2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:13:06.94 ID:sPie+GO1o
チュンチュン……

まり花「ん……」

まり花「ふぁ、ああ……」

まり花「…………………」ボーッ

まり花「……あれ、なんでわたし、はだかんぼで寝てたの?」

まり花「……」チラッ

凛「すぅ……すぅ……」

まり花「……昨日は、激しかったよう…えへへ…」

凛「んん……」モゾッ

まり花「あ、起こしちゃったかな?」

凛「ん……すぅ……」

まり花「ほっ…」

引用元: まり花「朝からりんちゃんといちゃいちゃ」 



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:16:12.50 ID:sPie+GO1o
まり花「そうだ、昨日は明日お休みだからって、りんちゃんと夜遅くまで……」

まり花「そのままシャワーも浴びないで寝ちゃったんだね…まぁいつものことなんだけど……」

凛「すぅ……すぅ……」

まり花「りんちゃんぐっすり寝てる……ふふふ、可愛くて綺麗だねっ…♪」ツンツン

凛「んう……」

まり花「…………」ムラムラ

まり花「りんちゃん……♪」ギュッ

凛「んん……」

まり花「りんちゃん、りんちゃん……♪」スリスリ

凛「んんっ……ま、まりか……?」

まり花「えへへ、おはよ、りんちゃん」

凛「お、おはよう、まりか……」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:20:03.51 ID:sPie+GO1o
まり花「りんちゃん、りんちゃんっ…♪」ナデナデ

凛「ま、まりか?」

まり花「えへへ、りんちゃーん♪」

凛(あ、朝からこの激しいスキンシップ…)

凛「ど、どうしたのまりか?朝からこんな……」

まり花「あのね、隣ですやすや寝てるりんちゃん見てたらね?」

凛「み、見てたら…?」

まり花「またしたくなっちゃったの!りんちゃーん♪」ガバッ

凛「きゃっ!ち、ちょっと、まだ朝……」

まり花「大丈夫だよっ!絶対、大丈夫だよっ!」

凛「あ、貴女ね……」

まり花「それとも、だめ、かな?」

凛「…だ、だめじゃ、ないわ……」

まり花「えへへへへっ♪」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:24:09.13 ID:sPie+GO1o
~数回後~

まり花「はぁ、はぁ、りんちゃ……」

凛「まりか、まりかっ……」

まり花「んん…り、りんちゃん、もうおひる……」

凛「はぁ…はぁ…貴女が誘ったのよ……」

まり花「で、でも……」

凛「それに私ばっかりされて、不平等じゃない……」

まり花「そ、そうかな…?」

凛「貴女も興奮してるでしょう……?それなら大丈夫よ……絶対、大丈夫よ……」

まり花「それわたしの台詞だよぅ……はううっ」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:28:06.08 ID:sPie+GO1o
~更に数回後~

凛「ふー……どうだったかしら……」

まり花「むー……」

凛「ま、まりか?」

まり花「りんちゃん、さっきの、一方的だった……」

凛「つ、ついスイッチが入っちゃって…ごめんなさい…」

まり花「やめてって言ったのに……」

凛「そ、それはその……」

まり花「もー、りんちゃん、今度はわたしからだよっ?」

凛「え、ま、まだやるの?」

まり花「当たり前だのクッキーさんだよっ!りんちゃんが立てなくなるぐらい、してあげるっ!」ガバッ

凛「ま、まりか…きゃああっ!」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:32:10.04 ID:sPie+GO1o
~そして数回後~

凛「あ…………」

まり花「り、りんちゃん?」

凛「…………あ、ぁ……」

まり花「だ、大丈夫?」

凛「……あ……あ……」

まり花「ちょっとやり過ぎちゃった?」

凛「……………あ、あぁ…」

まり花「そ、そうみたいだね……ごめんね?」

凛「……………」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:36:03.27 ID:sPie+GO1o
……

まり花「りんちゃん、お腹すいちゃったね、何か食べよ?」

凛「え、ええ……ん、んんっ」ガクガク

まり花「あ、そっか、立てないんだったねっ♪」

凛「あ、貴女のせいじゃない……」

まり花「ふふふ、足がくがくなってるりんちゃんも可愛いよ?」

凛「ふ、不便極まりないわっ……!」

まり花「まぁまぁ、ご飯持ってきてあげるからね?」

凛「え、ええ……」

まり花「ちょっと待っててね!」

凛「……服は着ないの?確かに私達以外は家に誰もいないけれど……」

まり花「エプロンするから大丈夫だよっ!」

凛(そういう問題なのかしら……)

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:40:05.78 ID:sPie+GO1o
まり花「おまたせーっ」

凛「えっと……目玉焼きと…サラダと…」

まり花「あとお水もあるよ、喉乾いたでしょっ?」

凛「ええ、そうね、喉は非常に乾燥しているわ……」

まり花「やっぱりそうだと思ったんだよねっ、はい、りんちゃんあーんっ!」

凛「て、手は動かせるわよ……」

まり花「む…わたしのご飯、食べたくないのっ?」

凛「うっ…わ、わかったわよ……あ、あーん…」

まり花「あーんっ!どう?美味しいかなっ?」

凛「え、ええ、とってもとっても……」

まり花「えへへへっ」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:44:10.46 ID:sPie+GO1o
凛「もぐもぐ……まりか、お水、くれないかしら」

まり花「いいよっ!ちょっと待ってね」キュルッ ゴクッゴクッ

凛「え、ちょっと…?」

まり花「りんちゃ、ちゅー……」チュッ

凛「!?!?」

まり花「ん、ぷっ……」

凛「ん、んんんっ……」

まり花「んー、ふー……」

凛「はぁ、ん……はぁ……く、口移しだなんて……」

まり花「えへへ、つい、しちゃった…♪」

凛「つ、ついって……もう…」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:48:31.88 ID:sPie+GO1o
まり花「……ねぇ、りんちゃん」

凛「な、何かしら……」

凛(い、いやな予感……)

まり花「わたしね、さっきのキスのせいで、興奮しちゃったみたい…♪」

凛「え……」

まり花「りんちゃん、わたしまた……」

凛「ま、またって…まさか……」

まり花「りんちゃ~んっ!」ガバアッ

凛「も、もう無理よぉおおっ!」

まり花「大丈夫だよ!絶対、大丈夫だよっ!」

おわり