苗木(システムの都合とはいえ、なんでこうも思いつくんだろう……)

七海「……? どうしたの?」

苗木「なんでもないよ」

そろそろ七海ともっと深い仲になれそうだ……

七海としばらくいちゃいちゃした後、部屋に戻っていった……

―――
――


七海千秋の部屋 → 自室

苗木(寝るまでまだ時間がある、本を読もうかな)

『独立した考えを持とう』を読んでみた……

相手との討論において、右脳と左脳で分けて物事を考えて精神集中時に集中力を養う術が、ある名探偵の監修の元で書かれている……

何故か不思議な事にいつもよりページをめくるのが早くなっている気がする……

『独立した考えを持とう』を読破した!

知識はもう十分過ぎるほど成長している……

受容が上昇した!

≪無為自然≫な受け止め方ができている……

受容が少し上昇した!

≪右脳解放≫を習得した!

効果:ココロンパ時に選択肢を2つ、ノンストップ議論時に選択肢を3つまで絞る。

『独立した考えを持とう』を返却した……

―――
――

引用元: ・ 【安価】苗木「今日から2年生か……」16らーぶらーぶ目【ダンガンロンパ1+2】 



スーパーダンガンロンパ2 オリジナルサウンドトラック [Explicit]
SOUND PRESTIGE RECORDS (2014-09-30)
売り上げランキング: 20,574
19: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 21:49:07.98 ID:wLE0SkoS0
 
7月6日(土)晴れ後曇り → 7月7日(日)曇り/雨

苗木(今日は天気が崩れるみたいだ……)

苗木(まあ、時折だから大丈夫かな。今は曇っている)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(くおえうえーーーる……聞き取れなかった……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:53まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

32: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 22:04:55.72 ID:wLE0SkoS0
 

苗木(葵、冬彦クン、十神クン、多恵子を一緒に誘おうかな?)

苗木「葵、冬彦クン、十神クン、多恵子」

朝日奈「誠、確か今日だよね?」

九頭龍「何の話だ?」

苗木「ちょっとね。それより、朝食一緒にどうかな?」

十神「……いいだろう」

セレス「では、わたくしは誠君の右隣へ」

苗木「あっ、うん」

1:話し合う(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

22:25まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

 

44: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 22:44:23.01 ID:wLE0SkoS0
苗木「このメンバーで服屋に行かないかな?」

朝日奈「服? 外出用って事?」

九頭龍「部屋着でもどっちでもだろ。オレはスーツ以外はなぁ……」

十神「平民の店の服など、この御曹司たる俺には相応しくない」

セレス「何か言い訳してますわね。仮に行くとして、いつでしょうか?」

苗木「それはまだ決めてないけど、休日になるかな?」

十神・朝日奈・セレス・九頭龍と服屋について話し合った……

十神・セレス・九頭龍の好感度が上昇した!

朝日奈の好感度は現状だと変動しないようだ……

成績優秀な苗木に注目が集まる……

十神・セレス・九頭龍の好感度が少し上昇した!

朝日奈の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

セレスの好感度が少し上昇した!

朝日奈の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ十神・朝日奈・セレスともっと深い仲になれそうだ……

もう九頭龍とは十分に深い絆で結ばれている……

朝日奈とセレスの分の食器を片づけて自室へと戻っていった……

―――
――

45: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 22:50:09.90 ID:wLE0SkoS0
 

寄宿舎食堂 → 自室

苗木(さて、これからさやかの誕生日パーティの準備だ)

苗木(空き大部屋に行こう)

―――
――


自室 → 空き大部屋

苗木(どうやら揃ったようだな……)

苗木「皆、今日はわざわざありがとう」

苗木「さやかの誕生日パーティを開くためにも、役割を分担してこなしていこうと思う」

苗木「肝心の役割だけど、『買い出し』、『料理』、『飾り付け』、『誘導』の4つだ」

苗木(振り分けはどうしよう?)

1:指名安価で決める
2:コンマ安価で決める
3:ダイスで決める
4:苗木が決める

下1~5(多数決により安価を決定します。同数ならコンマの小さい方を決定)

51: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 23:00:33.35 ID:wLE0SkoS0
苗木(……なんだか猛烈に自分の頭の中で決めなくてはいけない気がしてきた……)

苗木「えっと、それぞれの役割につく人に関してだけど……」

苗木「『買い出し』が十神クン、山田クン、葉隠クン、大神さん、むくろ、江ノ島さん」

苗木「『料理』が葵、腐川さん、千尋、千秋、ソニア、蜜柑」

苗木「『飾り付け』が石丸クン、大和田クン、桑田クン、響子、多恵子、日寄子、真昼」
 
苗木「『誘導』がボク」

苗木「以上でいいかな?」

苗木「異論がなかったら早速行動を開始しよう」

苗木「準備が出来たら空メールでもいいからボクの携帯にメールを送ってね」

苗木(なんとかさやかがここまで来ないよう、話をしたり何かしたりして時間を潰させないとね)

苗木(責任重大だな……)

―――
――

53: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 23:04:41.14 ID:wLE0SkoS0
空き大部屋 → 寄宿舎廊下

苗木(多分、部屋にいるよね?)

ピンポーン

苗木「さやかー、ボクだけどー」

舞園『誠君ですか? ……どうぞ、入って下さい!』

―――
――


寄宿舎廊下 → 舞園さやかの部屋

舞園「ようこそです、誠君」

苗木「ああ、お構いなく」

舞園「それで、どうしたんですか?」

苗木「えっと……」

苗木(なんとかして時間稼ぎをしよう)

1:何か話す(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
2:何かする(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
3:キスをする ●
4:物を貰う
 a:パンツ
 b:ブラジャー
 c:靴下(ソックス)
5:押し倒す
※●は時間が経過する選択肢です。
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

23:08まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

59: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 23:15:12.73 ID:wLE0SkoS0
 

苗木「何かボクにしてほしいことってない?」

舞園「して欲しい事、ですか?」

苗木「うん。ボクに出来る事なら、だけどね」

舞園「えーと、そうですね……」

※舞園が苗木にして欲しい事があるかないかを決めます。

1:ある(具体的に挙げて下さい)
2:ない

23:19まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

69: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 23:27:22.38 ID:wLE0SkoS0
舞園「それでは……『あすなろ抱き』をして下さい///」

苗木「えっと、後ろから抱きつくやつだっけ?」

舞園「はい///」

苗木「分かったよ……」スッ

苗木は舞園の後ろに回り、あすなろ抱きをした……

苗木「どう、かな?///」

舞園「もっと、強く抱きしめて下さい///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

舞園の好感度が少し上昇した!

苗木「もっと? それじゃあ……」ギュウ…

舞園「……/////」

舞園「なんだか、こうしているだけで時を忘れそうです/////」

苗木「うん……///」

舞園を抱きしめ、時の流れに身を任せた……

成績優秀な苗木に注目が集まる……

舞園の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

―――
――

70: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 23:29:31.57 ID:wLE0SkoS0
苗木(いい匂いがしたな……さすがアイドル)

苗木(……まだまだ時間はかかるだろう)

苗木(引き続き、時間を潰させようか)

1:何か話す(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
2:何かする(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
3:キスをする ●
4:抱きしめたから物を貰う
 a:パンツ
 b:ブラジャー
 c:靴下(ソックス)
5:興奮したので押し倒す
※●は時間が経過する選択肢です。
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

23:33まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

78: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 23:42:08.69 ID:wLE0SkoS0
苗木「そういえば、まだ少し先だけど、夏季休暇に何かしたい事はある?」

舞園「夏休みですか? その、前に響子さんが言ってた……」

苗木「温泉旅行だっけ? ボクも行きたいな」

舞園「はい! メンバーはどうしますか?」

苗木「んー……」

1:舞園と2人きりで行く
2:舞園・霧切と3人で行く
3:当日にRANK12以上の恋人達と行く
4:恋人達全員と行く
5:78期生全員と行く
6:78期生全員と恋人達と行く
7:77・78期生全員+こまると行く
8:その他(名前を挙げて下さい。複数人可能です)

下1~8(多数決により安価を決定します。同数ならコンマの一番大きい選択肢に決定)

89: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 23:49:30.74 ID:wLE0SkoS0
苗木「せっかくだし、皆で行こうか」

舞園「皆と言うのは、誠君の恋人全員という事ですか?」

苗木「うん。それでも大人数だけどね……」

舞園「でもきっと楽しい旅行になると思いますよ!」♪♪♪>ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

舞園の好感度が少し上昇した!

苗木「そうだね。具体的な事はまた後ほど決めようか。なんだったら嫁掲示板で意見を集ってもいいよ」

舞園「分かりました」

舞園と温泉旅行について話し合った……

舞園の好感度が大きく上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

舞園の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

―――
――

90: ◆igI1RpSKDI 2014/02/07(金) 23:54:17.77 ID:wLE0SkoS0
苗木(温泉旅行……そういえば、ノヴォセリック王国には温泉はあるのだろうか……)

舞園「その……誠君?」

苗木「どうしたの?」

舞園「私の気のせいだったらいいんですけど……なにか、いつもと違いませんか?」

苗木「ち、違うって?」

舞園「いえ、ちょっとした違和感というか……」

苗木(ま、まずい。ここで気付かれてもしたら……!)

苗木(ご、ごまかさないと!)

※舞園を上手く誤魔化して下さい。

23:58まで(コンマが一番大きいい安価を採用します)

95: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 00:03:20.04 ID:CAo1rE3V0
 

苗木「そ、そうだ! 皆一緒も楽しみだけど、また別の日に2人っきりで温泉に行こうよ!」

舞園「ふ、2人っきり、ですか?///」

苗木「うん、そうだよ!」

舞園「べ、別の日っていつでしょうか?///」

苗木「いつでもいいよ。夏季休暇でも、冬期休暇でも、来週でも」

舞園「ふ、冬休みはさすがに先過ぎると思います」

苗木「ボクも言っててそう思った」

舞園「ふふふ……では、そうですね……誠君の都合に合わせますよ?」

苗木「じゃあ、これも追って連絡という事で」

舞園「はい!」

苗木(なんとか誤魔化せたかな……)

―――
――

100: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 00:07:59.48 ID:CAo1rE3V0
PiPiPi……

苗木「ごめん、メールだ」

舞園「私に気にせず、見てもいいですよ?」

苗木「そう? じゃあ少しだけ……」

苗木(『誠君はさやかちゃんへのプレゼントって買った? むくろ』)

苗木(……返信が必要だな)

苗木「至急返信しなきゃならない内容だから、返信していいかな?」

舞園「もちろんです。遅かったら心配するかもしれませんし」

苗木「ありがとう」

1:そっちで買ってほしい(アイテムを失いたくない人向け)
2:用意してあるから大丈夫(好感度をより上げたい人向け)

下2・3・4(それぞれの選択肢のコンマの合計がより小さい方を採用します)

106: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 00:16:09.75 ID:CAo1rE3V0
苗木(『用意があるから平気 誠』)

苗木(……送信)

苗木「もう用は終わったから」

舞園「なんだか誠君がメールを打つ姿、可愛かったです」

苗木「そ、そんな事ないと思うけど……」

舞園「そんな事ありますよ!」

苗木「は、はい……」

苗木(は、早く連絡を……!)

舞園「そういえば……」

苗木「?」

舞園「いえ、葉隠君が『今日はめでたいべ!』と言っていたんですが……誠君、何かご存知ですか?」

苗木(なにやってんのさ葉隠クーーーン!?)

苗木(ま、まずいぞ……さっきとはまずさが違う……)

苗木(でも、希望は前に進むんだ!)

※舞園を上手く誤魔化して下さい。

0:20まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

114: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 00:25:07.43 ID:CAo1rE3V0
苗木「あっ、そういえば今日は七夕だ! だからじゃないかな!? 天気は悪いけどさ!」

舞園「そういえばそうですね……笹や短冊がないのが残念です」

苗木「だね……」

舞園「誠君は、短冊があったら何をお願いするつもりですか?」

苗木「そうだね……」

1:願い事を言う(内容を挙げて下さい)
2:秘密

0:29まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

119: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 00:33:18.55 ID:CAo1rE3V0
苗木「『何時までも大切な人達と一緒にいれますように』……かな?」

舞園「その中に、私は入っていますか?」

苗木「もちろん! 当たり前だよ!」

舞園「嬉しいです……///」

苗木「えと、さやかだったら何を願うつもりだったの?」

舞園「そうですね……」

1:願い事を言う(内容を挙げて下さい)
2:秘密

0:37まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

126: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 00:47:18.23 ID:CAo1rE3V0
 

舞園「『誠君とずっと一緒に居れますように』……お願いというよりは、決意としての面が強いですけど……」

苗木「さやか……///」

舞園「誠君……///」

2人の唇の距離が近づいている……

5cm……3cm……1cm……

そして……

……

PiPiPi……

苗木「……………」

舞園「……………」

苗木(マナーモードにしとくべきだったな……)

苗木「……見ていい、かな?」

舞園「もちろんですよ」

苗木(悲嘆の色が隠し切れてない……というよりは、隠すつもりはないか)

苗木(ボクのせいだしね……)

苗木(えっと、メールは……)

苗木(『準備完了だべ! 運動してないで早く来るべ! 葉隠』)

苗木(……………)

苗木「その、さ……付いてきてもらっていいかな?」

舞園「どこか行くんですか?」

苗木「ちょっとね」

舞園「はい、分かりましたけど……」

疑問に思う舞園を連れて空き大部屋へと向かっていった……

―――
――

127: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 00:48:55.98 ID:CAo1rE3V0
あああ……ゾロ目があった……すいませんが、このままでいかせてもらいます。申し訳ないです……orz

128: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 01:03:34.41 ID:CAo1rE3V0
舞園さやかの部屋 → 空き大部屋

苗木「さやかを連れてきたよ」

舞園「連れてきた、ってどういう―――」

舞園以外の78期生&七海&ソニア&西園寺&小泉&罪木「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「Happy Birthday!!!」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

パァン! パパァン!!

舞園「キャッ! ……ク、クラッカーですか?」

苗木「今日はさやかの誕生日でしょ? だから皆でサプライズパーティを企画したんだ」

舞園「じゃあ、2通のメールも……?」

苗木「うん。準備に関連した内容だったんだ」

舞園「……………」キッ!

