―――――

苗木(まずは『魔法少女まどり☆マジカ』を読み終えよう)

『魔法少女まどり☆マジカ』を読んでみた……

奇声をあげる概念だったりぼっちだったりあんこだったり残念画像担当だったり悪魔だったりする少女たちのぶっちゃけた話が区切りよく書かれている……

何故か読むペースがみるみる上がっていく……滑り出した指は止まらない!

『魔法少女まどり☆マジカ』を読破した!

知識が上昇した!

勇気が上昇した!

≪コネクト≫を習得した!

効果:他学年同士での交流がしやすくなる。

『魔法少女まどり☆マジカ』を返却した……

―――
――


苗木(……よし、小泉さんと話でもしようかな?)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「小泉さん、苗木です」

小泉『どうしたの、そんな改まって』

苗木「あはは、なんとなく。今大丈夫かな?」

小泉『う、うん……いいわよ、入って』

―――
――


寄宿舎廊下 → 小泉真昼の部屋

苗木「ごめんね」

小泉「いいわよ、別に……」

小泉「それに、きっとこれはいいチャンスだと思うし……」ボソボソ

苗木「?」

小泉「ええっとさ……そうだ! よかったらあたしのお古のカメラ、あげようか?」

苗木「え?」

小泉「写真の撮り方を教えるにもちゃんとしたカメラを持ってた方がいいし」

苗木「なるほどね」

1:ありがとう、大切にする
2:新しい物を自分で買うからいい
3:これから先ずっと小泉に教わりたい

下3

引用元: ・【安価】苗木「今日から2年生か……」11らーぶらーぶ目【ダンガンロンパ1+2】 



22: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 00:04:53.75 ID:byQinJGq0
苗木「なら、これから先ずっと小泉さんに写真の撮り方を教わりたいな」

小泉「え、えええええ!? ななな、何言ってるの!?///」

苗木「何かおかしな事を言ったかな?」

小泉「う……いや、その……ほ、本気?///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

小泉の好感度が上昇した!

苗木「じゃなきゃ別の事を言うよ」

小泉「そう、そうだよね……苗木は、そういう人だもんね」

苗木「えっと……そうだよ?」

小泉「そんな苗木だから……あたしは……」

苗木「?」

小泉「な、苗木!」

苗木「は、はい!」

小泉「あたしは……苗木にどうしても言いたい事があるの」

苗木「あっ、この前に言ってた……何かな?」

小泉「い、言うね?///」

23: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 00:18:49.80 ID:byQinJGq0



小泉「苗木誠……君、あたしは……あなたの事が、大好きです。だから、受け入れてくれれば……嬉しいな」



25: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 00:21:34.89 ID:byQinJGq0
苗木「……小泉さん……」

小泉「これが言いたかった事。あたしの嘘偽りのない、正真正銘の気持ち……」

小泉「その、返事は今すぐにとは言わないから。だから―――」

苗木「ううん、今返事するよ」

苗木(小泉さんと知り合ったのは、この学園に入学してから)

苗木(笑顔の写真を撮りたい、と頼まれたのがきっかけだ)

苗木(小泉さんは母親に代わり一家を取り仕切ってきたため、世話好きだ)

苗木(ボクも幾度となく世話を焼かれた事がある)

苗木(そんな小泉さんは、幼い頃から『笑顔の写真』を見てきたため、撮る写真は全て笑顔なんだ)

苗木(1度撮ったら決して消す事のない『記録』……小泉さんは、写真の事に対してはそういうポリシーを持っている)

苗木(でも、ある時彼女は悩んだ。何故母親は『笑顔の写真』だけを見せてきたのか……)

苗木(それは、『そこに自身が存在する』からだ。小泉さんの母親は写真の『本質』をそう考えていたんだ)

苗木(そして小泉さんもまた母親の思いを感じとった。写真の『本質』を理解した)

苗木(その時ボクは、まるで自分の事のように喜んだ。他人事ではなかった)

苗木(どうしてだろうか? 自分もあの場にいたから? ……いや、それは違う)

苗木(自分が、知らず知らずにどんどん惹かれて……そして、好きになっていたから)

苗木(だから……嬉しかったんだ)

苗木(……もう、整理するまでもないな)

苗木「……小泉さん」

小泉「……はい」

苗木「……ボクも、小泉真昼さんの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

小泉「―――うん、大好きだよ!」

小泉が6人目の恋人になった!

小泉の通信簿に新たなページが出来た!

小泉の好感度が大きく上昇した!

小泉とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK8 → 9

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(小泉さんに何かプレゼントしようかな?)

小泉に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:希望ヶ峰の指輪×1
 c:扇子「衣冠」×1
 d:ラジオゾンデ×3
 e:イン・ビトロ・ローズ×2
 f:薔薇の花束×1
 g:紅蓮露丸×1
 h:水晶のドクロ×2
 i:ドクロマスク×2
 j:マコト写本×1
 k:アンティークドール×1
 l:2.5Dイヤホン×1
 m:エンゲージリング×2
2:渡さない

0:25まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

35: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 00:38:59.90 ID:byQinJGq0
霧切さんェ……

―――――

苗木(『エンゲージリング』を渡そうかな?)

苗木「小泉さん……これ、受け取ってくれるかな?」

小泉「!!! ……もう、苗木は一体どれだけあたしを好きにさせるの? もっともっと好きになって……溢れちゃうわよ///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

小泉の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

小泉の好感度が少し上昇した!

小泉「ねえ、せっかく恋人になったんだし……1つ、やりたい事があるんだけど///」

苗木「う、うん! 遠慮しないでよ!///」

小泉「お、お互いに下の名前で呼ぶ……ってどうかな?///」

苗木「……いいよ、真昼///」

小泉「ま、誠!///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

小泉の好感度が少し上昇した!

まだ小泉ともっと深い仲にはなれないだろう……

しばらくの間話し合ってから自室に戻っていった……

―――
――

37: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 00:46:52.93 ID:byQinJGq0
小泉真昼の部屋 → 自室

苗木(ついに78期生以外の恋人が出来たな……)

PiPiPi……

苗木(うん? メールだ……さやかからだ)

苗木(『今から誠君の部屋に行っていいですか? 先約があるならそちらを優先して下さい さやか』)

苗木(昼間は断っちゃったし、別に約束事もないから来て構わないとメールするかな)

苗木(『うん、大丈夫だよ。昼間はごめんね 誠』)

苗木(送って……多分待ってればそれほど時間を経たずとして来るだろう)

―――
――


ピンポーン

苗木(来たみたいだね)

舞園『誠君、さやかです』

苗木「うん、入って入って」

ガチャッ

舞園「お邪魔します」

苗木「お構いなく。メールにも書いたけど、昼間はごめん」

舞園「いえいえ、気にしてませんから!」

苗木「そう言ってくれれば嬉しいな」

苗木「それで、何か用事でもあったのかな?」

舞園「いえ……その、誠君に会いたくて///」

苗木「そ、そっか///」

苗木(このまま黙って時が過ぎるのはアレだな……何かしよう)

1:何か話す(コミュイベントが発生します) ●
2:何かする(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
3:キスをする ●
4:物を貰う
 a:パンツ
 b:ブラジャー
 c:靴下(ソックス)
×:押し倒す
※●は時間が経過する選択肢です。
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:50まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

48: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 00:57:08.86 ID:byQinJGq0
 
―――――

苗木「その……さ、ちょっと……頼み辛い事なんだけど……///」

舞園「大丈夫ですよ! 遠慮せずに話して下さい♪」

苗木「じゃあ、その……さやかのブラジャーが、欲しいんだけど……///」

舞園「……………えっと、ブ、ブラジャーですか?///」

苗木「や、やっぱりダメだよね……あはは///」

舞園「いえ、その……私は誠君が望む事、なんでも叶えてあげたいです///」

舞園「ですから……その、後ろを向いてくれませんか?///」

1:向く
2:向かない

下3

54: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 01:12:10.84 ID:byQinJGq0
変態しかいないじゃないか(憤慨)

―――――

苗木「その……見てちゃダメかな?」

舞園「は、恥ずかしいです……///」

舞園「で、でも……誠君がそう言うなら……いい、ですよ///」

舞園「それでは、脱ぎますね/////」

苗木「う、うん/////」ゴクリ

スルスル……パチン、シュルシュル……

苗木(服の中で起こっている事を想像してしまう音だな……/////)

苗木(両手を服の中に入れて……ブラジャーって、服を着たままでも脱げるんだ……///)

舞園「視線を感じながらだったので、少し手間取りましたけど……はい、これ……私の、ブラジャーです/////」

苗木「あ、ありがとう/////」

舞園のブラジャーを手に入れた!

コレクションとして大切に保管しよう……

苗木(さ、さて……空気を変えるために、何かしよう)

1:何か話す(コミュイベントが発生します) ●
2:何かする(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
3:キスをする ●
×:物を貰う
 a:パンツ
 b:ブラジャー
 c:靴下(ソックス)
×:押し倒す
※●は時間が経過する選択肢です。
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

1:15まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

65: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 01:27:24.16 ID:byQinJGq0
舞園「そういえば誠君、実は最近テレビ局でもアイドルの恋愛事情に対して寛容的になっていて……今度専門番組が1本作られる事になったんですよ!」

苗木「へぇ、すごいじゃないか! さやかの頑張りが徐々に認められつつあるね」

舞園「いえ、私はそんな……どちらかと言うと、十神君やマネージャーさんの方の力が大きいです」

舞園「特に、マネージャーさんは幾度となく必死に交渉をして回っていたそうで……頭が上がりません」

苗木「そうなんだ、あの人が……」

舞園「でも、やっぱり私がここまで頑張れたのは……誠君のお陰です」

苗木「ボ、ボク?」

舞園「はい! 誠君の事を想えば、例え下積み時代に逆戻りしても頑張れちゃうんです!」

1:それは言い過ぎだ
2:なんだか照れくさい
3:自分も舞園に救われた

下3

71: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 01:35:17.11 ID:byQinJGq0
 
―――――

苗木「ボクもさやかがいるから頑張ってこれたよ」

舞園「そうなんですか?」

苗木「うん。さやかが好きだから……あの時だって、プロデューサー相手に啖呵を切れたんだ」

舞園「誠君……///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

舞園の好感度が少し上昇した!

舞園「私、もっと頑張って様々な人に誠君との事を認めてもらいたいです」

舞園「そしていずれは……///」

舞園は何やら妄想をしている……

舞園の好感度が大きく上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

舞園とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK10 → 11

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(さやかに何かプレゼントしようかな?)

舞園に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:希望ヶ峰の指輪×1
 c:扇子「衣冠」×1
 d:ラジオゾンデ×3
 e:イン・ビトロ・ローズ×2
 f:薔薇の花束×1
 g:紅蓮露丸×1
 h:水晶のドクロ×2
 i:ドクロマスク×2
 j:マコト写本×1
 k:アンティークドール×1
 l:2.5Dイヤホン×1
 m:エンゲージリング×1
2:渡さない

1:40まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

79: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 01:46:29.84 ID:byQinJGq0
苗木(いや、いいかな……)

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

そろそろ舞園ともっと深い仲になれそうだ……

舞園と就寝時間ギリギリまで話し込んだ……

―――
――

100: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 21:15:16.58 ID:byQinJGq0
6月10日(月)曇り → 6月11日(火)晴れ/曇り

苗木(昨日は勢いにまかせてとんでもない物を貰ってしまったな……)

苗木(とりあえず目のつかないところで保管して……)

苗木(さて、食堂に行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(メニューの数だけはやたらとあるんだよなぁ……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:19まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

112: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 21:27:47.93 ID:byQinJGq0
 
―――――

苗木(日向クン、左右田クン、九頭龍クン、ソニアさん、終里さんを誘おうかな?)

苗木「日向クン、左右田クン、九頭龍クン、ソニアさん、終里さん」

日向「苗木か。どうしたんだ?」

終里「肉でもくれるのか?」

苗木「後で分けてあげるよ。朝食だけど、一緒にどうかな?」

左右田「苗木、オメー分かってるじゃねぇか!」

ソニア「……苗木さんのお誘いなら、断る理由はありませんね」

九頭龍「相変わらずだな左右田は」

苗木「うん、ありがとう」

苗木(話をしよう)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

21:31まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

116: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 21:36:06.02 ID:byQinJGq0
苗木「怖い話でもしない?」

日向「学校の怪談とかか?」

終里「あ、朝からそういう話はやめようぜ」

左右田「ソ、ソニアさん! オレ結構レパートリーありますよ!」

ソニア「いえ、苗木さんが話してくれればそれでいいです」

九頭龍「左右田……強くなれよ」

苗木(どういう意味だろう?)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:39まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

124: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 21:51:06.80 ID:byQinJGq0
苗木「このメンバーで噛ませなのって誰?」

日向「俺ではないな」

終里「なんだそれ、食えんのか?」

左右田「少なくともソニアさんではないです!」

ソニア「左右田さんではないでしょうか?」

九頭龍「一理あるな」

苗木(左右田クン……)

日向・左右田・九頭龍・終里・ソニアと様々な事を話し合った……

左右田・九頭龍・終里・ソニアの好感度が上昇した!

日向の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ日向・左右田・九頭龍・終里・ソニアともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室へと向かっていった……

―――
――


6月11日(火)晴れ/曇り
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(どうしようかなぁ?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

22:05まで(コンマが一番大きい安価を採用します)
 
137: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 22:21:47.75 ID:byQinJGq0
それでは投下を再開したいと思います。

139: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 22:27:52.88 ID:byQinJGq0
苗木(ソニアさん、真昼、こまる、西園寺さんと一緒に食べようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「ソニアさん、真昼、こまる、西園寺さん」

ソニア「朝ぶりですね、苗木さん」

小泉「誠、どうかした?」

苗木「お昼ご飯の誘いかな」

こまる「小泉さんいいなぁ……あっ、私はいいよ!」

西園寺「まあ奴隷の面倒も見なきゃいけないからね」

苗木「そ、そっか……それじゃあ行こうか」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(何を話すのか、それが重要だ)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:31まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

145: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 22:39:16.95 ID:byQinJGq0
苗木「もし例えば誰かとデートするなら、どこに行きたい?」

ソニア「わたくしは立場が立場ですが……公園で様々な物を見て回りたいですね」

小泉「遊園地……かな? 誠とだったらどこでも楽しめそうだけどさ///」

こまる「お兄ちゃんが望むなら、自宅デートでも……///」

西園寺「デートねぇ……わたしを満足させてくれるのか不安だね」

苗木(2名ほど答えになってないな……)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:43まで(コンマが一番小さい安価を採用します

151: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 22:48:44.39 ID:byQinJGq0
苗木「じゃあ、他には……とかどうかな?」

ソニア「……の方が興味ありますね」

小泉「あとは……もいいかも」

こまる「……は定番ですね」

西園寺「小泉おねぇに賛成かなー」

ソニア・西園寺・小泉・こまるとデート先について話し合った……

ソニア・西園寺・小泉・こまるの好感度が上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

小泉の好感度が少し上昇した!

