1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:05:00 7OVXzeH2
京子「え…?結衣、え…?」

結衣「あーあ、最悪だよ」

ちなつ「…」

あかり「あかり、小さい頃から空気だけど空気読めないよりは全然マシだよぉ」

結衣「言えてるwww」

結衣あかり「ハッハッハwwwww」

京子「は…はは…」


ゆるゆり (17) 特装版 (百合姫コミックス)
なもり
一迅社 (2019-08-29)
売り上げランキング: 1,760
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:05:55 7OVXzeH2
結衣「そういえば、近くに駄菓子屋あるの知ってる?」

ちなつ「え…?ほ、ホントですか?」

結衣「じゃあ行こっか。二人の入学祝いに奢ってあげる」

あかりちなつ「やったぁ~!」

京子「そ、それなら私も付いて行こっかなー…?」

あかり結衣「クソが…」

京子「……え?」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:07:44 7OVXzeH2
結衣「ちょっとは気ぃ晴れたわwww」

ちなつ「で、ですね…」

あかり「じゃあ行こうよぉwww3人でwww」

ちなつ「そ、そうだね…」

ガヤガヤ…デサーwwwwハハハwww

京子「うぅ…なんなんだよぉ
…」グス…

京子「朝起きたら入学初日に戻ってるし、結衣達はあんなんだし……最悪だよ…」クスン

京子「……とりあえず帰って寝よう…。明日になったら直ってるかもしれないし…」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:09:09 7OVXzeH2
~翌日~

京子母「京子ー!結衣ちゃんとあかりちゃん迎えに来たわよー!」

京子「ん…むぅ…分かったー…」

京子「そういえば…夢だったのかなぁ…アレ。まぁ会えばわかるか…」

京子「お、おはよー!」

結衣「おいこら!遅いぞ京子!」

あかり「遅刻しちゃうよぉー!」

京子「(な、なんだ…全然普通じゃん…)わ、わりぃわりぃ!じゃあ行くぞ二人とも!」

結衣「あ、おい!」

京子母「もう京子ったら…。じゃあ京子をよろしくね、結衣ちゃん」

結衣「あ、はい。じゃあ行ってきます」

あかり「待ってよ京子ちゃ~ん!」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:10:26 7OVXzeH2
京子「ばびゅーん」

結衣「おい京子」

京子「ん?なに結…グェ…!」ドスン

結衣「お前、なに遅刻してんの?」

京子「え…結衣…?顔こわ…ングァ…!」ドガァ

あかり「ホントだよぉ。あかり達、折角早起きして迎えにきてあげたのに、さ!」ドス

京子「ウゲ…ッ!オぇ…うぅ…」

結衣「おいおい吐くなよ汚いな…。あかり、学校行かなきゃ遅刻しちゃうぞ。早く行こう」

あかり「分かったよぉ結衣ちゃん。全く京子ちゃんみたいなのと仲良くするのも疲れるよぉ」

京子「ゲホッ…うぅ…なんなんだよぉ~…!」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:11:39 7OVXzeH2
京子「お、おはようございまーす…」ガラガラ

西垣「歳納、遅刻だぞ。さっさと席に付け」

京子「はい…」

京子「(西垣ちゃんは無事なのかな…?もしかしたらごらく部だけじゃなく生徒会も…)」

京子「(綾乃…いた!って、あれ?)」

京子「(け、携帯弄ってる…)」

京子「(千歳は…いないか…休みかな)」

京子「(西垣ちゃんもマトモに授業してるし…やっぱりなんかおかしいよ…)」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:15:14 7OVXzeH2
京子「行間か…。それにしても西垣ちゃんの授業難しかったな…」

千歳「やぁ~みんなー。おはよー」

京子「あ!千と…せ…?」

千歳「みんな~見て見て~。うちガングロにしてみてん。チョベリグゥ~~~」

綾乃「うぉwwwマジパナいwww」

結衣「カッコいいじゃんwww」

千歳「せやろ~?」

綾乃結衣千歳「ハッハッハwww」

京子「なにがどうなってるんだよ…」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:16:17 7OVXzeH2
京子「トイレ行って顔洗ってこよ…ん?アレって…」

櫻子「ちょ、ちょっと向日葵…学校ではあんまりベタベタしないって…///」

向日葵「いいじゃない別に見せつけてやれば…。それとも、私といるの、嫌?」

櫻子「そんなんじゃ…!」

向日葵「じゃあいいじゃない」

櫻子「もう…///」

京子「なんだと……」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:18:29 7OVXzeH2
~放課後~

