寄宿舎食堂 → 自室

苗木(さて、どうしたものかな?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)0/3
 b:『魔法少女まどり☆マジカ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪????≫習得)0/4
 c:『9秒ルールのすゝめ』(全4章・知識+大・≪????≫習得)2/4
 d:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
6:娯楽室に行く
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

20:48まで(①コンマが一番小さい安価を採用します
        ②らーぶらーぶ度が5以上の人物は1RANK毎にコンマ+5
        ③>>3のらーぶらーぶ度の表に△が付いている人物はコンマ-5
        ④>>3のらーぶらーぶ度の表に☆が付いている人物はコンマ-10
        ⑤補正によってコンマが01を下回る事はなく、またクリティカル扱いにもならない
        ⑥補正によってコンマが100を上回る事はないが、ファンブル扱いにはなる   )

引用元: ・【安価】苗木「今日から2年生か……」10らーぶらーぶ目【ダンガンロンパ1+2】 



スーパーダンガンロンパ2 オリジナルサウンドトラック [Explicit]
SOUND PRESTIGE RECORDS (2014-09-30)
売り上げランキング: 19,975
24: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 20:53:21.05 ID:gUrDDwyr0
 
―――――

苗木(娯楽室に行くか……)

―――
――


自室 → 娯楽室

セレス「あら、苗木君。ごきげんよう」

苗木「セレスさん。ダーツの最中かな?」

セレス「ええ。ひと勝負いかが?」

苗木「うーん、遠慮しておくよ」

苗木(さて、どうしようか……)

1:モノモノヤシーンを回す(≪スティング≫≪レイズ≫適用済) ●
 a:慎重に回す(景品がコンマ判定になります)
 b:大胆に回す(当たりがコンマ判定になります)
 c:慎重かつ大胆に回す(景品・当たりともにダイスで決定します)
2:会話する(≪カリスマ≫適用済) ●
3:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

20:57まで(①コンマが一番大きい安価を採用します
        ②らーぶらーぶ度が5以上の人物は1RANK毎にコンマ-5
        ③>>3のらーぶらーぶ度の表に△が付いている人物はコンマ+5
        ④>>3のらーぶらーぶ度の表に☆が付いている人物はコンマ+10
        ⑤補正によってコンマが99を上回る事はなく、またクリティカル扱いにもならない
        ⑥補正によってコンマが00を下回る事はないが、ファンブル扱いにはなる    )

34: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 21:01:08.75 ID:gUrDDwyr0
補正によってダブりが生じるようになって若干やっかいですね……。次からは対策を立てる事にします。

―――――

景品判定
下1・2・3・4・5・6・7・8・9(本文は希望に溢れるものでも絶望に溢れるものでも(適当で)いいです)

46: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 21:24:10.51 ID:gUrDDwyr0
判定
1回目:安価 → 41(アンティークドール) / 1D100 → 10(当たり) LUCKY! 当たりが出たのでもう1回!
2回目:安価 → 67(扇子「衣冠」) / 1D100 → 01(大当たり) VERY LUCKY! エンゲージリングプレゼント! 当たりが出たのでもう1回!
3回目:安価 → 28(イン・ビトロ・ローズ) / 1D100 → 11(当たり) LUCKY! 当たりが出たのでもう1回!
4回目:安価 → 85(ドクロマスク) / 1D100 → 06(当たり) LUCKY! 当たりが出たのでもう1回!
5回目:安価 → 39(マコト写本) / 1D100 → 50(外れ)
6回目:安価 → 84(水晶のドクロ) / 1D100 → 31(外れ)
7回目:安価 → 22(ラジオゾンデ) / 1D100 → 73(外れ)
8回目:安価 → 75(ドクロマスク) / 1D100 → 57(外れ)
9回目:安価 → 40(吟詠伝記) / 1D100 → 48(外れ)

苗木(なんだか一杯出てきたぞ……)

苗木(『扇子「衣冠」』……鎌倉時代より伝わる扇子だ。非常に優雅な扇子だ……)

セレス「あら、大量収穫ですわね」

苗木「あはは、そうだね」

娯楽室を後にして自室に戻っていった……

―――
――


娯楽室 → 自室

苗木(まだ寝るまで時間はあるな……)

苗木(田中クンと話でもしようかな)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「田中クン、起きてる?」

田中『このような夜の帳に何の用だ』

苗木「何か話でもしようかと思って」

田中『まあいいだろう。俺様の部屋に入る許可をやろう』

―――
――


苗木「お邪魔します……あれ、何やってるの?」

田中「人間でもその眼で捉えられるはずだ」

苗木「サイトの運営かな? 『わくわく飼育日誌』……?」

田中「それはダミーだ。貴様のような人間にはこのサイトしか見られない」

苗木「それでも結構面白そうだけど……」

田中「フン、物事をするのに手を抜くなどありえない。言い訳がまかり通る弱者になりたくなければ、最善を尽くす事だ」

1:だから動物に対しても親身なのか
2:その言語も手を抜かない結果なのか
3:最善を尽くした結果がそれなのか

下3

50: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 21:35:26.28 ID:gUrDDwyr0
苗木「なるほど、だから動物に対しても深い愛情を注いでいるわけだね」

田中「な、なんでそのような最終決断が下るのだ!?」

苗木「前のペットを飼いたいって言った時だって、色々気を遣ってくれたじゃないか」

田中「……まあ、魔獣達には罪はないからな」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

田中の好感度が少し上昇した!

田中「中には家畜になり下がったものもいる。それに対してどうこう言うつもりはない」

田中「だが、不当に殺めたりして種そのものを断つというのは許せない。命は軽んじるものではないからだ」

田中「貴様が下僕と契約を結ぶかどうかは知らんが、軽い気持ちで考えぬようにな」

田中の思いが伝わってくる……

田中の好感度が大きく上昇した!

田中とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK4 → 5

心の奥底から確かな希望を感じる……

田中との希望のカケラが1個集まった!

RANK2 → 3

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(田中クンに何かプレゼントしようかな?)

田中に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:ひまわりの種×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×2
 f:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 h:イン・ビトロ・ローズ×1
 i:千年ポプリ×2
 j:水晶のドクロ×2
 k:ドクロマスク×3
 l:大神宗家の書×1
 m:マコト写本×1
 n:吟詠伝記×1
 o:アンティークドール×1
 p:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

21:39まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

58: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 21:45:18.62 ID:gUrDDwyr0
苗木(『ひまわりの種』を渡そうかな?)

苗木「田中クン、これあげるよ」

田中「ほう、貴様が見つけたとはな。これは俺様でなければ扱えない代物だ、貰っておこう……ありがとうございます!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

田中の好感度が少し上昇した!

そろそろ田中ともっと深い仲になれそうだ……

田中と別れて自室に戻っていった……

―――
――


6月5日(水)雨 → 6月6日(木)雨後曇り

苗木(ここ数日続いていた雨も今日で止むみたいだ)

苗木(早起きしたし、何かしよう)

1:嫁掲示板を見る
2:弁当を作りに食堂に行く ●
3:勉強する ●
4:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)0/3
 b:『魔法少女まどり☆マジカ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪????≫習得)0/4
 c:『9秒ルールのすゝめ』(全4章・知識+大・≪????≫習得)2/4
 d:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
5:娯楽室に行く
6:辺りをうろつく
7:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に7が選択されます。

21:49まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

68: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 21:57:41.06 ID:gUrDDwyr0
あっ、≪アナライズ≫するの忘れた……でも書くの面倒なので省略します(最低最悪)
うーん、この投稿者泣かせのスキル
もう表は公開してるんだしさ、無くてもいいんじゃない?(失言)

―――――

苗木(『風を切る男・挑戦!』を読もうかな)

『風を切る男・挑戦!』を読んでみた……

誰よりも早く走れる男が学園内最速の女に勝負を持ちかけられて、お騒がせグループと特訓する様がテンポよく書かれている……

雨の静けさの中なので、読書に集中出来ていつもより内容が理解出来るように思える……

知識が少し上昇した!

1章まで読み終わった! あと2章で読破できる。頑張ろう!

―――
――


苗木(さて、そろそろ食堂に行くかな)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(何を食べようかな……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:10まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

 

86: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 22:34:35.11 ID:gUrDDwyr0
 
―――――

苗木(さやか、響子と一緒に食べようかな?)

苗木「さやか、響子」

舞園「誠君! おはようございます♪」ニコッ

霧切「誠、おはよう」ニコッ

苗木「おはよう2人とも。朝食、一緒にどうかな?」

舞園「もちろんです!」

霧切「その意見に賛成よ!」

苗木「う、うん。ありがとう」

苗木(なんだかテンション高いなぁ……)

苗木(さて、話、話っと)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:39まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

91: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 22:47:06.90 ID:gUrDDwyr0
 
―――――

苗木「そういえばさ、……」

舞園「へぇ、そうなんですか。あっ、……みたいですよ?」

霧切「それに関しては、……」

苗木「……ってわけか。なるほどね」

世間話をして過ごした……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う…… 

舞園・霧切の好感度が少し上昇した! 

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:50まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

103: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 22:59:52.36 ID:gUrDDwyr0
 
―――――

苗木「あのさ、デートに行くならどこに行きたい? 以前さやかには聞いたけど、何か他に案があったら言ってよ」

舞園「遊園地に行ってみたいですね。観覧車は特に定番だと思います」

霧切「そうね。私自身そういうのには乏しいから、あまり思いつかないのが残念だけれど……」

苗木「響子、こういうのは自分が行きたいと思ったところを素直に言えばいいんだよ」

霧切「……なら、温泉……とか?///」

舞園「いいですねそれ! 誠君と混浴……///」

苗木(なんだかピンク色のオーラを感じる気がする……)

舞園・霧切とデートスポットについて話しあった……

舞園・霧切の好感度が大きく上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園・霧切の好感度が少し上昇した!

そろそろ舞園・霧切ともっと深い仲になれそうだ……

舞園「ま、誠君、今日空いている時間帯はありますか?」

苗木「今日?」

1:昼
2:夕
3:夜
4:無い

下3

113: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 23:14:59.93 ID:gUrDDwyr0
苗木「それじゃあ、昼休みでいいかな? もし時間を取るような用事なら……」

舞園「いえ、大丈夫です。お昼ですね、分かりました」

霧切「さやか、ファイトよ」ボソボソ

舞園「はい!」ボソボソ

苗木「?」

舞園と今日の昼を一緒に過ごす約束をした……

食器を3人分片づけて教室へと向かった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

生物教師「……全く、このあたしに見合うようなイケメンがいないわね……」

生物の授業だ……

生物教師「今日は人間の感覚器の構造とはたらきの中でも、皮膚感覚についてやっていくわぁ」

生物教師「皮膚は3層構造になっていて、『表皮』『真皮』『皮下組織』の3つに分かれるわぁ」

生物教師「簡単に説明すると、『表皮』が3層構造の中では最も外側にある薄い層、『真皮』が表皮と皮下組織に挟まれた3層構造の中間部分、『皮下組織』が3層構造の最も内側にある層で、皮膚の大部分を占める層よぉ」

生物教師「皮膚が外界からの刺激を受けて感じる感覚を『皮膚感覚』と言うわぁ。皮膚感覚は4つあるわよぉ」

生物教師「そのうちの3つが『痛覚』『温覚』『冷覚』ね。これらは『自由神経終末』という感覚器で感じ取る事が出来るわぁ」

生物教師「さて、あの1つの感覚があるのだけれど……」

生物教師「苗木、出来る物なら答えてみなさい」

ガタッ

苗木(教師らしからぬ発言だよね……十神クンには丁寧なのに)

1:錯覚
2:味覚
3:触覚

下2

117: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 23:33:22.97 ID:gUrDDwyr0
 
―――――

苗木「『触覚』です」

生物教師「……面白くないわね」

生物教師「苗木の言う通り、皮膚感覚は、『痛覚』『温覚』『冷覚』、そして『触覚』よぉ」

生物教師「皮膚の真皮には、これらの刺激を受容する感覚器があるわぁ」

生物教師「触覚以外はさっき言った『自由神経終末』ね。触覚には、『毛根終末』『マイスナー小体』『クラウゼ小体』『パチニ小体』『ルフィニ小体』の5つもの感覚器があるわぁ」

生物教師「また、刺激を受け止める場所は点状に分布しているわ。圧倒的に多いのが『痛点』ねぇ」

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

石丸・十神・大和田・桑田・山田・葉隠・舞園・霧切・朝日奈・腐川・大神・セレス・戦刃・江ノ島の好感度が上昇した!

不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだ腐川・江ノ島ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・十神・大和田・桑田・山田・葉隠・舞園・霧切・朝日奈・大神・セレス・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

授業を聞いた事により知識が上昇した!

―――
――


6月6日(木)雨後曇り
朝 → 昼

苗木(昼食だ。食べたあとはさやかと過ごす事になっている)

苗木(さて、どうしようか?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

23:37まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

125: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 23:41:35.72 ID:gUrDDwyr0
苗木(むくろを誘おうか)

苗木「むくろ」

戦刃「あっ、誠君!」

苗木「昼食、一緒に食べよう?」

戦刃「うん!」

苗木「それじゃあ、食堂に行こうか」

―――
――


本学科2年教室 → 寄宿舎食堂

苗木(さて、話す内容を決めよう)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

23:46まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

128: ◆igI1RpSKDI 2014/01/06(月) 23:50:43.77 ID:gUrDDwyr0
苗木「この前、江ノ島さんにむくろに似合う男物以外の服を聞いといたよ。だから今度一緒に買いに行こう」

戦刃「本当? なんだろう、楽しみ」

苗木「日時はまた追って連絡するよ」

戦刃「分かった。誠君とのデート……えへへ///」

苗木(むくろのためにも、頑張らなくっちゃね)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:54まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

133: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 00:08:14.01 ID:DsjLFvjg0
苗木「他にも候補があって、……」

戦刃「わぁ、……なんだね」

戦刃と服の事について語り合った……

戦刃の好感度が上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

戦刃の好感度が少し上昇した!

そろそろ戦刃ともっと深い仲になれそうだ……

戦刃の分の食器も片付けて教室へと戻っていった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木「さやか」

舞園「誠君、場所を移しませんか? ここじゃちょっと……」

苗木「? 分かったよ」

舞園「ごめんなさい……」

苗木「いいよ、気にしなくて」

―――
――


本学科2年教室 → 屋上

苗木(この前来たばっかりだな……)

舞園「ふふ、響子さんが言ってましたよ?」

苗木「そうなんだ」

苗木(お得意のエスパーかぁ)

苗木「そういえば、活動の方はどんな感じ?」

舞園「実は十神財閥からバックアップを受けて、頑張っているところなんです」

苗木(問題が起きてた気がするけど、大丈夫なんだろうか……)

苗木(まあ、あの家がそう簡単に潰れるわけがないよね)

舞園「やはりまだまだ理解してもらえませんけど、めげずに頑張りますよ!」

1:その心意気だ
2:もっと努力すべき
3:ご褒美をあげようか?

下3

140: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 00:15:45.60 ID:DsjLFvjg0
苗木「そうなんだ。じゃあ、頑張ってるさやかに『ご褒美』でもあげようかな?」

舞園「ご褒美……ですか?」♪♪♪<ピロリロリーン! 

苗木「うん。どこに欲しい?」

舞園「どこって……………っ!///」

苗木「早く決めてくれなきゃ、あげられないなぁ」

舞園「もう、誠君ったら意地悪です……」



舞園「誠君……私の唇に、誠君の唇を……ご褒美を、下さい」



苗木「うん……」

2人の唇の距離が近づいている……

5cm……3cm……1cm……

そして……

……

舞園とキスをした……

―――
――

141: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 00:19:22.22 ID:DsjLFvjg0
 
―――――

舞園「……ありがとうございます」チュッ

苗木「自分で言っといてなんだけど、これでよかったの?」チュッ

舞園「はい。私には十分すぎるご褒美です」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

舞園と初めてキスをした……

舞園の好感度が大きく上昇した!

舞園とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK9 → 10

らーぶらーぶ度がRANK10に達した!

舞園の通信簿に新たなページが出来た!

心の奥底から確かな希望を感じる……

舞園との希望のカケラが1個集まった!

RANK5 → 6

舞園との希望のカケラが完成した!

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(さやかに何かプレゼントしようかな?)

舞園に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:扇子「衣冠」×1
 d:新品のサラシ×2
 e:ラジオゾンデ×3
 f:ロマンツェリキュール×1
 g:イン・ビトロ・ローズ×1
 h:千年ポプリ×2
 i:水晶のドクロ×2
 j:ドクロマスク×3
 k:大神宗家の書×1
 l:マコト写本×1
 m:吟詠伝記×1
 n:アンティークドール×1
 o:2.5Dイヤホン×1
 p:エンゲージリング×1
2:渡さない

0:22まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

147: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 00:43:38.76 ID:DsjLFvjg0
 
―――――

苗木(『吟詠伝記』を渡そうかな?)

苗木「さやか、これあげるよ」

舞園「ありがとうございます、誠君。大切に読まして頂きますね///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

舞園の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

舞園と昼休みが終わるまでいちゃいちゃした……

―――
――


屋上 → グラウンド

モノミ「ちゃんとラケットを持って下ちゃい!」

体育の授業だ……

モノミ「今日は『テニス』をやっていきまちゅよ!」

モノミ「テニスはラケットを用いて、ネット越しの相手コートへ返球し、得点を競うスポーツでちゅ」

モノミ「『紳士のゲーム』と言われており、エチケットやマナーが非常に重視されまちゅ」

モノミ「プレーの主なルールとして、相手コートへ返球する際に、有効な返球となるものをやっていきまちゅ」

モノミ「まずは『ライン上に落ちたボール』でちゅ。少しでもラインに触れていれば有効となりまちゅ」

モノミ「また、『1度自分のコートに入ったボールが、風などのため相手コートに逆戻りした場合、ネット越しに打った時』も有効でちゅ」

モノミ「『自分のコート内のボールを正しく打った後、自分の体やラケットがネットを越した時』も大丈夫でちゅ!」

モノミ「この他にも色々ありまちゅが……苗木クン! この中で有効となる返球はどれでちゅか!」

苗木(きちんと返球しているのは、この中で1つだけだ……)

1:ボールがポストの外側を回って正しいコート内に入った時
2:ボールがネットを越してくる前に直接返球した時
3:手から離れたラケットがボールに当たった時

下2

153: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 00:55:09.37 ID:DsjLFvjg0
苗木「『ボールがポストの外側を回って正しいコート内に入った時』です」

モノミ「その通りです! これは有効な返球となりまちゅ!」

モノミ「これは『ポスト回し』と言って、有効な作戦でちゅ! プロも使うテクニックでちゅよ!」

モノミ「他には、『ラリー中のボールがネットやポストやシングルスティックに触れ、しかも正しく相手コートに入った時』も有効となりまちゅ!」

モノミ「サービスでは『レット』や『フォールト』になりまちゅが、ラリー中なら大丈夫でちゅ!」

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

石丸・十神・大和田・桑田・山田・葉隠・舞園・霧切・朝日奈・腐川・大神・セレス・戦刃・江ノ島の好感度が上昇した!