まだ小泉ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろソニア・西園寺・こまるともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室へと戻っていった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(行動を起こすべきだね)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:図書室に行く
5:辺りをうろつく
6:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

22:52まで(>>4の「条件2」を採用)

163: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 22:58:56.42 ID:byQinJGq0
苗木(十神クン、西園寺さん、セレスさんと何かしよう)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「十神クン、西園寺さん、セレスさん」

十神「……苗木か。わざわざ呼びとめてなんのようだ」

西園寺「最近わたしとよく会うよね、苗木おにぃはさ」

セレス「タイミングがよくないですね……ゴホン、何の用でしょうか?」

苗木「えっとね……」

1:何か話す(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫≪コネクト≫適用済)
2:何かする(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫≪コネクト≫適用済)
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

23:02まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

169: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 23:11:24.39 ID:byQinJGq0
苗木「勉強会でもしない?」

十神「こんな短い時間でか?」

西園寺「真面目だねぇ、苗木おにぃは」

セレス「……まあせっかくだからやっていいのでは?」

苗木「ありがとう」

4人で勉強会を開いた……

知識が少し上昇した!

十神・セレス・西園寺の好感度が上昇した!

十神・セレス・西園寺が少し賢くなった!

適切な≪コーチング≫が出来ている……

知識が少し上昇した!

十神・セレス・西園寺の好感度が少し上昇した!

十神・セレス・西園寺がほんの少し賢くなった!

そろそろ十神・セレス・西園寺ともっと深い仲になれそうだ……

昼休み終了まで皆で勉強した……

―――
――


6月11日(火)晴れ/曇り
昼 → 夕
校舎廊下 → 本学科2年教室

苗木(カラスも鳴く放課後だ。何する? どうする?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室に帰る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

23:15まで(>>4の「条件1」を採用)

181: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 23:31:07.50 ID:byQinJGq0
苗木(セレスさんと話でもしようかな?)

苗木「セレスさん」

セレス「あら苗木君。お昼以来ですわね」

苗木「あはは。今度は2人で何かしない?」

セレス「2人で……ですか。いいですわ///」

苗木「それはよかった」

セレス「せっかくですし、場所を移動しましょう」

―――
――


本学科2年教室 → 娯楽室

苗木「勝負でもするのかな?」

セレス「それもいいですが……今回はしませんわ」

苗木「そうなんだ」

セレス「そうです。……苗木君、1つ聞いてもよろしいかしら」

苗木「どうぞ」

セレス「あなたにとって、『希望』とはどういう物なのでしょうか?」

1:絶対的なもの
2:誰しもが持つもの
3:希に望むもの

186: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 23:42:15.87 ID:byQinJGq0
苗木「誰しもが持つだよ」

セレス「戦刃さんも?」

苗木「そうだね」

セレス「江ノ島さんも?」

苗木「……そうありたいね」

セレス「そうですか……ではわたくしも、持っているのですね」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

セレスの好感度が少し上昇した!

苗木「もちろんだよ」

セレス「そして、それを教えてくれたのは……苗木君、あなたですわ」

苗木「そ、そうかな? 別にそんな大層な事をしたわけじゃ……」

セレス「いいえ。あなたはわたくしに2つ教えてくれた」

セレス「1つは、先ほども言った『希望』。そしてもう1つは……」

187: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 23:53:00.91 ID:byQinJGq0



セレス「『恋心』、ですわ。……わたくし……安弘多恵子は、苗木誠君を好いておりますわ。とても、とっても、好きです」



188: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 23:56:44.04 ID:byQinJGq0
苗木「……えっと……」

苗木(予想外な攻撃を喰らった感じだな……)

セレス「もしも苗木君を困らせてしまったのなら、謝ります」

セレス「そして、この話はなかった事に―――」

苗木「待って、セレスさん。ボクはまだ何も言ってないよ」

苗木(セレスさんと知り合ったのは、この学園に入学してから)

苗木(ある時、紅茶を入れるように言われたのがきっかけだった)

苗木(そこまで深い知識はなかったので、平凡な出来となってしまったが……)

苗木(セレスさんは『ギャンブラー』という事で、勝負をした事もあった)

苗木(基本は負けていたのだが……たまに勝った時もある)

苗木(そのうちの1つが、あの罰ゲームをかけた勝負だった)

苗木(ボクは罰ゲームとして、セレスさんの本名を聞きだした)

苗木(『安弘多恵子』……その時の答えだ。とても素敵な名前だと思う)

苗木(でも本人は気に入っていなかった。だから『セレスティア・ルーデンベルク』になった)

苗木(ボクはそんな事はないと言った。その名前は素晴らしいものであると、必死に反論した)

苗木(やがてセレスさんはそれを認めた。すぐには変われないが、いずれは『安弘多恵子』となるだろう)

苗木(その時ボクは、まるで自分の事のように喜んだ。他人事ではなかった)

苗木(どうしてだろうか? 自分もあの場にいたから? ……いや、それは違う)

苗木(自分が、知らず知らずにどんどん惹かれて……そして、好きになっていたから)

苗木(だから……嬉しかったんだ)

苗木(……もう、整理するまでもないな)

189: ◆igI1RpSKDI 2014/01/13(月) 23:58:19.86 ID:byQinJGq0
苗木「……セレスさん」

セレス「……ええ」

苗木「……ボクも、セレスティア・ルーデンベルクさん……安弘多恵子さんの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

セレス「―――わたくしも、同じ気持ちですわ!」

セレスが7人目の恋人になった!

セレスの通信簿に新たなページが出来た!

セレスの好感度が大きく上昇した!

セレスとのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK8 → 9

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(セレスさんに何かプレゼントしようかな?)

セレスに渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:希望ヶ峰の指輪×1
 c:扇子「衣冠」×1
 d:ラジオゾンデ×3
 e:イン・ビトロ・ローズ×2
 f:薔薇の花束×1
 g:紅蓮露丸×1
 ×:水晶のドクロ×2
 ×:ドクロマスク×2
 j:マコト写本×1
 k:アンティークドール×1
 l:2.5Dイヤホン×1
 m:エンゲージリング×1
2:渡さない

00:02まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

204: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 00:12:13.31 ID:6IWmC0Ng0
No mercy...

――――

苗木(『エンゲージリング』を渡そうかな?)

苗木「セレスさん、これあげるよ」

セレス「!!! ……全く、ナイトの立場で……本当に……本当に、嬉しいですわ///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

セレスの好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

セレスの好感度が少し上昇した!

セレス「苗木君。わたくしと恋人になるにあたって……1つ、お願いがあるのですが///」

苗木「う、うん! 遠慮しないでよ!///」

セレス「ありがとうございますわ。……苗木君、あなたには……わたくしを『名前』で呼んで欲しいのです///」

苗木「……いいよ多恵子///」

セレス「ま、誠君!///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

セレスの好感度が少し上昇した!

そろそろセレスともっと深い仲になれそうだ……

下校時間ギリギリまで話し合った……

―――
――

206: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 00:16:55.79 ID:6IWmC0Ng0
6月11日(火)晴れ/曇り
夕 → 夜
娯楽室 → 自室

苗木(クラスの女子の半数以上が恋人に……うん、普通に考えたらおかしいよね)

苗木(だからといって別れる気はないけど……)

苗木(食堂に行こう。今日は腐川さん、戦刃さん、江ノ島さんだね)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(もう情報が渡ったのかな、いつも以上に視線を感じるような……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

00:20まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

217: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 00:27:11.21 ID:6IWmC0Ng0
苗木(豚神クン、左右田クン、花村クンと一緒に食べようかな?)

苗木「豚神クン、左右田クン、花村クン」

豚神「小泉の事は聞いたぞ苗木」

左右田「オメーソニアさんには手を出すなよ!」

花村「代わりにぼくに手を出してよ!」

苗木「お断りするよ。夕食でも一緒にどうかな?」

豚神「そうだな、愚民と卓を囲むのもまた一興だろう」

左右田「ソニアさんに手を出さないように見張っとかないとな!」

花村「左右田くんはソニアさんの何になりたいのさ……」

苗木「よし、それじゃあ食べようか」

苗木(つまみとしての話題は……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:31まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

221: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 00:34:56.25 ID:6IWmC0Ng0
苗木「花村クン、今日の料理はどうかな?」

花村「そうだね……江ノ島盾子の脅威は避けられた、という感じかな?」

左右田「普通に美味いしな」

豚神「ガツガツムシャムシャ……」

苗木「そうだね、変な味の料理もないし、やっぱり普通に作れば江ノ島さん上手だよね」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

00:38まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

226: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 00:47:14.03 ID:6IWmC0Ng0
苗木「じゃあ、この前作ったボクの料理はどうだったかな?」

花村「相変わらず上手だね! もっとアレンジを加えればさらに美味しくなるんじゃないかな?」

左右田「冷えたスープだったのに美味かったよなぁ」

豚神「ビシソワーズをただの冷えたスープだと思うとは、これだから愚民は……」

苗木「まあまあ、普通はそう思うよ」

豚神・左右田・花村と様々な事について話し合った……

豚神・左右田の好感度が上昇した!

花村の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ豚神・左右田・花村ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて自室へと向かっていった……

―――
――

227: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 00:49:52.92 ID:6IWmC0Ng0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(寝るまでの時間……有効に活用したい)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『魔法少女まどり☆マジカ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪????≫習得)0/4
 c:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
6:娯楽室に行く
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

00:54まで(>>4の「条件2」を採用)

237: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 01:06:59.03 ID:6IWmC0Ng0
 

―――――

苗木(田中クンと話でもしようかな?)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「田中クン、いる?」

田中『苗木か。貴様が我が堅牢に何の用だ』

苗木「ちょっと話でもしない?」

田中『……認証を許可しよう』

―――
――


寄宿舎廊下 → 田中眼蛇夢の部屋

苗木「入れてくれてありがとう」

田中「フン、自動結界を発動させないようにしろよ」

苗木「うん。そういえば、田中クンは料理って出来るの?」

田中「……あまりいい話ではないぞ、それは」

苗木「ど、どういう意味?」

田中「俺様は来るべき終末に備えているため、母親が作っていたが……あのような毒を生み出す行為、まさに細菌兵器と言っていいだろう」

苗木(田中クンのお母さん、料理下手なんだ……)

田中「アレを食わせられる身にもなれと言うのだ……お陰で俺は、全身が毒に侵されてしまった」

1:それはお気の毒に
2:なら食べなければいい
3:田中は優しいのだな

下3

241: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 01:15:57.82 ID:6IWmC0Ng0
苗木「田中クンは、優しいんだね」

田中「な、何故だ! どうしてそんな考えが導ける!?」

苗木「だって、それでもキチンと食べてたんでしょ?」

田中「食わなければアレは泣くんだぞ? 食すしかないではないか!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

田中の好感度が少し上昇した!

苗木「うん、やっぱり心ある行動だよ。母親思いだね」

田中「くっ、貴様と言語を疎通すると思考に狂いが生じてくるな……」

田中「本気で言っているのか? いや、あいつとて、いずれは……」

田中は何かをつぶやいている……

田中の好感度が大きく上昇した!

田中とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK5 → 6

心の奥底から確かな希望を感じる……

田中との希望のカケラが1個集まった!

RANK3 → 4

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(田中クンに何かプレゼントしようかな?)

田中に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:希望ヶ峰の指輪×1
 c:扇子「衣冠」×1
 d:ラジオゾンデ×3
 e:イン・ビトロ・ローズ×2
 f:薔薇の花束×1
 g:紅蓮露丸×1
 h:水晶のドクロ×2
 i:ドクロマスク×2
 j:マコト写本×1
 k:アンティークドール×1
 l:2.5Dイヤホン×1
2:渡さない

1:20まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

246: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 01:28:14.94 ID:6IWmC0Ng0
苗木(『水晶のドクロ』を渡そうかな?)

苗木「田中クン、これあげるよ」

田中「ほう、これはかの配合に必要な素材ではないか。俺様が貰ってやろう」♪♪<ピロリロリーン

苗木(どうやら喜んでくれたようだ!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

田中の好感度が少し上昇した!

そろそろ田中ともっと深い仲になれそうだ……

田中「苗木よ、先ほどの捧げ物に対する恩賞をやろう」

苗木「これは……『ブリオッシュ』?」

田中「俺様はこのような物を食さん。貴様にくれてやる」

『ブリオッシュ』を2つ手に入れた!

田中と別れて部屋へと戻っていった……

―――
――

267: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 20:24:41.38 ID:6IWmC0Ng0
6月11日(火)晴れ/曇り → 6月12日(水)曇り
田中眼蛇夢の部屋 → 自室

苗木(授業日も今日で半分が終わる)

苗木(食堂に行こうか)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(今日はF定食にしよう)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

20:28まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

275: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 20:32:28.15 ID:6IWmC0Ng0
苗木(うーん、どこかに入れてもらおうか……)

苗木(既に出来ているグループは……)

1:石丸・大和田・不二咲グループ
2:狛枝・弐大・九頭龍グループ
3:舞園・霧切・セレス・戦刃グループ

20:36まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

286: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 20:43:26.64 ID:6IWmC0Ng0
苗木(石丸クン、大和田クン、千尋のところに入れてもらおう)

苗木「石丸クン、大和田クン、千尋」

石丸「苗木くんじゃないか! おはよう!」

大和田「おう、どうしたんだ?」

不二咲「誠君、もしかして席探してるのぉ?」

苗木「うん。よかったら入れてもらえないかな?」

石丸「もちろんだ! なぁ兄弟」

大和田「そうだな兄弟、いいに決まってるぜ」

不二咲「うんうん! 僕の隣が空いているからここに座って欲しいなぁ」

苗木「ありがとう」

苗木(トークで盛り上げてみよう)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

20:47まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

292: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 20:51:01.76 ID:6IWmC0Ng0
苗木「好きなラーメンの味って何?」

石丸「シンプルに醤油だな! あっさり目がいいぞ!」

大和田「さすがだな兄弟。オレは豚骨だな、ドロっとしてるのが好きだな」

不二咲「み、味噌かなぁ。ちょっと恥ずかしいけどぉ……」

苗木「そんな事ないって」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

20:54まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

297: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 21:00:25.15 ID:6IWmC0Ng0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

石丸・大和田・不二咲とラーメンの味について話し合った……

石丸・大和田の好感度が上昇した!

