前回 【安価】艦これ学園 佐世保分校 4限目

20: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 15:00:15.11 ID:zZGfhdvKo
 

阿賀野「えへ~♪」スリスリ

酒匂「ぴゃぁ~♪」スリスリ

提督「あの…二人とも、そろそろいいかな…?」

阿賀野「もっと!」

酒匂「そうだよ!」

提督「はぁ…仕方ないなぁもう」ナデナデ

阿賀野「ふにゅぁ…」

酒匂「ぴゃぅ…」


能代「…」

能代「…これ、私も行った方が良いのかしら?」

矢矧「そんなこと言ってる暇があるなら手伝ってもらえるかしら?」





阿賀野「ねーねー提督ー」クイクイ

提督「ん?どうした阿賀野?」

阿賀野「↓2」

引用元: ・【安価】艦これ学園 佐世保分校 5限目 



27: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 15:33:32.95 ID:zZGfhdvKo
阿賀野「だいて?」

提督「」



提督「…あ、阿賀野さん?いま、なんて…」ダラダラ

阿賀野「だいてよぉ…提督…」ウルウル

提督「え、ちょ…ちょっと…え?」

阿賀野「…やっぱり、阿賀野より酒匂の方が…いいの?」

提督「は!?ちょ、ちょっと阿賀野…自分が何言ってるのか分かって…!」アセアセ

阿賀野「…もういいもん!じゃあ阿賀野からやる!」バッ

提督「うえぇ!?ちょ、ちょ…ま…」

阿賀野「えーい!」ギューッ

提督「…」

阿賀野「~♪」スリスリ

提督「…あの、阿賀野さん?」

阿賀野「なぁに?」キョトン

提督「…抱くって、もしかして…」

阿賀野「うん、ぎゅーってしてほしいの。さっきから阿賀野はやってるのに提督からやってくれない」プクー

提督「…」

提督(…俺の馬鹿野郎)ズーン

提督「…ほら」ギュー

阿賀野「わぷ…」

提督「…これでいいか?」

阿賀野「………うん♪」ニヘラ





矢矧「…ご飯出来たのだけれど」

能代「…どうする?」

酒匂「阿賀野お姉ぇずるい…」プクー



↓2 どうなるどうする

47: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 15:58:25.79 ID:zZGfhdvKo
コンコン


矢矧「ん?」クルッ

連装砲くん「」ワタワタ

矢矧「あら、今日も来たのね。いらっしゃい」ガラガラ

連装砲くん「」ペコペコ

連装砲ちゃん「」ペコペコ


提督「あれ?その子たちは…」

能代「提督さん知ってるの?」

提督「うん、以前この子たちウチに来たよ…ご飯を要求しに…」

連装砲くん「!」

連装砲くん「」ペコペコ

矢矧「あの時は本当にありがとうって言ってるわ」

提督「分かるの!?」

矢矧「ウチにはしょっちゅう来るからね、知らず知らずのうちに分かるようになったわ」

連装砲ちゃん「」スリスリ

酒匂「わ~連装砲ちゃんいらっしゃーい♪」ナデナデ


提督「…皆懐いてるんだな」

能代「普段は連装砲…ちゃん?がもう二体来るんだけど…今日はこの子たちだけみたいね」

提督(…前の状況を省みるに抜け駆けだろうな)

阿賀野「連装砲ちゃ~ん。はい、あ~ん♪」スッ

連装砲ちゃん「♪」モグモグ

阿賀野「えへへ~美味しい?」ニパ

連装砲ちゃん「」コクコク

阿賀野「~♪」ナデナデ


提督「…そろそろお暇した方が良いかな」


選択肢安価
1.帰る
2.もうちょっとだけいる
3.その他(詳細明記)

↓2

55: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 16:28:21.60 ID:zZGfhdvKo
提督「それじゃあ俺はそろそろ帰るよ」

阿賀野「えっ!?もう帰っちゃうの?」

酒匂「提督さん!帰っちゃやー!」ギュ-ッ

提督「だめだって、皆もうご飯の時間でしょ?」

酒匂「提督さんもいっしょ!」プクー

提督「文月が家で待ってるからさ。いつまでも待たせてると寂しがるからさ」ナデナデ

酒匂「う…」

阿賀野「…むー」プクー

阿賀野「提督!」

提督「ん?」

阿賀野「…今度は一緒にご飯食べようね!約束だよ!」

提督「分かった、約束な」ニコ

阿賀野「! うん!」ニパー

提督「それじゃあ能代、矢矧。お邪魔しました」

能代「いえ、酒匂のお相手もして頂いてありがとうございました」ペコ

矢矧「提督さんもご一緒すればよかったのに…」

提督「いやぁ、文月が一人でご飯作ってるかちょっと不安だからね…また機会があったらご馳走になるよ」ニコ

矢矧「ふふ…その時は誰がご飯当番か分かりませんけどね」クス

提督「…はは、それは楽しみにしてるよ」

提督「それじゃ皆。お邪魔しました」ガチャ

阿賀野「ばいばーい!また学園でねー!」

酒匂「ふぇぇん…提督さぁん…」グス

矢矧「こら酒匂、泣かないの。また来てくれるから」ナデナデ

酒匂「はぁ~い…」グスン

能代「それじゃ皆ご飯にしましょ!」

「はーい!」












【提督の部屋】

提督「ふぅ…文月も自分でご飯作れてたみたいだし良かったよかった」ポスン

提督「さーてと…今日も寝る前に何かしようかな?」


↓2 自由安価

61: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 16:40:12.45 ID:zZGfhdvKo
提督「…たまには筋トレでもしようかな」

姫「手伝う!?」パシャ

提督「いや、大丈夫だよ」

姫「…そう」ショボン

提督「…」

提督「…また今度な」ナデナデ

姫「!」

姫「うん!」ニパー

飛姫「…zZZ」スヤスヤ




提督「ということで…腕立てと腹筋やればいいか」

提督「ほ…よっと…」グッグッ

提督「…何か筋力が上がったような気がする!」


提督「…で、寝る前に汗をかいて俺はなにをしてるんだ…」

提督「…う一回風呂入り直してから寝よう…」トボトボ


【10月2days 終了】



選択肢安価 いつもの好感度表
1.みる
2.みない

直下 同時にコンマ判定 提督の筋力値

67: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 17:19:55.00 ID:zZGfhdvKo
【10月3days】


提督「…今日はいよいよ文化祭か」

提督「実行委員として何か仕事あったりするのかなぁ…やだなぁ、楽しんでいたいのに」ハァ

提督「ま、とにかく成功を祈りますか」トコトコ









【教室】

提督「おはよー」ガラガラ

五月雨「おはよ提督」ヒョコ

提督「おはよう五月雨…おぉ、衣装良く似合ってるぞ」

五月雨「ふふ…ありがとうね。今日は私頑張っちゃうから!」グッ

提督「おう、楽しみにしてるからな!」ニコ

北上「提督おはよー」

提督「北上もおはよう……おぉ」

北上「な、なにさ…」

提督「いや…いつもと違う髪型にしてるんだなって」

北上「し、仕方ないじゃん。衣装班がこっちの方良いっていうから…」

提督「いやぁ良く似合ってるぞ。新鮮味もあって可愛いな」

北上「あ、ありがと…//」

五月雨「…」プクー





提督「さてと…朝一はなにしようかね」


↓2 自由安価

71: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 17:43:58.16 ID:zZGfhdvKo
提督「さーてと…俺も今日の歌と語り部の発声練習しておかないと」

北上「そう言えば提督結局歌きかせてくれなかったよねー」

提督「」ギクッ

五月雨「そういえば…全体練習のときは歌流してただけだし…」

提督「や、やだなぁ語り部はちゃんとやったじゃないか」ダラダラ

五月雨・北上「…」


提督「さーてと…練習練習」ソソクサ

北上「まーちょっと待ちなよ」ガシッ

提督「な、何でしょうか…」ダラダラ

五月雨「発声練習なら…教室でもできるよね?」ニコ

提督「…お、俺は屋上じゃないと調子が出ないんだよ…人前だと緊張しちゃってさぁ…」ダラダラ

五月雨「どうせ今日大勢の前でやるんだから気にしないの♪」ニッコリ

北上「ね、提督…♪」ニッコリ

提督「…はい」ズーン



提督「ん、んん…あー…」


女子勢「…」クルッ

提督「んん…~♪」

提督「~~♪…………ん?」チラッ

女子勢「…」ワラワラ

提督「…」

北上「提督ー続き早くー」

五月雨「はやくー」

提督「…はい」

提督「~~~♪」

女子勢「…♪」ソワソワ


提督(集中しづれぇ…)

提督(どうしよう…ここは↓2して切り抜けよう)

74: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 18:01:31.38 ID:zZGfhdvKo
提督「ふぅ…」


北上「それじゃあさ提督」

五月雨「次はもちろん、挿入歌うたってくれるよねー?」

提督「」

提督「え、えっと…だな」ダラダラ

女子勢「…」ジー

提督「…良し分かった!」

五月雨「ほんと!?」キラキラ

北上「おー!」パチパチ

提督「…本番で聞いてくれ!」ダッ

北上「なぁー!?」

五月雨「て、提督!?逃げるのー!?」

提督「さっきから囲まれて怖いんだよォー!」ダダダ












提督「はぁ…はぁ」ゼェゼェ

提督「くそう…何で朝から逃げ回らなきゃいけないんだ」

?「あれ?」


↓2 遭遇した人

82: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 18:24:11.20 ID:zZGfhdvKo
大鳳「提督くん?」キョトン

提督「あ…大鳳先生、おはようございます」

大鳳「おはようございます、ところでこんなところで何してるんですか?」

提督「えぇっと…発声練習する場所を求めて…」

大鳳「教室では?」

提督「…さっきやってたんですけど女子の方々がわらわらと集まってきて…」

大鳳「あぁ…なるほど」クス

大鳳「でも行けませんよ提督くん。本番は今日なんですから」

提督「はい…」

大鳳「うーん…まだ緊張するんですか?」

提督「これでも以前より大分マシになった方なんですけどね…まだどうしても」

大鳳「…」

大鳳「…分かりました。ではとっておきのおまじないをしてあげましょう」

提督「え?それは一体…?」

大鳳「それはですね…↓2です」

87: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 18:41:18.16 ID:zZGfhdvKo
大鳳「…」

提督「…先生?」キョトン

大鳳「て、提督くん。ちょ、ちょっとだけこちらに…」グイグイ

提督「え?えぇ…」


提督「あの…こんな物陰でなにを…」

大鳳「えっと…その」

大鳳「…//」ドキドキ

大鳳「……し、失礼します!」ギュッ

提督「…へ?」

大鳳「…//」ギューッ

提督「ちょ、ちょっと大鳳先生!?な、なにを…//」ドキドキ

大鳳「し、静かにしてください!こ、こんなところ見られてはいけないんですから…!//」

提督「そ、そんな…//」

大鳳「そ、その…先生のハグが…落ち着けるおまじないです!」

提督「うえぇ!?//」

大鳳「い、一分はこうしますからね!//」

提督(い、一分!?い、いやまて…一分なら短いはずだ…//)ドキドキ

大鳳(わ、私ったら自分の生徒になんてことを…//)ドキドキ

提督「…//」

大鳳「…//」


↓2 どうなるどうする

94: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 19:07:24.20 ID:zZGfhdvKo
提督「…//」ドキドキ

大鳳「…//」ドキドキ




大鳳「…い、一分。経ちました…//」スッ

提督「あ…//」

提督(…一分ってこんな長かったか?//)

大鳳「えぇと…その…//」

大鳳「…//」プシュー

提督「…//」カァー

大鳳「…こ、これで、本番はそれほど緊張しないはずです…//」

大鳳「…し、失礼します!//」ダッ

提督「あ!た、大鳳先生!」


タタタタ


提督「…//」ドキドキ

提督「本番中に思いだしたら余計に緊張しそうですよ…//」プシュー


キーンコーンカーンコーン



提督「…教室戻るか」トコトコ

提督「…良いにおいして、柔らかかったなぁ」ボソ









【体育館】

龍田「では文化祭を、開催しま~す♪」

龍田「なお、本日羽目を外し過ぎておイタをした人には後日おしおきすますからね~」ニコニコ

龍田「ではみなさん。今日は楽しんでくださ~い」


提督「…始まりま文化祭」

提督「じゃあまずはどうしようかな!」


↓2 自由安価

102: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 20:39:05.15 ID:zZGfhdvKo
【学園敷地内】


提督「おぉ…屋台がいっぱいだ」キョロキョロ

提督「食い物系は結構申請があったと思ったけど…意外と遊び系もあるのな」

提督「射的に輪投げ、スーパーボール掬い…型抜きはさすがにないか」

提督「しかし…」スンスン

提督「…やっぱり食べ物は食欲をそそる…」ジュル

提督「…何か食べてもいいよね」ダッ







提督「…チョコバナナうめぇ」モグモグ

提督「お、あっちのイカ焼きもうまそう…」フラフラ

提督「ん?」チラッ

?「~♪」モグモグ

提督「あ、あれは…」


↓2 提督が見つけた人




111: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 20:55:19.34 ID:zZGfhdvKo
本編出演なしの文月アフターで出た方ですが一応過去等はそのままで知り合いということで…
天津風からのフラグもそのままです(良心)



天津風「~♪」パクパク

提督「…天津風?」

提督「…世界的大女優がこんなところで何してるんだ…しかも変装までして…」ハァ


天津風「次は…♪」キョロキョロ

提督「天津風」

天津風「ッ!? だ、だれ!?」クルッ

提督「こんにちは」

天津風「あ…」

天津風「な、なんだ…もうびっくりさせないでよ…」ハァ

提督「変装して来てる奴が何言ってるんだ…」

天津風「あら酷いこというわね…折角あなたの歌が聞けるっていうから仕事キャンセルしてまで来たのに」

提督「え?」

天津風「で、でもまぁ?その前に文化祭なんだから屋台を楽しもうかと思ってね?」プイ

提督「…」クス

天津風「な、何よ!」プクー

提督「いや、何でもないよ。それだったら学園の案内をしようか?」

天津風「いいの?」

提督「あぁ、まだ俺の仕事まではかなり時間あるしな」

天津風「ふふ…それならお願いしようかしらね」ニギッ

提督「え、ちょ…//」

天津風「なによ?」ギュッ

提督「…何でもありません」

天津風「そう?それじゃあ頼むわね」ニコニコ

提督(こういう無防備というか無邪気というか…根本は変わってないんだなぁ)

天津風「~♪」トコトコ


↓2 どうなるどうする

115: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 21:19:58.36 ID:zZGfhdvKo
【体育館】

五月雨「い、いよいよだね…」ドキドキ

北上「五月雨っちー、ちょっと緊張しすぎだよ?」

五月雨「だ、だってぇ…」ウルッ

提督「五月雨」ポンッ

五月雨「わ」

提督「大丈夫だって。あれだけ練習したんだから」ナデナデ

五月雨「提督…」

北上「まー提督はいつどこで練習したのかもわからないし成果のほども分からないけどね」

提督「う…」

五月雨「ふふ…」クス

五月雨「そうだね…大丈夫だよね!」ニコ

五月雨「よーし…私頑張る!」グッ

提督「うん、その意気だ」ニコ


大鳳「す、すみません一般の方は…」オロオロ

天津風「そこの歌を歌う人と知り合いなのよ。少しくらい…」

大鳳「で、ですから…」

提督「ん?」


提督「…何やってるんだ天津風」

天津風「何って。あなたの語り部と歌を近くで聞こうと思って」

提督「おまえな…客なんだからちょっとは遠慮を…」

五月雨「あ、天津風!?」ビクッ

北上「え?あ、あの女優の?」

天津風「ちょ、ちょっと提督!変装の意味ないじゃないの!」ムキー

提督「す、すまん…」

北上「ちょ、ちょっと提督…こんな超有名人と何で知り合い…?」

提督「あ、あー…まぁ昔からの知り合いで…」

天津風「というかあなた子役の経験あるんだから劇出れば良かったんじゃないの?」

提督「あ、天津風!しー!し-!」

五月雨「ちょ、ちょっと提督!?それどういうこと!?」

北上「も、元プロ!?しかもそれなのに私に男性役やらせたの!?」

大鳳「あぁもう皆さん!もうすぐ始まるんですから静かにしてください!」

大鳳「と、とにかく天津風さん。客席の方に…」

天津風「はーい…お邪魔してすみませんでした。それじゃあ提督、期待してるから」トコトコ

シーン

提督「…」

全員「…」ジトー

提督(とんでもない爆弾落として帰りやがった…)シクシク


↓2 劇中イベント

119: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 21:39:26.74 ID:zZGfhdvKo
 

提督「そして羅針盤は南を差す…」

五月雨「よぉーし!」トテテテ

五月雨「…わひゃ!?」コケッ

五月雨「………あ」


提督「…………今日もこうしてドジな一面を見せつつ海を進んでいました」


ワハハハ


五月雨「う、うぅ…//」カァー

北上(提督ナイスフォロー!)グッ


五月雨「うぅん…まだまだ遠いなぁ」シュン

五月雨「……噂だと羅針盤があきゅまにとり憑かれたって…」ハッ


提督「………そ、そうしてあきゅま改め悪魔は――――」


五月雨「……」ショボーン

五月雨(あんなに…練習したのに…皆に示しが…)ウルッ

北上(五月雨っち!落ち込んじゃダメだってば-!)ハラハラ

提督(ま、まずいな…フォロー自体はどうとでもなるけど五月雨が泣きそうになってる…)ハラハラ

提督(…こ、ここは↓2するしかない!)

136: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 22:00:21.56 ID:zZGfhdvKo
五月雨「………あ、あれ?」

五月雨(ど、どどどどうしよう!?つ、次のセリフまで忘れちゃった!?)オロオロ

五月雨「……ぅ」グスッ


北上(さ、五月雨っちー!お、抑え…!)

