1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:03:30 jgu/5Urs

※キャラ崩壊注意


アルミン「エレン、おはよう」

エレン「ん、おはよう…」

アルミン「早く食堂行こうよ!お腹空いたー」

エレン「ん…」ムニャムニャ 



2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:04:10 jgu/5Urs
食堂

ミカサ「おはようエレン、アルミン」

アルミン「おはようミカサ」

エレン「おはよ」

アルミン「あっ、あそこにアニがいる、アニー!おはよう!」

アニ「えっ?お、おはよう…(なんであんなに遠い所から私にあいさつしたんだ?)」

アルミン「?」ニコッ

アニ「…っ!(もしかして私に気があるんじゃ…だめだめ、私は戦士なんだから!)///」

アルミン「(何気なくあいさつしただけなのに、アニどうしたんだろ…)」 


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:06:03 jgu/5Urs
エレン「アルミン、早く食べようぜー」

アルミン「うん…っと、ミカサ」スッ

ミカサ「!?」ビクッ

アルミン「あ、ごめん嫌だった?髪にゴミが付いてたからさ」

ミカサ「嫌、じゃない…ありがとう、アルミン(だめだ、私にはエレンが…)///」

アルミン「良かった、ミカサの綺麗な髪にゴミは似合わないからね」ニッ

ミカサ「…え///」

エレン「…」ムスッ

アルミン「どしたの、エレン?」

エレン「お、俺の方がミカサの事よく見てるんだからな!ミカサ!前髪切っただろ?」

ミカサ「…?切ってない、でもエレンがその方が良いんなら切る」

エレン「そういう話じゃねえよ!」

アルミン「本当に二人は仲が良いね」クスクス

アルミン「僕もいつか二人みたいにお互いを思いあえる様な恋人が欲しいな」

エレミカ「!///」 



5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:07:11 jgu/5Urs
エレン「お前本当そういう所…はあ、何でもない」

ミカサ「(エレンが恋人と言われて否定しない、嬉しい…)///」




アルミン「………」 



7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:08:16 jgu/5Urs
訓練

タッタッタッ

クリスタ「はあ、はあ…」タッタッタッ

訓練兵1「…」ドンッ

クリスタ「きゃっ!?」バタッ

クリスタ「(えっ、何?押された…?)」

教官「遅れるなよ、レンズ訓練兵!」

クリスタ「はっ!」

クリスタ「(うう…私って嫌われてるのかな…?)」 


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:09:24 jgu/5Urs
アルミン「クリスタ!大丈夫!?」タッタッタッ

クリスタ「ア、アルミン…うん、大丈夫だよ!」

アルミン「立てる?」

クリスタ「うん、ありがとう」

アルミン「そう…大丈夫なら良かった」

クリスタ「早く行かないとアルミンまで遅れちゃう!急がないと!」タッタッタッ

アルミン「…しかし、ひどいことをする奴もいるんだね」タッタッタッ

クリスタ「え?」 


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:10:15 jgu/5Urs
アルミン「後ろから見てたよ、クリスタ押されてたよね」

クリスタ「や、やっぱり…?」

アルミン「うん、クリスタって上位10人にギリギリ入ってるからさ、蹴落としてまで憲兵団に入りたいって奴がけっこういるんだよ…」

クリスタ「そうなの?(良かった、私が嫌われてたわけじゃないんだ…)」ホッ 


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:10:58 jgu/5Urs
アルミン「それに、クリスタ可愛いからさ、妬む女の子も多いんじゃないかな?」

クリスタ「え!?や、やめてよアルミン!////」

クリスタ「(男の子に可愛いなんて初めて言われた…)////」

アルミン「…お、そろそろゴールだね、スピードあげるよ!」タッタッタッタッタッ

クリスタ「う、うん!」タッタッタッタッタッ


ユミル「クリスタ…?」 


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:12:13 jgu/5Urs
夜 食堂

エレン「あー、腹減った!」

アルミン「サシャ、ここ良いかい?」

サシャ「ええ、いいですよ!」モグモグ

アニ「(アルミン、こっちの席きてくれなかったな…空いてるのに)」ショボン

ミーナ「アニ、どうしたの?」

アニ「な、何でもない!」

ミーナ「そう?(くっ…天然ジゴロアルミンの手はここまでのびていたか …)」

アニ「…はあ」タメイキ

ミーナ「…アルミンのこと?」ボソッ

アニ「!違う!///」

ミーナ「ほんとー?(アルミンの名前を出しただけで顔真っ赤、これはもう末期ね)」

アニ「ちがうから…///」 


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:14:25 jgu/5Urs
サシャ「アルミン、どうしたんですか、食べないんですか?」