不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

不二咲のの好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ石丸・大和田・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

―――
――

298: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 21:06:11.78 ID:6IWmC0Ng0
英語教師「そういえば、学園長ってイイ男だと思わなぁい? ちょーっと興味があるのよねぇ」

英語の授業だ……

英語教師「今日は『動名詞』をやっていくわぁ。言葉通り、動詞に ing をつけて名詞みたいに使う用法よぉ」

英語教師「例えば、『私は朝遅くまで寝ている』という英文を作ってみるわぁ。『I sleep till late in the morning.』となるわね」

英語教師「今度はこれを主語にして、『朝遅くまで寝ているのは気持ちがいい』という英文を作ることにするわぁ」

英語教師「この前やった to不定詞でも出来るけどぉ、意味は『朝遅くまで寝ているとしたら』というような仮定したようになってしまうわ」

英語教師「そうじゃなくて、『普段から朝遅くまで寝ている』と言いたいのよ。このような『習慣的行為』を表すのに動名詞はもってこいねぇ」

英語教師「実際に英文を作ると、『Sleeping till late in the morning is preasant.』になるわ」

英語教師「習慣的行為のほかに、『一般論』も表す事がで・き・る・わ☆」

英語教師「さて、それじゃあ動名詞を使った重要表現を教えるわよぉ!」

英語教師「『There is no -ing』は『~出来ない』、『It is no use[good] -ing』は『~しても無駄だ』になるわ」

英語教師「『Would[Do] you mind -ing?』は『~していただけませんか』、『Would[Do] you mind my -ing?』は『~しても構いませんか』になるわ」

英語教師「『keep[plevent / stop] O from -ing』は『Oが~するのを防ぐ/妨げる』、『worth -ing』は『~する価値がある/~に値する』になるわ」

英語教師「『How about -ing?』は『~するのはどうですか?』、『feel like -ing』は『~したい気がする』になるわ」

英語教師「『on -ing』は『~と同時に/~するとすぐに』、『in -ing』は『~している間に/~する時に』になるわ」

英語教師「ここまでお疲れ様ねぇ! それじゃあ、練習問題にいっちゃうわよぉ!」

英語教師「『Would you mind repeating that?』の和訳を……苗木ちゃん、ぶ・ち・か・ま・し・て☆」

ガタッ!

苗木(相手への『依頼』を表す『Would you mind -ing?』が使われているね)

1:もう一度言っていただけませんか。
2:もう一度言っても構いませんか
3:もう一度言うのはどうですか

下2

302: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 21:16:17.40 ID:6IWmC0Ng0
苗木「『もう一度言っていただけませんか。』」

英語教師「よく出来たわね苗木ちゃん! モテる男は違うのね!」

英語教師「苗木ちゃんの言うとおり、『Would you mind -ing?』は『~していただけませんか』という意味だから、『もう一度言っていただけませんか』になるわぁ」

英語教師「これと似ている『Would you mind my -ing?』は『~しても構いませんか』という意味ねぇ」

英語教師「他には、不定詞を使わないように注意すべき表現があるわぁ」

英語教師「1つ目は、『The boy is used to making his own breakfast.(その男の子は、自分で朝食を作る事に慣れている。)』」

英語教師「この英文で使われている『be used to -ing』は『~する事に慣れている』という意味よぉ。『be accustomed to -ing』も同じ意味になるわ」

英語教師「そして2つ目が、『I'm looking forward to seeing you again.(またお会いするのを楽しみにしています。)』」

英語教師「この英文で使われている『look forward to -ing』は『~を楽しみに待つ』という意味よぉ」

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

石丸・十神・大和田・桑田・山田・舞園・霧切・朝日奈・腐川・大神・セレス・江ノ島・戦刃の好感度が上昇した!

葉隠・不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだ腐川・江ノ島ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・十神・大和田・桑田・山田・舞園・霧切・朝日奈・大神・セレス・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

授業を聞いた事により知識が上昇した!

―――
――

303: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 21:17:31.75 ID:6IWmC0Ng0
6月12日(水)曇り
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(さあ、お昼の時間だ食べに行こう)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

21:21まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

317: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 21:27:14.62 ID:6IWmC0Ng0
十神は一度お祓いに行った方がいいと思う(指摘)

―――――

苗木(七海さんと一緒に食べようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「あっ、七海さん」

七海「苗木くんだ。どうかしたのかな?」

苗木「お昼ご飯、一緒に食べようよ」

七海「うん、いいよ。一緒に食べたいな」

苗木「そうだね。それじゃあ食堂に向かおう」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(色々話をしようかな)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

21:31まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

327: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 21:37:36.98 ID:6IWmC0Ng0
苗木「期末試験、近付いてきているね」

七海「私は他の人に比べたら暗記が得意だから、ちょっと申し訳ないかな」

苗木「逆に物覚えが悪かったら新鮮だね。……あ、ごめん。あまりこの話は……」

七海「いいよ別に。苗木くんのお陰で、今もこうして楽しく話せている……と思うよ?」

苗木「ボクじゃなくて千尋のお陰じゃないかな」

七海「……むう、そういう事を言ってるわけじゃないんだけどな」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:41まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

340: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 21:48:39.81 ID:6IWmC0Ng0
 

苗木「一緒に試験勉強でもしない?」

七海「うん、いいよ。いつにする?」

苗木「うーん、この後とか?」

七海「じゃあ食べ終わったら一緒に図書室に行こうよ」

苗木「そうだね」

七海と様々な事について話し合った……

七海の好感度が上昇した!

まだ七海ともっと深い仲にはなれないだろう……

2人分の食器を片づけ、図書室へと向かっていった……

―――
――

344: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 21:54:21.00 ID:6IWmC0Ng0
寄宿舎食堂 → 図書室

苗木「ここは……かな?」

七海「うん。こっちは……だよ」

七海と一緒に勉強をした……

知識が上昇した!

七海の好感度が上昇した!

七海が少し賢くなった!

適切な≪コーチング≫が出来ている……

知識が少し上昇した!

七海の好感度が少し上昇した!

七海がほんの少し賢くなった!

まだ七海ともっと深い仲にはなれないだろう……

昼休み終了まで互いに勉強した……

教室へ戻る途中で、落し物を見つけた……

『アンティークドール』を手に入れた!

―――
――

347: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 22:10:19.60 ID:6IWmC0Ng0
古典教師「この前、補導されそうになりましたが、私ってそんなに教師に見えないんでしょうか……?」

古典の授業だ……

古典教師「『更級日記』の続きをしていきます。今日は霊山寺にお参りするところからです。筆者のお姉さんが死んだ後の話ですね」

古典教師「『四月(うづき)つごもりがた、さるべきゆゑありて、東山なる所へうつろふ。』。通訳は『四月の末日の頃、然るべきわけがあって、東山のある所に移り住む事になった。』です」

古典教師「『道のほど、田の苗代水(なはしろみづ)まかせたるも、植ゑたるも、なにとなく青み、をかしう見えわたりたる。』。通訳は『(引越しの)道の途中、苗代水を引いた田も、(既に)田植えのすんだ田も、何から何まで一面に青々として趣き深く見えた。』です』

古典教師「『山のかげ暗う前近く見えて、心細くあはれなる夕暮(ゆふぐれ)、水鶏(くひな)いみじく鳴く。』。通訳は『(家の)前には、(木がこんもりと)暗く(茂った)山がすぐ近くに見え、しみじみと心細い気分になる夕暮れ時に、水鶏がしきりに鳴いている。』です」

古典教師「ここで、筆者は歌を一句詠みます」

古典教師「『たたくとも 誰(たれ)かくひなの暮れぬるに 山路(やまぢ)を深く たづねては来む』」

古典教師「重要な品詞を挙げていきましょう。『たたく』は動詞『たたく』のカ行四段活用の終止形です」

古典教師「『か』は係助詞となっており、ここでは反語の用法となっています。『来む』の『む』に係っていますよ」

古典教師「『暮れ』は動詞『暮る』のラ行下二段活用の連用形です。『ぬる』は完了の助動詞『ぬ』の連体形です」

古典教師「『深く』は形容詞『深く』のク活用の連用形です。『たづね』は動詞『たづぬ』のラ行下二段活用の連用形です」

古典教師「『は』は係助詞です。ですが、これはどれにも係っていません」

古典教師「『来』は動詞『来』のカ行変格活用の未然形です。ですので『こ』と読みますよ」

古典教師「『む』は推量の助動詞『む』の連体形です。終止形じゃない理由は係助詞の『か』が係っているからですね」

古典教師「さて、この歌の出だしである『たたくとも』ですが、これの主語は一体何を指すでしょうか?」

古典教師「歌の中にある名詞に注目して下さい。それでは……苗木君、どうぞ!」

ガタッ!

苗木(筆者が歌を詠んだきっかけを考えれば……)

1:山路
2:くひな
3:筆者

下2

350: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 22:22:25.14 ID:6IWmC0Ng0
苗木「『くひな(水鶏)』です」

古典教師「はい、そうです! 『たたくとも』の主語は、この後にあります『くひな』となります」

古典教師「何故『くひな』が後ろに置かれているかと言いますと、2つの理由が考えられます」

古典教師「1つは『くひなの』『くれぬるに』という、『く』の頭韻的リズムを出すためです」

古典教師「また、もう1つは『くひな』の『く』は『誰か』を受けて『来』の意味を含ませてあります」

古典教師「この場合、『くひな』は『水鶏』と『来』との掛詞となっています」

古典教師「苗木君、偉いですね! いい子いい子してあげましょうか? ……ふふ、冗談ですよ」

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

石丸・十神・大和田・桑田・山田・舞園・霧切・朝日奈・腐川・大神・セレス・江ノ島・戦刃の好感度が上昇した!

葉隠・不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだ腐川・江ノ島ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・十神・大和田・桑田・山田・舞園・霧切・朝日奈・大神・セレス・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

授業を聞いた事により知識が上昇した!

―――
――

351: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 22:26:23.45 ID:6IWmC0Ng0
6月12日(水)曇り
昼 → 夕
図書室 → 本学科2年教室

苗木(行動する時間になったぞ)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室に帰る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

22:45まで(>>4の「条件1」を採用)

―――――  
372: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 23:04:25.41 ID:6IWmC0Ng0
苗木(図書室に行こうかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 図書室

腐川「……」

苗木(腐川さんだけみたいだな……)

苗木(うーん、どうしようかな?)

×:本を借りる(3冊まで指定できます)
2:会話する(≪カリスマ≫適用済) ●
3:一人で勉強する ●
4:複数人で勉強する(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コーチング≫適用済) ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)0/4
6:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

23:08まで(>>4の「条件1」を採用)

379: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 23:15:10.69 ID:6IWmC0Ng0
苗木(『メヤリー・ズーのススメ』を読んでみるか……)

『メヤリー・ズーのススメ』を読んでみた……

どこか非現実的な存在と言える最強の人物が近年大流行するであろうと筆者は主張し、その根拠や魅力などを余す事無く書き連ねている……

図書館で読んでいるせいか、いつもより内容が理解出来る気がする……

知識が上昇した!

図書館で読んでいるせいか、いつもよりページをめくるのが早くなっている気がする……

2章まで読み終わった! あと2章で読破できる。頑張ろう!

図書室を出て自室へと戻っていった……

―――
――

380: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 23:16:59.42 ID:6IWmC0Ng0
6月12日(水)曇り
夕 → 夜
図書室 → 自室

苗木(今日の当番は花村クンだ)

苗木(食堂に移動しよう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どうでもいいけど大神さんって目立つなぁ……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:20まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

385: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 23:26:43.99 ID:6IWmC0Ng0
苗木(千尋、真昼と一緒に食べようかな?)

苗木「千尋、真昼」

不二咲「誠君!」

小泉「どうかした?」

苗木「夕食一緒にどう?」

不二咲「夕方もだなんて、嬉しいなぁ!」

小泉「うん、断る理由もないしね。そもそも断る事自体しないけど」

苗木「あはは」

苗木(話はどうしようかな?)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

23:30まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

389: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 23:34:28.38 ID:6IWmC0Ng0
苗木「期末試験が近づきつつあるね」

不二咲「そうだねぇ。また勉強会が開かれるかもしれないなぁ」

小泉「あれ、そっちも? どこも考えてる事は同じなのね」

苗木(もしかして希望ヶ峰生徒の恒例行事みたいになっているのだろうか……?)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:38まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

395: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 23:42:17.72 ID:6IWmC0Ng0
苗木「試験対策とかどうしてる?」

不二咲「ノートを見直すよぉ」

小泉「そうね。大体授業で言った事が出てるから」

苗木「その点は結構親切だよね」

不二咲・小泉と期末試験について話し合った……

小泉の好感度が上昇した!

不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ不二咲・小泉ともっと深い仲になれそうだ……

3人分の食器を片づけて自室へと戻っていった……

―――
――

396: ◆igI1RpSKDI 2014/01/14(火) 23:44:04.60 ID:6IWmC0Ng0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(どうしよっかなー……)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)2/4
6:娯楽室に行く
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

23:48まで(>>4の「条件2」を採用)

406: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 00:00:43.10 ID:RQ+SC2Pt0
苗木(ソニアさんが気になるな……)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「ソニアさん、苗木だけどさ……」

ソニア『苗木さん……どうかされました?』

苗木「とりあえず、中に入れてもらえるかな?」

ソニア『良きにはからえ! ちょっとお待ち下さい』

―――
――


寄宿舎廊下 → ソニア・ネヴァーマインドの部屋

苗木「お邪魔します」

ソニア「はい。それで……どうかされたのですか?」

苗木「ああ、うん……ちょっとソニアさんの事が気になってね」

ソニア「わたくしがですか?」

苗木「そうだよ。前に言った事が……何て言うか、ソニアさんを悩ませたりしてないかなーって」

ソニア「……苗木さんは、こうは思いません?」

ソニア「人は、生まれながらに全ての事が決まっているって……」

苗木「『運命』からは逃れられない、ってやつかな?」

1:全面的に同意だ
2:そうとは限らない
3:そんなもんクソくらえだ

下3

413: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 00:18:26.70 ID:RQ+SC2Pt0
苗木「そんなもの……クソくらえだと言いたいね」

勇気を振り絞って言った……

勇気が上昇した!

