1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 19:25:34 ID:HUsIXX4Q
ジャン「は?ミカサお前何言って…」

ミカサ「ずっとずっと好きだった…」

ジャン「お、おいおい…」 




5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 19:33:48 ID:HUsIXX4Q
ミカサ「いつも冷静で…時々エレンともぶつかる時もあったけど…」

ミカサ「そういうところも全部大好き。私を守って欲しい」

ジャン「ミ、ミカサ…」

ジャン「(あれ…これ夢じゃないよな?)」ギュー

ジャン「(痛い…)」パッ

ジャン「(ということは…)」

ジャン「(ついにこの日が…!)」 


7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 19:37:51 ID:HUsIXX4Q
ジャン「…ありがとうミカサ。俺もミカサの事が大好きだ…」

ジャン「初めて会った時から好きだったんだ」

ジャン「あん時ゃ、恥ずかしいもの見せちまったけどよ」

ジャン「もうあんなことはしない。俺はミカサを守る為だけに生きる」

ジャン「ありがとう。本当にありがとうミカサ」ギュ

ミカサ「ジャン…」

ミカサ「…」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 19:41:46 ID:HUsIXX4Q
ミカサ「ばぁ~かwwwwwwww」パシッ

ジャン「えっ」

ミカサ「だぁぁぁれがてめぇなんか好きになるかよwwwwwww私はエレン一筋なんじゃボケェwwwwww」

ミカサ「てめえみたいなゲス顔に彼女なんかできるわけないじゃんwwwwwwww」

ミカサ「え?何?信じちゃったの?信じちゃったんですか~?wwwwwww」

ミカサ「うっそぴょ~んwwwwwミカピョ~ンwwwwwww」

ジャン「…」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 19:45:45 ID:HUsIXX4Q
ジャン「じゃ…じゃあさっきのは…」

ミカサ「あ?演技に決まってるじゃんwwwwwwwww」

ミカサ「マジうけんだけど~wwwwwwwwww」

ジャン「…」

ジャン「うぅ…」ポロポロ

ミカサ「あれれれれ?泣いちゃったんですか~?弱虫でちゅね~wwwwwwwwww」

ミカサ「マジきもいんだけどwwwwwwwwww」

ミカサ「…というのは冗談だよ、ジャン」

ジャン!「!」

ジャン「…」キュン 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 19:50:08 ID:HUsIXX4Q
ミカサ「っていうのも冗談なんだっつーのwwwwww」ボカッ

ジャン「痛っ!!」ドサッ

ミカサ「特に理由もない暴力がジャンを襲う♪wwwwwwwwwwwwwww」ボカドコズカ

ジャン「…」ガスッガスッ

マルコ「やめて!!」

ジャン「!!」

ミカサ「マルコ…!」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 19:52:48 ID:HUsIXX4Q
マルコ「ジャンは僕の友達…たった一人の親友なんだ…」

ジャン「マルコ…!」

マルコ「だから…もう殴るのはやめて…」

ミカサ「マルコ…」

ジャン「マルコ…お前!」

マルコ「大丈夫かい?ジャン」ボカッ

ジャン「」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 19:56:09 ID:HUsIXX4Q
マルコ「あれどうしたんだろジャンきぜつしちゃった」ボカボカ

ミカサ「ほんとだどうしたんだろ」ゲシゲシ

殺ルコ「おねがいジャンめをさまして」ドカッズカッ

殺カサ「どうしたのジャンおきて」バキッドゴッ

ジャン「うぐっ…」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:01:25 ID:HUsIXX4Q
マルコ「おらおらwwwwwさっさと起きろよジャンドバックさんよぉwwwwwwww」ボコボコ

ミカサ「もうくたばってんのか?だっらしねぇなぁwwwwwwww」ガスッゴシャッ

ジャン「う…」

マルコ「あーあ、もう終わりかよ」ペ

ミカサ「行こう、マルコ」ペッ

マルコ「ああ…っと、その前に」

マルコ「ジャンよ~、てめぇ少し調子乗りすぎだ」ゲシゲシ

マルコ「皆てめぇの事嫌ってたぜ?ザマスww」ゲシゲシ

マルコ「あとお前なんか友達じゃねぇから」ゲシゲシ

マルコ「そんじゃな」スタスタ

ジャン「(…)」

ジャン「(ミカサの唾…ゲットなり…)」ガクッ 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:10:00 ID:HUsIXX4Q
ジャン「(もうやだ…)」

ジャン「(これが夢だったらな…)」

ジャン「(夢…)」

ジャン「(はぁ…)」

ジャン「(……)」

ジャン「(少し…寝るかな…)」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:13:27 ID:HUsIXX4Q
ジャンの夢の中