五月雨「…ぇぐ」グス

提督『…うぅ、今日も彼女のもとに辿りつけなかった…』

北上・五月雨「!?」ビクッ

提督(…持ってて良かった蝶ネクタイ型変声機)

提督『はぁ…いつになったら彼女の顔を見ることができるのだろう…』チラッ

五月雨「あ…」

北上「五月雨っちー」ボソボソ

五月雨「ふぇ?」チラッ

北上「かんぺかんぺー…はい」スッ

五月雨「あ…」

五月雨「………きっと今頃、ずっと待っててくれているんだろうなぁ…早く会ってあげなきゃ」

提督「…」ホッ

提督「……そうして今日の旅路は、ここで終わるのでした」



パチパチパチパチ


提督「…以上で前半が終了となります。5分後に続きを開始しますので休憩等をする方は…」








五月雨「……本当にごめんなさい」シュン

北上「しょうがないって。本番なんだから誰だって緊張するよ」ナデナデ

阿賀野「そうだよー!五月雨ちゃんの演技すっごくよかったよ!」

五月雨「でも…」

提督「大丈夫か五月雨?」

五月雨「あ…提督」

五月雨「………ごめんね、何回も迷惑かけちゃって…」シュン

提督「……」

提督「…五月雨」ダキッ

五月雨「…ふぇ?」

北上「お…?」

阿賀野「ふぇ?」

大鳳「…!」

五月雨「て、てててて提督!?あ、ああああのなにしてるの!?////」カァー

提督「一分間このままな」

五月雨「え、えぇええええええ!?///」

141: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 22:11:40.22 ID:zZGfhdvKo
五月雨「」プシュー

提督「よし、落ち着いたな」

五月雨「そんなわけないでしょー!///」ガタッ

五月雨「い、いいいきなりなにを…///」カァ

提督「緊張をほぐすおまじないだそうだ」

五月雨「そ、そんなおまじない聞いたことないよ!//」ポカポカ

北上「あれ?でも五月雨っちさっきより大分型の力抜けてるよ」

阿賀野「あ、本当だ」モミモミ

五月雨「ひゃぁ!?あ、阿賀野ちゃんくすぐったい…//」カァ

提督「よし、後半始まるから外で準備してくるな。北上も後半すぐ出るから待機よろしく」

北上「ほいほーい」ビシッ


五月雨「もー…提督ってば」プクー

五月雨「でも…ありがとう」ニコ

阿賀野「そういえば提督の挿入かも次だよね?」

五月雨「あ、そうだねー!すっごく楽しみ!」ワクワク


大鳳(さて…提督くんの歌は…最後の最後まで私にまで秘密にしてましたが…なにを歌うんでしょうかね)











北上「はぁーぁ…ここで待つのももう暇になったきたわ…」ポツーン

北上「でも…」

北上「…やっぱり寂しいなぁ」

北上「…早く来てよ…ばか」ポツリ




大井「ハァ…ハァ…」ジュル


提督「今日も彼を待つ彼女は……強い心を持ち、待ち続けながらも…やはり寂しいのでした」


北上「暇だなぁ…」

北上「あ、そうだ…」

北上「なら――――――」

北上「彼に届くように………何か歌おう――――」


提督「…」スッ

天津風「…」ピクッ

天津風(さーて…なに歌ってくれるのかしらね)ウズウズ



※まったく劇の内容と関係ない>>1の趣味丸出しの歌の歌詞貼ってもいいでしょうか

147: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 22:22:23.88 ID:zZGfhdvKo
提督「すー…」

提督「…Someday I want to run away――」


To the world of midnight

Where the darkness fill the air

Where it's icy cold

Where nobody has a name

Where living is not a game

There, I can hide my broken heart

Dying to survive

There, no one can see me cry

The tears of my lonely soul

I'll find peace of mind


提督「―――In the dark and cold world of midnight」



北上「―――――」ポカーン

阿賀野・五月雨「…」アングリ


大鳳「……すごい」

天津風(……昔から言われてたわね。天使の歌声…とかってね)クス

天津風(というか提督本当に男なのかしら…女性の声域まで完璧に出せてるじゃないの…)




パチパチパチパチパパチパチパチ



提督「…………」

提督「…………おい、北上…」チラッ

北上「…あっ!?」

北上「さ、さーて!じゃあ歌も歌ったし今日はもどろうかなー!あははー!」トテテテ

提督(おい!帰るのは良いけど台詞無視するな!素を出しまくってるじゃねーか!)

提督(……て言うか視線が全員分こっち向いてるんだけど…怖いよぅ)ビクビク


↓2 どうなるどうする

160: ◆apsVMiZGaU 2014/05/18(日) 23:03:47.02 ID:zZGfhdvKo
観客「…」スクッ

提督「」ビクッ

パチパチパチパチパチパチパチ

提督「…へ?」

<アンコール アンコール

提督「…劇中失礼します。拍手ありがとうございます。アンコールにはお応えできませんのでどうかお座りください…」


天津風「…」パチパチ

天津風「…やっぱり凄いわね、あなたは…」

天津風「はぁーぁ…戻ってきてくれないかしらね…」









【劇終了後】

阿賀野「提督!すごいかったよぉ!」ダキッ

提督「ちょ、阿賀野…//」

北上「お疲れ提督」

五月雨「お疲れ様提督!」

大鳳「凄かったですよ提督くん」ニコ

提督「あ、あの…俺語り部と歌担当なんですが…一番頑張ったのは主役の五月雨と北上で…」

北上「いやぁ、正直提督の歌が全部持って行っちゃったし」

五月雨「ねー。北上さんも固まっちゃったしね」

北上「あはは…お恥ずかしい。劇中じゃ私が歌ったことになってるけどとてもじゃないけどあんなの歌えないわ」

五月雨「そうだね…それにしても提督の声域の広さにはビックリだよ…」

提督「…まぁ練習したからな」

北上「練習でどうにかなるものなのか…」

大鳳「はい皆さん!ステージは次の方が使いますので移動お願いします!」パンパン

大鳳「打ち上げは文化祭が終わってから!とりあえず撤収しましょう!」

\はーい!/

大鳳「提督くん、お疲れのところ申し訳ないのですがもうちょっと後になりますが対バンもありますのでしっかり休んでいてくださいね」

提督「はい」

提督「…あ、大鳳先生」

大鳳「はい?」

提督「…おまじない、ありがとうございました」ニコ

大鳳「~~~///」カァ

大鳳「も、もう!どうしたいまして!//」ダッ


提督「…はぁ、成功して良かったぁ…」ホッ

提督「さてと…この後はどうしようかな」


↓2 自由安価

175: ◆apsVMiZGaU 2014/05/19(月) 19:54:55.17 ID:VAjb2+4ho
こんばんはー今日はやります
昨日の曲はBLACK LAGOONのThe World of midnightでした


阿賀野「てーとく!」トテテテ

提督「阿賀野、どうした?」

阿賀野「えっとね!利根さん達が部活の皆で何か食べようって!」

提督「あー…確かにお腹空いたかも」グー

阿賀野「それじゃ行こっ♪」ニパー

提督「うん、そうしようか」ニコ








利根「おーい二人ともこっちじゃ」フリフリ

阿賀野「ごめんなさい!お待たせしました!」トテテテ

扶桑「うぅん、待ってないから大丈夫よ」ニコ

夕立「提督お疲れ様っぽい!」

白露「いやーすっごい歌だったよー!」

提督「あ、ありがとうございます」

扶桑「ふふ、確かにすごかったわね…」

利根「いやぁ鳥肌ものだったぞ」

提督「い、いいですから…そんな褒めなくても…//」

阿賀野「あー!提督照れてるー!」ニコニコ

夕立「ぽいぽいー!」

利根「まぁこの後の対バンでも存分に歌ってもらうからな!あれだけの歌を披露した後なら満員確定じゃ!」

白露「わーい!燃えてきたー!」

提督「あはは…対バンもがんばります」

扶桑「そうね、期待してるわ提督」ニコ

利根「どれ、適当に屋台で色々買って来たから食べるとするか!」

「はーい!」


↓2 食事中イベント

178: ◆apsVMiZGaU 2014/05/19(月) 20:13:21.53 ID:VAjb2+4ho
酒匂「提督さーん!!!!」ガバッ

提督「おわっ!?」ビクッ

酒匂「んふ~♪」スリスリ

提督「さ、酒匂ちゃん…びっくりしたぁ」

矢矧「こんにちは提督さん」

能代「提督さん…あんなに歌上手かったんですね」

提督「矢矧さんと能代さんもこんにちは、もうその話はいいって…恥ずかしいから…」

酒匂「酒匂提督さんの歌また聞きたい!」ジー

提督「この後皆で対バンやるからその時に聞きに来てね」ナデナデ

酒匂「ぴゃぁうぅ~…♪」トロン

利根「相変わらず阿賀野の家族は元気じゃな」モグモグ

扶桑「ふふ…良いことじゃない」

夕立「そうっぽい!ウチの時雨と五月雨も見習ってほしいっぽい!」

白露「そういえば五月雨今日も劇でドジってたねー」モグモグ

阿賀野「でもそれが五月雨ちゃんらしいしね」アハハ

提督(地味に酷いぞ阿賀野…)

酒匂「提督さん!お疲れ様のあ~ん♪」スッ

提督「…あーん」パクッ

酒匂「おいしい?」

提督「うん、ありがとう酒匂ちゃん」ナデナデ

酒匂「えへぇ~…」トロン



↓2 どうなるどうする

183: ◆apsVMiZGaU 2014/05/19(月) 20:34:28.66 ID:VAjb2+4ho
酒匂「提督さん!飲み物もー!」スッ

提督「さ、酒匂ちゃんそこまでしなくても…」

酒匂「…」ウルッ

提督「…ありがとう酒匂ちゃん」スッ

酒匂「…!えへへ…」ニパ

酒匂「あ」ツルッ

提督「つめたっ!?」パシャ

酒匂「わ、わわわわ!ご、ごめんなさい提督さん!」

提督「いやいいよ…どうせこの後対バン用の服に着替えるし…」

酒匂「ダメ!拭かないとしみになっちゃう…」フキフキ

提督「ちょ!?さ、酒匂ちゃん!?そ、そこは…」

酒匂「ふぇ?」キョトン


能代・矢矧・阿賀野「?」

白露「…うわぁ」

夕立「提督…それはちょっとっぽい…」

扶桑「…利根」

利根「うむ、えぇっと110と…」ポチポチ

提督「やめぇええええええええ誤解だからあああああああああああ!!」

酒匂「提督さん動いちゃダメー!」フキフキ








提督「…酷い目に遭った」ゲッソリ

提督「はぁ…でも阿賀野ちゃんの家の子は自覚ないんだろうなぁ…」

提督「えぇっと…この後なんだっけ?」トコトコ


選択肢安価
1.対バン
2.まだ自由時間
3.その他(詳細明記)

↓2

188: ◆apsVMiZGaU 2014/05/19(月) 20:49:36.52 ID:VAjb2+4ho
上にずれまーす


提督「…まだ時間ありそうだな」

提督「うーん…」

提督「……」トコトコ









【屋上】

提督「…皆拍手してくれて嬉しかったけどさぁ…やっぱり不安だよなぁ」

提督「ちょっと発声練習するか…今なら屋台とかの喧騒で聞こえないだろうし」

提督「…すー」

提督「~♪」


バタンッ


提督「うおっ!?」ビクッ

提督「…な、何だ↓2か」


※登場済キャラ限定

198: ◆apsVMiZGaU 2014/05/19(月) 21:12:13.19 ID:VAjb2+4ho
提督「…大鳳先生」

大鳳「あら…提督くん?」

大鳳「すみません、驚かせちゃったみたいですね」ニコ

大鳳「でも、あれだけの歌を歌った人こんなところでコソコソ練習だなんて…みっともないですよ」クス

提督「はは…すみません」

提督「大鳳先生はどうしてここに?」

大鳳「少し風に当たりに来ただけですよ。お祭りは好きですが人混みが苦手でしてね…」

提督「なるほど…」

大鳳「それで、屋上に来てみたら小声で歌ってる生徒を見つけたわけですよ」

提督「あはは…はぁ」

大鳳「提督くん、よかったらどうぞ」スッ

提督「りんご飴…ですか?」

大鳳「美味しいですよ、私こういうの好きでして…♪」

提督「ふふ…それじゃ頂きます♪」

提督「ん…美味しい」パク

大鳳「それはよかったです」ニコ


↓2 どうなるどうする

205: ◆apsVMiZGaU 2014/05/19(月) 21:29:37.10 ID:VAjb2+4ho
大鳳「あ…」

提督「どうしました?」

大鳳「ほら見てください提督くん、あっちの方」

提督「…わぁ」

大鳳「ふふ…綺麗ですね」

提督「というかあんなにどこから調達したんですかね…」

大鳳「良いじゃないですか。綺麗なシャボン玉がいっぱいですよ」

提督「およそ100人近くが一斉に吹くのも中々シュールですね…」

大鳳「こら、そういうこと言わないの」

提督「す、すみません」

大鳳「もう…」プンスカ


ヒュゥウウ


大鳳「わ…風が…」

ピラッ

提督「あっ…」


大鳳「…あーぁ、全部消えちゃいました」シュン

大鳳「でも綺麗でしたね提督くん………提督くん?」

提督「…///」カァー

大鳳「あの…どうかしましたか?」

提督「あ!?い、いえ何でもないですよ!?あはは…///」

大鳳「ですが顔が真っ赤ですけど…」

提督「ちょ、ちょっとりんご飴で火照ったのかもしれないですね!お、俺は先に戻ります!」ダッ

大鳳「あ…提督くん!」

大鳳「…もう、折角二人きりだったのに…」シュン


提督(えぇ…綺麗な純白のものが見えましたよ…///)タッタッタッ










阿賀野「あ、いたいた提督ー!もうすぐ始まるよー!」

提督「あ、あぁ。すまんすまん、今行くよー」トテテテ


↓2 対バン本番前イベント

217: ◆apsVMiZGaU 2014/05/19(月) 21:56:25.06 ID:VAjb2+4ho
【控室】

利根「…」ソワソワ

扶桑「利根…ちょっとは落ち着いて…」

利根「し、しかしだな…」

扶桑「少しはあの子たちを見習いなさい」チラッ

夕立「ぽいぽい~♪」

白露「楽しみ~♪」


阿賀野「ふんふふ~ん♪」

提督「阿賀野はあんまり緊張してないんだな」

阿賀野「うん!それよりも楽しみでしかたないもん!」ウズウズ

提督「やれやれ…凄い子だよ本当」ニコ


龍田「失礼しま~す♪」ガチャ

天龍「おいおい…何で俺まで…」

提督「あれ?龍田先生に…天龍さん…でしたっけ?」

天龍「おう、あの時はありがとな」

龍田「あらら~天龍ちゃん浮気~?」

天龍「はぁ?そんなわけねーだろ。俺はお前しか見てないし…」

龍田「…」

天龍「? どうした龍田?」

龍田「…うぅん?何でもないわよ~」

龍田「それじゃあ皆~頑張ってね~」フリフリ

天龍「は?お前何しに…っておい!走ってどこ行くんだ龍田!おいってばー!」タタタ



全員「…」

提督「…何しに来たんでしょうね」

利根「…さぁな」

扶桑「まぁ…堅苦しい緊張するよりはマシよ」

阿賀野「ギターの調整してこよーっと♪」

提督「あ、そういえば利根さん」

利根「なんじゃ?」

提督「今日の対戦相手ってこの学校の生徒ですか?」

利根「うむ。部活ではなく友人同士でのバンドらしい。まぁ吾輩とも友人で文化祭で対バンやろうという話になったんだがな!」ワハハ

提督「ところでそのお相手とは…」

利根「む?↓2と↓3…それに↓4じゃな」


※学園内関係者のみ。生徒として新規艦娘は登場可 既に店長などとして登場している艦娘は対象外

224: ◆apsVMiZGaU 2014/05/19(月) 22:27:08.57 ID:VAjb2+4ho
利根「えぇと…伊8ことハチに伊401のしおい…それに秋雲じゃな」

提督「…すいません。今なんて?」

利根「む?」

提督「…あ、秋雲?秋雲がバンドぉ!?」

利根「なんじゃ?どうかしたのか?」キョトン

提督「…お、俺の知ってる秋雲は…かなり面倒臭がりで引き籠って絵を描いてるはずなのに…」ダラダラ

利根「…酷いいい分じゃな」

扶桑「何でも最近始めたばかりらしいわよ?」

提督「へぇ…」


利根(…秋雲のこと、提督に言った方がいいのか?)ボソボソ

扶桑(やめておきましょう…確かに可愛いり理由で始めたけど)クス

利根(やれやれ…提督に近づきたいのなら素直にウチの部に入ればいいのにのう)

扶桑(ふふ…だから可愛いんじゃないの)


夕立「あ!そろそろ時間っぽい!」

利根「よーし!皆いくぞー!」

全員「おー!」












秋雲「…」ソワソワ

401「秋雲ーさっきからソワソワしすぎだってば」

秋雲「だ、だって私こういうこと初めてだしさ…」

8「もう…あれだけ練習したんだから大丈夫よ」

401「それにあの子にカッコいいところ見せてあげないとね!」

秋雲「うぐ…//」カァ

8「それにしてもあの人の歌本当にすごかったわね…」

401「…正直勝てる気しないけどね」アハハ

秋雲「あー!もー!いいのいいの!楽しんだもん勝ちなんだからさー!」

8「ふふ…秋雲のそういうところは本当に頼もしいわね」クス

401「よーし!それじゃあ張り切っていこー!」

秋雲「おーぅ!」


↓2 どうなるどうする

230: ◆apsVMiZGaU 2014/05/19(月) 22:36:16.01 ID:VAjb2+4ho
今日はこの辺で終了します。お疲れ様でした
また残業が始まりそうで怖いですがこんなまったりペースでもお付き合い頂けると嬉しいです

では何かご意見等ありましたらよろしくお願いします。ではまた
大鳳先生かわいい。誰だこいつをヒロイン枠にしなかった奴は

246: ◆apsVMiZGaU 2014/05/20(火) 20:32:19.78 ID:I6b4Ht+3o
今日もやりまーす


【ライブ会場(体育館ステージ)】


ワーワー

提督「…」

利根「どうした提督?」

提督「あ、利根さん」

提督「…いえ、凄い演奏だなぁ…と思いまして」

利根「ちなみに3人とも始めて1年も経っておらんぞ」

提督「え」

利根「秋雲は本当に最近というレベルじゃからな」

提督「…」

利根「どうした?自分よりも上達が速すぎて嫉妬か?」

提督「そりゃまぁ…でも俺が楽器のセンスないのはどうしようもないことですし…」

提督「それよりも…」

利根「?」

提督「…秋雲があれだけ元気にバンドしてるところ見るっていうのも、新鮮だなぁと思って…」

利根「ほう…」

利根(ふむふむ…良かったではないか秋雲。お前の頑張りは無駄ではなかったぞ)クス

扶桑「二人とも…そろそろ出番よ。準備しましょう」

利根「うむ。心得た」

提督「はーい」

扶桑「提督くん、のどの調子は大丈夫?」

提督「えぇ、問題ありません」

扶桑「ふふ、良かった…今日は期待してるわよ」ニコ

提督「はい!」


↓2 軽音部演奏中イベント

252: ◆apsVMiZGaU 2014/05/20(火) 20:53:40.28 ID:I6b4Ht+3o
ワーワー!


