......
....
..
.



王城内部




『我が名はロキ!世界を牛耳る邪神なり!いいか、城の中にいる各員に告ぐ!今から城より西側の郊外に全員集結せよ!これは命令だ!』


    「ロキ様の声・・・?」
「西側の郊外?」 「ご命令とあらば今すぐ向かわなくては・・・」
    「ロキ様の言葉を疑ってはならない・・・」
   「全員外に出ろ!!今すぐ向かうのだ!」

 
  「「「「ロキ様の為にーっ!」」」」
 
    ドドド…



引用元: ・アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】 



S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク43 約155mm ABS&PVC&ダイキャスト製 可動フィギュア
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) (2019-04-26)
売り上げランキング: 359
604: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/03(日) 23:32:02.05 ID:z44YII3T0

----------------

王城 謁見の間 

ロキ「な・・・一体どういうことだ!!一体だれが放送室を使っている!?」

ロキ「外の様子を確認しなくては・・・!」ダッ…

   ガチャッ…

ロキ「・・・こ、これは・・・!」


   ガランッ…


ロキ(全員出ていっただと・・・!私への信仰心を上げ過ぎたのがアダとなったか・・・!)

ロキ「スターク・・・」ギリッ…




605: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/03(日) 23:34:14.99 ID:z44YII3T0
......
....
..
.



王都 郊外


アクア「私別に悪くないでしょ!?なんで私まで怒られなくちゃいけないの!?」

カズマ「お前も散々ボタン押しまくってただろうが!!同罪だ同罪!!」

ダクネス「落ち着け!喧嘩してる場合じゃないだろう!」

ウィズ「たくさんの人影が近付いて来てますよ!洗脳された冒険者たちは私たちの姿をヴォーミアで一度見ています!見つかったらマズいですよ!?」

カズマ「というか、やけに多くないか・・・?ちょっと千里眼で様子を・・・」ジッ…

カズマ「・・・!や、やべぇ!どうしよう!?冒険者だけじゃなくてなぜか魔物まで来ている!!」


606: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/03(日) 23:36:56.56 ID:z44YII3T0

ゆんゆん「えぇぇえ!?なんでですか!?」

カズマ「ロキの部屋にサイレントかけずに放送かけたから、きっとロキが魔王軍の配下に様子を見に来させたんだ!やっべぇ!!」

ウィズ「ど、どうしますか!?一度撤退しますか!?」

カズマ「この機会を逃したらもう洗脳を解くチャンスが・・・!」

カズマ(考えろ・・・!考えろ・・・!なんかあるはずだ・・・!)

カズマ「クソ!何も浮かばな---」



   『やぁ、みんな。楽しそうだな』


607: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/03(日) 23:40:49.22 ID:z44YII3T0


   キィィィィインン…
     ガンッ!


トニー「さて・・・押し寄せてきている魔物と冒険者・・・状況を説明してくれないか?」

めぐみん「ト、トニー・・・今の拳を地面に突き立てる着地ポーズは一体なんですか・・・?恐ろしくカッコいいのですが・・・」ソワソワ

トニー「悪いが特許とってあるんだ。真似はするなよ?」

めぐみん「ぐっ・・・」

トニー「そんなことよりこの状況だ。僕が来るまで待機してるんじゃなかったのか?」

カズマ「いやぁ・・・実は・・・作戦の予行練習してたらそれを間違って放送しちゃって・・・すいませんでした」

トニー「・・・はぁ・・・君の行く先ではトラブルしか起きないって話は本当だったみたいだな」


608: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/03(日) 23:49:58.44 ID:z44YII3T0
>>607

拳を突き立てる着地ポーズ


三点着地のポーズの事。ヒーロー着地の方がなじみ深い名前かもしれない。さすがデップー
両足と、片手を地面につけて着地してれば大体これになる。アイアンマンの場合は脚を大きく開き、右拳と右ひざ、左の足を地面につけている
アイアンマンだけではなく、他にもいろんなヒーローがこの着地をおこなっているので、アイアンマンが起源というわけではない
めちゃくちゃカッコイイポーズだが、デップーも行ってるように膝にすごく悪い。本当に悪い
ポーズをとるだけならいいが、骨折の危険性があるので着地にこれをするのはオススメしない


アイアンマン着地シーン集
https://youtu.be/Noooxfq6RE0



609: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/03(日) 23:51:10.13 ID:z44YII3T0

トニー「まぁいい。なんとかなるだろう」

カズマ「えっ!本当か!?」

トニー「アクア、君の回復魔法はどれくらいの怪我まで治せる?大勢相手でも魔力は持つか?」

アクア「えっ?そうねぇ・・・死んでさえいなければ、大けがでもほぼ全快させることができるわよ?」

トニー「よし。それが聞けて良かった」

アクア「ね、ねぇ・・・すごく嫌な予感がするんですけど・・・あの、私の信者もいることだし、あんまり傷つけないでね・・・?絶対だからね?」

トニー「安心しろ、使い方は僕が一番熟知している。ちょっと全員に寝っ転がってもらうだけさ」


610: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/03(日) 23:52:04.61 ID:z44YII3T0

ダクネス「お、おいまさか・・・!アレを使う気なのか!?」

トニー「さて諸君、ちょっとしたプレゼンの時間だ」

カズマ「プ、プレゼン・・・?一体何言ってるんだ・・・?」

トニー「恐れられる存在、敬われる存在・・・その両方が欲しくないか?」

トニー「今ここに、僕の最新の武器を発表しよう」

トニー「リパルサー技術を搭載した新兵器。もちろん威力は控えめ」

トニー「よく、一度も撃たずに済む武器が最良の武器と言うが・・・僕はそうは思わない」

ゆんゆん「ト、トニーさん・・・?」

めぐみん「ちょっ、ちょっとまってください!アレはもう使わないで欲しいと言ったはずでは・・・!」


611: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/03(日) 23:53:25.86 ID:z44YII3T0

トニー「最良の武器とは、一度撃てば勝負が決する武器だ。戦いに勝った国はみな今までそうしてきた」

ウィズ「あ、あの・・・大群がもう近くまで・・・」

トニー「この兵器を一度撃てば・・・間違いなく悪党どもは・・・怖気づいて、洞窟にこもることだろう」

  キィィィン…
     
バニル「ふむ・・・あれは・・・」

バニル「・・・!あれはマズいぞ!おい、今すぐどこか身の隠せるところを用意するのだ!」

カズマ「全員今すぐ地面に伏せろ!早く!!ウィズ!ゆんゆん!シェルター作ってくれ!!」


612: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/03(日) 23:56:15.73 ID:z44YII3T0

ウィズ・ゆんゆん「「はい!!『カースド・クリスタルプリズン』!」」


   パキパキパキ…
      パキンッ


トニー「フライデー、冒険者全員の意識を奪える程度の威力になる距離で爆発させろ」

フライデー『はい、ボス』

アクア「トニー!あんた覚えてなさいよ!!」バッ





トニー「どうぞご覧あれ。『ジェリコ』」


  バシュンッ 
    キュィィィッ
     ヒュルルルルル…



   ズガァァァアアアアッ!!!!



617: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/11(月) 21:06:10.49 ID:3Ush7EVt0


カズマ「うぉぁああーっ!!!」グラッ…!

アクア「いやーっ!!ウィズ何とかしてー!!」ガバッ

ウィズ「アクア様落ち着いてください!だ、抱き着かれたところがだんだん熱く・・・」チリチリ…

   ビシッ…
    ビキキッ…

めぐみん「ひ、ひびが!シェルターにひびが入ってますよ!ゆんゆん!補修してください!」

ゆんゆん「ク、『クリスタル・プリズン』!!こんなに分厚い氷のシェルターなのになんで・・・?」

ダクネス「うぅっ、ここに入らず外に残っていればよかった・・・あれを味わってみたかったのに・・・」

アイギス《ねぇ、今この子なんて言ったの?もしかして俺騙された?事故物件掴まされちゃった?》


618: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/11(月) 21:07:33.01 ID:3Ush7EVt0

  ビリビリ…
   シュゥゥゥ…

カズマ「・・・終わった・・・のか?」

トニー「全員外に出てきていいぞ」

カズマ「俺、お前の事嫌いになりそうだわ」ヨロッ…

トニー「悲しいなぁ、僕のハートは割れそうだ」

めぐみん「割ってあげましょうか・・・?」ヨロヨロ…

ゆんゆん「な、なにも割る必要はないから・・・」

バニル「それではオムレツはできぬぞ」

トニー「言おうと思ったら先越された・・・」

619: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/11(月) 21:08:57.30 ID:3Ush7EVt0

アクア「ぐすっ、うええ・・・空気がびりびり震えてたし、口の中がじゃりじゃりするぅ・・・ロキよりトニーの方が危なっかしく見えてきたわよ・・・」

トニー「ちゃんと安全面には配慮してある。それよりほら・・・」

  「うぅ・・・」  
      「一体何を・・・?」
 「ロキ様・・・」 
   「体が動かん・・・」
「ぅぐっ・・・」  「なんだ・・・今のは・・・」


トニー「君のヒールとブレイクスペルで彼らの手当てと洗脳の解除をしてやってくれ」

アクア「死屍累々なんですけど」スッ…


620: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/11(月) 21:10:54.37 ID:3Ush7EVt0

トニー「安全面には配慮してあるって言っただろ。今使ったのは爆風による衝撃だけを強化した非殺傷の広範囲攻撃型ミサイルだ」

トニー「さすがに近すぎると危ないが、ちゃんと距離を考えて使えば・・・」

めぐみん「それを使い続けると言うことは、私への挑戦とみていいんですね?これからは背中に気を付けることです」

トニー「そう目を光らせるなよ。君の出番はまだまだあるさ」

めぐみん「そういうことではないですよ!私の存在価値を奪うような武器は全部敵です!」

トニー「はぁ・・・わかった、わかった。もう使わないから落ち着いてくれ」

めぐみん「絶対ですよ!!」

トニー「はいはい」


621: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/11(月) 21:11:56.84 ID:3Ush7EVt0

バニル「ふぅむ・・・」ジッ…

トニー「・・・なんだ?どうして僕をジッと見ているんだ?」

バニル「興味深いな・・・普段の汝は簡単に見通せると言うのに、その鎧を着た途端にまるで見通せなくなった。中々面白いものを作ったな」

トニー「悪魔のお墨付きか。喜ぶべきやら、心配すべきやら・・・」

バニル「素直に喜ぶがいい。我輩の目が見誤る事などないぞ?」

ダクネス「確かにすさまじい鎧だ・・・というより、前々からだがなんで鎧が空を飛べるのだ・・・?」

アイギス《俺の中に入っておきながら他の鎧を褒めないでくれない?俺凹むよ?凹んじゃうよ?》


622: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/11(月) 21:12:23.29 ID:3Ush7EVt0

ダクネス「す、すまないアイギス・・・そんなつもりでは・・・」

カズマ「そいつの言うことを真に受けるなよ。大抵演技だから」

アイギス《んもー!だからどうしていいところで邪魔しちゃうの!?》

アイギス《あとちょっとで傷心につけこんであんなことやこんなことが・・・あっ、待ってごめん!謝るから腕と腕をこすり合わせないで!俺削れちゃう!》

トニー「ここは最終決戦の舞台だと言うのに、まるで緊張感が無いんだが」フッ…

めぐみん「そう言いながらも、トニーだって笑っているではないですか。これでこそ私達ですよ」

トニー「なぁ・・・その中にもう僕も入っているのか?」

めぐみん「・・・?」


623: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/11(月) 21:13:02.57 ID:3Ush7EVt0