不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだ腐川・江ノ島ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・十神・大和田・桑田・山田・葉隠・舞園・霧切・朝日奈・大神・セレス・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

授業を聞いた事により知識が上昇した!

―――
――


6月6日(木)雨後曇り
昼 → 夕

苗木(さて、何か活動をしよう)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室に帰る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

00:59まで(①コンマが一番小さい安価を採用します
        ②らーぶらーぶ度が5以上の人物は1RANK毎にコンマ+5
        ③>>3のらーぶらーぶ度の表に△が付いている人物はコンマ-5
        ④>>3のらーぶらーぶ度の表に☆が付いている人物はコンマ-10
        ⑤補正によってコンマが01を下回る事はなく、またクリティカル扱いにもならない
        ⑥補正によってコンマが100を上回る事はないが、ファンブル扱いにはなる
        ⑦安価が重複した場合、番号が大きい方を有効とする
        ⑧安価が重複し、番号も重複した場合や、多数のクリティカルは同時採用とする  )

164: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 01:06:26.16 ID:DsjLFvjg0
苗木(図書室に行くかな)

―――
――


本学科2年教室 → 図書室

十神「……」ペラッ

腐川「……あ……」ペラッ

苗木(腐川さん、どうかしたんだろうか?)

苗木(……ともかく、来たからには何かしよう)

×:本を借りる(5冊まで指定できます)
2:会話する(十神・腐川のうちどちらかを指定して下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
3:一人で勉強する ●
4:複数人で勉強する(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コーチング≫適用済) ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『魔法少女まどり☆マジカ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪????≫習得)0/4
 c:『9秒ルールのすゝめ』(全4章・知識+大・≪????≫習得)2/4
 d:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
6:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

01:10まで(①コンマが一番大きい安価を採用します
        ②らーぶらーぶ度が5以上の人物は1RANK毎にコンマ-5
        ③>>3のらーぶらーぶ度の表に△が付いている人物はコンマ+5
        ④>>3のらーぶらーぶ度の表に☆が付いている人物はコンマ+10
        ⑤補正によってコンマが99を上回る事はなく、またクリティカル扱いにもならない
        ⑥補正によってコンマが00を下回る事はないが、ファンブル扱いにはなる
        ⑦安価が重複した場合、番号が大きい方を有効とする
        ⑧安価が重複し、番号も重複した場合や、多数のクリティカルは同時採用とする  )

173: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 01:16:53.91 ID:DsjLFvjg0
苗木(『9秒ルールのすゝめ』の続きを読もう)

『9秒ルールのすゝめ』を読んでみた……

もしも食べ物を落とした時に拾っても大丈夫な秒数が、今まで12秒だと信じられてきていたが、9秒でいいと提唱した学者が今の学会で謙虚な学者で人気者となっている事が書かれている……

図書館で読んでいるせいか、いつもより内容が理解出来る気がする……

知識が上昇した!

図書館で読んでいるせいか、いつもよりページをめくるのが早くなっている気がする……

『9秒ルールのすゝめ』を読破した!

知識が大きく上昇した!

≪ドロップ≫を習得した!

効果:時間経過前にたまにプレゼントを1つ入手する。

『9秒ルールのすゝめ』を返却した……

図書室を後にして自室に戻っていった……

―――
――


6月6日(木)雨後曇り
夕 → 夜
図書室 → 自室

苗木(今日は花村クンの当番だ)

苗木(食堂に食べに行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(定食に悩まなくて済むのはいいね)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:20まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

183: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 01:24:33.59 ID:DsjLFvjg0
苗木(千尋と食べようかな?)

苗木「千尋」

不二咲「誠君だぁ」

苗木「夕食、一緒に食べない?」

不二咲「えへへ、喜んでぇ!」

苗木「それじゃあ席に着こう」

苗木(話すべき内容は……っと……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

1:29まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

188: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 01:35:38.44 ID:DsjLFvjg0
苗木「ちょっと遠い話だけど、みずがめ座δ流星群が7月下旬から8月上旬にかけて活動するんだ」

不二咲「流星群かぁ、見てみたいねぇ」

苗木「ここらへんは都会だけど、見れるといいね」

不二咲「もし見れたら、流れ星に『誠君とずっと一緒にいれますように』って願うんだぁ」

苗木「そうだね、ボクも恋人達と離れないように願おうかな」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:40まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

192: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 01:46:54.72 ID:DsjLFvjg0
苗木「この前デートで水族館がいいって言ってたよね? 今度そこでデートしない?」

不二咲「い、いいのぉ?」

苗木「当たり前だよ」

不二咲「えへへ、楽しみにしてるねぇ?///」

苗木「うん。後で決まり次第連絡するよ」

不二咲と様々な事を話し合った……

不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

不二咲の分の食器の片付けを買って出た……

―――
――

 
207: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 20:12:52.33 ID:DsjLFvjg0
*おおっと*
貼り忘れがありました。コンマの補正については、以下で試験運転してみます。「こうした方がいい」という意見がありましたらどうぞご指摘下さい。

条件1
①コンマが一番小さい安価を採用します
②恋人となった人物はコンマ+20(クリティカルは除く)
③>>3のらーぶらーぶ度の表に△か☆が付いている人物はコンマ-10
④補正によってコンマが01を下回る事はなく、またクリティカル扱いにもならない
⑤補正によってコンマが100を上回る事はないが、ファンブル扱いにはなる
⑥安価が重複した場合、番号が大きい方を有効とする
⑦安価が重複し、番号も重複した場合や、多数のクリティカルは同時採用とする

条件2
①コンマが一番大きい安価を採用します
②恋人となった人物はコンマ-20(クリティカルは除く)
③>>3のらーぶらーぶ度の表に△か☆が付いている人物はコンマ+10
④補正によってコンマが99を上回る事はなく、またクリティカル扱いにもならない
⑤補正によってコンマが00を下回る事はないが、ファンブル扱いにはなる
⑥安価が重複した場合、番号が大きい方を有効とする
⑦安価が重複し、番号も重複した場合や、多数のクリティカルは同時採用とする

208: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 20:15:29.98 ID:DsjLFvjg0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(さて、夜は何をしようか?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『魔法少女まどり☆マジカ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪????≫習得)0/4
 c:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
6:娯楽室に行く
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

20:18まで(>>207の「条件1」を採用)

218: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 20:29:39.01 ID:DsjLFvjg0
苗木(朝日奈さんと話でもしようか)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「朝日奈さん、いる?」

朝日奈『苗木? どうしたの?』

苗木「いや、話でもしようかと思って。今大丈夫?」

朝日奈『うん、大丈夫だよー』

―――
――


寄宿舎廊下 → 朝日奈葵の部屋

苗木(賞状が置いてあるなかに、ミス○ードー○ツのグッズが置いてある……)

苗木「ごめんね、朝日奈さん」

朝日奈「いやいや、謝れる事じゃないって! それで、話って何?」

苗木「いや、この前の『シミュレーション』の話でさ、まだ気にしているのかと思って」

朝日奈「あはは、あの話? その、実は苗木に私の泳ぎに付き合って欲しいんだよね……だから、『放課後』にまたその話をしない?」

苗木「放課後だね? 分かったよ」

朝日奈「ごめんね、せっかく来てくれたのに……」

苗木「ううん、それじゃあ……」

1:何か話す(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済)
2:何かする(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済)
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

20:33まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

226: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 20:43:25.59 ID:DsjLFvjg0
苗木「あのさ、バナナって美味しいよね?」

朝日奈「バナナ?」

苗木「うん。スーパーで安いのやちょっとお高いのが売っているけど、高いのは甘くて美味しいんだ」

朝日奈「へぇー」♪♪<ピロリロリーン

苗木「朝日奈さんもたまにはドーナツ以外を食べてみたらどう?」

朝日奈「別にいつもドーナツ食べてるわけじゃないって!」

苗木「えっ、本当に?」

朝日奈「……………」

苗木「……………」

朝日奈「……そ、そんな事ない……かな?」

苗木「なんで間を開けたか分からないけど、まあイメージとしてはいつも食べてるよね。今もテーブルの上に置いてあるし」

朝日奈「……うう///」

朝日奈とドーナツの話をして過ごした……

朝日奈の好感度が上昇した!

そろそろ朝日奈ともっと深い仲になれそうだ……

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(朝日奈さんに何かプレゼントしようかな?)

朝日奈に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:扇子「衣冠」×1
 d:新品のサラシ×2
 ×:ラジオゾンデ×3
 f:ロマンツェリキュール×1
 g:イン・ビトロ・ローズ×1
 h:千年ポプリ×2
 ×:水晶のドクロ×2
 ×:ドクロマスク×3
 k:大神宗家の書×1
 l:マコト写本×1
 m:アンティークドール×1
 n:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

20:47まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

234: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 20:50:46.99 ID:DsjLFvjg0
苗木(うーん、手持ちが……)

そろそろ朝日奈ともっと深い仲になれそうだ……

朝日奈「あのさ、苗木」

苗木「ん?」

朝日奈「その、明日の放課後って大丈夫? ほら、善はなんとかって言うじゃん」

苗木「急げ、ね」

苗木(明日の夕方か……)

1:空いてる
2:空いてない

下1・2・3(多数決により安価を決定します)

238: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 20:57:57.16 ID:DsjLFvjg0
苗木「うん、大丈夫だよ」

朝日奈「そっか、それじゃあまた明日ね!」

明日の夕方に朝日奈と過ごす約束をした……

朝日奈と別れて自室に戻っていった……

―――
――


6月6日(木)雨後曇り → 6月7日(金)曇り/晴れ
朝日奈葵の部屋 → 自室

苗木(さて、朝食を食べに行こうかな)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(うーん、何にしようか……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:01まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

247: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 21:06:33.37 ID:DsjLFvjg0
苗木(西園寺さん、小泉さんと食べようかな)

苗木「西園寺さん、小泉さん」

西園寺「苗木おにぃ、寝癖立ってるー」

小泉「こら日寄子ちゃん、嘘言わない」

苗木(前にもこんなやり取りあったような……)

苗木「朝食、一緒に食べないかな?」

西園寺「苗木おにぃの方こそ寂しがりやなんじゃない? クスクスッ……」

小泉「色んな人と交友を図る、っていうのは珍しいわね」

苗木「あはは、そうかもね」

苗木(さて、話題を決めよう)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

21:11まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

252: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 21:18:27.21 ID:DsjLFvjg0
 
―――――

苗木「小泉さん、上手な写真の撮り方を教えて欲しいな」

小泉「いいけど……どうして?」

苗木「せっかくの記念なんだから、上手に残しておきたいと思ってね」

西園寺「どうせ恋人と撮るために学びたいんだよ、小泉おねぇ」

苗木「う……ま、まあそういう面もあるかな」

舞園「そうなんですか?」

苗木「うわぁっ! ……って、さやか?」

舞園「はい♪ ご一緒してもよろしいですか?」

苗木「ボクはいいけど……」チラッ

小泉「あたしも問題ないわよ」

西園寺「いちゃつくのだけは止めてよねー」

舞園「TPOは弁えていますよ」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:22まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

259: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 21:29:41.06 ID:DsjLFvjg0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

舞園・西園寺・小泉と写真の事について話し合った……

舞園・西園寺・小泉の好感度が上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ舞園・西園寺・小泉ともっと深い仲になれそうだ……

小泉「あのさ、苗木」

苗木「うん?」

小泉「その、今日の中で空いている時間ってある?」

苗木「今日?」

1:昼
2:夕(朝日奈の約束と重なります)
3:夜
4:ない

下3

266: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 21:36:32.30 ID:DsjLFvjg0
苗木「それじゃあ、夜でいいかな?」

小泉「こっちが無理言っているのだし、構わないわよ」

今日の夜に小泉と過ごす約束をした……

食器を片づけて教室へと向かった……

―――
――


6月7日(金)曇り/晴れ
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(どうするかな?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

21:50まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

 

284: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 22:20:58.17 ID:DsjLFvjg0
苗木(十神クンを誘おうかな?)

苗木「十神クン」

十神「何の用だ」

苗木「朝食、一緒に食べない?」

十神「……フン、早く席を探せ」

苗木「ありがとう」

苗木(話は何にしようか……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:25まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

287: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 22:28:46.06 ID:DsjLFvjg0
苗木「お金で買えないものってあるよね」

十神「何だ突然」

苗木「もしかして十神クンはなんでもお金で買えると思ってる?」

十神「それはないが……『買える物はマ○ターカ○ドで』とか言えばいいのか?」

苗木「いや、別にそういうわけじゃないよ」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:32まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

294: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 22:51:35.27 ID:DsjLFvjg0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

十神と金と物について話し合った……

十神の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ十神ともっと深い仲になれそうだ……

十神「そうだ苗木、これをくれてやろう」

苗木「これは……『希望ヶ峰の指輪』?」

十神「そうだ。俺が持っていても仕方がないからな」

苗木「そっか……ありがとう」

希望ヶ峰の指輪を1つ手に入れた!

食器を片づけて教室へと向かった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

世界史教師「僕の頭を富士山と呼んだ生徒がいたんだよ。失礼しちゃうよね」

世界史の授業だ……

世界史教師「今日は『清朝』についてやっていこう」

世界史教師「『清朝』は『ヌルハチ』が女真族を従え『後金』を建国したのを、第2代の『大宗』ホンタイジが国号を改めた王朝だ」

世界史教師「この頃はまだ『明』という王朝があったのだけれど、『李自成』の反乱軍で滅亡したよ」

世界史教師「明の将軍『呉三桂』が清軍に降伏し、清軍は『北京』を占領して遷都し、いよいよ中国全土に支配を広げていった」

世界史教師「この時、東南沿海で反清活動を行っていた『鄭成功』とその一族が、オランダ人を駆逐して1661年にある国を占領するんだけど……」

世界史教師「苗木君、分かるかな?」

ガタッ!

苗木(今も国連に入れていない国だね……)

1:モンゴル
2:ロシア
3:台湾

下2

298: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 23:09:41.04 ID:DsjLFvjg0
苗木「『台湾』です」

世界史教師「その通り、鄭氏は台湾を拠点にして清軍に抵抗したんだ。この時の清朝の皇帝は『順治帝』だよ」

世界史教師「さらに清朝が南方の雲南、広東(カントン)、福建に呉三桂ら3人の漢人武将を配置して藩王とした『三藩』の撤廃を図ると呉三桂らは『三藩の乱』を起こした。1673~81年の出来事だね」

世界史教師「しかし、第4代の『康熙帝』は、厳しい海禁政策で鄭氏の財源を断ち、鄭氏を降伏させて1683年、台湾を領土とした」

世界史教師「その後は『康熙帝』『雍正帝』『乾隆帝』と有能な皇帝が続いていき、清朝統治を確かなものとしていったんだ」

世界史教師「それぞれを少しだけ取り上げると、『康熙帝』は三藩の乱の平定、鄭氏征討、ロシアと1689年に『ネルチンスク条約』を結んだ」

世界史教師「『雍正帝』は1727年にロシアと『キャフタ条約』を結び、1729年に『軍機処』を創設。『乾隆帝』は『四書全書』の編集など学術を奨励する半面、『禁書』『文字の獄』などの思想弾圧を行ったよ」

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

石丸・大和田・桑田・山田・葉隠・霧切・朝日奈・腐川・大神・セレス・戦刃・江ノ島の好感度が上昇した!

十神・舞園・不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだ腐川・江ノ島ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・十神・大和田・桑田・山田・葉隠・舞園・霧切・朝日奈・大神・セレス・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

授業を聞いた事により知識が上昇した!

―――
――


6月7日(金)曇り/晴れ
朝 → 昼

苗木(癒しのお昼休みだ。どうしようか?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

23:13まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

307: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 23:19:45.72 ID:DsjLFvjg0
 

―――――

6月7日(金)曇り/晴れ

本学科2年教室

苗木(……な、なんだか意識が混濁してたぞ……)

苗木(ええっと、お昼を食べ終わったんだよね。うん)

苗木(何かして気分を取り戻そう)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:図書室に行く
5:辺りをうろつく
6:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

23:23まで(>>207の「条件2」を採用)

314: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 23:34:05.84 ID:DsjLFvjg0
苗木(十神クンと過ごそうかな?)

苗木(十神クン……は、いないみたいだね)

苗木(どこに行ったんだろう?)

―――
――


本学科2年教室 → 情報技術室

苗木(十神クン、こんなところに……)

苗木(何かパソコンを食い入るような目で見ているね)

苗木「十神クン」

十神「……わざわざここまで何しに来た?」

苗木「いや、この前の事が気になって……結局あれは本当だったの?」

十神「どうやら、競争に敗れた奴らが十神の名を使って好き勝手やっていたらしい」

苗木(競争とは、十神一家で行われる特殊な『世襲制度』の事かな)

十神「チッ……大人しく引き下がればいいのに、勝手な真似しやがって……」

1:十神はどうするんだ?
2:もう選ばれし人間ではないな
3:名誉挽回しないのか

下3

318: ◆igI1RpSKDI 2014/01/07(火) 23:50:39.08 ID:DsjLFvjg0
苗木「十神クンは、この事に関して名誉挽回しないの?」

十神「名誉挽回……か」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

十神の好感度が少し上昇した!

十神「他人のせいとはいえ、十神財閥に泥を塗られた。つまりこの俺が『敗北』したという事だ」

十神「もう俺は『選ばれた人間』ではなくなった。俺が何をしようと無駄だ」

苗木「そんな事ないよ!」

苗木「前にも言ったけど、まだ負けが決定したわけじゃない! 今から勝ちに行くんだ!」

十神「……フン、やはりお前の生き様とは違うみたいだな」

十神「この際だ、白黒はっきりつけようじゃないか!」


――
―――

ココロンパ 開始!

