1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 00:04:00.68 ID:Xzceqm6D0
マルクス「ルシウスー…って、いるじゃねえか、よお!」

ルシウス「……マルクス。」

サツキ「あら、マルクスさんこんばんは。」

マルクス「あ、サツキちゃん。ちょっとルシウスと呑みたくなってな…」ハハ

サツキ「そうですか…あまり飲みすぎないよう気をつけてくださいね?」

マルクス「おう、分かってるって!んじゃルシウス、行こうぜ?」

ルシウス「……よくも」ボソッ

マルクス「え?」





ルシウス「よくも私の妻を●●ってくれたな!」

マルクス「」

サツキ「」


※テルマエ・ロマエの映画ネタと漫画ネタです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398524640

引用元: マルクス「おーいルシウス?」ルシウス「………」 



テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)
ヤマザキマリ
エンターブレイン (2013-06-25)
売り上げランキング: 23,757
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 00:09:03.01 ID:Xzceqm6D0
マルクス「ちょ、お前…!?」

サツキ「る、ルシウス今なにを…?」

ルシウス「……」

マルクス「おまっ、俺がサツキちゃんをって、イヤイヤイヤ……」

サツキ「る、ルシウス?私はそういうことしてないから!あなた一筋だから!」

ルシウス「……」ハッ

ルシウス「すまない、少し言い間違えたようだ。」

マルクス「ほっ……ったく、紛らわしいなオイ。」

サツキ「そうよ………で、本当はなんて言おうとしたの?」

ルシウス「うむ……」





ルシウス「よくも前の私の妻を●●ってくれたな!」

マルクス「」

サツキ「」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 00:12:32.61 ID:Xzceqm6D0
サツキ「ま、前の…?私以外に、ルシウスは…?でもそれをマルクスさんが……?」フラフラ

マルクス「あー!る、ルシウス早く飲みに行くぞ!」グイッ

ルシウス「ま、待て落ち着けマルクス。その前に私の話を…」

マルクス「酒場で聞いてやるからとりあえず来い!じゃあな!サツキちゃん!」

サツキ「あっはい……」

サツキ「……ルシウス………?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 00:18:44.06 ID:Xzceqm6D0
――――――――なんか酒場

マルクス「ルシウス…ローマ1の建築技師のお前がどうしたんだ?」

ルシウス「……今それは関係ない。」

マルクス「い、いやそうだけどよ…その、なんだ。」

ルシウス「お前が私の前の妻を●●った話だ。」

マルクス「そうだそれそれ…って結局は違う!俺はんなことしてない!」

ルシウス「あぁ私もそう信じたかったよ…だがな、まさかハドリアヌス帝の元から帰ると、私の妻との情事を目撃してしまうとはまさか……」

マルクス「違う!」ツクエバン!

ルシウス「……?落ち着けマルクス。」

マルクス「お前さんに言われたかない!」

ルシウス「?」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 00:24:58.45 ID:Xzceqm6D0
マルクス「その…あれだ、ルシウス。お互い落ち着いて、思い出しながら話をしよう。」

ルシウス「そうだな。」

マルクス「……っつっても、どこから話すんだ?やっぱお前が有名になってからあたりか………?」

ルシウス「そうしよう。」

マルクス「あー…確かある日一緒に風呂に行って、お前が気絶したあと何か思いついたように……」

ルシウス「懐かしいな。思えばアレが平たい顔族との出会いの始まりであった。」

マルクス「平たい顔族?」

ルシウス「………なんでもない、続けよう。」

マルクス「あ、あぁ………」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 00:32:20.80 ID:Xzceqm6D0
マルクス「凄かったよなぁ……何がって、衣服入れとくカゴとか見世物の情報とか果汁入り牛の乳。浴槽の壁にでっかい絵とかな。」

ルシウス「そうだな。ハドリアヌス帝の耳にもその情報は入っていたらしい。」

マルクス「そうだろうな、ローマ中に広まったからな。」

ルシウス「私がハドリアヌス邸に招かれたとき、その私の絵のアイデアを見事に扱い、より良い物にしていたのも覚えている。」

マルクス「へぇ、そいつは初耳だな。」

ルシウス「………そうだったか?」

マルクス「そうだろ。」

ルシウス「………?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 00:41:59.38 ID:Xzceqm6D0
マルクス「まあそれからだよな、お前に依頼がバンバンと来たの。」

ルシウス「………そうだな。」

マルクス「そんで、執政官からの依頼をこなした時なんか、もう建築技師といえばルシウス!みたいな感じだったしな……」

ルシウス「……む?執政官?」

マルクス「あ?お前受けてたろ?確か…酒場に兵士が来て、お前を呼び出して……」

ルシウス「………すまない、覚えがない。」

マルクス「ホントか?お前にはいいきっかけだったろうに。」

ルシウス「……そう言われてみれば、あったような無かったような………」

マルクス「あるんだって。んでその後は俺の師匠の個人浴槽を作ってくれて……」

ルシウス「あぁ、それは覚えているぞ。牛の腸を使ったりしたやつだな。」

マルクス「なんだ結構覚えてんじゃねえか。んでもってそれがハドリアヌス帝の耳に入って……」

ルシウス「私は招かれ……」

マルクス「エルサレムに………」

ルシウス「む?」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 00:46:22.82 ID:Xzceqm6D0
マルクス「なんだよ…お前ハドリアヌス帝に呼び出されて以降、しばらくローマに帰ってこなかったろ。」

