりあえず片付けるよ」

亜里沙「ごめん、雪穂……」

雪穂「うぅん、気にしなくていいよ」

雪穂(驚かせすぎちゃったしね)

825: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 03:17:25.19 ID:JALWuyz40
亜里沙「うぅ……なにか恩返しさせてよ……」

雪穂「そうだなぁ……」

雪穂「●●●が食べたいな」

亜里沙「●●●って……?」

雪穂「……真姫さんに聞いてくる」タタッ

――――――3分後――――――

雪穂「絵里さんと仲睦まじく何かを作ることなんだって」

亜里沙「うん! 頑張ってみる!」ベタベタ

雪穂「亜里沙、くっつきすぎだよ?」

826: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 03:19:35.86 ID:JALWuyz40
亜里沙「お姉ちゃん、一緒になにかつくろう?」

絵里「亜里沙がそういうこと言うのは珍しいわね」

亜里沙「雪穂に食べてもらいたくって」

絵里「ん、いいわよ。何を作る?」

亜里沙「うーん……>>826を作りたいな!」

絵里「ハラショー! きっと喜ぶわ」ナデナデ

亜里沙「えへへ」

828: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 03:28:28.36 ID:7S5B0bMDO
まぐろ山かけ丼

829: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 03:37:53.28 ID:JALWuyz40
亜里沙「まぐろ山かけ丼を作りたいな!」

絵里「ハラショー!」

亜里沙「まずはとろろいもを……すって……」

絵里「へぇ、マグロはぶつ切りなのね」ドンドン

亜里沙「雪穂に……プレゼントするんだっ!」シュッシュッ

絵里「亜里沙のために頑張るわ」

――――――――――――

雪穂「美味しいよ! 亜里沙ありがと!」モグモグ

海未「これは美味しいですね」パクパク

亜里沙「雪穂に喜んでもらえてよかった!」

絵里「なんでシレっと海未がいるのよ?」

海未「いい匂いがしたので」

絵里「そ……」

830: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 03:47:06.79 ID:JALWuyz40
理事長「ごめんね、ことり!」

ことり「……貴女とは縁を切りたいんですけど……」

理事長「ごめんなさい! 心を入れ替えたから!」

ことり「ふぅん……」

理事長「一緒に御飯作らない……? 親子丼なんだけど……」

理事長「穂乃果ちゃんが食べたいって……」

ことり「わかった、お母さん」

――――――――――――

穂乃果「美味しい! ことりちゃんありがとっ!」パクリ

真姫「味付けもまぁまぁね」

理事長「西木野さんまで呼んだかしら……?」

ことり「私は構わないけどね」

831: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 03:51:10.69 ID:JALWuyz40
希「花陽ちゃん、おはよ」

花陽「おはよ、希ちゃん」

希「お米が美味しい親子丼があるんやって」

花陽「お米……! 食べたいです!」

希「ほな、いこかー!」


希「……花陽ちゃん眼が赤いけど大丈夫?」

花陽「あはは……」

希「前の時もそうやったけど……花陽ちゃん。悩み有るん?」

花陽「実は……>>832に悩んでるんです……」

832: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/07(土) 03:54:07.03 ID:Tc2AkCZO0
凛ちゃんが最近抱きついてこないこと

833: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 04:00:35.52 ID:JALWuyz40
花陽「凛ちゃんが最近抱きついてこないんです……」

希「凛ちゃんかぁ……」

花陽「最近真姫ちゃんと一緒だからかなぁ……」

希「やっぱり寂しい?」

花陽「うん……ずっと一緒に居たから……急にいなくなっちゃうみたいで……」

希「でもね、花陽ちゃん」

希「凛ちゃんは花陽ちゃんが嫌いになったわけじゃないと思うよ?」

花陽「そう……かなぁ」

希「凛ちゃんはそんな人やないって。ウチが証明したげるよ」ナデナデ

花陽「ありがと……希ちゃん」

希「さ、美味しい親子丼を食べるでー!」

花陽「おー!」

834: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 04:06:12.06 ID:JALWuyz40
真姫「さて、親子丼ちょっと食べたし凛を起こすかな……」

真姫「凛、いつまで寝てるのよ」

凛「うぅん……真姫ちゃんちゅー……」

真姫「どんな夢見てるんだか……」カミノケクルクル

凛「うん……真姫ちゃん……」

真姫「他人丼が食べたくなったから行くわよ!」

凛「突然だにゃー……」ゴシゴシ



真姫「……結構美味しいわね」

凛「凛は感動してるにゃ」

真姫「何に? 美味しさ?」

凛「食卓にお魚がないにゃー!」ピョンピョン

真姫(確かに)

835: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 04:10:12.89 ID:JALWuyz40
にこ「……また出遅れた?」

にこ「起きたら凛もいないし」

にこ「真姫ちゃんもいない……」

にこ「なにしようか……」

行動>>836

836: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 04:21:41.54 ID:oJxYdEKxo
希をさそって朝風呂

837: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 04:28:39.11 ID:JALWuyz40
にこ「希でも誘って朝風呂でも入ろうかな」

にこ「希ー! あ、花陽も居る」

希「にこっちおはよー!」

花陽「にこちゃんおはよ!」

にこ「花陽、元気ね? 何かあったの?」

花陽「ううん、希ちゃんと話してただけだよ?」

にこ「そっか、花陽もお風呂行く?」

花陽「私はちょっと準備するから、希ちゃんと行ってきて」ニコッ

にこ「ん、ありがと」

希「さてさて~にこっちの発育はどうかなぁ?」

にこ「オヤジ臭いわよ希」

838: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 04:34:34.59 ID:JALWuyz40
希「ん~誰もいないしスピリチュアルやわ~」

にこ「何よ、霊でも見えるの?」

希「ん? 見えとるよ?」

にこ「はいはい、だまされないわよ」

希「にこっちの肩に手が……!」

にこ「ひぃっ!?」

希「嘘やって、にゃはは」

にこ「あんったねぇ……!」

希「それで、にこっちどうしたん?」

にこ「にこはね、>>839を聞こうと思ったのよ」

839: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 04:44:14.38 ID:mnCg6RmJO
真姫ちゃんのことが好きだから旅行中に素敵な告白できるスピリチュアルなばしょ

840: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 04:51:44.86 ID:JALWuyz40
にこ「あのさ……」

希「んー?」

にこ「にこは真姫ちゃんにことが好きだから……」

にこ「旅行中に告白できるスピリチュアルな場所……教えて欲しいんだけど」

希「……決まってる場所が一個だけ有るかなぁ……」

にこ「どこよそれ……」

希「出雲大社や」

希「元々出雲大社には大きなスピリチュアルパワーが有る」

希「アルパカに爆破さえされなければなぁ」

にこ「そんなこともあったわね……」

希「今、隕石も落ちてくるらしいし……出雲大社が賢明だと思うんよ」

にこ「うん。そうする……」

希「頑張って、にこっち」

841: ◆S54RkZf7aI 2014/06/07(土) 04:56:24.88 ID:JALWuyz40
お疲れ様です。安価を消化したので、次は出雲大社にようやく行きます。にこにー事件系は出雲大社で。