めぐみん「今更何を言っているのですか?あなたはちゃんとした私たちの仲間でしょうに」ニコッ

トニー「・・・カズマが君を将来絶対悪女になると言ってた理由が今分かった・・・」

めぐみん「兜が閉まっているせいで全く顔が見えませんが・・・ひょっとして照れているのですか?」ニヤニヤ

トニー「大人をからかってるといつか痛い目見るからやめておけよ。それよりアクアはどうなっているんだ?もう終わったのか?」

ウィズ「アクア様―!様子はどうですかー!」ブンブン

アクア「もう大体終わったわよー!」グッ

 「ここは・・・?」  「トナカイ頭・・・大爆発・・・頭が・・・」

   「なんだかすごく不快な思いをした気がする・・・」

「俺はこんなところで何を・・・?」 「ロキ様・・・“様”?」

       「口の中が砂だらけだ・・・」

アクア「おはようみんな!目は覚めた?」


626: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:01:35.67 ID:V2wnauFq0

冒険者A「えーっと・・・一体どういう状況なんだ?」

アクア「良い?あなた達はね、邪神であるロキに洗脳の魔法によって操られ、悪の手先にされていたのよ!」

アクア「でも安心して!高貴で麗しいアクシズ教の御神体であるこの女神アクア様がその洗脳の魔法を解いてあげたわ!」

セシリー「キャーッ!アクア様ー!!」

アクシズ教徒A「アクア様ー!!」パチパチ

アクア「てなわけで、今後はアクシズ教をよろしくお願いします!」

ダクネス「おいアクア、あまり調子に乗るんじゃ・・・」

627: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:02:03.20 ID:V2wnauFq0

カズマ「ほっとけダクネス」

トニー「だな。あいつはもう手遅れだ」

バニル「忌々しい光景だ」チッ…

冒険者A「ア、アクシズ教徒!?」

冒険者B「これってよ・・・お前らの自作自演の罠ってことはねぇよな?お前らはどう思うよ?」

冒険者達「「「アクシズ教徒ならありえる」」」

アクア「何でよーっ!?私あなた達の事を治してあげたのに!!」


628: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:03:05.12 ID:V2wnauFq0

セシリー「そうよそうよ!!あんたたちに感謝の心ってもんはないの!?」

アクシズ教A「この背教者共め!!」

冒険者A「何が背教者だ!一度たりともあんたらの教えに従ったことはねぇよ!!」

セシリー「なんですってぇえ!?助けてもらっておいてこの仕打ち!!こうなりゃ聖戦よ!!」

めぐみん「落ち着いてください、セシリーさん」グイッ

セシリー「あら、めぐみんさんじゃない!それにさんまでゆんゆんさんまで!どうしてここに!?」

めぐみん「話せば長いです」

ゆんゆん「お、お久しぶりです!大丈夫そうで良かった・・・」

セシリー「心配してくれるだなんて嬉しいわ!いつ見ても可愛いわね!二人共ぎゅってしてもいいですか!?」


629: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:03:44.56 ID:V2wnauFq0

めぐみん「や、やめてください。というか、皆さん紹介すべきですね。何というべきですか・・・この人は・・・」

セシリー「姉です」

めぐみん「ねつ造しないでもらえますか!?彼女は昔お世話になった人で・・・」

トニー「あー・・・なんだ、彼女は美人だが・・・」ヒソヒソ…

カズマ「ああ、分かるぞ。綺麗な人だけど俺の仲間たちに似た駄目な人間のオーラを感じる。俺の周りこんなんばっかかよ」ボソッ…

トニー「君の言う駄目な仲間ってのに、僕はさすがに含まれていないだろ?」

カズマ「でもお前マッドサイエンティストなうえに自分が一番正しいと信じて疑わないタイプじゃん。正直俺の仲間の中で一番ヤバイ存在だと思ってるよ」

トニー「・・・」


630: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:05:47.90 ID:V2wnauFq0

めぐみん「洗脳が解けてよかったです。みんなまだ混乱しているようですが、アクアのヒールを受けたならもう大丈夫でしょう」

セシリー「洗脳されてる間私は一体どうなっていたの・・・?もしかして・・・口に出すのもはばかれるような恥辱の限りを尽くされて・・・」

めぐみん「むしろ恥辱の限りを尽くそうとしてましたよ。ロキを信仰してその体をベタベタと・・・」

セシリー「そっちの方がショックなんだけど!?私がアクア様以外を信仰していたって事よねそれ!?そ、そんな・・・!」

カズマ「まぁまぁ、洗脳されていただけなんだからそう深く考えんなよ」

冒険者A「談笑中の所悪いんだが、本当に俺たちは操られていたのか?」

カズマ「そうだよ。あんたらはロキっていう鹿だかトナカイだかわからない兜をした自称邪神に操られてたんだ」

冒険者A「クソ・・・何者だかわからねぇが、勝手な真似してくれやがって・・・!」


631: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:06:15.76 ID:V2wnauFq0

トニー「さらに言うとロキは洗脳した君たちの力を利用して王都をいとも簡単に侵略して見せた。今僕らは王都奪還作戦の途中なんだ。君達も協力してほしい」

冒険者A「あったりまえだ!邪神だか何だかしらねぇが、冒険者が舐められっぱなしでいられるかよ!」

ウィズ「あのー・・・みなさん・・・」

ダクネス「どうした、ウィズ?なにやら焦っているような顔だが」

ウィズ「その・・・先程のトニーさんの攻撃でダウンしていたのは冒険者の方々だけではなくってですね・・・」

魔物たち「「「「グォォォオオッ!!」」」」

バニル「ようするに、汝らがコントやってるうちに気絶してた敵が復活したのでさっさと向かい撃てって事である」


632: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:07:36.56 ID:V2wnauFq0

カズマ「もっと早く言ってくれよぉぉおお!!」バッ

冒険者A「ふっ・・・ここは俺達に任せておきな!アクシズ教徒だけのセリフじゃ説得力に欠けてたが、助けられたのは事実みたいだしよ!」

冒険者B「あんたたち、これから王城まで奪還に向かうんでしょ?だったら、ここは私たちが食い止めたげる!」

冒険者C「このまま助けられっぱなしってのはベテランの俺たちのプライドが許さねぇ!さぁっ、行ってきな!!」

カズマ「おぉ・・・」

カズマ(これだ!これだよ!今の俺達、まるでファンタジー世界の主人公じゃないか!こういう展開を待っていたんだよ!)グッ…

冒険者A「まぁ、どうせあんなやつらすぐにぶっ倒して追いついてやるからよ。それまでやられるんじゃねぇぞ?全身鎧のにいちゃんよ」

トニー「逆に君たちが来る前に終わらせてやるさ。さっさと倒して来いよ?」

冒険者A「はっはっは!言うねぇ!気に入ったぜ!それじゃぁ、行くぞ野郎ども!!切りかかれぇぇえええ!!」ダッ

冒険者達「「「「おおおおおおーーっっ!!」」」」


633: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:08:39.12 ID:V2wnauFq0






めぐみん「『エクスプロージョン』ッッッ!!!」


    カッ

  ドゴォオオオンッ


魔物たち「「「「「グギャァァァァァァアッッッ!!??」」」」


   パラパラ…


トニー「」

カズマ「」

冒険者達「「「「」」」」

めぐみん「・・・ふっ、これで全員で戦いに行けますね・・・!嬉しいですか?」


634: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:09:35.48 ID:V2wnauFq0

トニー「」

めぐみん「見ましたかトニー?我が爆裂魔法の方があんな“じゃがりこ”だとかいう偽物よりもケタ違いに強いでしょう!」フンス

カズマ「お前ってやつは!少しはいい話で終わらせられないのか!」

冒険者A「まぁ、なんだ・・・奪還作戦・・・よろしくな・・・」

トニー「あぁ・・・」

めぐみん「それにしても、爆裂魔法を撃っても倒れないって言うのは最高の気分ですね!見栄えもいいですし、良い事づくめです!改めて感謝しますよ、トニー!」

トニー「そりゃよかった・・・」


635: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/13(水) 21:10:36.79 ID:V2wnauFq0
......
....
..
.


トニーのラボ 来客室


クレア・レイン「・・・」ソワソワ

アイリス「クレア、レイン、どうか落ち着てください。ほら、ボタンを押すだけで飲み物が出てくる不思議な魔道具もあることですから」

フライデー『ドリンクバーです』

クレア「う、うむ・・・では飲むとシュワシュワする黒い飲み物をいただこう」

フライデー『コーラですね』

レイン「では私はお茶を・・・」

クレア「・・・多くの魔王軍幹部を倒してきたカズマ殿、あらゆる画期的な武器を作り、騎士団の死亡率を激減させ、空飛ぶ鎧を身にまとうスターク殿の腕は確かです」

クレア「それでも・・・彼らは王都を奪って見せるような化け物相手に勝てるのでしょうか・・・」

638: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/15(金) 08:02:39.27 ID:dyLnFfh70


レイン「今回ばかりは・・・冒険者だけで解決できるような危機ではない気がします・・・」

アイリス「えぇ・・・確かに。でも、心配する必要はありません」

レイン「・・・どういう意味でしょうか・・・?」

アイリス「なぜなら・・・助けを求める声に駆け付け、世界を救いに向かった彼らこそは---」






アイリス「---勇者(ヒーロー)だからです」


640: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/21(木) 20:20:41.78 ID:+7YYYev40

レイン「アイリス様・・・」

クレア「えぇ!その通りですね!信じて送り出したからには心配など・・・」


  ピピピ… ピピピ…


クレア「・・・?この音は・・・」

レイン「確か・・・ムセンとか言う連絡用の魔道具でしたよね」

フライデー『正しくは電子機器です』

レイン「う、うむ・・・連絡の主はスターク殿か・・・え、えっと・・・どこを押せば・・・」アタフタ…


641: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/21(木) 20:21:08.35 ID:+7YYYev40

フライデー『私が接続します』

  ピッ

トニー『やぁクレア。聞こえてるか?』

クレア「あぁ、問題なしだ。そちらの状況はどうだ?」

トニー『あー・・・まぁ、ちょっとしたハプニングはあったが・・・おおむね快調だ』

トニー『とりあえず、Ms.アイリスに代わってもらえないか?許可を得たいことがある』

クレア「アイリス様に・・・?わかった、今代わろう。アイリス様、スターク殿です」スッ…


642: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/21(木) 20:24:20.14 ID:+7YYYev40

アイリス「か、変わりました、アイリスです。どういったご用件でしょうか・・・?」

トニー『王都南東側の端から王城までの区画を買収したい。できるか?』

アイリス「え、えぇ!?そ、そちらは商業区で、民家はほとんど存在しないので不可能ではないですが・・・」

トニー『それじゃ、買った。じゃあな』

  ブチッ…

アイリス「えっ」

クレア「アイリス様・・・?どういった内容だったのですか?」

レイン「なんだかお顔が優れませんが・・・」

アイリス「・・・王都の一部を買収されました」

クレア・レイン「「!?!?」」


643: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/21(木) 20:24:56.27 ID:+7YYYev40
......
....
..
.


王都 町中



トニー「行けるぞ、ばら撒けフライデー」

フライデー『了解です。ボス』

カズマ「気のせいだといいんだけどさ・・・お前、今この街の区画を買ったとか言わなかった?」

トニー「言ってない」

カズマ「言ったろ」

トニー「言ってない」

カズマ「ていうか、今から一体何をするつもり---」

アクア「カ、カズマさーん!!カズマさーん!!アレ何とかしてぇ!」ダダダ…


644: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/21(木) 20:26:29.93 ID:+7YYYev40

魔物A「待ちやがれそこのプリースト!!てめぇ、俺達の兄貴を散々罵倒しといて何逃げてんだコラッ!」ダダダ…

魔物B「見ろ!兄貴がヘコんじまったじゃねぇか!」

魔物C「べ、べつにヘコんでねぇし・・・初めてあんなに罵倒されたから驚いてるだけだし・・・」

カズマ「お前一体何したの?」

アクア「ちょっとめぐみんと一緒に敵を煽っていたら様相以上にキレだしたのよ!!なんとかしてー!」

めぐみん「逃げては駄目ですよアクア!口上を述べたうえで敵を倒さないと!」

アクア「そんなこと言ってなんでめぐみんはずっと宙に浮いて上から見てるの!?」


645: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/21(木) 20:27:08.73 ID:+7YYYev40

めぐみん「強者は上から見下すものです」

魔物A「てめぇら馬鹿にしやがって!何が“ちょっと煽った”だ!“片手でひねりつぶす”だの“便器に吐き出されたタンカス共”だのめちゃくちゃ言いやがって!!兄貴がお前らに何をしたって言うんだ!」

魔物B「もう構わねぇ!あいつらまとめてぶっ潰してやる!」

アクア「カズマさーん!なんとかしてー!あいつら以外にも後ろからワラワラきてるの!」

めぐみん「ふっふっふ・・・今こそ我が爆裂魔法の活躍の場・・・」

トニー「君はもう一発撃ってしまっただろ?ロキに備えて温存しとけ。ここは僕がやる」

トニー「カズマ、アクアと魔物たちの距離を離せ。このままじゃアクアが巻き込まれる」


646: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/21(木) 20:28:52.98 ID:+7YYYev40

カズマ「お前が何をするのか大体見当がついた。めぐみんに怒られても知らないからな」スチャッ… ギリリッ…

 バシュッ!
  ドスッ!

魔物A「いだッ!?なんだ・・・?矢が膝に・・・!」グラッ

カズマ「矢についてるボタンを押して展開して・・・魔法を唱えるだったな」ポチッ

  カシャッ ヴンッ…

魔物A「な、なんだこの矢!?急に光り出したぞ!?」

魔物B「おいバカ!立ち止まるな!後続がつっかえ----」

カズマ「『ライトニング』ッッッ!!」

  ヴァチチィイッ!!


647: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/21(木) 20:29:42.57 ID:+7YYYev40

魔物たち「「「うぎゃっばあああっ!?」」」ヴァチチッ!

トニー「今だ!」



ジェリコ「」ヒュルルルルル… バシュンッ…


   カッ…

ズドォォォァァァアアッ!


パラパラ…


トニー「よし、道が開けたな。先に進むぞ」

ウィズ「さ、先程撃ってたものより攻撃力が上がっているような・・・?」

トニー「落としたのは衝撃じゃなくて攻撃力を上げた非殺傷じゃないミサイルだからな。ひとたまりもないはずだ」

648: ◆Ua1M3q7gGI 2019/02/21(木) 20:30:09.04 ID:+7YYYev40

カズマ「お前・・・街の一角を消し飛ばしておいて何か思う所はないの?」

トニー「もう僕の物だし問題ない」

ダクネス「大ありだこのたわけが!あわわ・・・美しい王都の街並みが・・・!この光景を国のお偉いさんが見たら、トニーは間違いなく最重要危険人物に認定されるぞ・・・!国が放っておかなくなる・・・!」

バニル「フハハハハハッ!なんとも豪快な金の使い方であるな!今後とも我輩の店をよろしく頼む!」

めぐみん「なんですか・・・?なんなのですか・・・?さっきからっ・・・私をそんなに怒らせたいんですかっ・・・?」

ゆんゆん「めぐみん落ち着いて!目が真っ赤!!」

めぐみん「落ち着けるわけないでしょう!私の存在価値の危機なのですよ!?」

トニー「カズマも言ってただろ。君にはロリ枠と言う貴重な存在価値が・・・おい、僕に杖を向けるな!僕が作った杖だぞ!」


658: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:07:54.91 ID:ckT/Xav70

カズマ「敵陣の中で仲間割れすんな!!」

トニー・めぐみん「「ならこの女(男)を何とかしてくれ(ください)!!」」

カズマ「めんどくせーなお前ら!!めぐみんはちょっとくらい容認してやれ!!今は火力がたくさん必要なんだよ!トニーも嘘つくんじゃねぇ!!これが終わったらもう作らないって口約束しとけ!!」

トニー「・・・はぁ、わかった。めぐみん、この戦いが終わったらジェリコをすべて解体するし、もう製造はしない。今度こそ本当だ」

めぐみん「・・・仕方がありませんね。事情が事情ですし、心の底から嫌ですが今回だけは見逃して・・・いや、ちょっと待ってください。今口約束って・・・」

カズマ「いってないよ」

めぐみん「カズマのことですから、荒事が楽になると喜んで黙認しそうで怖いのですが・・・」

カズマ「そんなことないよ」

659: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:11:20.06 ID:ckT/Xav70

バニル「『バニル式殺人光線』!!『バニル式・・・ええいっ、何をやっておるか漫才師パーティーども!爆発を聞きつけた敵が大量に向かってきてるのだぞ!!」

トニー「はいはい、僕らの側面の敵はさっき助けた冒険者たちが守ってくれている。このまま火力を正面に集中させて進むぞ。全員準備はできているか?」

ウィズ「はい!火力面は任せてください!ゆんゆんさん、行きますよ!」

ゆんゆん「はい!」ダッ

アクア「アンデッドや悪魔系の敵は任せなさいな!それと、怪我したらちゃんと私に言いなさい。すぐに直してあげるからね」バキボキ…

ダクネス「盾になるのは任せておけ!トニー!私が敵を引き付けたところでジェリコを私に打ち込んでくれてもかまわないぞ!一度あれを私に食らわせてくれフヘヘ///!」

アイギス《お嬢ちゃん!帰ったら本当に今後について話し合おう!?●●●●大きくてかわいい子は好きだけど、さすがにこれは許容できない!!》

めぐみん「温存、温存と、もうウンザリです。次に敵の群れを見たら問答無用で爆裂魔法を打ち込みますからね。つまり、準備完了です」

トニー「・・・」

トニー(正直アベンジャーズが恋しくなってきた・・・)

カズマ「こいつらの制御なんて考えるだけ無駄だぞ」

トニー「身に染みた」

660: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:13:11.48 ID:ckT/Xav70
......
....
..
.



王城 謁見の間 


 ドォオ…ン…

ロキ(また謎の爆発音・・・音からして、連中はここにまっすぐ向かってきている・・・冒険者どもにかけた洗脳魔法はもう解かれてしまったか・・・洗脳していた頃に感じていた魔力の流れを今はもう感じない・・・)

ロキ(あの青髪の女、私の魔法を止めた事といい、思っていた以上に力があるみたいだな・・・)

ロキ(魔王軍どもめ・・・時間稼ぎもまともにできんのか?)

    ガチャッ!

魔王軍兵士A「ロ、ロキ様!!」

ロキ「・・・今度はなんだ」

魔王軍兵士A「た、大変なんです!急に妙な装備を身に着けた連中が現れたかと思いきや、次々と我が軍の兵士を蹴散らし始めて大パニックに・・・」

魔王軍兵士A「爆裂魔法がぶち込まれるわ、それに匹敵する謎の爆発物が降ってくるわ、空飛ぶ鎧が大暴れしてるわ、冒険者の洗脳が解かれているせいで援軍が足止めされてるわで・・・」

ロキ「・・・フンッ、これを持っていけ」ポイッ

魔王軍兵士A「こ、これは・・・?」パシッ


661: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:16:05.63 ID:ckT/Xav70

ロキ「転移の魔道具だ。それを使えば、ヴォーミアで戦力として捕まえておいておいた魔獣どもを呼び出せる。わかったらさっさと行け」

魔王軍兵士A「ロキ様は来ないのですか!?あなたにも来ていただかないと、我が軍に多大な犠牲が・・・」

ロキ「私はここでやることがある。お前たちは時間を稼ぐことに徹していろ」

魔王軍兵士A(な、なんてやつだ・・・!計画とやらを明かさないくせに、俺たちの仲間まで殺しておいて、この言いよう・・・!)ギリッ…

ロキ「返事はどうした?」

魔王軍兵士A「ぐ・・・わ、わかりました・・・」クルッ…

 ガチャッ
   バタン…

ロキ「たかが捨て駒風情が、よくもまぁあんな目ができるものだ・・・」

 ビーッ ビーッ ビーッ

ロキ「・・・!」

662: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:17:41.33 ID:ckT/Xav70


【超質量物質転送用異世界間ゲート発生装置 準備完了】


ロキ「クク・・・ハハハハハ!!!なにやらあがいているようだが・・・間に合わなかったな!スターク!!起動までに間に合っていれば、まだ勝機があったものを!」

ロキ「魔王軍どもよ・・・せいぜいダメ押しの時間稼ぎを期待しているぞ・・・!」

ロキ「そして全員地べたから眺めているがいい・・・」





ロキ「神の世界が誕生する瞬間を・・・!」スッ…


   ポチッ…

663: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:20:42.00 ID:ckT/Xav70
......
....
..
.


王都 町中 


トニー「フライデー、周囲の様子は?」

フライデー『少々お待ちください』ピピピ…

  ピピッ

フライデー『左手側50メートル、白い看板のレストランの中に多数の反応があります。おそらく、立てこもって奇襲の機会をうかがっているものかと』

トニー「了解。突入する」ドシュゥゥウウッ

  バァンッ!