アルミン「いや…」

アルミン「ねえ、サシャ、君は可愛いって言われたら嬉しいかい?」

サシャ「?どうしたんですか?急に」

アルミン「サシャ可愛い」ボソッ

サシャ「!?///」

サシャ「何ですか?からかわないで下さい!///」

アルミン「いや、僕は本気だよ、嬉しい、サシャ?」

サシャ「ば、馬鹿!アルミンの馬鹿!///」ダダダッ 


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:15:40 jgu/5Urs
アルミン「行っちゃった…」

エレン「あれ、サシャは?」

アルミン「多分寮に帰っちゃったんだと思う」

ミカサ「サシャが食べ物を残すなんて珍しい」

アルミン「だよね…(クリスタに可愛いって言った時も顔赤くして怒ってたし、サシャもあの調子だ…女の子は可愛いって言われたら怒るのか)」



エレン「ミカサ、その髪どめ可愛いな」

ミカサ「ありがと、エレン…///」

ジャン「」イラッ 


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:16:54 jgu/5Urs
ユミル「アルミン、ちょっといいか?」コソッ

アルミン「いいよ、どうしたの?」

ユミル「ここじゃなくて、人の居ない所が良いんだが」

アルミン「?良いけど…」 


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:17:49 jgu/5Urs
兵舎裏

アルミン「それで、なんでわざわざ僕を呼び出したの、ユミル?」

ユミル「クリスタの事なんだ」

アルミン「クリスタ?」

アルミン「(今日訓練兵1に突き飛ばされていたことかな?いや、その前にユミルに聞かないと!)」

ユミル「 今日の昼の訓練みたいな、ああいう態度は…」

アルミン「ユミル!」 



20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:20:43 jgu/5Urs
ユミル「な、なんだ?」ビクッ

アルミン「ユミル、君は好きな人はいるかい?」

ユミル「は?いや、いないけど…」

アルミン「そう、良かった」ニコッ

ユミル「(こいつ、いきなりどうしたんだよ…まさか!)」

アルミン「ユミル、それで話の続きは?」

ユミル「(私の事が、好き、とか…)」チラッ 


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/20(土) 22:22:00 jgu/5Urs
アルミン「?」ニコッ

ユミル「(いや、あり得ない!絶対あり得ない!)///」

アルミン「おーい、ユミルー?」

ユミル「………」ダッ

アルミン「えっ、ちょっ、ユミルー!?」

アルミン「…今日は良く逃げられる日だなあ(それにしてもユミルに好きな人が居ないで良かった、もしいたら僕と一緒にいるのみたら勘違いされちゃうもんね)」 


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:23:33 ZtPoJR6.
女子寮
サシャ、ミカサ、アニ、ミーナ、クリスタ、ミカサが同室というご都合設定

サシャ「アルミンったらあんな事平気な顔で…///」ジタバタ

サシャ「もしかしてアルミンは私のこと…、なんて、あるわけないか」

アニクリ「」ピクッ

クリスタ「サシャ、今アルミンについて一人言言ってた?」 


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:24:50 ZtPoJR6.

サシャ「いっ、言ってませんよ!アルミンに可愛いって言われたなんて!」アワアワ

アニ「はあっ!?」

サシャ「」ビクッ

クリスタ「(アルミン…私だけに可愛いって言ってくれた訳じゃないんだ…)」ズキッ

ユミル「はあ…」バタッ

サシャ「あ、ユミル!お帰りなさい」

ユミル「私があんなチビを好きなんて…あり得ないし…まじあり得ない」ブツブツ 


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:26:09 ZtPoJR6.
ミーナ「(………うーむ)」

ミーナ「(事態は結構深刻のようね…ていうかこいつらチョロすぎ…まあ男子に耐性のない10代女子なんてこんなものか)」


クリスタ「はあ…」オチコミ

サシャ「うへへ…アルミンってば…」ニヤニヤ

アニ「うう…」ジワア

ユミル「いやいやあり得ないから…冷静に考えよう」ブツブツ



ミーナ「…どういう状況だよこれは!」ドンッ 


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:27:51 ZtPoJR6.
ミカサ「ミーナ?どうしたの?」ムニャムニャ