ソニア「……………えっと……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

ソニアの好感度が少し上昇した!

苗木「確かにソニアさんは、祖国では王女で、とても責任ある立場だ」

苗木「その双肩に国がかかっていると言ってもいいかもしれない」

苗木「そしてまた、この国でも何か問題が起きればマスコミが騒ぎたてるかもしれない」

ソニア「ええ。わたくしは、王国と国民にこの身を捧げ、ノヴォセリックの模範足らんとならなければいけないのですのよ?」

苗木「だからと言って、日常生活……果ては内心まで縛られなければいけないの?」

苗木「『ソニア』さんは……一体どこにいるというの?」

ソニア「わ、わたくしはここに―――」

苗木「今キミは、ノヴォセリック王国の王女『ソニア・ネヴァーマインド』であろうとしている」

苗木「では、ノヴォセリック王国出身の少女『ソニア』さんは?」

苗木「自分自身まで押し殺そうとしちゃダメだ……人は『自分』を持って前へ前へと進み、立ち向かうんだ」

苗木「ソニアさん……少なくともここにいる時は、キミはただ1人の生徒であり、少女なんだ」

ソニア「苗木さん……」

ソニア「……なるほど、これが狛枝さんの言ってた『希望』なのかもしれませんね……」

ソニア「苗木さんの言葉、わたくしにしかと届きました。今度は、わたくしの番ですね」


――
―――

415: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 00:26:40.12 ID:RQ+SC2Pt0
ロジカルダイブ 開始!

ソニア「わたくしは、この国においても王女である事を酷く意識していました……」

ソニア「どうしても、王女という立場が付きまとってくる……【そう思わずにはいられなかった】」

ソニア「再びノヴォセリック王国に帰れば、わたくしには自由はないでしょう」

ソニア「ですが、今は自由がある……【今は、『ソニア』でいられる】……」

ソニア「苗木さんの言葉で、そう気づけました」

ソニア「あまり時間はないかもしれないけれど……わたくしは今のこの時を楽しみたい」

ソニア「希望ヶ峰第77期生、『ソニア・ネヴァーマインド』として」

ソニア「……ふふ、やはり苗木さんは、【ノヴォセリック王国に伝わる勇者】なのかもしれませんね」

ソニア「だって、王女であるわたくしを救って下さったんですもの」

苗木(ソニアさんの意見に、肯定か否定かを示すんだ!)

※『肯定』か『否定』をして下さい。

1:そう思わずにはいられなかった
2:今は、『ソニア』でいられる
3:ノヴォセリック王国に伝わる勇者

422: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 00:50:34.01 ID:RQ+SC2Pt0
ソニア「ですが、今は自由がある……【今は、『ソニア』でいられる】……」

苗木「そ の 意 見 に 賛 成 だ !」肯定!!

―――
――


苗木「……ソニアさん、キミの言う通り、ここではキミは自由だ」

苗木「『普通の女の子』がする事を、ソニアさんがしたっていいんだ」

苗木「ボクは女じゃないから、具体的に何がどうとかは言えないけど……」

苗木「でもこれからは、クラスメートの女子を誘ったりして女子学生がする事をしたり……」

苗木「何かを喜んだり、何かを怒ったり、何かを悲しんだり、何かを楽しんだり……」

苗木「自分自身が……『ソニア』さんがしたい事を、すればいい」

苗木「なんなら、ボクも一緒に何か考えたり、一緒に何かしたりしよう」

苗木「まあ、有難迷惑かもしれないけどね」

ソニア「……ええい、ひかえおろう! そんな事はございません!」

ソニア「わたくしは、あなたを信じます……」

ソニア「ですから……わたくしと、『ソニア』と一緒に素敵なスクールライフを過ごしていきましょうね」ニコッ

その時浮かべたソニアさんの笑顔は、王女の仮面を脱ぎ捨てた……『ソニア・ネヴァーマインド』という1人の少女のものだった……

ソニアの好感度が大きく上昇した!

ソニアとのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

心の奥底から確かな希望を感じる……

ソニアとの希望のカケラが1個集まった!

RANK4 → 5

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(ソニアさんに何かプレゼントしようかな?)

ソニアに渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:ラジオゾンデ×3
 f:イン・ビトロ・ローズ×2
 g:薔薇の花束×1
 h:紅蓮露丸×1
 i:水晶のドクロ×1
 j:ドクロマスク×2
 k:マコト写本×1
 l:アンティークドール×2
 m:2.5Dイヤホン×1
2:渡さない

0:54まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

428: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 01:02:18.07 ID:RQ+SC2Pt0
くそっ、今回こそはミスなしでいけると思ったのに!

―――――

苗木(『ブリオッシュ』を渡そうかな?)

苗木「ソニアさん、これあげるよ」

ソニア「これは……! ありがたき幸せ! 苗木さん、ありがとうございます。後で早速食べさせてもらいます」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

ソニアの好感度が少し上昇した!

まだソニアともっと深い仲にはなれないだろう……

ソニア「あの、苗木さん///」

苗木「うん?」

ソニア「苗木さんが言っていた『したい事』……それを今度してみたいのです///」

苗木「へぇ、それは何かな?」

ソニア「その時のお楽しみにしていただければ……///」

苗木「じゃあ楽しみにして待っているね」

ソニアと別れて自室に戻っていった……

ソニアと共に過ごしていくには、豊富な『知識』と大胆な『勇気』が必要だろう…… 

今の自分なら、それを満たしている…… 

―――
――

430: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 01:05:12.34 ID:RQ+SC2Pt0
6月12日(水)曇り → 6月13日(木)雨
ソニア・ネヴァーマインドの部屋 → 自室

苗木(週末から梅雨入りするみたいだ……気が滅入るな)

苗木(朝食を食べて乗り切ろう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(こんな時はガッツリいきたくなるね)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:09まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

438: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 01:15:37.59 ID:RQ+SC2Pt0
苗木(日向クン、左右田クン、九頭龍クン、ソニアさん、終里さんと一緒に食べよう)

苗木「日向クン、左右田クン、九頭龍クン、ソニアさん、終里さん」

日向「苗木、梅雨入りも間近だな」

左右田「部品への影響が心配だぜ……」

九頭龍「試験に重なるかもしれんな」

苗木「それはやる気激減だね……朝ごはん、このメンバーでどうかな?」

ソニア「わたくしは賛成です!」

終里「肉が食えるならいいぜ」

苗木「後でボクの分を分けるよ」

苗木(OHANASHIじゃなくてお話しよう)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

1:19まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

441: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 01:28:34.36 ID:RQ+SC2Pt0
苗木「七海さんの言ってた『ゲーム大会』についてなんだけど……」

日向「それ前に話さなかったか?」

左右田「いや、オレは聞き覚えねーけど」

九頭龍「オレはあるような気がするな」

ソニア「わたくしはないと思います」

終里「オレはあるな。賞品は肉っつった記憶がある」

苗木「そうだったね。やるとしたらいつかな?」

日向「それも聞き覚えが……えーと、試験開けと言ったような……」

左右田「打ち上げみたいな感じか?」

九頭龍「今週終わったらもう試験1週間前だしな」

ソニア「時が過ぎるのは早いですね……」

終里「バーベキューの肉、美味かったよな?」

苗木「そうだったね。やっぱり6月28日が最良なのかな」

日向・左右田・九頭龍・終里・ソニアと様々な事について話し合った……

左右田・九頭龍・終里・ソニアの好感度が上昇した!

日向の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだソニアともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ日向・左右田・九頭龍・終里ともっと深い仲になれそうだ……

日向「苗木、今日予定のない時間ってあるか?」

苗木「今日?」

1:昼
2:夕
3:夜
4:皆無

下3

446: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 01:34:45.01 ID:RQ+SC2Pt0
 

苗木「じゃあ夜でいいかな? 遅いかもしれないけど……」

日向「いや、構わねぇよ。俺が頼む立場だしな」

今日の夜に日向と過ごす約束をした……

食器を片づけて教室へと向かっていった……

―――
――

452: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 20:15:55.42 ID:RQ+SC2Pt0
6月13日(木)雨
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(授業が終わって昼食だ)

苗木(誰かを誘おうかな? それとも食堂に行っちゃおうかな?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

20:19まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

458: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 20:26:04.90 ID:RQ+SC2Pt0
 

苗木(ソニアさん、終里さん、辺古山さん、九頭龍クンを誘おうかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「ソニアさん、終里さん、辺古山さん、九頭龍クン」

ソニア「あら苗木さん、こんにちは!」

終里「早く食堂に行きたいぜ」

苗木「昼食を一緒にでも食べない?」

辺古山「……坊っちゃんが望むのであれば」

九頭龍「オレに委ねるなよ。まあ、いいんじゃねぇか?」

苗木「よし、それじゃあ食堂へGOだね」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(話は何にしよう)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

20:30まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

460: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 20:35:20.88 ID:RQ+SC2Pt0
苗木「田舎と都会ってどっちがいい?」

ソニア「田舎には憧れがあるのです。大きなブランコに乗ってみたいですね」

終里「都会の方が飯を手に入れやすいから都会だな」

辺古山「多分田舎に行ったら、様々な事に困難するだろうな……」

九頭龍「違ぇねぇな。もう都会生活に慣れ切っちまってるぜ」

苗木(都会派が多いみたいだな……)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

20:39まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

464: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 20:43:03.33 ID:RQ+SC2Pt0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

九頭龍・終里・ソニア・辺古山と田舎か都会かについて話し合った……

九頭龍・終里・ソニア・辺古山の好感度が大きく上昇した!

まだソニアともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ九頭龍・終里・辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室へと向かっていった……

―――
――

465: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 20:44:27.67 ID:RQ+SC2Pt0
6月13日(木)雨
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(何をして時間を潰そうか?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:図書室に行く
5:辺りをうろつく
6:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

20:48まで(>>4の「条件2」を採用)

473: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 20:57:16.06 ID:RQ+SC2Pt0
苗木(花村クンと話でもしようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「あっ、花村クン」

花村「苗木くん、どうかしたかい?」

苗木「よかったら、話でもしない?」

花村「もちろんさ! 何を話すんだい? 苗木くんとだったら料理の話でも十分盛り上がりそうだね!」

苗木「あはは……そうだ、料理のリクエストをしてもいい?」

花村「珍しいね。いいよ、何作ろうか?」

苗木「じゃあ……ちょっと範囲が広いけど、洋食で何か1品作ってくれない?」

花村「洋食か……」

1:楽しみにしている
2:どうかしたのか?
3:まさか作れない?

下3

479: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 21:08:58.23 ID:RQ+SC2Pt0
 

苗木「どうかしたの?」

花村「い、いやなんでもないよ。ぼくは『超高校級の料理人』だからね、今度作ってきてあげるよ!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

花村の好感度が少し上昇した!

苗木「何がくるんだろう、楽しみだなぁ……」

花村「ハードル上げてくるねぇ」

花村は苦笑している……

花村の好感度が大きく上昇した!

花村とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK4 → 5

心の奥底から確かな希望を感じる……

花村との希望のカケラが1個集まった!

RANK2 → 3

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(花村クンに何かプレゼントしようかな?)

花村に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:扇子「衣冠」×1
 e:ラジオゾンデ×3
 f:イン・ビトロ・ローズ×2
 g:薔薇の花束×1
 h:紅蓮露丸×1
 i:水晶のドクロ×1
 j:ドクロマスク×2
 k:マコト写本×1
 l:アンティークドール×2
 ×:2.5Dイヤホン×1
2:渡さない

21:12まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

483: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 21:19:30.23 ID:RQ+SC2Pt0
苗木(『イン・ビトロ・ローズ』を渡そうかな?)

苗木「花村クン、これあげるよ」

花村「やっぱりぼくの事も意識してるんだね? ……冗談さ、とにかくありがとう苗木くん!」♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら喜んでくれたようだ!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

花村の好感度が少し上昇した!

そろそろ花村ともっと深い仲になれそうだ……

花村と別れて教室へと戻っていった……

―――
――

484: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 21:22:52.02 ID:RQ+SC2Pt0
6月13日(木)雨
昼 → 夕
校舎廊下 → 本学科2年教室

苗木(何をするべきかな?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室に帰る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

21:40まで(>>4の「条件1」を採用)

―――――  
503: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 22:01:01.60 ID:RQ+SC2Pt0
苗木(購買部に行こうかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 購買部

苗木(無人みたいだ。正確には店番のおばちゃんがいるけど……)

苗木(さて、回すべきか、回さざるべきか……)

1:モノモノマシーンを回す(≪スティング≫≪レイズ≫適用済) ●
 a:慎重に回す(景品がコンマ判定になります)
 b:大胆に回す(当たりがコンマ判定になります)
 c:慎重かつ大胆に回す(景品・当たりともにダイスで決定します)
×:会話する ●
3:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:04まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

507: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 22:07:54.72 ID:RQ+SC2Pt0
景品判定
下1・2・3・4・5・6・7(本文は希望に溢れるものでも絶望に溢れるものでも(適当で)いいです)

517: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 22:21:50.28 ID:RQ+SC2Pt0
判定
1回目:1D100 → 16(青いマフラー) / 1D100 → 12(当たり) LUCKY! 当たりが出たのでもう1回!
2回目:1D100 → 95(転ばぬ先の杖) / 1D100 → 33(外れ)
3回目:1D100 → 64(ミスリル銀) / 1D100 → 100(大外れ) UNLUCKY! 景品はボッシュート!
4回目:1D100 → 60(赤い縄) / 1D100 → 91(外れ)
5回目:1D100 → 76(ロマンツェリキュール) / 1D100 → 87(外れ)
6回目:1D100 → 32(紅蓮露丸) / 1D100 → 03(大当たり) VERY LUCKY! エンゲージリングプレゼント! 当たりが出たのでもう1回!
7回目:1D100 → 67(扇子「衣冠」) / 1D100 → 98(外れ)

苗木(うわ、大外れが出てしまった……)

苗木(『青いマフラー』……仮面をかぶったヒーローが使っていたマフラーだ。赤い色の方もあるみたいだね)

苗木(『転ばぬ先の杖』……これを持っていれば決して転ぶ事がないと言われる杖だ。でもこの歳で杖をつくのは……)

購買部を後にして自室に戻っていった……

―――
――

519: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 22:25:41.14 ID:RQ+SC2Pt0
6月13日(木)雨
夕 → 夜
購買部 → 自室

苗木(今日は花村クンだ。食事の後は日向クンと会う約束がある)

苗木(夕食を食べなきゃ)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どうするべきかな?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:29まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

526: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 22:35:34.53 ID:RQ+SC2Pt0
苗木(ソニアさん、罪木さん、豚神クン、十神クン、澪田さんと一緒に食べようかな?)