十神「この俺は『選ばれた人間』だ」

十神「それは血筋と勝利に基づくもので、初めから『選ばれた人間』などいないからだ」

十神「『選ばれた人間』には、常に勝利する宿命があり、常に勝利しようとする覚悟が必要となる」

十神「その【勝利こそが今回の問題点】となっている」

十神「お前はまだ敗北と決まったわけじゃないと主張したいみたいだが……」

十神「日本でも有数の巨大財閥が不正着服。これは【由々しき事態に他ならない】」

十神「『火のない所に煙は立たぬ』……この問題が嘘であれ、そう思われるのが当たり前だ」

十神「もしかしたら、隠ぺいしたのかもしれない……愚民の印象は、簡単にはぬぐえぬ」

十神「だから、この問題が露呈したその時点で【既に敗北は決定している】のだ!」

苗木(十神クンの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

※『肯定』か『否定』をして下さい。

1:勝利こそが今回の問題点
2:由々しき事態に他ならない
3:既に敗北は決定している

下3

323: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 00:13:22.85 ID:JyAQXN+y0
十神「だから、この問題が露呈したその時点で【既に敗北は決定している】のだ!」

苗木「そ れ は 違 う よ !」否定!!

―――
――


苗木「……十神クン、その意見、切らせてもらうよ」

十神「何度言えば分かるんだ貴様は。もう負けは決定している」

苗木「違うんだ十神クン。おそらくキミは勝利の中でも『完全勝利』しか味わった事がないから、焦っているんだ」

苗木「なにも勝利とは華々しいものではない……『辛勝』みたいに、ギリギリ勝利する事だってある」

苗木「今の十神クンは、例えるならテニスで2点先に取られてしまったものだ」

苗木「でも、もうこの時点で負けが決まったわけじゃないでしょ?」

十神「……そんなのは詭弁だ」

苗木「じゃあ、仮に十神クンの言う通り、負けが確定したとしよう」

苗木「そうすると、『世襲制度』の争いに負けた事になって、十神クンは『十神一家』ではなくなってしまう」

苗木「だったら、学園長から『除名通知』なりなんなりが来るんじゃないかな?」

十神「……!」

324: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 00:16:31.79 ID:JyAQXN+y0
苗木「十神クンはまだ『超高校級の御曹司』だ。そしてそれは、『十神白夜』が『選ばれた人間』である事もまた示している」

苗木「まだ十神クンは負けてない。十分勝利を狙えるんだ!」

苗木「『選ばれた人間』というのは、こういう経験をしてこそ『選ばれた人間』たりえるんじゃないかな?」

苗木「誰しもが初めから完璧超人じゃない。それは十神クン自身が言っている事じゃないか」

苗木「残念ながら、まだキミは『完璧』ではなかった。だから『完璧』になるために苦心を強いられる宿命と相成ったんだ」

苗木「この経験こそ、十神クンにとっては乗り越えなくては、勝たなければならないものだ」

苗木「だから……十神クン、『勝利』を目指そう。いつまでも下を向いてちゃ、本当に『敗北』しちゃうよ?」

十神「……………」

十神「……お前の考えを、認めたわけじゃない。受け入れたわけじゃない」

十神「しばらく、俺にも考える時間が必要となったようだ」

十神は自分のプライドと戦っているようだ……

十神の好感度が大きく上昇した!

十神とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

心の奥底から確かな希望を感じる……

十神との希望のカケラが1個集まった!

RANK4 → 5

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(十神クンに何かプレゼントしようかな?)

十神に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×2
 f:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 h:イン・ビトロ・ローズ×1
 i:千年ポプリ×2
 j:水晶のドクロ×2
 k:ドクロマスク×3
 l:大神宗家の書×1
 m:マコト写本×1
 n:アンティークドール×1
 o:2.5Dイヤホン×1
 p:エンゲージリング×1
2:渡さない

0:20まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

 

331: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 00:34:10.58 ID:JyAQXN+y0
苗木(『ドクロマスク』を渡そうかな?)

苗木「十神クン、これあげるよ」

十神「……受け取ってはおこう。この俺に対してさらなる仕打ちでも仕掛けるつもりではないだろうな?」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

十神の好感度が少し上昇した!

そろそろ十神ともっと深い仲になれそうだ……

十神と別れて教室へと戻っていった……

―――
――


6月7日(金)曇り/晴れ
昼 → 夕
情報技術室 → 本学科2年教室

苗木(朝日奈さんと約束していたね)

苗木「朝日奈さん」

朝日奈「苗木! ほらほら、早く行くよ!」

苗木「う、うん」

―――
――


本学科2年教室 → プール

朝日奈の泳ぎに付き合った……

今の『運動』神経ならなんとか付いていける……

苗木「やっぱり朝日奈さんは早いなぁ」

朝日奈「苗木だって凄いよ! 私結構実力出して泳いでるのに!」

苗木「あはは、たまたまだよ」

苗木「それで……ただ泳いだわけじゃないんでしょ?」

朝日奈「うん……私は、色々ゴチャゴチャ考えるより、まずは泳いでみるタイプだから……」

朝日奈「苗木と泳いでみて、ちょっとは頭の整理も出来たかな」

苗木「それはよかった」

朝日奈「……苗木は、『恋愛』についてどう思ってる?」

苗木(恋愛、か……改めて言われると……)

1:自分には難しい
2:砂糖菓子みたいな感じ
3:相手と積み重ねていくもの

下3

335: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 00:51:52.33 ID:JyAQXN+y0
苗木「そう、だね……相手と積み重ねていくもの、かな?」

朝日奈「相手と積み重ねていくもの?」

苗木「うん。恋愛は、当然だけど1人だけのものではなく、その対象がいるわけだ」

苗木「一方的なものは片思い、最悪ストーカーとなってしまうから、相手側もまた『恋愛』する必要がある」

苗木「片一方の独善的なものではなく、互いが互いを思う事こそが『恋愛』なんじゃないかな?」

朝日奈「あはは、さすが現在進行形で経験してる人の言葉は違うね?」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

朝日奈の好感度が少し上昇した!

苗木「ちゃ、茶化さないでよ///」

朝日奈「ごめんごめん……でも、苗木が好かれる理由が分かったかも///」

苗木「別にボクはそこまで―――」

朝日奈「ねえ、苗木」

苗木(言葉を遮られてしまった)

苗木「何かな?」

朝日奈「苗木の意見も聞いて、なんとなく自分の考えがまとまったから……苗木に、聞いてほしい」


――
―――

ココロンパ 開始!

朝日奈「私は今まで、自分には相応しくないものだと思ってた」

朝日奈「だって、泳いだり、ドーナツ食べたりしてばっかで……」

朝日奈「そういう考えに至った事なんて、【今まで1度もなかった】」

朝日奈「だから、もしかしたらヤバイかも、と思って勉強しようと思ったんだけど……」

朝日奈「苗木の言葉で、勉強するものでは……【1人でやるものではない】と分かったんだ」

朝日奈「だからと言って、『シミュレート』するものでもないんだね」

朝日奈「そこには【気持ちが宿ってない】から……思いが本物じゃないから」

朝日奈「ありがとう、苗木」

朝日奈「苗木のお陰で、大切な事に気づけた気がするよ」

苗木(朝日奈さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

※『肯定』か『否定』をして下さい。

1:今まで1度もなかった
2:1人でするものではない
3:気持ちが宿ってない

下3

339: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 01:06:55.14 ID:JyAQXN+y0
朝日奈「苗木の言葉で、勉強するものでは……【1人でやるものではない】と分かったんだ」

苗木「そ の 意 見 に 賛 成 だ !」肯定!!

―――
――


苗木「ボクの考えが伝わったようで、よかったよ」

苗木「朝日奈さん、焦りは禁物だ。焦ったから、あのような考えに至ったんだ」

苗木「周りの女子の会話を聞いて、自分とは違っていたら焦燥する理由は分かるよ」

苗木「だからと言って、それで自分のペースを崩したり、間違えた道にいってしまってはいけない」

苗木「朝日奈さんは朝日奈さんのペースで、『恋愛』をしていけばいいんだ」

苗木「きっと朝日奈さんにも、素敵な相手が見つかるはずだよ」

苗木「まあ、今すぐに、とは言えないけどね……あはは……」

苗木「……ゴホン、とにかく。朝日奈さんは十分に女らしいよ」

苗木「『恋をした事ないから女らしくない』と言ってたけど、ボクからしてみればその考えに焦る姿は十分女らしいよ」

朝日奈「な、苗木!?///」

苗木「今の照れた顔だって、十分に素敵だ」

苗木「大丈夫! 朝日奈さんは誰がどう見ても『女』だよ!」

苗木「だから朝日奈さんは、今のままでもいいんだよ。無理して変わる事なんてない」

朝日奈「……な、苗木がそう言うなら……///」

朝日奈「……うん。私、もう悩みはしない。改めて……ありがと、苗木!」ニコッ

その時浮かべた朝日奈さんの笑顔は、眩いぐらいに素敵で……まさに金メダル級の笑顔だった……

朝日奈の好感度が大きく上昇した!

朝日奈とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

心の奥底から確かな希望を感じる……

朝日奈との希望のカケラが1個集まった!

RANK4 → 5

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(朝日奈さんに何かプレゼントしようかな?)

朝日奈に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×2
 ×:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 h:イン・ビトロ・ローズ×1
 i:千年ポプリ×2
 ×:水晶のドクロ×2
 ×:ドクロマスク×2
 l:大神宗家の書×1
 m:マコト写本×1
 n:アンティークドール×1
 o:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

1:10まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

348: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 01:22:40.18 ID:JyAQXN+y0
苗木(『千年ポプリ』を渡そうかな?)

苗木「朝日奈さん、これあげるよ」

朝日奈「いいの、これ貰っちゃって? ……うん、やっぱり私は苗木の事が……///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

朝日奈の好感度が少し上昇した!

そろそろ朝日奈ともっと深い仲になれそうだ……

朝日奈「な、苗木っ!///」

苗木「どうしたの、そんなに大きい声を出して……」

朝日奈「今度、大事な話があるから……その……///」

苗木「? 分かったよ。それまで待ってるね」

朝日奈と別れて自室に戻っていった……

その途中、紙とある物が落ちていた……

苗木(なんだろう、これ?)

苗木(『この度はこちらの不手際により皆様を困惑させてしまい、申し訳ございませんでした。つきましては、そのお詫びをさせて頂きます。 >>1より』)

苗木(なんだかよくわからないけど……落し物と間違われるかもしれないし、拾っておこう)

『エンゲージリング』を1つ手に入れた!

―――
――


6月7日(金)曇り/晴れ
夕 → 夜
プール → 自室

苗木(今日は西園寺さんと小泉さんの番だね)

苗木(食堂へ乗り込もうとしようか)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(食欲をそそるメニューだ……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:26まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

354: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 01:37:56.45 ID:JyAQXN+y0
苗木(豚神クン、左右田クン、花村クン、弐大クン、九頭龍クンと一緒に食べようかな?)

苗木「豚神クン、左右田クン、花村クン、弐大クン、九頭龍クン」

豚神「ほう、苗木か。話は色々と聞いているぞ」

左右田「羨ましいぞテメェ! ソニアさんにまで手ェ出すなよ!」

花村「不二咲くんもいる事だし、ぼくも立候補しちゃおうかな!」

弐大「ワシのアレが必要になったら、いつでも声をかけるんじゃあ!」

九頭龍「ケッ、色ボケだけはするんじゃねーぞ」

苗木「あはは……夕食だけど、一緒にどうかな?」

豚神「そうだな、同席する許可をやろう」

左右田「本来ならこんなモテ男……なんか情報よこせよ!」

花村「情報って……ぼくはもちろん構わないよ!」

弐大「そうじゃな、盛り上がる事は間違いないじゃろう」

九頭龍「左右田がうるさそうだけどな。ま、座れや」

苗木「うん、そうするね」

苗木(話題はどうしようかな?)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

1:42まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

357: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 01:48:09.31 ID:JyAQXN+y0
苗木「体重についてなんだけど……」

豚神「なんだ貴様、何が言いたい?」

九頭龍「テメェ……」

左右田「自ら地雷に飛び込むとは……漢だ……」

弐大「そういえば、ワシと豚神の体重はそこまで大差ないのぅ」

花村「横幅は違うのにね! ぼくも横に大きいけどさ!」

苗木(それもまた……)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:52まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

362: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 02:03:02.40 ID:JyAQXN+y0
苗木「七海さんが言ってた『ゲーム大会』についてだけど、いつぐらいがいいかな?」

豚神「試験の代休日が皆合うだろう」

左右田「別にオレは今週末とかでもいいけどな!」

苗木「じゃあ、景品を出すとしたら何がいいかな?」

花村「もちろんエロいグッズに決まってるよね!」

弐大「サラシじゃあああああ!」

九頭龍「テメェら自己中すぎんだろ! 普通に商品券とかでいいんじゃね?」

苗木「なるほど、金券類か……」

豚神・左右田・花村・弐大・九頭龍と様々な事について話し合った……

豚神・左右田・花村・弐大・九頭龍の好感度が上昇した!

そろそろ豚神・左右田・花村・弐大・九頭龍ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて自室に戻っていった……

―――
――

381: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 20:15:43.70 ID:7EKkx87P0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(小泉さんと約束があったね)

苗木(小泉さんの部屋に行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「小泉さん、苗木だけど」

小泉『ちょっと待っててー』

―――
――


寄宿舎廊下 → 小泉真昼の部屋

苗木(なんだか前に比べてボクの写真が多くなったような……)

小泉「ごめん、粗茶だけど……」

苗木「いや、お構いなく」

苗木「それで、小泉さん。その……何かあったの?」

小泉「その……苗木さ、あたしの事を……撮ってくれないかな?」

苗木「撮るって、カメラで?」

小泉「そうよ。そこに置いてあるわ」

1:急にどうかしたのか?
2:断る理由はない
3:……はい、チーズ

下3

386: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 20:30:18.47 ID:7EKkx87P0
苗木「その、ボクがこれ使っていいの?」

小泉「自分で自分を撮る事は……まあ出来るけど、それよりは誰かに撮って貰う方がいいでしょ?」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

小泉の好感度が少し上昇した!

苗木「まあそれはそうだけど……」

小泉「もう、男ならウジウジしない!」

苗木「分かったよ、それじゃあ……………はい、チーズ」パシャッ

小泉「……どう?」

苗木「うん、バッチリ撮れたみたいだ。やっぱり性能が違うね」

小泉「……………」

苗木(スルーされてしまった……)

苗木(食い入るように撮れた写真を見ているな……)

小泉「やっぱり、何かが違う……ような……」

苗木「何かが違う?」

小泉「うん。他の写真もちょっと見てみて」

苗木(他の写真……これは日常のふとした瞬間を小泉さんが逃さず撮ったみたいだ)

苗木(……違い、違い……さっきとの……)

苗木(……考えてみよう。小泉さんが思い悩んでいる事を……!)


――
―――

ロジカルダイブ 開始!

苗木(まずは、平素の小泉さんの写真について考えてみよう)

苗木(小泉さんの親は戦場カメラマンで、幼い頃から写真に囲まれて生きてきたみたいだ)

苗木(そんな小泉さんが撮る写真には、ある『共通点』がある)

苗木(それはつまり……)

1:撮る人物の全てが笑顔
2:真顔の人物が1人はいる
3:必ずダブルピースをしている

下3

390: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 20:40:33.64 ID:7EKkx87P0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :      撮 る 人 物 の 全 て が 笑 顔      :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(小泉さんが撮るのは全て『笑顔』の写真……『撮る人物の全てが笑顔』なんだ)

苗木(これは小泉さんの母親が笑顔の写真しか見せてこないかららしい)

苗木(でも本人は困っているわけではなく、むしろ自ら進んで笑顔の写真を撮り続けている)

苗木(そして小泉さんは、笑顔の他にもある『ポリシー』を持っている)

苗木(それはつまり……)

1:フラッシュを決してたかない
2:撮った写真を決して消さない
3:お古のカメラを決して残さない

下3

395: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 20:47:23.50 ID:7EKkx87P0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :   撮 っ た 写 真 を 決 し て 消 さ な い   :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(小泉さんは『撮った写真を決して消さない』。それはその時だけの瞬間だから)

苗木(彼女は写真を『記録』と捉えているからだね)

苗木(その記録だけど、小泉さんは違和感を感じている)

苗木(今撮った写真と違い、他の写真はまさに『一瞬』を逃さず撮っていると言っていい)

苗木(ただ、そのせいか写真に『ある点』が浮き彫りとなってしまったのではないだろうか)

苗木(それはつまり……)

1:笑顔がどこか薄気味悪い
2:どこかピンボケしている
3:小泉が存在していない

下3

399: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 21:09:16.77 ID:7EKkx87P0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :      小 泉 が 存 在 し て い な い      :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(そう、全ては繋がった)

苗木(小泉さんは、戦場カメラマンな母親が見せた写真の影響で『撮る人物が全て笑顔』の写真を撮ってきた)

苗木(本人は納得しているし、意図してそういう写真を撮っている)

苗木(そしてまた、小泉さんは1度『撮った写真を決して消さない』事にしている)

苗木(撮った人物の写真はその時その瞬間にしか存在しないから……)

苗木(だからそれを『記録』するために写真を撮るんだ)

苗木(ただ、そんな彼女の写真は、全部と言う訳ではないが、中には違いが出ているものがある)

苗木(それは、日常のある瞬間を小泉さんが咄嗟に撮った写真だ)

苗木(そこには『小泉さんが存在していない』……正確に言えば、撮られた人物の中には小泉さんは映っていないんだ)

苗木(さっきみたいに『はい、チーズ』と言わずに、言い方が悪いが騙し討ちみたいな感じで撮ったからだろう)

苗木(その人物の瞳には、意識には、小泉さんが欠落しているんだ)

苗木(おそらく、それは写真を撮るに当たって重大な点と言えるのではなかろうか)

苗木(でも、希望は前に進むんだ!)

苗木(自分の行いに疑念を感じたとしても!!)

苗木(そこで諦めたりせずに、正しき光を掴み取るんだ!!!)