トニー「やぁ、まだラストオーダーの時間じゃないよな?」シュゴゴゴ….


664: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:21:36.25 ID:ckT/Xav70

魔物F「ゲェッ!なんでバレた!?クソッ!全員魔法の準備をしろ!!」

魔物G「ていうかなんで鎧着て宙に浮いてるんだよ!なにもかもおかしいだろ!!」

魔物D「魔法の準備ができたぞ!囲め!囲んで一斉に撃て!」

トニー「諸君、よせ。話せばわかる」

魔物s「「「死ねぇええ!!」」」

Mk.46「」ピピッ

【カースド・リパルサーレイ アーク・ミサイル マイクロ・ミサイル オンライン ロックオン完了】


665: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:22:55.41 ID:ckT/Xav70

ジャキィンッ!

魔物達「「「!?」」」

魔物D「ちょっ、ちょまままま!!一体なんだその武装の数---」


 ズ
  ド ド
 ド ド ド
  ド ド
   ンッ
   !


 シュゥゥゥ…
  パラパラ…

 【残敵なし。武装解除】

トニー「話せてよかった。じゃあな」ガシュンッ….

 ドシュゥゥウウッ

魔物D「どこが・・・話しだ・・・」

666: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:24:56.71 ID:ckT/Xav70

------------


カズマ「おい、トニーが突っ込んでいったレストランから妙な爆発音が聞こえたぞ。大丈夫なのか?」

ゆんゆん「出てきたご飯が美味しくなくてクレームをいれてるんじゃないでしょうか」

めぐみん「あのゆんゆんがトニーみたいなジョークを・・・」

ゆんゆん「ち、ちょっとそれっぽいセリフを言ってみたくて・・・」テレテレ….

アクア「影響を受ける人間は考えたほうがいいわよ?」

 シュゴゴゴゴ…

トニー「君が言うと説得力がまるでないぞ」

667: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:26:49.30 ID:ckT/Xav70

カズマ「おっ、戻ってきた」

トニー「隠れてた敵は倒しておいた。ダクネスが正面の敵に発情しながら突っ込んでいるから、僕らも続----」

ズンッ…
   ヴゥンッ….

トニー「・・・何の音だ?」

フライデー『・・・ボス、周囲に異常な魔力の波動を検知。発生源は・・・』

トニー「・・・もう見えてるから言わなくてもいいぞ」

カズマ「おい、なんだよあれ・・・王城の天辺からなんかビームみたいなのが・・・」


669: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:32:18.59 ID:ckT/Xav70

 ゴゴゴ…
  ギギギギギ….

トニー「あー・・・フライデー、僕酔ってないよな?」

フライデー『血中アルコール濃度に異常なし。すべての数値において正常と判断されました』

トニー「今だけは異常と判断されてほしかった・・・」

アクア「ねぇ!空に穴が開いてるんですけど!?どんどん広がっていくんですけど!?」

バニル「見ればわかるわ!喚くでない、この鶏女神めが!」

ゆんゆん「あわわわ・・・いったい何が・・・・!?」

めぐみん「ゆ、ゆゆ・・・ゆゆんゆんゆゆん・・・!おち、おちちち・・・」


672: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 22:00:25.23 ID:ckT/Xav70



フライデー『大規模な空間異常を検知。NYの時のものとは比べ物にならない数値です』

ダクネス「おい!空の穴がどんどん広がっていくぞ!こ、これは・・・!」

フライデー『ワープゲート、いまだに範囲拡大中です。ゲートの直径はすでに王都全土の面積を遥かに超えています』

ウィズ「こ、ここまで巨大な魔力は今まで感じたことが・・・」ゴクリ…

 「おい、なんだありゃ!」 「知らねぇよ!俺に聞くな!」
   「ロキの仕業か!?」

   ザワザワ…

バニル「どうやら魔王軍でさえも何が起きているのか把握できていないようであるな。とすれば、これはあの日常生活に支障をきたしそうなレベルのアホ兜を被ったアホ邪神の仕業か・・・」

バニル(というより、空に開いた穴の先が眩しくて見通せん。一体なにが送られようとしているのだ・・・?)

 ズズズズズ…


670: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/21(日) 21:38:38.48 ID:ckT/Xav70

カズマ「穴の奥に何か見えるぞ!ちょっと千里眼で様子を・・・」スッ…

カズマ「あれは・・・あ・・・れ・・・」サァッ…

アクア「ね、ねぇ、なにそんな青ざめた顔してるの・・・?私、すっごく嫌な予感がするんですけど・・・」

トニー「フライデー・・・」

フライデー『ゲート内部をズームした映像を解析中・・・解析完了』


  ズズ...







アスガルド「」ゴゥン…



フライデー『・・・未知の大陸です』

カズマ「はい、撤収」

683: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/29(月) 23:55:19.72 ID:e/wkEvir0

アクア「・・・」

ウィズ「アクア様?どうしました?急に静かに・・・」

アクア「あははははは!!何あれ?でっかいパイプオルガン?」

ウィズ「アクア様!お気を確かに!!」

バニル「フハハハハハ!!まさか、まさか神の国そのものが来るとは!永い間生きてきた我輩でも、こんな光景は初めて見たわ!フハハハハハ!!!」

カズマ「撤収ーっ!撤収ったら撤収!なんだよあれ!俺普通にロキが現れたら矢で適当に援護しつつ、トニーやバニル、ウィズに任せてあっさり終わりみたいに考えてたのに!なんでこんなおかしなことになってるんだよ!」

ダクネス「ここまで来たらなおさら撤収などできるか!あの空をよく見ろ!あれをどうにかしないと、王都どころかこの世界そのものがどうなるかわからないのだぞ!!」


684: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/29(月) 23:56:21.39 ID:e/wkEvir0

カズマ「お前こそ、この空に広がっていく理不尽をよく見ろよ!惑星だか大陸そのものが穴から顔をのぞかせているんだぞ!人間にどうにかできる問題じゃねぇ!」

カズマ「俺はもう駄目だ!空の穴見て完全に心が折れそうだ!帰らせてくれ!」

アイギス≪俺さ、世界を救うなんて大それたこと言わないよ。手が届く限りのおなご達を守って見せる。そう、それでいいじゃないか≫

トニー「なにいい話で終わらせようとしてるんだ!最後まで付き合え!」

めぐみん「ト、トニー!あの、遠くから何かが・・・」

トニー「全員聞け!これは僕の経験則だが、世界滅亡の危機だろうが、なんだろうが、全員で結束して立ち向かえば意外と解決できるもんなんだ!」

めぐみん「あの・・・」

トニー「いままであらゆる危機を乗り越えてきたが、結束こそが一番の最善策だった!」

トニー「君たちだってそうだったんだろ!?絶対無理だと思えるような怪物相手でも、結束して勝利してきたんだろ!?今回も同じだ!まぁ、規模は多少でかいかもしれないが、できることはまだあ---」

めぐみん「トニー!今すぐ振り返ってください!何かこっち来てます!!」

トニー「ったく、いいこと言ってるのに、話をそらそうとす---」クルッ…


685: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/29(月) 23:57:17.17 ID:e/wkEvir0


?「よォ、名演説の途中悪いが、続きはあの世でやってくれ」ブォンッ

   ド ギ ャ ァ ッ
     ヒュンッ…
      ドゴォ…ン…

ゆんゆん「ああっ!トニーさんが!トニーさんが金棒で吹き飛ばされちゃいましたよ!?」

アイギス《オイオイオイ、死んだわあいつ》

カズマ「今のはアレだな。ダメージ蓄積値300%超えで横Aスマッシュをフルチャージで食らったような吹っ飛び方だったな」

ゆんゆん「今度はカズマさんがおかしくなっちゃったんですか!?変なこと言ってないで助けに・・・」

?「そう焦んじゃねぇよ。すぐ同じところに送ってやっからよ・・・」サラサラ…

カズマ「トニーを吹っ飛ばしたあいつ、どうなってるんだ?体が砂でできてるのか・・・?」

アクア「あんた!よくもウチの従者をホームランしてくれたわね!今度は私があなたをかっ飛ばしてあげるわ!」


686: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/29(月) 23:57:55.32 ID:e/wkEvir0

ガデルカンド「ハッ、雑魚プリーストが強がりやがって!いいか!俺の名はガデルカンド!魔王軍準幹部と目されている砂のガデルカンド様だ!この体はあらゆる物理攻撃を無効化する!さぁっ、かかって来---」

  シュゴゴゴゴ…

トニー「こりゃまた大きな砂場だな。みんなで砂遊びしていくか」

ガデルカンド「な!?生きて---」

カズマ・アクア「「『クリエイト・ウォーター』ッ!」」

   バシャァッ

ガデルカンド「げぇっ!?しまった!体が・・・固ま・・・」ドロッ…

カズマ「ハッハァーッ!砂のモンスターには水をかけるって相場が決まってるんだよ!!これ、俺の作戦な!!ウィズ!ゆんゆん!あとは任せた!」

687: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/29(月) 23:58:24.44 ID:e/wkEvir0

ウィズ「いきますよ、ゆんゆんさん!」

ゆんゆん「はい!」バッ

ウィズ・ゆんゆん「「『フリーズ』ッッ!!」」ヒュゴォォオッ

ガデルカンド「カッ・・・---!?」パキパキ….

  パキンッ…

アクア「あっはっはっは!!なんて不細工な氷像なのかしら!!私がきれいに削ってあげましょうか?プークスクス!!」

ガデルカンド(なんなんだこいつら!俺は魔王軍準幹部だぞ!?戦闘力だけならベルディアやハンスにだって劣らない・・・)


688: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/29(月) 23:59:22.01 ID:e/wkEvir0

トニー「ほら皆。結束したらこんな怖そうなモンスターもあっという間だったろ?」

トニー「あっ、君の出番はここまでだ。引き立て役ご苦労様、肩でも揉んでやるよ」ガシッ

【リパルサーレイ出力値 上昇】

 キュィィイ…

ガデルカンド(おい、何をする気だ!?やめ---)

   ヴァゥゥンッ!
  パリィィイイン...
 パラパラ…

トニー「悪くない作戦だった。よくやった、ボウズ。さすが、問題児パーティーを率いてるだけあるな」

689: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:00:30.69 ID:VxVKgTz10

カズマ「お前も最近その問題児リストに加わったってことを忘れるなよ」

トニー「僕のどこが問題児だっていうんだ。それよりどうだ?楽勝だったろ?こんなノリで城まで行って、軽くロキをぶっ倒して帰ろうじゃないか」

トニー「そして、アクセルに帰ってすぐにサキュバスの店に行こう。なっ?」

カズマ「ったく・・・しょうがねぇなぁ・・・」

トニー「いいね。その意気---」

  ワー! ワー! 
   ニゲロ ニゲロ!!  
     タイヒーッ

トニー「・・・なんだ?」

ダクネス「おい、全員向こうを見ろ!なんだか騒がしいうえに、凄い量の土煙や炎が上がっているぞ!!」

690: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:01:05.09 ID:VxVKgTz10

  ドドドド…

冒険者A「おい!あんたらさっさと逃げろ!後ろから化け物どもがわんさか来てるぞ!!」

冒険者B「なんか雑魚兵の一人が転移魔法唱え始めて・・・“雑魚兵士が一体何を呼ぶつもり?ペットの犬かインコ?”とか笑ってたら大量の化け物たちが・・・!とにかく逃げてぇ!!!」

魔王軍兵士A「よくも俺をコケにしやがって!!全員こいつらの餌にしてやる!!」

魔龍「グォォォオオオオッ!!」ゴゥッ!

グロウキメラ「キェァァァアアッ!!」

フェンリル「ガルルルァァァアアアッ!!!」

ヒュドラ「キシャァアアアアアッ!!!」

  ドドドドドドド…


691: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:01:33.15 ID:VxVKgTz10

カズマ「なぁ、トニー」

トニー「なんだ」

カズマ「前言撤回していい?」

トニー「ダメ」


692: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:02:31.54 ID:VxVKgTz10

ゆんゆん「あわわわ・・・魔龍にフェンリル、ヒュドラにグロウキメラ・・・!?高レベル冒険者が束になって戦わないと勝てないようなモンスターがこんなにも・・・!」

トニー「ハルクも顔負けの面してるな・・・」

ダクネス「どれも特別指定モンスターになったっておかしくないくらいの伝説級モンスターだ・・・!」

めぐみん「ここは私が!!」ジャキンッ

めぐみん「『エクスプロージョン』ッッッ!!」

  カッ…
  
ズガァァァアアアアアンッ!!!!

 パラパラ…

トニー「ナイス爆裂だ。どうだ?」

めぐみん「手ごたえはありましたが・・・」

  シュゥゥウウ…

693: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:03:04.74 ID:VxVKgTz10

アクア「煙で何も見えな---」

   ゴゥッ!!

アクア「ぎゃーっ!炎のブレス!?ちょっ!誰か何とかしてぇ!!」

ダクネス「私に任せろ!」バッ!

   ドボァッ…

トニー「Wow、火だるまだ。あれ防いだって言うか身代わりになっただけなんじゃ・・・」

ゆんゆん「ダ、ダクネスさーん!!」



アイギス《ところがどっこい、効きません。なぜなら俺は神器だから!!魔法のブレスなんて俺に効くかよ、出直せクソトカゲ!》

694: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:03:32.30 ID:VxVKgTz10

ダクネス「・・・ちぇっ」

アイギス《・・・》

バニル「ネタ娘が爆裂魔法をぶちこんだとはいえ・・・」

ドラゴン・ヒュドラ・フェンリル「「「グルルルル…..」」」

バニル「あれほどの魔獣相手となると、一体倒すのが限界であるか・・・」

めぐみん「ぐぅ・・・」ギリッ…

バニル「・・・ふむ」



バニル「・・・行け」


695: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:04:19.17 ID:VxVKgTz10

めぐみん「・・・へっ?」

バニル「行けと言ったのだ。もう城まで近い、ここは我輩とポンコツ店主で引き受ける。汝らは先へ行け」

バニル「付き合ってくれるな?ウィズ」

ウィズ「えぇ、構いませんよ。ワクワクしますね」ニコッ

トニー「・・・良いのか?」

バニル「大悪魔であるこの我輩が足止めをしてやると言うのだ。深々と感謝するが吉」

トニー「今度店で何か買ってくよ。全員聞こえてたか?ここはバニルとウィズに任せ、今から王城まで一気に突撃する。僕につかまれ、めぐみんは僕の後を追いかけて飛んで来い」


696: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:04:47.99 ID:VxVKgTz10

カズマ「これで良いのか?」ガシッ

ゆんゆん「ウィズさん、バニルさん、頑張ってくださいね!」ガシッ

ダクネス「すまない、ここは任せる!二人にエリス様のご加護があらんことを!」ガシッ

バニル「悪魔の我輩に、神のご加護とは一体何と言う侮辱か。吐き気と寒気が止まらんのでよせ」

アクア「木っ端悪魔は死んでもいいけど、ウィズは死なせちゃ駄目なんだからね!いざって時は身を挺して守りなさいよ?」ガシッ

バニル「貴様こそ、この我輩がお膳立てしてやってるのだから精々活躍して見せるが良い。まぁ最も、貴様に出来る活躍なんぞ足を引っ張って泣き喚き、頭のおかしな信者共を喜ばせる程度の物であろうがな!フハハハハハ!!」

アクア「こんのクソ悪魔!あんたを邪神討伐の前座にし---」

トニー「それじゃ出発」シュゴゴゴゴ….

カズマ「えっ、飛ぶって・・・魔法的なものとかじゃなくてまさかマジで・・・」

 ドシュゥゥゥウウッ!

