1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:20:26 K2bFmMKg

アルミン「何でこんな事に…」シクシク

エレン「おうおはようアルミ…!?」

エレン「何でブレード持ちだしてんだよ!」

アルミン「ブレードじゃないんだよ!僕の両手なんだよお!」ビエ-ン

エレン「…は?」



2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:24:06 K2bFmMKg
エレン「朝起きたらそうなってたと…」

アルミン「」コク

エレン「まあ、よくある事なんじゃないか」

アルミン「そっか、そうだね。よくある事…」

アルミン「…な訳ないでしょ!これがよくある事だったら人類大変だわ!真剣に考えてよ!」

エレン「そう言ってもなぁ…」



5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:28:37 K2bFmMKg
エレン「俺にはどうする事も出来ねえよ」

アルミン「まさか僕は一生このままなのか…何も出来ないじゃないか…」ガク

エレン(かける言葉が見つからない…)


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:30:52 K2bFmMKg
エレン「とりあえず飯食べに行こうぜ。何かの拍子にひょっこり戻るかもしれないだろ」

アルミン「…うん」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:34:00 K2bFmMKg
食堂前

アルミン「エレン、僕開けられない」

エレン「そうだな」ギイ

ジャン「ん? うお!!」

マルコ「うわあ!アルミン!」

クリスタ「きゃあ!」

ザワザワザワザワ

アルミン「…まあ概ね予想通りだよ」

エレン「…俺が説明するな」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:38:12 K2bFmMKg
エレン「良かったな分かってもらえて」

アルミン「…」

エレン「どうした?」

アルミン「僕どうやって食べればいいのさ」

エレン「…」

ミカサ「…」




11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:42:13 K2bFmMKg
エレン「仕方ねえな、ほら」カチャ

ミカサ「!!!!」

アルミン「うう…しょうがないか」ア-ン

アルミン「」パク

ミカサ「!!!!!!!!」

エレン「はい」カチャ

アルミン「」ア-ン

ミカサ(何て羨ましい!!)


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:44:48 K2bFmMKg
ミカサ「アルミン」

アルミン「え、なに」

ミカサ「どうすれば両手がブレードになるか教えてほしい」

アルミン「僕だって好きでなったんじゃないから知らないよ」

ミカサ(くっ…)



15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:47:47 K2bFmMKg
エレン「手が疲れた…」ブンブン

アルミン「ごめんね。迷惑かけちゃって」

エレン「教官に伝えねえとな…一緒に来てくれ」

アルミン「わかった」

ミカサ「私も」

エレン「いいよ。意味ないし」

ミカサ「!!!」

ミカサ「そ…んな…」バタ


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:50:58 K2bFmMKg
エレン「教官!」

キース「何だ!」

エレン「アルレルト訓練兵の両手がブレードになってしまいました!」

キース「よろしい!ならば世話をしてやれ!」

エレン「は!失礼します!」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:51:58 K2bFmMKg
エレン「教官もわかってくれたぞ」

アルミン「僕が出る必要なかったね」




19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:55:43 K2bFmMKg
格闘訓練

アルミン「僕は見学か…」

エレン「仕方ないな」

キース「アルレルト訓練兵、こちらへ来い」

アルミン「ハッ! じゃあね」タタタ

エレン「ああ」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 19:59:57 K2bFmMKg
キース「見学してるのも暇だろう。仕事をやろう」

アルミン「どのような?」

キース「ここに薪が大量にある」ドサ

アルミン「まさか…これを?」

キース「察しがいいな。そうだ、割ってくれ」

アルミン「折れる可能性も否めないんですが…」

キース「そのときはそのときだ」ホジホジ

アルミン「はぁ…」



23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:04:35 K2bFmMKg
テイ ザク オオケッコウイケルナ

………………………

エレン「ふぅ…疲れた…」

アルミン「お疲れエレン」

エレン「! どうしたんだよ、そのブレードの汚れ!」

アルミン「あはは…薪を割ってたんだよ」

エレン「痛くないのか?」

アルミン「それがね…」



25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:07:50 K2bFmMKg
アルミン「よっ」ブン