―――
――

400: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 21:12:18.84 ID:7EKkx87P0

苗木「……小泉さん」

苗木「ボクにはその違い、分かったよ」

小泉「本当に?」

苗木「うん。小泉さんが撮る写真は『撮る人物の全てが笑顔』で、このカメラで撮られた写真も例外じゃない」

苗木「それは小泉さんがそのような写真を撮ろうとしているからだ」

苗木「そして、『撮った写真を決して消さない』……撮れたらずっと残しているんだ」

苗木「写真を消すというのは、記録を消すという事だからだね」

苗木「だけど、さっき小泉さんが見てた写真は『小泉さんが存在していない』んだよ」

小泉「あたしが……存在、していない?」

苗木「分かりやすく言うと、撮られた人物はその時、小泉さんを認識していないんだよ」

苗木「これは不意打ち気味に撮った写真でしょ? だから、まさか写真を撮られるとは思っていないはずだ」

苗木「だから、その人物の頭の中には『小泉さんが撮る』という意識がないんだ」

苗木「そしてまた、瞳にも『小泉さんが映っていない』。せいぜいがカメラのレンズぐらいだろうね」

苗木「……小泉さん、キミの親が笑顔の写真のみを見せた理由……ボクにはなんとなく分かった気がしたよ」

小泉「え、嘘でしょ!? ど、どんな理由!?」

苗木「それは、小泉さんが考えるべきじゃないかな」

小泉「あたしが……考える……思いつかないのに?」

苗木「小泉さんなら、きっと辿り着くはずだよ」

小泉は思い悩んでいる……

小泉の好感度が大きく上昇した!

小泉とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK6 → 7

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(小泉さんに何かプレゼントしようかな?)

小泉に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 ×:新品のサラシ×2
 ×:ラジオゾンデ×3
 ×:ロマンツェリキュール×1
 h:イン・ビトロ・ローズ×1
 i:千年ポプリ×1
 j:水晶のドクロ×2
 k:ドクロマスク×2
 ×:大神宗家の書×1
 m:マコト写本×1
 n:アンティークドール×1
 o:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×2
2:渡さない

21:15まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

406: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 21:25:54.18 ID:7EKkx87P0
苗木(『千年ポプリ』を渡そうかな?)

苗木「小泉さん、これあげるよ」

小泉「『千年ポプリ』……こんなにいい物を貰っちゃったら、ちゃんと苗木の期待に応えないとね……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

小泉の好感度が少し上昇した!

まだ小泉ともっと深い仲にはなれないだろう……

小泉は答えを必死に考えている……
 
彼女の母親みたいな『勇気』が、もしかしたら必要となってくるのかもしれない……

今の自分は、その条件を満たしているだろう……

小泉と別れて自室に戻っていった……

―――
――


6月7日(金)曇り/晴れ → 6月8日(土)晴れ/曇り
小泉真昼の部屋 → 自室

苗木(あんな事言ったけど、そもそもボクの考えが正しいかどうかなんて分からないよね)

苗木(……うん、食堂に行こう! 希望は前に進むんだ!)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(X定食もY定食も値段が高いよなぁ……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:30まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

416: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 21:38:52.90 ID:7EKkx87P0
苗木(弐大クン、終里さんと一緒に食べようかな?)

苗木「弐大クン、終里さん」

弐大「おう、苗木か。朝から元気じゃのう」

終里「さっきまでトイレにいたオッサンに比べれば誰だって元気だろ」

苗木「あはは……朝食だけど、一緒にどうかな?」

弐大「そうじゃな、一緒にしゃぶりつくすのもいいかもしれんのう」

終里「肉にかぶりつく……苗木、競争しようぜ!」

苗木「しないよ!?」

苗木(な、何か話でもしよう)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

21:43まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

419: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 21:47:45.22 ID:7EKkx87P0
苗木「終里さん、大神さん以外に戦ってみたい人物っている?」

終里「んー、まだ決めてねぇんだよな……一応候補はいるが……」

弐大「まずは己を鍛えるべきだと思うんだがな」

終里「特訓とか嫌いなんだよオレは!」

弐大「これは次も結果が予想できるのう、苗木」

苗木「ま、まだ分からないと思うよ……うん……」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:51まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

422: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 21:57:43.88 ID:7EKkx87P0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

弐大・終里と戦闘について話し合った……

弐大・終里の好感度が上昇した!

まだ終里ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ弐大ともっと深い仲になれそうだ……

弐大「のう、苗木よ」

苗木「うん、どうかした?」

弐大「いや、今日時間が空いていたら、お前さんと話がしたいんじゃあ」

苗木(今日……)

1:昼
2:夕
3:夜
4:拒否

下3

426: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 22:06:36.17 ID:7EKkx87P0
苗木「じゃあ、昼休みでいいかな?」

弐大「構わんぞ。腹の調子ももちそうじゃあ!」

今日の昼に弐大と過ごす約束をした……

食器を片づけて教室へと向かった……


――
―――

寄宿舎食堂 → ???

モノミ「本来ならここで世界史の授業(>>294と>>298)をしまちゅ!」

モノミ「皆さんには大変なご迷惑をおかけしてしまいまちた……」

モノミ「深くお詫びを申し上げまちゅ」

―――
――


6月8日(土)晴れ/曇り
朝 → 昼
??? → 本学科2年教室

苗木(……あ、あれ、意識が……)

苗木(もうお昼の時間か、食べに行かなくちゃね)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

22:10まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

433: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 22:16:21.00 ID:7EKkx87P0
苗木(小泉さんを誘おうかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「小泉さん」

小泉「あっ、苗木……」

苗木「昼食、一緒に食べない?」

小泉「そうね……いいわよ、行きましょ」

苗木「うん」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(話すべき内容を、吟味しなければ……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:30まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

 

440: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 22:55:27.00 ID:7EKkx87P0
苗木「小泉さんのクラスの様子ってどんな感じ?」

小泉「クラスの様子? んー、まあ賑やかな感じじゃない?」

苗木「あっ、そっちもそうなんだ」

小泉「あたし達本学科生って一癖も二癖もある連中が一杯だからね……あたしは違うけど」

苗木(えっ)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:59まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

443: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 23:03:32.12 ID:7EKkx87P0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

小泉と77期生について話し合った……

小泉の好感度が上昇した!

そろそろ小泉ともっと深い仲になれそうだ……

小泉「ねえ、苗木」

苗木「うん?」

小泉「昨日の今日で悪いんだけど……」

苗木(予定の事かな?)

1:昼(弐大の約束と重なります)
2:夕
3:夜
4:嫌

下3

447: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 23:19:04.70 ID:7EKkx87P0
苗木「じゃあ、こちらも昨日の今日であれなんだけどさ……」

小泉「夜ね、分かったわ」

今日の夜に小泉と過ごす約束をした……

食器を片づけて自室へと戻っていった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 自室

苗木(さて、休日へと突入したね)

苗木(弐大クンに会いに行こうか)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「弐大クン、苗木だけどいる?」

弐大『おう、待っとったぞ。ちょっと待つんじゃあ』

―――
――


寄宿舎廊下 → 弐大猫丸の部屋

苗木(小奇麗な部屋だ……マネージメントに使うであろう道具もあって、さすが『超高校級のマネージャー』と言ったところかな)

苗木「お邪魔します」

弐大「そう堅くなる事もない……堅いだけじゃいかんからのう」

苗木(別の意味に聞こえてくるな……)

苗木「それで、ボクに何の用事?」

弐大「ううむ……ちょっと失敬するぞ」

弐大が苗木の体にあちこち触れてきた……

苗木「わわっ、な、何!? どうしたの!?」

判定
運動:RANK4

弐大「うううううむ……お前さん、意外としっかりしてるのう……人は見かけによらずとはこの事じゃな」

苗木「あ、ありがとう?」

弐大「苗木よ、何かスポーツ……もっと大雑把に、運動をする気はあるか?」

1:少し興味はある
2:する気なんてない
3:スポーツ王に俺はなる

下3

451: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 23:27:12.98 ID:7EKkx87P0
苗木「そうだね……スポーツ王に、ボクはなってみせるよ!」

弐大「ほう、そうか! ならワシと共に―――」

苗木「いやいや、その……今のはちょっとしたジョークで、そこまでなる気はないと言うか……」

弐大「なんだ、つまらんのう……」♪<ピロリン

苗木「ご、ごめんなさい……」

苗木「でも、ちょっとは興味あるかな。自分に出来るかどうかは分からないけど……」

弐大「何を言うんじゃあ! お前さんは十分素質がある! もっと鍛えれば、もしかするともしかするんじゃあ!」

苗木(どういう事なの……)

弐大から確かな期待を感じる……

弐大の好感度が上昇した!

弐大とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK4 → 5

心の奥底から確かな希望を感じる……

弐大との希望のカケラが1個集まった!

RANK2 → 3

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(弐大クンに何かプレゼントしようかな?)

弐大に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×2
 f:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 h:イン・ビトロ・ローズ×1
 i:千年ポプリ×1
 j:水晶のドクロ×2
 k:ドクロマスク×2
 l:大神宗家の書×1
 m:マコト写本×1
 n:アンティークドール×1
 o:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×2
2:渡さない

23:30まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

457: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 23:37:25.79 ID:7EKkx87P0
 

―――――

苗木(『大神宗家の書』を渡そうかな?)

苗木「弐大クン、これあげるよ」

弐大「こ、これは! ワシは今、猛烈に感動しておる……うおおおおおおおおおお!!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら、凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

弐大の好感度が少し上昇した!

そろそろ弐大ともっと深い仲になれそうだ……

弐大と別れて自室に戻っていった……

―――
――


6月8日(土)晴れ/曇り
昼 → 夕
弐大猫丸の部屋 → 自室

苗木(夕方になった。何をしようか?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:購買部に行く
5:娯楽室に行く
6:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
7:図書室に行く
8:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
9:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
10:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
11:自室で勉強する ●
12:自室で本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『魔法少女まどり☆マジカ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪????≫習得)0/4
 c:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
13:校舎辺りをうろつく
14:寄宿舎辺りをうろつく
15:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら昼も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に15が選択されます。

23:40まで(>>207の「条件2」を採用)

467: ◆igI1RpSKDI 2014/01/08(水) 23:52:51.02 ID:7EKkx87P0
苗木(ソニアさんと話でもしようかな)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「ソニアさん、苗木だけど……」

ソニア『苗木さん、こんばんは。どうされました?』

苗木「いや、もしよければ一緒に話でもしようかなぁ、と」

ソニア『よきにはからえ! いいですよ、話をしましょう!』

―――
――


寄宿舎廊下 → ソニア・ネヴァーマインドの部屋

苗木「ごめんね、なんか急に……」

ソニア「いえ、構いませんのよ?」

苗木「そう言ってくれると助かるよ」

ソニア「それで、話についてですが……」

苗木「そうだね……今度はそっちの『しきたり』の話でもして欲しいかな」

ソニア「こちらの『しきたり』、ですか……ちょっと違いますが、ある英雄の話があって……彼は黄金のあの生物を倒したんですよ!」

苗木(あの生物って……)

1:マタンゴ
2:マカンゴ
3:魔貫光殺砲

下3

471: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 00:02:14.96 ID:/3JfNgI/0
苗木「ええっと、その生物って『マカンゴ』とかいうやつかな?」

ソニア「はい、その通りです! 苗木さんもノヴォセリックに詳しくなりましたね!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

ソニアの好感度が少し上昇した!

苗木(いや、全然詳しくないと思います……)

ソニア「実は、その英雄に苗木さんは似ているんですよ」

苗木「に、似てる? ボクが? まさかそんな……」

ソニア「『特徴の無い顔立ちのアンテナを生やした勇者』……苗木さんにそっくりです」

苗木(それって日向クンの事じゃないのか……?)

ソニアのこちらを見る目が眩しい……

ソニアの好感度が大きく上昇した!

ソニアとのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK5 → 6

心の奥底から確かな希望を感じる……

ソニアとの希望のカケラが1個集まった!

RANK3 → 4

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(ソニアさんに何かプレゼントしようかな?)

ソニアに渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×2
 f:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 h:イン・ビトロ・ローズ×1
 i:水晶のドクロ×2
 j:ドクロマスク×2
 k:マコト写本×1
 l:アンティークドール×1
 m:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×2
2:渡さない

0:05まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

477: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 00:15:44.91 ID:/3JfNgI/0
苗木(『ルアックコーヒー』を渡そうかな?)

苗木「ソニアさん、これあげるよ」

ソニア「『ルアックコーヒー』ですか、中々手に入りませんのよね……ありがたき幸せ!」♪♪<ピロリロリーン

苗木(どうやら喜んでくれたようだ!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

ソニアの好感度が少し上昇した!

そろそろソニアともっと深い仲になれそうだ……

ソニアと別れて自室に戻っていった……

―――
――


6月8日(土)晴れ/曇り
夕 → 夜
ソニア・ネヴァーマインドの部屋 → 自室

苗木(花村クンの番で、明日がボクの番だ……)

苗木(行こう、食堂へ)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どうしようか……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:20まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

486: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 00:26:06.17 ID:/3JfNgI/0
苗木(セレスさん、むくろと一緒に食べようかな?)

苗木「セレスさん、むくろ」

セレス「あら苗木君」

戦刃「誠君こんばんは」

苗木「うん。夕食、一緒にどう?」

セレス「構いませんわ」

戦刃「いいよ! 一緒に食べよう!」

苗木「そうだね」

苗木(話題探し……うーん……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:30まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

489: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 00:34:10.43 ID:/3JfNgI/0
苗木「明日の料理当番はボクなんだけど、何か食べたい料理とかある?」

セレス「そうですわね……ここは餃子を推しておきますわ」

戦刃「誠君の料理はどれも美味しいから、どんなのが来ても大丈夫だよ」

苗木(そういう『なんでもいい』と言うのが一番困るんだけどね……)

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う…… 

戦刃の好感度が少し上昇した!

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:38まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

 
495: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 00:46:11.86 ID:/3JfNgI/0
苗木「うーん、他にはないかな?」

セレス「では、チャーハンなどはどうでしょう?」

苗木(なんで中華系ばっか推すんだろう……?)

戦刃「この前食べたハンバーグがいいな」

苗木「前作ったのは出さないようにしてるんだ……ごめんね」

セレス・戦刃と明日の料理について話し合った……

セレス・戦刃の好感度が上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

戦刃の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろセレス・戦刃ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて自室に戻っていった……

―――
――

507: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 20:12:41.60 ID:/3JfNgI/0
 
―――――

寄宿舎食堂 → 自室

苗木(えっと、今夜も小泉さんが話があるみたいだね)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「小泉さん、来たよ」

小泉『うん、今開けるから待ってて』

―――
――


寄宿舎廊下 → 小泉真昼の部屋

苗木(『千年ポプリ』、早速使っているみたいだ)

苗木「うーんと、昨日の話の続きかな?」

小泉「そう、ね……でも、その前に……」

小泉「苗木、あたしの母親の職業は覚えているわよね?」

苗木「うん、戦場カメラマンだったね」

小泉「そうよ。そしてあたしを写真家の道へと誘った張本人……」

小泉「苗木は、もしあたしのお母さんの立場なら……あたしに、どんな写真を見せたか聞いてもいい?」

苗木(ボクが小泉さんの母親なら……)

1:笑顔の写真だけを見せる
2:色んな表情の写真を見せる
3:そもそも写真自体見せない

下3

512: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 20:29:25.26 ID:/3JfNgI/0
苗木「やっぱり、小泉さんの母親と同じ事をすると思うよ」

小泉「『笑顔』の写真だけを見せる……かぁ……」

小泉「うん、あたしにも……なんとなく、分かった気がする」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

小泉の好感度が少し上昇した!

苗木「そっか」

苗木(これでボクの考えと違ってたらどうしよう……)

小泉「なんで、お母さんは『笑顔』の写真ばかり見せてきたのか……」

小泉「あたしが考えついた結論を、聞いてほしい」

苗木「うん」


――
―――

ココロンパ 開始!

小泉「どんな状況でも、どんな表情でも、写真を撮るのが写真家……」

小泉「あたしの【お母さんは、まさにそんな人】だった」

小泉「でも、なんであたしには『笑顔』の写真だけを見せたのか……」

小泉「それは、おそらく【そこに自分自身も存在しているから】だと思うの」

小泉「この前の、苗木の話を聞いて……あたしは色々と考えた」

小泉「確かに、不意打ち気味に撮った写真には、【あたしは映っていない】……」

小泉「でも、それだけじゃないと思うの」

小泉「おそらく、『笑顔』こそが、写真として残すべき記録であると……」

小泉「無表情や悲しい表情、怒った表情には『あたし』が入れないという事を……」

小泉「お母さんは、教えたかったんだと思う」

苗木(小泉さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

※『肯定』か『否定』をして下さい。

1:お母さんは、まさにそんな人
2:そこに自分自身も存在しているから
3:あたしは映っていない

下3

517: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 20:50:40.52 ID:/3JfNgI/0
小泉「それは、おそらく【そこに自分自身も存在しているから】だと思うの」

苗木「そ の 意 見 に 賛 成 だ !」肯定!!

―――
――


苗木「うん、ボクもその意見に辿り着いたよ」

苗木「戦場カメラマンは、危険な職業だ……下手をすれば命を落としかねない」

苗木「そして、その中で写真を撮っても……そこに映っているのは『事実』だ」

苗木「写真家としては当たり前の事だけど、小泉さんのお母さんは別な事に写真の『本質』を見抜いていたんだと思う」

小泉「本質……」

苗木「それが、『笑顔』なんだ……笑顔こそ、写真で最も大切なものであると思ったんじゃないかな?」

苗木「唯一、自分が映らなくても、確かにそこに『存在』する事が出来る……」

苗木「自分が撮った『記録』に、自分が『存在』している事は当然だと思うんだ」

苗木「だから小泉さんは、『笑顔』の写真ばかりを撮る事になった」

小泉「お母さんに見せられたからじゃなくって……?」

苗木「それも勿論あるだろうけど、多分幼心に『本質』を無意識に感じとっていたんじゃないかな?」

苗木「ただ、それを勘違いして『笑顔なら全ていい』と思いこんでしまったのかもしれないけど……」

苗木「でも、今の小泉さんなら大丈夫だね」

小泉「うん……うん……」

小泉「ありがと、苗木……あたし、ようやく大切な事に気がつけたよ!」ニコッ

その時浮かべた小泉さんの笑顔は、きっと彼女が撮ってきたどんな写真より笑顔だった事だろう……

小泉の好感度が大きく上昇した!

小泉とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

心の奥底から確かな希望を感じる……

小泉との希望のカケラが1個集まった!