葉隠「な、なんか舞園っちが俺を睨んでるべ……」

大和田「なんか気に障る事したんだろ?」

山田「セレスティア・ルーデンベルク殿に勝るとも劣らない冷酷な目ですな……興奮してきましたぞ!」

桑田「うっせーよブーデー! 舞園ちゃんで興奮すんな!」

舞園「……とにかく、わざわざ私のために……?」

苗木「その通りだよ」

舞園「な、なんだか申し訳ない気分になってきました……」

苗木「気にしないで。今日はめでたい日じゃないか!」

苗木「まず最初に、皆からプレゼントがあるんだ! ボクからはこれをあげるよ!」

苗木(さやかは『ブリオッシュ』『煩悩メガネ』『青いマフラー』『マコト写本』『絶対正義』を喜び、『子猫のヘアピン』『扇子「衣冠」』『薔薇の花束』を特に喜ぶだろう)

※舞園へ送るプレゼントを決定します。

a:ルアックコーヒー×2
b:ブリオッシュ×1
c:子猫のヘアピン×1
d:煩悩メガネ×1
e:青いマフラー×1
f:扇子「衣冠」×1
g:新品のサラシ×1
h:薔薇の花束×1
i:オーラカメラ×1
j:水晶のドクロ×1
k:マコト写本×1
l:絶対正義×1

1:07まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

136: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 01:13:51.69 ID:CAo1rE3V0
苗木「ボクからは『薔薇の花束』をプレゼントするよ」

舞園「誕生日に花束、それも薔薇を貰えるなんて、夢みたいです///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

舞園の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

舞園の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

苗木「次に、クラスメートの男子達からのプレゼントだね」

※舞園へ送るプレゼントを決定します。
※真面目でも適当でも受け狙いでもなんでもいいです。

下1(石丸)・下2・(十神)・下3(大和田)・下4(桑田)・下5(山田)・下6(葉隠)・下7(不二咲)

144: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 01:30:13.99 ID:CAo1rE3V0
石丸「僕からは『高級喉飴』だ! アイドルたるもの、喉に気を付けたまえ!」

舞園「はい、ありがとうございます!」

十神「俺からは『十神財閥傘下の高級リゾートホテルのペア宿泊券』だ。有効に使え」

舞園「有効に使わせて貰いますね♪」

大和田「俺からは……その、『カー○ィぬいぐるみ』だ」

舞園「カ○ビィ私好きなんですよ! なんだか他人とは思えなくて……」

桑田「俺は必死に貯めた金で買った『高級パティシェの1万円分の食品券』だ! 舞園ちゃん、今度俺と―――」

舞園「いりません♪」

山田「僕からはちょっと趣向を変えて『舞園さやか殿の似顔絵』を書きましたぞ」

舞園「アニメ風のタッチなんですね。ありがとうございます!」

葉隠「俺は今日限り『無料で占い』をするべ! ……『第一子は2年半後』と出たんだべ! 俺の占いは3割当たる!」

舞園「……………一応、お礼は言っておきます」

不二咲「僕からは最新の『iP○d』だよぉ!」

舞園「ありがとうございます、千尋君!」

苗木「その次は、クラスメートの女子達からのプレゼントだね」

※舞園へ送るプレゼントを決定します。
※真面目でも適当でも受け狙いでもなんでもいいです。

下1(霧切)・下2(朝日奈)・下3(腐川)・下4(大神)・下5(セレス)・下6(戦刃)・下7(江ノ島)

157: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 01:47:54.40 ID:CAo1rE3V0
霧切「私は今までの『誠の行動記録』をあげるわ」ドヤァ…

舞園「これを見ると、恐らく次の誠君の恋人になるのは……あっ、ありがとうございます、響子さん」

朝日奈「私からはこれ! 『ドーナッツ食べ放題チケット』!」

舞園「体重に差し支えない程度に食べさせてもらいますね♪」

腐川「あ、あたしからは、『サイン入り小説』よ……」

舞園「新作ですか? 読みたかったんですよ! ありがとうございます!」

大神「我からは『美容効果のあるサプリ』だ。舞園にはいらぬ世話かもしれんが……」

舞園「いえ、必要です。誠君にいつまでも若い私を見てもらいたいですから♪」

セレス「わたくしからは、ブタに書かせた『苗木×セレス(苗セレ)の漫画』ですわ」

舞園「ご自分で読めばいいのでは……? 処分に困っているのなら私がしておきますが……」

戦刃「私は『キラキラにでこったミリタリナイフ』だよ!」

舞園「観賞用ですね。部屋に飾っておきます!」

江ノ島「私様からはなんと! 『レーション』! 絶望した? 本来残姉が渡すべき物なのにアタシが渡す事実に絶望した?」

舞園「いえ、正直もっと凄い物がくるかと……」

苗木「最後に、さやかのために駆けつけてくれた千秋達からのプレゼントだね」

※舞園へ送るプレゼントを決定します。
※真面目でも適当でも受け狙いでもなんでもいいです。

下1(七海)・下2(ソニア)・下3(西園寺)・下4(小泉)・下5(罪木)

166: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 02:03:03.84 ID:CAo1rE3V0
七海「私からは『立○茂農林高等学校で元アイドルの草壁○かが作ったとされる野菜』……だと思うよ?」

舞園「彼女、農業高校に行ったんですか……ありがとうございます!」

ソニア「わたくしからは『東京魔人學園剣風帖繪巻』というゲームをあげます!」

舞園「ソニアさんがゲームって珍しいですね。今度暇があったらプレイしてみます」

西園寺「わたしは『江ノ島盾子の何これ珍百景日記2』をさやかおねぇにあげる!」

舞園「これこそ江ノ島さんが渡すべきじゃ……いえ、ありがとうございますね」

小泉「アタシは『誠&恋人全員の写真を入れたアルバム』をプレゼント! 恋人が増えた時のために追加の分もあるわよ」

舞園「誠君の写真が多めですね……あっ、これカッコいいです///」

罪木「私からは、『栄養ドリンク』ですぅ……その、さやかさんと千尋さんの話を聞く限り、必要だと思ってぇ……///」

舞園「はい……その、とても激しくて、でも優しくて……それに、まだまだ余裕みたいでしたから……///」

苗木「……ゴホンゴホン」

―――
――

167: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 02:06:23.01 ID:CAo1rE3V0
7月7日(日)曇り/雨
朝 → 昼

苗木(食事タイムとなった。料理担当が腕によりをかけた料理の数々がならんでいる)

苗木(せっかくだから話しながら回っていこうかな?)

苗木(誰のところに行こうか?)

※人物名を挙げて下さい(複数人可能。ただしその場合はコミュは発生しない)

2:11まで(コンマが一番小さい安価を採用します。>>4の「条件1」を適用)

206: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 20:16:20.66 ID:CAo1rE3V0
苗木(大和田クンのところにお邪魔しようかな?)

苗木「大和田クン」

大和田「苗木か、楽しんでいるか?」

苗木「うん、お陰さまで」

大和田「ヘッ、オレは何もしてねーよ」

苗木「いや、大和田クンだって立派に準備を手伝ってくれたじゃないか。ありがとう」

大和田「……おう」

大和田「ところで苗木、少し時間とれるか?」

1:問題ない
2:問題あり

下3

213: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 20:26:01.88 ID:CAo1rE3V0
苗木「うん、大丈夫だよ」

大和田「じゃ、外出っぞ」

―――
――


空き大部屋 → 寄宿舎廊下

大和田「すまねぇな」

苗木「ううん、いいって」

大和田「……なあ、苗木」

苗木「うん?」

大和田「不二咲が、オレの事を『強い』だと言っていたが……オメェから見て、オレはどんな人間に見えるんだ?」

苗木「大和田クンの人間像?」

1:不二咲と同意見だ
2:結構ビビリだよな
3:何か危なっかしい

下3

217: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 20:40:19.84 ID:CAo1rE3V0
苗木「……なんか危なっかしい感じがするかな?」

大和田「苗木もか? 兄弟にもそう言われたんだけどよ……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

大和田の好感度が少し上昇した!

苗木「へぇ、さすがだね」

大和田「ああ。しっかし、そんなにも分かりやすいもんなのか?」

苗木「そういうわけではないと思うけど……」

苗木「でも、内心に何かあるからそれが表に出てくると思うよ」

大和田「……!」

大和田「……そ、そうか……」

苗木(大和田クン、急に焦り始めたな……)

苗木(『危なっかしい感じ』……それが何なのか、考えてみる必要がありそうだ……)


――
―――

218: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 20:44:42.72 ID:CAo1rE3V0
ロジカルダイブ 開始!

苗木(大和田クンは、『超高校級の暴走族』だ)

苗木(これを聞くと、強い印象を受けるのも致し方ない)

苗木(実際、千尋はそう思っているみたいだし……)

苗木(千尋と言えば、前に大和田クンと話した時に話題に出たな……)

苗木(それはつまり……)

1:暮威慈畏大亜紋土の事
2:女と二人きりでいる時の事
3:犬について話した時の事

下3

222: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 20:55:52.71 ID:CAo1rE3V0
    ╋┓                                      ┏╋
    ┗╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┛
       :     女 と 2 人 き り で い る 時 の 事     :
    ┏╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┓
    ╋┛                                      ┗╋



苗木(それは『女と2人きりでいる時の事』だったね)

苗木(その状況になると、どうしても怒鳴ってしまうみたいで、連戦連敗中らしい)

苗木(だけど、千尋は違うと言っていたっけ)

苗木(当時はなんでだろうと思っていたけど、千尋は男だったからだね)

苗木(多分、第六感ってやつなんだろうなぁ……)

苗木(話はずれだが、逆にボクはそうは思わなかったし、もう1人、そう思った人がいる)

苗木(それはつまり……)

1:不二咲千尋
2:大和田大亜
3:石丸清多夏

下3

226: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 21:03:50.98 ID:CAo1rE3V0
    ╋┓                                      ┏╋
    ┗╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┛
       :             石 丸 清 多 夏             :
    ┏╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┓
    ╋┛                                      ┗╋



苗木(サウナでの我慢対決から一転、互いに『兄弟』と呼び合うようになった仲……)

苗木(『石丸清多夏』クンも、ボクと同意見だったみたいだ)

苗木(ボクも抱いた、『危なっかしい感じ』……)

苗木(別に今日初めてそう思ったわけではない)

苗木(将来の事、暮威慈畏大亜紋土の事……主だってこの2つの時にそう感じた)

苗木(これは一体、どういう事なんだろうか?)

苗木(それはつまり……)

1:他人に話しづらい事がある
2:大和田は実は小心者である
3:人間関係でいざこざがある

下3

230: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 21:11:37.42 ID:CAo1rE3V0
    ╋┓                                      ┏╋
    ┗╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┛
       :     他 人 に 話 し づ ら い 事 が あ る     :
    ┏╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┓
    ╋┛                                      ┗╋



苗木(……そう、全ては繋がった)

苗木(大和田クンは『超高校級の銀行常務』……じゃない、『超高校級の暴走族』で、とても強い印象を受ける)

苗木(『女の二人きりでいる時の事』で話題に出た千尋がそう思っているみたいだ)

苗木(実際、飼っていたペットが死んだ時の話なんかはボクもそう思う)

苗木(だけど、ボクや『石丸清多夏クン』は違う印象を受けた)

苗木(例えば、将来の時の話とか、暮威慈畏大亜紋土の事を話している時とか……)

苗木(邪推かもしれないが、『他人に話しづらい事がある』のかな……?)

苗木(人はそれを『秘密』と言い、隠したがるものだ)

苗木(でも、希望は前に進むんだ!)

苗木(後ろめたい気持ちから心に鎖を張り巡らしても!!)

苗木(真実は自分の思うとおりとは違う事を、提示してみせるんだ!!!)

―――
――

232: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 21:27:18.43 ID:CAo1rE3V0
苗木「……大和田クン」

苗木「何か思うところがあるんじゃないかな?」

大和田「ね、ねぇよそんなもん!」

苗木「……順を追って話していこう」

苗木「大和田クンは『超高校級の暴走族』で、千尋は強さの象徴として見ている節がある」

苗木「『女と二人きりでいる時の事』で、千尋の話題が出たね」

苗木「……まあそれは余談だけど、『石丸清多夏』クンも違って見えた」

苗木「『危なっかしい感じ』……これを聞いて、キミは焦燥した」

苗木「将来の夢の事とか、暮威慈畏大亜紋土の事とか……何か大和田クンは強さ以外の何かがあると思った」

苗木「その何かは分からない。でも、『他人に話しづらい事がある』んじゃないかな?」

苗木「そうだとしたら、その何かは『秘密』だと思うんだけど……」

大和田「……オメェの推理は、外れちゃいないぜ」

大和田「もしも『コロアイアイ』が起きたとしても……オメェが事件を暴きそうだな」

苗木「何故コロシアイを引き合いに?」

大和田「……なんでもねぇよ」

大和田は何かを隠している……

大和田の好感度が大きく上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

大和田の好感度が少し上昇した!

大和田とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK6 → 7

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(大和田クンは『ルアックコーヒー』『青いマフラー』を喜び、『新品のサラシ』『絶対正義』を特に喜ぶだろう)

苗木(大和田クンに何かプレゼントしようかな?)

大和田に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:ブリオッシュ×1
 ×:子猫のヘアピン×1
 d:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×1
 ×:扇子「衣冠」×1
 g:新品のサラシ×1
 h:オーラカメラ×1
 い:水晶のドクロ×1
 j:マコト写本×1
 k:絶対正義×1
2:渡さない

21:45まで(コンマが一番大きい安価を採用します)
 。

242: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 22:09:16.93 ID:CAo1rE3V0
 

苗木(『絶対正義』を渡そうかな?)

苗木「大和田クン、これあげるよ」

大和田「やっぱり大神隊長のこの服は痺れるよな! 勝利のポーズ、きめっ!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

大和田の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

大和田の好感度が少し上昇した!

そろそろ大和田ともっと深い仲になれそうだ……

大和田が秘密を吐露するには、彼が『気になる人』の秘密を明かされる必要があるだろう……

今の自分なら、条件を満たしているだろう……

大和田と共に空き大部屋へと戻っていった……

―――
――

243: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 22:13:15.04 ID:CAo1rE3V0
 

寄宿舎廊下 → 空き大部屋

苗木(大和田クンは一人で佇んでいる……)

苗木(かける言葉が見つからない。>そっとしておこう)

苗木(さて、パーティが終わるにはまだまだ時間がある)

苗木(今度は誰のところに行こうか?)

※人物名を挙げて下さい(複数人可能。ただしその場合はコミュは発生しない)

22:18まで(コンマが一番小さい安価を採用します。>>4の「条件1」を適用)
 

255: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 22:22:47.47 ID:CAo1rE3V0
苗木(十神クンのところにお邪魔しようかな?)

苗木「十神クン」

十神「……苗木か。チケットは有効に使えよ」

苗木「いや、ボクじゃなくてさやかが貰ったじゃないか」

十神「……勝手に言ってろ」

苗木「?」

十神「ところで、ここは騒がしい。少し外に出るぞ」

苗木「えぇ!?」

1:そこまで言うなら……
2:そこまで言われても……

下3

259: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 22:32:14.57 ID:CAo1rE3V0
苗木「わ、分かったよ」

十神「そうだ、付いてくればいい」

―――
――


空き大部屋 → 寄宿舎廊下

苗木「そういえば、あれからどうなったの?」

十神「十神財閥の事か? ……それなら心配には及ばん」

苗木「なんとかなったんだね」

十神「俺は痛手を負ったがな。高過ぎる勉強料だ」

苗木「あはは……」

十神「……しかし、お前には……助けられなかった事もないな」

苗木(素直じゃないなぁ……)

十神「お前とこうしていると、なんだか前とは違う感じがする」

十神「……苗木、お前には分かるか?」

1:友情だと思うが
2:愛情とか言わないよな?
3:それは感情だ

下3

263: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 22:45:27.80 ID:CAo1rE3V0
苗木「友情だと思うよ」

十神「友情……か……」♪♪<ピロリロリーン

苗木「うん。ボクは十神クンの事を友達だと思っている」

十神「……物好きな奴だな。この俺を友達と言うのは……」

十神「確かにそうなのかもしれん。俺自身、そんな気持ちを抱いた事がないからそう言いきれんが……」

十神「だが、もしかしたら……この感情は、友情の他に、愛情なのかもしれない」

苗木「え、えええええ!?」

十神「別に不二咲のように恋人にしろとは言わん。愛人で構わない」

苗木「いやいやいや……」

十神「……お前にこれをやろう」

苗木「これは……十神クンのキャッシュカード?」

苗木(黒色なんて初めてみた……)

十神「自由に使え。俺の右腕であり、友達であり、愛人である証として、持っていろ」

苗木「最後のが余計だけど……ありがとう」

十神が愛人になった……

貴重品『十神のブラックカード』を手に入れた!

十神の好感度が大きく上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

十神の好感度が少し上昇した!

十神とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK9 → 10

十神のらーぶらーぶ度がRANK10に達した!

十神の通信簿が全て埋まった!

十神の好感度の上限が撤廃された!

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(十神クンは『子猫のヘアピン』『煩悩メガネ』『青いマフラー』『扇子「衣冠」』を喜び、『ルアックコーヒー』『水晶のドクロ』『マコト写本』を特に喜ぶだろう)

苗木(十神クンに何かプレゼントしようかな?)

十神に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:ブリオッシュ×1
 c:子猫のヘアピン×1
 d:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×1
 g:新品のサラシ×1
 h:オーラカメラ×1
 い:水晶のドクロ×1
 j:マコト写本×1
2:渡さない

22:49まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

269: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 22:56:52.85 ID:CAo1rE3V0
苗木(『ルアックコーヒー』を渡そうかな?)

苗木「十神クン、これをあげるよ」

十神「さすがだな、俺の好みを分かっているとは……ありがたく貰っておく」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

十神の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

十神の好感度が少し上昇した!