ブレード「」ガキィン

エレン「おい!折れたぞ!」

アルミン「まあ見てて」

エレン「?」

ブレード「」ニョキニョキ

エレン「生えやがった…」

アルミン「不思議な事に痛みは無いし、すぐ生えてくる。すごいよコレ」

エレン「何だそりゃ…」




30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:12:48 K2bFmMKg
立体機動訓練

エレン「アルミンもするのか!」

アルミン「うん、立体機動なら…」カキン

アルミン「……エレン」

エレン「どうした」

アルミン「立体機動装置をつけてくれ…取れない」カキンカキンカキン

エレン「ああ…」カチャカチャ

アルミン「」ズ-ン

エレン「ほら元気だせって!」パン


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:15:30 K2bFmMKg
アルミン「!!」

エレン「今度はどうした」

アルミン「これじゃワイヤー射出が出来ない…」

エレン「あ」

アルミン「ごめん…つけてくれたのに…はずしてくれ…」

エレン「は…はは…」カチャカチャ


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:19:10 K2bFmMKg
…………………

アルミン「お疲れ様」

エレン「おう」

アルミン「ところでお願いがあるんだけど…」

エレン「何だ?」

アルミン「トイレ手伝ってくれ…」

エレン「…」

アルミン「…」

エレン「…おお」

アルミン「ごめん…本当にごめん」



35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:22:26 K2bFmMKg
エレン「」トコトコ

アルミン「」トコトコ

ジャン「お!何だお前ら!仲良くションベンか!ハハハ!!●●達だな!」

アルミン「…」

エレン「…殺っちゃってもいいのよ?」

アルミン「」コク


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:26:52 K2bFmMKg
ジ/ャ/ン「」

アルミン「じゃあ…その…脱がしてくれ」

エレン「……ああ」シュル

アルミン「……」

エレン「」サワ

アルミン「! ちょっと!」ガキン

エレン「痛!」

アルミン「あ、ごめん。つい…」

エレン「いや、こっちこそすまねぇ…」


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:29:04 K2bFmMKg
アルミン「パンツは自分でするよ」

エレン「出来るのか?」

アルミン「多分…」フルフル

ピリッ

アルミン「!!!」

ハラ-

アルミン「……パンツが…」

エレン「切れちゃったな…」



40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:32:14 K2bFmMKg
アルミン「とりあえずこれで…」

エレン「そのままだと便器から小便が飛び散って悲惨な事になるぞ」

アルミン「…」

エレン「…」

アルミン「…」ジワ

エレン「お、おい!泣くなよ」

アルミン「何か情けなくなった…」ウウ

エレン「」ハァ…



42 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:36:25 K2bFmMKg
アルミン「●●できれば…」

エレン「そうか!その手があったな!ちょっと待ってろ!」ダッ

アルミン「え?え?」


43 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:38:47 K2bFmMKg
エレン「こっちだ!」

クリスタ「え?一体何が…」

アルミン(下半身丸出し)「エッ…」

アルレルト「」ノビノビ

45 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:41:05 K2bFmMKg
クリスタ「い、い…」

アルミン「え?え?え?え?」

クリスタ「嫌あああああ!!!!」ダダダ

エレン「どうだ!」フフン

アルレルト「バッチリです!」



47 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:43:06 K2bFmMKg
アルミン「どうだじゃないよぉぉぉ!!!」ウワ-ン

エレン「お、おいどうしたんだよ」

アルミン「どうしたじゃないよ!完璧に嫌われたじゃないか!」ビエエエン

エレン「あ…」


50 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:46:10 K2bFmMKg
アルミン「おしまいだ…」バタ

エレン「おい、ここ便所だぞ…倒れたら汚…」

アルミン「もう嫌だあああ!!」


51 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:51:05 K2bFmMKg
…………………

エレン「」カチャ

アルミン「」モグモグ

エレン「」カチャ

アルミン「」モグモグ

エレン「クリスタに説明したじゃねえか…何で怒ってんだよ…」

アルミン「死んだ魚のような目で ああ、そうだったんだ って言われたんだよ?絶まだ軽蔑してるよ」ウワ-ン


52 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:55:25 K2bFmMKg
エレン「もういいだろ。どうせ叶わぬ恋…」

アルミン「エレンはよくそんなひどい事が言えるね!信じられないよ!」ガタ

アルミン「」ウワ-ン タタタ

シマッタ アケラレナイ

アルミン「//」トコトコ

エレン「何しに行ったんだよ」


54 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 20:59:40 K2bFmMKg
エレン「さて…と風呂だな」

アルミン「一番の難関だね」

アルミン「脱がしてくれ」

エレン「よしきた」ズル

カチャ カチャ

マルコ「…」

ベルトルト「…」


56 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:02:38 K2bFmMKg
マルコ「何かに目覚めてしまいそうだよ」