RANK4 → 5

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(小泉さんに何かプレゼントしようかな?)

小泉に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 ×:新品のサラシ×2
 ×:ラジオゾンデ×3
 ×:ロマンツェリキュール×1
 h:イン・ビトロ・ローズ×1
 i:水晶のドクロ×2
 j:ドクロマスク×2
 k:マコト写本×1
 l:アンティークドール×1
 m:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×2
2:渡さない

20:54まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

527: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 21:05:51.91 ID:/3JfNgI/0
苗木(『イン・ビトロ・ローズ』を渡そうかな?)

苗木「小泉さん、これあげるよ」

小泉「こ、これって……うん、その、ありがと……嬉しい、よ///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

小泉の好感度が少し上昇した!

まだ小泉ともっと深い仲にはなれないだろう……

小泉「その……苗木!」

苗木「う、うん、何かな?」

小泉「あたし、あんたに伝えたい事があって……別に、今すぐにってわけじゃないけど……///」

苗木「えーと、じゃあ小泉さんが伝えたくなったら聞こうかな」

小泉「う、うん///」

小泉と別れて自室に戻っていった……

―――
――


小泉真昼の部屋 → 自室

苗木(そうだ、明日は大和田クンの誕生日だから、誕生日パーティを開く事をメールしとかないと)

苗木(『明日は大和田クンの誕生日なので、ボク達でパーティを開こうと思っています。朝食後に空き大部屋に集合して下さい 苗木』)

苗木(送信して、寝ようかな)

―――
――


6月8日(土)晴れ/曇り → 6月9日(日)曇り

苗木(今日は大和田クンの誕生日だ)

苗木(食堂に行って朝食をかき込もう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(手軽に食べれるので……あったっけな、ここの食堂に)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:10まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

538: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 21:16:22.61 ID:/3JfNgI/0
苗木(終里さん、小泉さんと一緒に食べようかな?)

苗木「終里さん、小泉さん」

終里「おう苗木、飯だぜ飯」

小泉「あ、苗木……」

苗木「朝食だけど、一緒にどうかな?」

終里「おう! 早く食おうぜ!」

小泉「い、いいわよ///」

苗木「うん、それじゃあ席を探そうか」

苗木(何について話そうか?)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

21:30まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

 

547: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 21:50:22.03 ID:/3JfNgI/0
苗木「誕生日にはどんな料理がいいと思う?」

終里「あ? そりゃ肉だろ肉」

小泉「料理名じゃないわよ、それ……やっぱりケーキじゃない?」

苗木「ケーキかぁ……」

終里「誰か誕生日なのか?」

小泉「多分大和田じゃない?」

苗木「小泉さんの言う通りだよ」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:54まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

552: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 22:05:17.23 ID:/3JfNgI/0
苗木「他にはないかな?」

終里「あれだ、ステーキとか出せばいいだろ!」

小泉「その誕生日の人の好物を出すのが無難ね」

苗木「なるほど、やっぱりそうなるか……」

終里・小泉と誕生日での料理について話し合った……

終里・小泉の好感度が上昇した!

まだ小泉ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ終里ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて空き大部屋へと向かった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 空き大部屋

苗木(大和田クン以外、皆揃ったようだね)

苗木「それじゃあ、早速だけど役割を分担していこう」

苗木「前回と同じく、買い出し、料理、飾り付けだね」

苗木(決め方はどうしよう……?)

1:安価により決定する(指定幅が広い安価となります)
2:ダイスにより決定する
3:>>1の独断と偏見により決定する
4:その他(決める方法をお書き下さい)

22:10まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

559: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 22:21:37.41 ID:/3JfNgI/0
判定
苗木:1D100 → 34(飾り付け)
石丸:1D100 → 03(飾り付け)
十神:1D100 → 91(飾り付け)
大和田:1D100 → 38(料理)
桑田:1D100 → 68(飾り付け)
山田:1D100 → 09(買い出し)
葉隠:1D100 → 74(料理)
舞園:1D100 → 95(料理)
霧切:1D100 → 43(飾り付け)
朝日奈:1D100 → 61(買い出し)
腐川:1D100 → 07(料理)
大神:1D100 → 79(買い出し)
セレス:1D100 → 45(料理)
戦刃:1D100 → 97(買い出し)
江ノ島:1D100 → 40(買い出し)
不二咲:1D100 → 02(料理)

苗木「えっと、買い出しが山田クン、朝日奈さん、大神さん、むくろ、江ノ島さん」

苗木「料理が大和田クン、葉隠クン、さやか、腐川さん、セレスさん、千尋」

苗木「飾り付けがボク、石丸クン、十神クン、桑田クン、響子だね」

苗木(買い出しと飾り付けのメンバー比が……凄いな、うん)

苗木(これでいいかな?)

1:チェンジ(誰と誰を交換するか書いて下さい)
2:チェック

下2・3・4(安価を全て採用します)

 

568: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 22:36:18.71 ID:/3JfNgI/0
 
―――――

判定
苗木:1D100 → 34(料理)
石丸:1D100 → 03(料理)
十神:1D100 → 91(飾り付け)
桑田:1D100 → 68(飾り付け)
山田:1D100 → 09(飾り付け)
葉隠:1D100 → 74(料理)
舞園:1D100 → 95(料理)
霧切:1D100 → 43(飾り付け)
朝日奈:1D100 → 61(買い出し)
腐川:1D100 → 07(買い出し)
大神:1D100 → 79(買い出し)
セレス:1D100 → 45(料理)
戦刃:1D100 → 97(買い出し)
江ノ島:1D100 → 40(買い出し)
不二咲:1D100 → 02(飾り付け)

苗木(あ、あれ……意識が……)

苗木(ダメだ、へばっちゃいけないぞ)

苗木「えっと、買い出しが朝日奈さん、腐川さん、大神さん、むくろ、江ノ島さん」

苗木「料理がボク、石丸クン、葉隠クン、さやか、セレスさん」

苗木「飾り付けが十神クン、桑田クン、山田クン、響子、千尋だね」

苗木(飾り付けが実質女子1人だけだけど、まあ千尋もいるし大丈夫……かな?)

1:チェンジ(誰と誰を交換するか書いて下さい)
2:チェック

下1・3(安価を全て採用します)

572: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 22:59:57.35 ID:/3JfNgI/0
苗木(うーん、葉隠クンと千尋を変えるか)

苗木「ちょっと変更するよ」

苗木「えっと、買い出しが朝日奈さん、腐川さん、大神さん、むくろ、江ノ島さん」

苗木「料理がボク、石丸クン、さやか、セレスさん、千尋」

苗木「飾り付けが十神クン、桑田クン、山田クン、葉隠クン、響子だね」

苗木(名実ともに飾り付けの女子が響子1人だけとなってしまったが……ごめん、響子。さすがに戦力がボク1人だとちょっと……)

苗木「よし、それじゃあ各自行動を開始しようか」

石丸「料理か……盛り付けた料理を運ぶのなら任せ給え!」♪♪<ピロリロリーン

舞園「誠君、手取り足取り教えてもらえませんか?」♪♪<ピロリロリーン

セレス「苗木君は忙しいのだから少しは自分で頑張りなさいな」♪♪<ピロリロリーン

不二咲「うん、誠君も一緒だし、頑張るよぉ!」♪♪<ピロリロリーン

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園・不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

―――
――


苗木(よし、料理をしていくか)

苗木「千尋、とりあえず思いつくものから作っていこうか。まずはケーキだね」

不二咲「分かったよぉ!」

苗木「石丸クン、さやか、セレスさんは、材料の方を頼もうかな。口頭の説明で分からなかったら聞いて」

石丸「了解した!」

舞園「これも花嫁修業の1つですね♪」

セレス「随分と豪華メニューの修行ですわね」

―――
――


プルルルルル……

苗木(携帯が鳴っているな……)

苗木「ごめんさやか、ボクの代わりにスピーカーにして電話に出て。そこに置いてあるから」

舞園「……っ! はい、分かりました///」

ピッ

舞園「あの、な、苗木です///」

戦刃『あっ、さやかちゃんの声? いいなぁ、私も言いたかった……』

舞園「ごめんなさい、私だけ得しちゃって……今誠君は料理中なんです。代わりに要件聞きますよ」

戦刃『その、プレゼントの事なんだけど……もし手持ちがなかったら、こっちで買うから』

苗木「大和田クンへのプレゼントか……」

1:そっちで買ってほしい(アイテムを失いたくない人向け)
2:用意してあるから大丈夫(好感度をより上げたい人向け)

下1・2・3・4・5(それぞれの選択肢のコンマの合計がより大きい方を採用します)

577: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 23:04:35.92 ID:/3JfNgI/0
苗木「ボクは既にあるから大丈夫だよ」

舞園「誠君はいいそうです」

戦刃『そっか。じゃあさやかちゃん含めそこにいる他の人にも聞こうかな』

※大和田へ送るプレゼントを決定します。
※真面目でも適当でも受け狙いでもなんでもいいです。

下1(石丸)・3(舞園)・5(セレス)・7(不二咲)

585: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 23:23:34.18 ID:/3JfNgI/0
石丸「僕は既に買ってあるから十分だと伝えてくれ!」

セレス「わたくしは『餃子』を買ってきて欲しいですわね」

千尋「僕は自作してきたんだぁ」

舞園「私も既に用意してありますから……セレスさんだけですね」

舞園「むくろさん、セレスさんが餃子で、他の人はもう用意が出来てます」

戦刃『うん、分かった。それじゃあ、誠君に大好きって伝えてくれる?』

舞園「……らしいですよ?」

苗木「うん。ボクも大好きだよ、むくろ」

戦刃『ま、誠君!? う、うん……ありがとう///』

舞園「それじゃあ、そろそろいいですか?」

戦刃『うん。じゃあね、さやかちゃん』

舞園「はい、むくろさん」

ピッ!

舞園「元の位置に置いておきますね」

苗木「うん、ありがとう。さやかの事も大好きだよ」

舞園「!! はい、私も誠君の事大好きです///」

苗木(さて、料理の方に集中するか……)

―――
――


苗木「で、出来たぁ!」

不二咲「間に合ったかなぁ?」

石丸「あとは兄弟に見つからないように部屋に持っていくのみだな!」

舞園「ドキドキですね……」

不二咲「ボクが探してきてしばらく話をしてくるよぉ」

苗木「任せたよ、千尋」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園・不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

―――
――


苗木(意外と買い出し組は帰ってきてないようだ)

苗木(飾り付けの方は既に終わったみたいだ。うん、誕生日会っぽいね)

苗木(あっ、電話はここにもかかってきたんだよね)

苗木「そう言えば、皆はプレゼントどうしたの?」

※大和田へ送るプレゼントを決定します。
※真面目でも適当でも受け狙いでもなんでもいいです。

下1(十神)・3(桑田)・4(山田)・5(葉隠)・7(霧切)

593: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 23:39:04.03 ID:/3JfNgI/0
十神「俺はヤツのために『カワサキ・ゼファー』を用意してきてやった」

桑田「オレは『オレのサイン』だぜ! 将来価値が鯉昇りになるから泣いて喜ぶぜ!」

山田「別の意味でですな。僕は『好きな同人誌を書いてあげる権利』ですな。正直、大和田紋土殿の好みのジャンルが分からないので……」

葉隠「俺は『倍返し饅頭』っていうのを頼んだべ!」

霧切「私は、この前モノモノマシーンから出てきた『絶対正義』をあげるわ。おそらく彼、こういうの好きでしょうし」

苗木(桑田クン以外はまともな物で安心したよ)

―――
――


苗木(買い出し組も帰ってきたようだ)

苗木「皆買い出しお疲れ様。どんな物を買ってきたの?」

※大和田へ送るプレゼントを決定します。
※真面目でも適当でも受け狙いでもなんでもいいです。

下1(朝日奈)・2(腐川)・3(大神)・4(戦刃)・5(江ノ島)

601: ◆igI1RpSKDI 2014/01/09(木) 23:58:28.42 ID:/3JfNgI/0
朝日奈「私は『ミ○ドの商品券』! 買ったものじゃないけどね……あはは」

腐川「『図書カード』よ……何よ、どうせ『コイツも買ってきてないのか』と思ってるんでしょ?」

大神「我は『高級チンチラシート』という物を買ってきた。以前、これが好きだと聞いてな」

戦刃「私は『笑い袋』だよ! とっても面白いんだこれ!」

江ノ島「そして私様はぁー……なんと、『ヘルメット』! これで自慢のモロコシヘアーも隠れて絶望的ィ!」

苗木(やっぱり残念姉妹じゃないか(憤怒))

苗木(まあ、大和田クンなら受け取ってくれるはず……うん)

―――
――


PiPiPi……

苗木(千尋からメールだ……)

苗木(『大和田君を今からそっちに向かわせるねぇ 不二咲』)

苗木(『了解、準備しておくよ 苗木』)

苗木(よし、送信)

苗木「皆、大和田クンがそろそろ来るみたいだからクラッカーの準備をしよう」

―――
――


不二咲「大和田君を連れてきたよぉ!」

大和田「おい不二咲、ここは―――」

大和田以外の78期生「「「「「「「「「「「「「「「Happy Birthday!!!」」」」」」」」」」」」」」」

パァン! パパァン!!

大和田「!? ……おい、どういう事だよ!?」

苗木「今日大和田クンの誕生日でしょ? だから皆でサプライズパーティを企画したんだ」

大和田「マジか……開いてもらえるなんて嬉しいぜ、サンキュー皆……」

苗木(目がうるっとしているな……泣いてないのはさすがは大和田クンというところか)

苗木「まず最初に、皆からプレゼントがあるんだ! ボクからはこれをあげるよ!」

a:ルアックコーヒー×2
b:レーション×1
c:希望ヶ峰の指輪×1
×:扇子「衣冠」×1
e:新品のサラシ×2
×:ラジオゾンデ×3
g:ロマンツェリキュール×1
h:水晶のドクロ×2
i:ドクロマスク×2
j:マコト写本×1
k:アンティークドール×1
l:2.5Dイヤホン×1
×:エンゲージリング×2

0:02まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

606: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 00:25:47.11 ID:dctH943a0
苗木「ボクからは『新品のサラシ』をプレゼントするよ」

大和田「おおっ、丁度欲しかったんだよこれ! あんがとよ、苗木!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!)

石丸「ボクは『高級ドッグフード』をあげるぞ、兄弟!」

大和田「……おう、ありがとよ兄弟!」

十神「俺からは『カワサキ・ゼファー』だ。お前の家に配送しておいたぞ」

大和田「マ、マジで!? さすが御曹司だな……感謝してもしきれねぇよ」

桑田「オレからは『桑田怜恩様のサイン』だぜ!」

大和田「……ああ」

大和田「後で捨てるか……」ボソッ

山田「僕からは『好きな同人誌を書いてあげる権利』ですぞ。さあ、希望のジャンルやカプを是非に!」

大和田「あ、後でな……」

葉隠「俺は『倍返し饅頭』をあげるべ!」

大和田「くれるもんならくれてみな」

舞園「私からは『ライブのチケット』です。前と比べると規模は小さいですが……」

大和田「いや、せっかく貰ったんだ。苗木連れて行くぜ」

霧切「私は『絶対正義』よ。もしも嫌いならごめんなさい」

大和田「さすが探偵、これ好きなんだよ! やっぱ大神隊長はすげぇからな! 憧れるぜ!」

朝日奈「私のプレゼントは『ミ○ドの商品券』! ドーナツはちゃんと味わって食べてよね!」

大和田「ああ、今度の休日にでも食いに行くぜ」

腐川「……ふん、『図書カード』よ。普通で悪かったわね……」

大和田「いや、却ってありがたいぜ」

大神「我は『高級チンチラシート』だ。我の記憶ではお主はこれが好きなはずだが……」

大和田「おう、大好きだぜ! ありがとよ!」

セレス「わたくしからは、『餃子』を差し上げますわ」

大和田「相変わらずだな、おい」

戦刃「私は『笑い袋』を買ったんだよ!」

大和田「……お、おお! すげぇじゃねぇか!」

江ノ島「気を遣わせるなんて残念すぎぃ……アタシは『ヘルメット』をあげるっしょ!」

大和田「オレ工事のバイトとかしてねぇから!」

不二咲「僕からは、『犬型アルターエゴ』をあげるよぉ! 気に入らなかったらごめんねぇ?」

大和田「そんなわけねぇだろ! その、サンキューな」

―――
――

607: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 00:27:33.47 ID:dctH943a0
6月9日(日)曇り
朝 → 昼

苗木(食事タイムとなった。ボクをはじめとした料理担当が腕によりをかけた料理の数々がならんでいる)

苗木(せっかくだから話しながら回っていこうかな?)

苗木(誰のところに行こうか?)

※人物名を挙げて下さい(複数人可能。ただしコミュは発生しない)

0:30まで(>>207の「条件1」を適用)

615: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 00:37:52.34 ID:dctH943a0
 

―――――

苗木(朝日奈さんのところにお邪魔しようかな?)

苗木「朝日奈さん」

朝日奈「苗木! さすが料理美味しいね!」

苗木「そう言ってもらえると光栄かな」

朝日奈「私も……頑張らないといけないかな……///」ボソボソ

苗木「?」

朝日奈「あのさ、苗木」

苗木「どうしたの?」

朝日奈「その……この前の話……///」

苗木「ああ、あれね」

1:OK
2:NO

下3

620: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 00:46:57.95 ID:dctH943a0
苗木「いいけど……ここで話をするの?」

朝日奈「ここじゃさすがに無理だから、廊下で……ね?///」

苗木「分かったよ」

―――
――


空き大部屋 → 寄宿舎廊下

苗木「さて、廊下に出たけど……」

朝日奈「……えと、苗木」

苗木「何かな?」

朝日奈「その……私が、恋をしたって言ったら……どう思う?///」

苗木「……え?」

朝日奈「うー、こ、恋だよ恋!///」

苗木「わわっ、ごめんごめん!」

苗木(朝日奈さんが恋、かぁ)

1:いい事だ、応援する
2:悪い事だ、止めさせる
3:肝心のお相手は?