ミーナ「ミカサ !(ミカサがいれば頼りになるわね!)」

ミーナ「あのね、アルミンって昔から、えっと、あんな感じだったの?」

ミカサ「あんな感じ…とは、無意識の内に女の子を惚れさせてしまうこと?」

ミーナ「そう!その事よ!」

ミカサ「ええ、アルミンはシガンシナ区にいた頃からあの性格で、週に一度は女の子から告白されていた」

ミーナ「うわあ…」 


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:29:17 ZtPoJR6.
ミカサ「それを妬まれて近所の男の子に目をつけられる事もよくあった。私とエレンで返り討ちにしてやったけれど」

ミーナ「あれ?ミカサはずっとあのアルミンの近くにいるのにアルミンを好きにはならなかったの?」

ミカサ「うん、私にはエレンがいるから…///」

ミーナ「あっ、そう」 


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:30:21 ZtPoJR6.
ミカサ「でも今でもたまにアルミンにドキドキしてしまう事がある。アルミンは手強い相手だ」

ミーナ「あのミカサでもアルミンにときめくとは…恐ろしい…!」

ミカサ「そう、本当に恐ろしい」

ミーナ「!じゃあ、ミカサ、アルミンに好きな人がいるか聞いてくれない?」

ミカサ「良いけれど、どうして?」 


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:31:51 ZtPoJR6.
ミーナ「アルミンに好きな人が居ないと知れば、この状況から脱け出せるかもしれない!」

ミカサ「…この状況とは?」

ミーナ「皆が恋愛しているピンク色のこの空間よ!息が詰まりそう!」

ミカサ「ああ…分かる」

ミーナ「言っとくけれどあなたもその1人だからね!このリア充が!」

ミカサ「」 


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:33:01 ZtPoJR6.
翌日夜、食堂


エレン「ふああ、疲れたなあ!」

ミカサ「お疲れ様、エレン、アルミン。ミーナの席が空いている。そこに座ろう」

エレン「おう」


アニ「(!?アルミンがこっちに来てる!わわ、変な所ないかな?)」

ミーナ「…(頑張れ、ミカサ!)」アイコンタクト

ミカサ「(ええ!)」アイコンタクト 


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:34:31 ZtPoJR6.
アルミン「アニ、横座って良い?」

アニ「ああ、好きにしにゃ(噛んだああああ)」

エレン「今日のスープは味が薄いなー」モグモグ

ミカサ「エレン、文句を言っては駄目…そういえばアルミン」

アルミン「なんだい、ミカサ」

ミカサ「アアアアルミンって好きな人とか…うえっ、げほげほっ」セキコミ

ミーナ「(!?)」 



41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:35:55 ZtPoJR6.
エレン「急にどうしたんだよミカサ!水飲んで落ち着け」

ミカサ「ありがと、エレン(エレンが優しい…あ、アルミンに聞かないと)」

ミカサ「アルミン、エレンって好きな人居るの?」

ミーナ「(えっ、違うよミカサ!!)」

アルミン「何言ってるんだい、エレンが好きなのはミカサだろう」

エレン「はあ!?」

アルミン「違うのかい?」

エレン「…否定はしねえけどよ///」プイッ

ミカサ「!///」 


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:37:00 ZtPoJR6.
ジャン「」

ジャン「こんの…死に急ぎ野郎がああああ!」

マルコ「やめなよジャン、嫉妬は醜いよ」



アルミン「…………」 



44 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:39:43 ZtPoJR6.
夜、女子寮

ミカサ「ごめんなさいミーナ、私は任務を果たせなかった…」ショボン

ミーナ「結局あの後ミカサもエレンも真っ赤になっちゃってそのままだものね」

ミーナ「爆発しろ」ボソッ

ミカサ「えっ」

ミーナ「何でもない、それにしてもミカサがあんなに焦るなんて珍しいよね」

ミカサ「あれは、その、私は幼い頃からエレンとアルミンしか友達が居なかった。ので、女の子とこうして喋ったり、行動を共にするのは…緊張する」

ミーナ「えっ…そう、なの?」

ミカサ「ええ」

ミーナ「あのミカサでも緊張するんだ…」 


45 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:40:55 ZtPoJR6.
ミカサ「…っと、話がそれてしまった。何の話だったか」

ミーナ「アルミンに好きな人が居るか聞き出せなかった話だよ」

ミカサ「そうだった。それで、どうする?」

ミーナ「もうここは2人で行こう!明日、決行ね!」

ミカサ「分かった、次は失敗しない」

ミーナ「頑張ろうね!ミカサ!」

ミカサ「ええ…」 


46 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:42:01 ZtPoJR6.
また翌日の朝、食堂