ベルトルト「ああ…いい…」

ライナー「怖い系と可愛い系の融合は最高だ…」ツ-

ベルトルト「ライナー鼻血」

ライナー「鼻血より今は前の光景を脳裏に焼きつけて置く」ツ-



58 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:07:56 K2bFmMKg
エレン「」ズル

アルレルト「」ボロン

アルミン「タオルもお願い//」

エレン「おう」クル

ベルトルト「前から見たら凄いね…」

マルコ「うん…恥じらうアルミンに後ろにいるエレン…」

ライナー「」ブハァ バタ


59 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:13:11 K2bFmMKg
アルミン「…何だよこのブレード!使い道ないじゃないか!糞ぉ!」ブス

アルミン「え」

ジャン「」ドロドロ

アルミン「何だジャンか」

エレン「入るぞアルミン」

アルミン「うん」

ベルトル「…」

マルコ「結構過激だね…」


60 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:15:23 K2bFmMKg
アルミン「ふぅ…」チャポ

エレン「これが毎日続くのか…」

アルミン「」ブクブク

エレン「いや、別に責めてる訳じゃねえよ」

アルミン「うう…」プカ-


61 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:18:30 K2bFmMKg
アルミン「ごめんね本当に」

エレン「大切な友達だからな」

アルミン「ありがとう…」


ミーナ「」ヨイショ ヨイショ



65 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:22:22 K2bFmMKg
ミーナ「」チラ

ミーナ(よし!タイミングバッチリ!)

ミーナ(手がブレードになったアルミンをエレンが介護してるって聞いたからね。
体を洗ってあげてるエレンとアルミンの姿を…)ハアハア


67 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:25:08 K2bFmMKg
アニ「ミーナは何やってんの?」

サシャ「この世で一度あるかないかの大チャンスとかいって…」

アニ「落ちなきゃいいけど」


68 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:28:02 K2bFmMKg
アルミン「さてと…」

ミーナ(おお!ついに!さあ!さあ!早くその綺麗な体を見せておくれ!)

アルミン「僕もう出るね」

ミーナ「はぁ!?」

アルミン「え?」

エレン「ん?」

ミーナ(しまった!)サッ


69 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:31:34 K2bFmMKg
アルミン「気のせいかな…」

ミーナ(ふぅ…危ない危ない)ヒョコ

エレン「体は洗わなくていいのか?」

ミーナ(そう!洗えって言って!洗えって!)

アルミン「少しでもエレンの負担を減らしたいからね」

ミーナ「ええやんか今日くらい!!」

アルミン「え!?」

エレン「ん!?」

ミーナ(しまった、またやってしまった)サッ



71 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:38:07 K2bFmMKg
アニ「何叫んでんのよ」

ミーナ「静かに!バレるでしょ!」

ユミル「クリスタどうしたんだ?」

クリスタ「はは、ユミル、もし違う惑星から怪獣が攻めてきたらどうする?」

ユミル「おい!どうしたんだ本当に!」ユサユサ

クリスタ「ユミル、平行世界には乗ったら死ぬロボットがあってね~」

ユミル「おーい!目を覚ませー!」ペチン


72 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:42:51 K2bFmMKg
ミーナ()チラ

ミーナ「いやあ!もういない!」

ミーナ「そ…そんな…」フラ

ガシャ-ン

アニ「ミーナ!」

サシャ「大丈夫ですか!?」

その日…ミーナは星になりました。ですが決して死んでしまったのではありません。
ミーナは皆さんの心の中で生き続けます。
永遠に……

アニ「何これ」

サシャ「さぁ」


73 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:45:16 K2bFmMKg
エレン「パンツいくぞ」

アルミン「う、うん」

エレン「…」スルスル

アルミン「あまり見ないでよ//」

エレン「毛生えてないなと思って」

アルミン「」ドゲシ


74 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:47:05 K2bFmMKg
アルミン「まだ生えてないに決まってるだろ!」

エレン「いや、俺は生えてるぞ。ホラ」モサ

アルミン「見せなくていいよ!しまって!」

エレン「ん、そうか」

アルミン「もう…」


75 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:49:20 K2bFmMKg
エレン「着替えは完了!」

アルミン「後は寝るだけ!」

エレン「長い1日だったな…」ホロリ

アルミン「うん…でもこの1日がまた来ると思うと…」

エレン「…考えるな…もう寝ようぜ…」

アルミン「……うん」


76 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:52:41 K2bFmMKg
エレン「おやすみ」