苗木「ソニアさん、罪木さん、豚神クン、十神クン、澪田さん」

ソニア「苗木さん、また会えて嬉しいです!」

罪木「ふゆぅ、何の用でしょうかぁ……?」

苗木「夕食だけど、この6人で食べない?」

豚神「いいだろう、大勢で卓を囲むのもまた一興だ」

十神「偽者がいるが、苗木に免じて一緒に食ってやろう」

澪田「ひゃっはー! 極夜ちゃんと白夜ちゃんがいて面白くなりそうっすね!」

苗木「ど、どうだろう……?」

苗木(話題を選ぼう)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:39まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

528: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 22:44:53.76 ID:RQ+SC2Pt0
苗木「温泉って好き?」

ソニア「好きです! 草津や箱根に行って入ってみたいです!」

罪木「ちょ、ちょっと落ち着かないですけど、嫌いではないです」

豚神「取り立てて言うべくはないが、温泉饅頭や温泉卵はいい物だな」

十神「これだから偽者は……十神家には最高級の露天風呂が相応しい」

澪田「唯吹は好きっすよ! 泳ぎたくなるっすよね!」

苗木「他のお客さんの迷惑になるから止めようね」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:48まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

533: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 22:56:25.28 ID:RQ+SC2Pt0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

十神・豚神・ソニア・罪木・澪田と温泉について話し合った……

十神・豚神・ソニア・罪木・澪田の好感度が上昇した!

まだソニアともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ十神・豚神・罪木・澪田ともっと深い仲になれそうだ……

罪木「そのぉ、苗木さん……」

苗木「どうしたの、罪木さん?」

罪木「私のようなゲロ豚が差し出がましいですが、明日で空いている時間があれば……」

苗木(どうやらお誘いのようだね)

1:昼
2:夕
3:夜
4:無い

下3

538: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 23:04:52.23 ID:RQ+SC2Pt0
苗木「じゃあ、明日のこの後の時間でいいかな?」

罪木「夕食の後ですね。わざわざお時間を取らせてしまってごめんなさぁーい!」

苗木「わわわ、気にしないでよ罪木さん」

明日の夜に罪木と過ごす約束をした……

食器を片づけて自室へと戻っていった……

―――
――

539: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 23:12:33.47 ID:RQ+SC2Pt0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(日向クンとの約束があったね)

苗木(早速彼の部屋に行こうか)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「日向クン、苗木だけど来たよ」

日向『悪いなわざわざ。入ってきてくれ』

―――
――


苗木「お邪魔します」

日向「相変わらず狭いが我慢してくれ」

苗木「で、何か話でもあるのかな?」

日向「ああ……そうだな……」

日向「もし例えば俺らが、江ノ島盾子に『コロシアイ』を強要されたら……お前ならどうする?」

苗木「え、江ノ島さんに?」

日向「アイツはそれがしたかったのだろう……でもなければ『絶望病』をばらまいたりなんかしねぇよ」

苗木「う、うーん……」

1:喜んで誰かを殺す
2:皆で平穏に過ごそうとする
3:江ノ島に立ち向かう

下3

543: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 23:23:10.73 ID:RQ+SC2Pt0
苗木「そうなって欲しくないけど、そうなったら……江ノ島さんに立ち向かうかな」

日向「アイツに殺されるかもしれないぞ? アイツはただのギャルじゃない。それに、戦刃むくろだって江ノ島側につくだろう」

苗木「それでも、江ノ島さんに止めさせるようにするつもりだよ」

日向「……狛枝が妄信するわけだな」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

日向の好感度が少し上昇した!

苗木「狛枝クンがどうかしたの?」

日向「いや、なんでもねぇよ」

日向「まあ、いざそうなったら俺だってそうするかもしれないな」

日向「でも、俺には犯人探しがせいぜいかもしれないかもな……」

日向は哀愁を漂わせている……

日向の好感度が大きく上昇した!

日向とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK5 → 6

心の奥底から確かな希望を感じる……

日向との希望のカケラが1個集まった!

RANK3 → 4

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(日向クンに何かプレゼントしようかな?)

日向に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:赤い縄×1
 d:希望ヶ峰の指輪×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×2
 g:ラジオゾンデ×3
 h:ロマンツェリキュール×1
 i:イン・ビトロ・ローズ×1
 j:薔薇の花束×1
 k:紅蓮露丸×2
 l:水晶のドクロ×1
 m:ドクロマスク×2
 n:マコト写本×1
 o:アンティークドール×2
 p:2.5Dイヤホン×1
 q:転ばぬ先の杖×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

23:27まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

548: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 23:33:22.75 ID:RQ+SC2Pt0
苗木(『転ばぬ先の杖』を渡そうかな?)

苗木「日向クン、これあげるよ」

日向「おっ、サンキュー! 『濡れぬ先の傘』は持ってたが、これは持ってなかったんだよな」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

日向の好感度が少し上昇した!

そろそろ日向ともっと深い仲になれそうだ……

日向と別れて自室へと戻っていった……

―――
――

550: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 23:35:48.13 ID:RQ+SC2Pt0
6月13日(木)雨 → 6月14日(木)曇り後晴れ
日向創の部屋 → 自室

苗木(午後には晴れるようだ)

苗木(食堂へ行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どうしようかねぇ……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:39まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

561: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 23:44:51.33 ID:RQ+SC2Pt0
霧切さん大勝利!

―――――

苗木(響子と一緒に食べようかな?)

苗木「響子」

霧切「誠、おはよう」

苗木「おはよう。一緒に食べない?」

霧切「もちろんよ」

苗木「ありがとう」

苗木(さて、何について話すか……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

23:48まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

564: ◆igI1RpSKDI 2014/01/15(水) 23:56:00.80 ID:RQ+SC2Pt0
苗木「響子はデート先に温泉を挙げてたけど、温泉好きなの?」

霧切「ええ、まあ嫌いじゃないわ。ああいう場所はゆっくり出来て、邪魔されないから……///」

苗木「……あ、うん。そうだね///」

霧切「……誠が望むなら、一緒に……///」

苗木「そ、それはまだちょっと早いような……///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う…… 

霧切の好感度が少し上昇した! 

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:59まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

570: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 00:05:06.31 ID:/39LflMV0
 

苗木「でも、行くとなると休日になるね。そして学園側が外出を認めてくれるかどうか……」

霧切「そんなものはどうとでもなるわ」

苗木「?」

霧切「誠には外出許可が必ず与えられるよう、お父さんに頼んでおいたから」

苗木「うわー、権力乱用だー……」

霧切「権力は行使するためにあるわ」キリッ

苗木「いや、そうかもしれないけどさ……」

霧切と温泉について話し合った……

霧切の好感度が上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

霧切の好感度が少し上昇した!

そろそろ霧切ともっと深い仲になれそうだ……

霧切の分の食器も片付けて教室へと向かった……

―――
――

571: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 00:06:31.36 ID:/39LflMV0
6月14日(木)曇り後晴れ 
朝 → 昼 
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室 
苗木(さて、どうしようかな?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:図書室に行く
5:辺りをうろつく
6:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

0:10まで(>>4の「条件2」を採用)

581: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 00:15:15.37 ID:/39LflMV0
 

苗木(図書室に行こうか)

―――
――


本学科2年教室 → 図書室

十神「苗木か。新刊は19日からだぞ」

苗木「うん、そうみたいだね」

腐川「……」

苗木(腐川さんが一瞬こっちを見たみたいだ……)

苗木(さて、何しようかな?)

×:本を借りる(3冊まで指定できます)
2:会話する(十神・腐川のうちどちらかを指定して下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
3:一人で勉強する ●
×:複数人で勉強する(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コーチング≫適用済) ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
 b:『メヤリー・ズーのススメ』(全4章・知識+中・勇気+中・≪??≫習得)2/4
6:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

0:19まで(>>4の「条件1」を採用)

589: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 00:24:12.26 ID:/39LflMV0
苗木(『メヤリー・ズーのススメ』を読み終えようかな)

『メヤリー・ズーのススメ』を読んでみた……

どこか非現実的な存在と言える最強の人物が近年大流行するであろうと筆者は主張し、その根拠や魅力などを余す事無く書き連ねている……

図書館で読んでいるせいか、いつもより内容が理解出来る気がする……

知識が上昇した!

図書館で読んでいるせいか、いつもよりページをめくるのが早くなっている気がする……

『メヤリー・ズーのススメ』を読破した!

知識が上昇した!

勇気が上昇した!

勇気が『溢れるほど』から『凛々』になった!

≪妄想≫を習得した!

効果:プレゼント時に何が好まれるか分かるようになる。

『メヤリー・ズーのススメ』を返却した……

―――
――

590: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 00:27:03.76 ID:/39LflMV0
6月14日(木)曇り後晴れ
昼 → 夕
図書室 → 本学科2年教室

苗木(なんだか勇気に自信がついた気分だ)

苗木(さて、夕暮れ時だが何しようかな?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室に帰る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

0:30まで(>>4の「条件2」を採用)

602: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 00:42:31.52 ID:/39LflMV0
 

苗木(左右田クンと話でもしようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「左右田クン」

左右田「苗木かよ……なんだ、用でもあるのか?」

苗木「うん。話したいなーと思ってさ」

左右田「オレと?」

苗木「目の前にいるのが左右田クンじゃなかったらなんなのさ」

左右田「……んで、話題は何だ?」

苗木「そういえば、左右田クンはソニアさんに対しては敬語を使うよね」

左右田「あったりめーだろ! ソニアさんだぜ!」

苗木(わけがわからないよ)

左右田「まさに現代に降臨した天使だよな! 苗木もそう思わないか!?」

1:思う思う
2:思わない
3:大天使だ

下3

609: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 00:55:32.08 ID:/39LflMV0
苗木「いや、そんなんじゃ甘いよ」

左右田「なんだと?」

苗木「ソニアさんは大天使だよ」

左右田「大天使……くっ、オレはまだまだ未熟だったのか……!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

左右田の好感度が少し上昇した!

苗木「そんな事はないよ。左右田クンはよくやってるさ」

左右田「先生……!」

左右田「……って、なんで寸劇をやってるんだよ!」

苗木「そっちから振ってきたような……」

左右田「……まあいい。オメーもまたソニアさんを想っているのは分かった」

左右田「ソニアさんは高貴な生まれだからか、物腰も丁寧で、何よりソニアさんの言う事を信じたくなるんだよな……」

左右田はどこかしみじみとしている……

左右田の好感度が大きく上昇した!

左右田とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK4 → 5

心の奥底から確かな希望を感じる……

左右田との希望のカケラが1個集まった!

RANK2 → 3

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(左右田クンは『希望ヶ峰の指輪』『イン・ビトロ・ローズ』『薔薇の花束』『2.5Dイヤホン』を喜び、『ラジオゾンデ』を特に喜びそうだ)

苗木(左右田クンに何かプレゼントしようかな?)

左右田に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:赤い縄×1
 d:希望ヶ峰の指輪×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×2
 g:ラジオゾンデ×3
 h:ロマンツェリキュール×1
 i:イン・ビトロ・ローズ×1
 j:薔薇の花束×1
 k:紅蓮露丸×2
 l:水晶のドクロ×1
 m:ドクロマスク×2
 ×:マコト写本×1
 o:アンティークドール×2
 p:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

1:00まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

617: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 01:06:47.96 ID:/39LflMV0
苗木(『ラジオゾンデ』を渡そうかな?)

苗木「左右田クン、これあげるよ」

左右田「マ、マジかよ!? 色々と負けた気分だぜ……だがありがとよ。メカニックとしての血が疼くぜ……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

左右田の好感度が少し上昇した!

左右田と別れて自室に戻っていった……

―――
――

618: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 01:09:15.30 ID:/39LflMV0
6月14日(木)曇り後晴れ
夕 → 夜
校舎廊下 → 自室

苗木(夕食の時間だ。今日は九頭龍クンと辺古山さんが作る日だ)

苗木(そういえば昼食のときに……)


――
―――

回想

6月14日(木)曇り後晴れ

本学科2年教室

苗木(お腹が空いたよ……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

1:13まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

625: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 01:21:44.83 ID:/39LflMV0
狛枝「ボクにはもったいないぐらいの希望だね! あははははは!」

―――――

苗木(ソニアさん、真昼、澪田さん、豚神クン、九頭龍クン、辺古山さんと一緒に食べようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「ソニアさん、真昼、澪田さん、豚神クン、九頭龍クン、辺古山さん」

ソニア「苗木さん!」

小泉「誠、どうしたの?」

澪田「かけっこでもするっすか!?」

苗木「それはまた今度ね。昼食なんだけどさ、一緒に食べない?」

豚神「いいだろう、引き受けてやる」

九頭龍「一々律儀だな、苗木は」

辺古山「それが苗木という人間なのでしょう」

苗木(なんだか人物像を語られちゃってるな……)

苗木「食堂に行こうか」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(大人数だな……話が滑ったらやだなぁ)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

1:25まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

628: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 01:32:52.68 ID:/39LflMV0
苗木「前に真昼とソニアさんには話したけど、ス○バに行ってみたくない?」

ソニア「男子高校生のしきたりですものね。わたくしも気になります」

小泉「だから違うってソニアちゃん……でも、○タバ行ってどうするの?」

澪田「ベンティをがぶ飲み! 誰が1番早く飲めるか競争っす!」

豚神「味わって飲め澪田。一気に多量を摂取するのはよくないだろう」

九頭龍「スタ○なんて入った事ねぇよ」

辺古山「そういう店に入っていけるような生き方をしてないですからね」

苗木(極道者がス○バ……確かに想像出来ないな)

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:36まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

633: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 01:49:58.71 ID:/39LflMV0
苗木「そういえば、今度ス○バで……」

ソニア「……なんですか!? ますます気になってきました」

小泉「ツイ○ターによると……」

澪田「そりゃーすげーっす! 唯吹としては……」

豚神「飯が美味ければな。……という話を耳にした事があるが」

九頭龍「……じゃなくってか?」

辺古山「ふむ、ならば坊っちゃん……」

豚神・九頭龍・ソニア・小泉・澪田・辺古山と某コーヒー店について話し合った……

豚神・ソニア・小泉・澪田・辺古山の好感度が大きく上昇した!

