前回 【安価】艦これ学園 呉分校 3限目

70: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 20:13:12.63 ID:LTHYiLPdo

提督「…ごめん、今はまだ言えない」

龍驤「…」

提督「…」

龍驤「…いつか」

提督「え?」

龍驤「…話せるようになったら、話してくれや。それまで待っててやる」

提督「…ありがとう、龍驤」

龍驤「ふん…」プイ

提督「それじゃ文月ちゃん、そろそろ帰ろうか」

文月「うん~」

提督「あとお見舞いのケーキ冷蔵庫に入れといたから体調が治ったら食べてくれ。お邪魔しました」ガチャ

龍驤「…提督」

提督「ん?」

龍驤「…今日はありがとな」

提督「…あぁ、どうしたしまして。鈴谷も心配してたし早く治ると良いな」

文月「お邪魔しました~お大事に~」フリフリ


パタン



龍驤「…」パク

龍驤「あいつ料理もできるようになったんやな…」

龍驤「…悔しいけど、美味しいやん」


直下コンマ判定
コンマ数字分だけ龍驤の好感度上昇 現在59

引用元: ・【安価】艦これ学園 呉分校 4限目 



78: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 20:20:38.87 ID:LTHYiLPdo
龍驤「んー…でもやっぱり味付けはこうした方が…」ブツブツ

千歳「具合はどう、龍驤?」ガチャ

龍驤「あ、千歳お姉。ちと身体が重いけど少しはよくなったで」

千歳「それは良かった。それじゃ提督くんのおかゆ食べたらまた寝てるのよ」

龍驤「はーい…」モゾモゾ

千歳「それじゃ何かあったらいつでも呼んでね」パタン

龍驤「さて…お腹も膨れたとこで寝るかぁ…」

龍驤「…すぅ」zZZ










【提督の部屋】

提督「ふわぁー…ちょっと眠いな…」ウトウト

提督「龍驤も良くなってくれればいいけど…千歳さん居るし大丈夫かな?」

提督「さーてと…寝る前に何かするべきか…さっさと寝るべきか…」


↓3 自由安価

83: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 20:34:11.07 ID:LTHYiLPdo
イ級「いっ!いっ!」パチャパチャ

ヲ級「ヲー!ヲー!」パチャパチャ

提督「ん?どうしたんだ…?」


提督「イ級?ヲ級?どうした?」

イ級「いっ!いー!」パシャ

ヲ級「おっ!」ユビサシ

提督「ん?」

ル級「…」

提督「…」

ル級「…る?」

提督「…」スッ

ル級「」ビクッ

提督「…」

ル級「…」チョンチョン

ル級「…!」スリスリ…

提督「いい子いい子…」ナデナデ

ル級「…る♪」ポワポワ



提督「よいしょっと…ほらお前ら、こっちの水槽に飛び移れー」

イ級「いっ!」ピョン

ヲ級「おー」フワフワ

ル級「…」ビクビク

提督「ほらル級、指に乗りなさい」スッ

ル級「…!るっ!」ピョン

提督「ほら、こっちの水槽に…ゆっくりな」スッ

ル級「るぅ~…♪」パチャパチャ


提督「さてと…これくらいの水槽なら大丈夫だろ」

提督「それじゃ俺もそろそろ寝るとするか…」フワ

提督「じゃあお前らお休み」ニコ

3匹「♪」パチャパチャ


【6月4days 終了】


妖精さんの好感度表

選択肢安価
1.見る
2.見ない

直下

85: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 20:44:17.42 ID:LTHYiLPdo
妖精「妖精さん久しぶりの登場なのです…」フヨフヨ

妖精「うぅ…ル級まで増えて…私の出番が…」メソメソ

妖精「あ…好感度表ね…はい、どうぞ」


鳳翔:古典教師(担任)              好感度:91+59+99(249)【フラグ成立】
鈴谷:居酒屋の女将(クラスメイト)       好感度:37+59+87+58(251)【フラグ成立】
菊月:妹                      好感度:21+52+47+71+79(270)【攻略済み】
瑞鳳:後輩                     好感度:22+83(105)
龍驤:転校生(幼馴染&クラスメイト)      好感度:06+38+15+04(63)
古鷹:大学生(先輩)               好感度:57+45(102)

提督のスペック
戦闘力 100
料理力 79
学力   100
美術力 58


妖精「それにしても龍驤さん鉄壁だねぇ…これが呪いかぁ…」

妖精「ここで妖精さんのお得な攻略ヒント!づほちゃんは屋上行けば大抵いるよ!」

妖精「お次のヒントはまた次回ね!ばいばーい!」フリフリ

89: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 20:53:48.19 ID:LTHYiLPdo
【7月1days】

【登校中】


ジリジリ


提督「あっつー…」

提督「菊月大丈夫か?」

菊月「…問題ない」

提督「嘘つくんじゃありません…ほら、タオル」スッ

菊月「…ありがと」フキフキ

提督「しかしまぁ…こうまで暑いと早く学校につきたい…」

菊月「…はぁ」トコトコ

提督「はい菊月、スポーツドリンク飲んどけ」

菊月「…えぇい、うっとおしいぞ兄さん…」

提督「そうはいってもお前すぐ無理するだろ…水分補給しないと倒れるぞ」

菊月「む…仕方ない…」ゴクゴク

提督「あー…学校まで遠く感じる…」トコトコ


↓3 登校中イベント

96: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 21:08:53.07 ID:LTHYiLPdo
三隈「あら?提督さん、菊月さん」

提督「あれ…?三隈さん?おはようございます」

菊月「…おはようございます」ペコリ

三隈「おはようございます、学園前で会うなんて奇遇ですね♪」クス

提督「あれ…?そういえば三隈さんお仕事は…?」

三隈「あら、鈴谷さんから聞いてませんでした?」

提督「えぇ、何も聞いてませんが…」

三隈「そうなんですか…実は私ここの大学部の助教授ですの」ニコ

提督「え…えぇ!?まじですか!?」

三隈「はい♪」


三隈「とはいっても大学部なので提督さんたちと接点がなかったのは仕方ないと言えば仕方ないですわね」

提督「それにしても三隈さんが助教授とは…すごいんですね」

三隈「ふふ…ありがとうございます」

三隈「それなのに鈴谷さんはアレですからね…悪いわけではないのですがもう少し頑張って頂きたいものです」ハァ

提督「あはは…まぁ鈴谷は店の手伝いもありますから」

三隈「そうですわね…私はこちらが忙しくてあまり手伝っていなくて申し訳ないです…」シュン


三隈「っと…もう学園まで付いてしまいましたわね。ではお二人とも、今日も一日頑張ってください」ニコ

提督「はーい。三隈さんも頑張ってください」フリフリ

菊月「ふぅ…では兄さん、私はここで」

提督「おう、熱中症とかに気をつけるんだぞー」

菊月「分かっている…まったく過保護な兄だ…」トコトコ









【教室】

提督「おはよー」ガラガラ


↓2 自由安価

105: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 21:26:25.89 ID:LTHYiLPdo
鈴谷「提督ー!」ダキッ

提督「おわっ!?」ビクッ

提督「す、鈴谷?どうした一体…?」

鈴谷「助けて!宿題が終わらないのー!」ウエーン


提督「…」

提督「…三隈さんに言われたそばからこれか…」ハァ

提督「つか宿題って…二週間前に出されてたやつだろ?」

鈴谷「うん、そう…」

提督「…何故終わってない」

鈴谷「え、えっと…ほら、私家の手伝いで忙しいしさ…」アハハ

提督「家の手伝いして学業おろそかにしてたら本末転倒だよな…?」

鈴谷「うぐ…」

提督「まったく…ほら、とりあえず席まで行くぞ」

鈴谷「え、えっと…?」

提督「まる写しは最終手段だ、それまでは俺が教えてやるから少しは頑張りなさい」

鈴谷「ほ、本当!?ありがとう提督♪」ギューッ

提督「…あのですね。柔らかいものが当たってるから…//」

鈴谷「へ?」

鈴谷「あっ!?ご、ごめん…//」パッ

提督「い、いや…こっちこそ…//」

鈴谷「えと…そのさ、ていと…//」モジモジ

提督「よし、早く宿題進めるぞ」スタスタ

鈴谷「むぅー…意地悪」ムス



↓3 勉強中イベント


112: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 21:39:30.60 ID:LTHYiLPdo
提督「んでここは…こう」

鈴谷「なるほど…」

提督「そこは…そうそう」

鈴谷「よっし…じゃあ次はこう…?」

提督「うん…何だやればできるじゃん」

鈴谷「えへへ…提督が折角教えてくれるんだもん。私だって応えなきゃね」ニコ

提督「嬉しいこと言ってくれるじゃないか、教え甲斐があるってもんだよ」ニコ

鈴谷「よーし!この調子で終わらせちゃうぞー!」

提督「おう、頑張れ頑張れ」

鈴谷「ね、提督」

提督「ん?」

鈴谷「えっとさ…これ終わったらなんかご褒美くれる?」

提督「ご褒美?」

鈴谷「う、うん…」

提督「宿題真面目に終わらせてない子にあげるご褒美はありません」コツン

鈴谷「あたっ…むぅー…」

鈴谷「少しは提督がご褒美くれたら今後もーっとやる気でるのになー…?」チラチラ

提督「…」

鈴谷「…//」

提督「…分かった。それじゃあ残りの問題自力で解けたらな」

鈴谷「ホント!?」

提督「おう」

鈴谷「よーし…頑張っちゃうぞ!」サラサラ



直下コンマ判定
39以上で提督からのご褒美
62以上でコンマ数字分に学力向上

鈴谷現在学力61

123: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 21:53:42.31 ID:LTHYiLPdo
※>>1の表現が変でした
コンマ数字分だけ『上乗せ』ではなく、コンマ数字分に『上昇』です
つまり鈴谷の学力61→88になります。大変失礼しました


鈴谷「…できたー!」

提督「どれどれ…」

鈴谷「う…提督の答え合わせってなると緊張する…」ドキドキ

提督「とはいっても俺があってるとは限らんぞ」

鈴谷(むしろ提督が間違ってるとこなんてめったに見ないんだけど…)


提督「…」

鈴谷「…」ドキドキ

提督「…あっ!」

鈴谷「ひゃっ!?な、なに!?間違いあった…!?」

提督「…なーんてな!全問正解だ!」

鈴谷「え…?ほ、ほんとに…?」

提督「おう、良く頑張ったな」ニコ

鈴谷「え、えへへー!鈴谷はやればできる子だし!」フンス


鈴谷「え、えっとさ…提督…その…アレ…なんだけど…//」モジモジ

提督「おう、ご褒美だな?男に二言はないから何でも言いなさい」

鈴谷「…何でも?」

提督「…物理的に不可能なのはやめてくれよ?」

鈴谷「じゃあ…↓4」

135: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 22:07:09.58 ID:LTHYiLPdo
鈴谷「…で」

提督「?」

鈴谷「で、デートして!//」

提督「…はい?」

鈴谷「…///」カァ

提督「えっと…買い物に付き合えばいいのか…?」

鈴谷「違う!デートだよデート!」ズイッ

提督「ちょ、近い近い…//」

鈴谷「あっ…ご、ごめ…//」


提督「え、えっと…それで、鈴谷はそれでいいのか?」

鈴谷「ど、どういうこと?」

提督「いや…俺は嬉しいけど…俺なんかとデートで…」

鈴谷「…怒るよ?」

鈴谷「鈴谷は提督とデートしたいからデートって言ったの!」

提督「わ、分かった!分かったから声抑えて…//」

鈴谷「あ…//」カァ


鈴谷「と、とにかく約束だからね!//」ダッ

提督「お、おい鈴谷!もうすぐHR始まるぞ!」

鈴谷「ちょっとお手洗い!先生に言っておいて!」タタタタ


提督「…鈴谷とデートか」

提督「…うん、凄い楽しみだ」










鈴谷「い、言っちゃった言っちゃった…///」カァー

鈴谷「こ、今度が勝負どころだよ鈴谷…!次のデートで提督にアピールしないと…!」グッ

鈴谷「…あそこ行って…あぁなって…最後には…//」

鈴谷「…えへ//」クネクネ

鈴谷「よーし!そうと決まればぜーったい提督のこと私に惚れさせてやるんだからー!」



【鈴谷√に入りました】

143: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 22:30:44.50 ID:LTHYiLPdo
【7月 休日】


【呉駅前】

提督「…よし、30分前には到着できた」

提督「実は俺の方が楽しみで早く着き過ぎるとは…」

提督「本当はあんまり早く来ると鈴谷に迷惑かもしれないけど…許してくれるだろう」


―20分後


提督「…お?」

鈴谷「はっ…はっ…」タッタッタッ

提督「おーい鈴谷ー」フリフリ

鈴谷「ご、ごめん提督…!待たせちゃって…」

提督「いやまだ10分前だから。早く来すぎた俺が悪いって」

鈴谷「でも実際待たせちゃったわけだし…提督いつ来てたの?」

提督「今から20分前」

鈴谷「そ、そんなに待たせちゃったの!?ホントごめん!」ペコッ

提督「いや気にしないでって…今日を楽しみにしてて落ち着かなくて早く来すぎただけだから」

鈴谷「…楽しみだったの?」

提督「そりゃまぁな。鈴谷とデートできるって言われたら喜ぶよ」

提督「ちょっとジュース買ってくるから座って休んでて」トテトテ


鈴谷「鈴谷とのデートが楽しみって…」

鈴谷「こ、これは…脈アリって思っていいのかな…//」ドキドキ

鈴谷「…//」

提督「おまたせ、アイスティーでよかったかな?」

鈴谷「うん!ありがと!」ニパー

鈴谷「…ね、提督?今日の鈴谷の服どうかな?変…じゃないかな?」

提督「ん?そうだな…」


↓2 鈴谷の服装
↓4 提督の反応

161: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 22:49:35.62 ID:LTHYiLPdo
提督「ディ・モールトベネ!」

鈴谷「で?でぃもー…?」

提督「イタリア語で『非常に良し!』って意味だ」

鈴谷「…ふつーに言ってくれればいいのに」

提督「いやその…真正面から『似合ってるよ』って言うの恥ずかしくて…//」

鈴谷「ッ!//」カァ

鈴谷(う…確かに真正面からそう言われると…///)


提督「しかし鈴谷のゴスロリか…ありだな」マジマジ

鈴谷「ちょ…恥ずかしい…// あんまりマジマジ見ないでよ…//」

提督「ゴスロリって言うと結構暑そうなイメージあったんだが…この時期でも大丈夫そうな服もあるんだな」

鈴谷「まーね。確かにごちゃごちゃしてるのもあるけどこういう肩出してるのとか好きだし」

提督「…露出好きなのか?」

鈴谷「違うよ!?そう言う意味じゃないからね!?//」

提督「でも確かに鈴谷に似合うな…居酒屋で和服姿も良さそうだけどこっちもいいな」ジー

鈴谷「あ、ありがと…//」

鈴谷「つか…見たいの?和服姿?」

提督「まぁ女将って言うだけあるし…見てみたいかも」

鈴谷「…機会あったらね♪」ニコ

提督「さてと…それじゃそろそろ移動するか」

鈴谷「うんっ♪」ダキッ

提督「ちょ、おい…//」

鈴谷「デートなんだからこれくらいいでしょ?暑いとか文句言わないでよ提督?」ニコッ

提督「分かったよ…それじゃこっちからも」ギュッ

鈴谷「ちょ…肩…///」カァ

提督「これならおあいこだろ?」

鈴谷「う、うん…//」

鈴谷(…って!すっかり提督ペースにされちゃってる!ダメダメ…こっちから落とす気で行かないと…!)

鈴谷「ねね提督!↓3に行ってみない?」

 

167: ◆apsVMiZGaU 2014/02/11(火) 23:03:04.80 ID:LTHYiLPdo
【ショッピングモール】

提督「そういやこっちに戻ってきたからここに来たことないな…」キョロキョロ

鈴谷「そうなの?」

提督「まぁ数年前に住んでた時はこんなのなかったからな…それに買い物は近場で済ませてるし…」

鈴谷「おっさんくさいよ提督…」


提督「でも今日は鈴谷もいるし楽しい一日になりそうだよ」ニコ

鈴谷「ぁう…//」

鈴谷「ひ、卑怯だよその笑顔…//」ボソ

提督「ん?」

鈴谷「な、なんでもないなんでもない!//」アハハ

鈴谷「ほ、ほら提督!それより色々回ろうよ!」

提督「そうだな、折角来たんだし色々みたいな」

鈴谷「それなら鈴谷が案内するからお任せ!」

提督「はは…今日はよろしく頼むよ」

鈴谷「うんうん!鈴谷さんにいくらでも頼っちゃっていいからね!」ニパー

鈴谷「そ・れ・とー…」ギューッ

提督「お、おい…//」

鈴谷「ふふっ…人が多いからはぐれないように…ね?//」

提督「…おう//」グイッ

鈴谷「あ…えへへ//」


提督「ちなみに鈴谷さん…その…」

鈴谷「…当ててるんだからね?//」

提督「…//」

鈴谷「じゃ、じゃあ早速↓3行こっか!」ニコ

274: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 14:13:32.44 ID:9mapXQxOo
【ネズミーショップ】

<ハハッ


提督「へー…こんな店もあるんだ」キョロキョロ

鈴谷「こういうところ来たことないの?」

提督「そりゃまぁ…第一男一人じゃ入りづらいだろ…」

鈴谷「ん…?」

鈴谷「提督今まで彼女とかは?転校繰り返してたとはいえそういう人出来たことないの?」

提督「え?ないよ?」

提督「というか…女の子とデートするのすら初めてなんだけど…//」

鈴谷「…え?」

鈴谷「…マジで?」

提督「マジで」

鈴谷「…」

鈴谷(…え!?ってことは鈴谷が提督の初めてのデート相手!?//)

鈴谷「ぁ、ぁう…///」カァー

提督「鈴谷?どうした?」

鈴谷「あ!い、いやなんでもないよ!?あはは…//」

提督「そうか?それならいいけど…」

鈴谷「そんなことよりほら!色々あるんだから見てまわろーよ!」グイッ

提督「わ、分かったから引っ張るなって!」


↓2 自由安価

277: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 14:27:01.13 ID:9mapXQxOo
鈴谷「ほら提督!このぬいぐるみ可愛いよー!」

提督「…」ジー

鈴谷「ど、どうしたの?そんな真剣に見ちゃって…」

提督「いや、なんかこう…」


<ハハッ


鈴谷「さっきから気になってたけど喋ってたのってこれなんだねー」ツンツン

提督「うーん…」

<ハハッ

<ネノヒダヨー

提督「!?」ビクッ

鈴谷「へー結構色々バリエーションあるんだね」

提督「そ、そういう問題か…?」

<ハハッ!コイビトサンカナ?