出雲大社関連はストックされています。出雲大社ですること、起こること、何かあったらどうぞ。

>>842~帰ってくるまで。追伸:励ましの言葉や、安価等色々有り難うございます。とても楽しいです。

842: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 05:01:08.10 ID:mnCg6RmJO
お疲れ様です! 安価は隕石が落ちる前に真姫ちゃんに告白して最後の時までいっしょだよって台詞をいってもらいたい

858: ◆S54RkZf7aI 2014/06/09(月) 03:54:01.39 ID:P9wgEJzN0
希「さて、皆揃ったかな―!?」

絵里「いるわよ」

穂乃果「いやぁ今日も日差しが暑いっ!」

海未「穂乃果、日焼けしますよ?」

真姫「凛、行くわよ」

凛「わかったにゃー!」

にこ「日光で……にこっ☆」



ことり「花陽ちゃん、行こう?」

花陽「うん……」

859: ◆S54RkZf7aI 2014/06/09(月) 04:00:32.26 ID:P9wgEJzN0
凛「ねぇねぇ! みんな! 凛は東洋一のラーメン橋を見たいにゃ!」

真姫「いいんじゃない? 記念になると思うわ」

希「そやなぁ、行ってみるんもええかな?」

絵里「希が行きたいならついていくわよ」ニコッ

穂乃果「穂乃果も見たーい!」

にこ「どんなものか興味が有るわね。PVも少し考えるわ」

海未「私も作詞のインスピレーションが湧いてくるかもしれません」


ことり「花陽ちゃん、手をつないでもいい?」スッ

花陽「ありがと、ことりちゃん」ギュッ

860: ◆S54RkZf7aI 2014/06/09(月) 04:06:05.51 ID:P9wgEJzN0
凛「ど、どういうことにゃ……!?」

真姫「どうしたのよ凛」

凛「ラーメン橋って……ラーメン屋さんが沢山並んでいる橋じゃないの!?」

真姫「そんなわけないでしょ」ハァ

希「なんか橋の作り方が違うみたいやな」

絵里「どこで知ったの?」

希「んー本に書いてあった気がするなぁ」

穂乃果「うわぁ……坂凄いね……」

海未「これは……山頂アタックです!」

穂乃果「!?」

凛「!?」ビクッ

海未「私と一緒に徒歩で! 登って行きましょう!」

にこ「にこは、めんどうくs」

海未「ダメです! 行きましょう!」ズルズル


ことり「海未ちゃんキラキラしてる……」

花陽「あはは、こうなったら止められないね」

861: ◆S54RkZf7aI 2014/06/09(月) 04:22:32.85 ID:P9wgEJzN0
希「ようやく……ようやく出雲大社についた感じやな!」バン

絵里「希、気合入ってるわね」

希「スピリチュアルにあふれているのはいいことなんよ?」ニコニコ

絵里「そう、よかったわね本当に」


花陽「ことりちゃん大丈夫?」

ことり「何が?」

花陽「……好きなんじゃないの? 海未ちゃんのこと」

ことり「……うん。多分好きだよ」

花陽「行ってきて、ことりちゃん。私も頑張るから」

ことり「花陽ちゃんも……頑張ってね!」

花陽「……うん!」


凛「真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん~」スリスリ

真姫「全く何よー!」チョップ

にこ「あんたたちは……」


海未「……穂乃果、貴女はことりをどう想いますか?」

穂乃果「海未ちゃんのことはもちろん大好き!」

穂乃果「ことりちゃんは……>>862かな」

862: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/09(月) 04:28:16.65 ID:dQ8vk7hio
海未ちゃんとおなじくらい大切な人

863: ◆S54RkZf7aI 2014/06/09(月) 04:42:34.89 ID:P9wgEJzN0
穂乃果「海未ちゃんと同じくらい大切な人……かな」

海未「穂乃果……そうですね……私もそうです……」

ことり「海未ちゃん、穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ことりちゃんっ!」

海未「ことり!」

ことり「一緒に出雲大社は行動しようねっ♪」スッ

海未(……手を握って欲しいのでしょうか)

海未(穂乃果には見えないように……私だけに……? まさか……)

穂乃果「ことりちゃんと行動出来て嬉しいね海未ちゃん!」ダキッ

海未「ほほほほ、穂乃果!?」

穂乃果「ほっぺたやらかい~」スリスリ

海未「」プシュー

867: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 02:29:29.77 ID:Ih8wXSea0
希「まずは善哉でも食べよか?」

絵里「ぜんざい?」

にこ「あんたほんっとに知らないのね」

希「あんこと白玉団子のコラボレーションやよ?」

絵里「ハラショー」

にこ「ちなみに出雲が発祥の地とも言われているのよ」

希「にこっち博識やなー」

にこ「ふふん、なめるんじゃないわよ」ドヤ

868: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 02:33:39.88 ID:Ih8wXSea0
真姫「ほら、凛! ラーメンは食べれなかったけど善哉を食べるわよ?」

凛「しょうがないにゃあ……」

花陽「凛ちゃんが猫化してる……」

凛「あ、かよちん! ことりちゃんと話してたと思ってた!」

花陽「あはは……」

真姫「花陽? なんか体調悪そうだけど大丈夫?」

凛「かーよちん?」

花陽「う……」

花陽(話す内容……>>869にしよう)

869: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/10(火) 02:37:04.17 ID:r2XovaJk0
最近凛ちゃんがかまってくれなくて寂しい

870: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 02:52:51.36 ID:Ih8wXSea0
花陽「最近ちょっと……凛ちゃんがかまってくれなくて寂しい」

凛「? 凛はいっつもかよちんと居るはずなんだけど……」

真姫(……あぁ、気づいてないのね凛)

花陽「でも、最近真姫ちゃんと一緒にいるっていうか……」

凛「確かに昨日は……あれ?」

真姫「昨日は……うん……」

凛「覚えてないにゃ……」

花陽「そう……なんだ」

凛「ひょっとして凛かよちんにひどいことしちゃった!?」

花陽「ううん。大丈夫だよ凛ちゃん」

871: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 02:56:18.21 ID:Ih8wXSea0
真姫「はぁ……」チュッ

凛「なななな、なにするにゃ!?」

真姫「あ、ごめん……目の前に居たからつい……」

花陽「真姫ちゃん……!?」

真姫「ごめん花陽。そういうのじゃないからさ」

真姫「にこちゃんの方、行くから」

凛「真姫ちゃん……」

花陽「どうしてか……わかんないよ……」

凛「とりあえず……かよちん、ぜんざい食べよっか」

花陽「うんっ、いただきます」

872: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 03:09:20.82 ID:Ih8wXSea0
希「せっかくやし、出雲蕎麦も食べよう!」