下3

624: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 00:57:23.62 ID:dctH943a0
苗木「それはいい事だよ! 全力で応援するよ!」

朝日奈「え? そ、そう? あはは……嬉しいけど、お、応援は……その、ちょっと……」♪♪<ピロリロリーン

苗木「あれ? 何かまずかった?」

朝日奈「いや、苗木は純粋な気持ちで言っているわけだし……」ボソボソ

苗木「? えっと、それで……肝心のその恋した相手って誰なの? 差し支えなければ、教えてほしいな」

朝日奈「うえええぇぇ、あ、相手!?///」

苗木「こ、これもダメ?」

朝日奈「いや、あの、その///」

苗木「あ、朝日奈さん、とにかく落ち着こう!」

朝日奈「お、落ち着く事なんて……///」

苗木「難しいと思うけど、頑張るんだ!」

朝日奈「……む、無理! もう言っちゃう!///」

苗木(言っちゃう……って?)

625: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 01:09:37.99 ID:dctH943a0



朝日奈「な、苗木! 私はあんたの事が好き! 大好き!! 大大大大大好きいいい!!!」



626: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 01:17:37.75 ID:dctH943a0
苗木「……あ……う……」

苗木(な、なんと言うか……凄いパワフルと言うか……)

苗木(思いの丈のままに、感情が赴くがままに、言ったのかな……?)

苗木(……部屋まで聞こえてないよね? 一応距離は離れているし……)

苗木「あ、朝日奈……さん……」

朝日奈「その、ごめん……こんないきなり……///」

朝日奈「でも、私は……苗木が……苗木誠の事が好きだから///」

苗木「……そっか」

苗木(朝日奈さんと知り合ったのは、この学園に入学してから)

苗木(とても快活で、向こうから話しかけてきたのがきっかけだ)

苗木(ドーナツ好きに最初は戸惑ったけど、そんなところも彼女の魅力かもしれない)

苗木(でも、そんな明るい朝日奈さんを、陰で叩いている人がいると言う)

苗木(他にも、太ったかもしれないなど、他の人からの評価を気にしているみたいだった)

苗木(そして、ついには恋愛の『シミュレーション』までもちかけられたんだっけ)

苗木(朝日奈さんは、自分が女らしくないと悩んでいた。だからここまでしようと思ったんだ)

苗木(だけど、そんな事をしなくても朝日奈さんは十分女らしい)

苗木(ボクの話が彼女の琴線に触れたのか、最終的には『恋愛』について大切な事に気づけたみたいだ)

苗木(その時ボクは、まるで自分の事のように喜んだ。他人事ではなかった)

苗木(どうしてだろうか? 自分もあの場にいたから? ……いや、それは違う)

苗木(自分が、知らず知らずにどんどん惹かれて……そして、好きになっていたから)

苗木(だから……嬉しかったんだ)

苗木(……もう、整理するまでもないな)

苗木「……朝日奈さん」

朝日奈「う、うん」

苗木「……ボクも、朝日奈葵さんの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

朝日奈「―――当たり前だよ!」

朝日奈が5人目の恋人になった!
朝日奈の通信簿に新たなページが出来た!
朝日奈の好感度が大きく上昇した!
朝日奈とのらーぶらーぶ度が上昇した!
RANK8 → 9

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(朝日奈さんに何かプレゼントしようかな?)

朝日奈に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×1
 ×:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 ×:水晶のドクロ×2
 ×:ドクロマスク×2
 j:マコト写本×1
 k:アンティークドール×1
 l:2.5Dイヤホン×1
 m:エンゲージリング×2
2:渡さない

1:20まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

633: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 01:28:56.30 ID:dctH943a0
苗木(『エンゲージリング』を渡そうかな? 響子にはまだ渡していないけど……)

苗木「朝日奈さん……これ、受け取ってくれるかな?」

朝日奈「!!! は、早いよ苗木……でも、苗木の確かな気持ちが伝わってくる……嬉しいな///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

朝日奈の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

朝日奈の好感度が少し上昇した!

朝日奈「その、恋人になったらしてみたい事、あるんだけどさ///」

苗木「う、うん! 遠慮しないでよ!///」

朝日奈「ありがと、それじゃあ……苗木の事、下の名前で呼んじゃダメ?///」

苗木「……いいよ、葵///」

朝日奈「ま、誠!///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

朝日奈の好感度が少し上昇した!

まだ朝日奈ともっと深い仲にはなれないだろう……

しばらくの間話し合ってから空き大部屋に戻っていった……

―――
――

 
651: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 21:13:40.52 ID:dctH943a0
寄宿舎廊下 → 空き大部屋

苗木(葵はさやか達のところに行った。今頃『嫁掲示板』について教わっているんだろう)

苗木(ボクも夜寝る前にチラッと覗いてはいるが……時間があったら腰を据えて見てみよう)

苗木(さて、パーティが終わるにはまだまだ時間がある)

苗木(今度誰のところに行こうか?)

※人物名を挙げて下さい(複数人可能。ただしコミュは発生しない)

21:30まで(>>207の「条件2」を適用)

 
665: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 21:56:08.41 ID:dctH943a0
苗木(主役の大和田クンのところにお邪魔しようかな?)

苗木「大和田クン、改めてお誕生日おめでとう」

大和田「おう! なんだかわりぃな、こんなパーティ開いてもらっちまって」

苗木「いや、楽しんでもらっているなら幸いだよ」

大和田「オメェの誕生日にはすっげーもん用意してやるぜ!」

苗木「あはは、楽しみにしているね」

大和田「……ところで、今から少しオレの話に付き合ってくれねぇか?」

苗木「え?」

1:もちろんいい
2:もちろんやだ

下2・3・4(多数決により安価を決定します)


671: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 22:03:50.97 ID:dctH943a0
苗木「分かったよ」

大和田「じゃあちっと外に出るぜ」

―――
――


空き大部屋 → 寄宿舎廊下

苗木「中ではまずい話?」

大和田「……あまり大勢には聞かれたくねぇ」

苗木「そっか」

大和田「なあ、苗木は……こんな事を言うと、先公みたいに思うかもしんねぇが、将来の事って考えてるか?」

苗木「将来?」

大和田「ああ。例えば、ここを卒業した先……とかだな」

苗木(将来……ねぇ……)

1:考えてはいる
2:考えた事すらない
3:考えるな、感じろ

下3

677: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 22:14:52.64 ID:dctH943a0
苗木「それは……考えてはいるよ」

苗木「ボクは皆と違って、抽選枠だから……特別な才能なんてないし」

大和田「……考えているのか、さすが苗木だな」♪♪<ピロリロリーン

苗木「嫌、褒められる事をしたわけでは……」

苗木「でも……将来に対して、不安に思う気持ち……それは分かるよ」

大和田「……え?」

苗木「あれ、違ったかな?」

大和田「いや……でも、なんつーか……」

苗木「……将来……未来……分からない事に対して、不安になってしまうのは往々にしてあると思う」

苗木「だから、今はそれを考えるよりは……今を生きた方がいいんじゃない?」

大和田「今を……生きる……」

苗木「そして、道を進んだ先で……感じとる事が出来るかもしれない」

大和田「将来を、か……」

大和田はどこか思う事があるようだ……

大和田の好感度が大きく上昇した!

大和田とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK5 → 6

心の奥底から確かな希望を感じる……

大和田との希望のカケラが1個集まった!

RANK3 → 4

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(大和田クンに何かプレゼントしようかな?)

大和田に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 ×:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×1
 ×:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 h:水晶のドクロ×2
 i:ドクロマスク×2
 j:マコト写本×1
 k:アンティークドール×1
 l:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×2
2:渡さない

22:18まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

683: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 22:23:13.27 ID:dctH943a0
苗木(うーん、誕生日プレゼントはあげたし、いいかな)

そろそろ大和田ともっと深い仲になれそうだ……

空き大部屋に戻って行った……

―――
――


寄宿舎廊下 → 空き大部屋

苗木(大和田クンは石丸クンのところに行った)

苗木(石丸クンなら頼りになるね)

苗木(さて、パーティが終わるにはまだ少し時間がある)

苗木(今度は誰のところに行こうか?)

※人物名を挙げて下さい(複数人可能。ただしコミュは発生しない)

22:27まで(>>207の「条件1」を適用)

691: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 22:33:41.83 ID:dctH943a0
 


―――――

苗木(セレスさんのところにお邪魔しようかな?)

苗木「セレスさん」

セレス「あら、苗木君。肝心の調理は苗木君と不二咲君がやったとはいえ、自分が手伝った料理の味はまた一味違いますわね」

苗木「そうだね、ボクもそう思うよ」

セレス「ふふ、料理も悪くありませんわ……ところで苗木君」

苗木「うん」

セレス「お時間を少々わたくしに頂けないかしら?」

苗木(話のお誘い……かな)

1:コール
2:フォールド

下3

695: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 22:45:15.86 ID:dctH943a0
苗木「うん、その話に『コール』するよ」

セレス「あら、それじゃあ『ショーダウン』ですわね」

―――
――


空き大部屋 → 寄宿舎廊下

苗木「さて、どんな話かな?」

セレス「ふふふ、そう焦る事もないですわ。……そうですわね……」

セレス「苗木君……フルネームで苗木誠……」

苗木「? そ、そうだけど……」

セレス「苗木君は、ご自身の名前を気に入っております?」

苗木「ボク自身の名前?」

セレス「ええ」

苗木(真剣な表情で見つめてくる……まるでギャンブルの時のようだ……)

1:気に入っている
2:実はあまり……
3:自分で名付けたい

下3

699: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 23:08:56.36 ID:dctH943a0
苗木「いや、実はあまり……」

セレス「そ、そうなんですの?」

苗木「まあ、平凡だし……山田クンから貰ったゲームでは同名の主人公があまりいい人じゃなくって、掲示板を見たら……」

セレス「……あんの腐れラードがあああああぁぁぁぁぁ!!」

セレス「……ゴホン、安心して下さい苗木君。わたくしは素晴らしい名前だと思いますわ」♪♪<ピロリロリーン

苗木「セレスさんにそう言われると、悪くないと思えてくるかな」

苗木「でも、どうして急に?」

セレス「……………」

苗木「もしかして、この前の話と関係があったり?」

セレス「さすがに見抜かれましたか……」

セレス「そうですわね……わたくしのナイトである苗木君には、話しましょうか……全てを……」


――
―――

ココロンパ 開始!

セレス「前にも言った通り、わたくしの本名は『安弘多恵子』……」

セレス「わたくしは、この名前で呼ぶなと苗木君に言いました」

セレス「その理由は、わたくし自身がこの名前が嫌いだからですわ」

セレス「こんなくっそダサイ名前……【誰が好きになれると言うのか】……」

セレス「両親を憎んだ事もありましたわ」

セレス「だからわたくしは、【解き放たれたかった】……この忌々しい名前から」

セレス「苗木君に話した理由は、罰ゲームであったのと、『信頼』があったのと……」

セレス「【苗木君が、『希望』であった】から……ですわ」

セレス「自らの名前を偽り、暗闇とも思えるただ中を歩いていた時に……」

セレス「苗木君の存在は、まさにわたくしにとって救いであり、『希望』であったんです」

苗木(セレスさんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

※『肯定』か『否定』をして下さい。

1:誰が好きになれると言うのか
2:解き放たれたかった
3:苗木君が、『希望』であった

下3

704: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 23:32:18.88 ID:dctH943a0
セレス「こんなくっそダサイ名前……【誰が好きになれると言うのか】……」

苗木「そ れ は 違 う よ !」否定!!

―――
――


苗木「セレスさん……それは違うんだ」

セレス「違う? そんなわけありませんわ」

苗木「そんなわけあるんだ」

苗木「『安弘多恵子』……弘(ひろ)き安らぎを、そして多いに恵まれた子であるように……」

苗木「素晴らしい名前じゃないか。ご両親がよく考えた事が窺えるよ」

苗木「それに、セレスさん」

苗木「ボクが救いであり、『希望』であると言うなら……もっと頼ってもいいんじゃないかな?」

苗木「今まで嫌いだったものを、あっという間に好きになれるとは思っちゃいない」

苗木「『セレス』さんがこれまで積み上げてきたものだって、沢山あるはずだ」

苗木「だから、これからはボクと一緒に、少しずつ取り除いて行こう」

苗木「キミが『安弘多恵子』であると、自信を持って言えるように……」

苗木「それまではボクは、セレスさんの行く手を阻むものを払いのける『ナイト』でありたい」

セレス「……ふふ、恋人が増えるわけですわね」

セレス「それでは、苗木君……あなたの功績を認めて、『Bランク』への昇格を認めます」

セレス「さっき言った事、きちんと守ってもらいますわよ?」

セレス「わたくしが『安弘多恵子』でいれる日を……待っていますわ」ニコッ

その時浮かべたセレスさんの笑顔は、彼女が心から浮かべた……『安弘多恵子』さんとしての笑顔だった……

セレスの好感度が大きく上昇した!

セレスとのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

心の奥底から確かな希望を感じる……

セレスとの希望のカケラが1個集まった!

RANK4 → 5

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(セレスさんに何かプレゼントしようかな?)

セレスに渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×1
 f:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 ×:水晶のドクロ×2
 ×:ドクロマスク×2
 j:マコト写本×1
 k:アンティークドール×1
 l:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×2
2:渡さない

23:35まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

710: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 23:42:48.78 ID:dctH943a0
苗木(いや、止めておこうかな……)

そろそろセレスともっと深い仲になれそうだ……

セレス「さて、苗木君……あなたには、重大な話がありますわ///」

苗木「重大な話?」

セレス「ええ。ですから、次の機会に……必ず、お話しますわ///」

苗木「何だろう? 楽しみに待っているよ」

空き大部屋に戻っていった……

―――
――


寄宿舎廊下 → 空き大部屋

苗木「料理もなくなったし、そろそろ片づけて解散しようか」

大和田「おう、片づけ手伝うぜ!」

苗木「いや、いいよいいよ! 主役にやらせるわけにはいかないしさ」

大和田「気にすんなよ!」

苗木「……じゃあ一緒にやろうよ」

大和田「任せとけ」

大和田も加わってクラスメート全員で片づけた……

―――
――


6月9日(日)曇り
昼 → 夕
空き大部屋 → 自室

苗木(ふぅ、大成功だったな)

苗木(さて、どうしようかな?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:購買部に行く
5:娯楽室に行く
6:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
7:図書室に行く
8:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
9:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
10:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
11:自室で勉強する ●
12:自室で本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『魔法少女まどり☆マジカ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪????≫習得)0/4
 c:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
13:校舎辺りをうろつく
14:寄宿舎辺りをうろつく
15:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら昼も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に15が選択されます。

23:47まで(>>207の「条件1」を採用)

721: ◆igI1RpSKDI 2014/01/10(金) 23:56:18.29 ID:dctH943a0
苗木(……よし、時間もあるし嫁掲示板をじっくりと見てみようか)

苗木(教えてもらったアドレスにアクセス……)

苗木(そしてIDとパスワードを入力して……)

苗木(よし、入れたぞ)

苗木(気になる話題がありそうなスレッドは……)

※話題の内容をあげて下さい。
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※話題の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は掲示板を見るのをやめます。

0:00まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

725: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 00:15:57.09 ID:NR8qFF8z0
苗木(『恋人の皆で遊びに行くならどこがいい?』『誠君のどこが好きか』『苗木に見られる前に色んな所の毛を処理した方が良い?』……)

苗木(『誠君のどこが好きか』を見てみようかな? ちょっと気になるしね)

―――

◇ 誠君のどこが好きか 舞園さやか No.756
 ┣Re:誠君のどこが好きか 霧切響子 No.759
 ┣Re:誠君のどこが好きか 戦刃むくろ No.760
 ┣Re:誠君のどこが好きか 朝日奈葵 No.761
 ┗Re:誠君のどこが好きか 不二咲千尋 No.763

タイトル:誠君のどこが好きか
投稿No.:756
名前:舞園さやか
本文:
新たに誠君の恋人も増えましたし、改めて挙げていきましょう!
私は真っすぐで優しいところが好きです!

―――

タイトル:Re:誠君のどこが好きか
投稿No.:759
名前:霧切響子
本文:
私は……あえて挙げるなら手かしら?
手袋越しなのが憎いわ……きっと温かいのでしょうね

―――

タイトル:Re:誠君のどこが好きか
投稿No.:760
名前:戦刃むくろ
本文:
私は全部! 誠君の事全部大好き!

どれか1つ挙げるなら、希望を持っていることかな?

―――

タイトル:Re:誠君のどこが好きか
投稿No.:761
名前:朝日奈葵
本文:
私は恋愛について教えてくれた事かな?
今こうしてここに書きこめるのも誠のおかげだしね

―――

タイトル:Re:誠君のどこが好きか
投稿No.:763
名前:不二咲千尋
本文:
男の僕でも受け入れたところだねぇ
それどころか、誠君からキスしてくれたし……えへへぇ

苗木(……なるほど)

苗木(さて、どうしようかな?)

1:掲示板に書きこむ(内容を挙げて下さい) ●
2:ROMに徹する ●
3:掲示板を見るのをやめる
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:20まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

731: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 00:36:39.50 ID:NR8qFF8z0
苗木(よし、書き込もうか)

―――

◇ 誠君のどこが好きか 舞園さやか No.756
 ┣Re:誠君のどこが好きか 霧切響子 No.759
 ┣Re:誠君のどこが好きか 戦刃むくろ No.760
 ┣Re:誠君のどこが好きか 朝日奈葵 No.761
 ┣Re:誠君のどこが好きか 不二咲千尋 No.763
 ┗ボクとしては 苗木誠 No.764
  ┣Re:ボクとしては 戦刃むくろ No.765
  ┣Re:ボクとしては 舞園さやか No.766
  ┗Re:ボクとしては 不二咲千尋 No.767
   ┗ReRe:ボクとしては 霧切響子 No.768
    ┗ReReRe:ボクとしては 朝日奈葵 No.769

―――

タイトル:ボクとしては
投稿No.:764
名前:苗木誠
本文:
個人的にこの肉体を評価してもらいたかったかな
弐大クンからのお墨付きもあるしね

―――

タイトル:Re:ボクとしては
投稿No.:765
名前:戦刃むくろ
本文:
えっ、そうなの? 誠君の体には最近触れた事ないから分からないや……
結局あの時の夜も腕枕にドキドキしててよく分からなかったし……
その、今度抱きついていいかな?

