2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:12:11.63 ID:fdHSr9T30

つい先程まで歩いていた通り。


時間が余ったからと立ち寄った、お洒落なカフェ。


思わず見上げてしまった、ビルの群れ。


それらも霞むほどに、私達は空へと近づこうとしています。


「わぁ……ほら、見てください、――さん」


まるで空を飛んでいるみたい、なんて。


「……そうだな」


小さなガラスの箱に、私と彼と、二人きり。


まるで巨人の肩に乗ったみたいに。


今ならどこまでも、どこまでも見渡せるんじゃないかと思う程でした。


引用元: 藤原肇「夜空に浮かぶ、星のように」 



THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! TAKAMARI☆CLIMAXXX!!!!!
歌:喜多日菜子、喜多見柚、南条光、日野茜、姫川友紀
日本コロムビア (2019-06-19)
売り上げランキング: 151
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:13:26.97 ID:fdHSr9T30

「ふふ……素敵ですね」


見上げれば、果てしなく続く空。


足元には、いくつもの大きな、けれど小さなビル。


きっと夜には、天の川のようにきらきらと輝く夜景が見られるのかな。


「こうしてずっと、遠くを見ていると……なんだか、心が晴れる気がします」


憧れていた、都会の空。


少しだけくすんでいるけれど、どこまでも高く、広がる空。


ずいぶん遠い場所に来てしまったのかな、と少しだけ不安な気持ちが生まれるけれど。



誰かさんと一緒にいるから、大丈夫だって。


ずっと、まっすぐ前を向いていられるんだって。


やっぱり恥ずかしいので、鍵をかけて、そっと心の中にしまっておきます。


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:17:17.15 ID:fdHSr9T30

まだまだ登ってゆく、ガラスの箱。


まるでお人形のショーケースみたい。


もちろん、隣には……ふふ。


「……どうした?」


「いえ……とてもロマンチックで、素敵だなって」


なんて笑ってみるけれど。


「本来は……外から見えるようにするのが目的だがな」


外から見えるから事件が起こりにくい、だなんて。


「むぅ……」


もっとロマンチックに考えましょうよ、と訴えかけてみるけれど。


今でも十分ロマンチックだろ、と笑うばかりでした。


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:18:24.93 ID:fdHSr9T30
ゆるやかに減速し始める、ガラスケース。


本当に、この手も天に届くようなほど、高い空に来てしまいました。


私のふるさとも見えないかな、なんて思ったけれど。


「……どうした?」


笑われるのはなんだか不服なので、これも心の中へ。


なんでもありません、と笑っておきます。



「――さん」


今、私には何が見えていると思いますか。


じっと、考えたような素振りをして。


「何を見ているか、何が見えるかは……肇次第、だろう」


ずるいなぁ、と思ったけれど、それも正解にしてあげます。


何だそれは、と苦笑いをされてしまいました。


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:22:32.31 ID:fdHSr9T30

立ち並んでいた中でも、一番高いビルの、一番上の階。


ガラス張りの大きな広間が、今日の会場でした。


主催の方に案内をしてもらいながら、楽屋代わりの部屋へと通されて。


一旦荷物を置いてから、打ち合わせに出るようです。


「そういえば……式典のリストだが、見ておくか?」


今日のお仕事は、式典でのステージ。


主催の方が出身とのことで、岡山に所縁のある方々が呼ばれていて。


それで、私にもお話が来たそうです。


「……本当に、凄い方々なんですね」


「ああ……実業家、芸術家、とにかく一流と呼ばれる面々だそうだ」


確かに、私でも知っている有名な名前がちらほら。


こんな中での、私のステージ。


「……不安か」


すぐに、心の中を見抜かれてしまって。


やっぱり筒抜けなんですね。


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:23:27.70 ID:fdHSr9T30

「……大丈夫です」


私は、私ですから。


どんな場所でも、私らしく。


「足は……すくんでませんよ」


「そうか」


ならいいんだ、と笑ってくれて。



ぽふん。


「あ、あの」


大丈夫だぞ、と笑ってくれるけれど。


頭を撫でられるのは、やっぱり恥ずかしいな。


「駄目だったか?」


「……いえ。もう少しだけ」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:24:26.57 ID:fdHSr9T30