鈴谷「へ!?///」

鈴谷「ちょ、ちょっと何この人形何言って…//」

<ハハッ!ハヤクシナイトベツノコニトラレチャウヨ!

<キミハコノココトダイスキミタイダネ!

鈴谷「な、何言ってるのよこの人形!///」

鈴谷「て、提督!もう行こっ!//」グイッ

提督「ちょ、これそう言う問題じゃ…!」

<ハハッスエナガクネ!




鈴谷「うー…//」

提督「一体どうしたんだ鈴谷…?確かにあの人形不気味だったけど…」

鈴谷「い、いや…そろそろ他も見て回りたいなーって思ってー!」アハハ

提督「そ、そうか?」

鈴谷「うん!そういうことで…」ボソッ


↓2 どうするどこいく

281: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 14:41:58.40 ID:9mapXQxOo
鈴谷「ね、提督!あそこの店見てみようよ!」

提督「お、アクセサリーショップか」

鈴谷「そういえば提督アクセサリーとかってあんまり付けてないよね?」

提督「あんまり俺には似合うとは思えないからなぁ…」

鈴谷「そぉ?」

提督「逆に鈴谷は何でも似合いそうだな…」ジー

鈴谷「あ、ありがと…//」

鈴谷「そ、そんなことよりほら!早く見に行こ!」ギュッ

提督「お、おう…//」









【アクセサリーショップ】

提督「はえ~…最近のは色々あるもんなんだなぁ…」

鈴谷「うーん…」ジー

提督「何かいいのあったりしたか?」

鈴谷「うんー…」ジー

提督(随分真剣に見てるな…やっぱり女の子ってこういう感じなのかな?)

提督(さてと…俺はどうしようかな…)


↓2 どうするナニする

287: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 14:55:44.24 ID:9mapXQxOo
提督「…お」

提督「この指輪はいいかもな…鈴谷にも俺にも合いそう」

提督「とはいっても二個買う金は…」

提督「って…これ2個でこの値段か?ふーん…最近のはセット売りとかしてるのかな?」

提督「って鈴谷の指のサイズは…」チラッ


鈴谷「…」シンケン


提督(聞きづらい…しょうがない、多分俺の勘ではこのサイズのはずだな…)

提督「すいません、これください」スッ

提督「え?包装?うーん…片方お願いします」









提督「鈴谷ー、決まったのか?」

鈴谷「今回はパスするー。決め切れなかったー…」

提督「そっか、それまでになくなってなければいいな」ニコ

鈴谷「ちょっとー!そういう意地悪言うのやめてよー!」ポカポカ

提督「ははは、冗談だって」

鈴谷「もー…そういえば提督は何かいいのあった?」

提督「んー…内緒」

鈴谷「えー何それー?教えてくれていも良いじゃんー」ブーブー

提督「また今度な。それより他も見に行くか?」

鈴谷「んーそうだね。そうしよっか」ニコッ



↓2 自由安価

293: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 15:14:40.79 ID:9mapXQxOo
鈴谷「そろそろご飯食べよっかー。鈴谷お腹すいちゃった…」

提督「俺もそろそろお腹空いてきたし…そうしようか」

鈴谷「ここのフードコートでも良いかな?」

提督「大丈夫だろ。ここ大きいし結構店あるみたいだしな」

鈴谷「そだね。って…あれ?提督ここ来るの初めてって言ってなかった…?」

提督「さっき案内板をチラッとな」

鈴谷「いつの間に…」

提督「まぁいざというときに道知らないとまずいしな。ほらそんなことより早く食べに行こうか」

鈴谷「はーい」ギューッ

提督「…ところで鈴谷さん」

鈴谷「離すつもりはありませーん♪」ギュッ

提督「…はい」テクテク









提督「おー…広いから席も大丈夫そうだな」キョロキョロ

鈴谷「ここは色々なお店あるから下手に食べ歩きするより選り取り見取りなんだよねー」

提督「鈴谷何食べたい?」

鈴谷「んー…↓2」

299: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 15:28:59.23 ID:9mapXQxOo
鈴谷「…提督と同じもの」

提督「…」

鈴谷「…///」

提督「鈴谷…それって…」

鈴谷「ッ!//」

提督「自分が決められないからってそんな適当な…」

鈴谷「」ズルッ

鈴谷「も、もう!良いからほら!提督買ってきてよー!」グイグイ

提督「わ、分かった!分かったから押すな!」

鈴谷「ふーんだ…鈴谷先に座ってるね」トコトコ










鈴谷「はぁ…ちょっとは意識してくれるかと思ったけどなぁ…提督の朴念仁」クピクピ

鈴谷「ん…やっぱり夏の暑い時期になるとこういうただのお水でも美味しいなぁ」

提督「おまたせ鈴谷」

鈴谷「お、待ってましたー!」

提督「ほら、鈴谷の分」スッ

鈴谷「ありがとー!これって…」

提督「↓3だ」

304: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 15:49:54.00 ID:9mapXQxOo
提督「冷やしカレーうどんだ」

鈴谷「…」

提督「いやーさっき目についてこれ食べてみたかったんだよなー♪」ルンルン

鈴谷「…ね、提督」

提督「ん?」

鈴谷「いやね…すっごく美味しそうだし冷たいものなのもいいんだけどさ…」

鈴谷「今日の鈴谷の服…」

提督「…」

鈴谷「…」ジトー

提督「…ごめんなさい」

鈴谷「もう…次から気をつけてよね!」プンスカ

提督「次があるのか?」

鈴谷「へ?…あ//」カァ

鈴谷「も、もう!良いから食べよ!」

提督「おう…ごめんな本当に」

鈴谷「もういいってばー…ん…」チュルチュル

提督(気遣って食べてるなー…悪いことしたな…)

提督「!」ピコーン

提督(良いこと考えた!↓2すればいいんだ!)

308: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 16:06:33.28 ID:9mapXQxOo
提督「鈴谷」

鈴谷「んむ?なーに?」

提督「ちょーっとお皿と箸貸して」

鈴谷「へ?うん、はい」スッ

提督「よし…」

鈴谷「?」


提督「はい、あーん」スッ

鈴谷「…」

鈴谷「…へっ!?え、ちょ、ちょっと…!?///」

提督「ほら、これなら少しは汚れにくいだろ?」

鈴谷「そ、そういう問題じゃ…//」ドキドキ

提督「周りなんか気にしなくていいって、ほら」

鈴谷「う、うぅ…//」


鈴谷「…ん!//」パクッ

提督「ほら、気をつけてすすって」

鈴谷「…ん//」チラ

提督「…」

提督(な、なんだろう…うどん咥えてる鈴谷がこっち見て来て…何かいけないことしてるような感じが…///)

鈴谷「ふぅ…//」

提督「ど、どう?//」

鈴谷「お、おいしい…よ?//」カァ

鈴谷「ほら提督…まだあるから…//」

提督「お、おう…// はい、あーん…」スッ

鈴谷「…//」パク



↓3 自由安価

320: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 16:28:54.23 ID:9mapXQxOo
鈴谷「!」ピコーン

鈴谷「ね!提督、ちょっとお箸貸して」

提督「え?あぁ、はい」スッ

鈴谷「んふふ~♪」ハムハム

鈴谷「ふぇーふぉく。ふぉっふぃはべへ」

提督「おい鈴谷、行儀悪いぞ…」

鈴谷「ひーはらひーはら♪」

提督「えっと…こっち食べるのか?」パクッ


提督「…うどん型ポッキーゲームですかね…」

鈴谷「にへへ~それだけじゃないよ?」

提督「どういうこと?」

鈴谷「つまりぃ~…私の口にあるもの提督が食べたってことだから…口移し♪」

提督「」ブフッ

提督「ば、馬鹿なこと言ってるんじゃありません!//」

鈴谷「提督、顔赤いよ~?//」ニヤニヤ

提督「ほう…そう言うこと言うなら…」パクパク

鈴谷「ちょ!?そんな一気に食べてこないでよ!?//」

提督「ほらほらー//」

鈴谷「ちょ…あ、ヤバイって…///」



プチッ


提督「…」プラーン

鈴谷「…」プラーン

提督「…千切れたな」

鈴谷「ぷっ…馬鹿みたい…」クスッ

提督「食べもモノで遊ぶのは良くないってことだな…」

鈴谷「あははっ、そうだね」ニコ

提督「遊んでないで食べるか…」

鈴谷「ちょっとーまだあーん終わってないよー?」

提督「後は自分で食べなさい」

鈴谷「むぅー…提督の意地悪ー」プクー









提督「さて、腹も膨れたしどうしようか?」

鈴谷「そだねー…↓2」

327: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 16:41:23.36 ID:9mapXQxOo
鈴谷「あそこのゲーセンいこーよ!」

提督「お、腹ごなしにはちょうどいいかもな」

鈴谷「え?提督DDRでもやるの?」

提督「いやまさか…あんな激しいの無理だから…」

鈴谷「噂だとすっごいダンス上手い娘が学園に居てそのゲームもすごくうまいんだってー」

提督「へー…そりゃ見てみたいかもな」

鈴谷「でも…今は鈴谷見てよねー」ギュッ

提督「お、おう…//」ドキ

鈴谷「…えへへっ//」








【ゲームセンター】

提督「ショッピングモール内のって結構微妙そうに思えたけど…意外と広いな」

鈴谷「そうだねー…ちょっとびっくりかも」

鈴谷「ね、提督。どれやろっか?」

提督「そうだなー…」

提督「よし、あの↓2やろう!」

331: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 16:58:01.94 ID:9mapXQxOo
提督「UFOキャッチャー!」

鈴谷「提督UFOキャッチャー上手いの?」

提督「…ふつう」

鈴谷「その回答が一番何とも言えないんだけど…」

提督「だ、大丈夫だ!Dリングじゃなければ余裕だ!」

鈴谷「あー…確かにあれはね…」

提督「お金入れないととれない前提だからな…」

鈴谷「ちなみに鈴谷は箱モノぶっさしが一番好きだよ!」

提督「奇遇だな。俺もだ」

鈴谷「あれ気持ちいいもんねー」

提督「でも今回はこれだ」

鈴谷「ぬいぐるみ…提督こういうの好きなの?」

提督「え?鈴谷こういうの好きなんじゃないの?」

鈴谷「へ?まぁ私こういうの好きだけど…なんで?」

提督「なんでって…鈴谷の為に取るからだろ?」

鈴谷「…」

提督「鈴谷?」

鈴谷「あっ!な、なんでもないよ!あはは…//」

提督「そうか?それじゃ早速やるとするか♪」チャリーン

鈴谷(…今のは提督ずるい///)カァー

提督「よし…貯金箱にだけはせんぞ…」ウイーン


コンマ判定 UFOキャッチャー力

提督 直下
鈴谷 ↓2

343: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 17:17:38.32 ID:9mapXQxOo
提督「あ、ずれた…」

鈴谷「あちゃ…」

提督「今度は景品にカスリすら…」

鈴谷「…」

提督「…」

鈴谷「…」


鈴谷「ねぇ、提督…」

提督「ごめんなさい見栄張りました…」ズーン

鈴谷「完璧にずれまくってたもんね…」

提督「だってこの機種回転ないんだもん…」シクシク

鈴谷「もー…無理ならそこまでしなくてもいいのに」

提督「だって…鈴谷にこれ取ってあげたかったんだ…」

鈴谷「…ぅ//」

鈴谷「そ、その気持ちだけですっごい嬉しいって…//」

鈴谷「ね、ちょっと私がやって見てもいいかな?」

提督「おう…」ズーン

鈴谷「ほっ…よっと…あ、ちょいずれたかな…?」

提督「鈴谷うまいな…」

鈴谷「いやこれが普通だって…上手い人はすっごい絶妙な位置狙うし…」

提督「これが…これが普通…」ズーン

鈴谷(提督が珍しく落ち込んでるなぁ…でもこのままなのも面白いしちょっと放っておこ…♪)








鈴谷「ちょーっと時間かかっちゃったけど…取れたー♪」ギュッ

提督「凄いな鈴谷…おめでとう」

鈴谷「えへへー鈴谷にかかればお手の物だよ♪」ニコ

提督「っと…ちょっとUFOキャッチャーに熱くなりすぎたな…そろそろ違うとこ行くか?」

鈴谷「あれ…?ホントだ、結構やってたね。それじゃ移動しよっか」ニコ

提督「おっけー、ほら」スッ

鈴谷「あ…うん♪」ギューッ


↓3 自由安価

352: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 17:54:16.82 ID:9mapXQxOo
提督「そろそろショッピングモールから出るか」

鈴谷「そだねーまた来ればいいしね」

提督「よしそれじゃ…」ピタッ

鈴谷「どうしたの提督?」

提督「…あの子」

鈴谷「あれ…迷子の子かな?」

提督「ごめん鈴谷ちょっと行ってくる」ダッ

鈴谷「ちょ、ちょっと待ってよ提督!」




「…」オロオロ

提督「こんにちは」ニコ

「!」ビクッ

提督「…もしかして迷子なのかな?」

「…」コクリ

提督「そっか…こんな広いところで一人じゃ怖かったよね」ナデナデ

「…!」ビクッ

提督「大丈夫…お兄さんがなんとかしてあげるから…」ナデナデ

「…」

鈴谷「ちょ、ちょっと提督…速いって…」ゼェゼェ

提督「あ、ごめん鈴谷」

「…」ギュッ

提督「お?」

「…」ジー

提督「っと…ごめんごめん。このお姉さんは怖い人じゃないから大丈夫だよ」ナデナデ

提督「君の名前は…何て言うのかな?」

「…↓2」(※駆逐艦限定 サブ枠)

355: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 18:15:59.28 ID:9mapXQxOo
潮「…潮、です」

提督「潮ちゃんか…お母さんとはぐれたのかな?」

潮「その…お姉ちゃんと…です」

提督「そっか…どこではぐれたか覚えてるかな?」

潮「…」フルフル

提督「うん…鈴谷」

鈴谷「ど、どうしたの?」

提督「悪いけど先に行って迷子センターで放送してもらっていいかな?」

鈴谷「おっけー任せといて」ダッ


提督「ごめんね潮ちゃん…もうちょっとだけ待っててね」

潮「は、はい…」

提督「ちょっとジュース買ってくるから…ちょっと待ってて――」

潮「…」グイッ

提督「潮ちゃん?」

潮「あっ…ご、ごめんなさい…」パッ

提督「…うぅん、気にしてないから大丈夫だよ」ナデナデ

潮「ご、ごめんなさい…」

提督「…そうだよね。ずっと一人で怖かったよね」

潮「…」コクリ

提督「よしそれじゃ…」ニギッ

潮「…!」

提督「知らないお兄さんであれだけど…ちょっと一緒に散歩しようか?」ニコ

潮「あ…はい」ニコ

提督「あ、やっと笑ってくれたね」

潮「え?」

提督「うん、やっぱり潮ちゃんくらいの子は笑ってる方が可愛いよ」

潮「…//」

潮「…そ、そんなこと言われたの、初めてです//」ギュッ

提督(少しは安心してくれたみたいかな…あんまり警戒されなくてよかった)ホッ

提督「さっきのお姉さんが潮ちゃんのお姉ちゃん探してくれてると思うからもう安心していいからね」

潮「はい…」ニコ



↓2 お姉さん(※綾波型限定 サブ枠)

359: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 18:39:14.99 ID:9mapXQxOo
鈴谷「おーい提督ー」フリフリ

提督「あ、鈴谷」

鈴谷「お姉さんもう来てるよー」

提督「お、早いな…」


敷波「あーいたいた潮」

潮「あ…お姉ちゃん…はぐれてごめんなさい…」

敷波「いやー目離しちゃったあたしも悪かったからさー…本当ごめんね」ナデナデ

潮「うん…」

敷波「一人で心細かったでしょー…大丈夫だった?」

潮「お兄ちゃんがいてくれたから…」チラッ

敷波「あ、もしかして潮をここまで連れて来てくれたのかな?」

提督「えぇ。一人で誰かを探してるようだったので…たぶん迷子かと思って」

敷波「本当にありがとうございました…」ペコリ

提督「いえいえ、お役にたてて良かったです」

提督「よかったね潮ちゃん。今度ははぐれないようにね」ニコ

潮「うん…ありがとうお兄ちゃん」ニコ

潮「え、えと…ちょ、ちょっとだけ…こっち来てもらっていいですか…?//」

提督「へ?うん…」トコトコ

潮「…!」ホッペチュッ

提督「え」

潮「…!//」ダダダッ

敷波「あ、こら潮!またはぐれちゃうでしょー!」タ

敷波「あ、二人とも本当にありがとうねー!それじゃ!」ダッ

提督「大忙しだな…またはぐれなきゃいいけど…」

鈴谷「…」ジトー

提督「…あの、鈴谷さん。何でしょうか…」ダラダラ

鈴谷「…ロリコン」

提督「ちょっとまって!?俺は何もしてないよね!?」

鈴谷「どうだか…潮ちゃんと二人きりの時に何してたんだか…」ジトー

提督「ひ、ひどい…」

鈴谷「ふーんだ…デレデレしちゃって…」スタスタ

提督「あ、鈴谷!待ってくれよ―!」


↓3 自由安価

364: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 18:58:08.77 ID:9mapXQxOo
【どっかの海岸】

