1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 11:31:23 7rwjwBXw
キース「おい貴様!名前は何だ!」

ジャン「ジャン・キルシュタインです!」

キース「キルシュタイン、お前は何のためにここに来た?」

ジャン「憲兵団に入って内地で暮らしたいです。そして!内地の貴族と結婚してヒモで生きていきます!この夢を邪魔するやつは駆逐します!!」

キース「」


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 11:35:58 7rwjwBXw
キース「」フンッゴチッ

ジャン「痛ってぇえぇええああ!!!死ぬ死ぬ死ぬ死ぬいきなり頭突きとかバカじゃねえのこのハゲ地肌にUV当たり過ぎて脳みそくさってんだろぉお!!」

キース「…正直ものは嫌いじゃない。死ぬ寸前まで走ってこい。これで勘弁してやる」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 11:37:17 CG7rVgmI
正直にも程がある


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 11:39:57 7rwjwBXw
ジャン「あんたアホだろ!?死ぬ寸前まで走って本当に死んだらどーすんだよ!?どう責任とってくれんの!?家の女手ひとつで育ててくれた母ちゃんに親孝行出来ねえじゃねえか!?」

キース「じゃあ、家に帰るか?」

ジャン「走って来ます」タッタッタ




6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 11:46:30 7rwjwBXw
数時間後

ジャン「あー、疲れた」

サシャ「ハアハア、死ぬ」タッタッ

ジャン「おお、芋女。遠くから見てたぞ!バカというか人間じゃねえだろバカ!そんなに飯食いたいなら馬鹿って言う新生物になって草でも食ってろよ!」

サシャ「あなた切り上げ早くないですかぁー!?」タッタッ

ジャン「だってもう心肺機能が著しく低下してきて死にそうだもん。じゃあ飯食ってくる!!」

サシャ「この、裏切りもんがああああああ!!」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 11:54:11 7rwjwBXw
食堂

クリスタ「あ、さっきまで走ってた人。ご飯そこに置いといたから食べて!」

ジャン「め、女神って貴女のことだったんですね!?」

クリスタ「ふぇ!?」

ジャン「こんなに優しいお方で貴族なら即結婚したいです!!!」

クリスタ「ええ!?あ、えーとっごめんなさい!!」ギクッ

ジャン「いや、貴族じゃないですよ女神だから!」

クリスタ「え!?あ、そうそう勘違いしちゃった!後、女神っていうのやめて!」

ジャン「はい!女神」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 12:11:59 7rwjwBXw
エレン「俺は巨人を駆逐する!そして…」

ジャン「バッッッカじゃねえの!?頭ウジムシわいてんじゃねえの!?調査兵団入りたいとか自殺志願者かよwwこの厨二病!」

エレン「お前確か…内地でヒモで生きていくんだっけ?」

ジャン「俺は正直者なんでね。怯えてブルブル震えてるクセに虚勢張ってる勇敢気取った弱虫の一億光年爽やかだと
おもうね」

エレン「んだとこの…」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 12:17:15 7rwjwBXw
ジャン「あ、おこなの?じゃあ俺悪くねえけど謝る!あんたの考えクソ見てえで虫酸走っただけだ!これで手打ちな!」

エレン「チッ、ウザイからあんまり関わんなよ?」ペチッ

ジャン「ウザイ!?こっちの台詞だぁ!」

エレン「…」スタスタ


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 12:23:13 7rwjwBXw
ミカサ「」スタスタ

ジャン「あ、おいあんた!」

ミカサ「?」

ジャン「見慣れない顔立ちだな!?でも、めっちゃ美人だ!お前ほど綺麗な人みたことねえよ!!」

ミカサ「」



12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 12:29:18 7rwjwBXw
ジャン「それにハアハアあ、あんたの髪…クンカクンカしてえ!綺麗な黒髪だ!」

ミカサ「…キモいから関わらないで」

ジャン「うっ、こういうプレイも悪くなっ…あ、おい!」ハアハア

エレン「髪切ったほうがいんじゃね?」

ミカサ「そう、どこまで切るべきだと思う?」

ジャン「」グイッ

コニー「あっ?おい!なに俺の背中て拭った!?」

ジャン「リア充の…雑菌だ…」

コニー「なんだ。ただのひがみか。」



14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 12:36:01 7rwjwBXw
姿勢制御訓練後

ジャン「俺は教えてほしい!猿みたいに逆さにぶら下がって醜態さらしまくりの癖にいきていられるお前の身体構造を!!」

エレン「ん、わかったからどっか行け。コニー、頼むよ!」

ジャン「あり?」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 12:45:44 7rwjwBXw
数ヵ月後……