カズマ・アクア「「ああああああああああ!!」」

 アアアアアアァァァァァ…


697: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:07:39.37 ID:VxVKgTz10

バニル「さて・・・静かになったものだな」

ウィズ「こうして二人で戦うってのは初めてかもしれませんね」

バニル「我輩はいつも店の赤字と戦っておるがな」

魔王軍兵士A「バニル様・・・?それに・・・ウィズ様まで・・・あなた方は魔王軍では・・・?なぜここに・・・!」

バニル「今の我輩はもう魔王軍幹部バニルではない。善良なアクセル市民として評判な、カラススレイヤーのバニルさんである。今日はマナーのなっていないご近所さんを叱りつけに来たのだ」

ウィズ「ごめんなさい。私も中立でいたかったのですが、市民も容赦なく殺すあなた方の主人みたいなのに関してはその限りではないんです」

ウィズ「邪魔さえしなければ、部下であるあなた方を攻撃するつもりはありませんので、できれば撤退していただけると助かるのですが・・・」

698: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:08:20.74 ID:VxVKgTz10

魔王軍兵士A「悪いが、そうはいかないな・・・ゲス野郎なボスだし、今この空に広がる光景を見ても、何を企んでいるのか、さっぱりわからねぇ。多分、俺は今都合がいいように使われているだけなのかもしれない」

魔王軍兵士A「でも、王都を陥落させているというこの状況を逃すわけにはいかない」

魔王軍兵士A「・・・下っ端兵士なりの判断ってやつだ。行け!魔獣共!」

魔龍・フェンリル・ヒュドラ「「「ゴァァァアアアアアッ!!!!」」」


  ドドドドドドド…


ウィズ「・・・説得失敗しちゃいました」

バニル「だろうな・・・全く、これだから下っ端兵士は・・・自分の意志というものをもっておらん。さてウィズよ、準備はできておるか?」

ウィズ「はいっ!『カースド・クリスタルプリズン』ッッッ!!」


     パ キ ィ ン ッ…

699: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:09:45.58 ID:VxVKgTz10
......
....
..
.


王都 上空


 キィィィィイイイ…

アクア「いやーっ!死んじゃう!落ちて死んじゃう!!カズマさーん!!!カズマさーん!!」

カズマ「あああああああ!!!落ちる!落ちる落ちる落ちる!!!!」

トニー「電流を流して手が開かないようにしてある、だから耳元で喚くな!」

ゆんゆん「目を開けてられない・・・!」

めぐみん「情けないですねぇ、自称我がライバル」キィィィィ…

ゆんゆん「めぐみんはその鎧の中に入ってから平気なんでしょ!?あっ、あと胸がアレだから空気抵抗が・・・」

めぐみん「なにおおおおおお!!今すぐ下に落としてあげましょうか!」

700: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:11:20.34 ID:VxVKgTz10

ゆんゆん「ああっ!痛いやめて!落ちたら本当に死んじゃうんだから攻撃しないで!」

ダクネス「くっ・・・この鎧のせいで何も感じられない・・・なぁ、アイギス。一部分だけ解除とかできないのか」

アイギス《出来ないけど、もしできるんだったらこのまま真下に体をパカッと開いて君を投下したいよ》

ダクネス「あっ、そっちの急に落とされる機能の方が欲しい!トニーに改造してもら---」

アイギス《ブラザー!ブラザー助けてくれ!!コイツマジでイカれてる!!俺、神器なのに気が狂いそうだ!》

トニー「そこの狂性堕ーにいちいち突っ込んでると精神が汚染されるぞ。呪われたと思ってあきらめろ。その狂人はもう手遅れなんだ。そして、今一番気が狂いそうなのは僕の方だ・・・」

フライデー『ボス、もう王城は目の前です。どう侵入しますか?』

トニー「普通に、ノックして入る。出来る限りロキのいる部屋に近い階に突っ込むぞ」キュィィィイイン…

ダクネス「ハッ!?待てトニー!何をする気だ!?王城は歴史ある建物なんだ!外壁に穴を開けるのだけは勘弁---」

   ズガンッ!
    パラパラ…

701: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:12:27.45 ID:VxVKgTz10

アクア「うっ、うぅっ、おぢてじぬがとおも゛っだ・・・うえ゛え゛・・・」グスッ…エグエグ…

トニー「よーし、着いたぞみんな。ここ、土足厳禁じゃないよな?」

ダクネス「貴様、さっき私を狂人扱いしたことを謝れ!!どうするんだこの大穴!」

トニー「僕が修繕費を出しておくからそうわめくなよ」

ダクネス「金を出せば良いってもんじゃない!」

カズマ「そこまでにしとけダクネス。警備が厚くて玄関から突入なんて無理だったんだよ」

カズマ「俺の可愛い妹の事だ、“お兄ちゃんうっかり壁壊しちゃった。ごめんな”とでも言えば許してくれるよ」

ダクネス「うぅ・・・不安しかない・・・」

702: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:14:22.82 ID:VxVKgTz10

カズマ「----ッ」ビリッ

カズマ「・・・やばいな。外から侵入した俺達に気が付いた敵が、みんなこの階めがけて押し寄せてきている。このままじゃロキと兵士の挟み撃ちコースだぞ。誰かがここで敵の足止めをしないと・・・」

  スッ…

ゆんゆん「はい。私が引き受けます」

ダクネス「正気か!?魔法使い職一人で残るなど・・・わ、私もここに・・・」

カズマ「た、確かに危ないけど、そしたらロキと戦うときの盾が・・・くそっ、どうすっかな・・・」

アイギス《あー・・・ゴホン。誰か忘れてません?》

ダクネス「アイギス?どうするつもりだ・・・?」

703: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:14:58.20 ID:VxVKgTz10

アイギス《どうするもこうするも、こういうことさ!合・体・解・除!》カッ…

アイギス《こうして俺が変態ちゃんから離れ、そっちの幼い顔して●●●なボディしたお嬢ちゃんと合体する。一人で攻防一体訳だ》

アイギス(ついでに変態クルセイダーという呪いから逃れられるしな)

トニー「・・・悪くない案だ。ダクネスなら、アイギス無しでもその盾と腹筋で耐えられるだろう」

カズマ「これが一番ベストな采配かもな。どうだ、ダクネス?その盾と、今着てるプレートメイルと自前の腹筋で大丈夫そうか?」

ダクネス「ふ、腹筋腹筋いうな!!私はアイギスが無くとも問題ないが・・・ゆんゆんは一人で戦えるのか?」

ゆんゆん「はい!任せてください!」

めぐみん「そう心配しないで良いですよ、ダクネス。我がライバルを名乗る以上、こんな所でくたばるような子ではないハズです。でしょう?」


704: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:16:44.52 ID:VxVKgTz10

フライデー『めぐみん様の言葉を翻訳すると、“気を付けてくださいね、私の親友のゆんゆん”という意味になります』

ゆんゆん「め、めぐみん・・・!」ウルッ…

めぐみん「誰が訳せと言いましたか!最近おかしいですよフライデー!!」

トニー「誰の影響だと思ってるんだ?」

ゆんゆん「心配しなくても大丈夫よ、めぐみん!ここで足止め位できないと、紅魔族族長を名乗る資格なんてないんだから!」

ゆんゆん「めぐみんこそ、邪神なんかに負けないでよね!」グッ

めぐみん「フッ、ゆんゆんのくせしてカッコいいこと言うじゃないですか!任せてください!あのスカしたトナカイ頭は私が粉みじんに粉砕して見せます!!」

トニー「ゆんゆん、君の分の装備を作るために寸法をとるから、僕のラボに後で来いよ?」

705: ◆Ua1M3q7gGI 2019/04/30(火) 00:17:53.79 ID:VxVKgTz10

ゆんゆん「良いんですか!?よ、よし!頑張ります!また後で!」

アイギス《ようし、お嬢ちゃん、俺の中へお入り。俺を装着するときのキーワードは『お ち 祭り』だよ!さん、はい!》

ゆんゆん「え、えぇ!?お・・・お・・・///『お ん・・・』」

カズマ「騙されんなゆんゆん!そしてお前もやめろこのバカ!!セクハラしてる場合じゃねーんだよ!」

トニー「やっぱりこいつ帰ったらスクラップにしないか?」

アクア「私が湖の底にでも封印してあげてもいいわよ?」

アイギス《冗談通じないにゃぁ・・・それじゃ行くぞ、合・体!》カッ…

アイギス《これでもう大丈夫。今度こそ俺達、いいコンビになれる気がするよ!》

ゆんゆん「さぁ、後ろは任せて行ってください!もう時間もないです!」

カズマ「任せた、ゆんゆん!アイギス!行くぞみんな!少し前に城で生活してた時に、暇を持て余して城内をブラついてた俺は覚えてる!この先が謁見の間だ!」ダッ

トニー(なんて頼りにならないセリフなんだろうか)

717: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 21:50:14.78 ID:o7OKSS1a0
......
....
..
.


王城 謁見の間前廊下


カズマ「ここが謁見の間に続く扉なんだけど・・・すごいな。警備のけの字もない、がら空きだ」

めぐみん「冒険者の護衛がみんな居なくなったと言うのに・・・よほど自分の腕に自信があるのか、魔王軍を信用していないのか・・・いずれにせよ、どこまでもスカした男ですね」

トニー「ロキと戦う前に作戦会議をしないか?ハプニングがあって、カズマの考えた作戦は無駄になっただろ?」

カズマ「あぁ・・・人質を回収したら外から爆裂魔法を謁見の間にぶちかまして、安全にテレポートでアクセルに帰るって完璧なプランが・・・」

めぐみん「本当です。王城に爆裂魔法をぶち込むなんて、人生を百回やり直しても得られない経験でしょうに・・・残念です」


718: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 21:52:28.67 ID:o7OKSS1a0

ダクネス「私としては、そんなプランが決行されなくて本当に良かったと思っている・・・」

カズマ「アイリスが許可くれてたんだし、そんなに嫌そうにしなくてもいいだろ」

ダクネス「お前といい、トニーといい、歴史的価値のあるこの建物をなんだと思っているのだ・・・?この国を担う貴族の一人として、国を象徴する建物が破壊されるのは見過ごせないのだが・・・」

トニー「この世界の歴史そのものが消えるかもって事態なんだぞ。建物がどうこう言ってる場合か?」

ダクネス「ぅぐっ・・・!」

カズマ「まさにぐうの音も出ないほどの正論ってやつだな。流石だトニー、面倒ななんちゃって貴族を説得する手間が省けた」スッ…

ダクネス「な、なんちゃって貴族・・・!?」

トニー「お安い御用だ」スッ…

  ゴチンッ


719: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 21:53:35.04 ID:o7OKSS1a0

アクア「男同士、拳をぶつけて友情を確かめ合うのもいいけど、結局作戦はどうするの?あとカズマ、手を出しなさい。ヒールかけてあげるから」

カズマ「ありがとうアクア。正直今ので拳が砕けるかと思った」プルプル…

トニー「・・・で、作戦は?」

カズマ「いいか、まず先に謁見の間の間取りを教えるからな。とりあえず・・・まぁ、とにかく広い」

アクア「なにそれ・・・」

トニー「漠然としすぎだ。もっと詳しく」

カズマ「今から説明してやるから焦んな!」

ダクネス「確かに広い。この国の四大貴族として何度かあの謁見の間に訪れているが、あれほど壮麗な部屋もあるまい。まるでアイリス様の心の広さと美しさを示すかのような---」

カズマ「どれだけ広いか分かりやすく言うと、あの部屋の中で俺がアイリスとかくれんぼした時、いつまでたっても俺を見つけられなくて、業を煮やしたアイリスが騎士団を使ってまで俺を探しても探しきれなかったくらいには広い」

ダクネス「貴様は神聖な謁見の間で一体何をしているのだ・・・」

カズマ「まぁ、つまり・・・めちゃくちゃ広いうえに柱やらカーテンやら柱やら障害物があって隠れやすいんだ。天井も高くて、おまけにバルコニーもある。ここまで言えば、もう大体わかるだろ?」

720: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 21:54:27.10 ID:o7OKSS1a0
......
....
..
.


謁見の間


ロキ「・・・!」

ロキ「やっと来たか・・・この玉座の座り心地にも飽きてきたところだ」ギシッ….

トニー「お前が次に座るのは冷たい石畳の上か電気椅子だ。せいぜい今の内にその似合ってない玉座を楽しんでおくんだな」

ロキ「ずいぶんとご立腹じゃないか、スターク。それに仲間が見当たらないが、どうした?ここに来る途中で死んだか?あぁ、そうか・・・隠れてるのか」

トニー「・・・」

ロキ「どうせこれからヒーローとしての矜持だなんだを偉そうに語り、かかってくるんだろうが・・・」

721: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 21:55:17.26 ID:o7OKSS1a0

トニー「悪いが、僕の新しい仲間にヒーローなんて御大層な奴は一人もいない。僕だけだよ、まともなのは。他の連中は全員そろいもそろってロクでもないのばかりだ」

トニー「DNAにアルコールがしみ込んでいて、宴会芸しか取り柄の無い、知力が僕の百分の一も無い自称女神」

トニー「モンスターより短気で、テロリストに片足突っ込んでる、名前と頭のおかしい爆裂娘」

トニー「あと変態」

トニー「こいつらはそう簡単に死ぬ連中じゃない。お前をぶちのめすチャンスを、まだかまだかと伺っているさ」

ロキ「そいつらがなんだと言うのだ?どこかに隠れていると言うのならば・・・」スッ…

ロキ「お前を死体にしておびき出す!」バッ

トニー「!」

ロキ「遅い!『カースド・ライトニング』ッ!!」ズァッ


722: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 21:57:02.58 ID:o7OKSS1a0

  スカッ…

ロキ「!?」

ロキ「なっ・・・攻撃がすり抜けた・・・?」

トニー?「君がヴォーミアでやったチープな身代わりの術を真似させてもらった」ザザー…

ホログラム発生装置「」ヴゥーンッ

ロキ「フッ・・・ハハハハッ!全員そろって隠れているというわけか!小賢しい手を使うようになったとは思ったが、とうとうネズミのようにこそこそするようになるとは!」

ロキ「いいだろう、ヴォーミアで犬死したあの哀れな臆病者のように殺して---」

   ピシッ…

ロキ「---!」


723: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 21:58:16.92 ID:o7OKSS1a0

トニー「そうそう、僕のこの素晴らしいロクでもない仲間はもう一人いるんだ。ほら、自己紹介してやれ」


   バリィィィィイインッ


ロキ(窓の外---!)

カズマ「どうも久しぶり!哀れな臆病者のカズマです!」ギリリッ…

ロキ「なんだと!?」

  バシュッ!

ロキ「ッ!」パシッ

ダクネス「おい、あの男飛んできた矢を素手で受け止めたぞ!?」


724: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:00:07.74 ID:o7OKSS1a0

カズマ「問題ない」スッ…

ロキ「・・・」ポイッ

   カランッ…

ロキ「・・・そのボタンを押せば、矢が爆発するんだろう?知っている攻撃だ」

カズマ「ちょっと違うな。めぐみん!出番だぞ!」




シュゴゴゴゴ…



めぐみん「さぁ、邪神ロキ。あなたより悪い魔法使いがやってきましたよ。悪い魔法使いの本能に従い、その邪神の座を明け渡してもらいに来ました」スチャッ

カズマ「その矢はな、爆発するんじゃない---」スッ…

ロキ(何か---)

カズマ「---爆“裂”するんだ」ポチッ

ロキ(---マズイ!)バッ…

 カシュンッ 
  ピピピッ



725: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:01:48.85 ID:o7OKSS1a0


カズマ・めぐみん「「『エクスプロージョン』ッッ!!」」


   ズドォォォオオオオァァァッ!!!


カズマ「ぶははははは!!なにこれ!!すっごい爽快!めぐみんが取り憑かれた理由が少しわかった気がする!」

めぐみん「わははははは!!まさかカズマと二人で爆裂魔法が撃てる日が来るとは!カズマの方はスクロールなのが残念ですが・・・」

トニー「文句言うな。そのスクロール、作るのかなり大変だったんだぞ。僕とウィズで夜なべして作ったんだからな。もっと重要な局面で使ってくれ」シュゴゴゴゴ…

カズマ「今がその時だったろ。窓ガラスをぶち破ってカッコよく参上。決めセリフもばっちりだった」

カズマ「・・・バルコニーの下で、飛べない俺達をめぐみんとトニーが肩車してホバリングで待機してる絵面を除けば・・・」

アクア「うぅ・・・お尻痛かった・・・」サスサス…

ダクネス「鋼鉄の肩の上にひたすら座り続けさせられる・・・うん、悪くない・・・」


726: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:02:28.85 ID:o7OKSS1a0

アクア「まっ、何はともあれ作戦が完璧に行って良かったじゃない!」

    ザッ…

ロキ「・・・」ギロッ…

トニー「・・・怒らせるまではな」

カズマ「お前がそうやってフラグを立てるから・・・」

アクア「ねぇ!そうやってなんでもかんでも人のせいにするのは良くないと思うの!」

ロキ「お前の喚き声が耳障りだ!水の精!!」ジャキィン!!