鈴谷「…」スタスタ

提督「鈴谷ぁー…そろそろ機嫌直してくれよー…」トコトコ

鈴谷「…」ピタッ

提督「…鈴谷?」

鈴谷「…ねぇ提督、鈴谷がさ。どうして提督とデートしたいって言ったと思う?」

提督「え、それは…?」

鈴谷「…提督」クルッ

提督「鈴―――」


鈴谷「…んっ」チュッ

提督「…んん!?」

鈴谷「んん…ちゅ…あむ…」

提督「ちょ…した…んむ…」

鈴谷「んっ…はぁ…ぁ…んん…」

提督「…ん」ダキッ

鈴谷「…んん」ギューッ



鈴谷「…ぁ…はぁ」スッ

提督「す、鈴谷…//」

鈴谷「あんなちっちゃい娘に嫉妬して、恥ずかしいけどさ…//」

鈴谷「…これが鈴谷の提督に対する気持ちだよ」ジッ

鈴谷「提督…大好き」ギューッ

提督「鈴谷…」

鈴谷「…へんじ、聞かせて…」ギュッ

提督「↓3」

374: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 19:15:36.37 ID:9mapXQxOo
提督「…鈴谷」ギュッ

提督「お前が好きだ」

提督「お前が…欲しい!!」ギューッ


鈴谷「…はい!」ギューッ

提督「鈴谷…」クイッ

鈴谷「あ…」

提督「んっ」チュッ

鈴谷「ん…」チュー


提督「ぷは…」スッ

鈴谷「あ…もう終わり?」ジトー

提督「今日は…な?」ナデナデ

鈴谷「またしてよ…?約束だからね?」

提督「あぁ、もちろん」ニコ

鈴谷「鈴谷…提督と一緒になれて、凄い嬉しいよ」

提督「うん…俺も、なんかデートと言いキスと言い…全部鈴谷からだったな…」

鈴谷「意気地なし」

提督「あはは…ごめん」




提督「それじゃ代わりと言っちゃなんだが…」ゴソゴソ

提督「…これ」スッ

鈴谷「これは…?」

提督「鈴谷へのプレゼント。開けてみて」

鈴谷「うん…」パカッ

鈴谷「え…これって…!」

提督「あぁ、さっきのアクセサリーショップでな。鈴谷にに遭いそうだったし俺の分と一緒に…」

鈴谷「しかもこれ…ペアリング…」

提督「え」

鈴谷「わぁ…提督、すっごい嬉しい…//」

提督「う、うん…気に入ってもらえて何よりだよ」ニコ

鈴谷「ね…提督が嵌めて?」スッ

提督「え、うん…ほら」スッ

鈴谷「…えへへぇ//」

鈴谷「今度は…結婚指輪嵌めてよね?//」

提督「ば、ばか!気が早すぎるわ!//」カァ

鈴谷「ふふっ…提督」





鈴谷「――――だーい好きっ!」

【鈴谷 HAPPY END】

400: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 21:57:09.12 ID:9mapXQxOo
お待たせしました。再開します
鈴谷の好感度は友好的なくらいで固定になります


【7月1days】

【昼休み】

キーンコーンカーンコーン


提督「ふぅ…昼休みか」

提督「鈴谷の課題も無事に終わったし…よかったよかった」ホッ

鈴谷「てーとく」ヒョコ

提督「おう、鈴谷」

鈴谷「今日は本当に助かったよ!ありがとね」ニコ

提督「どういたしまして。次からはちゃんと予定立ててやれよ?」

鈴谷「はーい♪それじゃねー!」ヒラヒラ


提督「さてと…俺は今日のお昼はどうしようかな」


↓2 自由安価

404: うーちゃん来た。やったぜ。 ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 22:05:22.44 ID:9mapXQxOo
提督「今日はたまには学食行こうかなー弁当と一緒に何か食べるのも悪くないし」ガタッ

提督「そうと決まれば…混む前にれっつごーっぽい!」トコトコ








【学食】

ガヤガヤ


提督「…完全に出遅れたっぽい」

提督「ま、どうせ一人だしどこか適当な席が空いてるはず…」キョロキョロ

提督「お、あったあった」

提督「それじゃとりあえずここに弁当箱置いといて…」スッ

提督「よーし、今日はがっつりたーべよ♪」ルンルン






提督「結局混んでたから無難にカレーにしたっぽいー…」

提督「ってあれ…?俺の隣の席にいるのは…」


↓3 隣の席に居るのはだーれだ

413: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 22:15:00.10 ID:9mapXQxOo
提督「あれ?瑞鳳さん?」

瑞鳳「あれ…提督さん?」

提督「奇遇だね。今日は屋上じゃないの?」

瑞鳳「別にいつも屋上で食べてるわけじゃないですよ」プクー

提督「ははは、冗談だって」

瑞鳳「提督さんは…あれ?お弁当もあるのにカレー…?」

提督「何か今日はお腹すいちゃって…お弁当と一緒に学食で何か食べようかと思って」

瑞鳳「すごいですね…私はちょっと無理かも…」

提督「まぁ今日はたまたまだから。いつもはお弁当で足りるしね」

瑞鳳「ふふっ…でもこんな形でまた一緒にご飯食べるなんて本当に偶然ってすごいですね」クスッ

提督「そうだねー…次会うのは屋上だと思ってたし」

瑞鳳「ほら提督さん。いつまでも立ってないで一緒に食べましょ?」ニコ

提督「うん、お邪魔します」スッ

瑞鳳「それじゃお先に…いただきます♪」

提督「俺も…いただきまーす」


↓3 食事中イベント

419: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 22:32:43.75 ID:9mapXQxOo
瑞鳳「んー…」モグモグ

提督「どうしたの?」

瑞鳳「やっぱりまだちょっと味付けが上手くいかなくて…」シュン

提督「焦っても仕方ないと思うよ?そのせいで怪我とかしたら大変だしね」

瑞鳳「はい…」

瑞鳳「でもやっぱり…提督さんみたいに美味しいお弁当作りたいですよぉ…」

提督「俺だってすぐに上手くなったわけじゃないからね…少しずつ慣れていくのが大事だよ」

瑞鳳「はーい…」モグモグ


提督「えーとソースは…」

瑞鳳「あ、それですよ」

提督「ありがと…ぉ!?」ズルッ

瑞鳳「わっ!?」

提督「と、とととと…!」アワアワ

提督「セーフ…なんとかひっくり返さずに済んだ…」ホッ

瑞鳳「…あ、あの提督さん//」

提督「え?」フニ

瑞鳳「ひ、ひゃあああああああ!?//」バチーン

提督「ぶっ!」バタッ

瑞鳳「あっ!て、提督さんすいません!つい…//」

提督「いや…こっちこそ本当にごめんなさい…」ピクピク

瑞鳳「も、もう…まさかわざとじゃ…」ジトー

提督「ち、違うって!」

瑞鳳「ふふっ…冗談ですよ。提督さんがそんな人じゃないって分かってますから」ニコ

提督「前の件と言い…本当にごめんなさい」ペコリ

瑞鳳「はい、私こそ混乱してたとはいえ叩いてすいませんでした」ペコリ

提督「本当にごめんね…」

瑞鳳「んー…それじゃそんな提督さんにはお詫びとして…↓3してください」ニコ

424: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 22:50:08.26 ID:9mapXQxOo
瑞鳳「えと…その」

瑞鳳「て、提督さん」

提督「は、はい!」ビシッ

瑞鳳「…提督さんのお弁当、食べさせてください」

提督「…え?そんなんでいいの…?」

瑞鳳「は、はい」

提督「お、おっけー…それじゃはい、どうぞ」スッ

瑞鳳「あ、違くて…」

提督「え?」

瑞鳳「た、食べさせてくださいって…//」

提督「………………え、まさか」

瑞鳳「…//」

提督「…はい、あーん」スッ

瑞鳳「あ、あーん…//」パクッ

瑞鳳「お、おいしいです…//」カァ

提督「そ、そう…?ありがと…//」カァ

瑞鳳「えっと…こういうのに憧れてて…//」

提督「そ、そうなんだ…//」

瑞鳳「えと…その…//」

瑞鳳「わ、私先に戻ってますね!じゃあ!」ガタッ

提督「あ、ちょっと瑞鳳さん!?」










瑞鳳「わ、私ったらなんて恥ずかしいことしちゃってるのよぉ…//」

瑞鳳「ぅー…本当に何でよぅ…//」カァー


直下コンマ判定
コンマ数字分だけ瑞鳳の好感度上昇 現在105

429: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 23:01:17.37 ID:9mapXQxOo
瑞鳳「…」

瑞鳳「…ふふっ」ニコ

瑞鳳「…また一緒に提督さんと食べたいなぁ」

瑞鳳「そして今度は私から…」ハッ

瑞鳳「な、何言ってるよ私ったらもう!//」

瑞鳳「と、とにかく…まずはお料理の勉強しよう…」トコトコ










【放課後】


提督「放課後っぽい」

提督「瑞鳳さんどうしたんだろ…何ともなければいいけど…」

提督「さてと…今日はどうしようかなー…」


↓2 自由安価 

439: ◆apsVMiZGaU 2014/02/15(土) 23:15:16.48 ID:9mapXQxOo
提督「んー…やることもないし今日は帰るか…」ガタッ






提督「ふぃー…すっかり外も暑くなったもんだ」トコトコ

提督「今度団扇でも持ってこようかなー…さすがに授業中には使えないけど」

龍驤「わぷっ!?」ドンッ

提督「わっ!?」ガシッ

龍驤「いたた…すいません…」

提督「いやこっちこそ……………あ」

龍驤「…あ」

龍驤「って!いつまで触ってるねん!早く離して…!」ジタバタ

提督「す、すまん!」パッ

龍驤「まったく…」

龍驤「あー…でもぶつかったのはウチやし…転ばないよう支えてくれたわけやし…」

龍驤「一応…礼は言っとくわ。ありがとな」プイ

提督「お、おう…俺こそごめん」

龍驤「ふん…」


↓3 どうなるどうする

452: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 14:55:50.41 ID:0mUq58Qao
部屋の掃除しながら再開します


提督「その…龍驤、このあと時間あるか?」

龍驤「は?まぁ…暇だから帰るけど…」

提督「それならお詫びと言っちゃなんだけど…良かったら喫茶店行かないか?」

龍驤「何でウチが提督と一緒に…」

提督「奢るぞ?」

龍驤「む…」

龍驤「ふーん…それなら一緒に言ってやらんこともないで?」

提督「そっか。それなら決まりだな」

龍驤「で?店はどこ行くんや?」

提督「そうだな…」


選択肢安価
1.金剛喫茶 呉支店
2.ケーキ屋ISE
3.その他(店名+店長明記)

↓2

455: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 15:16:14.38 ID:0mUq58Qao
【喫茶夕雨】

龍驤「…ふーん、初めて来るとこやな」

提督「いや、俺も初めてだが」

龍驤「…あっそ」

龍驤「ま、昔からそういう奴やったな提督は…」

提督「どうした?ほら入ろうよ」

龍驤「はいはい…」







時雨改二(以下、時雨)「いらっしゃい、お二人様かな?」

提督「はい、大丈夫ですか?」

時雨「大丈夫ですよ。ではこちらの席にどうぞ」ニコ

龍驤「はー…すごい落ち着いた雰囲気のお店やなー…」キョロキョロ

時雨「半分は僕の趣味でね。もう半分は…」

夕立改二(以下、夕立)「お客様っぽい!?」ヒョコ

龍驤「わっ!?」ビクッ

時雨「こら夕立…お客様を驚かせちゃダメでしょ…」

夕立「ふふっ!夕立嬉しいっぽいー!」ピョコピョコ

夕立「…ぽい?」チラッ

提督「?」

夕立「…」ジー

提督「…ぽいぽい?」

夕立「!」

夕立「ぽいー!♪」


龍驤「な、なんや…この二人…」

時雨「さ、さぁ…?」


↓2 自由イベント

459: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 15:33:44.27 ID:0mUq58Qao
夕立「ぽいぽい!」ズイッ

提督「ぽい?」ビクッ

夕立「…ぽい」シュン

提督「…」

提督「…ぽい」ナデナデ

夕立「!」

夕立「…ぽい//」ポッ

提督「ぽい!」ニコ

夕立「ぽいー♪」ニコニコ



龍驤「…あかん、頭痛い…」

提督「え、龍驤まだ風邪治りきってなかったのか?大丈夫か?」クルッ

龍驤「そう言う意味やない…」ガクッ

時雨「あはは…とりあえずコーヒーをどうぞ」スッ

龍驤「あぁ…ありがと」

夕立「…ぽい?」キョトン

提督「ぽいー」

夕立「ぽいっ!ぽいっ!」ニパー

時雨「…夕立。そろそろお仕事に戻るよ」ズルズル

夕立「ぽいー…」フリフリ

提督「ぽいー」フリフリ

龍驤「…アホくさ」ズズ



提督「ところで龍驤」クルッ

龍驤「なんや?」

提督「↓2」

465: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 15:53:47.41 ID:0mUq58Qao
提督「そろそろ呪いを解こうと思う」

龍驤「」ガタッ

提督「お、落ち着いて…」

龍驤「あ、あぁ…すまん」スッ

龍驤「…って!元はと言えば提督の所為やろうが!」

提督「ほ、本当にすまん…」

龍驤「…で?」

提督「え?」

龍驤「呪いを解くってことは…もちろん解き方分かってるやろうな?」

提督「…」サッ

龍驤「…おい」

提督「…すまん」

龍驤「ったく…思いつきで行動するのも全然変わってへんな…」

龍驤「でもま…少しは反省してるみたいやし…」ジッ

龍驤「一緒に探してやってもええで?」

提督「本当か?」

龍驤「その前に」

提督「?」

龍驤「…この前のいえなかった理由とやら、聞かせてもらおうか?」

龍驤「この期に及んでまだ言えないは、なしやで」ジー

提督「…」

提督「↓3」

469: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 16:13:46.34 ID:0mUq58Qao
提督「妹のためだよ…これ以上は言えない」

龍驤「妹って…菊月ちゃん?一体何が…?」

提督「…すまん」

龍驤「…」

龍驤「…提督、ちょっとウチの目見て」

提督「え?お、おう…」

龍驤「…」ジー

提督「…」ジー


龍驤「…うん、もうええで」スッ

提督「う、うん?」

龍驤「嘘はついてないって分かった。事情があるならこれ以上聞いたりしない」

龍驤「それに…逃げた訳じゃなかったんやな」

提督「…でも、お前のことを放って引っ越したんだ。逃げたことに変わりはない」

提督「お前から恨まれるのも当然だ。言い訳なんてしないよ…」

龍驤「ふぅん…随分潔いやないか」

龍驤「じゃあ…ちょっと目瞑れ」

提督「…」スッ

龍驤「…ふっ」デコピン

提督「あたっ!?」

龍驤「…よし、これですっきりした。もうええで」ニコ

提督「…龍驤」

龍驤「半分は許したる。あとはこの呪い解いてくれたら全部許してあげる。それでどうや?」

提督「…ありがとう。昔と変わらない優しい龍驤で本当に嬉しいよ」ニコ

龍驤「ふ、ふん…そんなやない」プイッ

提督「…」ニコニコ

龍驤「…そんなことより、奢りやったな?何でも頼んでいいやろ?」ニヤリ

提督「お、おう…何でも来い」

龍驤「ふふっ…それじゃこのケーキを…♪」

提督(…本当に、理解のある幼馴染でよかったよ)


直下コンマ判定
コンマ数字分だけ龍驤の好感度上昇 現在59

478: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 16:24:51.06 ID:0mUq58Qao
龍驤「すいませーん!このイチゴケーキお願いしまーす!」

夕立「お任せっぽいー!」

龍驤「…な、提督」

提督「ん?どうした龍驤?」

龍驤「…時間が合ったら、また来ような?」ニコ

提督「お、おう…」

夕立「お待たせっぽい!ごゆっくりどうぞっぽいー!」スッ

龍驤「おう!ありがとぉ♪」ルンルン

提督「…」ジー

龍驤「…なんや?人の顔ジロジロと…?」

提督「あ、いやなんでも…」

龍驤「ふぅん…?変な提督?…ん~美味しい~♪」モグモグ

提督「…」ホッ











【提督の部屋】

提督「ふぅ…今日は龍驤とまともに会話できてよかったぁ…」ホッ

提督「それにしても…俺の他にも同じ語尾の人がいるとは…これも運命か…」

提督「ってバカなこと言ってないで…寝る前に何かすべきか否か…」

提督「どうするっぽい!」クワッ


↓2 自由安価

481: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 16:39:30.73 ID:0mUq58Qao
提督「さて…さっそく呪いの解き方を探さないと…」

提督「とは言ったものの…どうすればいいのかさっぱりわからん」ウーン

提督「とりあえず…当時の呪いのやり方を調べれば解き方も載ってるはず…」カタカタ

提督「…あれ?」

提督「おかしい…まったく検索引っかからない…?」

提督「ど、どういうことだ…!?」カチカチ


提督「…だめだ。当時見たページがないにしても似たページすらないなんて…」

提督「…どうしよう」

提督「呪いに関係する本を探すか…?いやでもなぁ…」ウーン

イ級「いー?」プカプカ

提督「あぁごめんごめん…何でもないよ。気にしないで」ナデナデ

イ級「…い」ハムハム

提督「…慰めてくれるのか?ありがとなイ級」ニコ

イ級「♪」

提督「とは言ったものの…本当にどうしようか」



↓2 どうするナニする

493: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 16:52:32.24 ID:0mUq58Qao
提督「…そうだ、あの人なら」ピポパポ