裸のミカサ「ジャーン?」キャピキャピ

イケジャン「おう、ミカサか。何だ?」

裸のミカサ「今日も…しよ?」モジモジ

イケジャン「ああ、構わねぇよ」キラッ

裸のミカサ「///」ポッ

女性一同「ジャン!!私ともして~!!///」

ジャン「おいおい、焦るなって、順番にな!」キラッ

女性一同「キャー///」 


22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:18:13 ID:HUsIXX4Q
ジャン「……」ガバッ

ジャン「うわあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

ジャン「何なのこのハーレム…」

ジャン「俺どうなってんのよ…」

ジャン「……」ギュルルル

ジャン「腹減った…」

ジャン「飯食いに行こ…」トボトボ 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:21:37 ID:HUsIXX4Q
食堂

ジャン「腹減った…」

ジャン「あれ…俺のは?」

アルミン「あれ?ジャンじゃないか」

ジャン「おう、アルミンじゃねぇか。俺の飯知らね?」

アルミン「え、聞いてないの?」

ジャン「?」

アルミン「教官に呼び出し受けてたよ?何か話があるみたい」

ジャン「そうなのか…ありがとうアルミン」ダッ

アルミン「…」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:25:39 ID:HUsIXX4Q
ジャン「失礼します!」ガチャッ

キース「入れ」

ジャン「入っています!」バタン

キース「…アルレルトから聞いているな?」

ジャン「はい…で、話とはなんでしょう」

キース「…」

キース「●●●●カンナムスタァイル」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:27:08 ID:HUsIXX4Q
キース「おっwwwwおっおっおwwwwww●●●●カンナムスタァイルwwwwwwwwwwww」

キース「おっおっおwwwwwwwwwwwwイエーwwwwwwwwww」

ジャン「失礼しました!!」バタン

ジャン「…」

ジャン「…はぁ」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:31:23 ID:HUsIXX4Q
ジャン「これ…夢だよな?」

ジャン「色々とおかしい…」

ジャン「……」

ジャン「夢、だよね?」>>27 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:32:31 ID:hNzH095I

              , -‐;z..__     _丿
        / ゙̄ヽ′ ニ‐- 、\  \   ところがどっこい
       Z´// ,ヘ.∧ ヽ \ヽ ゝ   ヽ   ‥‥‥‥
       /, / ,リ   vヘ lヽ\ヽヽ.|    ノ  夢じゃありません
       /イル_-、ij~  ハにヽ,,\`| <      ‥‥‥‥!
.        N⌒ヽヽ // ̄リ:| l l |   `)
            ト、_e.〉u ' e_ ノノ |.l l |  ∠.   現実です
          |、< 、 ij _,¨、イ||ト、|     ヽ      ‥‥‥!
.           |ドエエエ「-┴''´|.|L八   ノ -、   これが現実‥!
            l.ヒ_ー-r-ー'スソ | l トゝ、.__   | ,. - 、
    _,,. -‐ ''"トヽエエエエ!ゝ'´.イ i l;;;;:::::::::::`::ー/
   ハ:::::::::::::::::::::| l\ー一_v~'´ j ,1;;;;;;:::::::::::::::::::
.  /:::;l::::::::::::::::::::;W1;;;下、 /lル' !;;;;;;;;;::::::::::::::::
  /:::::;;;l:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;|: :X: : : : : |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::
 /:::::;;;;;;|:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|/: : >、: : :|;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::: 



29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:34:10 ID:HUsIXX4Q
ジャン「嘘だ!!>>27は嘘をついている!!」ジタバタ

ジャン「夢…だよな?」>>29 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:36:05 ID:pZUZ.4fk
現実さ・・・ 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:40:04 ID:HUsIXX4Q
ジャン「違う!!これは夢だ!!」

ジャン「夢だから空だって飛べるんだぞ!!」バサッ

ジャン「ほら!!」バタバタ

ジャン「ほら!!夢だろ!!」バタバタ

ジャン「夢だよな!?>>34!!」

ライナー「何やってんだ彼奴…」

クリスタ「(立体起動バタバタさせて飛ぶジャン可愛い)」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:45:02 ID:HUsIXX4Q
駄目だ俺も疲れてるみたいだ 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:48:07 ID:HUsIXX4Q
ジャン「う、うぅ…」ドサッ

