1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:11:58 ID:w2O/Xd6c
エレン「おーい、アニ」

アニ「今日も元気だね、アンタは」

エレン「そっか?いつも通りだろ」

アニ「・・・フン」

エレン「それよりよぉ、この荷物運ぶの手伝ってくんねえか?」

アニ「別にいいけど」 


進撃の巨人
エーシージー (2017-03-03)
売り上げランキング: 292,159
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:13:55 ID:w2O/Xd6c
エレン「よいしょっ、と」

アニ「結構重いね、これ」

エレン「そうか?」

アニ「んしょ、んしょ・・・」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:15:34 ID:w2O/Xd6c
エレン「ふう、やっと終わった・・・」

アニ「巨人を駆逐するぞー、とか言ってる割にはひ弱だね」

エレン「んだよっ、このっ」つんっ

アニ「ひあっ///」

エレン「」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:17:39 ID:w2O/Xd6c
エレン「・・・何だ?今の声」

アニ「・・・そ、空耳だよ、きっと」

ミーナ「アニー♪」がばっ

アニ「ひうっ///」

エレン・ミーナ「」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:20:12 ID:w2O/Xd6c
アニ「う、なんだよ、見るな!」

ミーナ「もしかして、アニってくすぐられるの苦手?」にやにや

アニ「なわけないだろ」

ミーナ「それー!」わきわき

アニ「いやぁ///」

エレン(何この可愛い生物) 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:23:15 ID:w2O/Xd6c
アニ「とにかくもうくすぐるのは止めてくれ!」

エレン「今の見ちまったからなあ・・・」

ミーナ「うんうん」

アニ「蹴り殺されたいの?」

ミーナ「じゃあ、こっちもくすぐり返すからね!」

アニ「う・・・とにかく、他言無用!この事はこれで終わり」

エレン「それにしても以外だなぁ!アニがくすぐられんの苦手だって!」




エレン「痛ぇ!」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:26:54 ID:w2O/Xd6c
~翌日~

アニ「・・・」げしっ

エレン「いてっ、ってお前か」

アニ「昨日運んだ荷物って結局なんだったんだ?」

エレン「教官に運んどけっていわれて以来わかんねーからなあ」

アニ「ふうん」

エレン「それよりさーアニ」

アニ「なんだい?」

エレン「くすぐらせてく アニ「殺す」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:32:07 ID:w2O/Xd6c
~またまた翌日~

教官「今日は貴様らに良い報せがある!」

一同「はっ!」

教官「今日は貴重な酒が支給される日だ!日頃の訓練で疲れているだろうという上官からの気遣いだ!」

教官「各自有難く酒を頂くがよい!」

一同「わーいやったー酒って何?のむぞーいえーい!」


エレン「運んだ荷物ってアレだったのかぁ」

アニ「運んだ甲斐があったね」

エレン「初めてだなぁ、酒って」

アニ「一緒に飲まないかい?」

エレン「おう!いいけど、珍しいな、お前からなんて」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:37:10 ID:w2O/Xd6c
~酒配給後~

アニ「これが酒・・・」

エレン「」ごくごく

アニ「おいしいかい?」

エレン「・・・」

アニ「?」

エレン「うん、割とうめえぞ」

アニ(なんだ・・・酔って襲ってでもくるのかと思った・・・)

エレン「ほら、お前も」

アニ「うん」ごくごく

エレン「どうだ?」

アニ「・・・」

エレン「?」

アニ「エレェン!」

エレン「うおっ!」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:39:07 ID:w2O/Xd6c
アニ「エレン~」

エレン「どうした急に!」

アニ「あう~好きぃ~」

エレン「はぁ??」

アニ「ぎゅってしてえ?ね?」




ユミル「あれはひでえな・・・」

クリスタ「酔うとああなるんだね・・・」

ミカサ「削ぐ」 


12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:42:21 ID:w2O/Xd6c
エレン「教官!」

教官「なんだ、用件を言ってみろ」

エレン「はっ!アニ・レオンハート訓練兵が酒に酔って万全の状態では無い為、救護室に連れて行っても宜しいでしょうか!」

アニ「うぅ~///」

教官「フン・・・まあ良いだろう!ただ状態が戻ったらすぐ連れて来るように!」

エレン「はっ!」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:44:01 ID:w2O/Xd6c
ミカサ「私も酔いたい」

ユミル「お前は酒に強すぎんだよ・・・」

ミーナ「気持ち悪い~うえ~・・・」

サシャ「おいしいです!おいしいです!」

クリスタ「私あんまり好きじゃないなぁ~、この味」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:46:01 ID:w2O/Xd6c
~救護室~

アニ「キスしよぉ~///」

エレン「お前何言ってんだよっ」

アニ「抱いてぇ///」

エレン「おまっ・・・」

アニ「おかしくしてぇ?///」

エレン「・・・」

アニ「はう///」

エレン「」がばっ

アニ「あんっ///」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:47:10 ID:w2O/Xd6c
エレン「いいか・・・覚悟しろよ」

アニ「うん///」

エレン「こちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ!!」

アニ「やぁあああああらめえええええええええええええええええええ!!!!」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 02:49:20 ID:w2O/Xd6c
~暫くして~

アニ「最悪だ・・・」

エレン「お前が酔ってどうしようもなくなってっから仕方無くやったんだよ」

アニ「だからってくすぐることないじゃないか!」つんっ

エレン「あう!///」

アニ「」




エレン「やぁあああああらめえええええええええええええええええええ!!!!」

END