トゥルルルルル


提督「忙しい人だからなぁ。繋がるかどうか…」

提督「…やっぱり無理―――」

T『破ァ!い、もしもし』

提督「あ、Tさん。お久しぶりです」

T『提督くんか、どうしたんだい珍しい』

提督「実は…」


カクカクシカジカ



T『なるほど…』

提督「自分ではなんともならなくて…Tさんなら何か知ってるんじゃないかと思いまして…」

提督「Tさん、何か有効的な方法はないでしょうか?」

T『…↓2』

501: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 17:04:32.13 ID:0mUq58Qao
T『…そんな呪いあるわけないでしょう』

提督「え!?でも…」

T『そんなピンポイントな呪いは初めて聞きましたからね…では忙しいのでまた』ピッ

提督「あっ!?ちょ、ちょっと!Tさん!」

ツーツーツー

提督「…Tさんにも分からないとなると完全にお手上げだぞ…」

提督「でも実際なぁ…呪いをやった時確かにページに書いてあった通りの外観的な効果が表れたのは明白…」

提督「…ダメだ、こういうときはいくら考えても思いつかん」

提督「…仕方ない、今日はもう寝よう」スゴスゴ

ル級「…るっ!るっ!」

提督「ル級?」

ル級「…る!」ハムハム

提督「…ありがとうな、ル級」ナデナデ

ル級「…る//」


【7月1days 終了】


妖精さんの好感度表

選択肢安価
1.見る
2.見ない

直下

504: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 17:15:28.91 ID:0mUq58Qao
妖精「チョリーッス!皆のアイドル!妖精さんだよー!」シャキーン

妖精「といつつ…イ級ヲ級ル級の所為で…」シクシク

妖精「…はい、好感度表ネ」スッ


鳳翔:古典教師(担任)              好感度:91+59+99(249)【フラグ成立済】
鈴谷:居酒屋の女将(クラスメイト)       好感度:【攻略済】
菊月:妹                      好感度:【攻略済】
瑞鳳:後輩                     好感度:22+83+66(171)
龍驤:転校生(幼馴染&クラスメイト)      好感度:06+38+15+55(114)
古鷹:大学生(先輩)               好感度:57+45(102)

提督スペック
戦闘力 100
料理力 79
学力   95→100
UFO   04

妖精「うーん、全員100超えてるね!フラグ成立射程圏内ですよ!」

妖精「ではでは妖精さんのヒント!」

妖精「食堂は中高大共通だから上手くすれば古鷹さんに会えるかもね!」

妖精「…ま、安価次第だけどいくらでも出せるけどね…それじゃまた今度ねー!」フリフリ

507: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 17:22:49.45 ID:0mUq58Qao
【7月2days】


【提督の部屋】

提督「…ん」ムクッ

提督「あっつー…寝苦しいったらありゃしないわ…」

提督「っと…飯作って準備しないとね…」イソイソ


イ級「zZZ」スースー

ヲ級「…お」スヤスヤ

ル級「…」クゥクゥ




提督「よし、準備完了っと」

提督「そういや菊月は日直だから先に行っちゃったのか…」

提督「仕方ないか…ゆっくり行こう」

提督「とはいってもまだ早いな…どうしよう」


↓3 自由安価

512: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 17:40:27.63 ID:0mUq58Qao
提督「さてと、そろそろ行くか」ガタッ

妖精「おや、もう行くのかい?」フヨフヨ

提督「うん、ちょっと早いけどな」

妖精「ま、気をつけてねー。お土産待ってるよー」

提督「全く調子のいい奴だ…じゃあ行ってくるよ」

妖精「ほいほーい。いってらー」フリフリ









提督「あっつー…今日はまた一段と日差しが強いな」トコトコ

鳳翔「あら?提督くん?」

提督「あれ…鳳翔先生。おはようございます」

鳳翔「登校中に会うなんて奇遇ですね」クスッ

提督「本当ですね…鳳翔先生はいつもこの時間で?」

鳳翔「えぇ。今日は提督くんは早いですね」ニコ

提督「あはは…まぁいつもなら妹と一緒なんですけど日直で先に行っちゃったんで…」

鳳翔「あら…それは残念ですね」

提督「えと…鳳翔先生さえよければ学園までご一緒してもいいですか?」

鳳翔「えぇ、もちろん構いませんよ♪こちらからお願いしたいくらいです」ニコ

提督「それじゃ早速行きましょうか」ニコ

鳳翔「はいっ♪」


鳳翔(…今日は朝からとても良い一日になりそうです…♪)ニコニコ


↓2 登校中イベント

515: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 17:55:58.11 ID:0mUq58Qao
鳳翔「…ふふっ」クス

提督「どうしました鳳翔先生?」

鳳翔「いえ…自分のクラスの生徒とこんな風に登校できるというのはとても幸せだと思いまして」ニコ

鳳翔(それに…提督くんとなら余計に…//)カァ

提督「鳳翔先生?どうしました?」

鳳翔「えっ!?あ、何でも……きゃっ!?」ヨロッ

提督「鳳翔先生!」ダキッ



鳳翔「あ…///」カァー

提督「鳳翔先生?大丈夫ですか?」ジッ

鳳翔「…//」ギュッ

提督「…鳳翔先生?」

鳳翔「…あ、そ、その…//」


↓2 どうなるどうする

524: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 18:12:51.08 ID:0mUq58Qao
好感度システムについて説明不足でした…
【フラグ】が成立したらそれ以降好感度上昇のコンマ判定は発生しません。すいません


鳳翔「…//」ギュッ

提督「あ、あの…鳳翔先生?//」カァ

鳳翔「…もう少し」

鳳翔「…もう少しだけ、このままで…//」

提督「あ…は、はい//」ギュッ

鳳翔「…//」

鳳翔「…提督、くん//」ジッ

提督「ほ、鳳翔先生…//」キュン

鳳翔「提督くん…その…わたし…//」












吹雪「あ、鳳翔さん、提督くんおはようございまーす!」タッタッタッ

鳳翔「!」バッ

提督「あ…//」

鳳翔「ん…こほん// おはようございます、吹雪さん」

吹雪「はい!珍しい組み合わせですね?」

鳳翔「えぇ…先程偶然お会いしましてね…ね、提督くん」ニコ

提督「え、あ…はい//」

吹雪「提督くん…どうしました?顔が赤いようですけど…?」

提督「あ、いえ!何でもないです!あはは…///」

鳳翔「…//」チラチラ

吹雪「そうですか?それならいいですけど…では皆で学園に行きましょうか!」トコトコ

提督「はーい」

提督(間近で見た鳳翔先生の顔…すっごく綺麗だった…//)カァ

鳳翔(うぅ…私ったらまた…//)カァー

吹雪「♪」トコトコ



【鳳翔√に入りました】

526: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 18:28:09.29 ID:0mUq58Qao
【鳳翔√】


【教室】

提督「おはよー」ガラガラ

鈴谷「お、提督おっはよーっす」

龍驤「おう提督、おはようさん」

提督「二人ともおはよう」

鈴谷「…ん?」

提督「どうした鈴谷?」

鈴谷「…提督ちょっと顔赤いように見えるけど…大丈夫?」

提督「え?」

龍驤「ホンマやな…熱中症か?」

提督「いや…なんでもないよ。大丈夫だって」

鈴谷「そう?ならいいけど…」


鈴谷「…あれ?てか龍驤さん提督に丸くなった?」

龍驤「あー…まぁちょっとあってな。色々誤解が解けたって感じやなー」

鈴谷「ふーん。でもよかったじゃん!ギスギスしてるよりはずーっとマシだと思うよ!」

龍驤「はは、せやな!」

提督(やっべー…まだ顔赤いのか俺…//)

提督(…鳳翔先生まだかなー)ボケー


↓2 自由安価

534: ご飯食べてきまーす ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 18:55:46.46 ID:0mUq58Qao
鳳翔「み、皆さん…おはようございます」ガラガラ

鈴谷「あ、鳳翔先生来たみたいだね」

提督「…」ボケー

鈴谷「…提督?どったの?」

提督「えっ!?あ、いやなんでもないぞ?あはは…//」

鈴谷「?」


鳳翔「…//」チラチラ

鳳翔「…あ//」パチ

提督「あ…//」パチ


鳳翔「…//」カァ

鳳翔「あっ!す、すいません皆さん…ではHR始めますね…」


龍驤「…どないしたんやろ鳳翔先生?」

鈴谷「何か…こっち見てたよね?」

龍驤「提督、何か知ってるん?」

提督「えっ!?さ、さぁ…?//」

鈴谷「ホントにぃー…?」ジト-

提督「あ、あぁ…どうしたんだろうな鳳翔先生?」

龍驤「うーん…何もなければええんやけど…」


提督「…」ジー

鳳翔(提督くんがさっきからこっちをじっと見て来て…は、恥ずかしいです…//)カァ

鳳翔「で、ではHRは終わりますね!次の古典の授業の準備はきちんとしておいてくださいね。では…//」ソソクサ

提督「…あ」

提督「…はぁ」


鈴谷「…ほんとどうしたんだろ」

龍驤「ほっとくべきやな…」



↓2 古典の授業中イベント

537: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 20:04:39.78 ID:0mUq58Qao
提督「ふぅ…」サラサラ

鈴谷「提督…提督…」チョンチョン

提督「ん?どうした鈴谷?」

鈴谷「さっきからなんかボーっとしてるけど…大丈夫?」

提督「へ…?う、うん大丈夫だぞ?」

鈴谷「そう…?ならいいけど…」

龍驤(それにしたってよそ見しながらプリント解くって…)


鳳翔「みなさん進んでますか?」ニコ

鈴谷「ぼちぼちですー…」

鳳翔「ふふっ…鈴谷さんは頑張れば伸びる子なんですから、自信を持ってください」ニコ

鈴谷「はーい!」

鳳翔「龍驤さんは…いつも通りですね。見ていて安心です♪」

龍驤「あははーありがとうございます♪」

鳳翔「提督くんは…」チラッ

提督「あ…」

鳳翔「え、えっと…ちゃんとできてるみたいですね!//」プイ

提督「…」ショボーン

鳳翔「…」キョロキョロ

鳳翔「…//」スッ

提督「?」

提督(…『放課後待ってます 鳳翔』)

提督「え…鳳翔せんせ―――――」

鳳翔「ではみなさん。そろそろ続きを始めますので一度黒板の方に注目してくださいねー」

提督「あ…」

提督「…放課後、か」



選択肢安価 次のお時間

1.昼休み(イベントも明記)
2.放課後

↓2

541: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 20:14:06.31 ID:0mUq58Qao
【放課後】

キーンコーンカーンコーン


提督「…あれ、あっという間に放課後だ」

提督「…」カサッ

提督「…よし、行くか」ギュッ

鈴谷「あれ?提督もう帰るの?」

提督「え?あ、あぁ…まぁちょっと用事がな」

鈴谷「ふーんそうなんだ?じゃあまた明日ねー!」フリフリ

提督「おう、じゃあね」フリフリ









【職員室】

提督「…失礼します。鳳翔先生いらっしゃいますか?」

鳳翔「あら…早いですね提督くん…?」

提督「え、えぇ…その、鳳翔先生に早く会いたくて…//」

鳳翔「まぁ…//」カァ

提督「…//」

提督「あ!そ、それで…何のご用事だったんでしょうか?//」

鳳翔「あ…すいません、そういえばそうでしたよね…//」

鳳翔「ここでは何ですし…↓2でお話しましょうか」ニコ

546: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 20:29:36.30 ID:0mUq58Qao
【伝説の木(出張版)】


提督「わぁ…おっきな木ですね…」

鳳翔「はい…この学園に昔からあるそうですよ」ニコ

提督「へぇ…なんか御利益ありそうな感じですね」

鳳翔「え、えぇ…まぁ//」

鳳翔(…恋の成就。でもそんなこと恥ずかしくて言えるわけないじゃないですか…///)カァー


鳳翔「…//」

提督「え、えと…」

提督・鳳翔「あ、あの!」

提督・鳳翔「あ…」

提督「ほ、鳳翔先生からどうぞ?」

鳳翔「い、いえ…提督くんからお先に…」

提督「…え、えっと//」

鳳翔「…//」ウツムキ


↓2 どっちから先に話すっぽい?(※会話内容明記可)

551: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 20:42:14.28 ID:0mUq58Qao
提督「ほ、本日はお日柄もよく…」

鳳翔「…え?」キョトン

提督「あっ、いやその違くて…!」ワタワタ

鳳翔「…ふふっ」クスッ

鳳翔「提督くん、ほら焦らないでください」ナデナデ

提督「わわっ…」

鳳翔「私はずっと待ってますから…♪」ニコ

提督「…はい」

提督「…すー…はー…」

鳳翔「落ち着きましたか?」

提督「…はい!ありがとうございます鳳翔先生」

鳳翔「ふふ…私も提督くんのおかげで大分落ち着けましたから。ありがとうございます」ニコ

提督「あはは…それはなによりです」ニコ


提督「えっと…鳳翔先生」

鳳翔「はい」

提督「↓3」

560: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 20:58:56.71 ID:0mUq58Qao
提督「今日は晴天ですから、月が綺麗になりそうですね」

鳳翔「え…?」

鳳翔「…?」

鳳翔「…」

鳳翔「………!」

鳳翔「~~~~///」ボンッ


鳳翔「え、えっと…そ、その…//」

鳳翔「……//」チラッ

提督「…//」

鳳翔「…私」

鳳翔「…↓2」

574: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 21:10:00.63 ID:0mUq58Qao
こういう場合実際に安価取ったのは>>562なので連取にはならないのです


鳳翔「…私、死んでもいいわ」

提督「あ…」

鳳翔「…提督くん」ニコ

提督「…鳳翔先生」ダキッ

鳳翔「あ…//」

提督「…すいません。でも我慢できなくて…」

鳳翔「構いませんよ…提督くんになら…何をされても…//」

提督「ちょ、ちょっと鳳翔先生それは…//」

鳳翔「ふふ…冗談ですよ…//」

鳳翔「あの…今だけは…」

鳳翔「鳳翔と…呼んでください…」

提督「……鳳翔……………さん」

鳳翔「…もう」

提督「せ、せめてこれで許してください…//」

鳳翔「ではそのうち…ですね」ギューッ

提督「…鳳翔さん」ジッ

鳳翔「…提督くん」ジッ


↓2 どうするなにする

580: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 21:14:44.56 ID:0mUq58Qao
番組の途中ですが唐突なコンマ判定

直下コンマ判定

49以下 鳳翔先生がお持ち帰り
50以上 提督くんがお持ち帰り

586: ◆apsVMiZGaU 2014/02/16(日) 21:28:17.25 ID:0mUq58Qao
鳳翔「…提督くん」ギューッ

提督「鳳翔さん?」

鳳翔「あの…この後のお時間大丈夫ですか?」

提督「え?まぁ…大丈夫ですが…」

鳳翔「…では、その…//」モジモジ

提督「?」

鳳翔「…このあと、私の家に来ていただけませんか?///」ボソボソ

提督「…え、えぇ!?///」

提督「で、でもそれは…//」

鳳翔「…嫌とは、言わせませんよ…//」ギューッ

提督「ほ、鳳翔さん…//」

鳳翔「ふふ…大人の…女性としての魅力を…教えて差し上げますよ…///」

提督「あ、あの…恥ずかしいなら無理して言わなくても…//」

鳳翔「も、もう決めました!ほら行きますよ!//」グイッ

提督「あっ、ほ、鳳翔さん!俺まだ心の準備が…!//」

鳳翔「…ふふっ」クスッ

鳳翔「本当に伝説の御利益が…ありましたね」ニコ

提督「え?御利益って…」

鳳翔「まだ内緒です♪」







鳳翔「―――提督くん」

鳳翔「――――いつか…私の夢、叶えさせてくださいね♪」


【鳳翔 HAPPY END】

678: ◆apsVMiZGaU 2014/03/02(日) 20:53:11.50 ID:h0+M6dVzo
では久しぶりに再開しまーす


【千歳アナザー】


――ちとせおねーちゃん!

大きくなったらね…ちとせおねーちゃんと一緒に―――





提督「ん…」パチッ

提督「ふわ…朝か」ムクッ

提督「…昔の夢か」

提督「まぁ千歳さんと付き合うことになれたし…そういえば昔あんな約束を…」

提督「って…ん?」

千歳「…すぅ」zZZ

提督「…」

提督「え?何で千歳さん俺の部屋に居るの?って言うか何で枕元に…」

提督(…布団の中に潜り込んでなかっただけましか)

提督「おーい…千歳さーん」ツンツン

千歳「ん…むにゃ…」zZZ

提督「…どうしよ」


↓2 どうするなにする

682: ◆apsVMiZGaU 2014/03/02(日) 21:03:29.51 ID:h0+M6dVzo
提督「…そーっと」スッ

千歳「すぅ…」zZZ

提督「…んっ」チュッ

千歳「…ん」チュー

提督「…ふぅ」スッ

千歳「…んん?」パチッ

提督「おはようございます千歳さん」ニコ

千歳「うん…おはよう提督」ゴシゴシ

千歳「…」

千歳「…ってあれ!?わ、私寝ちゃってた!?」アタフタ

提督「そりゃもうぐっすりと。起きて隣に千歳さんがいた時はびっくりしましたけど」

千歳「もう…折角イタズラしてから起こそうかと思ったのに…」

千歳「…ねぇ提督。もしかして寝てる間に私に何かした…?」

提督「え?」ギクッ

千歳「…」ジー

提督「…↓2」

685: ◆apsVMiZGaU 2014/03/02(日) 21:22:18.00 ID:h0+M6dVzo
提督「キスしただけです」シレッ

千歳「う…やっぱり…//」カァ

提督「も、もしかして気付いてました…?」

千歳「そ、その…//」

千歳「なんていうか…凄い幸せな気分になれて目が覚めたというか…//」カァー

提督「…」

千歳「…//」

提督「…千歳さん相変わらず可愛いですね」ギュッ

千歳「あっ!?こら…!もう…//」ギュッ

提督「…千歳さん」

千歳「提督…」


コンコン


提督「うわっ!?」ビクッ

千歳「ひゃっ!?」ビクッ

菊月『兄さん起きているか?千歳さんも一緒か?』

提督「あ、あぁ。千歳さんもいるよ」

菊月『そうか。私が上げただけだから気にするな。私は今日は日直だから先に行ってる』

提督「了解、気をつけてな」

千歳「いってらっしゃい菊月ちゃん」

菊月『行ってきます』


スタスタ...