秋雲「…やっぱりすごいね。軽音部」

401「そだねー…提督くんの歌声凄すぎでしょ…」

8「それ以前に軽音部の皆の演奏がすごいと思うの…」

401「やっぱりこれが趣味か部活かの差かなー」

秋雲「まぁ…私が一番足引っ張っちゃ…」

8「こら」コツン

秋雲「あたっ!?」

401「そーいうこと言わないの。楽しんだもの勝ちだって言ったのは秋雲でしょー」

秋雲「あはは…ごめんごめん」

8「でも秋雲始めたばかりとは思えないほど上達したわね…」

401「やっぱり恋の力って凄いんだね!」

秋雲「ちょ、ちょっとやめてよ!//」

401「あははー照れてる照れてるー♪」

秋雲「もー…//」

8「普段はおちゃらけてるのに…こういう話になると弱いのね」クス

秋雲「うぐ…//」

401「あ、終わったみたいだよ」







提督「ありがとうございましたー!」ペコリ

利根「うむ!では戻るぞ皆!」

提督「あ、利根さん…コード…」

利根「へ?」コケッ

利根「どわぁああぁああああ!?」スッテーン

阿賀野「と、利根さん!?大丈夫ですか?」

利根「あたた…まぁ少し転んだだけだから…」

提督「…///」

利根「? どうした提督?」

扶桑「利根…自分の格好を良く見てごらんなさい」

利根「は…?」


利根「……………………あ///」カァー

利根「み、み……………」

利根「見るな馬鹿ものどもがぁぁぁああああああああああああああああああ////」


↓2 対バン終了後イベント

257: ◆apsVMiZGaU 2014/05/20(火) 21:08:56.61 ID:I6b4Ht+3o
利根「…//」ズーン

提督「ほ、ほら利根さん…結果的に勝ちましたから…」

利根「…見たのか?」

提督「え?」

利根「…提督も見たのか…吾輩のを…//」

提督「…………//」プイ


利根「…こうなったら」

利根「もう忘れるほど飲み食いしてやるー!!!」ガバッ

利根「今日は無礼講じゃ!打ち上げするぞお前達ー!」

夕立「わーいっぽいー!」

利根「白露!ハチとしおいと秋雲も呼んで来い!ダッシュじゃ!」

白露「はいはーい!」トテテテ

利根「提督!おまえは何か買ってこい!今すぐじゃ!」

提督「は、はい!ただいま!」ダダダ

扶桑「やれやれ…」ハァ

扶桑(…今日の不幸は利根に移ったのかしらね)

阿賀野「利根さん!私は私は!?」ウズウズ

利根「よし!阿賀野は吾輩と扶桑と一緒に飲み物用意するぞ!」

阿賀野「はーい!」ビシッ

扶桑「了解よ…」クス


401「きたよー!」ガチャ

秋雲「おっ邪魔しまーす!」

8「お邪魔しますね…」ニコニコ


↓2 打ち上げイベント

262: ◆apsVMiZGaU 2014/05/20(火) 21:25:27.81 ID:I6b4Ht+3o
ワイワイガヤガヤ


提督「ん…」ゴクゴク

提督「ふぅ…ジュースよりも水飲みうようになったって言うのもなんだかなぁ」

大鳳「いい…ことですよぉ…」

提督「あ、大鳳先生…………大鳳先生!?」

大鳳「ふにゃぁ…?」

提督「これって…コーラ?」

提督「…まさか大鳳先生?」

大鳳「ひゃぃ?」

提督「コーラで酔いました?」

大鳳「ひゃだなぁーてぇーとくくん…コーラで酔うわけないじゃないのぉ…」ヒック

提督(…ダメだこれ)

大鳳「むー…信じてないですぇ…」ジトー

提督「い、いえそんなことは…」

大鳳「そんな悪い生徒には…↓2します…」ムクッ

277: ◆apsVMiZGaU 2014/05/20(火) 21:41:13.64 ID:I6b4Ht+3o
 
大鳳「…てい!」ポフッ

提督「おわっ!?」

大鳳「…てい、てい…」ポフポフ

提督「…あの」

大鳳「おしおきですー…」コスリコスリ

提督(黒板消し…でもしっかり新品でやってくれてるからまったく汚くもない…)

大鳳「反省しましたかぁー…?」ジトー

提督「…は、はい」

大鳳「えへー…よろしいです…♪」ポンポン

提督「大鳳先生、それで頭をポンポンしないでください」

大鳳「むー…わがままですね提督くん…」

大鳳「我儘な子には直接おしおきですー!」ポフポフポフ

提督(黒板装備でいくら叩かれても痛くない…)

大鳳「ふにゃ…」フラッ

提督「おっとっと…」ガシッ

大鳳「すぅ…すー…」スヤスヤ

提督「コーラで酔ってしかも寝ちゃったのか…」

提督「時期も時期だし一応冷えると風邪ひいちゃうし…上着だけかけておいてあげるか」スッ

大鳳「ん…えへ…」スヤスヤ

提督「本当に先生とは思えないほど小柄な人だなぁ…」ナデナデ

大鳳「んぅ…ん…」ムニャムニャ

提督「さてと…皆盛り上がってるみたいだし…」キョロキョロ

提督「んー…俺は↓2しようかな」

282: ◆apsVMiZGaU 2014/05/20(火) 21:54:10.85 ID:I6b4Ht+3o
提督「秋雲」

秋雲「あ、提督!」トテテテ

提督「お疲れ様。まさかバンド組んでるとは思わなかったよ」

秋雲「あははー…まぁね」

提督「でも始めてまだ経ってないんだってな?」

秋雲「あー…うん。今日も結構失敗しちゃったし…」

提督「いや、そんなことないぞ。今日ずっと見てたけど凄かった」

秋雲「え?」

秋雲「て、提督見ててくれたの?」

提督「? 当たり前だろ」

秋雲「そ、そっか…えへへ」ニコニコ

秋雲「でも提督の歌も本当凄かったよ?聞いてて鳥肌立っちゃったよ」アハハ

提督「ありがとな。でも楽器はからっきしなんだよ」

秋雲「え?そうなの?意外…」

提督「あぁ…そりゃもう絶望的なまでにセンスがな…」ズーン

秋雲「ふーん…」ハッ

秋雲(こ、これは私がつきっきりで教えてあげちゃったりできるチャンス…?)ドキドキ

秋雲(そ、それで流れでそのまま…)ポワワーン

秋雲「…ぐへへ」ニヤニヤ

提督「…おい、秋雲ってば」

秋雲「…はっ?!」

提督「今何か変な妄想してたな?」

秋雲「や、やだなぁ!そんなわけないじゃん!あはは…」ダラダラ

秋雲「そ、それでごめん?何だって?」

提督「↓2」

286: ◆apsVMiZGaU 2014/05/20(火) 22:08:54.17 ID:I6b4Ht+3o
提督「よかったら楽器教えてくれないか?」

秋雲「へ?」

提督「いや…軽音部の皆の教え方が悪いとかって言うわけじゃないぞ?」アセアセ

提督「短時間でそれだけできるようになったんなら何かコツとかあるのかなーって」

提督「ほら、秋雲ならなんか色々聞きやすいしさ…」

秋雲「…」

提督「…秋雲?」

秋雲(…え?何この理想的すぎる展開?私こんな美味しい思いしちゃっていいの!?)ドキドキ

秋雲「あー…//」ポリポリ

提督「あ、もしかして締めきりとかで忙しいなら無理には…」

秋雲「いや待った!今めっちゃ暇なの!だから教えてあげるよ!」ズイッ

提督「そ、そうか…それなら嬉しいんだが近いぞ秋雲…//」

秋雲「あ…//」

秋雲「ご、ごめん…ちょ、ちょっと調子に乗っちゃったね…あはは…//」カァ

提督「あぁいや…別に…//」カァ

秋雲「…そ、それじゃあさ!教えてあげる代わりに私からお願いとかしちゃってもいい?」

提督「ん?良いぞ、あまりに無理な要求じゃなければな」

秋雲「分かってるってー、それくらいの遠慮は持ってるよ」ニコ

提督「ならいいけどな…それでお願いって?」

秋雲「んとねー…↓2」

290: ◆apsVMiZGaU 2014/05/20(火) 22:24:25.59 ID:I6b4Ht+3o
秋雲「…その」

提督「?」

秋雲「…こ、今度…//」

秋雲「今度…で、デートして!」

提督「へ?」

秋雲「…//」モジモジ

秋雲「ら、来月さ…修学旅行とかあるじゃん?」

秋雲「そ、その時で良いからさ……」チラッ

提督「…」

秋雲「…だめ?」

提督「…分かった。そうしようか」ニコ

秋雲「ほ、ほんと!?」

提督「あぁ、修学旅行の楽しみが増えたよ」ナデナデ

秋雲「わ…ぁ…//」カァ


401(うわぁー。もうラブラブじゃんあの幼馴染ども)モグモグ

8(はっちゃん、殺っちゃった方がいい?)

401(んー…また今度にしておこう)


利根「…」ジー

扶桑「利根」

利根「な、なんじゃ」ビクッ

扶桑「下着を見られた責任を取らせる戦法は汚いわよ?」

利根「そ、そんなこと考えておらん!」プイ

扶桑「もう…本当に素直じゃない子が多いんだから…」

阿賀野「??」モグモグ


大鳳「すぅ…うにゅぅ…てーとくくん…ニヘヘ…」スヤスヤ



【秋雲√】に入りました

308: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 20:09:19.84 ID:LD2BKUUZo
今日は休みといったな。あれは嘘だ


【秋雲√】

【11月1days】


【体育館】

ワイワイガヤガヤ


提督「…んで、何で2年がここに集結してるんだ?」

北上「あーアレだって聞いたよ」

提督「あれ?」

五月雨「修学旅行のお話じゃない?まだグループも決めてないし…」

提督「あぁ…そういえばそうだったな」

北上「というかもうすぐ当日なのにいいのかな…」

提督「当日までもうすぐだからじゃないか?」

五月雨「というよりも文化祭終わってそんなに経ってないよ?」

提督「あんまり細かいこと気にしてると色々崩壊しそうだからスルーしましょう」


大鳳「皆さんお待たせしました。では今月の修学旅行の説明をしましょうか」

大鳳「えぇっとですね…基本的にはクラス毎の団体行動です。ただし自由行動時ですが…」

大鳳「自由行動時はグループ行動になります。そしてそのグループは今から皆さんで作成してもらいます」

大鳳「グループはクラスの枠を超えて頂いて構いません」

大鳳「はい!それでは5~6人組のグループを作ってください!」パンッ


秋雲(!)ガタッ

秋雲「」ダダダダ

401「秋雲ー…あっ」

8「一直線に提督くんのところに行ったわね…」

401「まぁ提督くんあの文化祭以来すっごいモテてるからねー。秋雲としては焦るよねー」

8「さて…私たちも行ってみる?提督くんのところ?」

401「そうだねー!面白そうだし!」トテテテ


↓2 どうなるどうする

313: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 20:22:56.06 ID:LD2BKUUZo
阿賀野「えぇっと…」オロオロ

提督「阿賀野ー」トテトテ

阿賀野「あ、提督!」

提督「良かったら一緒のグループにならないか?」

阿賀野「ほ、ほんと!?」

北上「私たちもいるよー」ヒョコ

五月雨「阿賀野ちゃんも一緒に行こうよ~♪」ヒョコ

阿賀野「みんな…えへー!」ニパー


秋雲「…」

秋雲(…ど、どうしよう。すっごい入りづらいんだけど…)ダラダラ

401「なにしてるの秋雲ー」

秋雲「わっ?!」ビクッ

8「それで、どうするの秋雲?」

秋雲「ど、どうするって…」

401「まだ一枠空いてるよ?それにほら…周り」

秋雲「へっ?」


女子勢「」ジリジリ


8「このままだとすぐに埋まりそうね」

秋雲「うっ…」

秋雲(ま、まずいって…この機を逃したら確実にまずい…)

秋雲(…えぇい当たって砕けろ!↓2してやるー!)

318: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 20:40:37.32 ID:LD2BKUUZo
秋雲「…ていとくー!」ダダダ


提督「ん?あきぐ―――――ぐはっ!?」

秋雲「突撃ィー!」

提督「お、お前…なんてことを…」ピクピク

秋雲「あ…ご、ごめん。ちょっと手加減できなくて…」

提督「まったく…それでどうした?」スクッ

北上「回復早っ」

秋雲「あー…えっと…そのー…」

提督「?」

秋雲(…や、やっば、いざとなったらなんか言いにくく…//)

五月雨「あ、もしかして秋雲さんも一緒に?」

秋雲「そ、そうそう!折角クラス関係ないっていうからさー!」

秋雲(五月雨ちゃんナイスー!!)グッ

提督「そういうことなら構わんけどタックルはやめてくれ…」

秋雲「ご、ごめん…」

提督「そういえばしおいとハチは?あの二人も一緒じゃないのか?」

401「やっほー提督」ヒョコ

8「やっほ~」ヒョコ

提督「二人とも、グループどうするんだ?」

401「適当に決めるよー。誰かさんのお邪魔にはなりたくないしねー」チラッ

秋雲「んなっ…//」

提督「?」

8「じゃあね皆、また後でね」フリフリ


阿賀野「邪魔って…何のことだろうね?」キョトン

五月雨「さぁ…?」

北上「…」ニヤニヤ

秋雲(く、くっそー…あの二人め…//)カァ



提督「あ、大鳳先生ー」

大鳳「はい?何でしょう提督くん?」ニコ

提督「行き先ってとこでしたっけ?」

大鳳「…」

北上「あのさぁ…」

大鳳「まったくもう…今回の行き先は↓2ですよ」クス

324: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 21:04:20.84 ID:LD2BKUUZo
大鳳「今回はハワイですよ」

北上「この前パスポート発行したじゃん」

提督「ハワイ…ハワイか…」

五月雨「どうしたの?」

提督「いや…何か最近よく海外に行ってるような記憶が…」

秋雲「え?なに、提督旅行行ってたの?」

提督「いやそんなことはい何だが…何だろう」

阿賀野「?」キョトン

大鳳「とにかくそういうことですから…今度は忘れないようにしてくださいね」ニコ

提督「はーい」







大鳳「ではみなさん、グループもできたみたいですね」

大鳳「それでは肝心の宿泊先について何ですが…」カサッ

大鳳「………えっ」

提督「?」

五月雨「? 大鳳先生どうしたんだろ…?」

大鳳「……し、失礼しました。えーと宿泊先はホテルになります…」

大鳳「…そして全員個室。つまり一人一部屋です」

提督「…は?」


ザワザワ


大鳳「えぇと…どうも教頭先生が今回は豪華な旅行と計らってくれたらしいです…」

全員(ホテルのオーナー一体なにで脅されてるんだ…)

大鳳「連絡は以上になります。皆さん当日まで忘れもののないようにしっかり準備してきてくださいね」


ハーイ!


