1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 19:56:45 ID:t1wjc7fU
アガサ「そのスイッチは押せば押すほど
    光彦くんを不幸にするスイッチじゃ」

コナン「何だって!?取り合えずこれは持って行くぞ!
    それじゃ博士、学校行って来る!」タッタッタッ

アガサ「くれぐれも悪用しないようにな~」 


第108話「モグラ星人謎の事件(後編)」
(2018-05-18)
売り上げランキング: 65,708
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 20:05:19 ID:t1wjc7fU
学校

歩美「おはよう、コナンくん!」

元太「ようコナン!」

コナン「おはよう。光彦はどうしたんだ?」

歩美「さぁ?まだ来てないよ?」

コナン「ふーん…」 


5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 20:11:36 ID:t1wjc7fU
光彦「おはようございます…」ガラッ

歩美「おはよう…!?
   どうしたの、光彦くん!そのケガ!」

光彦「あぁ、これですか…
   普通に歩いてたら酔っぱらい運転の車がこっちに来て、
   足を骨折してしまったんです…」

元太「それよりよぉ、松葉杖ってうまいのか?」

コナン「大丈夫か?」(さっそくスイッチの効果が…) 



7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 20:27:30 ID:t1wjc7fU
授業中

コナン(さて、これからどうするか…)

先生「この前のテストの結果は…
   光彦くんだけが100点でした。
   コナンくんは95点!惜しかったね」

コナン(何だって!?)

歩美「すごいね、光彦くん!」

光彦「いやぁ、それほどでも…」

コナン(クソッ!!…そうだ!このスイッチを…)ポチッ 



9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 20:39:43 ID:t1wjc7fU
歩美「キャ、キャアアアアアッ!!!」

光彦「どうしたんですか歩美ちゃ…
   うわあああああっ!!!」

コナン「元太が…光彦の松葉杖を食ってる!?」

元太「ガリッボキッ…ふぅ、不味かったな」

光彦「ぼ、僕はもう…歩けないじゃないですか!!」

コナン「逆立ちして歩けば大丈夫だろ」

歩美「そっか!さすがコナンくん!!」

光彦「そ、そんなぁ…」

コナン「ほら、先生からテスト貰わなきゃ」

光彦「うぅ……」グラグラドスッ

皆「「「アハハハハハハハ」」」

光彦「うっ、ううう……」

コナン「くくくく…」 


11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 20:52:15 ID:t1wjc7fU
放課後

歩美「それでね~…」ペラペラ

光彦「はい、うぐっ…」プルプル

コナン(つまんねぇな…)ゴソゴソ

コナン(ん…?何だっけこのスイッチ。
    押してみよう)ポチポチポチポチポチポチポチポチ 


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 21:02:59 ID:t1wjc7fU
光彦「ぐあああああああああっ!!!!」

コナン「!?」

その時、オレは信じられない光景を目にした。
空から、丸い何かが、光彦に向かって来たんだ。
よく見ると、それは正義のヒーロー、アンパンマンの顔だった。
それが丁度いい具合に逆立ちしていた光彦の顔に当たったんだ。
光彦の顔は吹き飛んだ。
そして首の上にアンパンマンの顔がはまったんだ。

そして、光彦は…光彦はっ…

アンパン彦「元気100倍です!!」

この日から、生まれ変わってしまったんだ。 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 21:13:23 ID:t1wjc7fU
アンパン彦「アハハハ」

灰原「くすくす」

歩美「うふふ、もう、アンパン彦くんったら~…」

元太郎「うな重」

みんな、最初こそ衝撃をうけたものの、
数日すれば慣れてしまった。そして、今日…
恐ろしいことがおこったんだ。

先生「はい、次の時間はプールですよ~
   みんな、水着に着替えて~」 


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 21:38:11 ID:t1wjc7fU
プール

アンパン彦「せ、先生。休みたいです」

先生「何?どこか悪いの?」

アンパン彦「いえ、そうじゃなくて…」

先生「なら良いわよね。サボりはダメよ?」

アンパン彦「はい………」

先生2「それじゃ潜るぞー!ほら、そこの丸い顔の男子!
    さっさと潜りなさい!」

アンパン彦「無理ですっ、死んじゃいますっ…」

先生2「水が怖いのか?大丈夫だ、先生がついてる。
    死にやしないよ。ほら、息をすって~…
    よし潜るんだ!!」ガシッ、ジャバッ

アンパン彦「!!濡れるっ!!
      顔がっ、僕の顔がああああああああっ!!!!」

先生2「ん?おい、もう顔あげていいぞ?
   …おい!おい!!」

引き上げた光彦…いや、アンパン彦は、
顔がぐしゃぐしゃだった。所々がボコボコで、あんこがはみ出ていた。 



18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:10:50 ID:t1wjc7fU
もちろん、アンパン彦は帰らぬ人となった。
みんなで葬式をしたあと、
オレはふと、ズボンのポケットを探った。
あのスイッチがない。

コナン(ま、もうどうでもいいか。
    次は博士に元太を不幸にするスイッチ作ってもらおっと)

元太「…さっきからこの落ちてたスイッチ押してるけど、
   何もなんねぇな~…
   つまんね、食うか。」ガリッゴリッバキッ

元太「マズイ!!」

~終わり~