提督「…びっくりした」ハァ

千歳「あ、あはは…それじゃ提督は学校に行く準備しましょうか。私は先に下に降りてるから」

提督「はい、分かりました」

千歳「と、その前に…」

提督「え?」

千歳「ん…」チュー

提督「…ん」チュ-

千歳「ふぅ…やっぱり起きてるときにやるのが一番よね…//」

提督「…///」カァ

千歳「そ、それじゃ先に降りてるわね。時間はあるから急がなくてもいいから!」ガチャ


提督「…確かに幸せな気分で目が覚めるわ…//」


↓2 自由安価

689: ◆apsVMiZGaU 2014/03/02(日) 21:43:55.64 ID:h0+M6dVzo
提督「…よし、着替え完了っと」

提督「さてと…千歳さんが待ってるし降りるか」トコトコ









提督「すいません、お待たせしました」

千歳「全然待ってないから大丈夫よ。むしろ着替え早いわね?」

提督「そりゃ女性に比べれば…それに制服に着替えるだけですし」

千歳「ふふっ…それもそうね」クスッ

千歳「今日は私がご飯作って見たんだけど…」

提督「マジですか!?」

千歳「えっと…お口に合えば良いんだけど…」

提督「千歳さんのご飯なら喜んで食べますよ」ニコ

千歳「あ、ありがとう…//」カァ

千歳「それじゃ用意するからちょっと待っててね」パタパタ

提督「…千歳さんのご飯、楽しみっぽいー♪」ウキウキ



直下コンマ判定 千歳の料理力

695: ◆apsVMiZGaU 2014/03/02(日) 21:57:23.48 ID:h0+M6dVzo
千歳「ごめんね。お待たせ」コトッ

提督「…」

提督(…目玉焼きの変色。これ前に誰かが作ったような気が…)ダラダラ

千歳「そ、その…料理はあんまりしたことなくて…提督よりできないけど…」

千歳「…それどころかこんなもの作っちゃって…」シュン

提督「…」

提督「い、頂きます!」パクッ

千歳「あ、ちょ、ちょっと…」

提督「…」モグモグ

千歳「て、提督…!そ、そんな無理に食べなくても…!」

提督「…折角千歳さんが作ってくれたものを食べないなんてできません」モグモグ

千歳「…本当に昔から頑固なところは変わらないのね」

提督「良くいわれますけど…あんまり自覚ないんですよねぇ」

提督「……でもやっぱり料理はちゃんと練習しましようか」

千歳「…ごめんなさい」

提督「いいですよ、今度一緒に練習しましょうね」ナデナデ

千歳「わ…えへ//」

千歳「うん、約束よ」ニコ

提督「はい、もちろんです」ニコ







提督「そういえば千歳さん。俺は学園ですけど千歳さんの今日のご予定は…?」

千歳「↓2」

698: ◆apsVMiZGaU 2014/03/02(日) 22:14:27.51 ID:h0+M6dVzo
千歳「2限目から大学ね」

提督「ありゃ…てことは一緒に登校は…」

千歳「できるわよ?別に朝から行ってもあっちで時間潰してればいいだけだし」キョトン

提督「え?でも用事ないのに朝から学校は…」

千歳「確かにちょっと暇だけど…でも提督と一緒に学校行きたいもの」ギュッ

提督「…分かりました。それじゃ片づけて一緒に行きましょうか」

千歳「えぇ、そうね」ニコッ











提督「行ってきまーす」ガチャ

千歳「うん、行きましょう♪」ルンルン

提督「千歳さん、上機嫌ですね」

千歳「む…提督は一緒に登校で来て嬉しくないの…?」ジトー

提督「そんなことないですよ」

提督「それに朝まで起こしてもらって…むしろ俺の方が貰いすぎて嬉しいくらいです」ニコ

千歳「ふふっ…それならよかった♪」

千歳「それじゃ遅刻する前にそろそろ行きましょうか?」

提督「はーい」


↓2 登校中イベント

701: ◆apsVMiZGaU 2014/03/02(日) 22:47:19.39 ID:h0+M6dVzo
提督「…あれ?」トコトコ

千歳「どうしたの提督?」

提督「あ、えっと…その」


千代田「あ!千歳お姉!それに…!」

千歳「あら千代田。こんなところで会うなんて凄い偶然ね」

千代田「う、うん…ってそうじゃなくて!また提督のところに行ってたの!?」

千歳「そうよ?」

千代田「うー…」ジトー

龍驤「ちょ…ちよ姉速いって…!」タタタ

提督「あ、龍驤も」

龍驤「ん、提督に千歳お姉…あぁ、そういうこと…相変わらず仲のいいことで…」ハァ

千代田「…むぅー!」プクー

千歳「こら千代田、むくれないの。提督のことは千代田だって認めたでしょ?」ナデナデ

千代田「…うー」シュン

提督(未だに千歳さん奪ったと思われて若干恨まれて(?)マス…)

提督(俺としては仲良くしたいんだが…。そう簡単に行かないのが現状でして)ハァ

龍驤「何や苦労してそうやな提督」

提督「あぁ、まぁ…というか龍驤は意外とすんなり受け入れてくれたよな?」

龍驤「まー…提督が兄になるかと思うと若干嫌やけど…」

提督「ひどい」

龍驤「千歳お姉があれだけ幸せそうなんや。邪魔するのは野暮やろ」

提督「龍驤…」

龍驤「それに、この呪い。一生かけて治し方探してくれるらしいしな?」ニッコリ

提督「…はい」


千歳「ほら千代田いい加減離れなさい」ナデナデ

千代田「やー…」ギュー


龍驤「…で、どうするんあの二人?」

提督「…どうしましょう」



↓2 どうなるどうする

718: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 20:25:04.28 ID:Cx0uPzuAo
お待たせしました再開します



千歳「はい、もうおしまい」パッ

千代田「うー…千歳お姉…もう少しだけー!」

龍驤「ちよ姉ー千歳お姉困らせたらあかんでー」

千代田「うぅ…でも我慢できないー!」バッ

千歳「ちょ…!」

提督「千歳さん!」グイッ

千歳「わわっ!?て、提督!?」

提督「すいません千歳さん!これ以上俺も嫉妬が我慢できません!」ダッ

千歳「ちょ、ちょっと…///」カァ

千代田「あっ!?待て提督ー!千歳お姉を離せー!」ダッ

提督「誰が待つものか!千歳さんは俺のもんだ!」

千代田「みとめなーい!」ウガー

龍驤「やれやれ…」ハァ


龍驤「…ま。千歳お姉も提督もあれだけ仲良いなら安心や」トコトコ

龍驤「ウチはてきとーにそばで見守っていくとしますか」




提督「千歳さん」

千歳「え?なに?」

提督「今日は千歳さんの分のお昼も作ったんで一緒に食べましょうね」ニコ

千歳「…そのあとに膝枕も?」

提督「もちろん」

千歳「ふふっ…//お昼、楽しみにしてるわね//」ニコ

提督「はい!」




【千歳アナザーEND】

724: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 20:46:18.45 ID:Cx0uPzuAo
【7月休日】


【提督家】

提督「ん?」カサッ

提督「花火大会…?ほう、こんなものが…」

菊月「…」ヒョコ

提督「おわっ!?びっくした…菊月か」

菊月「…今更知ったのか?」

提督「え?」

菊月「いや…今日は文月と弥生とそれに行くからということを伝えておこうかと思ったんだが…」

提督「…」

菊月「…兄さん、まさか友達いな…」

提督「いやいやいや!居るから!たまたまそういう話なかっただけだから!」

菊月「…まぁどうでもいいことか。とりあえず私はもう出かける。ではな」トコトコ


パタン


提督「…もしかして俺って、時代遅れっぽいー…?」ズーン

提督「しかし花火か…たまには見てみたいかも」

提督「しかし一人で行くのはなぁ…」

提督「…どうしようか」


選択肢安価
1.誰か誘う(現在登場艦娘指定)
2.ぼっち

↓2

729: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 20:58:02.42 ID:Cx0uPzuAo
提督「…」

提督「ダメもとで瑞鳳さんに…」

提督「って俺連絡先しらねぇ!?」ガーン

提督「くそうくそう…いいもん…ぼっちだもん…」トボトボ




提督「戸締りおっけー…いってきまー――――」

瑞鳳「あれ?提督さん?」

提督「…え?あれ?瑞鳳さん?」

瑞鳳「こんにちは提督さん…ってここ提督さんのお家だったんですか?」

提督「うん、そう。昔親が建ててそのままだったからね」

瑞鳳「へー…結構通ってるんですけど初めて知りました…」

提督「そういえば今日はどこかに出かける予定?」

瑞鳳「えぇ、今日の花火大会に行ってみようかと思いまして…一人ですけどね」アハハ

提督(…これはチャンスっぽい!?)

提督「瑞鳳さん」

瑞鳳「はい?」

提督「↓2」

736: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 21:07:37.78 ID:Cx0uPzuAo
提督「俺とトゥギャザーしようぜ!」

瑞鳳「…」

提督「…」

瑞鳳「…じゃ、私はこれで」ソソクサ

提督「ちょっと待ってください!俺も一緒に行かせてください!」

瑞鳳「嘘ですよ」クスッ

提督「割と本気で引かれたのかと思ったよ…」

瑞鳳「もう…それなら最初から普通に誘ってくださいよ…」

提督「すいません…」シュン

瑞鳳「でもこれで私も提督さんも一人じゃないですから楽しめそうです」ニコ

提督「俺もだよ。それに瑞鳳さんと一緒なら嬉しいし」ニコ

瑞鳳「もうそんなこと言って…女の子には皆そんなふうに言ってるんじゃないんですか?」

提督「そんなことは…というか本心だし…」

瑞鳳「…」

提督「…」

瑞鳳「も、もう!馬鹿言ってないで早く行きましょう!//」スタスタ

提督「ま、待ってー!」トコトコ


↓2 自由安価

739: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 21:19:15.62 ID:Cx0uPzuAo
提督「はえ~…すっごい人…」

瑞鳳「本当に多いですね…ちょっとびっくりです」

提督「というか良い感じのところはもう埋まってそうだね…まだ夕方にもなってないのに…」

瑞鳳「はい…」

瑞鳳「で、でも遠くからでも見えますし、大丈夫ですよ」ニコ

提督「…ま、それもそうだね」

提督「それじゃ何処か落ち着けるとこに…」キョロキョロ

ドンッ

瑞鳳「きゃっ…す、すいません」

提督「瑞鳳さん大丈夫?」

瑞鳳「はい…でもこの人の多さだと…」

提督「…」

提督「…てい」ギュッ

瑞鳳「!? て、提督さん何を…!?//」カァ

提督「ちょっと人ごみから離れようか。はぐれないようにしっかり握っててね」

瑞鳳「あ…」

瑞鳳「…はい♪」ギュ


瑞鳳(…とっても大きい手)

瑞鳳(提督さん暖かいなぁ…)ジー

提督「? 瑞鳳さんどうかした?」

瑞鳳「はぇ!?// い、いや何でもないですよ!?あはは…」

提督「ならいいけど…体調悪かったりしたらすぐ言ってね」

瑞鳳「は、はい」

提督「…っと」トコトコ

瑞鳳「…」トコトコ



↓2 どうなるどうする

743: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 21:34:49.69 ID:Cx0uPzuAo
提督「…ん?」

瑞鳳「ど、どうかしました?」

提督「いや…この道見覚えが…」

提督「…あ!」

提督「思い出した!瑞鳳さんこっちこっち!」

瑞鳳「え…?提督さんそっち誰もいませんよ…?」

瑞鳳(ま、まさか…)

瑞鳳(…て、提督さんに限ってそんなはず…!でも菊月ちゃんが最初に行ってたことが本当なら…!)

瑞鳳「あ、あうあう…」オロオロ

瑞鳳(ど、どどどどうしよう…!このままじゃ…!)





提督「着いたっぽい!」

瑞鳳「あ、あの…ここ神社…ですよね?」

提督「うん、ちょっとした知り合いの人がいてね。色々なとこ行ってるみたいであんまりここに居ないけど…」

提督「ちょっとこっちの裏に来てもらえれば…」

瑞鳳「…わぁ!」

提督「途中で思い出したんだ。昔お世話になってた時にこの見晴らしのいいところでよく花火見てたなーって」

瑞鳳「花火上がってなくてもいい景色ですねー…」

提督「少し高台だからね。急にごめんね、歩き疲れたりしなかった?」

瑞鳳「は、はい。大丈夫です」

提督「ちょっと座るところがないのがあれだけど…何か探してくるね。あとジュース買ってくるから」タタタ

瑞鳳「あ、提督さ…」

瑞鳳「…行っちゃった」

瑞鳳(…凄く)

瑞鳳(凄く気を利かせてくれたのに私ったらなんて失礼な考えを―――!)ズーン

瑞鳳「…はぁ」ドヨーン

瑞鳳「…でも風も気持ちいし、本当いいところねー…」

瑞鳳「…提督さんに後でお礼言わなきゃ」クス


↓2 自由安価

747: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 21:49:34.67 ID:Cx0uPzuAo
提督「ごめんお待たせ。神社の中に良い感じのビニールシートあったよ」

瑞鳳「おかえりなさい提督さん。というか勝手に入っていいんですか…」ジトー

提督「大丈夫大丈夫、さっきちゃんと主の人に電話して許可貰ったから」

瑞鳳「そ、そうですか…」

提督「はいお茶」スッ

瑞鳳「すいません何から何まで…」

提督「気にしなくていいって、こうして瑞鳳さんと一緒に花火見れるだけでかなり役得だし」アハハ

瑞鳳「も、もう…//」カァ







提督「―――――それで色々…」

瑞鳳「ふふっ…あ…」

提督「お…花火上がり始めたね」

瑞鳳「…綺麗」

提督「やっぱり夏と言えば花火だよねー。それに夏祭りの音楽もちょっと聞こえるくらいが何か風情感じる」

瑞鳳「…」

瑞鳳「…」コテッ

提督「瑞鳳さん?」

瑞鳳「…少しだけ、このままでもいいですか…?」

提督「…うん」

瑞鳳「…提督さん、今日はありがとうございます。こんな素敵な場所に連れて来てもらって…」

提督「たまたま思い出しただけだから…でもまぁ気に入ってもらえてよかったよ」ニコ

瑞鳳「…はい、とっても気に入っちゃいました」ニコ


↓2 どうなるどうする


753: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 22:05:04.05 ID:Cx0uPzuAo
コツッ

提督「おうっ?」

瑞鳳「わっ?」

提督「なんだ…?射的の弾…?」


瑞鶴「翔鶴姉ー…いくらなんでも的どころか裏の方に飛ばしちゃダメだってー…」

翔鶴「ごめんなさい…」シュン

瑞鶴「ってあれ…?先客?」

翔鶴「あら…?」

提督「あ、もしかしてさっきの弾って…」

翔鶴「あ、そうです!す、すいません…もしかして当たったりしちゃいました…?」オロオロ

提督「大丈夫ですよ。ひょろひょろ飛んできただけ何で怪我もしてないですから」スッ

翔鶴「よかった…本当にすいませんでした」ペコリ

瑞鶴「本当ごめんね…デートの邪魔しちゃって…」

瑞鳳「へっ!?//」

翔鶴「本当にすいませんでした…それじゃ私たちはこれで…。お二人の仲をお邪魔してすみませんでした」ペコリ


<ショウカクネエーコンドハアッチヤロー

<モウズイカクッタラ...


提督「…もしかして」

瑞鳳「か、カップルに…見られちゃったんでしょうか…」

提督「…たぶん」

瑞鳳「…///」カァー

瑞鳳(ど、どうしよう…か、顔が熱くなって…!//)


直下コンマ判定
コンマ数字分だけ瑞鳳の好感度上昇 現在171

756: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 22:17:18.05 ID:Cx0uPzuAo
瑞鳳の好感度が200を超えたので【フラグ】が成立しました。安価次第で【個別√】入り可能です


瑞鳳「…//」カァー

瑞鳳(ど、どうしよう…まともに提督さんの顔がみれない…!//)

提督「瑞鳳さん?」ヒョコ

瑞鳳「ひゃ、ひゃい!」ビクッ

提督「だ、大丈夫?さっきの人ごみでちょっと体調悪くなったりした?」ジッ

瑞鳳「い、いえ!そんなことは…!」ハッ

瑞鳳「あ、あぅ…//」プイッ

提督「!?」ガーン

瑞鳳(い、今にして思えば提督さんにもたれかかっちゃって…何て恥ずかしいことしちゃってるのよ私ったら…!//)

提督「え、えっとまた俺なんかやっちゃった…!?」オロオロ

瑞鳳「え!?そ、そんな…提督さんは何もしてないですよ…?」

提督「で、でも何か今あからさまに避けられたような…」

瑞鳳「そ、それは…//」

瑞鳳(あ、あう…意識したら余計に提督さんの顔が直視できない…//)

提督(うぅ…目も合わせてくれないっぽい…)ズーン

瑞鳳(こ、このまま誤解生んじゃダメ!)

瑞鳳(そ、そう!↓2すれば…!)

762: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 22:39:09.16 ID:Cx0uPzuAo
瑞鳳(こ、こうなったら…!)

瑞鳳「…」ポフッ

提督「わっ!?ず、瑞鳳さん?」

瑞鳳「…」ギュッ

提督「ど、どうしたの瑞鳳さん?」

瑞鳳「…え、えっと」

瑞鳳(ど、どうしよう…ここまでやっておいて何も考えてない…!)