九頭龍の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ豚神・九頭龍・ソニア・小泉・澪田・辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

小泉の分の食器も片付けて教室へと戻っていった……

―――
――


6月14日(木)曇り後晴れ

自室

苗木(といった事があったっけ……)

苗木(よし、食堂にそろそろ行くかな)

―――
――

649: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 20:10:25.61 ID:/39LflMV0
自室 → 寄宿舎食堂

苗木(ついさっきあんな会話をしちゃったけど、ソニアさんに聞かれてないよね……?)

苗木(……ともかく、どうするか決めよう)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

20:14まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

656: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 20:20:28.75 ID:/39LflMV0
苗木(罪木さん、西園寺さん、左右田クン、九頭竜クン、豚神クン、澪田さんと一緒に食べようかな?)

苗木「罪木さん、西園寺さん、左右田クン、九頭竜クン、豚神クン、澪田さん」

罪木「あっ、苗木さぁん」

西園寺「うっわゲロ豚がいるよー」

左右田「相変わらずだなオメー……で、何だ?」

苗木「夕食を一緒に食べない?」

九頭龍「ここ最近はよく声をかけられてる気がするな」

豚神「俺が導いたまでだ」

澪田「いいっすよ! 味噌汁の中に豆腐がどれだけ入っているか勝負っす!」

苗木(なにその地味そうな勝負)

苗木「うん、それじゃあ座ろう」

苗木(何について話したい?)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

20:24まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

662: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 20:30:16.13 ID:/39LflMV0
苗木「よし、澪田さん、その勝負乗った!」

澪田「さすが誠ちゃんっす! 痺れるっす!」

豚神「フン、下らん……時間の空費だ」

九頭龍「せめて早食いとかにしろよ……」

左右田「澪田にそんな常識は通用しねぇだろ」

西園寺「澪田おねぇ、頑張ってー!」

罪木「な、苗木さん、迷惑でしょうが応援しますぅ」

苗木「あ、ありがとう」

苗木(応援されても所詮は運だよね)

1:もう少し話し合う(勝負に移ります)
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

20:34まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

668: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 20:37:17.04 ID:/39LflMV0
苗木「それじゃあいくよ、澪田さん?」

澪田「唯吹はいつでもオッケーっす!」

豚神「両者……スタート!」

※味噌汁の中に豆腐がどれだけ入っているか安価で決定します。
※コンマ÷4個の豆腐が味噌汁の中に入っています。

下2(苗木)・下5(澪田)

675: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 20:48:19.54 ID:/39LflMV0
苗木(どうやら15個入っているみたいだね……)

苗木「ボクは15個だったよ。澪田さんは?」

澪田「22個っす! 唯吹の大勝利っすよ!」

左右田「多いな、意外と」

九頭龍「逆にそんなにあっても困るけどな」

西園寺「さすが澪田おねぇ! 苗木おにぃなんかとは大違いだね!」

罪木「わ、私の応援のせいで……ご、ごめんなさぁーい!」

苗木「いやいや、違うって!」

澪田と豆腐競争を行った……

澪田の好感度が大きく上昇した!

左右田・西園寺・罪木の好感度が上昇した!

豚神・九頭龍の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ豚神・左右田・九頭龍・西園寺・罪木・澪田ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて自室へと戻っていった……

―――
――

676: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 21:02:15.26 ID:/39LflMV0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(罪木さんとの約束があったな)

苗木(彼女の部屋に行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「罪木さん、約束通り来たよ」

罪木『はいぃ、わざわざ申し訳ございませぇーん……』

苗木「気にしないでよ」

罪木『そうですかぁ? ええと、鍵を開けますのでちょっと待ってて下さい』

―――
――


寄宿舎廊下 → 罪木蜜柑の部屋

苗木(アルコール臭いな……沢山の医薬品が置いてあるからかな?)

罪木「……あのぅ……」

苗木「もしかしてボクの部屋に呼んだほうが良かった?」

罪木「そ、そんな事ないですよぅ! でも、もし不快な思いをされたら……」

苗木「それはないよ」

苗木「それで、ボクに何の用かな?」

罪木「……その、苗木さんにとって江ノ島様とはどのような存在なんでしょうかぁ?」

苗木「江ノ島さん?」

罪木「お2人は親しい間柄みたいですので……」

苗木(親しいかどうかは置いておいて、江ノ島さんの存在かぁ……)

1:キャラが色々変わるギャル
2:共に生きていきたい絶望
3:将来を誓い合った人

下3

681: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 21:14:16.37 ID:/39LflMV0
苗木「うーん……色々言えるけど、『共に生きていきたい絶望』かな?」

罪木「ど、どういう意味ですか?」

苗木「人には『希望』があり、また『絶望』もある……」

苗木「対象的で、互いが離れ別れる事はないんだ。電車の線路のようにね」

苗木「だから、江ノ島さんと共に生きる道を模索出来たらな、って思うんだ。『絶望』を無理矢理どうこうするんではなくてね」

罪木「け、結構考えているんですねぇ……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

罪木の好感度が少し上昇した!

苗木「どうだろ? そうなのかな?」

罪木「そうですよぅ……あっ、すいません! 差し出がましい事を!」

苗木「いや、助かったよ」

苗木(相変わらずだな、罪木さん……)

苗木(彼女だってなりたくてこんな風になったわけじゃないだろうに……)

苗木(どうにか、出来ないのかな?)


――
―――

683: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 21:18:02.11 ID:/39LflMV0
ロジカルダイブ 開始!

苗木(まず、罪木さんがどうしてこのような性格になってしまったか考えよう)

苗木(当然だけど、幼い頃は違っていたはずだ)

苗木(それでも、内気な子供だったのかもしれないが……)

苗木(そんな彼女が今のようになってしまったのは、『ある事』が原因だ)

苗木(それはつまり……)

1:アルコールばかり嗅いでいたから
2:ずっと一人で孤独だったから
3:多くの人にいじめられたから

下3

688: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 21:30:08.70 ID:/39LflMV0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :   多 く の 人 に い じ め ら れ た か ら  :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(罪木さんは『多くの人にいじめられた』。彼女もまた、打たれないように色々やってきた)

苗木(なんという悪循環だろうか。いじめというのは得てしてこうなのかもしれない)

苗木(そんな罪木さんを、救った人がいた)

苗木(『超高校級の絶望』、江ノ島盾子だ)

苗木(なんで江ノ島さんなのか、何故そうしたのかは知らないけど……とにかく悪循環からは抜け出せたみたいだ)

苗木(江ノ島さんが罪木さんを救った事によって、どのような展開になるかもしれないだろうか?)

苗木(それはつまり……)

1:罪木が別人のように明るくなる
2:罪木が絶望に陥ってしまう
3:罪木が江ノ島に想いを寄せる

下3

692: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 21:43:31.95 ID:/39LflMV0
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :    罪 木 が 絶 望 に 陥 っ て し ま う   :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(時期的にはまだ『更生プログラム』にかけられる前だから、罪木さんを『絶望』させるために救ったのかもしれない)

苗木(罪木さんは江ノ島さんの事を『様』付けで呼んでいるし……)

苗木(『罪木さんが絶望に陥ってしまう』可能性も十分ありえるだろう)

苗木(このままでは危険だ……『希望』を見失ってしまうかもしれない)

苗木(なにより、罪木さんがそれを望む節も見受けられる……)

苗木(彼女の意思が、全てを左右するだろう)

苗木(ではどうすればいいのだろうか?)

苗木(それはつまり……)

1:江ノ島に事の全てを託して見守る
2:今度は自分が罪木を救ってみせる
3:罪木自身が変わるよう手助けする

下3

696: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 21:57:39.35 ID:/39LflMV0
苗木(今度はボクが罪木さんを救ってみせる!)

苗木(……『もう救われた』のに? 確かに『絶望』に陥るかもしれないが、今まさにそうなのではない)

苗木(それに、『救う』っていい言葉に思えるけど、いい事ばかりではない)

苗木(今回は、外から何かをするのではなく……)

苗木(……仕切り直そう)

苗木(ではどうすればいいのだろうか?)

苗木(それはつまり……)

1:江ノ島に事の全てを託して見守る
×:今度は自分が罪木を救ってみせる
3:罪木自身が変わるよう手助けする

下3

700: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 22:02:06.76 ID:/39LflMV0
 

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:赤い縄×1
 d:希望ヶ峰の指輪×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×2
 ×:ラジオゾンデ×2
 h:ロマンツェリキュール×1
 i:イン・ビトロ・ローズ×1
 j:薔薇の花束×1
 k:紅蓮露丸×2
 ×:水晶のドクロ×1
 ×:ドクロマスク×2
 n:マコト写本×1
 o:アンティークドール×2
 p:2.5Dイヤホン×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

22:20まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

 

706: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 22:48:04.28 ID:/39LflMV0
    ╋┓                                      ┏╋
    ┗╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┛
       : 罪 木 自 身 が 変 わ る よ う 手 助 け す る  :
    ┏╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┓
    ╋┛                                      ┗╋

苗木(……そう、全ては繋がった)

苗木(罪木さんはもともとこのような性格ではなかった)

苗木(だけど、『多くの人にいじめられたから』、今のようになってしまったんだ)

苗木(それを救ったのが、『江ノ島盾子』その人だ)

苗木(ボクが直接見たわけではないから、詳しくは知らないけど……)

苗木(ともかく、罪木さんはいじめられなくなったみたいだ。それでも勘違いする事もあるが……)

苗木(だが、江ノ島さんに救われた事によって、罪木さんが『絶望に陥ってしまう』かもしれない)

苗木(そうしたら、『希望』を見失う事になってしまう……)

苗木(そうならないためにも、罪木さん自身が『変わるよう手助けする』必要があるだろう)

苗木(もしかしたら無理かもしれない)

苗木(本人が変わる意思がなければいけないからだ)

苗木(でも、希望は前に進むんだ!)

苗木(悲劇から救われた先が絶望だったとしても!!)

苗木(自力で乗り越えて新たな自分へと生まれ変わってみせるんだ!!!)

―――
――

707: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 22:56:04.88 ID:/39LflMV0
苗木「……罪木さん」

罪木「はい、どうされましたぁ?」

苗木「キミは内心では『まだいじめられるかも』、と思っているんじゃない?」

罪木「ど、どうしたんですかぁ急に……?」

苗木「罪木さんは『多くの人にいじめられてきたから』、そうされないためにダーツの的になったり借金の連帯保証人になったりしてきた」

苗木「そんなキミに、ついに救いの手が差し伸べられた」

苗木「江ノ島さんだ。彼女が何故キミを救ったのか……彼女の才能でおおよそ察しがつく」

苗木「もしかしたら『罪木さんが絶望に陥ってしまう』かもしれない」

苗木「罪木さんはそれでもいいと思うかもしれないが……」

苗木「でも、不安はまだ消えてなくなってないんでしょ?」

罪木「……………」

苗木「ボクは江ノ島さんほどの才能も、力も持っていない」

苗木「だから、『罪木さん自身が変わるよう手助けする』つもりだ」

苗木「もし罪木さんがいじめられそうになったら、ボクが変わりになろう」

苗木「もし罪木さんが思うところがあったら、ボクも一緒に考えよう」

苗木「もし罪木さんが1歩踏み出したいと思ったら、ボクがそっと背中を押そう」

罪木「な、何言っているんですかぁ?」

罪木「私みたいなドブネズミに……そんなの無理ですよ」

苗木「罪木さんは打たれないために今までやってこれたんでしょ?」

苗木「その延長線上だよ。そして、キミは1人じゃない」

苗木「約束するよ」

罪木「約束……」

罪木は思いつめている……

罪木の好感度が大きく上昇した!

罪木とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK6 → 7

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(罪木さんに何かプレゼントしようかな?)

罪木に渡しますか?

>>700

708: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 23:00:56.69 ID:/39LflMV0
苗木(『紅蓮露丸』を渡そうかな?)

苗木「罪木さん、これあげるよ」

罪木「す、すいません、こんな物を貰ってしまって……。苗木さん……いえ、なんでもないです……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

罪木の好感度が少し上昇した!

まだ罪木ともっと深い仲にはなれないだろう……

罪木の手助けをするには、挫けぬ『勇気』と許容する『受容』が必要だ……

今の自分なら、それを満たしているだろう……

罪木と別れて自室に戻っていった……

―――
――

709: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 23:03:43.24 ID:/39LflMV0
6月14日(木)曇り後晴れ → 6月15日(金)晴れ後曇り
罪木蜜柑の部屋 → 自室

苗木(……………)

苗木(食堂に朝食を食べに行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どーするべきかなー……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:07まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

715: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 23:15:44.77 ID:/39LflMV0
苗木(罪木さん、終里さん、左右田クン、豚神クン、澪田さん、田中クンと一緒に食べようかな?)