真姫「ま、いいんじゃない」

絵里「あら、こっちに来たのね」

にこ「どうしたのよ?」

真姫「……ちょっとね。色々花陽には迷惑かけちゃったから」

にこ「ふぅん、あんたちょっと来なさい」グイッ

真姫「ヴェエエ!?」


絵里「行ったわね……希?」

希「はぁ……はぁ……」

絵里「大丈夫?」

希「大丈夫や……」


にこ「あんた、顔が暗いけどどうしたの?」

真姫「実は……>>874だったのよ……」


874: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/10(火) 03:18:38.20 ID:zJ4NfnFt0
花陽と凛が遠くに行っちゃいそうなの・・・結局私は一人

875: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 03:27:10.71 ID:Ih8wXSea0
真姫「実はね……花陽と凛が遠くに行っちゃいそうなの……結局私は一人」

真姫「でもね、仕方ないの。これが私の……西木野真姫の生き方だから」

にこ「ねぇ、真姫ちゃん。じゃあどうして泣いてるのよ」

真姫「泣いてっ……なんかっ……!」

にこ「バカね、これだから甘え方を知らない子は手が焼けるわ」ギュッ

真姫「にこ……ちゃん……」

にこ「甘えたいときは甘えなさい。これでもにこはお姉さんなんだから」

真姫「にこちゃん……うわあああああんっ」

真姫「ずっと怖かった……もっと素直になれればっ……!」

にこ「にこが近くにいるから安心して。あんたは一人じゃないのよ」ナデナデ

真姫「うん……ありがと……」

876: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 03:30:27.13 ID:Ih8wXSea0
にこ「さ、出雲蕎麦も伸びちゃうし食べるわよ」

真姫「わかった……」

にこ「きゅーに素直になっちゃって可愛いわねー!」

真姫「ちょっとくらい弱気になったっていいじゃない……」

にこ「あ、前から聞きたかったんだけどさ」

真姫「何よ」

にこ「なんで私だけ呼び捨てじゃなくて『ちゃん』づけなの?」

真姫「あっ……なんとなくよ!」

にこ「ほんとかな~?」ニヨニヨ

真姫「もうー! 聞かないで!」バシバシ

877: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 03:35:21.53 ID:Ih8wXSea0
凛「出雲蕎麦美味しいにゃー!」

花陽「そうだね、凛ちゃんっ」

凛「かよちん嬉しそうだねー!」

花陽「やっぱり久々な気がして」

凛「真姫ちゃん大丈夫そうだしよかったね!」

花陽「うんっ!」

凛「かよちんに聞きたいことあったにゃー!」

花陽「何が聞きたいの?」

凛「>>878にゃ!」

878: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/10(火) 04:03:10.29 ID:zJ4NfnFt0
かよちんが不安や寂しくならない様にするにはどうしたらいいかにゃ?

879: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 04:18:40.35 ID:Ih8wXSea0
凛「かよちんが不安や寂しくならない様にするにはどうしたらいいかにゃ?」

花陽「えっ……」

凛「だって、いつもかよちん不安そうなんだもん」

花陽「そんなこと……ないよ」モジモジ

凛「また嘘ついた」

花陽「うぅ……」

凛「ダメだよ? かよちんはすぐ仕草に出ちゃうんだから」

花陽「私は……凛ちゃんがいつも一緒にいてくれればいいなって」

花陽「でも、甘えすぎないほうがいいとも思うんだ」

凛「かよちん、難しく考え過ぎだにゃ」

凛「シンプルの方がかよちんは可愛いよ」

花陽「あ、ありがとう!」パァ

凛「わんこそばを食べるよー!」

花陽「うんっ♪」

884: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 11:47:23.39 ID:Ih8wXSea0
穂乃果「さって私達も食べるよー!」ズルズル

海未「こら、穂乃果! 食べながら喋るんじゃありません!」

穂乃果「う~海未ちゃんお母さんみたいだよぉ!」

ことり「あはは、穂乃果ちゃんらしいかも♪」

海未「ことりもそうやって穂乃果を甘やかしてはいけません!」

ことり「はーいっ♪ 海未ちゃんっ!」ギュッ

海未「たた、食べてる最中にくっつかないでください!」

穂乃果「む~ことりちゃん! 行儀悪いよ!」

海未「穂乃果がそれを言いますか……」

ことり「えへへ、ごめんねっ」

海未(やはり……ことりは……自意識過剰かもしれないですが……)

ことり(うん、今日で……今日だけ……!)

885: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 11:56:20.21 ID:Ih8wXSea0
希「やっと……出雲大社や……! まずは点呼取るでー!」

穂乃果「1!」

ことり「2!」

海未「3!」

真姫「4!」

凛「5!」

花陽「6!」

にこ「7!」

希「8!」

絵里「9!」

希「μ’s! ミュージック……」

絵里「ライブやるの?」

希「ノリでつい……たはは」

穂乃果「知名度も上がるしいいかもねっ」

希「まずはおみくじでもひこっか!」

にこ「気合入ってるわね」

886: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:04:09.79 ID:Ih8wXSea0
希「…………」

絵里「あ、私大吉だったわ~」

にこ「にこも~にっこにこの~大吉!」

真姫「やった! 大吉!」

花陽「真姫ちゃんもおみくじ信じてるんだね、中吉か~」

凛「……てやっ! 大吉! 真姫ちゃんとおそろいだにゃー!」

花陽(うぅ…・ここでも)

穂乃果「よーっし! 大吉大吉!」

ことり「あ、ことりは末吉だったよ!」

海未「皆さん、運がいいですね。……あり吉?」

絵里「希は?」

希「嘘やろ……? ウチが大凶……?」

絵里「ほ、ほらおみくじだし……」

希「う、うん……」

887: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:18:30.50 ID:Ih8wXSea0
希「つ、次は鏡池の占いでも……」

絵里「なにそれは?」

にこ「占い用紙を買ってその上に10円もしくは100円を乗せてしずめるのよ」

海未「沈む時間が良縁までの中だそうです」

ことり「沈んだ場所がその人との距離なんだって」

穂乃果「ほぇ~穂乃果やるー!」

凛「凛もやるー!」

花陽(怖いなぁ……)

真姫「面白そうね」

888: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:21:45.81 ID:Ih8wXSea0
――――――沈み中――――――

希「……ウチだけなんか遠くない?」

絵里「そ、そんなことないわよ?」

真姫「あ、私の皆遠ざかった……」

にこ「にこのも真姫ちゃんに寄り添ってる……?」

凛「凛はかよちんと真姫ちゃんの間だにゃ!」

花陽「ことりちゃんとも近いかなぁ」

ことり「海未ちゃんと穂乃果ちゃん近いね……」

穂乃果「穂乃果のは沈んでるけどねっ♪」

海未「あの、すいません。これってすぐ沈むんですよね?」

海未「私のだけ非常に丈夫のようで沈まないんですが……」

ことり「あはは……」

889: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:25:11.86 ID:Ih8wXSea0
海未「またあとで来ます……」

穂乃果「海未ちゃんまだ沈まないんだね……」

穂乃果「穂乃果あっちいくー!」タタッッ

海未「待ちなさい穂乃果!」

ことり「……あれ? あの注連縄……」

ことり「お母さん……?」

ことり行動>>890

890: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/10(火) 12:28:43.11 ID:j8vze5/DO
助走つけてドロップキック

891: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:33:54.75 ID:Ih8wXSea0
あれは注連縄だ。即座に判断した。

ここからは約50mの距離。誰よりも早く、走る奔る疾走る――――!