瑞鳳(でも…これ、なんだろう…凄く安心する…)ポワポワ

提督「…」

提督(ど、どうすればいいんだこれは…こ、こうなったら…)

提督「…」ポンポン

瑞鳳「え…?あ…わわ…」

提督「え、えと…落ち着いた…かな?」

瑞鳳「…はい♪ありがとうございます提督さん」ニコ

提督「い、言っておくけどセクハラとかじゃ…」

瑞鳳「ふふ…もちろん分かってますよ♪」クスッ

提督(良かったぁ…それに落ち着いてくれたみたいだし…)ホッ


瑞鳳「あ、もうすぐ終わりですね…大きいのが上がってきましたよ」

提督「お、本当だ」

瑞鳳「…提督さん。ひとつだけ、お願いしても…いいですか?」

提督「うん?なに?」

瑞鳳「これからは…そのさん付けはやめて頂いてもいいですか?なんか他人行儀っぽくて…その…」

提督「…うん、分かった。その…瑞鳳」

瑞鳳「…」キュン

瑞鳳「も、もう一回だけ…」

提督「え?ず、瑞鳳…?」

瑞鳳「…えへ//」ニマニマ

瑞鳳「こ、今度からさん付けしたら怒りますからね!」

提督「は、はい!」


瑞鳳「…えへへ。今日はとっても良い日になっちゃった…♪」ボソッ


【7月休日 終了】


妖精さんの好感度表 

選択肢安価
1.見る
2.必要ない

直下

766: ◆apsVMiZGaU 2014/03/03(月) 22:44:54.85 ID:Cx0uPzuAo
妖精「誰が影薄いだゴラァ!古鷹さんよりは薄くないし!」

妖精「ふーんだ…どうせ鯖落ちの所為で余計に薄くなりましたよーだ…」イジイジ

妖精「…はい、好感度表だよー」トンッ


鳳翔:古典教師(担任)              好感度:【攻略済み】
鈴谷:居酒屋の女将(クラスメイト)       好感度:【攻略済】
菊月:妹                      好感度:【攻略済】
瑞鳳:後輩                     好感度:22+83+66(223)【フラグ成立済】
龍驤:転校生(幼馴染&クラスメイト)      好感度:06+38+15+55(114)
古鷹:大学生(先輩)               好感度:57+45(102)

提督スペック
戦闘力 100
料理力 79
学力   100


妖精「今度はづほちゃんかな?可愛いもんね。仕方ないね」

妖精「次はいきなり8月編突入だよ!7月のやりたいこと終わっちゃったしね!」

妖精「まー次は無難に海だろうね…行くとしたらだけど」

妖精「それじゃ待ったねー!今度影薄いとか言ったら卯月でない呪い掛けるからね!」フリフリ

790: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 19:38:27.26 ID:FuHKmOZco
【8月1days】


ジリジリ

提督「…あつい」

提督「あついっぽいー!」ウガー

菊月「うるさい兄さん…大声を出すな…」

提督「菊月は暑くないのか…?ただでさえそんな長い髪してるわけだし…」

菊月「…それ以上言うな。余計に暑く感じるだろう…」

提督「…すまん」

菊月「悪いと思っているなら冷たいものでも用意してくれ…」グテー

提督「おっけー…麦茶で良いよな?」

菊月「あぁ…」










提督「うげぇ…外もかなり暑いな…」

菊月「ここから学園まで行かなくてはいけないのか…」

提督「しゃーない…ちょっと行儀悪いけど…ほら」スッ

菊月「…うちわ?」

提督「登校中なら目瞑ってくれるだろう…これで凌いでいこう」パタパタ

菊月「兄さんにしては悪くないアイディアだ…」パタパタ

提督「よし、行くかー」

菊月「あぁ」


↓2 登校中イベント

793: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 19:53:59.42 ID:FuHKmOZco
婆「おや、提督くんに菊月ちゃんじゃないかい」

提督「あ、お婆ちゃんおはようございます」

菊月「おはようございます…」

婆「まだ親御さんは帰ってきてないのかい?」

提督「えぇ、まだ色々忙しいみたいで…」

婆「でもまぁ提督くんと菊月ちゃんは昔からしっかりしてたからねぇ…見てて安心だよ」

提督「ははは…まだまだ子供ですけどね」

婆「その辺の若者に比べればしっかりしてるよ」ニコ

婆「今日は暑いし…ほれ、冷たいお茶でもどうぞ」スッ

提督「すみません…ありがたく頂きます」

菊月「ありがとうございます…」コクコク

婆「それじゃあ学校頑張ってねぇ」ニコ

提督「はい、お婆ちゃんも今日は暑いんで水分補給は忘れないでくださいね」

婆「ほほほ…ありがとうね。爺さんにも言っておくよ」トコトコ


提督「お婆ちゃんのおかげで生き返った…麦茶万歳」

提督「今度またお礼言いに行こうな菊月」

菊月「あとで一人で行くからいい」

提督「ひどい」











【教室】

提督「はぁー…この学校エアコン完備とか最高ですわー…」

提督「おはよーっす」ガラガラ


↓2 自由安価

797: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 20:05:03.62 ID:FuHKmOZco
提督「おわっ!?」ドンッ

龍驤「いたっ!」ドンッ

龍驤「あたたた…」

提督「す、すまん龍驤!大丈夫か!?」

龍驤「ってまた提督か…ホンマええかげんにせぇよ…」サスサス

提督「本当にすまん…その、怪我とかは…」

龍驤「あー大丈夫大丈夫、別に捻ってたりしてないで」

提督「そっか…よかった」ホッ

龍驤「まったく…そこまで心配するくらいなら最初からぶつからないように気をつければええやないか…」

提督「面目次第もありません…」

龍驤「とりあえずここで突っ立ってるのも邪魔やし教室戻るで」

提督「ん、そうだな…」













【昼休み】

提督「…あれ!?もう昼休み!?早っ!?」

提督「…まぁいいや、今日はどうしようかな…」


↓2 自由安価

802: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 20:23:22.15 ID:FuHKmOZco
提督「とりあえず今日は食堂行こうかなー。冷たいデザートとかあればなおさら嬉しい」ガタッ

提督「…食堂冷房ありそうだけど人が多いと意味なそうな気もするが…」

提督「ま、気にすることないか」トコトコ












【食堂】

提督「うん、やっぱり気にすることじゃなかったっぽい!」

提督「それにしても食堂で期間限定とはいえフロート売ってるとは…素晴らしいな」

提督「売り切れることはないだろう…たぶん」

提督「まずはご飯食べるとするかー」トコトコ

提督「お、席見っけー…すいません、ここ空いてますか?」

古鷹「はい、大丈夫です……ってあれ?」

提督「あれ…?古鷹さん?」

古鷹「て、提督くん!」ガタッ

提督「わっ!?ど、どうしたんですか古鷹さん!?」

古鷹「そ、その…この前は迷惑かけちゃったみたいで本当にごめんなさい!」ペコリ

古鷹「加古から色々聞いたんだけど…ちょっと記憶がなくて…」シュン

提督「そんな気にすることないですよ。加古さんにも言いましたけど困った時はお互い様ですし」

古鷹「うーん…でも…」

古鷹「…そうだ!それじゃあお詫びに↓2させてください!」

807: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 20:36:17.12 ID:FuHKmOZco
古鷹「え、えっと…」

古鷹「そう!せめてあのフロート奢らせて!」

提督「え?良いんですか?」

古鷹「もちろん。今日は暑いし冷たいものが美味しいと思うし…どうかな?」

提督「是非ともお願いします」キリッ

古鷹「ふふっそれじゃあ決まりね。ご飯食べ終わってからで大丈夫かな?」

提督「はい!大丈夫です!」

提督「って…お隣大丈夫ですか?加古さんとかは…?」キョロキョロ

古鷹「加古はちょっと別の用事でお昼の時間合わなかったの。だから提督くんが来てくれてちょうど良かった♪」

提督「それはなによりです…それじゃ失礼します」スッ

古鷹「あれ?提督くんお弁当なんだ?菊月ちゃんが作ってるの?」

提督「え?いえ自分で作ってます。菊月の分も」

古鷹「…提督くんもしかしてかなりハイスペック…?」

提督「ただ単に昔からやってたってだけですよ」アハハ

提督「古鷹さんはお弁当とかは…?」

古鷹「料理は少しやるんだけどお弁当は作るの面倒で…それにここの学食美味しいし…」アハハ

提督「確かにここの学食美味しいですもんね。たまに食べたくなります」

古鷹「ここのはいつ食べても飽きないものねー♪」モグモグ



↓2 お昼ごはん中イベント

812: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 20:58:12.78 ID:FuHKmOZco
提督「…」

古鷹「…」

提督「…あの、古鷹さん」

古鷹「…どうしたの提督くん?」

提督「…何か蒸し暑くないですか?」

古鷹「…そうね」

提督「…」チラッ

提督「…あのエアコン。動いてませんよ…」

古鷹「…」


<ザワザワ アツゥイ!


提督「この気温にこの人口密度…」

古鷹「…地獄ね」

提督「…嫌な予感がするので今のうちに出ましょうか」ガタッ

古鷹「え?」

提督「古鷹さん行きますよ!」グイッ

古鷹「え、えぇ!?ちょ、ちょっと!?」

提督「もう少ししたら間違いなく出口求めて人の波ができますよ!今のうちに逃げないと!」

古鷹「わ、わわわっ!ほ、本当!?」

提督「…後ろ見てみると良いですよ」

古鷹「…」チラッ


ドドドドドドド


提督「今止まったら間違いなくえらいことになりますー!」ダダダ

古鷹「で、でもどこ行くのー!?」

提督「どこか適当に涼しいところ探すしかないですー!」ダダダ



↓2 どこいくっぽい?(学園敷地内限定)

817: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 21:16:34.65 ID:FuHKmOZco
【体育館裏】


提督「ふぅー…やっと落ち着けますね…」

古鷹「もう…走って余計に暑くなっちゃったよ…」

提督「す、すいません…」

古鷹「でもあそこに居たらもっと大変なことになってたもんねー…」

古鷹「また提督くんに助けられちゃったね。ありがとう」ニコ

提督「いえ、どういたしまし…ブッ」サッ

古鷹「?」

提督(…汗の所為で古鷹さんの胸のあたりが透けて…///)カァ

古鷹「どうしたの提督くん?」ヒョコ

提督「い、いえ何でもないですよ!」サッ

古鷹「…むー」

古鷹「こらー!年上に対する敬意が足りてない!」グイッ

提督「ちょ、ちょっと古鷹さん落ち着いて…!」

古鷹「じゃあ何でこっち見てくれないのー!?」ムスー

提督「そ、それは…その…」

提督(ど、どうしよう…古鷹さん気付いてないのか…でも真正面から言ったら失礼すぎるし…!)

古鷹「…」ジトー

提督「…↓2」

823: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 21:31:38.86 ID:FuHKmOZco
提督「そ、そこにいる黒猫の目線が怖すぎて…」

古鷹「え?黒猫…?」

<ニャーン

古鷹「あ、本当だ…」スッ

古鷹「ふふっ…ほらおいで…」チョイチョイ

<ニャー

古鷹「わ…簡単によってきてくれた…♪」

古鷹「もう…こんなに可愛いのにどこが怖いの?提督くんもしかして動物苦手?」

提督「い、いや…別にそういうわけでは…」

<ニャー スリスリ

古鷹「あ、こら。もう…潜り込んできちゃ…」

古鷹「…」

古鷹「………………………」

古鷹「ひ、ひゃぁああああああ!?////」バッ

<ニャー シュタタタタ



古鷹「…//」ジトー

提督「…」ダラダラ

古鷹「もしかしてさっきから…//」

提督「…はい」

古鷹「こ、こっち見ちゃダメ!//」バッ

提督「す、すいません!//」サッ

古鷹「ぅー…//」カァ

古鷹「提督くんの●●●…//」

提督「ほ、本当すいません!でも真正面から言うのはさすがに…//」カァ

古鷹「…//」

提督「…//」



↓2 どうなるどうする

827: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 21:45:34.42 ID:FuHKmOZco
加古「あっつー…ちょーっとここいらで涼むかー…」トコトコ

提督「あ」

古鷹「え?」

加古「ん?」

加古「お?古鷹に提督じゃん?どうしたこんなとこ……で……」



提督←汗だく

古鷹←汗だく(服透けてるもよう)



加古「…」

加古「…あー…//」ポリポリ

加古「わ、わりぃ!邪魔したな!」ダッ

古鷹「ちょ、ちょっと加古!?絶対今変な勘違いしたでしょ!?」

加古「じゃ、じゃあな二人とも!続きをどうぞー!//」ダダダ



提督「…」

古鷹「…//」

提督「え、えっと…その…」

古鷹「…て、提督くんの所為だからね!//」

提督「うぇえ!?」

古鷹「ば、罰として今日のフロートはなしです!じゃ、じゃあね!」ダッ

提督「あっ!?ちょ、ちょっと古鷹さん!」

提督「ど、どうしよう…ちゃんと謝ってないのに…」

提督「…また今度改めて謝りに行こう…お詫びもしないと…」ドヨーン








古鷹「う、うぅ~…//」カァ

古鷹「み、みられちゃったよぅ…まだ男の人にこんな恥ずかしいところ見られたことないのに…//」カァ

古鷹「よ、よく考えれば依然提督くんに胸触られちゃったし…」

古鷹「ぁぅぅ…//」プシュー


直下コンマ判定
コンマ数字分だけ古鷹の好感度上昇 現在102

832: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 21:56:23.91 ID:FuHKmOZco
古鷹「う、うぅ…//」

古鷹「うわぁーん!//」ダダダッ

加古「え!?ちょ、お、おい古鷹!?どこ行くんだよ!?」

古鷹「提督くんと加古の馬鹿ー!//」ダダダ

加古「な、何で!?お、おいちょっと待てって古鷹!おーい!」ダッ










【放課後】

提督「…放課後っぽい!」

提督「結局食堂はあの後修理することになり未だに工事中…でも明日には治るっていうんだからこの学園すげーわ…」

提督「さてと…今日はどうしようかな」


↓2 自由安価

839: ◆apsVMiZGaU 2014/03/04(火) 22:11:48.46 ID:FuHKmOZco
提督「まーとりあえず今日は帰るとするかー」ガタッ

鈴谷「お?提督もう帰り?」

提督「まぁね。鈴谷はまだ帰らなくて大丈夫なのか?」

鈴谷「もうちょっとしたら私も帰るよ。家の手伝いもあるしね」

提督「あーそっか…暑いと思うけど頑張れよ」

鈴谷「うん、ありがと。たまにはウチに顔出してよねー」

提督「あはは、まぁ気が向いたらな。じゃあまた明日な」

鈴谷「ほーい、んじゃねー」フリフリ











提督「昼に比べたら少しは涼しくなったか…でも暑い…」ジリジリ

提督「…ん?」

瑞鳳「…」ソワソワ

提督「あれ?瑞鳳?どうしたんだろうあんなとこで」

提督「おーい瑞鳳ー?」フリフリ

瑞鳳「!」

瑞鳳「て、提督さん!え、えっと…き、奇遇ですね!」ニコッ

提督「え?あ、うん…誰か待ってたの?校門の前に居たみたいだけど」

瑞鳳「え!?い、いやそんなことないですよ?やだなぁ暑いのにそんなことするわけないじゃないですかー」アハハ

提督「?」

瑞鳳「そ、それよりこんなところで会ったのも何かの縁ですし一緒に帰りませんか?」

提督「うん?俺は構わないけど」

瑞鳳「ほ、本当ですか!?」パァアアア

提督「俺の家と方角一緒だったもんね。じゃあ途中まで一緒に帰ろうか」ニコ

瑞鳳「は、はい!」

瑞鳳「…えへへ。やった…//」グッ



↓2 下校中イベント

866: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 20:14:29.76 ID:PFYIntFxo
瑞鳳「~♪」トコトコ

瑞鳳(えへへ…提督さんと一緒に帰れるなんて…♪)

瑞鳳(さすがにちょっと暑かったけど…待ってた甲斐があったなぁ♪)

提督「どうしたの瑞鳳?なんか嬉しそうだけど?」

瑞鳳「へっ?!え、えっと…ちょっと良いことがありまして…//」

提督「ふぅん?ちなみに良いことって?」

瑞鳳「えと…ひ、秘密です!」

提督「えー教えてくれてもいいじゃーん」ブーブー

瑞鳳「ダメです。女の子には秘密が多いんですから」クスッ

提督「むぅ」

提督「ところで瑞鳳、この後時間あるかな?」

瑞鳳「え?はい…大丈夫ですけど…?」キョトン

提督「この前ちょっと気になるお店見つけたんだけど良かったら一緒に行かない?」

瑞鳳「…え?」

瑞鳳「い、いきます!是非ご一緒させてください!」ズイッ

提督「お、おっけー。ちょ、ちょっと落ち着いて…」

瑞鳳「あ…す、すいません…//」カァ

提督「気にしてないから大丈夫だよ。それじゃ行こうか」ニコ

瑞鳳「は、はい!」


瑞鳳(こ、これって放課後デートって奴だよね…// そ、それに提督さんから誘ってもらえるなんて…//)カァ

瑞鳳(今日は本当に提督さん待っててよかったー♪)ニコニコ











【ラ・ノッカ サブマリン 潜水艦桟橋前店】

瑞鳳(す、すっごいおしゃれな雰囲気のお店…海も見えるし…)キョロキョロ

提督「空いてて良かったね」

瑞鳳「は、はい」


「いらっしゃいませー」


↓2 店長(艦娘名指定 サブ枠)

870: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 20:23:40.74 ID:PFYIntFxo
401「いらっしゃいませ!2名様ですか?」

提督「はい」

401「かしこまりました!ではそちらの席にどうぞ!」ニコ






瑞鳳「…提督さん、さっきの人の格好…」

提督「…突っ込んだら負けだ」

瑞鳳「…」ジトー

提督「ど、どうしたの瑞鳳?」

瑞鳳「まさかさっきの人の格好が目当てで来たんじゃ…」

提督「違う違う!普通に良さそうなお店だと思って来ただけだから!」アタフタ

瑞鳳「ふーん…良さそうなお店って…どういう意味なんでしょうねー…」ジトー

提督「だ、第一そういう目当てだったら瑞鳳連れてこないでしょ!」

瑞鳳「う…そ、それもそうですね…」

提督「わ、分かってくれたかな?」

瑞鳳「…でもさっきの人のことジロジロみてましたよね…」

提督「…き、気の所為だよ」

瑞鳳「…」ジー

提督「…」

提督(か、完全に疑われてる…)ダラダラ

提督(こ、ここは↓2しよう!)