―――

タイトル:Re:ボクとしては
投稿No.:766
名前:舞園さやか
本文:
誠君の体……ですか……
その、まだ心の準備は出来てないので、もう少し待って欲しいかなと思います

―――

タイトル:Re:ボクとしては
投稿No.:767
名前:不二咲千尋
本文:
修学旅行の時に一緒に寝た時、意外と筋肉があるって感じたよぉ!
あの時は幸せで、夢の中でも誠君に抱きしめられていたんだぁ……

―――

タイトル:ReRe:ボクとしては
投稿No.:768
名前:霧切響子
本文:
そうなのね、あの時はさやかとむくろが羨ましかったわ……
修学旅行の時に恋人になれていれば……

―――

タイトル:ReReRe:ボクとしては
投稿No.:769
名前:朝日奈葵
本文:
2人とも誠にラブラブだったもんね……
いいなぁ、一緒に寝れて

―――

苗木(……さすがにここで一緒に寝るのは……ううん……)

苗木(今度試しに夜、一緒に寝ないかどうか誘ってみようかな……)

732: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 00:46:39.07 ID:NR8qFF8z0
恋人達と掲示板でのやりとりを楽しんだ……

霧切・朝日奈・戦刃の好感度が上昇した!

舞園・不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだ朝日奈ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ舞園・霧切・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

―――
――


6月9日(日)曇り
昼 → 夜

苗木(さて、ボクの番が来たか……)

苗木(失敗しないようにしなくちゃね)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(よし、今日はビシソワーズを作ってみよう!)

―――
――


苗木(じゃがいもを煮込んだあと、フードプロセッサで滑らかにしてボウルに入れるところまで終わった)

苗木(この後は何を入れるんだっけ?)

1:水
2:牛乳
3:白ワイン

下3

736: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 00:58:13.44 ID:NR8qFF8z0
苗木(よし、牛乳を入れよう。九頭龍クンには悪いけど、言わなきゃ分からないよね)

苗木(最後に生クリームを加えてよく混ぜ、冷蔵庫でよく冷やそう)

―――
――


苗木(味見をして……よし! これはいい出来だぞ!)

コクうまビシソワーズが完成した!

早速皆に振る舞おう……

―――
――


舞園「さすが誠君、とっても美味しいです!」

霧切「牛乳……やはり胸が大きくなるというのは都市伝説なのかしら……」

戦刃「えっ、そうなの!? 知らなかった……」

狛枝「あはは、希望に満ち溢れてくるよ!」

九頭龍「うめぇなこれ! ウチでもこれくらい美味いもんが食えたら……」

辺古山「坊っちゃん……成長したのですね……」

苗木(どうやら皆満足してくれたみたいだ!)

全員の好感度が上昇した!

まだ朝日奈・腐川・江ノ島・七海・小泉・こまるともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・十神・大和田・桑田・山田・葉隠・舞園・霧切・大神・セレス・戦刃・日向・狛枝・豚神・田中・左右田・花村・弐大・九頭龍・終里・ソニア・西園寺・罪木・澪田・辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

皆食器を返し、食堂から出て行った……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う…… 

舞園・戦刃・不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ…… 

霧切・朝日奈の好感度が少し上昇した! 

そろそろ舞園・霧切・朝日奈・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

―――
――


寄宿舎食堂 → 自室

苗木(皆喜んでくれてよかったぁ。なーにしよっかなー?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『魔法少女まどり☆マジカ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪????≫習得)0/4
 c:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
6:娯楽室に行く
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

1:02まで(>>207の「条件2」を採用)

758: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 20:20:41.17 ID:NR8qFF8z0
 

―――――

苗木(ソニアさんと話でもしようかな?)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「ソニアさん、苗木だけど」

ソニア『あら苗木さん、どうしたんですか?』

苗木「よしよかったら話でもしない?」

ソニア『ええ、いいですわよ』

―――
――


寄宿舎廊下 → ソニア・ネヴァーマインドの部屋

苗木「急にごめんね」

ソニア「いえ、構いませんのよ? それで、話とは……」

苗木「うーん、しきたりについてはこの前話したからね……」

苗木「ソニアさんの方は、何か知りたいしきたりでもある?」

ソニア「そうですわね……しきたりについてでは、ないのですが……」

ソニア「苗木さんは、人はどこへ行こうともその人自身である事に変わりはないと思いますか?」

苗木「えっ?」

苗木(よく分からないんですけれど……)

苗木(しかし、ソニアさんの表情を見ると聞き返すのは憚れるな……なんとかして答えないと)

1:変わりないと思う
2:常に変化すると思う
3:意味が分からない

下3

762: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 20:37:41.99 ID:NR8qFF8z0
苗木「えっと、常に変化すると思う……かな?」

ソニア「そう思いますか!? やはり人は変われるのですね!」

苗木「う、うん、まあそうなんじゃないかな?」

苗木(よく分かってないけど……どういう意味で質問したのか……)

苗木(……ん? ……そうか、分かったぞ!)

苗木「ごめん、ソニアさん。前言撤回するよ。その人はその人である事に変わりないと思うよ」 

ソニア「そう、ですか……そうですよね……」♪♪<ピロリロリーン

苗木(あれ? どうしてそんな表情をするのだろうか)

苗木(何かがおかしい……ボクとソニアさんとで、何か食い違いが発生している?)

苗木(なんだろう……この矛盾……)

苗木(解き明かしてみるべきだな……)


――
―――

ロジカルダイブ 開始!

苗木(とりあえず、まずはソニアさん自身について考えようか)

苗木(彼女は『ノヴォセリック王国』というところから来た、いわば留学生だ)

苗木(日本語をはじめ30ヶ国語に精通しているからあまりそういう意識はないけど……)

苗木(当然ながら、この学園にいるという事は、ある『才能』を持っているという事だ)

苗木(それはつまり……)

1:超高校級の通訳
2:超高校級の王女
3:超高校級の第一宇宙速度

下3

767: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 20:46:27.19 ID:NR8qFF8z0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :         超 高 校 級 の 王 女         :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(ソニアさんはノヴォセリック王国の『王女』様だ。これは才能と言うのだろうか?)

苗木(……まあいいや。そういう事にしておこう)

苗木(さて、先ほどの質問についてだ。パッと聞いて訳が分からなかった)

苗木(でも、今までの事を考えると……おそらく、ソニアさんの言葉の意味が分かるはずだ)

苗木(それはつまり……)

1:ボーカル&ギタリストであるという事
2:王女であるという事
3:1人の女性であるという事

下3

771: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 20:50:52.83 ID:NR8qFF8z0
苗木(1人の女性であるという事!)

苗木(……いや、違う。『ソニアさん』は、そういう意味で聞いたわけじゃないはずだ)

苗木(彼女は、おそらく、この国でも……)

苗木(……仕切り直そう)

苗木(でも、今までの事を考えると……おそらく、ソニアさんの言葉の意味が分かるはずだ)

苗木(それはつまり……)

1:ボーカル&ギタリストであるという事
2:王女であるという事
×:1人の女性であるという事

下3

775: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 20:58:16.15 ID:NR8qFF8z0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :       王 女 で あ る と い う 事        :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(ソニアさんは、つまるところ、どこへ行っても自分は『王女であるという事』に変わりない、と思ってたんだ)

苗木(だからあの質問にもそのような意味が含まれていた)

苗木(ボクの答えを聞いたら、落胆するわけだね)

苗木(でもボクは、あの質問についてソニアさんとは異なる意味を感じとった)

苗木(それはつまり……)

1:ボーカル&ギタリストであるという事
2:王女であるという事
3:1人の女性であるという事

下3

779: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 21:26:25.86 ID:NR8qFF8z0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :    1 人 の 女 性 で あ る と い う 事    :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(……そう、全ては繋がった)

苗木(ソニアさんとボクは、あの質問に対してそれぞれ違う解釈をしていたんだ)

苗木(まず、ソニアさんは『超高校級の王女』である。ノヴォセリック王国の王女様だ)

苗木(当然祖国ではそのような扱いをされて過ごしてきた)

苗木(そしてこの日本国でも、あまり差異は感じられなかったのだろうか)

苗木(ソニアさんは『王女であるという事』はどんな土地でも不変であると思った)

苗木(彼女があの質問にこめた意味とは、これのことだろう)

苗木(ボクは、ソニアさんとは異なる考えだった)

苗木(あの質問を、ソニアさんは『1人の女性であるという事』に変わりはないよね、と解釈したからだ)

苗木(変わらないという言葉が、両者にとって受け取り方が変わってくるなんて……)

苗木(でも、希望は前に進むんだ!)

苗木(自分の地位に縛られ追い求める物が見失いそうでも!!)

苗木(その拘束は偽りであり、誰もが自由に手を伸ばして手に入れられる事に変わりないんだ!!!)

―――
――

780: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 21:26:58.83 ID:NR8qFF8z0
苗木「……ソニアさん」

苗木「キミとボクとでは、あの質問に違う理解を示していたんだ」

ソニア「……違い、ですか?」

苗木「ソニアさんは、自分が『超高校級の王女』であり……」

苗木「そしてこの国でもそれに変わりはないという事」

苗木「つまり、『王女であるという事』に違いはないかと聞きたかったんじゃないかな?」

ソニア「はい、その通りです」

苗木「でも、ボクは違うように思った。だから返事の意味合いも変わってしまった」

苗木「ボクは、『1人の女性であるという事』に違いはないかと思ったんだ」

苗木「もうちょっと正確に言うと、ソニアさんはソニアさんであるという事に変わりないか、かな」

苗木「ああいうのは得てして自分自身の事を聞いているのが多いからね」

苗木「ソニアさんがソニアさんじゃなかったら、大変だよ」

ソニア「でも、それはつまり、わたくしが王女であるから―――」

苗木「いや、ソニアさんは少なくともこの国ではただの『学生』だよ」

苗木「ここ日本に留学しに来た、一介の生徒だ」

ソニア「……学生……」

ソニア「いえ、でもやはり、わたくしは……」

ソニアは戸惑いを感じている……

ソニアの好感度が大きく上昇した!

ソニアとのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK6 → 7

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(ソニアさんに何かプレゼントしようかな?)

ソニアに渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×1
 f:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 h:水晶のドクロ×2
 i:ドクロマスク×2
 j:マコト写本×1
 k:アンティークドール×1
 l:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×2
2:渡さない

21:40まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

― 
792: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 22:08:45.06 ID:NR8qFF8z0
苗木(『ルアックコーヒー』を渡そうかな?)

苗木「ソニアさん、これあげるよ」

ソニア「……はい、ありがとうございます。喜んで受け取りますわね」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

ソニアの好感度が少し上昇した!

まだソニアともっと深い仲にはなれないだろう……

ソニアと別れて自室へ戻っていった……

―――
――


6月9日(日)曇り → 6月10日(月)曇り
ソニア・ネヴァーマインドの部屋 → 自室

苗木(食堂に行って朝食を食べてしまおう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どうしようかな?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:12まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

801: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 22:18:18.01 ID:NR8qFF8z0
苗木(ソニアさん、小泉さんと一緒に食べようかな?)

苗木「ソニアさん、小泉さん」

ソニア「……苗木さん、おはようございます」

小泉「お、おはよう、苗木」

苗木「一緒に朝食を食べない?」

ソニア「そうですわね……いいと思います」

小泉「そ、そうね。ソニアちゃんの言う通りよ///」

苗木「よかった、それじゃあ席に着こうよ」

苗木(話題は何にしようかな?)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:22まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

805: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 22:27:15.28 ID:NR8qFF8z0
苗木「今日の放課後ス○バにでも行かない?」

ソニア「○タバとはなんでしょうか?」

小泉「スタ○はコーヒーのチェーン店の愛称よ。でも平日だと門限に間に合うかどうか厳しいわよ?」

苗木「そっか……そうだよね」

苗木(そもそも許可貰わないと外に出れないしな……)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:31まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

816: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 23:13:29.60 ID:NR8qFF8z0
苗木「でも、やっぱり学生のうちには学生らしい事をしておきたいと思うんだよ」

ソニア「なるほど、日本の学生は放課後に『スナバ』によるのがしきたりなんですね」

小泉「ソニアちゃん、『ス○バ』だから。でも、確かに一理あるわね。……デートみたいな感じになるかもしれないし」

苗木「?」

苗木(後半になるにつれてトーンダウンしたから何を言ったかまでは聞き取れなかったな……)

ソニア・小泉と学生らしい放課後について話し合った……

ソニア・小泉の好感度が上昇した!

まだソニア・小泉ともっと深い仲にはなれないだろう……

食器を片づけて教室へと向かった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

数学教師「まったく、慰謝料を請求したいぐらいだわ……」

数学の授業だ……

数学教師「今日は累乗根の大小比較をやっていくわよ」

数学教師「累乗根の大小比較では、y=a^x の性質を利用するのが大切よ」

数学教師「a>>1 の時、r<s ⇔ a^r<a^s、つまり『大小一致』となるわ」

数学教師「0<a<1 の時、r<s ⇔ a^r>a^s、つまり『大小反対』となるわ」

数学教師「それで、当然だけど問題で出てくるのはそのままでは比較できないようになっているわ」

数学教師「だから各数を a^r に直す必要があるの。この時、底a をそろえるのよ」

数学教師「各数を a^r になおす時は、以下の公式を使ってちょうだい」

数学教師「①a^0=1 ②a^-n=1/a^n ③√(n&a)=a^(1/n) ④(a^n)^(1/m)=a^(n/m) ⑤a^(m/n)=√(n&a^m )」

数学教師「式のイメージが掴み辛かったらWordを開いて数式をドラッグし、挿入→数式をクリックして式を2次元形式にすればいいわ」

数学教師「なお、大小の比較は関数の特徴(底a と 1 の大小に注意)から、各数の大小を比較するわ」

数学教師「例題を行うわよ。『2、√(3&4)、√(5&64)』の大小を比較せよ。』」

数学教師「2=2^1、√(3&4)=4^(1/3)=(2^2)^(1/3)=2^(2/3)、√(5&64)=64^(1/5)=(2^6)^(1/5)=2^(6/5) となるわ」

数学教師「y=2^x は増加関数であるから、2/3<1<6/5 より 2^(2/3)<2^1<2^(6/5)、すなわち √(3&4)<2<√(5&64) が答えね」

数学教師「それでは例題をやっていくわ。『1/√(3&3)、1、1/9の大小を比較せよ。』」

数学教師「それじゃあ……苗木、答えなさい」

ガタッ!

苗木(1/√(3&3)=1/3^(1/3)=3^(-1/3)、1=3^0、1/9=1/3^2=3^-2 となるね)

苗木(y=3^x は増加関数であるから、指数の大小の関係は -2<-1/3<0 となる)

1:1<1/9<1/√(3&3)
2:1/√(3&3)<1<1/9
3:1/9<1/√(3&3)<1

下2

819: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 23:25:13.26 ID:NR8qFF8z0
苗木「1/9<1/√(3&3)<1 です」

数学教師「その通りね。1/√(3&3)=1/3^(1/3)=3^(-1/3)、1=3^0、1/9=1/3^2=3^-2 より、y=3^x は増加関数であるから、-2<-1/3<0」

数学教師「したがって、3^-2<3^(-1/3)<3^0 すなわち、1/9<1/√(3&3)<1 となるわ」

数学教師「これには別解があって、底を 1/3 で揃えて解く事も出来るわ」

数学教師「この時は、y=(1/3)^x となり、減少関数となるから注意ね。でも答えは変わらないわ」

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

石丸・十神・大和田・桑田・山田・葉隠・霧切・朝日奈・腐川・大神・セレス・江ノ島の好感度が上昇した!

葉隠・舞園・戦刃・不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだ腐川・江ノ島ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・十神・大和田・桑田・山田・舞園・霧切・朝日奈・大神・セレス・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

授業を聞いた事により知識が上昇した!

―――
――


6月10日(月)曇り
朝 → 昼

苗木(昼食の時間だ。数学はやっぱりややこしいな……)

苗木(さて、どうしようか)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

23:29まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

831: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 23:38:58.79 ID:NR8qFF8z0
 
―――――

苗木(さやか、小泉さん、ソニアを誘おうかな?)

苗木「さやか」

舞園「はい、何でしょう?」

苗木「小泉さん、ソニアさんも誘って4人でお昼を食べようよ」

舞園「もちろん構いませんよ!」

苗木「ありがとう。じゃあ早速あと2人を誘いに行こう」

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「小泉さん、ソニアさん」

小泉「あら、また会ったわね」

ソニア「どうしたのでしょう?」

苗木「お昼はこの4人で食べようかなと思って。どうかな?」

小泉「さやかちゃんがいいならいいけど……」

ソニア「せっかくですし、お言葉に甘えましょう」

苗木「そうしてくれると嬉しいよ」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(話のネタは……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

23:42まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

836: ◆igI1RpSKDI 2014/01/11(土) 23:48:07.67 ID:NR8qFF8z0
苗木「そうだ小泉さん、昨日の朝食の時に誕生日で出す料理の相談に乗ってくれてありがとう」

小泉「別に構わないわよ。他ならぬ苗木の頼みだったし……///」ボソボソ

舞園「ふふ、その気持ち分かります」

ソニア「わたくしもなんとなくですが共感出来ます」

苗木(なんだか違う話になっていってるような……そして蚊帳の外だ……)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:52まで(コンマが一番大きい/小さい安価を採用します)

841: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 00:00:30.76 ID:1qv20dTK0
苗木「えっと、また機会があったら相談に乗ってもらっていいかな?」

小泉「え、ええ! もちろんよ!」

舞園「よかったですね、小泉さん♪」

ソニア「これにて一件落着! 素晴らしいです!」

苗木(何がさ?)

小泉にお礼の言葉を言った……

ソニア・小泉の好感度が上昇した!

舞園の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだソニア・小泉ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ舞園ともっと深い仲になれそうだ……

舞園「その、誠君」

苗木「どうしたの?」

舞園「今日のお昼休みですが、一緒に過ごしませんか?」

苗木(この後か……)

1:構わない
2:用事がある

下3

851: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 00:07:04.35 ID:1qv20dTK0
苗木「ごめん、ちょっと用事が……」

舞園「そうですか……。なら、その用事を優先して下さい」

苗木「埋め合わせは今度するから」

舞園「気にしないで下さい。こうして誠君と話しているだけでも嬉しいですから///」

(すっかり入れ忘れたが)恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ舞園ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室へと戻っていった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(うーん、悪い事しちゃったかな?)

苗木(とにかく、『用事』を済ませないとね)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:図書室に行く
5:辺りをうろつく
6:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

00:11まで(>>207の「条件2」を採用)

863: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 00:27:28.22 ID:1qv20dTK0
苗木(むくろと過ごそうかな?)