回転をつけキリモミ状に回りながらひねりこむ!

さながら猛禽類のようなその眼光は「ことり」という名前が謙虚に見えるほどだ。

綺麗に整った両足裏は見事に注連縄にジャストミートしてその縄を揺らした。

しかし……なぜだ――ッッ!

「ダメージがない……!」

ことりは驚愕した。渾身のドロップキックが弾かれてしまったのだから。

892: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:38:23.30 ID:Ih8wXSea0
にこ「なにやってんのよことりは」

真姫「わかんない。にこちゃん。私達も少し回ろう?」

にこ「真姫ちゃんから誘ってくれるなんて珍しいわね」

真姫「……じゃあ私一人で回るわよ」

にこ「わわ、冗談だって!」

真姫「ねぇ、にこちゃん。隕石が落ちてくる前にさ……」

にこ「そういえば今日だったわね」

真姫「うん……だからちょっとくらいいいでしょ」ギュッ

にこ「しょーがないわねぇ-!」ギュッ

893: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:42:36.31 ID:Ih8wXSea0
雪穂「……人少ないね?」

亜里沙「今日はなんかテレビの影響じゃない?」

雪穂「私達もこういう日にここに来るなんてね」

亜里沙「ハラショー! でも見ておきたくって!」

雪穂「亜里沙は好きだなぁ」

亜里沙「何が?」

雪穂「ううん、なん……でも?」

雪穂「あの光ってるの……こっちに!?」

亜里沙「あ…………」



にこ「あんた達! 伏せなさい!」

真姫「にこちゃん!?」


――――――――カッ

894: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:47:06.99 ID:Ih8wXSea0
雪穂「つつ……亜里沙大丈夫?」

亜里沙「ゆ、雪穂……にこさんが……にこさんが……!」

にこ「けほ……ごほっ……」

真姫「何よ……どうなってるのよ!」

雪穂「血だ……」

亜里沙「あ、亜里沙のせいで……亜里沙が……」

真姫「そんなことはどうでもいいのよ!」

真姫「にこちゃん! にこちゃん!」

にこ「かすり傷よ……これくらい……」

真姫「何言ってんのよ! もうぼろぼろじゃない!」

真姫「ほ、ほらドッキリでしょ! 早く看板出しなさいよ!」

にこ「真姫ちゃん……聞いて」

にこ「真姫ちゃん……にこと最後の時まで一緒にいてね……」ガクッ

真姫「嫌よ……そんなの嫌よ! にこちゃあああああああああん!」

895: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:48:46.22 ID:Ih8wXSea0
亜里沙「亜里沙が……亜里沙を守ってにこさんは……」

雪穂「亜里沙……」

真姫「早く戻って来なさいよ!」

真姫「……はやくっ……」

真姫「ひぐっ……」

真姫「にこちゃん! >>896」

896: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/10(火) 12:50:17.39 ID:HQJK4XyQO
人工呼吸よ!

897: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 12:54:07.71 ID:Ih8wXSea0
真姫「人工呼吸よ!」スーハースーハー

真姫「お願いだからっ……戻ってきてよぉ!」

真姫「うぅ……にこちゃん……」グス

真姫「……白兎……?」

「あの時はありがとう」

真姫「声……? うさぎが喋った……?」

にこ「う……ううん……」

真姫「にこちゃん!」

にこ「あぁ、ちょっと……寝てたかも……」

真姫「バカ! なんで私を置いていこうとするの!」

にこ「ごめんね真姫ちゃん……」

真姫「戻ってきてくれて……ありがとう……」ギュッ

にこ「えへへ……」


亜里沙「ハラショー」

雪穂「ハラショー……!」

898: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 13:02:55.74 ID:Ih8wXSea0
希「んあっ……身体が熱い……」

絵里「希、さっきから体調悪そうだけど……」

希「…………ちょっと離れるで、絵里ち」ダッ

絵里「希!?」


希「スピリチュアルパワー……が限界値に……?」

希「あかんでこれ……」フラフラ

希「身体が…………!」

変身するウルトラマン>>899

899: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/10(火) 13:03:38.81 ID:I3w3M8eDO
ノア

900: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 13:13:54.92 ID:Ih8wXSea0
希「ウチの身長は変わらんけど……」

希「これは……全身シルバーに……エナジーコア……」

希「ウルトラマン……!?」

希「スピリチュアルやね……スサノオ様の力を……!」

希「隕石を壊すんや……!」ヘアッ

希「余波が……!」

出雲大社が吹き飛んだ。

希「ウチが全ての力を……直径5cmくらいなら……!」

901: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 13:17:24.33 ID:Ih8wXSea0
希「ふぅ……これでウチはの24時間分の超能力は……終わりかな?」

希「あぁ、最後に……パワーを使って……」

希「全部使って……」

出雲大社が元の形を取り戻す。

それは奇跡かスピリチュアルか。

東條希は世界を救ったのは間違いない。

絵里「希!」

希「ウチの女神さんは……こんなに近くにいるんやな……」ドサッ

902: ◆S54RkZf7aI 2014/06/10(火) 13:21:34.69 ID:Ih8wXSea0
――――――3分前――――――

穂乃果「あれ、希ちゃん?」

海未「そのようですね」

穂乃果「あれ……? 光って――」

海未「穂乃果! 危ないっ!」

――――カッ

やまたのおろち「ガアアアアアアアアッ!」

海未「は? 何ですかこの状況は!」

穂乃果「海未ちゃんその格好は!?」

海未「穂乃果もですよ!?」


穂乃果の職業>>903

海未の職業>>904

903: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/10(火) 13:23:50.23 ID:suDtH4+8O
姫巫女

904: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/10(火) 13:24:22.57 ID:fwHZo1WOO
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士

907: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 12:20:55.51 ID:Dfn/7dc80
海未「くっ……穂乃果の格好が……可愛い」

穂乃果「う、海未ちゃんだって……なんか格好良い……!」

海未「ポッ」

穂乃果「ポッ」

やまたのおろち「ガァアアアアァッ!」

海未「忘れていました! 私が先手を取ります!」

穂乃果「後衛は任せて海未ちゃん!」

海未「行きます! 必殺! >>908!」

909: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/11(水) 12:38:10.45 ID:2QSYPkHFO
滅びのバーストストリーム