秋雲(よっしゃ…何とかグループにも入り込めた…)

秋雲(よし…よし…頑張るぞ)グッ

329: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 21:17:38.81 ID:LD2BKUUZo
【ハワイ】

北上「…ハワイとうちゃーく!」

提督「北上。叫んでも日本語は通じんぞ…たぶん」

北上「いいじゃん別にー」ブーブー

秋雲「提督ノリ悪いぞー」ブーブー

阿賀野「そうだそうだー」ブーブー

提督「ぐ…何で俺がこんなに言われなくちゃいけないんだ…」


大鳳「はいはい、皆さん。まずはホテルに移動して休憩になりますので立ち止まらないでくださーい」

提督「だってさ、移動するぞ」

五月雨「はーい」

秋雲「…」

北上「ん?どうしたの秋雲っち?」

秋雲「あ、ごめんごめん」

秋雲「いやぁ…綺麗な海だなーって思って」

阿賀野「そうだねー…すっごく綺麗」

提督「おい3人とも。早く来なさい」

3人「はーい」











【ホテル 客室】

提督「…」

提督「しかし一人一部屋って本当にすごいな…」

提督「龍田先生…一体何者なんだろうか…」

提督「んー…まだ時間はあるみたいだし…↓2しようかな」

336: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 21:30:33.72 ID:LD2BKUUZo
提督「」バッ

提督「」パンパンパンパン


提督「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!」















――――――数分後


秋雲「提督?いる?」コンコン


シーン


秋雲「…あれ?部屋間違えたかな…」

秋雲「…提督ー?」


ガチャ…


秋雲「あ、提督………ってどうしたの?」

提督「…いや、何でもない」

秋雲「いや、何か死にそうな顔してるんだけど…飛行機にでも酔った?」

提督「いや何でもないんだ本当…自己嫌悪してるだけだから…」

秋雲「へ?」

提督「ハァ…自分であんな馬鹿馬鹿しいことやると凄い空しいって良く分かったよ…」ズーン

秋雲(な、何かよくわかんないけど提督が凄い落ち込んでる…珍しい)

秋雲(…ここは↓2してみようかな)

342: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 21:45:01.23 ID:LD2BKUUZo
秋雲「…」ダキッ

提督「…ん?」

秋雲「て・い・と・くぅ~?」フー

提督「おわっ!?//」ビクッ

秋雲「あっはは!すっごいびくってなってる!」

提督「お、おまえなにを…//」

秋雲「提督、折角の旅行なんだからそんなシケた顔しないの」

秋雲「それにまだついたばっかりだよ?」

提督「秋雲…」

提督「…そうだな、ありがとな秋雲」ニコ

秋雲「いえいえ~どういたしまして~♪」ニコ

提督「ところで秋雲…」

秋雲「ん?」

提督「そ、その…そろそろ離れてくれないか…?//」

秋雲「………あ」

秋雲「ご、ごめ…っ!///」バッ

提督「い、いや…気にしなくて良いよ」

秋雲(う…自分からやったとはいえ何て恥ずかしい真似を…//)カァ


↓2 どうなるどうする

348: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 21:58:52.29 ID:LD2BKUUZo
提督「そ、そういえば秋雲?何の用事だったんだ?」

秋雲「あ、その…えーっと…」ポリポリ

提督「…?」

秋雲「えっと…その、ね?提督…//」ジッ

提督「…」ドキ

提督(…あれ?秋雲ってこんなに女の子らしい仕草したことあったか…?//)ドキドキ



阿賀野「提督ー!ご飯の時間だよー!」トテテテ

秋雲「うひゃぁああ!?」ビクッ

阿賀野「あ!秋雲ちゃんもいたー!良かったぁー!」

秋雲「あ、阿賀野ちゃん。もしかして捜させちゃった?」

阿賀野「もー!時間になっても来ないから心配しちゃたよ!」プンスカ

秋雲「あー、ごめんごめん、それじゃ待たせちゃっても悪いし早く行こうか」

阿賀野「うん!」ニパー

提督「お、おい秋雲…」

秋雲「あー…ごめんね提督。また後でね」

提督「お、おう…」

提督(…何だろう、少し残念だったような…もったいなかったような…)モヤモヤ

秋雲「提督ー?なにしてるの?早く行こうよー」

提督「あぁ、今行くー」トテテテ



↓2 食事中イベント

351: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 22:13:46.01 ID:LD2BKUUZo
提督「…」

秋雲「…なにこれ」

阿賀野「わぁ…すっごい量」

北上「あー来た来た。こっちこっち」フリフリ

五月雨「…」パクパク

提督「北上…この量は一体…」

北上「ホテルのオーナーからのおもてなしだってさ…」

五月雨「滞在中はこのホテルで出せる最高のものを出すって…」

提督「限度を考えてくれよな…」

秋雲「つか教頭先生本当に何したんだか…」

阿賀野「うーん…さすがに全部は食べきれないよね…」

提督「さすがに全部食えとは言わないだろ…そんなこと言ったらまた教頭先生に伝わるだろうし…」

秋雲「うーん…負のスパイラル」モグモグ

阿賀野「わ…すごい美味しいね…♪」モグモグ

提督「まぁ…食えるだけ食うか」パクパク


提督「そういえばこの後の予定ってなんだっけ?」

五月雨「えーっと…」パラパラ


選択肢安価
1.自由行動
2.団体行動
3.その他(詳細明記)

↓2

355: ◆apsVMiZGaU 2014/05/21(水) 22:25:25.00 ID:LD2BKUUZo
五月雨「この後は早速自由行動だね!」

提督「ほう…いいねぇ」

北上「痺れるねぇ」モグモグ

阿賀野「北上さん!食べながら喋っちゃダメなの!」

北上「んぁ…ごめんごめん」ゴクッ


提督「ちなみに皆さん、どこか行ってみたい場所とかは…」


シーン


提督「…ですよね」

五月雨「あはは…だって全然どこが良いとか分からないし…」

北上「私はホテルでゴロゴロしててもいいけど?」

阿賀野「それじゃ折角ハワイに期待意味ないよー!」プンスカ

提督(一瞬、北上の意見も良いなとか言えない…)

秋雲「…」ムムム

提督「秋雲は何処か行ってみたいところとかあるか?」

秋雲「…んと」

提督「お、気になるところがあるのか?」

秋雲「あー…まぁ少し気になるってくらいだけど…↓2とか?」

373: ◆apsVMiZGaU 2014/05/23(金) 21:41:42.70 ID:PUpoynbeo
こんばんは。RJちゃん可愛くなりましたね。
羽黒ちゃんも改二になってヒロイン枠確定とはたまげたなぁ…




秋雲「ビーチ…」

提督「へ?」

北上「そういえば秋雲っちさっきじーっと眺めてたもんね」

五月雨「それじゃ皆で行こうよ!」ニパー

阿賀野「阿賀野さんせー!」ニパー

北上「んじゃ水着着替えていこうかー」

秋雲「…え?水着…?」

五月雨「ふぇ?だってビーチだよね?」キョトン

阿賀野「阿賀野泳ぐー!」ピョンピョン

秋雲(背景の参考になるってことしか考えてなかった…み、水着って…提督の前で…//)チラッ


提督「…じゃ、じゃあ俺は部屋でゆっくりと…」ソソクサ

阿賀野「えー?何で?提督も行こうよー!」グイグイ

提督「じょ、女子だけで行って良いって!俺がいても仕方ないだろ!?」

阿賀野「むー…」ムスー

秋雲「…」クイクイ

提督「…ん?秋雲どうした?」

秋雲「…こないの?」ジッ

提督「え」

秋雲「…」ジー

提督「う…」


北上「ほらほらーどうするの提督ー?」ニヤニヤ

提督「…わ、分かったよ。行くってば…」

秋雲「…ほんと?」

提督「あぁ…だからそんな泣きそうな顔するなって」

秋雲「んなっ?!別に…泣きそうになんてなってないし!」

秋雲「ほ、ほら!野郎は置いといて早く皆移動しよ!」グイグイ

五月雨「わわわ…秋雲ちゃん押しちゃ危ないって…!」オロオロ

提督「はぁ…とりあえず俺も着替えて移動するか」トコトコ


↓2 ビーチ到着後イベント

378: ◆apsVMiZGaU 2014/05/23(金) 22:03:02.95 ID:PUpoynbeo
【ビーチ】

提督「ふぅ…なんだか先に着いちゃったな」

提督「皆は…まだ来てないか」キョロキョロ

提督「ま、女子の着替えなんてそんなもんだよな…気長に…」


ビス「あら?提督じゃない」

提督「へ?」クルッ

提督「あ…ビスマルクさん」

ビス「今日は天津風と一緒じゃないのね、珍しい」

提督「いやそもそも一緒にいること自体おかしいですよ…天津風滅茶苦茶忙しいはずなんですから」

ビス「ま。そうね」

ビス「それで今日はどうしたの?一人で旅行?」

提督「いえ、学園の修学旅行で来てるんですよ」

ビス「へぇ…学校の旅行で海外だなんて中々豪華じゃない」

提督「えぇ…しかもホテル一人一室ですし…」

ビス「…あなたの学園どうなってるのよ」

提督「…俺にもわかりません」

ビス「まぁいいわ…良かったらこれやる?」スッ

提督「これ…サーフボードですか?」

ビス「そうよ。提督サーフィンしたことは?」

提督「ないです」キッパリ

ビス「そう…なら少し教えてあげるわ」

提督「い、いえ俺にサーフィンだなんて…」

ビス「いいからやりなさい」

提督「はい」










北上「いやーすっかり遅くなっちゃったね…」トテテ

秋雲「提督に悪いことしちゃったなぁ…」

阿賀野「あれ…?あれって…」

五月雨「提督…?」



直下コンマ判定 提督くんのサーフィンセンス

385: ◆apsVMiZGaU 2014/05/23(金) 22:15:54.40 ID:PUpoynbeo
提督「」プカー


ビス「あなた絶望的なまでにセンスないわね」

提督「…」ブクブク

ビス「まったくもう…折角私が教えてあげてるのに…」

提督「」ブクブク

ビス「とりあえず水面から顔上げなさい、いつまで息持ってるのよ」

提督「すみません…」プハ

ビス「まぁいきなりやらせた私も悪かったわ、さすがにあそこまでセンスないとは驚いたけど」

提督「」グサッ

ビス「それじゃ私はそろそろ店に戻るわ。何かあったら寄ってちょうだいね」ヒラヒラ








提督「こんな…はずでは…」ズーン

秋雲「…提督」トコトコ

提督「あぁ…秋雲か。ごめんな一人で遊んでて…」ズーン

秋雲「あー…えっと…」

秋雲「…↓2」

390: ◆apsVMiZGaU 2014/05/23(金) 22:31:15.01 ID:PUpoynbeo
秋雲「…たんすでもサーフィンはできるんですよ」

提督「…」

提督「…そうか、つまり俺はちゃんとしたサーフボードを使ってもできないほどひどいってことか…」ズーン

秋雲「あ、いや…」アセアセ

北上「提督ーそんなウジウジしてないであそぼーよ」

五月雨「そ、そうだよ!サーフィンなんて難しいもん!私だってできないし…」

阿賀野「ていうかむしろ出来る人の方が少ないんじゃないかな?」

北上「やったことないんでしょ?最初っから出来る人なんていないって」アハハ

提督「そうか…そうだよな」スクッ

提督「よっしゃ!それじゃ遊ぶぞー!」


秋雲「あ…」

秋雲(…慰めるつもりが何でこんなこと言っちゃたんだろ…はぁ)











提督「あー…」プカプカ

提督「こうやって海で浮いてるっていうのも中々いいな…」プカー

提督「…ってなにしてるんだろ…こんなところでまで来て」

提督「んー…そうだよな。折角女子と来たんだから遊ばないと損だよなぁ…」

提督「近くには…お、秋雲がいたいた」

提督「おーい秋雲ー」フリフリ

秋雲「んぁ?あ…どうしたの提督?」

提督「↓2」

395: ◆apsVMiZGaU 2014/05/23(金) 22:59:49.87 ID:PUpoynbeo
提督「ビーチボールしようぜ」

秋雲「ビーチボール…?あぁ、バレー対決?」

提督「おう」

秋雲「んー…イラストの練習でもしようかと思ってたんだけどなぁ…身体動かすのもなぁ…」グテー

提督「お前はどこでもぶれないな…」

提督「折角そんなに可愛い水着に着替えたのにイラスト書いてばっかりはもったないだろ」

秋雲「…」ピクッ

秋雲「て、提督…?い、今なんて…//」

提督「ん?イラスト描いてちゃ勿体ないって…」

秋雲「そ、その前!」

提督「可愛い水着?」

秋雲「…//」カァ

秋雲「…よ、よーし!やってやろうじゃないの!」スクッ

提督「お、おぉ?」

秋雲「ふふ~ん、それじゃあ負けた方が勝った方のいうこと何でもひとつ聞くって言うのはどうよ!」

提督「ほう…面白い、受けてたつ!」

秋雲「ほっほ~う?負けないよ~?」


コンマ判定 数字の高いほうの勝ちっぽい

提督 直下
秋雲 ↓2

400: ◆apsVMiZGaU 2014/05/23(金) 23:19:03.40 ID:PUpoynbeo
秋雲「よっ…!」ポスッ

提督「うぉ…やば…!」ポンッ

秋雲「ほいさー!」パシッ

提督「あっ…」ボフッ

秋雲「いぇーい!決まったぁー!」グッ

提督「くそう…負けた」


北上「おー接戦だったね」パチパチ

五月雨「二人ともお疲れー」

阿賀野「見てて面白かったよー!」


提督「やるな秋雲…負けたわ」ハァ

秋雲「ふふーん!この秋雲さんなめちゃいけないよー!」ニコニコ

提督「んで…負けたらいうこと聞くんだったな」

秋雲「あれ?ほ、本当に聞いてくれるの?」

提督「当たり前だろ、約束だし」

秋雲「そ、そう…ふーん…?」

秋雲(ど、どうしよう…こんなチャンスめったにない…!)

秋雲「お、落ち着け…落ち着いて…」ブツブツ

提督「秋雲?」

秋雲「提督!」バッ

提督「は、はい!」

秋雲「↓2」

410: ◆apsVMiZGaU 2014/05/23(金) 23:38:36.82 ID:PUpoynbeo
秋雲「い…い、いいいい…///」カァー

提督「い?」

イ級「いー?」プカプカ

阿賀野「わぁー!?何この子可愛いー♪」ナデナデ

五月雨「か、可愛いのかな…?」

北上「うっわ…ぐろ…」

阿賀野「そんなことないよ!」

イ級「い?」


提督「なにしてるんだあいつら…」

秋雲(は、話それちゃった…)

秋雲(い、いや!皆が聞いてない今がチャンス…!)

秋雲「て、提督…」ボソボソ

提督「ん?どうした」

秋雲「きょ、今日…その…さ」


秋雲「い、一緒に…寝て?//」

提督「」

提督「…あの、秋雲さん?い、今なんて…//」カァ

秋雲「な、何でもって…いったじゃん…//」ムス

提督「だ、だけどそれは…//」

秋雲「……だめ?//」ジッ

提督「う…//」


選択肢安価
1.しょうがないにゃぁ…
2.せめて他の案で…
3.その他(詳細明記)

↓2

417: ◆apsVMiZGaU 2014/05/24(土) 00:10:51.52 ID:57sUf1boo
提督「しょ、しょうがないな…//」

秋雲「え?」

提督「…今日だけだぞ」

秋雲「え…嘘、ほんと?」

提督「なんだ…撤回するなら構わんが…」

秋雲「い、嫌!撤回なんてしないからね!」

提督「分かったよ…ただし誰にも言うなよ?」

秋雲「う、うん…分かった」コク

提督「…じゃあ夜に見つからないように俺の部屋に来ること…いいな?」

秋雲「うん…」

提督(何でこんなことになったんだ…来いとは言ったものの…ど、どうすりゃいいんだよ…//)カァ

秋雲(お、おっけーもらっちゃった…!ど、どどどうしよう…///)バクバク












【夜 提督の部屋】


提督「…」ソワソワ

提督「…」テクテク

提督「…落ち着かない」

提督「…いやまてよ?第一秋雲のいうことだ…冗談という可能性も…」



秋雲『…だめ?//』ジー




提督「…」

提督「あれは…冗談って顔じゃ無かったよな…」


コンコン


提督「ッ!」ビクッ

提督「…はーい」


↓2 どうなるどうする

422: ◆apsVMiZGaU 2014/05/24(土) 00:25:16.34 ID:57sUf1boo
秋雲「き、来ちゃった…♪」ニコ

提督「…」

秋雲「な、何かいってよ…」

提督「あ、あぁ。悪い…」

提督(…まさかパジャマ姿で来るとは思いませんでした)