もう十神とは十分に深い絆で結ばれている……

十神「苗木。俺達の新たな門出に、欠けている物があるが……」

苗木「うん、遠慮しないで言ってよ」

十神「それは互いに苗字呼びという事だ。……苗木、ここまで言えば分かるよな?」

苗木「……いいよ、白夜クン」

十神「……誠」

十神としばらく話し合ってから空き大部屋に戻っていった……

―――
――

272: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 23:02:01.75 ID:CAo1rE3V0
苗木(なんだかとんでもない事になったな……夢だったらいいんだけど……)

苗木(さて、パーティが終わるにはあと少し時間がある)

苗木(主賓のさやかのところにお邪魔しようかな?)

苗木「さやか」

舞園「誠君! 今日はありがとうございます、誠君が企画したと聞いたので……」

苗木「恋人のために祝うのは当然だよ」

舞園「誠君……///」

苗木(さて、どうしようか?)

1:廊下へ場所を移す(コミュイベントが発生します) ●
2:何か話す(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
3:何かする(内容を挙げて下さい。≪カリスマ≫適用済) ●
4:他の人も呼ぶ(名前を挙げて下さい。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
5:キスをする ●
6:物を貰う
 a:パンツ
 b:ブラジャー
 c:靴下(ソックス)
7:誘う
※●は時間が経過する選択肢です。
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

23:05まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

280: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 23:10:19.59 ID:CAo1rE3V0
苗木「ちょっと、廊下に場所を移さない?」

舞園「ふふふ、いいですよ」

―――
――


空き大部屋 → 寄宿舎廊下

苗木「静かだね……」

舞園「そうですね……人もいませんし……」

苗木「えっと、さっそく不躾なお願いで悪いんだけど……さやかのパンツ、欲しいな」

舞園「え、パ、パンツですか?///」

苗木「う、うん。突然で悪いんだけど……///」

舞園「い、いえ。誠君の頼みなら……///」

舞園「その、誠君はどうするんですか?///」

1:顔を背ける
2:脱ぐ姿を見る
3:自分に脱がさせてほしい

下5

288: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 23:21:11.72 ID:CAo1rE3V0
 

苗木「さすがに脱いでるところを見るわけにはいかないよ」

苗木は顔を背けた……

舞園「そ、そうですか……」

舞園「……では……」

スッ……スル、スル……

苗木(そ、想像したら危ないな……///)

舞園「その、終わったので向いていいですよ?///」

苗木は顔を舞園の方に向けた……

舞園「はい、どうぞ///」

苗木「ありがとう///」

舞園のパンツを手に入れた!

コレクションとして大切に保管しよう……

―――
――

289: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 23:26:02.84 ID:CAo1rE3V0
苗木「……で、当然だけど本件はこれじゃないんだ」

舞園「で、ですよね///」

苗木「ついこの前の事だけど……作詞活動は順調かな?」

舞園「はい! 最初は悩みましたけど、書き出してからはスラスラと……」

苗木「『走り出したペンは止まらない!』ってやつだね」

舞園「はい、まさにそんな感じです!」

舞園「もし、この曲が売れたら……私は、前の地位に近い位置に戻ると思います」

苗木「へぇ、そうなの?」

舞園「おそらくは、ですが……」

1:応援してるぞ
2:まあ頑張ってくれ
3:自分も手伝おうか?

下3

293: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 23:33:38.60 ID:CAo1rE3V0
苗木「ボクもせっかくだし手伝おうか?」

舞園「お気持ちは嬉しいですが、これは私1人でやる事に意義があると思うので……」♪♪<ピロリロリーン

舞園「それに、誠君には楽しみにしていてほしいですから」

苗木「そう言われると余計気になるなぁ」

舞園「うふふ、楽しみにしていて下さいね?」

舞園から確かな愛情を感じる……

舞園の好感度が大きく上昇した!

舞園とのらーぶらーぶ度が上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

舞園の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

RANK13 → 14

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(さやかは『ブリオッシュ』『煩悩メガネ』『青いマフラー』を喜び、『子猫のヘアピン』『扇子「衣冠」』を特に喜ぶだろう)

苗木(さやかに何かプレゼントしようかな?)

舞園に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:子猫のヘアピン×1
 d:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×1
 ×:新品のサラシ×1
 h:オーラカメラ×1
 い:水晶のドクロ×1
 j:マコト写本×1
2:渡さない

23:37まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

299: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 23:42:19.87 ID:CAo1rE3V0
苗木(いい物がないし、止めておこうか……)

そろそろ舞園ともっと深い仲になれそうだ……

苗木(しかし、さやかと恋人同士になってから、さらに深い関係になっていったな……)

苗木(そろそろ自分の身の振り方……1つの『答え』を、出す時が近づいているのかもしれない……)

苗木(覚悟を決める必要がありそうだ)

舞園としばらくいちゃいちゃしてから空き大部屋へと戻っていった……

―――
――

300: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 23:47:17.82 ID:CAo1rE3V0
寄宿舎廊下 → 空き大部屋

苗木「料理もなくなったし、そろそろ片づけて解散しようか」

舞園「私も手伝いますよ!」

苗木「いや、いいよいいよ! 主役にやらせるわけにはいかないしさ」

舞園「いえ、誠君への感謝の気持ちとして、手伝わせて下さい」

苗木「……じゃあ一緒にやろうか」

舞園「はい、頑張りましょう!」

舞園も加わってクラスメート全員と七海とソニアと西園寺と小泉と罪木で片づけた……

―――
――

301: ◆igI1RpSKDI 2014/02/08(土) 23:49:02.71 ID:CAo1rE3V0
7月7日(日)曇り/雨
昼 → 夕
空き大部屋 → 自室

苗木(夕方のみ雨みたいだ……)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:購買部に行く
5:娯楽室に行く
6:プールに行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
7:図書室に行く
8:実験室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
9:情報技術室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
10:射撃場に行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
11:自室で勉強する(≪アルゴリズム≫適用済) ●
12:自室で本を読む(≪アルゴリズム≫≪豪傑≫≪波紋法≫≪無為自然≫適用済) ●
 a:『冒険王・上巻』(全2章・勇気+大)0/2
 b:『ミンポウソウソク』(全3章・知識+大)0/3
 c:『早きこと鳥風の如し』(全4章・知識+中・運動+中・≪??≫習得)2/4
 d:『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』(全4章・知識+中・運動+中・≪??≫習得)0/4
13:校舎辺りをうろつく
14:寄宿舎辺りをうろつく
15:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら昼も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に15が選択されます。

23:54まで(コンマが一番小さい安価を採用します。>>4の「条件1」を適用)

310: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 00:05:38.31 ID:gn9g5MbX0
 

苗木(……腐川さんと一緒に話でもしようかな?)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「腐川さん、いる?」

腐川『……苗木が何の用よ?』

苗木「よければ話でも……今、時間大丈夫?」

腐川『……分かったわよ、入れればいいんでしょ?』

―――
――


寄宿舎廊下 → 腐川冬子の部屋

苗木(まさに文学少女、って感じだな……本棚に本がギッシリとつまっている)

腐川「……ほら、お茶よ」

苗木「ありがとう」

腐川「……で、話って? 早く言いなさいよ……」

苗木「あ、うん。……やっぱり、デートの件は無理?」

腐川「ま、まだ誘う気でいるの? ……そういえば、あんた白夜様に認められたのよね」

苗木「認められた……って言うのかな?」

腐川「……あんたは……」

腐川「……『あいつ』について、どう思ってるの?」

苗木(あいつとは、おそらく『ジェノサイダー翔』の事だよね……)

1:残虐非道な殺人鬼
2:殺し癖のある人
3:テンション高い女性

下3

314: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 00:15:44.19 ID:gn9g5MbX0
苗木「いや、テンション高い女の子だなぁーって……」

腐川「……はぁ!? それだけ!?」♪♪♪<ピロリロリロリーン! 

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている…… 

腐川の好感度が少し上昇した! 

苗木「う、うん……」

腐川「それじゃああの『けい○ん!』もどきと同じじゃない……」

苗木(さりげに酷い事を言うな……)

腐川「そもそもあんた……は、くしゅ!」

苗木(あっ、くしゃみをしたって事は……)

ジャノサイダー「おっすまこちん! お久ー!」

苗木「うん、久しぶり……」

ジェノサイダー「おいおいダウナーってんじゃんかよ。アタシが一発コロリとしちゃおっか?」

苗木「遠慮しておくよ」

ジェノサイダー「まーくん真面目すぎだなぁ、げひゃひゃ!」

ジェノサイダー「……そうそう、今日はアンタに言いたい事があるんだった」

苗木「言いたい事?」

苗木(急にそっちも真面目になったぞ……)

ジェノサイダー「そそ。なんとなく状況はつかめてるから、アタシが確かめてやろうと思ってさ☆」

ジェノサイダー「いくぞオラァッ!」


――
―――

315: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 00:22:29.45 ID:gn9g5MbX0
ココロンパ 開始!

ジェノサイダー「……ま、なんだかんだ言ってアイツも【アンタの事悪く思っちゃいない】のよ」

ジェノサイダー「思った事はすぐ表現すりゃいいのに、面倒ったらありゃしないじゃん?」

ジェノサイダー「でもさ、アタシもアイツも【色々な事があった】んだよ」

ジェノサイダー「お世辞にもいい人生ではないのは分かんよなぁ? ねぇ?」

ジェノサイダー「まこりんは【全部背負う事が出来んの?】 どうなのよ?」

苗木(腐川さんの……いや、ジェノサイダーの意見に肯定か否定かを示すんだ!)

※『肯定』か『否定』をして下さい。

1:アンタの事悪く思っちゃいない
×:色々な事があった
3:全部背負う事が出来んの?

下3

319: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 00:37:29.70 ID:gn9g5MbX0
ジェノサイダー「まこりんは【全部背負う事が出来んの?】 どうなのよ?」

苗木「そ の 意 見 に 賛 成 だ !」肯定!!

―――
――


苗木「……腐川さん、いや、ジェノサイダー」

苗木「分かってて聞いてるでしょ?」

ジェノサイダー「……はー、ほんとまこぴょんは食えない男よねー」

ジェノサイダー「でも、そんでも聞きたいのよ。何より『アタシ』のために」

苗木「……出来るよ。いや、する。してみせる」

ジェノサイダー「嘘ついたら首チョンパだからね? うっひゃっひゃっひゃ!」

苗木「いいよ、それでも」

ジェノサイダー「……ん。それじゃ、アタシはお役御免だ」

ジェノサイダー「こうしてまっくんの前に出る事があるかどうかは分からないけど……」

ジェノサイダー「『アイツ』の事、頼むぜ」

苗木「キミの事も、任されたよ」

ジェノサイダー「……っけ! そんじゃ、ばいぴー☆」ガンッ!

ジェノサイダー翔は思いっきり壁に頭を打ち付けた……

腐川「ま、またなの……?」

苗木「う、うん……」

腐川「おぼろげながら、意識があって聞いていたわ……珍しい事にね……」

腐川「あ、あんた本気なの?」

苗木「当たり前だ。口だけじゃないよ」

腐川「……ふん、まだ完全に信じたわけじゃないから……」

腐川「……だから、しょ、証明してみせなさい! あ、あんたの気持ちをね!」ニコッ

その時浮かべた腐川さんの笑顔は、ぎこちないながらも……初めて彼女が浮かべた笑顔だった……

成績優秀な苗木に注目が集まる…… 

腐川の好感度が少し上昇した! 

腐川とのらーぶらーぶ度が上昇した! 

RANK7 → 8 

心の奥底から確かな希望を感じる…… 

腐川との希望のカケラが1個集まった! 

RANK4 → 5 

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(腐川さんは『マコト写本』を特に喜ぶだろう)

苗木(腐川さんに何かプレゼントしようかな?)

腐川に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:子猫のヘアピン×1
 d:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×1
 ×:新品のサラシ×1
 h:オーラカメラ×1
 i:水晶のドクロ×1 
 j:マコト写本×1
2:渡さない

0:41まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

325: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 00:51:51.00 ID:gn9g5MbX0
 

苗木(『マコト写本』を渡そうかな?)

苗木「腐川さん、これあげるよ」

腐川「な、なによ苗木のくせに……で、でもいい本だから貰ってあげるわ///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

腐川の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

腐川の好感度が少し上昇した!

そろそろ腐川ともっと深い仲になれそうだ……

腐川「……苗木///」

苗木「ん? どうかした?」

腐川「あんたの言葉を確かめるために……こ、今度あたしの用事に付き合いなさい!///」

苗木「分かったよ。その時が来たら教えてほしいな」

腐川と別れて自室へと戻っていった……

―――――

≪ドロップ≫チャンス!
指定時間以内に『ぞろ目』のコンマがあればアイテム入手。
該当安価が多ければ多いほどアイテムは豪華になります。
連投可能。ただし、間に別のIDがはさんだ場合に限る。

0:55まで(本文は希望に溢れるものでも絶望に溢れるものでも(適当で)いいです)

349: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 00:59:09.55 ID:gn9g5MbX0
 

自室へと戻る途中、落し物を拾った……

誰の物か分からないし、自分で預かっておいた方がいいかもしれない……

いや、もしかしたら不要なので捨てたのでは……?

せっかくだから、自分が有効活用しよう……

『草笛』を手に入れた!

―――
――

350: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 01:04:16.81 ID:gn9g5MbX0
7月7日(日)曇り/雨
夕 → 夜
腐川冬子の部屋 → 自室

苗木(腐川さんの笑顔、可愛いじゃないか。彼女の魅力に気付かなかった男子達は酷いな……)

苗木(さて、今日は蜜柑と澪田さんか)

苗木(食堂へ行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(栄養がバランスよく取れるな……それに、一品一品丁寧に作られたのが分かる)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:08まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

359: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 01:17:54.30 ID:gn9g5MbX0
 

苗木(腐川さん、澪田さん、終里さん、大和田クン、葉隠クン、狛枝クンと一緒に食べようかな?)

苗木「腐川さん、澪田さん、終里さん、大和田クン、葉隠クン、狛枝クン」

腐川「あ、苗木……」

澪田「ま、誠ちゃん、どうしたっすか?」

終里「め、飯か?」

苗木「うん。一緒にどうかな?」

大和田「……おう」

葉隠「久しぶりだべ!」

狛枝「ああ、なんてボクは幸運なんだ!」

苗木「大袈裟だよ……」

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:今日の夕食の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:腐川・澪田・終里について
 f:大和田常務について
 g:葉隠に占ってもらう
 h:狛枝の話を聞く
 i:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

1:21まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

366: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 01:30:32.35 ID:gn9g5MbX0
苗木「葉隠クン、誕生日パーティの時にさやかにした占いについて詳しく聞きたいんだけど……」

葉隠「まず希望ヶ峰を卒業するまで1年半かかるべ、そしてノヴォセリック編でおそらく1年後に受精安価が成功するとの見通しだべ」

大和田「メッタメタだな、おい」

狛枝「それ葉隠クンの考えじゃないよね? 残念だよ」

終里「じゃあ誰の考えなんだ?」

腐川「く、詳しくは考えないほうがいいわよ、絶対に……」

澪田「そう言われると気になるっすねー」

苗木(なんとなく分かった気がするな……)

大和田・葉隠・腐川・狛枝・終里・澪田と葉隠の占いについて話し合った……

大和田・葉隠・腐川・狛枝・終里・澪田の好感度が上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

大和田・腐川・狛枝・終里・澪田の好感度が少し上昇した!