910: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 12:47:39.68 ID:Dfn/7dc80
海未「滅びのバーストストリーム!」

穂乃果「おぉ、海未ちゃんから青い閃光が!」

やまたのおろち「ギャアアァァァアアッ!」

海未「ふ、滅びのバーストストリームはATK3000の技! これを喰らえば……!」

海未「がはっ……」

穂乃果「う、海未ちゃんどうしたの!?」

海未「やまたのおろちの守備力はっ……3100……!」

穂乃果「大丈夫だよ! 穂乃果が治してあげる!」

穂乃果「海未ちゃんに>>911!」

912: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 12:59:44.72 ID:Dfn/7dc80
穂乃果「海未ちゃん……んちゅっ……」

海未「ほ、穂乃果……」

穂乃果「ダメだよ、海未ちゃん……」

海未「舌がっ……穂乃果ぁっ……」

穂乃果「私の全てを……エターナル……」


――――――――――――カッ


海未「あ、あれ、やまたのおろちは……?」

穂乃果「戻ってきた……?」

希「君たち、何してるん?」

穂乃果「うっ」

海未「の、希……?」

希「ほな、行くでー!」

913: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 13:03:21.45 ID:Dfn/7dc80
穂乃果「あー……うん。失敗しちゃったのかな」

海未「戻ってこれたのでよしとしましょう」

海未「それより穂乃果……その……」

穂乃果「だ~め! お預けだよ! 海未ちゃん!」

海未「うぅ……わかりました」

海未「とは言ったものの……凄いウズウズします……」

914: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 13:09:45.44 ID:Dfn/7dc80
希「なぁ、絵里ち。ここ出雲大社よな?」

絵里「そうだけど……何かあった?」

希「なんでウチのおっきな石像あるんや?」

絵里「あれじゃない? 出雲大社を復興させた女神さまだからじゃない?」

希「いや、あれすっごい恥ずかしいんやけど……」

にこ「ま、あんたのおかげで助かったんだし」

真姫「にこちゃん……」ピトッ

希「二人とも、よかったやん」ニコッ

915: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 13:18:07.29 ID:Dfn/7dc80
凛「お腹すいたにゃー」

花陽「そうだね、なんか色々あったし……」

ことり「はぁ……はぁ……」

花陽「ドウシチャッタノォ!?」

ことり「ううん、なんでもない♪」

穂乃果「ご飯食べに行こう!」

海未「そうですね、光速で動いていたので……」

にこ「さんせーい」

真姫「私もなにか食べたいわね」

希「この近くには確か……」

絵里「あれ、魚料理店しかない……?」

凛「」ビクッ

916: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 13:22:04.58 ID:Dfn/7dc80
「へいらっしゃい!」「あれは石像の希様だ!」
「μ’sのメンバーじゃねえか!」「サービスだサービス!」

「へいお待ちぃ!」

凛「……うな重にアジの開き……大漁のお刺身にミニ海鮮丼……」

花陽「うわぁああぁっお米だっ!」

ことり「あはは、サービス凄いね……」

希「はい、よそって……にこっちはい」サラサラ

にこ「ありがと」

真姫「結構な量があるわね」

海未「穂乃果、あ~んを……」

穂乃果「ダメです! 海未ちゃんはもう少し周りを見ましょう!」

海未「うっ、穂乃果に言われるとは……」

絵里「ハラショー!」

917: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 13:26:02.66 ID:Dfn/7dc80
にこ「希、これ一味? 私辛いのだめって言ってるでしょ?」

希「激辛のトッピングバレちゃった」エヘ

にこ「危なく殺されるところだったわ……これドッキリとか言ってたらさすがに怒ったわよ?」

希「い、嫌やなぁウチがそんなこと言うわけないやん?」ダラ

真姫「希、嘘ついてるわよ?」

絵里「希も結構顔に出るわね?」

希「絵里ちに言われたくはないなぁ」

918: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 13:33:09.16 ID:Dfn/7dc80
ことり「はいっ、海未ちゃんあ~んっ」ベタベタ

海未「あ~んっ! ことりありがとうございます」イチャイチャ

穂乃果「む~」

海未「ことりは優しいですね……」

ことり「そんなことないよぉ」

穂乃果「海未ちゃんは穂乃果じゃなくてもいいんだね……」

海未「穂乃果?」

穂乃果「海未ちゃんは……穂乃果の気持ちがわかってないよ!」ダダッ

海未「穂乃果っ!」

919: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 13:36:26.11 ID:Dfn/7dc80
――――――9分後――――――

海未「うううぅぅぅぅ穂乃果に嫌われましたぁ……」

ことり「いくらおあずけされてたからって……」

希「見境なく皆に抱きつくのはなぁ」

にこ「なんで、こんなふうになってるのよ」

花陽「襲われそうだった……」

凛「魚料理食べてくれて嬉しかったにゃ」

真姫「共依存持ちなのかしらね?」

絵里(あ、真姫がそれ言うんだ)

920: ◆S54RkZf7aI 2014/06/11(水) 13:39:40.14 ID:Dfn/7dc80
穂乃果「海未ちゃんなんて……!」

穂乃果「だれだっていいんだよ……」

穂乃果「穂乃果じゃなくたって……!」ドンッ

穂乃果「あ、すいません……」

ツバサ「高坂さん?」

穂乃果「A-RISEの……ツバサさん!?」

ツバサ「リーダー同士、どこかでお茶でも飲まない?」

穂乃果(海未ちゃんは穂乃果なんて……)

穂乃果「はい、ご一緒させていただきます!」

924: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 02:42:52.95 ID:SsWgO9Fv0
ツバサ「そういえば高坂さんはどうしてここにいるの?」

穂乃果「μ’sの皆と来てるんですけど、単独行動中です!」

穂乃果(海未ちゃんなんて知らないからっ)

ツバサ「ふーん……そうなんだ」ニコッ

穂乃果(笑顔が眩しいなぁ)

ツバサ「久々に羽を伸ばせるわね」

穂乃果「相手が……穂乃果でいいんですか?」

ツバサ「えぇ。というよりも貴女だから……かな」

925: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 02:48:29.25 ID:SsWgO9Fv0
穂乃果「?」

ツバサ「ほら、たまには違う景色を見ないと息が詰まるじゃない?」

穂乃果「わかります!」

ツバサ「そんなに堅くならなくてもいいわよ?」

穂乃果「いや……でもツバサさんは雲の上のような存在ですし……」

ツバサ「禁止」

穂乃果「えっ?」

ツバサ「敬語禁止ね?」

穂乃果「えええぇっ!?」

ツバサ「穂乃果は何が食べたい?」

穂乃果「ま……任せます」

ツバサ「むぅ……じゃあぜんざいでいい?」

穂乃果「はい、お願いします!」

926: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 02:51:07.75 ID:SsWgO9Fv0
穂乃果「おいしー♪」

ツバサ「発祥の地と言われてるだけはあるわね」

穂乃果「そうですねー」

ツバサ「ところで、穂乃果はどうして一人なの?」

穂乃果「う……それは……」

ツバサ「ほら、『先輩』に話してごらんなさい」

穂乃果「実は……>>927だったんです……」

927: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 03:18:13.20 ID:aiG84pwDO
彼女が浮気性だった

928: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 03:24:38.07 ID:SsWgO9Fv0
穂乃果「彼女が浮気症だったんです」

ツバサ「それは難儀なものね……」

ツバサ(え、女の子同士?)