結衣「おい京子。さっさと部室…あれ、いない…。チッ…逃げやがったな…?」


京子「ハッ…!ハッ…!ごらく部だけじゃなく綾乃や千歳まで変わってた…!●●●●ちゃん達…は露骨になってた…!この分だと会長も…!」タッタッ

京子「し、失礼します!」

りせ「はぁ、うっめ」ゴクゴク

京子「やっぱり…」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:19:42 7OVXzeH2
りせ「ん?おお、歳納じゃん。どうしたん?顔怖いぞ?」

西垣「おい松本!口だけじゃなく手もだな…」

りせ「まぁまぁwww生徒の悩みを聞くのも生徒会長の務めっしょwww」

西垣「ったく…」

京子「み…みんなは…?」

りせ「みんな?みんなって綾乃とか千歳とかバカップルのこと?あいつらならサボりだよ」

京子「そう…ですか…」

りせ「どうしたー?元気無いぞ中学生ー!ハッハッハwww」

西垣「お前も中学生だろうが…。それにしても歳納。お前朝からいつにもまして、元気無かったぞ?」

京子「実はかくかくしかじかで…。信じて貰えないと思うけど…」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:20:49 7OVXzeH2
西垣「突然過去にきて、学校に行ったらみんながおかしくなってた…ねぇ…」

りせ「なにそれおもしれーwww」

京子「ホントなんだよ!前の世界…っていったら変かもしれないけど、そこでは会長なんかすっっっっごい声小さいし西垣ちゃんなんかいっつも実験で爆発起こしたり変な発明ばっかりするマッドサイエンティストなんだよ!」

りせ「それは…」

西垣「想像つかんなぁ…」

京子「まぁ…そうだよね…」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:21:44 7OVXzeH2
京子「でも…ホントなんだよぉ…」ポロポロ

りせ「あ~泣くな泣くな、別に疑ってないって。西垣ちゃんなんか知らねーの?日本きっての天才学者っしょあんた」

京子「て、天才学者?」

西垣「ちゃん付けはやめてくれ…。まぁ、心当たりはある」

京子りせ「あるんだ」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:23:23 7OVXzeH2
京子「な、なに!?それなに!?」

西垣「そう急かさないでくれ。確証は無いし私も詳しくは知らないが、多分『世界線の移動』に近いものだと思われる」

りせ「あ、それ聞いたことあるわ。ジョン・タイターっしょ?」

西垣「そう。まぁ簡単に言うとタイムマシンだな」

京子「タイムマシン……あっ」

りせ「ん?なんか心あたりあるん?」

京子「私…タイムマシンに乗ったよ…。部室の大掃除のときに出てきて、ちなつちゃんと揉めたけどジャンケンで勝って…」

りせ「おぉ、それはそれは…」

西垣「でも起きたらベッドの上でタイムマシンも無かった…と。ジョン・タイターの話とは色々と違うが、まぁもともと信憑性も薄いしな」

京子「その『世界線の移動』ってやつ…もっと教えて…!」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:24:44 7OVXzeH2
西垣「まぁこんなところだな」

京子「ありがとう西垣ちゃん。違うところがところどころあるけど大体同じだな…」

京子「気になるのはこの『限りなく似通ったパラレルワールド』ってところだけど…。風景以外は全部変わってるんだよなぁ…」

西垣「まあ試して見ないことには分からないな。とりあえず部室に行くか」

京子「え?なんで部室?」

西垣「だってその問題のタイムマシン、部室から出てきたんだろ?だったらあるかもしれない」

京子「あ、そうか。なんで気づかなかったんだろ…」

西垣「よし、じゃあ行くか。おい起きろ松本」ピシィッ

りせ「あうっ!…あれ?私寝てた?」

京子「うん、もうぐっすり」

西垣「全く…」

りせ「だってつまんない話ばっかだったしー?そりゃ眠くもなるよー」

西垣「よし、じゃあ行くか」

京子「うん」

りせ「あっ!ちょっと待ってよー!」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:26:50 7OVXzeH2
京子「あ、鍵空いてる」

りせ「おー、ここが不当不法の占拠部室かー」

西垣「まぁ今は許してやろう」

京子「えっと、確か押入れに……あっ…!あったぁ!!!!!」

西垣「ふーん…これがタイムマシン…」

りせ「ドラ○もんみたいなのじゃないのな」

京子「こ、これで帰れる…!!スイッチオン!!!!!………あれ?お、おい!どうしたんだよ…。飛べよおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