ジャン「最初からわかっていたさ…」ポロポロ

ジャン「この世界は…残酷って事を…」ポロポロ

ジャン「あ、飯食いに行こ」ダッ 


39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 20:54:04 ID:HUsIXX4Q

アルミン「おかえりジャン」

ジャン「おう。って、俺の飯何処?」

アルミン「ああ、サシャにとられそうだったから。はいこれ」スッ

⊃パンくず

ジャン「なぁ…普通のパンはないのか」

アルミン「何言ってるの?これが普通だよ?」

ジャン「いやいやいや…これパンくずだろ…」

アルミン「あたりめぇだろ」

ジャン「えっ」

アルミン「てめぇの飯なんてねぇよ。僕が全部食ったっつーの」

アルミン「だからさ、これで我慢して?ね?」

ジャン「……」

ジャン「ふざけんじゃねぇぞぉぉぉぉ!!!!」バァン 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 21:00:04 ID:HUsIXX4Q
ジャン「どいつもこいつもイタリアも!!」

ジャン「そんなに俺の事が嫌いか!?」

一同「ウン」コクッ

シャン「ああそうかよ!!だったらこんなとこ出てってやるよ!!」

ジャン「てめぇら何か巨人に食われちまえ!!この家畜共が!!」

一同「…」イラァ

一同「目標!!ジャン、キルシュタイン!!絶対に逃がすなぁぁぁぁぁ!!!!!」ダダダダダ

ジャン「ファッ!?」

ジャン「うわあああああああああ!!!」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 21:04:10 ID:HUsIXX4Q
ジャン「……」ガバッ

マルコ「おはようジャン。随分うなされてたけどどうしたの?」

ジャン「夢…」

ジャン「すべて…夢だったんだ…!」 
マルコ「…?」

ジャン「うわああああん!!」ダキッ

マルコ「ちょ、どうしたんだよジャン!!」

ジャン「ごめん…ごめんよぉマルコ…」ズビスビ

ジャン「おまえの…ぎもぢも…がんがえられなぐで…」グスン

マルコ「わ、わかったから!!わかったから離してよジャン!!」

ジャン「うぅ…」ズビビ 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 21:08:56 ID:HUsIXX4Q
マルコ「とりあえず、さ。ご飯食べに行こうよ」

ジャン「うん…」グス

食堂にて

アルミン「おはよう、マルコとジャン」

マルコ「おはようアルミン」

ジャン「うおおおおお、おはようアルミィィィン」グスン

アルミン「え、ちょ、ジャン!?」

ジャン「ああ、悪い悪い。あまりにも嬉しくって…」

アルミン「そ、そうなの…」ハハハ

マルコ「ほら、とってきたから早く食べよう。」

ジャン「おう!!本当にありがとうマルコ!!」ガツガツ

マルコ「今日のジャンはなんかおかしいよ」フフッ

ジャン「う、うぅ…グスン」ガツガツ 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 21:12:06 ID:HUsIXX4Q
マルコ「よっぽど怖い夢だったんだね…」

ジャン「マルコォォォ!!」ダキッ

マルコ「だから!!もういいって!!」

アルミン「あはは」

エレン「おはようアルミン…」

ミカサ「…おはよう」

アルミン「おはよう二人共」

ミカサ「あの…ジャン?」

ジャン「…?」

ミカサ「私は…ジャンの事が好きなの…」

終 


50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 21:35:44 ID:HUsIXX4Q

ジャン「(!!この流れは…)」

ジャン「悪いな、ミカサ」

ミカサ「!?」

ジャン「俺はお前の気持ちには答えられない。エレンだけで充分だろ」

ミカサ「…」ウルウル

ジャン「ぐっ…じゃあな」ダッ

ミカサ「…」

ミカサ「チッ」

エレン「失敗、か」

アルミン「…」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 21:40:15 ID:HUsIXX4Q
ジャン「(ふぅ、あぶねぇ。まさか正夢になるとは思わなかったぜ)」

ジャン「(ん…彼処に居るのは…?)」 

マルコ「…」

ジャン「(マルコか…どうやら先回りして来たみたいだな)」

マルコ「やぁ、ジャン。どうしてミカサからの告白を断ったの?」

ジャン「悪いなマルコ。俺急いでるんだ」ダッ

マルコ「あ、まってよジャン」ガシッ

ジャン「うおっと」グイッ

マルコ「僕ともっと…お話、しよ?」ニタァ

ジャン「!!?」ゾワッ 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 21:43:40 ID:HUsIXX4Q
ジャン「くっ…(今のマルコはマルコじゃねぇ…殺ルコだ…)」 

ジャン「離せっ!!」バッ

マルコ「あっ」

ジャン「……」ダダダダ

マルコ「ジャン!!」

マルコ「……」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 21:44:56 ID:HUsIXX4Q
ジャン「大丈夫、これも夢…夢なんだ…」

ジャン「夢だろ?>>54」 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 21:45:00 ID:dbdm7mJE
ただ、回避してもいじめられてるという事実は変わらないわけでしてね 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 22:01:04 ID:HUsIXX4Q
馬鹿な事しなけりゃ良かった
どうやら俺は死に急ぎ野郎なのか

終