葉隠の好感度は現状だと変動しないようだ……

まだ狛枝ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ大和田・葉隠・腐川・終里・澪田ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて自室へと戻っていった……

―――
――

 
390: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 20:13:24.69 ID:gn9g5MbX0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(そう言えば、『ニードレス☆照れ☆PHONE』持ってたな、後日聴いてみようか)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する(≪アルゴリズム≫適用済) ●
5:本を読む(≪アルゴリズム≫≪豪傑≫≪波紋法≫≪無為自然≫適用済) ●
 a:『冒険王・上巻』(全2章・勇気+大)0/2
 b:『ミンポウソウソク』(全3章・知識+大)0/3
 c:『早きこと鳥風の如し』(全4章・知識+中・運動+中・≪??≫習得)2/4
 d:『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』(全4章・知識+中・運動+中・≪??≫習得)0/4
6:娯楽室に行く
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

20:18まで(コンマが一番大きい安価を採用します。>>4の「条件2」を適用)

396: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 20:28:04.46 ID:gn9g5MbX0
苗木(むくろと一緒に過ごそうかな?)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「むくろー、ボクだけどー」

戦刃『ま、誠君!? ちょっと待っててね!』

―――
――


寄宿舎廊下 → 戦刃むくろの部屋

苗木「ごめんね、急に来ちゃって」

戦刃「全然構わないよ!」

苗木「そっか……そういえば、あれから射撃に関してはどうなったの?」

戦刃「誠君のおかげで元に戻れたよ///」

苗木「そ、それはよかったね///」

戦刃「うん……///」

戦刃「……ねえ、誠君」

苗木「ん?」

戦刃「その……最近、自分の心の内がいつもと違くて……ど、どうしたらいいのかなぁ……?」

苗木(むくろの心の中に何らかの変化が訪れているのか?)

1:自分に聞かれてもお手上げだ
2:そのままでいいのでは?
3:戦刃の事を抱きしめる

下3

404: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 20:39:37.65 ID:gn9g5MbX0
  

苗木「……………」

苗木は戦刃の事を抱きしめた……

戦刃「わ、わわわ、だ、抱きしめられてる///」

苗木「……どう、心は落ち着いた?」

戦刃「……うん、誠君に抱きしめられたら、さっきまでの感じがなくなっちゃった///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

戦刃の好感度が少し上昇した!

戦刃「なんだろう……前と違って、『絶望』について考えられなくなっちゃった///」

苗木(なるほど、希望がいつの間にか絶望を圧倒していたのか……)

苗木(こんなところでも姉妹の差が出るんだな……)

戦刃から確かな信頼を感じる……

戦刃の好感度が大きく上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

戦刃の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

戦刃の好感度が少し上昇した!

戦刃とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK10 → 11

戦刃の通信簿から『超高校級の絶望』が消えた……

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(むくろは『煩悩メガネ』『青いマフラー』『扇子「衣冠」』を喜び、『子猫のヘアピン』を特に喜ぶだろう)

苗木(むくろに何かプレゼントしようかな?)

戦刃に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:子猫のヘアピン×1
 d:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×1
 g:新品のサラシ×1
 h:オーラカメラ×1
 i:水晶のドクロ×1
 j:草笛×1
2:渡さない

20:43まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

414: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 20:48:49.85 ID:gn9g5MbX0
苗木(もしかしたら喜ばないかもしれないし、やめておこう……)

成績優秀な苗木に注目が集まる……

戦刃の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

戦刃の好感度が少し上昇した!

そろそろ戦刃ともっと深い仲になれそうだ……

苗木(……うーむ……)

1:物を貰う
 a:パンツ
 b:ブラジャー
 c:靴下(ソックス)
2:貰わない
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

20:52まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

420: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 20:54:17.01 ID:gn9g5MbX0
苗木(うん、抱きついている時に考える事じゃないよね)

戦刃「……? どうしたの?」

苗木「いや、なんでもないよ」

戦刃と就寝時間になるまでいちゃいちゃした……

―――
――

421: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 20:57:34.56 ID:gn9g5MbX0
7月7日(日)曇り/雨 → 7月8日(月)晴れ
戦刃むくろの部屋 → 自室

苗木(また1週間が始まる……)

苗木(食堂に行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(なんだろう……何とも言えないな……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:01まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

428: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 21:08:30.94 ID:gn9g5MbX0
 

苗木(ソニアと一緒に食べようかな)

苗木「ソニア」

ソニア「苗木さん、グッドモーニングです!」

苗木「うん、おはよう。朝食を一緒に食べようよ」

ソニア「はい!」

苗木「ありがとう」

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:今日の朝食の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:嫁掲示板について
 f:ノヴォセリック王国事情
 g:告白の時の裏事情
 h:食べさせ合う
 i:惚気合う
 j:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に15レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

21:12まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

436: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 21:17:31.71 ID:gn9g5MbX0
苗木「そういえば、ノヴォセリック王国の事についてなんだけど……」

ソニア「あっ!」

苗木「え? ど、どうかした?」

ソニア「いえ、夏休みの間で一時期、向こうに戻る必要があるかもしれません」

苗木「そっか、それは仕方ないね……」

ソニアとノヴォセリック王国について話し合った……

ソニアの好感度が上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

ソニアの好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

ソニアの好感度が少し上昇した!

そろそろソニアともっと深い仲になれそうだ……

ソニアの分の食器も片づけて教室へと向かっていった……

―――
――

437: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 21:19:38.69 ID:gn9g5MbX0
7月8日(月)晴れ
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(なんか授業聞かなくても大丈夫になってきたな……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

21:23まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

444: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 21:27:41.27 ID:gn9g5MbX0
苗木(真昼と一緒に食べようかな)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「あっ、真昼」

小泉「誠じゃない。どうかしたの?」

苗木「昼食、一緒に食べない?」

小泉「ええ、いいわよ」

苗木「よし、それじゃあ食堂に行こう」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(珍しく朝昼共に2人で食べてるな……)

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:今日の昼食の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:嫁掲示板について
 f:写真について
 g:舞園の誕生日について
 h:食べさせ合う
 i:惚気合う
 j:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

21:31まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

452: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 21:38:06.16 ID:gn9g5MbX0
苗木「昨日のさやかの誕生日の時に、あげたアルバムについてだけど……」

小泉「あれがどうかしたの?」

苗木「いや、ボクの写真が多いとかなんとか……」

小泉「す、好きな人だから……どうしても、写真の数が多いのよ///」

苗木「そうなんだ///」

小泉と舞園の誕生日パーティについて話し合った……

小泉の好感度は現状だと変動しないようだ……

成績優秀な苗木に注目が集まる……

小泉の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

小泉の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ小泉ともっと深い仲になれそうだ……

小泉の分も食器を片づけて教室へと戻っていった……

―――
――

453: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 21:41:12.82 ID:gn9g5MbX0
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(何枚ぐらいあったんだろう……)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:図書室に行く
5:辺りをうろつく
6:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

22:00まで(コンマが一番小さい安価を採用します。>>4に「条件1」を適用)

 

460: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 22:15:22.26 ID:gn9g5MbX0
苗木(図書室に行こうかな)

―――
――


本学科2年教室 → 図書室

苗木(腐川さんがいて、白夜クンはいないと)

苗木(腐川さんはボクを見るなり素早く本の方を向いた。嫌われたかな……)

苗木(さて、どうしようか?)

×:本を借りる(1冊まで指定できます)
2:一人で勉強する ●
3:複数人で勉強する(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪アルゴリズム≫≪コーチング≫適用済) ●
4:本を読む(≪アルゴリズム≫≪豪傑≫≪波紋法≫≪無為自然≫適用済) ●
 a:『冒険王・上巻』(全2章・勇気+大)0/2
 b:『ミンポウソウソク』(全3章・知識+大)0/3
 c:『早きこと鳥風の如し』(全4章・知識+中・運動+中・≪??≫習得)2/4
 d:『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』(全4章・知識+中・運動+中・≪??≫習得)0/4
5:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に5が選択されます。

22:19まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

465: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 22:26:02.26 ID:gn9g5MbX0
苗木(『早きこと鳥風の如し』を読もうか……)

『早きこと鳥風の如し』を読んでみた……

誰よりも早さに自信のある鳥が、領空争いのために何度も出撃してはMVPに輝いたり、キラキラ遠征したりする様がスピード感ある文体で書かれている……

図書館で読んでいるせいか、いつもより内容が理解出来る気がする……

知識はもう十分過ぎるほど成長している……

図書館で読んでいるせいか、いつもよりページをめくるのが早くなっている気がする……

『早きこと鳥風の如し』を読破した!

知識はもう十分過ぎるほど成長している……

運動が上昇した!

運動が『滲み出るほど』から『壁超え』になった!

≪波紋法≫により運動の効率が上がっている……

運動はもう十分過ぎるほど成長している……

≪速読≫を習得した!

効果:本を読む時に一気に2倍の章を読むようになる。

『早きこと鳥風の如し』を返却した……

図書室を出て教室へと戻っていった……

―――
――

466: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 22:31:51.09 ID:gn9g5MbX0
7月8日(月)晴れ
昼 → 夕
図書室 → 本学科2年教室

苗木(何をしようかな?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

22:35まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

473: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 22:44:42.86 ID:gn9g5MbX0
苗木(辺古山さんと話でもしようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 道場

苗木「辺古山さん、ここにいたんだ」

辺古山「苗木か。その様子だと私を探していたのか?」

苗木「うん。もしかして今忙しいかな?」

辺古山「いや、一段落ついたところだ。どうしたんだ?」

苗木「辺古山さんと話でもしようと思ってね」

辺古山「そうか……そうだ、苗木、礼を言うのを忘れていた」

苗木「な、なんの?」

辺古山「坊っちゃんと友達になってくれた事だ」

苗木「あー……別に、お礼を言われたいためにそうしたわけじゃないから」

辺古山「ふっ、苗木らしい回答だな」

辺古山「しかし、これで私もお役御免だな……」

辺古山「寂しくはあるが、坊っちゃんが成長されてなによりだ」

1:後は自分に任せとけ
2:どういう意味だ?
3:誰がそんな事を言った

下3

477: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 22:54:25.90 ID:gn9g5MbX0
苗木「誰がそんな事を言ったのさ?」

臆する事無く言い放った……

勇気はもう十分過ぎるほど成長している……

≪豪傑≫な態度ができている……

勇気はもう十分過ぎるほど成長している……

辺古山「な、なんだ急に!」

苗木「冬彦クンが辺古山さんに対してそのような内容の事を言ったの?」

辺古山「い、言ってないが……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

辺古山の好感度が少し上昇した!

辺古山「しかし、坊っちゃんに友人が出来たのであれば、道具たる私は用済みの身」

辺古山「私の事に構う必要などないだろう!」


――
―――

478: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 23:03:10.52 ID:gn9g5MbX0
ココロンパ 開始!

辺古山「私は、坊っちゃんに幼い頃から仕えている」

辺古山「坊っちゃんを阻む者は【何人も斬ってきた】……」

辺古山「さながら、【オートマタのようなもの】だな」

辺古山「確かに、【斬らなくてもいいものがある】のは分かっている」

辺古山「だが、坊っちゃんについていく以上、仕方のなかった事なんだ」

苗木(辺古山さんの意見に肯定か否定かを示すんだ!)

※『肯定』か『否定』をして下さい。

1:何人も斬ってきた
2:オートマタのようなもの
×:斬らなくてもいいものがある

下3

482: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 23:18:59.51 ID:gn9g5MbX0
 

苗木(……あ、あれ? なんだか記憶が……)

辺古山「苗木か。どうかしたのか?」

苗木「ええと……そうだ、辺古山さんを探していたんだよ」

辺古山「なるほど、何の用だ?」

苗木「辺古山さんと話でもしようと思ってね」

辺古山「そうか……そうだ、苗木、礼を言うのを忘れていた」

苗木「な、なんの?」

辺古山「坊っちゃんと友達になってくれた事だ」

苗木「あー……別に、お礼を言われたいためにそうしたわけじゃないから」

辺古山「……そうか、苗木らしいと言えばらしい回答だな」

辺古山「坊っちゃんは極道者である故に、孤独であったとも言える」

辺古山「私は友達と言える関係ではないからな」

辺古山「……こんな時、どういう事をすれば気が利くのか、私には分からんな」

辺古山「苗木なら分かるか?」

1:自分を排除すればいい
2:祝えばいいんじゃないか?
3:笑えばいいと思うよ

下3

486: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 23:35:42.64 ID:gn9g5MbX0
苗木「そういうときは、笑えばいいんだよ。『よかったな』ってね」

辺古山「……まだそういう事を言うのだな」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

辺古山の好感度が少し上昇した!

辺古山「前に言ったはずだ。『私に笑顔は似合わない』と」

苗木「ボクも前に言ったよ。『辺古山さんに笑顔を思い出させる』と」

辺古山「……ムダだ」

苗木「なんで?」

辺古山「失った感情は、復活しない」

辺古山「殺して、殺して……なくなったのだ」


――
―――

487: ◆igI1RpSKDI 2014/02/09(日) 23:44:52.71 ID:gn9g5MbX0
ココロンパ 開始!

辺古山「極道の世界にいると、様々なものを手放さざるを得ない」

辺古山「それが【望む望まないに関わらず】……だ」

辺古山「確かに私は、一時お前に【小泉の写真について尋ねた】事があったな」

辺古山「だが、小泉の写真……【笑顔は私に何の影響も与えない】。ゆえに不必要なのだ」

辺古山「もしも、私が普通の人間だったら違ってただろうがな」

苗木(辺古山さんの意見に肯定か否定かを示すんだ!)

※『肯定』か『否定』をして下さい。

×:望む望まないに関わらず
2:小泉の写真について尋ねた
3:笑顔は私に何の影響も与えない

下3

491: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 00:06:02.50 ID:51eEo4/Z0
辺古山「だが、小泉の写真……【笑顔は私に何の影響も与えない】。ゆえに不必要なのだ」

苗木「そ れ は 違 う よ !」否定!!

―――
――


苗木「……辺古山さん」

苗木「なんというか、主従で似ているとは……」

辺古山「な、何の話だ?」

苗木「冬彦クンは『妹の死』から逃げ、そして辺古山さんは『笑顔』から逃げる……」

苗木「あの時、笑顔が自身には似合わない事は肯定してたけど、『力』そのものは否定してなかったはずだ」

苗木「少なくとも、気にはなっていた」

苗木「でなきゃわざわざ真昼の写真の事を尋ねたりなんかしない」

苗木「……辺古山さん。笑顔は難しいものじゃない」

苗木「きっとキミは難しく考えてしまっている。だから避ける。否定する」

苗木「でも、もっと単純なものなんだよ」

辺古山「単純……?」

苗木「自分の感情に暖かさを感じた時、自然と出てくるものなんだよ。自ら作るものじゃない」

苗木「ボクと冬彦クンが友達になったと聞いた時……おそらく冬彦クン本人から聞いたと思うけど、どう思った?」

苗木「悲しかった? 憤りを感じた?」

辺古山「いや……違う……」

苗木「なら、それを素直に感じればいいんだ。逃げる必要なんてない」

苗木「ボクは冬彦クンだけでなく、辺古山さんの事も友達だと思っている。とても大切な友達……かけがえのない友達……」

辺古山「わ、私がか!?」

辺古山「私が……苗木の、友達……」

辺古山「……うう……」ポロッ…

辺古山は涙を流し始めた……

苗木「ぺ、辺古山さん!?」

辺古山「違う……違うんだ……まさか私に、そう言ってくれるとは……」ポロポロ…

辺古山「ああ、私はずっと、遠回りに遠回りを重ね……時には逆走さえしながら、ずっと『これ』を求めていたのかもしれない……」ポロポロ…

辺古山「自分には相応しくないと手を引っ込めてしまった、だが伸ばせば届いたはずのもの……」ポロポロ…

辺古山「……………」

辺古山「苗木、お前のお陰でようやく『自分』が……そして、『感情』が取り戻せたかもしれない」

辺古山「私は今、とても満ち足りている……これが、『希望』なんだな……」ニコッ

その時浮かべた辺古山さんの笑顔は、目が充血してこそいたが……初めて彼女が浮かべた笑顔だった……

492: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 00:08:32.11 ID:51eEo4/Z0
辺古山の好感度が大きく上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

辺古山の好感度が少し上昇した!

辺古山とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

心の奥底から確かな希望を感じる……

辺古山との希望のカケラが1個集まった!

RANK4 → 5

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(辺古山さんは『新品のサラシ』を喜び、『子猫のヘアピン』を特に喜ぶだろう)

苗木(辺古山さんに何かプレゼントしようかな?)

辺古山に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:子猫のヘアピン×1
 ×:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×1
 g:新品のサラシ×1
 h:オーラカメラ×1
 i:水晶のドクロ×1
 j:草笛×1
2:渡さない

0:12まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

497: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 00:18:24.85 ID:51eEo4/Z0
苗木(『子猫のヘアピン』を渡そうかな?)