苗木「罪木さん、終里さん、左右田クン、豚神クン、澪田さん、田中クン」

罪木「な、苗木さん……」

終里「……ん? なんかあったのか?」

左右田「ソニアさんはいつも通り麗しかったぞ」

苗木(見当違いなんじゃ……)

苗木「朝食、一緒にどうかな?」

豚神「好きにすればいい」

澪田「誠ちゃん、きんぴらゴボウのゴマをどれだけ摘まめるか勝負っす!」

田中「矮小すぎるぞ人間どもが……!」

苗木(なんでそんな地味なチョイスなんだ……)

苗木「と、とにかく座ろうよ」

苗木(話はどうしようかな?)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

20:19まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

720: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 23:25:08.40 ID:/39LflMV0
苗木「いや、ゴマじゃなくてゴボウの方をどれだけ摘まめるか勝負しない?」

澪田「むむむ……誠ちゃんがそう言うなら仕方ないっすね。じゃあそれでいくっす!」

終里「勝負? 試合の事か?」

左右田「試合……なんかねぇ?」

豚神「俺に振るな。今食事中だ」

田中「また繰り返されるのか……これも定めにより決まった事……」

苗木(小さい定めだな……)

1:もう少し話し合う(勝負に移ります)
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:29まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

724: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 23:32:29.92 ID:/39LflMV0
苗木「それじゃあいくよ、澪田さん?」

澪田「唯吹はいつでもオッケーっす!」

田中「今こそ……目覚めの時だ!」

※きんぴらゴボウをどれだけ摘まめるか安価で決定します。
※コンマ÷2個のきんぴらゴボウが摘まめます。

下3(苗木)・下5(澪田)

731: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 23:40:47.51 ID:/39LflMV0
苗木「……よし、37個……これ以上はきついな……」

澪田「凄いっす誠ちゃん! 唯吹は10個で限界っす!」

左右田「それはオレでも出来るぞ?」

終里「肉食わないのか? オレが2人の分も食うぞ?」

豚神「やめろ終里。自分の分で我慢しろ」

罪木「苗木さん、お見事でした」

苗木「それほどでもないよ」

澪田とゴボウ競争を行った……

左右田・田中・終里・罪木・澪田の好感度が大きく上昇した!

豚神の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ豚神・左右田・田中・終里・罪木・澪田ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室へと向かっていった……

―――
――

733: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 23:43:10.90 ID:/39LflMV0
6月15日(金)晴れ後曇り
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(うーん、どうしよっかなぁ?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

20:47まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

739: ◆igI1RpSKDI 2014/01/16(木) 23:56:40.32 ID:/39LflMV0
苗木(豚神クン、罪木さんと一緒に食べようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「豚神クン、罪木さん」

豚神「朝ぶりだな、苗木」

罪木「こんにちわぁ。……その、どうされたんですか?」

苗木「昼食は朝食と変わってこの3人でどうかな?」

豚神「静かに飯が食えそうだな」

罪木「そ、そんな事言っちゃ澪田さんに失礼ですよ……」

苗木「澪田さんがいると場が盛り上がるからね」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(キチンと話ができそうだな……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:00まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

741: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 00:05:15.37 ID:qFZk9umG0
苗木「好きなファーストフードって何?」

豚神「中々いい質問だな。一口にファーストフードと言っても色々あるが、やはりハンバーガーが一番だろう」

罪木「健康によくないからあまり利用しないんですよね……ご、ごめんなさぁーい!」

苗木「いやいや、それも1つの考え方だよ」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:09まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

746: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 00:15:05.58 ID:qFZk9umG0
苗木「よりにもよって、味覚音痴のアメリカ人の食べるあの忌まわしいハンバーガーだなんて……」

豚神「勘違いするな。かの国のハンバーガーが好きなのではない。それにそのような発言はいつ人権派弁護士に訴えられてもおかしくない。口を慎め」

罪木「でもあまり食べるのはよくないですよぉ? 保健委員としては止めておきたいところです……」

豚神・罪木と様々な事について話し合った……

罪木の好感度が上昇した!

豚神の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ豚神・罪木ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室へと戻っていった……

―――
――

747: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 00:16:11.48 ID:qFZk9umG0
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(残りの時間、何しようか?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:図書室に行く
5:辺りをうろつく
6:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

0:20まで(>>4の「条件2」を採用)

758: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 00:28:08.39 ID:qFZk9umG0
苗木(千尋と過ごそうかな?)

苗木「千尋」

不二咲「誠君、どうしたのぉ?」

苗木「昼休みが終わるまで、話でもしない?」

不二咲「いいよぉ!」

苗木「そういえば、お父さんには結局認められたの?」

不二咲「うん、誠君が言ってた通り、お父さんは僕の事をお見通しだった……」

不二咲「でも、この前はちゃんと褒めてくれたんだよぉ。もう大絶賛も大絶賛だったんだぁ」

1:凄いじゃないか
2:親バカなんだね
3:自分も鼻が高い

下3

764: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 00:36:30.56 ID:qFZk9umG0
 

苗木「へぇ、凄いじゃないか!」

不二咲「えへへ、そうかなぁ?」♪♪<ピロリロリーン

苗木「うん。なんだかボクも鼻が高いよ」

不二咲「えっ?」

苗木「恋人が褒められて喜ばないわけがないでしょ?」

苗木「ボクが特に何かやったというわけじゃないけど……千尋が嬉しがってるのを見ればボクも嬉しくなってくるよ」

不二咲「誠君……///」

不二咲からの確かな愛情を感じる……

不二咲の好感度が大きく上昇した!

不二咲とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK10 → 11

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(千尋に何かプレゼントしようかな?)

不二咲に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:赤い縄×1
 d:希望ヶ峰の指輪×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×2
 g:ラジオゾンデ×2
 ×:ロマンツェリキュール×1
 i:イン・ビトロ・ローズ×1
 j:薔薇の花束×1
 k:紅蓮露丸×1
 l:水晶のドクロ×1
 m:ドクロマスク×2
 n:マコト写本×1
 o:アンティークドール×2
 p:2.5Dイヤホン×1
 q:エンゲージリング×1
2:渡さない

0:40まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

775: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 00:46:03.17 ID:qFZk9umG0
苗木(『エンゲージリング』を渡そうかな? 2個目だけど……)

苗木「千尋……これ、受け取ってくれるかな?」

不二咲「!!! ……2個も貰えるなんて……これは右手の薬指に嵌めるねぇ///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

不二咲の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

不二咲の好感度が少し上昇した!

そろそろ不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

昼休み終了直前まで不二咲といちゃいちゃした……

教室へと向かう途中、落し物と手紙を拾った……

手紙には、「かゆい うま >>1」と書いてある……

『エンゲージリング』を手に入れた!

―――
――

779: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 00:50:19.47 ID:qFZk9umG0
6月15日(金)晴れ後曇り
昼 → 夕

苗木(下校時刻だ。何をしようか?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室に帰る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

0:54まで(>>4の「条件1」を採用)

―――――

ソニアさんはこの後で……出ますよ

788: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 01:00:27.31 ID:qFZk9umG0
苗木(図書室に行こうかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 図書室

十神「……」ペラッ

腐川「……」ペラッ

苗木(2人とも熱心に読んでいるみたいだ……)

苗木(ボクはどうしようかな?)

×:本を借りる(5冊まで指定できます)
2:会話する(十神・腐川のうちどちらかを指定して下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
3:一人で勉強する ●
4:複数人で勉強する(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コーチング≫適用済) ●
5:本を読む ●
 a:『風を切る男・挑戦!』(全3章・運動+大)1/3
6:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

1:04まで(>>4の「条件2」を採用)

795: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 01:10:39.29 ID:qFZk9umG0
苗木(『風を切る男・挑戦!』を最後まで読もうか)

『風を切る男・挑戦!』を読んでみた……

誰よりも早く走れる男が学園内最速の女に勝負を持ちかけられて、お騒がせグループと特訓する様がテンポよく書かれている……

図書館で読んでいるせいか、いつもより内容が理解出来る気がする……

知識が上昇した!

図書館で読んでいるせいか、いつもよりページをめくるのが早くなっている気がする……

『風を切る男・挑戦!』を読破した!

運動が大きく上昇した!

『風を切る男・挑戦!』を返却した……

図書室を出て自室へと戻っていった……

―――
――

810: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 21:23:02.82 ID:qFZk9umG0
図書室 → 自室

苗木(……ありゃ、教室に忘れ物をしちゃったな)

苗木(取りに戻らないと)

―――
――


自室 → 本学科2年教室

苗木(もう皆教室を出て行ったみたいだ)

苗木(えーと、忘れ物は……………あった!)

苗木(よかったよかった。それじゃあ―――)

ソニア「あっ、苗木さん!」

苗木「ソニアさん、どうかしたの? 2年生の教室に来て」

ソニア「いえ、その……何と言うか……///」

苗木「?」

苗木(うん? よーく見ると、ソニアさんは手に何か持っているような……?)

苗木「ソニアさん、後ろに回した両手に何か持ってない?」

ソニア「……さすがは苗木さんですね」

ソニアは手に持っていた物を見せた……

苗木(……どうやら手紙だったみたいだ)

苗木「その手紙……」

1:誰かから貰った?
2:果たし状か?
3:もしやラブレター?

下3

817: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 21:36:22.48 ID:qFZk9umG0
苗木「もしかしてラブレター……とか?」

ソニア「う、そこまで見破られてしまうとは……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

ソニアの好感度が少し上昇した!

苗木「いや、見た目がピンク色の時点でそれっぽいし……」

苗木「でも、どうしたの? 左右田クンの机はここにはないけど」

ソニア「おためごかしを! どうして左右田さんが出てくるのですか!?」

苗木「……いや、うん、ごめん」

苗木(左右田クン、嫌われるような事でもしたの?)

苗木「じゃあ、この教室にいる誰かに?」

ソニア「……はい///」

苗木「へぇー、誰だか気になるけど、ボクがいたら不味いよね。見なかった事にするから、ボクもう帰る―――」

ソニア「いえ、帰らないで下さい///」

苗木「え? でも……」

ソニア「その……苗木さんに、読んでもらいたいのです///」

苗木「ボ、ボク!?」

苗木(なんだろう、文章の添削とか?)

ソニア「ええ///」

苗木「わ、分かったよ」

苗木(でも男のボクが文章の添削をしてもね……)

苗木「ええっと、何なに?」

823: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 21:50:05.59 ID:qFZk9umG0



ソニア「苗木誠さん、わたくしソニア・ネヴァーマインドは、あなた様の事をお慕い申し上げております。この想いが、願わくば届きますよう……」



824: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 21:56:46.76 ID:qFZk9umG0
苗木「……え?」

ソニア「その手紙に書かれている、最も苗木さんに伝えたい一文です///」

苗木(……………)

苗木(……確かに、最後の方に一字一句違わず書いてある……)

苗木(……ええと、つまり、このラブレターってボク宛てだったのか!?)

ソニア「その、突然の事だと思いますので、わたくしはこれで―――」

苗木「……いや、今度はソニアさんが帰ろうとしないでよ」

苗木(ソニアさんと出会ったのは、この学園に入学してから)

苗木(偶然彼女が困っているところに声をかけたのがきっかけだ)

苗木(日本語が遜色なく話せていたのと、何故か古い流行り言葉を使うのと、二重の意味で驚いたな)

苗木(ソニアさんがノヴォセリック王国の『王女』だという事は知っていたが……)

苗木(実際に話してみて、親しみやすさを感じた)

苗木(ノヴォセリック王国での『しきたり』の事を聞いたり、逆に日本の『しきたり』の事を話したり……)

苗木(ソニアさんが良君である事が、十分に窺えた)

苗木(でも、そんなソニアさんは1つ、悩む事があったんだね)

苗木(自分が『王女』であるから、彼女は自分を律し続けてきた)

苗木(でもそんな事はない。ソニアさんだって『1人の女性』なんだ)

苗木(ソニアさんはそれに気付けて、ボクと一緒に学校生活を過ごしたいと言ってくれた)

苗木(その時ボクは、まるで自分の事のように喜んだ。他人事ではなかった)

苗木(どうしてだろうか? 自分もあの場にいたから? ……いや、それは違う)

苗木(自分が、知らず知らずにどんどん惹かれて……そして、好きになっていたから)

苗木(だから……嬉しかったんだ)

苗木(……もう、整理するまでもないな)

825: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 22:00:20.30 ID:qFZk9umG0
苗木「……ソニアさん」

ソニア「……はい」

苗木「……ボクも、ソニア・ネヴァーマインドさんの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

ソニア「―――もちろんです!」

ソニアが8人目の恋人になった!

ソニアの通信簿に新たなページが出来た!

ソニアの好感度が大きく上昇した!

ソニアとのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK8 → 9

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(ソニアさんに何かプレゼントしようかな?)

ソニアに渡しますか?

苗木(ソニアさんは『ルアックコーヒー』『マコト写本』『アンティークドール』を喜び、『ブリオッシュ』『赤い縄』『希望ヶ峰の指輪』『青いマフラー』『扇子「衣冠」』『イン・ビトロ・ローズ』『薔薇の花束』を特に喜びそうだ) 

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:赤い縄×1
 d:希望ヶ峰の指輪×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×2
 g:ラジオゾンデ×2
 h:ロマンツェリキュール×1
 i:イン・ビトロ・ローズ×1
 j:薔薇の花束×1
 k:紅蓮露丸×1
 l:水晶のドクロ×1
 m:ドクロマスク×2
 n:マコト写本×1
 o:アンティークドール×2
 p:2.5Dイヤホン×1
 q:エンゲージリング×1
2:渡さない

22:04まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

834: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 22:12:31.04 ID:qFZk9umG0
苗木(『エンゲージリング』を渡そうかな?)

苗木「ソニアさん……これ、受け取ってくれるかな?」

ソニア「!!! ……わたくしにこれを渡してくれるという事は……勘違いしてしまいますよ?///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

ソニアの好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

ソニアの好感度が少し上昇した!

ソニア「実は、苗木さんに頼みたい事があってですね///」

苗木「う、うん! 遠慮しないでよ!///」

ソニア「わたくしの事を、呼び捨てで呼んでほしいのです。それと、苗木さんの事を、名前で……///」

苗木「……いいよ、ソニア///」

ソニア「ま、誠さん!///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

ソニアの好感度が少し上昇した!

まだソニアともっと深い仲にはなれないだろう……

しばらくの間話し合ってから自室に戻っていった……

―――
――

838: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 22:22:38.04 ID:qFZk9umG0
 

6月15日(金)晴れ後曇り
夕 → 夜
本学科2年教室 → 自室

苗木(……こういうのを、『逆玉の輿』というんだっけ? いや、本来の意味から考えれば間違った言葉だけど……)

苗木(いや、そんな失礼な気持ちでソニアさんと付き合ったをの決めたわけじゃない)

苗木(……でも、いずれは覚悟を決めなきゃな……)

苗木(今日は花村クンだ。食堂に行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(いつも以上に騒がしいな……ここまで騒がしいのは初めてかも)

苗木(ソニアさんは『ルアックコーヒー』『マコト写本』『アンティークドール』を喜び、『ブリオッシュ』『赤い縄』『希望ヶ峰の指輪』『青いマフラー』『扇子「衣冠」』『イン・ビトロ・ローズ』『薔薇の花束』『エンゲージリング』を特に喜びそうだ)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:26まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

 

851: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 22:34:25.66 ID:qFZk9umG0
 

苗木(田中クン、多恵子、豚神クン、ソニア、狛枝クン、響子を誘おうかな?)

