1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/26(金) 19:31:08 yGtzKYXw
ちひろ「ど、どうしたんですか!?レアなアイドルをゲットするにはガチャが一番ですよ!!?」

モバP「だってぇ、課金してもぉ、全然出ないしぃ?そもそもコンプとか一回も出来ないしぃ?」

ちひろ「そ、それはまだまだモバPさんの課金が足りないだけですよ!!この世には出来ない事なんてないんです!!お金で揃わないものはないんですよ!!」

モバP「いや、現に揃わないし、もう課金しないかなぁーって」

ちひろ(ま、まずい…このままでは金づるが……あれを使うしかない)

ちひろ「モバPさん!これを見て下さい!!」

モバP「何すか、それ?」

ちひろ「これは…引き換え券です!」


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 32 アンデッド・ダンスロック
歌:松永涼、白坂小梅
日本コロムビア (2019-09-18)
売り上げランキング: 179
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/26(金) 19:36:40 yGtzKYXw
モバP「引き換え券…ですか?」

ちひろ「そうです。とうとうこれを使う日が来ましたね。」

モバP「いったい何なんすか?もったいぶらないで教えて、ちっひ!!」

ちひろ「これはガチャをすればするだけ、貯まる代物なんですが、なんとこの引き換え券で…」

モバP「この引き換え券で…?」ゴクリ

ちひろ「Sレア10%ガチャチケットと交換する事が出来ます!!!」

モバP「……………な、なんだってーーー!?」

ちひろ「ふふふ、つまりガチャでレアアイドルが出れば良し、出なくともこの引き換え券でガチャチケットと交換し、更にガチャを引ける超優れものなんです!!」



4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/26(金) 19:42:47 yGtzKYXw
モバP「こんなものが存在していたなんて……神・天使・ちひろ!!」

ちひろ「ふふふ、もっと崇めなさい。コンプガチャは廃止にしとくので、この引き換え券付きガチャでレアアイドルをじゃんじゃんゲットして下さいね!」

モバP「ウッヒョー!!課金意欲が湧きまくっちゃいましたよ!!銀行行って来まーす」ダッーシュ

ちひろ「……」

ちひろ「……ふっ、また一つ課金道に堕ちましたね、モバPさん」



6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/26(金) 19:52:40 yGtzKYXw
-モバP、課金やめるってよ2-

ちひろ「どうですか、最近の課金ライフは?エンジョイしてます?」

モバP「」ブツブツブツ

ちひろ「顔が真っ青です!!エンジョイしてる証拠ですね!!」

モバP「………もう、課金やめるにぃ」

ちひろ「ど、どうしたんですか!?レアアイドル(ry」

モバP「だってぇ、ガチャ引いてもぉ、引き換え券がぁ、20枚とかばっかだしぃ?500枚とかぁ、来た事ないしぃ?」

ちひろ「だからぁ、それはモバPさんの課金が足りないんです!!一枚一枚は少なくてもそれらが集まれば山となります!!Sレアは目の前なんですよ!!」

モバP「…小梅が欲しかったのに…なんで、酔っ払った爆 のおばさんなんだよ!?なにが「お姉さんと間接チュー」だよ!?年考えろ!!」

ちひろ(後で早苗さんに報告しとこう)


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/26(金) 20:00:15 yGtzKYXw
モバP「とにかく課金はもう一切しない事をここに宣言しよう!」

ちひろ(くっ……これは使いたくなかったが仕方あるまい…)

ちひろ「…そんな意中のアイドルを手に入れられないモバPさんに朗報です。」ピラッ

モバP「また引き換え券ですか?もう良いで…す…ん?それは、引き換え券ではない…?」

ちひろ「これは、スカウト券です!!」

モバP「スカウト券?いったいそれは?教えて、ちっひ!!」

ちひろ「これは引き換え券同様、ガチャを回す事で付いてくるものです。確かにモバPさんの言う通り引き換え券ではガチャチケットに引き換えたとしても、ゲット出来るアイドルはランダムになってしまいます。」

ちひろ「しかし!!このスカウト券さえ使えば、なんと意中のアイドルをスカウトする事が可能になってしまうのです!!」

モバP「……………な、なんだってーーー!?」ガクガク

ちひろ「震えてますよ、モバPさん…確かにこのスカウト券にはそれだけの魔力があるから仕方ありません。」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/26(金) 20:07:59 yGtzKYXw
モバP「な、なんでそれを早く出してくれないんだ!?」

ちひろ「まだその時ではないと思っていました。まだモバPさんはそのレベルではない、と。でも、いつの間にかモバPさんはここまで来ていたんですね。私感激しちゃいました。」ホロリ

モバP「ちっひ……」

ちひろ「なので、あなたにこれを託します!!これさえあれば、あなたは何人でもスカウトし放題です!!」

モバP「ウッヒョー!!イヤッホー!!サンキュー、ちっひ!!早速金下ろしてきまーす!!」ダダッーシュ

ちひろ「あなたにガチャの加護があらんことを…」

ちひろ「…」

ちひろ「…これでガチャの覇道を進めますね、モバPさん」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/26(金) 20:23:23 yGtzKYXw
-モバP、課金やめるってよ3-

ちひろ「モバPさん、最近家に帰ってないんじゃないですか?」

モバP「あぁ、課金のし過ぎで金が無くて家賃滞納してたら、追い出されたんですよ。HAHAHA!!」

ちひろ「まぁ、それだけ課金するなんて課金者の鑑ですよ!」

モバP「まぁ、それも今日までです。」

ちひろ「……まさか?」

モバP「俺課金やめるっす!うっす!」

ちひろ「ど、どうしたんですか!?レ(ry」

モバP「なんと言うか、頂点に辿り着いてしまい、先がもはや無いと分かれば進む気も無くなってしまうんですよ」

ちひろ「そ、そんな…だって今週のPRAは モバP「一位です」

ちひろ「先週の モバP「一位です」

ちひろ「アイプロ モバP「一位です。ずぅーっと、一位です。なので、もう課金する必要はないと思うんです」




11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/26(金) 20:30:13 yGtzKYXw
ちひろ(な、なんてこと…強化しすぎたわ…今のモバPさんは戸愚呂弟と同じ状態。敵を探している…でもその敵がいない…目標もない…これはまずいわ)

ちひろ(待って、戸愚呂は言ったわ、魔界にでも行かないと敵はいない、と。…なら、魔界をつくるしかないわ!)

ちひろ「モバPさん?」

モバP「何かね?ちひろくん」

ちひろ「ちなみに今のランクとレベルを教えてくれません?」

モバP「知れた事。S3ランクのレベル300よ。もはや敵無し」

ちひろ「あ~あ、モバPさんってまだそんなもんなんだ~、ガッカリ」

モバP「何!?愚弄は許さんぞ!?」

ちひろ「だってぇ、これ見て下さい」ユビサシ!

モバP「…ふむ」

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/26(金) 20:38:49 yGtzKYXw
---運営からのお知らせ---
「レベル」上限開放のお知らせ
・上限レベルが350になりました
「ランク」上限開放のお知らせ
・上限ランクがS4ランクとS5ランクが開放されました


モバP「……………な、なんだってーーー!?」

ちひろ「ふふふ、まだモバPさんは甘いんです。こうしてる間に他の課金兵達は上を目指してるんですよ」

モバP「…初めて敵に会えた…いい課金をしよう……ぶるぅぁぁぁぁぁぁ!!金を下ろさなければ!!!!行ってきます、ちっひ!!」ダダダッーシュ

ちひろ「…」

ちひろ「ふふふ」

ちひろ「モバP、無課金やめるってよ」

おしり