  ダッ!

アクア「ぎゃあああああっ!?なんで私見てダガー構えてるの!?なんで私に突っ込んでくるの!?」


727: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:03:10.61 ID:o7OKSS1a0

ダクネス「私が守る!」ジャキンッ

トニー「ダクネス!盾を切り分けろ!殴りやすくなる!」

ダクネス「了解した!」バギンッ

ダクネス「さぁ、ロキ!いざ尋常に勝負!」ダッ

ロキ「どけッ!人間が!」ヒュンッ!

   ガキィィンッ!!

ダクネス「ふふ・・・良い斬撃を放つではないか・・・!」ググッ…

ロキ(この女・・・私の腕力に・・・神の腕力に対抗してるだと・・・!?)グググ…


728: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:03:46.97 ID:o7OKSS1a0

ダクネス「フハハハ!どうしたロキ!神の力とはそんなものか!もっと力を込めて、私を屈服させてみろ!膝を折らせ、地べたに這いつくばらせ、頭を足蹴にして床を舐めさせ・・・」

ロキ「き、気色悪い・・・!退け!」ドガッ!

ダクネス「がはっ!」ドシャッ

ロキ「死ね」シャキンッ

  ヴァゥゥウンッ

ロキ「ッ!」ギィンッ

トニー「腕力勝負してる時に蹴りを入れるなんて反則だぞ」キュィィイ…


729: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:04:31.17 ID:o7OKSS1a0

ロキ「だからなんだ。私は裏切りの神だぞ」

カズマ「あーっ!あいつ、前はイタズラの神とか言ってたのに、急に裏切りの神とか名乗りだしたぞ!ヴォーミアで突っ込まれたのがよっぽど恥ずか」

ロキ「『カースド・ライトニング』ッッ!!」


   ズァッ!


アクア「『リフレクト』―ッッ!」ギィンッ

アクア「カズマは馬鹿なの?なんでこの中で一番弱いのにヘイト集めるようなことするの?今私がロキの魔法を弾いてなかったら死んでたわよ?馬鹿は死んでも治らないの?」

めぐみん「今のロキは杖を持っていなかったからこそよかったものの、もし持ってたらアクアでも防ぎ切れたかどうかわかりませんでしたよ?危ない所でしたね」

トニー「僕がいるからって気が大きくなるのは良いが、無謀なことはするなよ?守り切れるとは言えないんだからな、ボウズ」

カズマ「あ、あぶねー・・・」


730: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:05:25.77 ID:o7OKSS1a0

ロキ「そう何度も防げると・・・」

  ガシッ

ロキ「!?」

ダクネス「ふふふ・・・あんな蹴り程度で私を倒せるとでも思ったか・・・?」グググ…

トニー「ナイスワーク。そのまま顔面にキツイ一撃をお見舞いしてやれ」

ダクネス「くらえ!」ブンッ

ロキ「クソッ!」

  スカッ…


731: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:10:40.08 ID:o7OKSS1a0

ロキ「・・・?」

トニー「冗談だろ・・・」ハァーッ…

ダクネス「い・・・今の私を見ないでくれ・・・///」カァァ…

ロキ「・・・もういい、お前なんぞ放置していても何の脅威にもならんだろう、そこで寝てろ!」グイッ

  ブォンッ

ダクネス「あああっ!!」

  ヒュンッ

めぐみん「ダクネス!!」

フライデー『めぐみん様、その位置では飛んできたダクネス様と衝突しま---』

732: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:12:57.57 ID:o7OKSS1a0

めぐみん「あうっ!?」ガシャァンッ!

カズマ「めぐみん、ダクネス!あいつ、いかにも魔法使いっぽい見た目しといて、肉弾戦まで強いのかよ!クソッ、これでも食らえ!」ギリギリ….

  バシュッ

ロキ「フンッ・・・」キンッ…

ロキ「先ほどの異質な矢でもない限り、貴様の放った矢など簡単に弾けるに決まっているだろう」

カズマ「嘘だろ!?強力な貫通力の設定どこ行ったんだよ!?」


733: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:14:24.77 ID:o7OKSS1a0

トニー「これならどうだ?」ジャキンッ

  パシュゥゥゥ…
   ズガァァアンッ

ロキ「またミサイルで煙を上げて目くらましか・・・神が相手だぞ?もっと楽しませてみろ」

トニー「神ならこっちにもいるぞ。自称だが」

アクア「ゴッドブロー!!」ゴウッ!

   ドゴッ

ロキ「がっ!?」グラッ…


734: ◆Ua1M3q7gGI 2019/05/30(木) 22:16:27.15 ID:o7OKSS1a0

アクア「トニー!今よ!」

トニー「ああ」

 【カースド・リパルサー・アームキャノン オンライン】

  ジャキィンッ…

トニー「ぶっ飛べ」


  ズギャァァァァアッ!

    
ロキ「ぐぁぁあああっ!!」

  ドゴォォオオンッ

めぐみん「うおおお!腕が大砲に変形するとかずるいです!私のスーツの腕も杖に変形するようにしてください!」

トニー「帰ったらな」


737: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 20:52:55.67 ID:lAwjL2Q/0

アクア「それより見てた!?あの邪神相手でも私のゴッドブローが効いたわ!!トニー、カズマ、見てた!?ちゃんと私の活躍見てた!?」

カズマ「ごめん、トニーの方しか見てなかったわ。だって男の夢の変形だし」

アクア「えぇーっ!?なんで私の大活躍を見てないのよー!せっかく勇気を振り絞って殴り掛かったのに、トニーが映像に残してたりしてないの!?邪神を殴る女神とか、壁画とかにしたら信者が増え---」

  「『トルネード』ッ!」

  ゴゥッ!

アクア「ひゃばあああああ!!??」ヒュゴォッ!

  ギュルルルル…
   ドギャッ

アクア「ふぐぅ・・・」ドサッ…


738: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 20:53:58.03 ID:lAwjL2Q/0

カズマ「アクア!」ダッ

ロキ「他人の心配をする暇があるのか?」シャキンッ

カズマ「げぇっ!?いつの間にこんな近くに!?ト、トニー!助けてー!!助けてぇえー!!」

トニー「待ってろ!」

ロキ「させると思うか?『クリムゾン・レーザー』!」ドゥッ

【魔法攻撃検知 対魔法魔力式バリア 展開】

トニー「っ!」ヴァチチチチッ…


739: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 20:54:24.95 ID:lAwjL2Q/0

フライデー『ボス、ダメージ許容値突破。バリアが決壊します』ビーッ

  バチィンッ

トニー「ぐっ!」ズガンッ

  ズドォ…ン

ロキ「さて・・・これでお前を守るやつはいなくなったわけだが・・・自殺するなら今だぞ?」

カズマ(こ、こうなったら・・・)

カズマ「ま、待て待て!ちょっと話を聞かせてくれ!」

カズマ(少しでも時間稼ぎを・・・)


740: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 20:55:13.29 ID:lAwjL2Q/0

ロキ「時間稼ぎか、小僧。いいだろう、どう稼ぐか見せてもらおうか」ニヤッ

カズマ(バレてる!!)

カズマ「た、単純に気になったんだよ!なんでこの世界に大陸丸ごと呼び寄せたのか。この世界を征服するだけじゃ終わらないのか!?」

カズマ「いつでも殺せるような小僧にくらい、話してくれたっていいだろ・・・?」

ロキ「・・・」

ロキ「・・・もし、誰の手も届かない場所に瞬時に逃げる力を持っていたとしたら?」

カズマ「・・・へ?」


741: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 20:55:43.66 ID:lAwjL2Q/0

ロキ「元居た世界で、どんな行動を起こそうが、どんな敵が侵略してこようが・・・」

ロキ「その場で国ごと消えることができるとしたら?」

カズマ「そんなの・・・」

カズマ(そんなの・・・無敵じゃないか。自分より強い奴が来たって関係ない。世界中敵に回したって逃げられる)

ロキ「察したようだな、その通りだ。今空の穴の向こうに見えているのはアスガルド、私の国だ」

ロキ「今そこで王を務めているのだが・・・いかんせん外敵に対して不十分だ」

ロキ「私の敵は多くてね」

カズマ(でしょうね)


742: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 20:56:24.16 ID:lAwjL2Q/0

ロキ「私がこの異世界に来たのはキューブの力による完全な偶然だったが・・・これはチャンスなんだ」

ロキ「文字通り、誰の手も届かぬ帝国を作り上げる為のな・・・」

ロキ「いいか小僧。一つ教えておいてやるが・・・純粋な武力のみで生き残れるほど世の中甘くは無い」

トニー「なんだ、避暑地が欲しかったのか?」シュゴゴゴゴ…

めぐみん「案外心配性なのですね」

ダクネス「それで自分より劣ってる国を侵略して、植民地にしようと言うのか。神が聞いてあきれる」

ロキ「どこにでもある話じゃないか。それこそ、お前達人間の世界でも」

アクア「えーっと・・・えーっと・・・」

トニー「決めゼリフや軽口が浮かばないなら、無理して考えなくてもいいぞ」

アクア「うぐっ・・・と、とにかく!カズマの時間稼ぎで体勢が建て直せたわ!これで五対一よ!」


743: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 20:56:55.81 ID:lAwjL2Q/0

カズマ「まっ、ざっとこんなもんだな。俺の巧みな話術に掛かれば神だって・・・」

ロキ「子供の遊戯に付き合うのも楽じゃないな・・・」フーッ…

カズマ「おいおいおい!負け惜しみかよ!現に時間稼いで体制立て直したのは俺ですぅ!!お・れ!」

ロキ「・・・」スッ

ダクネス「おい!さっきの敵兵士が持ってた転移の魔道具だぞ!何か呼び出す気---」
  
 ヴンッ…

  カッ…



744: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 20:58:57.52 ID:lAwjL2Q/0


アクア「まっぶ・・・」

  ッッ---…
 
アクア「し・・・い?」パチッ

 「グルルルル…」 「コロス…コロス…」
「カァァッ…」「キェェェエッ!」
  「ヴァァ….」 「オオオ…」

アンデッドナイト「「「「「ヴアァア…」」」」」

ゴーレム「「「「「オオオオ…」」」」」

ミノタウロス「「「「ブルル…」」」」

アクア「」

カズマ「」

ロキ「そうだな・・・これで五対三百くらいだろうか?ハハハハッ!何故わざわざお前の時間稼ぎに付き合ってやっと思う?」

ロキ「お前たちはもう・・・詰んでるからだ!!」


745: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 20:59:46.92 ID:lAwjL2Q/0

ダクネス「そ・・・そんな・・・」ゴクリ…

めぐみん「爆裂魔法は後一発だけなのですが・・・」ダラダラ…

トニー「アクア!アンデッド族だけでも減らせないか!?」

アクア「・・・ハッ!わ、わかったわ!『ターンアンデッド』!」バッ

  キュァンッ!

アンデッドナイト「「「「ヴォェェェ….」」」」シュゥゥウウ….

アンデッドナイト「「「「ヴヴゥ….」」」」ユラッ…

アクア「!?」

カズマ「消しきれてないぞ!?どうなってるんだ!?」


746: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:01:14.43 ID:lAwjL2Q/0

めぐみん「デュラハンの時と同じです!そのアンデッドには神聖魔法に対して抵抗が付く加護が掛けられていますよ!」

ロキ「ご名答。すべてのモンスターに強化や耐性向上の加護が掛けられている」

カズマ「ト、トニー・・・」ガタガタ…

トニー「カズマ、落ち着け。まぁ、当初予定してたよりちょっと死ぬ確率が高くなったが、きっと何とかなる」

カズマ「・・・」

ダクネス「すこしは安心させるようなセリフを言えないのか!?」

トニー「僕がセラピストに見えるか?」

ダクネス「せ、せらぴ・・・?」


747: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:01:49.62 ID:lAwjL2Q/0

トニー「あー・・・この男は口が達者なんだ、言ってもめちゃくちゃなへ理屈言って返してくるだろ。だから---」

  ガシャッ!
   ガキガキガキ…

トニー「行動で士気を挙げる」

   ジャキィンッ!

トニー「アクア!僕の背中に魔法を撃て!」ガシゥンッ!

アクア「えぇっ!?トニー、背中に羽みたいのが生えてるわよ!?天使になったの!?」

トニー「ただの魔力吸収口だ!早くやれ!」

ロキ「させるな!ミノタウロス部隊!なだれ込め!!」


748: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:02:23.75 ID:lAwjL2Q/0

ミノタウロス「「「「ブムォォォオオッ!!」」」」

めぐみん「おっと、それ以上近づくなら・・・私の爆裂魔法を撃ちますよ?」

ミノタウロス「「「「ブモォッ!」」」」ズザザッ…

ロキ「ミノタウルス部隊、何を恐れている、ハッタリに決まっているだろう。あの距離で撃ったら自分も巻き添えを・・・」

めぐみん「ほうほうほう!!ハッタリを言うと思うのですか!この私が?いいでしょう、いいでしょう!そう思うならかかって来るがいいですよ!」ギラッ…

カズマ「おいやめろ!そいつはマジで撃つからやめろ!頼むから煽るな!その魔物が本能で恐れてるのがその証拠だよ!」

ロキ(この女イカれてるのか・・・!?)ゾッ…


749: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:02:50.99 ID:lAwjL2Q/0

ロキ「ッ・・・『ブレード・オブ・ウィンド』ッ!」ゴゥッ

ダクネス「フンッ!」ギィンッ!

ダクネス「どうした邪神!ヴォーミアで撃ってきた魔法のほうがはるかに気持ちよさそうだったぞ!」

カズマ(んん・・・?なんで威力があんなに落ちてるんだ・・・?)

アクア「『セイクリッド・エクソシズム』!『セイクリッド・ハイネス・エクソシズム』!『セイクリッド・ターンアンデッド』!」ドドウッ ドウドウッ

  キュィィィィイインッ…

【エネルギー出力値 最大】

【セイクリッド・ユニビーム 発射可能】


トニー「全員伏せろ!」ヴゥンッ…


750: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:03:29.71 ID:lAwjL2Q/0

  ヴァァァァァアアアンッ!!

「「「グギャァァァアアアッ!!!」」」

  シュゥゥゥゥ…

「「「グルルル…」」」

トニー(クソっ・・・今ので百体も倒せてないのか・・・!)

ロキ「それだけの大技を撃って、潰せたのがミノタウロス部隊だけ・・・打つ手も尽きたか?なら・・・そろそろ幕引きにしようか」スッ…

ロキ「行け」

アンデッドナイト「「「「ヴォォォォオオッ!!」」」ドドドド…


751: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:04:17.63 ID:lAwjL2Q/0

めぐみん「『エクス』」

ロキ「二度も同じ手が使えると思うな!『ファイアー・ボール』!」ゴァッ!

ダクネス「まかせろ!」ギィンッ!

ロキ「変態鎧女の手がふさがった今だ。イカれてる女を仕留めろ」

アンデッドナイト「ヴァァアッ!」ブォンッ!

ダクネス「しまっ・・・めぐみん!何とか避け---」

めぐみん「きゃあああああっ!」ズガンッ!

アクア「めぐみん!!」


752: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:05:53.27 ID:lAwjL2Q/0

ダクネス「私が敵を引き付ける!そのうちにめぐみんを!『デコイ』ッー!」

アンデッドナイト「「「カァァァッ!!」」」ドドド…

ダクネス「あぁっ!腐臭まき散らすゾンビ共が私に群がってくる!!」

トニー「援護する!だから援護したく無くなるようなセリフを吐くな!」キュィィィイッ

カズマ「俺はアクアとめぐみんの方に!」ダッ

  ズガァンッ…
 ドガガガ…

カズマ「めぐみん!無事か!?」

アクア「『ヒール』!めぐみん!めぐみん!しっかりして!」

めぐみん「スーツを着てたので何とか・・・」ヨロッ…


753: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:06:22.02 ID:lAwjL2Q/0

アンデッドナイト「ヴォァァァ…」ジャキッ…

カズマ「ア、アクア!ダクネスのデコイからもれた敵がこっち来てるぞ!」スチャッ

 ギリリ…
  バシュッ!