提督「まぁとりあえず…入って、どうぞ」

秋雲「お、お邪魔しまーす…」ソロソロ

提督「なにもそんな借りてきた猫じゃあるまいし…」クス

秋雲「し、仕方ないじゃん!これでも緊張してるんだよ!//」カァ

提督「とにかくほら、見つかる前に入って」

秋雲「う、うん…」








提督「ほい、アイスティー」コトッ

秋雲「あれ?部屋にそんなのあったっけ?」キョトン

提督「いや、俺が個人的に持ってきた」

秋雲「マイペースだなぁ」クス

提督「いらなかったか?」

秋雲「いいや、もらう。ありがとね」ニコ


↓2 どうなるどうする

425: ◆apsVMiZGaU 2014/05/24(土) 00:48:46.60 ID:57sUf1boo
秋雲「…おいし」ズズ

提督「俺特製のアイスティーだからな」ドヤァ

秋雲「ただのインスタントのくせに何言ってんの」クス

提督「うぐぅ…」

秋雲「…何か懐かしいね」

提督「ん?」

秋雲「昔はさー…提督の部屋によく入り浸って一緒に絵描いてたじゃん」

提督「そういえばそうだったな」

秋雲「そん時の提督の絵の下手っぷりったら最高だったわー!」ゲラゲラ

提督「…そんなにひどかったか?」

秋雲「少なくとも美術の評価は1だった気がする」

提督「…そういえばそうだった」ズーン

秋雲「いつからだっけ…提督の部屋に行かなくなったの」

提督「…覚えてないな。いつの間にか…だったな」

秋雲「小等部の頃はずーっとクラス一緒だったのに中等部上がったくらいからクラス変わって会わなくなったもんね…」

提督「だな…でもまぁ会えば少し話すくらいだっただろ?」

秋雲「そうだねー」

秋雲「んで、高等部になったけど…クラスは違えどなんだか話す機会が増えたよね」

提督「たしかにな…何でだろ?」

秋雲「確かに、なんでだろうね」


秋雲「でも…私は、提督と一緒に居られる時間って…嫌いじゃないよ?」

提督「…秋雲?」

秋雲「提督…」ジッ

秋雲「…↓2」

430: ◆apsVMiZGaU 2014/05/24(土) 01:14:34.96 ID:57sUf1boo
秋雲「…好き」

提督「…え?」

秋雲「…聞こえなかったならもう一回、言う」

秋雲「提督…好き」

秋雲「あ、言っておくけどライクじゃなくてラブだからね?」

提督「秋雲…」

秋雲「…」ポフッ

秋雲「…提督、心臓ばくばくじゃん…//」

提督「秋雲だって…顔真っ赤じゃないか…//」

秋雲「う、うるさいなぁ!もう…!」ギュッ

秋雲「たった一言言うだけなのにこんなに勇気がいるなんて…始めて知った…///」プシュー

提督「お前そういうイラスト…っていうか漫画とか書いてるんじゃないのか?」

秋雲「ま、漫画と現実は違うの!//」ウガー

提督「そりゃそうだな…すまん」

秋雲「もー…//」


秋雲「…返事」クイクイ

提督「え?」

秋雲「早く……返事、聞かせてよ…」ウルッ

提督「あ…」

提督「…↓2」

435: ◆apsVMiZGaU 2014/05/24(土) 01:43:36.16 ID:57sUf1boo
提督「…秋雲」

提督「…お前のことが好きだったんだよ!」

秋雲「…へ?」

提督「…好きでもない奴を部屋に呼んだりするかよ」

秋雲「…ふぇ?え…えぇ?!//」カァ

提督「秋雲」ダキッ

秋雲「わ、わわ…わぁ!?//」ドキドキ

提督「…小柄だとは思ってたけどここまで小さいとは思わなかった…」ギュッ

秋雲「あ、あのあのあの!?て、提督さん!?//」

提督「なに?」ニコ

秋雲「え、えぇっと…わ、私たち…こっ、こい…びと…ってことで、いいの…?」

提督「少なくとも俺はそう思ってるけど…秋雲は?」

秋雲「うえぇ!?あ…そ、その…//」

秋雲「うん…私も…提督と恋人に…なりたい」ギュッ

提督「なりたいじゃなくてもう俺は秋雲の恋人だよ」

秋雲「そ、そっか…えへ…えへへ…//」ニコニコ


秋雲「…ね、提督」

提督「うん?」

秋雲「ハワイの夜のホテル…二人きりの男女だよね?」

提督「うん…うん?」

秋雲「ねぇ…恋人になったんだから…恋人らしいこと…しようよ?」

提督「…た、たとえば?」

秋雲「↓2」

442: ◆apsVMiZGaU 2014/05/24(土) 02:30:51.82 ID:57sUf1boo
秋雲「…一緒に寝るって約束したよね?」

提督「え?あ、あぁ」

秋雲「…同じベッドでやることって言ったら…ひとつだよね?」

提督「えっ」

秋雲「ほら、とりあえず私のお願い聞いてよ」グイグイ

提督「わ、分かったよ…」

提督「…秋雲、ひとつだけ聞いて良いか?」

秋雲「ん?なに?」

提督「…一緒に寝るだけだよな?」

秋雲「うん?うん、そうだよ?」

提督「だよな…そうだよな」ホッ


秋雲「…」キラーン

秋雲「とりゃー!」ドンッ

提督「おわっ!?」ドサッ

提督「あ、秋雲…いきなりなに…をっ!?」

秋雲「よい…しょっと」ズシッ

提督「あ、あの…秋雲…さん?」ダラダラ

秋雲「そうだよ…?『寝る』ってもちろん…そういう意味だよ?」ニコ

提督「ま、待て秋雲!早まるな…!」

秋雲「いや」

提督「嫌ってお前…!」

秋雲「…提督の周り…いっぱい女の子居るんだもん…」ウルッ

提督「は?」

秋雲「…」グスッ

提督「…あのなぁ」

提督「…俺が好きな女の子は秋雲。お前だけだよ」

秋雲「…ほんと?」

提督「不安か?」

秋雲「…ぶっちゃけると」

提督「…分かったよ。そんなに言うなら…」グイッ

秋雲「ひぁっ!?」ドサッ

提督「…俺からの方が良いだろ?」ガバッ

秋雲「あ…//」

秋雲「…うん、来て…提督…」ギュッ


直下コンマ判定
コンマ80以上 夜戦開始
コンマ79以下 夜戦スキップ

00は0扱いでごぜーます

479: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 19:57:36.28 ID:ObZRo7mno
【ホテル 提督の部屋】


チュンチュン...


提督「…んぁ?」パチッ

提督「あれ…朝か…?」

提督「なんか身体が重い感じがするな…」ムク

提督「ん…?腕に何か…」


秋雲「すぅ…ムニャ…」zZZ


提督「…」

提督「…そういえばそうだった、昨日は秋雲と…」

提督「…//」

提督「あぁもう…可愛い寝顔しやがって…」ナデナデ

秋雲「にへ…てぇとく…」スヤスヤ

提督「やれやれ…」クス

提督「大好きだよ…秋雲」チュ

秋雲「んぅ…」ムニャ

提督「さてと…今のうちに着替えて…」チラッ

提督「…」





提督「…………集合時間、1時間前じゃん…」サー

提督「お、おおおお起きろ秋雲ォオオオオオ!完全に遅刻だ!」ユサユサ

秋雲「んゆぅ…ていとく…そんな激しい…//」ムニャムニャ

提督「寝ぼけてる場合じゃねーぞ!早く支度しろー!」





この後滅茶苦茶怒られた

480: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 20:08:33.40 ID:ObZRo7mno
【バス 車内】


提督「いやー…大鳳先生怒るとあんなに怖いって初めて知った…」ガクブル

秋雲「まー何だかんだで許してくれたんだからやっぱり優しいよねー」

提督「まぁな…元はと言えばあんなことしてなければ…」

秋雲「む…なにそれー?後悔してるのー?」プクー

提督「違うって、いじけるんじゃありません」ナデナデ

秋雲「もっと撫でろー」

提督「はいはい」

秋雲「ん…♪」ニマニマ

提督「にしても皆寝ちゃってるな」

秋雲「そりゃそうでしょ。遊びつくして疲労MAX状態の帰りのバスなんだから」

提督「秋雲は眠くないのか?」

秋雲「少しはね。でもこんなの慣れてるし」

提督「あぁ…そういうことね。でも寝ておかないと後がつらいぞ?」

秋雲「まーねぇー……あ!じゃあさ!」モゾモゾ

提督「おいこら、何してる」

秋雲「提督がぎゅーってしてくれたらぐっすり寝れると思って」ジー

提督「お前なぁ…」

秋雲「ねー頼むよー!私の安眠の為にぃー」ジー

提督「…ほら、これで良いか?」ギュッ

秋雲「ん…あったかくて安心する…それに提督の匂いがする」スンスン

提督「や、やめろ、恥ずかしいだろ//」

秋雲「ん…あれ…ほんとに眠く…」ウトウト

提督「やっぱり疲れてるんだよ。ゆっくり寝なさい秋雲」ナデナデ

秋雲「あ…それヤバイって………ぅ……すぅ…」zZZ

提督「寝るの早いなおい…」

提督「ん…秋雲の顔見てたら俺も…ねむく…」ウトウト

提督「…ぐぅ」zZZ

481: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 20:13:42.83 ID:ObZRo7mno
プシュー


大鳳「皆さんつきましたよー!降りてくださーい」


ワラワラ


大鳳「北上さん?忘れ物ですか?」

北上「あー違いますよ先生、ここにまだ幸せ者二人が寝てるもんでして」

大鳳「はぁ…そうですか」

五月雨「ふえ?」ヒョコ

阿賀野「わぁ…♪」

北上「いやー…こうも抱き合ってねてるのみると起こすのが何だか憚られまして…」

大鳳「まったくもうこの二人は…」ハァ

大鳳「…あと、一分だけ寝かせてあげますか」

北上「大鳳先生やっさしー」

大鳳「これ以上怒るのは可哀そうですからね…少しは反省してほしいですけど」











秋雲「んぅ…てぇ…とく…すき…」ギュ-ッ

提督「あきぐも……お前が一番好きだから…あんしん…するんだぞ…」ギューッ



【秋雲 HAPPY END】

487: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 20:18:37.16 ID:ObZRo7mno
以上で秋雲√無事終了です!お疲れ様でした
さすがにあれから安価取って続けるとグダりそうな気がしたので勝手ながら勝手にエンディングにさせて頂きました

ということでいつものアフター安価入ります


1.秋雲アフター
2.長良アフター
3.五月雨アフター
4.北上アフター
5.呉勢アフター(※後で艦娘指定安価を取りますので個別での指定は不要です。龍驤、鈴谷、古鷹)
6.続きから


↓1~↓5 多数決

 
494: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 20:33:34.42 ID:ObZRo7mno
【11月 2days】

【教室】


阿賀野「提督提督!」トテテテ

提督「阿賀野、どうした?」

阿賀野「修学旅行とっても楽しかったね!」ピョンピョン

提督「そうだな…そして俺の残念なサーフィンの腕がな…」ズーン

阿賀野「でもビスマルクさんの店で歌ったら大繁盛したよねー」

提督「あぁ…ビスマルクさんからは無理矢理店員にされかけたしな…」

阿賀野「だって提督の歌聞きに来る常連さんいっぱいできそうだもんねー」

提督「やめてくれよう…あのときだって囲まれていっぱい話しかけられたけど何言ってるのかさっぱりわからんかったんだから…」

阿賀野「あはは…」

阿賀野「それより写真とかまだかなー早く買いたいのに」

提督「もうすぐだろう。そんなに急がなくたってすのうち来るからさ」

阿賀野「はーい」ショボン


大鳳「皆さん、HR始めますよー。席についてくださいねー」ガラガラ












【昼休み】

提督「というわけで今日のお昼休みです」

提督「今日はなにしよっかなー」


↓2 自由安価

497: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 20:44:33.38 ID:ObZRo7mno
阿賀野「ていとくー」トテテテ

提督「ん?どうした阿賀野?」

阿賀野「一緒にご飯食べよ!」ニコー

提督「おう、いいぞ?五月雨は?」

阿賀野「五月雨ちゃん今日は用事あるからって…」シュン

提督「あぁなるほどな…それじゃ席くっつけるか?」

阿賀野「うん!」

阿賀野「よい…しょっと」ガタッ

提督「それじゃ食べるかー」パカッ

阿賀野「わぁ…提督のご飯美味しそうー…」ジー

提督「阿賀野のも中々美味しそうだな?誰が作ってるんだ?」

阿賀野「今日は私が作ったんだよ!」フンス

提督「おぉ…すごいじゃないか阿賀野」

阿賀野「ふふーん♪阿賀野にかかればこんなの簡単だもん♪」ニパー

提督「ふふ、そうか」ニコ

阿賀野「むー!提督信じてないー!」プクー

提督「そんなことないって、阿賀野は凄い凄い」ナデナデ

阿賀野「うー…なんだかごまかされた気がする…」

阿賀野「でも提督のナデナデ好きだからいいやぁ…♪」ニヘラ

提督(こういうところはまだ子供っぽいよなぁ…)ナデナデ


↓2 どうなるどうする

500: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 20:59:10.70 ID:ObZRo7mno
阿賀野「ほら提督ー!そんなに言うなら阿賀野のご飯食べてみてよー!」スッ

提督「え?いいのか?」

阿賀野「うん!でも後で提督のご飯もちょっと食べさせてね♪」ニコ

提督「あぁ、構わないよ」

提督「それじゃ早速…この卵焼きを」スッ

提督「ん…」パク

阿賀野「ど、どう…?」ドキドキ

提督「…うん、おいしいぞ阿賀野!」

阿賀野「ほ、ほんと?」

提督「おう、俺は料理に関してはお世辞は言わないぞ」ニコ

阿賀野「えへへー…」ニパー

阿賀野「じゃあ提督のももらうね!」スッ


阿賀野「わぁー…おいひぃー…♪」モグモグ

提督「そんなに言ってくれるならもっと食べてもいいぞ?」

阿賀野「だ、大丈夫…食べすぎると…その…だし」

提督「安心しろ、カロリー計算上かなり軽い方だから」

阿賀野「う、うぅ…提督が悪魔のささやきを…」グググ

提督「そんなに気にしなくてもいいと思うが…阿賀野スタイル良いし…」

阿賀野「…ふぇ?//」カァ

提督「あ…」


北上「うわぁ…小等部の子口説いてるよ…」

五月雨「…ろりこん?」

提督「違う!っていうか帰ってきて盗み聞きするんじゃありません!」


阿賀野「…」サワサワ

阿賀野「…ほんとに大丈夫…なのかなぁ?」











【放課後】

提督「放課後デース!」

提督「んー…今日はどうしようかなぁ」


↓2 自由安価

503: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 21:17:39.25 ID:ObZRo7mno
提督「よーし、今日も部活行くとしますかー」

提督「最近文化祭終わって気が抜けたのかお茶会の時間が多いんだよなぁ…」

提督「しかしそれでもいいなとか思ってる俺は毒され始めてるな…最初は軽音部なのにとか思ってたけど…」

提督「阿賀野ー?」キョロキョロ

提督「あれ。いない…先に行ったのかな?」

提督「とりあえず俺も音楽室行くか」トコトコ









【音楽室】

提督「こんにちはー」ガラガラ

利根「おぉ、提督か」

提督「利根さん、こんにちは」

利根「うむ、今日はちょいと人数が少ないのでな、今日も練習は休みじゃ」

提督「あれ?そうなんですか」

利根「夕立と白露、それに扶桑が休みなのでな。とりあえずお茶でも淹れてくる」

提督「阿賀野はどこに?」

利根「阿賀野なら準備室におるぞー」

提督「はーい」


提督「やっぱり先に行ってたのか…冷たいのう」シュン

提督「おーい、阿賀野ー?」ガラガラ


↓2 扉を開けた先には

508: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 21:28:30.55 ID:ObZRo7mno
阿賀野「~♪」

提督「お…」

阿賀野「うーん…ちょっとここが違うかなぁ…」

阿賀野「…もう一回!」スッ

提督「…」ジー

阿賀野「…ふぇ?」キョトン

阿賀野「あれ?提督いつの間に…」

提督「今来たばっかりだよ」

阿賀野「わわ…こっそり練習してたの見られちゃった…」

提督「阿賀野もともとギター美味いのにさらに練習とは…ガンバリ屋さんだな」

阿賀野「そんなことないよ…始めたばっかりだからもっと頑張らなきゃ」グッ

阿賀野「それに提督だってあんなに歌上手いのに練習してるでしょー?それとおんなじだよ」ニパ

提督「はは…ありがとうな阿賀野」ニコ

阿賀野「うん?うーん…どうしたしまして?」

提督「それじゃ頑張ってる阿賀野には何かご褒美でもあげようか」

阿賀野「ほんと!?なになに!?」ワクワク

提督「阿賀野へのご褒美…それは↓2だ!」

516: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 21:37:48.28 ID:ObZRo7mno
提督「今度家に来ないか?」

阿賀野「ふぇ?」

提督「前はちょっとドタバタしちゃったからな。ウチでゆっくりご飯とか出すぞ」

阿賀野「提督のごはん?」

提督「おう、希望があるなら阿賀野の好きなもの作ってやるぞ」

阿賀野「いいの!?」キラキラ

提督「もちろん」ニコ

阿賀野「えへ、えへへ~…楽しみだなぁ…♪」ニコニコ

提督「ところでいつが良い?俺はいつでも良いけど」

阿賀野「うーん…どうしようかな」ムムム

阿賀野「あ、ところで提督!」

提督「ん?」

阿賀野「えっとね…妹達皆連れて来た方がいいのかな?」

提督「…あー」

提督(どうしようかな…)


選択肢安価
1.阿賀野だけご招待
2、皆連れてきていいゾ
3.その他(詳細明記)

↓2

519: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 21:44:50.77 ID:ObZRo7mno
提督「うん、皆連れて来ても大丈夫だぞ」

阿賀野「ほんと!?」

阿賀野「えへへ…よかった」ニパ

阿賀野「…あ」

提督「うん?どうした?」

阿賀野「う、ううん!何でもないよ!?」アタフタ

提督「?」

阿賀野(一瞬だけど…酒匂と提督さんのこと考えたら何か会わせたくないなぁ…とか思っちゃった…)

阿賀野(……あれ?どうして阿賀野そんなこと考えて…?)

阿賀野「…」ムムム

提督「どうしたんだ阿賀野?難しい顔して?」

阿賀野「あ、うぅん!なんでもない!」

阿賀野「それじゃあ皆の予定が良いときにお邪魔させてもらうね!」

提督「おう、決まったら連絡してくれればいつでも良いぞ」

阿賀野「うん!」ニパー


利根「おーい二人ともーお茶が入ったぞー」

阿賀野「あ、はーい!」

阿賀野「それじゃ行こっか提督♪」

提督「おう、そうるするか」


↓2 どうなるどうする

524: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 21:57:58.92 ID:ObZRo7mno
【下校中】


提督「でも良かったのか?夕飯の買い出し手伝ってもらって…」

阿賀野「うん!提督と一緒にお買い物してみたかったんだー!」ニパー

提督「そっか…でも荷物くらいなら俺が…」

阿賀野「や!今日はお手伝いで来たんだから!」

提督「そ、そうか…」

提督(凄く申し訳ない気分なんだが…阿賀野はこういうところ頑固なんだよなぁ)

阿賀野「あ、アレとかいいんじゃないかなー」トテテテ

提督「こらこら阿賀野、それは必要ない奴だろう?」

阿賀野「うー…見るだけ、見るだけだから…」ジー

提督「やれやれ…」クス





阿賀野「わー…いっぱい買ったね」ズシッ

提督「まぁウチはまとめ買いするからな。いちいち買い物行くのも面倒だし」

提督「それよりもその荷物は持つって…」

阿賀野「大丈夫!これくらいなら全然重くないもん♪」ニコ

提督「そういう問題じゃないんだが…」

阿賀野「…」プクー

提督「…分かったよ、それじゃ頼むな阿賀野」

阿賀野「はーい♪」ニコニコ


↓2 帰宅中イベント

531: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 22:08:13.69 ID:ObZRo7mno
ロリコン「ふ、ふひっ…あ、あにょ…」ボソボソ

阿賀野「ふぇ?私?」キョトン

ロリコン「アッハイ…ブヒヒ」

提督「…阿賀野、知り合いか?」

阿賀野「うぅん?知らないよー?」

提督(見るからにやばそうなんだが…というかなに喋ってるのか分からん)

ロリコン「ふひひ…あの…の、罵って…くだしぃ…ぶひぃ」

阿賀野「の、ののし…?」キョトン

提督(あ、ダメだ。これ本物の変態だ)

ロリコン「な、何なら蹴ってもらっても…」ハァハァ

阿賀野「え、えぇと…」オロオロ

阿賀野「ど、どうしよう提督!?」バッ

提督「あー…」

提督(ここは阿賀野の為にも↓2だな…)

537: ◆apsVMiZGaU 2014/05/26(月) 22:30:27.33 ID:ObZRo7mno
提督(実力行使はアレだし…ここは大人しく逃げ―――)



ワイワイ ナノデス!