苗木「むくろ」

戦刃「誠君! どうしたの?」

苗木「お昼が終わるまで、一緒に過ごさない?」

戦刃「うん!」

戦刃「あっ、せっかくだから行きたいところがあるんだ」

苗木「へぇ、楽しみだな」

―――
――


本学科2年教室 → 射撃場

苗木(そういえば全然行ってないな……)

苗木「射撃をするの?」

戦刃「それもいいけど……お話したいな」

苗木「それじゃあ何について話そうか?」

戦刃「えっと……誠君は、今まで出来てた事に対して急に不安を覚える事って、ある?」

1:それはない
2:正直言うとある
3:おまじないをすれば平気

下3

868: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 00:39:51.38 ID:1qv20dTK0
 

―――――

苗木「まあ、正直に言うとあるね」

戦刃「あっ、やっぱり?」♪♪<ピロリロリーン

苗木「ここに来てその質問をするという事は……」

戦刃「……うん。誠君に恋して、改めて色々考えてみたんだけど……」

戦刃「そうしたら、射撃に対して不安になっちゃって……」

苗木「……なら、『おまじない』をすれば平気だよ」

戦刃「おまじない?」

苗木「うん。どこにしようか? 頬? おでこ? それとも……」

戦刃「……………っ!///」

苗木「あはは、なんとなくその反応で想像ついたけど、言って欲しいな」

戦刃「……分かった」



戦刃「……誠君。私の唇に、誠君の『おまじない』を……口づけをして?」



苗木「うん……」

2人の唇の距離が近づいている……

5cm……3cm……1cm……

そして……

……

戦刃とキスをした……

―――
――

870: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 00:44:10.08 ID:1qv20dTK0
戦刃「……えへへ」チュッ

苗木「不安、なくなった?」チュッ

戦刃「うん。心がほわぁっとして……」

戦刃「誠君のぬくもりが、不安を取っ払ってくれちゃった」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

戦刃の好感度が少し上昇した!

戦刃と初めてキスをした……

戦刃の好感度が大きく上昇した!

戦刃とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK9 → 10

心の奥底から確かな希望を感じる……

戦刃との希望のカケラが1個集まった!

RANK5 → 6

戦刃との希望のカケラが完成した!

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(むくろに何かプレゼントしようかな?)

戦刃に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:レーション×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:新品のサラシ×1
 f:ラジオゾンデ×3
 g:ロマンツェリキュール×1
 h:水晶のドクロ×2
 i:ドクロマスク×2
 j:マコト写本×1
 k:アンティークドール×1
 l:2.5Dイヤホン×1
 m:エンゲージリング×2
2:渡さない

0:48まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

882: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 01:12:13.01 ID:1qv20dTK0
正直残姉ちゃんのキスネタは迷いました。
ネタ募集中ですorz

―――――

苗木(『レーション』を渡そうかな?)

苗木「むくろ、これあげるよ」

戦刃「わぁ、『レーション』だぁ! 誠君大好き!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

戦刃の好感度が少し上昇した!

戦刃「そうだ! レーションのお礼に、はいこれ!」

苗木「これは……『イン・ビトロ・ローズ』?」

戦刃「うん! 受け取って欲しいな」

苗木「もちろんだよ」

『イン・ビトロ・ローズ』を2つ手に入れた!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

戦刃の好感度が少し上昇した!

そろそろ戦刃ともっと深い仲になれそうだ……

戦刃と昼休みが終わるまでいちゃいちゃした……

教室へ戻る途中、落し物を見つけた……

『薔薇の花束』を手に入れた!

―――
――


射撃場 → 本学科2年教室

国語教師「……ZZZ……」

国語の授業だ……

国語教師「……! 今日は心理についてやっていくぞい」

国語教師「近代から、『自我』の確立に重きがおかれる事となったわい」

国語教師「『自我』とは、『意識の主体。自己意識。』の事じゃな」

国語教師「入試では『近代的自我』が出るぞ。『他者とは異なって意識される自分。』の事じゃな」

国語教師「この自我をしっかり持つ事が、『アイデンティティ』につながるわい」

国語教師「『自己の位置づけ、自分は自分であるという確信、自己同一性。また、存在理由。』の2つの意味がある」

国語教師「お主らも『アイデンティティ』は持っているのではないかのう?」

国語教師「そして、お主らは社会人としての義務や役割を免除される期間の真っただ中と言ってもいいじゃろう」

国語教師「これを表す単語を……苗木、答えてみい」

ガタッ!

苗木(元々は戦争や大不況などの非常時に混乱を防ぐために、借金の返済を一時的に猶予する事という意味の単語だね)

1:モラトリアム
2:フラストレーション
3:アンビヴァレンス

下2

885: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 01:26:06.20 ID:1qv20dTK0
苗木「『モラトリアム』です」

国語教師「そうじゃ。『社会へ出る準備として、社会的な責任や義務を免除される一定の猶予期間。』の事じゃな」

国語教師「これが長期化すると、社会への適応能力が失われたり、社会人となるチャンスを逸してしまったりという危険もあるぞい。いわゆるNEETじゃな」

国語教師「あとは……そうじゃな、『理性』と『感性』について教えておくかの」

国語教師「『理性』は『合理的に物事を判断する心のはたらき。』で、『感性』は『物事を直感的に把握する心のはたらき。』という意味じゃ」

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

石丸・十神・大和田・桑田・山田・葉隠・霧切・朝日奈・腐川・大神・セレス・江ノ島・戦刃の好感度が上昇した!

葉隠・舞園・不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだ腐川・江ノ島ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・十神・大和田・桑田・山田・舞園・霧切・朝日奈・大神・セレス・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

授業を聞いた事により知識が上昇した!

―――
――

909: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 20:12:31.86 ID:1qv20dTK0
6月10日(月)曇り
昼 → 夕

苗木(放課後だ。何をしようかな?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室に帰る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

20:16まで(>>207の「条件1」を採用)

―――――

九頭龍はこの後に乱入して来ます。

919: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 20:27:49.91 ID:1qv20dTK0
苗木(大神さんと一緒に過ごそうかな?)

苗木「大神さん」

大神「苗木か。どうしたのだ?」

苗木「この前の約束、果たそうと思って」

大神「そうか。では体育館へ行こう」

苗木「うん、分かったよ」

―――
――


本学科2年教室 → 体育館

大神「ぬう、苗木もなかなかやるではないか」

苗木「そうかな? ボクなんか全然だと思うけど」

大神「いや、お主は入学した時よりも明らかに運動神経がよくなった。我が保証しよう」

苗木「そっか、大神さんにそう言われると嬉しいな」

大神「……その、苗木よ」

苗木「うん?」

大神「苗木から見て、我は……どのような人間として映っているのだろうか?」

1:とても強い人
2:自分の高みにいる人
3:超高校級の格闘家

下3

924: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 20:43:11.12 ID:1qv20dTK0
苗木「自分の高みにいる人……かな?」

大神「そ、そうなのか? 別に我はそうは思っていないのだが……」♪♪<ピロリロリーン

苗木「いやいや、ご謙遜なさらずに」

苗木「それに、大神さんはとても強い人で、素晴らしい人だなぁと思っているよ」

大神「別に、そのような事はない」

苗木「ど、どうしてさ?」

大神「我は苗木の思う通り強い人間ではない、という事だ」

苗木(ど、どういう意味なんだ……大神さんは、十分強いじゃないか)

苗木(なんでなんだ……大神さんは、何かを理由として自分が弱いと考えているのか?)

苗木(それは一体……)


――
―――

ロジカルダイブ 開始!

苗木(まず、大神さん自身について考えよう)

苗木(大神さんは、『超高校級の格闘家』である)

苗木(前に大神さんに、専門はなんなのか聞いた事があったっけ)

苗木(あの時はボクが当てる形だったね)

苗木(それはつまり……)

1:総合格闘技
2:打撃系格闘技
3:組技系格闘技

下3

929: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 20:48:55.94 ID:1qv20dTK0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :            総 合 格 闘 技           :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(あの時は『総合格闘技』と答えたんだっけ)

苗木(実際、その答えは当たっていた。大神さんは総合格闘技が専門なのだ)

苗木(そんな彼女は、実際どれぐらいの強さなんだろうか?)

苗木(本人はさっき『それほど強くない』と言っていたが……)

1:向かうところ敵なし
2:1度だけ敗北した
3:実は見かけ倒し

下3

933: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 20:56:25.94 ID:1qv20dTK0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :        1 度 だ け 敗 北 し た         :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(負け無し……と思ってたけど、実は『1度だけ敗北した』事があるらしい)

苗木(大神さんを負かした人の名前は『ケンイチロウ』さん……だったかな?)

苗木(今は病床に伏しているみたいだけど……ウィルスは恐ろしいなぁ)

苗木(さて、その男を越えるため、大神さんは強くなろうとしているが……)

苗木(本人が『強くない』と言ったのだから、本人からみれば強くない点があるのかもしれない)

苗木(そういえば、前に逆にボクの事を『強い』とか言ってたような……)

苗木(もしかして、大神さんの言う『強くない』理由って……)

苗木(それはつまり……)

1:心が強くないから
2:技が強くないから
3:体が強くないから

下3

937: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 21:19:25.21 ID:1qv20dTK0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :        心 が 強 く な い か ら         :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(……そう、全ては繋がった)

苗木(『超高校級の格闘家』である大神さん。一家で道場を開いており、彼女もそこで鍛えた)

苗木(そんな彼女の専門は『総合格闘技』である)

苗木(ただ、全戦全勝というわけではなく、ケンイチロウさんに『1度だけ敗北』した事がある)

苗木(そもそも、ケンイチロウさんとは1度しか戦ってないみたいだが……)

苗木(彼にリベンジするため、そして彼を越えるために、大神さんは日々鍛えている)

苗木(でも、本人は自分は『強くない』と思っている)

苗木(それは多分、『心が強くないから』と思っているんだ)

苗木(前にボクの事を、『心が強い』と褒めてくれた)

苗木(自分はその点について弱いと思っているから……)

苗木(でも、希望は前に進むんだ!)

苗木(本当の事が見えなくなっていたとしても!!)

苗木(自分が道しるべとなって、何が正しい事なのかを証明してみせる!!)

―――
――

938: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 21:22:22.48 ID:1qv20dTK0
苗木「……大神さん」

大神「……どうした?」

苗木「大神さんは、『総合格闘技』を専門をしている格闘家」

苗木「そして、『1度だけ敗北した』事がある……ケンイチロウさん相手に」

苗木「正しいかな?」

大神「その通りだ」

苗木「大神さんは彼を乗り越えるために、修行をしているけど……」

苗木「自分は『心が強くないから』……心の面において、劣っているから強くないと言ったんじゃないかな?」

大神「……苗木には隠し事は出来ぬな」

苗木「いや、それほどでもないよ」

苗木「ただ、前にその心の強さに関してボクの事を褒めていたけど……」

苗木「大神さんは、十分強いよ。心においても、さ」

大神「苗木よ、無理はせんでもいい」

苗木「無理じゃない。ボクは『心』からそう思っている」

大神「……ぬう……」

大神は意見の相違に戸惑いを隠し切れていない……

大神の好感度が大きく上昇した!

大神とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK6 → 7

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(大神さんに何かプレゼントしようかな?)

大神に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:希望ヶ峰の指輪×1
 c:扇子「衣冠」×1
 d:新品のサラシ×1
 ×:ラジオゾンデ×3
 f:ロマンツェリキュール×1
 g:イン・ビトロ・ローズ×2
 h:薔薇の花束×1
 i:水晶のドクロ×2
 j:ドクロマスク×2
 k:マコト写本×1
 l:アンティークドール×1
 m:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×2
2:渡さない

21:26まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

944: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 21:38:22.90 ID:1qv20dTK0
苗木(『新品のサラシ』を渡そうかな?)

苗木「大神さん、これあげるよ」

大神「……すまないな、苗木よ。ありがたく受け取ろうぞ」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

大神の好感度が少し上昇した!

そろそろ大神ともっと深い仲になれそうだ……

大神と別れて自室へ戻っていった……

―――
――


本学科2年教室 → 自室

苗木(うーん、晩御飯まではまだ時間があるな……)

苗木(ちょっと廊下でも歩こうかな)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

九頭龍「おう、苗木じゃねぇか」

苗木「九頭龍クン。どうしたの?」

九頭龍「たまたま前を通っただけだ」

苗木「そっか。ねえ、せっかくだし話でもしない?」

九頭龍「そうだな……じゃあ部屋に来いよ」

―――
――


寄宿舎廊下 → 九頭龍冬彦の部屋

苗木(極道って感じの部屋だな……)

苗木「なんか気を遣わせたみたいでごめんね?」

九頭龍「別に構いやしねぇよ。あんまし人が通りかかるところで話したくなかっただけだ」

苗木「えっと、話しにくい事?」

九頭龍「……いや、そういう訳じゃねえよ」

九頭龍「なあ、苗木。オメーには妹がいるよな?」

苗木「こまるの事?」

九頭龍「ああ。オメーはその妹の事をどう思っているんだ?」

1:あんまり快く思っていない
2:可愛い妹だと思っている
3:好きな人だと思っている

下3

949: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 21:46:41.66 ID:1qv20dTK0
誰か1人ぐらい引っ掛かるかと思ったのに……ぐぬぬ。

―――――

苗木「可愛い妹だね」

九頭龍「なんだ、シスコンか?」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

九頭龍の好感度が少し上昇した!

苗木「別にそういうわけじゃ……」

九頭龍「分かってるって。確かに、生意気とかでなければ可愛いもんだよな」

苗木「う、うん……?」

九頭龍は1人で納得している……

九頭龍の好感度が大きく上昇した!

九頭龍とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK4 → 5

心の奥底から確かな希望を感じる……

九頭龍との希望のカケラが1個集まった!

RANK2 → 3

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(九頭龍クンに何かプレゼントしようかな?)

九頭龍に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:希望ヶ峰の指輪×1
 c:扇子「衣冠」×1
 e:ラジオゾンデ×3
 f:ロマンツェリキュール×1
 g:イン・ビトロ・ローズ×2
 h:薔薇の花束×1
 i:水晶のドクロ×2
 j:ドクロマスク×2
 k:マコト写本×1
 l:アンティークドール×1
 m:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×2
2:渡さない

21:50まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

956: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 21:59:30.98 ID:1qv20dTK0
苗木(『ロマンツェリキュール』を渡そうかな?)

苗木「九頭龍クン、これあげるよ」

九頭龍「おい、これ酒じゃねぇか! 悪い奴だなー、苗木はー。仕方ねぇから貰ってやるぜ」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

九頭龍の好感度が少し上昇した!

そろそろ九頭龍ともっと深い仲になれそうだ……

九頭龍と別れて自室へと戻っていった……

自室へと戻る途中、落し物を見つけた……

『紅蓮露丸』を手に入れた!

―――
――


6月10日(月)曇り
夕 → 夜
九頭龍冬彦の部屋 → 自室

苗木(ボクが昨日やったから、今日は花村クンだね)

苗木(食べに行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(うーん……うーん……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:15まで(コンマが一番小さい安価を採用します)  
973: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 22:41:16.77 ID:1qv20dTK0
苗木(小泉さん、西園寺さん、罪木さん、ソニアさんと一緒に食べようかな?)

苗木「小泉さん、西園寺さん、罪木さん、ソニアさん」

小泉「苗木……どうかしたの?」

西園寺「年上の女ばっかり声をかけてるなんてさすが苗木おにぃだね!」

苗木「そりゃどうも。それで、夕食なんだけどこのメンバーで食べない?」

罪木「な、苗木さんがよろしければ……」

ソニア「いいと思います」

苗木「うん、ありがとう」

苗木(何の話をすればいいかな……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:45まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

979: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 22:58:45.63 ID:1qv20dTK0
 

―――――

追加メンバー判定

田中:1D100 → 57(成功)
江ノ島:1D100 → 39(失敗)
九頭龍:1D100 → 24(失敗)
朝日奈:1D100+15 → 73(成功)
セレス:1D100 → 27(失敗)
狛枝:1D100 → 31(失敗)
日向:1D100 → 80(成功)
七海:1D100 → 36(失敗)
舞園:1D100+15 → 37(失敗)

苗木「今日は風が騒がしいね」

小泉「『男子○校生の日常』だっけ?」

西園寺「現実で言うもんならまず引くけどねー」

罪木「そ、それはさすがに……いやなんでもありませぇーん!」

ソニア「なるほど、日本の男子○校生にはそのようなしきたりが……」

苗木「いやないから」

田中「今日は・・・風が煌めいてやがるな・・・」

朝日奈「何、話の続き?」

日向「あまり気にしない方がいいぜ」

苗木「あっ、田中クン、葵、日向クン! よければ一緒に食事でもどうかな?」

田中「この俺様が貴様らの晩餐を蹂躙してやろう」

朝日奈「いいよ!」

日向「大所帯だな」

1:もう少し話し合う(>>975に移ります)
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:02まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

985: ◆igI1RpSKDI 2014/01/12(日) 23:14:58.29 ID:1qv20dTK0
苗木「将来の夢って何かある?」

小泉「母親と同じくカメラマンね……まあ、それ以外にもあるけど///」

西園寺「本学科相手に聞いても返ってくる答えなんて決まり切ってるし。わたしは日本一の日本舞踊家」

罪木「ふゆぅ……か、看護師とか……」

ソニア「わたくしは、既に決まっていますから……」

田中「この俺様と暗黒破壊四天王とで王国を築きあげる事だな」

朝日奈「水泳で金メダルを取るのと……あとは誠のお嫁さんになれたらいいな///」

日向「……今は思いつかないな」

苗木(色んな解答があるな……)

朝日奈・日向・田中・ソニア・西園寺・小泉・罪木と様々な事について話し合った……

朝日奈・田中・ソニア・西園寺・小泉・罪木の好感度が上昇した!

日向の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

朝日奈の好感度が少し上昇した!

まだソニアともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ朝日奈・日向・田中・西園寺・小泉・罪木ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて自室へと戻っていった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 自室

苗木(なんだろう……フラグが回収された気がする……)

苗木(さて、何をして過ごそうか)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『魔法少女まどり☆マジカ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪????≫習得)0/4
 c:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
6:娯楽室に行く
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

23:18まで(>>207の「条件2」を採用)



次回 【安価】苗木「今日から2年生か……」11らーぶらーぶ目【ダンガンロンパ1+2】