カズマ「『ライトニング・ストライク』ッ!」ポチッ

  ヴァチチチィッ!!
 
アンデッドナイト「「「ヴァァ…」」」ゾロゾロ…

カズマ「駄目だ!相手が多すぎる!アクアーっ!アクア様ーっ!」


754: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:07:05.03 ID:lAwjL2Q/0

アクア「『ターンアンデッド』!『ターンアンデッド』!」

アンデッドナイト「「「ヴァァァアアツ!!」」」

ゴーレム「「「「ウォォオオオッ!」」」

アクアー「いやー!!ターンアンデッドでも消しきれないし、ゴーレムまで来ちゃったんですけど!カズマさーん!カズマさーん!!!なんとかしてぇぇええ!!!」

カズマ「うぉぉおいっ!お前の取り柄と言ったら宴会芸と対アンデッドだろ!もっと頑張れよ!!」

アクア「もう無理よ!助けてー!助けてーっ!」

ダクネス「アクア!カズマ!グッ・・・敵の壁が厚くて行けない!トニー!行けるか!?」


755: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:07:56.86 ID:lAwjL2Q/0

トニー「踏ん張れボウズ共!今行くからな!」ドシュゥゥッ

フライデー『ボス、敵急接近!避けてください!』ピピピ…

アンデッドナイト「ハァ゛ァ゛ア゛ッ」ガバッ ガシッ

フライデー『拘束されました!脱出を!』

アンデッドナイト「ガァッ」ブンッ

トニー「ッ!」ドガッ…

  ズザザッ…
   ゴロゴロ…


756: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:08:29.80 ID:lAwjL2Q/0

トニー「意地でも行かせないつもり---」ムクッ…

アンデッドナイト「「「「ヒヒ…ヒヒヒ…」」」」

トニー「---Ah―・・・フライデー?」

フライデー『敵の群れの中心に放りこまれました。全方位囲まれています』

アンデッドナイト「「「「ヴォアァァァアアッ」」」」グァッ…

トニー「なぁ、タイムって出来---」

   ドガッ バキッ
 ガッガッガンッ ドゴッ
   カーンッ コーンッ

アクア「あああっ!頼みの綱のトニーが袋叩きに!」


757: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:09:31.87 ID:lAwjL2Q/0

カズマ「クソォォオッ!!俺はこの先安定した未来が約束されてるんだ!ハーレムも約束されてるんだ!こんなところで死にたくねぇよぉぉおお!!!」

めぐみん「カズマ、次会う世界でも、私たち会えたら良いですね。一緒に爆裂魔法で消えますか?」

カズマ「・・・ゴーレムに殺されるよりはいいかもな」

アクア「めぐみんもカズマさんもあっきらめないでよ!!あああーっ!もうそこまできてるーっ!!死んじゃう!私女神なのに死んじゃう!」

アンデッドナイト「「「「ヴォォォオッ!」」」」

アクア「いぃぃぃやぁぁああっ!」

カズマ(俺の幸運ってなんなんだか・・・エリス様、次の人生は別に裕福でなくてもいいですから、またこいつらと---)


758: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:10:03.53 ID:lAwjL2Q/0

   カッ…

  ギュァァァァァアアンッ!!

ロキ「!?」

アンデッドナイト「「「「「ゲェァァァアアッ!?」」」」ジュゥゥゥ…

カズマ「な、なんだ!?なんだこの光の柱!?アンデッドたちが次々と浄化されていくぞ!?」

めぐみん「いい、一体なんですかこの魔力は!?これは、まるであの時のような・・・」

アクア「この感じ・・・まさか・・・」


  ----ッッッ…




   ザッ…


エリス「久方ぶりですね、邪神ロキ。天界の名の元に、あなたを打ち倒しに来ました」


759: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:10:51.30 ID:lAwjL2Q/0

カズマ「エリス・・・様・・・?」ポカン

めぐみん「えっ・・・えっ・・・?」ポカン

ダクネス「・・・???・・・!?!?!?!?」

アクア「あーっはっはっは!!どーよ!?観念しなさい!あんた達!!」

エリス「さぁ、邪神ロキ!この世界の命運をかけ、勝負なさい!」ジャキィン!

エリス「ハァァアッ!」ブォンッ

  ド ゴ ォ ン ッ

ゴーレム「「「「ゴァ…アァ…」」」」ブァッ

   パラパラ…


760: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:15:46.94 ID:lAwjL2Q/0
>>759 のシーンの元ネタ >>0�Wネタバレ注意!



サノスの軍を迎え撃つためにワカンダで戦うアベンジャーズだったが、敵の圧倒的物量の前に押し切られそうになってしまう
その絶体絶命のピンチの時に命懸けでストームブレイカーという武器を手に入れたソーとロケット、グルートが虹の橋で現れ、敵をなぎ倒すという劇中屈指の鳥肌シーン

BRING ME THANOS!!!



https://www.youtube.com/watch?v=z_p0FkiE_N4



762: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/02(日) 21:18:46.70 ID:lAwjL2Q/0

トニー「・・・Wow」シュゴゴゴ…

カズマ「おっ、トニーもダクネスもよく戻ってこれたな」

トニー「彼女のおかげでな」

カズマ「ダクネスはどうしたんだ?抱えられてるけど、大怪我でもしてるのか?」

トニー「いや・・・ただ信仰対象に会って放心状態になってるだけだ。遠い国にいる僕のファンと握手した時もこんな感じの---」

カズマ「俺、女神様って神聖な魔法とかでもっと清らかに戦うと思ってた。あんなメイスで力任せにゴーレムを粉々に薙ぎ払うのはさすがに予想外過ぎる」

トニー「・・・」


769: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:17:52.65 ID:TqiOPsbS0

めぐみん「私もちょっと驚きです・・・」

ダクネス「・・・」ポカン

トニー「おい、ダクネス戻ってこい」ペシペシ

ダクネス「ハッ!?あ、あのお姿・・・確かに教会で記されていた通りの・・・!」

トニー・アクア「「胸意外な(ね)」」

エリス「・・・」


770: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:18:35.35 ID:TqiOPsbS0

ダクネス「貴様ら!御神体に何て無礼を働くんだ!いい加減に---」

ロキ「『カースド・ライトニング』ッ!」ズァッ!

ダクネス「!」

エリス「『リフレクト』―ッッ!」ギィンッ!

エリス「ダクネス、油断は禁物ですよ。私は全く気にしてないので、怒らなくても大丈夫です」

ダクネス「エリス様に助けていただけるとは、なんという感謝の極みで・・・あれっ?今私の名を・・・あの・・・大変失礼なことをお聞きしますが・・・どこかで会いましたか・・・?」

エリス「き・・・気のせいではないでしょうか・・・」フイッ…


771: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:19:09.09 ID:TqiOPsbS0

ロキ「あぁ、思い出したぞ・・・誰かと思えば・・・あの時震えていた娘じゃないか」

エリス「今もそう見えますか?」スッ…

エリス「『セイクリッド・プロミネンスブレア』――ッッッ!!」


  ズァッ…

 ギュァァァァァアアンッ


ロキ「!?」

カズマ「えっ!?なにあれ、エリス様って破壊光線撃てるの!?」

ロキ(この手は使いたくなかったが・・・!)バッ


772: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:19:45.19 ID:TqiOPsbS0

四次元キューブ「」ガシッ…

ロキ「『ケイン・ブラスト』ッ!」ジャキッ

   ヴォッ!

   ドゥゥゥウンッ!!

  ヴァチチチチチィッ!

  ズガァァァアアアンッ

ロキ(キューブまで使った魔法を相殺するとは・・・身に着けてる装備の力か?)

カズマ「うぉぉおおっ!光線魔法と光線魔法がぶつかり合って弾ける!これぞ異世界!これぞ本物の魔法戦!しかも神VS神!これは燃える!まさに神話の戦いだ!」

めぐみん「待ってくださいカズマ。それでは私の魔法が偽物みたいに・・・」


773: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:20:12.47 ID:TqiOPsbS0

カズマ「あんな一発先に撃ちゃ敵が消し飛んでお終いの風情の無い魔法のどこが本物の魔法なんだよ」

めぐみん「な、なにおう!?」

カズマ「・・・ん?おい、みんな窓の外見てみろよ」

めぐみん「話をそらそうとしないでくださいよ!私の魔法こそが・・・あれっ・・・?」

フライデー『ボス、空にあったゲートの範囲拡大が止まっています』

トニー「ああ、見えてる。だが何故急に・・・」

アクア「みんな!ロキの手を見て!キューブ持ってるわよ!キューブ!あれからエネルギーを得て魔力を強化してるんだわ!卑怯よ!ズルいわよ!」

トニー「誰か取り出したところを見たか?」

ダクネス「何もない空間から取り出したように見えたが・・・」

トニー「フライデー、ロキの近くをスキャンしてなにか隠されていないか探し出せ」

フライデー『スキャン中・・・ボス、スキャンの結果、ロキの少し後方に三メートル四方ほどの装置を確認しました。特殊な魔術で姿を隠しています』

トニー「攻撃する」キュィィィィ…



774: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:20:50.28 ID:TqiOPsbS0


 ヴァゥゥウウンッ!
   バチィィィンッ!

トニー「クソッ、弾かれた!」

フライデー『装置は結界で守られています。動力源はキューブと複数のコロナタイトで構成されており、エネルギーが常に供給され続けています。突破は爆裂魔法でも不可能です』

トニー「なんだと・・・」

ロキ「無駄だ。魔王城の結界よりも強固な術式で形成されている。そこの精霊が二人掛りでも解けはしない」

アクア・エリス「「精霊じゃなくて女神だから(ですから)!!」」

トニー「転送ゲートの拡大が止まっているのはロキがキューブを引っこ抜いて攻撃に使っているせいで、転送のエネルギー供給までリソースを割けないからか・・・今の内にゲートを閉じる方法を探すか・・・」

ロキ「ゲートの拡大は不可逆だ。誰にも止められない」


775: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:21:29.96 ID:TqiOPsbS0

トニー「生憎、可能性を追求し、不可能を可能にするのが科学者ってもんなんでね」

ロキ「なら、死んでからゆっくりと考えて突き止めるんだな『インフェルノ』ッッッ!

  ゴォォォォオオッ

カズマ「ゲッ!また来た!あの獄炎魔法だ!」

エリス「『リフレクト』!」

  ゴゴゴッ…

エリス「くっ・・・!」ジリジリ…

   ボボッ…

カズマ「ヤバイ!火が止めきれてない!あふれた炎がこっちに来るぞ!」

ダクネス「エリス様ー!!」

776: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:22:04.84 ID:TqiOPsbS0

アクア「任せなさい!『セイクリッド・クリエイト・ウォーター』―ッッ!!」バシャァァァアッ


 シュゥゥゥウ…


エリス「助かりました。アクア先輩・・・」ビショッ…

アクア「あっ、ごめんね?テヘペロ!」コツンッ

エリス「あはは・・・お気になさらず・・・」

めぐみん「とりあえず、ロキがあの装置にキューブを入れるのを阻止する・・・ということで良いのですか?」

トニー「そういうこと」


777: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:22:52.00 ID:TqiOPsbS0

アクア「で・・・でもキューブを持たせたままだとロキは・・・」

エリス「えぇ、先程のような強大な魔法をありったけ撃って来るでしょう」

アクア「やっぱそうよね!?ポンポンポンポン撃って来るわよね!?大丈夫なの!?私達大丈夫なの!?」

トニー「おい落ちつ」

アクア「大体、エリスの装備何よそれ!指輪十個にネックレスに羽衣にメイスって、神器フル装備じゃない!しかもどれも悪魔と戦う決戦用の神器じゃないの!私にもよこしなさいよ!」グイグイ

ロキ「・・・」

エリス「アクア先輩!離してください!これは事情を話したうえで、特別に許可をもらって装備してる物なので、他人に貸すと怒られるんですよ!今回ばかりは勘弁してください!」

アクア「指輪半分で良いから!ねっ?お願いよ!さすがに地上に堕ちて力が落ちてる私じゃロキに対抗しきれないわよぉ!!」

ロキ「・・・」

トニー「少し待っててもらえないか?」

ロキ「・・・いいだろう」

トニー「飼い主君、君のペットが暴走しているぞ。手綱を取って落ち着かせてやってくれ」



カズマ「エリス様、エリス様のパッドも神器の内に入ってますか?」

トニー「飼い主君!」


778: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:23:31.28 ID:TqiOPsbS0

ロキ「スターク・・・」

トニー「悪いが、もう少し・・・」

ロキ「・・・お前に少し同情するよ」

トニー「・・・どうも」

トニー「おい、聞けアクア。とうとう敵に同情されたぞ」ガツンッ

アクア「いったあああっ!?こんのヒゲニート、何てことすんのよ!?あんたの拳でゲンコツなんてしたらメチャクチャ痛いに決まってるじゃない!」



めぐみん「カズマもいい加減戻ってきてください!」ガンッ!

カズマ「ぐああああっ!脳みそ出た!絶対はみ出た!」ゴロゴロ…


779: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:24:00.18 ID:TqiOPsbS0

ダクネス「なにもはみ出てなどいない。エリス様もいるのだ、負ける気がしないだろう!さっさと立たんか!」

めぐみん「女神に対して鼻を伸ばしているからですよ」

カズマ「嫉妬してるならそう言えよ・・・いたたた・・・」サスサス…

トニー「いいか?現状、ワープゲートを止めるにはロキがキューブを使わざるを得ないほどの攻撃を浴びせ続けるしかない」

アクア「それは分かってるけど・・・」

トニー「僕はゲートを閉じる方法を考えつつ戦う。カズマは嫌がらせか作戦の指揮を頼む」

カズマ「はいはい、ちゃんと守ってくれよ?油断してるとすぐに俺は死ぬからな?わかってんだろうな?」


780: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:25:45.14 ID:TqiOPsbS0

ダクネス「何故強気なのだお前は・・・?」

トニー「その調子だ。君は生き残ることに専念して、いやらしく戦ってくれ」

カズマ「お前士気を上げるのか下げるのかどっちかにしろよ!」

ロキ「・・・もういいか?」

トニー「ああ、もう大丈夫だ。だよな?そうだと言ってくれ」

カズマ「なぁ、あいつがわざわざ待ってくれるなんておかしくないか?俺だったら敵が準備してる間なんて絶対に見逃さないけど」

ロキ「別に構わないさ」



ロキ「準備していたのはお互い様なんだからな」スッ…


781: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:26:19.65 ID:TqiOPsbS0

    「「「!?」」」

カズマ「げぇっ!?またなんか呼び寄せるつもりだぞ!あいつほとんど部下任せじゃん!汚---」

   カッ…

ビルジ・スナイプ「グルァァァアアアアアアアアッ!!!!」ゴァッ!!