ロリコン「!」グルン

ロリコン「ふひひ…ねぇ、お、お嬢さんたち…」トコトコ


提督「……」

阿賀野「あれ?どうしたんだろあの人?阿賀野に用があるんじゃなかったのかな?」キョトン

提督「…いや、いいだろう。放っておこう」

阿賀野「え、でも…」

提督「阿賀野、あぁいう人にはまともに応対しちゃいけないんだよ」

阿賀野「えぇっと…?」

提督「あー…つまり道端で知らない人のいうことは聞かないこと。いいな?」

阿賀野「はーい!」



<オイ、ウチノガキドモニナニシテル

<イ、イヤ…

<アラー?テンリュウチャンドウシタノー?

<アァ、コイツガ…

<ウフフ…ソレジャアオイタガデキナイヨウニキリオトシテ…



提督「…俺には何も聞こえない」

阿賀野「どうしたの提督?」

提督「いや、何でもないさ…早く帰ろうな」

阿賀野「うん!」ニパー

提督「ところで買い物手伝ってくれたのは嬉しいけど…今日あがっていくのか?」

阿賀野「あ、えっとね…」


選択肢安価
1.今日お邪魔します
2.また後日…


↓2

550: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 19:57:33.24 ID:8MExztYIo
今日はやりまーす


阿賀野「あのね…急だけど今日、いいかな…」ジッ

提督「構わないよ?」

阿賀野「ほんと!?」

提督「あぁ、それなら妹さん達に連絡忘れないようにな」

阿賀野「うん!」ニパー

阿賀野「えへへ~…提督のお家~♪」ルンルン










【提督家】

提督「ただいまー」

文月「あ、お兄ちゃんおかえり~」ニパ

阿賀野「お邪魔しまーす!」

文月「あれ~?阿賀野ちゃんもー?」キョトン

阿賀野「えへへ~今日は提督に招待されたんだ~♪」

文月「わ~そうなんだー!じゃあ一緒に遊ぼー!」クイクイ

阿賀野「うん!」トテテテ

提督「阿賀野ー、ちゃんと手洗いうがいするんだぞー」

阿賀野「はーい♪」

提督「さーてと、俺は夕飯の準備するか」トコトコ


↓2 自由安価

553: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 20:14:26.65 ID:8MExztYIo
提督「さてとー…なにを作ろうかなーっと」ゴソゴソ

阿賀野「ていとくー!」トテテテ

提督「阿賀野?どうしたんだ?」

阿賀野「お手伝いしようと思って!」ニパ

提督「阿賀野はお客さんなんだし…文月と遊んで待ってて良いんだぞ?」

阿賀野「うー…でも提督と一緒にお料理したい…」シュン

提督「…」

提督「…そこまで言うなら手伝ってもらおうかな」ニコ

阿賀野「いいの?」

提督「あぁ、だけど怪我だけはしないようにな」

阿賀野「はーい!」






阿賀野「~♪」トントン

提督「…」ジー

阿賀野「? なぁに提督?」キョトン

提督「いや…意外と慣れてるなって思って」

阿賀野「むー!今日のお弁当の味で証明したでしょー!」プクー

提督「ごめんごめん、むくれるなって」

阿賀野「つーんだ」プイ

提督「おーい、怒るって阿賀野ー」

阿賀野「ふーんだ、意地悪言う提督なんて嫌いー」ムスー

提督「えぇー…じゃあどうしたら許してくれるんだよ?」ショボーン

阿賀野「え?あ、う、うーんと…えっと…」オロオロ

提督(…慌ててる…可愛い)

阿賀野「…あ!そ、そうだ!↓2!」

556: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 20:26:43.01 ID:8MExztYIo
阿賀野「ハグ!」

提督「…What?」

阿賀野「はぐー!」

提督「…やだなぁ阿賀野さん、魚を剥ぐなんて言っちゃいけませんよ…」

阿賀野「むー!違う!提督が阿賀野のことぎゅーってしてよ!」

提督「な、なぜそうなるんだ…」ダラダラ

阿賀野「ふぇ?」

阿賀野「んー………なんかそうしてほしかったから?」キョトン

阿賀野「それにいつも提督からやってくれない!阿賀野からばっかりじゃ不公平ー!」

提督「あー…いやそれはだな…」

提督(だって阿賀野に抱きつかれると…こう、でかい物体が当たってですね…)

阿賀野「…それとも提督…阿賀野のこと嫌い?」ジワッ

提督「だ、だから違くて…」

阿賀野「…」ウルウル

提督「…ほら、こっち来なさい」

阿賀野「!」パァアア

提督(はぁ…俺も弱いなぁ…本当に)ズーン


阿賀野「…ん」ギューッ

提督「ほら、これでいいだろ?」ギューッ

阿賀野「ふわぁ…あったかぁい…♪」ポワポワ

提督(…小学生とは思えない感触が…)

提督(…いかんいかんいかん!阿賀野相手にそんな邪な考えはいけません!)ブンブン

阿賀野(フワフワする…ずーっとこうしてたいなぁ…)ポワポワ


直下コンマ判定
コンマ数字分だけ阿賀野の好感度上昇

564: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 20:54:13.15 ID:8MExztYIo
提督(…これ、俺の方がもたん…//)カァ

阿賀野「~♪」スリスリ

提督「お、おい阿賀野…あんまり動くなって…//」

阿賀野「ふぇ?なんでー?」キョトン

提督「そ、それはだな…//」

阿賀野「…? 提督、顔赤いよー?風邪…?」スッ

提督「だ、大丈夫だって」パッ

阿賀野「あっ…」

提督「ほ、ほら…それじゃあ続き作ろう!」イソイソ

阿賀野「…むー」ジトー


提督(…相手は小等部相手は小等部相手は小等部相手は小等部相手は小等部)

阿賀野(…何か物足りない)モヤモヤ



酒匂「てぇとくさーん!」ドタドタ

矢矧「こら酒匂!人のお家で騒がないの!」

能代「お邪魔します…」


提督「お、皆いらっしゃい。もうすぐできるから待っててね」


全員「はーい!」


阿賀野「…」

能代「? どうしたの阿賀野姉ぇ?」

阿賀野「…何でもない」ムス

能代(ちょっとだけ機嫌悪い…?どうしたんだろ?)


↓2 ごはん中イベント

577: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 21:12:08.11 ID:8MExztYIo
能代「わ…美味しい」モグモグ

矢矧「これ…凄いですね」モグモグ

文月「あれ~?お兄ちゃんちょっと味変えた?」キョトン

提督「あぁ、今日は阿賀野が手伝ってくれたからな。なぁ阿賀野?」

阿賀野「うん」モグモグ

提督「…」

酒匂「えへ~提督さんのご飯美味しい~♪」パクパク

提督「ありがとう酒匂ちゃん、いっぱいあるから好きに食べてね」

酒匂「はーい!」ルンルン

阿賀野「…」モグモグモグモグ

能代(それにしてもどうしたんだろ阿賀野姉ぇ…?)キョトン



コンコン


提督「ん?」

連装砲くん「」コンコン

提督「あれ?連装砲くん…だっけ?」ガラガラ

連装砲くん「!」コクコク

提督「どうしたんだ今日は?またご飯か?」

連装砲ちゃん×3「」ヒョコ

提督「おぉ…今日は全員集合か…ほら、ご飯上げるからな」スッ

連装砲's「! ~♪」パクパク



連装砲くん「」スッ

提督「ん?これ…俺にくれるのか?」

連装砲くん「」コクコク

提督「ありがとうな。えっと…宝くじか?」

矢矧「…あれ?提督さん、それ…」

提督「ん?どうした矢矧?」

矢矧「いえ…その番号…昨日見た当選番号と大半が一致しているような…。あ、これ新聞です」スッ

全員「…え?」カサッ



提督「…………いっせんまん」

連装砲's「~♪」ニコニコ

提督「ご飯のお礼にしちゃ…でかすぎませんかね」ダラダラ

文月「ど、どど…どうするの…お兄ちゃん…」ビクビク

提督「ど、どうするって…」


↓2 どうする提督くん

589: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 21:33:03.53 ID:8MExztYIo
提督「…また今度来てくれ。もっと豪華な食べ物でお返ししてやるから」ナデナデ

連装砲くん「♪」ペコペコ

連装砲ちゃん×3「♪」スリスリ

提督「お、おぉ?」

酒匂「わ~提督さんモテモテだ~」ニコニコ

連装砲くん「」ガチャ

提督「こら待て!砲塔をこっちに向けるんじゃありません!」

連装砲くん「」プルプル

連装砲ちゃん×3「♪」ニコニコ











提督「やれやれ…酷い目に遭った」

提督「とりあえずあのお金は換金して…連装砲くんたち専用として使うか」

提督「…次の問題はだ」チラッ


酒匂「てぇとくさ~ん!一緒にお風呂入ろうよー!」グイグイ

提督「ダメ」

酒匂「むぅー!」プクー

阿賀野「あの…よ、よかったの?泊ってっちゃって…」

提督「酒匂ちゃんがどうして持って聞かないし…それに皆用意してきちゃったからね」

矢矧「すみません…まさか話が通ってなかったなんて思ってなくて…」

能代「あはは…」

提督「まぁダメってわけじゃないけどね。その代わりまた以前と同じ客室に皆寝てもらうことになるけど…」

矢矧「それは大丈夫です。泊めてもらって頂いてそれ以上言うわけにもいきませんから」

提督「矢矧ちゃんは小等部とは思えないほどしっかりしてるね…」

矢矧「まぁ…姉と妹が…アレですから」

提督「…うん、そうだったね…」


提督「とりあえず俺は部屋に戻ってるから何かあったら呼んでね。あとは好きに過ごしてていいから」

全員「はーい!」










【提督の部屋】

提督「さてと…どうしようかなー」


↓2 自由安価

594: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 21:47:04.62 ID:8MExztYIo
酒匂「提督さん提督さん!」バタバタ

提督「ん?どうしたの酒匂ちゃん」

酒匂「ポ○モンやろー!」

提督「ほう…いいだろう。リベンジしてやる」

酒匂「提督さんあれから少しは上達した!?」

提督「おう!もう酒匂ちゃんには負けないぞ!

酒匂「えへへ~楽しみー♪それじゃお部屋いこ!」グイグイ

提督「はいはい、引っ張るなって…」

酒匂「~♪」


姫「うにゅ…」スヤスヤ

飛姫「んぅ…てぇとく…」スヤスヤ

姫「ぅー…てーとく…いっちゃ…やぁー…」ムニャムニャ











提督「というわけで第二回○ケモンバトルです」

提督(ふふふ…役割論理を覚えた俺に隙はない…)

提督「というわけで誰が俺に挑むっぽい!?」

阿賀野「じゃあ阿賀野!」スッ

酒匂「えー!お姉ちゃんずるいー!」

提督「まぁまぁ、あとでちゃんと酒匂ちゃんとも対戦するから」

酒匂「むー…」

文月「じゃあ酒匂ちゃん私とやろ~♪」


阿賀野「…ね、提督」

提督「ん?」

阿賀野「もし阿賀野が勝ったら…阿賀野のお願い聞いてくれる?」

提督「おう、いいぞ?」

阿賀野「ほんと!?えへー…」ニコニコ

阿賀野「…よぉーし!絶対負けない!」スッ

提督(…安受けしちゃったけどまたハグとかだったら…いや、大丈夫だ…変なことさえ考えなければ小等部の子に構ってあげてるだけでやましいことは何も…)

阿賀野「提督?まだー?」

提督「あ、す、すまんすまん!よし…デュエル開始ィイイイイイ」

矢矧「それ別のゲームです」


コンマ判定 ポケモ○バトル コンマの高い方が勝ち 00は100扱い 前回のコンマは今回のバトルに特に影響ありません

提督  直下
阿賀野 ↓2

603: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 21:59:35.99 ID:8MExztYIo
提督「よっしゃぁ勝ったぁぁあああああああああ」グッ


提督(んんwwwwwwwwやはり完全無欠の戦術ですなwwwwwwwww)

阿賀野「…ふぇ」ジワッ

提督「」

阿賀野「ぇぐ…ひぐ…」グスッ

能代「だ、大丈夫!?阿賀野姉ぇ!?」オロオロ

矢矧「提督さん…年下相手にそれはちょっと…」

酒匂「わぁー…提督さん強くなって一方的だったねー…しかも容赦なしって感じで」

文月「大丈夫~?阿賀野ちゃん?」ナデナデ

阿賀野「ぅぐ…ひっく…」ポロポロ


提督(あ、あかん…調子に乗りすぎた…)ダラダラ

提督「あ、阿賀野!泣きやめって!ごめんってば!」

阿賀野「…うぅ」ポロポロ

提督「ほんとごめん!許してください!何でもしますから!」

矢矧「ん?」

文月「いま」

能代「なんでもするって」

酒匂「いったよね?」


提督「…えっ?」

阿賀野「…ほんと?」グスッ

提督「え、あ…いや…その…」

阿賀野「…ふぇ」ウルッ

提督「うん!何でもする!何でもするから!さぁ何でも来い阿賀野!」

阿賀野「…↓2」

606: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 22:09:30.22 ID:8MExztYIo
阿賀野「…王様ゲーム」

提督「え?」

阿賀野「王様ゲームしたい…ポケ○ンもういい…」グスッ

提督「…分かった。じゃあそうしようか」

矢矧「それじゃあ私は準備してきますね」スッ

能代「ほら阿賀野姉ぇ、よしよし…」ナデナデ

阿賀野「能代ぉ~…提督に虐められたぁ…」グスッ

能代「うんうん。あとでボコボコニしておくからね」

提督「」

酒匂「わわ…文月ちゃんなかなかやる…」

文月「うぅ…酒匂ちゃんやっぱり強いよぉ…」

提督「…俺、居場所あるのかな…」ズーン











矢矧「ということで準備できました」

提督「ごめんね矢矧ちゃん」

矢矧「いえ、こういうの嫌いではないので」

阿賀野「はやくはやくー!」ウズウズ

提督(阿賀野が元に戻ってるみたいで良かった…)ホッ

阿賀野「よぉーし…王様だ―れだ!」バッ


↓2 王様だれだ

611: ◆apsVMiZGaU 2014/05/27(火) 22:17:05.16 ID:8MExztYIo
矢矧「あら…私ですね」

阿賀野「うぅ…」ズーン

能代「仕方ないよ阿賀野姉ぇ…完全に運だから」

酒匂「矢矧お姉ちゃん!早く命令~♪」

提督(…あれ?やっぱりこれ俺がいるのまずくないか…)ダラダラ

文月「王様ゲームなんて何年振りだろ~ドキドキするね~♪」


矢矧(…さて、いきなり王様になんてなってしまったわけですけど…)

矢矧(…阿賀野、せめて番号くらい隠してください…丸見えです)ハァ

矢矧(命令…命令といっても…どうしましょう)ムムム

矢矧「…よし、決まりました」

提督「…」ドキドキ

阿賀野「…」ドキドキ


矢矧「えぇっと…命令は…↓2です!」


※番号指定ではなく人物指定でOKです。あんまりこだわるとややこしくなっちゃいそうなので…ごめんぬ

635: ◆apsVMiZGaU 2014/05/28(水) 22:14:18.29 ID:btDsGH/ho
こんばんは。本編はお休みですがヤンデレ学園を少しだけ更新します
いつも飛び飛びで投下して申し訳ありませんがお許しくださいませ