穂乃果「穂乃果は本当にその人が好きなのに!」

ツバサ「ねぇ、それって本当に浮気なの?」

穂乃果「穂乃果の見てる前でイチャイチャしたり!」

穂乃果「だれでもいいんです!」

ツバサ「うーんそれなら……今私と喋っているのも浮気になっちゃうんじゃない?」

穂乃果「あ……」

ツバサ「その人としかしないことってあるでしょ?」

ツバサ「一線を超えているわけではないのだから信頼してあげなさいな」

穂乃果「……うん」

ツバサ「よしっ、とっとと仲直りしてきなさい!」

穂乃果「……ありがと。ツバサ……ちゃん!」ダッ

ツバサ「!」

ツバサ「またね、穂乃果」



ツバサ「あーあ、私もお人好しだなぁ……」

929: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 03:31:34.55 ID:SsWgO9Fv0
海未「うぅ……穂乃果に嫌われてしまいました……」

希「せやからぁ、大丈夫やって?」


ことり「ねぇ花陽ちゃん……」

花陽「……うん、言いたいことわかるよ」

ことり「私……手を引こうと思う……」

花陽「私もダメかもしれない……」

ことり「……どうしよう」

花陽「……ことりちゃん……」

ことり「花陽ちゃんは……私の事どう思ってる……?」

花陽「それは……>>930……かな」

930: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/14(土) 03:41:16.02 ID:Ujof+Kt20
卑怯

932: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 10:56:44.14 ID:SsWgO9Fv0
花陽「それは……卑怯じゃないかな……」

ことり「えっ……」

花陽「この状況で嫌い……なんて言えるわけじゃないし……」

花陽「好きって言ったら……憐憫で付き合ってもらう……みたいじゃない?」

花陽「そういうのってさ、私は違うと思うんだ」

ことり「そうだね、ごめんね花陽ちゃん」

花陽「私こそ偉そうにごめんね?」

ことり「気持ちに踏ん切りがつくまで……」

花陽「うん……」

「「頑張ってみよっか」」

933: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 11:02:01.19 ID:SsWgO9Fv0
ことり「……海未ちゃん!」

海未「こ、ことりぃ……」

ことり「情けない声ださない!」

ことり「穂乃果ちゃんに嫌われた!? そんなわけないでしょ!」

海未「で、ですが…………」

ことり「そんなに大切なら……早く行って来なさい!」

海未「うぅ……しかし……」

ことり「ほら、早く行って……海未ちゃん!」パシン

海未「……! わかりました!」


ことり「……」

花陽「……」ナデナデ

ことり「うんっ……ごめんっ花陽ちゃん……」ポロポロ

934: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 11:16:12.46 ID:SsWgO9Fv0
海未「穂乃果! 穂乃果!」

穂乃果「海未ちゃん……」

穂乃果「穂乃果が間違っていたよ……」

海未「いえ、私こそ……」

穂乃果「……ごめんね! 海未ちゃん!」

海未「いえ、私もすいませんでした……!」

穂乃果「やっぱり穂乃果は……海未ちゃんが好きなんだよ……!」

海未「私もです……」

穂乃果「だから……>>935……して?」

935: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 11:23:14.54 ID:LAksmeIvo
指切り

936: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 11:26:16.69 ID:SsWgO9Fv0
穂乃果「指切りして……」スッ

海未「……はい、わかりました」キュッ

穂乃果「ゆーびきーりげんまん!」

海未「嘘ついたらハリセンボンのーます!」

ほのうみ「「指切った!」」

海未「ふふ……」

穂乃果「えへへ……」

海未「小さな頃に戻ったみたいですね」

穂乃果「本当だね、海未ちゃんっ」

海未「行きましょうか」ニギッ

穂乃果「うんっ!」ギュッ

937: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 11:32:01.00 ID:SsWgO9Fv0
海未「……ノリでしましたが、何を約束しましたっけ?」

穂乃果「ふふ、穂乃果を幸せにするように……だよ?」

海未「それなら、頑張りますよ」

穂乃果「冗談だよ」

海未「冗談何ですか!?」

穂乃果「海未ちゃんには教えません!」

海未「それは卑怯では!」

穂乃果「さ、もどろっか!」

海未「は……はい!」

938: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 11:41:02.81 ID:SsWgO9Fv0
希「さて、戻ってくるまで何しよかー?」

絵里「暇つぶしって言ってもねー」

花陽「どうしようかなぁ」

ことり「……」

花陽「ほら、ことりちゃんも遊ぼ?」

ことり「うんっ」

凛「頭を使わないゲームがいいなぁ」

真姫「凛は……肉体派だからね」

凛「頭を使わないみたいな言い方をしないでほしいにゃ!」

にこ「事実じゃないの?」

凛「しゃー!」

にこ「しょーがないわねぇ! にこがゲームを提案してあげるわ!」

希「にこっちの考えたゲームは?」

にこ「ズバリ! >>939よ!」

939: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 11:42:15.68 ID:W/8SYHSmo
ツイスターゲーム

940: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 11:59:36.62 ID:SsWgO9Fv0
にこ「ツイスターゲームよ!」

希「にこっちやるやん?」

絵里「ツイスターゲーム……?」

真姫「にこちゃん碌でもないことを……」

ことり「……誰と誰がやるの?」

にこ「あ”っ」

花陽「キメテナカッタノォ!?」

凛「……二人用ゲームだから……どうするの?」

希「久しぶりにスピリチュアルやね!」

希「神様……>>941と>>942やな!?」

941: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 12:01:26.86 ID:hw7n1whcO
真姫ちゃん

942: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 12:07:12.02 ID:aiG84pwDO
ウチ

943: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 12:23:18.65 ID:SsWgO9Fv0
希「真姫ちゃんとウチやな!」

真姫「ヴェエッ!?」

希「簡単に行くで!」

真姫「う、うん……」

希「コンマルール採用や! 使用するマットは赤、青、緑、黄を4×4や!」

赤 青 緑 黄

赤 青 緑 黄

赤 青 緑 黄

赤 青 緑 黄

希「こんなかんじやな」

真姫「ふんふん……近くない?」

希「しゃあないやん?」

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右足
4 希の左足
5 真姫の右手
6 真姫の左手
7 真姫の右足
8 真姫の左足

9&0外野会話

コンマの下一桁で!まずは>>944

945: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 12:29:02.90 ID:aiG84pwDO

946: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 12:34:19.82 ID:SsWgO9Fv0
絵里「なんか緊張してるわね」