カズマ「なんだよあのゴリラとドラゴンを足したみてーなモンスター!絶対やばいだろ!」

アクア「知らないの?でかくて鱗があって角があって・・・」クィッ

カズマ「目の前にいるんだからマネしなくてもわかるわ!!」

エリス「は、はじめて見た・・・!」


782: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:26:58.57 ID:TqiOPsbS0

>>781 ビルジ・スナイプ

アベンジャーズ1に話だけ登場した怪物
ソー曰くデカくて、角と鱗があって、攻撃的で邪魔するものは全て踏みつぶす怪物とのこと
実はアニメ版のアベンジャーズに少しだけ登場。これぞ怪物といった見た目をしている
ちなみに、映画の方でソーがビルジ・スナイプをコールソンに説明する際、手で頭の上に角を作って表現するシーンがあるが、このシーンはソーが可愛いと人気がやたら高い(特に女性に)

ビルジ・スナイプの見た目
https://imgur.com/nx68Leb.jpg


783: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:27:30.66 ID:TqiOPsbS0

ロキ「醜い怪物だが、楽しむには使える」

ビルジ・スナイプ「グルルッ…!」

カズマ「エリス様、アレ突っ込んできたとしたら止められます?」

エリス「ち、ちょっと力負けしてしまうかもしません・・・」ポリポリ…

トニー「・・・ダクネス、やるか?」

ダクネス「ああ、ぜひやらせてくれ。これはクルセイダーの役目だ」ザッ…

アクア「頑張ってダクネス!普段見せ場が無い分、ここで見せ場を作るのよ!」

カズマ「いいぞダクネス!お前は戦闘では目立たないなんてイメージを払拭してやれ!」

めぐみん「いつも爆裂魔法でダクネスの見せ場を奪ってしまっていますからね。思う存分ここで活躍するといいですよ」


784: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:28:44.44 ID:TqiOPsbS0

ダクネス「お、お前ら私をそんな風に思っていたのか!?私にだって見せ場くらい・・・」

ロキ「行け」

ビルジ・スナイプ「ゴァァアアッ!」ドドド…

トニー「負けるんじゃないぞ、ダクネス」

ダクネス「ああ!行ってく---」

エリス「ちょっと待ってください、ダクネス。敵に向かう前に・・・アクア先輩、やりますよ」

アクア「しょうがないわね!女神の力を見せてあげるわ!」

エリス・アクア「「『パワード』!『スピード・ゲイン』!『プロテクション』!」」ポゥッ…

ダクネス「す、すごい・・・!力がみなぎってくる・・・!」

アクア「これだけお膳立てしてあげたんだから、あんな化け物なんてちゃちゃっと叩き潰しちゃいなさいよね!」


785: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:29:13.02 ID:TqiOPsbS0

エリス「そして最後に・・・幸運の女神から、あなたに特別な贈り物です」スッ…

エリス「『祝福を』!」カッ…

エリス「さぁ、ダクネス!」

エリス「----かっ飛ばしてきてください」グッ!

ダクネス「うおおおおっ!!今の!私は!誰にも負ける気がしないッ!!行ってくりゅぅぅぅぅううっ!!」ダッ!

ビルジ・スナイプ「ガルルルァアアッッ」ドドドドド

ダクネス「ハァァアアッ!!」ググッ…

   ズガァンッ!!

ビルジ・スナイプ「ガァアアッ!?」メキッ…


786: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:29:55.70 ID:TqiOPsbS0

ロキ(人間ごときが・・・止めた!?そんな馬鹿な・・・)

ダクネス「ロキィィィイッ!!お返しだ!!」メキメキメキ….

ビルジ・スナイプ「ガッ…グガアアッ….」ズザザザ...

  ガッ….キィンッ!

ロキ「ッ!?」サッ

  ヒュルルルルル….
 ズガァ…ン…

ダクネス「くっ、さすがに避けられるか・・・!」

カズマ「惜しいみたいな感じで悔しがってるけど、今のロキが避けてなくても当たってなかったぞ。殴り飛ばした魔獣をロキに叩きつけられたらもっとカッコよかったのに・・・」

ダクネス「う、うるさい!殴り飛ばしただけでも大成長だろう!」

ロキ「どこまでしぶといんだ・・・お前らは・・・」ジャキッ


787: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:30:55.01 ID:TqiOPsbS0

アクア「あっ!杖構えだしたわ!本気で来るわよ!」

ロキ「『ケイン・ブラスト』ッ!」ズァッ...!

アクア・エリス「「『リフレクト』ッッ!!」」ギィンッ

ロキ「『プラズマ・ブラスト』ッ!『カースド・ライトニング』ッ!」

エリス「ッ!セ、『セイクリッド・プロミネンスブレア』ッッ!!」

アクア「ちょっ!そんなポンポン撃たないでよ!跳ね返せないから!『セイクリッド・クリエイト・ウォーター』ッッ!」

 【カースド・リパルサーレイ 最大出力】

トニー「加勢する!」ヴァゥゥゥウウンッ!!

   ズガァァアアンッ…


788: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:31:38.46 ID:TqiOPsbS0

トニー(これでやっと相殺か・・・ロキを無力化するのはほぼ不可能だ、装置のほうを何とかしないと・・・!)

フライデー『ボス、現在ロキがキューブを装置から外しているため、装置の性質がコロナタイトそのものに近くなっています』

フライデー『スーツのエネルギーを利用すれば、装置の結界を突破できるかもしれません』

トニー「その線で行ってみるか」

アクア「ねぇー!こっちに加勢してほしいんですけどー!割と本気でヤバいんですけどー!!」

カズマ「ったく・・・俺冒険者だってのに・・・!」ダッ…

ダクネス「今の私ならロキの魔法にだって耐えられる!今行くぞ!」ダッ…


789: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:32:09.45 ID:TqiOPsbS0

めぐみん「うぐぐぐ・・・私にも何か・・・」

トニー「君は僕に頭脳を貸してくれ」

めぐみん「頭脳・・・?」

トニー「今あの装置を止める方法を考えているところだ。君のスーツにキューブと装置のデータを送るから、一緒に考えてくれ」

めぐみん「フッ・・・良いでしょう。我が天才の頭脳を、世界を終焉に招く装置を破壊するために---」

トニー「いいからさっさとバイザーを閉じて画面を見てくれ」

めぐみん「全く、紅魔族としてのカッコ付け位見逃してくださいよ・・・どれどれ・・・」

めぐみん「なるほど・・・スーツのコロナリアクターと性質を利用して結界をこじ開ける作戦ですか・・・」

トニー「理解が早くて助かる」


790: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:32:51.62 ID:TqiOPsbS0


-----------

ロキ「『ライト・オブ・セイバー』ッッ!!」ヴォンッ…

エリス・アクア「『ディスペル・マジック』ッッ!!」

ロキ「『クリムゾン・レーザー』ッ!」ドゥッ!

ダクネス「フンッ!」ガキィンッ

エリス「どれだけ撃っても、防ぐだけですよ!」

ロキ「防ぐ“だけ”だろうに・・・!近接戦で確実に殺してやろう」ジャキィンッ!

   ダッ!


791: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:34:34.37 ID:TqiOPsbS0

ダクネス「かかって来い!」

エリス「私も戦います!」ジャキッ

ロキ「神様気取りが・・・切り刻んで---」

カズマ「『クリエイトウォーター』ッッ!」バシャァアッ

ロキ「ッ!」サッ

ロキ「・・・なんのつもりだ」


792: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:35:02.96 ID:TqiOPsbS0

カズマ「嫌がらせだよ」ギリリ…

   バシュッ

ロキ「矢など無駄だと言っているだろう!」キンッ

カズマ「矢だけだったらな!」ポチッ…

   カシャッ… ヴンッ ピピピ…

カズマ「『ライトニング』ッ!」ポチッ

ロキ「ぐぁぁああっ!?」ヴァチチチチッ!

ロキ(狙いは水たまりを作って魔法を通電させることか!)


793: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:35:29.06 ID:TqiOPsbS0

ロキ「ぐっ・・・」シュゥゥ…

カズマ「まだだ!」ギリリッ…

   バシュッ

カズマ「『クリスタル・プリズン』!」

    パキィンッ!

ロキ「動けん・・・!」

カズマ「ハッハァーッ!今度からは足元をよく確認しておくんだなぁ!昔っから水たまりってのは雷や氷の罠になるんだよ!!今だダクネス!エリス様!」


794: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:35:58.35 ID:TqiOPsbS0

ダクネス「喰ら---」

   ツルッ…

ダクネス「はぶっ!」ドシャッ

エリス「あうっ!」ズテンッ

カズマ「あっ・・・地面凍らせてたんだった・・・ご、ごめんなさい・・・」

アクア「あんた何やってんの!?馬鹿なの!?」

ロキ「なんなんだお前らは・・・本当に一体なんなんだ・・・」

ロキ「一番理解できないのは・・・小僧・・・お前はなんで生きてるんだ・・・?あの時確実に殺したはずだが・・・」


795: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:36:25.98 ID:TqiOPsbS0

カズマ「良いか、よく聞け。俺は今まで数多の魔王軍幹部を屠ってきた最弱職にして最強の冒険者、佐藤和真。そう簡単に殺せると思うなよ?」

ロキ「そうか。ならお前は真っ先に殺し、次は細切れにしたうえで豚の餌にしてやろう」

カズマ「良いか、よく聞け。俺はコボルトにすら殺された最弱の冒険者、佐藤和真。そんな俺を真っ先に殺すとかお前恥ずかしくならないの?」

トニー「君はほんの五秒とカッコつけていられないのか!?」

カズマ「うるせぇ!十七歳の子供がこんな最終決戦場のど真ん中に立ってるだけで敬われるべきだろ!無茶言うな!大体、そんな遠くで二人共なにやって---」

ロキ「遊びは終わりだ」シャキンッ

カズマ「ひぃ!」

エリス「カズマさん!下がってください!」ブンッ

ロキ「ッ!」ガキィンッ!


796: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:37:22.51 ID:TqiOPsbS0

---------

めぐみん「トニー、コロナリアクターのエネルギーだけでは、装置の結界を突破できません!」

トニー「やっぱりか・・・」

トニー「・・・外部からスーツにエネルギーを加えて、その状態でリアクターをオーバーロードさせれば、結界を突破できるだけのエネルギーが集まるはずだ」

めぐみん「正気ですか!?そんなことしたらスーツが吹っ飛びます!自爆する気ですか!?」

トニー「・・・」

トニー「フライデー、計算してみてくれ。今の策で、結界の突破はできそうか?」

フライデー『十分なエネルギーがあれば、理論上は可能です』

トニー「いいか、準備ができたらスーツの魔力吸収口を開く。君はそこに爆裂魔法をピンポイントで撃ち込め。君ならできるだろ?」

めぐみん「ち、ちょっと待ってください!本気で言っているのですか!?もっとほかの策を・・・」


797: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:37:48.49 ID:TqiOPsbS0

トニー「めぐみん。他に案は思いつかないし、考えている時間もない。これ以上時間を掛けたら死人が出る可能性がある。カズマとかカズマとか、後カズマとかな」

カズマ「聞こえてるからな!後で覚えておけよ!」

めぐみん「でも・・・」

トニー「勝利するには・・・犠牲がいる時もある。悲しいが、別れの時間だ」

トニー「このセリフ、紅魔族的にビビッと来るだろうが、君は絶対使うなよ?じゃぁな」ドシュゥゥゥウッ

  キィィィィン….

めぐみん「トニーッ!」


798: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:43:03.43 ID:TqiOPsbS0

-------------

ロキ「どうした、お前の今の姿を見たら信者が泣くんじゃないか?」

エリス「うぅっ・・・」ポタポタ…

ダクネス「エリス様、私の後ろに!」

アクア「『ヒール』ッ!もう大丈夫よエリス!」

エリス「ありがとうございますダクネス、先輩・・・」ヨロッ…

カズマ(回復役が二人にクルセイダーが一人・・・立ち回れてはいるけど・・・決定打が・・・)


799: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:43:40.93 ID:TqiOPsbS0

ロキ「決定打がない。そう考えているだろう?」

カズマ「!」

ロキ「お前たちに私は倒せない。だが・・・私にはまだ駒もあれば武器もある。よく聞け、人間。これが神と人間の---」

  キィィィイイイン

トニー「ちょっとこいつ借りて行くぞ」

    ドゴッ!

ロキ「さごっ!----」ヒュン…

  ドガッ

カズマ「・・・聞いてるよ?」


800: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:44:29.53 ID:TqiOPsbS0

アクアえっ!?なにあれ!ロキが何もない空間に叩きつけられているわよ!?」

カズマ「お前、あの辺にロキが作った装置があることもう忘れたのかよ」

めぐみん「た、大変です!トニーが・・・トニーがぁ・・・」タタタ…

ダクネス「どうしためぐみん!?」

めぐみん「トニーは・・・装置を破壊するために、リアクターに負荷を掛けて自爆するつもりです!」

カズマ・ダクネス「「は!?」」

アクア「は、はぁぁぁあっ!?何考えてんのよあのおっさん!」

エリス「そんな・・・」

801: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:45:16.32 ID:TqiOPsbS0


ロキ「離せスターク・・・!ぐっ・・・」ギギギ…

トニー「めぐみん、撃つ準備しとけ!」ググッ…

カズマ「なんだ?撃つ準備ってなんだ!?」

めぐみん「・・・トニーのリアクターのエネルギーだけでは結界の破壊まではできません・・・だから・・・私がトニーに爆裂魔法を撃ちこんで・・・突破できるだけのエネルギーを・・・!」

ダクネス「ッ・・・!」

アクア「ね、ねぇっ!トニー!トニーは天才なんでしょ!?他に何か浮かばないの!?」


802: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:45:52.92 ID:TqiOPsbS0

トニー「もうこの作戦しかない!」

トニー「・・・覚悟を決めろ」

カズマ「だから・・・十七の子供に・・・無茶言うなって・・・!」ギリッ…

【リアクターオーバーロード 準備完了】
   【魔力吸収口 オープン】

トニー「撃て!めぐみん!!」ガシュンッ!

めぐみん「うぅ・・・」グスッ…

   ポンッ…


803: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:46:30.67 ID:TqiOPsbS0

めぐみん「・・・?」

カズマ「・・・」ポロッ…

めぐみん「カズマ・・・」

カズマ「やれ、めぐみん。今回も全責任は・・・俺が取る・・・!」

めぐみん「・・・ッ!!」バッ!

めぐみん「黒より・・・黒く・・・っ!」ポロッ…

トニー「それでいい・・・続けるんだ」


804: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:47:25.08 ID:TqiOPsbS0

めぐみん「闇より暗き・・・っ、漆黒に・・・!」ポロポロ…

ロキ「スターク!今すぐ離せ!!」

めぐみん「我が深紅の混淆を望みたもう・・・っ!」ポロポロ…

    ズズズズ…

ロキ(クソッ・・・王都を手放すことになるが・・・ここは一度、キューブの力で撤退を・・・!)ググッ…

トニー「おいおい、僕のパーティーメンバーの晴れ舞台を最後まで見て行けよ。安心しろ、僕は吹っ飛ぶが、装置の爆発がキューブに干渉して起きる空間湾曲によって、君は元居た世界に戻るだけだろう」ガンッ…

四次元キューブ「」カランッ…

ロキ「キ、キューブが・・・!このっ・・・人間ごときに・・・!」


805: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:48:52.49 ID:TqiOPsbS0

めぐみん「覚醒の時・・・来たれりっ・・・・!」ポロポロ…

めぐみん「無謬の境界に落ちし理・・・無行の歪みとなりて・・・っ!現出せよ!」

めぐみん「『エクスプロージョン』ッッッ!!」ギュァッ!!


  【魔力吸収 エネルギー最大出力突破 危険値に到達】


    【コロナリアクター オーバーロード】


トニー「ロキ、お前の腐った野望はそのただの人間に打ち砕かれるんだ」

トニー「この素晴らしい世界の人間を・・・僕の仲間を・・・舐めるべきじゃなかったな!」

    【爆裂プロトコル 開始】

      キュィィィィイ…

ロキ「やめろぉおおお!!」

      カッ…
  


806: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:50:39.68 ID:TqiOPsbS0

……
….
..
.

 トニーのラボ 作業室


【アーマーとのリンクが切断されました】

  【遠隔操作終了】


トニー「ふぅ・・・」カチャッ…

フライデー『お疲れ様でした、ボス』

トニー「何とかなったな。スーツに体が耐えられないと分かったときはどうしようかと思ったが・・・」

   ガチャッ…

トニー「・・・?やぁ、アイリスか。何故ここに?ここはトイレはむこうだぞ?」


807: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:51:23.12 ID:TqiOPsbS0

アイリス「えっ・・・?えっと・・・自分の部屋に戻るつもりでしたが、ちょっと迷ってしまって・・・えっ・・・というか・・・その、スタークさん!?スタークさんこそ何故ここに!?」

トニー「スーツを遠隔操作してたんだ、僕の体がスーツに耐えられないんだったら、スーツの中に体を入れなければいいってね」

トニー「・・・で、気は進まなかったが、こうしてみんなが前線で戦ってる中、僕はこうして安全なラボからスーツ動かして戦ってたって訳さ。でもこれしかなかったんだ」

トニー「戦えません、ラボでただ待ってます・・・って言うよりはマシだろ?」

アイリス「そ、そうだったんですか・・・あの、戦いはどうなりましたか?」

トニー「僕らの勝利だ。ロキは元居た世界に強制的に戻された。洗脳された冒険者も取り戻したし、あとは王都の残党を殲滅するだけだ。ひょっとしたらもう片付いているかもな」

アイリス「本当ですか!よ、よかった・・・!」パァッ…


808: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:52:15.23 ID:TqiOPsbS0

トニー「僕はこれからギルドに向かって、みんなの帰りを待つつもりだ。君もくるか?」

アイリス「そうしたいのは山々ですが・・・被害を受けた王都の修復や市民の誘導などで忙しくなると思われるので・・・私はこのことをクレアとレインに伝えてこなくてはなりません」

アイリス「では、また改めて表彰されると思いますが、ベルゼルグを代表して、私にお礼を言わせてください。この国を守ってくれて、ありがとうございます」ニコッ

トニー「勤めを果たしただけさ。君もあまり固くならずに、たまには子供らしく遊んでおけよ?」

アイリス「えぇ、近いうちに身分を隠してお兄様の所に遊びに行こうかと思います!それではまた!」ガチャッ

トニー「さて、そろそろギルドに向かうとするか」スタスタ…

フライデー『あの、ボス・・・なぜか私、とても嫌な予感がします。正確に言うと、凄まじい誤解とすれ違いを起こしてしまっているような・・・』

トニー「どうして?もう危険も去ったし、あと待っているのはギルドでパーッと宴会することだけだろ?」

フライデー『私の勘違いでなければいいのですが・・・』


809: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:52:45.35 ID:TqiOPsbS0

…..