【放課後】

提督「ふぅ…なんとか放課後まで持ったか…」ハァ

提督「結局鈴谷と龍驤は一日中こなかったな…」

提督「鳳翔先生もなんか普段通りにしてはやたらと俺の方見てきた気がするし…」

提督「…あの人に相談してみようかな」ガタ











提督「……えーっと」キョロキョロ


古鷹「…」キョロキョロ

提督「あ、いた!古鷹さーん!」フリフリ

古鷹「!」

古鷹「提督くん!探してたよー」トテテテ

提督「あの古鷹さん…いまお時間大丈夫ですか?」

古鷹「うん?うん、大丈夫だよ?」キョトン

提督「よかった…ちょっとご相談したいことがあるんです」

古鷹「それじゃあ…中庭の方行こうか。あそこならこの時間静かだし座れるところもあるから」ニコ

提督「はい」ニコ

636: ◆apsVMiZGaU 2014/05/28(水) 22:24:26.66 ID:btDsGH/ho
提督「お待たせしました、ジュースどうぞ」スッ

古鷹「あ、ごめんね…そんなに気を遣ってもらわなくてもよかったのに」

提督「いえ、俺がお願いしたことですから」

古鷹「それで…相談って何かな?」

提督「えぇ…実は今日知り合いの子たちが何か変な風になってて…」

古鷹「…………それって、女の子?」

提督「え?えぇ、そう言われればそうですね…」

古鷹「そう…」

提督「あの…何か心当たりがあったりとかします?」

古鷹「え?」

古鷹「あ、う、う~ん……ちょっと私じゃ分からない…かな?」

提督「そうですか…すみません、急に変な相談しちゃって…」

古鷹「うぅん。こっちこそ役に立てなくてごめんね…」シュン

提督「いえ、ご相談に乗って頂いただけ嬉しいです」ニコ

古鷹「そう?そういってくれると嬉しい。ありがとう」ニコ

提督(よかった…古鷹さんは大丈夫そうだ)ホッ

提督「そういえば古鷹さん、さっき俺のこと探してました?」

古鷹「あ、そうだった!」ポンッ

提督「えっと、どんなご用事だったんですか?」

古鷹「えっとね…提督くん」

























古鷹「義眼って、興味あるかな?」

638: ◆apsVMiZGaU 2014/05/28(水) 22:38:18.43 ID:btDsGH/ho
提督「…すみません。今なんて?」

古鷹「義眼だよ義眼!」

古鷹「提督くん…前に私のこの目…カッコいいって褒めてくれたよね…」ズイッ

提督「え、えぇ…言いましたけど…」タジッ

古鷹「提督くんもね…今でもすっごくかっこいいと思うんだ…」

提督「ちょ、ちょっと古鷹さん…ち、近いですって…」

古鷹「それでね…私とお揃いになったら…とってもお似合いだって思わないかな?」

古鷹「だからね…提督くん固め見えなくなっても大丈夫そうだし……どうかな?」

提督「いやいやいや!片目しか見えなくなったら不便ですって!」

古鷹「…不便?」

提督「は、はい」

古鷹「私よりも…利便さをとるの?」

提督「えっ」

古鷹「それにさっきも女の子がどうって…やっぱり提督くんモテるもんね…そうだよね」ギリッ

古鷹「だからこそやっぱり…提督くんは私のものだっていう…証の為にも…」ガシッ

提督「ふ、古鷹さん!近いですって…!」

古鷹「動かないで…やっぱり……我慢ならないの…」グググ

提督「ふ、古鷹…さん!」

641: ◆apsVMiZGaU 2014/05/28(水) 22:49:43.79 ID:btDsGH/ho
提督「…すみません!」アテミ


古鷹「」ドサッ


提督「はぁ…」

提督「古鷹さんまで変なんて…どうすりゃいいんだよ…」


カランカラン


提督「ん?」

提督「なんだこれ…瓶?中身は…錠剤か?」

提督「ん…ラベルに何か書いて――――」

提督「…これは」


加古「おーい?古鷹ー?どこだー?」キョロキョロ


提督「やば…こんなところ加古さんに見られたら何言われるか…」

提督「…とにかくこれで謎は解けた…今のうちに」ソソクサ



加古「あ、いたいた古鷹……ってこんなとこで寝てるなんて…古鷹にしちゃ珍しいな」

古鷹「うぅん…」ムニャ

加古「ほら、帰るぞ。よっこいしょっと…」

古鷹「うぅん…提督くぅん…」ムニャムニャ

加古「はいはい、愛しの提督ならいないぞ。まったくこいつは…」トコトコ


【TO BE CONTINUED...】

647: ◆apsVMiZGaU 2014/05/29(木) 20:12:07.12 ID:naJYavJuo
今日は本編再開していきます


矢矧「では…2番が王様にハグしてください」

阿賀野「ふぇー?はぐー?」


矢矧(ハグなら私たち姉妹では特に珍しくない…阿賀野と酒匂が特に…)

矢矧(それに文月さんもよく抱き癖がありますし…)

矢矧(阿賀野の番号は先程見えてしまいましたのでさすがにそれを遣うのは気がひけます…)

矢矧(そしてこの女性率です。どう考えても提督さんに行くことはないでしょう)

矢矧(ふふっ…やはり完璧な計算ね)

文月「2番ってだれー?」

阿賀野「阿賀野じゃないよー?」

能代「私でもないけど…」

酒匂「ふぇ?私でもないよ?ほら?」

矢矧「……………えっ」

提督「」ダラダラ

文月「ってことは…お兄ちゃん?」

提督「……はい、2番です…」

矢矧「……え、えぇ!?」ビクッ

矢矧「ちょ、ちょっと待ってください!今のなしで!」

能代「そんなずるいの認められませーん!」

酒匂「矢矧お姉ちゃんずるいー!」プンスカ

矢矧(そ、そんなまさか…なんでこんなことが…)ダラダラ

提督「……え、えっと…矢矧ちゃん」

矢矧「ぁ…ぅ…//」カァ

文月「も~!お兄ちゃん早くやってよー!」ドンッ

提督「おわっ!?」ダキッ

矢矧「ひゃぁ!?//」ビクッ

提督「あ…や、矢矧ちゃん、ごめ…!」

矢矧「い、いいえ…こ、このまま…続けてください…め、命令ですから…///」

提督「あ…う、うん…」ギュッ

矢矧「……ぁぅ//」プシュー

能代「わー、矢矧ったら耳まで真っ赤っかー」

矢矧(う、うぅ…どうしてこんなことに…///)

矢矧(…お、男の人って…こんなに逞しい身体なのね…)ギュッ



阿賀野「………」


↓2 どうなるどうする

650: ◆apsVMiZGaU 2014/05/29(木) 20:26:47.10 ID:naJYavJuo
阿賀野「…むー!」プクー

能代「阿賀野姉ぇ?」

阿賀野「矢矧ばっかりずるいー!」ダキッ

提督「おわっ!?」

矢矧「きゃっ!?」

阿賀野「んふ~…提督の匂い~♪」スリスリ

提督「ちょ、ちょっと阿賀野…何してるんだ!」

阿賀野「矢矧の命令がずるいんだもん!私だって提督にハグしてほしいー!」

矢矧「そ、そんなつもりじゃ…//」アタフタ

阿賀野「えへ~…」スリスリ

提督「こ、こら阿賀野!離れなさい!//」

阿賀野「やー!それなら矢矧のこと放して私のことぎゅーってしてよー!」

提督「こ、これは王様の命令で…」

阿賀野「むむむむむ…」プクー

提督「ほ、ほら。また王様ゲームでやればいいだろ?な?」

阿賀野「…わかったよぅ」スッ

提督「やれやれ…」スッ

矢矧「あ…」

提督「? 矢矧ちゃんなんか言った?」

矢矧「い、いえ!別に何も言ってませんよ!?」

提督「そう?それじゃ続きやろっか」

矢矧「は、はい…」

矢矧「…」シュン

能代(矢矧ったらあんな顔しちゃって…)クス


提督「よーし第二回目…王様だ―れだ!」


↓2 王様だれだ

653: ◆apsVMiZGaU 2014/05/29(木) 20:35:34.71 ID:naJYavJuo
酒匂「あ、酒匂だー!」ピョンピョン

阿賀野「むむむ…」

提督「こら、そんな顔しないの」ナデナデ

阿賀野「わひゃぁ…」トロン

酒匂「あー!提督さんずるいー!酒匂にもー!」

能代「良いから早く命令しなさいって。番号さえ当てられれば提督さんにもっと凄いことできるわよ」

酒匂「…す、すごい…こと…」ゴクリ

能代「ねぇ矢矧……矢矧?」

矢矧「…」ショボーン

能代(…さっきのハグがそんなによかったのかしら)

阿賀野「はぅー…提督のナデナデすきー…」ポワポワ


文月「酒匂ちゃん!命令はなぁに~?」

酒匂「あ!そうだった!えーっと…えーっと…」ウーン


酒匂「…それじゃあ↓2っぴょん!」

659: ◆apsVMiZGaU 2014/05/29(木) 20:56:40.96 ID:naJYavJuo
酒匂「2番の人が王様にキスー!」

矢矧「なぁ!?」

能代「なかなか大胆ね…」

酒匂「えへへ~提督さんのちゅー♪」ルンルン

阿賀野「ふふん…酒匂ったら。提督が2番なんて限らないのよ?」

酒匂「あ…」

文月「さっきは2番だったからね~」

酒匂「そんなことないもん!提督さんはぜったい2番だもん!」ジタバタ

矢矧「こら、酒匂。暴れないの」

酒匂「うー!」

能代「ところで2番って誰かしら?私は違うけど」

阿賀野「阿賀野もー」

文月「私も違うよー?」

能代「っていうことは矢矧?」

矢矧「え?私も違うけど…」

全員「…え?」


提督「」

提督「……す、すまん。7時から空手の稽古があるんだ…付き合えないわ…」ソソクサ

酒匂「てーとく…さん♪」ダキッ

提督「ひっ!」

酒匂「だめだよー!王様の命令なんだから…ぴゅぅ♪」スリスリ

提督「ほ、ほら酒匂ちゃん…まだ高等部にもなってないのにキスだなんて…」

酒匂「提督さんになら…酒匂、いいよ…?」ズイッ

提督「ちょ、ちょっと…酒匂ちゃん…!」

酒匂「てーとくさ~ん…♪」


↓2 どうなるどうする

664: ◆apsVMiZGaU 2014/05/29(木) 21:12:47.41 ID:naJYavJuo
提督「…酒匂ちゃん」スッ

酒匂「あ…♪」

提督「…んっ」チュッ

酒匂「んー♪」チュー


阿賀野「あ………あー!!!!!!!」

矢矧「わ…」

能代「わわ…」



提督「…んむ」

酒匂「ん!?ん、んんんん!?///」

提督「…酒匂ちゃん」

酒匂「ふぇ、ふぇーほふひゃん…しょんな…ら、らめ…///」








―――――――中略







酒匂「…はぅ///」プシュ

提督「…」

提督(…開き直って俺は何してるんだー!)

提督(まずい…阿賀野を含め姉妹全員見てる中…なんてことを…)

提督「…え、えっと…その…」チラッ

阿賀野・矢矧・能代・文月「…」


↓2 皆の反応

671: ◆apsVMiZGaU 2014/05/29(木) 21:27:12.97 ID:naJYavJuo
提督「…え?」

阿賀野「…提督…その…///」モジモジ

能代「あの…あ、あんなの見せられたら…//」カァ

矢矧「…提督さん」ダキッ

提督「ちょ、ちょっと皆!?ど、どうしたの!?」

文月「…お兄ちゃんの所為だよ?//」チュッ

提督「んっ?!ふ、文月…お、お前何を…!//」

阿賀野「あー!阿賀野もちゅー!」チュー

提督「ん、んん!?み、皆何して…//」

能代「提督さん…♪」ギューッ

能代「わ…本当に男の人ってこんなに逞しいのね…」ギュッ

矢矧「で、でしょう…?」ギュッ

提督「の、能代ちゃんに矢矧ちゃんまで…!ふ、二人ともちょっと落ち着いて…!」

能代「いやです」チュッ

提督「ん!?」

矢矧「そうですよ…んっ…」チュー

提督「ん、んんん!………ぷは//」


阿賀野「ねー…提督……私達みんな…ここが…へんなの」モジモジ

提督「お、おい…///」

酒匂「てぇーとくしゃーん…♪」スリスリ

酒匂「はれ?…なんだかここだけ堅い…?」チョンチョン

提督「ちょ…!///」

矢矧「提督さん…♪」

能代「私たちのここ…鎮めてください…」ギュッ

提督「ぁ…あ……ぁ……//」














【阿賀野型 ハーレムEND】

750: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 12:49:36.19 ID:KBRizQOPo
【Extra√ プロローグ】


【提督の部屋】

姫「…やだ」

提督「…」

姫「やだやだやだー!」ジタバタ

提督「暴れるんじゃありません」ナデナデ

姫「ふにゃぁ…♪」トロン


姫「…じゃなくて!」

提督「なにがそんなに嫌なんだ」

姫「だって…飛姫ちゃんは良いけど…」チラッ


姫「なんでこの2人まで提督の部屋に来るの!」ビシッ

離島「ふふ…♪」ニコニコ

港湾「♪」ニコニコ

提督「仕方ないだろ…2人がどうしてもここが良いっていうんだから…」

飛姫「姫…提督が決めたこと」

姫「やだやだー!提督には私と飛姫ちゃんがいればいいのー!」

提督「あんまり我がまま言うとお前だけ別に部屋にするぞ」

姫「うっ…」

姫「…………ふーんだ…提督の馬鹿」チャプ

提督「やれやれ…」ハァ

離島「えへへ~…これが提督のお部屋かぁ~♪」キョロキョロ

港湾「すごくドキドキします…♪」キョロキョロ

提督「しかし水槽の配置も中々考えないとな…」

751: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 12:53:42.62 ID:KBRizQOPo
提督「…あ」ピコーン


提督「おーい、皆。ちょっと来てくれー」

姫「…」プイ

提督「ほら、姫もきなさい」

姫「…や」プイ

提督「はぁ…」

飛姫「どうしたの…提督?」

離島「何かするの?」

提督「うむ、お前達には今からじゃんけんしてもらう」

港湾「えっと…勝ったら何がもらえるんですか…?」

提督「勝った奴には…」



提督「俺のベッドのすぐ横に水槽を置いてやろう」

全員「!」

提督「あんまりイタズラさえしなければしばらくはその場所に置いといて…寝る前に構ってあげよう」

提督「まぁ姫はやらないようだから3人で…」


姫「ま、待って待って!やる!やるから!!」ジャブジャブ

離島「あら?別に3人だけでもいいのよー?」

離島「ちょっと自分に都合の悪いことがあると拗ねるお子様は…ね?」クス

姫「」ピキッ

港湾「こら離島…そういうこと言っちゃダメよ」

離島「はーい」

飛姫「どうするの…姫?」

姫「…やる」

姫「…ぜったい勝つもん!」

離島「ふふ…面白いわ。受けて立つわ!」

提督(ただの配置決めのじゃんけん何だが…)



港湾「それじゃ皆用意は良い?」

飛姫「うん」コク

離島「いつでもいいわ」

姫「FIRST…COMES…ROCK…」ググググ

飛姫「姫、人に見せちゃいけない顔になってるの」


コンマ判定 コンマが一番高い人が特等席
姫   直下
飛姫 ↓2
離島 ↓3
港湾 ↓4

758: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 13:20:10.47 ID:KBRizQOPo
離島「ふふ…やっぱり私の勝利のようね」ファサ

飛姫「まけちゃったの…」ショボン

港湾「仕方ないよ飛姫ちゃん、運だからね」ナデナデ

飛姫「港湾…ふかふか…」ギュッ

港湾「ひゃぁん!?…も、もう…」ナデナデ


姫「…」ズーン

姫(まけた…一番最初にまけちゃった…)ズーン

離島「てーとく♪さっそく移してほしいな~♪」ギュッ

提督「はいはい、それじゃ離島はこっちにきなさい」

離島「はぁ~い♪」スリスリ

提督「こら、そんなにくっつくんじゃありません」

離島「嬉しいから今日だけは……だめ?」

提督「しょうがないなもう…」ナデナデ

離島「ふわぁ…♪」トロン


姫「う……」ジワッ

姫「……てーとくのゴスロリロリコンー!!」チャプ

提督「なにその酷い言い方!?」ガーン

759: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 13:21:09.14 ID:KBRizQOPo
離島「えへへ~…おやすみなさいてーとく…」ホホチュッ

提督「おいこら…!」

離島「今日だけだから…あしたからはちょっとは自重するから…ね?」

提督「まったく…離島もそろそろ寝なさい」

離島「は~い♪」チャプ






姫「うー……!」ブクブク

姫(てーとくの馬鹿…ばか…あんなゴスロリにデレデレしちゃって…)ムスー

姫(しかも一番遠くなっちゃった…)グス

姫(てーとく…私のこと嫌いになっちゃったのかな…)ウルッ

姫「…」ゴシゴシ

姫「…ねよう。てーとくももう寝るし…うるさくしちゃダメだよね…」

姫「おやすみなさい…てーとく…」チャプン









――――――――――――

――――――――

――――――

―――


姫「……はれ?」パチ

姫「…うぅん?ここどこ…真っ暗…?」キョトン



―――――――力が欲しいか?


姫「へっ!?」ビクッ


―――――――力が欲しいか?