にこ「ほら、真姫ちゃん笑顔が堅いにこー!」

ことり「はやくはやくー!」

花陽「ことりちゃんが悪乗りしてる……」

凛「真姫ちゃん頑張れー!」


真姫「……自分たちがやらないからって……」

希「まぁ、そう言わんとこ?」

色指定>>947 コンマはずっと一番下で

947: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 12:35:29.28 ID:W/8SYHSmo

948: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 12:47:37.38 ID:SsWgO9Fv0
真姫「私の左足ね」

希「あー場所は……上から1~25。26~50、51~76後は全部4段目やな?」

真姫「ってことはこういうことね」

赤  青  緑     黄

赤  青  真姫左足  黄

赤  青  緑     黄

赤  青  緑     黄

真姫「まだまだ楽勝よ!」

希「ふふ、これからやでこれから!」

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右足
4 希の左足
5 真姫の右手
6 真姫の左手
7 真姫の右足
8 真姫の頭

9&0外野会話 色指定>>949

949: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 12:48:16.19 ID:/k9MF/n7O

950: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 12:56:42.24 ID:SsWgO9Fv0
凛「凛ちょっとドキドキしてきた……」

にこ「ここで頭なんて入ったら一気にきわどくなるからね……」

ことり「……違う意味でドキドキしてきた……」

花陽「違う意味……?」

ことり「ううん、三回中五分の一をもう二回も引いてるから……」

絵里「さぁ、次よ!」

安価↓ 段が被った場合はスライドして下に行きます

951: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 12:58:15.90 ID:Au8XBKN2O


952: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 13:04:51.65 ID:SsWgO9Fv0
ことり「もう笑ってもいいかな?」

凛「ちょっと運が強いってレベルじゃない気がしてきた……」

絵里「スピリチュアルなんじゃない?」

花陽「これはひょっとして……」

にこ「えぇ、あの二人が拒んでいる力があるのかもしれないわ……!」

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右足
4 希の左足
5 真姫の右手
6 真姫の左手
7 真姫の右足
8 真姫の頭
9 希の頭

安価↓

953: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 13:08:30.58 ID:Au8XBKN2O
頭増えた…



954: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 13:15:05.79 ID:SsWgO9Fv0
真姫「ヴェエエエッ!? いきなりきっつい……」

希「おーこっからはいい眺めやでー?」ジー

真姫「頭が……割れそう……」

希「さーつぎやつぎやー!」



赤  青    緑     黄

赤  青  真姫左足    黄

赤  真姫頭  緑     黄

赤  青    緑     黄

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右足
4 希の左足
5 真姫の右手
6 真姫の左手
7 真姫の右足
8 誰かも指定(例えば真姫の頭なら希に変換)
9 希の頭

安価↓

955: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 13:18:00.64 ID:rsaiSa0dO

956: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 13:21:30.44 ID:SsWgO9Fv0
希「うーんと……3段目やからスライドで……」

赤  青      緑     黄

赤  青   真姫左足     黄

赤  真姫頭    緑     黄

赤  希左足    緑     黄


希「真姫ちゃん辛そうやなぁ?」

真姫「あんたねぇ……見てなさいよ!」

希「顔が赤くなってるでぇ~?」ニヤニヤ

真姫「なってない!」

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右足
4 部位と誰か指定
5 真姫の右手
6 真姫の左手
7 真姫の右足
8 部位と誰か指定(例えば真姫の頭なら希に変換)
9 希の頭

安価↓

957: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 13:23:20.77 ID:osxLN2n10

958: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 13:32:31.76 ID:SsWgO9Fv0
真姫「これ悪意を感じるわ!」

希「日頃の行いちゃうかなぁ……」

真姫「足を伸ばせば……なんとか……!」

真姫「頭痛いっ……!」

赤  青      緑     黄

赤  青   真姫左足     黄

赤  真姫頭    緑     黄

赤  希左足    緑    真姫右足

希「首ブリッジってやつやな……」

真姫「手ぇ……つかせてぇ……っ」

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右足
4 アウト!
5 真姫の右手
6 真姫の左手
7 希の右足
8 希の頭
9 希の頭

安価↓

959: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 13:36:32.48 ID:7SMtbvHE0

960: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 13:42:46.22 ID:SsWgO9Fv0
希「ごめん、真姫ちゃん……」

真姫「な、何よ!」

希「案外頭つけるのきついんやな……」

真姫「だから言ってるじゃない!」

希(白やなー)

赤  青      緑     黄

赤  青   真姫左足     黄

赤  真姫頭   希頭     黄

赤  希左足    緑    真姫右足

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右足
4 アウト!
5 真姫の右手
6 真姫の左手
7 希の右足
8 希の右足
9 真姫の左手

安価↓

961: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 13:45:13.37 ID:INvUnLYyo

962: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 13:50:24.36 ID:SsWgO9Fv0
希「真姫ちゃん……ごめんな?」

真姫「うっ……見ないから安心して!」

赤  青      緑     黄

赤  希右足   真姫左足   黄

赤  真姫頭   希頭     黄

赤  希左足    緑    真姫右足

希「当たらないようにするから……ごめんっ//」

真姫「ののの希!? わ、わかったから……しゃべらないで!」

真姫(む、胸が……くっ)

希「手が……使えないってきっついなぁ……ん」

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右手
4 アウト!
5 真姫の右手
6 真姫の左手
7 アウト!
8 真姫の右手
9 真姫の左手

安価↓

966: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 13:52:05.06 ID:GyTOOaTyO

967: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 13:56:43.88 ID:SsWgO9Fv0
真姫「や、やっと手がつける……」チラッ

希「あぁっ、ダメや真姫ちゃん!」

真姫「えっ……く…………」

希「言わんといて真姫ちゃん!!」

真姫「希のふともも柔らかい……」

希「早く手をついてぇ!」

赤  青     真姫左手   黄

赤  希右足   真姫左足   黄

赤  真姫頭   希頭     黄

赤  希左足    緑    真姫右足

真姫「体勢的にきついままだった……」

希「次ぃ……絶対目をあけないでね!」

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右手
4 アウト!
5 真姫の右手
6 真姫の右手
7 アウト!
8 真姫の右手
9 アウト!

970: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 14:06:11.91 ID:SsWgO9Fv0
絵里「あれ絶対見えてるわよね」

凛「真姫ちゃんの開いてる方向に行けば凛も見れるかにゃ?」ガシッ

にこ「だめよ、そういうのは正々堂々やりなさい」

凛「わかったにゃ」

ことり「……希ちゃんのレアなシーンかもしれないなぁ」パシャパシャ

花陽「真姫ちゃん可愛いなぁ……あ、チラ見してる」

絵里「そういえば……罰ゲームってないの?」

にこ「ふっふーん!もちろんあるわよ!」

絵里「楽しみは後かしらね」

1 希の右手
2 希の左手
3 希の右手
4 希アウト!
5 真姫の右手
6 真姫の右手
7 真姫アウト!
8 真姫の右手
9 ダブルアウト!