アルミン「おやす…はっ!」

エレン「何だ何だ」

アルミン「布団被せてくれ。破いちゃうよ」

エレン「よっ」ポフ

アルミン「ありがとう」

エレン「じゃあ今度こそおやす…」

アルミン「はっ!」

エレン「ええい!もう!」ガバ


77 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:56:01 K2bFmMKg
次の日

アルミン「んー、よく寝た…!!」

アルミン「布団が…めちゃくちゃに…」フルフル

エレン「うわぁ…」

アルミン「」ズ-ン

エレン「い、一緒に謝りに行こう。な?」

アルミン「うん…」

こんな生活が2週間続いた結果……



79 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 21:59:09 K2bFmMKg
エレン「あーん♪」

アルミン「あーん♪」モグモグ

ミカサ「どうして…こんな事に…」



82 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:02:30 K2bFmMKg
エレン「おいしい?」

アルミン「エレンが食べさせてくれたからね!」

エレン「はは、あーん♪」

アルミン「あーん♪」

ミーナ「これは……いい!」グッ

ライナー「おおお…正に至高…神の領域だ!」

ベルトルト「ちょっと黙って」


83 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:05:13 K2bFmMKg
ジャン「うるせえよお前ら!」バン

エレン「…」

アルミン「…」

エレン「…ああ、ジャン嫉妬してるのか」

アルミン「残念だけどそんなので僕とエレンは引き裂けないよ」ギュ-

エレン「なー♪」ギュ-

ジャン「うぜえ!うざすぎる!」

マルコ「落ち着いて…」



86 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:15:21 K2bFmMKg
フランツ「ハンナ!僕達も負けてられないよ!」

ハンナ「そうねフランツ!あーん♪」

フランツ「あーん♪」

エレン「」ムッ

アルミン「」ムッ



88 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:17:30 K2bFmMKg
エレン「あーん!」

アルミン「あーん!」

ハンナ「あーん!!」

フランツ「あーん!!」

エレン「あーん!!!」

アルミン「あーん!!!」

ジャン「うるせえって!!」バン


90 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:20:34 K2bFmMKg
格闘

キース「いつもの頼む」

アルミン「ハッ!じゃあね~」

エレン「バイバイ~」

ミカサ「うう…」


91 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:23:40 K2bFmMKg
エレン「どうしたんだミカサ」

ミカサ「エレン…私の事好き?」

エレン「おう、家族としてな」

ミカサ「じゃあアルミンは…」フラフラ

エレン「お、おい//聞くなよそんな事//」

ミカサ「」グボア

ミカサガチヲハイタゾ ハコブンダ!



93 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:26:26 K2bFmMKg
アルミン「エレーン!トイレー!」

エレン「おう!じゃあ行くか!」

ジャン「チッ、糞●●野郎共が」

エレン「ありがとなジャン!」

アルミン「誉め言葉だよ!」


94 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:29:29 K2bFmMKg
アルミン「さ、早く脱がしてくれ!」

エレン「おいおい、もう●●してるじゃねえか//」

アルミン「ふふ…//」


95 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:32:18 K2bFmMKg
風呂

アルミン「はい!」

エレン「おう!」ズル

ベルトルト「はっちゃけてるね」

マルコ「すごい進歩したね」

ライナー「俺は鼻血が止まらん」ブボ-


96 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:34:55 K2bFmMKg
エレン「さ!早速体洗うぞー!」

アルミン「おー!」

エレン「いくぞ!」ザバァ

アルミン「」ブルブル

エレン「」ゴシゴシ

ミーナ(こんな素晴らしいものが毎日見れるなんて…もう死んでもいい…)


97 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:37:16 K2bFmMKg
アルミン「どうぞ!」

エレン「ああ!」ジ-

アルミン「そんなに見られると恥ずかしいな//」

エレン「いい形してるぞ//」

アルミン「えへへ//」

ジャン「」イライラ


98 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:40:17 K2bFmMKg
エレン「よし!寝るか!」

アルミン「うん!」

アルミン「一緒に寝れないのは残念だけど明日また…ね!」

エレン「おう!じゃあ布団かけるぞ!」ポフ

アルミン「ありがとう!」

ベルトルト「熱々だなぁ」

マルコ「羨ましいな」

ベルトルト「え」

マルコ「え」


99 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:43:11 K2bFmMKg
次の日

アルミン「んー、いい朝……」

アルミン「……」

アルミン「エレン!起きて!」

エレン「んー何だマイハニー」

アルミン「見て見て!戻ったの!」

エレン「おお!やったな!」

アルミン「これでもっと色んな事が出来るね!」

エレン「そうだな!!」


100 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/25(木) 22:45:16 K2bFmMKg
マルコ「何かうるさ…」ゴシ…

マルコ「痛…って…」

マルコ「ブレードになってる…」

ベルトルト「どうしたのマル…」

マルコ「……介護お願い…」

ベルトルト「…」

おわり