打ち合わせもリハも終えて、衣装を身に纏って。


「いつでも、大丈夫です」


そうか、もうすぐだぞ、と言う彼自身も、震えているのが分かりました。


少しだけ深呼吸をして、彼の手を握ります。


「あなたが緊張してどうするんですか、――さん」


だから、笑ってください。


頑張れって、私の背中を押してください。



「私を……星にしてください」


夜空に、鮮明に浮かぶ星に。



いつだって私を輝かせるのは、他の誰でもない。


あなたなんですから。


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:26:09.56 ID:fdHSr9T30

照明が落ちて、私の出番。


舞台に立ってスポットを浴びると、いつものライブとはやはり違うけれど。


皆が見ているんだな、と感じます。


ステージからの三方は、ガラス張りになっていて。


まるで、夜空に包まれているかのよう。


「皆さんこんばんは。藤原肇です。本日はこのような式典にお呼び頂き……」


夜の闇の中で、ただ一人。


光を浴びて、光を放つ。


「……それでは短い舞台ではありますが、最後までお付き合いください」


しっとりと流れだす、ピアノの旋律。


緊張を振り払うように、少しだけ胸を張って、言葉を紡ぎます。


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:28:10.33 ID:fdHSr9T30

遠い夜空に、ぼんやりと浮かぶいくつもの光。


今までに感じたことのないような冷たさがあるような気がして。


最初は、怖いなと思っていました。



けれど、それもまた。


ひとつの自然と捉えてみると、不思議と悪くないような気がします。



分からないからこそ、恐怖が生まれる。


あの頃の私のように。


だからこそ、私は。



もっともっと、知りたい。


都会の夜空も、アイドルの事も、あなたの気持ちも、何もかもを。


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:31:01.93 ID:fdHSr9T30

「ありがとうございました。次の曲が最後の曲となります」


イントロのメロディが、静かに、けれど力強く響きます。


「……遥か高くからの東京の景色は、どこまでも街並みが広がっていて」


思わず飛び出した声は、そのままマイクを伝って。


「あまりの広さに、なんだか飲み込まれてしまいそうな気さえします……っ」


気付けば、歌うタイミングを逃してしまいました。


それまでじっと聞いてくれていた皆さんが、どうしたのかな、とどよめきだして。


端の席に座っていた彼は、何をしているんだ、といった顔を少しだけ浮かべたけれど。


何かを閃いたように、裏方へと走って行くのが見えました。



それに答えるべく、しっかりと前を向いて。


「……この広い街の中で、私は迷子なんじゃないかって。時々、そう思うことがあります」


言葉を、続けます。


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:32:18.34 ID:fdHSr9T30

「けれどもこうやって、私が歩き続けていられるのは」


誰かの照らしてくれる光のおかげです。


それは友人や、家族や、ファンの皆さん……私を支えてくれる、皆さんの気持ちなのかなと思います。



私の進む道を、目の前のものを、心の中に渦巻く影を照らす、誰かの光。


だから……私は、どんなに広い場所でも、目指すべきものを見失わずに。


追い求めるものを見失わずに、歩いてゆけるのだと、思っています。




「……私も誰かを照らす、星になれたら」


夜空に、鮮明に浮かぶ星になれたなら。


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:35:45.77 ID:fdHSr9T30

「……?」


少しずつ、フェードアウトするラストソング。


この舞台の失敗を告げているのかな、と思いました。


ああ、やっぱりでしょうか。


どうして勝手なことをした、と怒られてしまうのかな。


でも、私は……。





曲が止まり、スポットが落ちて――



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:37:24.19 ID:fdHSr9T30






――突然かき鳴らされた爆音に、思わず飛び上がってしまいました。






15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:39:03.11 ID:fdHSr9T30

駆け出しの頃から歌ってきた、アップテンポのナンバー。


肇ならきっとこういうのも歌えるだろう、と彼が薦めてくれた曲でした。


そうそう、いつかのライブのお仕事の時も、この曲を歌ったんだっけ。



昔からの憧れだった、アイドル。


彼女達からもらった熱意を、勇気を呼び覚ますような熱い気持ちが湧き上がるようでした。



もう一度、スポットライトが私を照らしてくれている。


迷うことは、ない。


「それでは、お聞きください――」



私の歌が。私の想いが。


誰かを照らす光になると願って。


私は、歌を歌うのでした。


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:41:18.34 ID:fdHSr9T30

鳴り止まない拍手は、やがてリズムを刻みます。


「ありがとうございます……それでは、もう一曲だけ」


スローテンポの、バラードに乗せて、歌詞をなぞります。




ゆるやかに、たゆたうように、夜の闇に身を委ねて。


不思議と、肩の力は抜けていました。


もしかしたら、これが私なんだと思えたからなのかも、しれません。


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:42:31.97 ID:fdHSr9T30

ステージから降りた私を待っていたのは、なんとも言えない顔をした彼でした。


「……お疲れ様」


「お疲れ様です、――さん」


あまり驚かせないでくれ、とだけ怒られました。


自分でもどうして、あんなことをしたのか不思議でたまりません。


けれど、そうしたかったから。


気付いた時には、もう後には戻れませんでしたし。


「あの曲、よく持ってきてましたね」


本当は、歌うはずのなかったナンバー。


今日のステージには合わないから、と真っ先に候補から外れたはずの曲でした。


「……こんなことがあるとも、分からないからな」


やっぱり、私の事を分かっているのかな、なんて。


頼もしいけれど、恥ずかしいような。


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:43:06.87 ID:fdHSr9T30

あれだけ高い空から見えていた小さな景色も、段々と大きくなって。


ガラスの箱は、二人を乗せて地上へ。


「……本当に、今日はどうなるかと思ったぞ」


「ふふ……ごめんなさい、――さん」


もっと言われるのかと思ったけれど、いいんだ、と笑ってくれました。


主催の方々からは、結果は良かったけれど、と苦笑い。


でも、私を呼んでよかった、と言ってもらえました。


結果オーライ……とは、あまり言えるような内容ではありませんけれど。


自分でも、胸を張っていいと思うことにします。


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:44:20.06 ID:fdHSr9T30

「だが……今までよりもずっと、肇らしいステージだった」


そうですか、そうだ、確認しあって。


「……だったらもっと褒めてください」


エレベーターを降りたらな、だなんて。


やっぱり、ロマンチックじゃないなぁ。



私、頑張ったんですからね。


「……そうだな」


あの舞台、怖かったんですよ。


「そうだな」


ちゃんと、聞いてますか?


「もちろん」


むぅ……。


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:46:10.34 ID:fdHSr9T30

だったら。


少しくらい、いいですよね。



「……褒めるだけじゃ、駄目ですからね」


私という星が、くすんだ夜空のなかでも鮮明に浮かんでいられるように。


もっと、もっと。




「もっと私を輝かせてください」


これからもずっと、一緒にいてください。



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 03:47:59.17 ID:fdHSr9T30
以上で終わりです

ありがとうございました