875: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 20:42:08.49 ID:PFYIntFxo
提督「そ、それよりほら!早く注文しよう!」アセアセ

瑞鳳「…」ムスー

提督「す、すいませーん!」

401「はーい!」パタパタ

提督「ず、瑞鳳は何にする?」

瑞鳳「まだ決まってないので後にしまーす…」ムスー

提督(どうしよう完全に拗ねちゃってるよぅ…)

提督「え、えと…店長さんのお勧めってなんでしょうか?」

401「お勧めですかー…そうですねー…」ウーン

401「!」ピコーン

401「えっとですね…♪」ゴニョゴニョ

提督「え、えぇ!?で、でも…」

401「ふふっ…どうします?♪」ニコニコ

提督「そ、それじゃ…それお願いします…」

401「はーい!それじゃちょっとお待ちくださーい!」パタパタ


瑞鳳(早速店長さんと仲良くしちゃって…)ムスー

瑞鳳(…折角提督さんとデートだと思ったのに)ショボン

401「お待たせしましたー!」トンッ

瑞鳳「ほら提督さん来ましたよ……って!えぇ!?」ビクッ

401「しおい特製のカップルジュースです!ではごゆっくりどうぞ!」ペコッ


瑞鳳「え、えっと提督さん!?こ、これって…その…//」カァ

提督「…店長さんのお勧めらしい…ほ、ほら…一緒に飲もう?」

瑞鳳「で、でも…//」

瑞鳳(こ、こんなの聞いてないよぅ…///)カァー

提督「ほら、そっち側から吸って」スッ

瑞鳳「う、うぅ…はい…//」スッ



瑞鳳「…」チュー

提督「…」チュー

瑞鳳(て、提督さんの顔が近い…し、心臓がうるさい…///)バクバク

提督(な、何でこんなことになってるんだ…//)

提督(…しかし改めて見ても瑞鳳かわいいよなぁ…小動物系って感じで)ジー

瑞鳳(な、何か見られてる…うぅ…恥ずかしい…// へ、変な顔になってたりしないかな…//)


↓2 どうなるどうする

878: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 21:08:39.99 ID:PFYIntFxo
提督「…ふぅ」スッ

瑞鳳「…//」ドキドキ

提督「な、何だかんだで全部飲めたね…//」

瑞鳳「は、はい…//」


401「あ、無事飲み終わったんですね!」ニコ

提督「え、えぇまぁ…//」

401「それでは追加で何かお召し上がりになりますか?」ニコ

提督「そ、それじゃあこのパフェを…」

瑞鳳「わ、私はこっちので…」

401「かしこまりました!少々お待ちください!」ニパー






瑞鳳「…//」パクパク

提督「…//」パクパク

瑞鳳(な、何かさっきのカップルジュースから会話がなくなっちゃった…)

瑞鳳(こ、このままじゃダメ!私からなにかアピールしていかないと…!)

瑞鳳「て、提督さん!」

提督「は、はい!」

瑞鳳「そ、その…えっと…」

瑞鳳「あ、あーん!」スッ

提督「!?」

瑞鳳(…って何で余計に恥ずかしいことしてるの私ったらー!//)

瑞鳳「あ、いやこれは、その…///」アタフタ

提督「…はむ」パクッ

瑞鳳「!?//」

提督「…うん、美味しいよ」ニコ

瑞鳳「あ、あの…はい…//」

提督「それじゃ俺からも…はい、どうぞ」スッ

瑞鳳「え、えぇっ!?」

瑞鳳「あ、あの…// い、頂きます…//」パクッ

提督「どう?」

瑞鳳「お、おいしい…です…//」

瑞鳳(…あ、味なんて分からなかったよぅ…//)

瑞鳳(……あれ?)

瑞鳳(……もしかしてこれって…間接…キス…?)

瑞鳳「~~~~~~~~/////」カァー

提督「だ、大丈夫瑞鳳?」

瑞鳳「ひゃ、ひゃぃ!大丈夫…です…///」プシュー


↓2 自由安価

882: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 21:27:33.69 ID:PFYIntFxo
提督(ど、どうしたんだろ瑞鳳…さっきから色々慌ててるみたいだけど…)

提督(今度は口元の辺り押さえてそわそわしてるし…)

提督(…ん?口元…?)

提督「…」

提督「………あ//」

提督「…////」カァー

提督(そ、そういうことか…全然気がついてなかった…//)

瑞鳳「…//」モジモジ

提督「…//」ソワソワ


提督(ど、どうしようこの空気…//)

瑞鳳(あ、あう…こ、このままじゃいけないのに…でも顔が赤くなってるの分かるからまともに提督さん見れないし…//)

提督「…」

瑞鳳「…」

提督・瑞鳳「「あ、あの…」」

提督・瑞鳳「「あ…」」

提督「ず、瑞鳳からどうぞ?」

瑞鳳「い、いえ…提督さんから…」

提督(…な、何してるんだ俺は…//)

瑞鳳(あぅ…//)

提督(こ、ここで瑞鳳を困らせたままにするのはまずい!)

提督「ず、瑞鳳」

瑞鳳「は、はい」

提督「↓2」

885: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 21:42:07.47 ID:PFYIntFxo
提督「そ、そろそろ出てちょっと涼みに行こうか?」

瑞鳳「は、はい…そうですね」

提督「すみません、お会計お願いします」

401「はーい、ありがとうございまーす」パタパタ

瑞鳳「あ、お金…」

提督「俺が出すから大丈夫だよ?誘ったのは俺だしね」

瑞鳳「で、でも…」

提督「後輩は先輩の言うこと素直に聞くの」ポンポン

瑞鳳「わ、わわ…//」カァ

提督「分かった?」ニコ

瑞鳳「…は、はい//」キュン

401(目の前で甘ったるいなぁもう…)










【近くの公園】

瑞鳳「わぁ…海が凄い近くに見えますね…」

提督「潮の香りもするし…いいところだね」

瑞鳳「それに夕焼けで海が綺麗です…」

提督「でもこんなところに公園があって遊具錆びたりしないのかな?」

瑞鳳「…折角いい景色に浸ってたのに台無しです…」

提督「…ごめんなさい」

瑞鳳「くすっ…でも提督さんらしいです」ニコ


↓2 どうなるどうする

890: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 21:58:22.18 ID:PFYIntFxo
瑞鳳「でも…」

瑞鳳「でも…そんなところも…好きです…」

提督「え?」

瑞鳳「え?」

瑞鳳「…」

提督「…」

瑞鳳「あ、あれ…?も、もしかして私いま…」

瑞鳳「く、口に…出しちゃって…ました…?」

提督「…」コクリ

瑞鳳「…」

瑞鳳「~~~~~////」ボンッ

瑞鳳「ひゃっぇ!?あ、あのあのあのそのえっとあぅ…こ、これは…///」バタバタ

提督「ず、瑞鳳ちょっと落ち着いて…!」

瑞鳳「ち、違うんです提督さん!あ、あぁ…そ、その、ち、違わないんですけど…えっと…!//」アタフタ

瑞鳳「こ、これはその…!」グルグル

瑞鳳「↓2!」

898: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 22:12:30.37 ID:PFYIntFxo
瑞鳳「いや、何て言うか!て、提督さんらしいっていうか!飾ってないっていうか…!」アタフタ

瑞鳳「そ、その格好良くて…頼りになる先輩で…!//」バタバタ

提督「ちょ…瑞鳳…//」

瑞鳳「そ、それにさっきも提督さんの笑顔にキュンと来ちゃったって言うか…!//」

瑞鳳「あ、頭ポンポンされるのもすっごいフワフワした気分になっちゃって…//」ジタバタ

瑞鳳「つ、つまりその…//」

提督「瑞鳳!」ダキッ

瑞鳳「…へ?」

瑞鳳「ちょ、ちょっと!?て、提督さん!?な、なななにして…!//」

提督「瑞鳳」ギュッ

瑞鳳「ひゃ、ひゃぃ…//」

提督「…」ナデナデ

瑞鳳「ぁ…」

提督「お、落ち着いた…?」

瑞鳳「お、落ち着けません…//」

提督「そうか、それじゃそのままちょっと話を聞いてくれ」

瑞鳳「お、落ちつけてないって言ったじゃないですか!?」

提督「瑞鳳。↓2」

905: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 22:24:29.14 ID:PFYIntFxo
提督「す…」

提督「すきだああああああああああああああ」ギューッ

瑞鳳「あ…」

提督「あっ…ご、ごめん…うるさかったよな…すまん、つい…」

瑞鳳「も、もう…///」カァー

提督「…でも、これが俺の気持ちだ」ジッ

瑞鳳「あ、あぅ…///」

提督「瑞鳳…」

瑞鳳「そ、そんなに見つめないでください…//」サッ

提督「…い、嫌だった…?」

瑞鳳「ち、違います!」キッ

瑞鳳「そ、その…恥ずかしい…から…//」

提督「…」ギュッ

瑞鳳「わ、わわわっ…て、提督さん…///その…あんまり抱き締められると…//」

提督「ごめん…でも瑞鳳が可愛すぎて…//」

瑞鳳「か、かわっ…//」

瑞鳳「て、提督さんのばか…//」ギュッ

提督「そ、その…返事聞かせてもらっても…いいかな…?」

瑞鳳「…さっきあそこまで私に言わせておいてそれ聞くんですか…?」ジトー

提督「ご、ごめん…でも俺意外と心配性でして…」

瑞鳳「もう…一回しか言いませんからね…」

瑞鳳「…↓2」

909: ◆apsVMiZGaU 2014/03/06(木) 22:40:31.74 ID:PFYIntFxo
瑞鳳「…一生、愛し続けます」ボソボソ

提督「…!」

瑞鳳「…もう!//」モゾモゾ

提督「あっ!?こら、潜り込むんじゃありません!」

瑞鳳「提督さんが離してくれないのが悪いんです!このままにさせてもらいます!」ギューッ スリスリ

提督「しょうがないなぁ…」ギュッ

瑞鳳「…えへへ//」

瑞鳳「そ、その…提督さん」

提督「ん?」

瑞鳳「えっと…わ、私のことは…その…いつから…?」

提督「…んーそういわれると何とも言えないなぁ…いつの間にか好きになっちゃってたし…」

提督「でも今思えばあの時屋上で会ったのも何か運命的だったのかもね」ニコ

瑞鳳「…//」

瑞鳳「は、恥ずかしいです…//」

提督「あぁもういちいち可愛いな瑞鳳は」ナデナデ

瑞鳳「か、可愛いって連呼しないでください!//」

提督「なんで?」

瑞鳳「ぅ…その…」

瑞鳳「提督さんにそう言われると…胸の奥がキュンってしちゃって…//」ギュッ

提督(…やっぱり可愛い)

瑞鳳「えへへ…でもやっぱり今日は提督さんのこと待ってて良かったです…♪」

提督「あ、やっぱり待ってたんだ」

瑞鳳「あ…」

瑞鳳「…///」プシュー

提督「…瑞鳳、やっぱり可愛いよ」ナデナデ

瑞鳳「だ、だから可愛いって…// も、もう提督さんなんて知りません!」ギューッ

提督「そう言いながら抱きつくのね」

瑞鳳「…だって」

瑞鳳「…だって、提督さんと離れたくないんですもん」ギュッ

提督「…俺もずっとこうしてたいよ」ナデナデ

瑞鳳「…♪」


提督「瑞鳳」

瑞鳳「は、はい?」

提督「大好きだぞ」ニコ

瑞鳳「ぁぅ…//」

瑞鳳「わ、私も…大好き…です!//」

936: ◆apsVMiZGaU 2014/03/08(土) 22:52:58.20 ID:vS0uOPTWo
【睦月家の一日】

睦月「おはよー…」ネムネム

望月「うぁ…部屋から出たくないー…」ネムネム

如月「もう姉さんったら…いつまでも部屋に籠ってパソコンしてるんじゃないの」ズルズル

皐月「全く望月まで一緒になって…」ズルズル

睦月・望月「「ぁーぅー…」」

卯月「睦月姉さん!望月!おはようぴょーん♪」

望月「ぁー…相変わらず卯月姉さん元気だねー…」

皐月「とはいってももう昼過ぎなんだけどね…」

長月「まったく…。三日月、そろそろ夕飯の支度に入るから手伝ってくれ」

三日月「はい、分かりました!」

如月「あ、私もやるわよ~♪」

三日月「すいません如月姉さん…」

如月「気にしなくていいのよ?お料理は好きだしね」ニコ

卯月「そろそろ文月も帰ってくる頃ぴょん」

皐月「そういえば今日はお友達と遊びに行くって言ってたね?今度見てみたいかも」

如月「…お友達…男の子かしらね?」クスッ

睦月「彼氏ktkr!」ガバッ

長月「そういう話になると途端に元気になるな…」

如月「はぁ…私にも早く王子様が来ないかしらね…」

睦月「如月はいつも高望みしすぎなんじゃないのー?」

如月「あら?そんなことないわよ~。今だっていつかできる人のために家事頑張ってるんだから」フンス

長月「…初めて聞いたぞ」

三日月「あ、あはは…でも如月姉さん確かに家事凄いできますしね…」

望月「動機はアレだけどね…」


文月「ただいまー!」ガチャ

文月「あれ?皆で集まってなになに?どうしたの~?」トテトテ

卯月「文月おかえりぴょん!特にこれと言った話じゃないぴょん!」ニパー

文月「む~…私だけ仲間はずれなんてずるい~」

皐月「こらー!文月!家の中で走るなー!」

望月「…だるい」グテー

長月「…馬鹿馬鹿しい。私は台所に行ってるぞ」トコトコ

三日月「あ、待ってください!私も行きますー!」トテトテ



如月は一途(意味深)だと思うのです
※弥生と菊月がいないのは呉分校の設定城の都合です。申し訳ない


次 ↓2

940: ◆apsVMiZGaU 2014/03/08(土) 23:20:09.41 ID:vS0uOPTWo
【大和】


【提督(本校)の部屋】

大和「…」カチャ


提督「…むにゃ」zZZ

大和「もう、提督ったらまた寝坊して…」

大和「…」ソロー

大和「…」ツンツン

提督「んん…」ゴロッ

大和「…かわいい」

大和「…!」ハッ

大和「や、やだもう…私ったら何して…//」

大和「…//」ジー

提督「…」スースー

大和「ちょ、ちょっとだけ…ちょっとだけなら…いいわよ…ね…//」スッ

大和「で、でも…こんな寝込みを襲うようなことして提督に嫌われたら…」サッ

大和「あ、あうぅ…」オロオロ

大和「……」ギュッ

大和「や、大和お姉ちゃん…推して参ります…!」スッ

提督「…んん?」パチッ

大和「!?」ビクッ

提督「…あれ?…大和姉さん?」ボケー

大和「て、提督!?ち、ちがうの…!?これはその…!//」アタフタ


提督「…ん」チュー

大和「ん、んん!?///」チュー


提督「ぷは…改めておはよう、大和姉さん」ムクリ

大和「…」

提督「…? 大和姉さん?」

大和「…はぅ//」プシュー

提督「ちょ!?大和姉さん!?大丈夫!?」

大和「えへへ…提督からのきす…///」ボケー

提督「…」

提督(…そっとしておこう)



大和お姉ちゃんのアフターはいつになるのか。それは安価のみぞ知る

次 ↓2

944: ◆apsVMiZGaU 2014/03/08(土) 23:40:41.86 ID:vS0uOPTWo
【千歳家の肩こり談義】


千歳「んー…」コキコキ

千代田「どうしたの千歳お姉?」

千歳「なんか最近また大きくなったみたいで…ちょっと肩凝って…」

千代田「千歳お姉も?私も少しだけ…」

千歳「千代田もなの?うーん…お互いつらいわねぇ…」

千歳「ってそういえば最近潮も…」

千歳「潮ー」


トテトテ


潮「は、はい?呼びましたかお千歳姉ちゃん?」ヒョコ

千歳「潮、貴女最近胸大きくなったりした?」

潮「ぅ…じ、実は少しだけ…」

千歳「潮もなの…」

千代田「潮は身体小さいから余計に大変そうねー…よし、お姉ちゃんが少しマッサージしてあげる!」ニコ

潮「い、いいんですか…?でも…?」

千代田「遠慮しないの!ほらほら」モミモミ

潮「あ…気持ちいいです…」ポワー

千代田「その代わり後でお姉ちゃんにもやってね?」ニコ

潮「はい!」ニパー

千歳(何だかんだで千代田もしっかりお姉ちゃんやれてるみたいでよかったわ…)クス

千歳(でもやっぱり肩凝りはどうにかならないかしらねー…)コキコキ


龍驤「…」

龍驤「………」モミモミ

龍驤「………」コキコキ

龍驤「…ふっ、肩凝ってないし。健康の証拠やし…(震え声)」

龍驤「…ふぇぇ」グスッ

龍驤「泣いてへん…泣いてないもん…」グスッ




お前ら龍驤虐めて楽しいか!もっとやれ!(いい加減龍驤虐めるのはやめてあげて!)
今更ですが潮は敷波の妹だったような………この子ネタの潮の立ち位置は平行世界線とういことで…


次 ↓2

947: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 00:04:43.39 ID:dIdzRJzoo
【大和とデート】

大和「ごめんね提督、お待たせ」パタパタ

提督「全然待ってないから大丈夫だよ。そんなに急がなくてもいいって」

大和「や!少しでも提督と一緒に楽しみたいもん!」ギュッ

提督「もう…仕方ないなぁ」

提督「それじゃ出かけようか。忘れ物とかない?」

大和「うん、私は大丈夫♪提督こそ忘れ物ないかしら?」クスッ

提督「だ、大丈夫…のはず」

大和「ふふっ…大丈夫よ。お姉ちゃんが一緒にいるからね♪」

提督「頼りにしてます…」








大和「~♪」ギュー

提督「大和姉さん機嫌いいね」

大和「それはもちろん♪提督とのデートだもん」ニパー

提督「初デートのときは手繋ぐのすら恥ずかしがってたのに…」

大和「も、もう!それは忘れてってば!//」カァ

提督「ごめんごめん。でもあの時の大和姉さんは新鮮で凄い可愛かったよ」

大和「む…今はあの時より微妙ってこと…?」ジトー

提督「そう言う意味じゃ…ごめん、言い方が悪かったね。大和姉さんはいつでも可愛いよ」ニコ

大和「えへへ…// 提督はいつでもカッコいいわよ…?//」

提督「あ、ありがと…//」

大和「ほら、それじゃ今日はもっとくっついて行くわよ♪」ギューッ

提督「ちょ…やめ…//」

大和「今日は提督の恥ずかしがってる顔見てあげるわよ~♪」ニコニコ

提督「ぐ…//」

大和「ふふ~…提督、だーい好き♪」チュッ



アフターのネタがなくなってまう!