安価↓

971: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 14:07:18.91 ID:asKvWQceo

972: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 14:14:34.86 ID:SsWgO9Fv0
希「あ、これでウチ楽になった……」

真姫「ずるいわよ! 希!」パチッ

希「ダメやって! 真姫ちゃん!」

真姫「ご……ごめんっ……//」

真姫(真っ黒……)

赤  青     真姫左手   黄

赤  希左足   真姫左足   黄

赤  真姫頭   希頭     黄

赤  希右足   希右手   真姫右足

1 希アウト!
2 希の左手
3 希の右手
4 希アウト!
5 真姫アウト!
6 真姫の右手
7 真姫アウト!
8 真姫の右手
9 ダブルアウト!

ソーリーダブルブリッジ状態から修正で……申し訳ない、間違えました

安価↓

973: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 14:16:39.74 ID:osxLN2n10

976: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 14:23:12.67 ID:SsWgO9Fv0
希「手をっ……あっ、ダメや!」ズルッ

真姫「えっ、希っ!」パッチリ

希「うわわわっ!?」ドサッ

真姫「のぞっ……くるしっ……」

真姫(甘い匂いが……)

希「しゃべらんといて!」バッ

絵里「ハラショー!」

にこ「あんたたち、よかったわね」パチパチパチ

にこ「と、言いたいけれどももちろん罰ゲームよ?」ニッコリ

ことり「罰ゲームは……」

花陽「>>975!」

真姫でも希でも両方でも可

978: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 14:30:34.71 ID:GWs+pwqKO
とりあえずふたりとも脱いでみようか

979: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 14:34:03.09 ID:SsWgO9Fv0
花陽「とりあえず二人とも脱いでみよっか?」

真姫「なんでよ!」

ことり「罰ゲーム……だからかな?」

希「はいはい、脱げばいいんやろ?」

希「よいしょっと」タユン

真姫「あぁ……そういうことね」ヌギッ

にこ「えっ?」

希「汗かいたら着替えるのは普通やろ?」

真姫「そうね、上着くらい替えないとね」

絵里「それは……!」

希「絵里ち……わかるやろ?」ギラッ

凛「真姫ちゃんそれずるい!」

真姫「……凛?」

凛「わかったにゃ」


穂乃果「おーい! みんなー!」

海未「戻りました!」

希「さ、最後のお願いにいこっか!」

980: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 14:40:55.23 ID:SsWgO9Fv0
――――出雲大社――――

海未「私の舟は……」

海未「沈んでいる……!」

海未「やりました……!」

「…………!」

海未「なんですか……?」

神「>>981じゃ……!」

海未「これは神の天啓……!」

1時間後に最後まで行きます。

982: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 15:40:03.60 ID:SsWgO9Fv0
海未「ふ……私としたことが弱気になってしまいましたね」

海未「運命とは、未来とは神に決めてもらうものじゃない」

海未「μ’sの新しい道は……」

海未「私たちで決めます!」

983: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 15:45:42.03 ID:SsWgO9Fv0
海未(まずは……)

海未「穂乃果! ことり!」

穂乃果「海未ちゃん?」

ことり「海未ちゃん!」

海未「私は……私は生涯をかけて貴女達を幸せにします!」

穂乃果「ありがとっ海未ちゃん!」ギュッ

ことり「……いいの?」

海未「何言ってるんですか? 私たちはいつも三人一緒ですよ!」

ことり「うぅ……海未ちゃん!」ギュッ

穂乃果「穂乃果も穂乃果も!」ギュッ

海未(私は幸せものですね……)

984: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 15:55:56.34 ID:SsWgO9Fv0
絵里ち「うわぁぁぁぁぁん! 間違って500円入れちゃったチカ!」

希「絵里ち……」ハァ

にこ「このポンコツどうにかしなさいよ!」

希「いや、あれはどうにもならんで」

絵里ち「希イィィィィイィ」ガシッ

希「ほら、ウチ捕まった」

にこ「あんたに同情したくなるわ……」

希「ま、これも役得やけどな」エヘヘ

にこ「甘いわね……」

希「ウチはにこっちにも甘いで」

にこ「はいはい……ありがと」

985: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 16:00:47.09 ID:SsWgO9Fv0
花陽「…………」

真姫「凛」

凛「わかってるよ」


凛「かーよちんっ!」

花陽「凛……ちゃんっ……!」

凛「一緒にお参り……しよっ?」

花陽「でも……でも……!」

真姫「何、遠慮してんのよ! 行くわよ!」

花陽「……うんっ!」

凛「やっぱりかよちんは笑ってるほうがいいにゃ!」

986: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 16:11:32.28 ID:SsWgO9Fv0
パンパン

絵里(皆一緒に健康で過ごせますように)

にこ(皆でラブライブ本戦に出場できますように)

花陽(皆がずっと輝いていられますように)

凛(皆元気で活動できますように)

真姫(皆……曲がらずに進んで行けますように)

ことり(皆のことをずっと見守って行けますように)

海未(皆と目標を達成できますように)

穂乃果(皆で一緒に夢を叶えれますように)


希(μ’sはウチの希望や……この希望が……)

希(この希望がいつまでも……続きますように)

987: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 16:14:21.39 ID:SsWgO9Fv0
穂乃果「みんな! 何をお願いしたの!?」

海未「内緒です」

ことり「内緒です♪」

凛「教えてあげないにゃ」

花陽「恥ずかしいから……」

真姫「言う必要もないでしょ?」

絵里「言うほどのことでもないわね」

にこ「にこはー! 宇宙一のアイドルになるかなっ!」

希「ふふっ、皆同じことを考えているかもなぁ」ニコニコ

989: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 16:21:35.28 ID:SsWgO9Fv0
希「愛してるばんざーい」

希「ここでよかった~」

希「私たちの今が~ここにある~」

希「愛してるばんざーい」

希「始まったばかり……明日もよろしくね……」

μ’s「まだゴールじゃない~」

希「皆、ウチの思いつきから付き合ってくれてありがとな?」

991: ◆S54RkZf7aI 2014/06/14(土) 16:26:40.22 ID:SsWgO9Fv0
穂乃果「穂乃果も楽しかったよ!」

海未「勿論私もです」

ことり「ことりも……かな♪」

真姫「ま、楽しかったんじゃない」

にこ「にこにーは~楽しかったかなー」

絵里「ふふ、希の言うことはだいたい当たるからね」

花陽「楽しかったです……!」

凛「凛も楽しかったにゃー!」

希「皆……ありがとな……」

希「でもな……?」

希「スピリチュアルパワーが全ッ然たまってないんや!」

希「さっき使っちゃったからなぁ……」アハハ

希「これも君たちが悪いんやで!」

絵里「希……まさか……」

希「皆に説教して回るで! まずはナゴヤドームや!」

8人「えええええぇぇっ!?」

次スレに続く!