1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/30(日) 16:06:20.35 ID:VjnCuPooO
ーー無限軌道杯マジノ戦後

エリカ「ミーティングは以上よ。他に何かある?」

小島「はい!」

エリカ「エミ、どうぞ」

小島「私事で申し訳ありませんが、この度遂に私の名前が決まりました!」

エリカ「……はぁ?」

小島「これもすべて皆様のお陰だと思っています。本当にありがとうござ……」

エリカ「ちょっ、ちょっとまって!あんた何訳分かんない事言ってんの!?名前決まったって、あんたずっと小島エミでしょ?」

小島「そう、私は小島エミ。生まれてこの方ずっと小島エミ。でもある時から私は小島エミではなかった」

エリカ「さっぱり分からないわ……」

小島「……質問しますが大洗との決勝戦からこの試合が始まるまで私を何と呼んでいましたか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1561878380

引用元: 【ガルパン】小島「遂に私の名前が決まりました!」 



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/30(日) 16:10:14.02 ID:VjnCuPooO
エリカ「それは当然……あ、あれ?えーと、ちょっとまって……」

小島「エリカさんだけでなくまほさんや小梅、他の生徒も小島エミのこの字も出てこないはずです。では何と呼ばれていたか……」

小梅「……直下さん」

エリカ「……!?」

小島「その通りよ。あの決勝戦で履帯をやられた瞬間私の中で小島エミと言う名が消えたの」

小島「そして頭に入り込んで来る数々の名前。その中で特に強く残ったのが直下だった」

エリカ「な、なんでそんな……意味分からないわ……」

小島「私だってわかりませんよ……直下ならまだいいです。でも履帯子とかヤクパン子とか……」

小島「まともな人間が付ける名前じゃないものまで私になりそうになった時の恐怖といったら……」

小梅「わかります……」

エリカ「は?」

小梅「私も実はそうだったんです。昨年の決勝戦の事故から一時期ですけど溺田とか色々呼ばれてました」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/30(日) 16:15:01.04 ID:VjnCuPooO
エリカ「そう言えばそんな気もするわね……」

ルクリリ「私も後田とか呼ばれてたわ」

エリカ「あんたいつの間に!?」

小島「この世界は不思議な事もある。私達みたいな者はまだまだ沢山いる」

小梅「でも諦めずに色んな試合に出て下さい」

ルクリリ「隊長や名前がある人に金魚のフンと言われようがとにかくくっ付けばいつか必ず報われる」

アマレット「ガヤでもSiとか一言でもいいからとにかく声を出せ!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/30(日) 16:17:21.68 ID:VjnCuPooO
マウス車長「なんか勇気出てきた……!」

Ⅲ号車長「私も頑張ろう!」

サンダースヘルメット「希望の光……」

プラウダ降伏勧告「我らの光……」

モブ子「「「我らに名前を!」」」


エリカ「」



まほ『一回戦突破おめでとう。どうした浮かない顔して』

エリカ「まほさん。私隊長を、いや、この世界を生きる自信がありません……」



おわり