次 ↓2

950: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 00:28:36.41 ID:dIdzRJzoo
【喫茶金剛 本店】

カランカラン

金剛「Oh!皆久しぶりネー!」

榛名「金剛お姉さま、お久しぶりです」ペコリ

比叡「お姉さまー!お久しぶりですー!」ダキッ

金剛「コラ比叡、いきなり抱きついちゃいけないデス!」

比叡「すみませーん…でも久しぶりなんですもん…」スリスリ

金剛「まったく…仕方のない妹デース♪」ナデナデ

霧島「お久しぶりですお姉さま」

金剛「Oh!霧島!久しぶりネ!」

霧島「それで…今日は喫茶店の経営会議と聞いたのですが…私も参加してよろしかったんでしょうか?」

金剛「もちろんネ!というよりも、実は折り入って霧島に頼みたいことがありましテ」

霧島「私に…ですか?」

金剛「Yes!実は今度また新しい支店を作ろうと思ってるんですガ…」

比叡「本当ですかお姉さま!」ガバッ

金剛「比叡と榛名のおかげでとても売り上げが好調ネ!二人には感謝してマス!」ナデナデ

比叡「えへへー♪」

榛名「榛名がお役に立てて良かったです…♪」

霧島「え、えっと…その支店についてのメニュー等の会議ですか?」

金剛「No、実は霧島にその新しいお店の店長を頼みたいネ」

霧島「…え、えぇ!?私がですか!?」

金剛「もちろん無理にとは言わないネ。でも霧島がやってくれるととても頼もしいデース」

霧島「…す、少し考えさせていただいてもいいでしょうか…?」

金剛「もちろんネ!いい返事期待してるデス!」ニコッ

霧島「すみません…即答できなくて…」

金剛「気にすることないデス。霧島はちょっと肩に力入りすぎネ。もうちょっと楽に行きましょ?」ナデナデ

霧島「あ……はい!」

比叡「では一段落しましたし私が何か作って――――」

榛名「金剛お姉さま!台所お借りしますね!榛名が何か作らせていただきます!」ダッ

金剛「ありがとうネ!とても楽しみにしてるネ!」ニパー

比叡「ひえー…」ショボーン



佐世保のフラグ?

次 ↓2

953: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 00:55:22.59 ID:dIdzRJzoo
【提督、鳳翔さんの実家へ】

ガタンゴトン...ガタンゴトン...


提督「…」ドキドキ

鳳翔「もう…提督くん、さっきからそわそわしすぎてですよ…?」クスッ

提督「そ、そんなこと言われても…いきなり鳳翔さんの実家だ何て…!」

鳳翔「あら?でも以前一緒に行くというお話をしたはずですが…?」

提督「せめて俺が社会人になってからじゃないんですか!?俺まだ高等部の生徒ですよ!?」

鳳翔「最近親の方からも早く恋人の顔を見せてと言われてましてね…♪」

提督「いくらなんでも自分の教え子ってどうなんですか!?せめてその関係なくなってからじゃないんですか!?」

鳳翔「私の親はそう言うところあまり気にしないから大丈夫ですよ」クス

鳳翔「……たぶん」ボソ

提督「…」

鳳翔「…」

提督「…分かりました。俺も腹をくくります」

鳳翔「ふふ…さすが提督くんですね♪」ニコ

提督「付き合い始めて初日からあんなことした手前…引くのは男じゃ…」ハッ

鳳翔「…////」カァ

提督「…す、すいません…つい…//」

鳳翔「も、もう!いきなりそう言う話をしてはいけませんよ!//」

提督「で、でもあれは鳳翔さんが…!//」カァ

鳳翔「う…// そ、それはそうなんですが…//」カァ


鳳翔「…//」

提督「…//」

鳳翔「…あ、つ、着きました。ここです…」

提督「は、はい…それじゃ降りましょうか…」

鳳翔「え、えぇ…」

提督「…」

提督「…!」ニギッ

鳳翔「わ…// て、提督くん?」

提督「…さ、さっきはデリカシー欠いたこと言ってすみませんでした…」

提督「でも…俺は鳳翔さんのこと、絶対に離したりしませんからね」ギュッ

鳳翔「…//」

鳳翔「…はい//」ギュッ

提督「それじゃ行きましょう!」

鳳翔「えぇ♪」



お艦のお艦…一体何者なんだ…

次 ↓2

963: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 18:49:07.55 ID:dIdzRJzoo
【●●魔神提督】


提督「おはよー菊月」トコトコ

菊月「ん…おはよう…」

提督「…」サワッ

菊月「!//」ビクッ

菊月「に、兄さん!何して…!」キッ

提督「え?どうかしたか?」キョトン

菊月「…う。い、いや…なんでも…//」サッ

菊月(…い、いま間違いなく尻を…でも兄さんがそんなことをするはずが…//)







鈴谷「…」

提督「…」ジー

鈴谷「…ね、提督。さっきからこっち見てるけど…どうかしたの?」

提督「…いや」

提督「…胸おっきいなぁって…」ボソッ

鈴谷「は、はぁ!?//」ガタッ

鈴谷「い、いきなり何言ってんの!?も、もう提督なんて知らない!//」スタスタ

提督「…えぇのう」

龍驤「…」

提督「…」チラッ

龍驤「…」ストーン

提督「…ヘッ」

龍驤「死ね!」バキッ

提督「ゴバァ!」ドサッ











提督「…ハッ!」

提督「…何だ夢か」



直接的かむっつりか悩みました

次 ↓2

※お風呂にどぼんしてきます

966: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 19:11:33.58 ID:dIdzRJzoo
あがりました。唐突ですが喫茶金剛のアルバイト店員安価

直下(艦娘名指定 本編に反映されます)

968: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 19:27:36.67 ID:dIdzRJzoo
【比叡の料理特訓】

【喫茶金剛 呉支店】

比叡「…うーん」グツグツ

比叡「…できた!」テーレッテレー

比叡「じゃあ早速メニューに…!」ハッ

比叡「っていけないいけない…前回提督くんにちゃんと味見するように言われたんだった…」※前回小ネタ参照

比叡「それじゃ少し…」パク

比叡「…」

比叡「……………」

比叡「」ダッ



見せられないよ!



比叡「おえ…まさかあんなもの作ってたなんて…」ガチャ

比叡「うぅ…提督くんには悪いことしちゃいました…」

比叡「というか…このままじゃお姉さまにも顔向けが…」ウルッ

矢矧「おはようございます、比叡さん…ってどうかしたんですか?」ガチャ

比叡「やはぎさーん…」ダキッ

矢矧「ど、どうしたんですか?」ビクッ

比叡「実は…料理の特訓してたんだけど…」カクカクシカジカ

矢矧(味見するようになっただけとても前進したなんて言えない…)

矢矧「そ、それなら基本的に私が料理担当なんですから大丈夫ですよ」

比叡「そうはいきません!」ガバッ

比叡「確かに矢矧ちゃんにはお世話になってるけど…ここまで自分がひどかったなんて…」ガクッ

比叡「…というわけで矢矧ちゃん!料理教えてください!」

矢矧「…」

矢矧「…分かりました。それではお付き合いします」ニコ

比叡「ありがとうございます!少しだけとお給料に色つけておくからね!」

矢矧「ふふっ…ありがとうございます。それでは早速始めましょうか」

比叡「では早速比叡パフェの新作から…!」

矢矧「まず料理本に乗ってるものから作りましょうか」

比叡「がーん!」






なぜこうもウチの鎮守府に居ない娘が来るんだろう…(歯軋り)

次 ↓2

973: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 20:04:51.17 ID:dIdzRJzoo
【提督と鈴谷の夫婦喧嘩】


提督「だからこっちの方が…」

鈴谷「こっちの方がいいってば!何で分かってくれないの提督ー!」ムキー

提督「ぐぬぬ…」

鈴谷「むー…!」

鈴谷「ふーんだ!提督なんてもう知らない!」ダッ

提督「…ふん、鈴谷の分からず屋め…」


三隈「どうなさいました提督…?」ガラッ

提督「あ、三隈さん」

三隈「さきほど鈴谷さんがあっちに走って行きましたけど…」

提督「あー…ちょっと今度の季節メニューで意見が合わなくて…」

三隈(またですか…前にもやってませんでしたか…?)

提督「…確かに鈴谷には悪いことしましたけど…でも、ここは譲れないというか…」

三隈「…ちなみに何の話だったんですか?」

提督「ここの盛り付けです…色合い的にはこっちを推したいんですが鈴谷はこっちがいいと…」スッ

三隈「…」

三隈(…何が違うのかまったくわからないんですけど…)

三隈「…で、どうするんですか?」

提督「…どうしましょう」

提督「はぁ…鈴谷怒ってるだろうなぁ…悪いとは思ってるんですがどうしてもこの手になると熱くなっちゃって…」

ソロー

鈴谷「…わっ!」ダキッ

提督「うわっ!?」

鈴谷「えへへー…さっきはごめんね提督…。私もちょっと意地張りすぎちゃった…」

提督「そ、そんなことないって…あれは俺が…」

鈴谷「そんなことよりさ!これ!どう!?ついさっき思いついたんだ!」スッ

提督「お、おぉ…いいじゃん!それじゃこれをこっちにして…」

鈴谷「わ…提督良いね!その方向でこっちも…」


三隈「…で、結局こうなると…」ハァ

三隈「前回と何も変わってないじゃないですの…」スタスタ



この季節メニューは大人気になりました


次 ↓2

977: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 20:25:16.40 ID:dIdzRJzoo
【文月ちゃんといちゃいちゃ】


提督「ただいまー」ガチャ

パタパタ

文月「お兄ちゃんおかえりー!」ダキッ

提督「あ、あれ?文月ちゃん?」

文月「今日は菊月ちゃんにお願いしてお家にご招待してもらったの~♪」ギューッ

提督「な、なるほど…それで菊月は?」

文月「ちょっとお買い物してくるから待ってってー」

提督「そういえばお菓子がもうすぐなくなるところだったか…悪いことしちゃったな」

文月「お兄ちゃん~暇なのー…構って欲しいなー…」スリスリ

提督「分かった分かった…それじゃリビング行こっか」ナデナデ

文月「うん!」ニパー

提督「少しだけだけどお菓子残ってるからそれ持ってくるからちょっと待ってて」

文月「はーい」パタパタ









文月「…はいお兄ちゃん、あーん♪」スッ

提督「あ、あーん…」パクッ

文月「えへへー…♪私も食べたいな~…」ジー

提督「…ほら、あーん」スッ

文月「えへぇ~…あーん♪」パクッ

文月「美味しい~…♪」ニコニコ

提督「…あの、文月ちゃん」

文月「どうしたのお兄ちゃん?」

提督「…何で俺の膝の上に座ってるのかな…?」

提督(しかも対面で…)

文月「嫌…だった…?」シュン

提督「嫌じゃないです」ナデナデ

文月「えへへぇ~よかった~♪」スリスリ

提督「…もしこんなところ菊月に見られたら…」ナデナデ

菊月「見られたら?」

提督「ぶっ殺され…」

菊月「…」

提督「…」

菊月「…よし、望み通りにしてやろう」


<ギャァアアアアアアアアアアアアアアアアアア


次 ↓2

981: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 20:45:54.00 ID:dIdzRJzoo
【比叡と提督の料理特訓】

【金剛喫茶 呉支店】

カランカラン

提督「お邪魔しまーす」

比叡「お待ちしてました提督!」

提督「それで…今日はどうしたんですか?」

比叡「え、えっと…その…」

比叡「わ、私に…料理を教えて頂けませんか…?」

提督「それじゃお邪魔しました」クルッ

比叡「ま、待ってください!味見を頼んだりしませんから!」ダキッ

提督「ちょ、比叡さん!?分かりましたから抱きつかないでください!//」

比叡「ご、ごめんなさい…つい…」

比叡「この前はご迷惑をおかけして本当申し訳ありません…提督に言われた通り味見したら自分の力不足が良くわかりました…」シュン

提督「…それ以来お一人で?」

比叡「いえ…矢矧さん…アルバイトの子に空いた時間に指導してもらって…」

提督「なるほど…」

提督(味見するようになっただけでここまでやるき出すなんて…元々向上心自体は高い人だったからなぁ…)

提督「…分かりました。微力ながら手伝います」

比叡「ほ、本当ですか!ありがとうございます提督!」ペコリ

提督「それじゃ早速入りましょうか」

比叡「はい!それじゃ今日はこのページのこの料理をしようかと…」

提督(料理本通りのもの作ろうとしている…だと…!?)

提督(…比叡さん成長したなぁ)シミジミ

比叡「その後は提督と一緒に比叡パフェの新作を…♪」

提督「今日はその本の分だけやりましょうか」

比叡「ひえー…」ショボーン


そろそろ次スレ立ててきまする

次 ↓2

988: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 21:06:25.48 ID:dIdzRJzoo
【提督の趣味の時間】


【提督の部屋】

提督「んー…」ノビー

提督「休日だけど何しようかなー…」

イ級「いー?」プカプカ

提督「あ、ごめんごめん。ほらお前ら餌だぞー」パラパラ

イ級「い~♪」パクパク

ヲ級「おっ♪」モフモフ

ル級「るぅー♪」モグモグ

提督「さてと…今日はちょっと散歩して読書でも…」

ヲ級「おっ!おっ!」パタパタ

提督「ヲ級?どうした?」

ヲ級「おー…おー…」パチャパチャ

提督「…もしかして一緒に来たいのか?」

ヲ級「おっ!」コクコク

提督「とはいってもな…でも確かにずっと部屋に居るのも可哀そうか…」

提督「よし…それなら…」








提督「ごめんなお前ら…さすがに散歩はきついから庭のビニールプールで勘弁してくれ」

イ級「い~♪」プカプカ

ヲ級「ヲッ!ヲッ!」バチャバチャ

ル級「る!るー!」ピュー

ヲ級「ヲッ!?ヲー!」ピュー

提督「こいつら仲良くて何よりだな…」

提督「よしお前ら何かあったらすぐ呼べよー俺はちょっと本読んでるからな」

イ級「い!」ピシッ

提督「こういう日も、悪くないかもな…」パラパラ



趣味と言うよりペットのお世話になってしまったでござる


次 ↓2

992: ◆apsVMiZGaU 2014/03/09(日) 21:27:25.67 ID:dIdzRJzoo
【イタズラ妖精さん】

妖精「…」フヨフヨ

イ級「いー…」スヤスヤ

ヲ級「zZZ」スヤスヤ

ル級「る…」スヤスヤ

妖精「アンタたちがいるから…」

妖精「あんたたちがいるから!マスコット枠は!」ブワッ

妖精「くそうくそう…横須賀に居るって言う妖精は出番多くて楽しいって言ってたのに…!」シクシク

妖精「ひどいよ…こんなの、あんまりだよ…」ウエーン

妖精「…こうなったら」

妖精「フヒヒ…この恨み…はらさでおくべきか…!」

妖精「マジックペン用意おっけー…まずはヲ級の額から~♪」カキカキ

ヲ級「おー…?」ムニャムニャ

妖精「うぷぷ…やっぱり額には肉だよね…それじゃイ級とル級にも~」ルンルン








妖精「ふいー…良い仕事した」スッキリ

妖精「よし、それじゃあ何か飲み物でもとりに…」クルッ

提督「…」ジー

妖精「…」ダラダラ

妖精「え、えーっと…その…い、いつから…」

提督「ヲ級にイタズラしてたあたりからだな」

妖精「え、えっと…妖精さんレーダー積んでるんだけどなぁ~?」

提督「CO2探知型って前に聞いたな。有効範囲は数メートルから数百メートルまで変更できるって」

妖精「えーっと…半径200mがデフォなんだけど…」

提督「呼吸止めればいいだけだ」

妖精「おかしいでしょそれ!?つか何で200m前から気付いてんの!?」

提督「なんか変な予感がしただけだ」

妖精「理由になってない!?」ガーン

提督「というわけでお仕置きの時間だフェアリー。こっち来い」ガシッ

妖精「あー!すいません許してください!何でもしますからー!」ジタバタ


ヲ級「をー…?」パチッ

イ級「い?」パチッ

ヲ級「ヲ…?ププッ」クスクス

イ級「?」

ル級「るー…」スヤスヤ

次回 【安価】艦これ学園 呉分校 5限目