苗木「辺古山さん、これあげるよ」

辺古山「こ、こんなに可愛いものを貰っていいのか? ……ふふ、苗木には敵わないな///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

辺古山の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

辺古山の好感度が少し上昇した!

そろそろ辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

辺古山「苗木、少し待ってくれ///」

苗木「何かあった?」

辺古山「その、これからも色々と私に付き合って貰えないか? 話したい事もあるしな……///」

苗木「もちろんだよ。ボクもそのつもりさ」

辺古山と別れて自室へと戻っていった……

―――
――

498: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 00:23:47.47 ID:51eEo4/Z0
7月8日(月)晴れ
夕 → 夜
道場 → 自室

苗木(今日は花村クンだね)

苗木(食堂に行こうね)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(父ブーニベルゼと母ムイン……なるほど、わからん)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:27まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

505: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 00:33:19.54 ID:51eEo4/Z0
苗木(ソニアと一緒に食べようかな?)

苗木「ソニア」

ソニア「朝ぶりですね、誠さん」

苗木「うん。夕食、一緒に食べようかと思って誘ったんだけど……」

ソニア「どうして断る必要がありましょうか。あそこに2人席が空いてますよ!」

苗木「じゃあそこにしようか」

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:今日の夕食の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:嫁掲示板について
 f:ノヴォセリック王国事情
 g:告白の時の裏事情
 h:食べさせ合う
 i:惚気合う
 j:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

0:37まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

513: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 00:43:54.79 ID:51eEo4/Z0
苗木「この前嫁掲示板でB級グルメフェアに行きたいって書いてたよね?」

ソニア「はい、そうですけど……」

苗木「ならさ、今度の13日に行かない?」

ソニア「よろしいのですか?」

苗木「うん、ボクの方は予定入ってないし」

ソニア「分かりました! 楽しみにしていますね!」

ソニアとデートの約束を取り付けた……

ソニアの好感度が上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

ソニアの好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

ソニアの好感度が少し上昇した!

ソニア「その、誠さん?」

苗木「うん、何かな?」

ソニア「明日でお暇な時ってありますでしょうか?」

1:昼
2:夕
3:夜
4:忙しい

下5

520: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 00:48:36.46 ID:51eEo4/Z0
苗木「じゃあ、夜に会おうか」

ソニア「はい、お待ちしております」

明日の夜にソニアと過ごす約束をした……

ソニアの分の食器も片付けて、自室へと戻っていった……

―――
――

521: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 00:50:06.26 ID:51eEo4/Z0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(なんで『け○おん!』のオープニングソングって悉く早口なんだろう……)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する(≪アルゴリズム≫適用済) ●
5:本を読む(≪アルゴリズム≫≪豪傑≫≪波紋法≫≪無為自然≫適用済) ●
 a:『冒険王・上巻』(全2章・勇気+大)0/2
 b:『ミンポウソウソク』(全3章・知識+大)0/3
 c:『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』(全4章・知識+中・運動+中・≪??≫習得)0/4
6:娯楽室に行く
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

0:55まで(コンマが一番小さい安価を採用します。>>4の「条件1」を適用)

532: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 01:00:45.44 ID:51eEo4/Z0
 

苗木(娯楽室に行こう……)

―――
――


自室 → 娯楽室

苗木(誰もいないや……)

苗木(静かだな……どうしよう……?)

1:モノモノヤシーンを回す(≪スティング≫≪レイズ≫適用済) ●
 a:慎重に回す(景品がコンマ判定になります)
 b:大胆に回す(当たりがコンマ判定になります)
 c:慎重かつ大胆に回す(景品・当たりともにダイスで決定します)
2:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

1:04まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

535: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 01:09:57.57 ID:51eEo4/Z0
苗木(慎重かつ大胆に回してみるか……)

判定
1回目:1D100 → 66(青いマフラー) / 1D100 → 83(外れ)
2回目:1D100 → 81(花咲きアロハ) / 1D100 → 48(外れ)
3回目:1D100 → 19(魔邪捨椅子) / 1D100 → 63(外れ)
4回目:1D100 → 55(ブリオッシュ) / 1D100 → 49(外れ)
5回目:1D100 → 60(赤い縄) / 1D100 → 59(外れ)

苗木(うーん……いいのか悪いのか……)

苗木(新しいアイテムはないみたいだ)

娯楽室を出て自室へと戻っていった……

―――
――

536: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 01:17:28.74 ID:51eEo4/Z0
7月8日(月)晴れ → 7月9日(火)晴れ
娯楽室 → 自室

苗木(さすがにもう告白されないよな……)

苗木(とりあえず食堂へ……)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(デジ○ンテイ○ーズで新宿に都庁があるのを知ったな……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:21まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

543: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 01:32:22.59 ID:51eEo4/Z0
苗木(千秋、ソニア、腐川さん、終里さん、澪田さん、辺古山さん、さやかを誘おうかな)

苗木「千秋、ソニア、腐川さん、終里さん、澪田さん、辺古山さん、さやか」

七海「誠君だ。朝一でこうして好きな人に会えると嬉しいな///」

ソニア「ふふ、そうですね///」

腐川「……フン」

終里「あー……何か用か?」

苗木「朝食をこのメンバーで食べられたらなって」

澪田「唯吹はいいと思うっすよー」

辺古山「そ、そうだな。うん、問題ない」

舞園「果たして誰が1歩踏み出すのか……気になりますね」

苗木「?」

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:今日の朝食の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:胸の大きさについて
 f:七海の話を聞く
 g:ノヴォセリック王国事情
 h:舞園とこれから
 i:腐川・終里・澪田・辺古山について
 j:澪田とゲームする
 k:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

1:36まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

551: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 01:44:44.79 ID:51eEo4/Z0
苗木「澪田さん、せっかくだし前みたいに何かゲームでもしようか」

澪田「ほっほー、では『スプーン豆掬い』をするっす!」

苗木「ルールは?」

澪田「単純っすよ。スプーンで1度にどれくらい豆が掬えるかっす!」

苗木「分かったよ」

※スプーンで何個豆が掬えたか安価で決定します。
※コンマの数÷5個の豆が取れます。
※この勝負には>>4の規定①~⑤は適用されません。
※それぞれ、真ん中のコンマを採用します。

下1・3・5(苗木)下2・4・6(澪田)

559: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 01:57:29.94 ID:51eEo4/Z0
苗木(12個、か……掬えた方だろう)

苗木「こっちは12個だけど、そっちは?」

澪田「同じっす! ドローっすね!」

七海「両方ともナイスファイト、だよ」

ソニア「お疲れさまでした」

腐川「つ、つまらないわね……」

終里「見てる方も消化不良だな」

辺古山「いや、これがいいのだろう」

舞園「誠君、おしかったですね」

苗木「まあ、いいんじゃないかな」

澪田と勝負をした……

舞園・腐川・終里・七海・ソニア・澪田・辺古山の好感度が上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

舞園・腐川・終里・七海・ソニア・澪田・辺古山の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園・七海・ソニアの好感度が少し上昇した!

そろそろ舞園・腐川・終里・七海・ソニア・澪田・辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

恋人の分の食器も片付けて、教室へと向かっていった……

―――
――

560: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 02:01:31.48 ID:51eEo4/Z0
7月9日(火)晴れ
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(佐為……最初は女だと思ってたな)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

2:05まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

566: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 02:16:25.57 ID:51eEo4/Z0
苗木(千尋、大和田クン、千秋、腐川さん、終里さん、辺古山さんと一緒に食べよう)

苗木「千尋、大和田クン、腐川さん」

不二咲「誠君、呼んだぁ?」

苗木「うん。お昼を千秋、終里さん、辺古山さんと一緒にどうかな」

大和田「女ばっかだな……行くけどよ」

腐川「まったく……行かない事もないわ」

苗木「ありがとう、2人とも」

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「千秋、終里さん、辺古山さん、一緒に食べようよ」

七海「もちろんだよ」

終里「あ、ああ……」

辺古山「誘いとあらば仕方がないな」

苗木「別に無理を言ったつもりはないけど……」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(藤崎あ○りか奈瀬明○美で言うと後者だな……)

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:食事の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:合コンの話
 f:不二咲と七海
 g:大和田に話を振る
 h:腐川・終里・辺古山について
 i:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

2:20まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

569: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 02:27:19.32 ID:51eEo4/Z0
苗木「気のせいかもしれないけど、腐川さん、終里さん、辺古山さん……なんかいつもと様子が違わないかな?」

腐川「べっ、別にそんな事ないわよ!///」

終里「そ、そうだぜ! いつも通りだっての!///」

辺古山「き、気のせいではないか?///」

苗木「そっか、ごめんね、変な事言っちゃって……」

不二咲「ええっとぉ……」

大和田「あの腐川までもがなぁ……」

七海「応援はしてるよ、うん」

苗木(応援?)

腐川・終里・辺古山について話し合った……

大和田・腐川・不二咲・終里・七海・辺古山の好感度が上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

大和田・腐川・不二咲・七海・辺古山の好感度が少し上昇した!

終里の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

七海の好感度が少し上昇した!

不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ大和田・腐川・不二咲・七海・辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

不二咲と七海の分の食器も片付けて今教室へと戻っていった……

―――
――

579: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 20:13:25.27 ID:51eEo4/Z0
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(♪君が今僕を支えて 僕が今君を支える)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:図書室に行く
5:辺りをうろつく
6:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

20:18まで(コンマが一番小さい安価を採用します。>>4の「条件1」を適用)

588: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 20:27:18.34 ID:51eEo4/Z0
苗木(桑田クンと話でもしようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「桑田クン」

桑田「苗木かよ、オレに何の用だ?」

苗木「よかったら話でもしない?」

桑田「話なぁ……あ、そうそう聞いてくれよ!」

苗木「なになに?」

桑田「この前ある小学校に『野球を教えて欲しい』って招かれたわけよ!」

苗木「へぇー、すごいじゃないか」

桑田「よくはねえよ。小学校って時点で嫌な予感がしてたのに、野球で呼ばれるなんてよ」

1:結局断ったのか?
2:名誉な事だな
3:同情する

下3

594: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 20:39:23.93 ID:51eEo4/Z0
苗木「結局断ったの?」

桑田「当たり前じゃねぇか! オレが出たいのはバンドだぜ!?」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

桑田の好感度が少し上昇した!

桑田「ったく、他にも人はいるだろうによー」

苗木「それはキミが『超高校級の野球選手』だからだよ」

桑田「……まったく、迷惑な肩書だぜ……」

桑田「オレは別に……野球なんて好きじゃねえのに……」

苗木(野球を否定し、音楽の道を歩んでいる桑田クン……)

苗木(本当に、本人は野球を捨てたのだろうか?)


――
―――

595: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 20:43:28.16 ID:51eEo4/Z0
ロジカルダイブ 開始!

苗木(桑田クンには、夢がある)

苗木(志望理由が『モテるため』と、些か不純だが……)

苗木(それでも、その夢に対しての意思は固そうに思えなくもない)

苗木(それはつまり……)

1:超高校級の野球選手
2:超高校級のミュージシャン
3:超高校級のホスト

下3

600: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 20:53:25.93 ID:51eEo4/Z0
    ╋┓                                      ┏╋
    ┗╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┛
       :     超 高 校 級 の ミ ュ ー ジ シ ャ ン     :
    ┏╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┓
    ╋┛                                      ┗╋



苗木(『超高校級のミュージシャン』となって、パンクで世界を獲る……)

苗木(澪田さんは厳しい事を言ってたけどね)

苗木(それはともかく、ミュージシャンについて語っていた時、ある主張をしていた)

苗木(彼にしては、珍しくまともな意見だと思ったっけ)

苗木(それはつまり……)

1:自分のしたい事をすべき
2:音楽は世界を平和にする
3:女にモテる近道をしたい

下3

604: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 21:04:36.96 ID:51eEo4/Z0
    ╋┓                                      ┏╋
    ┗╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┛
       :      自 分 の し た い 事 を す べ き      :
    ┏╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┓
    ╋┛                                      ┗╋



苗木(必ずしも、自分の『才能』が自分の『夢』と一致するわけではない……)

苗木(だからこそ、『自分のしたい事をすべき』だと桑田クンは言っていた)

苗木(彼のしたい事は、聞けば当然『音楽』と返すだろう……)

苗木(彼の本当に熱中できるものは、したいものは、音楽だろうか? 野球だろうか?)

苗木(それはつまり……)

1:音楽
2:野球
3:音楽と野球

下3

608: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 21:16:00.30 ID:51eEo4/Z0
    ╋┓                                      ┏╋
    ┗╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┛
       :             音 楽 と 野 球             :
    ┏╋━━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━━╋┓
    ╋┛                                      ┗╋



苗木(……そう、全ては繋がった)

苗木(桑田クンは『超高校級の野球選手』だけど、『超高校級のミュージシャン』になるのが夢だと言った)

苗木(その理由は、女にモテるのもあるが、『自分のしたい事をすべき』という信念に従っている)

苗木(でも、彼は心の奥底では……『音楽と野球』、両方好きなのではないだろうか?)

苗木(それをいつの間にか忘れてしまっていたのかもしれない)

苗木(でも、希望は前に進むんだ!)

苗木(偽りの心情に支配されたとしても!!)

苗木(その思いを、ここで断ち切ってみせるんだ!!!)

―――
――

609: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 21:23:34.61 ID:51eEo4/Z0
苗木「……桑田クン」

苗木「本当は、そうは思ってないんじゃないかな?」

桑田「ど、どういう意味だよ!?」

苗木「確かにキミは、音楽が好きなんだろう」

苗木「その熱意も固そうだし、頑張っているのは傍目に見ても分かる」

苗木「でも、一方で野球の事も捨て切れていないのでは?」

桑田「そんな事ねーって!」

苗木「部屋の片隅にこそ置かれているが、処分はされていない野球道具……」

苗木「キミは、本能的に踏みとどまっているんだ」

苗木「野球を捨ててはならない、と……」

桑田「あ、あれは……あれは……」

桑田「……くっ……オレは、音楽だけ……いや……でも……音楽……野球……」

桑田から確かな葛藤を感じる……

桑田の好感度が大きく上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

桑田の好感度が少し上昇した!

桑田とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK6 → 7

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(桑田クンは『煩悩メガネ』『花咲きアロハ』を喜び、『赤い縄』を特に喜ぶだろう)

苗木(桑田クンに何かプレゼントしようかな?)

桑田に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×2
 c:赤い縄×1
 d:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×2
 ×:扇子「衣冠」×1
 g:新品のサラシ×1
 h:魔邪捨椅子×1
 i:花咲きアロハ×1
 j:オーラカメラ×1
 k:水晶のドクロ×1
 l:草笛×1
2:渡さない

21:27まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

614: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 21:32:26.71 ID:51eEo4/Z0
苗木(『花咲きアロハ』を渡そうかな?)

苗木「桑田クン、これあげるよ」

桑田「ブーデーが喜びそうなやつだな……ん? この娘可愛いじゃん。舞園ちゃんには劣るけどな!」♪♪<ピロリロリーン

苗木(どうやら喜んでくれたようだ!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

桑田の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

桑田の好感度が少し上昇した!

そろそろ桑田ともっと深い仲になれそうだ……

桑田と別れて教室へと戻っていった……

―――
――

615: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 21:37:19.19 ID:51eEo4/Z0
7月9日(火)晴れ
昼 → 夕
校舎廊下 → 本学科2年教室

苗木(ブラックバスのブームは一過性だったな……)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

21:42まで(コンマが一番小さい安価を採用します。>>4の「条件1」を適用)

628: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 21:50:11.06 ID:51eEo4/Z0
苗木(終里さんと話でもしようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 屋上

苗木「終里さん、こんなところにいたんだ」

終里「苗木……ちっと、風に当たりたくてな」

苗木「なるほど……」

終里「……」

苗木「……」

終里「……なあ、苗木」

苗木「うん?」

終里「この世の中を生きていくのに、必要なものってなんだ?」

1:美味しい食べ物
2:人との繋がり
3:金、金、金

下3

635: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 22:02:24.39 ID:51eEo4/Z0
苗木「人との繋がり……絆かな。正直言って、孤独でも生きてはいけるけどね」

終里「ああ。だが、それではただ時を過ごすだけだし……何より、寂しいもんな」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

終里の好感度が少し上昇した!