西垣「なんだ?不具合か?」

りせ「故障でもしたんじゃね?ほら、なんかジョン・タイターの話とちょっと違うって言ってたじゃん」

京子「え…?故障って…西垣ちゃん!ど、どうにかならないの!?」

西垣「タイムマシンなんて見るの初めてだからなぁ…。なんとも…」

りせ「CERNに修理でも頼んだら?」

京子「無理だよそんなの……。うぅ…結衣ぃ…あかりぃ…ちなつちゃぁぁん…!」ポロポロ


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:28:14 7OVXzeH2
西垣「あぁあぁ泣くなって!とりあえず私が見てやるから。な?」

京子「うぅ…くすん、分かった…」

京子「でも、明日結衣達に顔合わせるの怖いなぁ…。逃げちゃったし…明日も家まで迎えにくるんだろうなぁ…」

りせ「治るまでどっかで時間潰してればいいじゃん。なんだったら生徒会室にいてもいいよー。ね?西垣ちゃん」

西垣「だからちゃんはやめろって…。まあ…非常事態だしな。特別に許可する。明日から休みだし、家には松本の家に泊まるとかなんとか言えばいい」

京子「二人とも…!ありがとう…」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:28:54 7OVXzeH2
りせ「さぁ、今日からここがあなたの家よぉ」

京子「じゃあ、遠慮なく借りるね。生徒会室」

りせ「ツッコミ入れてよ…」

西垣「ああ、後から夕飯も買ってこよう」

京子「そんな…悪いよ」

西垣「遠慮するな。こっちの世界の歳納は控えめだったが、お前は違うんだろ?食べたいものなんでも言ってみろ」

京子「あ、じゃあ…」

京子「ラムレーズン!」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:29:52 7OVXzeH2
???「お……のう!…きろ歳納!」

京子「ん…?もう朝か…」

西垣「やっと起きたか…。不具合が分かったぞ」

京子「んえ…?………えぇぇぇ!?……ホント?」

西垣「いろいろ弄った結果、線がちょっと切れてるところがあってな…。それを直したら動いたよ」

京子「じゃ、じゃあ帰れ…」

西垣「いや、まだだ」

京子「え?」

西垣「ジョン・タイターの話の中にあっただろ、元の世界線に戻るチャンスは1年に2回だって」

京子「あ…っ!じゃあ…」

西垣「今すぐには帰ることはできない」

京子「そんな…じゃ、じゃあ、いつ帰れるの…?」

西垣「明後日らしい」

京子「はやっ!」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:30:23 7OVXzeH2
西垣「ただタイミングがシビアでな。秒単位でスイッチを押さなければ帰れないらしい」

りせ「乱数みたいだな」

京子「でも帰れるんだよねっ!?やっと、元の世界に…」

西垣「ああ、まだ確証はないけどな。それに…」

京子「?それに?」

西垣「同じ世界線に戻れるとは限らない。つまり…」

京子「また変な結衣達がいるかも…ってことだよね」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:32:04 7OVXzeH2
西垣「まあそうだな…。それでも、
行くのか?」

京子「うん。だって、今の結衣は、その…見てられないっていうか…。あんなの…結衣じゃないよ…!」

りせ「当人がいいって言ってるんだしいいんじゃね?」

西垣「それもそうか…。じゃあ正確な日時とか決まったら連絡する」

京子「ありがとう…会長、西垣ちゃん…」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:33:06 7OVXzeH2
~二日後~

京子「ついにきたか…」

りせ「いや~なんだかんだ寂しいもんですなぁ」

西垣「そうだな。この歳納に会えなくなると思うと…な」

京子「ありがとう二人とも。こんなわけわかんないことに付き合わせちゃって」

りせ「いやいやー、楽しかったよ?また来なよ」

京子「じゃあ、また違う世界線で!」

西垣「ああ、またな」

りせ「じゃあねー」

バヒュン!

西垣「行ったな…」

りせ「うん…。ところで先生、修理してるときに書いてた紙ってもしかして…」

西垣「ん?ああ、設計図だよ。タイムマシンの」

りせ「作ったら乗りたいなぁ~…なんて」

西垣「やめとけ…」


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/30(火) 20:37:11 7OVXzeH2
京子「ハッ!」

京子「部屋…?日付もあのときの…。戻ってきたの…?私…」

京子母「京子~!結衣ちゃん達が迎えに来てるわよ~!」

京子「あ、はーい!」トテトテ

ヨロシクネー ハイ…チョットキョウコ!

京子「戻ってる…!いつもの結衣だ…!あかりも…!ちなちゅも…!」ぺたぺた

結衣「あっ…///京子、朝からダイタン…///」

京子「…え?」

あかり「あかりも朝から京子ちゃんから触ってもらえて嬉しいよぉ…///」

京子「え?え?」

ちなつ「ちなちゅ、なんて…!そんな、恋人みたいに…///」

京子「ええええええええええええええ!??????????」

end