姫「え、えぇ?えと…?」オドオド


選択肢安価
1.欲しい
2.いらない

↓2

764: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 13:36:34.14 ID:KBRizQOPo
姫「…ほ、欲しい…です!」

――――――力が欲しいなら…


妖精「くれてやる!」クワッ


姫「へっ?!」

姫「ま、まぶし…………ひゃぁ?!」











チュンチュン

【朝 提督の部屋】


提督「ん…」パチッ

提督「ふわぁ…もう朝か…」ネムネム

提督「さてと…起きて準備しないと…」グイッ

提督「……ん?なんか腕が引っ張られてるような…」チラッ


姫(等身)「すぅ……すぅ…」

提督「……」

姫「にへぇ……てーとく……えへ…♪」ギューッ

提督「…おい」

姫「むにゃ……しょんなとこ触ったらぁ……らめだって…ぇへ」

提督「姫」デコピン

姫「いたっ!?」

姫「う、うー……なにするの提督!」ジトー

提督「それはこっちのセリフだ。勝手に大きくなったらダメって言ってるだろうが」

姫「……あ、あれ?ていうか私いつの間に大きくなって提督の横に……?」

提督「寝ぼけてやったのかよ…とにかく元に戻りなさい」

姫「はーい……」

姫「…………あれ?」

提督「どうした?」

姫「……ちっちゃくなれない」

提督「………は?」

姫「……い、いつもと同じ感じでやってるのに……ちっちゃくなれない!?」

姫「ど、どどどどうしよう提督?!」

提督「俺が聞きたいわー!」




【Extra√ side:姫】

765: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 13:44:20.35 ID:KBRizQOPo
【提督の部屋】


提督「……」

姫「むむむむ…………」グググ

姫「…だめー」フニャ

提督「ここまでくると…やっぱり冗談でやってるわけじゃないんだな」

姫「最初から言ってるのにぃ…」

提督「ごめんな。何て言うか最近我儘が多かったから強硬手段に出たのかと思って」

姫「いくらなんでも提督に怒られてまでやらないもん!」プクー

提督「はいはい、ごめんな」ナデナデ

姫「…足りない」

提督「え?」

姫「あらぬ疑い掛けられてこんなに頑張ったのにナデナデだけじゃたりない!」プクー

提督「そうはいってもな…」

姫「むー……」ムスー

姫「…あ、そうだ!それじゃあ↓2して!」

769: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 14:02:26.68 ID:KBRizQOPo
姫「キスして!」

提督「…は?」

姫「ねー…いいでしょ提督…」ズイッ

提督「い、いやキスって…いくらなんでもそれは…」

姫「…昨日寝る前に離島にほっぺにちゅーされてたくせに…」

提督「い、いやあれは離島が…」

姫「…とにかく、キスしてよ…提督」ダキッ

提督「お、おい//」

姫「ね…提督…大きくなった私に…抱きつかれたことなかったもんね…」

姫「どう…?このサイズなら…結構自信あるよ?」ムニ

提督「う…//」

姫「提督…」

姫「んー」ズイッ

提督「…姫」スッ

姫「あ…」ピクッ


提督「…ん」ホホチュッ

姫「…はぇ?」キョトン

提督「ほら、キスしてやったぞ」

姫「…」

姫「…今のほっぺただった!キスなんだから唇ー!」プクー

提督「どこにしろと言ってないだろ?」

姫「…屁理屈」

提督「屁理屈で結構。ほら離れなさい」

姫「はぁーい…」スッ

提督「とにかく元に戻れる方法探さないとな…まずはご飯作ってくるからちょっと待ってなさい」ガチャ


パタン


姫「…別にこのままでもいいのに」ポツリ


↓2 どうなるどうする

772: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 14:23:43.33 ID:KBRizQOPo
【教室】

提督「…うーん」

北上「どしたの提督?そんなに唸っちゃって」

提督「あー…いや。なんでもない」

北上「そう?何か凄く心配そうな顔してたけど…」

提督「うん…」

提督(…姫、何事もなければ良いんだけど…)ハァ









【校舎裏】

姫「…こそこそ」コソッ

姫「うー…こういうとき水の中にいなくても自由に移動できるのは嬉しいんだけど…」

姫「おっきくなってるから…見つからないように移動するのってたいへん…」

姫「えっと…提督の教室って2-Aだったよね…確か」

姫「…見つかったら怒られるかなぁ」

姫「でも、やっぱり提督に会いたい…」

姫「…頑張らなきゃ」コソコソ


↓2 どうなるどうする

777: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 14:39:21.53 ID:KBRizQOPo
姫「…よぉーし」グッ

妖精「ちょーっとお待ちなさい、お嬢さん」フヨフヨ

姫「ひゃっ!?」ビクッ

姫「だ、だれ!?」バッ

妖精「やっほー姫ちゃん。昨日ぶり」フヨフヨ

姫「………あー!」

姫「お、思い出した!昨日夢に出てきた変な妖精!」

妖精「へんなって…酷い」ショボン

姫「もしかして…私が元に戻れないのって!」

妖精「そだよ?私のおかげ」

姫「お、おかげって…」

妖精「だって力がほしかったんでしょ?姫っちの望む形で実現してあげたんだよ?」

姫「私の…望む形?」

妖精「うん、提督とずっと一緒に居たい…その形の表れだよ」

姫「ずっと…いたい」

妖精「まー力って言っても私じゃそんなに力になれなかったからねー。ずーっとその大きさにしてあげたってわけ」

姫「で、でも…私たちは定期的に水の中にいなきゃ…」

妖精「あー大丈夫大丈夫。その制約はなくなってるよ」

姫「へ?」

妖精「つまりは提督とおんなじよーに人間として生きれるってわけ。いちいち水の中にいなくてもね」

妖精「あ、でも寿命とかは分からないよ?さすがにね」

姫「…そっか」

妖精「そこで妖精さんがひとつまた姫っちの力になってあげようじゃないか!」バーン

姫「ふぇ?」

妖精「妖精さんからの素敵なアドバイス!↓2だよ!」

780: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 14:53:00.37 ID:KBRizQOPo
妖精「押してダメなら押し倒せってね!」

姫「…えっと、それって押してダメなら引いてみろじゃ…」

妖精「じゃあ姫っち引けるの?」

姫「え?」

妖精「離島っちとかがグイグイ提督に押してる中…姫っちは自分が押してダメだったら引いちゃうの?」

姫「そ、それは…」

妖精「もー!違うでしょー!姫っちはグイグイ行かなきゃ!」

妖精「第一そんなずーっと提督に健気で一途なところが気に入ったから力上げたのに!」プンスカ

姫「…うん!ありがとう妖精さん!」

妖精「おー元気出てきたねーいいねいいねー!」

妖精「それじゃ呼んでくれればいつでもまた出てくるからね」

姫「え?そうなの?」

妖精「私たちはいつだってどこにだっているからねー、それじゃ頑張ってね姫っち。応援してるよー」スゥ


姫「…押してダメなら押し倒せ…か」

姫「そうだよね…私昔からずーっと提督にそうやってアピールしてきたもんね」

姫「…よおーし!頑張る!」グッ

姫「早速…↓2しよう!」ダッ

784: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 15:10:30.79 ID:KBRizQOPo
姫「屋上…屋上は…!」ダダダ



キーンコーンカーンコーン


姫「…わっ」コソッ

姫「あちゃ…休み時間になっちゃったのかな」

姫「…少しだけやりすごしてからいこ」フゥ

姫「…てーとく」ポツリ










【屋上】

姫「…到着!」

姫「わ…風が気持ちいい…それに結構広い…」キョロキョロ

姫「いいなぁ提督…いつもこんなところに来てただなんて…」

姫「…にへへ」クスッ

姫「…もう提督に怒られちゃったって良いもん…私もう迷わない…!」トテトテ


姫「すぅー……」

姫「はー………」


姫「…てーとく――!!!」








【教室】

提督「おわっ!?」ビクッ

ザワザワ

北上「な、なに今の…屋上から?」

提督「…ひ、姫?」


「……世界で一番!だーい好きー!!」



提督「…え?」

北上「……」

提督「………………」


↓2 どうなるどうする

787: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 15:18:07.87 ID:KBRizQOPo
ザワザワ

大鳳「み、皆さん…とにかく静かにしてください…」アワアワ

五月雨「せ、先生が一番落ち着いてください!」

北上「てか、今の誰の声…?聞いたことなんだけど…」

北上「どうなのさ、提督?」チラッ


提督「…」ガタッ

提督「…あいつめ」ハァ

北上「て、提督?」

提督「よいしょっと」ガラッ

提督「…ひめー!」





姫「…ふぇ!?て、提督…!?」

姫「よかった…聞こえてたんだ」ホッ




提督「姫ー!良く聞けー!」

提督「…↓2!」

790: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 15:29:06.62 ID:KBRizQOPo
提督「今はやめろォ!」

姫「…」ガーン

提督「…後でゆっくり話があるからな!そこで待ってろ!」


姫「…」

姫「う、うぅ…提督の馬鹿…」イジイジ

妖精(あーぁ…姫っち可哀そう…)フヨフヨ









【下校中】

姫「…」トボトボ

提督「…」トコトコ

姫「…てーとく」

提督「ん?」

姫「…ごめんなさい」

提督「さっきも聞いた」

姫「…うん」

姫「…てーとく」

提督「姫」

姫「は、はい」

提督「俺が叫んだときの言葉、覚えてるか?」

姫「え、ふぇ?え、えっと…『今はやめろ』って…」

提督「そう、今はっていったな」

姫「え?う、うん?」

提督「ということで改めて言うことがある」

姫「?」

提督「↓2」

794: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 15:53:21.47 ID:KBRizQOPo
提督「俺と、一生一緒にいてくれ」

姫「うん…」


姫「……てーとく?今なんて…」

提督「に、二度も言わせないでくれ…」

提督「俺と一生一緒に…いてくれ。姫」

姫「…」

姫「…提督!」ダキッ

提督「おわっ!?」

姫「うん……当たり前だよ…絶対提督の傍から離れないもん…!」ギューッ

提督「姫…」

姫「提督…今のって…そういう意味で受け取っていいのかな…?」

提督「…まぁな」プイ

姫「…!」パァアアア

姫「…えへへ♪」スリスリ

提督「こ、こら!摺りつくな!」

姫「やーだもん♪」ギューッ

提督「だ、だから当たってるって…!//」

姫「当ててるんだもん。当たり前だよー♪」ギュッ

提督「まったくお前は…//」カァ

提督「でも…その前に元に戻れない原因を探さないと…」

姫「あ、それなんだけど…」




カクカクシカジカ





姫「…ってことなの」

提督「…」

姫「…提督?」

提督「それってつまり…お前が覚えてないのが悪いんじゃねーか!」グリグリ

姫「あー!頭グリグリしないでー!いたいいたいー!」

提督「まったく…」パッ

姫「うぅ…」グスッ

提督「罰としてお前には…↓2する」

798: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 16:05:39.89 ID:KBRizQOPo
提督「おしおきする」

姫「ふぇ…」ビク

提督「というわけでついてこい」

姫「…」ビクビク

提督「…あぁもう」ニギッ

姫「あ…」

提督「安心しろって、別に怖がらせたりするつもりはないから」

姫「…えへへ、やっぱりてーとく…優しい」ニパ

提督「まぁ姫しだいだけどな」

姫「そんなー!」








【ホテル(意味深)】

提督「着いたぞ」

姫「……」

提督「どうした姫?そんなにびくびくして…」

姫「あ、あの…てーとく?」

姫「こ、ここってその…そ、そういうことする…場所だよね?」

提督「おう」コクリ

姫「そ、そんな…じゃ、じゃあお仕置きって…//」

提督「そういう…ことだ!」グイッ

姫「ひゃっ!」ドサッ

姫「…あ//」カァー

提督「…さてと」ギシッ

姫「て、てーとく…そ、そんないきなりだなんて…は、恥ずかしい…//」カァ

提督「安心しろ。俺も恥ずかしいから」

姫「そ、そんなふうに見えない!」

提督「聞こえません」ズイッ

姫「わ、わわわぁ…///」ドキドキ

提督「さて…俺に学校で恥をかかせた仕返しを…たっぷりさせてもらおうじゃないか、姫」


選択肢安価
1.おしおき(夜戦)開始 ※ただしコンマ49以下の場合強制的にスキップされます
2.夜戦スキップ

↓2

804: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 16:32:18.98 ID:KBRizQOPo
姫「ふにゃぁ…♥」

提督「はぁ…大丈夫か姫?」

姫「大丈夫じゃ…にゃぃ…♥」

提督「ま…お仕置きだからな」

姫「こんなお仕置きなら…毎日でも…」ボソ

提督「ん?」

姫「な、なんでも…ない//」プイ

提督「やれやれ」ナデナデ

姫「ふにゃ…//」ポワポワ

姫「提督…」

提督「ん?」

姫「私ね…提督と一緒にふつうに住めるようになて…すっごく嬉しいよ」

提督「俺もだな…姫がこんな風になるとは予想外だったけど」

姫「えへへ…妖精さんのおかげかな」ニコ

提督「そうだな。姫の日頃の行いが良かったからだろう」

姫「提督、それはちょっと違うよ?」

提督「え?」

姫「私…いつもわがまま言ってばっかりだったから…日頃の行いなんてよくないもん」

姫「でもね…提督が好きって言う気持ちだけは…好きになった時からずーっと…変わらないもん」

姫「その気持ちがね…妖精さんが応えてくれたの」

姫「私……提督と絶対に結ばれないって…思ってたけど…諦めきれなくて…」グスッ

姫「今も…この時間がいつ終わっちゃうか…怖くて…!」

提督「姫」ダキッ

姫「ん…」ギュッ

提督「夢じゃないよ。たとえ姫がどうなっても…俺は姫のこと、ずっーと好きでいるから」

姫「ほんと…?」

提督「姫ができたことを俺ができないわけないだろ?」ニコ

姫「……うん!」

姫「提督…朝の分…ちょーだい」ズイッ

提督「さっきさんざんやってやっただろうに…まったく」チュー

姫「ん…♪」チュー






姫「てーとく…」

姫「ずーっとずーっと…好きだよ…」ギューッ


【Extra√ 装甲空母姫 HAPPY END】

828: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 21:05:42.97 ID:KBRizQOPo
ヤンデレ学園続き始めます
再開しておいて早速ですがお風呂&ご飯行ってきます


【どっかの森の奥】


妖精「……クククク」

イ級「いー!」チャプチャプ

ヲ級「ヲー!ヲー!」バシャバシャ

レ級「れー!」バンバン


妖精「無駄無駄…その水槽の周りに設置した妖精さん特製特殊ガラスはそんなんじゃ壊れませんよ」

レ級「れー…」ギロッ

妖精「ぷぷぷ…凄んでも怖くないもんねー!」フヨフヨ

妖精「ふふふ…散々私の出番をとりやがって…」

ヲ級「ヲー…」

妖精「んー?助けを呼んでも提督なんてこないよー?」プププ

妖精「なにせ妖精さん特製のヤンデレになる程の強力な惚れ薬を皆に飲ませたもんね」

妖精「私が持ってると怪しまれるから古鷹さんに渡したけど…」

妖精「くくく…今頃提督はヒロイン勢に足止めされてここまでたどり着けないもんね!」

ル級「るー!」バンバン

妖精「だから無駄だって!ふふーん!」

妖精「おそらくようやく放課後になって今頃すずやんやRJが足止めしてくれているはず…」

妖精「さてと…そろそろ始めますか」ブイーン

妖精「ヲ級…アンタが生み出してくれたこの烈風でアンタらを粉々にしてやんよ!」

イ級「いー…」

妖精「ふふ…今更そんな目したって許さないもんね!横須賀からの伝統を奪いやがって…」

妖精「さらばだ深海棲艦ども!提督に会えることなく忌まわしい記憶とともに消え去れい!」

提督「呼んだか?」

833: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 21:44:14.54 ID:KBRizQOPo
妖精「………」ダラダラダラダラ

提督「…」

イ級「いー!」パシャ

レ級「れー♪」パチャ


妖精「…あ、あの、提督さん」

提督「なんだ」

妖精「ど、どうやってここまで…結構距離離れてるんですけど…」

提督「自慢じゃないが俺は100mを5秒フラットで走れるんでね」

妖精「アンタ本当に人間ですか!?」

提督「そんなことより」ガシッ

妖精「あー!?」ジタバタ

提督「さて…話は聞いていたぞ妖精。随分せせこましいことしてるんだな」

妖精「あ、いや…」ダラダラ

提督「…で?」

妖精「は、はい?」

提督「イ級達は俺が連れて帰ってやろう。お前が飲ませたこの変な薬…」スッ

妖精「げ…い、いつそれを…」

提督「古鷹さんを気絶させたときに落としたんだよ」

提督「ご丁寧に『特製妖精印』なんて書いてあれば誰だって分かるわ…」

提督「で、これを作ったってことはもちろん治す薬も作れるよな?」

妖精「へ、へい。もちろんです。一週間くだされば…」

提督「明日までだ」

妖精「え」

提督「明日の朝までに作れ」

妖精「そ、そんな無茶な…!材料だっ……てぇ?!」ギギギギ

提督「ちなみにだが俺の握力は500kg以上あるぞ」グググ

妖精「わ、分かりました!明日の朝までに必ず作ります!!!」

提督「よし」ブンッ

妖精「ぐへっ!?」ベチャ

提督「やれやれ…大丈夫か皆」ガシャーン

妖精(す、素手で特殊ガラスを簡単に割りやがった…)ピクピク


レ級「れー!」スリスリ

ヲ級「をー!」ギューッ

ル級「るー…」ダキッ

提督「ん…ごめんな皆、怖い思いさせちゃって」

イ級「い」ハムハム

提督「イ級も…ありがとな」ニコ

836: ◆apsVMiZGaU 2014/05/31(土) 21:59:25.89 ID:KBRizQOPo
【数日後 提督の部屋】

提督「はぁ…皆元通りになったみたいで良かった」ナデナデ

提督「しかも都合よくあの時の記憶は抜け落ちてるみたいだし…よかったよかった」

レ級「れー…」ポワポワ

提督「まったく…あの日以来レ級といいル級といい…みんな甘えるようになってきたな」

ル級「る…//」ギュッ

提督「ほらル級、顎の下いいだろ?」ナデナデ

ル級「る…// るぅー…///」トロン

ヲ級「をー…」クイクイ

レ級「れー」クイクイ

提督「はいはい、後でやってやるからな」


コンコン


菊月『兄さん、起きてるか?』

提督「ん?起きてるぞ菊月」

菊月『朝食の用意がそろそろ出来るから降りて来てくれ』

提督「ん、分かった」

提督「じゃあ皆、そろそろ学校行く準備してくるから良い子で留守番しててくれよ」ガチャ

レ級「れ!」ピシッ






提督「ふぅ…あれ?菊月ー?」キョロキョロ

提督「んー?リビングにもいないし…部屋に戻って準備してるのか?」

提督「って…火かけっぱなしで…危ないなまったく」カチッ

提督「ところで何作ってたんだろ」パカッ

提督「……な!?」








提督「…か、空?」


ギシッ


提督「…一体どういう」ピクッ

提督「…!? きくつ――――――――!」バッ










【ヤンデレ学園呉分校 END】



次回 【安価】艦これ学園 舞鶴分校