終里「オレだって、ただ1人で生きてきたと思っていたけどよ……本当は、弟妹に支えられていたんだろうな」

終里「アイツらがいなかったら、ヘタってたかもしれねえ」

終里「それを教えてくれたのは、苗木……お前だ」

苗木「そう、なのかな?」

終里「そうだ。おかげでオレは弱くなっちまったよ」

終里「でも……悪くない。また強くなればいいだけだし、それに……///」

苗木「?」

終里「あー、まどろっこしい! 苗木、今から言う言葉をよく聞けよ!///」

苗木「は、はい」

636: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 22:11:58.93 ID:51eEo4/Z0



終里「苗木! オレは……あたしはお前の事が好きだ! 大切な事を教えてくれたお前の事が大好きだ!!」



637: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 22:17:54.84 ID:51eEo4/Z0
苗木(……しばらく告白がなかったから油断してた……)

苗木「……ええと、本当、なんだよね?」

終里「う、嘘でこんな事言う訳ねーだろぉ!///」

苗木「ですよね、はい」

終里「……そ、それで、返事についてなんだけどよ……///」

苗木「ああ、うん。今するよ」

苗木(終里さんと知り合ったのは、この学園に入学してから)

苗木(弐大クンにマッサージされているところを見たのがきっかけだ)

苗木(壮絶な過去を持っていたけど、そうは思わせない性格をしている)

苗木(そんな彼女は、戦闘好きで大神さんやむくろに挑んだが、負けてしまった)

苗木(『不安』や『悩み』がないから自分は弱くないんだ、と言っていたが……)

苗木(あの2人だって一切合財それらを持ってなかったわけじゃない)

苗木(弱さを乗り越えてこそ、本当の強さが得られる事に終里さんは気づけた)

苗木(その時ボクは、まるで自分の事のように喜んだ。他人事ではなかった)

苗木(どうしてだろうか? 自分もあの場にいたから? ……いや、それは違う)

苗木(自分が、知らず知らずにどんどん惹かれて……そして、好きになっていたから)

苗木(だから……嬉しかったんだ)

苗木(……もう、整理するまでもないな)

638: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 22:22:13.98 ID:51eEo4/Z0
苗木「……終里さん」

終里「い、いざとなると緊張するな……いいぞ」

苗木「ボクも、終里赤音さんの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

終里「―――ああ、これからよろしくな!」

終里の好感度が大きく上昇した! 

成績優秀な苗木に注目が集まる…… 

終里の好感度が少し上昇した! 

終里とのらーぶらーぶ度が上昇した! 

RANK8 → 9 

終里が12人目の恋人になった!

終里の通信簿に新たなページが出来た!

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(終里さんは『ブリオッシュ』『赤い縄』『煩悩メガネ』『青いマフラー』『扇子「衣冠」』を喜ぶだろう)

苗木(終里さんに何かプレゼントしようかな?)

終里に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×2
 c:赤い縄×1
 d:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×2
 f:扇子「衣冠」×1
 g:新品のサラシ×1
 h:魔邪捨椅子×1
 i:オーラカメラ×1
 j:水晶のドクロ×1
 k:草笛×1
2:渡さない

22:26まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

643: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 22:37:36.89 ID:51eEo4/Z0
 

苗木(『ブリオッシュ』を渡そうかな?)

苗木「終里さん、これをあげるよ」

終里「……そうだな、黄昏ながらコレを食うのもいいかもしれんな。その、ありがとう///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

終里の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

終里の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

終里の好感度が少し上昇した!

終里「……なあ、恋人同士になったしよ、1つやってみたい事があるんだが……///」

苗木「う、うん! 遠慮しないでよ!///」

終里「……あー、互いの事を下の名前で呼ぶっていうのをだな……///」

苗木「……いいよ、赤音///」

終里「ま、誠!///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

終里の好感度が少し上昇した!

そろそろ終里ともっと深い仲になれそうだ……

日が暮れるまで話し合った……

―――
――

644: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 22:41:42.87 ID:51eEo4/Z0
7月9日(火)晴れ
夕 → 夜
屋上 → 自室

苗木(また彼女が増えたぞ……)

苗木(……食堂に行こう、そうしよう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(今日は葵と大神さんの番だね)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:00まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

 

654: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 23:20:59.53 ID:51eEo4/Z0
苗木(千尋と一緒に食べよう)

苗木「千尋」

不二咲「誠君!」

苗木「夕食、一緒にどう?」

不二咲「もちろんだよぉ!」

苗木「嬉しいよ」

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:食事の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:嫁掲示板について
 f: 体験について
 g:終里について
 h:食べさせ合う
 i:惚気合う
 j:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

23:24まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

659: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 23:29:42.28 ID:51eEo4/Z0
苗木「千尋、あーん」

不二咲「……うん、2人ともいい腕だねぇ///」

苗木「あの2人は女子力高いからなぁ」

不二咲「えと、お返しに……あーんってしてねぇ///」

苗木「……千尋が食べさせてくれたからもっと美味しく感じるよ」

不二咲「そ、そんな事ないってぇ///」

不二咲と食べさせ合いをした……

不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

成績優秀な苗木に注目が集まる……

不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

不二咲の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

不二咲の分の食器も片付けて自室へと戻っていった……

―――
――

660: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 23:32:51.52 ID:51eEo4/Z0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(まさか進撃○巨人の黒幕があの2人とは……)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する(≪アルゴリズム≫適用済) ●
5:本を読む(≪アルゴリズム≫≪豪傑≫≪波紋法≫≪無為自然≫適用済) ●
 a:『冒険王・上巻』(全2章・勇気+大)0/2
 b:『ミンポウソウソク』(全3章・知識+大)0/3
 c:『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』(全4章・知識+中・運動+中・≪??≫習得)0/4
6:娯楽室に行く(≪スティング≫≪レイズ≫適用済)
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

23:37まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

672: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 23:43:32.07 ID:51eEo4/Z0
 

苗木(さやかに温泉旅行についてのメールを送ろう)

苗木(早めに日程を決めたほうがいいしね)

苗木(『温泉旅行の件だけど……』)

1:21日朝から22日昼前まで
2:21日昼から22日昼前まで
3:21日昼から22日夕前まで
4:21日夕から22日昼前まで
5:21日夕から22日夕前まで
6:21日夕から22日夜前まで

23:47まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

682: ◆igI1RpSKDI 2014/02/10(月) 23:53:04.62 ID:51eEo4/Z0
苗木(『21日の夕方に出て、22日の昼食の時間までに戻ってくるって事でいいかな? 誠』)

苗木(これでいいかな? 送信)

―――
――


PiPiPi……

苗木(返事が来たね)

苗木(『現地に付いて色々とする時間がないですね……少し残念ですが、誠君の都合もあるでしょうしそれにしたがいます さやか』)

苗木(確かに、着くのは夜……そして翌日の朝に出なければならない……本当に温泉だけを目当てで行く感じだな)

苗木(申し訳ない事しちゃったかな?)

苗木(……まあいいや。ソニアとの約束があるし、ソニアの部屋に行こう)

―――
――

683: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 00:10:47.30 ID:5Cbx5ifK0
自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「ソニアー、約束の時間になったから来たけどー」

ソニア『お待ちしておりましたのよ? 今鍵を開けますね』

―――
――


寄宿舎廊下 → ソニア・ネヴァーマインドの部屋

苗木「お邪魔します」

ソニア「どうぞ、紅茶ですが……」

苗木「いや、嫌いじゃないし大丈夫だよ」

苗木「……そういえば」

ソニア「どうされました?」

苗木「いや、ソニアってこの前のキスの時もそうだけど、古いドラマが好きなの?」

ソニア「そうですね……今のドラマも嫌いではないですが……」

苗木「何か理由はあるの?」

ソニア「あの頃のドラマは、何と言うか……『血が通っている』と言うんでしょうか?」

1:どういう意味だ?
2:なんとなく分かる
3:なるほど、分からん

下3

687: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 00:25:08.09 ID:5Cbx5ifK0
苗木「なんとなく分かるかな。本気でブチ当たっていった作品が多いと言うか……」

ソニア「分かってくれましたか! そう、そうなんですよ!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

ソニアの好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる…… 

ソニアの好感度が少し上昇した! 

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う…… 

ソニアの好感度が少し上昇した! 

ソニア「今のドラマにも勿論面白いものはありますが、昔のドラマのほうをよく見てしまいます」

苗木「それじゃあ、今度お勧めでも教えてよ」

ソニア「よきにはからえ! ふふ、せっかくですし一緒に見ませんか?」

ソニアから確かな信頼を感じる……

ソニアの好感度が大きく上昇した!

ソニアとのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK10 → 11



苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(ソニアは『ルアックコーヒー』『魔邪捨椅子』『オーラカメラ』を喜び、『ブリオッシュ』『赤い縄』『煩悩メガネ』『青いマフラー』『扇子「衣冠」』を特に喜ぶだろう)

苗木(ソニアに何かプレゼントしようかな?)

ソニアに渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:赤い縄×1
 d:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×2
 f:扇子「衣冠」×1
 g:新品のサラシ×1
 h:魔邪捨椅子×1
 i:オーラカメラ×1
 j:水晶のドクロ×1
 k:草笛×1
2:渡さない

0:29まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

692: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 00:33:09.12 ID:5Cbx5ifK0
 

苗木(『青いマフラー』を渡そうかな?)

苗木「ソニア、これあげるよ」

ソニア「まあ、素敵なマフラーですね。もう少し長ければよかったんですけれど……///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

ソニアの好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

ソニアの好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

ソニアの好感度が少し上昇した!

就寝時間になるまでソニアといちゃいちゃした……

苗木(うーん……) 

1:物を貰う 
 a:パンツ 
 b:ブラジャー 
 c:靴下(ソックス) 
2:貰わない 
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。 

2:26まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

―――
――

693: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 00:39:04.71 ID:5Cbx5ifK0
7月9日(火)晴れ → 7月10日(水)晴れ
ソニア・ネヴァーマインドの部屋 → 自室

苗木(あまり知られてないけど、メールで予定の変更も出来る)

苗木(……何を言っているんだろう)

苗木(食堂に行って目を覚まそう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(♪走り出す鼓動さえも 限りない慈しみを 導き出すアルペジオ)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:43まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

702: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 00:52:54.00 ID:5Cbx5ifK0
苗木(桑田クン、大和田クン、辺古山さん、冬彦クン、腐川さん、白夜クンと一緒に食べようかな?)

苗木「桑田クン、大和田クン、辺古山さん、冬彦クン、腐川さん、白夜クン」

桑田「……おう」

大和田「苗木か……」

辺古山「ど、どうした?」

苗木「朝食、一緒に食べてもいいかな?」

九頭龍「水臭えな。いいに決まってんだろ」

腐川「しょ、しょうがないわね……」

十神「……待て、俺の席が誠から遠いぞ」

苗木「そう言われても……」

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:食事の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:桑田と舞園について
 f:大和田と石丸について
 g:九頭龍の話を聞く
 h:十神に頼む
 i:辺古山・腐川について
 j:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

0:56まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

707: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 01:07:08.35 ID:5Cbx5ifK0
苗木「夏季休暇の事なんだけど、皆はどうするの?」

桑田「舞園ちゃんを口説き落とす!」キリッ

大和田「アホだろオメェ。オレは……どうすっかな……」

辺古山「ま、まあ、色々としたい事があるがな……///」

九頭龍「誰かさんにハッパでもかける事をするかもしれんな」

腐川「しょ、小説を書くだけよ……それだけ……じゃ、ないけど……///」

十神「色々とやらねばならない事があるから、それをするな」

苗木「なるほど……」

十神・大和田・桑田・腐川・九頭龍・辺古山と夏季休暇について話し合った……

十神・大和田・腐川・九頭龍・辺古山の好感度が上昇した!

桑田の好感度は現状だと変動しないようだ……

成績優秀な苗木に注目が集まる……

十神・腐川・九頭龍の好感度が少し上昇した!

大和田・桑田・辺古山の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ大和田・桑田・腐川・辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

もう十神・九頭龍とは十分に深い絆で結ばれている……

食器を片づけて教室へと向かっていった……

―――
――

708: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 01:11:06.73 ID:5Cbx5ifK0
7月10日(水)晴れ
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(やっぱりコン○ウが一番かな……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

1:15まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

715: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 01:26:09.95 ID:5Cbx5ifK0
苗木(むくろを誘おうか)

苗木「むくろ」

戦刃「あ、誠君。どうしたの?」

苗木「お昼、一緒に食べよう」

戦刃「わ、いいの?」

苗木「うん。それじゃ、行こうか」

―――
――


本学科2年教室 → 寄宿舎食堂

苗木(憂う者……一体何者なんだ……)

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:食事の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:嫁掲示板について
 f:姉について
 g:戦刃について
 h:食べさせ合う
 i:惚気合う
 j:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

1:30まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

722: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 01:36:11.36 ID:5Cbx5ifK0
苗木「むくろ、口を開けて……あーん」

戦刃「……味、分かんないや///」

苗木「ありゃりゃ。じゃあもう一口いく?」

戦刃「私がしたあとにして欲しい///」

戦刃「そんなわけで……あ、あーん///」

苗木「……うん、学食も美味しく感じる」

戦刃「えへへ///」

戦刃と食べさせ合いをした……

戦刃の好感度が上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

戦刃の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

戦刃の好感度が少し上昇した!

そろそろ戦刃ともっと深い仲になれそうだ……

戦刃の分の食器も片付けて教室へと戻っていった……

―――
――

723: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 01:39:16.60 ID:5Cbx5ifK0
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(心も満たされたな……)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:図書室に行く
5:辺りをうろつく
6:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

1:44まで(コンマが一番大きい安価を採用します。>>4の「条件2」を適用)

731: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 01:54:44.07 ID:5Cbx5ifK0
苗木(図書室に行こうか)

―――
――


本学科2年教室 → 図書室

苗木(図書委員以外はいないみたいだ)

苗木(どうしようかな?)

×:本を借りる(2冊まで指定できます)
2:一人で勉強する(≪アルゴリズム≫適用済)
3:複数人で勉強する(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪アルゴリズム≫≪コーチング≫適用済)
4:本を読む(≪アルゴリズム≫≪豪傑≫≪波紋法≫≪無為自然≫適用済)
 a:『冒険王・上巻』(全2章・勇気+大)0/2
 b:『ミンポウソウソク』(全3章・知識+大)0/3
 c:『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』(全4章・知識+中・運動+中・≪??≫習得)0/4
※指定時間内に安価がなかった場合はなにもしないまま時間が経過します。

1:58まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

735: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 02:11:16.85 ID:5Cbx5ifK0
苗木(『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』を読もうか……)

『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』を読んでみた……

恋愛養成学校のムーンライト学園において、8人の女の子達を中心とした恋愛事情が繰り広げられている様子が書かれている……

図書館で読んでいるせいか、いつもより内容が理解出来る気がする……

知識はもう十分過ぎるほど成長している……

図書館で読んでいるせいか、いつもよりページをめくるのが早くなっている気がする……

≪速読≫しているため、いつもより多くのページを読む事が出来る……

『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』を読破した!

知識はもう十分過ぎるほど成長している……

運動はもう十分過ぎるほど成長している……

≪美声≫を習得した!

効果:会話をした時に好感度が更に少し上昇する。

『コイカツ!―コイビトカツドウ!―』を返却した……

図書室を出て教室へと戻っていった……

―――
――

 

744: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 02:30:20.05 ID:5Cbx5ifK0
苗木「……ソニア、パンツをボクにくれないかな?///」

ソニア「パ、パンツ……///」

苗木「ダ、ダメだよね、やっぱり……」

ソニア「い、いいえ! そんな事ありませんのよ?///」

ソニア「……その、出来れば後ろを向いてもえらえると……///」

1:向く
2:向かない

下3

748: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 02:36:41.00 ID:5Cbx5ifK0
苗木「分かったよ」

苗木は反対側を向いた……

ソニア「ありがとうございます、誠さん///」

ソニア「で、では……/////」

……スッ……スルッ……

苗木(……心頭滅却……心頭滅却……///)

ソニア「ま、誠さん……///」

苗木はソニアの方を向いた……

ソニア「その、だ、大事にして下さいね?///」

苗木「ありがとう///」

ソニアのパンツを手に入れた!