ジャン「俺に言われても知らねえよ。つーか…ふざけんなよ!?ふざけんなよ!?ふざけんなよ!?このリア充め!」グイッ

エレン「え?ってそんなに強く引っ張ったら、服が破けちゃうだろぅが!」

ジャン「うらやましい!うらやましい!立ち位置かわれ!!」

エレン「」グルッ

ダーン

ジャン「てめっ何しやがった!?」

エレン「ジャン、俺と立ち位置変わりたい?人を2人殺して母親をくわれたいのか?」

ジャン「かわいい女の子の幼馴染みが居るならそれでいいもん!」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 12:50:19 7rwjwBXw
エレン「正直つーか感情任せに生きて、お前それでも兵士かよ!?」

ジャン「だまれぇ!」

キース「今しがた大きな音がしたが…」

ミカサ「サシャが…」

ジャン「俺がエレンにつっかかってエレンが服の正当防衛をして俺が投げられた音です!」

ミカサ「」

キース「キルシュタイン、走ってこい!」




22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 16:02:30 7rwjwBXw
数年後

エレン「外の世界を探検するんだ!!」

ジャン「…」

エレン「ジャン?」

ジャン「俺さ、調査兵団に入るよ」

エレン「はあ?」

ジャン「だって、本音言い過ぎてアルミンより成績低いもん」

アルミン「罰則だけで僕より下なんて…君、バカだよね…」

ジャン「ああ、第一希望は飛んでったが、第二希望のミカサが居るからな。うひょおう」ハアハア

ミカサ「きしょい」

エレン「まあ、お前正直だから嘘は吐いてねえな。お前とは仲良くしねえがな。」


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 16:15:49 7rwjwBXw
トロスト区攻防戦

ここではかなりシリアスなんで、あまりふざけてない

……………
…………………

ジャン「オイ、…お前…マルコか?」

ジャン「うわわわ顔が半分とか。あの漫画絵の顔がリアルになってグロっ」

ジャン「しかも歯茎が見えてるし。蛆わいてるし、きしょい」

ジャン「…だれか、こいつの最後を?を…」

上官「訓練兵、彼の名前をしっているか」

ジャン「19班班長マルコ・ポットです。」

上官「答えるの速っ。そこは『ありえねえ…こいつに限って…』って場面だろ」

ジャン「なに不謹慎なことを。上官バカですか?」

上官「悪い。バカってなんだ。つーかお前もキモッとか言ってたろ」


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 16:27:23 7rwjwBXw
ジャン「皆後悔してる。こんな地獄だとしってりゃ兵士なんか選らばなかった。精魂尽き果てた今…頭にあることはそればっかりだ。なぁマルコ、もう…どれがお前の骨だか…わかんなくなったよ…兵士になんかならなければ…お前らなんかに会わなければ…次は誰の番かなんて考えずにすんだのに。エレン、誰しもお前みたいに…つよく無いんだ」

コニー「良いこと言ってるが、こいつなんで一人言してんの?●●こじらせたから?」

アニ「だまれ。正直だからだろ」ゲシッ

ジャン「今、なにをするべきか…」ギュツスクッ

ジャン「おい、お前ら…所属兵科はなんにするか決めたか?俺は決めたぞ。俺は…」

ジャン「憲兵団になる…」



28 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 16:53:21 7rwjwBXw
ジャン「まずは駐屯兵団に入って、もうしばらくは本音を言わん。オブラートに包むよ。そして、腐った内地を内側から変えてやる!俺…一人ででも!!」

ジャン「そして、お前達が無意味な死にかたしないように、俺が調査兵団に投資してやる。少し長くなるが…」

ジャン「お前ら、死ぬなよ?」

ジャン「俺は、死ぬのが怖い。だが、お前達が死ぬのがもっと怖い。だから、死なないでくれ」

コニー「ああ、絶対死なねえ!」

ライナー「お前が変わったんだ。俺らが無駄にしないようにしないとな」

ベルトルト「うん!」

サシャ「ご飯増やしてくださいよ!?それまで待ってますから!」

ジャン「最後に、エレンに伝えといてくれ。リア充なのは気に食わないが、お前が…同期を救ってくれ。頼んだぞ?ってな」


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 17:16:01 7rwjwBXw
調査兵団新兵加入式

エルヴィン「総勢25名…いがいと多いな」

エルヴィン「そして、面構えが違う。立派な顔だ…」


ジャン「俺は正直者」

ジャン「だから、エレンに人生初の嘘をついても誰も気付かねえwwバカジャンwww」

ジャン「でもまあ…速いとこ出世して投資でもしてやるかな。マルコ…」

また数年後

ジャン「今日憲兵団団長になったジャン・キルシュタインだ。今ここに…体制を変え、新たな制度にとり組む!」

ジャン「そして!削った人材費用を全て調査兵団に託す!」

ヒッチ「あー、残念~。マルロが団長になると思ったのに~」

マルロ「そう言うな。あいつは…」

ジャン「正直者だからな!」