苗木「田中クン、多恵子、豚神クン、ソニア、狛枝クン、響子」

田中「クッ、祝福されし者の登場か……!」

セレス「誠君、話は聞きましたわ。『嫁掲示板』については既に知らせてありますので」

豚神「ソニアを導くのは俺の仕事ではなくなった。苗木、お前に託したぞ」

苗木「うん、ありがとう豚神クン。それでだけど、夕食を一緒に食べない?」

ソニア「もちのロンです!」

狛枝「ボクみたいなクズを誘ってくれるなんて恐縮だよ!」

霧切「誠と一緒に食べられるのが、とても嬉しいわ」

苗木「ボクもだよ」

苗木(さて、話す内容は……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:38まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

854: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 22:47:55.30 ID:qFZk9umG0
苗木「七つの大罪と対になる七つの美徳が存在するけど、この学園の生徒で七つの美徳を当てはめるとしたら誰になると思う?」

狛枝「『希望』は間違いなく苗木クンだね!」

ソニア「その意見に賛成ですわ」

霧切「『誠実』『寛容』『慈愛』『救恤』『分別』も当てはまると思う」

苗木「いや、なんで1人で6つも当てはまってるのさ」

田中「少なくとも俺様は違うな」

豚神「俺もだな」

ソニア「この学園の女子生徒は皆さん『純潔』が当てはまると思います」

苗木(最近の子って進んでるからなぁ……)

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う…… 

霧切・セレス・ソニアの好感度が少し上昇した! 

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:05まで(コンマが一番大きい安価を採用します)
 
863: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 23:34:09.61 ID:qFZk9umG0
 

苗木「真面目に考えてみようよ」

狛枝「ボクは大真面目だけどね!」

田中「『誠実』は石丸あたりではないか? 奴は規律に定められし因果を辿っているからな」

セレス「『寛容』は……意外な人ですが、千尋さんを推しましょうか。なんだかんだ言っても狛枝君も『希望』のためなら『寛容』は当てはまりそうですわね」

豚神「『慈愛』と『救恤』は難しいな。当てはまる奴が思い浮かばん」

霧切「『分別』もね……案外大和田君とかなのかしら?」

ソニア「やはり誠さんが当てはまるのが自然です」

苗木「えぇー……」

霧切・セレス・狛枝・豚神・田中・ソニアと7つの美徳について話し合った……

霧切・セレス・狛枝・田中・ソニアの好感度が上昇した!

豚神の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

霧切・セレス・ソニアの好感度が少し上昇した!

まだソニアともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ霧切・セレス・狛枝・豚神・田中ともっと深い仲になれそうだ……

恋人の分の食器を片づけて自室へと戻っていった……

―――
――

864: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 23:35:56.41 ID:qFZk9umG0
6月15日(金)晴れ後曇り
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(時間を無駄にしたくはないね)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する ●
×:本を読む ●
6:娯楽室に行く
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

23:40まで(>>4の「条件2」を採用)

872: ◆igI1RpSKDI 2014/01/17(金) 23:51:14.22 ID:qFZk9umG0
苗木(豚神クンと話でもしようかな?)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「豚神クン、苗木だけど」

豚神『夜分に何の要件だ?』

苗木「いや、お話でもしようかなって」

豚神『……フン、まあいい。入ってこい』

―――
――


寄宿舎廊下 → 豚神極夜の部屋

苗木(私物が一切なく、元々のレイアウトのままだな……ボクですらちょこっと変えてあったりするのに……)

苗木「ごめんね、お邪魔しちゃって」

豚神「本当に邪魔なら部屋に入れん」

苗木「それもそうだね」

豚神「……そういえば、苗木は『本物』の助手を務めているのだったな」

苗木(『本物』……十神クンの事だね)

1:その通りだが……
2:事実と異なる点がある
3:十神が勝手に言ってるだけだ

下3

876: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 00:05:36.41 ID:tFX09Ot20
苗木「事実と異なる点があるね」

豚神「そうなのか?」

苗木「一応十神クンはボクの事を『右腕』と言ってくれたよ」

豚神「……そうか、それはすまなかったな」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

豚神の好感度が少し上昇した!

豚神「奴は特殊な『世襲制度』の中で勝ちあがって来た、『選ばれた人間』だ」

豚神「それに比べ、俺は無力だった。だが、今は……」

豚神は何かを思っている……

豚神の好感度が大きく上昇した!

豚神とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK4 → 5

心の奥底から確かな希望を感じる……

豚神との希望のカケラが1個集まった!

RANK2 → 3

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(豚神クンは『希望ヶ峰の指輪』『イン・ビトロ・ローズ』『薔薇の花束』を喜び、『ブリオッシュ』『マコト写本』を特に喜びそうだ)

苗木(豚神クンに何かプレゼントしようかな?)

豚神に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 ×:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:赤い縄×1
 d:希望ヶ峰の指輪×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×2
 ×:ラジオゾンデ×2
 h:ロマンツェリキュール×1
 i:イン・ビトロ・ローズ×1
 j:薔薇の花束×1
 k:紅蓮露丸×1
 l:水晶のドクロ×1
 m:ドクロマスク×2
 n:マコト写本×1
 o:アンティークドール×2
 p:2.5Dイヤホン×1
2:渡さない

0:09まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

881: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 00:16:01.90 ID:tFX09Ot20
苗木(『ブリオッシュ』を渡そうかな?)

苗木「豚神クン、これあげるよ」

豚神「『ブリオッシュ』か、菓子パンは好物だ。助かったぞ、苗木」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

豚神の好感度が少し上昇した!

そろそろ豚神ともっと深い仲になれそうだ……

豚神「苗木」

苗木「どうしたの?」

豚神「明日、時間が取れる時間帯は存在するのか?」

苗木「んーと……」

1:昼
2:夕
3:夜
4:不存在

下3

885: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 00:20:13.95 ID:tFX09Ot20
苗木「じゃあ、この時間で」

豚神「明日の夜だな、忘れるなよ」

明日の夜に豚神と過ごす約束をした……

豚神と別れ、自室に戻っていった……

―――
――

886: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 00:21:39.09 ID:tFX09Ot20
6月15日(金)晴れ後曇り → 6月16日(土)曇り後雨
豚神極夜の部屋 → 自室

苗木(午後から梅雨入りか……)

苗木(食堂に行って英気を養おう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どーしよう? どーしよう?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:25まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

895: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 00:31:19.55 ID:tFX09Ot20
左右田の呪いかな?(すっとぼけ)

―――――

苗木(狛枝クン、左右田クン、花村クン、弐大クン、日向クン、田中クンと一緒に食べようかな?)

苗木「狛枝クン、左右田クン、花村クン、弐大クン、日向クン、田中クン」

狛枝「やあ苗木クン! 梅雨という絶望に負けたりしないでね!」

左右田「嘘だ嘘だ嘘だ嘘だう左右田嘘だ嘘だ……」

花村「ちょっと恐怖を感じるから止めてくれないかな」

苗木「ええっと、朝食一緒にどう?」

弐大「構わんぞ。甘美な誘いじゃのう……」

日向「おい、止めろ弐大」

田中「この俺様を誘うとは身の程知らずだな……いいだろう、思い知らせてやる」

苗木「うん、ありがとう」

苗木(さて、話をしようか)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:35まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

905: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 00:40:50.78 ID:tFX09Ot20
モノクマ「オマエラ男相手には辛抱ですね、うぷぷぷぷぷ!」

―――――

苗木「左右田クン、気持ちを落ち着かせよう。どんな気持ちなのか知らないけど……」

左右田「うるせーよ!」

左右田「……いや待てよ、まだ真実だと決まったわけじゃない。ソニアさんが付き合うなんてありえないし……」ボソボソ

狛枝「ボクみたいなボロカスと違って、左右田クンならきっと乗り越えられるさ!」

花村「多分聞いてないだろうね」

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:44まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

912: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 00:50:45.39 ID:tFX09Ot20
お、追い打ちゥー!

―――――

苗木「ど、どうしたのかな、左右田クン?」

日向「お前がそれを言うのかよ……」

田中「フン、召喚すら出来ぬ精神力しか持たぬ人間の戯言など耳に入れる必要はない」

弐大「ふむ……左右田は、ワシが特別に『アレ』して元気ビンビンにさせてやるんじゃあ!」

苗木「なるほど、体の疲れからくるストレスだったんだね!」

左右田に無慈悲な精神攻撃をした……

日向・狛枝・田中・左右田・花村・弐大の好感度が上昇した!

そろそろ日向・狛枝・田中・左右田・花村・弐大ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて現実逃避している左右田を置き、教室へと向かっていった……

―――
――

913: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 00:52:21.31 ID:tFX09Ot20
6月16日(土)曇り後雨
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(左右田クンは弐大クンに任せてあるから安心だ)

苗木(で、どうしようかな?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

0:56まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

921: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 01:01:32.34 ID:tFX09Ot20
あれ? 四天王が揃うのって初めてなような気が……(過去にあったらすいません)

―――――

苗木(さやか、響子、多恵子、むくろと一緒に食べようかな?)

苗木「さやか、響子、多恵子、むくろ」

舞園「誠君♪」

霧切「お昼の事ね?」

苗木「うん。一緒に食べようかと思って」

セレス「断る理由がありませんわね」

戦刃「せっかくだから食べさせ合いっこしようよ!」

苗木「公共の場でさすがにそれは……」

―――
――


本学科2年教室 → 寄宿舎食堂

苗木(話は何にしよう?)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

1:05まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

927: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 01:11:25.34 ID:tFX09Ot20
苗木「夏と言ったら海派? それとも山派?」

舞園「海ですね、修学旅行の時に水着褒めてくれましたし♪」

霧切「そうね。嬉しかったけど、あの時は複雑な気分だったわ」

セレス「わたくしはある程度割り切っていましたから……」

戦刃「夜の話は盛り上がったよね! 2人とも誠君の恋人になってよかった」

苗木(どんな話をしていたんだろうか……)

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う…… 

舞園・霧切・セレス・戦刃の好感度が少し上昇した! 

1:もう少し話し合う
2:他の話をする(内容を挙げて下さい)
3:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:15まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

936: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 01:22:18.87 ID:tFX09Ot20
 

苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

舞園・霧切・セレス・戦刃と海か山かを話し合った……

舞園・セレス・戦刃の好感度が上昇した!

霧切の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園・セレス・戦刃の好感度が少し上昇した!

霧切の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ舞園・霧切・セレス・戦刃ともっと深い仲になれそうだ……

食器を5人分片づけて教室へと戻っていった……

―――
――

937: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 01:24:29.53 ID:tFX09Ot20
6月16日(土)曇り後雨
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(土曜なので半ドンだ。どうしよう?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:購買部に行く
5:娯楽室に行く
6:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
7:図書室に行く
8:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
9:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
10:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
11:自室で勉強する ●
×:自室で本を読む ●
13:校舎辺りをうろつく
14:寄宿舎辺りをうろつく
15:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら昼も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に15が選択されます。

1:30まで(>>4の「条件1」を採用)

949: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 01:36:45.11 ID:tFX09Ot20
苗木(九頭龍クンと話でもしようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「九頭龍クン!」

九頭龍「苗木か。何だよ?」

苗木「暇なら話でもしない?」

九頭龍「……まあいいけどよ」

苗木「ありがとう。そういえばこの前ボクの妹について聞いたよね?」

九頭龍「ああ、そうだが」

苗木「もしかして……」

1:九頭龍にも妹がいるのか?
2:こまると友達にでもなるのか?
3:お義兄さんと呼ばれる筋合いはない

下3

955: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 01:44:32.25 ID:tFX09Ot20
苗木「九頭龍クンにも妹がいるの?」

九頭龍「……正確には『いた』だな」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

九頭龍の好感度が少し上昇した!

苗木「あっ……ご、ごめん!」

九頭龍「別に攻めるつもりはねぇよ」

九頭龍「もういなくなっちまった。還ってきやするわけがない」

九頭龍「……ほんと、ままならねぇもんだな……」

九頭龍は空を見つめている……

九頭龍の好感度が大きく上昇した!

九頭龍とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK5 → 6

心の奥底から確かな希望を感じる……

九頭龍との希望のカケラが1個集まった!

RANK3 → 4

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(九頭龍クンは『希望ヶ峰の指輪』『青いマフラー』『イン・ビトロ・ローズ』『薔薇の花束』を喜び、『ロマンツェリキュール』『アンティークドール』を特に喜びそうだ)

苗木(九頭龍クンに何かプレゼントしようかな?)

九頭龍に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:赤い縄×1
 c:希望ヶ峰の指輪×1
 d:青いマフラー×1
 e:扇子「衣冠」×2
 f:ラジオゾンデ×2
 g:ロマンツェリキュール×1
 h:イン・ビトロ・ローズ×1
 i:薔薇の花束×1
 j:紅蓮露丸×1
 k:水晶のドクロ×1
 l:ドクロマスク×2
 m:マコト写本×1
 n:アンティークドール×2
 o:2.5Dイヤホン×1
2:渡さない

1:48まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

961: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 01:55:43.31 ID:tFX09Ot20
 

苗木(『アンティークドール』を渡そうかな?)

苗木「九頭龍クン、これあげるよ」

九頭龍「……おう。そういやアイツも人形が好きだったっけな……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

九頭龍の好感度が少し上昇した!

そろそろ九頭龍ともっと深い仲になれそうだ……

九頭龍と別れて自室へと戻っていった……

―――
――

983: ◆igI1RpSKDI 2014/01/18(土) 20:13:11.83 ID:tFX09Ot20
6月16日(土)曇り後雨
昼 → 夕
校舎廊下 → 自室

苗木(気付けば夕方だ……何しよう?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:購買部に行く
5:娯楽室に行く
6:プールに行く(≪波紋法≫適用済) ●
7:図書室に行く
8:実験室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
9:情報技術室に行く(≪無為自然≫適用済) ●
10:射撃場に行く(≪波紋法≫適用済) ●
11:自室で勉強する ●
×:自室で本を読む ●
13:校舎辺りをうろつく
14:寄宿舎辺りをうろつく
15:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら昼も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に15が選択されます。

20:18まで(>>4の「条件1」を採用)



次回 【安価】苗木「今日から2年生か……」12らーぶらーぶ目【ダンガンロンパ1+2】