コレクションとして大切に保管しよう……

762: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 20:15:08.03 ID:5Cbx5ifK0
7月10日(水)晴れ
昼 → 夕
図書室 → 本学科2年教室

苗木(授業も流れ作業感が拭えないな……試験範囲になるかどうか微妙だし)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

20:20まで(コンマが一番大きい安価を採用します。>>4の「条件2」を適用)

773: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 20:32:12.76 ID:5Cbx5ifK0
苗木(辺古山さんと話でもしようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 道場

苗木「やあ、辺古山さん」

辺古山「苗木か。またもや探させてしまったようだな」

苗木「いやいや、別に会う約束をしてたわけでもないし」

辺古山「……む、そういえばそうだな」

辺古山「……改めて、ありがとう、苗木」

苗木「冬彦クンとの事? あれはもうお礼を言ってもらったと思ってるけど」

辺古山「今回は、私自身に関しても含んでいる」

辺古山「今の私があるのは、紛れもなく苗木のおかげだ」

辺古山「……苗木から見て、今の私はどう見えているだろうか?」

1:立派な人間だ
2:まだまだ道具だ
3:ロボットだな

下3

777: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 20:48:08.45 ID:5Cbx5ifK0
苗木「『道具』ではなく、『人間』だと思うよ。前もそう思っていたけど、ますます磨きがかかったと言うか……」

辺古山「そうか……私は、『人』になれたのだな……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

辺古山の好感度が少し上昇した!

苗木「いやいや、前から……」

辺古山「お前にとってはそうかもしれんが、私にとっては前まで『人』ではなかった」

辺古山「笑みも、涙も、忘れてしまっていて……」

辺古山「それを果たして『人』と言えようか?」

苗木「……」

辺古山「ただ、坊っちゃんの傍にいればいい……」

辺古山「何も思わず、剣を振るえばいい……」

辺古山「そんな考えも、もう終いだ」

辺古山「これからは、坊っちゃんと同じ位置で、同じ景色を見てみたい」

辺古山「そして……そこに、お前もいてほしい」

苗木「キミたち2人の友達だから、そりゃあ当然だと思うけど」

辺古山「……違う。友達としてではなく……///」

苗木「?」

辺古山「……ゴホン///」

778: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 20:55:23.45 ID:5Cbx5ifK0



辺古山「友達ではなく、恋人として苗木誠に居て欲しい……それぐらい、苗木の事が好きだ。だから、もっと好きになっていいか?」



779: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 21:04:36.04 ID:5Cbx5ifK0
苗木「……も、もっと好きに、って……///」

辺古山「も、もっとはもっとだ///」

苗木(昨日よりも今日、今日よりも明日……ってやつなのかな?///)

辺古山「……ダ、ダメ……か?///」

苗木「ま、まだ言ってないよ!///」

苗木(辺古山さんと知り合ったのは、この学園に入学してから)

苗木(冬彦クンとの会話を聞いてしまった事がきっかけだ)

苗木(まさか、彼女が冬彦クンの関係者だったとは……)

苗木(極道の世界……ボクにはてんで想像がつかないが、厳しい世界なんだろう)

苗木(辺古山さんはそこで『笑う』事を忘れてしまった)

苗木(それどころか、自身を冬彦クンの『道具』だと言った)

苗木(だけど、『笑顔』は『力』を与えるもので、彼女だって例外なく持っている)

苗木(辺古山さんは、なによりも『人』であるんだ)

苗木(そして、彼女は人として大切な感情を無事に取り戻せた)

苗木(その時ボクは、まるで自分の事のように喜んだ。他人事ではなかった)

苗木(どうしてだろうか? 自分もあの場にいたから? ……いや、それは違う)

苗木(自分が、知らず知らずにどんどん惹かれて……そして、好きになっていたから)

苗木(だから……嬉しかったんだ)

苗木(……もう、整理するまでもないな)

780: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 21:10:52.23 ID:5Cbx5ifK0
苗木「……辺古山さん」

辺古山「ひゃい! ……か、噛んでしまった……///」

苗木「ボクも、辺古山ペコさんの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

辺古山「―――嬉し涙を流すのは、これで2度目だな……」

辺古山が13人目の恋人になった!

辺古山の通信簿に新たなページが出来た!

辺古山の好感度が大きく上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

辺古山の好感度が少し上昇した!

辺古山とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK8 → 9

苗木の≪美声≫が辺りに響き渡る…… 

辺古山の好感度が少し上昇した! 

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(辺古山さんは、『赤い縄』『煩悩メガネ』『青いマフラー』『扇子「衣冠」』『新品のサラシ』を喜ぶだろう)

苗木(辺古山さんに何かプレゼントしようかな?)

辺古山に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:赤い縄×1
 d:煩悩メガネ×1
 e:青いマフラー×1
 f:扇子「衣冠」×1
 g:新品のサラシ×1
 h:魔邪捨椅子×1
 i:オーラカメラ×1
 j:水晶のドクロ×1
 k:草笛×1
2:渡さない

21:14まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

785: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 21:23:18.40 ID:5Cbx5ifK0
 

苗木(『扇子「衣冠」』を渡そうかな?)

苗木「辺古山さん、これあげるよ」

辺古山「わ、私には似合わないと思うが……いや、他ならぬお前からのプレゼントだ。ありがとう、苗木///」♪♪<ピロリロリーン

苗木(どうやら喜んでくれたようだ!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

辺古山の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

辺古山の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

辺古山の好感度が少し上昇した!

辺古山「そ、その……恋人になったついでに、願い事を聞いてくれればありがたいんだが……///」

苗木「う、うん! 遠慮しないでよ!///」

辺古山「お前には、私の『名前』を呼んで欲しい。いや、呼ばれたいんだ///」

苗木「……いいよ、ペコ///」

辺古山「ま、誠!///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

辺古山の好感度が少し上昇した!

そろそろ辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

日が暮れるまで話し合った……

―――
――

786: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 21:27:09.17 ID:5Cbx5ifK0
7月10日(水)晴れ
夕 → 夜
道場 → 自室

苗木(2日続けて……少し前だったら珍しくなかったけど……)

苗木(……食堂で行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(花村クンの日だ……ボクの日が近づいてきているな)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:31まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

792: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 21:40:06.12 ID:5Cbx5ifK0
 

苗木(冬彦クン、ペコと一緒に食べようかな?)

苗木「冬彦クン、ペコ」

九頭龍「おう兄弟……というと奴らとダブるな」

辺古山「無理に言わなくてもいいのでは?」

苗木「そうだね。それで、夕食を一緒にどう?」

九頭龍「おう、食おうぜ食おうぜ」

辺古山「私が席を探してこよう」

苗木「ありがとう」

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:食事の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:極道について
 f:九頭龍に報告する
 g:辺古山に聞く
 h:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

21:44まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

801: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 21:54:55.65 ID:5Cbx5ifK0
苗木「その、ライバル的な家ってあるの?」

九頭龍「まあな。ドンパチが絶えないぜ」

辺古山「私が力不足なばかりに……」

九頭龍「いや、ペコはよくやっている」

辺古山「そ、そうでしょうか?」

苗木「冬彦クンが言うから、きっとそうなんだよ」

九頭龍・辺古山と極道について話し合った……

九頭龍・辺古山の好感度が上昇した!

苗木の≪美声≫が辺りに響き渡る……

九頭龍・辺古山の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

九頭龍・辺古山の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

辺古山の好感度が少し上昇した!

そろそろ辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

もう九頭龍とは十分に深い絆で結ばれている……

辺古山の分の食器も片付けて自室へと戻っていった……

―――
――

802: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 21:57:03.70 ID:5Cbx5ifK0
寄宿舎食堂 → 自室

苗木(今日の夜は約束がなかったはず! はず!)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪コーチング≫≪トランス≫適用済)
3:嫁掲示板を見る
4:勉強する(≪アルゴリズム≫適用済) ●
5:本を読む(≪アルゴリズム≫≪豪傑≫≪波紋法≫≪無為自然≫適用済) ●
 a:『冒険王・上巻』(全2章・勇気+大)0/2
 b:『ミンポウソウソク』(全3章・知識+大)0/3
6:娯楽室に行く(≪スティング≫≪レイズ≫適用済)
7:食堂に行く
8:辺りをうろつく
9:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

22:02まで(コンマが一番大きい安価を採用します。>>4の「条件2」を適用)

811: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 22:15:06.12 ID:5Cbx5ifK0
苗木(娯楽室に行こうかな)

※娯楽室いる人を安価で決めます。
※出たアイテムに関してコメントを言ってくれます。
※安価が同じ場合でもずらしません。

下2・下5・下7・下10

 

828: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 22:51:11.40 ID:5Cbx5ifK0
自室 → 娯楽室

苗木「あれ、澪田さんに狛枝クンに江ノ島さんにペコ……珍しい組み合わせだね」

澪田「ビリヤードをやってたっす!」

狛枝「絶望なんかに負けやしない!」

江ノ島「フラグ立ててやんのー、うぷぷ!」

辺古山「この3人が盛り上がっててな……誠はどうしたんだ?」

苗木「モノモノヤシーンをしに来たんだよ」

1:慎重に回す(景品をコンマで決定し当たりをダイスで決定します。≪スティング≫≪レイズ≫適用済)
2:大胆に回す(当たりをコンマで決定し景品をダイスで決定します。≪スティング≫≪レイズ≫適用済)
3:普通に回す(景品・当たりともにダイスで決定します。≪スティング≫≪レイズ≫適用済)
4:慎重かつ大胆に回す(景品・当たりともにコンマで決定します。≪スティング≫≪レイズ≫適用済)
※指定時間内に安価がなかった場合は何もしないまま時間が経過します。

22:55まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

833: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 23:13:41.93 ID:5Cbx5ifK0
苗木(普通に回してみるか……)

判定
1回目:1D100 → 80(千年ポプリ) / 1D100 → 17(当たり) LUCKY! 当たりが出たのでもう1回!
2回目:1D100 → 95(転ばぬ先の杖) / 1D100 → 62(外れ)
3回目:1D100 → 58(フリルエプロン) / 1D100 → 27(外れ)
4回目:1D100 → 64(ビャクダンの香水) / 1D100 → 91(外れ)
5回目:1D100 → 02(ルアックコーヒー) / 1D100 → 93(外れ)
6回目:1D100 → 76(ロマンツェリキュール) / 1D100 → 56(外れ)

苗木(『フリルエプロン』……女性に幅広く愛用されるフリル付きのエプロンだ。こまるもこれを着て料理する)

苗木(『ビャクダンの香水』……女性に人気のある香水で、サンダルウッドとも呼ばれている。お香で有名だね)

澪田「なんかすごいのが続々出てきたっすねー!」

狛枝「ボクは『千年ポプリ』が気になるね」

江ノ島「役に立たない『転ばぬ先の杖』が出てきて絶望した、苗木?」

辺古山「相変わらず学生向けでないアイテムがあるな……」

苗木「気にしたら負けだよ」

苗木の≪美声≫が辺りに響き渡る……

辺古山の好感度が少し上昇した!

江ノ島・狛枝・澪田の好感度は現状だと変動しないようだ……

成績優秀な苗木に注目が集まる……

辺古山の好感度が少し上昇した!

江ノ島・狛枝・澪田の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

辺古山の好感度が少し上昇した!

まだ江ノ島・狛枝ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ澪田・辺古山ともっと深い仲になれそうだ……

娯楽室を出て自室へと戻っていった……

―――
――

834: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 23:17:35.21 ID:5Cbx5ifK0
 

7月10日(水)晴れ → 7月11日(木)晴れ
娯楽室 → 自室

苗木(今日はさすがに告白されないよね……)

苗木(気にしてても仕方ない、食堂に行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(エンッ!)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:21まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

842: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 23:25:52.61 ID:5Cbx5ifK0
苗木(響子と一緒に食べようか)

苗木「響子」

霧切「誠、おはよう」

苗木「うん、おはよう。朝食、一緒にどう?」

霧切「当たり前よ。席は既に見当をつけてあるわ」

苗木「さすが響子、惚れぼれするよ」

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:食事の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:嫁掲示板について
 f:父との関係について
 g:霧切の思い
 h:食べさせ合う
 i:惚気合う
 j:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

23:29まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

848: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 23:37:22.65 ID:5Cbx5ifK0
霧切「……誠、今更変かもしれないけど、ありがとう」

苗木「ど、どうしたの急に?」

霧切「……急に言いたくなっただけよ」

霧切「そうね……また今度、詳しく話してあげるわ」

苗木「なら、その時を楽しみにしていようかな」

霧切と話し合った……

霧切の好感度は現状だと変動しないようだ……

苗木の≪美声≫が辺りに響き渡る……

霧切の好感度は現状だと変動しないようだ……

成績優秀な苗木に注目が集まる……

霧切の好感度は現状だと変動しないようだ……

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

霧切の好感度は現状だと変動しないようだ……

そろそろ霧切ともっと深い仲になれそうだ……

霧切「誠、昨日お父さんから連絡があって、今日学園長室に来れないかって……」

苗木「今日?」

1:昼
2:夕
3:また今度

下5

854: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 23:44:12.08 ID:5Cbx5ifK0
苗木「じゃあ、昼休みでいいかな?」

霧切「ええ、連絡しておくわ」

今日の昼に霧切と過ごす約束をした……

霧切の分の食器を片づけて教室へと向かっていった……

―――
――

855: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 23:46:19.26 ID:5Cbx5ifK0
7月11日(木)晴れ
朝 → 昼
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(響子が授業中にチラチラとボクの事を見てきて可愛かった)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

23:50まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

861: ◆igI1RpSKDI 2014/02/11(火) 23:57:02.87 ID:5Cbx5ifK0
 

苗木(白夜クンと一緒に食べようかな)

苗木「白夜クン」

十神「苗木か、どうしたんだ?」

苗木「昼食、一緒にどうかな?」

十神「いいだろう」

苗木「よかった、それじゃあ行こうか」

―――
――


本学科2年教室 → 寄宿舎食堂

苗木(ニフ○ム! ニ○ラム! って言われたな……)

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:食事の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:十神財閥について
 f:お願いをする
 g:腐川との昨今
 h:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

0:01まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

869: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 00:06:51.57 ID:tMSZzmQX0
苗木「なんだかまた最近告白され始めたんだけど……」

十神「それだけお前は皆に好かれているのだろう」

苗木「それは嬉しいけどさ……」

十神「ちゃんと受け止めてやれ」

苗木「う、うん」

十神に身の上話をした……

十神の好感度が上昇した!

苗木の≪美声≫が辺りに響き渡る……

十神の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

十神の好感度が少し上昇した!

もう十神とは十分に深い絆で結ばれている……

食器を片づけて教室へと戻っていった……

―――
――

871: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 00:21:28.31 ID:tMSZzmQX0
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木「響子」

霧切「誠、もう大丈夫?」

苗木「うん」

霧切「それじゃあ、行きましょうか」

―――
――


本学科2年教室 → 学園長室

学園長「やあ、誠君。来てくれてありがとう」

苗木「いえ……ボクも聞くべき話ですか?」

学園長「正確には話じゃないんだけど、絶対に君は知っておくべきだ」

霧切「……それで?」

学園長「付いてきてくれ。そこで呼んだ理由を言おう」

―――
――


学園長室 → 秘密の部屋

苗木(まさか隠し部屋があって、さらに長い階段があったとは……)

霧切「見たところ、例のプロジェクトに関係しそうな部屋のようだけど?」

霧切「あと、そこにいる顔に縫い目のある半分白髪の人物は?」

学園長「前者については、その通りだ。ここで『カムクライズル』がつくられた」

学園長「後者については、医者だ。ヤブで法外な料金を請求されるが、腕は確かだ」

苗木「医者って……ま、まさか……!」

学園長「さすが学園ナンバーワン。察しがいいね」

霧切「どういう事?」

苗木「おそらく、響子の手を治すんじゃないかな」

学園長「その通りだ。響子のその手を治せるのは彼ぐらいでね。ようやく話をつけられたんだよ」

霧切「……私の、手が……治る……の?」

学園長「そうだ。なんとかしてやりたいと思って……ようやく、その機会が来たんだ」

霧切「……手が……治る……」

1:よかったじゃないか
2:手袋の方がいい
3:霧切の事を抱きしめる

下3

875: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 00:38:12.87 ID:tMSZzmQX0
苗木「……」

苗木は霧切の事を抱きしめた……

霧切「ま、こと……?」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

霧切の好感度が少し上昇した!