ミーナ「アルミン、ちょっと良い?」

アルミン「良いよ。なに?」

ミカサ「着いてきてほしい」

アルミン「ミカサも?ここじゃ駄目なの?」

ミーナ「良いから来て!」

アルミン「う、うん…」 


47 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:43:08 ZtPoJR6.
サシャ「(アルミンがミカサ、ミーナと?何の用でしょう?……ちょっと、着いていってみましょうか)」コソッ

クリスタ「(あっ、アルミンが、ミーナと?……少しだけ、着いていくぐらいなら良いかな)」コソッ

ユミル「クリスタ?(あ、アルミンだ…いやいや、何もあいつの事なんて考えてないから!私はクリスタに着いていってるだけだからな)」コソッ

アニ「(!ミーナがアルミンと!まさかミーナ、アルミンの事……ちょっと尾行しちゃおう)」コソッ 


48 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:44:25 ZtPoJR6.
エレン「ミーナとミカサがアルミンと出ていった瞬間、サシャアニクリスタユミルが出ていったな。なんかあるのか?」モグモグ

ライナー「寂しいんだろ、エレン!ミカサに友達が出来て!」

エレン「はあ?何言ってるんだよ?ミカサに友達が出来て嬉しいにきまってるじゃねえか。俺はあの楽しそうな顔が見れるのが幸せなだけで、寂しいとかはねえよ」

ライナー「(何このイケメン)」キュン 



52 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:51:06 ZtPoJR6.
廊下

ミカサ「良いの、ミーナ?サシャアニクリスタユミルが着いてきてる様だけど」ボソッ

ミーナ「良いの、というかわざとそうなるようにしたのよ」ボソッ

ミカサ「どうして?」

ミーナ「あの四人はアルミンも自分の事が好きだと思い込んでるからアルミンから直に好きな人がいないと聞けば考え直すでしょ」

ミカサ「さすがミーナ…!」

ミーナ「えへへ」

アルミン「どうしたの、2人とも?」

ミーナ「何でもないよー、あっここで良いかな」チラッ

サシャアニクリユミ「…」コソッ

ミーナ「(4人とも物陰に隠れているけどばればれだよ…)」ハア 


53 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:52:27 ZtPoJR6.
アルミン「それでミーナ、話って?」

ミーナ「あのね、アルミンって好きな人とか居るのかな、って」モジモジ

サシャアニクリユミ「!?」

アルミン「好きな人…?うーん…」

アルミン「好きな人は、居ないよ?」

サシャアニクリユミ「!!!」

アルミン「でも、気になる人はいる」

ミーナ「だ、誰…?(これは誤算だった!アルミンに気になる人がいるとは…)

アルミン「名前は明かせないけど、僕とずっと一緒に居て、とても綺麗な黒髪の人」

ミーナサシャアニクリユミ「(ミカサだああああ)」

ミカサ「?(アルミンとずっと居て、黒髪…?はっ、エレンか!)」ヒラメキ 


54 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:58:07 ZtPoJR6.
ミーナ「ア、アルミンはその人と付き合いたいとか思わないの?」

アルミン「うん、その人にはもう大事な人がいるから。…でも、たまに諦めきれなくてアピールしてみたりはするんだけどね。ははっ、僕って未練がましいよね!」

ミーナ「(ミカサアアア!週一でドキドキさせられるって天然のほうじゃなくてアピールじゃないですかあああ!)」

ミカサ「(アルミン、そんなにエレンの事を…)」 


55 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 00:59:20 ZtPoJR6.
サシャアニクリユミ「アルミン!!!」バッ

アルミン「」ビクッ

サシャ「私は何か勘違いをしていました…でも、これからは!」

アニ「私は…アルミンの…」ポロポロ

クリスタ「恋を!応援するからね!」ウルウル

ユミル「チッ…あんな話を聞かされちゃお前が不憫すぎて…」ボロボロ 


56 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 01:01:33 ZtPoJR6.
アルミン「え、ありがとう…」キョトン

アルミン「でも、僕はその人が幸せな姿を見るのが1番嬉しいから。その人はもう、幸せなんだ」

アルミン「だから、僕は僕でいつか互いに思い合えるような素敵な人が出来れば良いな…なんて」ニコッ

サシャアニクリユミ「」キュン 


57 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/21(日) 01:02:23 ZtPoJR6.
アルミン「皆、励ましてくれてありがとう!大好きだよ!」ニコッ

サシャアニクリユミ「…!!!???////」ボフッ




ミーナ「…やっぱりアルミンは、天然ジゴロだ」ハア

ミカサ「(アルミン、エレンは必ず私が幸せにするからね…!)」

終わり