..
.

王都 王城 謁見の間


めぐみん「トニー・・・うぅっ・・・グスッ・・・勝ちました・・・私達、勝ちましたよ・・・トニー・・・」ポロポロ…

カズマ「あのヒゲ野郎・・・最後まで無駄にカッコ付けなきゃ気が済まないのかよぉ・・・」ポロポロ…

ダクネス「彼は・・・究極のヒーローだった・・・」

アクア「ロキも空の穴も、何もかも消えちゃったわね・・・ねぇ、エリス」

エリス「わかっています先輩。天界に戻って、死者のリストを調べてきます。ではまた」スッ…

   ギュァァァアアンッ…


810: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:55:01.68 ID:TqiOPsbS0

カズマ「泣いてる場合じゃ無い・・・下に戻って、ゆんゆんやバニル達がどうなったか確認しないと---」

バンッ!

ゆんゆん「みなさん、大丈夫ですか!?」

カズマ「ゆんゆん、無事だったのか!」

ゆんゆん「えぇ、何とか」

アイギス《魔法を無力化する俺の中に入っていると魔法が使えなくなるって言う悲しすぎるハプニングはあったけどな!》

ウィズ「途中、思わず身震いしそうになる魔力・・・というよりは神気を感じたのですが・・・」

バニル「あぁ、なんとも吐き気のする気配であ・・・汝ら、何故そんな顔をしておる?状況を見るに勝ったのであ・・・」

バニル「・・・あのヒゲ中年はどこへ行ったのだ?」


811: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:55:27.45 ID:TqiOPsbS0

カズマ「・・・」

バニル「・・・なるほどな」

ウィズ「そんな・・・トニーさん・・・」

アイギス《おいおいブラザー・・・まじかよ・・・》

ゆんゆん「ねぇ、めぐみん・・・嘘よね・・・?トニーさんが死ぬなんて・・・」

めぐみん「嘘なんかじゃ・・・ありませんよ・・・!彼は・・・自分の命を犠牲にしてこの世界を・・・」グスッ…

ゆんゆん「トニー・・・さん・・・」ポロッ…


812: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:56:22.09 ID:TqiOPsbS0

ウィズ「・・・とりあえず、アクセルに戻りましょう。このことをギルドに報告しなくてはなりません」

バニル「王都の奪還はもうほとんど完了してある。あとのことはもう任せても大丈夫であろう」

ウィズ「それでは・・・アクセルに戻ります・・・ゆんゆんさん、ゆんゆんさんもお願いします」

ゆんゆん「・・・分かりました・・・」グィッ…

ウィズ「皆さん、準備は良いですか?」

めぐみん「トニー・・・あなたから教わったことは・・・決して忘れませんから・・・どうかゆっくり・・・休んでください・・・」


ウィズ・ゆんゆん「『テレポート』」


     フッ…





813: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:56:52.33 ID:TqiOPsbS0
......
....
..
.


アクセル ギルド酒場



 「「「カンパーイ!!」」」

ルナ「皆様、この度は本当にお疲れさまでした!行方不明事件もこれで解決です!」

冒険者A「まぁ、俺達は大して何もしてないけどな!」

冒険者C「まぁまぁ、気にすんなって!なんでも、マジでやばかったんだろ?王都が取られたって言うじゃねぇか!」

冒険者B「王都が取られかけるなんておっかねぇよなぁ・・・一体どんな奴だったんだか・・・」

冒険者D「なんにせよ、こうして解決できてよかったじゃねぇか!なんでも、あのカズマパーティーがまた大きく活躍したみたいだってよ!」

冒険者B「本当か!いつも問題起こしてるけど、やっぱすげぇなあいつら!新入りも入って強くなったみたいだしな!」

冒険者A「あぁ、あの全身鎧の男か!あいつとはあまりしゃべったことはねぇが---」

   ワイワイ…


814: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:57:46.94 ID:TqiOPsbS0

カズマ「・・・」

アクア「・・・」

めぐみん「・・・」

ダクネス「・・・」

カズマ「祝うはずなのに・・・」

ダクネス「はは・・・ほとんど味もわからん・・・」

アクア「私も、今日はお酒飲む気分じゃないわ・・・」

めぐみん「・・・」

815: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:58:28.15 ID:TqiOPsbS0

カズマ「でも・・・トニーに乾杯くらいはしようぜ。世界を救ったヒーローにさ・・・」スッ…

ダクネス「ヒーローに」スッ…

アクア「ヒーローに」スッ…

めぐみん「ヒーローに」スッ…


「「「「かんぱ・・・」」」」


    キィ…






「ふむ・・・注ぎたてのシャワシャワと・・・勝利の匂い・・・」

「で、僕の分は?」


816: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:58:55.73 ID:TqiOPsbS0

カズマ「!?!?!?!?」ガタタッ…

トニー「・・・?どうしたみんな?鳩が爆裂魔法を食らったような顔し」

アクア「ゴッドブロー!」ボッ!

トニー「ぐああああああ!?」メリッ…

   ドシャァッ…

トニー「がっ・・・ぐっ・・・フ、フライデー・・・なにがどうなっているんだ・・・?」

フライデー『嫌な予感が的中しました』


817: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/09(日) 23:59:43.34 ID:TqiOPsbS0

アクア「大変!トニーが、トニーがアンデッドになって出てきちゃったわ!!」

トニー「おい、状況を説明しろよ・・・何故僕は君にパンチされたんだ・・・?」ヨロッ…

アクア「トニー・・・あのね・・・あなたは・・・あなたはもう・・・この世にいないの・・・」

トニー「は?」

アクア「もう私達とは・・・会っちゃ駄目なの・・・行くべき所に行かなくちゃ駄目なの・・・」ポロッ…

トニー「・・・???」

アクア「だから・・・だがら゛ね・・・っ!」ポロポロ…


818: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:01:05.72 ID:I8m3u6zw0

アクア「貴方を今ここで・・・天界に送ります・・・トニー、ありがとうね」ニコッ…

アクア「『セイクリッド・ターンアンデッド』」スッ…

      ポゥッ…

トニー「なぁ、感動的な雰囲気だしてるところ悪いんだが、一体君たちは何をしてるんだ?演劇の練習か?」

アクア「あ、あれ!?なんで・・・というか・・・あれあれっ・・・?ひょっとしてアンデッドじゃない・・・?」

トニー「僕の目を見ろよ・・・死んだ目に見えるのか?」

アクア「うーん、一応死んだような目をしてるけど、曇りなき眼でみた限り、ちゃんと人間みたいね・・・」

トニー「喧嘩売ってるのか?・・・ったく、腹にパンチを食らったおかげで食欲が・・・」


819: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:03:51.98 ID:I8m3u6zw0

めぐみん「・・・説明してくださいよ」

トニー「説明?なんの説明だ?説明ならこっちがしてもらいたいね。勝利の宴会を開こうとここまで歩いてきたら、そこの狂犬にいきなり腹を殴られて、アンデッド扱いされたんだからな!」

めぐみん「なんで生きているのか説明してくださいよ!」バンッ

トニー「おい、何そんな目を真っ赤にして怒ってるんだ?」

ダクネス「お前はロキに突っ込んで、自爆して消えたはずだろう・・・何故ここにいるのだ・・・?」

カズマ「一から・・・十まで・・・きっちり話せ・・・」


820: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:05:33.47 ID:I8m3u6zw0

トニー「生きてるも何も、あそこにいたのはスーツだけだ。僕自身はラボにいて、スーツを遠隔操作してた」

カズマ「・・・は?」

めぐみん「別れの時だ・・・とか、犠牲が必要だって言ってたのは?」

トニー「それはスーツの話だ。みんなで頑張って作ったスーツを完成したその日に吹っ飛ばしたんだぞ?悲しくもなるさ。君も悲しかったからあんな顔してたんだ・・・」

めぐみん「・・・」プルプル…

トニー「・・・フライデー、僕このこと説明したっけ・・・?」

フライデー『してません』

トニー「・・・」ダラダラ…


821: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:06:33.44 ID:I8m3u6zw0

トニー「よし、一から説明する。まずあのスーツに僕の体は耐えられなかっただろ?そこで人類最高峰の頭脳は考えたんだ。体が耐えられないんだったら体を入れなきゃ良---」

めぐみん「ああああああーっ!!」ガバッ!

   ドゴッ!

トニー「がっ!?おい、まだ話の途ちゅ」

カズマ「テメェふざけんなよ!マジでふざけんなよ!俺の涙を返せよ!そこまでしてイカした演出とやらがしたいのか!この野郎!」ドカッ

ダクネス「貴様、あんな言い草しておいてスーツの話だっただと!?どれだけ悲しんだのかわかっているのか!?ぶっ殺してやる!!」

アクア「ねぇ返して!あの時の気持ちを返してよ!もうトニーが物作りしてる時に指切っても回復魔法かけてあげないんだからね!」

トニー「言葉を使・・・うぐっ!おい!よせ!スーツ!」

フライデー『ありません』

トニー「冗談じゃ・・・」


822: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:07:11.28 ID:I8m3u6zw0

……
….
..
.

馬小屋


トニー「・・・というわけで、ラボにも屋敷にも入れてもらえず、ここに来たって訳さ」

トニー「確かに誤解を与えたのも悪かったが、だからって痛めつけて家から追い出すのはやりすぎだろ」ハァ…

トニー「まぁ、長々と僕の愚痴を聞いてくれてありがとう。仕事引き留めて悪かったな」

馬小屋の管理人「話の九割くらいは聞いとらんかったから構わんよ」

トニー「そりゃ・・・正解だな。人の愚痴は聞き流してなんぼだ」

トニー「ところでじいさん、どこかで会ったか?」


823: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:09:07.81 ID:I8m3u6zw0

馬小屋の管理人「さぁのう・・・ワシみたいな顔の老人など、どこにでもおると思おうが・・・」

トニー「そうか・・・なぁ、毎日こうやって冒険者の話を聞いたりするのか?」

馬小屋の管理人「まぁのう。ここでしがない馬小屋の管理人をして、たまーにこうして冒険者の話を聞いておる」

トニー「九割聞き流しながら?・・・冗談だよ、経営頑張ってくれ。それじゃ、僕は五度目の謝罪に行ってくるよ。これで駄目だったら、いよいよもって晩飯抜きの馬小屋生活が始まる。僕も藁が食べれるようになりたいね」スッ…

   コンコンッ…

トニー「・・・?誰だ?」


825: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:12:34.33 ID:I8m3u6zw0

  ギィッ…

アクア「・・・」ジッ…

トニー「あー・・・今から君たちの元に向かおうと思ってたんだが・・・というか、ドアを開けるならしっかり開けてくれ。頭だけのぞかせてたら、後ろに誰がいるのか見えないぞ」

    ガチャッ…

めぐみん「もうバカな真似しませんか?」

ダクネス「流石に締め出すのも悪いと思ってな・・・もうこんなこと二度としないなら戻してやろうって話になったんだ」

トニー「戻してやろうってなんだ。なんでそんな上から目線なんだ?元々は僕の家だし、君たちが勝手に誤解---」

カズマ「そうか、じゃぁな。みんな、屋敷に戻ろうぜ。今日は霜降り赤ガニを食べよう」クルッ…

826: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:14:23.98 ID:I8m3u6zw0

トニー「はいはい、わかった!悪かったよ・・・もう二度としない。これで良いか?」

アクア「よくできました!」ナデナデ

トニー「・・・」イラッ...

めぐみん「さっ・・・帰りますよ、トニー」

トニー「・・・ああ。それじゃ、僕は家に帰るよ。じゃぁなじいさん」

馬小屋の管理人「・・・」ニコッ

 ギィッ…
   スタスタ…

馬小屋の管理人「まだまだ、上を目指せ」


827: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:15:35.70 ID:I8m3u6zw0
......
....
..
.


家への帰路

ダクネス「ところでトニー、霜降り赤ガニは食べたことあるのか?」スタスタ…

トニー「いや、無い。美味いのか?」スタスタ…

めぐみん「そりゃもう。わかりやすく説明すると、これを食べる代わりに爆裂魔法を我慢しろと言われたら、喜んで我慢して、食べた後にぶっ放すくらいには美味しいのです!」スタスタ…

トニー「今の説明で分かったのは君の頭のおかしさ位なんだが」

カズマ「説明はともかく、味はマジでうまいぞ。帰ったら鍋を用意してあるから、楽しみにしておけよ」スタスタ…

アクア「最高級の蟹の甲羅に最高級のお酒を入れて甲羅酒を作るの!きっと気に入るわよ!」スタスタ…

トニー「甲羅酒・・・甲羅酒か・・・美味そうだな」ゴクリ…


828: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:17:24.26 ID:I8m3u6zw0
......
....
..
.


エリスの神殿


エリス「・・・」スッ...

水晶「」ヴンッ...


アクア『トニー、帰ったらお酒の飲み比べ対決をしましょう!』

トニー『別にいいが、吐くまで飲むなよ?もし吐いたら、自分のゲロは自分で片付ける事。いいな?』

めぐみん『わ、私も飲み比べを・・・』

トニー『君はダメ』

めぐみん『な、なんでですか!?さすがにもういいでしょう!?ではせめてボードゲームの対決を・・・』

トニー『それくらいならお安い御用だ。飲みながら勝ってやるさ』

めぐみん『言ってくれましたね!』

カズマ『おー、楽しそうだな。トニー、ついでに旅行の話の続きもしようぜ。詳しい日程とか色々さ』

ダクネス『いいな。割と近いうちに行きたいものだ・・・』

    ワイワイ…

エリス「ふふ・・・」

エリス(あなたがこの世界で、楽しそうな顔をしてくれていて本当に良かった)

エリス(最後に皆を悲しませたのは少々あれだけれど・・・)

エリス(トニー・スタークさん、この素晴らしい世界を守ってくれたあなたに、あなたがこの世界に来たことを後悔しないように・・・そして、今後良い事が起きますように)スッ…

エリス(この世界を、どうかもっと好きになってもらえるように---)






エリス「---『祝福を!』」


829: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:25:14.26 ID:I8m3u6zw0





END

830: ◆Ua1M3q7gGI 2019/06/10(月) 00:25:41.98 ID:I8m3u6zw0
これで終わりになります
また一年近くかけてしまった・・・
今思えば、MCUの説明だけではなく、このすば側の説明も入れておけばよかったなと少し反省したりもしております
このすばは本当に面白いラノベです。もしこのSSを見て興味が湧いたという方がいらっしゃれば、ぜひ見て見てくださいね!
また、このSSでアイアンマンを知った方がいらっしゃれば、MCUを最初から追いかけて、六月二十七日まで公開しているエンドゲームを見に行ってくれれば最高です。追い続けたことは、絶対に公開しないハズです

最後に、こんな駄文に長々と付き合ってくれた皆さま、本当にありがとうございました!

エンドゲームはまだまだ公開中!
https://youtu.be/KunCDzXlXLI




このすばの映画は八月三十日に公開!

https://youtu.be/sETb41GEpBo