ルシウス「い、いや……確か数ヶ月くらいで帰ってきた気が………」

マルクス「はぁ?数年の間違いだろ?」

ルシウス「う、うむ……?」

マルクス「…ったく、エルサレムのこと忘れるって、どんだけ風呂にしかキョーミないんだよ。」

ルシウス「そ、それは言い返せないが……」

マルクス「んでそっからだろ。お前がローマに帰ってきてカミさんと別れたの。」

ルシウス「あ、あぁ。そうだったな………」

ルシウス「……」ハッ

ルシウス「よくも私の前の妻を●●ってくれたな!」

マルクス「結局そこに戻んのかよ!」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 00:55:29.72 ID:Xzceqm6D0
ルシウス「私の気持ちを考えても見ろ!長旅で疲れ、家に帰るとお前と妻の情事を見せられた気持ちを!」

マルクス「俺の気持ちを考えても見ろ!いきなり友人が変なことを言い出して、文句言われる気持ちを!」

ルシウス「おかしいだろう!私は確かに妻に愛されぬとは思っていたが、お前と浮気するとは全く思わなかったさ!」

マルクス「おかしいだろう!カミさんと離縁して落ち込んだお前を、その浮気相手の俺がオイノテアに連れてくの!」

ルシウス「………」

マルクス「………」

ルシウス「な、なんか私が間違ってる気がしてきた……」

マルクス「そうだっつの…ったく、どうしたんだ本当に。」

ルシウス「いや、その。今日の夜頃から、何か記憶があやふやというか、色んな物が混ざった気がして……」

マルクス「おいおい…それ医者に見せた方がいいんじゃないか?」

ルシウス「いや大丈夫だ、問題ない。むしろこうして記憶を確認していった方が良さそうだ。」

マルクス「そ、そうか…じゃ、また続けてみようか。」

ルシウス「あぁ。」

 

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 01:06:49.20 ID:Xzceqm6D0
マルクス「っつってもなぁ…こっからは俺もハッキリしてる訳じゃねえし、特にないぞ?」

ルシウス「そ、そうか……取り敢えずお前は私の前の妻を……」

マルクス「●●ってない!……つーかお前さっきから前のカミさんのこと前の妻前の妻って……」

ルシウス「事実だ。」

マルクス「もう殆ど関係もねえしよ、名前で言った方が語弊ないぞ。しかも前の妻って言うと誠実なお前も一気に軟弱っぽくなるし。」

ルシウス「なんだと!……まあそうかもな。」

ルシウス「で、………についてだが。」

マルクス「ん?今なんて言った。」

ルシウス「………つまり前の妻についてだが。」

マルクス「……お前。」

ルシウス「………」

マルクス「……まさか忘れたのか?」

ルシウス「……名前で呼んだ記憶がない気がするのだ。元よりそのへんは曖昧だ。」

マルクス「……まあ酒に溺れてたしな。忘れていても仕方ないかもな。」

ルシウス「その時アントニヌス殿が来たのは覚えてるがな。」

マルクス「間違えてるじゃねえか。」

ルシウス「………」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 01:11:41.07 ID:Xzceqm6D0
マルクス「なあルシウス……お前疲れてんだよ。だから記憶も曖昧なんだ。」

ルシウス「……そうかもな。私も、老後を視野に入れなくてはいけない年齢にもなったしな。」

マルクス「そいつはまだ早い気もするが…ま、無理だけはするなよ。」

ルシウス「あぁ……」

マルクス「じゃ、殆ど飲んでないけど今日はこの辺でやめとくか。」

ルシウス「………」

マルクス「お前は帰ったら、まずサツキちゃんに説明しろよ。絶対、なんか誤解してるはずだから。」

ルシウス「分かっている……」

マルクス「……じゃあな、ホント無理だけはするなよ。」

ルシウス「あぁ、お前もな。」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 01:17:28.32 ID:Xzceqm6D0
――――――――ルシウスの家

サツキ「私はルシウスの最愛の妻、私はルシウスの最愛の妻、私はルシウスの……」ブツブツ

ルシウス「ただいま、サツキ。」

サツキ「……!おかえりなさいルシウス!その……」

ルシウス「あぁ、全て話すよ。」

サツキ「ほっ………で、本当はなにがどうだったの?」

ルシウス「あぁ………」














ルシウス「私は独身のはずだ。」

サツキ「」

ルシウス「……あれ?」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 01:22:51.10 ID:Xzceqm6D0
――――――――翌日

マルクス「おーい、ルシウス。いるかー?」

サツキ「私はルシウスの最愛の妻、私はルシウスの最愛の妻、私はルシウスの最愛の妻、私はルシウスの最愛の妻、私は………」ブツブツブツ

マルクス「ひっ!さ、サツキちゃん……?」

ルシウス「マルクス!!」

マルクス「る、ルシウス!サツキちゃんが……」

ルシウス「ハドリアヌス帝と元老院が対立を――――――」

マルクス「なんだよまたかよ!!」



おわり