苗木「よかったね、本当に……」

霧切「……うん……よかった……よかった……」

学園長「感動のシーンのところ申し訳ないんだけど、昼休みは短いから……」

苗木「そうですね……」

苗木は霧切を離した……

学園長「誠君は上で待っててほしい。見られたくないだろうしね」

苗木「はい……響子」

霧切「誠……待っててね」

苗木「分かった」

部屋を後にした……

―――
――

876: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 00:41:42.32 ID:tMSZzmQX0
秘密の部屋 → 学園長室

苗木(そろそろかな……)

学園長「おまたせ、誠君。ほら、響子」

霧切「え、ええ……」

おずおずと霧切は前に出た……

手には手袋がはめられている……

霧切「それじゃあ、取るわね?」

苗木「う、うん……」

苗木(緊張してきた……)

霧切は、ゆっくりと手袋を外した……

目の前には、細く綺麗な霧切の両手がある……

苗木「成功、したんだね」

霧切「ええ……ど、どうかしら?」

苗木「とても綺麗だ……痕もないし、まったく普通だよ」

苗木「それに……」

苗木は霧切の両手を自分の手に取った……

苗木「とても暖かい……」

霧切「嬉しい……」

霧切は苗木の両手を握りしめた……

霧切「誠の暖かさが、伝わってくるわ……」

霧切「誠を好きになった時からずっと、願っていた……そして、ようやく叶った……」

霧切「手と手を取って、握りしめるのが、こんなにも幸せだなんて……」

877: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 00:43:28.14 ID:tMSZzmQX0
霧切は花も咲き誇る笑顔を浮かべた……

霧切の好感度が大きく上昇した!

苗木の≪美声≫が辺りに響き渡る……

霧切の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

霧切の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

霧切の好感度が少し上昇した!

霧切とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK10 → 11

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(響子は『煩悩メガネ』『青いマフラー』を喜び、『ルアックコーヒー』『フリルエプロン』『赤い縄』『ビャクダンの香水』『千年ポプリ』を特に喜ぶだろう)

苗木(響子に何かプレゼントしようかな?)

霧切に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×2
 b:ブリオッシュ×1
 c:フリルエプロン×1
 c:赤い縄×1
 d:ビャクダンの香水×1
 e:煩悩メガネ×1
 f:青いマフラー×1
 ×:新品のサラシ×1
 h:魔邪捨椅子×1
 i:ロマンツェリキュール×1
 j:千年ポプリ×1
 k:オーラカメラ×1
 l:水晶のドクロ×1
 m:転ばぬ先の杖×1
 n:草笛×1
2:渡さない

0:47まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

887: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 00:55:47.08 ID:tMSZzmQX0
苗木(『ルアックコーヒー』を渡そうかな?)

苗木「響子、これあげるよ」

霧切「冷たいわね……でも、それが感じられるようになれたのが、とても幸せよ///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

苗木の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

霧切の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

霧切の好感度が少し上昇した!

そろそろ霧切ともっと深い仲になれそうだ……

学園長「私はあのヤブ医者と話があるから、先に帰っていいよ」

学園長は去っていった……

苗木(響子と2人になったけど……)

1:物を貰う
 a:パンツ
 b:ブラジャー
 c:靴下(ソックス)
2:貰わない
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

0:59まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

893: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 01:03:21.21 ID:tMSZzmQX0
 

苗木「……響子、その……靴下をくれないかな?」

霧切「く、靴下を? なんでまた……///」

苗木「響子の素足も見たいんだ///」

霧切「……わ、分かったわ///」

霧切「でも、脱いでいるところを見られると恥ずかしいから、後ろを向いててくれないかしら?///」

1:向く
2:向かない

下3

897: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 01:10:28.54 ID:tMSZzmQX0
苗木「了解」

苗木は反対側を向いた……

霧切「ちょうど近くにソファーがあるわね。ここに座って、靴を脱いでっと……」

スルスル……スッ……

苗木(そういえば、響子の方を向いていればパンツが見えたかも……///)

苗木(いけないいけない! 何を考えているんだ!///)

霧切「お、終わったわよ///」

苗木は霧切の方を向いた……

霧切「こ、これが私の靴下よ……///」

苗木「あ、ありがとう///」

霧切の靴下を手に入れた!

コレクションとして大切に保管しよう……

学園長室を出てからも授業が始まるまでいちゃいちゃして過ごした……

―――
――

898: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 01:12:20.50 ID:tMSZzmQX0
7月11日(木)晴れ
昼 → 夕
学園長室 → 本学科2年教室

苗木(皆手袋を外した響子に驚いていた)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪カリスマ≫≪コネクト≫≪トランス≫≪美声≫適用済) ●
2:嫁掲示板を見る
3:購買部に行く
4:プールに行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
5:図書室に行く
6:実験室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
7:情報技術室に行く(≪アルゴリズム≫≪無為自然≫適用済) ●
8:射撃場に行く(≪豪傑≫≪波紋法≫適用済) ●
9:辺りをうろつく
10:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に10が選択されます。

1:17まで(コンマが一番大きい安価を採用します。>>4の「条件2」を適用)

905: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 01:28:30.91 ID:tMSZzmQX0
苗木(大神さんと話でもしようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 体育館

苗木「大神さん」

大神「……ほう、苗木か。ここに来たと言う事は……」

苗木「や、やっぱりするの?」

大神「ああ。頼む、苗木」

苗木「……分かったけど、すぐ勝負がつくと思うよ?」

大神「やってみなければわかるまい」

―――
――


大神「……驚いた。まさかあの我の必殺の一撃を受けてもなお立ちあがるとは……」

苗木「で、でも……その後、結局……倒れた……じゃ、ないか……」

大神「だが、苗木も防戦一方だったわけではなく、我に幾度となく攻撃を与えた」

大神「格闘界でも十分にやっていけるぞ」

苗木「い……いや……遠慮、しとくよ」

大神「そうか……苗木なら、そう言うと思っていた」

大神「……苗木、この試合を通して、何か感じとった事はあったか?」

大神「我の……思いを込めた拳は、伝わったか?」

1:うっすらとは……
2:はっきりとしない
3:理解不能だった

下3

911: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 01:41:58.91 ID:tMSZzmQX0
苗木「まあ、うっすらとは……でも、よく分からないというのが本音かな」

大神「むう、そうか……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

大神の好感度が少し上昇した!

苗木「だから、出来れば直接伝えてくれれば助かるんだけど……」

大神「……そうだな。言葉にした方が、いいやもしれんな……」

大神「苗木よ!」

苗木「は、はい!」

苗木(く、空気が震えてきたぞ……)

大神「我は別に伊達や酔狂でお主に戦いを挑んだわけではない」

大神「我が今から言うこの言葉は、嘘いつわりのない、我の真の気持ちだ」

大神「心より伝えし言の葉……しかと聞いて欲しい!」

苗木「わ、分かったよ!」

912: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 01:50:32.95 ID:tMSZzmQX0



大神「我は……苗木誠、お主の事を心から好いている。こんな我だが……よければ付き合ってくれないか?」



913: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 01:58:30.91 ID:tMSZzmQX0
苗木「……大神さんが、ボクを?///」

大神「お、おかしいか?///」

苗木「い、いや、なんか意外で……///」

大神「そうでもない。苗木と過ごしてきて……我は、お主にどんどん惹かれていた」

大神「だが、我はこんな身なりだから、今までは秘めていたが……」

大神「あの時の苗木の言葉に勇気づけられてな。だから、意を決して言ったのだ」

苗木「そっか……じゃあ、ボクもちゃんと返事をしなきゃね」

苗木(大神さんと知り合ったのは、この学園に入学してから)

苗木(朝日奈さんと楽しく会話をしていたのが気になったのがきっかけだ)

苗木(ひときわ体躯が大きく、葉隠クンなんかは『オーガ』と呼んでいたけど……)

苗木(でも、とっても女性らしい人だと思う)

苗木(人類最強かと思ったけど、そうじゃなくて、負かした人がいるらしい)

苗木(それでも十分に強いと思うが……本人は否定した)

苗木(それは、『心の強さ』が自分にはないからとの事)

苗木(……そんなはずはない。彼女にだって、『心の強さ』……『希望』はある)

苗木(今までは見えてなかっただけで、最初からある事に大神さんは気づけた)

苗木(その時ボクは、まるで自分の事のように喜んだ。他人事ではなかった)

苗木(どうしてだろうか? 自分もあの場にいたから? ……いや、それは違う)

苗木(自分が、知らず知らずにどんどん惹かれて……そして、好きになっていたから)

苗木(だから……嬉しかったんだ)

苗木(……もう、整理するまでもないな)

914: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 02:03:02.69 ID:tMSZzmQX0
苗木「……大神さん」

大神「苗木よ、正直に伝えてくれ」

苗木「ボクも、辺古山ペコさんの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

大神「―――ありがとう、苗木……我を受け入れてくれて……」

大神が14人目の恋人になった!

大神の通信簿に新たなページが出来た!

大神の好感度が大きく上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

大神の好感度が少し上昇した!

大神とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK8 → 9

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(大神さんは、『ブリオッシュ』『フリルエプロン』『赤い縄』『煩悩メガネ』『青いマフラー』『千年ポプリ』を喜び、『ビャクダンの香水』『新品のサラシ』を特に喜ぶだろう)

苗木(大神さんに何かプレゼントしようかな?)

大神に渡しますか?

1:渡す(≪人心掌握≫≪フィルター≫適用済)
 a:ルアックコーヒー×1
 b:ブリオッシュ×1
 c:フリルエプロン×1
 c:赤い縄×1
 d:ビャクダンの香水×1
 e:煩悩メガネ×1
 f:青いマフラー×1
 g:新品のサラシ×1
 h:魔邪捨椅子×1
 i:ロマンツェリキュール×1
 j:千年ポプリ×1
 k:オーラカメラ×1
 l:水晶のドクロ×1
 m:転ばぬ先の杖×1
 n:草笛×1
2:渡さない

2:06まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

920: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 02:10:59.43 ID:tMSZzmQX0
み、見直したのに……仕方ない、やり直そう。

922: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 02:20:19.93 ID:tMSZzmQX0
苗木(あ、あれ……記憶が……)

大神「……苗木?」

苗木「いや、なんでもない。それで、返事だね」

苗木(落ち着こう……)

苗木(……………)

苗木(……よし!)

苗木「……大神さん」

大神「……覚悟は、出来ている。我に構わず、言ってくれ」

苗木「ボクも、大神さくらさんの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

大神「―――我を好きなどと……いや、この言葉は苗木に失礼か……ただ、ひたすらに、感謝するぞ、苗木よ……」

大神が14人目の恋人になった!

大神の通信簿に新たなページが出来た!

大神の好感度が大きく上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

大神の好感度が少し上昇した!

大神とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK8 → 9

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(大神さんは、『ブリオッシュ』『フリルエプロン』『赤い縄』『煩悩メガネ』『青いマフラー』『千年ポプリ』を喜び、『ビャクダンの香水』『新品のサラシ』を特に喜ぶだろう)

苗木(大神さんに何かプレゼントしようかな?)

大神に渡しますか?

>>914
>>916

924: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 02:30:37.81 ID:tMSZzmQX0
苗木(『新品のサラシ』を渡そうかな?)

苗木「大神さん、これあげるよ」

大神「ちょうど欲しかったものだ。早速使わしてもらう。ありがとう、苗木」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

大神の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

大神の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

大神の好感度が少し上昇した!

大神「苗木……お主に1つ、頼みごとがあるんだが……///」

苗木「う、うん! 遠慮しないでよ!///」

大神「朝日奈は我の事を名前で呼んでいるが……苗木にも、同じように呼んで欲しいのだ///」

苗木「……いいよ、さくら///」

大神「ま、誠!///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

大神の好感度が少し上昇した!

そろそろ大神ともっと深い仲になれそうだ……

日が暮れるまで話し合った……

―――――

≪ドロップ≫チャンス!
指定時間以内にこのレスの下1桁の数字と同じ下1桁の数字のコンマがあればアイテム入手。
該当安価が多ければ多いほどアイテムは豪華になります。
連投可能。ただし、間に別のIDがはさんだ場合に限る。

2:35まで(本文は希望に溢れるものでも絶望に溢れるものでも(適当で)いいです)

939: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 02:39:58.42 ID:tMSZzmQX0
 

自室へと戻る途中、落し物を拾った……

誰の物か分からないし、自分で預かっておいた方がいいかもしれない……

いや、もしかしたら不要なので捨てたのでは……?

せっかくだから、自分が有効活用しよう……

『エンゲージリング』を手に入れた!

ついでに『新品のサラシ』も手に入れた!

―――
――

968: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 20:18:41.70 ID:tMSZzmQX0
7月11日(木)晴れ
夕 → 夜
体育館 → 自室

苗木(3日連続……こんなの絶対おかしいよ!)

苗木(……食堂に行ってご飯をかきこもう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(今日は日寄子と真昼だ。何故かボクのにだけデザートがある……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コネクト≫≪トランス≫≪美声≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう(≪美声≫適用済)
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

20:22まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

976: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 20:28:09.20 ID:tMSZzmQX0
苗木(さやかと一緒に食べようかな?)

苗木「さやか」

舞園「はい!」

苗木「晩御飯、一緒に食べない?」

舞園「嬉しいです! あの2人席に座りませんか?」

苗木「そうだね、そうしよう」

1:話し合う(詳しい内容を挙げて下さっても構いません)
 a:食事の事
 b:試験結果の事
 c:夏季休暇の事
 d:自分の身の上話
 e:嫁掲示板について
 f:中学時代について
 g:作詞について
 h:食べさせ合う
 i:惚気合う
 j:その他(内容を挙げて下さい)
2:食事に集中する
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルや指定時間以内に10レス以上あった場合は別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

20:32まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

983: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 20:37:38.87 ID:tMSZzmQX0
 

苗木「作詞については、どんな感じになってる?」

舞園「ふふ、完成しましたよ」

苗木「そうなんだ」

舞園「もう準備は出来てますから、よければこの後、歌を聞いてくれませんか?」

苗木(この後……予定はあったっけ?)

1:よきにはからえ
2:そうはいかんざき

下3

987: ◆igI1RpSKDI 2014/02/12(水) 20:45:23.04 ID:tMSZzmQX0
苗木「特にないし、楽しみにしてたから早く聞きたいな」

舞園「それでは、食べ終わった後一緒に私の部屋に行きましょう!」

苗木「そうだね。あと電子生徒手帳に書いてある6ページ目の校則だけど……」

舞園「恋愛について書かれているページですか?」

苗木「うん。それについてどう思う?」

舞園「いえ、学校にしては珍しいなとしか……」

苗木「確かにね。普通は禁止するはずなのに」

舞園「でも、この校則のおかげでこうして大っぴらに付き合えるんですから、感謝感謝です♪」

舞園と様々な事を話し合った……

舞園の好感度が上昇した!

苗木の≪美声≫が辺りに響き渡る……

舞園の好感度が少し上昇した!

成績優秀な苗木に注目が集まる……

舞園の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

そろそろ舞園ともっと深い仲になれそうだ……

舞園の分の食器も片付けて一緒に舞園の部屋へと向かっていった……

―――
――



次回  【安価】苗木「今日から2年生か……」17らーぶらーぶ目【ダンガンロンパ1+2】